1.2956359386444

Vietnam

news.yahoo.co.jp  ベトナムのイオンで販売中のハウス食品のプリンミクスとシャービック 生姜味や珈琲味のコカ・コーラも  ↑0 ↓0
2018年7月30日から8月3日まで、農林水産省ASEAN事業の寄附講座で、ベトナム・ハノイにあるベトナム国立農業大学へ渡航した。食品ロスの講義を行い、その ...
2018/08/16 09:11 da:- facebook:- twitter:- イオン ハウス コカ・コーラ 農林水産省 ハノイ Tweet
nna.jp  イオン4店舗で「トップバリュフェア」開催  ↑0 ↓0
今回のフェアでは、ベトナム現地で開発したトップバリュの新商品や日本・東南アジア諸国連合(ASEAN)などで開発し、ベトナムの気候や消費者ニーズにあわせ ...
nna.jp  韓国メーカー、越にリチウム電池輸出で覚書  ↑0 ↓0
韓国の産業用蓄電池・バッテリーメーカー、TMSBはこのほど、ベトナムの貿易会社であるSTCと定置用蓄電池(ESS)用リチウムイオン二次電池の輸出に関する ...
2018/07/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- メーカー リチウム 蓄電池 バッテリー このほど イオン Tweet
ryutsuu.biz  イオンディライト/カンボジアでFM事業開始  ↑0 ↓0
イオンディライトの100%出資会社である「AEON DELIGHT(VIETNAM) CO., LTD.」(以下:AD ベトナム)は6月29日、同社グループ初となるカンボジア国内の ...
2018/07/03 10:30 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ディライト DELIGHT グループ Tweet
rim-intelligence.co.jp  ベトナム=暁星、ライオンデルのPP技術を採用  ↑0 ↓0
ライオンデルバゼルは25日、暁星ベトナムがポリプロピレン(PP)の技術としてライオンデルバゼルの「Spheripol」を採用したと発表した。新規プラントは年産30万 ...
2018/06/26 12:56 da:- facebook:0 twitter:0 ポリプロピレン プラント Tweet
出島  イオンがベトナム事業拡大で現地パートナーを模索中 TOPVALUブランドの拡大目指す  ↑0 ↓0
日本の大手小売店AEONは、自社販売店でベトナム製商品の存在感を高めるため、地元や外国の製造業者、供給業者を探し求めている。 この記事の続きを読む.
2018/06/20 12:22 da:- facebook:0 twitter:0 イオン パートナー ブランド 小売店 販売店 製造業 Tweet
jcci.or.jp  23、24日、「ベトナムフェアin四日市」を開催(四日市商工会議所)  ↑0 ↓0
四日市商工会議所(三重県、種橋潤治会頭・三重銀行)は6月23、24日の2日間、近鉄四日市駅前商店街とイオンモール四日市北店で、「日越外交樹立45周年 ...
2018/06/15 16:52 da:- facebook:0 twitter:0 四日市 商工会議所 近鉄四日市 イオン モール Tweet
出島  イオンでベトナムフェアを開催 日越国交樹立45周年記念で  ↑0 ↓0
2018年06月09日付の新聞(電子版)による報道 ハノイの商品週間が日本埼玉県のイオンレイクタウントレードセンターにて行われた。 この記事の続きを読む.
2018/06/14 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ センター Tweet
sankei.com  ペットボトルキャップ約2億2,178万個の販売収益をアジアの子どもたちを支援する団体に寄付  ↑0 ↓0
イオン株式会社「ペットボトルキャップで世界の子どもたちに笑顔を!!」キャンペーン. イオンは6月12日(火)、全国のお客さまからお寄せいただいたペットボトル ...
2018/06/13 15:33 da:- facebook:0 twitter:0 ペット ボトル キャップ 子ども イオン アジア Tweet
nna.jp  韓国企業2社提携、越のプラント事業受注へ  ↑0 ↓0
自動車制御システムやリチウムイオン電池などを生産する、韓国のビツロ(Vitzro)グループは12日、韓国南東発電とベトナムの電力事業開発に向けた ...
2018/06/13 00:08 da:- facebook:0 twitter:0 プラント 自動車 システム リチウム イオン グループ Tweet
nna.jp  イオンがサプライヤー会議、ベトナムで初  ↑0 ↓0
イオンは11日、国内外のイオングループへのベトナム産品の調達拡大などを目的に、ホーチミン市内で取引先約120社を集めた会議を開催した。イオングループ ...
2018/06/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- イオン グループ サプライヤー ホーチミン Tweet
ASEAN PORTAL  イオンワールドフェスタ・ベトナム・ハノイフェアが7日から開催  ↑0 ↓0
イオン株式会社とイオンリテール株式会社は、関東エリアの「イオン」「イオンスタイル」40店舗において、「イオンワールドフェスタ ベトナム・ハノイフェア」を6月7日 ...
2018/06/07 10:30 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ワールド フェスタ ハノイ リテール エリア Tweet
PR TIMES  「イオンワールドフェスタ ベトナム・ハノイフェア」開催  ↑0 ↓0
イオンは、6月7日(木)から10日(日)まで、関東エリアの「イオン」、「イオンスタイル」40店舗において、「イオンワールドフェスタ ベトナム・ハノイフェア」を開催し ...
2018/06/06 17:03 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ワールド フェスタ ハノイ エリア スタイル Tweet
lnews.jp  センコン物流/イオンモールベトナム第1号店で宮城県産品販売  ↑0 ↓0
センコン物流は5月21日、「平成29年度ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業」を受託し、宮城県としては3年目となるベトナム向け宮城県産品のテスト ...
2018/05/21 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 イオン モール マーケティング テスト Tweet
財経新聞  イオンモール、ベトナム・ハイフォン市に同国6号店を開業へ  ↑0 ↓0
イオンモールは、ベトナムのハイフォン市に「イオンモールHai Phong Le Chan(ハイフォンレチャン、仮称)」を出店し、2020年下期オープンを目指すと発表した。
2018/05/17 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 イオン モール ハイフォン オープン Tweet
ryutsuu.biz  イオンモール/ハイフォンにベトナム6号店、専門店200店オープン  ↑0 ↓0
2017年6月に、ベトナム社会主義共和国 Nguyen Xuan Phuc 首相はじめベトナムと日本の両国政府関係者立会いのもと、ハイフォン市と同社で「ショッピング ...
2018/05/16 13:18 da:- facebook:0 twitter:0 ハイフォン イオン モール オープン 社会主義 関係者 Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム 青果物市場に成長性、加工で付加価値向上 輸出増に余地十分  ↑0 ↓0
首都ハノイのイオンモールの果物売り場。ベトナム政府は青果物の輸出市場に大きな可能性を見いだしている(ブルームバーグ) ...
2018/05/15 05:48 da:- facebook:0 twitter:0 青果物 成長性 付加価値 ハノイ イオン モール Tweet
nna.jp  イオンがHCM市物産展、販路拡大を支援  ↑0 ↓0
イオンベトナムは12日、ホーチミン市のタンフーセラドン店で「ホーチミン市物産フェア」を開幕した。20社近い地場企業が生鮮や加工食品などを出展している。
2018/05/14 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ホーチミン Tweet
nna.jp  イオンモール1号店、増床で2倍に  ↑0 ↓0
イオンのショッピングセンター(SC)「イオンモール・タンフーセラドン」(ホーチミン市タンフー区)が増床することが分かった。イオンのベトナム1号店としてオープン ...
nna.jp  イオン、ハイフォンで国内6号店の起工式  ↑0 ↓0
起工式には、ベトナムのグエン・スアン・フック首相、梅田邦夫駐ベトナム大使、ハイフォン市人民委員会のグエン・バン・トゥン主席、イオンモールの吉田昭夫社長、 ...
2018/05/14 00:00 da:- facebook:- twitter:- イオン ハイフォン 起工式 グエン フック モール Tweet
nna.jp  マサン子会社、ビールのロング缶発売へ  ↑0 ↓0
ベトナムのマサン・グループ傘下の食品大手マサン・コンシューマー・ホールディングス(MCH)が、5月初めにビール「スートゥーチャン(ホワイトライオン)」のロング缶を発売する予定だ。24日付VNエクスプレスなどが報じた。 価格は1ケース(24本)が29万ドン(13米ドル、… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 食品・飲料.
ryutsuu.biz  イオンモールベトナム共同企画/ベトナム伝統工芸の商品調達で生産者開拓を支援  ↑0 ↓0
イオンコンパスは6月12日~16日、「第1回ベトナム・ハノイ視察ツアー」を開催する。 イオンモールベトナムとの共同企画で、現地法人社長の岩村康次氏が同行し、ベトナム伝統工芸村を視察する。 ホームファッションや雑貨などの商品開発、販売に携わる人に向けた視察ツアーで、商品調達先となる生産者や生産工場を直接、 ...
2018/04/19 11:26 da:- facebook:0 twitter:0 イオン モール 生産者 コンパス 第1回 ハノイ Tweet
recordchina.co.jp  日本企業はなぜベトナムでこんなにも歓迎されているのか、ライバルは韓国―中国紙  ↑0 ↓0
その上で記事は、「日本企業がベトナムに大きく投資する分野には、インフラ整備、商業小売、食糧などがある」と指摘。イオンモールのハノイ1号店が15年に開業し、今月3月にはハノイ2号店の起工式が行われたこと、市内最高ランクの外資系商業施設であるロッテのライバルとして、イオンの影響力が上昇していることを紹介 ...
2018/03/29 06:22 da:- facebook:0 twitter:0 ライバル イオン ハノイ こんな インフラ モール Tweet
出島  ベトナム・ハノイ市にて「イオンモール」の起工式 同国5店舗目  ↑0 ↓0
イオンモール・ベトナムの岩村泰嗣社長は、「イオンモール・ハドン店はベトナムでのプレゼンスを高める重要なプロジェクトです。私たちは、地域社会に貢献するための専門知識、経験、情熱をもたらし、ここでは地域開発と協力して成長することを約束します。イオンモール・ハドン店は、私たちの既存のモールと同じミッションを帯び ...
2018/03/16 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 モール イオン 私たち ハノイ 起工式 プレゼンス Tweet
ryutsuu.biz  イオンモール/ベトナムに総賃貸面積約7万4000m2のモール、2019年度  ↑0 ↓0
イオングループのベトナム5号店、ハノイ市では「イオンモールLong Bien」に次ぐ2号店となるモールで、2017年6月にベトナム社会主義共和国Nguyen Xuan Phuc首相のほか、ベトナムと日本の両国政府関係者立会いのもと、ハノイ市人民委員会Nguyen Duc Chung委員長より投資許可証を得たプロジェクト。 ハノイ市西部に ...
2018/03/13 17:15 da:- facebook:0 twitter:0 モール イオン ハノイ グループ 社会主義 共和国 Tweet
newsclip.be  イオンモール、ハノイ西部にベトナム5号店  ↑0 ↓0
【ベトナム】イオンモールはベトナム5号店を2019年度にハノイ市西部のハドン区で開業する。 名称は「イオンモール・ハドン」。敷地面積約9万8000平方メートル、延床面積約15万平方メートル、総賃貸面積約7万4000平方メートル。地上3階、地下1階で、鹿島建設とベトナム企業の共同企業体が施工する。総合スーパーのイオン ...
2018/03/12 23:15 da:- facebook:0 twitter:0 イオン モール ハノイ 市西部 鹿島建設 スーパー Tweet
nna.jp  イオン、ハノイ2号店の起工式を開催  ↑0 ↓0
イオンモール・ハドンの建設については、ベトナムのグエン・スアン・フック首相が昨年6月に日本を公式訪問した際に、ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥック・チュン主席が首相や日越幹部の立ち会いの下、東京都内で認可した。投資認可からわずか9カ月で着工に至った。起工式には、チュン主席、イオンモールの吉田昭夫社長 ...
2018/03/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- イオン ハノイ 起工式 モール グエン フック Tweet
k.nhk.jp  イオン ベトナムの首都ハノイで2店舗目の建設開始 NHKニュース  ↑0 ↓0
ビジネス◇国際イオン ベトナムの首都ハノイで2店舗目の建設開始 流通大手のイオンはベトナムの首都ハノイで2店舗目となるショッピングモールの建設を始め、経済成長が続く東南アジアでの事業を加速させています。 03/11 15:35. ニュース・トップへ ...
2018/03/11 15:50 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ ニュース ビジネス ショッピング モール Tweet
毎日新聞  楽しく学ぶ 歯科衛生士が指導 ベトナムの4小学校で教室  ↑0 ↓0
正しい歯みがきで虫歯予防を」。1月末から2月にかけて、ベトナムのホーチミン市で、現地の有力紙、トイチェが主催する第3回「歯みがき教室」(毎日新聞社共催、ライオン協賛、ホーチミン・ベンゲ地区人民委員会協力)が開かれた。会場になった同市内の4小学校では延べ約6300人の小学生が参加した。ベトナム戦争終結 ...
2018/03/04 03:00 da:- facebook:0 twitter:0 小学校 歯みがき ホーチミン 毎日新聞 ライオン 委員会 Tweet
news.nicovideo.jp  「ディエンビエンフー TRUE END」2巻に特典、「アオザイ通信完全版#2」も  ↑0 ↓0
さらに東京・双子のライオン堂 奥のギャラリー2544では、展示イベント「西島大介&かくたみほ二人展『ベトナム・旅へ』」を2月14日から24日にかけて開催。「アオザイ通信」の原画やかくたのベトナム写真などが展示されるほか、グッズ販売も行われる。16日には西島とかくたが出演するトークショーも実施。イベント終了後には ...
nna.jp  日本の外食5社、ハノイで来月4日まで出店  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催する日本の外食企業の仮店舗出店事業「ベトナム(ハノイ)テストキッチン」が25日、ハノイの商業施設「イオンモール・ロンビエン」で開幕した。ハノイでの開催は初めて。「ジャパン・フード・フェスティバル」と称し、ベトナム進出を検討する外… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: 商業・ ...
2018/01/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ ジェトロ テスト キッチン イオン モール Tweet
nna.jp  【月次リポート(12月)】主なニュース  ↑0 ↓0
◇12日 イオングループの公益財団法人イオンワンパーセントクラブ、ハノイで奨学金制度「イオン・スカラシップ」の認定証授与式を開催。商業施設「イオンモール・ロンビエン」で開催された授与式には、ハノイ国家大学人文社会科学大学と貿易大学の奨学生60人や、各大学、日本貿易… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
2018/01/10 00:00 da:- facebook:- twitter:- イオン ハノイ リポート ニュース グループ 財団法人 Tweet
shimotsuke.co.jp  クロロとゆめな、ベトナムへ遠征 市民と交流、那須町をPR  ↑0 ↓0
【那須】農耕馬「那須駒」と世話役の少女をモデルにした黒田原地区のマスコットキャラクター「クロロとゆめな」が、初の海外遠征としてベトナム・ホーチミン市をこのほど訪れ、現地のイオンモールや工業団地で町やキャラクターをPRした。ミニライブや写真撮影を通した市民との交流も展開。多くのベトナム人がキャラクターの「 ...
nna.jp  イオン、HCM市の学生に奨学金授与  ↑0 ↓0
イオングループの公益財団法人イオンワンパーセントクラブは13日、ホーチミン市で奨学金制度「イオン・スカラシップ」の認定証授与式を開催した。ホーチミン国家大学人文社会科学大学とホーチミン教育大学の各30人が対象となった。 イオン・スカラシップは2006年から毎年実施されている。ベトナムでは、ホーチミン市で11年 ...
nna.jp  イオン、ハノイの学生60人に奨学金授与  ↑0 ↓0
... 対象とした給付型奨学金制度。2006年から毎年実施されており、これまでにベトナム、日本、中国、タイ、インドネシア、カンボジア、ミャンマーの計7カ国35大学に通う学生5,117人に奨学金が給付された。ベトナムでは、ハノイで12年から、ホーチミン市で11年から各2校の大学を対象に給付しており、奨学生は626人に上る。
2017/12/14 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 奨学金 ハノイ イオン これまで ホーチミン 奨学生 Tweet
毎日新聞  活力あふれるベトナムとの交流=百五総合研究所・安岡優 /三重  ↑0 ↓0
中部5県の食材や伝統工芸品などをPRする事業で、11月中旬にベトナム南部のホーチミン市に1週間滞在した。同市は人口800万人のベトナム最大の商業都市で、市内及び近郊には巨大なイオンモールが3店舗あるほか、昨年は市中心部に高島屋がオープンした。 かつては無数のバイクがひっきりなしに走るイメージが ...
2017/12/08 12:11 da:- facebook:0 twitter:0 総合研究所 工芸品 ホーチミン イオン モール 高島屋 Tweet
nna.jp  韓国化粧品メーカー、越の流通大手と提携  ↑0 ↓0
韓国の化粧品メーカー、パイオンテックは5日、韓国の美容コンサルティンググループのステラケイと共に、ベトナムの美容関連製品流通大手DMCと供給契約を締結したと明らかにした。5日付イーデイリーが伝えた。 パイオンテックは自社の化粧品の供給や、取り扱い方法・知識など… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
ryutsuu.biz  イオンファンタジー/海外出店を強化  ↑0 ↓0
イオンファンタジーは、海外子会社を通じ、ファミリー向けアミューズメント施設、インドアプレイグラウンドの直営展開を進めている。 香港、ベトナム、カンボジアにおいては、ライセンス契約、フランチャイズの店舗を展開している。2017年7月に子会社を設立したベトナムにおいては、11月より6店舗のフランチャイズ契約店舗を ...
コミックナタリー  西島大介のベトナムエッセイ「アオザイ通信」が完全版に、第1弾テーマは食と文化  ↑0 ↓0
西島大介「アオザイ通信完全版#1~食と文化~」が、本日11月30日に双子のライオン堂より刊行された。 この本はIKKI COMICS版「ディエンビエンフー」に収録されていたベトナムエッセイマンガ「アオザイ通信」を、「食と文化」というテーマで編集し再収録したもの。語り下ろし2万字インタビューの前編、写真家・かくたみほによる ...
nna.jp  イオン、ベトナム向け「トップバリュ」投入  ↑0 ↓0
イオンは、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」で、初めてベトナム市場向けに開発した商品となる洗剤を発売した。年内に柔軟剤やシャンプーなどの販売も ...
nna.jp  三重県知事、ホーチミン市でトップセールス  ↑0 ↓0
ベトナム訪問中の三重県の鈴木英敬知事は14日、ホーチミン市にあるイオンモールのタンフーセラドン店で開催されている「三重県フェア」を訪れ、「フェアを通じて ...
2017/11/15 00:06 da:- facebook:0 twitter:0 ホーチミン 県知事 トップ セールス イオン モール Tweet
nna.jp  日系コンビニ、日本食品76品目を一斉販売  ↑0 ↓0
ベトナム国内のファミリーマート、ミニストップ、イオンは1日、ホーチミン市を中心に展開している約260店舗で、加工食品など日本商品76品目のテスト販売を開始 ...
u-presscenter.jp  ~ベトナム・ハノイ貿易大学に、日本式国際ビジネス学士課程が今秋開設~関東学院大学が、日本企業と ...  ↑0 ↓0
関東学院大学では、ベトナムで教育プログラムを展開するにあたって、教職員の派遣を決定するとともに、日本企業に協力を要請。現時点で、イオン、エイチ・アイ・ ...
2017/10/23 15:00 da:- facebook:- twitter:- 関東学院 ハノイ 日本式 ビジネス プログラム 教職員 Tweet
hitosara.com  CHAO NGON イオンモール松本店  ↑0 ↓0
長野県の松本/塩尻 タイ・ベトナム料理の[CHAO NGON イオンモール松本店:0263-88-7754]の人気料理情報.
2017/10/10 19:59 da:- facebook:- twitter:- イオン モール Tweet
news.nissyoku.co.jp  宮城蔵王産梨、ベトナム向けに輸出 出発式行う  ↑0 ↓0
【東北】宮城蔵王産梨のベトナム向け輸出が決まり、出発式が9月25日、JAみやぎ仙南蔵王梨選果場で行われた。ベトナムのイオンなど約60店舗で販売される。
2017/09/28 14:15 da:- facebook:0 twitter:0 みやぎ イオン Tweet
nna.jp  書店ファハサ、イオンに100号店をオープン  ↑0 ↓0
ベトナムで書店チェーンを展開するファハサは21日、ハノイのイオンモール・ロンビエン内に100号店をオープンした。紀伊國屋書店の協力を得て、和書も販売され ...
2017/09/25 00:09 da:- facebook:0 twitter:0 イオン オープン チェーン ハノイ モール 紀伊國屋 Tweet
blog.hicbc.com  四日市でベトナムとの交流をしよう!フェア  ↑0 ↓0
四日市で初となる. 「ベトナムフェアIN四日市」. を開催します! 四日市商工会議所の坂下聡宏さんに. お話を伺いました◎. 諏訪公園通りとイオン四日市尾平店の.
2017/09/23 01:59 da:- facebook:0 twitter:0 四日市 フェア 商工会議所 イオン Tweet
nna.jp  宮城県産のナシ、25日から輸出開始  ↑0 ↓0
宮城県は20日、宮城県産のナシを25日からベトナムに輸出すると発表した。10月12日からベトナムのイオンやミニストップなどで販売される。 宮城県や関係の ...
2017/09/22 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ストップ Tweet
jcci.or.jp  23、24日に「四日市ベトナムフェア」を2会場で開催(四日市商工会議所)  ↑0 ↓0
四日市商工会議所(三重県、種橋潤治会頭・三重銀行)に事務局を置く実行委員会は23、24日の2日間、近鉄四日市駅前商店街およびイオン四日市尾平店の2 ...
logi-today.com  イオン、解禁後初めてベトナムに梨出荷  ↑0 ↓0
福島県、宮城県、茨城県の梨生産者、調達・輸出を担うイオンリテール、販売を担うイオンベトナム、日本貿易振興機構(JETRO)が組み、「オールジャパン」体制で ...
