1.0646440982819

Vietnam

biz.searchina.net  [ベトナム株]ベトナム人の購買動向、コンビニなどの利用加速  ↑0 ↓0
米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)がこのほど発表したベトナム人消費者の購買動向に関する最新レポートによると、コンビニエンスストアやミニスーパー ...
nna.jp  ベトナムで近代小売の利用加速=ニールセン  ↑0 ↓0
米系市場調査会社ニールセンは7日、ベトナムの消費者の購買行動に関する報告書を発表した。伝統的な市場や小売店から、コンビニエンスストアやミニスーパー ...
nna.jp  韓国コンビニGS25、ベトナム人社員を教育  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「GS25」を運営する韓国GSリテールは22日、ベトナム人社員8人を韓国に招へいして教育したことを明らかにした。聯合ニュースが伝えた。
出島  ベトナムでコンビニの出店が増加 市場は外資系一色に  ↑0 ↓0
ベトナムでコンビニの出店が増加 市場は外資系一色に ... 2018年上半期の収益が過去最高694.5億米ドルに達したベトナムの小売市場では、コンビニエンス ...
2018/08/29 14:15 da:- facebook:- twitter:- コンビニ 上半期 米ドル コンビニエンス Tweet
sankeibiz.jp  ベトナムでコンビニ市場が急拡大 6年で店舗4倍  ↑0 ↓0
ベトナムは、コンビニエンスストア市場が急拡大している。米系調査会社ニールセンによれば、ベトナムのコンビニ店舗数は過去6年間で4倍に増えた。ベトナムの ...
2018/07/27 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ コンビニエンス ストア ニールセン Tweet
tku.co.jp  窃盗未遂のベトナム人逮捕 連続強盗に関与か  ↑0 ↓0
今月18日、熊本市西区のコンビニエンスストアで他人名義のキャッシュカードを使って不正に現金を引き出そうとした疑いでベトナム国籍の留学生の男が23日 ...
2018/06/24 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニエンス ストア キャッシュ カード 留学生 Tweet
nna.jp  小売サトラ、ホーチミン市の病院に店舗  ↑0 ↓0
サイゴン商業グループ(サトラ)は19日、ホーチミン市1区の第2小児科病院に食品を主体とするコンビニエンスストアをオープンした。同社が病院内に店舗を ...
日本経済新聞  ベトナム小売業、外資なだれ込む 零細店多く出店余地  ↑0 ↓0
環太平洋経済連携協定(TPP)などに合わせた流通業の規制緩和が進むベトナムで、コンビニエンスストアやスーパーが相次いで500~数千店の大量出店計画を ...
2018/06/15 20:26 da:- facebook:0 twitter:0 太平洋 コンビニエンス ストア スーパー Tweet
nna.jp  コンビニ出店、郊外で加速中  ↑0 ↓0
ベトナムの大都市中心部へのコンビニエンスストア、小型スーパーの相次ぐ出店で競争が激化したことにより、コンビニなどの郊外出店の動きが加速している。5日付ゾアインニャン・サイゴンが報じた。 小型スーパー「バック・ホア・サイン」を展開するデジタル機器販売大手テーゾイ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  サイゴンコープ、コンビニ50店の出店目指す  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)が、コンビニエンスストア「チアーズ」を近く50店舗体制にする考えだ。シンガポールのスーパー大手NTUCフェアプライスと協力し、現在の2店舗から拡大する方針。10日付サイゴンタイムズが伝えた。 チアーズに… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  ホーチミン市内のコンビニ、1800店に  ↑0 ↓0
米系不動産管理のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)ベトナムによれば、3月末時点でホーチミン市のコンビニエンスストア(ミニスーパーを含む)の総数は1,800店余り、総面積は27万2,000平方メートルに達した。9日付VNエクスプレスが報じた。 総面積は2017年12月から5.1%増加した。新たな事業者の参入も見込まれて ...
minpo.jp  福島空港にコンビニ 開港以来初の開店  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアが出店するのは開港以来初めて。 パンや弁当などのほか、空港が立地する玉川村の特産品を販売している。県内の地酒や名産を販売する隣接の「ふくしま逸品堂」も管理する。 初日は福島空港とベトナムを結ぶ連続観光チャーター便の第1便で福島を訪れたベトナムからの観光客が多く訪れ、滞在最後の ...
refugee.or.jp  コンビニバイトで見かける外国人留学生たちの現状。ベトナム、ネパール  ↑0 ↓0
東京のファストフード店やコンビニエンスストアは多くの外国人労働者によって成り立っているようです。10年前の大阪と違って中国だけでなくベトナムやネパールなど多種多様なルーツを持った人たちも目立っているような…。 様々な媒体でも、日本の仕事を支える「外国人留学生」や「外国人技能実習生」についての報道をよく ...
news.nicovideo.jp  外国人留学生にとって「夢の国」とはとても言えない日本  ↑0 ↓0
人手不足が深刻なコンビニエンスストアの店員。最近ではベトナムやネパールからの留学生がそれを補っている。 セブンイレブンでは東京都内店舗で働くアルバイトの2割が外国人だ。留学生バイトの人数を国籍別で把握しているローソンによると、中国人に次いでネパール人、ベトナム人の順で数が多いという。8000人を超える ...
nna.jp  HSBC、決済アプリ「Payoo」と提携  ↑0 ↓0
英系金融大手HSBCベトナムは決済アプリ「Payoo(ペイユー)」を運営するベトユニオン・オンライン・サービシーズと提携した。ベトナム・エコノミック・タイムズ電子版が25日に伝えた。 15日からHSBCのクレジットカードが、Payooに加盟するコンビニエンスストアや小売店で… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険.
NHKニュース  日本で働く外国人労働者127万人余 過去最多に  ↑0 ↓0
国別では中国人が最も多く37万2000人、次いでベトナム人が24万人、フィリピン人が14万6000人などで、特にベトナム人はおととしと比べて40%近く増えました。 産業別では「製造業」が38万5000人、清掃などの「サービス業」が18万9000人、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの「卸売業、小売業」が16 ...
2018/01/27 04:30 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 労働者 中国人 おととし 産業別 製造業 Tweet
日本経済新聞  ベトナム コンビニ出店ラッシュ 最大手ビンは年1000店  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナムでコンビニエンスストアの出店競争が激化している。不動産最大手で同国最大の「ビンマートプラス」を展開するビングループは年1000店ペースで出店し、2020年までに総店舗数を4000店に拡大。国営のサイゴン商業総公社(サトラ)も18年に60店を出店する。日韓など外資の出店も増え、伸び盛りの ...
newsclip.be  双日プラネット、ベトナムで包装資材製造事業参入  ↑0 ↓0
【ベトナム】合成樹脂商社の双日プラネット(東京都千代田区)は16日、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカー、ランドン・プラスティックの子会社ランドン・ロンアン・ ... ベトナムでは近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売り業態が発達しつつあり、食品用途の包装資材市場は毎年約 10―15%拡大している。
日本経済新聞  ベトナムの17年小売店販売、過去最高の1300億ドル  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナム政府は2017年の小売店販売額が前年比10.9%増の1296億ドル(14兆6700億円)と過去最高になったと発表した。日本のコンビニエンスストア「セブンイレブン」、スウェーデンのカジュアル衣料「へネス・アンド・マウリッツ(H&M)」など外資の進出が相次ぎ、中間所得層の消費意欲を刺激した。 ベトナム ...
newspicks.com  【ベトナム】韓国コンビニGS25  ↑0 ↓0
【ベトナム】韓国コンビニGS25、19日にHCM市で開業[商業] 韓国のコンビニエンスストア「GS25」が、1月19日にベトナム1号店をホーチミン市でオープンする。2018年中に50店舗の展開を目指す。4日付サイゴンタイムズが伝えた。1号店はホーチミン市1区ハイバー...
nna.jp  韓国コンビニGS25、19日にHCM市で開業  ↑0 ↓0
韓国のコンビニエンスストア「GS25」が、1月19日にベトナム1号店をホーチミン市でオープンする。2018年中に50店舗の展開を目指す。4日付サイゴンタイムズが伝えた。 1号店はホーチミン市1区ハイバーチュン通りの「エンプレスタワー」に開業する。店舗を運営するGS25ベトナムのグエン・ティ・ホアン・チャン最高経営責任 ...
nna.jp  ビンGのコンビニ、ブンタウ15カ所で開店  ↑0 ↓0
ベトナム南部バリアブンタウ省ブンタウ市で24日、不動産開発大手ベトナム投資グループ(ビングループ)のコンビニエンスストア「ビンマート・プラス」が、15カ所で一斉開業した。25日付ダウトゥ電子版などが報じた。 店舗面積は100~300平方メートルで、チュオンコンディン通りな… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
日本経済新聞  市岡製菓、ベトナムに菓子新工場 近隣アジア輸出も視野  ↑0 ↓0
菓子製造・販売の市岡製菓(徳島県小松島市)はベトナム事業を拡大する。現地のコンビニエンスストアで販売する「どら焼き」の販売が好調で、製造能力を大幅に引き上げるため近く現地で新工場を設置する。将来はベトナムで製造した菓子を、タイやシンガポールなど近隣国へ輸出することも視野に入れる。国内は市場縮小が ...
2017/12/21 01:52 da:- facebook:0 twitter:0 アジア 小松島 コンビニエンス ストア どら焼き Tweet
nikkan.co.jp  ミニストップ、ベトナムでFC制導入 25年までに800店舗へ  ↑0 ↓0
双日は2018年春にも、ベトナムで展開するコンビニエンスストア「ミニストップ」について、加盟店を募集するフランチャイズチェーン(FC)制度を導入する。日本の事業... (残り:411文字/本文:491文字). (2017/12/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ...
nna.jp  初のレジ無しコンビニ、HCM市に登場  ↑0 ↓0
ホーチミン市1区中心部に国内初となるレジ無しコンビニエンスストアが登場した。自動販売機にスマートフォンに表示されたQRコードをかざして決済する仕組みで、運営する米系KOOTOROベトナムは来年中に市内に200店舗体制に広げる計画だ。 マックティブオイ通りに先週オープンした「トロマート」には自動販売機15台が ...
univ-journal.jp  セブンーイレブン店舗でインターンシップ受け入れ、ベトナム6大学と覚書締結  ↑0 ↓0
セブン&アイグループのコンビニエンスストア大手セブン‐イレブン・ジャパン(東京、古屋一樹社長)は、ハノイ大学などベトナムの主要大学6校と国際協力の覚書 ...
毎日新聞  公務執行妨害容疑、手錠のまま逃走の男逮捕 /群馬  ↑0 ↓0
大泉署によると、知人のベトナム人女性(22)が携帯電話でハイ容疑者に出頭を促し、1日午後11時20分ごろ、熊谷市内のコンビニエンスストアに現れたところで ...
2017/09/03 13:07 da:- facebook:0 twitter:0 ところ ストア コンビニエンス 容疑者 Tweet
saitama-np.co.jp  逃走のベトナム人、熊谷で身柄確保 住民、逃走のニュースに心配「捕まって良かった」  ↑0 ↓0
群馬県大泉町から逃走したベトナム国籍の男の身柄が確保されたのは、熊谷市のコンビニエンスストア。1日深夜の報道で男逮捕の一報を知り2日午前、市の ...
2017/09/02 22:52 da:- facebook:0 twitter:0 ストア ニュース コンビニエンス Tweet
japanese.joins.com  韓国コンビニ企業、ベトナム市場に初めて進出  ↑0 ↓0
韓国コンビニエンスストア大手の「GSリテール」が展開するコンビニ「GS25」がベトナム市場に進出する。イラン進出に積極的に取り組んでいるCUに続き、コンビニ ...
nna.jp  地場コンビニ「ゴールドマート」1号店開店  ↑0 ↓0
ベトナム地場ゴールドフード・ベトナムはこのほど、ホーチミン市6区グエンバンルオン通り257番地でコンビニエンスストア「ゴールドマート」の1号店を開店した。13 ...
nna.jp  【月次リポート(6月)】動向  ↑0 ↓0
6月は小売り関連のニュースが活発で、ベトナムが消費市場として世界的な注目を集めつつあることが浮き彫りになった。コンビニエンスストア「セブン―イレブン」 ...
nna.jp  セブン、ホーチミン市1区に2号店オープン  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「セブン―イレブン」の運営をベトナムで手掛けるセブン・システム・ベトナムは24日、ベトナム2号店をホーチミン市にオープンした。1区のレロイ ...
nna.jp  セブンがベトナムで1号店 年内に20店、3年で100店体制へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「セブン―イレブン」の運営をベトナムで手掛けるセブン・システム・ベトナムは15日、ベトナム1号店をホーチミン市にオープンした。月内に2号 ...
時事ドットコム  日本商品の販売で存在感=ベトナム進出コンビニ各社  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】コンビニエンスストア大手セブン-イレブンのベトナム最初の店舗が15日、ホーチミンで開業した。先行するファミリーマート、ミニストップと合わせ、 ...
日本経済新聞  セブンイレブン、ベトナムに1号店 「日本品質」移植  ↑0 ↓0
セブン&アイ・ホールディングスは15日、コンビニエンスストア「セブンイレブン」のベトナム1号店をホーチミン市に開いた。東南アジアでの店舗展開は6カ国目。
時事ドットコム  セブン-イレブン、ベトナムで開業=3年で100店目標  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】ベトナムの最大商都ホーチミン中心部の商業ビルに15日、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」の同国最初の店舗が開業した。成長を続け、 ...
