0.91279196739197

Vietnam

biz.searchina.net  [ベトナム株]大都市のコンビニ店舗数、6年で4倍に急増  ↑0 ↓0
米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)によると、2018年1-3月期の日用消費財(FMCG)市場では、パパママストアと呼ばれる小規模雑貨店や市場(いち ...
2018/05/16 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 大都市 コンビニ 市場調査 ニールセン 消費財 小規模 Tweet
nna.jp  コンビニ「チアーズ」、HCM市に3号店  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)とシンガポールのスーパーマーケット大手NTUCフェアプライスは10日、ホーチミン市に ...
nna.jp  コンビニ出店、郊外で加速中  ↑0 ↓0
ベトナムの大都市中心部へのコンビニエンスストア、小型スーパーの相次ぐ出店で競争が激化したことにより、コンビニなどの郊外出店の動きが加速している。5日付ゾアインニャン・サイゴンが報じた。 小型スーパー「バック・ホア・サイン」を展開するデジタル機器販売大手テーゾイ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  サイゴンコープ、コンビニ50店の出店目指す  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)が、コンビニエンスストア「チアーズ」を近く50店舗体制にする考えだ。シンガポールのスーパー大手NTUCフェアプライスと協力し、現在の2店舗から拡大する方針。10日付サイゴンタイムズが伝えた。 チアーズに… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  ホーチミン市内のコンビニ、1800店に  ↑0 ↓0
米系不動産管理のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)ベトナムによれば、3月末時点でホーチミン市のコンビニエンスストア(ミニスーパーを含む)の総数は1,800店余り、総面積は27万2,000平方メートルに達した。9日付VNエクスプレスが報じた。 総面積は2017年12月から5.1%増加した。新たな事業者の参入も見込まれて ...
news.tv-asahi.co.jp  店員脅すも言葉通じず… コンビニ押し入った男逮捕  ↑0 ↓0
しかし、店員は来日まもないベトナム人で話が通じなかったため、男は店内にいた別の女性店員(45)を脅しました。女性店員はバックヤードに逃げ込んで警察に通報し、駆け付けた警察官が田口広樹容疑者(29)を現行犯逮捕しました。店員2人にけがはありませんでした。警察によりますと、田口容疑者の持っていたはさみは、 ...
2018/03/28 06:00 da:- facebook:0 twitter:0 容疑者 コンビニ まもない バックヤード 警察官 現行犯 Tweet
news.livedoor.com  コンビニ強盗で店員を脅すも言葉が通じず 金奪おうとした男を逮捕  ↑0 ↓0
脅された店員はベトナム人で言葉が通じず、強盗とは分からなかったということです。 27日、大阪・中央区のコンビニ店にはさみを持った男が押し入り、 ... しかし、店員は来日間もないベトナム人で話が通じなかったため、男は店内にいた別の女性店員(45)を脅しました。女性店員はバックヤードに逃げ込んで警察に通報し、 ...
2018/03/28 06:00 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ はさみ 間もない バックヤード Tweet
gunosy.com  ベトナムでは、犬という名の猫が魚屋での看板店員をつとめているらしい。  ↑0 ↓0
ヘアサロンやコンビニなど多様な業界で脚光を浴びる看板猫のお話はこれまでもお伝えしているが、ベトナムのある魚屋に勤めるファッショナブルな猫が話題になっている。 なんと彼は、猫でありながら犬(ベトナム語で犬を意味するチョー)という名で、好物でもある魚の販売業に従事しているらしいのだ。
2018/03/11 11:51 da:- facebook:0 twitter:0 サロン コンビニ これまで ファッショナブル Tweet
ビッグローブニュース  ベトナムでは、犬という名の猫が魚屋での看板店員をつとめているらしい。  ↑0 ↓0
ヘアサロンやコンビニなど多様な業界で脚光を浴びる看板猫のお話はこれまでもお伝えしているが、ベトナムのある魚屋に勤めるファッショナブルな猫が話題になっている。 なんと彼は、猫でありながら犬(ベトナム語で犬を意味するチョー)という名で、好物でもある魚の販売業に従事しているらしいのだ。 誰もが思わず二度見 ...
2018/03/11 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 サロン コンビニ これまで ファッショナブル Tweet
nna.jp  〔徒然サイゴン〕「1時間以上停電が…  ↑0 ↓0
「1時間以上停電が続いていて暑い」。妻からのメッセージで嫌な予感がした。昼休みに急いで家に戻ってポストを見ると督促状のような黄色い請求書があり、電気料金の支払い期限を過ぎていた。テトをはさんだことで、自分の担当である料金の支払いを忘れていた。 近くのコンビニ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 社会・ ...
2018/03/02 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 支払い サイゴン メッセージ 昼休み ポスト 督促状 Tweet
日本経済新聞  日東ベスト、増収減益  ↑0 ↓0
【増収減益】18年3月期は増収確保。営業・経常利益はベトナムの日系コンビニ向け市場の開拓で現地工場稼働に伴う経費負担で減少。19年3月期は一部外食産業などの回復傾向などで受注増。ベトナム工場経費負担や、原材料費・運送費・人件費上昇などを吸収し増収増益。営業・経常過去最高益も視野。 無料・有料プラン ...
2018/02/27 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 ベスト コンビニ 原材料 人件費 プラン Tweet
minpo.jp  福島空港にコンビニ 開港以来初の開店  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアが出店するのは開港以来初めて。 パンや弁当などのほか、空港が立地する玉川村の特産品を販売している。県内の地酒や名産を販売する隣接の「ふくしま逸品堂」も管理する。 初日は福島空港とベトナムを結ぶ連続観光チャーター便の第1便で福島を訪れたベトナムからの観光客が多く訪れ、滞在最後の ...
minpo.jp  福島空港にコンビニ 開港以来初の開店  ↑0 ↓0
初日は福島空港とベトナムを結ぶ連続観光チャーター便の第1便で福島を訪れたベトナムからの観光客が多く訪れ、滞在最後の買い物を楽しんでいた。 郡山市のFSGカレッジリーグのベトナム人留学生が待機し、通訳として会計などを補助した。 ( 2018/02/23 10:17 カテゴリー:主要 ). 開港以来初めてオープンしたコンビニ ...
2018/02/23 10:30 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ チャーター 観光客 買い物 カレッジ リーグ Tweet
refugee.or.jp  コンビニバイトで見かける外国人留学生たちの現状。ベトナム、ネパール  ↑0 ↓0
東京のファストフード店やコンビニエンスストアは多くの外国人労働者によって成り立っているようです。10年前の大阪と違って中国だけでなくベトナムやネパールなど多種多様なルーツを持った人たちも目立っているような…。 様々な媒体でも、日本の仕事を支える「外国人留学生」や「外国人技能実習生」についての報道をよく ...
newspicks.com  コンビニバイトで見かける外国人留学生たちの現状。ベトナム、ネパール  ↑0 ↓0
こんにちは、編集者の徳谷柿次郎と申します。 「ニッポン複雑紀行」では初めて執筆させていただくんですが、実は私もそこそこの複雑さを感じながら生きてきました。 生まれは大阪。小2で両親が離婚し.
2018/02/14 11:57 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ バイト 外国人 留学生 ネパール 編集者 Tweet
news.nicovideo.jp  外国人留学生にとって「夢の国」とはとても言えない日本  ↑0 ↓0
人手不足が深刻なコンビニエンスストアの店員。最近ではベトナムやネパールからの留学生がそれを補っている。 セブンイレブンでは東京都内店舗で働くアルバイトの2割が外国人だ。留学生バイトの人数を国籍別で把握しているローソンによると、中国人に次いでネパール人、ベトナム人の順で数が多いという。8000人を超える ...
news.nicovideo.jp  コンビニを支える"偽装留学生"のカラクリ  ↑0 ↓0
だが、実習生の送り出しで中心を占めるベトナムやネパールなどアジア新興国では、日本のように小売業は普及しておらず、実習の有資格者も少ない。結果、コンビニでの実習希望者の多くが、ブローカーに「手数料」を払い、ビザ取得に必要な「前職証明」を偽造することになる。実習制度で認められた他の職種でも、当たり前の ...
2018/02/05 08:26 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ 留学生 カラクリ 実習生 送り出し ネパール Tweet
president.jp  偽装留学生に頼る「コンビニ弁当」の実態  ↑0 ↓0
コンビニ弁当の工場、宅配便の仕分け、ホテルやビルの掃除……。いまこうした夜勤の肉体労働は“偽装留学生”なしには成り立たない。ビジネスを拡大したい日本語学校と人手不足の企業が、ベトナムなどから借金漬けで来日する留学生を食い物にする。いくら働いても借金は減らず。学校から失踪する留学生も多い。
2018/02/05 08:26 da:- facebook:0 twitter:0 留学生 コンビニ 宅配便 仕分け ホテル 肉体労働 Tweet
nna.jp  HSBC、決済アプリ「Payoo」と提携  ↑0 ↓0
英系金融大手HSBCベトナムは決済アプリ「Payoo(ペイユー)」を運営するベトユニオン・オンライン・サービシーズと提携した。ベトナム・エコノミック・タイムズ電子版が25日に伝えた。 15日からHSBCのクレジットカードが、Payooに加盟するコンビニエンスストアや小売店で… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険.
NHKニュース  日本で働く外国人労働者127万人余 過去最多に  ↑0 ↓0
国別では中国人が最も多く37万2000人、次いでベトナム人が24万人、フィリピン人が14万6000人などで、特にベトナム人はおととしと比べて40%近く増えました。 産業別では「製造業」が38万5000人、清掃などの「サービス業」が18万9000人、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの「卸売業、小売業」が16 ...
2018/01/27 04:30 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 労働者 中国人 おととし 産業別 製造業 Tweet
日本経済新聞  ベトナム コンビニ出店ラッシュ 最大手ビンは年1000店  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナムでコンビニエンスストアの出店競争が激化している。不動産最大手で同国最大の「ビンマートプラス」を展開するビングループは年1000店ペースで出店し、2020年までに総店舗数を4000店に拡大。国営のサイゴン商業総公社(サトラ)も18年に60店を出店する。日韓など外資の出店も増え、伸び盛りの ...
newsclip.be  双日プラネット、ベトナムで包装資材製造事業参入  ↑0 ↓0
【ベトナム】合成樹脂商社の双日プラネット(東京都千代田区)は16日、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカー、ランドン・プラスティックの子会社ランドン・ロンアン・ ... ベトナムでは近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売り業態が発達しつつあり、食品用途の包装資材市場は毎年約 10―15%拡大している。
日本経済新聞  ベトナムの17年小売店販売、過去最高の1300億ドル  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナム政府は2017年の小売店販売額が前年比10.9%増の1296億ドル(14兆6700億円)と過去最高になったと発表した。日本のコンビニエンスストア「セブンイレブン」、スウェーデンのカジュアル衣料「へネス・アンド・マウリッツ(H&M)」など外資の進出が相次ぎ、中間所得層の消費意欲を刺激した。 ベトナム ...
newspicks.com  【ベトナム】韓国コンビニGS25  ↑0 ↓0
【ベトナム】韓国コンビニGS25、19日にHCM市で開業[商業] 韓国のコンビニエンスストア「GS25」が、1月19日にベトナム1号店をホーチミン市でオープンする。2018年中に50店舗の展開を目指す。4日付サイゴンタイムズが伝えた。1号店はホーチミン市1区ハイバー...
nna.jp  韓国コンビニGS25、19日にHCM市で開業  ↑0 ↓0
韓国のコンビニエンスストア「GS25」が、1月19日にベトナム1号店をホーチミン市でオープンする。2018年中に50店舗の展開を目指す。4日付サイゴンタイムズが伝えた。 1号店はホーチミン市1区ハイバーチュン通りの「エンプレスタワー」に開業する。店舗を運営するGS25ベトナムのグエン・ティ・ホアン・チャン最高経営責任 ...
nna.jp  ビンGのコンビニ、ブンタウ15カ所で開店  ↑0 ↓0
ベトナム南部バリアブンタウ省ブンタウ市で24日、不動産開発大手ベトナム投資グループ(ビングループ)のコンビニエンスストア「ビンマート・プラス」が、15カ所で一斉開業した。25日付ダウトゥ電子版などが報じた。 店舗面積は100~300平方メートルで、チュオンコンディン通りな… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
日本経済新聞  市岡製菓、ベトナムに菓子新工場 近隣アジア輸出も視野  ↑0 ↓0
菓子製造・販売の市岡製菓(徳島県小松島市)はベトナム事業を拡大する。現地のコンビニエンスストアで販売する「どら焼き」の販売が好調で、製造能力を大幅に引き上げるため近く現地で新工場を設置する。将来はベトナムで製造した菓子を、タイやシンガポールなど近隣国へ輸出することも視野に入れる。国内は市場縮小が ...
2017/12/21 01:52 da:- facebook:0 twitter:0 アジア 小松島 コンビニエンス ストア どら焼き Tweet
nikkan.co.jp  ミニストップ、ベトナムでFC制導入 25年までに800店舗へ  ↑0 ↓0
双日は2018年春にも、ベトナムで展開するコンビニエンスストア「ミニストップ」について、加盟店を募集するフランチャイズチェーン(FC)制度を導入する。日本の事業... (残り:411文字/本文:491文字). (2017/12/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ...
tv-sdt.co.jp  偽札を使ったとしてベトナム人を逮捕(静岡県)  ↑0 ↓0
先月、沼津市のコンビニで偽1万円札を使ったとして、警察はベトナム人の男を偽造通貨行使の疑いで逮捕した。逮捕されたのはベトナム国籍で沼津市西添町の工員ハー ダック ミン容疑者(26)。警察によると、ハー容疑者は先月20日、自宅近くのコンビニで宅配便の料金を偽1万円札で支払った疑いがもたれている。これを ...
2017/12/14 12:22 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ 容疑者 西添町 ダック 宅配便 Tweet
at-s.com  偽1万円札使用疑い ベトナム国籍の男逮捕 沼津署  ↑0 ↓0
沼津署は13日、偽造通貨行使の疑いでベトナム国籍、沼津市西添町、工員の男(26)を逮捕した。 逮捕容疑は11月20日午前9時ごろ、同市内のコンビニ店で宅配便の利用料金を支払う際に偽造した1万円札を使用した疑い。認否を明らかにしていない。 同署によると、1万円札の手触りに違和感を持った店員が郵便局に相談 ...
2017/12/14 08:37 da:- facebook:0 twitter:0 西添町 コンビニ 宅配便 明らか 手触り 違和感 Tweet
BLOGOS  ハンガリー人が驚いた「日本の高齢化」 - 吉田いづみ  ↑0 ↓0
田舎に行けば若い人はゼロ、都心にはベトナム人やフィリピン人のコンビニ店員ばかり。それなのになぜ、日本は移民を受け入れないのか?」と不思議がっていた。 そこで私が、「日本の地方に住む若者の多くは大学や仕事を機に都心に集まり、高齢化の進んだ日本では将来年金も期待できないため、高齢になっても自ら働く ...
2017/12/08 12:11 da:- facebook:- twitter:- ハンガリー いづみ コンビニ 不思議 Tweet
nna.jp  人手不足の現場支える留学生 コンビニ・外食、規制緩和求める声  ↑0 ↓0
セブン―イレブンは来年からベトナムの主要大学の学生を年20人弱、インターンとして受け入れるほか、ベトナムで日本語による簿記講座を開講している専門学校の大原学園と提携し、同校で学ぶベトナム人留学生にアルバイト先としてセブン―イレブンを紹介してもらう予定だ。 外食業界でも留学生の争奪戦は激しく、来日前の ...
2017/12/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- 留学生 セブン イレブン 人手不足 コンビニ インターン Tweet
毎日新聞  「コンビニ業務も実習職種に」 業界団体、国に申請へ  ↑0 ↓0
中国に加え、近年はベトナムやタイなど東南アジアから多くの実習生を受け入れており、コンビニ大手各社はこうした途上国での店舗展開に日本での経験が生かされると考えているという。 国内店舗では人手不足が慢性化しており、留学生を中心に既に多くの外国人が働いている。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの ...
2017/12/05 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ 東南アジア 実習生 途上国 人手不足 留学生 Tweet
nna.jp  〔徒然サイゴン〕「ベトナム初の無人コン…  ↑0 ↓0
ベトナム初の無人コンビニ」という触れ込みだったが、自動販売機に挟まれた細長い店舗にはスタッフが4~5人いた。宣伝や慣れない来店客を誘導する目的だろう ...
2017/12/01 00:19 da:- facebook:0 twitter:0 サイゴン コンビニ 触れ込み 自動販売機 スタッフ Tweet
nna.jp  初のレジ無しコンビニ、HCM市に登場  ↑0 ↓0
ホーチミン市1区中心部に国内初となるレジ無しコンビニエンスストアが登場した。自動販売機にスマートフォンに表示されたQRコードをかざして決済する仕組みで、運営する米系KOOTOROベトナムは来年中に市内に200店舗体制に広げる計画だ。 マックティブオイ通りに先週オープンした「トロマート」には自動販売機15台が ...
nna.jp  日系コンビニ、日本食品76品目を一斉販売  ↑0 ↓0
ベトナム国内のファミリーマート、ミニストップ、イオンは1日、ホーチミン市を中心に展開している約260店舗で、加工食品など日本商品76品目のテスト販売を開始 ...
townnews.co.jp  故郷の「中秋節」楽しむ文化 コンビニで住民票 半世紀の節目祝う 道灌までカウントダウン 手書き地図で ...  ↑0 ↓0
伊勢原市内のベトナム人グループ「V―home」が9月30日、自国伝統のイベント『ベトナム子供の日・中秋節』を伊勢原シティプラザで開催した。当日は、市内に ...
nna.jp  外国人確保にあの手この手、コンビニ大手  ↑0 ↓0
... 【共同】コンビニ大手3社は外国人アルバイトを確保するため、現地での事前研修や、留学生が多く学ぶ語学学校に出向いての採用説明会など、あの手この手で ...