2017/08/21 18:45 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ジャパン オール 生産者 リテール Tweet
newsclip.be  イオン、ベトナムで日本産ナシ販売  ↑0 ↓0
1回目の輸出として、8月21日に福島県産と茨城県産の「幸水梨」を出荷。8月25日以降、ベトナムの「イオン」、「ミニストップ」など約60店舗で順次販売を開始 ...
2017/08/16 13:30 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ストップ Tweet
minyu-net.com  イオンがベトナム60店舗に福島県産ナシ 11月中旬まで販売へ  ↑0 ↓0
ベトナムに初めて輸出される本県産のナシについて、イオンリテールとイオンベトナムは15日、首都ハノイ市や最大の経済都市ホーチミン市を中心とする約60店舗 ...
2017/08/16 09:22 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ホーチミン リテール ハノイ Tweet
minpo.jp  イオン関連60店舗に 県産ナシのベトナム輸出 11月まで販売  ↑0 ↓0
流通大手のイオンリテール(本社・千葉市)は今月から日本貿易振興機構(ジェトロ)の協力を得て、ベトナムへ県産ナシの輸出を始める。11月まで現地にある同社 ...
2017/08/16 08:48 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ジェトロ リテール Tweet
日本経済新聞  イオン、ベトナムに梨輸出 解禁後初  ↑0 ↓0
イオン 国産梨のベトナム輸出を始めると15日発表した。福島、宮城、茨城県産の梨を25日から順次、ベトナムのグループ店舗約60店で販売する。11月中旬まで ...
2017/08/15 19:18 da:- facebook:0 twitter:0 イオン グループ Tweet
newswitch.jp  卸・小売りの外資規制が変わる、ASEAN6億人の消費をつかむ日本企業はどこだ!  ↑0 ↓0
ベトナムが重要なパートナーであることに疑いはない」。岡田元也イオン社長は6月7日、ショッピングセンター(SC)「イオンレイクタウン」(埼玉県越谷市)を視察に ...
2017/08/13 09:45 da:- facebook:0 twitter:0 ショッピングセンター イオン パートナー 小売り Tweet
nna.jp  日本産梨、25日からイオンで販売  ↑0 ↓0
イオングループは、25日からベトナムで日本産梨の販売を開始する。ベトナムは日本産梨の生果実を今年1月に輸入解禁しており、今回が初の入荷となる。
2017/08/03 00:07 da:- facebook:0 twitter:0 イオン グループ Tweet
ryutsuu.biz  イオンの国際事業/1~3月は営業損失13億2900万円  ↑0 ↓0
イオンベトナムでは、社会行事への対応に継続的に力を入れており、年間最大商戦のひとつである「テト(ベトナム旧正月)」においても、多くのお客の支持を得て、 ...
2017/07/05 21:33 da:- facebook:0 twitter:0 イオン 旧正月 ひとつ Tweet
ビッグローブニュース  ナマズのかば焼き拡大=ベトナム産も—イオン  ↑0 ↓0
イオンは29日、「土用の丑(うし)の日」を前に、今年のかば焼き商品を報道陣に公開した。ベトナム産の養殖ナマズ「パンガシウス」のかば焼きなど、資源の枯渇が ...
2017/06/29 19:07 da:- facebook:0 twitter:0 かば焼き イオン ナマズ 報道陣 Tweet
nna.jp  イオンモール・ビンタン、1周年でイベント  ↑0 ↓0
ホーチミン市ビンタン区にあるショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」はあす30日から、開業1周年イベントを開催する。7月16日までの日程で ...
2017/06/29 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 モール イオン イベント ショッピング ホーチミン Tweet
manila-shimbun.com  ベトナムの第10縫製総公社、ユニクロ・イオンとアウトソーシング契約へ  ↑0 ↓0
ベトナムの「第10縫製総公社」のチャン・ドク・ビエト最高経営責任者(CEO)は、日本のカジュアル衣料品店「ユニクロ」や流通大手イオンと、衣料品製造などで ...
2017/06/28 22:41 da:- facebook:0 twitter:0 衣料品 イオン ユニクロ カジュアル CEO チャン Tweet
nna.jp  イオン、英語版ECサイトのサービス開始  ↑0 ↓0
イオンはこのほど、オンラインのショッピングサイト「Eショップ」の英語版をオープンした。近くスマートフォンやタブレット端末向けの専用アプリもリリースする予定。
ryutsuu.biz  イオン/ベトナム進出3年で黒字化を達成、年間1300万人が来館  ↑0 ↓0
イオンは6月7日、ベトナムで総合小売事業、ショッピングセンターの開発と運営を行うイオンベトナムの2016年度の営業利益が黒字化したと発表した。 2014年に ...
2017/06/07 20:34 da:- facebook:- twitter:- イオン ショッピングセンター Tweet
時事ドットコム  「イオンワールドフェスタ ベトナム・ハノイフェア」 6月5日から1週間、イオンレイクタウンで開催!  ↑0 ↓0
イオンは、6月5日(月)から11日(日)まで、イオンレイクタウンmori(埼玉県)において、3回目となる「イオンワールドフェスタ ベトナム・ハノイフェア」を開催します。
2017/06/05 14:15 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ フェスタ ワールド Tweet
aeon.info  「イオンワールドフェスタ ベトナム・ハノイフェア」 6月5日から1週間イオンレイクタウン  ↑0 ↓0
3回目となる「イオンワールドフェスタ ベトナム・ハノイフェア」を開催します。さらにフェア期間. 中の7日(水)には、ベトナムからの来賓による記念セレモニーの開催 ...
2017/06/01 11:31 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ ワールド イオン フェスタ セレモニー フェア Tweet
アパレル・リソース  流通業者とのグローバルな結びつきを展開  ↑0 ↓0
ベトナム商工省は国外の大手流通業者と引き続き提携を結び、ベトナム製品の輸出を促進していく予定である。 同省の欧州市場部は、諸外国の消費者にベトナム企業の商品をダイレクトに届ける新しい輸出チャンネルの開発を行うべく、「ベトナム企業の外国流通システムへの直接参加を2020年までに展開」するプログラムの導入に関する会合を5月26日に開催した。 Dang Hoang Hai部長によると、同省はCasino(フランス)、Metro Cash & Carry(ドイツ)、Makro(チェコ)、Coopイタリア、Conad(イタリア)と協調し、質の高いベトナム製品を欧州のスーパーマーケットに売り込み、ベトナム企業と流通チェーンを結びつける「ベトナム製品ウィーク」を開催したと言う。 2011年以降、およそ10の「ベトナム製品ウィーク」イベントがヨーロッパやアジアで開催され、ベトナム企業の外国流通チェーンを通じた輸出をサポートし、仲介料をカットし、高い価値をもたらしていると同氏は述べた。 セントラルグループ・ベトナムのTran Thanh Hai副社長によると、スーパーマーケットチェーンのBig Cは近年、数千万米ドル(数十億円)に及ぶベトナム製品をヨーロッパ市場向に積極的に採用したと言う。 セントラルグループがBig Cを買収した後、セントラルグループ・ベトナムとBig Cは、ベトナム製品を国外市場に販促し、採用される様、様々なプログラムを実施した。 両社は省庁と協力し、手工芸品や繊維・縫製品、さらにはライチ、ドラゴンフルーツ、スウィートポテトなどの農産物と言った、より多くのベトナム製品がタイヤその他ASEANに諸国輸出される様、7月末にはタイにて第二回ベトナム製品ウィークを開催した。 イオンベトナムの西峠泰男社長は、ベトナムのサプライヤーは常に商品の品質を改善しており、同社には1675品目が納品されていると言う。 イオンは、日本を含めた1万4000店舗で積極的にベトナム製品を輸出している。 最も人気があるのはチャー(魚)、繊維・縫製製品、履物製品である。 昨年イオンはベトナムから2億米ドル規模の商品を輸出しており、そのうちチャーが占める割合は9000万ドルであった。 しかしながら、近代的流通チャンネルでの販売には安定した品質を確保する必要があるため、ベトナム企業が外国の流通システムにアクセスするにはまだ困難が続くとセミナーの代表者は述べた。 Auchanのベトナム店舗の食料品市場マネージャーであるAlbin Bertand氏によると、消費者は商品価格と品質を優先すると言う。 ベトナムの生産者は品質保証へのフォーカスに加え、潜在市場のトレンドを調査し、各市場にあった戦略を練る必要があると同氏は述べた。 ベトナム製品品質事業組合のVu Kim Hanh会長によると、ベトナム製品が近代的流通チャンネルに入り込むのに重要な点は、品質と原産地証明であると言う。 ベトナム政府は2015年、ベトナム企業の外国流通ネットワークへの直接参加を補助する計画を承認した。 この計画では、ベトナムと自由貿易協定を締結しているヨーロッパ、北米、東南アジア、北東アジアなどの国々の主要流通システムにおける、ベトナム製品の直接販売の保証を目的としている。   もっと見る
asahi.co.jp  【報ステ】ウナギ代替魚…ベトナム産ナマズ598円  ↑0 ↓0
絶滅が危惧されているウナギの代わりとして、ベトナムで養殖された『パンガシウス』というナマズのかば焼きをイオンが30日から売り出す。白身でふっくらした食感 ...
2017/05/29 23:42 da:- facebook:0 twitter:0 ウナギ ナマズ イオン 代わり かば焼き Tweet
news.tv-asahi.co.jp  【報ステ】ウナギ代替魚…ベトナム産ナマズ598円  ↑0 ↓0
絶滅が危惧されているウナギの代わりとして、ベトナムで養殖された『パンガシウス』というナマズのかば焼きをイオンが30日から売り出す。白身でふっくらした食感 ...
2017/05/29 23:26 da:- facebook:- twitter:- ウナギ ナマズ イオン 代わり かば焼き Tweet
ASEAN PORTAL  イオンファンタジーがベトナムで現地法人設立  ↑0 ↓0
モール内の児童向けアミューズメント施設など運営するイオングループの一員である株式会社イオンファンタジーは、ベトナム現地に新会社を設立し、ベトナム ...
newsclip.be  イオンファンタジー、ベトナムに新会社  ↑0 ↓0
【ベトナム】イオングループ傘下でショッピングセンター(SC)内の子ども向け室内遊戯施設を開発運営するイオンファンタジー(千葉市)は19日、8月をめどにベトナム ...
nna.jp  イオンファンタジー、合弁で新会社設立  ↑0 ↓0
子ども向けの遊戯施設の運営を手掛けるイオンファンタジーは19日、ベトナムで新会社を設立すると発表した。イオンベトナムとの合弁となり、店舗展開を加速する ...
2017/05/22 00:09 da:- facebook:0 twitter:0 イオン 新会社 ファンタジー 子ども Tweet
jetro.go.jp  (ビジネスの眼) インタビュー:イオンベトナム/ミニストップベトナム  ↑0 ↓0
ビジネスの眼) インタビュー:イオンベトナム/ミニストップベトナム ... 特集 アジア・オセアニアの新興都市)ベトナム・タイニン:人件費・税制が魅力(ベトナム).
ryutsuu.biz  イオンファンタジー/ベトナムに合弁会社を設立  ↑0 ↓0
現在、ベトナムではフランチャイズ契約によって、イオンベトナムが店舗を運営している。 新会社を設立しフランチャイズ契約店舗を譲り受け、新会社で運営する ...
2017/05/19 17:48 da:- facebook:0 twitter:0 新会社 イオン フランチャイズ 合弁会社 ファンタジー Tweet
出島  イオン、ベトナムに食品スーパーを500店舗開業予定  ↑0 ↓0
イオン、ベトナムに食品スーパーを500店舗開業予定 ... スーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。
2017/05/12 10:41 da:- facebook:0 twitter:0 イオン スーパー チェーン スーパーマーケット Tweet
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
nanbubijin.co.jp  南部美人inカンボジア・ベトナム その4  ↑0 ↓0
南部美人inカンボジア・ベトナム その4. カンボジア最大で、アジア最大のイオンモールに行ってきました。このイオンモールがプノンペンにあります。アジア最大で ...
2017/04/21 01:42 da:- facebook:0 twitter:0 モール イオン アジア プノンペン Tweet
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
pref.niigata.lg.jp  ベトナムにおける日系小売店(ファミリーマート、ミニストップ、イオン)  ↑0 ↓0
ジェトロではファミリーマート、ミニストップ、イオンと連携し、本年11月、両コンビニエンスストアおよびイオンのベトナムにおける全店舗を対象としたテスト販売事業「 ...
毎日新聞  ベトナムで 笑顔招くブラッシング ライオン国際事業本部商品企画部・大野高史部長に聞く  ↑0 ↓0
しかし、ベトナム市場では、当社ブランドの知名度はまだまだ高くありません。日本のブランドを海外に広げるという経済産業省の方針もあり、「歯みがき教室」に ...
asiatravelnote.com  タイ・ライオンエアがバンコク―ハノイ線に新規就航 同区間は9社が競合することに  ↑0 ↓0
タイの格安航空会社のタイ・ライオンエア(Thai Lion Air)は、2017年3月24日よりバンコク(ドンムアン)とベトナムのハノイを結ぶ路線に就航すると発表しています。
2017/03/13 21:34 da:18 facebook:0 twitter:0 ハノイ バンコク ライオン Tweet
wwdjapan.com  イオンモールがベトナムに5号店  ↑0 ↓0
イオンモールは、ベトナムの首都ハノイの郊外に新施設「(仮称)イオンモール ハ ドン(Ha Dong)」を2019年度に開業する。ベトナムで5番目、ハノイで2番目のイン ...
2017/03/12 13:00 da:52 facebook:0 twitter:0 モール イオン ハノイ Tweet
ryutsuu.biz  イオンモール/ベトナム5号店を出店  ↑0 ↓0
イオンモールは3月10日、ベトナム社会主義共和国におけるイオン5号店、ハノイエリアでは2号店となる「(仮称)イオンモールHADONG」を出店すると発表した。
2017/03/10 17:58 da:47 facebook:0 twitter:0 イオン モール エリア ハノイ 社会主義 Tweet
business.nifty.com  日本と同国の高校生たちが親交を深めます「日本 ベトナム ティーンエイジ アンバサダー」  ↑0 ↓0
公益財団法人イオンワンパーセントクラブ(以下、当財団)は、3月13日(月)から8日間、ベトナムにおいて、日本と同国の高校生が親交を深める「日本 ベトナム ...
2017/03/10 15:35 da:86 facebook:0 twitter:0 高校生 クラブ パーセント 財団法人 アンバサダー イオン Tweet
PR TIMES  ベトナムで、日本と同国の高校生たちが親交を深めます「日本 ベトナム ティーンエイジ アンバサダー」を実施  ↑0 ↓0
公益財団法人イオンワンパーセントクラブ(以下、当財団)は、3月13日(月)から8日間、ベトナムにおいて、日本と同国の高校生が親交を深める「日本 ベトナム ...
2017/03/10 14:17 da:68 facebook:0 twitter:0 高校生 パーセント クラブ 財団法人 アンバサダー イオン Tweet
kochinews.co.jp  イオンのベトナム5号店 「(仮称)イオンモールHa ハ Dong ドン 」出店の決定について  ↑0 ↓0
ハノイ市西部に位置するHa Dong区は、広域幹線道路の整備が進み、ハノイ市中心部とHa Dong区とを結ぶベトナム初のBRT(バス高速輸送システム)の開通 ...
2017/03/10 14:15 da:58 facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ システム 幹線道路 市西部 モール Tweet
アパレル・リソース  日本のコンビニチェーン各社が小売市場に急速に参入  ↑0 ↓0
日本のサービス文化に対する需要が高いベトナムでは、日系のコンビニエンスストアチェーンが急速に勢力を増している。 セブンイレブンジャパンは、近日ホーチミンで開店予定であるベトナム初号店の求人募集を2017年2月に開始した。 セブンイレブンブランドがアジアに初めて進出したのは、セブンイレブンチェーンの元となるサウスランド社が台湾に進出した1980年のことである。 その後1991年にセブンイレブンジャパンがアメリカのサウスランド社を買収し、のちに経営統合されセブン&アイ・ホールディングスとなった。 2014年にはセブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブンジャパンが中国・北京に初号店を開き、成功を収めている。 中国市場への参入は大成功を収め、セブンイレブンジャパンは即座に韓国、香港、ベトナムなどアジア諸国への拡大の計画を開始したという。 こうしてセブンイレブンジャパンは、世界中の過酷な市場で培った経験とともに、ホーチミンに初号店を開店するに至ったのである。 セブンイレブンのマネージメントチームにはアメリカ時代の30年以上前から在籍するメンバーも複数名おり、コンビニエンスストア部門ではかなり高いスキルを持っている。 その他のチェーンもまた、日本式の製品やサービス、スタッフトレーニングをベトナム全土に広めている。 日本第3位の大手であるファミリーマートは、2016年7月時点でベトナムに106店舗出店しており、2016年末までには150店舗、2018年には300店舗到達を目標としている。 またファミリーマートは、台湾、中国、タイなどのアジア市場でも幅広く展開している。 日本の大手流通企業イオングループのコンビニエンスストアチェーンであるミニストップは、日本国外では主に韓国で展開しているが、ベトナム全土のイオンショッピングセンターでも店舗を開設する計画がある。 一方で日本大手第2位のコンビニエンスストアチェーンであるローソンは海外展開においては遅れをとっており、2016年6月末時点の国外店舗はアジアの821店舗のみであった。 ローソンは上海地元企業との合同事業として1996年に中国市場に参入したが、運営能力の低さなどから売り上げや店舗数の増加に苦戦していた。 インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイなど、現在は日本国外に790店舗のみしか展開していないものの、ローソンはフランチャンズの促進により2020年までに中国で3000店舗を展開することを目標としており、ベトナムやマレーシアなどでのフランチャイズ展開も視野に入れている。 アジアでは中流階級層に突入する人口が増加しており、コンビニエンスストアの需要は今後高まると予想されている。 日本式のコンビニエンスストア運営の特徴としては、イノベーションや連続した新商品の投入、そして独自のサービス提供があげられる。 こうしたサービスは、同じ商品を何ら改良や変更することなく毎年提供し続ける傾向がある、従来のベトナム小売店とは全くの極地にある。 日本貿易振興機構(ジェトロ)は国内チェーンの大陸進出に関して楽観的であり、ジェトロの役員は、日本のコンビニエンスストアチェーンがベトナムにおいて大成功を収める可能性は十分にあると語っている。 もっと見る
sankeibiz.jp  ベトナムのネット通販で顧客争奪戦 ロッテ、イオン…小売り大手が参入 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
ベトナムのインターネット通販市場に国内外の小売り大手の参入が相次いでいる。同国のネット通販売上高は、2016年に50億ドル(約5693億円)に達し、15年 ...
2017/02/17 05:08 da:71 facebook:0 twitter:0 小売り ネット 売上高 ページ インターネット イオン Tweet
毎日新聞  日本とベトナムの高校生交流  ↑0 ↓0
公益財団法人イオンワンパーセントクラブが主催する高校生交流事業「ティーンエイジアンバサダー」の歓迎会が、在日ベトナム大使館(東京都渋谷区)で開かれた ...
2017/02/06 02:07 da:83 facebook:0 twitter:0 高校生 エイジアン 大使館 ティーン パーセント 財団法人 Tweet
読売新聞  青森食展 ベトナムで盛況…リンゴや日本酒PR 2017年01月19日  ↑0 ↓0
【ハノイ=吉田健一】ベトナムの首都ハノイの複合商業施設「イオンモール・ロンビエン」で18日、県産品をPRする「ジャパン・アオモリ・フードフェア」が始まった。
2017/01/19 05:06 da:89 facebook:0 twitter:0 ハノイ フード フェア ジャパン イオン リンゴ Tweet
時事ドットコム  「日本 ベトナム ティーンエイジ アンバサダー」を実施  ↑0 ↓0
公益財団法人イオンワンパーセントクラブ(以下、当財団)は、1月16日(月)から8日間、日本とベトナムの高校生が親交を深める「日本 ベトナム ティーンエイジ ...
2017/01/12 14:22 da:79 facebook:0 twitter:0 クラブ 高校生 パーセント イオン アンバサダー 財団法人 Tweet
asianbeat.com  「アジアンビート秋祭り2016」を開催しました!  ↑0 ↓0
2016年11月20日(日)ベトナム・ハノイのイオンモール ロンビエンで「アジアンビート秋祭り2016」を開催しました。11月のハノイは30℃と暑かったものの、秋を ...
2016/12/21 13:19 da:43 facebook:0 twitter:0 ハノイ アジアン 秋祭り ビート モール イオン Tweet
pref.tochigi.lg.jp  「第2回ベトナムへの食品輸出商談会in栃木」の実施について  ↑0 ↓0
県は茨城県、群馬県と連携し、平成28年7月31日から平成29年2月までベトナム(ハノイ市)のイオンモール内に、県産品の展示販売を行うアンテナショップを設置 ...
2016/11/30 09:46 da:74 facebook:0 twitter:0 アンテナショップ モール イオン ハノイ Tweet
pref.miyagi.jp  「ベトナムメディア招聘事業」ベトナムメディアの県内招待旅行(ファムトリップ)  ↑0 ↓0
宮城県では平成28年8月26日にイオンモールビンタン(ベトナム社会主義共和国ホーチミン市)に「Miyagi Shop」を開設し,ベトナムの皆様に県産品をテスト販売し ...
