1.0467858314514

Vietnam

iphone-mania.jp  Foxconn、ベトナムにiPhone組立工場建設を検討か〜米中貿易摩擦回避のため  ↑0 ↓0
Apple最大のサプライヤーであるFoxconnが、米国と中国との貿易摩擦による影響を緩和するために、ベトナムへの工場新設を検討しているようです。
2018/12/05 11:37 da:- facebook:0 twitter:0 サプライヤー Tweet
nna.jp  裾野産業向け展示商談会、HCM市で開催  ↑0 ↓0
プレス加工や金型、射出成型などの分野で、日本企業に部品を供給したいベトナムサプライヤー企業とベトナム企業から部品を調達したい日系バイヤー企業が ...
2018/10/12 00:10 da:- facebook:0 twitter:0 プレス サプライヤー バイヤー Tweet
jp.acrofan.com  香港で10月にアジア製品を調達、世界で販売  ↑0 ↓0
... 米国、ベトナムの世界32ヶ国からサプライヤーが集まります。さらに、バングラデシュ、中国、インド、韓国、台湾、タイ、フィリピン、ベトナム、トルコの各国は公式 ...
2018/10/10 12:33 da:- facebook:- twitter:- アジア サプライヤー バングラデシュ インド トルコ Tweet
nna.jp  日系サプライヤー一覧を公開=ジェトロ  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構(ジェトロ)ハノイ事務所はこのほど、ベトナム北部・中部にある製造業の日系サプライヤーの情報をまとめた最新版レポートを公開した。
2018/08/07 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 サプライヤー ジェトロ ハノイ 事務所 このほど 製造業 Tweet
japan.cnet.com  Varroc Lighting Systemsがより大規模な設備をベトナムに開設、地域市場の成長を後押しへ  ↑0 ↓0
世界的な自動車のエクステリアライトの大手サプライヤーであるVarroc Lighting Systemsはベトナムで新たな製造設備を開設して主要な新興市場での国際的な ...
2018/06/28 14:37 da:- facebook:0 twitter:0 Lighting Systems 大規模 後押し 世界的 自動車 Tweet
nna.jp  イオンがサプライヤー会議、ベトナムで初  ↑0 ↓0
イオンは11日、国内外のイオングループへのベトナム産品の調達拡大などを目的に、ホーチミン市内で取引先約120社を集めた会議を開催した。イオングループ ...
2018/06/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- イオン グループ サプライヤー ホーチミン Tweet
nna.jp  ブリヂストン、トヨタ越の最優秀サプライヤー  ↑0 ↓0
ブリヂストンの現地法人ブリヂストン・タイヤ・セールス・ベトナム(BSTVN)とブリヂストン・タイヤ・マニュファクチャリング・ベトナム(BTMV)はこのほど、トヨタ・ ...
news.yahoo.co.jp  6.5インチモデル『iPhone X Plus』のディスプレイパーツがリークか  ↑0 ↓0
写真の投稿者は、これらの写真はベトナムにあるLG工場の試作生産設備で撮影したものだと主張しています。 iPhone Xの有機ELディスプレイのサプライヤーはサムスンが有名ですが、2018年からこれにLGも参入すると報道されており、このリーク写真が事実であればこれまでの報道を裏付けるものだと言えます。
value-press.com  金属・樹脂加工品の海外調達専門サイト「TECH-JOURNEY」の運営開始  ↑0 ↓0
大田区創業の町工場が金属加工品・樹脂加工品の海外調達専用サイト「TECH-JOURNEY」をオープンいたしました。弊社は海外進出20年の実績を活かして、中国・ベトナムにて低コスト、高品質の加工品を海外サプライヤーと共に製作いたします。マシニング加工、旋盤加工、プレス板金加工、MIMメタルインジェクション、 ...
2018/02/16 12:00 da:- facebook:- twitter:- 樹脂加工 サイト JOURNEY 加工品 町工場 オープン Tweet
nna.jp  トヨタの17年販売、5.9万台で過去最高  ↑0 ↓0
TMVの17年の生産台数は4万1,424台で、累計の生産台数は42万8,073台になった。ディーラー数は、17年に1店増えて47店(22省市)となった。TMVの17年の投資額は1,500万米ドル(約16億9,000万円)で、累計投資額は1億9,500万米ドルに上る。TMVのサプライヤーネットワークは33社になり、ベトナム企業が5社含ま ...
2018/01/11 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 米ドル トヨタ ディーラー サプライヤー ネットワーク Tweet
nna.jp  ロンハウ工業団地、マッチングイベント開催  ↑0 ↓0
ベトナム南部ロンアン省のロンハウ工業団地は7日、入居企業と外部企業のビジネスマッチングを促進するイベント「ロンハウ・サプライヤーデー」を開催した。
2017/11/09 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 工業団地 マッチング イベント ビジネス サプライヤー Tweet
nna.jp  【ベト人材】契約の詳細化と効力 (第36回)  ↑0 ↓0
ベトナム居住の読者の皆さんには、既に経験済みの方も多いと思いますが、ベトナム企業のサプライヤーが契約を履行しないケースはよくあります。本年は弊社 ...
2017/08/16 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 ケース 皆さん サプライヤー Tweet
nna.jp  サムスン、越のサプライヤーが215社に  ↑0 ↓0
韓国のサムスン電子に部品などを供給するベトナム企業のサプライヤーの数が、215社に達した。現地調達率は57%という。22日付ベトナム・ニュース(VNS)が ...
2017/06/23 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 サプライヤー サムスン ニュース Tweet
アパレル・リソース  流通業者とのグローバルな結びつきを展開  ↑0 ↓0
ベトナム商工省は国外の大手流通業者と引き続き提携を結び、ベトナム製品の輸出を促進していく予定である。 同省の欧州市場部は、諸外国の消費者にベトナム企業の商品をダイレクトに届ける新しい輸出チャンネルの開発を行うべく、「ベトナム企業の外国流通システムへの直接参加を2020年までに展開」するプログラムの導入に関する会合を5月26日に開催した。 Dang Hoang Hai部長によると、同省はCasino(フランス)、Metro Cash & Carry(ドイツ)、Makro(チェコ)、Coopイタリア、Conad(イタリア)と協調し、質の高いベトナム製品を欧州のスーパーマーケットに売り込み、ベトナム企業と流通チェーンを結びつける「ベトナム製品ウィーク」を開催したと言う。 2011年以降、およそ10の「ベトナム製品ウィーク」イベントがヨーロッパやアジアで開催され、ベトナム企業の外国流通チェーンを通じた輸出をサポートし、仲介料をカットし、高い価値をもたらしていると同氏は述べた。 セントラルグループ・ベトナムのTran Thanh Hai副社長によると、スーパーマーケットチェーンのBig Cは近年、数千万米ドル(数十億円)に及ぶベトナム製品をヨーロッパ市場向に積極的に採用したと言う。 セントラルグループがBig Cを買収した後、セントラルグループ・ベトナムとBig Cは、ベトナム製品を国外市場に販促し、採用される様、様々なプログラムを実施した。 両社は省庁と協力し、手工芸品や繊維・縫製品、さらにはライチ、ドラゴンフルーツ、スウィートポテトなどの農産物と言った、より多くのベトナム製品がタイヤその他ASEANに諸国輸出される様、7月末にはタイにて第二回ベトナム製品ウィークを開催した。 イオンベトナムの西峠泰男社長は、ベトナムのサプライヤーは常に商品の品質を改善しており、同社には1675品目が納品されていると言う。 イオンは、日本を含めた1万4000店舗で積極的にベトナム製品を輸出している。 最も人気があるのはチャー(魚)、繊維・縫製製品、履物製品である。 昨年イオンはベトナムから2億米ドル規模の商品を輸出しており、そのうちチャーが占める割合は9000万ドルであった。 しかしながら、近代的流通チャンネルでの販売には安定した品質を確保する必要があるため、ベトナム企業が外国の流通システムにアクセスするにはまだ困難が続くとセミナーの代表者は述べた。 Auchanのベトナム店舗の食料品市場マネージャーであるAlbin Bertand氏によると、消費者は商品価格と品質を優先すると言う。 ベトナムの生産者は品質保証へのフォーカスに加え、潜在市場のトレンドを調査し、各市場にあった戦略を練る必要があると同氏は述べた。 ベトナム製品品質事業組合のVu Kim Hanh会長によると、ベトナム製品が近代的流通チャンネルに入り込むのに重要な点は、品質と原産地証明であると言う。 ベトナム政府は2015年、ベトナム企業の外国流通ネットワークへの直接参加を補助する計画を承認した。 この計画では、ベトナムと自由貿易協定を締結しているヨーロッパ、北米、東南アジア、北東アジアなどの国々の主要流通システムにおける、ベトナム製品の直接販売の保証を目的としている。   もっと見る
アパレル・リソース  繊維企業がインドからの原材料調達を検討  ↑0 ↓0
ベトナム繊維協会のNguyen Thi Tuyet Mai部長は先日、繊維部門は中国からの原材料輸入に過度に依存していると語った。 ハノイで開催されたセミナーにおいて同氏が語ったところによると、繊維・アパレル企業は年間60億メートルの生地を輸入していると見られており、商品需要のおよそ3分の2を占めているという。 国内のサプライチェーンの供給量は、必要とされる90億メートルの生地や紡績糸のうち30億メートルを供給するにとどまっており、同産業に関わる企業は中間生成物のソースを多様化させなければならないとMai氏は述べた。 同産業は、三大供給元である中国、韓国、台湾への依存を軽減し、実現可能な代替案を見つけなければならない。 3つのソースのみに頼りきってしまうということは、ベトナムへの原材料流入が止まるという不測の事態がどれか一つでも起こった時に、生産過程を危険にさらすことになりかねないという。 ベトナム繊維協会はこのジレンマに関してホーチミン市縫製・繊維・刺繍・編物協会と大体的に話し合っており、インドで代わりの供給元を探すのが得策であるというのが同産業の一致した意見であるとMai氏は説明した。 多くの繊維・アパレル企業がすでにインドにおける企業調査を行なっており、質の高い製品へのニーズを恒常的かつ必要時にまかなう事ができると判断している。 縫製・繊維・刺繍・編物協会のNguyen Xuan Hong会長はそれに対し、ベトナムの産業にとって関税率の引き下げや交易救済となるような貿易協定をインドがアセアンと結んでいることに言及した。 しかしながらHong氏によると、過去に何度かインド企業とのサプライチェーンのリンクを拡大する試みを行ったものの、進展は少なく、結果としては期待を大きく下回るものであったという。 Thanh Cong繊維会社の代表者は、発注に対するインドの納期が60-90日であったのに対し、中国の納期は45-60日と格段に短かったことを指摘した。Cong氏によると、この時間の要因が中国のサプライヤーにとどまっている主な理由であるという。 ベトナム・インド両政府は、今後の開発の優先順位として衣料・繊維の再編をトップにおいているとCong氏は述べ、Textile India 2017のサイドラインで主要な話し合いを設定した。 グジャラート州で6月20日から7月2日内の3日間にかけて開催される同イベントは、インドにおける繊維業の大きな年次イベントで、今年はShri Narendra Modiインド首相がキーノートを務める予定である。 同イベントにはおよそ1000の国内外出展者と2500のバイヤーが世界中から参加すると見込まれており、企業間取引の優れたプラットフォームとなる事が期待されている。 もっと見る
2017/05/23 11:13 da:- facebook:0 twitter:0 インド イベント 原材料 チェーン サプライ ソース Tweet
HOTNAM!  ビングループ、家具メーカーTruong Thanhと5年16兆ドンの調達契約  ↑0 ↓0
VingroupとTruong Thanh Furniture(TTF)は、TTFを戦略的サプライヤーに指名する基本合意を結んだ。5年総額16兆ドン(約7億2,727万ドル)、ベトナム最大の ...
2017/05/13 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 サプライヤー Furniture メーカー グループ Tweet
アパレル・リソース  繊維・縫製品輸出は10%増の見込  ↑0 ↓0