2017/09/19 00:03 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 コンビニ アルバイト 留学生 Tweet
univ-journal.jp  セブンーイレブン店舗でインターンシップ受け入れ、ベトナム6大学と覚書締結  ↑0 ↓0
セブン&アイグループのコンビニエンスストア大手セブン‐イレブン・ジャパン(東京、古屋一樹社長)は、ハノイ大学などベトナムの主要大学6校と国際協力の覚書 ...
毎日新聞  公務執行妨害容疑、手錠のまま逃走の男逮捕 /群馬  ↑0 ↓0
大泉署によると、知人のベトナム人女性(22)が携帯電話でハイ容疑者に出頭を促し、1日午後11時20分ごろ、熊谷市内のコンビニエンスストアに現れたところで ...
2017/09/03 13:07 da:- facebook:0 twitter:0 ところ ストア コンビニエンス 容疑者 Tweet
saitama-np.co.jp  逃走のベトナム人、熊谷で身柄確保 住民、逃走のニュースに心配「捕まって良かった」  ↑0 ↓0
群馬県大泉町から逃走したベトナム国籍の男の身柄が確保されたのは、熊谷市のコンビニエンスストア。1日深夜の報道で男逮捕の一報を知り2日午前、市の ...
2017/09/02 22:52 da:- facebook:0 twitter:0 ストア ニュース コンビニエンス Tweet
japanese.donga.com  GS25がベトナム市場に挑戦、ホーチミンに1号店オープンへ  ↑0 ↓0
韓国生まれのコンビニブランド「GS25」が、創立27周年を迎えて初めてベトナムに進出する。 GSリテールは31日、ベトナムのソンキムグループとGS25事業の ...
japanese.joins.com  韓国コンビニ企業、ベトナム市場に初めて進出  ↑0 ↓0
韓国コンビニエンスストア大手の「GSリテール」が展開するコンビニ「GS25」がベトナム市場に進出する。イラン進出に積極的に取り組んでいるCUに続き、コンビニ ...
sankeibiz.jp  生春巻き新発想 スーパー販売で先陣 崔さんのお店・西條八十美社長 (1/3ページ)  ↑0 ↓0
生野菜をライスペーパーに包んで食べるベトナム料理の「生春巻き」。日本でもすっかりおなじみとなり、スーパーやコンビニで定番の地位を確立している。生春巻き ...
nna.jp  地場コンビニ「ゴールドマート」1号店開店  ↑0 ↓0
ベトナム地場ゴールドフード・ベトナムはこのほど、ホーチミン市6区グエンバンルオン通り257番地でコンビニエンスストア「ゴールドマート」の1号店を開店した。13 ...
nna.jp  【月次リポート(6月)】動向  ↑0 ↓0
6月は小売り関連のニュースが活発で、ベトナムが消費市場として世界的な注目を集めつつあることが浮き彫りになった。コンビニエンスストア「セブン―イレブン」 ...
nna.jp  セブン、ホーチミン市1区に2号店オープン  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「セブン―イレブン」の運営をベトナムで手掛けるセブン・システム・ベトナムは24日、ベトナム2号店をホーチミン市にオープンした。1区のレロイ ...
毎日新聞  「日本製コンビニ」を阻むアジア個人商店の強さとは  ↑0 ↓0
ベトナムでは韓国ロッテなど大型スーパーも進出してはいるが、いまだ買い出し先の中心は個人商店や市場だ。ハノイ市内のあちらこちらに雑貨や食料品を扱う ...
2017/06/17 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ あちらこちら 食料品 スーパー ロッテ アジア Tweet
出島  セブンイレブン、ベトナム進出。国内外合わせて6万以上の店舗数。  ↑0 ↓0
セブンイレブンがベトナム南部のホーチミンに進出し、長蛇の列ができた。ミニストップなど、他のコンビニはすでにベトナムに進出しており、セブンイレブンの進出で ...
2017/06/16 13:52 da:- facebook:0 twitter:0 セブンイレブン コンビニ ホーチミン ストップ Tweet
nna.jp  セブンがベトナムで1号店 年内に20店、3年で100店体制へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「セブン―イレブン」の運営をベトナムで手掛けるセブン・システム・ベトナムは15日、ベトナム1号店をホーチミン市にオープンした。月内に2号 ...
時事ドットコム  ベトナムのセブン―イレブン1号店  ↑0 ↓0
セブン―イレブン」のベトナム1号店で商品を選ぶ人たち=15日、ホーチミン【時事通信社】. 関連記事. 日本商品の販売で存在感=ベトナム進出コンビニ各社 ...
2017/06/15 18:13 da:- facebook:- twitter:- イレブン セブン コンビニ 通信社 人たち ホーチミン Tweet
時事ドットコム  日本商品の販売で存在感=ベトナム進出コンビニ各社  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】コンビニエンスストア大手セブン-イレブンのベトナム最初の店舗が15日、ホーチミンで開業した。先行するファミリーマート、ミニストップと合わせ、 ...
ビッグローブニュース  セブンがベトナム初出店 ホーチミン、コンビニ競争激化  ↑0 ↓0
... しているWILLER(以下ウィラー)が、『Instagram』などのSNS映えする画像をアップする目的で旅をする人向けの“ジェニック旅”をベトナムでサービスをスタート。
2017/06/15 15:43 da:- facebook:0 twitter:0 サービス スタート アップ コンビニ ホーチミン セブン Tweet
日本経済新聞  セブンイレブン、ベトナムに1号店 「日本品質」移植  ↑0 ↓0
セブン&アイ・ホールディングスは15日、コンビニエンスストア「セブンイレブン」のベトナム1号店をホーチミン市に開いた。東南アジアでの店舗展開は6カ国目。
fukuishimbun.co.jp  セブンがベトナム初出店  ↑0 ↓0
【ハノイ共同】コンビニのセブン―イレブンのベトナム1号店が15日、南部ホーチミンにオープンした。ベトナムにはファミリーマート、ミニストップが既に進出しており、 ...
時事ドットコム  セブン-イレブン、ベトナムで開業=3年で100店目標  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】ベトナムの最大商都ホーチミン中心部の商業ビルに15日、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」の同国最初の店舗が開業した。成長を続け、 ...
ビッグローブニュース  ベトナムの「セブン—イレブン」1号店  ↑0 ↓0
ベトナムの最大商都ホーチミン中心部の商業ビルに15日、コンビニエンスストア「セブン—イレブン」の同国最初の店舗が開業した。3年で100店体制を目指す。
2017/06/15 10:18 da:- facebook:0 twitter:0 イレブン セブン ストア ホーチミン コンビニエンス Tweet
アパレル・リソース  小売産業が大きな節目  ↑0 ↓0
専門家によると、ベトナムの小売産業は大きな節目を迎えていると言う。 5月10日、ホーチミン市で開催された小売産業の展望に関するセミナーにおいて、ニールセン・ベトナムの代表Pham Thanh Cong氏は、顧客の多様なニーズを満たすべく常に最新のイノベーションを保つ必要があるなど、あらゆるものがつながるデジタル時代の中、小売産業では革命的とも言える変化が起こっていると述べた。 また他の演者によると、顧客は様々なルートを通じてビジネスに関わるため、一つのルートの成長に頼りきっている今日の環境は持続不可能であると言う。 以前、商品の購入窓口は実店舗のみであったが、今は実店舗にとどまらず、オンラインウェブサイトや携帯アプリ、ソーシャルメディアを通じて顧客は企業と関わりを持っている。 ベトナムで運営するシンガポール系のITソリューション企業、Abeo社のDavid Tan社長によると、ベトナムにおける昨年の小売販売は、対前年比10%増となる1180億米ドルであったと言う。 A.T.カーニー社による世界の小売市場ランキングで上位30カ国にランクインしたベトナムでは、小売市場での買収合併が急増し、市場での競争が促されている。 資本金に加え、海外小売業者は先進国で採用されているベストプラクティスを産業にもたらすとTan氏は言う。 小売のベストプラクティスが企業の運営に取り入られ、ERP(企業資源計画)システムやその他のシステムによってコントロールされるようになる。 激化する競争環境の中、消費者行動を理解することで需要を素早く満たし、カスタマーサービスを向上させることが、顧客のロイヤルティを獲得する鍵となるとTan氏は述べた。 商品管理ソリューションSAP S/4HANA Retailなどのテクノロジーソリューションズの利用は、小売業者が競争力を高めるのに役立つ。 SAP S/4HANA Retailは、在庫追跡やリアルタイムの倉庫管理のプロセスを自動化し、顧客理解を深め、顧客のニーズを予測し、顧客のショッピング体験に刺激を与えるとTan氏は述べた。 またビッグデータのソリューションは、既存商品の売り上げ拡大や、商品サイクルのスピードアップ、サービス向上・操業コストの削減の新しいビジネスモデルなど、様々なチャンスをビジネスにもたらす。 商工省によると、スーパーマーケット(724店舗)、ショッピングモール(123店)、コンビニエンスストア(多数)などの近代的な小売業が、昨年の市場の25%を占めたと言う。 日用消費財(FMCG)部門は昨年、6.5%の成長を見せている。   もっと見る
excite.co.jp  プロが教えてくれたバインミーの作り方が自由すぎる!【コンビニ&スーパー食材でOK】  ↑0 ↓0
今回は、自由すぎる営業スタイルでやっている東京練馬区・江古田のベトナム・コンテナ屋台「ECODA HEM」の店主、足立由美子さんに自由すぎるバインミーの ...
2017/05/12 12:22 da:- facebook:- twitter:- コンテナ 由美子 江古田 スタイル コンビニ Tweet
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
pref.niigata.lg.jp  ベトナムにおける日系小売店(ファミリーマート、ミニストップ、イオン)  ↑0 ↓0
ジェトロではファミリーマート、ミニストップ、イオンと連携し、本年11月、両コンビニエンスストアおよびイオンのベトナムにおける全店舗を対象としたテスト販売事業「 ...
HOTNAM!  食品トレーサビリティ、ベトナムの消費者まだ慣れず  ↑0 ↓0
食品トレーサビリティ、ベトナムの消費者まだ慣れず. ホーチミン市のスーパーやコンビニを眺めていると、消費者は商品の産地追跡に対する関心がまだ低いようだ ...
manila-shimbun.com  ベトナムで成長余地大きいコンビニ  ↑0 ↓0
ニュースサイトのベトナムネットによると、小売業でコンビニエンスストアがスーパーマーケットなどの業態を大幅に上回る成長率を示している。調査会社ニールセン ...
アパレル・リソース  日本のコンビニチェーン各社が小売市場に急速に参入  ↑0 ↓0
日本のサービス文化に対する需要が高いベトナムでは、日系のコンビニエンスストアチェーンが急速に勢力を増している。 セブンイレブンジャパンは、近日ホーチミンで開店予定であるベトナム初号店の求人募集を2017年2月に開始した。 セブンイレブンブランドがアジアに初めて進出したのは、セブンイレブンチェーンの元となるサウスランド社が台湾に進出した1980年のことである。 その後1991年にセブンイレブンジャパンがアメリカのサウスランド社を買収し、のちに経営統合されセブン&アイ・ホールディングスとなった。 2014年にはセブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブンジャパンが中国・北京に初号店を開き、成功を収めている。 中国市場への参入は大成功を収め、セブンイレブンジャパンは即座に韓国、香港、ベトナムなどアジア諸国への拡大の計画を開始したという。 こうしてセブンイレブンジャパンは、世界中の過酷な市場で培った経験とともに、ホーチミンに初号店を開店するに至ったのである。 セブンイレブンのマネージメントチームにはアメリカ時代の30年以上前から在籍するメンバーも複数名おり、コンビニエンスストア部門ではかなり高いスキルを持っている。 その他のチェーンもまた、日本式の製品やサービス、スタッフトレーニングをベトナム全土に広めている。 日本第3位の大手であるファミリーマートは、2016年7月時点でベトナムに106店舗出店しており、2016年末までには150店舗、2018年には300店舗到達を目標としている。 またファミリーマートは、台湾、中国、タイなどのアジア市場でも幅広く展開している。 日本の大手流通企業イオングループのコンビニエンスストアチェーンであるミニストップは、日本国外では主に韓国で展開しているが、ベトナム全土のイオンショッピングセンターでも店舗を開設する計画がある。 一方で日本大手第2位のコンビニエンスストアチェーンであるローソンは海外展開においては遅れをとっており、2016年6月末時点の国外店舗はアジアの821店舗のみであった。 ローソンは上海地元企業との合同事業として1996年に中国市場に参入したが、運営能力の低さなどから売り上げや店舗数の増加に苦戦していた。 インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイなど、現在は日本国外に790店舗のみしか展開していないものの、ローソンはフランチャンズの促進により2020年までに中国で3000店舗を展開することを目標としており、ベトナムやマレーシアなどでのフランチャイズ展開も視野に入れている。 アジアでは中流階級層に突入する人口が増加しており、コンビニエンスストアの需要は今後高まると予想されている。 日本式のコンビニエンスストア運営の特徴としては、イノベーションや連続した新商品の投入、そして独自のサービス提供があげられる。 こうしたサービスは、同じ商品を何ら改良や変更することなく毎年提供し続ける傾向がある、従来のベトナム小売店とは全くの極地にある。 日本貿易振興機構(ジェトロ)は国内チェーンの大陸進出に関して楽観的であり、ジェトロの役員は、日本のコンビニエンスストアチェーンがベトナムにおいて大成功を収める可能性は十分にあると語っている。 もっと見る
アパレル・リソース  外資系小売業者にとってコンビニエンスストア事業が魅力的なビジネスに成長  ↑0 ↓0
外資系小売業者の投資意欲は当面衰えを知らず、ベトナムのコンビニエンスストア事業参入にも触手を伸ばそうとしている。 Seven System Vietnam JSC社はセブンイレブンのフランチャイズ加盟業者であるが、自社ウェブサイトに採用情報の掲載を開始し、このコンビニエンスストア・チェーン大手が間もなくベトナムで最初となる店舗を立ち上げようとしていることが明示された。 ベトナム市場に早期に参入した企業はまだ利益をあげていない中で、このセブンイレブンの参入が競争をさらに激化させることになるだろう、と市場関係者は確信している。 3〜4年前は、ベトナムの大半の消費者が雑貨を買いに行くのに長距離をバイクに乗って行くという長年の習慣を変えないだろうとし、この国でのコンビニエンスストア事業の成功に多くの疑念が示されていた。さらに、昔ながらの小規模な家族経営の食料雑貨品店も広く親しまれている。 しかしホーチミン市やハノイでは近年、ファミリーマート、ミニストップ、B's Mart、Circle K、Shop&Goなどの大手外資系ブランドの人気が高まり、コンビニエンスストア事業は堅調に成長を遂げてきた。 ある業界関係者は、ベトナムの市場規模はまだ小さいものの、各社ではベトナムの2大都市であるホーチミン市とハノイにおいて自社の存在感とブランド認知度を高めるために、投資を増やすことを計画しているとした。 例えば日本資本のコンビニチェーンであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムに200店舗以上を開業し、チェーン拡大を進めている。ミニストップはベトナムに800店舗を展開する見通しとしており、一方のファミリーマートは2020年までに800〜1,000店舗開店の目標を示している。 セブンイレブンはまだ市場に参入していないものの、3年以内に100店舗の開店を目標としており、さらに今後10年間で1,000店舗にまで増加させるという。 実際のところコンビニエンスストアのビジネスモデルは、ある特定グループの人々の手軽な買物需要を満たしている。一方でコンビニエンスストアは、スーパーマーケットや昔ながらの小売店より価格が高いため、その競争力は劣っている。 専門家によると、コンビニエンスストア・チェーンが収益性を確保するには店舗数の拡大が必要であり、各社では最低150〜200店舗が必要とされる。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、コンビニエンスストアの初期投資を回収するには通常5〜6年かかるとし、安定的に利益を確保するには各チェーン少なくとも300店舗が必要となる、と算定した。 「今年度末までにミニストップの店舗数は160店舗に達すると見込んでいます。我々は投資を継続し、フランチャイズのコスト削減に取り組み、店舗カバー率の最適化を検討していきます。」と前田社長は述べた。現在のところ、中心エリアの高額な賃料が大きな課題として認識されている。 投資、管理、運用コストの要件に見合う用地を探すためには、財務的な強みと優れた管理スキルが必要とされる。この点が現在のところ、ベトナム現地企業にとって2つの大きな弱点となっている。 外資系小売業者は他の市場での経験により、ベトナムにおいてもコンビニエンスストア事業が成長を遂げ、徐々に昔ながらの地元食料品店に取って代わるものと考えている。 TCCグループ傘下のMM Mega Market VietnamのPhidsanu Pongwatana CEOは、スーパーマーケット事業は国民の消費習慣の変化により、過去ほど成長していかないだろうと述べた。彼はベトナムの消費者が利便性を望むほど、コンビニエンスストア事業が優位に立つだろうと予測した。 ホーチミン市労働組合連合会のPham Ngoc Hung副会長は、コンビニエンスストア市場は急速に成長しているものの、豊富な資金と豊かな経験を持つ外資系企業だけがこの市場に参入する余裕がある、と述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  コンビニエンスストアの景気が良好  ↑0 ↓0
ベトナムではコンビニエンスストアやミニマートの人気が高まっており、専門家の推定によると、3分の1以上の家庭がコンビニエンスストアやミニマートで日常的に買い物を行っているという。 もしより大幅な値引きを行えば、コンビニやミニマートが成長する可能性はさらに高まるだろうと専門家は予測している。 またベトナム商工省国内市場局のLe Viet Nga副局長によると、コンビニ等に対する市場の反応はよく、2桁台の成長を見せる最も急速に成長する小売分野となっているという。 「生産地のはっきりした商品を売り、優れた管理を行う現代的な取引チャンネルです。コンビニエンスストアは中小規模の企業や農家が自らの製品を市場に持ち込むことのできる機会を提供しています。」同省によると、スーパーマーケットやハイパーマーケットと比較して投資対効果が高く、投資額も低いことから、投資家たちもコンビニエンスストアを好んでいるという。 その上、500平方メートル以下の小売店舗の開設は経済的ニーズ考査(ENT)の対象ではないため、コンビニエンスストアやミニマートのライセンス取得はスーパーマーケットより容易である。 従来の小売チャンネルは現在も市場の72%を占めているが、2020年までに60%まで減少すると専門家は予測している。 中国では2万1000人毎、韓国では1800人毎に一つのコンビニエンスストアがあるが、ベトナムには現在6万9000人に一つの割合であり、今後成長していく可能性は多大にある。 所得の安定した成長と消費者行動の変化はもう一つの大きな要因であると専門家は加えた。   激しい競争 コンビニエンスストアの店舗数は2012年から2014年の間に倍の348となった。また、ミニマートの店舗数は863から1453に増加している。 活発な経済が消費力を増加させる中消費者が利便性に注目し、Saigon Co.op、Satra, Vingroup、B’s mart、Shop&Go、Circle Kと言った国内外の有力企業が存在感を増していき、コンビニエンスストアは2015年と2016年にも優れた業績を収めている。 例えば、Co.opmart、Co.opXtra、Co.op Foodを所有するSaigon Co.opは昨年新しい小売モデルであるCo.op Smileを開始した。 昨年の店舗数は20のみであるが、Saigon Co.opのNguyen Thanh NhanはCo.op Smileの店舗数を今年末までに200-300にまで拡大する計画を実行中であると述べた。 ベトナムでハイネケンとジョイントベンチャーを持つSatraもまた、食肉生産のVissanなどの子会社やベトナムの生産者一般の流通チャンネルを構築するために、自社のコンビニエンスストアチェーンであるSatrafoodsの展開に焦点を当て、小売システムを拡大する計画を持っている。 メコンデルタの都市カントーの10店舗を含む55のSatrafoods店舗を今年開店予定で、合計店舗数は172になる見込みである。 商工省によると、外国企業がコンビニエンスストア市場に占める割合は70%であり、モールやスーパーマーケットは17%、ミニマートは15%、オンラインのショッピングチャンネルは50%である。 関係者によれば、コンビニエンスストアやミニマートの最大の欠点はスーパーマーケットや従来の市場、食料店と比較して値段が高いことにあるという。 競争力を高めるためには価格を下げ、品質の高い地元製品を販売する必要がある。 ハノイ・スーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内の生産者や流通業者が関係性を強化し、仲介コストを削減すべきであると述べた。 経営コンサルティングのA.T.カーニー社のグローバル小売成長指数(GRDI)によると、ベトナムは魅力の高い小売市場として2008年以降上位30か国に入っている。 もっと見る
top.tsite.jp  ミランダカーも愛用!ベトナムはココナッツ天国【ベトナム】  ↑0 ↓0
まずはココナッツ缶ジュースです。日本のコンビニでは見ませんが、ベトナムではココナッツの缶ジュースはどこでも購入出来ます。残念ながらお砂糖入りなので甘 ...