ビッグローブニュース  ベトナムの「セブン—イレブン」1号店  ↑0 ↓0
ベトナムの最大商都ホーチミン中心部の商業ビルに15日、コンビニエンスストア「セブン—イレブン」の同国最初の店舗が開業した。3年で100店体制を目指す。
2017/06/15 10:18 da:- facebook:0 twitter:0 イレブン セブン ストア ホーチミン コンビニエンス Tweet
アパレル・リソース  小売産業が大きな節目  ↑0 ↓0
専門家によると、ベトナムの小売産業は大きな節目を迎えていると言う。 5月10日、ホーチミン市で開催された小売産業の展望に関するセミナーにおいて、ニールセン・ベトナムの代表Pham Thanh Cong氏は、顧客の多様なニーズを満たすべく常に最新のイノベーションを保つ必要があるなど、あらゆるものがつながるデジタル時代の中、小売産業では革命的とも言える変化が起こっていると述べた。 また他の演者によると、顧客は様々なルートを通じてビジネスに関わるため、一つのルートの成長に頼りきっている今日の環境は持続不可能であると言う。 以前、商品の購入窓口は実店舗のみであったが、今は実店舗にとどまらず、オンラインウェブサイトや携帯アプリ、ソーシャルメディアを通じて顧客は企業と関わりを持っている。 ベトナムで運営するシンガポール系のITソリューション企業、Abeo社のDavid Tan社長によると、ベトナムにおける昨年の小売販売は、対前年比10%増となる1180億米ドルであったと言う。 A.T.カーニー社による世界の小売市場ランキングで上位30カ国にランクインしたベトナムでは、小売市場での買収合併が急増し、市場での競争が促されている。 資本金に加え、海外小売業者は先進国で採用されているベストプラクティスを産業にもたらすとTan氏は言う。 小売のベストプラクティスが企業の運営に取り入られ、ERP(企業資源計画)システムやその他のシステムによってコントロールされるようになる。 激化する競争環境の中、消費者行動を理解することで需要を素早く満たし、カスタマーサービスを向上させることが、顧客のロイヤルティを獲得する鍵となるとTan氏は述べた。 商品管理ソリューションSAP S/4HANA Retailなどのテクノロジーソリューションズの利用は、小売業者が競争力を高めるのに役立つ。 SAP S/4HANA Retailは、在庫追跡やリアルタイムの倉庫管理のプロセスを自動化し、顧客理解を深め、顧客のニーズを予測し、顧客のショッピング体験に刺激を与えるとTan氏は述べた。 またビッグデータのソリューションは、既存商品の売り上げ拡大や、商品サイクルのスピードアップ、サービス向上・操業コストの削減の新しいビジネスモデルなど、様々なチャンスをビジネスにもたらす。 商工省によると、スーパーマーケット(724店舗)、ショッピングモール(123店)、コンビニエンスストア(多数)などの近代的な小売業が、昨年の市場の25%を占めたと言う。 日用消費財(FMCG)部門は昨年、6.5%の成長を見せている。   もっと見る
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
pref.niigata.lg.jp  ベトナムにおける日系小売店(ファミリーマート、ミニストップ、イオン)  ↑0 ↓0
ジェトロではファミリーマート、ミニストップ、イオンと連携し、本年11月、両コンビニエンスストアおよびイオンのベトナムにおける全店舗を対象としたテスト販売事業「 ...
manila-shimbun.com  ベトナムで成長余地大きいコンビニ  ↑0 ↓0
ニュースサイトのベトナムネットによると、小売業でコンビニエンスストアがスーパーマーケットなどの業態を大幅に上回る成長率を示している。調査会社ニールセン ...
アパレル・リソース  日本のコンビニチェーン各社が小売市場に急速に参入  ↑0 ↓0
日本のサービス文化に対する需要が高いベトナムでは、日系のコンビニエンスストアチェーンが急速に勢力を増している。 セブンイレブンジャパンは、近日ホーチミンで開店予定であるベトナム初号店の求人募集を2017年2月に開始した。 セブンイレブンブランドがアジアに初めて進出したのは、セブンイレブンチェーンの元となるサウスランド社が台湾に進出した1980年のことである。 その後1991年にセブンイレブンジャパンがアメリカのサウスランド社を買収し、のちに経営統合されセブン&アイ・ホールディングスとなった。 2014年にはセブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブンジャパンが中国・北京に初号店を開き、成功を収めている。 中国市場への参入は大成功を収め、セブンイレブンジャパンは即座に韓国、香港、ベトナムなどアジア諸国への拡大の計画を開始したという。 こうしてセブンイレブンジャパンは、世界中の過酷な市場で培った経験とともに、ホーチミンに初号店を開店するに至ったのである。 セブンイレブンのマネージメントチームにはアメリカ時代の30年以上前から在籍するメンバーも複数名おり、コンビニエンスストア部門ではかなり高いスキルを持っている。 その他のチェーンもまた、日本式の製品やサービス、スタッフトレーニングをベトナム全土に広めている。 日本第3位の大手であるファミリーマートは、2016年7月時点でベトナムに106店舗出店しており、2016年末までには150店舗、2018年には300店舗到達を目標としている。 またファミリーマートは、台湾、中国、タイなどのアジア市場でも幅広く展開している。 日本の大手流通企業イオングループのコンビニエンスストアチェーンであるミニストップは、日本国外では主に韓国で展開しているが、ベトナム全土のイオンショッピングセンターでも店舗を開設する計画がある。 一方で日本大手第2位のコンビニエンスストアチェーンであるローソンは海外展開においては遅れをとっており、2016年6月末時点の国外店舗はアジアの821店舗のみであった。 ローソンは上海地元企業との合同事業として1996年に中国市場に参入したが、運営能力の低さなどから売り上げや店舗数の増加に苦戦していた。 インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイなど、現在は日本国外に790店舗のみしか展開していないものの、ローソンはフランチャンズの促進により2020年までに中国で3000店舗を展開することを目標としており、ベトナムやマレーシアなどでのフランチャイズ展開も視野に入れている。 アジアでは中流階級層に突入する人口が増加しており、コンビニエンスストアの需要は今後高まると予想されている。 日本式のコンビニエンスストア運営の特徴としては、イノベーションや連続した新商品の投入、そして独自のサービス提供があげられる。 こうしたサービスは、同じ商品を何ら改良や変更することなく毎年提供し続ける傾向がある、従来のベトナム小売店とは全くの極地にある。 日本貿易振興機構(ジェトロ)は国内チェーンの大陸進出に関して楽観的であり、ジェトロの役員は、日本のコンビニエンスストアチェーンがベトナムにおいて大成功を収める可能性は十分にあると語っている。 もっと見る
アパレル・リソース  外資系小売業者にとってコンビニエンスストア事業が魅力的なビジネスに成長  ↑0 ↓0
外資系小売業者の投資意欲は当面衰えを知らず、ベトナムのコンビニエンスストア事業参入にも触手を伸ばそうとしている。 Seven System Vietnam JSC社はセブンイレブンのフランチャイズ加盟業者であるが、自社ウェブサイトに採用情報の掲載を開始し、このコンビニエンスストア・チェーン大手が間もなくベトナムで最初となる店舗を立ち上げようとしていることが明示された。 ベトナム市場に早期に参入した企業はまだ利益をあげていない中で、このセブンイレブンの参入が競争をさらに激化させることになるだろう、と市場関係者は確信している。 3〜4年前は、ベトナムの大半の消費者が雑貨を買いに行くのに長距離をバイクに乗って行くという長年の習慣を変えないだろうとし、この国でのコンビニエンスストア事業の成功に多くの疑念が示されていた。さらに、昔ながらの小規模な家族経営の食料雑貨品店も広く親しまれている。 しかしホーチミン市やハノイでは近年、ファミリーマート、ミニストップ、B's Mart、Circle K、Shop&Goなどの大手外資系ブランドの人気が高まり、コンビニエンスストア事業は堅調に成長を遂げてきた。 ある業界関係者は、ベトナムの市場規模はまだ小さいものの、各社ではベトナムの2大都市であるホーチミン市とハノイにおいて自社の存在感とブランド認知度を高めるために、投資を増やすことを計画しているとした。 例えば日本資本のコンビニチェーンであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムに200店舗以上を開業し、チェーン拡大を進めている。ミニストップはベトナムに800店舗を展開する見通しとしており、一方のファミリーマートは2020年までに800〜1,000店舗開店の目標を示している。 セブンイレブンはまだ市場に参入していないものの、3年以内に100店舗の開店を目標としており、さらに今後10年間で1,000店舗にまで増加させるという。 実際のところコンビニエンスストアのビジネスモデルは、ある特定グループの人々の手軽な買物需要を満たしている。一方でコンビニエンスストアは、スーパーマーケットや昔ながらの小売店より価格が高いため、その競争力は劣っている。 専門家によると、コンビニエンスストア・チェーンが収益性を確保するには店舗数の拡大が必要であり、各社では最低150〜200店舗が必要とされる。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、コンビニエンスストアの初期投資を回収するには通常5〜6年かかるとし、安定的に利益を確保するには各チェーン少なくとも300店舗が必要となる、と算定した。 「今年度末までにミニストップの店舗数は160店舗に達すると見込んでいます。我々は投資を継続し、フランチャイズのコスト削減に取り組み、店舗カバー率の最適化を検討していきます。」と前田社長は述べた。現在のところ、中心エリアの高額な賃料が大きな課題として認識されている。 投資、管理、運用コストの要件に見合う用地を探すためには、財務的な強みと優れた管理スキルが必要とされる。この点が現在のところ、ベトナム現地企業にとって2つの大きな弱点となっている。 外資系小売業者は他の市場での経験により、ベトナムにおいてもコンビニエンスストア事業が成長を遂げ、徐々に昔ながらの地元食料品店に取って代わるものと考えている。 TCCグループ傘下のMM Mega Market VietnamのPhidsanu Pongwatana CEOは、スーパーマーケット事業は国民の消費習慣の変化により、過去ほど成長していかないだろうと述べた。彼はベトナムの消費者が利便性を望むほど、コンビニエンスストア事業が優位に立つだろうと予測した。 ホーチミン市労働組合連合会のPham Ngoc Hung副会長は、コンビニエンスストア市場は急速に成長しているものの、豊富な資金と豊かな経験を持つ外資系企業だけがこの市場に参入する余裕がある、と述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  コンビニエンスストアの景気が良好  ↑0 ↓0
ベトナムではコンビニエンスストアやミニマートの人気が高まっており、専門家の推定によると、3分の1以上の家庭がコンビニエンスストアやミニマートで日常的に買い物を行っているという。 もしより大幅な値引きを行えば、コンビニやミニマートが成長する可能性はさらに高まるだろうと専門家は予測している。 またベトナム商工省国内市場局のLe Viet Nga副局長によると、コンビニ等に対する市場の反応はよく、2桁台の成長を見せる最も急速に成長する小売分野となっているという。 「生産地のはっきりした商品を売り、優れた管理を行う現代的な取引チャンネルです。コンビニエンスストアは中小規模の企業や農家が自らの製品を市場に持ち込むことのできる機会を提供しています。」同省によると、スーパーマーケットやハイパーマーケットと比較して投資対効果が高く、投資額も低いことから、投資家たちもコンビニエンスストアを好んでいるという。 その上、500平方メートル以下の小売店舗の開設は経済的ニーズ考査(ENT)の対象ではないため、コンビニエンスストアやミニマートのライセンス取得はスーパーマーケットより容易である。 従来の小売チャンネルは現在も市場の72%を占めているが、2020年までに60%まで減少すると専門家は予測している。 中国では2万1000人毎、韓国では1800人毎に一つのコンビニエンスストアがあるが、ベトナムには現在6万9000人に一つの割合であり、今後成長していく可能性は多大にある。 所得の安定した成長と消費者行動の変化はもう一つの大きな要因であると専門家は加えた。   激しい競争 コンビニエンスストアの店舗数は2012年から2014年の間に倍の348となった。また、ミニマートの店舗数は863から1453に増加している。 活発な経済が消費力を増加させる中消費者が利便性に注目し、Saigon Co.op、Satra, Vingroup、B’s mart、Shop&Go、Circle Kと言った国内外の有力企業が存在感を増していき、コンビニエンスストアは2015年と2016年にも優れた業績を収めている。 例えば、Co.opmart、Co.opXtra、Co.op Foodを所有するSaigon Co.opは昨年新しい小売モデルであるCo.op Smileを開始した。 昨年の店舗数は20のみであるが、Saigon Co.opのNguyen Thanh NhanはCo.op Smileの店舗数を今年末までに200-300にまで拡大する計画を実行中であると述べた。 ベトナムでハイネケンとジョイントベンチャーを持つSatraもまた、食肉生産のVissanなどの子会社やベトナムの生産者一般の流通チャンネルを構築するために、自社のコンビニエンスストアチェーンであるSatrafoodsの展開に焦点を当て、小売システムを拡大する計画を持っている。 メコンデルタの都市カントーの10店舗を含む55のSatrafoods店舗を今年開店予定で、合計店舗数は172になる見込みである。 商工省によると、外国企業がコンビニエンスストア市場に占める割合は70%であり、モールやスーパーマーケットは17%、ミニマートは15%、オンラインのショッピングチャンネルは50%である。 関係者によれば、コンビニエンスストアやミニマートの最大の欠点はスーパーマーケットや従来の市場、食料店と比較して値段が高いことにあるという。 競争力を高めるためには価格を下げ、品質の高い地元製品を販売する必要がある。 ハノイ・スーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内の生産者や流通業者が関係性を強化し、仲介コストを削減すべきであると述べた。 経営コンサルティングのA.T.カーニー社のグローバル小売成長指数(GRDI)によると、ベトナムは魅力の高い小売市場として2008年以降上位30か国に入っている。 もっと見る
アパレル・リソース  小売業のeコマース部門は2020年までに100億米ドルに到達する見込み  ↑0 ↓0
ベトナム小売業におけるeコマースの売上は、2020年までに、国の小売業全体の半分を占める100億米ドルに到達する可能性があるという。 ベトナム小売協会(AVR)のデータによると、小売業における2015年のeコマースは成長率20%となり、40.1億米ドルを突破している。 商工省のHo Thi Kim Thoa副大臣は、12月8日ハノイで開催されたeコマースと携帯電話のテクノロジーに関するフォーラムにて、eコマースが小売業において極めて重要な発展要素であることを語った。 Thoa氏によると、小売業の昨年の成長率は9.5%であったという。小売業の伝統的な形式が80%を占める一方、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、eコマースなどの新しい形態は20%のみとなっている。「とりわけ、新しい販売経路においてもeコマースの占める割合は低く、約2.8%となっています」とThoa氏は加えた。 ベトナムには217のeコマースプラットフォームがあり、2014年の合計売上高は2013年の倍となる1兆6600億ベトナム・ドンであった。 「ベトナムにおけるeコマース事業は、大企業によって成長してきました。ベトナム全体の企業数60万社のうち97%が中小規模企業(SMEs)に占められていますが、eコマースに取り組んでいるSMEsはまだ多くありません。」と彼女は述べた。 副大臣は、首相が2012-20年にかけたeコマースの基本計画を公表したことに言及し、また先日12月2日に開催されたオンラインフライデーをeコマース発展の好事例として挙げた。オンラインフライデーに参加した企業は昨年を上まわる3000社であった。 Thoa氏はビジネスに対し、eコマースのトレンドをキャッチし、eコマースの発展を促すプランを持つよう力説している。 AVRのDinh Thi My Loan会長は、携帯端末の人気など、様々な要素がeコマースの発展を促進していると語った。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長も携帯電話やアプリの発展が購買活動を促進していることに同意している。 Hung氏によると、ベトナムのeコマース事業は年間30%の伸び率で成長を続けているという。「ビジネスは小売をオフラインからオンラインに素早く乗り換えています。一部の企業ではビジネスを完全にオンライン化しているところすらあります」と彼は述べた。 しかしながら、NielsenのPham Thanh Cong氏は、小売業全体の売り上げの85%を占めるのは伝統的な形式を持つ130万の店舗であることに触れ、小売業は地方地域の需要を満たす解決策を持たなければならないと語った。   もっと見る
withnews.jp  麺王国ベトナムのカップ麺を食べ尽くし…各社の世界戦略を味わう  ↑0 ↓0
都市部のホーチミンやハノイで増えているコンビニエンスストアや、大型ショッピングセンターの食品売り場を訪ねると、確かに棚にはカップ麺がずらりと並んでいま ...
アパレル・リソース  8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国入り  ↑0 ↓0
米国のAT Kearney Companyが発表した世界小売開発インデックスのランキングでベトナムが8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国のひとつとして挙げられた。さらに、世界的な情報計量企業Nielsenの最新の調査によると、ベトナム人消費者の34%がハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)で、29%がスーパーマーケットで、22%がコンビニエンスストアやミニマートで定期的に買い物をしているという。 この調査では、大規模小売業者と人口の60%が35歳以下という若い人口により、現代的な小売モデルは高い年間成長率を記録し続けるだろうと結論づけている。 Saigon Coopが売上高と店舗数で引き続き首位に立っている。ACB Securities Company(ACBS)によると、Co.op Xtra、Co-op Mart、Supermarket Food Co-op Miniの3つのチェーンを持つSaigon Co-opは178店舗を擁し、2015年の売上高は25兆ベトナム・ドン(1010万米ドル以上)に達した。 Nielsenの調査はまた、コンビニエンスストアやミニマートの業態は今後も成長を続けると予測している。コンビニエンスストアやミニマートの部門は現在小売業界で急速に拡大している。VingroupチェーンのVinmart+は2016年6月末時点で825店舗を擁し、競合相手であるShop & Goも210店舗、Circle Kは178店舗、B’s Mart(旧Family Mart)は146店舗、Satrafoodsは80店舗、Ministopは58店舗を展開している。 商工省は2020年までにベトナム国内のハイパーマーケット・スーパーマーケットは1200から1300か所、ショッピングセンターは337か所となると予測している。商工省によると、低い都市化率と一人当たり国内総生産にもかかわらず、国内総生産の伸びは市場の昔ながらの生鮮食品小売業も勢い付け、72%の成長率を示した。しかし、成長率は2020年までに60%へと低下する可能性があると分析している。 もっと見る
newswitch.jp  ベトナムでコンビニ急増のなぜ?サークルKなど主要6社で1000店超に  ↑0 ↓0
ベトナムでコンビニエンスストアが急増している。8月までに主要6社の店舗数 ... 同社は2014年11月に首都ハノイで産声を上げたばかりだが、早くも出店数で ...
2016/10/06 07:30 da:57 facebook:0 twitter:0 ハノイ ストア サークルK コンビニ コンビニエンス Tweet
日本経済新聞  日東ベスト、ベトナムで10万食生産 日系コンビニに弁当・総菜  ↑0 ↓0
業務用冷凍食品の日東ベストは、ベトナムで加工食品市場の開拓に乗り出す。2017年春に現地工場を稼働し、進出が活発化している日系コンビニエンスストアや ...
2016/09/29 06:56 da:90 facebook:0 twitter:0 ベスト ストア コンビニエンス コンビニ 冷凍食品 Tweet
出島  ベトナム、2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの ...
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
アパレル・リソース  国内小売業者の新たな事業戦略  ↑0 ↓0
Big CやMetroといった外資系スーパーマーケットが割引率を20-25%に引き上げたことに対応して、国内の小売業者も流通経路改善のため積極的に事業戦略を転換しつつある。 ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、Oceanmart、Vinatexmart、Maximarkの買収後、全国でVinmartミニマーケット、コンビニエンスストア網を約600店舗まで拡大しつつあるVingroupの例を挙げて説明した。 Vingroupは協力企業に直接投資しつつ、生産者や納品業者と直接契約し、VietGap基準に適合するVinEcoブランドの農産品を開発している。Vingroupでは加工食品についても主要生産企業となることを目標としている。 これはVingroupのブランドを確立し、小売市場における競争力を強化することを狙ったものであるとPhu会長は話す。 サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)はスーパーマーケットの品質を向上し、異なるマーケットシェアを狙った新たな事業戦略の立案を計画している。 Sai Gon Co.opは大都市部で新規10店舗のCo.opmartスーパーマーケットと、その他地域で20店舗の中小規模スーパーマーケットの開店を予定している。2020年までにCo.opmartスーパーマーケットが130店舗、Co.opXtraが8-10店舗、Sense Cityが3-5店舗となる予定である。 Sai Gon Co.opのNguyen Thanh Nhan副社長は、市場でのプレッシャーはあるものの、ベトナム国内の生産者との関係を守り続けたいと話す。Sai Gon Co.opのスーパーマーケットで扱われる商品の90%近くがベトナム産の商品である。 さらに、Sai Gon Co.opはネットワーク拡大のため、コンビニエンスストアに加え、オンライン取引の研究・開発を続けていきたいとしている。これは国内の生産者支援にもなりうるとNhan副社長は話す。 Sai Gon Co.opは消費者が国内産品を購入できるよう、ベトナム産品を優先的に扱うとしている。 商工省の国内市場部のVi Van Quyen部長は、ベトナム企業が品質を確保することができれば、外資系の流通網に頼る必要はなくなるだろうと話す。特に小売業者と生産者の提携は困難を克服する上で役に立つという。しかし、国内企業は先進的な科学技術に投資し、ベトナム人の嗜好を知る優位性を活かして国内、外資系どちらの販売網でも競争力のある商品を提供できるようにするべきだとQuyen部長は話す。 ベトナム企業は新たな隙間市場を見つけるべきであるともQuyen部長は指摘する。商工省は国内企業に対しネットワーク拡大、技術革新のための支援を行なっているという。 もっと見る
kkt.jp  万引きし目撃者殴る ベトナム人2人逮捕  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアで万引きして、追いかけてきた目撃者の男性の顔面を殴ったとして、逃走していたベトナム人の男2人が逮捕された。 強盗致傷の疑いで逮捕 ...
2016/08/19 13:29 da:53 facebook:0 twitter:0 万引き 目撃者 ストア コンビニエンス Tweet
news.tbs.co.jp  清涼飲料水盗み通行人に暴行した疑い、ベトナム人2人逮捕  ↑0 ↓0
東京・新宿区のコンビニエンスストアで清涼飲料水を盗んで逃走し、取り押さえようとした通行人の男性に暴行を加えたとして、ベトナム国籍の男2人が警視庁に ...
2016/08/19 12:56 da:88 facebook:0 twitter:0 清涼飲料水 警視庁 コンビニエンス ストア Tweet
出島  ベトナム小売市場、規制緩和でイオン、ビングループなど出店拡大  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場で現地の異業種企業の進出が相次いでいる。不動産大手のビングループが2019年末までにコンビニエンスストア1万店を出店するほか、衣料 ...
2016/08/10 12:45 da:17 facebook:0 twitter:0 グループ ストア コンビニエンス 不動産 イオン Tweet
アパレル・リソース  人気高まるコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
生活ペースのスピードアップや世帯の小型化に伴い、ベトナム人が店選びの歳に近頃では「利便性」を大いに重要視することが、市場調査会社ニールセンによる最近の調査で明らかになった。 ベトナム人顧客の10人に6人近くが、都合の良い場所にある店を選ぶと言う。一方、10人に5人近くの顧客が、優れたデザインで商品が選びやすく陳列されている店に行くという。 ニールセン・ベトナムのRoberto Butragueño氏は、小売店のオムニチャネル戦略の中でその店が果たすであろう役割を考慮する必要があるとコメントした。 ホーチミン市商工省によると、Tien Loi Gia Dinh Vietnam社所有のファミリーマートが70店舗、B’s Mart株式会社に属するB’s Martが98店舗、Cua Hieu & Suc Song JSCに属するショップアンドゴーが111店舗である一方、Vong Tron Do社が所有するサークルKは150店舗に達した。 アナリストらは、最近のコンビニエンスストアにおいて、多様な商品の提供とファーストフードカフェとしての用途の両方を目指した「ハイブリッド」な店へと発展する傾向である大きな変化を言及する。 サークルKは、ネットワーク拡大の速さにおいてライバルより優っているとこがわかる。あらゆる住宅街にて、わずか500メートル間隔で約2、3店舗が営業している。 例えばホーチミン市の6地区の11区では、Binh Phu通りに2店舗、Cho Lon通りに1店舗の計3店舗のサークルKがある。小売店チェーンは、アメリカのものに似せた新しい看板でその独自性を変化させた。 サークルKベトナム責任者のTony Yang氏は、店舗数の急速な増加を説明しながら、サークルKベトナムは米国サークルKとのフランチャイズ契約の下で発展したことを語った。2015年前半の構造改以後、サークルKは4Fサービス(フレッシュ、フレンドリー、ファースト、フル)に注力している。 サークルKは現在、コンビニエンスストア方式の消費者用品を販売するだけの店から、ファーストフード(顧客の注文に応じその場で加工する)、プライベートブランド飲料、座席やWi-Fiなどの付加設備を含めさまざまなサービスを提供している。 一方、2010年から小売店チェーンを展開してきたVingroup株式会社は、コンビニエンスストア(Vinmart +)は毎日2店舗を開店していると伝えられる。5月までに650店舗が開店され、Vinmart +はベトナム最大のコンビニエンスストアチェーンとなった。   もっと見る
nna.jp  ミニストップ、ベトナム50店舗に到達  ↑0 ↓0
ミニストップベトナムは20日、ホーチミン市1区のナムキーコイギア通りに稼働ベースで50店舗目をオープンさせた。ミニストップは昨年、ベトナムでのパートナーを地場コーヒーチェーン大手チュングエン傘下のG7S&Tから双日に切り替えて以降に出店を加速させており、年内に80店舗、2017年末までに160店舗体制を目指す。ミニストップはベトナムでの店舗数が50店となった=20日、ホーチミン市双日とパートナーを結ぶまでの17店舗体制から、1年余りでホーチミン市内で3倍に店舗網を広げた。15年から向こう10年で800店以上に拡大させる計画で、都市部での立地確保を急ぐ。ベトナム国内のコンビニエンストアでは、不動産最大手ベトナム投資グループ(ビングループ)の「ビンマート・プラス」が650店を超えたとされ、タイ系「ビーズ・マート(B’s Mart)」は140店程度、ファミリーマートも100店を突破した。競争が激しくなる中、ミニストップは店舗網の拡大に向け、直営店に加えてフランチャイズ店の導入も検討に入る。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、「オーナーも稼げるような契約を考える」とし、来年にも開始する意向だ もっと見る
2016/07/21 00:00 da:51 facebook:2 twitter:0 ストップ パートナー オープン ホーチミン ベース Tweet
nna.jp  ファミマ、店舗展開加速へ新体制  ↑0 ↓0
ファミリーマートは7日、ベトナムでの店舗展開の加速に向け、ベトナム・インベストメント・デベロップメント・グループ(VIDグループ)とパートナー契約を結んだと発表した。ファミリーマート・ベトナム(FMV)をVIDとの合弁会社にし、VIDのグループ企業「ベトナム・ファミリー・コンビニエンス・ストアズ(VFCVS)」と2社体制で事業を推進する。FMVの出資比率はファミリーマートが51%、VIDが49%となる。ファミリーマートの関係者によると、FMVが本部機能を担い、店舗運営を担当するVFCVSにフランチャイズ(FC)権を付与する。VIDはハノイに本拠を置き、金融をはじめITや人材、不動産などの事業を手掛ける。ファミリーマートは、多角的に事業を展開するVIDと日本式コンビニ運営のノウハウを合わせることによる相乗効果の創出を目指す。ファミリーマートのベトナムでの店舗数は、6月末時点で103店。このうち、90店舗以上がホーチミン市で、ビンズオン省が3店、バリアブンタウ省に2店と、全ての店舗が南部に設置されている。同社は今年第4四半期(10~12月)にハノイ1号店の出店を目指しており、その後に同市で もっと見る
k-zone.co.jp  【NTTデータ】ベトナムを代表するフィンテック企業で、コンビニエンスストアなどの大手加盟店を通じた請求 ...  ↑0 ↓0
ホーム> KZONEニュース> 金融ウォッチ IT業界NEWS> 【NTTデータ】ベトナムを代表するフィンテ. ... であるVietUnion Online Services Corporation(General Director:Ngo Trung Linh、本社:ベトナム・ホーチミン、以下:VietUnion(ベトユニオン).
2016/06/23 18:44 da:46 facebook:0 twitter:0 NTTデータ Service Corporation Director ホーチミン ウォッチ Tweet
日本経済新聞  小売り、外国人パート確保にも熱 ローソンはベトナムで研修  ↑0 ↓0
小売り各社が外国人のパート・アルバイト採用に力を入れる。ローソンは6月中に、日本へ留学予定の学生がコンビニエンスストアの業務などを学ぶ研修所をベトナムに開く。西友は外国人のパート従業員を対象とした英語での昇格試験を始めた。小売業はパート・アルバイトへの依存度が高い。人手不足は深刻で、日本人だけでなく外国人の人材確保を巡っても競合が激しくなりそうだ。 ローソンはベトナムの民間の人材教育機関3社と連…
2016/06/05 00:45 da:90 facebook:457 twitter:0 小売り パート ローソン 外国人 ストア コンビニエンス Tweet
アパレル・リソース  従来型小売チャネルはなおも活況  ↑0 ↓0
ベトナムは現代的な流通チャネルの拡大を強く志向しているものの、流通システムにおいては従来型小売チャネルがなおも重要な役割を果たしている。 ベトナムでは特に大都市において、ショッピングセンターがどんどん建設され、一部のアナリストはこうした現代的な小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットやショッピングモール)が伝統的な市場を「駆逐するだろう」とコメントした。 しかし市場調査会社のNielsen Vietnamによる最新の市場レポートによると、従来型取引チャネルは、現代的なチャネルよりも5.4%も高い成長率を示したことが明らかになった。 ホーチミン市Phu Nhuan区の主婦であるMy Haさんは、日常生活に必要な品を買うために毎週末スーパーマーケットに行くが、子供のための粉ミルクやおむつはそこでは買わず、食料雑貨店や商店で購入するという。 「まったく同じ商品であるにもかかわらずスーパーマーケットで買うと、例えば粉ミルク缶は食料雑貨店と比べて4~5万ベトナムドンも高いのです。」と彼女は説明した。「おむつも10〜15%も高く、スーパーマーケットがセールを実施していても、そこでの価格は3~7%も高い値段が付いています。」 スーパーマーケットと食料雑貨店が提供するサービスの質の差について尋ねられた際、Haさんはちょうど電話で注文しようとしていたのだが、食料雑貨店は従業員が彼女の望む時間に家まで商品を届けてくれる、と言った。 このサービスにより彼女は、わざわざスーパーマーケットに出向き、駐車するのに時間を浪費する必要がなくなる、ということを意味する。 Phu Nhuan区にある食料雑貨店オーナーのSau Thuanさんは、近くにモダンな内装のコンビニエンスストアが出店したにもかかわらず、彼女の小さな食料雑貨店の経営は好調だと言った。 「決め手は販売価格です。」と彼女は説明した。「彼らの価格は、少なくとも10%は高いのです。」 Thuanさんは、多くの得意客を抱え、また多くのメーカーが販売代理店として商品を取り扱ってくれるよう彼女にコンタクトしてくるなど、彼女のビジネスについて満足していると述べた。 Nielsenによる報告書ではまた、従来型小売業は動きの速い消費財分野において売上の85%、100億米ドルを占めていると指摘した。 アナリストらは、伝統的な市場や食料雑貨店は、リーズナブルな価格で利便性を備えた商品を提供できるため、かつて予想されたように「駆逐される」ことはないだろう、とコメントした。 Nielsenは、従来型小売チャネルはメーカーの売上の中で最も高い割合を占めているものの、メーカーはまだそれを十分に活用しきれていない、と指摘した。 多くのメーカーでは、特に農村部において、たとえそれがコスト高であっても、流通ネットワークを再び開拓しようとしている。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinhディレクターは、「労働者」紙において、My Haoの収益の90%は従来型小売チャネルから得ていると述べた。 2015年に20%もの大幅な成長率に触発され、Lien Thanh社は、南部地域西部により多くの流通ネットワークを構築しようと検討している。   もっと見る
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
アパレル・リソース  タイのセントラル・グループがBig C Vietnamを落札  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーが、有力な国内外のライバルを退けベトナムのBig Cを落札した。 セントラル・グループは4月29日、同社とベトナム国内でのパートナーであるNguyen Kim Trading Companyが共同でBig C Vietnamを9億2000万ユーロ(10億5000万ドル)でフランスのカジノ・グループから買収したことを発表した。2社の負担金分担の詳細は発表されていない。セントラル・グループはNguyen Kimの株式の49%を保有している。 「究極的には、ベトナムの繁栄に貢献し、人々の生活の質を向上させたいという決意と取り組みが今回の成功に繋がりました。Big Cはベトナム国民の生活を向上し、豊かなものとしたいという決意とビジョンを共有できるパートナーであると考えています」とNguyen Kim Trading CompanyのNguyen Van Kim会長はセントラル・グループから発表された文書で表明した。 Big C Vietnamの取得とともに、セントラル・グループは地元産品の提供を続けること、Big Cの消費者、従業員、地元当局との強力なつながりを保つこと、Big C店舗で国内産品の取り扱いを続けることを決定していると同グループは発表している。 カジノ・グループはアジア及びラテンアメリカでの資産売却により債務削減を図っており、ベトナムでの資産売却で負債総額は42億ユーロとなる見込みである。 Big C Vietnamはスーパーマーケット33店舗、コンビニエンスストア10店舗とオンライン店舗Cdiscount.vnを擁する。カジノ・グループはベトナム事業の売却額は8億ドルに上ると予測していた。 Big C Vietnamの入札には日本のイオングループ、韓国のロッテ、タイのBJC、ベトナムのSaigon Co,opとMasan、そしてセントラル・グループをはじめとする約20社が参加した。 ベトナムで大規模なCo.opmartスーパーマーケットチェーンを所有するSaigon Co.opが有力な競合相手であったが、広範にわたる外国投資についての規制により、Big C Vietnamを落札することはできなかった。Big C Vietnamの落札には決済を海外で行う必要があったにもかかわらず、Saigon Co.opは現在海外投資を行う認可を得ていない。 Big C Vietnamの2015年の収益は5億8600万ユーロであった。Big C Vietnamは店舗数でCo.opmartチェーンに次ぐ第2位の規模であり、Big C Vietnamの取得でセントラル・グループは国内小売市場開発計画を少なくとも7年分前倒ししたこととなる。 もっと見る
日本経済新聞  タイ小売り大手セントラル、ベトナムの「ビッグC」買収  ↑0 ↓0
【バンコク=小野由香子】タイの小売り大手セントラル・グループは29日、ベトナムの大型スーパー「ビッグC」を仏小売り大手カジノから買収すると発表した。負債を含む買収額は10億ユーロ(約1220億円)で、スーパーとコンビニエンスストア43店、ショッピングセンター30店を引き継ぐ。ベトナムでは既に百貨店2店を運営する。2015年には現地の大手家電量販店「グエン・キム」の株式49%を取得するなど拡大する消費市場で事業を広げている。 一方、カジノ・グループにとって今回の売却はアジア事業リストラの一環だ。3月にはタイのビッグC事業をタイ大手財閥TCCグループ傘下の商社ベルリ・ユッカーに、31億ユーロで売却した。 もっと見る
2016/04/29 19:07 da:91 facebook:3 twitter:0 グループ 小売り ビッグ セントラル スーパー カジノ Tweet
アパレル・リソース  日系企業、小売市場で奮闘中  ↑0 ↓0
9000万人強ともされるベトナムの巨大消費市場の中で利益を掘り起こそうと、ベトナムの小売市場に進出する日系企業の数はますます増大している。 日本でコンビニエンスストア第3位のファミリーマートは2013年に操業を開始し、2014年には千葉県千葉市美浜区に本部を置くイオングループもこれに続いた。 一方大手デパートである高島屋と日本を拠点とするセブンイレブンの店舗のはじめての出店も2016年初旬から中頃にホーチミン市で予定されている。 しかしこれら日系の小売業者らはベトナムにおける事業で必ずしも成功を収めているわけではなく、多くの著名な経済専門家は小売業者らが生き残ることができるかに対して疑問を持っている。 アジアにおける地元の小売業者らは家族経営から本格的な営利事業に変化してきているとイオンベトナム代表の尾山長久氏は語る。 今後数年で地元企業との競争は激化すると十分に予測はしており、イオンは競争に勝つために店舗を多くの強力なプライベートブランド商品で埋め尽くす準備を整えていると尾山氏は言う。 また尾山氏によれば数多くの困難や問題のあるビジネスのやり方を経験し、すべての地元ベトナムでのパートナー関係を解消したと述べた。 ファミリーマートもまた多数の問題があったために地元のビジネスパートナーとの関係を解消している。ファミリーマートは地元企業と協力関係を進める際には提案されているパートナーを詳細に調査することが必要だと忠告する。 両日系チェーンともに当初発表したベトナムでの拡大計画の数には達していない。 日系スーパーのイオンは地元の製造業者らと協力し2017年度までに関連する自社で開発するプライベートブランドの品目をおよそ2300点にまで伸ばす計画を明らかにした。 日系の巨大小売業者であるイオンは世界中で減退している売上と利益を好転させようとベトナム市場に大きく賭けている。昨年12月にはイオンはマレーシアで初めての店舗の閉鎖を発表している。 イオンはベトナムを成長の源泉と頼りにしており、ベトナム内での店舗を4倍の200店舗にまで拡大させようと大きな期待を寄せている。 ブルームバーグが発表した最近の記事によれば、イオングループはBig C Vietnamの買収において提案価格8億米ドルを提示している主要な入札者であるという。 フランスの小売りグループであるCasinoも、同グループに近い情報筋によればBig C Vietnamの売却に対して第2ラウンドの入札を計画しているという。   もっと見る
sankeibiz.jp  コンビニ、TPPに商機 ファミマ、マレーシアに進出 ローソンはベトナムに熱視線 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの外資規制が緩和されることをにらんだ取り組みだ。TPP発効後の規制緩和を見越して、市場の成長が見込まれるマレーシアやベトナムへの進出の動きは今後広がりを見せそうだ。 ファミマはQL社とライセンス契約を締結し、今年中にマレーシアの首都クアラルンプールに1号店を出店する。TPPの発効後、日本企業が現地の運営会社に30%まで出資できるようになるため、コンビニを運営するQL社の子会社へ出資する方向だ。 マレーシアにおける日系のコンビニでは、セブン&アイ・ホールディングスが米子会社を通じたライセンス契約を現地企業と締結し、1950店を展開しているが、他の日系コンビニチェーンは展開していない。ファミマにとってマレーシアは「有望なフロンティア。規制緩和をポジティブにとらえていく」(中山勇社長)としており、今回の提携を機に5年で300店の出店を目指す。 もっと見る
minyu-net.com  ベトナムへ販路拡大を 販売の好機、ジェトロが22日・説明会  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構福島貿易情報センター(ジェトロ福島)などは22日、同機構がベトナムの日系コンビニエンスストアと協力して行う試験販売に関する説明会を郡山市のビッグパレットふくしまで開く。ベトナムは環太平洋連携協定(TPP)発効後の市場開放が見込まれている有力市場で、説明会を通して本県の企業関係者らがベトナムでの県産品販売の可能性を探る。
2016/04/09 09:11 da:63 facebook:2 twitter:0 ジェトロ ストア センター コンビニエンス Tweet
日本経済新聞  ベトナム最大の電子マネー「モモ」に31億円出資 英銀など  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」企業のMサービス(ホーチミン市)は英スタンダードチャータード銀行と米ゴールドマン・サックス証券から2800万ドル(約31億4000万円)の出資を受けたと発表した。Mサービスが提供するベトナム最大の電子マネー「MoMo(モモ)」の利用可能店舗を現在の約3倍に増やすなどサービスを拡充する。 モモは2015年10月に始めた電子マネーで、現在の利用者数は250万人。ネット通販での決済、リアル店舗での支払い、銀行口座を必要としない振り込みなど様々なサービスがある。全利用者のうち100万人がスマートフォン(スマホ)で使っており、若い世代の利用が増えている。 スタンダードチャータードは2500万ドルを新規に出資、ゴールドマンは13年の575万ドルに続き、300万ドルを追加出資した。Mサービスはスーパー、コンビニエンスストアなどに決済端末を置くほか、新規サービスを開発する。利用可能店舗を現在の4000店から数年内に2.8倍の1万1000店に、利用者を同1.6倍の400万人に増やす。 ベトナムではネット通販の拡大で電子マネー決済のニーズが もっと見る
ビッグローブニュース  ベトナムのコンビニで日本フェア=TPP後視野に  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】ベトナム訪問中の林幹雄経済産業相は20日、同国の日系コンビニエンスストアで今秋、日本の商品を試験販売する「ジャパンフェア」を行うと表明した。環太平洋連携協定(TPP)発効後を視野に、日本産食品・農水産品の輸出拡大や、現地の日系コンビニの収益増につなげることを目指す。 対象はファミリーマートとミニストップの最大200店舗。2社と日本貿易振興機構(ジェトロ)が連携して開催する。東日本大震災の被災地産を含めた農産品や、菓子類、日本酒などを念頭に、最大60程度の商品を販売する方向で調整する。 [時事通信社]
sankeibiz.jp  【よむベトナムトレンド】コーヒー市場、コンビニ交え競争激化  ↑0 ↓0
ホーチミン市内にあるチュングエンの店舗。ベトナムのコーヒー市場では現地資本に加え、外資、コンビニエンスストアなどを交えた競争が激化している(ブルームバーグ)【拡大】
sankeibiz.jp  ベトナム、外資の小売り参入活発 地場企業と合併・買収も  ↑0 ↓0
拡大が見込まれるベトナム小売市場で、外資企業の参入や外資と地場企業との合併・買収などが相次いでいる。好調な経済成長や同国が進める自由貿易協定を追い風に、今年、同市場は1000億ドル(約11兆4590億円)規模に達するとされる。今後、国内外の小売り企業の動きが一段と活発化しそうだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。 タイ流通大手セントラル・グループは昨年、ベトナム家電チェーンのグエンキム・トレーディングの株式49%を取得し、ベトナムに参入した。韓国の小売り大手ロッテマートはベトナムでの事業拡大を図るほか、韓国のディスカウント最大手イーマートは昨年12月、南部ホーチミンに初出店した。 日系企業の動きも慌ただしい。イオンは昨年、地場スーパー2社と資本・業務提携し事業展開を加速させている。セブン-イレブンは、2017年4月にベトナムでの1号店開設を目指す。 地場企業も手をこまぬいていない。地場不動産大手のビングループは、地場小売り企業のオーシャンマートなどを買収し小売り部門を強化、17年までに合計1100店のスーパーマーケットやコンビニエンスストアを開設する計画だ。 ベトナムの小売市場は、ス もっと見る
2016/02/17 05:03 da:68 facebook:2 twitter:0 小売り Tweet
アパレル・リソース  小売部門が内外企業によるM&Aに直面  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場における膨大な発展余地を見越し、外資系企業とベトナム企業との間でいくつかの合併買収(M&A)が行われている。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に参加するにあたり、その取組み義務の一つとして、2015年以降100%外資での小売企業設立を認めることとした。先月、ベトナムも参加するアセアン経済共同体(AEC)が発足し、各国市場が6億人もの消費者を擁する単一の地域市場へ統合され、また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、12の加盟国から1万種類以上の商品が関税ゼロで供給されることとなる。 このような状況下で、スーパーマーケットやコンビニなどの現代的な小売店による販売は、ベトナムでの市場においてわずか25%しか占めておらず、伝統的市場が依然として最も身近な販売チャネルとなっている。域内の各国、例えばフィリピンの33%、タイの34%、中国の51%、マレーシアの60%、そしてシンガポールの90%と比較して、ベトナムの現代的な小売店舗のカバー率ははるかに低い。そのためベトナムでは今後、現代的な小売店舗のカバー率を45%にまで引き上げる計画としており、外資系小売業者から熱い視線を注がれている。 近代的なショッピングチェーンを展開する地元小売業者として、77店舗のスーパーマーケットを運営するCo-opmart社、ハノイに20店舗を持つFivimart社、27店舗を持つCitimart社、そして20店舗以上を持つHapro社などが挙げられる。Vingroup社はRetail Oceanグループの買収後小売市場に参入し、VinmartブランドのスーパーマーケットやVinmart+ブランドのコンビニエンスストアのネットワークを、全国で200店舗以上にまで成長させた。 一方で外資系小売企業は、ベトナム全土で800以上あるスーパーマーケットのうち40%以上を占めている。ベトナムにおける外資系小売企業には、スーパーマーケットチェーンとしてBig C、Lotte Mart、Metro Cash & Carry、Aeonなどがあり、コンビニエンスストアとして、米国のCircle K、シンガポールのShop & Go、タイのB's martなどが進出している。 専門家によると、ベトナムのこの状況は、(外資系企業が)現代的なショッピング店舗に投資するのに最適な場所の一つとさせている。投資家らは新規投資だけでなく、M&Aも選択肢としている。 ベトナムのMetro Cash & Carryを買収したタイの小売業者Berli Jucker社は、全国で30以上のBig Cブランドのスーパーマーケットを運営するフランスの小売グループCasino Viet Nam社を買収する計画を発表した。 小売業界に詳しい情報筋によると、シンガポールのThe Dairy Farmグループ、韓国のLotteグループ、そして日本の小売グループのAeonもまた、ベトナムのBig Cスーパーマーケットチェーンの獲得を望んでいる。 The Dairy Farmグループは、シンガポールや香港における業界二番手の小売業者で、7-Eleven、Cold Storage、Guardian、Wellcome Giant、そしてHeroなどのブランドを傘下に抱える。このThe Dairy Farmグループは2014年に130億米ドルの売上があり、また韓国小売チェーンのLotte Shoppingは、同年230億米ドルの売上を記録した。 外資系の巨大小売企業のみならず、不動産ディベロッパーのVingroupのような地元企業もまた、ベトナム小売市場に参入するためにM&Aを利用している。Vingroupは、これまで小売部門において立て続けにM&A取引を行ってきた。2014年にOcean Martを買収後、Vinmartと改名し、そのチェーンを拡大した。その後、ベトナム繊維公団(Vinatex)からVinatextmartsの全株式を取得し、ベトナム全土39店舗のVinatextmartsを手中にした。 Vingroupはまた、Hop Nhat 社の株式の80%を取得してVinlinksと改名し、Vingroupの小売部門の配送にそれを利用している。 最近Vingroupでは、An Phong Investment JSCからMaximarkの全株式を取得した。グループのLe Khac Hiep副会長が地元メディアに語ったところによると、Vingroupは新規建設やM&Aにより、今後2017年までに100店舗のスーパーマーケットと、1000のマートを開業する予定としている。 もっと見る
NHKニュース  ベトナムで日系企業対象にTPPセミナー  ↑0 ↓0
このセミナーは、ベトナムに進出する日系企業にTPPの活用方法を理解し、今後の事業に役立ててもらおうと、JETRO=日本貿易振興機構が1日ハノイ市内で開いたものでベトナムに進出する日系企業の担当者など、およそ170人が参加しました。セミナーでは、経済産業省の担当者らが繊維や自動車部品といった品目ごとの関税撤廃の時期など大筋合意の内容を説明したほか、TPPの発効で大幅な拡大が見込まれるベトナムからアメリカへの輸出について具体的な事例を挙げながら解説しました。また、投資やサービス分野が自由化され規制が緩和されることで、ベトナムでは今後、コンビニエンスストアやスーパーなど小売分野においてビジネス環境の改善が期待できることなどを紹介しました。セミナーで講演した経済産業省の吉澤隆経済連携交渉官は「TPPは、世界のGDP=国内総生産のおよそ4割を占める、潜在性のある経済連携であり、ぜひ幅広く協定の中身を理解し、活用してもらいたい」と話していました。 もっと見る
2016/02/02 04:52 da:88 facebook:5 twitter:0 セミナー ハノイ JETRO Tweet
アパレル・リソース  セブンイレブン進出で国内小売業者に警戒感広がる  ↑0 ↓0
日本の小売大手セブン&アイ・ホールディングスグループのベトナムへの進出により、ベトナムの小売市場の競争はさらに厳しくなることが予想される。 2015年7月の日本経済新聞の報道によると、同グループの米国子会社セブンイレブンInc.がIFB Vietnamと契約を結んだ。IFB Vietnamは同国でピザハットのチェーン展開をしており、セブンイレブン第一号店をホーチミン市に出店する予定である。今後3年間で100店、10年以内に1000店の出店を目指している。 セブン&アイ・ホールディングスのベトナムへの進出は、国内外の小売業者のベトナムでの業務拡大と時期を同じくしており、小売業界における競争の激化が予測される。 特に、米国の24時間営業コンビニエンスストアであるサークルKは現在ベトナムに113店を擁するが、当初の予定では2015年末までに150店を展開する予定であった。 バンコクポストの報道によると、ThaiBerli Jucker Plc は2018年までに205店のB’s Martを開店するため、3126万米ドルを投資しているという。 加えて、日本のイオングループ傘下のミニストップと双日が今後3年間で200店を開店し、10年以内に800店まで拡大する計画を進めている。 一方でベトナム企業もまた主要都市でコンビニエンスストアを増やしつつある。特に目立つ動きとしては、Vingroupが2015年にVinmart+を30店開店しており、ベトナムの小売業首位に立とうと、今後3年から5年間で1000店のコンビニエンスストアの開業を計画している。 業界専門家らは、セブン&アイ・ホールディングスのベトナム進出で、日用消費財(FMCG)製造業者の製品物流に変化が出る可能性を予測している。Nielsenの2015年の報告書によると、日用消費財の売り上げのうち80%が伝統的小売業者からのものとなっている。しかし、ベトナムの消費者は徐々にこうした伝統的な小売形態からコンビニエンスストアに移行しようとしている。 「セブンイレブンはベトナムの小売分野の状況を変えるでしょう」とエースコックベトナムの篭嶋茂人営業部長は話す。エースコックはベトナムのインスタント麺製造企業大手である。 現在エースコックベトナムの流通システムにおいては伝統的小売業が95%と最も高い割合を占めるが、同社はセブンイレブンをはじめとするコンビニエンスストアを通じた流通を増加する計画であると篭嶋営業部長は話す。 世界でも主導的なコンビニエンスストアチェーンであるセブンイレブンは、現在世界16カ国で5万6400店舗、日本で1万5000店舗を展開している。東南アジアでは、セブンイレブンはシンガポール、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアに進出している。     もっと見る
日本経済新聞  仏カジノ、ベトナムの小売りを売却  ↑0 ↓0
売却先としてタイの複数の複合企業やベトナム不動産大手ビングループの名前が挙がっている カジノは20億ユーロ(約2654億円)を超える債務を削減するリストラを計画しており、ベトナムのBig Cの売却に加えて「タイの不動産案件」も候補だという。 Big Cは、ベトナム市場に進出した初の国際的小売りチェーンの1つ。第1号店の開店は1998年で、今月時点で32の店舗とC-Expressと呼ばれるコンビニエンスストア10店舗を全国展開している。(ハノイ支局)
2015/12/18 22:41 da:88 facebook:1 twitter:0 カジノ 小売り チェーン 国際的 ハノイ グループ Tweet
アパレル・リソース  成長するアジア小売市場  ↑0 ↓0
ベトナムはアジアで最も発達した小売市場のひとつになりつつある、とハノイにおけるセミナーにて論じられた。 ベトナム小売業協会(VRA)は、「ベトナムにおけるショッピングセンターとその開発計画」をテーマとしたベトナム小売業フォーラム2015を開催した。このイベントには、政府当局、小売業の専門家、そして国内外の小売企業が参加した。 商工省(MOIT)国内市場部のDuong Duy Hung次長によると、最終消費支出はベトナムの国内総生産(GDP)の70%を占めており、またそのうちの90%が民間最終消費支出である。 そして現在の小売市場は、ベトナムの小売業部門の成長エンジンとしての役割が増加しつつある、と続けた。 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟する際には、多国籍小売企業の参入を促進するような開放政策のために、(ベトナム自国の)伝統的な、または現代的な小売店が駆逐されるのではないかと懸念された。だがベトナムの小売企業は、生き残りのために競争力を高めることによって、だんだんと(この過酷な環境に)適応してきている、とHung次長は述べた。 しかし、国内の小売業者は再び困難に直面している。外資系の巨大小売企業は、トレードセンターやスーパーマーケットに巨額の資金を投入しており、このことが国内の小売業者を悩ませている、とHung次長は述べた。 VRAのDinh Thi My Loan会長は、ベトナムのスーパーマーケットや小売チェーンはこれまで懸命に進化してきたものの、まだ価格競争力、取扱商品の種類、そして品質管理の面などにおいて、プロフェッショナルとしての要素に劣っている部分がある、と述べた。 Nielsen市場調査会社によると、月額収入が1500万ベトナムドン(714米ドル)以上あるベトナムの中流・富裕層(MAC)の規模は、現時点から2020年までの間に3倍となり、小売業者にとっての主要な顧客グループとなることが見込まれている。 不動産サービス業を営むCB Richard Ellis社 (CBRE)のレポートによると、Saigon Co.op社傘下のスーパーマーケットチェーンCo.op-martは、2015年アジア太平洋地域における小売業トップ200のうちの一つに選ばれた。 一方で、ベトナムの小売業トップ10のリストにおいては、そのトップは、Saigon Jewellery SJC社、そしてインターネットストアチェーンのNguyen Kim社、国営の携帯電話小売大手Gioi Di Dong(Mobile World)社が続いている。 また、このレポートによると、ハノイ市の小売店用地の空き地率が過去5年で最も高い水準にあり、20%にも上ったのに対し、ホーチミン市における空き地率は比較的低率に収まっており、ここのところ10%を下回ってきた。このことは、両都市における平均賃料に直接的に影響を与えている。 結果として、ハノイ市の平均賃料は低下している一方で、ホーチミン市の金額は上昇している。ハノイ市とホーチミン市の中心エリアにおける賃料は非常に高く、CBREのレポートによると、2015年第3四半期において月額1㎡当たり120米ドル以上にも上り、市内その他の地域の約3倍となっている。 このレポートではまた、ベトナム人の22%は、大きなショッピングモールよりもむしろ、コンビニエンスストアへ買い物に行くことを好む、と指摘している。 もっと見る
日本経済新聞  マーケットの現場から  ↑0 ↓0
ベトナム・ホーチミンの繁華街にあるコンビニエンスストア。1個50~100円程度の地元のスナック菓子に混じって、イトウ製菓(東京・北区)の「ミスターイトウ」のクッキーが8万6000ドン(500円弱)で売られていた。日本で買えば200円前後なので、ゆうに2倍以上の値段だ。この価格は物価の高さで世界有数のシンガポールをも超えている。■「輸入品、高くて買えない」 肌感覚ではベトナムの物価は総じて安い。国…
グローバルニュースアジア  【ベトナム】チェーン店が進出し始めたハノイ旧市街はもっと変わっていく?  ↑0 ↓0
このような環境の中、やはりホーチミンにはたくさんあるコンビニエンスストア「サークルK」もハノイに進出してきた。2008年にベトナム進出を開始して今年4月、やっとベトナム北部への展開が始まった。その内の数店舗が旧市街にあるのだが、筆者から見てまだ街に馴染んでいない印象はあった。

Thailand

headlines.yahoo.co.jp  レジ袋配布を終日中止=プラごみ削減へ取り組み―タイ  ↑0 ↓0
【バンコク時事】タイのスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで「タイ環境の日」に当たる4日、政府の呼び掛けに応じ、レジ袋を終日配布しない取り組みが行 ...
2018/12/05 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  朝のバカ売れ「ガパオライス弁当」屋台~バンコクの街角の風景  ↑0 ↓0
1日の最初の楽しみが朝ごはん。毎日おいしいものを求めて、近所の屋台が並ぶコンビニエンスストア前に行くのですが、最近のお気に入りが弁当屋台。
2018/12/04 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  全裸で買い物 タイ人若者3人に罰金  ↑0 ↓0
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は13日、バンコク北郊ノンタブリ県のコンビニエンスストアで裸で買い物をしたとして、タイ人の男3人(25、26、27)に公然 ...
2018/06/14 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  スクムビット26のコンビニ前で発砲、タイ人男性けが  ↑0 ↓0
【タイ】テレビ報道によると、12日夜、バンコク都心のソイ・スクムビット26通りのコンビニエンスストア前でタイ人男性(45)が銃で足を撃たれけがをした事件で、タイ ...
2018/05/16 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  ますます日本化するバンコクのコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
以前も総菜コーナーを設け、日本式のカレーなどを購入できるブースがあったが、雰囲気を変えて、ほかとは違うファミリーマートに大変身している。そのファミリーマートの目の前にはセブンイレブンがあり、バンコク中心地のコンビニは、各社日本料理を武器に戦っているようである。ますますバンコクは日本人にとって暮らしやすい ...
2018/02/26 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  VISAカード、セブン全店で利用可能に  ↑0 ↓0
クレジットカード大手VISA(ビザ)傘下のVISAタイランドは20日、タイ国内のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」の全店で、VISAカードが利用できるようになったと発表した。21日付ネーションが報じた。 VISAは、タイ国内でセブン―イレブンを展開するCPオ… 関連国・地域: 中国/タイ. 関連業種: IT・通信/金融・保険/ ...
2018/02/22 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kyoto-np.co.jp  ツタヤ図書館、山口に開館駅ビル内、全国で5例目  ↑0 ↓0
レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と山口県周南市が連携して企画した市立図書館が3日に開館した。「ツタヤ図書館」は佐賀県武雄市などに次いで全国で5例目。 新しく完成したJR徳山駅ビル内に開館し、書店やカフェも併設。図書館の指定管理者となったCCCが蔵書選定も ...
2018/02/03 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ローソン、首都出店に再注力 サービス拡充で200店体制へ弾み  ↑0 ↓0
タイでコンビニエンスストア「ローソン108」を展開するサハ・ローソンは1月31日、バンコクの地下鉄スティサン駅近くにタイ100店目を開設した。バンコク中心部での地上店の出店は約2年ぶり。カフェなど新サービスを導入したプロトタイプ店で、今年は同店舗をモデルにバンコク中心… 関連国・地域: タイ/日本. 関連業種: 商業・ ...
2018/02/01 04:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  バンコク保険、セブンで旅行保険を販売  ↑0 ↓0
タイのバンコク銀行系の損害保険会社バンコク・インシュランスは、大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループが運営するコンビニエンスストア「セブン―イレブン」で海外旅行保険を販売する。同保険の収入が現行比15%増加すると期待する。10日付バンコクポストが報じた。 CP… 関連国・地域: タイ. 関連業種: 金融・保険/ ...
2018/01/11 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  工場従業員送迎バスがコンビニに突っ込む タイ中部アユタヤ  ↑0 ↓0
【タイ】タイのテレビ報道によると、10日朝、中部アユタヤ県で、工場従業員の送迎バスが道路沿いのコンビニエンスストアに突っ込んで前部が大破し、乗客のタイ人 ...
グローバルニュースアジア  タイのニュース  ↑0 ↓0
グリコはタイ国内で生産しており、パッケージそのもにタイ語が印字されている。 ... そして、2017年に入り、順次バンコク近郊のコンビニエンスストアでも、販売が開始 ... 在住日本人だけでなくタイ人にも高評価で、入荷すると即完売という状態が2016年 ...
newsclip.be  元彼挑発し射殺される タイ中部アユタヤ  ↑0 ↓0
バンコクのコンビニ店内で女性射殺、タイ人男とトラブルか. 【タイ】10日午後8時ごろ、バンコク都バンクンティエン区のコンビニエンスストア、セブンイレブンの店内 ...
newsclip.be  バンコクのセブンイレブンで銃撃、店員男性死亡  ↑0 ↓0
【タイ】21日午前2時半ごろ、バンコク都内ノンジョーク地区のコンビニエンスストア「セブンイレブン」で従業員の男性が店に入ってきた男に銃撃される事件があった。
newsclip.be  バンコクのコンビニ店内で女性射殺、タイ人男とトラブルか  ↑0 ↓0
【タイ】10日午後8時ごろ、バンコク都内バンクンティエン区のコンビニエンスストア、セブンイレブンの店内でタイ人女性のチャリントンさん(34)が男に拳銃で撃た ...
読売新聞  カンボジアの著名な政治評論家、射殺される  ↑0 ↓0
【バンコク=児玉浩太郎】カンボジアの著名な政治評論家ケム・レイ氏(45)が10日、首都プノンペンのコンビニエンスストア内で射殺された。 警察などによると、入 ...
thaich.net  コンビニに超人気のグリコアイスが入荷するやいなやタイ人客殺到  ↑0 ↓0
2016年1月にタイでグリコアイスが発売されて以来、あまりの人気で品薄状態が続くため、先日はしびれを切らして激怒する人々の話題を掲載しましたが(参照 新発売のグリコアイスが超品薄でタイ人怒る)、4月に入った現在もグリコアイス熱は冷めやらず、品薄状態は変わりません。そんな中、コンビニエンスストアに入荷したグリコアイスに殺到する人々の様子を撮影した動画を、Facebookユーザーのムートゥー・オフライン‎さんが投稿しました。
2016/04/05 04:41 da:42 facebook:113 twitter:0 グリコ アイス しびれ あまり コンビニ Tweet
news-postseven.com  超絶長い正式名称 ピカソ、バンコク、ロビンソン漂流記  ↑0 ↓0
名前が長いため、それが略されるのは日常生活でもよくある話。「コンビニエンスストア」は「コンビニ」と略され、「スマートフォン」は「スマホ」と略される。一般的に知られている名前でも正式名称はとんでもなく長いことがある。
2016/03/07 15:56 da:49 facebook:0 twitter:0 スマートフォン スマホ 一般的 コンビニ ストア バンコク Tweet
travelvision.jp  タイ・バンコク、2月22日「万仏節」の祝日に伴う影響  ↑0 ↓0
2016年2月22日(月)、タイは仏教の祝日「万仏節」(マーカブーチャー)のため休日となり、酒類の販売が禁止となります。 万仏節の日は終日、コンビニエンスストアやスーパーマーケット等でお酒類を購入することができません。レストラン等でも酒類の提供ができなくなります。 また当日はバンコク市内の観光スポットの一つ「王宮」は午後閉館、本堂は終日閉館となります。 同日にご旅行をご予定の方はご注意ください。情報提供:エス・エム・アイ・トラベル・ジャパン株式会社、日本海外ツアーオペレーター協会
2016/02/18 20:26 da:36 facebook:0 twitter:0 コンビニエンス バンコク Tweet

Singapore

nna.jp  おつりをICカードに入金、チアーズで  ↑0 ↓0
シンガポール最大の労働団体である全国労働組合会議(NTUC)系のコンビニエンスストア、チアーズの一部店舗で、買い物の支払いを現金で行う際のおつりを ...
2018/08/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  非接触型カード登場、駐車場の支払いに対応  ↑0 ↓0
シンガポールの電子決済機関NETS(ネットワーク・フォー・エレクトロニック・トランスファーズ)は2日、駐車場の料金支払いに対応した非接触型ICカード「コンタクトレス・キャッシュカード」を導入した。同日から国内のコンビニエンスストアなどで販売を開始している。 新型カードは、道路の自動料金徴収システム(ERP)用「 ...
2018/05/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  スクート、日本でコンビニ決済など開始  ↑0 ↓0
シンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクート・タイガーエアは29日、英決済サービス事業者ワールドペイと提携し、日本国内のコンビニエンスストアや電子決済サービス「ペイジー」での支払い受け付けを開始したと発表した。 「Flyscoot.com」の日本語サイトか… 関連国・地域: シンガポール/日本/欧州.
2018/01/31 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  HSBC、現金引出しでセブン―イレブンと提携  ↑0 ↓0
英金融大手HSBCホールディングスの子会社HSBCシンガポールはこのほど、コンビニエンスストア大手「セブン―イレブン」と提携すると発表した。HSBCに口座を持つ顧客は、シンガポールのセブン―イレブン300店舗以上で現金を引き出せるようになる。 これにより、同国でH… 関連国・地域: 香港/シンガポール/欧州.
2018/01/24 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  シンガポール・プレス・ホールディングス、コンビニ事業拡大へ  ↑0 ↓0
シンガポール・プレス・ホールディングス(シンガポールの新聞大手) 「バズ」の名で展開するコンビニエンスストア事業を拡大する。店員数を抑えた低コスト運営で、店舗数を現在の59店から200店に増やす目標だ。 低コスト運営の店舗では、飲料、菓子、新聞などをスマートフォンで決済できる自動販売機で販売する。 自販機を16 ...
2017/11/30 23:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  初の無人コンビニ登場、ナンヤンポリテクに  ↑0 ↓0
シンガポール中部にあるナンヤン・ポリテクニック(国立技術高等専門学校、NYP)のキャンパスに、国内初となる無人のコンビニエンスストアが登場した。商品の ...
asiax.biz  セブンイレブンで「アリペイ」導入、中国人客取込み  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手セブン・イレブン・マレーシアは、国内の小売業者で初めて、中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ(阿里巴巴集団)のモバイル ...
2017/05/24 08:26 da:- facebook:0 twitter:0 商取引 アリババ グループ モバイル イレブン セブン Tweet
NHKニュース  中小メーカーの加工食品 シンガポールで試験販売  ↑0 ↓0
シンガポール国内のコンビニエンスストアで、日本の中小メーカーが生産した加工食品の試験販売が始まり、日本からの輸出拡大につながるものと期待されてい ...
2017/04/19 20:03 da:- facebook:0 twitter:0 メーカー ストア コンビニエンス Tweet
日本経済新聞  シンガポールで試験販売 大井川茶園、ドリップ式のリーフ茶  ↑0 ↓0
製茶問屋の大井川茶園(焼津市)はドリップ式のリーフ茶商品をシンガポールで試験販売する。19日から2カ月間、現地にあるコンビニエンスストア「 ...
2017/04/18 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 リーフ ドリップ式 大井川 ストア コンビニエンス Tweet
asiax.biz  セブンイレブンへの業態変更、中国食品販売店に提案  ↑0 ↓0
セブン・イレブン・マレーシアを通じコンビニエンスストアを展開するベルジャヤ・リテールは、中国食品を主に販売する商店の「セブン・イレブン」への業態変更を、 ...

Philippines

nna.jp  ファミマ、来年14店を新型店に改装  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートをフィリピンで運営するフィリピン・ファミリーマートCVS(PFM)は、2019年に国内14店舗の装いを一新する計画だ。
2018/10/31 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ロビンソンズ、ミニストップ現法に追加出資  ↑0 ↓0
ゴコンウェイ系の小売り大手ロビンソンズ・リテール・ホールディングスは3日、コンビニエンスストア「ミニストップ」をフィリピンでフランチャイズ(FC)展開する ...
2018/09/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、来年中に3000店舗展開へ  ↑0 ↓0
フィリピンでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」をチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)は、2019年末までに店舗数を3,000店に拡大する計画を明らかに ...
2018/07/23 12:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
manila-shimbun.com  6月末時点での全国店舗数は2386店舗。今年新たに370店舗、来年には全国3千店に到達へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア最大手のフィリピン・セブン・コープは19日、年内にセブンイレブンの新店舗370店を開店する構想を明らかにした。同社の6月末時点で.
2018/07/21 03:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、上半期は2桁の増収増益  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアのセブン―イレブンをチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)が発表した2018年上半期(1~6月)決算は、売上高が前年同期比22.7%増 ...
2018/07/18 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニ店舗2割増、小売店で最も成長  ↑0 ↓0
米市場調査会社ニールセンが4日に発表したフィリピンの消費者動向に関する調査によると、2017年のコンビニエンスストアの店舗数は前年比20%増で、16年の ...
2018/07/06 12:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、ルソン島北東部へ進出  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアの「セブン―イレブン」をチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)はこのほど、ヌエバビスカヤ州で最初の2店舗をオープンした。ルソン島北東 ...
2018/06/26 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、1Qは2割超の増収増益  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアのセブン―イレブンをチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)が発表した2018年第1四半期(1~3月)の決算は、売上高が前年同期 ...
2018/05/17 13:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  比小売り大手ピュアゴールド、ローソン運営から撤退  ↑0 ↓0
ピュアゴールド・プライス・クラブ(フィリピン小売り大手) 27日、発行済み株式の70%を保有するローソンとの合弁会社の株式全てをローソン側に売却することで合意したと発表した。ローソンは新たな提携先を探すとしている。 ローソンは2014年にピュアゴールドと合弁を設立し、フィリピンに進出。15年にコンビニエンスストア1号 ...
2018/04/27 19:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、17年は2桁の増収増益  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアのセブン―イレブンをチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)が発表した2017年決算は、売上高が前年比18.2%増の375億3,080万ペソ(約770億円)、純利益が12.1%増の13億1,790万ペソだった。新店舗開設で収益基盤が拡大したほか、既存店の販売も堅調で… 関連国・地域: フィリピン/日本.
2018/04/05 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  電算システ Research Memo(8):フィリピンでコンビニ窓口での収納窓口サービスがいよいよスタート  ↑0 ↓0
電算システム<3630>はフィリピンにおいて、フィリピン最大の配電会社MERALCOの100%子会社CIS Bayad Center, Inc.(以下、CBCI)と提携し、日本国内の“収納窓口サービス”に相当するサービスの実現を目指してきた。今般それが完成し、2018年2月より、フィリピン国内のコンビニエンス・ストア・チェーン「MINISTOP」 ...
2018/03/12 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ファミマの比運営者、クラーク出店も検討  ↑0 ↓0
フィリピンでコンビニエンスストア「ファミリーマート」を運営する石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは、ルソン島中部パンパンガ州のクラークでの出店を検討していると明らかにした。短期的にはマニラ首都圏での店舗網拡大に注力するものの、都市開発が活発化… 関連国・地域: フィリピン/日本. 関連業種: ...
2018/02/15 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  電算システム—フィリピンのコンビニエンスストアで収納窓口システムを開始  ↑0 ↓0
収納窓口システム(フィリピン版ビズエージェント)は、同社がフィリピンのコンビニエンスストア等の小売店チェーン向けに新たに開発したもので、東濃IDCの仮想基盤の上でサーバサービスを運営。2月中に店頭において電気、水道、電話等の料金支払い受付を開始する。MINISTOPでは、24時間365日取扱いが可能となる。
2018/02/09 17:42 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  電算システム、比で収納窓口システムを稼働  ↑0 ↓0
電算システム(岐阜市)は7日、フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)の子会社で、収納代行サービスを手掛けるCISバヤッド・センターと、公共料金などの収納窓口システムを稼働すると発表した。月内にコンビニエンスストア「ミニストップ」の一部店舗が、同システムを… 関連国・地域: フィリピン/日本. 関連業種: IT・ ...
2018/02/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、年内に375店を新規出店へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアの「セブン―イレブン」を展開するフィリピン・セブン(PSC)は、年内に375店舗を新規出店する。全店舗に占めるフランチャイズ店の比率も、現在の54%から60%に高める。地元紙マニラブレティンが伝えた。 PSCは昨年、318店を新規出店し、現在は全国で… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 商業・ ...
2018/02/08 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  電算システム、フィリピンのコンビニで収納窓口システム開始  ↑0 ↓0
【フィリピン】電算システム(岐阜県岐阜市)はフィリピンの資本業務提携先で同国の収納代行窓口最大手CISバヤドセンターと、フィリピンの収納窓口システムを稼動し、コンビニエンス ... 電算システムが日本で提供している収納窓口サービスなどのノウハウを生かし、フィリピンの小売店チェーン向けのシステムを新たに開発した。
2018/02/08 04:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  【フィリピン】比石油大手  ↑0 ↓0
【フィリピン】比石油大手、現地ファミマ運営社の買収完了[商業] フィリピンの石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは11日、コンビニエンスストア「ファミリーマート」の現地運営会社の全株式を取得したと発表した。昨年10月30日に発表した買収の基本合意に...
2018/01/15 02:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  比石油大手、現地ファミマ運営社の買収完了  ↑0 ↓0
フィリピンの石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは11日、コンビニエンスストア「ファミリーマート」の現地運営会社の全株式を取得したと発表した。昨年10月30日に発表した買収の基本合意に基づき、現地法人フィリピン・ファミリーマートCVS(PFM)の買収手続きを進めていた。PFMは、フィリピンでのエリア・ ...
2018/01/15 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ファミマがパートナー変更、300店体制へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手ファミリーマートは10月30日、フィリピン事業のパートナーを変更すると発表した。財閥アヤラ・グループなどとの合弁を解消し、石油元売り ...
2017/11/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  フィリピンのファミリーマート、現地石油小売りが買収  ↑0 ↓0
【フィリピン】フィリピンの石油小売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンズは30日、同国でコンビニエンスストア「ファミリーマート」を展開するフィリピン・ ...
2017/10/31 01:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  比ファミリーマート、現地石油会社が買収へ  ↑0 ↓0
【マニラ=遠藤淳】フィリピンの石油販売会社フェニックス・ペトロリアムは30日、同国でコンビニエンスストア「ファミリーマート」を運営する会社の全株式を株主の ...
2017/10/30 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  比ファミリーマート、現地石油会社が買収へ  ↑0 ↓0
【マニラ=遠藤淳】フィリピンの石油販売会社フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは30日、同国でコンビニエンスストア「ファミリーマート」を運営する会社の全株式を ...
2017/10/30 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  ファミマ、比コンビニ運営企業を変更  ↑0 ↓0
ファミリーマートは30日、フィリピンでコンビニエンスストアを運営する現地のパートナー企業を変更すると発表した。都市部に強い財閥系企業から地方が地盤の ...
2017/10/30 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  【フィリピン】財閥アヤラ、ファミマの事業強化を模索[商業]  ↑0 ↓0
【フィリピン】財閥アヤラ、ファミマの事業強化を模索[商業] フィリピンでコンビニエンスストアのファミリーマートを合弁で運営する財閥アヤラ・グループとルスタン・ ...
2017/10/12 02:57 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  財閥アヤラ、ファミマの事業強化を模索  ↑0 ↓0
フィリピンでコンビニエンスストアのファミリーマートを合弁で運営する財閥アヤラ・グループとルスタン・グループは、事業の強化策を模索している。両社は9日、複数 ...
2017/10/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニ「ジフィー」がフィリピン1号店  ↑0 ↓0
タイ国営石油PTTの給油所運営・小売事業子会社、PTTリテール・マネジメントは、給油所併設型のコンビニエンスストア「ジフィー」のフィリピン1号店を開設したと ...
nna.jp  セブンイレブン、年内に2400店体制へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアの「セブン―イレブン」を展開するフィリピン・セブン(PSC)は、年内に400店舗を新規出店し、さらなる増収と市場シェア拡大を狙う。店舗数 ...
nna.jp  セブンイレブン、ボホール島に初出店  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアのセブン―イレブンをチェーン展開するフィリピン・セブン(PSC)はこのほど、ボホール島に初めて店舗を設置した。同島では年内にさらに7 ...
日本経済新聞  スンブル・アルファリア・トリジャヤ フィリピンで200店追加  ↑0 ↓0
スンブル・アルファリア・トリジャヤ(インドネシアのコンビニエンスストア大手) 運営するコンビニエンスストア「アルファマート」を今年、フィリピンで200店舗を追加し、 ...
2017/05/19 20:48 da:- facebook:0 twitter:0 ストア コンビニエンス マート アルファ Tweet
sankei.com  「『死ねば』と言われ蹴られた」「結局私が悪者」…夫に火を付け殺害、容疑のフィリピン人妻を逮捕  ↑0 ↓0
東京都日野市の会社員、河西(かわにし)広之さん(45)宅から出火して河西さんが死亡した火災で、警視庁組織犯罪対策2課は14日、殺人容疑で、妻でフィリピン国籍のフランシスカ容疑者(45)を逮捕した。同課によると、「自宅で夫から『死ねば』と言われ、蹴られた。これまで暴力をずっと我慢していたが、不安と怒りが抑えられなかった」などと容疑を認めている。 逮捕容疑は、3日午後7時ごろ、広之さんが寝ていた2階にライターのオイルをまいて火をつけ、焼死させたとしている。 直後に帰宅した長女が110番通報。フランシスカ容疑者は近くのコンビニエンスストアのトイレで左手首を切っているのが見つかり、同課が回復を待って逮捕した。 フランシスカ容疑者は昨年11月から複数回、広之さんから暴力を受けているなどと警視庁日野署に相談。調べに対し「結婚して10年間、一生懸命やってきたけど、罵声を浴びせ続けられてきた。結局私が悪者」などと供述しているという。 もっと見る
2016/07/14 17:08 da:78 facebook:10 twitter:0 警視庁 かわにし 会社員 Tweet
nna.jp  テイクオフ:弁当忘れても傘忘れるな…  ↑0 ↓0
雨期のフィリピンでは、バケツをひっくり返したような大量の雨がさっと降って止む。地面をたたくような豪快な音と時折響き渡る雷。とても情緒的とは言えないが、さっと折り畳み傘を取り出す地元の人々の姿に親近感を抱いた。ある日の晩、ふらっと足を運んだコンビニエンスストア。店を出ると、雨がぱらつき始めた。もちろん、愛用の傘がバッグの中に……。あ、部屋に置きっぱなしだ。弁当は買えたのに、雨が止むまでお預け。この地でも格言が身に染みた。(奈)
2016/07/08 00:00 da:52 facebook:2 twitter:0 バケツ テイクオフ Tweet
ビッグローブニュース  住宅火災で男性死亡、フィリピン国籍の妻が放火か  ↑0 ↓0
近くのコンビニエンスストアのトイレでは河西さんのフィリピン国籍の妻(45)が左手首を切って血を流しているのが見つかり、自宅に火をつけたと認めたということです。  妻は去年11月、「夫に暴力を振るわれた」と警視庁に相談していて、何らかのトラブルがあったとみて警視庁が調べています。(04日17:31)
2016/07/04 21:13 da:83 facebook:- twitter:- トイレ コンビニエンス ストア Tweet
mbs.jp  住宅火災で男性死亡、フィリピン国籍の妻が放火か  ↑0 ↓0
東京・日野市の住宅で火事があり、住人の男性が全身やけどで搬送されましたがその後、死亡しました。男性の妻が自宅に火をつけたことを認めていて、警視庁が詳しく調べています。 3日午後7時半すぎ、日野市の住宅で「煙が充満している」と通報がありました。  警察官らが駆けつけたところ、この家に住む会社員の河西広之さん(45)が全身にやけどをして倒れているのが見つかりその後、死亡しました。近くのコンビニエンスストアのトイレでは河西さんのフィリピン国籍の妻(45)が左手首を切って血を流しているのが見つかり、自宅に火をつけたと認めたということです。  妻は去年11月、「夫に暴力を振るわれた」と警視庁に相談していて、何らかのトラブルがあったとみて警視庁が調べています。(04日17:31) もっと見る
2016/07/04 20:37 da:78 facebook:0 twitter:0 警視庁 やけど Tweet
japan.techinsight.jp  【海外発!Breaking News】フロリダ州8歳児、実弾入り拳銃でコンビニ強盗を試みる  ↑0 ↓0
... 「銃を手にすれば怖いものはナイ」と思ってしまったのだろうか。このほど米フロリダ州のコンビニエンスストアで、銃を手に幼い男児が強盗を試みて補導された ...
2016/02/09 16:52 da:43 facebook:0 twitter:0 フロリダ ストア コンビニエンス このほど コンビニ Tweet

Myanmar

nna.jp  公立病院、院内薬局やコンビニを開設  ↑0 ↓0
ミャンマー政府は、全国の公立病院に、院内薬局やコンビニエンスストア、食堂を整備していく方針だ。イレブン電子版が21日に伝えた。 政府の病院監督委員会は ...
2018/05/24 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  MPTが共通ポイントサービス、8事業者と  ↑0 ↓0
ミャンマーの通信サービス最大手、国営ミャンマー郵電公社(MPT)は15日、国内のレストラン、コンビニエンスストア、商業施設など8事業者と提携したポイント ...
2018/05/16 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Malaysia

マレーシアナビ  アルコール飲料販売中止、NGOがコンビニに強要  ↑0 ↓0
【イポー=マレーシアBIZナビ】 イスラム教系の非政府組織(NGO)を中心とした一団が5月24日、ペラ州イポーのコンビニエンス・ストアの店員に迫り、アルコール ...
2018/06/11 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブン―イレブン、中食製造の株式6割取得  ↑0 ↓0
マレーシアでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」を経営するセブン―イレブン・マレーシア・ホールディングスは、完全子会社のコンビニエンス・ショッピング(サバ)が、地場中食製造のカフェ・デコラル(CDSB)の株式60%を取得したと発表した。 取得額は60万リンギ(… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 食品・飲料/ ...
2018/04/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニのマイニュース、1Qは増収減益  ↑0 ↓0
マレーシアのコンビニエンスストア運営会社マイニュース・ホールディングス(旧バイソン・コンソリデーテッド)が26日発表した2017年11月~18年1月期(第1四半期)の売上高は9,012万リンギ(約24億5,000万円)となり、前年同期から18.2%増加した。店舗増設で販売が押し上げられ… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/03/28 00:08 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ベルジャヤ、セブンイレブンの株式売却  ↑0 ↓0
マレーシアのコングロマリット(複合企業)のベルジャヤ・コープの不動産部門、ベルジャヤアセットは9日、マレーシアでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」を経営するセブン―イレブン・マレーシア・ホールディングスの株式1.4%を売却したと発表した。ベルジャヤ・コープの… 関連国・地域: マレーシア/日本. 関連業種: ...
2018/03/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、10~12月期は大幅増益  ↑0 ↓0
マレーシアでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」を経営するセブン―イレブン・マレーシア・ホールディングスが2月28日発表した2017年10~12月期(第4四半期)決算の純利益は、前年同期比66.5%増の1,586万リンギ(約4億3,200万円)だった。新店舗開設と顧客1人当たりの… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/03/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国内初の大型無人コンビニ、アイリスが開業  ↑0 ↓0
モバイルアプリなどモバイル技術の開発を手掛けるマレーシアのアイリス・ワールド・インターナショナル(IWI)はこのほど、大型無人コンビニエンスストア「アイリスペイEコンセプト・ストア」の1号店を開業した。大型無人コンビニの営業は国内初となる。2日付ビジネス・タイ… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 経済一般・ ...
2018/02/05 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニKKが300店舗達成  ↑0 ↓0
マレーシア地場のコンビニエンスストア「KKスーパーマート」はこのほど、300号店をクアラルンプールのプドゥ通りにあるUTCプドゥセントラル向かいに出店した。8日付スターが伝えた。 創業者のK・K・チャイ最高経営責任者(CEO)は「2020年までに500店舗の達成が目標だ… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 商業・ ...
2018/01/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ブラヒムズとセブン―イレブンの覚書が失効  ↑0 ↓0
マレーシアのコンビニエンスストア運営会社、セブン―イレブン・マレーシア・ホールディングスは4日、ケータリング・食品大手のブラヒムズ・ホールディングス傘下のSATSフード・サービシズと食品納入分野での提携を目指して結んだ覚書が失効したと発表した。 SATSフード… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 食品・飲料/ ...
2018/01/08 00:16 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニ店舗を街のインフラに ファミリーマート、上陸1周年(下)  ↑0 ↓0
ファミリーマートが、マレーシア市場で1年目から予想を上回る手応えを得られた背景には、既に地場の競合が2,000店舗以上出店しコンビニエンスストア業態が浸透していたことに加え、タイや台湾など近隣諸国で「ファミマ」ブランドに親しんだ消費者が多いことも後押しした。次は、単… 関連国・地域: マレーシア/日本.
2017/12/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニのバイソン、既存店にてこ入れ  ↑0 ↓0
マレーシアでコンビニエンスストア「myNEWS.com」を展開するバイソン・コンソリデーテッドは、今年の既存店売上げが前年比0.5%減とマイナス成長となったことを受け、新店舗の展開に加えて既存店のてこ入れも実施する計画だ。6日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。 … 関連国・地域: マレーシア/日本.
2017/12/07 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  定着目指し中食重視で独自色 ファミリーマート、上陸1周年(上)  ↑0 ↓0
日本のコンビニエンスストア大手、ファミリーマートがマレーシアに上陸して1年が経過した。先行する競合チェーンが2,000店舗以上出店する中、おにぎりや弁当、おでんなどの中食商品の開発に注力することで独自色を発揮。首都圏クランバレー内で30店舗近くを出店した。国内競合にも… 関連国・地域: マレーシア/日本.
2017/12/07 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  11ストリート支払い、7ー11全店で可能  ↑0 ↓0
韓国系オンラインモール「11ストリート」は20日、マレーシア国内のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」約2,200店舗での支払いが可能になったと発表した。地場オンライン決済サービス会社のMOLペイと提携した… 関連国・地域: 韓国/マレーシア. 関連業種: IT・通信/金融・保険/商業・サービス. この記事は該当の有料 ...
2017/11/21 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  《日系進出》グルメ杵屋とリョーユーパン、バイソンと提携  ↑0 ↓0
グルメ杵屋は5日、マレーシアでコンビニエンスストア「myNEWS.com」を展開するバイソン・コンソリデーテッドと合弁契約を結び、クアラルンプール(KL)郊外の ...
2017/10/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
lnews.jp  グルメ杵屋/マレーシアに食品工場建設  ↑0 ↓0
BISON CONSOLIDATED BERHAD(マレーシア、以下:BISON)と、マレーシア国内でBISONが展開するコンビニエンスストア「myNews.com」「Newsplus」320 ...
2017/10/05 19:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
logi-today.com  グルメ杵屋、マレーシアにコンビニ向け食品工場  ↑0 ↓0
拠点・施設グルメ杵屋は5日、マレーシアのBISON社が同国で展開するコンビニエンスストア「myNews.com」と「Newsplus」の計320店舗で販売する中食向け ...
2017/10/05 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
時事ドットコム  グルメ杵屋とリョーユーパン、マレーシアのコンビニ会社とJV=総菜やパンを供給  ↑0 ↓0
【プタリンジャヤ(マレーシア)時事】グルメ杵屋とリョーユーパン(福岡県大野城市)は5日、マレーシアで「マイニュース・ドットコム」ブランドのコンビニエンスストアを ...
2017/10/05 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  グルメ杵屋、マレーシアで中食事業  ↑0 ↓0
資本金5000万リンギ(約13・5億円)で、マレーシアでコンビニエンスストア「マイニューズ・ドット・コム」と「ニューズプラス」を計320店展開するビソン・コンソリデイ ...
2017/10/05 14:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
マレーシアナビ  セブンイレブンで「アリペイ」導入、中国人客取込み  ↑0 ↓0
【クアラルンプール】 コンビニエンスストア大手セブン・イレブン・マレーシアは、国内の小売業者で初めて、中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ(阿里 ...
2017/05/24 08:26 da:- facebook:0 twitter:0 イレブン 商取引 アリババ グループ セブン ストア Tweet
asiax.biz  セブンイレブンで「アリペイ」導入、中国人客取込み  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手セブン・イレブン・マレーシアは、国内の小売業者で初めて、中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ(阿里巴巴集団)のモバイル ...
2017/05/24 08:26 da:- facebook:0 twitter:0 商取引 アリババ グループ モバイル イレブン セブン Tweet
nna.jp  セブンイレブン、アリペイの使用可能に  ↑0 ↓0
マレーシア国内のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」で中国の電子決済サービス「アリペイ(支付宝)」による支払いが今月12日から可能になった。マレーシア ...
2017/05/24 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 イレブン サービス セブン 支払い ストア 使用可能 Tweet
nna.jp  ラザダの支払い、7―11の全店舗で可能に  ↑0 ↓0
東南アジアで電子商取引(EC)サイトを展開する独ラザダのマレーシア法人、ラザダ・マレーシアはこのほど、コンビニエンスストア「7―11(セブン―イレブン)」と ...
NHKニュース  マレーシアに日本式コンビニ ファミリーマート開店  ↑0 ↓0
大手コンビニエンスストアのファミリーマートがマレーシアに1号店を開店し、日本式のコンビニがどこまで市場を開拓できるのか注目されます。 ファミリーマートの1 ...
nna.jp  ファミマ、KL中心部の1号店開業=中食充実  ↑0 ↓0
日本のコンビニエンスストア大手、ファミリーマートは11日、マレーシアのクアラルンプール中心部で国内1号店を開業した。事業提携する地場QL ...
日本経済新聞  ファミマ、マレーシア1号店を開店  ↑0 ↓0
ファミリーマートは11日、マレーシアでコンビニエンスストアの1号店を開いた。提携する現地食品メーカーの工場で製造したサンドイッチやパンなど「中食」商品の ...
asiax.biz  セブンイレブンへの業態変更、中国食品販売店に提案  ↑0 ↓0
セブン・イレブン・マレーシアを通じコンビニエンスストアを展開するベルジャヤ・リテールは、中国食品を主に販売する商店の「セブン・イレブン」への業態変更を、 ...
news.nifty.com  マレーシア・清涼飲料水事情 バニラ味のコカ・コーラが定番  ↑0 ↓0
日本では決して見ないものが他国では定番ヒット商品ということも決して珍しくないのだ。そうした例はいくつもあるが、この記事では清涼飲料水を取り上げたい。我々現代人の暮らしには、清涼飲料水が欠かせないものになっている。健康に与える影響についての議論はあるが、少なくとも「コーラを飲んだことがない」という日本人は滅多にいないだろう。だが同じコーラでも、海外ではまったく異なる味と姿の商品が棚に並んでいる。■大人気のバニラ味コーラしらべぇ取材班はマレーシアの首都クアラルンプールのコンビニエンスストアを訪れた。さっそく、この店の飲料コーナーを覗いてみよう。するとまず目に飛び込むのは、「清涼飲料水の王様」ことコカ・コーラ。よく見てみると、見慣れたラベルの横に「バニラ」と書かれている。日本でも一時期話題になったバニラ味のコカ・コーラ。だが、マレーシアでは不動の定番商品として、その地位を確立しているという。興味深いことに、日本で発売されている商品よりもラベルデザインが普通のコーラに近い。それどころか「バニラ」というロゴがあること以外は、まったく同じデザイン。■各種容量取り揃えまた、1.5リットル容量の同商品 もっと見る
2016/07/05 05:37 da:90 facebook:4 twitter:0 清涼飲料水 いくつ ヒット バニラ コカ・コーラ Tweet
mys-news.asia  王子と丸紅 感熱紙加工関連企業を買収  ↑0 ↓0
王子ホールディングス株式会社と丸紅株式会社は、5月27日、マレーシアのTELE-PAPER(M)Sdn Bhd(TP社)との株式売買に関する契約を共同で締結したと発表した。コンビニエンスストアのレジスターやクレジットカードの利用増加、ATM機や航空旅客数の増大により、今後、感熱紙関連市場の拡大が見込まれる東南アジアで、TP社の人材やノウハウを活かした新製品の開発、拡販等による積極的な事業展開を目指す。東南アジア、さらにはアジアにおける事業拡大をTP社は、クアラルンプール近郊のシャーラムに拠点を置き、感熱紙、ノーカーボン紙等の加工関連では国内最大のシェアを持つ企業。レジスターやATM、医療、航空券など、各種事務機器用記録紙に使用される感熱紙の加工を主力事業とする。また、アセアン地域を中心としたマレーシア国外への製品輸出も積極的に展開するTP社は、同地域においても有数の事業規模を誇る。王子グループは、「海外事業のさらなる拡大」を一つの柱とした発展に向け、経済成長の著しい東南アジア地域で積極的な事業拡大の推進を図る。また、丸紅もこの出資を契機に、感熱紙加工事業について、TP社の人材やノウハウ もっと見る
2016/06/02 12:56 da:21 facebook:8 twitter:0 Tweet
recordchina.co.jp  日本のコンビニATMから14億円不正引き出し、マレーシアの犯罪組織が関与?―マレーシア華字紙  ↑0 ↓0
24日、日本のコンビニエンスストアの現金自動預払機で14億円余りに上る不正な現金引き出しがあったと報じられた問題に関し、マレーシア華字紙はマレーシアの犯罪グループが関与した疑いがあると伝えた。写真はATM。
2016/05/25 13:30 da:61 facebook:2 twitter:0 華字紙 引き出し 預払機 コンビニエンス コンビニ ストア Tweet
mys-news.asia  ファミマ、マレーシアで店舗展開  ↑0 ↓0
このマレーシアにおける店舗展開は、同国の食品関連会社、キューエルリソーシーズ社(QL Resources社)の協力合意のもとに進められ、クアラルンプール市内での1号店開店を今年末に予定。同社の東南アジアでの店舗展開は、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピンに続く5カ国目となる。利用者の生活に根ざしたサービスをマレーシアでのファミリマートのパートナー企業、キューエルリソーシーズ社は、セランゴール州に拠点を置く食品製造メーカーで、同国を代表する企業の1つでもある。製造工場や物流センターなども有し、畜産品や水産品の加工などをはじめとする様々な事業をマレーシア全土にて展開する。一方、ファミリマートは「Fun&Fresh」を掲げ、「気軽にこころの豊かさ」が感じられる店舗経営を目指し、1988年に初の海外進出を果たした。2016年3月末現在で、日本国外6カ国地域に5,869店舗、国内を合わせると17,540店舗を各地に構える。ファミリーマートは、キューエルリソーシーズ社の経営ノウハウやインフラを、日本発祥のコンビニエンスストアとしての質の高い店舗運営や商品開発と融合させ、より現地の利用者の生活に もっと見る
2016/04/16 19:30 da:16 facebook:6 twitter:0 クアラルンプール ファミマ Tweet
読売新聞  ファミマ、マレーシア進出…20年に300店へ 2016年04月13日 10時05分  ↑0 ↓0
環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すると、マレーシアは外資系コンビニエンスストアの参入規制を緩和する。ファミマはマレーシアを今後の有望市場と見込んでいる。ファミマは海外で、台湾やタイなど6か国・地域に計5869店(3月末)を展開している。
2016/04/13 10:07 da:90 facebook:0 twitter:0 ファミマ ストア 太平洋 コンビニエンス Tweet
sankeibiz.jp  TPPでコンビニに商機 ファミマ、マレーシアに進出  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの外資規制が緩和されることをにらんだ取り組みだ。TPP発効後の規制緩和を見越して、市場の成長が見込まれるマレーシアやベトナムへの進出の動きは今後広がりを見せそうだ。 ファミマはQL社とライセンス契約を締結し、今年中にマレーシアの首都クアラルンプールに1号店を出店する。TPPの発効後、日本企業が現地の運営会社に30%まで出資できるようになるため、コンビニを運営するQL社の子会社へ出資する方向だ。 マレーシアにおける日系のコンビニでは、セブン&アイ・ホールディングスが米子会社を通じたライセンス契約を現地企業と締結し、1950店を展開しているが、他の日系コンビニチェーンは展開していない。ファミマにとってマレーシアは「有望なフロンティア。規制緩和をポジティブにとらえていく」(中山勇社長)としており、今回の提携を機に5年で300店の出店を目指す。 もっと見る
sankei.com  ファミマがマレーシア進出へ TPP発効で規制緩和受けて年内  ↑0 ↓0
ファミリーマートが、2016年中にマレーシアに進出することが12日、わかった。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの出資規制が30%まで緩和されるマレーシア市場を取り込み、海外進出を加速させる狙い。進出後5年間で、300店の出店を目指す。 現地の食品加工業、QLリソーシズとライセンス契約を結び、首都のクアラルンプールに1号店を出店する。TPP協定の発効後は、現地のコンビニを運営する事業会社へ、上限となる30%の出資する方向で検討を進める。 マレーシアでは、日系のコンビニエンスストアは、セブン&アイ・ホールディングスが、米子会社を通じたライセンス契約で約2千店を展開しているが、他のコンビニチェーンは現在進出していない。ファミマは購入した商品を飲食できる「イートイン」スペースを設けるなどして、需要の取り込みを図る。 もっと見る
2016/04/12 09:33 da:77 facebook:11 twitter:0 コンビニ 太平洋 ファミリーマート ファミマ Tweet
日本経済新聞  ファミマ、マレーシア進出 TPP見据え5年で300店  ↑0 ↓0
ファミリーマートはマレーシアに進出する。現地の食品加工企業、QLリソーシーズとライセンス契約を結び、5年で300店の出店を計画する。マレーシアは環太平洋経済連携協定(TPP)の発効でコンビニエンスストアの外資規制が緩和される見通しで、将来は運営会社に出資する考え。TPP発効を追い風に成長著しいアジアの小売市場で店舗網を広げる。 2016年中をめどに首都クアラルンプールに1号店を出店する。17年以…
2016/04/12 00:11 da:91 facebook:54 twitter:0 太平洋 ライセンス ファミリーマート ファミマ Tweet
日本経済新聞  サリム、鶏肉事業を拡大 インドネシアで合弁設立  ↑0 ↓0
【ジャカルタ=鈴木亘】インドネシアの複合企業のサリム・グループはマレーシアの養鶏・鶏肉加工大手CABチャカランと、鶏肉事業などを手がける合弁会社をインドネシアに設立する。サリムは即席麺で世界最大手のインドフード・スクセス・マクムルなどを傘下に持つ。インドネシアでは鶏肉の消費が拡大しており、サリムは成長分野と位置づけて鶏肉関連事業を強化する。 サリムのグループ企業がCABと合弁会社を設立。インドネシアで養鶏から鶏肉の処理・加工、販売までを手がける計画。サリムが当初、合弁会社の株式の90%を保有するが、CABは3年間で持ち株比率を30%まで高める権利を持つ。 北部の都市ペナンを拠点にするCABは同国最大級の鶏肉加工工場を所有し、ブロイラーや鶏卵、ナゲットなど鶏肉の冷凍商品を供給している。鶏肉以外にも魚などの加工食品を生産、販売し、飲食店なども展開する。 サリムはインドネシア最大の財閥でインドフードのほか、現地最大手のコンビニエンスストアチェーン「インドマレット」やフィリピン長距離電話などを傘下に持つ。インドフードがブラジルの食肉大手BRFとの合弁会社を設立し、鶏肉関連事業に参入したが、鶏肉 もっと見る
2015/12/11 00:11 da:87 facebook:0 twitter:0 合弁会社 CAB グループ ジャカルタ Tweet

Indonesia

nna.jp  アルファマート、ファストフードの販売開始  ↑0 ↓0
インドネシアの小売り大手スンブル・アルファリア・トリジャヤは、運営するミニマーケット「アルファマート」の一部店舗で、コンビニエンスストアで扱っているような ...
2018/09/27 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ma-times.jp  旅工房、インドネシアの旅行会社を買収  ↑0 ↓0
Palm Mas Dewata Tour & Travelは、インドネシア共和国バリ州を拠点に、8か所のリゾートホテルを所有し、200店舗を超えるコンビニエンスストア、20店舗を ...
2018/05/17 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  旅工房<6548>、インドネシアの旅行会社を子会社化  ↑0 ↓0
Palm Mas Dewata Tour & Travelは、インドネシアの旅行会社。リゾートホテルやコンビニエンスストア、スーパーマーケット等、幅広い事業を展開するRamayana ...
2018/05/17 08:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
traicy.com  旅工房、インドネシアの旅行会社を子会社化 800万円で  ↑0 ↓0
Palm Mas Dewata Tour & Travelは1993年に設立し、資本金は5億インドネシア・ルピア(約400万円)。インドネシア・バリ州を拠点に、ホテルやコンビニエンス ...
2018/05/17 06:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン元運営会社、資産を半分売却  ↑0 ↓0
インドネシアでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」をフランチャイズ展開していた地場モデルン・インターナショナルは、資産の半分程度を売却すると発表した。売却資金は債務返済や既存事業の拡張に充てる。8日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 土地や建物など不動産を中心… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/02/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  地場ビール、レモン風味の新商品を投入  ↑0 ↓0
インドネシアの地場ビールメーカー、ビバリンド・インダ・アバディは、昨年末にレモン風味の新ビール商品を市場に投入した。コンビニエンスストアなどの小売店でアルコール飲料の販売が禁止されてビール業界には逆風が吹く中、観光客や若者世代の消費者にアピールして需要を取り込… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/01/04 17:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  【第6位】小売店の閉店相次ぐ、コンビニ大手も撤退  ↑0 ↓0
2017年はインドネシアで小売店の閉店が相次いだ。コンビニエンスストア「セブン―イレブン」が6月末に撤退。ジャカルタ首都圏で7年前に1号店をオープンし、一時は175店舗を営業していたが、赤字を解消できないまま、タイ企業への売却も実現せず、全店閉鎖に追い込まれた。 … 関連国・地域: インドネシア/米国.
2017/12/29 00:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  インドネシアで給油所  ↑0 ↓0
英石油大手BPは2018年、東南アジア最大の新車市場インドネシアの給油所事業に参入する。地元複合企業AKRコーポリンドと組み、10年で約350店を展開する。コンビニエンスストアを併設するなど利便性の高さを売りに、国営石油会社プルタミナが支配的な市場に切り込む。 来日したAKRのハリアント・アディクスモ最高 ...
2017/12/09 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
hbol.jp  セブン-イレブンも撤退! インドネシアの日系コンビニ大苦戦の最大要因。アルコール販売規制のいま  ↑0 ↓0
国民の約87パーセントがイスラム教徒であるインドネシアは元々アルコールの種類が少なく高めだったのだが、2015年4月にアルコール販売規制が施行された。規制対象は、400平方m以下の店舗でコンビニエンスストアや個人商店、屋台などが対象で、インドネシア全体で2万3000店が対象として販売禁止になり、販売できる ...
2017/12/07 08:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
manila-shimbun.com  インドネシア小売業界がアルコール販売禁止の再検討要請  ↑0 ↓0
11日付のインドネシア紙コンタンなどによると、同国小売業者協会(Aprindo)が政府に対し、コンビニエンスストアなど近代的小売店でのアルコール飲料販売を ...
nna.jp  【月次リポート(6月)】主なニュース  ↑0 ↓0
◇2日 観光統計によると、4月に入国した外国人訪問者数は前年同月比27%増の114万2,180人。 ◇5日 コンビニエンスストア「セブン―イレブン」を ...
nna.jp  セブン―イレブン、6月末で全店舗閉鎖  ↑0 ↓0
インドネシアでコンビニエンスストア「セブン—イレブン」をフランチャイズ展開するモデルン・インターナショナルは6月22日、同月30日をもって国内のセブン— ...
日本経済新聞  「セブンイレブン」運営財閥、インドネシア全店を閉店  ↑0 ↓0
【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアの中堅財閥、モダン・インドネシアは22日、同国でコンビニエンスストア「セブンイレブン」を運営する子会社が店舗の営業を停止 ...
nna.jp  セブンイレブン買収中止、タイ系財閥CP - NNA ASIA・インドネシア・商業・サービス  ↑0 ↓0
インドネシアでコンビニエンスストア「セブン—イレブン」をフランチャイズ展開するモデルン・インターナショナルは5日、タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP) ...
日本経済新聞  インドネシア財閥、「セブン」運営子会社の売却中止  ↑0 ↓0
モダン・インターナショナル(インドネシアの財閥) コンビニエンスストア「セブンイレブン」を同国で運営する子会社をタイ最大財閥のチャロン・ポカパン(CP)グループ ...
日本経済新聞  スンブル・アルファリア・トリジャヤ フィリピンで200店追加  ↑0 ↓0
スンブル・アルファリア・トリジャヤ(インドネシアのコンビニエンスストア大手) 運営するコンビニエンスストア「アルファマート」を今年、フィリピンで200店舗を追加し、 ...
2017/05/19 20:48 da:- facebook:0 twitter:0 ストア コンビニエンス マート アルファ Tweet
日本経済新聞  タイCP、インドネシアで「セブン」運営企業を買収  ↑0 ↓0
【ジャカルタ=鈴木淳】タイ最大財閥であるチャロン・ポカパン(CP)グループは21日、インドネシアでコンビニエンスストア「セブンイレブン」を運営する企業を買収 ...
時事ドットコム  「乱交」防止のため販売店からコンドーム押収、インドネシア当局  ↑0 ↓0
... 【マカッサルAFP=時事】インドネシア中部スラウェシ島のマカッサルで、バレンタインデー前日に当たる13日、地元当局者がコンビニエンスストアに踏み込み、 ...
news.so-net.ne.jp  インドネシア当局  ↑0 ↓0
【AFP=時事】インドネシア中部スラウェシ(Sulawesi)島のマカッサル(Makassar)で、バレンタインデー前日に当たる13日、地元当局者がコンビニエンスストアに ...
afpbb.com  「乱交」防止のため販売店からコンドーム押収、インドネシア当局  ↑0 ↓0
【2月14日 AFP】インドネシア中部スラウェシ(Sulawesi)島のマカッサル(Makassar)で、バレンタインデー前日に当たる13日、地元当局者がコンビニエンスストア ...
日本経済新聞  ダイハツ、インドネシアで新型商用トラック発売  ↑0 ↓0
ダイハツ工業は10日、インドネシアで現地専用の商用トラック「ハイマックス」を発売したと発表した。同国はコンビニエンスストアの普及などで都市部を中心に小口 ...
2016/11/10 21:02 da:90 facebook:0 twitter:0 ダイハツ トラック ストア マックス コンビニエンス Tweet
日本経済新聞  インドネシア財閥CTコープ、モール100店展開  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアなど小型店をけん引役として成長してきた東南アジアの流通市場が新たな局面を迎えている。インドネシア財閥、CTコープは今後3年間で約3 ...
日本経済新聞  ミニストップ、インドネシアから撤退 FC契約終了  ↑0 ↓0
ミニストップは17日、インドネシアでコンビニエンスストア「ミニストップ」を運営する現地小売業バハギア・ニアガ・レスタリ社(ジャカルタ)との地域フランチャイズ契約を終了すると発表した。バハギア社はインドネシアで唯一の契約先で6店舗を運営していた。契約終了にともない同国内のミニストップの店舗は無くなる。 インドネシアでは外資系企業は店舗面積400平方メートル以下の小売業に原則として出資できない。このためミニストップもバハギア社と契約を結び2013年6月に進出したが、採算の改善が進まず、店舗網も広がらなかった。バハギア社の「他の部門に経営資源を集中させたい」との意向を受けて契約を終了したとしている。 インドネシア市場自体の成長は見込めることから、新たなパートナーを探して再参入することも検討する。 もっと見る
2016/06/17 18:56 da:90 facebook:13 twitter:0 ストップ フランチャイズ コンビニエンス ストア Tweet