2016/11/04 19:49 da:80 facebook:0 twitter:0 メディア テスト 社会主義 ホーチミン Tweet
pref.tochigi.lg.jp  「第1回ベトナムへの食品輸出商談会in栃木」の実施について  ↑1 ↓0
県は茨城県、群馬県と連携し、平成28年7月31日から平成29年2月までベトナム(ハノイ市)のイオンモール内に、県産品の展示販売を行うアンテナショップを設置 ...
2016/10/25 08:03 da:75 facebook:0 twitter:0 アンテナショップ モール ハノイ 第1回 イオン Tweet
fuguai.com  アレルギー表示「えび」「落花生」が欠落した  ↑0 ↓0
株式会社ベジテックは、同社が製造しイオンリテール株式会社が販売した下記のサラダにおいて、アレルギー表示「えび」「落花生」が欠落したとして、対象製品の ...
2016/10/24 16:44 da:40 facebook:- twitter:- アレルギー 落花生 サラダ リテール テック イオン Tweet
newsclip.be  タイ・ライオンエア、ホーチミン・広州線を開設  ↑0 ↓0
【タイ】インドネシア系のタイ格安航空会社(LCC)、タイ・ライオン・エアは、今月28日にバンコク北部のドンムアン空港とベトナム・ホーチミン、中国・広東省広州を ...
2016/10/19 22:30 da:44 facebook:0 twitter:0 ライオン ホーチミン 広東省 バンコク Tweet
アパレル・リソース  小売企業における戦略再検討の必要性  ↑0 ↓0
企業合併(M&A)により外国小売企業がベトナムに浸透するにつれ、ベトナム小売企業は開発戦略や競争力の向上により真剣に取り組まざるをえなくなっている。 数億ドル規模の案件が過去2年間でいくつも決定している。 日本のイオン、韓国のロッテ、タイのTCCホールディングやセントラルグループといった外国企業の参入が消費者に利益をもたらし、小売業界の現代化を促している事は否定できない。しかしながら問題は、こうした外国企業との競争やベトナム製品の開発・促進にあり、地元の小売業者はこれを真剣に検討しなければならないと専門家は言う。 「ビジネスフォーラム」誌によって9月29日に開催されたオンラインフォーラムでは、外国小売企業のベトナム小売市場への浸透に効果的なM&Aは避けられない流れであり、この流れは次の2-3年間は続くであろうと専門家が予想している。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長によると、世界貿易機関の参加前に国が小売業界を促進する国家プランを持ち合わせていなかったことは不運な事であったという。 「今、地元の小売企業が成長を遂げ、急速に統一化する世界の厳しい競争に立ち向かうことが重要となっています。」とLoan会長は述べた。 ベトナム全土に80以上のスーパーマーケットと、300近くの小売店を展開するCo.op社のVo Hoang Anhマーケティング部長によると、外国企業との競争が地元企業に対し開発戦略調整に向けたプレッシャーを生み出しており、また学習する機会も与えているという。   小売のマルチ・チャンネル化 専門家によると、地元企業が製品の購入方法に対する選択肢を消費者に与える事で、マルチ・チャンネル化を図らなければならないという。 Hoang Anh氏によると、eコマースと従来の流通方法を合わせたマルチ・チャンネルの小売法がベトナムには適している。Co.op Martの親会社であるSaigon Co.opは、2017年にeコマース窓口を開発する予定である。 ベトナムでは買い物のトレンドとしてeコマースが台頭してきており、強い成長が期待されているが、支払い方法や消費者の信頼といった側面がかけており、ブームには至っていない。 マルチ・チャンネルの小売方法は地元小売業者にとって避けられない流れであるとLoan氏も同意した。 またHarp社のNguyen Thi Hai Thanh副社長によると、 大きな可能性がある地方市場にも小売業社はフォーカスを当てているという。 消費者動向に関するグローバル・エキスパートであるKantar Worldpanel氏による2015年の調査によると、都心部では従来の小売方法が未だに82%を占めており、地方市場では98%を占めているという。小売市場では家族経営の小売店が60%を占めており、従来市場の10%を占めている。 さらに専門家は、ベトナム製品の流通のために、企業とサプライヤーの相互協力を促している。 2008年以降、9300万の人口を抱えるベトナムは、国際小売開発指数による新興小売市場への参入魅力度ランキングで常に上位30に入っている。 ベトナムにおける小売市場の収入は年間総額1100億米ドルに達しているが、およそ4分の1は最新の小売チャンネルから来ている。分析によると、2020年には小売収入は1790億米ドルにまで達する見込みである もっと見る
2016/10/11 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 チャンネル マルチ 消費者 専門家 eコマース 小売店 Tweet
asiatravelnote.com  タイ・ライオンエアがバンコク―ホーチミン線に就航 同区間はLCC6社が競合する超激戦区に  ↑0 ↓0
タイの格安航空会社のタイ・ライオンエア(Thai Lion Air)は、2016年10月28日よりバンコク(ドンムアン)とベトナムのホーチミンを結ぶ路線を開設すると明らかにし ...
2016/10/08 14:03 da:24 facebook:0 twitter:0 ライオン ホーチミン バンコク 明らか Tweet
jacom.or.jp  ベトナムのコンビニで国産農産物販売 JAの産品も採択-JETRO  ↑0 ↓0
日本貿易振興機関(JETRO)はベトナムのファミリーマート、ミニストップとイオンの計約200店舗で11月の1か月、ジャパン・フェアを開催し日本の農産物・食品を ...
アパレル・リソース  小売市場に流入する海外投資  ↑0 ↓0
若年層と増えつつある中流階層のおかげで、ベトナムは最も魅力的な新興小売市場となっている。 世界的な不動産サービス企業JLLベトナムが最近発表した報告書によると、すでに日本、タイ、フランス、韓国の企業がベトナムでの商機を求めて参入している。 タイ企業のBerli Jucker PlcはMetro Cash and Carry Vietnamを6億5500万ユーロで買収し、2014年最大の合併買収事案となった。その後間もなく、タイのCentral Groupは電気製品小売チェーンNguyen KimとBig C Supermarketを買収している。 2015年には韓国のディスカウント小売大手Emartがホーチミン市に店舗をオープンした。韓国のスーパーマーケットブランドLotteは11店舗を開業し、2020年までに60店舗への拡大を目指している。 日本のイオンモールは2年前のベトナム市場参入以来すでに4か所のショッピングモールと約50店舗を擁し、2020年までにベトナム国内でさらに20のショピングセンターを開業する意向である。フランスのAuchanSuperもSimply Mart3店舗が好調で、ベトナム小売市場の成長可能性を評価し事業拡大を決定しており、2020年までにホーチミン市で17のスーパーマーケット、北部で20店舗の開店を目指している。 1人当たり所得が増加するにつれベトナム人の消費力が高まり、Gap、Mango、Topshopが若い世代に浸透してきた。9月上旬にはホーチミン市にZaraの最初の旗艦店が開店し、H&Mも2017年はじめのベトナム参入を目指し手続中と言われている。 JLLベトナムの報告書は、総人口9000万人の70%を15歳から64歳が占めるベトナムの小売市場は成長の余地が大きいと指摘している。2015年から2020年にかけて、ベトナムの都市人口は2.6%上昇することが予測されており、これは東南アジア地域でも最も高い成長率である。 JLLベトナムのTrang Buiは「増加しつつある可処分所得、急速な都市化と生活水準の上昇により、ベトナムは東南アジア地域で最もダイナミックな新興経済となっています」と話す。 米国のコンサルティング会社Boston Consulting Groupもまたベトナムの中流、上流階級人口が2020年までに倍増すると予測している。小売業者の中心的ターゲットとなるのは月収1500万ベトナム・ドン(714米ドル)以上の層である。 加えて、クレジットカードの利用が一般に広まりつつあり、消費者の高額消費への警戒心が下がっている。外国人観光客の増加とインフラの改善も投資家を惹きつける重要な要素である。 「競争はますます激化しており、市場の要求に応える適切な戦略を持つ小売業者のみが市場シェアを伸ばすことになるだろう」とJLLの報告書は分析している。 もっと見る
pref.tochigi.lg.jp  第1回ベトナムへの食品輸出商談会in栃木 参加企業募集  ↑0 ↓0
栃木県は茨城県、群馬県と連携し、ベトナム(ハノイ市)のイオンモール内に県産品の展示販売を行うアンテナショップを設置しています。 今般、本事業の一環 ...
2016/09/21 13:54 da:75 facebook:0 twitter:0 アンテナショップ モール イオン ハノイ Tweet
tv-tokyo.co.jp  【エマトピ】日系小売店が続々進出  ↑0 ↓0
ベトナムでは日本の小売店が進出が目立っています。7月1日にイオンはベトナムで4番目の店舗となるショッピングモールをホーチミン市に開店しました。また、30 ...
2016/09/05 08:03 da:87 facebook:0 twitter:0 小売店 ホーチミン モール イオン ショッピング Tweet
pref.miyagi.jp  「Miyagi Shop」が8月26日(金曜日)にグランドオープンしました。(海外ビジネス支援室)  ↑0 ↓0
イオンモールビンタン(ベトナム社会主義共和国ホーチミン市)で宮城県産品を販売するアンテナショップ「Miyagi Shop」が8月26日(金曜日)にグランドオープンしま ...
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
pref.miyagi.jp  平成28年度ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業「Miyagi Shop」  ↑0 ↓0
宮城県では,イオンモールビンタン(ベトナム社会主義共和国ホーチミン市)におきまして,「Miyagi Shop」を開設し,全国的にも有名な宮城県産品をホーチミン市で ...
2016/08/17 19:28 da:80 facebook:0 twitter:0 ホーチミン 全国的 社会主義 マーケティング Tweet
出島  ベトナム小売市場、規制緩和でイオン、ビングループなど出店拡大  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場で現地の異業種企業の進出が相次いでいる。不動産大手のビングループが2019年末までにコンビニエンスストア1万店を出店するほか、衣料 ...
2016/08/10 12:45 da:17 facebook:0 twitter:0 グループ ストア コンビニエンス 不動産 イオン Tweet
アパレル・リソース  高島屋、ホーチミン市にオープン  ↑0 ↓0
日本の百貨店高島屋が7月30日、ホーチミン市のサイゴンセンターに初めて店舗を開く。投資額は2500万米ドル。 これは同グループにとって、海外市場、とりわけ東南アジア市場の拡大の第一歩にあたる。 「店舗は完成段階に入り、開店の準備を行っています」と高島屋ベトナムの広報担当Phung Thi Xuan An氏は語る。 高島屋の店舗はホーチミン市中心部のLe Loi通にあり、5階建てで面積は1.5万平米。 同百貨店のオープンはベトナムの高級小売市場の幕開けを告げ、ベトナム南部に贅沢なショッピング体験の場を提供する。 ベトナムは若者人口が多く、中流層が拡大しており、東南アジアでも最も急速に経済成長しているために、イオン、高島屋、セブンイレブンなどをはじめ、多くの日本の小売業者の注目を釘づけにしている。 Vietnam Economic Times誌とのインタビューで、イオンベトナムのハノイのLong Bien店石川忠彦店長は、若者人口が多いというのはベトナムの小売分野の発展の大きなメリットだと語った。 「核家族も増えてきており、生活水準も上がっている」と彼は言う。 「そのため、消費財や娯楽サービスへの需要もこの先伸びていくでしょう」 ベトナム経済の自由化も進み、外資企業の進出も緩和されてきていると付け加える。 「海外の小売業者がベトナムに小売店舗を構える機会が増えてきます」 ベトナムの小売市場は多くの外国小売業者を惹きつけている。 米国のAT Kearney社が毎年発表する世界小売発展指数(GRDI)で2008年以降ベトナムは常に有望小売市場ベスト30の常連となっている。 中でも、一般スーパーとショッピングセンターは外資企業が着目する最も有望な形態と見られている。 しかしながら、最近のNielsenレポートでは、ベトナムでは従来型の小売チャネルもいまだ好まれており、現代的チャネルよりも5.4%高い成長率を記録し、100億米ドル規模の日用消費財市場の85%を保持している。 ベトナムの小売市場では最近企業買収も行われている。4月にはCasinoグループがBig Cベトナムを閉店し、タイのセントラル・グループに11.4億米ドルで譲渡すると公式に発表した。 Metro Cash & Carry VietnamもMetroグループからTCC Land International Pteに売却された。 商工省の数字では、2015年のベトナムの小売市場は1020億米ドルの規模と推測されている。700店のスーパーと132のショッピングセンターがあり、うち22が100%外資企業である。 2020年までの小売市場の成長率は11.9%で、2020年には市場規模は1790億米ドルとなり、そのうち45%を近代的な小売が占めるものになると見られている。 もっと見る
pref.miyagi.jp  ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業「在県ベトナム人を対象とした試食会」  ↑0 ↓0
県では、8月26日からベトナム社会主義共和国ホーチミン市にあるイオンモールビンタンにおいて「Miyagi Shop」を設置し、県産品のテストマーケティングを実施します。 これに先立ち、各社の製品がベトナムで受け入れられるか、販売の可能性を事前に探るため、在県ベトナム人の方々を対象とした試食会を開催しました。 当日は、ベトナム進出に関心のある県内19企業が集まり、県産農林水産物等食品や菓子類など各社の製品が会場に並びました。また、ベトナム人参加者は、味、値段、ベトナム市場で売れそうかを評価し、味付けや現地の価値観など、各社と様々な意見を交わしました。 会場を訪問した村井知事は「ベトナムの方から貴重な意見をたくさん頂いた。この機会を生かし、さらに改良した商品を現地に届け、新しい市場を作りたい」と、この事業に対する抱負を述べました。    もっと見る
日本経済新聞  宮城県、地元農水産品のベトナム輸出を支援  ↑0 ↓0
宮城県は県内で採れた農水産品のベトナムへの輸出を支援する。ホーチミンに期間限定でアンテナショップを開設し、現地での取引先の開拓なども後押しする。東日本大震災で生産設備が損傷して首都圏や関西への出荷が途絶えた水産加工会社などは現在も販路を取り戻せず、業績が震災前に届かないところが多い。アジア市場の開拓を県内経済の再生につなげる。 ホーチミンのイオンモールビンタンに8月26日から2017年3月12日…
2016/07/21 06:56 da:90 facebook:3 twitter:0 後押し ホーチミン アンテナショップ Tweet
okinawatimes.co.jp  天然鉱物使い汚水処理 沖縄の企業がベトナムで実証試験へ  ↑0 ↓0
屋部土建(名護市、津波達也社長)は、天然鉱物のルミライトを使った汚水浄化システムの実証試験をベトナムで実施する。空洞の多いルミライトを熱処理して、空洞を複雑化。荷電処理でプラスイオンを持たせ、マ...
2016/07/20 06:22 da:68 facebook:0 twitter:0 熱処理 システム Tweet
アパレル・リソース  イオンモールが高いスタンダードを設定  ↑0 ↓0
多くのショッピングモールのディベロッパーがテナントや顧客を惹きつけるのに失敗している一方で、AEON Mall Long Bien(AMLB)は顧客に一流の体験を提供し、地元住民のライフスタイルの変化にも適応することでその魅力を保っている。 ハノイLong Bien地区にあるこのAMLB複合施設は最新鋭の百貨店である。 このベトナムで最初の日系イオンモールは北部ハノイで開業し、AMLBはオープンから8ヶ月で1000万人の集客という偉業を達成した。 イオンモールはショッピングモール・ディベロッパーのスペシャリストとしてのノウハウを活かし、顧客にとって魅力あるショッピングモールを構築し、テナントとの密接なパートナーシップを通じてその価値を高めている。 ハノイ中心部にあるホアンキエム湖の約5キロ東のロンビエン区に位置し、AMLBには貿易センター、レストラン、娯楽施設やスポーツ複合施設も設置されている。地元住民の変化しつつある多様なライフスタイルに応じ、イオンモールは、最先端の製品、サービスや情報を提供することによって、いくつもの目的を果たすことを目指している。AMLBの使命は、住民のニーズを満たすコミュニティの中心になることである。 AMLBはその敷地にショッピング、エンターテイメント、コミュニティそしてエコロジーの4つの重要なエリアを設定している。それにより住民は、多様な食料品や、シネマコンプレックスなどの娯楽施設、医療や金融サービスなどの公共サービスなどに容易にアクセスすることができる。AMLBはあらゆる年齢層の訪問客が、楽しみや満足感を得られる何かを発見できる便利な場所となっている。 「日本の心、ベトナムの笑顔」というコンセプトのもとで、AMLBが提供する最初のサービスは、「心からのおもてなし」である。フレンドリー、熱心、親切なスタッフと日本式のおもてなしによって、AMLBはすべての顧客を満足させることを目指している。 イオンモールベトナムの小西幸夫社長は、「若干不便な場所であっても、高品質の製品と優れたサービスを日本式のおもてなしで提供すれば、きっとお客様はモールにまた通い、そこでの体験にご満足頂ける」ことを伝えた。 " AMLBは新しい顧客を招いて売上を増やし、ベトナム・日本両国間の文化交流のために、毎月販売促進キャンペーンを行っている。いくつかの人気イベントとして、会員優待キャンペーン、夏の夜の調べや雪に覆われた村などがある。 AMLBを訪れる顧客は、ドームのエレベーターにおいて日本独自の風鈴の音色にうっとりする体験をする。そのデザインは若竹やあさがおの花といった、日本の夏の雰囲気を醸しだしている。日本文化によると風鈴は幽霊を追い払い、風鈴の音を聞くことによってその地域に住む人々に幸運を招くと信じられている。また多くの人々は風鈴が鳴るたびに、それぞれの願いを小さな短冊に書き、願いが届くことを祈る。 今月AMLBは、顧客にパナソニックの冷蔵庫とサムスンのテレビのような魅力的な賞品が当るイベントに有名歌手を招いた。 さらに、イオングループの基本理念である「平和の追求、人間性の尊重、地域社会への貢献、お客様中心」に従い、AMLBはベトナムで植樹、奨学金授与など、いくつかの意義深い社会活動を行っている。 AMLBの理念により、「すべてのショッピングモールのグランドオープン前に、我々は地元当局と協力し、地域の環境を改善するために植樹を行っています」。   もっと見る
2016/07/15 14:04 da:22 facebook:0 twitter:0 モール イオン サービス ショッピング ハノイ もてなし Tweet
読売新聞  日系の流通・小売り、ベトナム進出が活発に  ↑0 ↓0
ベトナムで日系の流通・小売り各社の進出が活発になっている。 ... ホーチミン地域では3か所目のイオンモールで、首都ハノイにも1か所開業済みだが、「ハノイと ...
2016/07/14 09:11 da:89 facebook:1 twitter:0 ハノイ 小売り モール ホーチミン イオン Tweet
nna.jp  イオン4号店、既存店で最高売上げ=越法人社長  ↑0 ↓0
1日にホーチミン市ビンタン区でオープンした総合スーパーマーケット「イオン」のベトナム4号店について、イオンベトナムの西峠泰男社長は13日、「開業から10日間の売り上げは、既存4店舗の中で最高」と明らかにした。総菜やデザート類のほか、値頃感のあるファッションなどがけん引し、昨年ハノイに開業した3号店よりも10%程度拡大した。イオン4号店は、ショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」の核テナントとして入居している。新SCとしては月100万人の集客を目指しているが、オープン最初の日曜日となった3日には18万3,000人が来店した。総合スーパーでは、すしやクレープ、おでんなどの総菜類が好調。加えて「若者向けのファッションの売り上げが良い」。大きな要因が価格設定で、イオンでは3号店以降、1号店開店時との比較で衣料品の値段を14%程度引き下げた。「お客の値頃感を外さない」ことを狙った結果、買い上げ点数が増え、売り上げ増につながった。9万9,000ドン(4.4米ドル、約460円)のショートパンツなどが好調だという。ファッション売り場では、10代の女性向けに開発した商品を投入したほか、直営売 もっと見る
日本経済新聞  たも屋、ベトナムにうどん店 製麺拠点も  ↑0 ↓0
ベトナム1号店はホーチミン市中心から南西約10キロのイオンモール内のフードコートに出店。1日にオープンした。フードコートは約750席あり、世界各国の料理が楽しめる。 セントラルキッチンは練り機などを設置し、製麺能力は1時間600食。日本国内で使用している小麦粉、塩、だしを用いる。同キッチンで生地の切断までし、冷凍して店舗に届ける。安定した品質の商品を量産できる体制を整え、多店舗展開に備える。 たも屋は台湾に11店、シンガポールとインドネシアにそれぞれ2店をすでに展開している。
2016/07/08 06:00 da:90 facebook:39 twitter:0 コート フード オープン イオン うどん ホーチミン Tweet
nna.jp  イオン越4号店オープン「消費者の変化捉える」  ↑0 ↓0
イオンは1日、ホーチミン市ビンタン区にベトナム4号店となるショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」を開業した。2014年1月に同市タンフー区に1号店をオープンさせてから2年余りが経過し、既存店で培ったノウハウを生かすとともに所得水準の向上に伴い変化する消費者のニーズを捉える。「イオンモール・ビンタン」には初日から大勢の地元客などが押し寄せた=1日、ホーチミン市1日午前はオープンに合わせて地元住民など約2,000人が並び、イオンベトナムの西峠泰男社長はNNAに対し、「初日の入館者数は14万5,000人だった」と説明した。西峠社長は、「来店客が2年前よりファッショナブルになってきている」と経済成長を実感する。ライフスタイルの変化に合わせ、男性向けのかばんや財布などの品ぞろえを拡充した。女性向けでも10代の若い女性向けに開発した衣料品を売る。昼前の時点で長蛇の列ができた定番のすしなどに加え、総菜類におでんも加えた。総合スーパー「イオン」内では、人気が高い日本食品などを2倍程度に増やし、「ジャパン・セレクション」コーナーに集める。さらに来店客がスーパー内に持ち込むかばんの口を、防犯 もっと見る
2016/07/04 00:11 da:52 facebook:8 twitter:0 イオン モール ショッピング ホーチミン オープン 消費者 Tweet
e-logit.com  SGホールディングス・グローバル/ベトナム イオン Binh Tan店でも保冷配送サービスを開始  ↑0 ↓0
ベトナムにおける保冷配送サービスは、イオンタンフーセラドン店(ホーチミン市)とイオン ビンズオンキャナリー店(ビンズオン省)そしてイオンLong Bien店(ハノイ市)で提供をしています。「イオンBinh Tan店でも実施して欲しい。」とのお客さまの声を受け、この度、既存のイオンさま3店舗に続き常温品・冷蔵品・冷凍品の配送サービスを開始、お客さまのさらなる利便向上を実現いたしました。
2016/06/30 20:37 da:38 facebook:0 twitter:0 イオン サービス ホーチミン ハノイ Tan グローバル Tweet
lnews.jp  SG佐川ベトナム/イオン Binh Tan店で保冷配送サービスを開始  ↑0 ↓0
ベトナムでの保冷配送サービスは、イオンタンフーセラドン店(ホーチミン市)とイオン ビンズオンキャナリー店(ビンズオン省)、イオンLong Bien店(ハノイ市)で提供 ...