ベトナム繊維公団(Vinatex)によると、世界市場で不利な変動がなければ、ベトナム繊維・縫製品の今年の輸出は10%増となる可能性があるという。 VinatexのPham Minh Huong常務によると、繊維・縫製産業の昨年の輸出高は285億米ドルで、前年比5.2%増であったという。 ベトナムは中流顧客層向けの商品生産に強みを持つ。世界市場で近年長らく続いている財政難から、中間層の注文も落ち込み、輸入業者は安価な商品の輸入へとシフトした。 これが、昨年産業の伸び率が落ち込んだ理由であるとHuong氏は述べた。 「しかしながら、今年1月にはオーダー数が大幅に増加しており、業界にとって良い兆候だと言えます。」 幅広い商品、高めの品質、そして似た発展レベルの国々よりもスキルの高い労働力など、ベトナムの繊維・縫製産業は幾つかの強みを持っている。 加えて、安定した生産力、確実な品質、輸送時間、サービス、安定した政治状況などから、ベトナムは繊維・輸出製品の主要仕向地と見なされているとHuong氏は述べた。 ホーチミン市織物・刺繍・繊維協会(AGTEK)のPham Xuan Hong会長がViet Nam News紙に語ったところによると、第二四半期までは多くの企業から注文があったという。 企業は大型注文を履行するための横のつながりを持っている、とサイゴン3縫製株式会社の社長でもあるHong氏は述べた。 日本を最大の輸出先国として持つサイゴン3縫製は、今年10%の伸び率となる見込みであるという。 Hong、Huong両氏は、設計能力が低く輸入原料に頼る、外国バイヤー向けの下請け業を企業が主に行う為、今までは産業の付加価値が低かったと考えている。 生地の国内供給は多くなく、国内需要に見合う為に国内外の企業が生地生産にさらなる投資を行ったとHuong氏は述べた。 最近開かれた繊維・アパレル会議では、製品に付加価値をつけるべく、企業が生産方法をFOBやODM(相手先ブランド名製造)にスイッチするようにと、多くの参加者が主張した。 「商品の付加価値を高めるため、より高い生産方法に移行するのは避けることのできないトレンドです。」とベトナム繊維協会副会長Nguyen Dinh Truong氏は述べた。 企業は、原料の市場調査や提携企業からのオンデマンド生産などにフォーカスし、より高い生産方法に対する徹底的な準備を行なうべきだと言う。 熾烈な競争の中、繊維・アパレル産業業界は今年の輸出額目標に到達しないのではとの恐れを抱いていると何人かのセミナー出席者は語った。 加えて、労働コストの増加がビジネスの競争力に影響を与えているとGarmex Saigon株式会社会長 Le Quang Hung氏は言う。 Huong氏によると、企業は競争力を保つために、自動化機能で生産性を高め、エネルギー消費を抑え、環境を守ることのできる、最新技術により多くの投資を行う必要があるという。 加えて、一定の商品に強みを持つ国に対し競争できる、類似商品を開発すべきだと彼女は述べた。 サプライヤー選定時、大手バイヤーは価格や品質の他にも、商品の環境要件に注意を払うという。   もっと見る
2017/04/17 10:27 da:15 facebook:0 twitter:0 付加価値 競争力 サイゴン バイヤー 伸び率 アパレル Tweet
アパレル・リソース  需要に追いつけ、手工芸業界  ↑0 ↓0
4月11日、ホーチミン市で開かれたセミナーの参加者によると、ベトナムの手工芸企業は外国人バイヤーの要件を満たすために、より一層の努力をしなければならないという。 「ベトナム手工芸業界における製品輸出に向けた業界の基準・技力の改善」と題されたセミナーにてベトナム手工芸品輸出協会(Vietcraft)のLe Ba Ngoc会長は、品質や企業の社会的責任、環境基準などを達成するよう、外国輸入業者がサプライヤーに対し要求を強めていると語った。 オーストラリア政府助成の下、国際バイヤー100名に対しVietCraftが行った調査によると、75%の輸出業者がサプライヤーに対し、5年以内に基準に達成して欲しいと希望しているという。 「基準に達成することができなければ、我々の商品を輸出するのが難しくなります。」 アジア財団の国の副代表であるFilip Graovac氏は、「費用を低く保ちつつもバイヤーの新しい要件を満たす方法を考え出さなければならないため、こうした要件は手工芸生産者にとって大変なプレッシャーとなります。同時に、国際基準に達成するために生産率を上げなければならないため、生産者にとってはチャンスにもなります。」と説明した。 オーストラリア政府助成の下、アジア財団は業界の基準や技力を引き上げるプロジェクトを実施した。 このプロジェクトは、国際基準の研究、セラミック、漆器、籐、竹に特に焦点を置いた国際コンプライアンス基準のマニュアル作成、デザインやマーケティングなどの改善案による手工芸企業へのサポート、輸出業者・商業組合・関連政府機関のその他手工芸製品のさらなるコンプライアンスのイニシアチブに対する政策による権利擁護など、様々な活動を通して実行された。 「一連の基準はすでに冗長で複雑なものですが、国際コンプライアンスの数は時間とともに増え続けており、中小規模の企業が自身の状況を判断し改善案をデザインするのに大変な困難をもたらしています。」とGraovac氏は述べた。 アジア財団はVietCraftをサポートし、国際コンプライアンスや業界基準をビジネスコンプライアンスソフトウェアにデジタル化した。ソフトウェアのコンテンツは、手工芸業界の実業家でもあるプロジェクトの専門家によって集められた国際コンプライアンスや業界基準の総合的なライブラリーである。 ソフトウェアはユーザーフレンドリーで、手工芸企業が自社の状況を判断するオンラインツールとして使用するだけでなく、彼らが他の専門家や実業家と相談し、技術的な補助を得る機会を作り出すこともできる。 Ngoc氏によると、協会では定期的にトレーニングコースを開催したり、企業が基準を遵守できるようアドバイスを与えたりしているという。 基準の遵守に関する難しさに関しては、70%近くの企業が専門スタッフが十分にいないことを理由として訴えている。「そのため、彼らが一番にしなければならないことは人材の養成なのです。」とNgoc氏は述べた。 「コンプライアンスを実行する資金が足りないことも問題となっています。」 手工芸企業Ngoc Dong Ha Nam Co LtdのNguyen Huy Thong副社長は、火災防止や労働者の健康診断、ゴミ処理などに資金を当てなければならず、コンプライアンスには沢山の費用がかかると述べた。 セミナーの参加者は、ビジネスコンプライアンスの新ソフトウェアを利用して現在のコンプライアンスのレベルを測る方法を学んだ。 本講習会は、VietCraftが能力を強化し業界の基準や技力を上げるプロジェクトとして行われた最後の活動である。 ベトナムは今年最初の三ヶ月間、手工芸品の輸出で6億5000万米ドル以上の収入を得ている。 年間の数字は21億米ドルを超えると見込まれている。 もっと見る
アパレル・リソース  6月に第2回デニム・ジーンズ展示会  ↑0 ↓0
ベトナムのホーチミン市で6月7日・8日に第2回目となるデニム・ジーンズ展示会が開催される。この展示会は主要なジーンズや布地メーカーに加え、デニムのサプライチェーンで必要とされる薬品、アクセサリやその他素材のサプライヤーが一堂に会するものとなる。 ベトナム、中国、インドネシア、香港、インド、パキスタン、バングラデシュ、ブラジル、イタリア、スイス、日本、タイ、台湾などから50社以上の参加が予定されている。 展示会のテーマは「ストリートスタイル」。ストリート系のファッションにおけるデニムの重要性に焦点を当てることを目的としている。展示ブース、展示会全体の雰囲気もストリートファッションでのデニムの重要性を反映したものとなる。 ベトナムは世界で最も急速な成長を遂げつつあるアパレル輸出国である。ベトナムの2016年のアパレル・繊維製品輸出額は270億米ドルに達し、2017年には300億米ドルに到達すると予測されている。間もなく発効するヨーロッパとの自由貿易協定やその他地域との貿易協定により、ベトナムのアパレル輸出はさらなる成長が期待されている。 2017年、ベトナムの繊維・縫製分野は7-8%の成長を目標としている。米国と欧州と日本がベトナムの繊維・縫製製品の主要輸出先である。 もっと見る
アパレル・リソース    ↑0 ↓0
ベトナムのメーカーやサプライヤーはウォルマートでの商品販売に高い利益は期待していないが、ウォルマートがアメリカやその他市場との架け橋になる事を期待している。 2014年、Cuu Long An Giang社の商品は、仲介業者を通すことなく直にウォルマートチェーンへの参入を果たした。 ここ数年、ベトナム産のドライフルーツ製品が中国のウォルマートで販売されており、またTrung Nguyen Coffeeもチリ、ブラジル、メキシコ、中国のウォルマートに置かれている。 2008年にはThuan Phuong社がウォルマートの中国支社に社員を送り、同社製品の小売りチェーン流通に関して交渉している。交渉後、Thuan Phuong社はウォルマートチェーンに商品を卸す初のベトナム繊維企業となった。 Thuan Phuong社は、初年には商品を20万点納入していたが、現在には年間300〜500万点の商品を納入しており、需要に追いつくよう2つの新工場をロンアン省に建設するに至った。ベトナムのその他繊維企業もThuan Phuong社の動きを追い、ウォルマートチェーンに居場所を見つけている。 しかしながら、アナリストによれば、ベトナム企業はイギリス、中国、メキシコのウォルマートへの進出には成功しているものの、米ウォルマートでの商品量はそれほど多くはないという。 また、ベトナム製品がウォルマートに参入したと言っても、その多くが価格の安い外部委託商品であり、ベトナムブランドの名を冠しているわけではないということも指摘されている。 ビンズン省の履物企業はウォルマートで2つの商品ラインを展開しているが、商品としてはナイキとウォルマートのブランドを冠している。商品がどこから来ているのかを示すのは、商品に記された「Made in Vietnam」の文字だけである。 現在までに、商品を自社ブランドとして米ウォルマートに輸出しているベトナム繊維・履物企業はまだないという。 Vinatex傘下の企業の代表は、以前ウォルマートに商品を卸していたものの、ウォルマートがごく低価格の商品のみしか受け付けないため、企業として利益が見出せず、後に取引を取りやめたことを明かした。 Dong Hung JSC社はウォルマートと提携を結んでいる大規模な革靴メーカーであるが、平均輸出価格は生産コストに極近い1商品あたり4-5米ドルにすぎず、ウォルマートとの取引は高い利益を生み出さないと上層幹部は述べた。 各国のメディアが最近報じたところによると、ウォルマートはオンラインショップのAmazon等ライバル企業との厳しい競争から苦戦を強いられているという。この報道により、いくつかの大手サプライヤーが二の足を踏んでいる。 しかしながら、ベトナム企業はウォルマートがアメリカやその他市場との架け橋になることを期待し、依然としてサプライヤーになることを望んでいる。 例えば、Dong Hung社は発注前にサンプルを提携企業に見せ、チェックを受けなければならないが、依然としてウォルマート向けの外部委託は受け付けている。   もっと見る
アパレル・リソース  ECプラットフォームがハノイで開始  ↑0 ↓0
メコン・ビジネス・イニシアティブ(MBI)プロジェクトの支援を受けたB2B電子商取引プラットフォームであるKiuは、火曜日にハノイで正式に開始された。 このプラットフォームは、メコン地域と世界市場との間の国境を越えた貿易を促進し、支援することを目指している。 これらのうち、Kiu電子商取引の取引フロアは、消費者や流通業者がベビー衣料品、家具、ギフト、工芸品などの信頼できるサプライヤーを見つける場所となっている。 Kiuは、民間部門の発展を妨げる要因に関するMBIの研究から出発した。調査によると、中小企業は国際市場へ参入するのに困難を抱えていた。事実、専門家と企業はこの問題を解決することを決めた。 ベトナムとカンボジアは、サポートされる最初の2カ国である。アジア開発銀行(ADB)の上級エコノミストでMBI代表のDominic Mellor氏は、このプラットフォームはベトナムとカンボジアの雇用創出に役立つだろうと語った。 Kiuは技術の組み合わせの変化、民間部門の柔軟性の利点、経済成長のための国際開発援助を象徴していると付け加えた。 もっと見る
2017/02/23 11:41 da:19 facebook:0 twitter:0 プラットフォーム 商取引 メコン ハノイ 専門家 中小企業 Tweet
creativemama.org  ugg 偽物 ベトナム  ↑0 ↓0
日本最安値に挑戦!、ugg 偽物 ベトナム、ugg 偽物 臭い、プロのサプライヤーとして、公式認可 【激安保証】
2017/01/07 13:28 da:22 facebook:0 twitter:0 サプライヤー 最安値 Tweet
アパレル・リソース  Eclat Textile、中国製造拠点を閉鎖し、生産シフト鮮明  ↑0 ↓0
ECLAT Textile社は、台湾最大の技術力を売りとする繊維企業であり、プロの機能性と柔軟性のあるニットウェアやアパレル品のメーカーであるが、投資条件の悪化と賃金の急騰により、1998年以来創業を続けてきた無錫市での中国製造拠点を完全に閉鎖することを決めた。 Eclat社のRoger Lo副社長は、過去3年間でこの中国拠点は赤字を垂れ流し続けており、今後もこの状況を打開する方法はないと判断したと述べた。 中国で事業を行う上で「最もチャレンジングな」点は、上昇する賃金だけでなく、「国が以前推進していた一人っ子政策のもと、縫製企業で働きたいと考える」従業員を見つけ出すことの難しさであった。 この発表の後Eclat社の株式は木曜日に2%以上上昇し、342台湾ドルで終えた。 今年この台湾企業では、中国工場での生産を徐々に縮小してきた。 Wuxi工場は以前Eclat社の月間生産量の約5%を占めていたが、現在はこの会社が生産する620万着の1.8%を占めるに過ぎない。 一方でEclat社は、ベトナムにおけるプレゼンスを高めていくことを目指している。 2017年の第1四半期と第3四半期にはベトナム国内の2ヵ所に、合わせて130万着以上の衣料品の生産能力を有する新工場を開設する予定である。これにより同社の衣料品生産量の約70%、繊維生産量の半分は東南アジア諸国に拠るものとなる。 Yuanta投資コンサルティング社のアナリストであるLivia Wu氏によると、中国での生産コストはベトナムより20%も高い。アパレルメーカーが中国事業を停止する主な原因は、大きくは賃金の上昇によるものである。 Eclat社はさらに、他の東南アジア諸国において新しい操業場所を探している。またアメリカでの生産の実現可能性も検討しており、トランプ次期米大統領によるアメリカの製造業復興の公約に注目している。 Lo副社長は、トランプ次期米大統領が製造業者を誘致するために、どんな有利な条件を提供するかを見極めると述べた。労働集約型の縫製工場はアメリカに移転する可能性は低いが、彼らのように高度に自動化された織物・製織工場では、(アメリカでの操業も)オプションとして検討に値する可能性がある。 昨年Eclat社は、Nike、Under Armour、JC Penny、Costcoなどのグローバルブランドや小売業者向けに衣料品を生産することで、255億2,000万台湾ドル(8億600万米ドル)の売上高のうち65%を稼ぎ出した。残る35%はスポーツウェアに使用される高級布の生産によるものであった。 中国を出て南方へ移転を目指す台湾企業はEclat社だけでない。世界最大の靴製造業者であり、NikeやAdidasなどのブランドに対するサプライヤーでもあるPou Chen社もまた、中国への依存度を減らすために東南アジア諸国の生産高を増加させている。 もっと見る