2017/01/20 19:23 da:78 facebook:0 twitter:0 ココナッツ ジュース コンビニ Tweet
朝日新聞  (いちば Market:8)花・雑貨…「歩くコンビニ」 ベトナム  ↑0 ↓0
午前5時前、「ハイン・ホア」(花売りハインさん)はハノイの街角に着くと、切りそろえた花を自転車の上のかごに並べた。 空が明るくなるころ、通勤途中の人たちが ...
2017/01/09 06:43 da:89 facebook:0 twitter:0 自転車 人たち ハノイ Market コンビニ いちば Tweet
アパレル・リソース  小売業のeコマース部門は2020年までに100億米ドルに到達する見込み  ↑0 ↓0
ベトナム小売業におけるeコマースの売上は、2020年までに、国の小売業全体の半分を占める100億米ドルに到達する可能性があるという。 ベトナム小売協会(AVR)のデータによると、小売業における2015年のeコマースは成長率20%となり、40.1億米ドルを突破している。 商工省のHo Thi Kim Thoa副大臣は、12月8日ハノイで開催されたeコマースと携帯電話のテクノロジーに関するフォーラムにて、eコマースが小売業において極めて重要な発展要素であることを語った。 Thoa氏によると、小売業の昨年の成長率は9.5%であったという。小売業の伝統的な形式が80%を占める一方、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、eコマースなどの新しい形態は20%のみとなっている。「とりわけ、新しい販売経路においてもeコマースの占める割合は低く、約2.8%となっています」とThoa氏は加えた。 ベトナムには217のeコマースプラットフォームがあり、2014年の合計売上高は2013年の倍となる1兆6600億ベトナム・ドンであった。 「ベトナムにおけるeコマース事業は、大企業によって成長してきました。ベトナム全体の企業数60万社のうち97%が中小規模企業(SMEs)に占められていますが、eコマースに取り組んでいるSMEsはまだ多くありません。」と彼女は述べた。 副大臣は、首相が2012-20年にかけたeコマースの基本計画を公表したことに言及し、また先日12月2日に開催されたオンラインフライデーをeコマース発展の好事例として挙げた。オンラインフライデーに参加した企業は昨年を上まわる3000社であった。 Thoa氏はビジネスに対し、eコマースのトレンドをキャッチし、eコマースの発展を促すプランを持つよう力説している。 AVRのDinh Thi My Loan会長は、携帯端末の人気など、様々な要素がeコマースの発展を促進していると語った。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長も携帯電話やアプリの発展が購買活動を促進していることに同意している。 Hung氏によると、ベトナムのeコマース事業は年間30%の伸び率で成長を続けているという。「ビジネスは小売をオフラインからオンラインに素早く乗り換えています。一部の企業ではビジネスを完全にオンライン化しているところすらあります」と彼は述べた。 しかしながら、NielsenのPham Thanh Cong氏は、小売業全体の売り上げの85%を占めるのは伝統的な形式を持つ130万の店舗であることに触れ、小売業は地方地域の需要を満たす解決策を持たなければならないと語った。   もっと見る
news.nissyoku.co.jp  日東ベスト、ベトナムに子会社 おにぎりなどコンビニ用製造販売  ↑0 ↓0
日東ベストは、16年4月、ベトナム・ドンナイ省に現地市場を対象とした加工食品の製造販売および畜肉原料の加工製造販売を目的に子会社「JAPAN BEST ...
2016/12/02 00:10 da:59 facebook:- twitter:- ベスト 子会社 ドンナイ おにぎり コンビニ Tweet
withnews.jp  麺王国ベトナムのカップ麺を食べ尽くし…各社の世界戦略を味わう  ↑0 ↓0
都市部のホーチミンやハノイで増えているコンビニエンスストアや、大型ショッピングセンターの食品売り場を訪ねると、確かに棚にはカップ麺がずらりと並んでいま ...
sankeibiz.jp  ジェトロ、越で食品を試験販売へ  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構(ジェトロ)は6日までに、ベトナムで24都道府県の食品を11月から1カ月間、試験販売すると発表した。ベトナムの日系コンビニやスーパーの ...
2016/10/07 05:03 da:76 facebook:0 twitter:0 ジェトロ スーパー コンビニ Tweet
jacom.or.jp  ベトナムのコンビニで国産農産物販売 JAの産品も採択-JETRO  ↑0 ↓0
日本貿易振興機関(JETRO)はベトナムのファミリーマート、ミニストップとイオンの計約200店舗で11月の1か月、ジャパン・フェアを開催し日本の農産物・食品を ...
アパレル・リソース  8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国入り  ↑0 ↓0
米国のAT Kearney Companyが発表した世界小売開発インデックスのランキングでベトナムが8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国のひとつとして挙げられた。さらに、世界的な情報計量企業Nielsenの最新の調査によると、ベトナム人消費者の34%がハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)で、29%がスーパーマーケットで、22%がコンビニエンスストアやミニマートで定期的に買い物をしているという。 この調査では、大規模小売業者と人口の60%が35歳以下という若い人口により、現代的な小売モデルは高い年間成長率を記録し続けるだろうと結論づけている。 Saigon Coopが売上高と店舗数で引き続き首位に立っている。ACB Securities Company(ACBS)によると、Co.op Xtra、Co-op Mart、Supermarket Food Co-op Miniの3つのチェーンを持つSaigon Co-opは178店舗を擁し、2015年の売上高は25兆ベトナム・ドン(1010万米ドル以上)に達した。 Nielsenの調査はまた、コンビニエンスストアやミニマートの業態は今後も成長を続けると予測している。コンビニエンスストアやミニマートの部門は現在小売業界で急速に拡大している。VingroupチェーンのVinmart+は2016年6月末時点で825店舗を擁し、競合相手であるShop & Goも210店舗、Circle Kは178店舗、B’s Mart(旧Family Mart)は146店舗、Satrafoodsは80店舗、Ministopは58店舗を展開している。 商工省は2020年までにベトナム国内のハイパーマーケット・スーパーマーケットは1200から1300か所、ショッピングセンターは337か所となると予測している。商工省によると、低い都市化率と一人当たり国内総生産にもかかわらず、国内総生産の伸びは市場の昔ながらの生鮮食品小売業も勢い付け、72%の成長率を示した。しかし、成長率は2020年までに60%へと低下する可能性があると分析している。 もっと見る
newswitch.jp  ベトナムでコンビニ急増のなぜ?サークルKなど主要6社で1000店超に  ↑0 ↓0
ベトナムでコンビニエンスストアが急増している。8月までに主要6社の店舗数 ... 同社は2014年11月に首都ハノイで産声を上げたばかりだが、早くも出店数で ...
2016/10/06 07:30 da:57 facebook:0 twitter:0 ハノイ ストア サークルK コンビニ コンビニエンス Tweet
sankei.com  日本の食品をベトナムに ジェトロが78品目を販売  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構(ジェトロ)は5日、ベトナムで24都道府県の食品を11月から1カ月間、試験販売すると発表した。ベトナムの日系コンビニやスーパーの店頭で、 ...
2016/10/05 20:03 da:79 facebook:0 twitter:0 ジェトロ スーパー コンビニ Tweet
getnews.jp  今すぐコンビニに走りたくなる、ベトナム風「チェー」のつくり方  ↑0 ↓0
体にまとわりついてくる湿気のなか、グラスにタピオカ、フルーツ、白玉やあんこを添えてココナッツミルクのソースがかかった「チェー」をいただく。恐ろしく甘い、でも ...
2016/09/29 10:18 da:69 facebook:0 twitter:0 あんこ ココナッツ ミルク ソース フルーツ タピオカ Tweet
日本経済新聞  日東ベスト、ベトナムで10万食生産 日系コンビニに弁当・総菜  ↑0 ↓0
業務用冷凍食品の日東ベストは、ベトナムで加工食品市場の開拓に乗り出す。2017年春に現地工場を稼働し、進出が活発化している日系コンビニエンスストアや ...
2016/09/29 06:56 da:90 facebook:0 twitter:0 ベスト ストア コンビニエンス コンビニ 冷凍食品 Tweet
diamond.jp  なぜコンビニはスーパーに勝てたのか?小が大に勝つゲリラ戦「勝利の方程式」  ↑0 ↓0
ベトナム戦争で泥沼の戦闘を強いられた米軍は1973年に撤退。今度はジャングルの湿地帯ではなく、標高3000メートルの山岳地帯で大国が国際紛争を仕掛けた ...
2016/08/25 04:52 da:71 facebook:0 twitter:0 ジャングル 方程式 ゲリラ戦 スーパー コンビニ Tweet
出島  ベトナム、2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの ...
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
アパレル・リソース  国内小売業者の新たな事業戦略  ↑0 ↓0
Big CやMetroといった外資系スーパーマーケットが割引率を20-25%に引き上げたことに対応して、国内の小売業者も流通経路改善のため積極的に事業戦略を転換しつつある。 ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、Oceanmart、Vinatexmart、Maximarkの買収後、全国でVinmartミニマーケット、コンビニエンスストア網を約600店舗まで拡大しつつあるVingroupの例を挙げて説明した。 Vingroupは協力企業に直接投資しつつ、生産者や納品業者と直接契約し、VietGap基準に適合するVinEcoブランドの農産品を開発している。Vingroupでは加工食品についても主要生産企業となることを目標としている。 これはVingroupのブランドを確立し、小売市場における競争力を強化することを狙ったものであるとPhu会長は話す。 サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)はスーパーマーケットの品質を向上し、異なるマーケットシェアを狙った新たな事業戦略の立案を計画している。 Sai Gon Co.opは大都市部で新規10店舗のCo.opmartスーパーマーケットと、その他地域で20店舗の中小規模スーパーマーケットの開店を予定している。2020年までにCo.opmartスーパーマーケットが130店舗、Co.opXtraが8-10店舗、Sense Cityが3-5店舗となる予定である。 Sai Gon Co.opのNguyen Thanh Nhan副社長は、市場でのプレッシャーはあるものの、ベトナム国内の生産者との関係を守り続けたいと話す。Sai Gon Co.opのスーパーマーケットで扱われる商品の90%近くがベトナム産の商品である。 さらに、Sai Gon Co.opはネットワーク拡大のため、コンビニエンスストアに加え、オンライン取引の研究・開発を続けていきたいとしている。これは国内の生産者支援にもなりうるとNhan副社長は話す。 Sai Gon Co.opは消費者が国内産品を購入できるよう、ベトナム産品を優先的に扱うとしている。 商工省の国内市場部のVi Van Quyen部長は、ベトナム企業が品質を確保することができれば、外資系の流通網に頼る必要はなくなるだろうと話す。特に小売業者と生産者の提携は困難を克服する上で役に立つという。しかし、国内企業は先進的な科学技術に投資し、ベトナム人の嗜好を知る優位性を活かして国内、外資系どちらの販売網でも競争力のある商品を提供できるようにするべきだとQuyen部長は話す。 ベトナム企業は新たな隙間市場を見つけるべきであるともQuyen部長は指摘する。商工省は国内企業に対しネットワーク拡大、技術革新のための支援を行なっているという。 もっと見る
fnn-news.com  コンビニから飲料水盗み、逃走した際に暴行 ベトナム人2人逮捕  ↑0 ↓0
東京・新宿区のコンビニから、飲料水を盗み、逃走した際に、追いかけてきた男性に暴行を加え、けがをさせたベトナム人の男2人が、警視庁に逮捕された。
2016/08/19 13:30 da:71 facebook:0 twitter:0 飲料水 コンビニ 警視庁 Tweet
kkt.jp  万引きし目撃者殴る ベトナム人2人逮捕  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアで万引きして、追いかけてきた目撃者の男性の顔面を殴ったとして、逃走していたベトナム人の男2人が逮捕された。 強盗致傷の疑いで逮捕 ...
2016/08/19 13:29 da:53 facebook:0 twitter:0 万引き 目撃者 ストア コンビニエンス Tweet
news.tbs.co.jp  清涼飲料水盗み通行人に暴行した疑い、ベトナム人2人逮捕  ↑0 ↓0
東京・新宿区のコンビニエンスストアで清涼飲料水を盗んで逃走し、取り押さえようとした通行人の男性に暴行を加えたとして、ベトナム国籍の男2人が警視庁に ...
2016/08/19 12:56 da:88 facebook:0 twitter:0 清涼飲料水 警視庁 コンビニエンス ストア Tweet
出島  ベトナム小売市場、規制緩和でイオン、ビングループなど出店拡大  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場で現地の異業種企業の進出が相次いでいる。不動産大手のビングループが2019年末までにコンビニエンスストア1万店を出店するほか、衣料 ...