2016/06/30 18:22 da:47 facebook:1 twitter:0 イオン サービス ハノイ ホーチミン Tweet
logi-today.com  SG佐川ベトナム、現地イオンで4店目の保冷配送開始  ↑0 ↓0
イオン店舗内の宅配取次カウンターはベトナム国内で4件目。 ... ベトナムでの保冷配送サービスは、イオンタンフーセラドン店(ホーチミン市)とイオン ... 店(ビンズオン省)、イオンロンビエン店(ハノイ市)で提供しているが、顧客からビンタン店でも実施し ...
2016/06/30 17:59 da:34 facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ ホーチミン カウンター サービス Tweet
newsclip.be  讃岐うどん専門店「たも屋」 ホーチミン市にベトナム1号店  ↑0 ↓0
【ベトナム】讃岐うどん専門店「たも屋」は7月1日にホーチミン市で開業する「イオンモール・ビンタン」にベトナム1号店を出店する。 「たも屋」の東南アジア諸国 ...
2016/06/27 00:45 da:47 facebook:6 twitter:0 ホーチミン うどん 東南アジア イオン モール Tweet
時事ドットコム  百五銀、7月にベトナム・ホーチミンで商談会=物産展も開催-顧客の取引拡大を支援  ↑0 ↓0
【ハノイ時事】百五銀行は20日、ベトナムの最大商都ホーチミン市で7月11、12両日、顧客企業の同国でのビジネス拡大を支援するための商談会を開くことを明らかにした。また、取引先企業が生産・販売する食品や真珠などの工芸品をベトナムの消費者にアピールする「セントラル・ジャパン・フェア」を、ホーチミン市の複合商業施設「イオンモール・タンフーセラドン」で同月7~17日に開催する。(2016/06/20-18:34)
2016/06/20 19:41 da:78 facebook:0 twitter:0 ホーチミン ビジネス ハノイ Tweet
HOTNAM!  イオンホーチミン市Binh Tan店、間もなくオープン  ↑0 ↓0
7月1日にオープンするAEON Binh Tan店(ホーチミン市)は、ベトナム製品を80%、残りを日本や各国からの輸入品とする品揃えで、日本製品を紹介するコーナーでは、イオンのプライベートブランド「TOPVALU」製品を紹介する。  AEON MALL Binh Tan店は延床面積11万4,000㎡、うちイオンの総合スーパーの面積が2万2,700㎡。 (Thoi Bao Kinh Te Sai Gon) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。  詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。 もっと見る
2016/06/17 21:11 da:39 facebook:0 twitter:0 ホーチミン オープン コーナー 輸入品 イオン Tweet
日本経済新聞  イオン、ベトナムでPB商品開発  ↑0 ↓0
イオン ベトナムにプライベートブランド(PB=自主企画)「トップバリュ」の商品開発を手掛ける新会社を7月に設立する。現地の食品メーカーやアパレルメーカーと ...
2016/06/08 23:26 da:91 facebook:13 twitter:0 メーカー イオン アパレル 新会社 ブランド プライベート Tweet
アパレル・リソース  小売業界における競争をホーチミン市が警戒  ↑0 ↓0
ホーチミン市行政当局は、地元小売業者が外国の競合企業に対して競争力を強化し市場シェアを維持できるよう、関連する部局に対して的を絞った対策をとるよう指示した。 人民委員会会長Nguyễn Thành Phong氏はホーチミン市の年初から5か月間の社会経済的な業績と6月の計画を振り返る会合の中で、商工省に対して商業サービス開発ための地区計画の完成、町の名前のブランド化開発、重要な商品の特定するよう指示した。 ベトナムで事業を展開する韓国の主要な小売業者らはベトナムが期待できる成長市場であり、韓国の中小企業から製品を調達する見込みだとPhong氏は述べる。 日本のイオンもベトナムをマレーシアに次ぐ大きな小売市場とすることを目指している。 タイの小売業者もMetro、Big C Vietnam、電子商取引企業のZaloraや他企業を買収しベトナムに進出している。 ホーチミン市の小売市場の売り上げにおける外国企業の割合はいまや51%にのぼり、「小売市場における適切な開発戦略がなければ、将来的に外国の投資家が優位に立つことになるでしょう」と氏は警鐘を鳴らす。 このことは国内の製造業に対して悪影響を及ぼすだろうと氏は述べた。 多くの代表者らはホーチミン市に対して地元の小売業者や製造業者を支援する対策をすぐに導入するよう求めた。 Phong氏は小売市場をいかにサステイナブルな方法で開発できるかに関して会合を行うと述べた。 氏は各機関や局、地方がホーチミンの社会経済的な目標を達成することができるよう対策を講じ続けるよう促した。 「ホーチミン市は製造や貿易の促進、企業が直面する問題の解決、国内外からより多くの投資を呼び込むための投資環境の改善に重点的に取り組む必要があります」と氏は述べた。 輸出を促進するために貿易振興関連の活動を強化し、対象の業界に対する投資を求めることが、ホーチミン市が重点的に取り組む課題だ、と氏は述べた。   順調な成長 会合の人民委員会により依頼された報告書によれば、ホーチミン市の経済は今年はじめの5か月で大幅な増収を達成した。小売・サービス業界の売上高や輸出高は昨年同時期と比較して増加した。 小売・サービス業の収入は対前年比で11.2%増の288.55兆ベトナム・ドン(129.3億米ドル)となる見込みだ。 輸出は118.9億米ドルに達し1.2%増となった。特にコーヒー、米、コンピュータ、電子製品や付属品は著しい成長を見せた。 工業生産高は対前年度比で6.4%増加し、機械設備、飲料、エレクトロニクス、コンピュータや光学装置の分野が大きな成長を遂げた。 ホーチミン市は機械工学、エレクトロニクス、化学、ゴム・プラスチック・食品加工の四つの中核となる産業を持つが、いずれも前年よりも大きく成長した。 観光・運輸業界も順調な成長を遂げた。 もっと見る
newsclip.be  イオンモールのベトナム4号店、7月1日開業  ↑0 ↓0
... 【ベトナム】イオンはイオンモールのベトナム4号店「イオンモール・ビンタン」を7月1日、ホーチミン市中心部から南西約10キロの同市ビンタン区に出店する。
2016/05/26 15:22 da:48 facebook:- twitter:- イオン モール ホーチミン Tweet
kabutan.jp  イオンが反発、ベトナムの4号店をホーチミンに出店  ↑0 ↓0
イオン<8267>が反発。同社は24日、イオンモール<8905>とともにベトナムの4号店「イオンモール Binh Tan」を7月1日にオープンすることを発表した。ホーチミンエリアでは3号店となる「イオンモール Binh Tan」はホーチミン市中心地から南西約10キロメートルのビンタン区の「インターナショナル ハイテク ヘルスケア パーク」に立地。パーク周辺でも宅地開発が進んでおり、エリア全体で今後の人口増加が見込まれるとともに、交通至便なことから広域からの集客も期待されている。
2016/05/25 09:45 da:42 facebook:0 twitter:0 イオン モール ホーチミン オープン Tan Tweet
ryutsuu.biz  イオンモール/ベトナムに「イオンモールBinh Tan」、7月1日オープン  ↑0 ↓0
イオンとイオンモールは7月1日、ベトナム社会主義共和国におけるイオン4号店、ホーチミンエリアでは3号店となるショッピングモール「イオンモールBinh Tan(ビンタン)」をグランドオープンする。
2016/05/24 22:52 da:47 facebook:11 twitter:0 イオン モール ショッピング エリア オープン 社会主義 Tweet
aeon.info  ベトナム4号店「イオンモールBinh Tan 」  ↑0 ↓0
イオンモール Binh Tan」は、ホーチミン市中心地から南西約10km のビンタン区の. 「インターナショナル ハイテク ヘルスケア パーク」に立地。同パークはベトナム ...
2016/05/24 16:59 da:74 facebook:- twitter:- パーク モール イオン ヘルスケア ハイテク 中心地 Tweet
prw.kyodonews.jp  ベトナム4号店「イオンモールBinh Tan(ビンタン)」概要について  ↑0 ↓0
7月1日(金)10:00グランドオープンイオン株式会社及びイオンモール株式会社は7月1日(金)、ベトナム社会主義共和国におけるイオン4号店、ホーチミンエリア ...
2016/05/24 15:56 da:74 facebook:5 twitter:0 イオン モール エリア ホーチミン グランド オープン Tweet
アパレル・リソース  タイ企業によるBig C買収後はどうなるのか?(1)  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーであるNguyễn Kim貿易会社は、最終的にフランスのカジノ・グループに9億2000万ユーロ(10億5000万米ドル)を提示し、Big C ベトナム買収のための熾烈な戦いを制した。 セントラル・グループは買収成功について発表したものの、資本関係に関する詳細を明らかにしなかった。エレクトロニクスと家電小売店を運営するNguyễn Kim社は、セントラル・グループがその株式の49%を保有している。 Big C ベトナムには20の応札者があり、ほとんどが日本のイオン、韓国のロッテ、タイのBJCやセントラル・グループ、ベトナムのSaigon Co.opやMasanのような大手企業であった。 Big Cの昨年の売上高は5億8600万ユーロで、店舗数もCo.opmartに次いで二番手であり、セントラル・グループは、Big Cベトナムの獲得で、ベトナム小売市場を開拓するのに費やしたであろう数年間を前倒しできると期待している。 タイを含めベトナムに進出している多くの外資系小売企業の存在は、消費者にとって多様で高品質な商品がお手ごろな価格で手に入ることを意味する。 対照的に、ベトナムの生産者やサプライヤーは危惧している。つい最近市場が開放されたにもかかわらず、結局のところ小売市場の50%超が既に外資系小売業者に占められた。 重要なのはそれら外資系企業の多くは、ここベトナムにおいて自国に有利な経済活動を行うという野心的な計画を立てているという点である。 セントラル・グループは、地元の製品を使用し、Big Cの顧客、従業員や地元当局との従来の強い関係性を維持し、Big C店舗向けに地元の商品を調達するという条件を示しているが、不安は払拭されていない。 タイの企業は徐々にベトナムの大手卸や小売企業の買収を進めており、まずMetro、 Nguyễn Kim、そして今回のBig Cを短期間のうちに獲得した。 統計総局によると、2015年ベトナムはタイから83億米ドル相当の製品輸入を行った。この金額は、2016年第1四半期には18億米ドルとなった。 税関総局によると、ベトナムに輸入されたタイ製品はより多様になってきており、野菜、果物や消費財から自動車などの高付加価値製品にまで至るとした。 タイから輸入される自動車の数は、加速度的に増加している。昨年ベトナムは、中国から2万6700台、韓国から2万6500台、タイから2万5000台の自動車を輸入したが、今年のタイからの輸入数は7800台と、中国の3500台や韓国の2260台を圧倒している。 ベトナムの小売市場は開かれており、数百億米ドル規模の価値があるため、外資系企業だけを締め出すようなことはできないと、アナリストらは述べた。 MetroやBig Cのように外資系小売企業は、都市や郊外の一等地を確保しているだけでなく、ベトナムの消費者に自社を売り込むノウハウを持っている。 例えばタイの企業は、次のようなトリックを用いている。 Metroではまだベトナム商品を取り扱っているものの、店舗の中で最も良い場所ではタイ商品を陳列しており、同時に4~15%の大幅な値引きを提示している。 これによりベトナム商品の供給業者は競争に打ち勝つことができず、徐々にMetroへの供給を減らさざるを得なくなっている。 ベトナム企業の課題は、彼らは長期間にわたり輸出に焦点を当てており、国内市場を軽視してきたことにある。 国内企業間での協力関係が欠如していることも、ベトナム企業の競争力を弱め、外国のライバル企業に太刀打ちできない原因の一つとなっている。 またベトナムでは、国内のサプライヤーを保護するための、外国小売業者に対する明確で透明性のあるEconomic Needs Test(ENT)を実施できていない、とアナリストらは指摘した。このことは、外資系小売業者の豊富な資金力と共に、彼らが有利な地位を獲得するのに寄与している。 現在ベトナム国内に100店舗、6600人の従業員を擁するセントラル・グループだけでなく、日本のミニストップやイオン、韓国のロッテ、フランスのAuchanのような多くの外資系小売業者もベトナム国内で存在感を増している。 外資系投資の拡大と反比例して、Hapromart、SapomartやG7 Martなど、国内の小売業者は衰退しており、Saigon Co.opやWinmartでさえ四苦八苦している。 Metroで販売されるベトナム商品は、かつて全体の10%を占めていたのが、現在1~2%にまで減少している。将来的にはBig Cにも同様の事象が起きると予想されている。   (2)へ続く もっと見る
2016/05/20 06:00 da:19 facebook:0 twitter:0 グループ セントラル 米ドル 自動車 ロッテ 従業員 Tweet
アパレル・リソース  小売店がホーチミン市のショッピングモールから続々撤退(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   長期投資? Viet Fashion Corp.のNguyen Huu Phung社長は、多額の損失や高額の賃料にもかかわらず地元の小売業者は商圏を拡大し、自社ブランドの販売を促進するため、ショッピングモールで店舗運営を維持するよう最大の努力を払っている、と述べた。 「一方で良い立地に店舗を構えるために必要な、豊富な資本を有する外国人投資家にとっては、ベトナム経済に春がもどってくるのを待つのはそう難しいことではありません。」と彼は述べた。 ホーチミン市不動産協会(HoREA)のLe Hoang Chau会長は、人口1000万を超える大都市は、ショッピングモールにとって安息の地であると主張した。 しかし、住民が低所得であることによりその購買力は閉塞しており、モールでの買い物から足を遠ざけさせている。 こうした大きなハードルがあるにもかかわらず、多くの企業が長期的な成長のためにモールでのショップ運営を継続している。 「多くの国内外の小売業者は、最高の小売スペースを獲得するために競ってきました。そしていくつかのブランドが、それはほとんどが外国ブランドなのですが、小売市場を支配するようになってきました。」とChau会長は強調した。 ショッピングモール併設のアパートは、併設なしの建物より高い価格で販売されている。 最近では多くの商業施設が今日の消費者購買のトレンドに合わせるため、リニューアルを行っており、その中でも幅広いアイテムや娯楽サービスを提供する大規模なショッピングモールが優勢となっている。 新しい商業プロジェクトでは顧客をひきつける主要な分野として、レストラン、カフェ、ゲームエリア、および電機ショールームを拡充してきた。 2区に位置するVincomメガモールでは、ホーチミン市初のアイススケートリンクを運営している。 また、Tan Phu地区にあるイオンモールCeladonは、ハイテクゲームで若い顧客をひきつけている。   2015年第4四半期にホーチミン市のリテール市場は、Pearl Plaza、Coop Mart Van Thanh、Coop Mart Nguyen Binh、Vincom Mega Mall Thao DienとEmartという5つの新規参入者を受け入れた。 ホーチミン市の総小売面積は、2015年末には約100万平方メートルとなり、都心エリアの供給は2015年第3四半期と比較して18%も増加したものの、ダウンタウンエリアでは同期比12%の減少となった。 もっと見る
2016/05/17 12:01 da:19 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング ホーチミン エリア ブランド 四半期 Tweet
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
アパレル・リソース  タイのセントラル・グループがBig C Vietnamを落札  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーが、有力な国内外のライバルを退けベトナムのBig Cを落札した。 セントラル・グループは4月29日、同社とベトナム国内でのパートナーであるNguyen Kim Trading Companyが共同でBig C Vietnamを9億2000万ユーロ(10億5000万ドル)でフランスのカジノ・グループから買収したことを発表した。2社の負担金分担の詳細は発表されていない。セントラル・グループはNguyen Kimの株式の49%を保有している。 「究極的には、ベトナムの繁栄に貢献し、人々の生活の質を向上させたいという決意と取り組みが今回の成功に繋がりました。Big Cはベトナム国民の生活を向上し、豊かなものとしたいという決意とビジョンを共有できるパートナーであると考えています」とNguyen Kim Trading CompanyのNguyen Van Kim会長はセントラル・グループから発表された文書で表明した。 Big C Vietnamの取得とともに、セントラル・グループは地元産品の提供を続けること、Big Cの消費者、従業員、地元当局との強力なつながりを保つこと、Big C店舗で国内産品の取り扱いを続けることを決定していると同グループは発表している。 カジノ・グループはアジア及びラテンアメリカでの資産売却により債務削減を図っており、ベトナムでの資産売却で負債総額は42億ユーロとなる見込みである。 Big C Vietnamはスーパーマーケット33店舗、コンビニエンスストア10店舗とオンライン店舗Cdiscount.vnを擁する。カジノ・グループはベトナム事業の売却額は8億ドルに上ると予測していた。 Big C Vietnamの入札には日本のイオングループ、韓国のロッテ、タイのBJC、ベトナムのSaigon Co,opとMasan、そしてセントラル・グループをはじめとする約20社が参加した。 ベトナムで大規模なCo.opmartスーパーマーケットチェーンを所有するSaigon Co.opが有力な競合相手であったが、広範にわたる外国投資についての規制により、Big C Vietnamを落札することはできなかった。Big C Vietnamの落札には決済を海外で行う必要があったにもかかわらず、Saigon Co.opは現在海外投資を行う認可を得ていない。 Big C Vietnamの2015年の収益は5億8600万ユーロであった。Big C Vietnamは店舗数でCo.opmartチェーンに次ぐ第2位の規模であり、Big C Vietnamの取得でセントラル・グループは国内小売市場開発計画を少なくとも7年分前倒ししたこととなる。 もっと見る
iuj.ac.jp  第一回ハノイシンポジウムを開催します  ↑0 ↓0
石川忠彦氏イオンベトナム イオンロンビエン店 店長(国際大学国際経営学研究科2003年修了). “Analyze of Vietnamese economics and prospects of 2016”
2016/05/06 17:21 da:57 facebook:0 twitter:0 Analyze economics prospect イオン ハノイ シンポジウム Tweet
HOTNAM!  イオンにない物を――ベトナム人青年実業家のコンテナビジネス  ↑0 ↓0
ホーチミン市Tan Phu区Celadon City内のショッピングセンターAeon Mallを訪れたなら、その近くで色とりどりの“コンテナマーケット”が夜間賑わっている姿を目にするはずだ。  これは青年実業家Hoang Tuan Anhさんが展開するコンテナ市場「Eco Box」で、「Aeon Mallで気に入った商品が見つからなかった人が立ち寄る価値ある場所にしたい」と言う。 ■即入居可能なコンテナ  オーストラリアに長年留学し、働いていた経験が、ベトナムのような発展途上の市場でチャンスを見つけることに役立った。ベトナムでは消費者ニーズが高まりつつある一方で、小売形態はまだ多様に発展しておらず、その一方でショッピングセンターや市場を建設するなら費用が高すぎる。  1985年生まれの青年はその“代案”に、中古コンテナを見出した。  ベトナムは輸出入量が大きく、使われていないコンテナもたくさんある。コンテナは頑丈で、とにかく据え付けが迅速にできるため、時間と費用を抑えられる。しかしコンテナなら何でもよいわけでなく、ブースに開放感をもたらすために、耐用期限が20~30年残る40 もっと見る
アパレル・リソース  日系企業、小売市場で奮闘中  ↑0 ↓0
9000万人強ともされるベトナムの巨大消費市場の中で利益を掘り起こそうと、ベトナムの小売市場に進出する日系企業の数はますます増大している。 日本でコンビニエンスストア第3位のファミリーマートは2013年に操業を開始し、2014年には千葉県千葉市美浜区に本部を置くイオングループもこれに続いた。 一方大手デパートである高島屋と日本を拠点とするセブンイレブンの店舗のはじめての出店も2016年初旬から中頃にホーチミン市で予定されている。 しかしこれら日系の小売業者らはベトナムにおける事業で必ずしも成功を収めているわけではなく、多くの著名な経済専門家は小売業者らが生き残ることができるかに対して疑問を持っている。 アジアにおける地元の小売業者らは家族経営から本格的な営利事業に変化してきているとイオンベトナム代表の尾山長久氏は語る。 今後数年で地元企業との競争は激化すると十分に予測はしており、イオンは競争に勝つために店舗を多くの強力なプライベートブランド商品で埋め尽くす準備を整えていると尾山氏は言う。 また尾山氏によれば数多くの困難や問題のあるビジネスのやり方を経験し、すべての地元ベトナムでのパートナー関係を解消したと述べた。 ファミリーマートもまた多数の問題があったために地元のビジネスパートナーとの関係を解消している。ファミリーマートは地元企業と協力関係を進める際には提案されているパートナーを詳細に調査することが必要だと忠告する。 両日系チェーンともに当初発表したベトナムでの拡大計画の数には達していない。 日系スーパーのイオンは地元の製造業者らと協力し2017年度までに関連する自社で開発するプライベートブランドの品目をおよそ2300点にまで伸ばす計画を明らかにした。 日系の巨大小売業者であるイオンは世界中で減退している売上と利益を好転させようとベトナム市場に大きく賭けている。昨年12月にはイオンはマレーシアで初めての店舗の閉鎖を発表している。 イオンはベトナムを成長の源泉と頼りにしており、ベトナム内での店舗を4倍の200店舗にまで拡大させようと大きな期待を寄せている。 ブルームバーグが発表した最近の記事によれば、イオングループはBig C Vietnamの買収において提案価格8億米ドルを提示している主要な入札者であるという。 フランスの小売りグループであるCasinoも、同グループに近い情報筋によればBig C Vietnamの売却に対して第2ラウンドの入札を計画しているという。   もっと見る
ryutsuu.biz  イオンモール/2月期は過去最高益、海外事業は赤字  ↑0 ↓0
イオンモールが4月13日に発表した2016年2月期の業績は、売上高2297億5400万円(前年同期比12.7%増)、営業利益438億7000万円(4.8%増)、経常利益424億1200万円(3.0%増)、当期利益246億3900万円(0.5%増)となった。
2016/04/13 16:52 da:47 facebook:4 twitter:0 イオン モール 売上高 Tweet
ryutsuu.biz  イオンファンタジー/ベトナムに駐在員事務所  ↑0 ↓0
イオンファンタジーは、ベトナム社会主義共和国ホーチミン市に「イオンファンタジー・ベトナム駐在員事務所」を設立した。 2007年に「イオンファンタジー中国」、2011 ...