2016/12/19 06:01 da:18 facebook:0 twitter:0 アメリカ 東南アジア 衣料品 可能性 四半期 製造業 Tweet
アパレル・リソース  小売企業における戦略再検討の必要性  ↑0 ↓0
企業合併(M&A)により外国小売企業がベトナムに浸透するにつれ、ベトナム小売企業は開発戦略や競争力の向上により真剣に取り組まざるをえなくなっている。 数億ドル規模の案件が過去2年間でいくつも決定している。 日本のイオン、韓国のロッテ、タイのTCCホールディングやセントラルグループといった外国企業の参入が消費者に利益をもたらし、小売業界の現代化を促している事は否定できない。しかしながら問題は、こうした外国企業との競争やベトナム製品の開発・促進にあり、地元の小売業者はこれを真剣に検討しなければならないと専門家は言う。 「ビジネスフォーラム」誌によって9月29日に開催されたオンラインフォーラムでは、外国小売企業のベトナム小売市場への浸透に効果的なM&Aは避けられない流れであり、この流れは次の2-3年間は続くであろうと専門家が予想している。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長によると、世界貿易機関の参加前に国が小売業界を促進する国家プランを持ち合わせていなかったことは不運な事であったという。 「今、地元の小売企業が成長を遂げ、急速に統一化する世界の厳しい競争に立ち向かうことが重要となっています。」とLoan会長は述べた。 ベトナム全土に80以上のスーパーマーケットと、300近くの小売店を展開するCo.op社のVo Hoang Anhマーケティング部長によると、外国企業との競争が地元企業に対し開発戦略調整に向けたプレッシャーを生み出しており、また学習する機会も与えているという。   小売のマルチ・チャンネル化 専門家によると、地元企業が製品の購入方法に対する選択肢を消費者に与える事で、マルチ・チャンネル化を図らなければならないという。 Hoang Anh氏によると、eコマースと従来の流通方法を合わせたマルチ・チャンネルの小売法がベトナムには適している。Co.op Martの親会社であるSaigon Co.opは、2017年にeコマース窓口を開発する予定である。 ベトナムでは買い物のトレンドとしてeコマースが台頭してきており、強い成長が期待されているが、支払い方法や消費者の信頼といった側面がかけており、ブームには至っていない。 マルチ・チャンネルの小売方法は地元小売業者にとって避けられない流れであるとLoan氏も同意した。 またHarp社のNguyen Thi Hai Thanh副社長によると、 大きな可能性がある地方市場にも小売業社はフォーカスを当てているという。 消費者動向に関するグローバル・エキスパートであるKantar Worldpanel氏による2015年の調査によると、都心部では従来の小売方法が未だに82%を占めており、地方市場では98%を占めているという。小売市場では家族経営の小売店が60%を占めており、従来市場の10%を占めている。 さらに専門家は、ベトナム製品の流通のために、企業とサプライヤーの相互協力を促している。 2008年以降、9300万の人口を抱えるベトナムは、国際小売開発指数による新興小売市場への参入魅力度ランキングで常に上位30に入っている。 ベトナムにおける小売市場の収入は年間総額1100億米ドルに達しているが、およそ4分の1は最新の小売チャンネルから来ている。分析によると、2020年には小売収入は1790億米ドルにまで達する見込みである もっと見る
2016/10/11 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 チャンネル マルチ 消費者 専門家 eコマース 小売店 Tweet
nna.jp  日系大手、現地調達率向上へ「逆見本市」  ↑0 ↓0
ベトナムでの現地調達率を高めたい日系14社が6日、ホーチミン市で購入したい部品などをブースに展示してサプライヤーを募る「逆見本市」に参加した。日本貿易 ...
2016/10/07 00:11 da:52 facebook:0 twitter:0 見本市 サプライヤー ブース ホーチミン Tweet
出島  ベトナムの自動車販売台数は増加も、部品サプライヤーの不足を懸念  ↑0 ↓0
近年、急激に増加を続けているベトナムでの自動車販売数は、今後も継続的な成長が見込まれている。一方で品質の高い部品サプライヤーの不足が、自動車 ...
2016/09/20 13:41 da:17 facebook:0 twitter:0 自動車 サプライヤー Tweet
アパレル・リソース  履物業界は利益過小  ↑0 ↓0
履物業界は毎年大量に輸出しているため「外貨獲得ビジネス」とみなされており、ベトナムにおける一大産業である。 しかし、原材料不足、貧弱なデザイン、資本不足や輸出能力の限界により、ベトナム履物業界は「名ばかりですっからかん」となっている。 ベトナム皮革履物鞄協会(Lefaso)のDuong Hong Nhung書記は、7月中旬に開催された第18回国際履物展示会において、ベトナムの製靴企業は生産に必要な原材料のほとんどを輸入しなければならず、ベトナムでの生産コストが増大していると述べた。 製靴企業らはまた、リーズナブルなコストで資金を利用するのが難しいという問題も抱えている。 ハンドバック、財布やベルト等を製造するViet Khanh Phu社のLe Dinh Dangセールス&マーケティング部長は、ベトナムの生産者が生産に必要な原材料のサプライヤーをコントロールすることができず、このことが皮革履物業界にとって深刻な問題となっていることを認めた。 Dang氏は、ほとんどのベトナムの製靴企業が、主に中国、台湾、韓国、イタリアから原材料の約90%を輸入しなければならない状況にあると見ている。 ベトナム企業はまたデザイン力が弱いため、自社の製品を輸出する際の障害となっている。「外国パートナー企業は常に、デザインとスタイルの刷新を求めてきます。」と彼は述べた。 大規模な市場に参入することは難しい。Khatocoの子会社であるViet Khanh Phu社は、カナダ、日本、オーストラリア、中国に製品を輸出しており、また南アフリカにも200万米ドル相当もの製品を輸出している。 ただし同社製品では、数多くの試作と多大な努力の末にようやくこれらの市場に輸出可能となった。 「我々の試作品が受け入れられる前には、日本、カナダやオーストラリアのパートナー企業に何度も不合格とされました。」とし、すべての市場において独自の要件が設定されていることを説明した。 Vitaco社のNguyen Thi Phuong Mai副社長もまた、自社が直面する課題について尋ねられた際、原材料の不足が大きなハードルである、と述べた。 「国内の原材料供給源にはまだ十分な選択肢がありません。輸入しなければならない原材料が多いほど、負担すべき生産コストは高くなってしまいます。」と彼女は述べた。 政府レポートによると、履物は最大規模の輸出品目の一つであり、2014年には総輸出売上高の7%、103億米ドルにも達したことが示された。 2015年の年初来9ヶ月間において、輸出売上高は前年同期比で18%増となる88億米ドルに増加した。こうした成長により、履物年間輸出売上高120億米ドル到達も手の届くところにある。 ただし、この輸出から最大の利益を獲得するのはベトナム企業ではなく、台湾や韓国の企業となっている。 韓国企業のTae Kwang Vina 社は単独で2014年に9.7兆ベトナム・ドンの売上を計上し、Chang Shin 社は9.3兆ベトナム・ドン、Hwaseung Vina社は5兆ベトナム・ドンの売上を記録した。 もっと見る
2016/08/31 09:21 da:23 facebook:0 twitter:0 原材料 米ドル 売上高 デザイン コスト パートナー Tweet
アパレル・リソース  Texhong社、TPP先行き不透明の中で事業拡大を継続  ↑0 ↓0
Texhong Textileグループは世界最大級の糸のサプライヤーであるが、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の調印国であるベトナムでの生産能力を積極的に拡大している。Texhong Textileグループにとってベトナムへの投資は、当初自国がTTPに参加しないことの悪影響を切り抜けるための戦略であった。しかし現在米大統領の両党候補ともこの自由貿易協定について反対を表明しており、その先行きに不確実性が漂っている中でも、この中国企業は南方の隣国であるベトナムのさらなる拡大について確信している。 創業者兼会長である洪天祝氏は、ベトナムに対する投資の大きな目的の一つとしてTPPへの対応を挙げた。TPPの発効は中国の繊維・アパレル企業に試練を課すことが想定されるため、同社ではコスト優位性とTPPを考慮して、ベトナム事業を確立することを計画している。 共同経営者の朱永祥氏は、たとえTPPがなくともベトナム事業の競争力は、すべての東南アジア諸国や中国生産拠点と比較して非常に強いとした。ベトナムでの生産は、TPPを除いても少なくとも3つの利点を持っている、と朱氏は指摘した。 一つ目は中国と比較して、世界と比較的良好な貿易関係を保持していることである。TPP発効前でさえ、日本、韓国、ヨーロッパに対してベトナムから輸出された糸の関税は、中国の工場から輸出するのと比較して低い。 生産コストがもう一つの利点である。中国と比較してもベトナムでは労務費、電気代やその他の費用が低くなっている。 加えて工場がグループ全体の稼動にとって非常に良い立地にあることが挙げられる。このベトナム産業複合体はクアンニン省に位置し、中国の広西チワン族自治区に隣接している。この立地により会社が既に中国南部に確立している生産拠点に、このベトナムの工場を含めることができる。また港の近くにあるため、輸出にも非常に便利である。 糸の生産ライン新設を伴うベトナム事業拡大により、同社は2016年下半期も好調を維持することが予想されている。工場が完成すれば、同社のベトナムにおける糸の生産は中国の生産と同等になると期待される。 生産は糸だけでなく、下流工程にも展開される予定である。6000万mのキバタ、4000万mの染め上がり生地、700万着の衣料品の年間生産能力を持つ設備が11月頃までに導入され、来年初めには本格稼動を開始する。 ベトナムにおける数多くの生産ラインの生産性は中国を超えた、と朱氏は述べた。一方でその他東南アジアの調査では、ベトナムの優位性が唯一際立っている。朱共同CEOは、将来さらに生産拡大を検討する際、ベトナムが最初の選択肢になるだろうと認めた。 会社が公表した上半期の売上高は、昨年比20%増の58億2000元(8億7700万米ドル)であった。また、株主に帰属する当期純利益は56%増の4億5600万元であった。ベトナムの製糸事業セグメント売上は、内部取引を含めて現在全体の21%を占めている。資産においてもベトナム事業は40億元以上増加し、グループ全体の3分の1を占めている。   もっと見る
2016/08/22 06:02 da:22 facebook:0 twitter:0 グループ コスト 先行き ライン 東南アジア Textile Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者が抱くタイの競合への不安  ↑0 ↓0
ベトナムの小売企業はここ数年、海外の小売業者らからの関心を集めており、彼らの多くは自国よりベトナムに商機が多いと話している。 たとえば、タイの小売業者はベトナムの小売市場、特に若年層が海外の製品に敏感な大都市圏で存在感を拡大している。 タイ製品は、ベトナム産のものより高品質で流行のデザインかつ魅力的に作られていると分かっている若い顧客から支持を得ている。ベトナムの顧客人口は、政府の統計によると15〜64歳のグループが過去2年で全体の70%を占めているというように、比較的若い。特に製造業において、この国の経済成長が若い労働者の可処分所得の上昇を押し上げる手助けとなっており、同様に小売業にもここ2年で8%の成長率をもたらしている。 タイ企業のベトナム市場への参入は、タイ小売大手のセントラルグループが家電小売大手Nguyen Kim Tradingの株式を49%取得したことを代表例に、主に合併吸収を目的としている。他には、タイ企業によるMetro Cash & Carryやスーパー大手Big Cの買収といった例も含まれている。 これらのタイ大規模小売業者は抜け目ない競争相手であり、ベトナム国内のサプライヤーらは販売エリアを獲得しづらくなっている。一例として、彼らは過去に支払ってきた分より高い手数料を国内企業に請求している。 さらに、彼らは支払い期間も延長している。 ベトナムでは、配達時の仕入先での支払いの代わりに、短納期を条件とすることが慣習になっているが、多くの企業は現在、支払いを30〜45日かそれより長く待たなければならないと話す。 国内の小売店主や仕入先は、タイや他のライバル国から最適な競争方法を学び始めなければならないと、最近行われたハノイでの会議で商工省(MoIT)のVo Van Quyen氏は述べた。 国内市場部の部長であるQuyen氏は、あまりに多くの国内小売企業が、最安値であることが必ずしも顧客の購買決定の最も重要な要素ではないということを認識できていない、と指摘した。 たとえこれがたまに当てはまるとしても、他に多くの要素が購入者の選択に輪をかけて重要な役割を果たしているのだ。国内の経営者は、安値から高品質・適正価格にすることへ、基本的価値観を変える必要がある。 加えて、タイなどの競合と同等の条件で競争するための事業連携と能力・財源の共同出資の重要性を認識することが必要だと彼は語った。 国内の競争相手は、製品の供給を超えるしっかりした理解力を全く持っていない。これは、彼らが関連する市場や経済、経営の課題についてと、同業者と提携する重要性を全く理解していないからである。 タイの小売業者は、多くの資金と強力なネットワークで仕入先から製品を供給している。その結果、タイからの製品はベトナムの市場に普及し、多くの国内小売業者を脅かしているのである。 もっと見る
2016/08/15 06:07 da:22 facebook:0 twitter:0 仕入先 競争相手 支払い 重要性 グループ ハノイ Tweet
business-partners.asia  ロイヤルグループ子会社、ポスコの建設資材を独占販売[経済]  ↑0 ↓0
これにより、ベトナムから輸入するポスコSSヴィーナの鉄鋼製品の全てに対して完全な権利を所有することとなる。なお、YSGT社が建設サプライヤーは今回が初めてではなく、タイのセメントメーカー業界3位のTPIポーリン(TPI Polene)とも提携している。
2016/06/14 10:41 da:23 facebook:3 twitter:0 サプライヤー 子会社 グループ ロイヤル Tweet
znzitravelstuff.com  ニューバランス 1600 ベトナム  ↑0 ↓0
激安の通販・ニューバランス 1600 ベトナム、ニューバランス m1400 通販 正規品通販店【人気急上昇】ニューバランス 1600 ギャルソン プロのサプライヤー ...
2016/06/07 09:52 da:17 facebook:0 twitter:0 バランス ニュー サプライヤー ギャルソン Tweet
アパレル・リソース  タイ企業によるBig C買収後はどうなるのか?(1)  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーであるNguyễn Kim貿易会社は、最終的にフランスのカジノ・グループに9億2000万ユーロ(10億5000万米ドル)を提示し、Big C ベトナム買収のための熾烈な戦いを制した。 セントラル・グループは買収成功について発表したものの、資本関係に関する詳細を明らかにしなかった。エレクトロニクスと家電小売店を運営するNguyễn Kim社は、セントラル・グループがその株式の49%を保有している。 Big C ベトナムには20の応札者があり、ほとんどが日本のイオン、韓国のロッテ、タイのBJCやセントラル・グループ、ベトナムのSaigon Co.opやMasanのような大手企業であった。 Big Cの昨年の売上高は5億8600万ユーロで、店舗数もCo.opmartに次いで二番手であり、セントラル・グループは、Big Cベトナムの獲得で、ベトナム小売市場を開拓するのに費やしたであろう数年間を前倒しできると期待している。 タイを含めベトナムに進出している多くの外資系小売企業の存在は、消費者にとって多様で高品質な商品がお手ごろな価格で手に入ることを意味する。 対照的に、ベトナムの生産者やサプライヤーは危惧している。つい最近市場が開放されたにもかかわらず、結局のところ小売市場の50%超が既に外資系小売業者に占められた。 重要なのはそれら外資系企業の多くは、ここベトナムにおいて自国に有利な経済活動を行うという野心的な計画を立てているという点である。 セントラル・グループは、地元の製品を使用し、Big Cの顧客、従業員や地元当局との従来の強い関係性を維持し、Big C店舗向けに地元の商品を調達するという条件を示しているが、不安は払拭されていない。 タイの企業は徐々にベトナムの大手卸や小売企業の買収を進めており、まずMetro、 Nguyễn Kim、そして今回のBig Cを短期間のうちに獲得した。 統計総局によると、2015年ベトナムはタイから83億米ドル相当の製品輸入を行った。この金額は、2016年第1四半期には18億米ドルとなった。 税関総局によると、ベトナムに輸入されたタイ製品はより多様になってきており、野菜、果物や消費財から自動車などの高付加価値製品にまで至るとした。 タイから輸入される自動車の数は、加速度的に増加している。昨年ベトナムは、中国から2万6700台、韓国から2万6500台、タイから2万5000台の自動車を輸入したが、今年のタイからの輸入数は7800台と、中国の3500台や韓国の2260台を圧倒している。 ベトナムの小売市場は開かれており、数百億米ドル規模の価値があるため、外資系企業だけを締め出すようなことはできないと、アナリストらは述べた。 MetroやBig Cのように外資系小売企業は、都市や郊外の一等地を確保しているだけでなく、ベトナムの消費者に自社を売り込むノウハウを持っている。 例えばタイの企業は、次のようなトリックを用いている。 Metroではまだベトナム商品を取り扱っているものの、店舗の中で最も良い場所ではタイ商品を陳列しており、同時に4~15%の大幅な値引きを提示している。 これによりベトナム商品の供給業者は競争に打ち勝つことができず、徐々にMetroへの供給を減らさざるを得なくなっている。 ベトナム企業の課題は、彼らは長期間にわたり輸出に焦点を当てており、国内市場を軽視してきたことにある。 国内企業間での協力関係が欠如していることも、ベトナム企業の競争力を弱め、外国のライバル企業に太刀打ちできない原因の一つとなっている。 またベトナムでは、国内のサプライヤーを保護するための、外国小売業者に対する明確で透明性のあるEconomic Needs Test(ENT)を実施できていない、とアナリストらは指摘した。このことは、外資系小売業者の豊富な資金力と共に、彼らが有利な地位を獲得するのに寄与している。 現在ベトナム国内に100店舗、6600人の従業員を擁するセントラル・グループだけでなく、日本のミニストップやイオン、韓国のロッテ、フランスのAuchanのような多くの外資系小売業者もベトナム国内で存在感を増している。 外資系投資の拡大と反比例して、Hapromart、SapomartやG7 Martなど、国内の小売業者は衰退しており、Saigon Co.opやWinmartでさえ四苦八苦している。 Metroで販売されるベトナム商品は、かつて全体の10%を占めていたのが、現在1~2%にまで減少している。将来的にはBig Cにも同様の事象が起きると予想されている。   (2)へ続く もっと見る
2016/05/20 06:00 da:19 facebook:0 twitter:0 グループ セントラル 米ドル 自動車 ロッテ 従業員 Tweet
アパレル・リソース  国内のプーマ製造業者は低金利融資が可能に  ↑0 ↓0
世界的スポーツブランドであるプーマのベトナム国内の製造業者は、プーマの環境、健康、安全及び社会的基準に適合すれば国際金融公社(IFC)から低金利の融資を受けられることとなった。 世界銀行グループの一員であるIFCとプーマが最近調印した協定により、プーマの新興市場の製造業者が環境や社会的基準を改善させればIFCは金銭的なインセンティブを提供する。 このプログラムは第一段階としてバングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、パキスタンとベトナムで立ち上げられる。 IFCは短期運転資本の段階的な評価による金融制度を適用し、プーマの社会環境基準への準拠に基づく製造業者評価で高評価の企業には低金利が適用される。 IFCの製造業・アグリビジネス・サービス部門のSergio Pimenta部長は、今回の協定は中小企業が財政面で高い実績を上げつつ環境的、社会的持続可能性を向上させるためのIFCの取り組みをさら前進させるものであると述べた。 IFCはグローバルトレードサプライヤーファイナンス(GTSF)プログラムにより、国際的な企業への売掛金を担保に縫製・製靴企業に運転資金の融資を行っている。   もっと見る
2016/04/28 13:49 da:23 facebook:0 twitter:0 プーマ 製造業 社会的 プログラム 中小企業 取り組み Tweet
アパレル・リソース  ロッテマートがベトナム製品を求めてVietnam Expo 2016に参加  ↑0 ↓0
ロッテグループの小売部門ロッテマートが海外市場に売り出すベトナム製品を求め、第26回ベトナム国際トレードフェア(Vietnam Expo 2016)に参加した。 ロッテマート韓国から販売マネージャー10名、ロッテマートベトナムからも販売マネージャー7名が参加し、競争力のある商品とサプライヤーの調査を行った。製品は8月に韓国に輸出され、韓国全土117店のロッテマートで行われる「ベトナム製品展示会」と銘打ったイベントで韓国の消費者のもとに届けられるという。 「Vietnam Expo 2016はロッテマートにとってベトナムのビジネスを知るまたとない機会となりました。現地で直接調達することでベトナムの生産者も高い利益を得ることができます」とロッテマートのHong Eun Bee主任マネージャーは話す。 2015年、ロッテマートは生鮮食品、加工食品、衣料品等多様な製品をベトナムから韓国に輸入し、およそ400万米ドルの利益を上げた。今年、ロッテマートはベトナム製品による利益が500万米ドルとなることを予測している。 韓国市場への注力に加え、ロッテマートは自社の流通網を通じて中国及びインドネシアへのベトナム製品の輸出も促進している。 ロッテマートはベトナムで第1号店となるハイパーマーケットを2008年にホーチミン市の南サイゴンで開店した。現在までに、ベトナム全土で12店のロッテマートが営業している。 Vietnam Expo 2016は世界23の国・地域から500以上の業者が参加し、4月13日から16日までハノイで開催された。 今年は韓国からは71の業者が参加し、化粧品、食品・飲料、繊維製品、消費財、薬品・医療機材、電気機器、電気製品、産業用機械といった製品を展示する。 Vietnam Expoに韓国企業が参加するのは今回で18回目となる。ここ数年、特に小売部門において、ベトナムは韓国製品の潜在市場であるとみなされている。 もっと見る
newswitch.jp  韓国、ベトナムで存在感。昨年の国別投資額で全体の3割に  ↑0 ↓0
2015年のベトナムへの国別投資額で韓国が1位となった。08年にサムスン電子が大型投資を実施して以降、1次サプライヤーの投資に続き、「最近は2次サプライヤーの進出も多い」(日本貿易振興機構=ジェトロアジア大洋州課の小林恵介課長代理)。韓国企業は新規投資に加えて拡張投資も増えており、3位だった日本は相対的に影が薄れつつある。
2016/04/05 06:00 da:46 facebook:5 twitter:0 縫製品 サムスン Tweet
アパレル・リソース  IFC、繊維・アパレル産業におけるサステイナビリティを促進  ↑0 ↓0
世界銀行グループの一員であるIFC(国際金融公社)がベトナムのサプライヤーの工場の資源効率を改善しようと世界的なアパレル・靴製造業者であるVF Corporationと消費財の小売業者であるTarget Corporationと手を結ぶ予定だ。 IFCによれば、第一段階では今後12カ月にわたり約30の工場でエネルギーと水の効率性に関する審査が行われ、業務費の削減と生産性の向上を支援しながら、ベトナムの環境問題への意識向上と気候変動目標を達成するための手助けが行われる。 繊維・アパレル・製靴業界はベトナム経済に大きく貢献している。2015年には同業界の輸出は392億米ドルに達し、約300万の雇用(そのほとんどが女性)を創出した。日々大量のエネルギーや水が消費されるが、最新の技術と営業運用がうまくいけば資源の消費を20%かそれ以上削減することができる可能性がある。 「環太平洋戦略的経済連携協定とEUとの自由貿易協定を含むベトナムの貿易協定への参加の高まりを受け、地元の繊維業界はより急速な成長をとげようと準備を整えており、サステイナブルなエネルギーと水の利用に対しての要求も高まりつつあります」とIFCのベトナム・カンボジア・ラオス統括部長であるKyle Kelhofer氏は言う。「ベトナムの繊維製品企業はIFCのプログラムを利用することで世界の市場にさらに近付きながら資源の利用効率を高めることができます」 裁断と縫製(カットソー)、染色と印刷、衣料品の洗濯業務を含む繊維業界のバリューチェーンに渡るVFやTargetのサプライヤーの工場の審査を通し、エネルギーや水の利用効率を高めながらサプライヤーの生産性や競争力を高めるためのコスト効率の高い方策を確認、展開することが可能だ。さらにIFCは、バングラデッシュや中国等主要な繊維輸出国における多くの実績を引き合いに出しながら、専門的な解決策に関する助言を提供するだけでなく、ベトナムで提携する銀行を通して融資を円滑に行う支援をするという。 「ベトナムにおけるIFCとの提携は、サプライヤーの工場がさらに資源効率よく環境に優しく対応し、Targetの世界的な調達戦略と企業のサステイナビリティにおける到達目標を達成することを強力に補完するものだ」と同社のサステイナビリティに関する取り組みを行うTarget Corporationの子会社であるTarget Sourcing Servicesで責任調達担当取締役であるIvanka Mamic氏は語る。 「VFは人と環境に配慮した製造業における優れた長い実績を持っており、さらに効果を高めることができるよう、世界中のサプライヤーの基盤へこの貢献を高めることができる機会を常に求めています」とVF Corporationの子会社であるVFアジアのサプライチェーン・サステイナビリティ担当上級部長のBrad van Voorheesは語る。「IFCとTargetの協力関係は私たちの活動の延長線にあるもので、繊維業界のサプライチェーンをより環境に優しいものにしようとする知識や成功事例の共同作業を可能にするものです」 製造業におけるサステイナビリティに対する取組は、実績を改善する機会の体系的な評価、ベンチマーク調査の実施、最良の技術の共有、さらに広範囲での理解を高めるための業界の認識の向上を通して資源効率を促進する。次段階以降では繊維業界のサプライチェーン専用の電力需要を満たすためのクリーンエネルギー利用に関する評価を行う。本イニシアチブはIFCの長年にわたるベトナムの資源効率向上プログラムの一環だ。プログラムでは先進的でグローバルに展開するブランドやそのサプライチェーンとの関わりを通して影響力を拡大し、選ばれた工業地帯に介在することで同じ場所にある企業間の循環経済の概念を促進することを通し、革新的な集団的な取組を実行する。   もっと見る
アパレル・リソース  国内サプライヤー開発のために外国投資誘致の必要性  ↑0 ↓0
自由貿易協定(FTA)は、繊維・衣料品、皮革、履物市場の開拓にとって、多くのビジネスチャンスだけでなく、原産地規則に伴う課題ももたらすことになるだろう、とHo Thi Kim Thoa商工省副相は述べた。 また、軽工業部門のPhan Chi Dung次長は、織物、衣料品、皮革、履物、牛乳や製紙産業では、これまで多額の輸出売上を計上してきたが、その製造に必要な原材料は大部分が輸入されている、と指摘した。 商工省によると、ベトナムの生産業者は、布地を800万平方メートル相当必要とするが、地元の布地生産業者は内180万平方メートルしか供給できず、残りは輸入頼みとなっている。また、綿花についても国内需要のわずか1%相当しか国内市場から供給できず、残りの99%は輸入されている。 トルコのベトナム貿易カウンセラーのLe Phu Cuong氏によると、ベトナムとトルコ間では、繊維、衣料品、皮革・履物産業における協力体制の構築に大きな可能性があるという。 トルコの大規模企業では、繊維・衣料品産業における海外投資を進めてきた。またCuong氏によると、トルコの企業の多くは、中国の生産コスト増大やベトナムで調達可能な資源(が魅力であること)により、中国からベトナムへ生産を移転させることを計画している。 しかしベトナムビザの取得が難しく、地元市場、投資環境、インセンティブやトルコ企業にとっての取引構造に関する情報が不足しているため、まだベトナムでのプロジェクトは多くない。 トルコ企業はまた、ベトナムにおける韓国、日本や台湾企業との競争について心配している。そのため、ベトナムの貿易事務所や各業界は展示会やセミナーなどを通じて、トルコ企業のためにプロジェクト、投資環境や工業地帯に関する情報提供に努めるべきである。 台湾におけるベトナム貿易カウンセラーであるNguyen Duy Phu氏は、台湾企業がFTA、特に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)による利益を享受するために、ベトナムの繊維・衣料品産業に対する投資を促進しようとしている、と述べた。しかし、ベトナムの各省ではそれに伴う環境汚染を懸念しており、新しいプロジェクトのための用地を取得することが困難となっている。 彼は、ベトナムは繊維・衣料品産業向けの原材料サプライヤーを開拓するため、投資のための経済特区を設ける必要があり、それによりプロジェクトが環境汚染を引き起こすことを防ぐことは可能である、と述べました。 また、Ho Thi Kim Thoa商工省副相は、外国人投資家を誘致するため、フンイン省にPho Noi工業団地と、ナムディン省にRang Dong繊維・衣料品工業団地を建設した、と述べた。商工省はまた、ドンナイ省とビンズン省に新たに二つの工業団地を建設することを計画している。これらの工業地帯では、繊維、衣料品、皮革・履物産業の外国パーツメーカーに対し、インセンティブを提供する予定としている。 ベトナム企業では、繊維産業開発のための投資と技術が不足しており、外国からの投資を必要としている。これらの課題に対処するために産業界は、FTAによる利益を享受するためにも、パーツや製造用材料国内サプライヤー開発のための外国投資を募るべきである。 もっと見る
アパレル・リソース  女性経営者ら、ウォルマートの方針の恩恵に期待  ↑0 ↓0
ウォルマートは世界中の女性経営者の企業から240億米ドル相当の商品を調達する計画だ。 ウォルマートはまだベトナムに小売りチェーンを展開していないが、ベトナムで卸売業者を探すため事務所を開設した。 Tran Thi Van Loan氏が所有するナマズの輸出企業であるCuu Long An Giangは2004年に従来の信頼していた市場が縮小した際に大きな問題に直面した。 「救済策はもう何も無いと感じました。しかしそのままただ待つことはせず、アフリカ、南米、アジア含む馴染みの無い市場にも注文を取りに行きました」と彼女は語った。 And Cuu Long An Giang社は最終的にようやくメキシコから注文を取り付け、これが同社に国内にウォルマートチェーンを浸透させるきっかけを与えた。 Loan氏はそれから生産規模を改善するための多額の投資を行い、米国を拠点とする小売店であるウォルマートはベトナムから直接商品を調達していなかったため、以降メキシコのウォルマートにナマズ製品を調達し続けた。 Cuu Long An Giangは研修会、財政状態、サプライチェーンの保障、社会的責任に関する試験を経て2014年にはじめて米国に直接製品を販売できるようになった。 8年前にウォルマートの卸売りとなる前、Thuan Phuong Garment and Embroidery Companyは主に韓国向けの外注を請け負っていた。しかしThuan Phuongの経営者らは外注を中止し、自社ブランドの製品の輸出を行うことを決めた。 2008年にThuan Phuongの代表が中国のウォルマート事務所を訪れ交渉を行い、後にウォルマートチェーンに参加した。 Thuan Phuongは初年に20万点の商品の注文を満たしたが注文は年々増加している。今や年間300万-500万点の商品を提供しているが、増えつつある需要にこたえるためにロンアン省にさらに2か所の工場建設を計画している。 Thuan Phuongの副本部長Nguyen Hoai Anh氏はウォルマートと提携することはたやすいことではないと語る。市場調査を徹底的に行い、巨大な小売業者の要件を満たすための生産規模の設計や仕上げが十分に大きい閉ざされた生産チェーンを作る必要があった。 ウォルマートのグローバルソーシング担当のJocelyn Tran氏は女性が経営する企業、もしくは女性労働者が多数を占める企業から商品を調達することを優先すると述べた。 これを受け、ウォルマートのKara Valikai氏はウォルマートの購買客の多くは女性だと語った。 またおよそ2000社のベトナム企業がウォルマートに製品を納入することができるだろうと述べた。ウォルマートでは現在衣料品、靴製品、海産物、美術品、子供の玩具のサプライヤーを求めている。その一方で企業のほとんどが女性経営者だ。 もっと見る
2016/02/20 06:36 da:19 facebook:0 twitter:0 ウォルマート チェーン ナマズ メキシコ 事務所 仕上げ Tweet
アパレル・リソース  米国、EUとの貿易協定がベトナムからの調達を加速(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   一方で急速な成長には反作用がある。ベトナムの物流コストは、国内総生産(GDP)の25%で、GDP比18%となっている中国などの地域の競合相手と比較しても高い。ベトナムの国際貿易のほとんどは、南部ホーチミン市に近いCai Mepターミナル港から行われているが、国有企業が港内の7つのターミナルのうち5つの利権を持っている。CMITはそれらターミナルの一つであるが、利権協定の下で(デンマークの)APM Terminals社によって運営されている。 ベトナムの運輸省はまた、貨物ターミナルインフラにかかる莫大な投資の一部を回収するための手数料として、最低保証入港税を導入したが、この入港税が高額であることにより、いくつかの船会社はベトナムのターミナルを使用することを諦めた。 しかし、Avery Dennison社はこういったことを意に介さない。アパレル・フットウェア部門の他のサプライヤーと違い、原材料にかかる(顧客の)輸入物流コストを回避するため、この会社ではずっと以前に、顧客の生産工場に近接した場所にその生産設備を設置することを決定した。 「我々は、お客様の生産工場のできるだけ近くからチケット、タグ、包装やラベルなどの製品を供給することを目指しています。そのため我々はベトナム国内に生産設備を所有しており、今後増加する可能性が高い市場の需要を満たすために、当社のプレゼンスを高めてきました。」とStander副社長は言った。 2003年のベトナムへの参入以来、Avery Dennison社は4000万米ドルを投じ、ロンアン省のLong Hau工業団地に最新の生産設備を設置してきた。この30万1000平方フィートの施設では、アパレル・ラベリングとブランディングソリューションを必要とする多くの世界的な繊維・衣料品ブランドからの需要の増加に応えることができる。 「このロンアン省への投資は、ベトナムのアパレル・フットウェア業界における大幅な成長が持続するものと確信しているためです。この業界で我々がサービスを提供するにあたり、常にお客様ビジネスの成長拡大が起きる可能性が高い場所の中心に位置するようにしており、そこでお客様のビジネス拡大に応えるよう努めることこそが、我々にとっても大きなビジネスチャンスとなるのです。」と彼は述べた。 アパレル・フットウェア生産市場におけるベトナムの優勢が、Avery Dennison社の中国事業に影響を与えるかどうかについて尋ねられ、Stander副社長は、ベトナムの成長は中国ビジネスの犠牲の上に成り立っているわけではない、と述べた。 「中国では輸出主導経済から国内消費需要経済への変換が起きています。中国の国内消費者はより多くの衣料品や履物を求めており、それに応えるための生産需要は中国においてまだかなりあります。」とした。 「一旦衣料品産業がその国において確立されると、それを後で覆すことは難しいため、ベトナムは世界のアパレル・フットウェア業界において、何年にもわたって主要なプレーヤーであり続けるだろうと考えています。」   もっと見る
2016/02/19 11:55 da:19 facebook:0 twitter:0 ターミナル アパレル フット ウェア ビジネス お客様 Tweet
朝日新聞出版  ベトナム戦争犠牲者の身元確認プロジェクトにボナパルトDNA照合ソフトを使用  ↑0 ↓0
スマートリサーチ社(SMART Research BV)はベトナム政府と、ボナパルトDNA照合ソフトウェア・システムおよび関連支援サービス提供の契約を締結しました。この調達は、ベトナム戦争の身元不明犠牲者65万人のうち、最低8万人の身元確認を目標とする10年計画の一環です。ベトナムの首相、グエン・タン・ズンが主導する「プロジェクト150」は、過去最大のDNA身元確認プロジェクトとなります。3つの研究所が、技術サプライヤーのキアゲンとエッペンドルフの法医学技術でアップグレード、同時にコンサルタント業務とトレーニングはバイオグローブとボスニアの行方不明者国際委員会(ICMP:The International Commission on Missing Persons)が提供します。契約締結により、スマートリサーチは同プロジェクトチームに加わります。ボナパルトの最新鋭間接照合アルゴリズムは、この大規模プロジェクトに必要なキンシップ・サーチおよびファミリアル・サーチの有力な可能性をベトナム政府研究所に提供します。ボナパルト方式では、任意の家系図を使って、家族のリファレンスDNAを基に未確認の もっと見る
2016/02/15 10:52 da:87 facebook:0 twitter:0 ソフトウェア システム サービス Research スマート 犠牲者 Tweet
出島  ベトナムのアパレル産業においての米国投資家の重要性とは  ↑0 ↓0
ベトナムでは近年、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)による将来性を見越し、米国からアパレル産業に対する多額の投資が行われてきており、その内の1つに米国Huntsmanグループ傘下の染料・化学薬品サプライヤー、Huntsman Textile Effects社がある。
2016/02/02 10:41 da:15 facebook:0 twitter:0 アパレル 将来性 その内 重要性 投資家 太平洋 Tweet
アパレル・リソース  アパレル産業において重要な位置付けの米国投資家  ↑0 ↓0
ベトナムでは近年、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)による将来性を見越し、米国からアパレル産業に対する多額の投資が行われてきており、その内の1つに米国Huntsmanグループ傘下の染料・化学薬品サプライヤー、Huntsman Textile Effects社がある。 Huntsman社の倉庫は南部ドンナイ省のLong Binh工場団地に位置し、2015年の開業からわずか6ヶ月でフル操業となる25万トンを取り扱っている。 Huntsman Textile Effects社のPaul G. Hulme社長は、この倉庫では取引先企業のデリバリー時間短縮をサポートすることを使命としており、TPPがいよいよ発効を迎える中で国内市場の需要増に対応するよう、さらなる拡張も可能であると述べた。 また2016年1月には、米国Avery Dennisonグループ傘下のAvery Dennison RBIS社が総投資額3000万米ドルを投じ、ロンアン省のメコンデルタに位置するLong Hau工業団地に工場を始動させた。 Avery Dennisonグループによると、このハイテク工場ではUniqlo、North Face、Nike、Adidasなど、ベトナム国内における有名ブランドに対し、ラベルプリントサービスを提供する予定としている。 Avery Dennision RBIS社のDeon Stander社長は、この投資プロジェクトが繊維・衣料品業界の発展だけでなく、国内市場全体に貢献することを目指している、と述べた。 TPPは、ロンアン省の工場発展を後押ししたように、2020年までにベトナム繊維・衣料品生産全体を上昇させる原動力となるであろう。 2015年7月、Avery Dennision RBIS社はロンアン省の工場を建設する一方で、ホーチミン市のビンタン区に物流センターも設立した。 ベトナム綿・紡績協会(VCOSA)のNguyen Son会長は、近年の成長著しいアパレル部門の副資材の需要増について取り上げた。 染料、化学薬品やラベルなどのアパレル部門における副資材の年間輸入額は何十億米ドルにも達し、それに対する投資プロジェクトはアパレル部門の発展を後押しすることになる、と述べた。 米国商工会議所(AmCham)は、2020年までにベトナムは対米国輸出で約514億米ドルも稼ぎ出し、そのうちアパレル部門が152億米ドルを占める、と見込んでいる。さらに2025年までで200億米ドルを見積もっている。 ベトナム繊維協会(VITAS)によると2015年末の時点で、繊維分野は外国直接投資により20億米ドルを投じられた。 それでも投資家らには、繊維・アパレル製品の副資材や皮革・履物分野において、まだまだ投資余地が残されている。   もっと見る
2016/02/02 09:24 da:19 facebook:0 twitter:0 アパレル 米ドル グループ 衣料品 プロジェクト 投資家 Tweet
アパレル・リソース  求められる原材料の国内サプライヤー  ↑0 ↓0
ベトナムのアパレル・繊維企業は国内生産された原材料に対する投資を増やすことで、ベトナムが加盟している自由貿易協定の厳しい要件を満たそうとしている。 「繊維業界は長きにわたり原材料を輸入に依存してきました。国がすでに協定を結んだ、もしくはこれから結ぶ自由貿易協定のもとでは輸入にこれ以上頼ることはできません」Dong Nai Garment Corporation会長のBui The Kich氏は語る。 氏によれば、繊維業界は平均約7割の原材料を輸入に頼っている。 同社の国内調達率は不織布材料の生産への投資のおかげもあり、45%に増加したと氏は言う。 昨年同社はドンナイ省にHung Long Industrial Complexを建設するために3000億ベトナム・ドン(1339万米ドル)を投じ、ここを衣料品・繊維製品製造の拠点とすることを目標としているという。 ベトナム繊維協会(Vitas)とGarment 10 Joint Stock Companyの会長であるVu Duc Giang氏は、国内の衣料品会社は製糸・製織・染色の分野に投資するよう後押しされてきたが、最も安全で適切な方法は原料の供給減を確保するために国内外の企業に対する資本の拠出か株の購入であると語った。 今年の投資計画の中で同社は製糸分野でパートナー企業と提携する予定で、輸出入双方に対する原材料の調達を確保するという。 Viet Nam Cotton and Spinning Association事務局長のNguyen Hong Giang氏は昨年の輸出収入が280億米ドルに達するなど輸出分野で大きな成長を遂げたものの、原材料や付属品の国内調達はあまり変化がみられなかった。 例えばベトナムは年間85億メートルの生地を必要としているが、国内の生産は30億メートルにとどまる。 国内の生地生産は需要に追いついておらず、その上環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)のyarn forward原則、ベトナム-EU自由貿易協定ともに国内での調達要件が非常に厳しいと氏は言う。 それ故、ベトナムが自由貿易協定の恩恵を受けるには生地生産における処理能力を急速に高めることが求められている。 ベトナム繊維協会(Vitas)総書記Dang Phuong Dung氏は政府の支援以外で自由貿易協定の恩恵を最大限に受けるためには、国内企業は世界市場における確かな地盤を築くために生産技術、デザインや品質を高めるべくさらに投資を行うべきだと語った。 氏は国内の衣料品製造業者、原材料や付属品の製造業者の間のより密な連携を呼びかけた。 商工省によれば、ベトナムのアパレル商品は米国やEUに輸出を行う際、平均12-30%の関税を課せられている。 例えば100億米ドル相当の輸出には17億米ドルの関税が発生する。 TPPが実行されれば関税は無くなり、ベトナムのアパレル商品の競争力が増すと同省は語った。 ベトナム繊維協会(Vitas)によればyarn forwardの原糸原則を含むFTAの原産地規制はビジネス面において大きな課題となるが、長期的には投資戦略を改善しようと企業を刺激し、市場の供給に見合う生産量を調整できるようになる。 各企業が自社の製品により付加価値を与え、競争に打ち勝つ能力を備えるべく自社で、もしくは他社と提携を結びサプライチェーンを確立しなければならない、とVitasは言う。 Vitasによれば自由貿易協定のもとでは関税面において優位となることから、繊維製品業界は今年輸出において20%以上の成長が期待されている。   もっと見る
2016/01/21 05:48 da:20 facebook:0 twitter:0 原材料 米ドル アパレル 衣料品 forward Garment Tweet
アパレル・リソース  TPPの影響により労使関係に変化の可能性も(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   世界銀行の統計によると、輸出に大きく依存し、低賃金を強みとした経済のベトナムでは、主に繊維・アパレル産業の貢献により、2030年までに約10%とTPP加盟国の中で最も高水準での経済発展が見込まれている。 一部の外国投資のおかげもあり、ベトナム経済は昨年年率6.68%と、ここ5年間で最も速いペースで成長した。しかし、さらに高品質のTPP関連投資を誘致するためには、一人当たりGDPや競争力ランキングが参加国グループで最低水準にあるこの共産主義国において、幅広い改革を導入する必要がある。 「ベトナムにおいて完全な市場システムを導入し、国家の役割をより改善するには、多くの労力を必要とします。」と経済学者であるPham Chi Lan氏は言った。 非効率な国営企業はなおも経済のあらゆる分野において影響力を持っており、そのリストラは、長く、痛みを伴うものとなるだろう、と彼女は言った。しかし、ベトナムがTPPに加盟したとき、それは「国は真剣に(現在の)仕組みを変えることを考えている」ことを示した、とも言えるとした。 ベトナムのTPPへの参加には、国の支配エリートの間での外交政策の方向性に関する「新たなコンセンサス」が反映されている、と香港城市大学のベトナム専門家であるJonathan London氏は述べた。この共産主義国家は米国や日本に接近することを望んでいるが、一方で、現在最大の貿易相手国である中国の反感を買わないようにしたいと考えている、と彼は言った。 「ベトナム政府はTPPがどのような意味を持つかを認識しています。即ち、経済的および戦略的に、ベトナムの評価を高めるのに千載一遇のチャンスであるということです。」 TPPは、国有部門を徹底的に見直しするための長期にわたる取り組みに“構造と方向性”を指し示すことにより、ベトナムの国内改革の助けとなり、さらに、この協定はベトナムに多大なビジネスチャンスをもたらすものの、それは特効薬ではない、とBay Global Strategies社のVirginia Foote氏は述べた。 「企業は(投資環境について)全体像を評価しているのであり、優れているのが関税水準だけであれば、工場やサプライチェーンを(ここベトナムに)移したりしないでしょう。」と彼女は言った。 ハノイ郊外の繊維・衣料品工場において、同社では熱心にTPP発効後の計画を練ってきた、とThan Duc Viet次長は述べた。 この工場では生産能力をほぼ倍増し、他のTPP加盟国から糸を調達することによって得られるTPPの優遇条項を利用するため、地元のサプライヤーを確保するのに多忙を極めている。一方で、新しい労働基準を求める条項については一切心配しておらず、会社では既に、熟練労働者をつなぎ止めるのに必要な処遇に多額の投資をしている、とした。 「TPPの有無にかかわらず、優秀な労働者が働き続けてくれないことには、我々は確実に破産に追い込まれることになるのです。」と、彼は言った。   もっと見る
2016/01/20 11:52 da:20 facebook:0 twitter:0 チャンス 加盟国 共産主義 労働者 取り組み 見直し Tweet
財経新聞  モビフォンがタクアの仮想モバイルコアとモバイルクライアントを導入し、ベトナムでWiFi通話を提供  ↑0 ↓0
ベトナム・ハノイ & 米テキサス州リチャードソン)- (ビジネスワイヤ) -- モバイルおよび固定線事業者向けIP通信システム、アプリケーション、サービスを提供する一流サプライヤーのタクアは本日、モビフォン・コーポレーションがベトナムで初めてWiFi通話サービスを開始する電気通信サービス・プロバイダーになると発表しました。モビフォンは、WiTalkという名称でサービスを提供します。同社は、タクアの仮想モバイル・コア(VMC)に加え、当社のモバイル・クライアントを使い、WiFi通話のネイティブダイヤラーに対応していないアンドロイド・スマートフォンで、WiFi通話を実現します。 ベトナム最大のモバイルネットワーク事業者であるモビフォンは、WiFi通話サービスを追加することで、同社の加入者が通常の携帯電話ネットワーク利用時と同じように、あらゆるWiFiネットワークを介して電話をかけたり、テキストメッセージを送信したりできるようにします。その結果、加入者は家庭や職場など、時間の大半を過ごす場所で、高品質の音声/メッセージング・サービスを利 もっと見る
アパレル・リソース  繊維部門は課題が山積み(前)  ↑0 ↓0
最近の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の決着により、ベトナムは、いくつかの貿易部門において近い将来、富と繁栄をもたらすビジネスチャンスを獲得できるかどうかの岐路に立っている。特に繊維・衣料品産業は、世界市場へのアクセスと、貿易関税の削減により、莫大な利益を得ることが期待されている。しかし、サプライチェーン問題は、ベトナムがこの潜在的なビジネスチャンスを実現するために、必ず取り組まなければならない課題である。KPMGコンサルティング社インドのAmrish Goelテクニカルディレクターと、同社ベトナムのNguyen Tuan Hong Phucコンサルティングディレクターは、この課題について(以下のように)意見交換を行った。   現在の世界経済の潮流において、製造のグローバリゼーションと貿易の流れに興味深い変化がもたらされている。2015年10月4日に米国にてTPP交渉が妥結し、ベトナムの経済に新たな転機が訪れた。過去数年間で製造業への外国直接投資(FDI)は着実に増加し、その内のいくつかはTPP交渉妥結を見越してのものであったが、今回のTPP妥結によりさらに、今後数年間でベトナム投資に対する興味関心が急増することが予想される。投資は、関税廃止による恩恵を享受しようと待ち構える衣料品・履物産業を擁する米国や日本など、TPP加盟国からのものばかりでなく、世界の最も活況な消費者市場へより容易で確実なアクセスを求めている製造業を抱えるその他の国々からも行われるであろう。 繊維・衣料品業界における明るい見通しを念頭に置きつつも、マクロ経済指標は、ベトナムなどのように、コスト安を第一の売りにすることによって、過度に輸出依存となっている経済に対して、明確な警告を発している。TPP及びその他将来の自由貿易協定(FTA)の締結は、ベトナムに生産と輸出を増加させるようなビジネスチャンスをもたらす一方で、将来の経済的繁栄を確たるものにするために取り組むべき課題を与えるであろう。我々は、現時点でのビジネスチャンスとリスクを踏まえ、過去十年間の成長の流れを継続するために進むべき方向性の選択肢を理解するのに、ベトナムを一つのサンプルとして見ていくこととする。   ベトナムの繊維産業 過去十年間において、ベトナムの国内総生産(GDP)は年平均で6%の成長を遂げ、その期間の経済環境は、ベトナムのGDPが2006年の570億米ドルから2014年に1870億米ドルまで成長することを後押しした。投資家たちは経済成長に対して強気の見通しを持ち、2001年から2015年までの期間に、年間40億米ドルもの資金をベトナム経済につぎ込んできた。製造業主体のベトナム経済において、繊維産業が第一の成長エンジンとなっており、GDP全体に対して15%、総輸出額に対して18%、そして全世界の繊維産業において4%もの貢献をしてきた。繊維産業は、ベトナム経済にとって重要な成長推進力であり、進化型の経済シナリオにおいて確実で持続可能な成長を維持するために、その戦略策定に(資源を)集中することが重要である。 ベトナム繊維産業が成長するための第一の推進力は、2005年の多国間繊維取り決め(MFA)の撤廃にあり、これにより先進国に対する輸出割当量が撤廃された。MFA撤廃後における経済成長の軌跡は、中国、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカなど、ベトナムと類似の国々との間に、さほどの違いはなかった。これらの国における成長は、(廉価な)人件費の活用による利幅取りという明白な理由による、先進国からの製造委託作業によってもたらされている。この廉価な労務費提供のメリットは、現時点においても特に既製服部門の受注獲得にとって、唯一、最大の誘因のままである。先進国からの潤沢な注文は、ベトナム全土に年間売上高が5000万米ドルから2億米ドル規模の中小の製造企業を急増させる結果をもたらした。 世界繊維貿易におけるベトナムのシェアは4%で、米国に対する最大の繊維・衣料品輸出国の一つであるため、短・中期的にはまだまだ多くの企業を受け入れ、また既存の企業の現在の取引量と売上高を著しく増加させる程の市場余地がある。2014年に98億米ドルであったベトナムの対米国輸出が、2020年には300億米ドルまで増加することが見込まれる、TPP同様、ユーラシア関税同盟、韓国と締結された各FTAも、確かにこうしたインパクトを与えるであろう。 マクロ経済的には一見して、持続的な売上高の成長を確かなものとしているものの、比較生産費の非効率性の課題は、競合国における一般物価低下により重要性を増している。統計によると、貿易量は拡大している一方で、輸出先への販売価格は実質的に減少していることが分かる。2013年における中国から米国への平均輸入価格は、2008年の同価格より低下した。バングラデシュから(輸入される)衣料品価格は、2000年代半ばに約40%下落したが、同様の価格下落は、他の国から(の輸入品)においても報告されている。世界的な低価格化の傾向は、サプライヤーに直接的な圧力をかけている。元国際繊維被服皮革労連(ITGLWF)は、約8000もの織物、衣服、履物の生産者が2008年以降閉鎖した、と報告した。このことは、世界で1100万人分のフルタイムと300万人分のパートタイムの雇用損失をもたらした。これらを踏まえてベトナムの繊維産業は、グローバル市場における競争力を維持するために、その生産モデルを注意深く観察し、あらゆるコスト上の非効率に取り組むことが絶対的に不可欠である。   (後編へつづく) もっと見る
2015/12/07 06:01 da:17 facebook:0 twitter:0 米ドル 衣料品 チャンス ビジネス 先進国 製造業 Tweet

Thailand

response.jp  発売が近づくタカノカーズの電動ピックアップ…バンコクモーターショー2018  ↑0 ↓0
昨2017年にバンコク モーターショーに初出展し、シンプルな小型電動ピックアップの試作車を公開したタカノオート。今年は「タカノカーズ」という商品ブランドを掲げ、より発売に近づいたプロトタイプを展示していた。 タカノカーズの母体は高野自動車用品製作所 。日本で商用車の用品やアクセサリーを手がけるサプライヤーだ。
2018/03/30 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
response.jp  【バンコクモーターショー2017】日系サプライヤーの挑戦…タカノオートのハイブリッドピックアップ  ↑0 ↓0
バンコクショーの展示ホールに「TAKANO AUTO」という聞き慣れないブランドの名を掲げたブースとマイクロカーがあった。しかし新興メーカーではなく、日本の ...
2017/04/02 13:30 da:57 facebook:0 twitter:0 ブランド ホール ブース マイクロ メーカー ピックアップ Tweet
min-paku.biz  民泊予約サイト「UPSTAY」オープン。アジアのハイエンド民泊物件を厳選。  ↑0 ↓0
同サイトの特徴は、インドネシアのバリ、タイのプーケット、タイのパタヤの民泊物件を管理するサプライヤーと契約し審査を経た、ユニークな「厳選された物件」のみ ...

Singapore

Reuters  UPDATE 1-アジア通貨動向(5日)=大半が小幅高、米中貿易戦争は回避可能との期待で  ↑0 ↓0
ノムラは米国の通商措置により、台湾、マレーシア、韓国、シンガポールといった中国のハイテク部品サプライヤーが、措置の対象となった中国よりも打撃が大きくなる可能性があるとみている。 中国、香港、台湾が祝日であることもアジア時間の取引が薄くなる要因となっている。 インドルピーが一時0.3%上昇。きょう日本時間 ...
2018/04/05 14:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  輸入サービスに対するGST課税でシンガポール歳入庁、提案書を公表  ↑0 ↓0
企業対個人間取引では現在、シンガポール国内の有線テレビ放送業者と契約を交わしている消費者にはGSTがかかるが、同じチャンネルを提供していても外国から ... 規制案ではシンガポールの消費者にデジタルサービスを提供している、シンガポールでの売り上げが年10万Sドル(約812万円)超の外国のサプライヤーに ...
2018/02/22 10:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japan.cnet.com  シンガポールのXinFinがASSOCHAMとともにブロックチェーンによるTradeFinexプラットフォームを公開  ↑0 ↓0
TradeFinexは、バイヤーが世界的に競争力のある利率で資金を調達し、サプライヤーが世界の入札者および顧客ベースに関する可視性を獲得し、資金提供者がブロックチェーンを使用した投資に関するリアルタイムの可視性を獲得することを支援する。2017年に開始されたXinFinは既にシンガポール、インド、米国、欧州で ...
2018/01/12 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  世界初、亜熱帯地域のシンガポールにおいて、日本の桜開花に挑む! 外資系を脱サラして、事業継承を ...  ↑0 ↓0
京都老舗の花屋が、累計来場者数3000万人を誇るシンガポール政府直轄の世界最大級植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」のサプライヤーとして日本の桜の開花 ...
2017/11/24 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
recordchina.co.jp  アリババ、マレーシアでクラウドサービス開放―中国メディア  ↑0 ↓0
シンガポール華字紙・聯合早報によると、中国最大の公共クラウドコンピューティングサービスサプライヤーの阿里巴巴(アリババ)は10月30日、マレーシアで世界 ...
2017/11/07 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
topnews.jp  ピレリタイヤ、初日のパフォーマンス比較/F1シンガポールGP初日  ↑0 ↓0
F1シンガポールGP初日が終了し、F1公式タイヤサプライヤーのピレリがフリー走行1回目と2回目の ... シンガポールでは、昼と夜ではコース特性が大きく異なる。
as-web.jp  F1シンガポールGP 22人のタイヤ選択。ウルトラソフトが登場  ↑0 ↓0
F1公式タイヤサプライヤーのピレリが、6日、第15戦シンガポールGPにおける各ドライバーのタイヤ選択を発表した。 全文を読む ...
2016/09/06 20:03 da:56 facebook:0 twitter:0 タイヤ ドライバー サプライヤー ピレリ Tweet
sankeibiz.jp  国境越える煙害で提訴検討 シンガポール、インドネシア企業に罰金  ↑0 ↓0
シンガポールのマサゴス・ズルキフリ環境水資源相はこのほどブルームバーグとのインタビューに応じ、昨年煙害を発生させたインドネシアの企業を提訴する方向で検討していることを明らかにした。 シンガポールは、インドネシアに拠点を持ち世界有数の製紙会社であるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)の6社のサプライヤーに対し、煙害防止の措置に関する情報の提出を求めた。 同相は「こうした企業やその役員は自らが行ったことに対する責任をとらなければならない」と強調した。「煙害に関与した企業は、煙害発生につき最大で1日当たり10万シンガポールドル(約788万円)の罰金が課される」とも指摘した。
2016/06/11 06:22 da:76 facebook:1 twitter:0 インタビュー 水資源 ブルームバーグ Tweet
huffingtonpost.jp  製紙メーカーAPP社に関するアドバイザリー(勧告)  ↑0 ↓0
9月下旬には、シンガポール政府の環境庁が「越境煙害法」に基づいて、SMG/APP社のサプライヤー4社とAPP社に対して「予防措置通知」を送り、その後シンガポールでは、同社の製造した紙製品が小売店の棚から取り除かれるなどの動きにもつながりました。2015年10月、新たに発表したアドバイザリーにおいてWWFインドネシアは、SMG/APP社による「森林保護方針」とその後に発表された100万ヘクタールの森林再生と保全の計画の誓約において、いくつかの進展を認めつつも、同社の管理する土地では、依然として自然林の減少と違法伐採が続き、社会紛争も未解決のままであること、また100万ヘクタールの森林再生と保全に関しては、計画策定の初期段階にあり詳細が欠けることなど、多くの懸念があることを発表しました。関連記事▼製紙メーカーAPP社に関するアドバイザリー(勧告) もっと見る
2015/12/10 17:15 da:73 facebook:2 twitter:0 サプライヤー 環境庁 アドバイザリー メーカー Tweet

Philippines

agbrief.jp  プレイテック社、フィリピンで独占的状態  ↑0 ↓0
英国の上場企業でありゲーミング・サプライヤーのプレイテック(Playtech)は、フィリピンのアミューズメントとゲーミング管理公社(PAGCOR = パグコア)から初の ...
2018/10/19 06:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.acrofan.com  香港で10月にアジア製品を調達、世界で販売  ↑0 ↓0
... ロシア、セルビア、シンガポール、フィリピン、韓国、スペイン、スイス、台湾、タイ、トルコ、英国、米国、ベトナムの世界32ヶ国からサプライヤーが集まります。
2018/10/10 12:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
soccer-king.jp  お気に入りのユニフォームを探そう! プレミアリーグ開幕目前、総チェック  ↑0 ↓0
フルアム. [写真]=Getty Images(3rdキット未発表). ○サプライヤー…アディダス○胸スポンサー…dafabet(オンラインカジノ/フィリピン) ...
2018/08/08 20:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アヤラ、独自動車部品サプライヤーを買収  ↑0 ↓0
フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーションは5日、自動車部門子会社ACインダストリアル・テクノロジー・ホールディングスがドイツの自動車部品サプライヤー、MT ...
manila.keizai.biz  マニラでフィリピンの食の博覧会 スムージーなど健康志向人気に  ↑0 ↓0
マニラ首都圏ワールドトレードセンターで5月6日~8日、フィリピンと世界各国からの食品サプライヤーが出展する食品の展示会「第18回 フィリピン フード エキスポ」が開かれた。主催はPhilippine Food Processors and Exporters Organization, Inc。
2016/05/11 10:18 da:65 facebook:1 twitter:- マニラ サプライヤー フード センター 展示会 ワールド Tweet

Myanmar

prw.kyodonews.jp  ヤンゴンが導入したHikvision交通管制ソリューションが稼働  ↑0 ↓0
【杭州(中国)2017年10月17日PR Newswire=共同通信JBN】ビデオ監視製品およびソリューションで世界をリードするサプライヤーのHikvisionはミャンマー(旧 ...
2017/10/17 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
netsea.jp  ミャンマー山岳民族ハンドメイドアンティークビーズNLの卸売りなら有限会社 ガジュマルトレーディング ...  ↑0 ↓0
ミャンマー山岳民族ハンドメイドアンティークビーズNL | サプライヤーによる商品情報・価格を掲載。会員登録無料!【NETSEA】は問屋・仕入れ・卸・卸売の専門 ...
netsea.jp  ミャンマー翡翠 深緑色 10mm 1連(約38cm)  ↑0 ↓0
ミャンマー翡翠 深緑色 10mm 1連(約38cm)_R5387-10 | サプライヤーによる商品情報・価格を掲載。会員登録無料!【NETSEA】は問屋・仕入れ・卸・卸売の ...
2016/11/01 19:23 da:51 facebook:0 twitter:0 深緑色 仕入れ サプライヤー Tweet