2016/08/10 12:45 da:17 facebook:0 twitter:0 グループ ストア コンビニエンス 不動産 イオン Tweet
日本経済新聞  ベトナム小売り、外資に挑む コンビニ1万店計画も  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場で現地の異業種企業の進出が相次いでいる。 ... 店「ビンマートプラス」の出店を始め、すでにハノイとホーチミン市で計880店を展開する。
2016/08/09 23:26 da:90 facebook:2 twitter:0 ホーチミン ハノイ コンビニ 小売り Tweet
news.tv-asahi.co.jp  知人女性殺害し、カード奪い“現金60万円引き出す”  ↑0 ↓0
ベトナム国籍のトラン・ジュン容疑者(39)は2013年11月、横浜市に住む知人のベトナム国籍の女性(当時32)を殺害し、キャッシュカードを奪って埼玉県吉川市の複数のコンビニ店で3回にわたって現金を引き出し、60万円を盗んだ疑いが持たれています。トラン容疑者は去年、女性の遺体を遺棄したとして逮捕・起訴されています。警察によりますと、トラン容疑者は今回の逮捕容疑も含め、一連の事件について関与を否認しています。
2016/07/27 20:35 da:87 facebook:0 twitter:0 カード キャッシュ ジュン 容疑者 Tweet
時事ドットコム  強殺容疑でベトナム人再逮捕=女性遺棄事件-千葉県警  ↑0 ↓0
千葉県富津市の国道脇で2014年1月、ベトナム人女性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは27日、強盗殺人と窃盗の疑いで同国籍の自称型枠大工トラン・ジュン容疑者(39)=死体遺棄罪などで起訴=を再逮捕した。同課によると、「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。 再逮捕容疑は13年11月26日午後5時35分ごろから翌27日午後6時ごろにかけ、神奈川県かその周辺でベトナム国籍のチン・ティ・タン・バンさん=当時(32)=を殺害してキャッシュカードを奪い、埼玉県吉川市のコンビニ2店で計60万円を引き出した疑い。(2016/07/27-19:55)
2016/07/27 19:52 da:79 facebook:0 twitter:0 Tweet
アパレル・リソース  人気高まるコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
生活ペースのスピードアップや世帯の小型化に伴い、ベトナム人が店選びの歳に近頃では「利便性」を大いに重要視することが、市場調査会社ニールセンによる最近の調査で明らかになった。 ベトナム人顧客の10人に6人近くが、都合の良い場所にある店を選ぶと言う。一方、10人に5人近くの顧客が、優れたデザインで商品が選びやすく陳列されている店に行くという。 ニールセン・ベトナムのRoberto Butragueño氏は、小売店のオムニチャネル戦略の中でその店が果たすであろう役割を考慮する必要があるとコメントした。 ホーチミン市商工省によると、Tien Loi Gia Dinh Vietnam社所有のファミリーマートが70店舗、B’s Mart株式会社に属するB’s Martが98店舗、Cua Hieu & Suc Song JSCに属するショップアンドゴーが111店舗である一方、Vong Tron Do社が所有するサークルKは150店舗に達した。 アナリストらは、最近のコンビニエンスストアにおいて、多様な商品の提供とファーストフードカフェとしての用途の両方を目指した「ハイブリッド」な店へと発展する傾向である大きな変化を言及する。 サークルKは、ネットワーク拡大の速さにおいてライバルより優っているとこがわかる。あらゆる住宅街にて、わずか500メートル間隔で約2、3店舗が営業している。 例えばホーチミン市の6地区の11区では、Binh Phu通りに2店舗、Cho Lon通りに1店舗の計3店舗のサークルKがある。小売店チェーンは、アメリカのものに似せた新しい看板でその独自性を変化させた。 サークルKベトナム責任者のTony Yang氏は、店舗数の急速な増加を説明しながら、サークルKベトナムは米国サークルKとのフランチャイズ契約の下で発展したことを語った。2015年前半の構造改以後、サークルKは4Fサービス(フレッシュ、フレンドリー、ファースト、フル)に注力している。 サークルKは現在、コンビニエンスストア方式の消費者用品を販売するだけの店から、ファーストフード(顧客の注文に応じその場で加工する)、プライベートブランド飲料、座席やWi-Fiなどの付加設備を含めさまざまなサービスを提供している。 一方、2010年から小売店チェーンを展開してきたVingroup株式会社は、コンビニエンスストア(Vinmart +)は毎日2店舗を開店していると伝えられる。5月までに650店舗が開店され、Vinmart +はベトナム最大のコンビニエンスストアチェーンとなった。   もっと見る
nna.jp  ミニストップ、ベトナム50店舗に到達  ↑0 ↓0
ミニストップベトナムは20日、ホーチミン市1区のナムキーコイギア通りに稼働ベースで50店舗目をオープンさせた。ミニストップは昨年、ベトナムでのパートナーを地場コーヒーチェーン大手チュングエン傘下のG7S&Tから双日に切り替えて以降に出店を加速させており、年内に80店舗、2017年末までに160店舗体制を目指す。ミニストップはベトナムでの店舗数が50店となった=20日、ホーチミン市双日とパートナーを結ぶまでの17店舗体制から、1年余りでホーチミン市内で3倍に店舗網を広げた。15年から向こう10年で800店以上に拡大させる計画で、都市部での立地確保を急ぐ。ベトナム国内のコンビニエンストアでは、不動産最大手ベトナム投資グループ(ビングループ)の「ビンマート・プラス」が650店を超えたとされ、タイ系「ビーズ・マート(B’s Mart)」は140店程度、ファミリーマートも100店を突破した。競争が激しくなる中、ミニストップは店舗網の拡大に向け、直営店に加えてフランチャイズ店の導入も検討に入る。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、「オーナーも稼げるような契約を考える」とし、来年にも開始する意向だ もっと見る
2016/07/21 00:00 da:51 facebook:2 twitter:0 ストップ パートナー オープン ホーチミン ベース Tweet
ASEAN PORTAL  ファミリーマートはベトナム展開を加速  ↑0 ↓0
株式会社ファミリーマートは、ベトナムにおける事業展開を加速させるために、現地 ... ファミリーマートのベトナム展開は、日本発のコンビニとしては初めてとなる ... Company」が中心となり南部のホーチミン市を中心として103店舗まで展開していた。 ... また、VIDグループは北部のハノイを本拠地としている事から、今後は北部の ...
2016/07/08 16:18 da:20 facebook:1 twitter:0 ファミリーマート ハノイ 本拠地 グループ Company コンビニ Tweet
nna.jp  ファミマ、店舗展開加速へ新体制  ↑0 ↓0
ファミリーマートは7日、ベトナムでの店舗展開の加速に向け、ベトナム・インベストメント・デベロップメント・グループ(VIDグループ)とパートナー契約を結んだと発表した。ファミリーマート・ベトナム(FMV)をVIDとの合弁会社にし、VIDのグループ企業「ベトナム・ファミリー・コンビニエンス・ストアズ(VFCVS)」と2社体制で事業を推進する。FMVの出資比率はファミリーマートが51%、VIDが49%となる。ファミリーマートの関係者によると、FMVが本部機能を担い、店舗運営を担当するVFCVSにフランチャイズ(FC)権を付与する。VIDはハノイに本拠を置き、金融をはじめITや人材、不動産などの事業を手掛ける。ファミリーマートは、多角的に事業を展開するVIDと日本式コンビニ運営のノウハウを合わせることによる相乗効果の創出を目指す。ファミリーマートのベトナムでの店舗数は、6月末時点で103店。このうち、90店舗以上がホーチミン市で、ビンズオン省が3店、バリアブンタウ省に2店と、全ての店舗が南部に設置されている。同社は今年第4四半期(10~12月)にハノイ1号店の出店を目指しており、その後に同市で もっと見る
sankei.com  ベトナムにコンビニ研修所 人手不足解消狙い  ↑0 ↓0
コンビニ大手のローソンがベトナムで、日本に留学予定の学生にコンビニ業務を指南する研修所を開いた。レジ打ちや接客の基本を身に付けてもらい、すぐに店頭で働ける人材を育てる狙い。人手不足に悩むコンビニ業界が、外国人従業員を確保する必要に迫られていることが背景にある。 首都ハノイのビルの一室。コンビニを模した部屋で、制服を着たベトナム人の若者が客役の講師を前に日本語で接客を実演する。ローソンが6月から実施している研修の一環だ。 「温かいものは分けましょうか」「お箸をお付けしましょうか」。敬語を交えたやりとりは、日本人の従業員とそれほど変わらない。 研修を受けるのはベトナムの日本語学校で学び、日本への留学が決まった学生。「客とやりとりすることで、日本語の上達にもつながる」と、コンビニでのアルバイトを希望している。 ローソンはベトナム人従業員の確保を念頭に、同社でアルバイトした経験がある元日本留学生が経営する日本語学校と提携して、同社では海外初となる研修所をハノイと南部ホーチミンに開設した。2016年度中に約100人の雇用を見込む。台湾にも同様の研修所を開く計画だ。(ハノイ共同=大熊慶洋) もっと見る
2016/07/07 19:52 da:77 facebook:1 twitter:0 ハノイ コンビニ ホーチミン 人手不足 ローソン Tweet
ryutsuu.biz  ファミリーマート/ベトナムのVIDグループと店舗展開で合意  ↑0 ↓0
ファミリーマート/ベトナムのVIDグループと店舗展開で合意 ... Joint Stock Company(FMV)が主体となって、ホーチミン市を中心に103店を展開している。 ... ファミリーマートが約7年間蓄積してきたベトナムにおける日本式コンビニの展開ノウハウ ...
日本経済新聞  ツバメグループ、電動バイク本格参入 ベトナムでも製造・販売  ↑0 ↓0
石油販売・車両整備のツバメグループ(山口県岩国市)は電動バイク市場に本格参入する。電動車ベンチャーのテラモーターズ(東京・渋谷)、車両修理のカーコンビニ倶楽部と提携し、製造、販売、補修の体制を整えた。今月から国内と、ベトナムを中心としたアジアで本格的に販売する。来春までに国内3000台、海外1万台の販売を目指す。 同グループは2014年に電動バイク開発子会社のツバメ・イータイム(岩国市)を設立。…
2016/07/06 06:00 da:91 facebook:13 twitter:0 ツバメ バイク グループ モーターズ ベンチャー Tweet
時事ドットコム  NTTデータ、ベトユニオンを子会社化=消費市場の拡大にらみ  ↑0 ↓0
NTTデータは23日、ベトナムで割賦販売などを展開する「ベトユニオン・オンライン・サービシズ」(ホーチミン市)の株式50%以上を取得し、子会社化すると発表した。ベトナムにおけるコンビニや家電量販店、スーパーでの消費市場の広がりなどに着目した。(2016/06/23-17:41)
k-zone.co.jp  【NTTデータ】ベトナムを代表するフィンテック企業で、コンビニエンスストアなどの大手加盟店を通じた請求 ...  ↑0 ↓0
ホーム> KZONEニュース> 金融ウォッチ IT業界NEWS> 【NTTデータ】ベトナムを代表するフィンテ. ... であるVietUnion Online Services Corporation(General Director:Ngo Trung Linh、本社:ベトナム・ホーチミン、以下:VietUnion(ベトユニオン).
2016/06/23 18:44 da:46 facebook:0 twitter:0 NTTデータ Service Corporation Director ホーチミン ウォッチ Tweet
日本経済新聞  小売り、外国人パート確保にも熱 ローソンはベトナムで研修  ↑0 ↓0
小売り各社が外国人のパート・アルバイト採用に力を入れる。ローソンは6月中に、日本へ留学予定の学生がコンビニエンスストアの業務などを学ぶ研修所をベトナムに開く。西友は外国人のパート従業員を対象とした英語での昇格試験を始めた。小売業はパート・アルバイトへの依存度が高い。人手不足は深刻で、日本人だけでなく外国人の人材確保を巡っても競合が激しくなりそうだ。 ローソンはベトナムの民間の人材教育機関3社と連…
2016/06/05 00:45 da:90 facebook:457 twitter:0 小売り パート ローソン 外国人 ストア コンビニエンス Tweet
アパレル・リソース  従来型小売チャネルはなおも活況  ↑0 ↓0
ベトナムは現代的な流通チャネルの拡大を強く志向しているものの、流通システムにおいては従来型小売チャネルがなおも重要な役割を果たしている。 ベトナムでは特に大都市において、ショッピングセンターがどんどん建設され、一部のアナリストはこうした現代的な小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットやショッピングモール)が伝統的な市場を「駆逐するだろう」とコメントした。 しかし市場調査会社のNielsen Vietnamによる最新の市場レポートによると、従来型取引チャネルは、現代的なチャネルよりも5.4%も高い成長率を示したことが明らかになった。 ホーチミン市Phu Nhuan区の主婦であるMy Haさんは、日常生活に必要な品を買うために毎週末スーパーマーケットに行くが、子供のための粉ミルクやおむつはそこでは買わず、食料雑貨店や商店で購入するという。 「まったく同じ商品であるにもかかわらずスーパーマーケットで買うと、例えば粉ミルク缶は食料雑貨店と比べて4~5万ベトナムドンも高いのです。」と彼女は説明した。「おむつも10〜15%も高く、スーパーマーケットがセールを実施していても、そこでの価格は3~7%も高い値段が付いています。」 スーパーマーケットと食料雑貨店が提供するサービスの質の差について尋ねられた際、Haさんはちょうど電話で注文しようとしていたのだが、食料雑貨店は従業員が彼女の望む時間に家まで商品を届けてくれる、と言った。 このサービスにより彼女は、わざわざスーパーマーケットに出向き、駐車するのに時間を浪費する必要がなくなる、ということを意味する。 Phu Nhuan区にある食料雑貨店オーナーのSau Thuanさんは、近くにモダンな内装のコンビニエンスストアが出店したにもかかわらず、彼女の小さな食料雑貨店の経営は好調だと言った。 「決め手は販売価格です。」と彼女は説明した。「彼らの価格は、少なくとも10%は高いのです。」 Thuanさんは、多くの得意客を抱え、また多くのメーカーが販売代理店として商品を取り扱ってくれるよう彼女にコンタクトしてくるなど、彼女のビジネスについて満足していると述べた。 Nielsenによる報告書ではまた、従来型小売業は動きの速い消費財分野において売上の85%、100億米ドルを占めていると指摘した。 アナリストらは、伝統的な市場や食料雑貨店は、リーズナブルな価格で利便性を備えた商品を提供できるため、かつて予想されたように「駆逐される」ことはないだろう、とコメントした。 Nielsenは、従来型小売チャネルはメーカーの売上の中で最も高い割合を占めているものの、メーカーはまだそれを十分に活用しきれていない、と指摘した。 多くのメーカーでは、特に農村部において、たとえそれがコスト高であっても、流通ネットワークを再び開拓しようとしている。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinhディレクターは、「労働者」紙において、My Haoの収益の90%は従来型小売チャネルから得ていると述べた。 2015年に20%もの大幅な成長率に触発され、Lien Thanh社は、南部地域西部により多くの流通ネットワークを構築しようと検討している。   もっと見る
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   将来への備え 近年ベトナムの小売企業は、多くの合併・買収(M&A)が行われたのに伴い、他の小売業者の良い事例を模倣し始めた。 市場調査会社NeilsenベトナムのNguyễn Hương Quỳnh社長は、より自由化された貿易環境のもとでは、ベトナム企業はビジネスチャンスだけではなく、多くの課題にも直面していると述べた。 外国製品に打ち勝つには、国内企業は製品の品質を改善し、リーズナブルな価格を維持するだけではなく、市場における競争力を強化しなければならない、と彼女は述べた。 「最も重要なことは、外国のライバル企業との戦いに向けた準備において、ベトナム企業が主導権を取っていく必要がある、ということです。」とQuỳnh氏は続けた。 最近のタイ、日本、フランスなどの外資系小売企業の進出は、ベトナム小売部門におけるシェア争いを過酷なものにしている。 ベトナム小売部門は、9000万人の人口による強い購買力に支えられ、未開拓の大きな可能性を秘めている。 しかし地元の小売業者はまだ格下であり、いくつか企業では支援を求めている。 ホーチミン市商業組合連合は、最近内閣総理大臣に書面を送付し、外資系小売企業による国内市場支配に起因するリスクについて訴えた。 この組合ではまた、(国内企業に対して)より有利なビジネス環境をサポートするよう呼びかけている。 組合によると、近代的な小売業態での販売はベトナムにおける小売業総売上額のわずか25%しか占めていない。 さらに(ベトナム小売企業は)、32の店舗を持つBig Cや、19店舗のMetro、11店舗のLotte Mart、そして3店舗のAeonなどの外資系小売業者とのますます厳しくなる競争に直面している。 フランス第4位の小売企業であるSuper Auchanもまた、ホーチミン市にスーパーマーケットチェーンを展開しようとしている。 加えて、AeonによるFivimartとCitimartの買収、タイグループによるBig CとMetroの取得を含む一連のM&Aが起きている、と組合は指摘した。 地元小売業者は消費者の信頼を獲得し、ブランドを確立するために、生産者と協働してベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築する必要がある、と専門家らは述べた。 エコノミストのLý Trường Chiến氏は、ベトナムの小売業者はオペレーションモデルを改善し、コンビニや小規模マートの開発など、近代的な小売業運営技術やトレンドを採用するべきである、と述べた。 一方で、商工省の国内市場部門Võ Văn Quyền部長は、外資系小売業者による店舗開業は大きな問題ではない、とした。 地元の小売業者にとってそれは、自らの競争力を向上させ、競争に敗北した結果として閉鎖や倒産に追い込まれるような事態を未然に防ぐチャンスが提供されるということである、という。 消費者にとっても、外資系小売業者は高品質な商品をベトナムに持ち込み、商品棚にある商品の品質をアップグレードすることによって、メイド・イン・ベトナム商品の質の向上に貢献するのだ、とQuyền氏は述べた。 もっと見る
2016/05/24 12:08 da:19 facebook:0 twitter:0 ホーチミン フランス チェーン 競争力 消費者 ビジネス Tweet
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
日本経済新聞  ベトナムのビングループ、コンビニ1000店出店へ  ↑0 ↓0
ベトナムのビングループ、コンビニ1000店出店へ ... 人口約9300万人のベトナムの小売市場は年間約1100億ドル(約12兆円)規模で、近代的な ... ハノイ支局).