2016/04/05 19:18 da:47 facebook:2 twitter:0 ファンタジー イオン 事務所 ホーチミン 社会主義 Tweet
出島  【ASEAN】日系企業動向ニュース(サービス業編)3/31  ↑0 ↓0
遊戯施設運営のイオンファンタジーは、ホーチミンにベトナム駐在員事務所を設立したと発表した。同国ではイオンの現地法人とのFC契約で店舗展開するが、店舗支援の強化と現地法人設立に向けた調査をおこなう考え。【プレスリリース】
aeon.info  ホーチミン市政府とイオン株式会社との 「ホーチミン市における投資及び事業推進に関する包  ↑0 ↓0
ベトナム社会主義共和国ホーチミン市政府とイオン株式会社(以下、イオン)は本日 ... 昨年10月には、ハノイ市における1号店を開業したほか、本年夏には、.
2016/03/29 16:45 da:66 facebook:0 twitter:0 ホーチミン イオン ハノイ 社会主義 Tweet
PR TIMES  ホーチミン市政府とイオン株式会社との「ホーチミン市における投資及び事業推進に関する包括的覚書」の ...  ↑0 ↓0
ベトナム社会主義共和国ホーチミン市政府とイオン株式会社(以下、イオン)は3 ... 月には、ハノイ市における1号店を開業したほか、本年7月には、ホーチミン市郊外に ... 当社はグループ共通戦略「アジアシフト」において、成長著しいベトナムを重要 ...
2016/03/29 15:56 da:68 facebook:7 twitter:0 ホーチミン イオン シフト アジア 社会主義 ハノイ Tweet
aeon.info  「ベトナム ハノイ植樹」開催  ↑0 ↓0
2016年3月17日. 公益財団法人イオン環境財団. 市民に愛される国立公園の豊かな森の再生を目指して. 3/19(土)第3回「ベトナム ハノイ植樹」開催. 3年間で ...
2016/03/17 10:17 da:66 facebook:- twitter:- ハノイ 国立公園 財団法人 イオン Tweet
アパレル・リソース  小売業界、M&Aの波を牽引  ↑0 ↓0
昨今のタイ企業の展開に続き、消費財の小売部門や関連する産業がベトナムにおける次の合併買収の波を牽引すると見られている。 小売に関連する分野が最も合併買収活動を呼び込むだろうと、最近ハノイのベトナム小売業協会が後援する小売業者が参加するビジネスフォーラムにおいて登壇者らは語った。 すでに多くのタイの小売業者や消費財関連の企業らがベトナムに押し寄せていると彼らは言う。 最近の発表で最も目立った動きとしてはフランスのスーパーマーケットを経営するGroupe Casinoがベトナムとタイの事業を売却する可能性が高いというものだ。 Groupe Casinoは事前に準備していた声明のなかで、タイとベトナムに展開するスーパーマーケットのBig Cに関して「会社と株主にとっても最大の利益となる」売却を進めていると発表した。 両国のビジネスが同じバイヤーにより買収されることが条件とされるかどうかは明確にされていないが、確実にその可能性が高いようだとビジネスフォーラムにおいて登壇者らは語った。 Groupe Casinoはベトナム・タイ両国のBig Cの総払い込み済み資本の58.6%の株を保有しており、同じくタイ国外の創設者であるCentral Groupと均衡を保っている形だ。 登壇者らによれば、元々はCentral Groupが再度Groupe CasinoのベトナムのBig Cの店舗を買収しようとする計画があったと噂されていた。 しかし報道によればタイのコングロマリットである同社のベトナムの代理人からこのことについて発表は無いため、事実はそうではないようだ。「(Big Cは)市場の小売業者らと売却の提案を交渉している」 「これは通常のプロセスです」 ベトナムのCentral Groupの活動に詳しい情報筋によれば、タイの小売業と家電チェーンのPicoとの商談が流れたため、Central Groupによる買収が起こりうるとの憶測が持ち上がった。 同社は今年すでにベトナムの主要な電気小売業者であるNguyen Kimの株式の49%を取得している。 一方で億万長者のCharoen Sirivadhanabhakdi氏が支える上場企業Berli JuckerもベトナムのMetro Cash & Carryの入札を逃した後、ベトナムのBig Cに注目している。 1月7日、ドイツの企業グループはベトナムを拠点とする卸売部門をTCC Holdingに売却したと発表した。TCC HoldingもまたSirivadhanabhakdi氏のビジネスの一つで、7億1100万米ドル(6億5500万ユーロ)で売却された。 一方シンガポールのDairy Farm Group、韓国のロッテグループ、日本の小売グループであるイオンもベトナムとタイにおけるGroupe CasinoのBig Cの株の取得に関心を寄せている。 もっと見る
jp.wsj.com  仏小売カジノ、ベトナム事業売却にイオンなど応札=関係筋  ↑0 ↓0
フランスの小売り大手カジノ・グループが行ったベトナムのハイパーマーケットチェーン運営会社ビッグCベトナムの売却入札に、タイの富豪チャロン・シリワタナパクディー氏、日本のイオン、韓国の複合企業ロッテ・グループなどが参加した。事情を知る複数の関係者が明らかにした。  関係者の話では、このほか実業家トッス・チラティワット氏が率いるタイ小売り最大手セントラル・グループや、タイの複合企業TCCグループ、ベトナムのコープマートと複合企業マサン・グループも入札に参加した。TCCグループはこの入札で野村証券の助言を...
mutusinpou.co.jp  アオレンリンゴジュースがベトナムで定期販売  ↑0 ↓0
... アオレン、越田栄秋会長)のリンゴジュースが4月から、ベトナム国内のイオンモール全3店で定期販売されることが決まった。1月にホーチミン市のモールで弘前 ...
2016/03/15 09:45 da:37 facebook:1 twitter:0 モール ホーチミン ジュース リンゴ イオン Tweet
newsclip.be  ホームセンターのコーナン、ベトナムに出店  ↑0 ↓0
【ベトナム】ホームセンター大手のコーナン商事(大阪府堺市)はイオンが今夏、ベトナム南部ホーチミン市ビンタン区で開業する予定のショッピングセンター(SC)「イオンモール・ビンタン」に初の海外店を出店する。
アパレル・リソース  小売店ら、国際競争への備えを強化  ↑0 ↓0
企業にとっての小売スペースと投資を拡大させるための長期資本は、地元の小売業者にとってベトナムにおいて外国企業と競争するために両方とも必要だ。 政府のウェブサイトが伝えたところによれば「ベトナムがグローバルに深く一体化すると競争は激化することでしょう。地元の小売企業はきちんとした戦略を練らなくてはなりません」とSaigon Co.op Mart最高責任者のNguyen Thanh Nhan氏は述べた。 「競争することを恐れているのではなく、よりよい状態で競争を展開するために地元当局の後押しがより一層必要なのです」 スーパーで陳列される製品はほぼベトナム製である。 熾烈な競争にも関わらずベトナム製の日用品は地元住民の需要を満たすことができるため市場の大半を占めている。顧客も国内と海外の小売企業との間の競争により恩恵を受けることが可能だ。 「市場を開放することで外国製の日用品がベトナムの市場に容易に行き渡りますが、近い将来もベトナム製の製品は残ります」とロッテベトナムの最高責任者であるHong Won Sik氏は語った。 Sik氏は先日小売企業とホーチミン市の人民委員会との会合で、市場を開放することで地元の製造業者は外国製品と競争するためにより品質の高い製品をやむを得ず製造することになると語った。 氏はまたロッテの開発戦略において、ベトナム製の商品をロッテのスーパーマーケットのシステムや輸出に持ってくることができるよう、地元の製造業者と協力関係を拡大させることが必要だとの考えを明らかにした。 昨年ロッテは500万米ドル相当のベトナム製の製品を韓国に輸出した。今年この数値は倍増すると見られている。 ベトナムイオンは地元住民の嗜好や財政的な能力に見合う、高品質な自社ブランド製品を地元の製造業者らと協力し作りだす予定だ。 しかしながら地元の製造業者が輸入製品と競争するためには、品質を高めるとともにパッケージングのモデルを変えなければならない。 「市当局は地元住民の膨大な消費の需要にこたえ、製品価格の安定を確保するために有利な条件を設けます」と市当局の人民委員会委員長のNguyen Thanh Phong氏は語った。 氏は小売企業が市場開発戦略を展開する際はホーチミン市を地元住民だけではなく観光客にも対応できる地域における商業とショッピングセンターとみなすことが必要だと示唆した。 「ホーチミン市は地域と連携し小売りや製造業者が満たすべき要件を作成します」と氏は語った。 Phong氏は町の小売システムの基本計画を完成させるよう市の商工部に訴えた。 もっと見る
2016/03/08 05:57 da:19 facebook:0 twitter:0 製造業 ロッテ ホーチミン 日用品 責任者 システム Tweet
vietnamnewssokuhou.blog.jp  【イオンへの株式売却で、Fivimart、Citimartは自分自身を失っている?】  ↑0 ↓0
TPP加盟によるベトナム小売業への影響が議題にのぼった際に、スーパーマーケット協会の会長であるヴ・ヴィン・フー(Vu Vinh Phu)氏からは、ベトナムブランドはもはや風前の灯火ではないかという質問が出たのだ。産業貿易省多国間政策課のWTO局長のチャン・バー・クォン(Tran Ba Cuong)氏によれば、TPP加盟によってベトナム小売業は、外資大手からの激しい投資の波に巻き込まれるであろうとコメントしている。タイの小売グループ達の大規模な侵攻は、ベトナム国内で比較的規模が大きくシェアを握っている小売企業をターゲットとしており、これまでの状況を見れば一目瞭然だ。それに加え、ご近所のタイだけでなく、日本や韓国の有名大手企業も参入し、合弁・株式買取などの形でシェアを握ろうとしている。クォン氏によると、ベトナムの小売業はポテンシャルが非常に高く、TPP加盟のおかげで外資小売業には次なる生きるマーケットとして見えるのだという。というのも彼らは、確実にTPP加盟で決まった税優遇措置を利用し、ベトナムで合弁した小売企業に海外からの商品をどんどん持ち込めるからだという。 TPP加盟によっ もっと見る
2016/03/04 11:20 da:63 facebook:0 twitter:0 チャン ブランド スーパーマーケット イオン 自分自身 Tweet
日本経済新聞  サガミ、ベトナム・タイで日本のそばをPR  ↑0 ↓0
そば・うどん店を運営するサガミチェーンは東南アジアでそばの知名度向上策に乗り出す。ベトナムに実験店を出した一方、タイでは日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催するイベントに参加する。現地の人に日本のそばに親しんでもらい、東南アジアでの店舗網拡大の足がかりにする。 2日にベトナム・ホーチミン市のイオンモールの催事場で実験店をオープンした。13日までの期間限定の店舗で、数種類のそばを用意し売れ行きを確か…
2016/03/04 06:56 da:87 facebook:2 twitter:0 ジェトロ 知名度 東南アジア うどん Tweet
topics.or.jp  徳島県産米をベトナムへ輸出 全農とくしま、関税撤廃見据え  ↑0 ↓0
徳島県産米をベトナムへ輸出 全農とくしま、関税撤廃見据え 2016/3/3 09:37 ... ベトナムの商社を通じて輸出し、220キロをホーチミン市のイオンベトナムに、20 ...
2016/03/03 09:33 da:57 facebook:1 twitter:0 とくしま イオン ホーチミン Tweet
日本経済新聞  コーナン商事、ベトナム出店を発表  ↑0 ↓0
ホームセンター大手のコーナン商事は2日、ベトナムに出店すると発表した。今夏、ホーチミン市内に開店するイオンモールの核テナントになる予定で、売り場面積は約2300平方メートル。扱う商品は今後、決める。 コーナン商事が海外に出店するのは初めてで、日本のホームセンターが東南アジアに進出するのも初めてという。2月29日に現地子会社を設立。1号店で事業採算などを見極めて、多店舗化を検討する。人口増加や所得向上が続く東南アジアに店舗網を広げ、安定成長を目指す。
2016/03/02 20:33 da:87 facebook:4 twitter:0 テナント 売り場 モール ホーチミン ホーム センター Tweet
kabutan.jp  コーナン商が初の海外店舗としてベトナムに出店  ↑0 ↓0
コーナン商事<7516>がこの日の取引終了後、ベトナムに100%出資子会社コーナン ベトナムを設立し、今夏には同社初の海外出店となる「コーナンベトナム ビンタン店(仮)」を「イオンモール ビンタン」に核テナントとしてオープンすると発表した。日本のホームセンター企業としては、初の東南アジアへの出店となり、売り場面積は約700坪を予定している。
2016/03/02 15:44 da:32 facebook:0 twitter:0 子会社 この日 Tweet
ビッグローブニュース  ベトナム テストキッチンで、そばを販売  ↑0 ↓0
外食産業の進出候補として注目度の高いベトナム(ホーチミン)において、実際の出店を想定した、テスト販売を実施いたします。ホーチミン市内にあるイオンモールの催事場の一角に、小型店舗を出店し、12日間のテスト販売を行いながら、各種調査を行ってまいります。会 期:2016年3月2日(水)〜13日(日)時 間:15:00〜20:00開催地:ベトナム・ホーチミン会 場:イオンモール タンフーセラドン1F催事場主 催:日本貿易振興機構(ジェトロ)【販売商品】ベトナム テストキッチンでは、以下の商品を販売いたします。■ベトナム風そばそばをローカル風にアレンジ。フォーをイメージしたスープに鶏のささみとパクチーをトッピングしました。■カレーそばカレーはベトナムでも人気メニューであり、カレーそばとしての食し方を提案します。■きつねそばベトナムの人々は、甘いものを好む傾向があり、そばとともに日本の伝統食材を紹介します。今後も株式会社サガミチェーンは“No.1 Noodle Restaurant Company”のグループビジョンのもと、そばを世界に広げるべく、積極的に取り組んでまいります。【サガミグループに関 もっと見る
2016/03/01 14:15 da:83 facebook:3 twitter:0 ホーチミン テスト モール キッチン イオン Tweet
出島  ベトナム・ハノイ市に2店舗目のイオンモールが開業予定  ↑0 ↓0
日本の小売企業イオンが2017年中にハノイ市第2号店となるショッピングモールの建設を予定している。2億ドル規模で計画されているこの新モールは、2019年の開業を予定している。
2016/03/01 07:52 da:15 facebook:- twitter:- モール イオン ハノイ ショッピング Tweet
アパレル・リソース  ハノイ市に2店舗目のイオンモールが開業予定  ↑0 ↓0
日本の小売企業イオンが2017年中にハノイ市第2号店となるショッピングモールの建設を予定している。 2億ドル規模で計画されているこの新モールは、2019年の開業を予定している。 2月22日、イオンの代表者らがトゥリエム区の幹部、Thang Long工業団地の管理委員会らと現地調査を行った。イオンは管理委員会に対し、工業団地周辺の6本の道路工事計画を早め、モール開業に備えた利便性の高いインフラ整備を提案した。 2015年10月28日に、イオンはハノイ市ロンビエン区でハノイ市第1号店となるイオンモールの開業式典を行った。 敷地面積9.6haのイオンモールロンビエン店は2億米ドルを投じて建設され、およそ11万平方メートルの延床面積に店舗、レクリエーション施設などを有する。 ベトナム初のイオンのショッピングセンターはホーチミン市のタンフー区に2014年1月に開業している。第2号店はその10ヶ月後に南部ビンズン省にオープンした。 2015年1月7日、イオンモールはホーチミン市での第2号店となるイオンモールビンタン店の着工式典を行った。2016年6月の開業を目指し、建設作業が進められている。 イオンはカンボジア、インドネシアでも各1店のショッピングモールを運営している。イオンは2018年夏にはカンボジアで第2号店を、そして2016年以降にインドネシアで2店舗の開業を計画している。 好調な拡張計画が進めば、イオンは東南アジア地域で9店舗を擁することとなる。イオンはベトナムを重点地域と捉えており、東南アジア地域で最多の店舗が展開している。 千葉県美浜区に本社を置くイオンはアジア最大の小売業者であり、コンビニチェーンミニストップやスーパーマーケット、ショッピングモール、専門店等、約300の連結子会社、26の関連会社のネットワークを有する。 もっと見る
HOTNAM!  「イオンナムタンロン」2019年オープンへ手続き急ぐ  ↑0 ↓0
ハノイ市商工業局によると、イオングループはNam Thang Long工業団地内に2億ドルを投じ「Aeon Mall」を建設する計画だ。  現在グループは手続きを急いでおり、2019年はじめのオープンを目指し、工業団地周辺の6つの道路を早期に完成させるようBac Tu Liem区および関係機関に要請している。 (Thoi Bao Tai Chinh) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。  詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。 もっと見る
2016/02/25 15:33 da:40 facebook:- twitter:- グループ 手続き イオン 工業団地 商工業 ハノイ Tweet
kyt-tv.com  ベトナム大使が佐竹知事を表敬  ↑0 ↓0
ベトナムの駐日大使が佐竹知事を表敬訪問し、互いに農業分野での連携などを進めたい考えを示しました。今回、大学での講演に招かれての訪問ですが、ベトナムの大使が秋田を訪問するのは初めてのことです。県庁には、赤地に黄色い星のベトナム国旗が掲げられました。佐竹知事のもとを訪れたのは、ベトナムのグエン・クオック・クオン駐日大使です。大学での講演のために秋田を訪れ、知事を表敬訪問しました。ベトナムはアジアの中でも著しい経済成長を遂げる国のひとつです。秋田県関連の企業が10社以上ベトナムに工場などで進出しているほか、去年は、ヴィンフック省という地方政府と県が覚書をかわしていて、今後、農業面や経済面で様々な連携を進めていくことにしています。グエン・クオック・クオン駐日大使は「是非ベトナムの農家や農業実習生が秋田県に来て、秋田の農家と協力して米をつくったり、秋田の米をベトナムのイオンモールで販売したりできればいいなと思います。」と述べました。駐日大使は、秋田との交流を大使館としても支援する意向を示し、佐竹知事も農業・経済・観光面で交流が活発になるよう積極的に取り組む考えを示しました。[ 2/17 19:3 もっと見る
2016/02/17 20:18 da:38 facebook:0 twitter:0 Tweet
news24.jp  ベトナム大使が佐竹知事を表敬(秋田県)  ↑0 ↓0
ベトナムの駐日大使が佐竹知事を表敬訪問し、互いに農業分野での連携などを進めたい考えを示しました。今回、大学での講演に招かれての訪問ですが、ベトナムの大使が秋田を訪問するのは初めてのことです。県庁には、赤地に黄色い星のベトナム国旗が掲げられました。佐竹知事のもとを訪れたのは、ベトナムのグエン・クオック・クオン駐日大使です。大学での講演のために秋田を訪れ、知事を表敬訪問しました。ベトナムはアジアの中でも著しい経済成長を遂げる国のひとつです。秋田県関連の企業が10社以上ベトナムに工場などで進出しているほか、去年は、ヴィンフック省という地方政府と県が覚書をかわしていて、今後、農業面や経済面で様々な連携を進めていくことにしています。グエン・クオック・クオン駐日大使は「是非ベトナムの農家や農業実習生が秋田県に来て、秋田の農家と協力して米をつくったり、秋田の米をベトナムのイオンモールで販売したりできればいいなと思います。」と述べました。駐日大使は、秋田との交流を大使館としても支援する意向を示し、佐竹知事も農業・経済・観光面で交流が活発になるよう積極的に取り組む考えを示しました。[ 2/17 19:3 もっと見る
2016/02/17 19:52 da:61 facebook:0 twitter:0 Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、外資の小売り参入活発 地場企業と合併・買収も  ↑0 ↓0
拡大が見込まれるベトナム小売市場で、外資企業の参入や外資と地場企業との合併・買収などが相次いでいる。好調な経済成長や同国が進める自由貿易協定を追い風に、今年、同市場は1000億ドル(約11兆4590億円)規模に達するとされる。今後、国内外の小売り企業の動きが一段と活発化しそうだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。 タイ流通大手セントラル・グループは昨年、ベトナム家電チェーンのグエンキム・トレーディングの株式49%を取得し、ベトナムに参入した。韓国の小売り大手ロッテマートはベトナムでの事業拡大を図るほか、韓国のディスカウント最大手イーマートは昨年12月、南部ホーチミンに初出店した。 日系企業の動きも慌ただしい。イオンは昨年、地場スーパー2社と資本・業務提携し事業展開を加速させている。セブン-イレブンは、2017年4月にベトナムでの1号店開設を目指す。 地場企業も手をこまぬいていない。地場不動産大手のビングループは、地場小売り企業のオーシャンマートなどを買収し小売り部門を強化、17年までに合計1100店のスーパーマーケットやコンビニエンスストアを開設する計画だ。 ベトナムの小売市場は、ス もっと見る
2016/02/17 05:03 da:68 facebook:2 twitter:0 小売り Tweet
日本経済新聞  めざせアジアの「冷蔵庫」 薄れる国境、物流変える  ↑0 ↓0
ベトナムの首都ハノイ。昨年10月に開業したイオンの食品売り場にはピンク色のポスターが躍る。プライベートブランド(PB=自主企画)商品のトップバリュの案内だ。市内で働くヴ・ティ・リウさん(34)は「日本の食べ物は大好き。だけど毎日買うには高いわ」とつぶやいた。 一般にメーカー品より2~3割安いPBだが、ベトナムではまだ高級品。調味料や即席麺も日本から運ぶと10~20%前後の関税が「お得感」をのみ込…
日本経済新聞  アジア旬景  ↑0 ↓0
ベトナム・ホーチミンにイオンが2014年1月に開いたショッピングモール。食品売り場やレストランなど、どこもかしこも人、人、人。家族連れやカップルで大にぎわい ...