Malaysia

soccer-king.jp  お気に入りのユニフォームを探そう! プレミアリーグ開幕目前、総チェック  ↑0 ↓0
[写真]=Getty Images、右2番目はクラブ公式ショップHPより. ○サプライヤー…アディダス○胸スポンサー…マレーシア政府観光局(旅行関係/マレーシア) ...
2018/08/08 20:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
Reuters  UPDATE 1-アジア通貨動向(5日)=大半が小幅高、米中貿易戦争は回避可能との期待で  ↑0 ↓0
ノムラは米国の通商措置により、台湾、マレーシア、韓国、シンガポールといった中国のハイテク部品サプライヤーが、措置の対象となった中国よりも打撃が大きくなる可能性があるとみている。 中国、香港、台湾が祝日であることもアジア時間の取引が薄くなる要因となっている。 インドルピーが一時0.3%上昇。きょう日本時間 ...
2018/04/05 14:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
recordchina.co.jp  アリババ、マレーシアでクラウドサービス開放―中国メディア  ↑0 ↓0
中国最大の公共クラウドコンピューティングサービスサプライヤーの阿里巴巴(アリババ)は10月30日、マレーシアで世界に向けたサービスの開放を行うことを ...
2017/11/07 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.motorsport.com  マレーシアGP持ち込みタイヤ発表。メルセデスとフェラーリ戦略別れる  ↑0 ↓0
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、高温多湿の環境でレースが行われるマレーシアGP(10月1日決勝)にスーパーソフト、ソフト、ミディアムの3種類の ...
2017/09/20 07:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.espnf1.com  マレーシアは上位2チームが対照的なタイヤ戦略  ↑0 ↓0
F1公式タイヤサプライヤーを務めるピレリは次戦マレーシアGPに先だって全ドライバーのタイヤ選択を公表し、選手権を争うメルセデスとフェラーリが異なる戦略を ...
2017/09/20 05:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
formula1-data.com  2017年F1マレーシアGP:ドライバー別ピレリタイヤ配分表 / 赤色スーパーソフトが大人気  ↑0 ↓0
F1公式のタイヤサプライヤーを務めるピレリは、第15戦F1マレーシアGPでの各ドライバー毎のタイヤ配分を発表した。2017年のマレーシアグランプリは9月29日( ...
2017/09/19 21:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
as-web.jp  F1マレーシアGPのタイヤ選択が発表。昨年より一段階ソフト寄りに  ↑0 ↓0
F1タイヤサプライヤーのピレリが、2017年F1第15戦マレーシアGPに持ち込むコンパウンド選択を発表した。 全文を読む. この記事は国内独占契約により英 ...
2017/06/14 19:18 da:- facebook:- twitter:- タイヤ コンパウンド ピレリ ソフト サプライヤー Tweet
as-web.jp  ピレリ、F1マレーシアGP 22人のタイヤ選択を発表  ↑0 ↓0
ピレリ、F1マレーシアGP 22人のタイヤ選択を発表 ... F1公式タイヤサプライヤーのピレリが、第16戦マレーシアGPにおける各ドライバーのタイヤ選択を発表した。
2016/09/21 14:15 da:56 facebook:- twitter:- タイヤ ピレリ ドライバー サプライヤー Tweet
car.watch.impress.co.jp  横浜ゴムがセパン12時間耐久レース初のワンメイクタイヤサプライヤーに  ↑0 ↓0
横浜ゴムは7月21日、12月8日~11日にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催される「セパン12時間耐久レース」にレーシングタイヤをワンメイク供給すると発表した。 同レースは2015年まで参戦チームが自由にタイヤを選択できる形式で開催され、ヨコハマタイヤ装着車が2011年から5年連続で総合優勝。今回、こうした同レースでの優れた戦歴や、WTCC(FIA世界ツーリングカー選手権)など世界トップクラスのレースに長年にわたってタイヤ供給してきた実績が高く評価され、セパン12時間耐久レースとして初のワンメイクタイヤサプライヤーに認定された。供給タイヤは、オレンジオイル配合技術により優れたグリップ性能を維持しながら環境性能を高めたドライ用の「ADVAN A005」と、ウェット用の「ADVAN A006」。「セパン12時間耐久レース」は2013年まで「マレーシア・メルディカ・エンデュランス・レース」として開催。マレーシアやタイなどの東南アジア、日本や中国、台湾などの東アジア、オーストラリアをはじめ、近年はヨーロッパからのエントリーも増加。FIA-GT3車両がトップカテゴリーとして もっと見る

Indonesia

iphone-mania.jp  iPhoneはインドネシア製になる可能性あり?一部サプライヤーが生産拠点を移動  ↑0 ↓0
iPhoneの組み立てを担うPegatronは、米中の貿易戦争から受ける影響を憂慮し、生産拠点を中国からインドネシアのバタム島に移動中であると伝えられています ...
2018/12/10 07:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
www2.deloitte.com  インドネシアおよびタイにて、自動車メーカーおよび自動車パーツサプライヤーの日本人管理者向けの ...  ↑0 ↓0
デロイト トーマツ グループはインドネシアおよびタイにて「SEA AUTO 競争力強化のためのマネージメントセミナー ~リスク管理は競争力の源~」を開催いたします ...
2017/11/17 16:01 da:- facebook:- twitter:- Tweet
iphone-mania.jp  Apple、Foxconnとの関係強化でアジア市場に攻勢  ↑0 ↓0
一方、Appleの主要サプライヤーであるFoxconnはすでにインドネシアに工場を持っており、中国HuaweiやインドネシアLunaのスマートフォンの製造を行ってい ...
2016/12/27 12:18 da:45 facebook:0 twitter:0 スマートフォン サプライヤー アジア Tweet
aksball.co.jp  がJTEKT INDONESIA殿よりBEST COST IMPROVEMENT賞を受賞  ↑0 ↓0
2016年7月21日、AJB(当社インドネシア工場) はJTEKT INDONESIA殿のサプライヤーミーティングにおきまして、改善部門のBEST COST IMPROVEMENT賞 ...
2016/08/03 09:32 da:28 facebook:0 twitter:0 INDONESIA IMPROVEMENT ミーティング サプライヤー Tweet
sankeibiz.jp  国境越える煙害で提訴検討 シンガポール、インドネシア企業に罰金  ↑0 ↓0
シンガポールのマサゴス・ズルキフリ環境水資源相はこのほどブルームバーグとのインタビューに応じ、昨年煙害を発生させたインドネシアの企業を提訴する方向で検討していることを明らかにした。 シンガポールは、インドネシアに拠点を持ち世界有数の製紙会社であるアジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)の6社のサプライヤーに対し、煙害防止の措置に関する情報の提出を求めた。 同相は「こうした企業やその役員は自らが行ったことに対する責任をとらなければならない」と強調した。「煙害に関与した企業は、煙害発生につき最大で1日当たり10万シンガポールドル(約788万円)の罰金が課される」とも指摘した。
2016/06/11 06:22 da:74 facebook:1 twitter:0 インタビュー 水資源 ブルームバーグ Tweet
財経新聞  トヨタ、インドネシアで新エンジン工場が生産開始 205億円投資  ↑0 ↓0
トヨタ自動車は7日、インドネシアの車両生産会社Toyota Motor Manufacturing Indonesia(MMIN)が西ジャワ州カラワン市に新エンジン工場を建設し、2月に生産を開始したと発表した。投資額は約2兆3,000億ルピア(約205億円)で、生産能力は年産21万6,000基。排気量1.3Lと1.5LのNRエンジンを生産し、一部は輸出するという。 同社によると、今回の新工場では「シンプル&スリム」「フレキシブル」をキーワードに、革新的生産技術を織り込んだほか、より安全で環境に優しい工場づくりを追求した。同社としては初めて、エンジン工場の主要工程(鋳造・機械加工・組み付け)を一つの建屋に集約し、コンパクトで需要変動に強い工場になったという。 現地時間7日に同工場の開所式を行い、サレ・フシン・インドネシア工業大臣などの政府関係者や、現地販売店、サプライヤー、トヨタの嵯峨宏英専務、TMMINの野波雅裕社長らが出席した。 嵯峨専務は開所式で「トヨタは、TMMINを車両のみならずエンジンの生産・供給拠点としても位置付けている」「自動車事業を通じてインドネシアの更なる発展に貢献し もっと見る
2016/03/07 19:41 da:40 facebook:0 twitter:0 トヨタ エンジン 西ジャワ Indonesia Tweet
jp.autoworldnews.com  トヨタ、インドネシアでエンジン生産の新工場が稼動  ↑0 ↓0
開所式には、トヨタの嵯峨宏英専務やTMMINの野波雅裕社長らに加え、サレ・フシン インドネシア共和国工業大臣など政府関係者や、現地販売店、サプライヤー ...
2016/03/07 17:03 da:39 facebook:0 twitter:0 トヨタ 販売店 サプライヤー 開所式 エンジン 関係者 Tweet
nikkan.co.jp  日野自、中小部品メーカーの海外進出を支援−現地工程改善を依頼  ↑0 ↓0
日野自動車は日本で取引する中小部品メーカーの海外進出を後押しする。日野自がインドネシアで取引する現地サプライヤーの工程改善を日本の中小部品メーカーに依頼。中小メーカーの技術を生かして生産効率を高め、コスト削減効果を3社で分け合う。単独での海外進出が難しい中小企業には新規参入の一つの足がかりとなり、海外展開を加速する日野自は現地サプライヤーの技術力向上でコスト競争力の高い車両の開発につなげる。
2015/12/29 05:03 da:76 facebook:0 twitter:0 メーカー サプライヤー 後押し Tweet

Cambodia

business-partners.asia  カンボジアに氾濫している雑多な医療情報の整理に努める[医療・医薬]荒木 良守(2/2)  ↑0 ↓0
日本人医師、看護師が在籍し、在住日本人の安心・安全を支えるサンインターナショナルクリニック。総合診療科・整形外科を専門分野とする荒木先生に、日本とは異なる生活環境を有するカンボジアでの病気、医療業界の現状について伺った。(取材日:2017年8月). PR. 日本食に特化した日系サプライヤー 食材1個から配達 ...
2018/02/12 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  高級日本食店の人気が高まっている[飲食・観光]小池 聡  ↑0 ↓0
様々な国の料理が味わえるカンボジア。日本料理店も増加しており、外食産業(フードビジネス)は過熱状態だ。納期にルーズな現地業者が多い中で、商品1つからでも配達するなど日本的なきめ細かいサービスを行う食品サプライヤー、ダイシントレーディングの小池聡氏に、カンボジアにおけるフードビジネスの変化と今後の ...
2018/02/05 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  カンボジアの建設事業は場所とデザインが重要になる[建築・内装]ドム・リエン(1/2)  ↑0 ↓0
ドム カンボジアの主要サプライヤーと提携していますが、私自身、タイ、中国、ベトナム、マレーシアからの輸入も行っています。時には、クライアント先から日本製品を求められる場合もありますが、品質はもとより輸送費などのコストも高くつきますので、その場合は他国で生産された日本製のものを輸入し、クライアントの要求に ...
2018/01/31 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  食肉加工SLN、経営再建で事業一時停止  ↑0 ↓0
カンボジアの食肉加工最大手SLNミート・サプライヤーズは、経営再建のため事業を一時停止した。来年3月までの再開を目指すとしている。クメール・タイムズ(電子版)が7日、伝えた。 SLNのホ・シムリン社長によると、2012年の設立以降、赤字が800万米ドル(約9億円)に達… 関連国・地域: カンボジア. 関連業種: 食品・ ...
2017/12/07 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  総選挙後には、政治的・経済的安定が正常化し、不動産市場が再び盛り上がる [建設・内装] ミース ...  ↑0 ↓0
日本企業を含め、125社もの建設会社、サプライヤー、不動産会社等が加入するカンボジア建設協会(CCA)が支援する建設業界専門誌「コンストラクション& ...
business-partners.asia  困難ではありながらも苦には感じず、むしろ幸せな時間であったと感じています。 (1/2)  ↑0 ↓0
偶然フランスのボルドーで出会った紳士がいて、彼はプノンペンにあるホテルのソフィテル・カンボジアナと繋がりがあり、サプライヤーを行っていました。私は彼に ...
business-partners.asia  オーストラリアの物流会社 ポスト・メディアと提携 全国紙のネットワークを活用[経済]  ↑0 ↓0
オーストラリアに本社を置く物流・流通の管理ソリューションサプライヤーであるヨギー社は、プノンペンポストとポストクメールの親会社ポストメディアとの提携し、 ...
netsea.jp  特価品≫天然石 ブルーサファイア カンボジア・バイリン 4.13x5.06mmの卸:テソロ株式会社 Tesoro co.ltd ...  ↑0 ↓0
特価品≫天然石 ブルーサファイア カンボジア・バイリン 4.13x5.06mm | サプライヤーによる商品情報・価格を掲載。会員登録無料!【NETSEA】は問屋・仕入れ・ ...
2016/11/13 23:01 da:51 facebook:0 twitter:0 天然石 サファイア ブルー 仕入れ サプライヤー Tweet
business-partners.asia  高級コンドミニアムと中級コンドミニアムの行末  ↑0 ↓0
66社もの建設会社、サプライヤー、不動産会社等が加入するカンボジア建設協会(CCA)が支援する建設業界専門誌「コンストラクション&プロパティ」。その発行人であるミース・プロックサー氏に、当該雑誌やCCA、カンボジアの建設業界について伺った。