2016/05/11 21:33 da:91 facebook:1 twitter:0 コンビニ グループ ハノイ 近代的 Tweet
アパレル・リソース  タイのセントラル・グループがBig C Vietnamを落札  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーが、有力な国内外のライバルを退けベトナムのBig Cを落札した。 セントラル・グループは4月29日、同社とベトナム国内でのパートナーであるNguyen Kim Trading Companyが共同でBig C Vietnamを9億2000万ユーロ(10億5000万ドル)でフランスのカジノ・グループから買収したことを発表した。2社の負担金分担の詳細は発表されていない。セントラル・グループはNguyen Kimの株式の49%を保有している。 「究極的には、ベトナムの繁栄に貢献し、人々の生活の質を向上させたいという決意と取り組みが今回の成功に繋がりました。Big Cはベトナム国民の生活を向上し、豊かなものとしたいという決意とビジョンを共有できるパートナーであると考えています」とNguyen Kim Trading CompanyのNguyen Van Kim会長はセントラル・グループから発表された文書で表明した。 Big C Vietnamの取得とともに、セントラル・グループは地元産品の提供を続けること、Big Cの消費者、従業員、地元当局との強力なつながりを保つこと、Big C店舗で国内産品の取り扱いを続けることを決定していると同グループは発表している。 カジノ・グループはアジア及びラテンアメリカでの資産売却により債務削減を図っており、ベトナムでの資産売却で負債総額は42億ユーロとなる見込みである。 Big C Vietnamはスーパーマーケット33店舗、コンビニエンスストア10店舗とオンライン店舗Cdiscount.vnを擁する。カジノ・グループはベトナム事業の売却額は8億ドルに上ると予測していた。 Big C Vietnamの入札には日本のイオングループ、韓国のロッテ、タイのBJC、ベトナムのSaigon Co,opとMasan、そしてセントラル・グループをはじめとする約20社が参加した。 ベトナムで大規模なCo.opmartスーパーマーケットチェーンを所有するSaigon Co.opが有力な競合相手であったが、広範にわたる外国投資についての規制により、Big C Vietnamを落札することはできなかった。Big C Vietnamの落札には決済を海外で行う必要があったにもかかわらず、Saigon Co.opは現在海外投資を行う認可を得ていない。 Big C Vietnamの2015年の収益は5億8600万ユーロであった。Big C Vietnamは店舗数でCo.opmartチェーンに次ぐ第2位の規模であり、Big C Vietnamの取得でセントラル・グループは国内小売市場開発計画を少なくとも7年分前倒ししたこととなる。 もっと見る
日本経済新聞  タイ小売り大手セントラル、ベトナムの「ビッグC」買収  ↑0 ↓0
【バンコク=小野由香子】タイの小売り大手セントラル・グループは29日、ベトナムの大型スーパー「ビッグC」を仏小売り大手カジノから買収すると発表した。負債を含む買収額は10億ユーロ(約1220億円)で、スーパーとコンビニエンスストア43店、ショッピングセンター30店を引き継ぐ。ベトナムでは既に百貨店2店を運営する。2015年には現地の大手家電量販店「グエン・キム」の株式49%を取得するなど拡大する消費市場で事業を広げている。 一方、カジノ・グループにとって今回の売却はアジア事業リストラの一環だ。3月にはタイのビッグC事業をタイ大手財閥TCCグループ傘下の商社ベルリ・ユッカーに、31億ユーロで売却した。 もっと見る
2016/04/29 19:07 da:91 facebook:3 twitter:0 グループ 小売り ビッグ セントラル スーパー カジノ Tweet
アパレル・リソース  日系企業、小売市場で奮闘中  ↑0 ↓0
9000万人強ともされるベトナムの巨大消費市場の中で利益を掘り起こそうと、ベトナムの小売市場に進出する日系企業の数はますます増大している。 日本でコンビニエンスストア第3位のファミリーマートは2013年に操業を開始し、2014年には千葉県千葉市美浜区に本部を置くイオングループもこれに続いた。 一方大手デパートである高島屋と日本を拠点とするセブンイレブンの店舗のはじめての出店も2016年初旬から中頃にホーチミン市で予定されている。 しかしこれら日系の小売業者らはベトナムにおける事業で必ずしも成功を収めているわけではなく、多くの著名な経済専門家は小売業者らが生き残ることができるかに対して疑問を持っている。 アジアにおける地元の小売業者らは家族経営から本格的な営利事業に変化してきているとイオンベトナム代表の尾山長久氏は語る。 今後数年で地元企業との競争は激化すると十分に予測はしており、イオンは競争に勝つために店舗を多くの強力なプライベートブランド商品で埋め尽くす準備を整えていると尾山氏は言う。 また尾山氏によれば数多くの困難や問題のあるビジネスのやり方を経験し、すべての地元ベトナムでのパートナー関係を解消したと述べた。 ファミリーマートもまた多数の問題があったために地元のビジネスパートナーとの関係を解消している。ファミリーマートは地元企業と協力関係を進める際には提案されているパートナーを詳細に調査することが必要だと忠告する。 両日系チェーンともに当初発表したベトナムでの拡大計画の数には達していない。 日系スーパーのイオンは地元の製造業者らと協力し2017年度までに関連する自社で開発するプライベートブランドの品目をおよそ2300点にまで伸ばす計画を明らかにした。 日系の巨大小売業者であるイオンは世界中で減退している売上と利益を好転させようとベトナム市場に大きく賭けている。昨年12月にはイオンはマレーシアで初めての店舗の閉鎖を発表している。 イオンはベトナムを成長の源泉と頼りにしており、ベトナム内での店舗を4倍の200店舗にまで拡大させようと大きな期待を寄せている。 ブルームバーグが発表した最近の記事によれば、イオングループはBig C Vietnamの買収において提案価格8億米ドルを提示している主要な入札者であるという。 フランスの小売りグループであるCasinoも、同グループに近い情報筋によればBig C Vietnamの売却に対して第2ラウンドの入札を計画しているという。   もっと見る
mag.executive.itmedia.co.jp  コンビニ、TPPに商機 ファミマ、マレーシアに進出 ローソンはベトナムに熱視線  ↑0 ↓0
TPP発効後の規制緩和を見越して、市場の成長が見込まれるマレーシアやベトナムへの進出の動きは今後広がりを見せそうだ。 ファミマはQL社とライセンス契約 ...
2016/04/13 07:07 da:91 facebook:- twitter:- ファミマ ライセンス 広がり ローソン コンビニ Tweet
sankeibiz.jp  コンビニ、TPPに商機 ファミマ、マレーシアに進出 ローソンはベトナムに熱視線 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの外資規制が緩和されることをにらんだ取り組みだ。TPP発効後の規制緩和を見越して、市場の成長が見込まれるマレーシアやベトナムへの進出の動きは今後広がりを見せそうだ。 ファミマはQL社とライセンス契約を締結し、今年中にマレーシアの首都クアラルンプールに1号店を出店する。TPPの発効後、日本企業が現地の運営会社に30%まで出資できるようになるため、コンビニを運営するQL社の子会社へ出資する方向だ。 マレーシアにおける日系のコンビニでは、セブン&アイ・ホールディングスが米子会社を通じたライセンス契約を現地企業と締結し、1950店を展開しているが、他の日系コンビニチェーンは展開していない。ファミマにとってマレーシアは「有望なフロンティア。規制緩和をポジティブにとらえていく」(中山勇社長)としており、今回の提携を機に5年で300店の出店を目指す。 もっと見る
minyu-net.com  ベトナムへ販路拡大を 販売の好機、ジェトロが22日・説明会  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構福島貿易情報センター(ジェトロ福島)などは22日、同機構がベトナムの日系コンビニエンスストアと協力して行う試験販売に関する説明会を郡山市のビッグパレットふくしまで開く。ベトナムは環太平洋連携協定(TPP)発効後の市場開放が見込まれている有力市場で、説明会を通して本県の企業関係者らがベトナムでの県産品販売の可能性を探る。
2016/04/09 09:11 da:63 facebook:2 twitter:0 ジェトロ ストア センター コンビニエンス Tweet
portal.nifty.com  古き良きハノイの人多すぎで足の踏み場もないカフェ  ↑0 ↓0
日本にはコンビニが多いが、ベトナムにはそれ以上にカフェが多い。 ... 今回は、ベトナム人の友人が内緒だよとこっそり教えてくれた、おそらくハノイでもっとも「 ... 都市・ホーチミンの景観が「発展」の象徴なら、首都・ハノイの景観は「伝統」の象徴だ。
2016/04/06 16:07 da:91 facebook:66 twitter:0 ハノイ カフェ ホーチミン もっとも 踏み場 コンビニ Tweet
HOTNAM!  「安く良質」ベトナムで人気のタイ製家電、“市場”シェア70%  ↑0 ↓0
この数字は、このところタイ企業が大手小売のM&Aを進め多数ベトナムに進出していることからも分かるもので、BJCはコンビニFamilyMart 42店舗を買収し「B’smart」に改称、ほかMetro Cash & Carry Vietnamを6億5,500万ユーロで買収している。2015年初めにCentral Groupは家電チェーンNguyen Kimの株式49%を取得した。  タイ製の衣料品や家庭用品は全国9,000近くの市場(いちば)で販売されており、その他各国からの輸入品より優勢で、特に家電ではシェア70%を占める。  商工業省によると、タイ製品がベトナム人に好まれているのは、国産品より10~20%高いだけで、欧州製品と比べれば半額ほどで、品質は劣らないため。 (Sai Gon Giai Phong) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企 もっと見る
2016/03/30 17:23 da:39 facebook:0 twitter:0 コンビニ シェア ところ Tweet
経済産業省  【60秒解説】 トムヤムクン風のおでんが大人気  ↑0 ↓0
ベトナムのコンビニでも、レジの横のカウンターで、おでんが売られています。でも、味は日本と少し違います。トムヤムクンのようなスパイシーで酸っぱめのダシで煮込まれており、これが現地で大人気なのです。
2016/03/28 18:11 da:88 facebook:15 twitter:0 トムヤムクン おでん スパイシー カウンター コンビニ Tweet
日本経済新聞  ベトナム最大の電子マネー「モモ」に31億円出資 英銀など  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」企業のMサービス(ホーチミン市)は英スタンダードチャータード銀行と米ゴールドマン・サックス証券から2800万ドル(約31億4000万円)の出資を受けたと発表した。Mサービスが提供するベトナム最大の電子マネー「MoMo(モモ)」の利用可能店舗を現在の約3倍に増やすなどサービスを拡充する。 モモは2015年10月に始めた電子マネーで、現在の利用者数は250万人。ネット通販での決済、リアル店舗での支払い、銀行口座を必要としない振り込みなど様々なサービスがある。全利用者のうち100万人がスマートフォン(スマホ)で使っており、若い世代の利用が増えている。 スタンダードチャータードは2500万ドルを新規に出資、ゴールドマンは13年の575万ドルに続き、300万ドルを追加出資した。Mサービスはスーパー、コンビニエンスストアなどに決済端末を置くほか、新規サービスを開発する。利用可能店舗を現在の4000店から数年内に2.8倍の1万1000店に、利用者を同1.6倍の400万人に増やす。 ベトナムではネット通販の拡大で電子マネー決済のニーズが もっと見る
ビッグローブニュース  ベトナムのコンビニで日本フェア=TPP後視野に  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】ベトナム訪問中の林幹雄経済産業相は20日、同国の日系コンビニエンスストアで今秋、日本の商品を試験販売する「ジャパンフェア」を行うと表明した。環太平洋連携協定(TPP)発効後を視野に、日本産食品・農水産品の輸出拡大や、現地の日系コンビニの収益増につなげることを目指す。 対象はファミリーマートとミニストップの最大200店舗。2社と日本貿易振興機構(ジェトロ)が連携して開催する。東日本大震災の被災地産を含めた農産品や、菓子類、日本酒などを念頭に、最大60程度の商品を販売する方向で調整する。 [時事通信社]
アパレル・リソース  ハノイ市に2店舗目のイオンモールが開業予定  ↑0 ↓0
日本の小売企業イオンが2017年中にハノイ市第2号店となるショッピングモールの建設を予定している。 2億ドル規模で計画されているこの新モールは、2019年の開業を予定している。 2月22日、イオンの代表者らがトゥリエム区の幹部、Thang Long工業団地の管理委員会らと現地調査を行った。イオンは管理委員会に対し、工業団地周辺の6本の道路工事計画を早め、モール開業に備えた利便性の高いインフラ整備を提案した。 2015年10月28日に、イオンはハノイ市ロンビエン区でハノイ市第1号店となるイオンモールの開業式典を行った。 敷地面積9.6haのイオンモールロンビエン店は2億米ドルを投じて建設され、およそ11万平方メートルの延床面積に店舗、レクリエーション施設などを有する。 ベトナム初のイオンのショッピングセンターはホーチミン市のタンフー区に2014年1月に開業している。第2号店はその10ヶ月後に南部ビンズン省にオープンした。 2015年1月7日、イオンモールはホーチミン市での第2号店となるイオンモールビンタン店の着工式典を行った。2016年6月の開業を目指し、建設作業が進められている。 イオンはカンボジア、インドネシアでも各1店のショッピングモールを運営している。イオンは2018年夏にはカンボジアで第2号店を、そして2016年以降にインドネシアで2店舗の開業を計画している。 好調な拡張計画が進めば、イオンは東南アジア地域で9店舗を擁することとなる。イオンはベトナムを重点地域と捉えており、東南アジア地域で最多の店舗が展開している。 千葉県美浜区に本社を置くイオンはアジア最大の小売業者であり、コンビニチェーンミニストップやスーパーマーケット、ショッピングモール、専門店等、約300の連結子会社、26の関連会社のネットワークを有する。 もっと見る
sankeibiz.jp  【よむベトナムトレンド】コーヒー市場、コンビニ交え競争激化  ↑0 ↓0
ホーチミン市内にあるチュングエンの店舗。ベトナムのコーヒー市場では現地資本に加え、外資、コンビニエンスストアなどを交えた競争が激化している(ブルームバーグ)【拡大】
blog.asilla.jp  日本ベトナム化計画  ↑0 ↓0
以前テト前にハノイのオフィスで「日本印度化計画」という曲を流したら、「クレイジーだ」「うるさい」「何なんだこの曲は」「おまえ仕事する気あるのか?」と言われました。最後のセリフだけウソです。 残念なことに、ベトナムの人々にはこの大槻ケンヂの情熱が伝わらなかったようです。日本をインドにしたら毎日カレー食べれますよ、っていう歌ですよ。と説明したのですが全然通用しませんでした。 「カレーは毎日食べたくないです」と言われてジ・エンド。 筋小、アジアで通用せず。 翻って、このジャパン。 年明けから始まった株価の乱高下がひと段落してもみ合っているジャパン。 夏の参院選に元SPEEDの今井絵理子が出馬すると思いきや、既にスキャンダルな話が湧いてきてジャパン。 いま日比谷のフレッシュネスバーガーにいるのですが、OLがバッグからコンビニおにぎり出したと思ったら、やにわにバリバリと食いだした。 日本社会の飲食店業界において「持ち込み」は本来ご法度、もしくは追加料金のハズだが、知らぬ間にこれを良しとする流れなのか。 バーガーショップに響く、海苔の音バリバリ。 私は気にならない。 むしろ歓迎だ。 ベトナムは持ち込みフリー。カフェだろうがレストランだろうが、酒でも何でも持ち込んでよい。その辺でかった果物やお菓子を持ち込んでも良いし、あるレストランで友人が自家製の酒を持って行ったら店員さんが進んでショットグラスを出してくれるくらいだ。 日本もベトナムに近づいたんだなと思う今日この頃です。 ベトナム女子が大好きなスキニーパンツも、 色付きマスクも。  そう。 日本は徐々にベトナム化している。   (この記事は出先で10分で書かれた。) もっと見る
2016/02/20 21:46 da:18 facebook:0 twitter:0 ジャパン レストラン カレー バーガー フリー カフェ Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、外資の小売り参入活発 地場企業と合併・買収も  ↑0 ↓0
拡大が見込まれるベトナム小売市場で、外資企業の参入や外資と地場企業との合併・買収などが相次いでいる。好調な経済成長や同国が進める自由貿易協定を追い風に、今年、同市場は1000億ドル(約11兆4590億円)規模に達するとされる。今後、国内外の小売り企業の動きが一段と活発化しそうだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。 タイ流通大手セントラル・グループは昨年、ベトナム家電チェーンのグエンキム・トレーディングの株式49%を取得し、ベトナムに参入した。韓国の小売り大手ロッテマートはベトナムでの事業拡大を図るほか、韓国のディスカウント最大手イーマートは昨年12月、南部ホーチミンに初出店した。 日系企業の動きも慌ただしい。イオンは昨年、地場スーパー2社と資本・業務提携し事業展開を加速させている。セブン-イレブンは、2017年4月にベトナムでの1号店開設を目指す。 地場企業も手をこまぬいていない。地場不動産大手のビングループは、地場小売り企業のオーシャンマートなどを買収し小売り部門を強化、17年までに合計1100店のスーパーマーケットやコンビニエンスストアを開設する計画だ。 ベトナムの小売市場は、ス もっと見る
2016/02/17 05:03 da:68 facebook:2 twitter:0 小売り Tweet
blog.asilla.jp  アナタ現地化シテルヨ?!ベトナムから日本に帰ってきたときに気を付けること  ↑0 ↓0