2016/01/23 06:22 da:88 facebook:11 twitter:0 かしこ レストラン 家族連れ カップル 大にぎわい 売り場 Tweet
朝日新聞  世界のカズ、ベトナムでもサイン攻め キャンプ地で交流  ↑0 ↓0
ベトナムでトレーニングキャンプ中のJ2横浜FCの選手が22日、ハノイのイオンモールを訪れ、地元ファンと交流した。一番人気は最年長の三浦知良選手(48)。熱心な現地のファンから「カズコール」を浴び、サイン攻めにあった。
2016/01/22 22:41 da:89 facebook:433 twitter:0 イオン モール 一番人気 ハノイ 横浜FC サイン Tweet
PR TIMES  ハノイ「イオンモールLong Bien」で横浜FCとのイベントを開催!  ↑0 ↓0
イオン株式会社およびイオンモール株式会社は1月22日(金)、ベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)の首都ハノイにおける1号店「イオンモールLong Bien」で、サッカー ベトナムU-23代表で活躍するグエン トゥアン アイン選手をはじめ、Jリーグ横浜FCの選手を招きイベントを開催します。
2016/01/21 15:45 da:71 facebook:1 twitter:0 イオン モール ハノイ 社会主義 横浜FC イベント Tweet
ryutsuu.biz  イオンモール/ハノイのモールで横浜FCとのイベント開催  ↑0 ↓0
イオンとイオンモールは1月22日、ベトナム社会主義共和国の首都ハノイにおける1号店「イオンモールLong Bien」で、サッカー ベトナムU-23代表で活躍するグエン トゥアン アイン選手や、Jリーグ横浜FCの選手を招きイベントを開催する。
2016/01/21 15:33 da:44 facebook:0 twitter:0 イオン モール ハノイ 社会主義 サッカー 横浜FC Tweet
出島  富士通とイオンアグリ、ベトナムで「農業×IT」の開発実験を始める  ↑0 ↓0
富士通とイオン傘下のイオンアグリ創造、国際協力機構(JICA)は1月下旬から、ベトナムでITを活用した農業の実験を始めると1月19日付の日本経済新聞が報じ ...
2016/01/21 11:48 da:16 facebook:0 twitter:0 富士通 日本経済 イオン Tweet
aeon.info  ハノイ「イオンモール Long Bien」で横浜 FC とのイベントを開催!  ↑0 ↓0
2016年1月21日. イ オ ン 株 式 会 社. イオンモール株式会社. イオンはJリーグを応援しています. サッカー ベトナム U-23 代表グエン トゥアン アイン選手が凱旋 ...
2016/01/21 11:06 da:71 facebook:0 twitter:0 イオン モール グエン サッカー イベント ハノイ Tweet
msn  富士通、イオンアグリ創造とベトナムでICTを活用した農業実証事業を開始  ↑0 ↓0
T>グループのイオンアグリ創造(千葉県千葉市)とベトナムのハナム省で進めている、日本式農業の有効性を評価する実証事業に加え、19日からベトナム政府女性連合の調査員が、スマートフォンアプリを利用して報告する農作物の市場価格情報を集約する実証事業も開始すると発表した。 同社では、15年10月からICTにより、農作業履歴、生育状況、栽培環境情報を収集して活用する日本式農業の有効性を評価する実証事業を行っている。収集したデータは、富士通のデータセンターで集約・可視化して提供。イオンアグリ創造は、収集したデータを活用し、農作業を指導している。16年3月まで、これらの実証事業を通じてベトナム農業に有効な技術や手法を分析し、ベトナムにおける安全性の高い農作物の生産性向上と安定供給を実現することに貢献するとしている。 19日の終値は、前日比1.9円高の544.8円。 提供:モーニングスター社 もっと見る
2016/01/20 08:31 da:98 facebook:0 twitter:0 有効性 日本式 グループ 富士通 Tweet
日本経済新聞  富士通などベトナムでIT農業実験 栽培から価格調査まで  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】富士通とイオン傘下のイオンアグリ創造(千葉市)、国際協力機構(JICA)は1月下旬から、ベトナムでIT(情報技術)を活用した農業の実験を始める。気象や土壌、生育状況をほぼリアルタイムで計測して収穫量を増やし、販売価格がアプリで分かるようにする。ITはベトナムの農業近代化のカギとみられ、農家への普及をめざす。 ハノイ近郊のハナム省と協力。同省に1000平方メートルの試験農場を設け…
2016/01/18 22:18 da:88 facebook:41 twitter:0 富士通 JICA ハノイ イオン Tweet
グローバルニュースアジア  【ベトナム】カワイイ制服ファッションをホーチミンへ発信する見本市が16、17日にイオンで開催  ↑0 ↓0
2016年1月16日、女子高生や女子中学生向けのオリジナル制服ブランド「ルーシーポップ」を展開する株式会社響(東京都港区)は1月16日、17日にホーチミン市 ...
2016/01/16 09:00 da:38 facebook:0 twitter:0 ホーチミン オリジナル ブランド ルーシー 中学生 ポップ Tweet
アパレル・リソース  セブンイレブン進出で国内小売業者に警戒感広がる  ↑0 ↓0
日本の小売大手セブン&アイ・ホールディングスグループのベトナムへの進出により、ベトナムの小売市場の競争はさらに厳しくなることが予想される。 2015年7月の日本経済新聞の報道によると、同グループの米国子会社セブンイレブンInc.がIFB Vietnamと契約を結んだ。IFB Vietnamは同国でピザハットのチェーン展開をしており、セブンイレブン第一号店をホーチミン市に出店する予定である。今後3年間で100店、10年以内に1000店の出店を目指している。 セブン&アイ・ホールディングスのベトナムへの進出は、国内外の小売業者のベトナムでの業務拡大と時期を同じくしており、小売業界における競争の激化が予測される。 特に、米国の24時間営業コンビニエンスストアであるサークルKは現在ベトナムに113店を擁するが、当初の予定では2015年末までに150店を展開する予定であった。 バンコクポストの報道によると、ThaiBerli Jucker Plc は2018年までに205店のB’s Martを開店するため、3126万米ドルを投資しているという。 加えて、日本のイオングループ傘下のミニストップと双日が今後3年間で200店を開店し、10年以内に800店まで拡大する計画を進めている。 一方でベトナム企業もまた主要都市でコンビニエンスストアを増やしつつある。特に目立つ動きとしては、Vingroupが2015年にVinmart+を30店開店しており、ベトナムの小売業首位に立とうと、今後3年から5年間で1000店のコンビニエンスストアの開業を計画している。 業界専門家らは、セブン&アイ・ホールディングスのベトナム進出で、日用消費財(FMCG)製造業者の製品物流に変化が出る可能性を予測している。Nielsenの2015年の報告書によると、日用消費財の売り上げのうち80%が伝統的小売業者からのものとなっている。しかし、ベトナムの消費者は徐々にこうした伝統的な小売形態からコンビニエンスストアに移行しようとしている。 「セブンイレブンはベトナムの小売分野の状況を変えるでしょう」とエースコックベトナムの篭嶋茂人営業部長は話す。エースコックはベトナムのインスタント麺製造企業大手である。 現在エースコックベトナムの流通システムにおいては伝統的小売業が95%と最も高い割合を占めるが、同社はセブンイレブンをはじめとするコンビニエンスストアを通じた流通を増加する計画であると篭嶋営業部長は話す。 世界でも主導的なコンビニエンスストアチェーンであるセブンイレブンは、現在世界16カ国で5万6400店舗、日本で1万5000店舗を展開している。東南アジアでは、セブンイレブンはシンガポール、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアに進出している。     もっと見る
sankei.com  【リーダーを培う信念】多様性受け入れる柔軟さを サッポロホールディングス社長兼グループCEO・上條努氏  ↑0 ↓0
サッポロインターナショナル、食品・飲料事業のポッカサッポロフード&ビバレッジ、外食事業のサッポロライオン、そして不動産事業のサッポロ不動産開発です。 サッポログループの原点は明治9年に設立された北海道開拓使麦酒醸造所です。そこから数えて140周年の節目となる平成28年を目標として、私たちは19年から「新経営構想」を掲げ、グループ戦略を展開してきました。 その柱は「グループシナジーの拡大」「国際展開の推進」「戦略的提携の実現」「高付加価値商品サービスの創造」の4本ですが、特に国際展開の加速ぶりは目覚ましく、26年は売り上げの約2割を海外事業が占めています。 サッポロインターナショナルが展開する海外事業は、大きくアメリカ、カナダを中心とする北米エリアと、ベトナムを中心とする東南アジアエリアとに分けられますが、ここでは私たちがなぜベトナムに注力するかについて触れておきたいと思います。 実はベトナムは“圧倒的な”ビール消費国なのです。26年の日本のビール消費量は550万キロリットルで世界第7位。対してベトナムは390万キロリットルで世界第10位ですが、対前年増加率を見ると、日本はマイナス1・1 もっと見る
2016/01/13 08:15 da:74 facebook:0 twitter:0 エリア サッポロ カナダ 東南アジア アメリカ CEO Tweet
tpp.asilla.jp  ウワサ通り、ハノイのAEON(イオンモール)は大盛況!購買意欲の高さを実感。  ↑0 ↓0
2015年の10月末にオープンして2カ月以上経ったハノイのイオンに行ってきました。そろそろアーリーアダプターは一通り体験して、そのリピーターとマジョリティの皆さんが訪れているかな、そろそろ真価が見えるタイミングかな、と思ったからです。 ※はてなのアプリを使ってスマホからアップしたらやけに画像の質が悪いですが、雰囲気だけ掴んでいただけたらと思います。 はたして客の入りは・・、駐輪場のバイクは何百代あるか数えきれないくらいです。また、来客はクルマ乗りの富裕層が多いので駐車場もひっきりなしにクルマが入っていました。 日本国内の郊外でよく起こる「イオン渋滞」がここにも(笑 ウワサ通り、凄まじい集客力です、イオン。 エントランスは心安らぐ緑が一杯。 一階は国内・海外大手のカフェが並び、エスカレーターで3階のレストランフロアまで一気に上がれます。右手にはラグジュアリー感がウリの映画館もありますので、若いカップルのデートスポットにもなっていますようです。 3階レストランフロアに上がると、広大なフロアに30店舗くらいが軒を並べていますが、午後2時に行ったにも関わらずほとんどが満席に近い状態でした。 一席だけ空いていたCOWBOY JACK’Sでハンバーガーを頂きました。ハイネッケンの350ml瓶と合わせて、22万ドン。およそ1170円です。大変美味しゅうございました。 3Fに宮城のブースがあって、レアな商品が紹介されていました。が、インフォメーションセンターと勘違いした皆さんがいろいろ相談する窓口みたいになっていました。 ちょっとオペレーションが微妙でした。 店内は広くてキレイで、品ぞろえも豊富。 コスメ、スポーツ等の嗜好アイテム、イオンのPBはじめなんでも売ってる大型スーパー、そしてレストランと、どのブースもかなり客の入りです。特に「デパ地下」形式の生鮮食料品売り場のベーカリー販売、寿司、あとお惣菜(フライドチキンなど)のブースは黒山の人だかり。 あまり客の入っていない韓国資本のロッテタワーや京南タワーはプライドを捨てて(プライド?)この業態を下層部に取り入れたらいいのに。 輸出されてニュースになっていた青森のリンゴは売り切れのようで、米国産とニュージーランド産が大量にありました。 青森のリンゴについては下記をご覧ください。 tpp.asilla.jp   チップスター、420円。 値段的には高級お菓子ですが、日本で買うと100円くらいのチップスターがベトナムで大人気だからこの価格設定というわけではなく、本来の価値+円安+関税+輸送コストでこうなっちゃった状態です。ベトナム富裕層でもまず買わないですし、もの珍しさで試しに一回買ったとしても二度と買わないと思います。 なぜなら同じようなお菓子はたくさんあるからです。特にベトナムとFTAを妥結している韓国のお菓子は安くて美味しいので町のお菓子屋さんにも並んでいる状況です。 これをベトナムの子供たちが小銭握って買いに来るわけです。 森永ではなく韓国メーカー「オリオン」のチョコパイを食べて育つんです。ちなみにみなさんオリオンをベトナムのお菓子メーカーだと思っている様子(米国におけるソニーみたいですね)で、いずれ、 チョコパイと言えばオリオン。 懐かしの味オリオン、となるわけです。 人の幼少期の味の記憶は、成人しても消費に影響しますので、これから飛躍的に成長するASEANの消費市場への参戦は早ければ早いほうがいいと思います。そのためにも関税撤廃し、自由貿易を促進することが第一義であるTPPをチャンスと捉えて政策を打つことがいま必要です。 森永のチョコパイを近所の駄菓子屋で売りましょう。 この「危機感」に近いものはASEANに住む日本人共通のもので、大なり小なり現地において肌で感じる感覚です。いずれ帰る母国に住む家族のため、子供や孫たちのために、感じる危機感なんだと思います。 tpp.asilla.jp 以上、イオンモールのレポートでした。 もっと見る
2016/01/03 20:01 da:18 facebook:0 twitter:0 イオン オリオン ブース レストラン フロア メーカー Tweet
blog.asilla.jp  ウワサ通り、ハノイのAEON(イオンモール)は大盛況!購買意欲の高さを実感。  ↑0 ↓0
2015年の10月末にオープンして2カ月以上経ったハノイのイオンに行ってきました。そろそろアーリーアダプターは一通り体験して、そのリピーターとマジョリティの皆さんが訪れているかな、そろそろ真価が見えるタイミングかな、と思ったからです。 ※はてなのアプリを使ってスマホからアップしたらやけに画像の質が悪いですが、雰囲気だけ掴んでいただけたらと思います。 はたして客の入りは・・、駐輪場のバイクは何百代あるか数えきれないくらいです。また、来客はクルマ乗りの富裕層が多いので駐車場もひっきりなしにクルマが入っていました。 日本国内の郊外でよく起こる「イオン渋滞」がここにも(笑 ウワサ通り、凄まじい集客力です、イオン。 エントランスは心安らぐ緑が一杯。 一階は国内・海外大手のカフェが並び、エスカレーターで3階のレストランフロアまで一気に上がれます。右手にはラグジュアリー感がウリの映画館もありますので、若いカップルのデートスポットにもなっていますようです。 3階レストランフロアに上がると、広大なフロアに30店舗くらいが軒を並べていますが、午後2時に行ったにも関わらずほとんどが満席に近い状態でした。 一席だけ空いていたCOWBOY JACK’Sでハンバーガーを頂きました。ハイネッケンの350ml瓶と合わせて、22万ドン。およそ1170円です。大変美味しゅうございました。 3Fに宮城のブースがあって、レアな商品が紹介されていました。が、インフォメーションセンターと勘違いした皆さんがいろいろ相談する窓口みたいになっていました。 ちょっとオペレーションが微妙でした。 店内は広くてキレイで、品ぞろえも豊富。 コスメ、スポーツ等の嗜好アイテム、イオンのPBはじめなんでも売ってる大型スーパー、そしてレストランと、どのブースもかなり客の入りです。特に「デパ地下」形式の生鮮食料品売り場のベーカリー販売、寿司、あとお惣菜(フライドチキンなど)のブースは黒山の人だかり。 あまり客の入っていない韓国資本のロッテタワーや京南タワーはプライドを捨てて(プライド?)この業態を下層部に取り入れたらいいのに。 輸出されてニュースになっていた青森のリンゴは売り切れのようで、米国産とニュージーランド産が大量にありました。 青森のリンゴについては下記をご覧ください。 tpp.asilla.jp   チップスター、420円。 値段的には高級お菓子ですが、日本で買うと100円くらいのチップスターがベトナムで大人気だからこの価格設定というわけではなく、本来の価値+円安+関税+輸送コストでこうなっちゃった状態です。ベトナム富裕層でもまず買わないですし、もの珍しさで試しに一回買ったとしても二度と買わないと思います。 なぜなら同じようなお菓子はたくさんあるからです。特にベトナムとFTAを妥結している韓国のお菓子は安くて美味しいので町のお菓子屋さんにも並んでいる状況です。 これをベトナムの子供たちが小銭握って買いに来るわけです。 森永ではなく韓国メーカー「オリオン」のチョコパイを食べて育つんです。ちなみにみなさんオリオンをベトナムのお菓子メーカーだと思っている様子(米国におけるソニーみたいですね)で、いずれ、 チョコパイと言えばオリオン。 懐かしの味オリオン、となるわけです。 人の幼少期の味の記憶は、成人しても消費に影響しますので、これから飛躍的に成長するASEANの消費市場への参戦は早ければ早いほうがいいと思います。そのためにも関税撤廃し、自由貿易を促進することが第一義であるTPPをチャンスと捉えて政策を打つことがいま必要です。 森永のチョコパイを近所の駄菓子屋で売りましょう。 この「危機感」に近いものはASEANに住む日本人共通のもので、大なり小なり現地において肌で感じる感覚です。いずれ帰る母国に住む家族のため、子供や孫たちのために、感じる危機感なんだと思います。 tpp.asilla.jp 以上、イオンモールのレポートでした。 もっと見る
2016/01/03 20:01 da:18 facebook:- twitter:- イオン オリオン ブース レストラン フロア メーカー Tweet
tpp.asilla.jp  2016年の新暦元年はミルクティー少女から。2015年のベトナムまとめ記事もまとめました。  ↑0 ↓0
明けましておめでとうございます! ハノイは曇り。気温は20°ですが湿度70%台と高いため若干肌寒い元日です。元日とは言ってもベトナムでは中国など他のアジア諸国同様、旧暦がメインなので暦の上では「11月22日」なのですが、「International New Year's Day」という名目で祝日になっております。日本も1900年のはじめまでは旧暦を使っていたそうですが、いまではすっかり新暦に染まっていますね。 さて、そんな新暦の新年2016はベトナムも我々アジラも大きな転換期であり、大きな飛躍の年になると考えています。今年もTPP及びベトナム経済の情報をお伝えするとともに、少しエンターテイメント向けの情報も発信していきたいと思います。国際関係や経済、国民感情がエンタメから掴めることも多々あると思い立ちまして。 2016年第一弾はベトナムの「ミルクティー少女」から。 2016年1月1日、ベトナムの大学生、Vu Phuong Anhさんは清楚で美しい表情で、中国のネットで「ベトナムのミルクティー少女」と呼ばれ、人気となっている。新華国際アプリが伝えた。 出典:ベトナムのミルクティー少女、中国のネットで人気―中国メディア:レコードチャイナ  なぜ”ベトナムの”ミルクティー少女かというと、はじめに中国で「ミルクティー少女」が大きな話題になったのは2009年のことで、ミルクティーを片手に持った清華大学の女子大生の写真がネット上に出回り、その清楚でピュアな美しさが中国人の男性のハートを撃ち抜いたらしいですが、その子がネット通販中国第二位の京東商城CEOとデキ結したのが去年の11月。 つまり、清楚な才色兼備の初代ミルクティーが、新進気鋭の成り上がり者に奪われてしまったわけですね(中国の男性視点で)。清楚でピュアだった初代の貞操を奪われた心の隙間をネットで探していたら中国にはいなかったけど、ハノイにいた。 というワケです(推測です)。 これぞ、The NEXT Chinaですね(違うけど)。 そのストーリーは共感できるし、まああるかなと思いますが、筆者が個人的に衝撃を受けたのはこの写真。 このシャツにやられました。 しかもゴシック体ですよ。どこで買ったんだろう。 このベトナム版ミルクティー少女を通して、依然最大の貿易国であり、最大の脅威である中国との国家関係が少しでも良くなればと思います。 次に、2015年ベトナム関連のまとめ記事をご紹介します。 ベトナム人が選ぶニュースランキング まずはDIマーケティング社のオンライン調査結果、ベトナム人が選ぶ2015年のトップニュースランキングから。  2015年の第1位は、女子競泳選手のグエン・ティ・アイン・ビエン選手の活躍が選ばれた。ビエン選手は、今年開催された第28 回東南アジア競技大会(SEA Games)で4個の金メダルを獲得した国民的英雄である(日本の北島康介的イメージ)。  出典:ベトナムで2015年に話題になったニュースはこれだ! 1位は“意外”なスポーツの国民的ヒロイン、日本企業も話題に | JBpress(日本ビジネスプレス) スポーツ、エンターテイメント、ガジェットなどポジティブな話題が揃っています。ネガティブなところでは5位、6位の地下鉄工事、改修工事による交通渋滞が話題になっています。 唯一よくわからないのがLe Na(さそり座の女教師)でYouTubeで見て、説明してもらいましたがそれでもよくわかりませんでした。ネット、とくにSNSで拡散したところは、クリスチャン・ルブタンも同様です。記事に書いてある通り、良いお手本です。 日本関連でいうと12位にイオンモールがランクインしています。 連日の大賑わいだとか(筆者はまだ行ってない)。 日本人が見るベトナムのニュースランキング 一方、日本人が閲覧するASEANポータル(ビジネス向け)では日本関連のフェスティバルのニュースや、政治家の来越のニュースなど政治経済のニュースがメイン。 アセアンポータルで2015年の今年に掲載したベトナムに関するニュースから、閲覧数(PV数)のトップ10をランキング形式で紹介いたします。 1位から3位までをフェスティバルに関するニュースが占めることとなりました。日本の政治家がベトナムに訪問したニュースは4つ(5位、6位、9位、10位)ランキングし、日本メディアがあまり報じなかった小沢一郎氏のベトナム訪問は5位となりました。トップ10は、フェスティバル系ニュースが3つ、政治家の訪問ニュースが4つ、経済ニュースが3つとなりました。 出典:2015年アクセス数トップ10ニュース【ベトナム編】 | ASEAN PORTAL(アセアン ポータル) 経済統計(10-12月のGDP)  次に経済統計情報です。 (ブルームバーグ): ベトナム経済は10-12月(第4四半 期)に成長ペースが加速した。鉱工業生産の伸びや過去最高水準に上っ ている海外からの投資が寄与した。   同国統計局が26日発表した10-12月の国内総生産(GDP) は前年同期比7.01%増。7-9月(第3四半期)の改定値は6.87%増だ った。   2015年の成長率は6.68%で、政府目標の6.2%を上回った。ブ ルームバーグがまとめた市場関係者の予想中央値は6.6%だった。出典:ベトナム:10-12月に成長加速-2015年成長率、政府目標を上回る  先日のTPP大筋合意によってFDI増加したものと思われます。なお、インドやアイルランド、タンザニアと共に「世界経済の勝ち組」に選出されました(出典:2015年、世界経済の「勝ち組」と「負け組」)。AEC(アジア経済共同体)の設立によって、さらに伸長する可能性があります。 インバウンド 本ブログでもたびたび紹介しているように、ベトナムから日本に訪れる観光客は年々増加の一途をたどっています(ご参考記事:ベトナムから日本へ、インバウンド&爆買いマーケットについて - TPP Note in Vietnam)。 以下、あどばた会議の記事にもあるように注目すべきは、訪日中の消費額で、アジア各国の中で第一位の中国、第二位のシンガポールに続き、ベトナムは第三位で「約17万5千円」を訪日中に消費しているとの結果が出ています。 ちなみに食べ物の消費が割と多いようです(下記爆食い参照)。 爆買いならぬ「爆食い」だって。ベトナム人観光客増加の要因は富裕層増加・日系企業進出増加。課題はマナーと対中トラブル。夏野さん、コメンテーターしてるんだ・・。 爆◯◯!?なぜ急増?ベトナム人観光客 https://t.co/gzx7egexyp @YouTubeさんから — 木村大介@ハノイ (@kmrdai) 2015, 12月 16 2010年には年間4万人強だった訪日観光客数が、2014年末には約12万5千人となっており、3倍以上に成長していることが分かります。なお、2015年の数値は1月-11月までのもののみとなっており、2015年11月末で既に約17万5千人が訪日、すでに昨年の年間訪問者数を大きく上回っています。2010年の年間4万人と比較すると、すでに4倍以上となっています。 出典:【インバウンドプロモーションシリーズ】 訪日中の一人当たり消費額がアジア第三位の注目国「ベトナム」の 国内トレンドを知る!「2015年トレンドランキング トップ15」- SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ) インバウンドにおいて今後も大きなマーケットになるベトナム人観光客ですが、神奈川県をはじめ、ベトナム国内へのソーシャルマーケティングという手段がもっとも効果的です。テストマーケティング含め、ぜひ弊社にご相談ください。 tpp.asilla.jp 最後に。 ミスユニバース世界大会に出場したPham Huongさんが大会でお召しになった荘厳なベトナムの伝統衣装アオザイをご覧頂き、今日のところは締めさせて頂きたいと思います。 以上、ハノイから木村がお伝えしました。シンチャオ! ​Phạm Hương: Áo dài mang đến cảm xúc tự hào cho người Việt - Tuổi Trẻ Online もっと見る
2016/01/01 16:52 da:18 facebook:0 twitter:0 ニュース ミルク ティー ネット ランキング 観光客 Tweet
blog.asilla.jp  2016年の新暦元日はミルクティー少女から。2015年のベトナムまとめ記事もまとめました。  ↑0 ↓0
明けましておめでとうございます! ハノイは曇り。気温は20°ですが湿度70%台と高いため若干肌寒い元日です。元日とは言ってもベトナムでは中国など他のアジア諸国同様、旧暦がメインなので暦の上では「11月22日」なのですが、「International New Year's Day」という名目で祝日になっております。日本も二十世紀初頭までは旧暦を使っていたそうですが、いまではすっかり新暦に染まっていますね。 さて、そんな新暦の新年2016はベトナムも我々アジラも大きな転換期であり、大きな飛躍の年になると考えています。今年もTPP及びベトナム経済の情報をお伝えするとともに、少しエンターテイメント向けの情報も発信していきたいと思います。国際関係や経済、国民感情がエンタメから掴めることも多々あると思い立ちまして。 2016年第一弾はベトナムの「ミルクティー少女」から。 2016年1月1日、ベトナムの大学生、Vu Phuong Anhさんは清楚で美しい表情で、中国のネットで「ベトナムのミルクティー少女」と呼ばれ、人気となっている。新華国際アプリが伝えた。 出典:ベトナムのミルクティー少女、中国のネットで人気―中国メディア:レコードチャイナ  なぜ”ベトナムの”ミルクティー少女かというと、はじめに中国で「ミルクティー少女」が大きな話題になったのは2009年のことで、ミルクティーを片手に持った清華大学の女子大生の写真がネット上に出回り、その清楚でピュアな美しさが中国人の男性のハートを撃ち抜いたらしいですが、その子がネット通販中国第二位の京東商城CEOとデキ結したのが去年の11月。 つまり、清楚な才色兼備の初代ミルクティーが、新進気鋭の成り上がり者に奪われてしまったわけですね(中国の男性視点で)。清楚でピュアだった初代の貞操を奪われた心の隙間をネットで探していたら中国にはいなかったけど、ハノイにいた。 というワケです(推測です)。 これぞ、The NEXT Chinaですね(違うけど)。 そのストーリーは共感できるし、まああるかなと思いますが、筆者が個人的に衝撃を受けたのはこの写真。 このシャツにやられました。 しかもゴシック体ですよ。どこで買ったんだろう。 このベトナム版ミルクティー少女を通して、依然最大の貿易国であり、最大の脅威である中国との国家関係が少しでも良くなればと思います。 次に、2015年ベトナム関連のまとめ記事をご紹介します。 ベトナム人が選ぶニュースランキング まずはDIマーケティング社のオンライン調査結果、ベトナム人が選ぶ2015年のトップニュースランキングから。  2015年の第1位は、女子競泳選手のグエン・ティ・アイン・ビエン選手の活躍が選ばれた。ビエン選手は、今年開催された第28 回東南アジア競技大会(SEA Games)で4個の金メダルを獲得した国民的英雄である(日本の北島康介的イメージ)。  出典:ベトナムで2015年に話題になったニュースはこれだ! 1位は“意外”なスポーツの国民的ヒロイン、日本企業も話題に | JBpress(日本ビジネスプレス) スポーツ、エンターテイメント、ガジェットなどポジティブな話題が揃っています。ネガティブなところでは5位、6位の地下鉄工事、改修工事による交通渋滞が話題になっています。 唯一よくわからないのがLe Na(さそり座の女教師)でYouTubeで見て、説明してもらいましたがそれでもよくわかりませんでした。ネット、とくにSNSで拡散したところは、クリスチャン・ルブタンも同様です。記事に書いてある通り、良いお手本です。 日本関連でいうと12位にイオンモールがランクインしています。 連日の大賑わいだとか(筆者はまだ行ってない)。 日本人が見るベトナムのニュースランキング 一方、日本人が閲覧するASEANポータル(ビジネス向け)では日本関連のフェスティバルのニュースや、政治家の来越のニュースなど政治経済のニュースがメイン。 アセアンポータルで2015年の今年に掲載したベトナムに関するニュースから、閲覧数(PV数)のトップ10をランキング形式で紹介いたします。 1位から3位までをフェスティバルに関するニュースが占めることとなりました。日本の政治家がベトナムに訪問したニュースは4つ(5位、6位、9位、10位)ランキングし、日本メディアがあまり報じなかった小沢一郎氏のベトナム訪問は5位となりました。トップ10は、フェスティバル系ニュースが3つ、政治家の訪問ニュースが4つ、経済ニュースが3つとなりました。 出典:2015年アクセス数トップ10ニュース【ベトナム編】 | ASEAN PORTAL(アセアン ポータル) 経済統計(10-12月のGDP)  次に経済統計情報です。 (ブルームバーグ): ベトナム経済は10-12月(第4四半 期)に成長ペースが加速した。鉱工業生産の伸びや過去最高水準に上っ ている海外からの投資が寄与した。   同国統計局が26日発表した10-12月の国内総生産(GDP) は前年同期比7.01%増。7-9月(第3四半期)の改定値は6.87%増だ った。   2015年の成長率は6.68%で、政府目標の6.2%を上回った。ブ ルームバーグがまとめた市場関係者の予想中央値は6.6%だった。出典:ベトナム:10-12月に成長加速-2015年成長率、政府目標を上回る  先日のTPP大筋合意によってFDI増加したものと思われます。なお、インドやアイルランド、タンザニアと共に「世界経済の勝ち組」に選出されました(出典:2015年、世界経済の「勝ち組」と「負け組」)。AEC(アジア経済共同体)の設立によって、さらに伸長する可能性があります。 インバウンド 本ブログでもたびたび紹介しているように、ベトナムから日本に訪れる観光客は年々増加の一途をたどっています(ご参考記事:ベトナムから日本へ、インバウンド&爆買いマーケットについて - TPP Note in Vietnam)。 以下、あどばた会議の記事にもあるように注目すべきは、訪日中の消費額で、アジア各国の中で第一位の中国、第二位のシンガポールに続き、ベトナムは第三位で「約17万5千円」を訪日中に消費しているとの結果が出ています。 ちなみに食べ物の消費が割と多いようです(下記爆食い参照)。 爆買いならぬ「爆食い」だって。ベトナム人観光客増加の要因は富裕層増加・日系企業進出増加。課題はマナーと対中トラブル。夏野さん、コメンテーターしてるんだ・・。 爆◯◯!?なぜ急増?ベトナム人観光客 https://t.co/gzx7egexyp @YouTubeさんから — 木村大介@ハノイ (@kmrdai) 2015, 12月 16 2010年には年間4万人強だった訪日観光客数が、2014年末には約12万5千人となっており、3倍以上に成長していることが分かります。なお、2015年の数値は1月-11月までのもののみとなっており、2015年11月末で既に約17万5千人が訪日、すでに昨年の年間訪問者数を大きく上回っています。2010年の年間4万人と比較すると、すでに4倍以上となっています。 出典:【インバウンドプロモーションシリーズ】 訪日中の一人当たり消費額がアジア第三位の注目国「ベトナム」の 国内トレンドを知る!「2015年トレンドランキング トップ15」- SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ) インバウンドにおいて今後も大きなマーケットになるベトナム人観光客ですが、神奈川県をはじめ、ベトナム国内へのソーシャルマーケティングという手段がもっとも効果的です。テストマーケティング含め、ぜひ弊社にご相談ください。 tpp.asilla.jp 最後に。 ミスユニバース世界大会に出場したPham Huongさんが大会でお召しになった荘厳なベトナムの伝統衣装アオザイをご覧頂き、今日のところは締めさせて頂きたいと思います。 以上、ハノイから木村がお伝えしました。シンチャオ! ​Phạm Hương: Áo dài mang đến cảm xúc tự hào cho người Việt - Tuổi Trẻ Online もっと見る
2016/01/01 16:52 da:18 facebook:- twitter:- ニュース ティー ミルク ネット ランキング 観光客 Tweet
tpp.asilla.jp  【インバウンド】中国人の「爆買い」に関するあれこれ  ↑0 ↓0
最近ではサッカー・クラブW杯で日本に訪れたネイマールさんが表参道で二千万円ほどお買い上げくださったようで、相変わらず海外勢からのニーズが高い日本のインバウンド市場です。 なかでももっともシェアが大きい、日本にお金を落とす額が総額で大きいのは中国人です。その中国人と爆買いの様々なデータを今日はツイッターからピックアップしました。   とっても興味深い⇒中国人から知名度高くても、日本人から知名度の低い観光地は、白馬八方尾根スキー場、越谷イオンモール、大阪天神橋商店街、大曲の花火、大田区町工場、京都国際マンガミュージアム、川村記念美術館 pic.twitter.com/g1ZKxod0g8 — Gen Shibayama (@gshibayama) 2015, 12月 20  スキー場=雪をみたい。雪で遊びたい、という需要は熱帯のASEAN各国のものだと思っていましたが、中国人にもあるようです。  各国での高級品のセールスに占める中国人/中国人以外の外国人/現地国人の割合 世界的に見れば日本の中国人への依存は小さい。日本市場はローカル依存が世界最高水準=日本人が海外ショッピングをしないとも言える pic.twitter.com/r6iQBrWTmp — Spica (@Kelangdbn) 2015, 9月 28  世界的にみると「”爆買い”と言うほどでもない」と言うこともできますし、まだまだポテンシャルがあると考えることもできます。 爆買いの総額について 「爆買い」が流行語大賞に選ばれるなど中国人観光客が来ないと日本経済が成り立たないような報道が行われている。しかし観光庁の発表では、外国人観光客が日本で使う金の総額は約1兆円だという。日本人の国内旅行で使われる金は6兆5千億円だ。我が国のGDP500兆円、1兆円がないと困るのか。 — 田母神俊雄 (@toshio_tamogami) 2015, 12月 18 「中国人観光客?外国人が落とす金はたかが年間1兆円だ。我が国のGDPは500兆!1兆円がないと困るのか」という田母神先生に、誰か「その1兆円は今の日本が一番ほしい、まるまるの外貨獲得の1兆円なんですよ…」と教えてあげてほしい。 https://t.co/YjJi7jJRDY — Cdb (@C4Dbeginner) 2015, 12月 19 外貨獲得も大事ですし、「日本人が国内旅行で使う額」も、人口減・少子高齢化・増税による可処分所得の圧縮でこの先減っていくと思われますので、いまから観光立国として確立させるではないでしょうか。 再訪について 日本が「再び訪れたい観光地」1位に 中国人客の多様化する「日本観光」 - エキサイトニュース https://t.co/Da3h6vvTLO — いっぷに@素敵な田舎暮らし (@wa_j_k) 2015, 12月 11 日本が「再び訪れたい観光地」1位に。 ただし、再び訪れた際に買い物(爆買い)が主体となるわけではなさそうです。 では、この「爆買い」傾向はずっと続くのでしょうか。訪日中国人旅行客のうち、今回「ショッピング」をしたという人は、66.3%となっています。しかしながら、次回したいこととして「ショッピング」を挙げた人は、31.8%と半分以下になっています。 出典:いつまで続く? 中国人の爆買いバブル  ちなみに満足度の高い商品は、「パナソニックLumix GF1、ミキモトのネックレス、資生堂の化粧品、東京ばな奈」だそうです。 中国人マナーについて 中国人云々あるが、日本人も含めた観光客のマナーの悪さが問題になったのはもう何年前の話だ。清水の舞台をヒールで歩いて穴ぼこだらけにするとか。→京都は「まるで上海、日本情緒がない」 訪日中国人のマナーに怒る欧米観光客 https://t.co/cZtrYWD34N — Kojima (@kojikojimajik) 2015, 12月 21   日本のオッサンの方がよっぽど傍若無人。 @yoma_kenichi それは思う。銀座中央通りで買い物している中国人は、かなりマナーが良くなっている。だって彼らは自分よりも数倍所得が大きい。 RT @om4ti: 中国人観光客、前よりもマナー良くなってきてるよ。 #daycatch — HIRAYAMA Kazunori (@om4ti) 2015, 12月 11 私も銀座、新宿、新宿などで多くの中国人観光客を見かけましたが、目につくようなマナーの悪さというのは感じませんでした(公共の場で、声はデカいけど)。 中国人をだます中国人  “爆買い”中国人をだます無資格の中国人ガイド 「観光立国」に影落とす可能性も… https://t.co/1WYwqEj7qI pic.twitter.com/kQkWBxw6sW — 産経ニュース (@Sankei_news) 2015, 12月 20   中国人向けの日本の観光スポットに、「免税店」という看板に、実際日本人経営の店より、ずいぶん高い値段の店は全部中国人経営です。簡体字で「免税店」と書いてる店はほぼ同胞を騙す店です。 — 孫向文 (@sun_koubun) 2015, 12月 15  ベトナム人は爆買いならぬ「爆食い」 爆買いならぬ「爆食い」だって。ベトナム人観光客増加の要因は富裕層増加・日系企業進出増加。課題はマナーと対中トラブル。夏野さん、コメンテーターしてるんだ・・。 爆◯◯!?なぜ急増?ベトナム人観光客 https://t.co/gzx7egexyp @YouTubeさんから — 木村大介@ハノイ (@kmrdai) 2015, 12月 16 ちなみに、訪日ベトナム人1人当たりの旅行支出額は、23万7688円で中国人を差し置いてナンバーワンです。訪日ベトナム人の数と支出額はこれからも増加すると思いますので、インバウンドマーケットで商売をしておられる方は今のうちに手を付けていくのがよいでしょう。 ご相談はアジラまでどうぞ。 www.asilla.jp もっと見る
2015/12/21 11:33 da:18 facebook:0 twitter:0 中国人 観光客 マナー 日本人 ショッピング twitter Tweet
blog.asilla.jp  【インバウンド】中国人の「爆買い」に関するあれこれ  ↑0 ↓0
最近ではサッカー・クラブW杯で日本に訪れたネイマールさんが表参道で二千万円ほどお買い上げくださったようで、相変わらず海外勢からのニーズが高い日本のインバウンド市場です。 なかでももっともシェアが大きい、日本にお金を落とす額が総額で大きいのは中国人です。その中国人と爆買いの様々なデータを今日はツイッターからピックアップしました。   とっても興味深い⇒中国人から知名度高くても、日本人から知名度の低い観光地は、白馬八方尾根スキー場、越谷イオンモール、大阪天神橋商店街、大曲の花火、大田区町工場、京都国際マンガミュージアム、川村記念美術館 pic.twitter.com/g1ZKxod0g8 — Gen Shibayama (@gshibayama) 2015, 12月 20  スキー場=雪をみたい。雪で遊びたい、という需要は熱帯のASEAN各国のものだと思っていましたが、中国人にもあるようです。  各国での高級品のセールスに占める中国人/中国人以外の外国人/現地国人の割合 世界的に見れば日本の中国人への依存は小さい。日本市場はローカル依存が世界最高水準=日本人が海外ショッピングをしないとも言える pic.twitter.com/r6iQBrWTmp — Spica (@Kelangdbn) 2015, 9月 28  世界的にみると「”爆買い”と言うほどでもない」と言うこともできますし、まだまだポテンシャルがあると考えることもできます。 爆買いの総額について 「爆買い」が流行語大賞に選ばれるなど中国人観光客が来ないと日本経済が成り立たないような報道が行われている。しかし観光庁の発表では、外国人観光客が日本で使う金の総額は約1兆円だという。日本人の国内旅行で使われる金は6兆5千億円だ。我が国のGDP500兆円、1兆円がないと困るのか。 — 田母神俊雄 (@toshio_tamogami) 2015, 12月 18 「中国人観光客?外国人が落とす金はたかが年間1兆円だ。我が国のGDPは500兆!1兆円がないと困るのか」という田母神先生に、誰か「その1兆円は今の日本が一番ほしい、まるまるの外貨獲得の1兆円なんですよ…」と教えてあげてほしい。 https://t.co/YjJi7jJRDY — Cdb (@C4Dbeginner) 2015, 12月 19 外貨獲得も大事ですし、「日本人が国内旅行で使う額」も、人口減・少子高齢化・増税による可処分所得の圧縮でこの先減っていくと思われますので、いまから観光立国として確立させるではないでしょうか。 再訪について 日本が「再び訪れたい観光地」1位に 中国人客の多様化する「日本観光」 - エキサイトニュース https://t.co/Da3h6vvTLO — いっぷに@素敵な田舎暮らし (@wa_j_k) 2015, 12月 11 日本が「再び訪れたい観光地」1位に。 ただし、再び訪れた際に買い物(爆買い)が主体となるわけではなさそうです。 では、この「爆買い」傾向はずっと続くのでしょうか。訪日中国人旅行客のうち、今回「ショッピング」をしたという人は、66.3%となっています。しかしながら、次回したいこととして「ショッピング」を挙げた人は、31.8%と半分以下になっています。 出典:いつまで続く? 中国人の爆買いバブル  ちなみに満足度の高い商品は、「パナソニックLumix GF1、ミキモトのネックレス、資生堂の化粧品、東京ばな奈」だそうです。 中国人マナーについて 中国人云々あるが、日本人も含めた観光客のマナーの悪さが問題になったのはもう何年前の話だ。清水の舞台をヒールで歩いて穴ぼこだらけにするとか。→京都は「まるで上海、日本情緒がない」 訪日中国人のマナーに怒る欧米観光客 https://t.co/cZtrYWD34N — Kojima (@kojikojimajik) 2015, 12月 21   日本のオッサンの方がよっぽど傍若無人。 @yoma_kenichi それは思う。銀座中央通りで買い物している中国人は、かなりマナーが良くなっている。だって彼らは自分よりも数倍所得が大きい。 RT @om4ti: 中国人観光客、前よりもマナー良くなってきてるよ。 #daycatch — HIRAYAMA Kazunori (@om4ti) 2015, 12月 11 私も銀座、新宿、新宿などで多くの中国人観光客を見かけましたが、目につくようなマナーの悪さというのは感じませんでした(公共の場で、声はデカいけど)。 中国人をだます中国人  “爆買い”中国人をだます無資格の中国人ガイド 「観光立国」に影落とす可能性も… https://t.co/1WYwqEj7qI pic.twitter.com/kQkWBxw6sW — 産経ニュース (@Sankei_news) 2015, 12月 20   中国人向けの日本の観光スポットに、「免税店」という看板に、実際日本人経営の店より、ずいぶん高い値段の店は全部中国人経営です。簡体字で「免税店」と書いてる店はほぼ同胞を騙す店です。 — 孫向文 (@sun_koubun) 2015, 12月 15  ベトナム人は爆買いならぬ「爆食い」 爆買いならぬ「爆食い」だって。ベトナム人観光客増加の要因は富裕層増加・日系企業進出増加。課題はマナーと対中トラブル。夏野さん、コメンテーターしてるんだ・・。 爆◯◯!?なぜ急増?ベトナム人観光客 https://t.co/gzx7egexyp @YouTubeさんから — 木村大介@ハノイ (@kmrdai) 2015, 12月 16 ちなみに、訪日ベトナム人1人当たりの旅行支出額は、23万7688円で中国人を差し置いてナンバーワンです。訪日ベトナム人の数と支出額はこれからも増加すると思いますので、インバウンドマーケットで商売をしておられる方は今のうちに手を付けていくのがよいでしょう。 ご相談はアジラまでどうぞ。 www.asilla.jp もっと見る
2015/12/21 11:33 da:18 facebook:- twitter:- 中国人 観光客 マナー 日本人 ショッピング twitter Tweet
ビッグローブニュース  リンゴを手に取るハノイの若者たち  ↑0 ↓0
ベトナムの首都ハノイの総合スーパー「イオン」ロンビエン店で19日、青森県産の「ふじ」など5品種のリンゴの販売が始まった。写真はリンゴを手に取る若者たち。
2015/12/19 16:41 da:86 facebook:1 twitter:0 リンゴ ハノイ イオン スーパー Tweet
時事ドットコム  リンゴを買い求めるハノイの消費者  ↑0 ↓0
ベトナムの首都ハノイの総合スーパー「イオン」ロンビエン店で19日、青森県産の「ふじ」など5品種のリンゴの販売が始まった。写真はリンゴを買い求める消費者。 【時事通信社】
2015/12/19 16:41 da:79 facebook:0 twitter:0 リンゴ 消費者 ハノイ イオン スーパー Tweet
時事ドットコム  青森産リンゴの販売開始=イオングループ店舗で-ベトナム  ↑0 ↓0
【ハノイ時事】ベトナムの首都ハノイの総合スーパー「イオン」ロンビエン店で19日、青森県産の「ふじ」など5品種のリンゴの販売が始まった。9月の日越首脳会談で、ベトナムへの輸出が認められたのを受けた動きで、イオンは、同国のグループ75店で取り扱う方針。 日越経済連携協定(EPA)に基づき、ベトナムでは日本産リンゴの輸入関税が2019年に撤廃される。ベトナムでは経済成長により、食品の味や「安全・安心」への関心も高まっており、日本の政府・農業関係者は、日本産の消費が伸びると期待。農産品の輸出振興の一環として注目されている。
2015/12/19 15:56 da:79 facebook:2 twitter:0 ハノイ リンゴ イオン スーパー グループ Tweet
ビッグローブニュース  イオン、ベトナムで青森産リンゴの販売  ↑0 ↓0
ベトナムの首都ハノイの総合スーパー「イオン」ロンビエン店で19日、青森県産の「ふじ」など5品種のリンゴの販売が始まった。写真は日本産リンゴの販売開始 ...
2015/12/19 15:11 da:86 facebook:0 twitter:0 リンゴ イオン スーパー ハノイ Tweet
毎日新聞  日本リンゴの販売再開 青森県産5種類  ↑0 ↓0
ベトナムによる日本産リンゴの輸入再開を記念する販売イベントが19日、首都ハノイのイオンモールで開かれた。11月に日本から出荷された「ふじ」「ジョナゴールド」など青森県産の5種類を、ベトナムのイオン店舗や提携先スーパーなど70店以上で販売する。
2015/12/19 13:18 da:84 facebook:1 twitter:0 リンゴ モール イオン イベント ハノイ Tweet
BLOGOS  ベトナム、日本リンゴの販売再開 青森県産  ↑0 ↓0
【ハノイ共同】ベトナムによる日本産リンゴの輸入再開を記念する販売イベントが19日、首都ハノイのイオンモールで開かれた。11月に日本から出荷された「ふじ」「ジョナゴールド」など青森県産の5種類を、ベトナムのイオン店舗や提携先スーパーなど70店以上で販売する。  ベトナムは病害虫侵入の懸念を理由として2011年に日本産リンゴの輸入を停止。日本側の再開要請を受け今年9月に解禁が決まった。  イオンによると日本のリンゴはアジアで評価が高く、ベトナムでの売れ行きを踏まえ、マレーシアやインドネシアなどへの販路拡大を検討するという。
2015/12/19 12:33 da:61 facebook:0 twitter:0 ハノイ リンゴ モール イベント イオン Tweet
グローバルニュースアジア  【ベトナム】ホーチミンでホワイトクリスマスが味わえるイベントが18日からイオンモールで始まる  ↑0 ↓0
20015年12月16日、ベトナムのイオンモール1号店である「イオンモール タンフーセラドン」で、12月18日(金)から2016年1月3日(日)まで、「ウィンターソナタ」を ...
2015/12/16 10:52 da:38 facebook:1 twitter:0 モール イオン ウィンター ソナタ イベント ホーチミン Tweet
tpp.asilla.jp  ベトナムのエビと、青森のりんご  ↑0 ↓0
TPPは当然良い面もあれば悪い面、リスクもあります。「食品の安全」はその最たるもので、TPPに反対される方はもちろん、参加国の誰もが気になるところです。 特にベトナムでは、なによりまず、池で養殖されている養殖エビが、他に言いようがないのですが、人糞を餌に育てられていて、それで糞尿に由来する病気に対処すべく、捕獲前には池に大量の抗生物質が注ぎ込まれるという重大な問題があるのです。ですから我々は本当に危険な産品を輸入しているのです。 出典:TPP貿易協定全文が公開され、反対する人々は考えていた以上に酷いと語る: マスコミに載らない海外記事 政府やビジネスのポジション的にTPPを推進する側は、こういった事実に目をつぶらずに消費者にしっかり説明して行くべきだと思います。まあ既に大量に輸入しているエビに関してはTPPに始まったことではないですが。 参考:輸入養殖エビが「薬付け」と揶揄されている理由〜化学物質や抗生物質まみれで育てられ最後に合成添加物で着飾って日本に輸出される養殖エビ - 木走日記 デフレが長く続く日本では安いプロダクトやサービスに慣れてしまって、とにかく安いほうがいいと考えがちですが、昔から言われているとおり、「安かろう悪かろう」というのは不変の事実で、クオリティとプライスはトレードオフです。安い食品を口にするのは、健康を犠牲にするリスクを当然孕んでいますね。消費する側、そして輸入業者はその点に注意を払うべきだと思います。 安いのには、安くするための理由がありますよね。 一方、ここベトナム(いま東京出張中ですが)では「安かろう悪かろう」思想が強く、どんなに便利でクオリティが高くても値段が安いと「チープなもの」とみなします。逆に、大した機能がなくてもブランド力が高く、値段が高いものを借金してでも買います。ここがおもしろいところで、ブランド力と価格が高い買い物をすることに一種のプライドをかけるわけです。 そんな、見栄っ張りなところがあります。 なので、 流通大手のイオンは23日、ベトナムに輸出する青森県産のリンゴを出荷した。12月から現地のイオン店舗や提携先スーパーなど約70店で計25トンを販売する。  ベトナムへの日本産リンゴの輸出はことし9月、一定の条件の下で解禁された。イオンによると、今回が解禁後、初めての輸出となる。 出典:青森産リンゴをベトナムへ イオンが出荷、解禁後初 日本のリンゴ、売れると思いますよ! 想像できます、「イオン行って日本のリンゴ買ってきて、家族で食べたんだけど、これ超美味しいよね!」ってSNSで自慢気にアップする姿が(笑 もっと見る
2015/11/24 13:45 da:16 facebook:- twitter:- イオン リンゴ ところ ブランド クオリティ 抗生物質 Tweet
blog.asilla.jp  ベトナムのエビと、青森のりんご  ↑0 ↓0
TPPは当然良い面もあれば悪い面、リスクもあります。「食品の安全」はその最たるもので、TPPに反対される方はもちろん、参加国の誰もが気になるところです。 特にベトナムでは、なによりまず、池で養殖されている養殖エビが、他に言いようがないのですが、人糞を餌に育てられていて、それで糞尿に由来する病気に対処すべく、捕獲前には池に大量の抗生物質が注ぎ込まれるという重大な問題があるのです。ですから我々は本当に危険な産品を輸入しているのです。 出典:TPP貿易協定全文が公開され、反対する人々は考えていた以上に酷いと語る: マスコミに載らない海外記事 政府やビジネスのポジション的にTPPを推進する側は、こういった事実に目をつぶらずに消費者にしっかり説明して行くべきだと思います。まあ既に大量に輸入しているエビに関してはTPPに始まったことではないですが。 参考:輸入養殖エビが「薬付け」と揶揄されている理由〜化学物質や抗生物質まみれで育てられ最後に合成添加物で着飾って日本に輸出される養殖エビ - 木走日記 デフレが長く続く日本では安いプロダクトやサービスに慣れてしまって、とにかく安いほうがいいと考えがちですが、昔から言われているとおり、「安かろう悪かろう」というのは不変の事実で、クオリティとプライスはトレードオフです。安い食品を口にするのは、健康を犠牲にするリスクを当然孕んでいますね。消費する側、そして輸入業者はその点に注意を払うべきだと思います。 安いのには、安くするための理由がありますよね。 一方、ここベトナム(いま東京出張中ですが)では「安かろう悪かろう」思想が強く、どんなに便利でクオリティが高くても値段が安いと「チープなもの」とみなします。逆に、大した機能がなくてもブランド力が高く、値段が高いものを借金してでも買います。ここがおもしろいところで、ブランド力と価格が高い買い物をすることに一種のプライドをかけるわけです。 そんな、見栄っ張りなところがあります。 なので、 流通大手のイオンは23日、ベトナムに輸出する青森県産のリンゴを出荷した。12月から現地のイオン店舗や提携先スーパーなど約70店で計25トンを販売する。  ベトナムへの日本産リンゴの輸出はことし9月、一定の条件の下で解禁された。イオンによると、今回が解禁後、初めての輸出となる。 出典:青森産リンゴをベトナムへ イオンが出荷、解禁後初 日本のリンゴ、売れると思いますよ! 想像できます、「イオン行って日本のリンゴ買ってきて、家族で食べたんだけど、これ超美味しいよね!」ってSNSで自慢気にアップする姿が(笑 もっと見る
2015/11/24 13:45 da:18 facebook:- twitter:- イオン リンゴ ところ ブランド クオリティ 抗生物質 Tweet
iwate-np.co.jp  青森産リンゴをベトナムへ  ↑0 ↓0
流通大手のイオンは23日、ベトナムに輸出する青森県産のリンゴを出荷した。12月から現地のイオン店舗や提携先スーパーなど約70店で計25トンを販売する。
2015/11/23 18:22 da:61 facebook:- twitter:- イオン リンゴ スーパー Tweet
logistics.jp  佐川ベトナム、ハノイで保冷配送 3温度帯に対応  ↑0 ↓0
SGホールディングス・グローバル(SGHG、近藤宣晃社長シンガポール)は16日、SG佐川ベトナム(島崎順二社長、ホーチミン市)がイオンモール・ロンビエン店(ハノイ市)に宅配取次カウンターを設置し、保冷配送サービスを10月28日からハノイ市で開始した、と発表した。 カウンターで取り次いだ商品を保冷車両と保冷ボックスなどを利用し、鮮度を保ったまま、自宅まで届ける。ベトナムでは、5月にイオンモールのタンフーセラドン店(ホーチミン市)とビンズオンキャナリー店(同)で、冷凍品と常温品の保冷配送サービスを開始。9月からは冷蔵品も取り扱っている。同国内で3店目、ハノイ市では初となるロンビエン店でも3温度 帯配送に対応する。3辺合計110センチ、重量20キロ以内のサイズが対象で、冷蔵品セ氏2~7度、冷凍品マイナス18度以下で配送する。(田中信也)【写真=保冷車両と保冷ボックスを利用し、商品を自宅まで届ける】 もっと見る
2015/11/23 00:26 da:40 facebook:- twitter:- イオン モール ホーチミン ハノイ グローバル Tweet
lnews.jp  SGHD・グローバル/イオンモール対応、ハノイで保冷配送サービス開始  ↑0 ↓0
ベトナムでの保冷配送サービスは、2015年5月にイオンモール・タンフーセラドン店とイオンモール・ビンズオンキャナリー店(何れもホーチミン市)で常温品・冷凍品の配送サービスを開始したが、顧客から「冷蔵品の取扱いも行って欲しい」とのニーズを受け、ホーチミン市で保冷配送トライアルを実施、9月から冷蔵品の配送も始めた。そして、ハノイ市でも常温品・冷蔵品・冷凍品の保冷配送サービスを開始した。
2015/11/16 18:11 da:44 facebook:- twitter:- イオン モール サービス ホーチミン ハノイ グローバル Tweet
logi-today.com  SG佐川ベトナム、ハノイで保冷配送開始  ↑0 ↓0
SGホールディングス傘下で海外事業を統括するSGホールディングス・グローバルは16日、ベトナム現地法人のSG佐川ベトナム(ホーチミン市)がイオンベトナムの「イオンモール・ロンビエン店」内に宅配取次カウンターを設置し、ハノイ市で冷蔵・冷凍食品を含む保冷宅配サービスを開始した、と発表した。
2015/11/16 13:30 da:31 facebook:- twitter:- イオン ホーチミン グローバル ハノイ Tweet
tpp.asilla.jp  韓国=クールと思うベトナム人  ↑0 ↓0
コスメ、ファッション、音楽・ドラマの分野で韓国に大きく水を開けられてしまった日本。ベトナムの若い皆さんは韓国エンターテイメントに熱中しており、韓国や韓国人に対してとても好意的です。(・・こういう意見もあるけど⇒「ベトナム大学生、韓国ドラマの過度な「偶然」に嫌気…変化が必要 | Joongang Ilbo | 中央日報」) ベトナムに住んでいれば、このマーケティングデータは常に実感できます。ショッピングモールにいけばK-POP、大型モニターにもSNSD、テナントにはThe Body Shop。街を歩く女性のファッションやメイクアップも韓国テイストが感じられます。 出典:知っている日本人は「安倍首相」と「小澤マリア」。日韓ドラマの差が与えるベトナムビジネスへの影響 : シェアーズカフェ・オンライン 化粧品に関しては先日、日経新聞に記載があったように、日本勢のシェアは1%台で横ばいです。※日経のこの記事、巻き返しのターゲットは「欧米企業」ではなく、まずは「韓国企業」だと思います。 花王やライオン、資生堂など日本勢のシェアは1%台で横ばいだ。アジアでは肌質の近い日本製品への信頼感は高く、欧米企業を巻き返すには、強みを生かした戦略がカギになりそうだ。 出典:東南アの美容市場、急拡大 :日本経済新聞  品質の高い日本プロダクトの価格帯(まだちょっと高い)にベトナム国民の所得が追いついてくるここ数年のうちに、一気に巻き返しをはかることになると考えています。 我々はその時のためにきっちり種まきをしておかねばなりません。 すいません、すっかり風邪ひいてしまって今日はこのへんで。 その他TPP、EC関連の記事にツッコミをば。 ビン会長は「ベトナムのIT産業はアウトソーシング分野で既にインドを超えた」と述べ、業務受託が拡大していると指摘した。TPPに先立ち、今年末に東南アジア諸国連合(ASEAN)で物やサービスの移動を自由化するASEAN経済共同体(AEC)が発足する。「スキルが高くコストは安いのがベトナムの強み。競争優位性は一段と高まる」と述べた。 出典:ベトナムFPT会長「TPPで飛躍」 世界経営者会議 :日本経済新聞  いやいやインドは超えてない。コストは今後上がっていく。高いスキルはアウトソーシングのスキルであって、ITサービスの創出に必要なクリエイティブなスキルではない。 ベトナムはクレジットカードの普及が国民9000万にに対して400万枚程度と非常に低く、また昔から現金での取引を好むことから、ECにおいても決済の9割以上は「現金代引」が利用されている。この為、ユーザーが実際にお金を払うまではキャンセルが自由のため、キャンセル率は驚きの「30%」である。例えば、オンラインで購入したが、別のサイトでもっと安い商品を見つけたとか、商品が待ちきれず帰りに他のお店で買ってしまった・・など 出典:キャンセル率30%?急速に伸びるベトナムのECとその課題(黒川賢吾 株式会社Asia Plus CEO) : シェアーズカフェ・オンライン EC事業者が乱立しているが、このポイントを解決できないため、資本力のある大手ECのみが生き残っているがおそらく赤字が続いていると思われる。資本力のないECサイトは短命に終わるか、リソースをオフラインの業務に振って(物販?)いると思われる(ECというよりはカタログショッピング的な)。 営業に品物を買い取らせたり、割とあこぎなことをしていると聞く。 ベトナムの消費者の30%以上が、購入決定をするのにSNSを使っている (中略) 消費者の30%がオンラインでの買い物が定着しており、SNSで情報を調査してから購入決定をしているという。なお、20%の消費者はオンラインでの買い物でコストを節約できていると回答している(主に割引アプリやWebサービスを使っているとのこと) 15%の消費者が送料を理由にオンラインでの購入をしないと回答しており、更に11%の消費者が販売Webサイトが分かりづらいと回答(Webサイトのレイアウトが分かりにくく、商品が探しづらい)している。 出典:【消費者の30%以上が、購入決定にSNS活用】 : ベトナムニュース速報 これはニールセンさん、もうすこしkwsk 今日はこのへんで。 もっと見る
2015/11/11 19:51 da:16 facebook:- twitter:- 消費者 オンライン スキル サイト ドラマ サービス Tweet
出島  ベトナムのイオンモール・ロンビエン店が1日で17万人の来店者を記録  ↑0 ↓0
... ベトナム・ハノイで「国際建築展示会2015」、11月11日から開催 · アジア開銀、ベトナムの15年GDP成長率予想を上方修正 · 香港滞在の外国人家政婦の最低 ...
2015/11/09 12:45 da:10 facebook:- twitter:- 上方修正 外国人 家政婦 アジア 展示会 イオン Tweet
townnews.co.jp  ベトナムの若者就労を支援経済  ↑0 ↓0
高度経済成長が進む一方、経済格差問題などを抱えるベトナム社会主義共和国。その首都ハノイに10月17日、平塚市を中心に理美容業を展開するライオンファミリーグループが理美容店「AUBE JAPAN」を開店した。同店舗は、現地の若者を雇用して教育する就労支援の役割を担うとして、雇用問題を抱える同国政府からも期待されている。理美容技術を輸出独り立ちをサポート 理美容店や専門学校の運営などを手掛ける同グループは、近年力を入れている海外出店計画で、髪質が日本人と同じ黒髪で直毛、親日国でもあるベトナムを有力候補に挙げていた。現地調査を進める中で、同国の抱える社会問題に直面。「教育型店舗」としての出店を決めたという。 ベトナムでは、若者の雇用先不足が問題化している。背景には急激な経済成長に伴い広がる、経済格差がある。ベトナム国民の平均年齢は20代半ば。都市部には地方から出稼ぎに来たものの職に就けず生活に困窮している若者が増えている。日本をはじめとする国外企業の進出が一部雇用の創出に一役買っているが、地方出身で満足な教育を受けていない若者も多く、就労支援制度も十分に整備されていない。 同グループが出店す もっと見る
2015/11/05 09:11 da:50 facebook:- twitter:- ライオン 理美容 ハノイ 社会主義 Tweet

Thailand

nna.jp  タイライオンエア、11月に成田線就航へ  ↑0 ↓0
インドネシア系の格安航空会社(LCC)タイ・ライオン・エアは、下半期(7~12月)に海外路線6~7便に就航する計画を明らかにした。11月にはバンコク―成田線 ...
2018/07/26 00:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet