5.441321849823

Vietnam

newsclip.be  双日、ベトナムの食品会社に出資  ↑0 ↓0
【ベトナム】双日は25日、ホーチミン証券取引所上場の食料アグリビジネス大手ザ・パン・グループの第3者割当増資を引き受け、発行株式の約10%を取得したと ...
2018/09/27 02:26 da:- facebook:0 twitter:0 ホーチミン 取引所 アグリビジネス グループ Tweet
アパレル・リソース  国内のプーマ製造業者は低金利融資が可能に  ↑0 ↓0
世界的スポーツブランドであるプーマのベトナム国内の製造業者は、プーマの環境、健康、安全及び社会的基準に適合すれば国際金融公社(IFC)から低金利の融資を受けられることとなった。 世界銀行グループの一員であるIFCとプーマが最近調印した協定により、プーマの新興市場の製造業者が環境や社会的基準を改善させればIFCは金銭的なインセンティブを提供する。 このプログラムは第一段階としてバングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、パキスタンとベトナムで立ち上げられる。 IFCは短期運転資本の段階的な評価による金融制度を適用し、プーマの社会環境基準への準拠に基づく製造業者評価で高評価の企業には低金利が適用される。 IFCの製造業・アグリビジネス・サービス部門のSergio Pimenta部長は、今回の協定は中小企業が財政面で高い実績を上げつつ環境的、社会的持続可能性を向上させるためのIFCの取り組みをさら前進させるものであると述べた。 IFCはグローバルトレードサプライヤーファイナンス(GTSF)プログラムにより、国際的な企業への売掛金を担保に縫製・製靴企業に運転資金の融資を行っている。   もっと見る
2016/04/28 13:49 da:23 facebook:0 twitter:0 プーマ 製造業 社会的 プログラム 中小企業 取り組み Tweet

Singapore

jacom.or.jp  シンガポールで稲の国際研究会議開催 IRRC2018  ↑0 ↓0
主催はIRRI(国際稲研究所)だが、シンガポール大学、ダウデュポンの農業分野を担うCORTEVA(コルテバ)やバイエルなどのアグリビジネス会社などが共催者 ...
2018/10/15 18:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
syogyo.jp  ライオン、シンガポールに界面活性剤の合弁会社を設立  ↑0 ↓0
ライオンは、シンガポール共和国の大手アグリビジネス企業「Wilmar International Limitedグループ」(以下、Wilmarグループ)と共同で、植物由来の界面活性 ...
newsclip.be  ライオンとシンガポールのウィルマー、植物由来の界面活性剤事業で合弁  ↑0 ↓0
【シンガポール】ライオン(東京都墨田区)は30日、シンガポールのアグリビジネス大手ウィルマー・インターナショナルと折半出資で、植物由来の界面活性剤( ...
2017/07/02 02:15 da:- facebook:0 twitter:0 ライオン インターナショナル アグリビジネス Tweet
makernews.biz  ライオン/シンガポールに洗剤原料製造販売の合弁会社設立  ↑0 ↓0
ライオンは6月30日、シンガポール共和国の大手アグリビジネス企業であるWilmar International Limitedグループと植物由来の界面活性剤(アルファスルホ ...

Myanmar

ミャンマーニュース  ミャンマー米協会、副大統領と起業家に米部門の諸問題についての改善を要請  ↑0 ↓0
ミャンマー情報省は4月4日、ミャンマー米協会(以下、MRF)の関係者が、4月2日に行われた副大統領と起業家との会合において、米部門についての改善を要請したと発表 ... このプロジェクトを実施するために、ミャンマー・アグリビジネス公社(MAPCO)、MRF、中国国際信託投資公司、中国の国有投資会社が、2017年7月に、 ...
2018/04/10 19:01 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kagakukogyonippo.com  三井物産 ミャンマーで肥料事業 合弁で年10万トン設備  ↑0 ↓0
三井物産はミャンマーで肥料事業に参画する。同国で広く農業関連事業を手掛けるミャンマー・アグリビジネス・パブリック・コーポレーション(MAPCO)と、肥料の製造・輸入および販売を行う合弁会社「アグリ・ファースト」(AFC)を設立する。AFCは約12億円を投じて年間10万トン規模の粒状配合肥料製造設備を建設する計画。2017年5月の操業開始を目指す。シンガポールの化学品販売大手ベン・メイヤー(BM)との合弁投資会社BMM・ベンチャーを通じて出資する。
2016/03/11 06:00 da:32 facebook:0 twitter:0 コーポレーション アグリビジネス パブリック Tweet
sankeibiz.jp  三井物産、ミャンマーで肥料製造参画  ↑0 ↓0
三井物産は10日、シンガポールの肥料販売大手のベンメイヤー、ミャンマー・アグリビジネス・パブリックコーポレーション(MAPCO)と連携し、ミャンマーで肥料製造事業に参画すると発表した。 三井物産とベ社が月内にシンガポールに投資会社を設立。投資会社とMAPCOがミャンマーに、肥料製造・販売の新会社、アグリ・ファーストを4月にも設立する。新会社の総事業費は約12億円で三井物産の投資額は最大で6億円の見通し。 工場はヤンゴン近郊のティラワ工業団地に建設し、2017年5月から生産を開始。早期に年間10万トン体制を確立し、約80億円の売り上げを目指す。 三井物産とMAPCOは、ミャンマーで精米事業を共同展開しており、13年から肥料事業の事業化調査に着手。15年に東南アジアで最大級の肥料製造販売のベンメイヤーと3社での共同展開を模索していた。 農業国のミャンマーは日本の約2.8倍の農地があり、年間約100万トン超の肥料需要があるが、現在は輸入に頼っている。ミャンマーで肥料製造の認可を取得した事業は今回が初めて。 もっと見る
2016/03/11 05:03 da:66 facebook:0 twitter:0 コーポレーション パブリック アグリビジネス Tweet
newsclip.be  三井物産、ミャンマーで肥料事業  ↑0 ↓0
シンガポールの化学品販売大手ベンメイヤーが51%、三井物産が49%出資してシンガポールに設立する投資会社BMMベンチャーが60%、ミャンマーで精米などを行う地元企業ミャンマー・アグリビジネスが40%出資し、粒状配合肥料の製造販売、輸入肥料の販売を手がける合弁会社アグリ・ファーストを今年3月をめどにミャンマーで設立する。アグリ・ファーストは約12億円を投じ、ヤンゴン郊外のティラワ経済特区に年産10万トン規模の粒状配合肥料工場を建設し、2017年5月の操業開始を目指す。
2016/03/11 00:11 da:37 facebook:2 twitter:0 ベンチャー 化学品 Tweet

Indonesia

news.nifty.com  日清オイリオは小動き、第1四半期2.2倍営業増益も買い一巡後は目先売り  ↑0 ↓0
加えて子会社の大東カカオがインドネシアのサリムグループにおいてアグリビジネス事業を展開するPT Salim Ivomas Pratama Tbkとチョコレート事業の合弁 ...