ベトナム、というか、ベトナム含むASEAN諸国に仕事で滞在してから、日本に帰国して一週間くらいは意識して気を付けたほうがいいことを、程度の軽い順にご紹介します。私はどうしても抜けなくてついついやってしまい、同僚や家族から社会不適合者の目で見られますので、みなさまお気をつけて! レジ袋の口をしばる コンビニやドラッグストアで買い物をするとレジで受け取った瞬間に口を縛っている自分がいます。ハッと気付いて周りを見回しても、レジ袋の口をしばる日本人はいません。 ベトナムの皆さんは買い物をすると、ビニール袋(関西圏ではナイロン袋?)の口を軽く縛ります。目的は盗難防止説、万引き防止説などがありますが、おそらくバイクのフックにひっかけるためだと思われます。フックからの高さがありすぎるとクランクケースに接触してしまうので、熱で溶けて中のものが落ちてしまう可能性があるからですね。 ちなみに、スタバなどのカフェで飲み物をテイクアウトすると、こんなパックに入れてくれますが、こちらもバイクのフックにかけるための模様。 あ、なるほど~・・、ニーズの起点はバイクフックですね! RT @kkatsaigon これ本当に便利ですよね。そのまま飲めるし、飲みかけでもこぼさすバイクのフックに引っ掛けられる。@kmrdai テイクアウェーの便利ツール。 pic.twitter.com/7nGVHpvggS — 木村大介@東京出張中 (@kmrdai) 2014, 7月 15 さすが、 バイクの国、 Việt Nam! ホンサオという(言いそうになる) 「không sao」は中国語の「無問題 」や沖縄の「なんくるないさー」、フランス語の「ケセラセラ」に似たような言葉です。一言でいうと「気にするな」 というニュアンスですが、ベトナムではよく加害者側が使います(笑)。 あるお店で受け取ったお釣りが足りなくて申し立てたところ、「ホンサオ」と言って払ってくれたりします。 言われたほうも、「まあホンサオならまあしょうがないか」みたいな感じで大抵丸く収まります。 便利なマジックワードとして私は仕事上でよく使います。 口癖のように使っていると、日本で仕事中に出ますのでご注意ください。 オイチョイオイという(言いそうになる)  これは「Oh, My GOD」です。チョイは「天」なので天を仰ぐ感じです。 「マジかよ!」「ふざけんなよ!」「なんでやねん!」というニュアンスですが、こちらも良く使うのでつい出てしまいます。先日も電話でバトル中に「オイz」まで出てしまいました。 ちなみにホーチミン(サイゴン)はチョイと濁らず、ハノイは 「ゾイ」または「ジョイ」みたいな発音になります。さらに、「チョイオイ」のみの短縮形もご利用いただけます。 「チョイオ~イ、チェッゾーイ(マジで?死んじゃうよ)」とセットでご活用ください。 欧米人がフィーチャーすると▼こうなります。 そっと手を添える 大きなマーケットなどで人ごみをかき分けて進むとき、ベトナムの皆さんは進行方向にいる人たちに声をかけるわけでもなく、行き過ぎるのを待つわけでもなく、「進行方向にいる人の腕に、そっと手を添えて」自分の進路を確保します。 これ初めの頃、すごくビックリしました。 知らない人に触れられるのだけでもびっくりするのに、振り向くとすごい美人じゃないですか。で、おわッ!なにか用かな、と思ったら何事もなく通り過ぎていきます。 いまならわかりますが、彼女は行きたい方向にある障害物(わたし)を避けただけなんですね。 本屋さんなどで小学生に指先ひとつでコントロールされることもあり、私はこれを「左手は添えるだけ」と呼び、いまではこの特殊能力を使いこなして人ごみを進めるようになりました。 ところが、日本に帰ってきて、東京駅、新宿駅、品川駅などの込み合った場所にいると、ついつい手が出そうになってしまいますが、それをやると犯罪になる可能性大なので、自分の手を抑えながら歩いています。 皆さんもどうぞご注意ください。 日本人のスタイルは声をかけるでも、動かすでもなく「待つ」ですね。 そしゃく音・ゲップ・シャックリ さあそろそろヤバい領域に入ってきました。 これベトナムの皆さん(特にオッサン)は公共の場で普通にやります。さすがに女性は恥じらいをもってやりますが(やるはやる)、私を含むオッサンは堂々とやります。他のお客さんに聞かれても平気です。 だって、他のひとも気にしてないもの。 たしかに屁はマズイみたいで、ハノイのオフィスで特大のやつをお見舞いしてやったときは、全員から総ツッコミをくらいました。 屁はもちろん、口から出るラップ音(そしゃく音、ゲップ、しゃっくり)の類は不可抗力のシャックリ以外は基本的に日本ではご法度ですので、絶対に気を付けてください。 私の場合、これは不思議と帰国したら即適応できてしまいます(無意識過ぎて自分で気付いてないだけかもしれません)。  はらだし(ロールアッパー) 最後にこれです。ベトナムのおっさんのトップス・ファッションは、暑さに応じて「なし(裸)」から、白ランニング、白Tシャツ、襟付きシャツのいずれかです(冬を除く)。「なし」の時はあまり気になりませんが、服を着ているのにたくし上げてお腹を全開にして歩いていることがあります。 シックスパックでもないのに他人に腹を見せつける彼らのことを親しみを込めて「ロールアッパー」と呼んでいたのですが、いつしか自分でもやるようになってしまいました。 そして日本に帰っても知らぬ間にやってしまいました・・・、代々木上原駅で電車待ちしているときに。視線に気付いてすぐにそのスリーパックを仕舞いましたが、女性から変態の目でみられたのは言うまでもありません。 上記の写真は中国のようですが、たいへん堂々としたたたずまい、白シャツにボトムスの複雑な柄、シンプルだけど何か訳がありそうなズック、そしてカメラ目線の表情、、、。 どれをとっても一流。 名の知れたロールアッパーに違いありません。 いましがた調べたところ、腹出すくらいじゃ刑法に抵触しないようなので、ロールアッパーは合法ということになります。よく考えたら女性は腹出して歩いていますので、男性もOKということで。 さあ今年の夏はみんなでロールアッパーだ。   (この記事は、ひまつぶしに小一時間で書かれました。)    もっと見る
2016/02/13 08:13 da:18 facebook:0 twitter:0 ロール アッパー フック バイク 皆さん パック Tweet
アパレル・リソース  小売部門が内外企業によるM&Aに直面  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場における膨大な発展余地を見越し、外資系企業とベトナム企業との間でいくつかの合併買収(M&A)が行われている。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に参加するにあたり、その取組み義務の一つとして、2015年以降100%外資での小売企業設立を認めることとした。先月、ベトナムも参加するアセアン経済共同体(AEC)が発足し、各国市場が6億人もの消費者を擁する単一の地域市場へ統合され、また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、12の加盟国から1万種類以上の商品が関税ゼロで供給されることとなる。 このような状況下で、スーパーマーケットやコンビニなどの現代的な小売店による販売は、ベトナムでの市場においてわずか25%しか占めておらず、伝統的市場が依然として最も身近な販売チャネルとなっている。域内の各国、例えばフィリピンの33%、タイの34%、中国の51%、マレーシアの60%、そしてシンガポールの90%と比較して、ベトナムの現代的な小売店舗のカバー率ははるかに低い。そのためベトナムでは今後、現代的な小売店舗のカバー率を45%にまで引き上げる計画としており、外資系小売業者から熱い視線を注がれている。 近代的なショッピングチェーンを展開する地元小売業者として、77店舗のスーパーマーケットを運営するCo-opmart社、ハノイに20店舗を持つFivimart社、27店舗を持つCitimart社、そして20店舗以上を持つHapro社などが挙げられる。Vingroup社はRetail Oceanグループの買収後小売市場に参入し、VinmartブランドのスーパーマーケットやVinmart+ブランドのコンビニエンスストアのネットワークを、全国で200店舗以上にまで成長させた。 一方で外資系小売企業は、ベトナム全土で800以上あるスーパーマーケットのうち40%以上を占めている。ベトナムにおける外資系小売企業には、スーパーマーケットチェーンとしてBig C、Lotte Mart、Metro Cash & Carry、Aeonなどがあり、コンビニエンスストアとして、米国のCircle K、シンガポールのShop & Go、タイのB's martなどが進出している。 専門家によると、ベトナムのこの状況は、(外資系企業が)現代的なショッピング店舗に投資するのに最適な場所の一つとさせている。投資家らは新規投資だけでなく、M&Aも選択肢としている。 ベトナムのMetro Cash & Carryを買収したタイの小売業者Berli Jucker社は、全国で30以上のBig Cブランドのスーパーマーケットを運営するフランスの小売グループCasino Viet Nam社を買収する計画を発表した。 小売業界に詳しい情報筋によると、シンガポールのThe Dairy Farmグループ、韓国のLotteグループ、そして日本の小売グループのAeonもまた、ベトナムのBig Cスーパーマーケットチェーンの獲得を望んでいる。 The Dairy Farmグループは、シンガポールや香港における業界二番手の小売業者で、7-Eleven、Cold Storage、Guardian、Wellcome Giant、そしてHeroなどのブランドを傘下に抱える。このThe Dairy Farmグループは2014年に130億米ドルの売上があり、また韓国小売チェーンのLotte Shoppingは、同年230億米ドルの売上を記録した。 外資系の巨大小売企業のみならず、不動産ディベロッパーのVingroupのような地元企業もまた、ベトナム小売市場に参入するためにM&Aを利用している。Vingroupは、これまで小売部門において立て続けにM&A取引を行ってきた。2014年にOcean Martを買収後、Vinmartと改名し、そのチェーンを拡大した。その後、ベトナム繊維公団(Vinatex)からVinatextmartsの全株式を取得し、ベトナム全土39店舗のVinatextmartsを手中にした。 Vingroupはまた、Hop Nhat 社の株式の80%を取得してVinlinksと改名し、Vingroupの小売部門の配送にそれを利用している。 最近Vingroupでは、An Phong Investment JSCからMaximarkの全株式を取得した。グループのLe Khac Hiep副会長が地元メディアに語ったところによると、Vingroupは新規建設やM&Aにより、今後2017年までに100店舗のスーパーマーケットと、1000のマートを開業する予定としている。 もっと見る
news.nissyoku.co.jp  日東ベスト、ベトナムに工場建設 加工食品と畜肉原料の加工製造販売へ  ↑0 ↓0
日東ベストは9日、経済成長が見込める東南アジア地域での事業強化を図るため、ベトナムに現地市場を対象にした加工食品の製造販売および畜肉原料の加工製造販売を目的とする子会社「ジャパンベスト フーズ」(予定)を現地に設立すると発表した。 同日開催した取締役会で、日東ベストの日配食品事業(コンビニやスーパー向け惣菜の製造・販売)は会社分割によって新設する子会社「爽健亭」に継承を決めた。爽健亭は資本金5000万円、同社が普通株式1000株を発行し、全てを日東ベストに割り当て交付する。・・・
2016/02/10 15:11 da:47 facebook:56 twitter:0 ベスト 東南アジア Tweet
hbol.jp  成長著しいベトナム。日本企業の進出で「鍵」になる要素とは?  ↑0 ↓0
例えば、同年4月に米資本のコンビニ「サークルK」がついにハノイに出店し、10月には、2014年1月にすでにホーチミンに進出していた「AEONモール」のベトナム第3号店がハノイに出店した。「AEONモール」は日本の食材や調味料も手に入るようになったために在住日本人の喝采を浴びたのはもちろんだが、デパートのような大型ショッピングモールがなかったハノイでは画期的な商業施設として現地人の間ではかなり話題になっているようだ。
2016/02/07 09:00 da:40 facebook:34 twitter:0 モール ホーチミン サークルK コンビニ ハノイ Tweet
NHKニュース  ベトナムで日系企業対象にTPPセミナー  ↑0 ↓0
このセミナーは、ベトナムに進出する日系企業にTPPの活用方法を理解し、今後の事業に役立ててもらおうと、JETRO=日本貿易振興機構が1日ハノイ市内で開いたものでベトナムに進出する日系企業の担当者など、およそ170人が参加しました。セミナーでは、経済産業省の担当者らが繊維や自動車部品といった品目ごとの関税撤廃の時期など大筋合意の内容を説明したほか、TPPの発効で大幅な拡大が見込まれるベトナムからアメリカへの輸出について具体的な事例を挙げながら解説しました。また、投資やサービス分野が自由化され規制が緩和されることで、ベトナムでは今後、コンビニエンスストアやスーパーなど小売分野においてビジネス環境の改善が期待できることなどを紹介しました。セミナーで講演した経済産業省の吉澤隆経済連携交渉官は「TPPは、世界のGDP=国内総生産のおよそ4割を占める、潜在性のある経済連携であり、ぜひ幅広く協定の中身を理解し、活用してもらいたい」と話していました。 もっと見る
2016/02/02 04:52 da:88 facebook:5 twitter:0 セミナー ハノイ JETRO Tweet
アパレル・リソース  セブンイレブン進出で国内小売業者に警戒感広がる  ↑0 ↓0
日本の小売大手セブン&アイ・ホールディングスグループのベトナムへの進出により、ベトナムの小売市場の競争はさらに厳しくなることが予想される。 2015年7月の日本経済新聞の報道によると、同グループの米国子会社セブンイレブンInc.がIFB Vietnamと契約を結んだ。IFB Vietnamは同国でピザハットのチェーン展開をしており、セブンイレブン第一号店をホーチミン市に出店する予定である。今後3年間で100店、10年以内に1000店の出店を目指している。 セブン&アイ・ホールディングスのベトナムへの進出は、国内外の小売業者のベトナムでの業務拡大と時期を同じくしており、小売業界における競争の激化が予測される。 特に、米国の24時間営業コンビニエンスストアであるサークルKは現在ベトナムに113店を擁するが、当初の予定では2015年末までに150店を展開する予定であった。 バンコクポストの報道によると、ThaiBerli Jucker Plc は2018年までに205店のB’s Martを開店するため、3126万米ドルを投資しているという。 加えて、日本のイオングループ傘下のミニストップと双日が今後3年間で200店を開店し、10年以内に800店まで拡大する計画を進めている。 一方でベトナム企業もまた主要都市でコンビニエンスストアを増やしつつある。特に目立つ動きとしては、Vingroupが2015年にVinmart+を30店開店しており、ベトナムの小売業首位に立とうと、今後3年から5年間で1000店のコンビニエンスストアの開業を計画している。 業界専門家らは、セブン&アイ・ホールディングスのベトナム進出で、日用消費財(FMCG)製造業者の製品物流に変化が出る可能性を予測している。Nielsenの2015年の報告書によると、日用消費財の売り上げのうち80%が伝統的小売業者からのものとなっている。しかし、ベトナムの消費者は徐々にこうした伝統的な小売形態からコンビニエンスストアに移行しようとしている。 「セブンイレブンはベトナムの小売分野の状況を変えるでしょう」とエースコックベトナムの篭嶋茂人営業部長は話す。エースコックはベトナムのインスタント麺製造企業大手である。 現在エースコックベトナムの流通システムにおいては伝統的小売業が95%と最も高い割合を占めるが、同社はセブンイレブンをはじめとするコンビニエンスストアを通じた流通を増加する計画であると篭嶋営業部長は話す。 世界でも主導的なコンビニエンスストアチェーンであるセブンイレブンは、現在世界16カ国で5万6400店舗、日本で1万5000店舗を展開している。東南アジアでは、セブンイレブンはシンガポール、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアに進出している。     もっと見る
日本経済新聞  仏カジノ、ベトナムの小売りを売却  ↑0 ↓0
売却先としてタイの複数の複合企業やベトナム不動産大手ビングループの名前が挙がっている カジノは20億ユーロ(約2654億円)を超える債務を削減するリストラを計画しており、ベトナムのBig Cの売却に加えて「タイの不動産案件」も候補だという。 Big Cは、ベトナム市場に進出した初の国際的小売りチェーンの1つ。第1号店の開店は1998年で、今月時点で32の店舗とC-Expressと呼ばれるコンビニエンスストア10店舗を全国展開している。(ハノイ支局)
2015/12/18 22:41 da:88 facebook:1 twitter:0 カジノ 小売り チェーン 国際的 ハノイ グループ Tweet
アパレル・リソース  成長するアジア小売市場  ↑0 ↓0
ベトナムはアジアで最も発達した小売市場のひとつになりつつある、とハノイにおけるセミナーにて論じられた。 ベトナム小売業協会(VRA)は、「ベトナムにおけるショッピングセンターとその開発計画」をテーマとしたベトナム小売業フォーラム2015を開催した。このイベントには、政府当局、小売業の専門家、そして国内外の小売企業が参加した。 商工省(MOIT)国内市場部のDuong Duy Hung次長によると、最終消費支出はベトナムの国内総生産(GDP)の70%を占めており、またそのうちの90%が民間最終消費支出である。 そして現在の小売市場は、ベトナムの小売業部門の成長エンジンとしての役割が増加しつつある、と続けた。 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟する際には、多国籍小売企業の参入を促進するような開放政策のために、(ベトナム自国の)伝統的な、または現代的な小売店が駆逐されるのではないかと懸念された。だがベトナムの小売企業は、生き残りのために競争力を高めることによって、だんだんと(この過酷な環境に)適応してきている、とHung次長は述べた。 しかし、国内の小売業者は再び困難に直面している。外資系の巨大小売企業は、トレードセンターやスーパーマーケットに巨額の資金を投入しており、このことが国内の小売業者を悩ませている、とHung次長は述べた。 VRAのDinh Thi My Loan会長は、ベトナムのスーパーマーケットや小売チェーンはこれまで懸命に進化してきたものの、まだ価格競争力、取扱商品の種類、そして品質管理の面などにおいて、プロフェッショナルとしての要素に劣っている部分がある、と述べた。 Nielsen市場調査会社によると、月額収入が1500万ベトナムドン(714米ドル)以上あるベトナムの中流・富裕層(MAC)の規模は、現時点から2020年までの間に3倍となり、小売業者にとっての主要な顧客グループとなることが見込まれている。 不動産サービス業を営むCB Richard Ellis社 (CBRE)のレポートによると、Saigon Co.op社傘下のスーパーマーケットチェーンCo.op-martは、2015年アジア太平洋地域における小売業トップ200のうちの一つに選ばれた。 一方で、ベトナムの小売業トップ10のリストにおいては、そのトップは、Saigon Jewellery SJC社、そしてインターネットストアチェーンのNguyen Kim社、国営の携帯電話小売大手Gioi Di Dong(Mobile World)社が続いている。 また、このレポートによると、ハノイ市の小売店用地の空き地率が過去5年で最も高い水準にあり、20%にも上ったのに対し、ホーチミン市における空き地率は比較的低率に収まっており、ここのところ10%を下回ってきた。このことは、両都市における平均賃料に直接的に影響を与えている。 結果として、ハノイ市の平均賃料は低下している一方で、ホーチミン市の金額は上昇している。ハノイ市とホーチミン市の中心エリアにおける賃料は非常に高く、CBREのレポートによると、2015年第3四半期において月額1㎡当たり120米ドル以上にも上り、市内その他の地域の約3倍となっている。 このレポートではまた、ベトナム人の22%は、大きなショッピングモールよりもむしろ、コンビニエンスストアへ買い物に行くことを好む、と指摘している。 もっと見る
日本経済新聞  マーケットの現場から  ↑0 ↓0
ベトナム・ホーチミンの繁華街にあるコンビニエンスストア。1個50~100円程度の地元のスナック菓子に混じって、イトウ製菓(東京・北区)の「ミスターイトウ」のクッキーが8万6000ドン(500円弱)で売られていた。日本で買えば200円前後なので、ゆうに2倍以上の値段だ。この価格は物価の高さで世界有数のシンガポールをも超えている。■「輸入品、高くて買えない」 肌感覚ではベトナムの物価は総じて安い。国…
グローバルニュースアジア  【ベトナム】チェーン店が進出し始めたハノイ旧市街はもっと変わっていく?  ↑0 ↓0
このような環境の中、やはりホーチミンにはたくさんあるコンビニエンスストア「サークルK」もハノイに進出してきた。2008年にベトナム進出を開始して今年4月、やっとベトナム北部への展開が始まった。その内の数店舗が旧市街にあるのだが、筆者から見てまだ街に馴染んでいない印象はあった。
kt.wowkorea.jp  困った時はとりあえずココへ 。ベトナムのコンビニ【ベトナム】  ↑0 ↓0
ホーチミンはファミリーマートやミニストップなどの日系コンビニがたくさんあります。セブンイレブンも2017年にベトナム進出する予定なので、さらに日系コンビニが盛り上がりそうです。
グローバルニュースアジア  【ベトナム】識字率90%を超えるも年間読書数0.8冊と1年に平均1冊も本を読まないベトナム人  ↑0 ↓0
【ベトナム】識字率90%を超えるも年間読書数0.8冊と1年に平均1冊も本を読ま ... ホーチミン市の街中でも書店は見かけず、コンビニや商店にも雑誌や新聞は置 ...
2015/11/14 18:00 da:39 facebook:- twitter:- コンビニ ホーチミン Tweet

Thailand

newsclip.be  スクムビット26のコンビニ前で発砲、タイ人男性けが  ↑0 ↓0
【タイ】テレビ報道によると、12日夜、バンコク都心のソイ・スクムビット26通りのコンビニエンスストア前でタイ人男性(45)が銃で足を撃たれけがをした事件で、タイ ...
2018/05/16 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
at-s.com  「静岡茶」 タイのコンビニで発売  ↑0 ↓0
イチタングループは同商品をタイ国内の工場でボトル詰めし、セブン-イレブンなどタイ全域のコンビニ店で販売する。無糖タイプ ... パッケージには、漢字で商品名を表示し、タイ人に人気の富士山と県のマスコット「ふじっぴー」の絵をあしらった。容量と ...
2018/05/15 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  【世界のコンビニ】タイには店員さんが料理をするセブンイレブンがある!?  ↑0 ↓0
世界中から旅人が訪れる、エキゾチックなタイの首都バンコク。 タイならではの異国情緒と都会の躍動感を併せもつバンコクは、日本人のあいだでも不動の人気を誇る旅先です。 そんなバンコクの町を歩くと、とあることに気付きます。それが、コンビニの多いこと。 バンコクは東京にも負けないくらいのコンビニ天国で、「犬も歩け ...
2018/04/26 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
response.jp  オートバックス、タイに新店舗 GS大手PTG社との業務提携による2号店  ↑0 ↓0
同社は現在、タイ国内で運営するガソリンスタンドにコンビニやカフェなどを併設し、複合型ガソリンスタンドを展開。新店舗はオートバックスとPTG社の資本・業務提携に基づき、メンテナンス施設として出店するもので、業務提携による第2号店となる。ナコンパトン県は、バンコクの西に位置し、出店する地域の周辺は交通量も多く、 ...
2018/03/27 17:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  タイ人が大好きな桜の香りのシャンプー&コンディショナーが「Sunsilk」から  ↑0 ↓0
それにしてもタイ人の桜人気は高いですね。桜の風味のお菓子が次々発売されているのはお伝えしましたが、今回見つけたのは桜の香りのシャンプー&コンディショナーです。 新発売になった「Sunsilk」は桜&ラズベリーの香り。家にはシャンプーもコンディショナーもタップリに残っているのに、コンビニで見つけて買ってしまいまし ...
2018/03/04 12:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nikkan-spa.jp  タイ・バンコクで野良犬を撮り続ける日本人女性「死んだら私の骨を犬に食べてもらいたい」  ↑0 ↓0
私よりも高い身長を誇る目の前の女性は、大きな体躯を丸めて腰をかがめ、両手で包み込むように一眼レフカメラを持ち、被写体にカメラを向け話しかけながらシャッターを切り続ける。場所は『セブンイレブン』の前。タイのコンビニでは店前に犬が数匹たむろしていることは珍しくなく、ときには店内まで上がり込んで通路で寝ている ...
2018/03/03 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  ますます日本化するバンコクのコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
以前も総菜コーナーを設け、日本式のカレーなどを購入できるブースがあったが、雰囲気を変えて、ほかとは違うファミリーマートに大変身している。そのファミリーマートの目の前にはセブンイレブンがあり、バンコク中心地のコンビニは、各社日本料理を武器に戦っているようである。ますますバンコクは日本人にとって暮らしやすい ...
2018/02/26 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  VISAカード、セブン全店で利用可能に  ↑0 ↓0
クレジットカード大手VISA(ビザ)傘下のVISAタイランドは20日、タイ国内のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」の全店で、VISAカードが利用できるようになったと発表した。21日付ネーションが報じた。 VISAは、タイ国内でセブン―イレブンを展開するCPオ… 関連国・地域: 中国/タイ. 関連業種: IT・通信/金融・保険/ ...
2018/02/22 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  タイのグリコ「プジョイ」、さくら風味が限定発売  ↑0 ↓0
日本ではオフィスグリコのみで取り扱われたというグリコ「プジョイ(pejoy)」ですが、タイではコンビニでもスーパーでも普通に販売さえているお菓子です。見た目は「プリッツ」風ですが、スティックの中心部にチョコレートが入っています。 そんな「プジョイ」から、さくら風味が限定発売になりました。タイ人も桜といえば日本をイメージ ...
2018/02/21 09:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
oricon.co.jp  バンコクで安くて広い部屋に泊まるなら!「チャトリウム レジデンス サトーン」  ↑0 ↓0
安くて広い部屋に泊まりたい!そんな思いを叶えてくれるタイ・バンコクのホテル「チャトリウム レジデンス サトーン」。リゾート感たっぷりのプールに屋内外の無料キッズスペース!周辺にはコンビニやレストランも多く、家族連れや長期滞在者にも密かな人気を誇る隠れ家宿です。ファミリーサイズの部屋でこの値段はお得!
2018/02/15 10:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
travel.co.jp  バンコクで安くて広い部屋に泊まるなら!  ↑0 ↓0
安くて広い部屋に泊まりたい!そんな思いを叶えてくれるタイ・バンコクのホテル「チャトリウム レジデンス サトーン」。リゾート感たっぷりのプールに屋内外の無料キッズスペース!周辺にはコンビニやレストランも多く、家族連れや長期滞在者にも密かな人気を誇る隠れ家宿です。ファミリーサイズの部屋でこの値段はお得!
2018/02/14 10:16 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kyoto-np.co.jp  ツタヤ図書館、山口に開館駅ビル内、全国で5例目  ↑0 ↓0
レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と山口県周南市が連携して企画した市立図書館が3日に開館した。「ツタヤ図書館」は佐賀県武雄市などに次いで全国で5例目。 新しく完成したJR徳山駅ビル内に開館し、書店やカフェも併設。図書館の指定管理者となったCCCが蔵書選定も ...
2018/02/03 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ローソン、首都出店に再注力 サービス拡充で200店体制へ弾み  ↑0 ↓0
タイでコンビニエンスストア「ローソン108」を展開するサハ・ローソンは1月31日、バンコクの地下鉄スティサン駅近くにタイ100店目を開設した。バンコク中心部での地上店の出店は約2年ぶり。カフェなど新サービスを導入したプロトタイプ店で、今年は同店舗をモデルにバンコク中心… 関連国・地域: タイ/日本. 関連業種: 商業・ ...
2018/02/01 04:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  バンコク保険、セブンで旅行保険を販売  ↑0 ↓0
タイのバンコク銀行系の損害保険会社バンコク・インシュランスは、大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループが運営するコンビニエンスストア「セブン―イレブン」で海外旅行保険を販売する。同保険の収入が現行比15%増加すると期待する。10日付バンコクポストが報じた。 CP… 関連国・地域: タイ. 関連業種: 金融・保険/ ...
2018/01/11 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  ホリエモン×ひろゆきが人手不足問題で警告「人間にしかできない仕事をしていたほうが絶対いい」  ↑0 ↓0
それができないと店は潰れてしまいます。 ホリ コンビニの外国人店員だって、以前は中国が多かったけど、最近は東南アジアとかどんどん遠くから来るようになっているよね。そして、彼らが来なくなるのも時間の問題だよ。例えばカンボジア人も今は日本に来ているけど、タイ・バンコクの経済レベルが上がってくれば近いバンコク ...
2017/12/21 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
tabi.chunichi.co.jp  あまーい緑茶が好き バンコク  ↑0 ↓0
タイ人の多くは加糖のソフトドリンクを好み、コンビニで売られているペットボトル入り緑茶飲料も砂糖入りが人気。タイ人1人当たりの砂糖消費量は年間51.2 ...
2017/11/01 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  タイのコンビニや外食店、前国王の火葬日に一斉休業  ↑0 ↓0
【バンコク=小野由香子】昨年10月に死去したタイのプミポン前国王の火葬が行われる今月26日を臨時休業とする小売りや外食大手が相次いでいる。多くの国民が ...
2017/10/18 23:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  タイのコンビニで寿司を販売!?寿司型キャンディー「東京ファンタジア」  ↑0 ↓0
日本料理ブームが長らく続くタイでは、首都バンコクを離れた地方都市でも寿司や刺し身が食べられる日本料理屋さんがあり、地元の人びとでいっぱいだったりし ...
2017/10/14 12:42 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  工場従業員送迎バスがコンビニに突っ込む タイ中部アユタヤ  ↑0 ↓0
【タイ】タイのテレビ報道によると、10日朝、中部アユタヤ県で、工場従業員の送迎バスが道路沿いのコンビニエンスストアに突っ込んで前部が大破し、乗客のタイ人 ...
thai.news-agency.jp  タイニュース速報ポータルサイトタイランド通信 タイ株 タイ経済情報  ↑0 ↓0
スパーはこれまでスーパーやコンビニ事業などで培ってきたノウハウを提供、タイ国内に物流網を持つDHLは商品配送などの物流を担当、多数のガソリンスタンド ...
newsclip.be  工場従業員送迎バスが水路に転落 タイ中部アユタヤ  ↑0 ↓0
工場従業員送迎バスが水路に転落 タイ中部アユタヤ ... コンビニに乗用車突っ込み炎上 バンコク郊外; ├タイ正月期間中の交通 ... 【タイ】タイのテレビ報道によると、21日午前9時半ごろ、タイ中部アユタヤ県で、民間の ... に転落し、運転手のタイ人男性(46)と乗客の日本電産タイ工場の従業員のタイ人男女17人がけがをした。
2017/04/21 20:26 da:- facebook:0 twitter:0 従業員 アユタヤ テレビ 運転手 期間中 突っ込み Tweet
newsclip.be  コンビニに乗用車突っ込み炎上 バンコク郊外  ↑0 ↓0
コンビニに乗用車突っ込み炎上 バンコク郊外 ... 【タイ】18日午前0時30分ごろ、バンコク北郊のパトゥムタニ県で、高速で走行してい ... 道路沿いのセブンイレブンの店舗に突っ込み炎上し、乗用車を運転していたタイ人 ... セントラルパタヤでこの価格!
excite.co.jp  バンコク近郊のコンビニにも日本のアイスが登場  ↑0 ↓0
今年2月下旬ごろからはバンコク都と南側で隣接するサムットプラカン県の ... グリコはタイ国内で生産しており、それ以外は日本からの輸入ではあるが、全体的な ... 在住日本人だけでなくタイ人にも高評価で、入荷すると即完売という状態が2016年中 ...
2017/03/05 09:33 da:87 facebook:- twitter:- バンコク 全体的 日本人 それ以外 グリコ コンビニ Tweet
グローバルニュースアジア  タイのニュース  ↑0 ↓0
グリコはタイ国内で生産しており、パッケージそのもにタイ語が印字されている。 ... そして、2017年に入り、順次バンコク近郊のコンビニエンスストアでも、販売が開始 ... 在住日本人だけでなくタイ人にも高評価で、入荷すると即完売という状態が2016年 ...
newsclip.be  元彼挑発し射殺される タイ中部アユタヤ  ↑0 ↓0
バンコクのコンビニ店内で女性射殺、タイ人男とトラブルか. 【タイ】10日午後8時ごろ、バンコク都バンクンティエン区のコンビニエンスストア、セブンイレブンの店内 ...
asiatravelnote.com  バンコク・スクンビットのトンロー地区にグランデセンターポイント・スクンビット55がオープン  ↑0 ↓0
トンロー・ソイ8とソイ10の間に位置し、周囲には日本食レストラン、居酒屋、コンビニ、スーパー、マッサージなどが点在。日本人駐在員・出張者には特に人気が ...
2016/10/28 14:45 da:25 facebook:0 twitter:0 コンビニ スーパー マッサージ 日本人 居酒屋 レストラン Tweet
newsclip.be  バンコクのセブンイレブンで銃撃、店員男性死亡  ↑0 ↓0
【タイ】21日午前2時半ごろ、バンコク都内ノンジョーク地区のコンビニエンスストア「セブンイレブン」で従業員の男性が店に入ってきた男に銃撃される事件があった。
newsclip.be  バンコクのコンビニ店内で女性射殺、タイ人男とトラブルか  ↑0 ↓0
【タイ】10日午後8時ごろ、バンコク都内バンクンティエン区のコンビニエンスストア、セブンイレブンの店内でタイ人女性のチャリントンさん(34)が男に拳銃で撃た ...
gigazine.net  タイの犬は自由すぎてセブン-イレブンの入り口で冷気を浴びていたりする  ↑0 ↓0
バンコクの宿からセブン-イレブンまでは徒歩30秒。その手軽さから毎日のように通っていました。タイのセブン-イレブンはタイ人の日常に溶け込んだ存在です。コンビニの店内はガンガンと冷房が効いていました。うだるような暑さの屋外からコンビニに入るとひんやりしていて生き返ります。
2016/07/19 22:52 da:75 facebook:146 twitter:0 セブン-イレブン チェンマイ 入り口 バンコク Tweet
読売新聞  カンボジアの著名な政治評論家、射殺される  ↑0 ↓0
【バンコク=児玉浩太郎】カンボジアの著名な政治評論家ケム・レイ氏(45)が10日、首都プノンペンのコンビニエンスストア内で射殺された。 警察などによると、入 ...
nishinippon.co.jp  【特派員オンライン】コンビニ前の野良犬たち  ↑0 ↓0
バンコク支局に赴任する前、野良犬に気を付けるよう医者に忠告された。「かまれて狂犬病にでもなったら、致死率はほぼ100%」と。痛いワクチン注射を何本も打ち、身構えてやって来たが、今のところ肩すかしをくらっている。犬たちのぐうたらぶりが目に余るのだ。 40度近い酷暑のせいか、野良犬は決まってコンビニの前でごろごろしている。自動扉が開くたびにクーラーの冷気が漏れるため、涼しくて快適なのだ。警戒心はゼロ。死んでいるのかと見間違うほど、見事な熟睡ぶりだ。扉に顔をはさまれても眠り続ける犬の投稿動画が、最近もテレビで話題になった。 バンコク都によると、都内にいる野良犬は約10万匹。「タンブン(布施)」として餌を与える人も多いため、その数はなかなか減らない。月に300~400件の苦情が寄せられ、対応に頭を悩ませているという。 行政も捕獲はするが、日本のように殺処分はしない。避妊手術とワクチン接種の後、飼い主が見つからなければ、施設で死ぬまで面倒をみる。殺生をしない仏教の教えが生きているのだ。暑さで伸びきったタイの犬たち。寝顔もどこか憎めない。 (バンコク・浜田耕治)=2016/05/01付 西日本新聞 もっと見る
2016/05/01 02:26 da:73 facebook:2 twitter:0 野良犬 狂犬病 ワクチン バンコク 特派員 コンビニ Tweet
thaich.net  コンビニに超人気のグリコアイスが入荷するやいなやタイ人客殺到  ↑0 ↓0
2016年1月にタイでグリコアイスが発売されて以来、あまりの人気で品薄状態が続くため、先日はしびれを切らして激怒する人々の話題を掲載しましたが(参照 新発売のグリコアイスが超品薄でタイ人怒る)、4月に入った現在もグリコアイス熱は冷めやらず、品薄状態は変わりません。そんな中、コンビニエンスストアに入荷したグリコアイスに殺到する人々の様子を撮影した動画を、Facebookユーザーのムートゥー・オフライン‎さんが投稿しました。
2016/04/05 04:41 da:42 facebook:113 twitter:0 グリコ アイス しびれ あまり コンビニ Tweet
thai.news-agency.jp  バンコクモーターショー閉幕、販売台数は前年比12%減  ↑0 ↓0
... 共同受注-2 · LHバンク、中国信託商業銀行から出資受け入れ · カーコンビニ倶楽部、バンコクに1号店オープン · 中国人の飲食マナーにタイ人から批判殺到.
2016/04/04 15:45 da:33 facebook:8 twitter:0 バンコク オープン 中国人 マナー 倶楽部 受け入れ Tweet
ASEAN PORTAL  カーコンビニ倶楽部がタイに進出  ↑0 ↓0
タイ人の研修生を受け入れており、またタイ国内における自動車アフターサービスの市場が拡大傾向であることから、タイへの進出を実施することを決定した。
2016/03/23 13:30 da:21 facebook:1 twitter:0 アフターサービス 自動車 研修生 倶楽部 コンビニ Tweet
thai.news-agency.jp  カーコンビニ倶楽部、バンコクに1号店オープン  ↑0 ↓0
カーコンビニ倶楽部、タイのバンコクに1号店オープン 自動車軽 ... タイ国内の自動車アフターサービスの市場が拡大傾向にあることから、通信大手のロックス ...
thaich.net  カーコンビニ倶楽部タイ進出1号店をバンコク・ラマ三世通りにオープン  ↑0 ↓0
カーコンビニ倶楽部は外国人技能実習制度を採用し、日本でタイ人実習生が技術習得を行っているとのことで、日本と変わらぬサービスが期待できそうです。
2016/03/19 10:41 da:38 facebook:18 twitter:0 コンビニ 倶楽部 実習生 サービス オープン バンコク Tweet
response.jp  カーコンビニ倶楽部、バンコクにタイ1号店をオープン  ↑0 ↓0
ロクスレー社はカーコンの技術およびタイ人実習生の日本における鈑金技術習得について同社直営店を視察。その際、事業としての可能性やタイの鈑金技術向上と雇用への貢献につながると判断した。またカーコンビニ倶楽部もタイ国内の自動車アフターサービス市場が拡大傾向であることから、2014年にロクスレー社と合弁事業を開始。今回、カーコンタイ第1号店をオープンした。新店舗には3年間の実習を終えた実習生も就業。提供する「カーコン工法」は、カーコンビニ倶楽部独自の鈑金工法で、作業時間の短縮、仕上がりの品質の高さを実現したものとなっている。同社は今後、タイ国内において100店舗のFC展開を計画している。
2016/03/19 08:37 da:55 facebook:2 twitter:0 実習生 FC展開 オープン バンコク 倶楽部 コンビニ Tweet
日本経済新聞  カーコンビニ倶楽部、バンコクに1号店  ↑0 ↓0
カーコンビニ倶楽部(東京・港) 18日、タイの大手商社などと合弁で同国のバンコクに1号店を開設した。車の板金修理を同国で初めてフランチャイズチェーン(FC) ...
2016/03/18 21:22 da:87 facebook:1 twitter:0 コンビニ バンコク 倶楽部 チェーン フランチャイズ Tweet
sankei.com  「カーコン」がタイ進出 2020年に100店目指す  ↑0 ↓0
自動車修理会社「カーコンビニ倶楽部」(東京都港区)は18日、タイの大手商社ロクスレーとの合弁で、バンコクに「カーコンタイ」1号店を出店した。直営とフランチャイズを合わせ来年中に10店舗、2020年までに100店舗の展開を目指す。 同社は12年にタイ北部チェンライに研修センターを開設。日本各地の修理工場でタイ人の技能実習生を受け入れている。今回のタイ進出は、実習生の帰国後の雇用先を確保する目的もある。 林成治社長は「タイ人は親日的で順応力が高い。レベルの高いサービスを提供してタイでの事業を成功させたい」と話した。(共同)
2016/03/18 20:03 da:68 facebook:0 twitter:0 バンコク 倶楽部 コンビニ 自動車 Tweet
news-postseven.com  超絶長い正式名称 ピカソ、バンコク、ロビンソン漂流記  ↑0 ↓0
名前が長いため、それが略されるのは日常生活でもよくある話。「コンビニエンスストア」は「コンビニ」と略され、「スマートフォン」は「スマホ」と略される。一般的に知られている名前でも正式名称はとんでもなく長いことがある。
2016/03/07 15:56 da:49 facebook:0 twitter:0 スマートフォン スマホ 一般的 コンビニ ストア バンコク Tweet
グローバルニュースアジア  TODAY  ↑0 ↓0
バンコクはなんでもあるので、日本に帰って特別に食べたいというものがずいぶんと減ってきました。コンビニのおにぎりなど、日本で生活していたらいつでも食べられるものが恋しくなったものですが、最近はそれも売られるようになりましたしね。ですので、このところ食べたくなるのはファミレスの味なんです」
2016/02/24 17:03 da:33 facebook:2 twitter:0 おにぎり コンビニ ずいぶん バンコク Tweet
travelvision.jp  タイ・バンコク、2月22日「万仏節」の祝日に伴う影響  ↑0 ↓0
2016年2月22日(月)、タイは仏教の祝日「万仏節」(マーカブーチャー)のため休日となり、酒類の販売が禁止となります。 万仏節の日は終日、コンビニエンスストアやスーパーマーケット等でお酒類を購入することができません。レストラン等でも酒類の提供ができなくなります。 また当日はバンコク市内の観光スポットの一つ「王宮」は午後閉館、本堂は終日閉館となります。 同日にご旅行をご予定の方はご注意ください。情報提供:エス・エム・アイ・トラベル・ジャパン株式会社、日本海外ツアーオペレーター協会
2016/02/18 20:26 da:36 facebook:0 twitter:0 コンビニエンス バンコク Tweet
sankei.com  人気旅行先で最もコスパが良いホテルはどこ?! 発表!ベストコスパ・ホテル・ランキング  ↑0 ↓0
今回は、人気旅行先の上位国である台北・バンコク・オアフ島・ソウルに焦点をあて、各国で宿泊するならどこのホテルが最もコストパーフォーマンスが良くおすすめなのかという「ベストコスパ・ホテル・ランキング」をエクスペディアから紹介します。【台北】 1位はフィットネス施設完備のシンプル&スタイリッシュなホテル![画像4: http://prtimes.jp/i/3373/102/resize/d3373-102-480546-4.jpg ] 上位には、台湾の3大観光名所の1つである「中正記念堂」や台湾最古の博物館である「国立台湾博物館」の近くに位置するホテルが多くランクインしています。 中でも1位の「CU ホテル 台北」は、平均価格が2,000円台という安さにも関わらず「寧夏夜市」にも近く深夜まで食べ歩きが出来るほか、24時間対応のフロントデスクやフィットネス施設まで完備されており、ホテル内でも快適に過ごせるサービスが充実しています。 また、3位の「ザ ロフト ホテル」は、コンビニが近いなどの利便性はもちろんのこと、日本人のレビューに多かったのが「バスタブが深くてゆったりしている」という声でした もっと見る

Singapore

nna.jp  非接触型カード登場、駐車場の支払いに対応  ↑0 ↓0
シンガポールの電子決済機関NETS(ネットワーク・フォー・エレクトロニック・トランスファーズ)は2日、駐車場の料金支払いに対応した非接触型ICカード「コンタクトレス・キャッシュカード」を導入した。同日から国内のコンビニエンスストアなどで販売を開始している。 新型カードは、道路の自動料金徴収システム(ERP)用「 ...
2018/05/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
barks.jp  【インタビュー】Rie fu、海外から見た日本の魅力とは?  ↑0 ↓0
Rie fu:シンガポール、イギリスと移住してきて、日本では気付かなかった日本の良さをたくさん発見しました。電車が時間通りに来ることやコンビニがあることなど、当たり前だった事がものすごく貴重に感じられるのです。日本のそれぞれの地域に魅力がありますが、今回は自分が生まれ育った東京をテーマに、街自体を人に ...
2018/03/20 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
Reuters  東南アジア株式・引け=大半が上昇、米利上げ懸念和らぐ  ↑0 ↓0
... 付けた後で下落し、結局前日比0.21%安。コンビニチェーン運営のCPオールは1.5%下落し、SET指数の下落分の大半を占めた。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.43%安で終了。時価総額でシンガポール最大の企業である金融大手DBSグループ・ホールディングスが2%近く下げたことが響いた。
2018/02/27 20:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  スクート、日本でコンビニ決済など開始  ↑0 ↓0
シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクート・タイガーエアは29日、英決済サービス事業者ワールドペイと提携し、日本国内のコンビニエンスストアや電子決済サービス「ペイジー」での支払い受け付けを開始したと発表した。 「Flyscoot.com」の日本語サイトか… 関連国・地域: シンガポール/日本/欧州.
2018/01/31 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japan.cnet.com  スクート、コンビニとペイジー決済が可能に  ↑0 ↓0
スクートについてスクートはシンガポール航空グループの中長距離路線運航のLCCです。2012年6月よりサービスを開始し、2017年7月にタイガーエア・シンガポールと合併してブランド名をスクートに統一いたしました。累計5,000万人以上のお客様にご搭乗いただいております。保有機はボーイング787(ドリームライナー)16機、 ...
2018/01/29 16:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  HSBC、現金引出しでセブン―イレブンと提携  ↑0 ↓0
英金融大手HSBCホールディングスの子会社HSBCシンガポールはこのほど、コンビニエンスストア大手「セブン―イレブン」と提携すると発表した。HSBCに口座を持つ顧客は、シンガポールのセブン―イレブン300店舗以上で現金を引き出せるようになる。 これにより、同国でH… 関連国・地域: 香港/シンガポール/欧州.
2018/01/24 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  シンガポール・プレス・ホールディングス、コンビニ事業拡大へ  ↑0 ↓0
シンガポール・プレス・ホールディングス(シンガポールの新聞大手) 「バズ」の名で展開するコンビニエンスストア事業を拡大する。店員数を抑えた低コスト運営で、店舗数を現在の59店から200店に増やす目標だ。 低コスト運営の店舗では、飲料、菓子、新聞などをスマートフォンで決済できる自動販売機で販売する。 自販機を16 ...
2017/11/30 23:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.livedoor.com  スターバックスが「マウントレーニア」のロゴを提訴 類似性ないとの判決  ↑0 ↓0
森永乳業は2013年10月に自社ブランドのひとつであり、コンビニなどで販売されているカップ式コーヒー飲料の定番である「マウントレーニア」をシンガポールで商標登録しました。しかし、これに待ったをかけたのがアメリカ・シアトル発のコーヒーチェーンであるスターバックスでした。スターバックスがマウントレーニアの商標登録に ...
2017/11/30 10:57 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  日本の加工食品テスト販売、ジェトロが第2弾  ↑0 ↓0
Jトリーツ・アライバルでは、シンガポールのコンビニ「セブン―イレブン」約300店で、カップラーメンやゼリー、キャンディー、スナックといった加工食品・菓子類15品目をテスト販売する。開催期間は来年1月23日までの約2カ月間。現地消費者の需要にマッチすると思われる品目をジェトロが公募し、セブン―イレブンが選定した。
2017/11/30 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  半無人コンビニが登場、モバイル決済に対応  ↑0 ↓0
シンガポールのコンビニチェーン「Buzz(バズ)」は27日、西部ジュロンに半無人コンビニを開業した。クレジットカード大手の米マスターカードと提携し、同社のモバイル決済システム「マスターパス」が利用可能な… 関連国・地域: シンガポール/米国. 関連業種: 食品・飲料/商業・サービス/マスコミ・出版・広告. この記事は該当 ...
2017/11/29 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
getnews.jp  【コンビニ新商品】早くも2017年版中華まん&おでん登場!! ご当地からあげクンの数々も見逃せない ...  ↑0 ↓0
また、ナチュラルローソンでは、辛みと酸味、エスニックの香りが特徴の『トムヤムクンまん』や、シンガポールのご当地フード“ラクサ”をイメージした『シンガポール風 ...
nna.jp  初の無人コンビニ登場、ナンヤンポリテクに  ↑0 ↓0
シンガポール中部にあるナンヤン・ポリテクニック(国立技術高等専門学校、NYP)のキャンパスに、国内初となる無人のコンビニエンスストアが登場した。商品の ...
asiax.biz  南洋理工学院に無人コンビニ店、全てセルフ方式  ↑0 ↓0
NTUCフェアプライスのシア・キアンペン最高経営責任者(CEO)は「セルフ方式の文化をシンガポールに根付かせるのも店舗の狙い」と語った。8月末までに ...
2017/07/31 09:33 da:- facebook:0 twitter:0 セルフ 責任者 フェア コンビニ プライス Tweet
asiax.biz  セブンイレブンで「アリペイ」導入、中国人客取込み  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手セブン・イレブン・マレーシアは、国内の小売業者で初めて、中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ(阿里巴巴集団)のモバイル ...
2017/05/24 08:26 da:- facebook:0 twitter:0 商取引 アリババ グループ モバイル イレブン セブン Tweet
NHKニュース  中小メーカーの加工食品 シンガポールで試験販売  ↑0 ↓0
シンガポール国内のコンビニエンスストアで、日本の中小メーカーが生産した加工食品の試験販売が始まり、日本からの輸出拡大につながるものと期待されてい ...
2017/04/19 20:03 da:- facebook:0 twitter:0 メーカー ストア コンビニエンス Tweet
日本経済新聞  シンガポールで試験販売 大井川茶園、ドリップ式のリーフ茶  ↑0 ↓0
製茶問屋の大井川茶園(焼津市)はドリップ式のリーフ茶商品をシンガポールで試験販売する。19日から2カ月間、現地にあるコンビニエンスストア「 ...
2017/04/18 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 リーフ ドリップ式 大井川 ストア コンビニエンス Tweet
asiax.biz  コンビニ食品ケース内のネズミの写真、波紋広がる  ↑0 ↓0
シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP社会コンビニ食品ケース内の ... シンガポール | 金融 · No-images ... シンガポール | イベント · No-images.
2017/01/12 15:11 da:43 facebook:- twitter:0 ケース コンビニ イベント ニュース ビジネス ネズミ Tweet
asiax.biz  コンビニ食品ケース内のネズミの写真、波紋広がる  ↑0 ↓0
シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP社会コンビニ食品ケース内のネズミの写真、波紋広がる. 社会. 2017年1 ... シンガポール | 経済. ニュース ...
2017/01/12 15:11 da:43 facebook:- twitter:- ニュース コンビニ ネズミ ケース ビジネス サイト Tweet
asiax.biz  セブンイレブンへの業態変更、中国食品販売店に提案  ↑0 ↓0
セブン・イレブン・マレーシアを通じコンビニエンスストアを展開するベルジャヤ・リテールは、中国食品を主に販売する商店の「セブン・イレブン」への業態変更を、 ...
アメーバブログ  シンガポール  ↑0 ↓0
晩飯を食らいに行くッ!!ヤって来たのはココホテルッ☆♪チキンライスとしてシンガポールではかなりの有名店らしいのだッ☆♪だからこそ乾杯からのコレがコウなりコウなるッ☆!!旨ぁーーーーーーーーぃッ☆↑↑てな訳で、明日は日本に帰るし 今宵は何も無さそうだからコンビニ寄って部屋に帰ってスマホいじりながら寝ようかと思ってた。皆各々が解散しようとする中で木谷チャンが飲みに行こうと声を掛けてくれたから、俺様の宿泊先のホテルの一階のbarで4時間半も、しかもサシで飲みながら語っていたんだッ☆♪内容はとにかくプロレスからテレビの仕事からプライベートまで多様に♪部屋に帰る際に改めて思ったのが、木谷チャンとの会食やトークタイムは意味があるから選手皆が共有した方が良いわなッ♪ほんで翌朝の俺様は、まさかの約束30分前にロビーにてTwitterを見ていたッ(笑)☆♪フルヤのアテンドによりスムーズに空港に入り朝飯を食らうッ☆♪朝飯はベトナム料理の『フォー』を食らうッ☆♪コレがコウなるッ☆!!旨ぁーーーーーーーーぃッ☆↑↑ほんで俺様達は搭乗口に入りリラックスだぁーッ☆♪シンガポール弾丸ツアーの帰る日本行きのジェット機 もっと見る
2016/03/05 01:58 da:87 facebook:0 twitter:0 有名店 チキンライス ホテル 食らい Tweet
lineblog.me  シンガポールLIVE無事に終わりました。そして誕生日  ↑0 ↓0
AFAシンガポール2015初の海外LIVEという事もあってかなり緊張してましたが楽しく演奏するとこができました!シンガポール熱かったです( ・´ー・`)b日本語の曲なのに一緒に歌ってくれたり一緒にジャンプしてくれたり感動しました!Dr.アツユキも楽しそう インターネットって世界中どこにいる人にもリアルタイムで僕たちの作品を見てもらう事ができるし、すぐに反応をもらう事ができるんですよね。改めてすごいなぁと実感。うむ、もっともっと届くように頑張ります! サイン会もたくさんの人!ありがとうございました。 チリクラブ!!めっーーーちゃおいしいーーーーー あと肉骨茶!コンビニでカップヌードルのチリクラブ味も買って帰りました。(シンガポール限定) 美味しそうでしょ?僕の強い要望で皆さんを巻き込んでシンガポールのナイトサファリに行きました。 夜の動物たちを車に乗って見て、歩いて見てすごく楽しかったです! 二本足で立ってるみたい|д゚)夢喰いバク世界四大珍獣ボンゴさんもののけ姫の獅子神様みたいでした そしてそして先日、劇場 もっと見る
2015/12/06 23:15 da:47 facebook:1 twitter:6 日本語 誕生日 Tweet

Philippines

nna.jp  セブンイレブン、1Qは2割超の増収増益  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアのセブン―イレブンをチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)が発表した2018年第1四半期(1~3月)の決算は、売上高が前年同期 ...
2018/05/17 13:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  比小売り大手ピュアゴールド、ローソン運営から撤退  ↑0 ↓0
ピュアゴールド・プライス・クラブ(フィリピン小売り大手) 27日、発行済み株式の70%を保有するローソンとの合弁会社の株式全てをローソン側に売却することで合意したと発表した。ローソンは新たな提携先を探すとしている。 ローソンは2014年にピュアゴールドと合弁を設立し、フィリピンに進出。15年にコンビニエンスストア1号 ...
2018/04/27 19:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、17年は2桁の増収増益  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアのセブン―イレブンをチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)が発表した2017年決算は、売上高が前年比18.2%増の375億3,080万ペソ(約770億円)、純利益が12.1%増の13億1,790万ペソだった。新店舗開設で収益基盤が拡大したほか、既存店の販売も堅調で… 関連国・地域: フィリピン/日本.
2018/04/05 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  電算システ Research Memo(8):フィリピンでコンビニ窓口での収納窓口サービスがいよいよスタート  ↑0 ↓0
電算システム<3630>はフィリピンにおいて、フィリピン最大の配電会社MERALCOの100%子会社CIS Bayad Center, Inc.(以下、CBCI)と提携し、日本国内の“収納窓口サービス”に相当するサービスの実現を目指してきた。今般それが完成し、2018年2月より、フィリピン国内のコンビニエンス・ストア・チェーン「MINISTOP」 ...
2018/03/12 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ファミマの比運営者、クラーク出店も検討  ↑0 ↓0
フィリピンでコンビニエンスストア「ファミリーマート」を運営する石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは、ルソン島中部パンパンガ州のクラークでの出店を検討していると明らかにした。短期的にはマニラ首都圏での店舗網拡大に注力するものの、都市開発が活発化… 関連国・地域: フィリピン/日本. 関連業種: ...
2018/02/15 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet