0.94702982902527

Vietnam

nna.jp  アイスクリーム市場、キドがシェア40%超  ↑0 ↓0
ベトナムのアイスクリーム市場では、食品大手キド・グループ(KDC)傘下のキド・フーズ(KDF)がシェア40%以上を握っている。価格を抑えて人気を維持している ...
2018/07/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- アイスクリーム シェア グループ フーズ Tweet
nna.jp  韓国CGV、シネコン市場席巻に批判  ↑0 ↓0
シネマコンプレックス(複合型映画館)運営最大手の韓国系CJ―CGVベトナムは、ベトナムの映画市場のシェアを独占していると非難される一方で、同市場の活性 ...
2018/07/12 00:08 da:- facebook:0 twitter:0 シネコン シネマ コンプレックス 映画館 最大手 シェア Tweet
fnn.jp  ベトナム人女児殺害 千葉地裁、被告に無期懲役の判決  ↑0 ↓0
千葉・松戸市のベトナム人女児殺害事件で、千葉地裁は、渋谷恭正被告に無期懲役の判決。 シェア ツイート LINEで送る · 千葉 ベトナム人女児殺害事件 ...
2018/07/06 15:34 da:- facebook:0 twitter:0 無期懲役 シェア ツイート Tweet
毎日新聞  エースコックベトナム・梶原潤一社長 即席麺シェア5割超 現地の味覚を尊重  ↑0 ↓0
中国やインドネシア、日本などに次いで即席麺消費量が多いベトナムで、即席麺のシェア5割超を誇るのが「エースコックベトナム」(ホーチミン市)だ。エースコック( ...
2018/06/20 16:52 da:- facebook:0 twitter:0 エースコック シェア ホーチミン Tweet
nna.jp  中国のスマホメーカー、越でシェア拡大  ↑0 ↓0
ベトナムのスマートフォン市場で中国のメーカーがシェアを拡大している。ベトナムネットが11日に伝えた。 ハノイやホーチミン市の携帯電話販売店では、オッポ( ...
2018/06/13 00:08 da:- facebook:0 twitter:0 メーカー シェア スマホ スマートフォン ネット ハノイ Tweet
毎日新聞  エースコックベトナム・梶原潤一社長  ↑0 ↓0
中国やインドネシア、日本などに次いで即席麺消費量が多いベトナムで即席麺のシェア5割超を誇る「エースコックベトナム」(ホーチミン市)。エースコック(大阪府 ...
2018/06/04 02:03 da:- facebook:0 twitter:0 エースコック シェア ホーチミン Tweet
nna.jp  FPT、自動車技術で世界シェア1割目指す  ↑0 ↓0
ベトナムIT最大手FPTは、2025年までに世界の自動車関連ソフトウエア販売でシェア10%を目指す。チュオン・ザー・ビン会長が先週、明らかにした。28日付 ...
2018/05/29 00:00 da:- facebook:- twitter:- 自動車 シェア 最大手 ソフトウエア 明らか Tweet
日本経済新聞  ダイキンをベトナムで成功に導いたヤマダとの“けんか体験”  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】エアコン大手のダイキン工業がベトナムで成功を収めている。2017年の売上高は08年の進出当初の17倍、シェアは3割強とトップだ。18日には ...
2018/05/24 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 ダイキン ヤマダ けんか ハノイ エアコン 売上高 Tweet
nna.jp  ハベコ、シェア縮小に歯止めかからず  ↑0 ↓0
ベトナム国営ビール大手ハノイ・ビア・アルコール飲料総公社(ハベコ)のシェア縮小が止まらない。2018年は前年比で8%減の減益を見込んでいる。17日付 ...
2018/05/21 00:00 da:- facebook:- twitter:- シェア 歯止め ビール ハノイ アルコール Tweet
netatopi.jp  すべての料理にパクチー入り、パクチーまみれの5日間! 食イベント「パクチーフェス」、新宿・歌舞伎町で5 ...  ↑0 ↓0
パクチー餃子」600円、「パクチーと鶏の唐揚げ」600円、「パクチーピザ」800円など気軽にシェアしてつまめるメニューから、生地にパクチーを練り込んだベトナム風 ...
2018/05/17 12:33 da:- facebook:0 twitter:0 イベント 歌舞伎町 シェア メニュー Tweet
oricon.co.jp  東京ミッドタウン日比谷の「HIBIYA FOOD HALL」でバラエティ豊かな絶品料理を楽しもう  ↑0 ↓0
米皮のもちもち感が楽しい生春巻きや、さっぱりとした味で暑い季節もツルっと食べられるフォーなど、野菜やハーブをたっぷり使ったベトナム料理が堪能できる。 日比谷に登場した新たなグルメスポット。一人でサクッと食べるのもよし、家族や友人とメニューをシェアしてもよし、自由なスタイルで絶品料理の数々を楽しもう。
webtan.impress.co.jp  主要40カ国の検索エンジンシェア調査。Googleがシェアトップでないのは中国・ロシアのみ【アウン ...  ↑0 ↓0
この背景としてアウンコンサルティングは、「CốcCốcはベトナム語の対応と予測変換機能を充実させることによって、少ないタイピングでも期待通りの検索結果を ...
2018/05/09 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 シェア エンジン トップ ロシア タイピング Tweet
gomuhouchi.com  バンドー化学、アジア市場でシェアNo.1めざす  ↑0 ↓0
ベトナムでは、2012年4月に100%子会社「バンドー マニュファクチャリング(ベトナム)」を設立し、二輪車向けの伝動ベルトおよび関連製品の生産・販売を開始した ...
travelvision.jp  ベトジェット、6月24日に関空/ハノイ線、運送許可を取得  ↑0 ↓0
なお、昨夏にはすでに日本航空(JL)と包括的業務提携に向けた覚書を締結しており、今後はVJが運航するベトナム国内線とアジア路線、JLが運航するベトナム路線と日本国内線で相互にコードシェアを実施する予定。具体的な実施路線や開始時期は未定としている。 関連ニュース. ベトジェットが関空就航に向け大詰め、GSA ...
2018/05/07 21:00 da:- facebook:0 twitter:0 国内線 ハノイ 日本航空 アジア コード シェア Tweet
sankeibiz.jp  【よむベトナムトレンド】従来型タクシーと配車アプリ企業の競争激化  ↑0 ↓0
配車アプリ企業は4年ほど前からベトナムで事業を展開してきた。IT(情報技術)を活用して使いやすいうえに、価格面やドライバーの身元保証・評価制度を通じて安全性を高めるなどして、従来型タクシー企業を圧倒し、2016年頃からタクシー市場におけるシェアを大きく伸ばしている。今年に入り、両陣営の企業間競争に影響を ...
biz.searchina.net  [ベトナム株]ベト・バンブー航空、年末の運航開始目指す  ↑0 ↓0
国内航空市場でベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)とベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)が圧倒的なシェアを握る中、FLCなど新規に同市場へ参入する民間企業は多くの困難に直面すると見られる。ただしFLCは、同社がリゾートを展開している各観光地を結ぶ路線をはじめとする同市場の開拓余地がまだ大きいとし、 ...
2018/04/24 14:48 da:- facebook:- twitter:- バンブー Air シェア リゾート Tweet
nna.jp  競争当局、グラブに追加説明を要求  ↑0 ↓0
ウーバー・ベトナムの配車アプリ事業を8日から統合したグラブに対して、商工省消費者保護・競争管理局が統合後の市場シェアに関する追加資料を要求している。グラブは5日に「シェアは統合後も30%未満であるため、買収前に競争当局に報告する義務はない」と書面で報告していたが… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/04/12 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 グラブ シェア アプリ 商工省 消費者 管理局 Tweet
nna.jp  履物製造で世界シェア3位、産業省が目標  ↑0 ↓0
インドネシア産業省は、製靴業など履物産業の世界シェアを現在の4位から、年内に3位に押し上げる目標を示した。上位3位は、首位の中国にインド、ベトナムが続く。国営アンタラ通信が4日付で伝えた。 産業省ファッション・手工芸中小企業局の担当者は、シェア3位のベトナムと… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
biz.searchina.net  [ベトナム株]シネコン最大手CGV、17年売上高2.7兆ドン  ↑0 ↓0
韓国系シネマコンプレックス(シネコン)最大手CJ CGVベトナム(CJ CGV Vietnam=CGVベトナム)の2017年業績は、売上高が前年比+17.1%増の2兆7300億VND(約128 ... 現在、CGVベトナムが展開するシネマコンプレックスのサイト数は53、スクリーン数は324となっており、映画館市場シェア47%を占めている。
2018/04/05 18:11 da:- facebook:0 twitter:0 シネコン 最大手 売上高 シネマ コンプレックス サイト Tweet
ASEAN PORTAL  エースコックがサッカーベトナム代表とスポンサー契約  ↑0 ↓0
エースコックでは、1995年からベトナムで即席めんの生産と販売を開始しており、高品質でおいしい「ハオハオ(Hao Hao)」という商品等を提供している。2016年の調査では、ベトナム国内の即席めんのシェア50%以上を獲得するトップ企業となっている。現在では、南部のホーチミン・ビンズオン省・フンイエン省・バクニン省・ ...
nna.jp  韓国系映画館CGV、越でシェア47%に  ↑0 ↓0
韓国のシネマコンプレックス(複合型映画館)運営CJ―CGVはこのほど、2017年にベトナム子会社CJ―CGVベトナムのシェアが47%に達したと明らかにした。3日付VNエクスプレスが報じた。 17年末時点で、CJ―CGVベトナムは53カ所にシネコンを展開し、スクリーン数は… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: 観光・ ...
2018/04/05 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 映画館 シェア シネマ コンプレックス このほど 子会社 Tweet
nna.jp  サタケ、HCM市に新たな精米機器の販社  ↑0 ↓0
新たに設立したサタケ・ベトナム社は4区に事務所を置き、穀物調製加工機器の販売やサービスを手掛ける。サタケは1980年代よりベトナムで精米機器などを販売してきた。2011年に30%を出資するGRサタケ・エンジニアリング・ベトナム(GRSV)を設立し、大規模精米工場向けに精米機器のシェアを拡大してきた。サタケ・ ...
2018/04/03 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 事務所 サービス エンジニアリング 大規模 シェア Tweet
nna.jp  ビナミルク、5年でシェア60%以上目指す  ↑0 ↓0
ベトナムの乳業最大手ビナミルクは、3月31日に開催した定時株主総会で、5年以内に国内の乳製品市場でシェア60%以上を目指すことを表明した。ダウトゥ電子版が報じた。 総会で承認された2017年決算によれば、売上高は51兆1,350億ドン(22億4,300万米ドル、約2,400億円)、税引き… 関連国・地域: ベトナム/ ...
2018/04/03 00:00 da:- facebook:- twitter:- シェア 最大手 乳製品 売上高 米ドル 税引き Tweet
aviationwire.jp  ANAとアリタリア、提携へ  ↑0 ↓0
ANAは、2016年5月に同じくスカイチームに属するベトナム航空(HVN/VN)と提携。ANAHDがベトナム航空へ出資し、コードシェア(共同運航)やマイル提携などを行っている。 日本政府観光局(JNTO)によると、イタリアからの2017年暦年の訪日客数は、前年比5.5%増の12万5800人。一方、日本からイタリアを訪れる人 ...
2018/03/21 06:22 da:- facebook:0 twitter:0 イタリア アリタリア スカイ チーム コード シェア Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]ベトテル、タンザニアの通信業界2番手に  ↑0 ↓0
タンザニア通信規制庁(TCRA)によると、携帯通信大手で国防省傘下のベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は、タンザニアで展開している「ハロテル(Halotel)」ブランドの携帯電話契約件数が380万件に達し、市場シェアの10%を占めて同国で2番目に大きな通信事業者となっている。 ベトテルはタンザニア ...
2018/03/19 15:33 da:- facebook:0 twitter:0 タンザニア グループ ブランド シェア 事業者 Tweet
kyoto-np.co.jp  東芝テレビ、3年で黒字化目標中国海信、販売拡大に意欲  ↑0 ↓0
... 【北京共同】中国の家電大手、海信集団(ハイセンス)の周厚健会長は16日までに共同通信の取材に応じ、買収した東芝のテレビ事業について、日本市場でのシェアをさらに高めると述べ、3年以内に黒字化させる目標を示した。海外でも販売拡大を目指すとした。 周氏は「東芝はブランド力が高く、技術も優れている。海信との ...
2018/03/16 18:22 da:- facebook:0 twitter:0 テレビ ハイセンス 日本市場 シェア ブランド Tweet
cocolo.jp  FROM OVERSEAS -VIETNAM  ↑0 ↓0
3月16日 番組の内容[3.16 fri]. ベトナムニュース・ベトナム、食品浪費・介護ヘルパーを日本へ 世界ニュース・日本、ベトナム都市インフラに投資・シェアサイクルを夢あるモビリティに世界が注目するFukushima Wheel 堺情報 日本文化 ・「障子」について ED ...
2018/03/16 05:06 da:- facebook:0 twitter:0 ニュース OVERSEAS ヘルパー インフラ シェア サイクル Tweet
nna.jp  履物や皮革業界、EUとのFTA発効で好機  ↑0 ↓0
ベトナム製靴協会(Lefaso)は、2018年は履物・皮革業界にとって多くの受注を獲得し、輸出市場シェアを拡大する好機になるとみている。12日付ダウトゥ電子版が報じた。 欧州連合(EU)とベトナムの自由貿易協定(FTA、EVFTA)の調印が今年半ばに行われる見通しで… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済一般・ ...
2018/03/14 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 FTA シェア 見通し Tweet
doda.jp  株式会社ニッセーデリカ  ↑0 ↓0
株式会社ニッセーデリカ/(通訳)外国人管理者(ベトナム語対応) 麺類を供給するベンダー企業のトップクラスシェアの求人・求人情報ならDODA(デューダ)。仕事内容など詳しい採用情報や職場の雰囲気が伝わる情報が満載。
2018/03/12 02:25 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 管理者 ベンダー トップクラス シェア 雰囲気 Tweet
nna.jp  Eウォレット、シェア獲得競争激しく  ↑0 ↓0
ベトナムにはEウォレットサービスを提供する会社が20社あり、激しいシェア獲得競争を繰り広げている。6日付インフォマネーが報じた。 テト(旧正月)を控えた2月初旬、地場IT企業VNGが手掛けるモバイル決済「ZaloPay(ザロペイ)」と携帯アプリプラットフォーム構… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信/金融・保険.
2018/03/08 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 ウォレット シェア サービス インフォ マネー 旧正月 Tweet
lnews.jp  三谷産業/ベトナムで粉わさびの製造を開始  ↑0 ↓0
... の調達力とAFCP社の技術力を提案し、粉わさびの製造を受託した。 今後は、マル井の加工わさびに対する深い知見とAFCP社の誇る技術力を用いて、ベトナム発日本品質の高グレードで低価格な粉わさびを提供する。 ベトナム国内では年間20トンの販売を見込み、日本食レストランにおいて粉わさびのトップシェアを目指す。
2018/03/07 19:07 da:- facebook:0 twitter:0 わさび グレード レストラン トップ シェア Tweet
nikkan.co.jp  東北和僑会が海外ビジネスセミ ベトナム進出事例紹介  ↑0 ↓0
東北和僑会が海外ビジネスセミ ベトナム進出事例紹介. Tweet · シェア. (2018/2/28 05:00). 【山形】東北和僑会(山形市、佐藤元彦理事長)は、地域企業の発展に向けた海外ビジネスセミナー(写真)を山形市内で開いた。アジアビジネスの新たな展開をテーマに、NP... (残り:215文字/本文:295文字). (2018/2/28 05:00).
2018/02/28 05:01 da:- facebook:0 twitter:0 ビジネス 事例紹介 シェア 理事長 セミナー アジア Tweet
nna.jp  チュオンハイ、乗用車シェア30%目指す  ↑0 ↓0
ベトナムの自動車組み立て生産大手、チュオンハイ自動車(Thaco)のチャン・バー・ズオン会長は21日、今年の目標と発展戦略を発表した。同日付ダウトゥ電子版が報じた。 チュオンハイは、韓国の起亜、日本のマツダ、フランスのプジョー、ドイツのBMW、英国のミニの5社の… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 自動車・ ...
2018/02/23 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 自動車 乗用車 シェア 組み立て チャン 同日付 Tweet
日本経済新聞  越自動車チュオンハイ、農機工場を稼働 年6000台 東南ア各国にも輸出へ  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナムの自動車最大手、チュオンハイ自動車(タコ)は、農業機械の工場を稼働した。トラクター、耕運機など年6000台を生産し、国内と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国で販売する。ベトナム製の農機は初めてで、2026年までに国内シェア4割を目指す。 新工場は中部クアンナム省に開設した。面積は1 ...
2018/02/22 18:33 da:- facebook:0 twitter:0 東南ア ハノイ 自動車 最大手 トラクター 耕運機 Tweet
日本経済新聞  車大手チュオンハイ、ベトナム製初の農機  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナムの自動車最大手、チュオンハイ自動車(タコ)は、農業機械の工場を稼働した。トラクター、耕運機など年6000台を生産し、国内と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国で販売する。ベトナム製の農機は初めてで、2026年までに国内シェア4割を目指す。 新工場は中部クアンナム省に開設した=写真。
2018/02/22 18:33 da:- facebook:- twitter:- ハノイ 自動車 最大手 トラクター 耕運機 東南アジア Tweet
sankeibiz.jp  シェアウィズと大阪府警が連携し、ベトナム人による犯罪を防止 犯罪防止の啓蒙を目的とした90秒動画を2 ...  ↑0 ↓0
株式会社シェアウィズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 辻川 友紀、以下シェアウィズ)は、大阪府警と連携し、2018年2月22日から、当社が展開するオンライン教材配信サービスShareWis(シェアウィズ)上で、ベトナム人の犯罪防止の啓蒙を目的とした90秒動画の配信を開始しました。
2018/02/22 13:52 da:- facebook:0 twitter:0 オンライン サービス Tweet
value-press.com  シェアウィズ、大阪府警と連携して 90秒動画でベトナム人の犯罪防止啓蒙活動を展開 急増する銀行口座 ...  ↑0 ↓0
掲載コンテンツとしては、社会人をターゲットにしたプログラミングやビジネススキルが学べる講座の他、外国人が日本語を学ぶための講座を取り揃え、ベトナムを中心に、現地の一般個人や日本語学校、ベトナム人従業員を雇用する日系企業等に販売しています。 大阪府警はシェアウィズと連携し、口座売買が違法であることを ...
newspicks.com  フクビ化学工業、ベトナムに新工場  ↑0 ↓0
フクビ化学工業株式会社(フクビかがくこうぎょう)は、福井県福井市に本社を置く化学工業メーカー。主に化学樹脂建材を生産し、プラスチック異形押出成形を得意としている。 ウィキペディア. 業種. 建材・建築資材(樹脂系). 時価総額. 169 億円. 業績. シェア. Facebookでシェアする. Twitterでシェアする. メールでシェアする.
nna.jp  フォード、17年はシェア10%に到達  ↑0 ↓0
米系自動車大手フォード・ベトナムはこのほど、2017年の市場シェアが10.5%に達したと発表した。前年比で1ポイント拡大したという。ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 フォードの17年の販売数は、2万8,580台だった。同社は先に、南部タイニン省で正規の販売店「タイニン・… 関連国・地域: ベトナム/米国. 関連業種: ...
2018/02/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- フォード シェア このほど ニュース タイニン省 販売店 Tweet
nna.jp  タイビバのサベコ買収、ビール市場に変化も  ↑0 ↓0
タイの酒造大手タイ・ビバレッジが昨年末にサイゴン・ビア・アルコール飲料総公社(サベコ)を傘下に収めたことで、国内ビール市場の勢力図に変化が起こる可能性がある。1月31日付ベトナムネットが報じた。 バンベト証券によれば、国内ビール市場はサベコがシェア40%を握る最大… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 食品・ ...
2018/02/02 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 ビール サイゴン アルコール 勢力図 可能性 ネット Tweet
sankeibiz.jp  トリナ・ソーラー 2017年グローバルPVモジュール総出荷量 9GW以上 累計系統連係 約2GWを達成  ↑0 ↓0
2017年1月6日、ベトナムで1GWの太陽電池セル製造プロジェクトを開始したことで、トリナ・ソーラーはベトナム最大のPVメーカーになりました。 インドでは、トリナ・ソーラーは3GW以上のモジュールを供給し、市場シェアの25%以上を占めています。 トリナの太陽光発電プロジェクト事業部門は、中国、英国、米国およびその他の ...
bangumi.skyperfectv.co.jp  ベトナム満喫女子2人旅  ↑0 ↓0
ベトナム満喫女子2人旅. ベトナム満喫女子2人旅. 29日後 開始. 02/27(火) 20:30~21:00. 趣味/教育 · その他 · バラエティ · 旅バラエティ · Ch.546 鉄道チャンネル · このチャンネルを視聴する · ご加入者はログインしてチャンネル追加 · このチャンネルの番組を検索. いろんな番組見るならプレミアムパックがお得! シェアする ...
kochinews.co.jp  働く外国人18%増の128万人 人手不足、ベトナム急激な伸び  ↑0 ↓0
働く外国人18%増の128万人 人手不足、ベトナム急激な伸び. facebook シェア · twitter シェア. 厚生労働省は26日、2017年10月時点の外国人労働者数が127 ... 国籍別にみると、ベトナムが24万259人と40%増加。最多の中国(37万2263人)に次いで2番目に多く、全体の増加数の35%を占めた。フィリピンは14 ...
2018/01/26 15:56 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 人手不足 シェア twitter 厚生労働省 労働者 Tweet
entabe.jp  これはハマる!渋谷「ハノイのホイさん」のフォーがもちもち&ぷりっぷり--お得なランチセットには野菜 ...  ↑0 ↓0
シェアする. 2 · ツイートする. 4 · 共有する. 共有 · ホーム » 実食 » ベトナム料理 » これはハマる!渋谷「ハノイのホイさん」のフォーがもちもち&ぷりっぷり--お得なランチセットには野菜ぎっしり生春巻きも♪. タグ:. ハノイのホイさん 渋谷 ランチ フォー. 最寄り駅:. 渋谷. ジャンル:. ベトナム料理 ...
2018/01/18 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ フォー ランチ もちもち お得な セット Tweet
nna.jp  サベコ、17年ビール生産量は17.2億リットル  ↑0 ↓0
ベトナムのサイゴン・ビア・アルコール飲料総公社(サベコ)は、2017年のビールの生産量が17億2,000万リットルだったと明らかにした。売上高は前年比11%増加した。国営ベトナム通信(VNA)が15日に伝えた。 サベコの国内飲料業界における市場シェアは40%で、首位を保っている… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/01/17 00:03 da:- facebook:0 twitter:0 ビール サイゴン アルコール 明らか 売上高 シェア Tweet
travelvision.jp  17年訪日客数は2869万900人に、消費額は18%増で4兆円超え  ↑0 ↓0
タイやベトナムなどの東南アジア6ヶ国は16.2%増の291万6000人。欧米豪9市場は10.0%増の325万3200人で、初めて300万人を上回った。地域別のシェアは、東アジア4市場は1.5ポイント増の74.2%、欧米豪9市場は1.0ポイント減の11.3%、「東南アジア6市場+インド」は0.4ポイント減の10.6%となった。 なお、12月単月 ...
2018/01/16 21:00 da:- facebook:0 twitter:0 東南アジア シェア アジア インド Tweet
nna.jp  韓国の暁星、HCM市でシェア自転車事業  ↑0 ↓0
韓国の繊維・化学大手、暁星のベトナム法人が、ベトナムのホーチミン市、中国の自転車シェアリングサービス大手である北京摩拝科技(モバイク)と共に、電気自転車の普及事業を計画していることが明らかになった。9日付亜州経済が伝えた。 同社とホーチミン市、モバイクは現在、… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
travelvoice.jp  日本政府観光局、ベトナム人気歌手ヌー・フック・ティンさんの新作動画とコラボ、撮影地企業がダンスで ...  ↑0 ↓0
今回の取り組みでは、日本・ベトナム外交樹立45周年を記念して、両国の45団体/人が映像に出演。楽曲「AROUND THE WORLD」のサビの部分をダンスでつなぐことで両国の絆や日本の歓迎の気持ちを表現する。また、放映に合わせてサビのダンスをSNSに投稿する「ダンス動画コンテスト」や「旅動画」をシェアする ...
2018/01/11 17:26 da:- facebook:0 twitter:0 ダンス フック コラボ 取り組み 気持ち コンテスト Tweet
nna.jp  セメント総公社、傘下企業と提携で販売強化  ↑0 ↓0
ベトナム・セメント総公社(VICEM)が8日、シェア拡大を目指して、傘下10社と提携を強化した。8日付ダウトゥ電子版が報じた。 同社の2017年の販売量は2,660万トン(前年比3%増)で、そのうち国内販売が2,360万トン(4%増)、輸出が300万トン(3%減)だった。売上高は… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済一般・ ...
2018/01/10 00:05 da:- facebook:- twitter:- セメント シェア そのうち 売上高 Tweet
shigotonadeshiko.jp  おいしすぎる、安すぎる、人が良すぎる ベトナム・ダナンで買うべきおみやげベスト10  ↑0 ↓0
女子が興味津々の都市No.1ベトナムのリゾート・ダナン&ホイアン! LCCシェアNO.1のジェットスターが、2017年9月に新たに就航をスタートした関西空港↔ベトナムのダナン空港便に乗ってみた旅好きライター武田麻衣子のショート連載、第四弾。
2018/01/07 12:03 da:- facebook:0 twitter:0 ダナン おみやげ ベスト 興味津々 リゾート シェア Tweet
entabe.jp  日本にも来てー!見てるだけでおいしい海外グルメ6選--“カリフォルニアNo.1”のハンバーガー、ベトナム ...  ↑0 ↓0
これまでにえん食べが取材してきた海外グルメを一挙ご紹介!“カリフォルニアNo.1”と評されるハンバーガーや、ベトナムフォーの名店など。 えん食べ編集部. 2018/01/01 20:00. シェアする. 5 · ツイートする. 6 · 共有する. 共有. メルボルンのカフェCargoのハンバーガー. やっぱり日本とは違う?海外で親しまれているグルメ6選 ...
shigotonadeshiko.jp  ダナン旅で食べるべきベトナムご飯  ↑0 ↓0
国内LCCシェアNO.1のジェットスターが、2017年9月に新たに就航をスタートした関西空港↔ベトナムのダナン空港便に乗ってみた旅好きライター武田麻衣子のショート連載。今回はベトナムの美味しすぎる&安すぎるベトナムご飯のお話です。
2017/12/19 10:00 da:- facebook:0 twitter:0 ダナン シェア ジェット スター スタート ライター Tweet
newspicks.com  【通商弘報】ベトナムの高度人材と日本企業の「橋渡し」を事業化-アイ電子工業  ↑0 ↓0
【通商弘報】ベトナムの高度人材と日本企業の「橋渡し」を事業化-アイ電子工業、インターンシップ1期生から就職例も. 日刊工業新聞 電子版. 続きを読む. 2Picks. シェアする. Pick. Pick に失敗しました ...
2017/12/19 05:43 da:- facebook:0 twitter:0 橋渡し インターン シップ シェア Tweet
traicy.com  ベトジェットエア、エア・システムを日本地区総代理店に指名 来年上半期に日本就航  ↑0 ↓0
ベトナム、タイ、シンガポール、韓国、台湾、中国、ミャンマー、マレーシア、カンボジアなど30都市以上に45機でネットワークを展開している。日本航空(JAL)と7月25日付けで包括的業務提携に向けた覚書を締結し、ベトナム発着の国内・国際線で共同運航(コードシェア)や、マイレージなどでの提携を開始することを計画している ...
2017/12/18 20:37 da:- facebook:0 twitter:0 システム 代理店 上半期 ネットワーク 日本航空 国際線 Tweet
日本経済新聞  国営ビール最大手  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナム国営企業でビール国内最大手のサイゴンビール・アルコール飲料総公社(サベコ)の株式売却の入札を巡り、ベトナム政府は17日、ベトナム国内の企業1社と個人投資家1人が参加すると発表した。サベコは、東南アジア最大のビール市場であるベトナムで4割のシェアを握る有力企業だが、キリン ...
2017/12/17 21:45 da:- facebook:0 twitter:0 ビール 最大手 ハノイ サイゴン アルコール 投資家 Tweet
doda.jp  株式会社ニッセーデリカ  ↑0 ↓0
株式会社ニッセーデリカ/(通訳)外国人管理者(ベトナム語対応) 麺類を供給するベンダー企業のトップクラスシェアの求人・求人情報ならDODA(デューダ)。仕事内容など詳しい採用情報や職場の雰囲気が伝わる情報が満載。
2017/12/11 05:09 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 管理者 ベンダー トップクラス シェア 雰囲気 Tweet
nna.jp  ロッテベトナム、菓子部門で最優秀ブランド  ↑0 ↓0
ロッテベトナムは、虫歯予防の付加価値を付けた看板商品「XYLITOL(キシリトール)」ガムが、国内のガム市場で2016年度の年間シェア1位となり、17年度もトップを維持している。同社は15年以降、ロッテ本社が掲げる「マーケティング・オリエンテッド」の方針の下、消費者インサイトを探りながら、企業が購買を促す「プッシュ型」 ...
value-press.com  シェアウィズ、在ベトナム語学センターEZLanguageと提携し、ベトナム人学習者向け外国語学習オンライン ...  ↑0 ↓0
株式会社シェアウィズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 辻川 友紀、以下シェアウィズ)は、在ベトナムの語学センターを運営するEZLanguage(ベトナム支社代表 ハリー リン、以下EZLanguage)と提携し、ベトナム人学習者を対象にした中国語と英語のオンライン講座の提供を開始しました。 EZLanguageの中国語講座 ...
2017/12/08 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 センター 学習者 オンライン 中国語 外国語 ハリー Tweet
nna.jp  越航空とバンコクエア、共同運航実施  ↑0 ↓0
ベトナム航空とタイの航空会社バンコク・エアウェイズはこのほど、ベトナム―タイ間の各飛行ルートでコードシェア(共同運航)を実施することで合意した。4日付ダウトゥ電子版が報じた。 ベトナムからベトナム航空でバンコクに行き、バンコク・エアが運航する国内線に乗り継ぐ場… 関連国・地域: タイ/ベトナム. 関連業種: 運輸・ ...
2017/12/06 00:07 da:- facebook:0 twitter:0 バンコク このほど ルート コード シェア 国内線 Tweet
mitsubishi-fuso.com  ベトナムでFUSOの販売代理店契約をTHACO社と締結  ↑0 ↓0
ベトナムで新たなFUSOブランドの販売代理店を認定; 新たな代理店となるTHACO社は、輸入、製造、販売を行い、2018年第一四半期には現地組立て生産(CKD)を開始; 現代理店であるメルセデス・ベンツ・ベトナム社は今後乗用車事業に特化; FUSOトラックの販売・サービス網を強化することでシェア拡大を図る. 三菱ふそう ...
kobe-np.co.jp  「隣保館」知ってる? 姫路で歴史など伝える催し  ↑0 ↓0
NPO法人の姫路人権ネットワークは、ベトナム春巻きの屋台を出し、姫路に多く住むベトナム人の食文化を味わってもらう。 姫路とたつの市で全国シェアの7割を占める皮革産業も紹介。地元中高生による皮革製品のファッションショーや人権啓発劇の発表もある。 県隣保館連絡協議会の山本繁信事務局長は「楽しみながら、 ...
2017/11/30 05:26 da:- facebook:- twitter:- 隣保館 NPO ネットワーク 春巻き たつの シェア Tweet
nna.jp  ホンダ、四輪でも攻勢 シェア2ケタへ車種を拡充  ↑0 ↓0
ホンダ・ベトナム(HVN)は、2018年の東南アジア諸国連合(ASEAN)域内での乗用車の関税撤廃を見据え、四輪車市場で攻勢に出る。自由化の恩恵を受ける ...
2017/11/23 00:02 da:- facebook:- twitter:- ホンダ シェア 東南アジア ASEAN 乗用車 四輪車 Tweet
kochinews.co.jp  米大統領同行の当局者を解任 ベトナムで外国人と不適切接触  ↑0 ↓0
米大統領同行の当局者を解任 ベトナムで外国人と不適切接触. facebook シェア · twitter シェア. 【ワシントン共同】トランプ米大統領が就任後初のアジア歴訪でベトナムを訪問した際、同行した米軍出身のホワイトハウス当局者3人が外国人女性と不適切な接触をしたとして、職を解かれた。ワシントン・ポスト紙電子版が21日 ...
2017/11/22 11:37 da:- facebook:- twitter:- 当局者 外国人 不適切 米大統領 シェア twitter Tweet
nna.jp  観光エンパイア、タイムシェア大手と提携  ↑0 ↓0
ベトナム中部ダナン市で観光複合地区「ココベイ・ダナン」を運営するエンパイア・グループが、米RCIなどと提携して集客を図っている。16日付トイバオキンテー ...
2017/11/20 00:02 da:- facebook:0 twitter:0 エンパイア ダナン タイム シェア グループ Tweet
doda.jp  株式会社エド・インター  ↑0 ↓0
仕事内容. ベトナム工場での人員管理、マネジメント ※木製玩具シェアトップクラス. □概要: 木や布などぬくもりのある天然素材を使った商品づくりを行っている ...
2017/11/16 02:24 da:- facebook:0 twitter:0 インター マネジメント シェア トップクラス ぬくもり Tweet
bangumi.skyperfectv.co.jp  魅力のベトナム [ニ]  ↑0 ↓0
Ch.568 中国テレビ☆CCTV大富. このチャンネルを視聴する · このチャンネルの番組を検索. いろんな番組見るならプレミアムパックがお得! シェアする ...
2017/11/12 15:44 da:- facebook:0 twitter:0 チャンネル テレビ プレミアム パック シェア Tweet
nna.jp  ハベコが減収減益、シェア下げ止まらず  ↑0 ↓0
ベトナム国営ビール大手ハノイ・ビア・アルコール飲料総公社(ハベコ)の業績低迷に歯止めがかからない。7日付ダウトゥ電子版が報じた。 2017年第3 ...
2017/11/09 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 シェア ビール ハノイ アルコール 歯止め Tweet
flyteam.jp  バンコクエアウェイズとベトナム航空、ベトナム/タイ間でコードシェア提携  ↑0 ↓0
バンコクエアウェイズとベトナム航空は2017年10月31日(火)、コードシェア契約を締結しました。この提携により、バンコクエアウェイズはより多くのベトナム都市 ...
2017/11/01 21:56 da:- facebook:0 twitter:0 コード シェア Tweet
flyteam.jp  ANA、ベトナム航空提携1周年記念でボーナスマイルキャンペーン 12月まで  ↑0 ↓0
全日空(ANA)は2017年10月1日(日)から12月31日(日)まで、ベトナム航空とのコードシェア、マイレージプログラム提携1周年を記念し、ボーナスマイル ...
2017/10/27 12:56 da:- facebook:0 twitter:0 ボーナス マイル キャンペーン 全日空 コード シェア Tweet
ssense.com  Wacko Maria: ブラック ベトナム タイガー ジャケット  ↑0 ↓0
Wacko Maria. ブラック ベトナム タイガー ジャケット. ¥93000 JPY. 詳細の表示. シェア. Wacko Maria - ブラック ベトナム タイガー ジャケット. 詳細の表示 ...
2017/10/27 08:01 da:- facebook:0 twitter:0 ブラック タイガー ジャケット シェア Tweet
nna.jp  ANAと越航空、シエムレアプ線で共同運航  ↑0 ↓0
全日本空輸(ANA)は26日、ベトナムとカンボジア北西部シエムレアプ間のフライトについて、提携関係にあるベトナム航空とコードシェア(共同運航)を開始すると ...
2017/10/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- ANA 全日本空輸 フライト コード シェア Tweet
travelvision.jp  全日空、ベトナム航空とのコードシェアにシェムリアップ2路線  ↑0 ↓0
全日空(NH)は10月29日、ベトナム航空(VN)が運航するシェムリアップ/ハノイ、ホーチミン線についてコードシェアを開始する。NHはVNは業務資本提携を受け ...
2017/10/26 21:00 da:- facebook:0 twitter:0 全日空 コード シェア ハノイ ホーチミン Tweet
aviationwire.jp  ANA、ベトナム航空とのコードシェア拡大 提携1周年  ↑0 ↓0
全日本空輸(ANA/NH)は10月26日、ベトナム航空(HVN/VN)とのコードシェアを拡大すると発表した。ベトナム航空のハノイ-シェムリアップ線、シェムリアップ- ...
2017/10/26 18:33 da:- facebook:0 twitter:0 コード シェア 全日本空輸 ハノイ Tweet
travel.watch.impress.co.jp  ANAとベトナム航空が提携強化。マイル積算対象便やコードシェアを拡大  ↑0 ↓0
ANA(全日本空輸)とベトナム航空は10月26日、コードシェア便の拡大やマイレージ積算対象便の拡大などの提携強化を発表した。両社は2016年10月の冬期 ...
2017/10/26 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 マイル コード シェア 全日本空輸 マイレージ Tweet
日本経済新聞  全日空、ベトナム航空と共同運航拡大 ベトナム―カンボジア間  ↑0 ↓0
全日本空輸は提携するベトナム航空と共同運航(コードシェア)を拡大する。10月末からベトナム―カンボジア間の路線を共同運航にすることで観光需要を ...
2017/10/26 01:36 da:- facebook:0 twitter:0 全日空 全日本空輸 コード シェア Tweet
ict-enews.net  シェアウィズ、ベトナムの日本語学校と提携して日本語講座提供開始  ↑0 ↓0
シェアウィズは24日、在ベトナムの日本語学校を運営する HCC Japan(ベトナム・ハノイ)と提携し、ベトナム人学習者を対象にした日本語能力試験 JLPT N3 直前 ...
2017/10/25 08:03 da:- facebook:0 twitter:0 日本語 ハノイ 学習者 Tweet
value-press.com  シェアウィズ、在ベトナム日本語学校HCC Japanと提携し、日本語資格試験対策オンライン講座の展開を ...  ↑0 ↓0
株式会社シェアウィズは、在ベトナムの日本語学校を運営するHCC Japan Co., Ltd.と提携し、ベトナム人学習者を対象にした日本語能力試験 JLPT N3直前対策 ...
2017/10/24 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 日本語 語学校 オンライン 学習者 Tweet
doda.jp  (三重県)通訳・翻訳業務(ベトナム語)  ↑0 ↓0
株式会社エクセディ/(三重県)通訳・翻訳業務(ベトナム語)東証1部・トルクコンバータ世界シェアトップクラスの求人・求人情報ならDODA(デューダ)。仕事内容 ...
2017/10/23 02:43 da:- facebook:0 twitter:0 トルク コンバータ シェア トップクラス Tweet
kagakukogyonippo.com  日本農薬 ベトナムで直販開始 現法設立しシェア拡大へ  ↑0 ↓0
日本農薬はベトナムに100%出資の現地法人「ニチノー・ベトナム」(資本金1億ドル)を設立し、農薬の直接販売を開始する。資本金は1億ドル。ベトナムは水稲 ...
2017/10/19 08:03 da:- facebook:0 twitter:0 資本金 シェア Tweet
traicy.com  ANA、ベトナム航空のシェムリアップ発着2路線でコードシェア 10月29日から  ↑0 ↓0
現在は、ベトナム航空が運航する日本〜ベトナム線とホーチミン〜ダナン・ニャチャン・ハノイ線、ハノイ〜ダナン線のベトナム国内線でコードシェアを行っている。
2017/10/13 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 コード シェア ダナン ハノイ ホーチミン ニャチャン Tweet
flyteam.jp  べトナム航空、ANA共同運航便でボーナスマイルキャンペーン 12月まで  ↑0 ↓0
ベトナム航空のマイレージ・プログラム「ロータスマイル」は2017年10月1日(日)から12月31日(日)まで、全日空(ANA)とのコードシェア便の利用を対象に、 ...
doda.jp  東京アライブエステート株式会社  ↑0 ↓0
東京アライブエステート株式会社/(ベトナム語利用有)未経験歓迎 賃貸管理/女性専用シェアハウスの案内から運用までの求人・求人情報ならDODA( ...
2017/10/09 04:27 da:- facebook:0 twitter:0 アライブ エステート 未経験 シェア ハウス Tweet
nna.jp  ベトナム版エアビーアンドビーが急拡大  ↑0 ↓0
ベトナム版「エアビーアンドビー」とも呼べる空き部屋のシェアサービス「Luxstay」が、急拡大している。ダウトゥー電子版が9月28日に伝えた。 Luxstayは ...
2017/10/02 00:09 da:- facebook:- twitter:- シェア サービス Tweet
j-cast.com  ハワイアン航空、ANAからJALに「転向」 「提携先」争奪戦が激化  ↑0 ↓0
なお、提携先のベトナム航空をANAに奪われたJALは17年7月、ベトナムのLCC(格安航空会社)ベトジェット航空とコードシェアを柱とした包括的業務提携を行う ...
2017/09/27 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 争奪戦 コード シェア Tweet
nna.jp  地場キド、アイス市場でシェア40%に拡大  ↑0 ↓0
英調査会社ユーロモニターの報告によれば、2017年のベトナムのアイスクリーム市場では地場食品大手キド・グループ(KIDO)が首位を守り、シェアを16年 ...
nk.jiho.jp  日本ケミファのベトナム工場竣工、18年度下期に稼働 後発品80%時代に対応  ↑0 ↓0
日本ケミファは19日、後発医薬品シェア80%時代に対応するため建設を進めていたベトナム工場が竣工したと発表した。グループ会社の「日本ケミファベトナム」が ...
2017/09/19 16:41 da:- facebook:0 twitter:0 ケミファ 医薬品 シェア グループ Tweet
nna.jp  モビスター、自撮りで差別化 地場スマホメーカーの戦略(上)  ↑0 ↓0
右肩上がりで伸びるベトナムのスマートフォン市場は、外資系ブランドを中心としたシェア争いの中で地場メーカーも奮闘している。地場メーカーはベトナム人消費者 ...
flyteam.jp  ベトナム航空とガルーダ・インドネシア、コードシェアやMROなど提携拡大  ↑0 ↓0
ベトナム航空とガルーダ・インドネシア航空は2017年8月23日(水)、コードシェア提携、サービス、MRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)、貨物事業の各分野 ...
kohoku.keizai.biz  中川でベトナムコーヒー教室 資格持つ講師が入れ方・飲み方紹介  ↑0 ↓0
横浜市営地下鉄中川駅近くのコミュニティーカフェ「Shairly・cafe」(シェアリーカフェ、横浜市都筑区中川1、TEL 045-530-3990)で8月31日・9月28日、「ベトナム ...
2017/08/24 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 カフェ コミュニティー 入れ方 コーヒー 地下鉄 Tweet
nna.jp  EC用配送、市場は10億ドル シェアリングがコスト圧縮の鍵に  ↑0 ↓0
ベトナムで電子商取引(EC)が順調に拡大していることに伴い、EC向けの配送サービスでも各社の競争が激しくなりつつある。市場規模はすでに10億米ドル( ...
2017/08/22 00:00 da:- facebook:- twitter:- サービス 米ドル 商取引 コスト シェアリング Tweet
news2u.net  ベトナムで課題解決型インターンシップを実施 現地の学生と協力し、ベトナムでの芳香剤シェア拡大を目指す  ↑0 ↓0
近畿大学(大阪府東大阪市)と帝京大学(東京都板橋区)は、平成29年(2017年)8月21日(月)から28日(月)までの8日間、ベトナム・ホーチミン市にて、産学共同 ...
2017/08/18 18:33 da:- facebook:0 twitter:0 東大阪 ホーチミン 近畿大学 シェア インターン シップ Tweet
nna.jp  台湾大手が10月にビール発売 TTL、3年でシェア1%目指す  ↑0 ↓0
台湾公営の酒・たばこ類メーカー、台湾エン酒(エン=草かんむりに於、TTL)が、10月にベトナムでビールを発売する。ベトナムでの販売会社の関係者が10日まで ...
2017/08/11 00:07 da:- facebook:0 twitter:0 ビール 関係者 かんむり メーカー シェア たばこ Tweet
PR TIMES  エースコック『Pho・ccori気分』新TVCM 新CMキャラクターに女優の真野恵里菜さんを起用!Pho・ccori ...  ↑0 ↓0
発売以来、フォーの本場ベトナムでシェアNo.1のエースコックが、日本にフォーの食文化を広めるブランドとして展開するPho・ccori気分の美味しさを「サラダ ...
newsclip.be  ジェイタワーなど、ベトナムのIBS最大手買収  ↑0 ↓0
【ベトナム】ジェイタワー(東京都港区)は31日、投資ファンドと共同で設立した特別目的会社などを通じ、ベトナム最大のIBS(建物内の携帯通信インフラシェア ...
2017/08/01 12:56 da:- facebook:0 twitter:0 インフラ シェア ファンド 最大手 タワー ジェイ Tweet
財経新聞  株式会社JTOWER、株式会社日本政策投資銀行および株式会社リサ・パートナーズと共同でベトナム最大 ...  ↑0 ↓0
と共同で設立したSPC(特別目的会社)等を通じて、本日付(2017年7月31日付)で、ベトナム最大のIBS(In-Building Solution:建物内の携帯通信インフラシェア ...
2017/07/31 17:03 da:- facebook:0 twitter:0 シェア インフラ Building パートナーズ Solution Tweet
manila-shimbun.com  日航、ベトナムの格安航空ベトジェットと包括提携  ↑0 ↓0
日本航空とベトナムの格安航空(LCC)大手のベトジェットエアは25日、コードシェア(共同運航)や搭乗距離などに応じてたまるマイルの交換を含め、包括的に ...
2017/07/27 03:00 da:- facebook:0 twitter:0 マイル シェア コード 日本航空 Tweet
nna.jp  製糖2社が合併、生産強化でタイ産に対抗  ↑0 ↓0
ベトナムのタインタインコン・タイニン製糖(SBT)とビエンホア製糖(BHS)が、合併することを明らかにした。生産を強化し、国内市場でシェアを拡大するタイ産の ...
2017/07/27 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 シェア 明らか タイニン Tweet
aviationwire.jp  JALとベトジェット提携 18年からコードシェア、運航品質向上も  ↑0 ↓0
日本航空(JAL/JL、9201)と、ベトナムのLCCのベトジェット航空(VJC/VJ)を傘下に持つベトジェット・アビエーション・ジョイント・ストック・カンパニーは現地時間7 ...
朝日新聞  JALとベトナムLCC提携 大手出資のANAに対抗  ↑0 ↓0
日本航空は25日、ベトナムの格安航空会社(LCC)のベトジェットと提携し、年内にも一部の路線のコードシェア(共同運航)を始めると発表した。もともと大手の ...
2017/07/25 21:33 da:- facebook:- twitter:- シェア コード ANA JAL 日本航空 Tweet
travelvision.jp  日本航空、LCCのベトジェットと包括提携、コードシェアなど  ↑0 ↓0
VJ機 日本航空(JL)とベトジェット(VJ)は7月25日、包括的業務提携に向けた覚書を締結した。両社は、JLが運航するベトナム路線と日本国内線、VJが運航する ...
2017/07/25 21:00 da:- facebook:- twitter:- 日本航空 国内線 シェア コード Tweet
asiatravelnote.com  JAL、LCCのベトジェットエアとコードシェア提携  ↑0 ↓0
現在JALはベトナム路線として成田~ハノイ線、成田~ホーチミン線、羽田~ホーチミン線の3路線をそれぞれ1日1便運航。東南アジアではこの他に、バンコク、 ...
2017/07/25 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 ホーチミン 東南アジア バンコク この他 ハノイ シェア Tweet
excite.co.jp  JAL、ベトジェットエアと包括的業務提携へ覚書--コードシェアにマイレージも  ↑0 ↓0
JALとベトナムのLCCであるベトジェットエア(本社: ベトナム・ハノイ)は7月25日、利便性とサービス向上、相互送客による企業価値向上を目的とした包括的業務 ...
2017/07/25 18:22 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ サービス マイレージ シェア コード Tweet
traicy.com  JALとベトジェットエア、包括的業務提携に向けた覚書締結 コードシェア実施  ↑0 ↓0
ベトジェットエアは、ベトナム初の民間航空会社として2011年にハノイを拠点にベトナム国内線へ就航を開始。現在は国際線にもネットワークを広げている。日本へ ...
2017/07/25 17:37 da:- facebook:0 twitter:0 国際線 ネットワーク 国内線 ハノイ シェア コード Tweet
時事ドットコム  日航、ベトナムLCCと提携=共同運航やマイル交換  ↑0 ↓0
日本航空がベトナムの格安航空会社(LCC)大手のベトジェットエアと、コードシェア(共同運航)や搭乗距離などに応じてたまるマイルの交換などで業務提携する ...
2017/07/25 12:00 da:- facebook:- twitter:- マイル シェア 日本航空 コード Tweet
時事ドットコム  日航、ベトナムのLCCと提携=共同運行やマイル交換  ↑0 ↓0
日本航空(JAL)がベトナムの格安航空会社(LCC)大手のベトジェット・エアと共同運航(コードシェア)やマイル交換などで業務提携することが25日、分かった。
2017/07/25 11:15 da:- facebook:- twitter:- マイル シェア コード 日本航空 JAL Tweet
sankeibiz.jp  エースコック、ミャンマー新工場完成  ↑0 ↓0
同社の生産は日本で年間4億食を上回り、ベトナムで30億食近くに達する。ベトナムでは1995年から現地生産し、即席麺市場で過半のシェアを保持。ミャンマー ...
2017/07/05 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 シェア エースコック Tweet
nna.jp  光ケーブル通信、VNPTがシェアトップ  ↑0 ↓0
ベトナムの国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)が、光ケーブルインターネットサービスで国内市場シェア1位になった。1日付ダウトゥ電子版が報じた。
nna.jp  運輸省が配車アプリのライドシェア停止要求  ↑0 ↓0
ベトナム運輸省がこのほど、配車アプリ2社に対して、ライドシェアリングのサービスをやめるよう求めた。27日付VNエクスプレスが報じた。 対象は、米系配車 ...
excite.co.jp  いつでもシェアできるから旅時間がもっと楽しく。ベトナムから始まる“ジェニック旅”って何?  ↑0 ↓0
Wi-Fi環境、充電設備(USB給電口)、冷蔵庫などを備えた快適な環境の「ジェニックビークル」(定員7名)をチャーターして、ベトナム国内の行きたいところに自由に ...
2017/06/14 07:30 da:- facebook:0 twitter:0 ところ チャーター 冷蔵庫 シェア Tweet
j-cast.com  移動車両とネット接続を「シェア」 ウィラー、ベトナム旅行の新スタイルを提案  ↑0 ↓0
その第1弾として同社は、ベトナムの行きたいところに自由でしかも快適に移動できる、チャーター車両サービス「ベトナムジェニック旅 -ジェニックビークル-」の販売 ...
2017/06/13 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 チャーター サービス ところ スタイル シェア ネット Tweet
bushikaku.net  ウィラー 「ジェニック旅」をベトナムで開始! 「NEXT WILLER」で語られた4つのビジョンとは?  ↑0 ↓0
ベトナムから運行を開始し、今秋にはヨーロッパでシェア型観光バスの運行も計画中です。「ベトナム ジェニック旅」は、7月18日(火)以降の出発分から予約を開始 ...
2017/06/13 10:30 da:- facebook:- twitter:- シェア ビジョン ヨーロッパ Tweet
nna.jp  フォード、1~5月のシェア10%超  ↑0 ↓0
米自動車大手フォードは、ベトナムで1~5月に1万2,000台近く販売し、市場シェア10.6%を獲得したと明らかにした。9日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。
2017/06/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- フォード シェア ニュース 自動車 明らか Tweet
msn  ベトナム企業初の海外上場目指す-ベトジェットのタオCEO  ↑0 ↓0
(Bloomberg) -- ベトナムの民間航空会社ベトジェットは、初めて海外で上場するベトナム企業となるため交渉に入った。同社は国内航空市場で40%余りのシェアを ...
2017/05/30 10:07 da:- facebook:0 twitter:0 シェア CEO Tweet
nna.jp  消費者金融、市場規模は266億ドルに  ↑0 ↓0
ベトナムの2016年の消費者金融市場は265億5,000万米ドル(約3兆円)に達しているものの、成長率はやや減速傾向にある。専門の業者がシェアを拡大しつつ ...
2017/05/17 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 消費者 シェア 米ドル 金融市場 Tweet
アパレル・リソース  アパレル部門が急成長  ↑0 ↓0
繊維・アパレル部門では今年第2四半期に入り、新規の輸出市場において良い兆候が見られる、とベトナム繊維公団(Vinatex)のLê Tiến Trường社長は明らかにした。 Trường社長は、ロシアで115%もの成長を記録しているユーラシア経済連合(EAEU)、タイ、インドネシア、シンガポール、ラオス、カンボジア、ミャンマーにおいてそれぞれ17%、11%、38%、24.5%、36%、5%の成長率を誇るアジア経済共同体(AEC)など新市場の急速な成長を受けて、第1四半期のアパレル部門の業績は好調に推移したとの見解を示した。 統計によると、アパレル部門は今年第1四半期に67.5億米ドルの売上を上げ、前年同期比で12.4%の伸びを示した。 欧州連合(EU)や6.3~6.4%程度の成長率しか見込めない米国など、既存の主要市場に対する輸出には多くの課題があったものの、韓国、ブラジル、インドなどの市場に対する輸出では14~34%の高い成長を維持した。 Trường社長は29%増となったスイムウェア、41%増のレインコートなど、多くの新製品がアパレル輸出の好調な伸びを支えたとした。 「様々な市場に対する売り込みや、二国間または多国間貿易協定の開拓など我々の取り組みが、特にEAEUやAECなどにおいて成果を生み出したことが分かります。」とTrường社長は述べた。 業界関係者らは、繊維・アパレル部門の企業、特にVinatexは近年好業績を上げていると指摘した。こうした企業では欧州市場の困難な状況や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の頓挫を予見し、新製品によって海外事業を展開するという手段を考案した。 昨年の6月以来ベトナムでは新市場や新製品が重点的に開発されており、こうしたビジネスはベトナムと他国間で交渉中の貿易協定で利益が得られることが見込まれている。また為替レートが安定している間、彼らは生産能力向上、国内消費支出が増加する中にあっても、コストや生産価格の削減に注力した。 輸出において為替レートの安定は、特に市場シェアを維持するために国内通貨の切り下げを行うような中国、インド、バングラデシュ、パキスタン、インドネシア、マレーシアなど、ベトナムのライバル国との間における重要な問題となっている。 「我々繊維・アパレル業界では、輸出における競争力を高めることを目的に、マクロ政策においてベトナムドンと他国通貨間の為替レートを安定させるような調整がなされることを常に期待しています。」とTrường社長は述べた。 企業はまたコスト削減のために、他国と同レベルの適切な貸出金利を受けることを望んでいるとTrường社長は述べた。 Trường社長は、繊維・アパレル部門が今年10%の成長率目標に到達することを信じていると述べた。これは高い目標であったが、業界全体にわたる努力よって到達可能な数字となっている。 もっと見る
2017/05/08 10:36 da:- facebook:0 twitter:0 アパレル 四半期 レート コスト 新市場 インド Tweet
アパレル・リソース  障害はあるものの、繊維輸出はなお拡大  ↑0 ↓0
ベトナム国内の繊維産業は、欧州連合(EU)やアメリカ等主要市場への輸出で多くの困難に直面したが、今年の輸出目標に到達する可能性はまだ残っていると専門家は言う。 第一四半期の数字がこの予想を裏付けている。ベトナムでは今年の第一四半期に、繊維・縫製の輸出額が68.4億米ドルに達した。ベトナム繊維協会(VITAS)によると、これは昨年同時期と比べて11.2%増だという。 ベトナムの繊維・アパレル部門は、合計輸出収入額300億米ドル以上となる、対2016年7%増を目標と定めている。 現在、ベトナムの繊維・アパレル製品は、アメリカ、日本、韓国、中国、EUなどの主要市場を含む、40の国や地域で流通している。VITASは企業に対し、設備を最大限に活用し、生産コストを引き下げ、高品質製品の注文を求めるよう呼びかけている。   EUの制限 VITAS諮問委員会のBui Dang Phuong Dung氏によると、EUに対する輸出額・輸出量の成長率は低く、現地メーカーが受けた注文量はごく少数であったという。ベトナムのアパレル産業はデザインといった面でも発展しておらず、多くの繊維・アパレル企業がこの市場での競争が難しいと感じている。 EU市場に対する8-12%の高い税率もまた、この市場に対する繊維製品輸出が直面する障害の一つである。 ベトナム繊維製品にとってEUは2番目に大きな輸出市場ではあるが、EUの輸入額から見れば1.9%のシェアしかなく、協会によれば、拡大のチャンスはあるという。 しかしながら、優遇税率に関するベトナム-EU自由協定の原産地規則に見合うことは、ベトナム繊維製品輸出にとって最大の難関となるだろうとDung氏は言う。 ベトナムを含むアセアン諸国が、アセアン地域とEUの間でFTAに署名することを繊維産業界は望んでいる。そうなれば、現地繊維企業が他のアセアン加盟国から繊維製品生産の原料を入手するオプションが広がり、FTAの原産地規則をクリアできることになる。 税関総局のデータによると、繊維・アパレル部門の2016年の輸出額合計は238億米ドルであり、対前年4.6%増であった。とりわけ、アメリカが繊維輸出額合計の48%を占め、ベトナム繊維製品にとって最大の輸出市場であり続けている。繊維・アパレル製品のアメリカに対する輸出額は近年、毎年12-13%の割合で増え続けている。 協会によると、予定されていた環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に向けて生産・ビジネスチャンスを拡大するため、多くの企業が大規模かつ集約的なスケールで繊維・染織工場の建設に投資を行った。 アメリカを含むTPPはもはや実現しそうにはないが、こうした施設は、ベトナム-EUのFTAやベトナム-韓国のFTAなど、その他のFTAによる大きなチャンスに焦点を当て、繊維・アパレル産業が生産プロセスを完結し、積極的に原料を調達することを助けるだろうと専門家は述べた。   もっと見る
2017/04/27 12:41 da:- facebook:0 twitter:0 アパレル アメリカ アセアン 米ドル チャンス 原産地 Tweet
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
mizuho-ri.co.jp  外資主導で高まるベトナムの輸出  ↑0 ↓0
外資主導で高まるベトナムの輸出. さらなるインフラ整備と国内企業育成が長期課題. ○ 近年の世界貿易に占めるASEAN諸国の輸出シェアをみると、ベトナムの ...
2017/03/30 20:22 da:48 facebook:0 twitter:0 シェア インフラ Tweet
value-press.com  シェアウィズ:日系企業で働くベトナム人就労者向け、スマホで学べる日本語講座の法人販売を開始  ↑0 ↓0
株式会社シェアウィズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 辻川友紀、以下シェアウィズ)は、2017年3月27日に、日系企業で働くベトナム人就労者を対象に ...
2017/03/28 18:00 da:61 facebook:0 twitter:0 日本語 スマホ Tweet
アパレル・リソース  現地履物メーカーはTPP消滅にも動じず(前)  ↑0 ↓0
TPPが実現しなくても、ベトナムの皮革・履物産業は力強い成長を維持するだろう、とベトナム皮革履物鞄協会(Lefaso)はその見解を示した。 LefasoのDiệp Thành Kiệt副会長は、3月15日ホーチミン市で2日間の日程で開催されたベトナム・フットウェア・サミット2017の講演において、この産業は2011~15年に年間15~20%の成長を遂げたと述べた。 ベトナムの皮革・履物製品は米国、EU、中国、日本を最大の輸出先市場として、約50の国々と地域に輸出されてきた。 皮革・履物業界は、ベトナムの経済、政治、社会の安定性と、低コストで高度な技術力を備えた豊富な労働力によって、相当な競争力を保持していると彼は述べた。 ベトナムは米国向け輸出国の中で確固たる地位を確立しており、履物輸出において第二位と、その輸出額は年々増加している。 「ベトナムの皮革・履物産業は、輸出総額の34.5%を占める米国、31.9%を占めるEUとその他の市場の3つの軸で成り立っています。将来的に発効する予定のEUとの貿易協定に加え、韓国との自由貿易協定、ロシア、カザフスタン、ベラルーシとの関税同盟は、ベトナムの皮革・履物産業に新しいビジネスチャンスをもたらすことになるでしょう。」と彼は述べた。 また政府は履物を含むベトナム製品の輸出を増加させるため、新しい自由貿易協定を引き続き交渉していくことになるとした。 「TPPではなく、むしろ米国経済の健全性が重要なのです。」 たとえもしTPPが発効したとしても米国経済が健全でなければ米国からの需要は望めないが、TPPがなくとも(米国経済が健全でありさえすれば)、ベトナムはその競争力によって米国市場で第二位の地位を維持できるだろう、と彼は述べた。 アメリカ履物流通小売業者協会(Footwear Distributors and Retailers of America)のMatt Priest会長は、米国は昨年、23億足の靴を輸入したと述べた。 全体のうち中国は72%を占め、ベトナムは15.7%であったが、中国のシェアは低下する一方で、ベトナムのシェアは増えているという。 商工省軽産業部のPhan Chí Dũng部長は、業界向けのなめし革やその他原材料の国内需要は40〜50%も拡大したと明らかにした。 世界市場が回復の兆しを見せる中、世界最大の履物供給国である中国での生産コストが近年増加しているため、輸入業者がベトナムに発注先を変更する傾向にあるという。   (後編へつづく) もっと見る
2017/03/28 06:00 da:15 facebook:0 twitter:0 競争力 その他 シェア コスト America アメリカ Tweet
アパレル・リソース  韓国の暁星が12億ドル規模のプラント建設  ↑0 ↓0
韓国の大手繊維・化学企業暁星(Hyosung Corp)が12億米ドル規模の天然ガス由来ポリプロピレン製造及び液化天然ガス(LPG)貯蔵施設をベトナムに建設する。同社の多目的プラスチック原料の生産能力を大きく伸ばすことに貢献すると見込まれている。 2月7日の同社の発表によると、暁星はバリア・ブンタウ省Tan Thanh県のCai Mep工業団地に製造・貯蔵施設を建設するための12億米ドルの投資についてベトナム政府と覚書を交わした。 覚書によると、暁星は建設事業を2期に分けて実施する。第1期は1億3300万米ドルでLPG貯蔵施設を建設し、3億3600万米ドルでポリプロピレン製造工場を建設する。第2期ではプロパン脱水素(PDH)工場を4億9600万米ドルで建設するほか、2億2600万米ドルでポリプロピレン工場の拡張を行う。 暁星は同社の新たな収益源としてポリプロピレン製造事業に期待している。ポリプロピレンは熱可塑性のポリマーでパッケージングやラベリング、繊維、ステーショナリー、プラスチック部品、リユース可能容器、実験機材、スピーカー、自動車部品、ポリマー紙幣などの幅広い用途を持つ。暁星は韓国でも1400億ウォン(1億2220万米ドル)規模で年間生産能力20万トンのポリプロピレン工場の建設を予定している。 暁星のある幹部は、ベトナムでの新事業が同社のLPG及びポリプロポレン事業の生産ラインを強化し、東南アジア市場でのシェアのさらなる拡大につながることを期待すると述べた。 2月8日の暁星の株価終値は12万6000ウォンで、前日を1.56%下回った。 もっと見る
アパレル・リソース  アパレル業界の希望は無限に続く(前)  ↑0 ↓0
11月21日に米大統領に選出されたドナルド・トランプ氏が、大統領就任初日にTPPから米国を離脱させ、代わりに二国間での自由貿易協定(FTA)締結を模索することを明言して以来、TPPの行方は宙に浮いた状況となった。 ベトナムの繊維・アパレル部門はTPPの利益を享受する主要分野となる見込みであったが、今では誰もそれを期待していない。 「トランプ氏がTPPを台無しにして、ベトナムの繊維・アパレル部門は多少の影響を受けたかもしれませんが、それでもまだこの部門の先行きは明るいです。」とHung Yen Garment社(Hugaco)のNguyen Xuan Duong会長は述べた。 「我々はTPPのためだけでなく、生産規模を拡大する必要があれば何であれ、増産投資をする態勢はいつでも整っています。」   試練の年 Duong会長はベトナム経済タイムズ誌(VET)に対し、Hugaco社では資材を供給している多くの外資系企業と協力して機械設備のアップグレードに投資を集中していると述べた。 「当社は安定して業績拡大しており、約4%の成長を達成しています。ただし、米国への輸出高は昨年のわずか70%程度にとどまっています。」とした。この点について彼は、外国企業との熾烈な競争や、ベトナムドンがドルに対して管理フロート制を採用しているため困難な状況に陥っていると説明した。 同様にGarment 9 Joint Stock Companyでは、前年同期比で上半期の輸出が30%も減少した。Garment 9社のNguyen Xuan Quang会長は、「男性用スーツの輸出売上高が40~50%も低下しました。」と明らかにした。「EUとアジアで輸出売上高が大幅に低下しています。」 この売上減少の原因としてQuang会長は、世界の消費需要の減少と、ラオス、ミャンマー、バングラデシュなどの他国からの競争圧力を挙げた。ラオス、カンボジア、ミャンマーでは、低開発国に対する一般特恵関税制度(GSP)の下でEUに対する関税ゼロの恩恵を享受しているが、ベトナムは依然として9.6%の関税を課されている。 Hugaco社やGarment 9社の予想を下回る業績は、2016年におけるベトナム繊維・アパレル業界全体の業績を投影したものである。 ベトナム繊維協会(VITAS)は、アパレル輸出売上高は計画比92%、15億米ドル減の285億米ドルになったと発表した。米国への輸出は114億米ドルで、前年比4%の増加となった。その他の主要市場としては、EU、日本、インド、ブラジル、ロシア、カナダがある。 2016年は確かに繊維産業にとって困難な年となった。ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong社長によると、繊維企業の業績は悪化し、過去6年間で最も低い伸びとなったという。「この状況は世界市場全体の不調から生じています。」と彼は述べた。 「2016年、世界の需要は増加せず、米国、日本、EUなど主要市場の需要はすべて低下しました。」 英国のBrexit投票も間接的な影響を与えた。英国のポンドが低下し、英国内で輸入品は国産品よりも割高となり、需要が奪われている。「アパレルの需要は減少しており、年初5ヶ月間で達成した6〜7%の成長率をそのまま維持することは難しいと予想されます。」とTruong社長は述べた。 「しかし英国で販売されているほとんどのアパレルは輸入に頼っており、国産同等品の供給能力が限られているため、全体的なインパクトはそれほど大きくはならないでしょう。」 また、数値としては低成長であるが、絶対額は前年よりも増加したという。数年前の成長率は12~15%もあったが、絶対値はわずか15億米ドルに過ぎなかった。 Truong社長は「一方で現在の成長率は約5〜6%に過ぎないが、絶対額は約20億米ドルとなりました。」と説明した。   不確実な未来 世界経済の減速とTPP交渉決裂の可能性により、繊維・アパレル企業の中に不安が高まっている。 ベトナムの輸出において、現在平均11%から一部の製品群では32%も課されている関税が最終的には0%となる予定であった。 今では無意味な予想となったが、世界銀行はTPPによってベトナムの米国や日本向け繊維・アパレル輸出が大幅に増加し、2020年までに国のGDPを引き上げる上で大きな役割を果たすであろうとした。 しかしTPPの「ヤーン・フォワード」原産地規則の要件により、利益を獲得しようと目論んでいた多くの企業の夢は今や潰えようとしている。 Thanh Cong Textile Garment Investment Trading JSC(TCG)社は、TPPによって大きな売上を獲得するであろうと期待され、特に2015年のTPP交渉直後、株価が大幅に上昇した。 2013年TCG社の株式は6000ベトナムドン(0.2米ドル)で取引されていたが、2015年には4万ベトナムドン(1.8米ドル)まで急上昇した。それが現在では1万5000ベトナムドン(0.6米ドル)となっている。 TCG社ではTPPが批准されることを見込み、2016年の売上高として前年比16.9%増となる3.2兆ベトナムドン(1億4080万米ドル)、税引後利益は3.58%増となる1600億ベトナムドン(701万米ドル)の目標を設定していたが、今ではそれは過去のものとなった。同社の10月度売上高はわずか1000万米ドルで、売上総利益率は13%であった。 続く11月、12月の売上高もそれぞれ1050〜1100万米ドル、売上総利益率は13.5〜14%であった。また、2016年第3四半期までの月平均売上高は1100万米ドルで、平均売上総利益率は14.79%となった。 ベトナムにある多くのアパレル企業と同様、TCG社ではミャンマーやカンボジアにおける格安な人件費との激しい競争に追い込まれている。最低賃金制と新たな社会保障政策によりベトナムのアパレル部門の人件費は他国よりも割高となっており、顧客はミャンマーやカンボジアに注文を移し始めた。 TCG社のように「ヤーン・フォワード」原産地規則に適合できる企業は、(それによる利益を見込んでいたため)TPP交渉の頓挫によって現在困難な状況に追い込まれているが、その他の企業ではTPP発効の有無にかかわらず輸出は成長していくと考えている。 「TPPの恩恵を受けるためには、企業は原糸、染色から完成品までの生産チェーン全体を確立しなければならず、膨大な投資が必要でした。」とDuong会長は述べた。 「ベトナムで使用される原糸のほとんどは中国、繊維は韓国、その他原材料は主に東南アジア諸国から輸入されています。もしTPP交渉が米国抜きで進められることになれば、ベトナムが準備するのに時間的余裕が生まれるでしょう。」 Duong会長は、ほとんどの企業ではOEM/FOB(委託者ブランド生産/本船渡条件)やODM(委託者ブランド設計・生産)に特化しているため、TPPから大きな利益を得るはずだとした。 VITASのTruong Van Cam会長も、ベトナムの繊維産業、特に米国への輸出はTPPの行末によってあまり影響を受けることはないだろうとした。 実際ベトナムから米国への輸出売上高は最近12~13%も上昇したが、米国におけるアパレル輸入高はわずか3%しか増加しておらず、ベトナムの市場シェアが上がっているのであり、まだ成長余力が残っていることを意味している。 ベトナム経済政策研究所(VEPR)の創設者兼所長のNguyen Duc Thanh氏は、繊維、皮革、履物分野はTPPが発効していればその恩恵を受けたであろうことは確かだが、たとえ米国がTPPから撤退しても他のTPP加盟国市場へアプローチできるため、輸出はそれほどダメージを受けないだろう、と述べた。 「米国加盟の有無にかかわらず、ベトナムは依然としてTPPの恩恵を享受できるでしょう。また、米国への輸出は既に軌道に乗ってきています。」とした。   (後編へつづく)   もっと見る
2017/02/10 09:13 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル アパレル 売上高 Garment ほとんど その他 Tweet
アパレル・リソース  繊維産業の回復に向けた試み  ↑0 ↓0
繊維産業では国際競争が激化しており、中小規模企業では受注の減少が予想されるなど、国内消費や輸出市場における低迷が見込まれている。 ベトナム繊維協会(VITAS)によると、2016年の繊維・縫製業の輸出売上高は285億米ドルと見込みより15億米ドル低く、目標額の92%にとどまったという。 中国やインドなどの大国でも2015年と比較して輸出額が減少し、全世界で市場の拡大に伸び悩むなど、2016年は世界的な低迷の年であったとベトナム繊維協会(VITAS)の幹事は説明した。 加えて中国やインド、パキスタン、バングラデシュでの優遇政策の影響もあり、ベトナムの繊維業は厳しい競争に見舞われたという。 こうした厳しい状況にありつつも、ベトナム繊維産業はアメリカや日本における市場シェアを11%伸ばすなど、巨大市場でシェアを伸ばしたとしてベトナム商工省のTran Tuan Anh氏は称賛した。 2017年に関しても競争の激化に伴う厳しい状況は続き、競争相手国は政府の税政や外国為替の優遇政策、また諸国での政情不安などの影響により一層の注文を惹きつけるだろうとベトナム繊維協会(VITAS)は述べた。 また2018年に発行予定のEVFTAやTPPを2017年には十分に活用することはできないことからも、2017年の繊維・縫製業は6.5%〜7%の伸びとなる300億米ドルを目標としている。 商工省によると、中小規模の繊維関連企業では国際統合に伴いチャンスが拡大する一方、従来の注文をFDI企業などの大規模企業に奪われるなどの問題に直面する可能性も高いという。そのため、中小規模の企業は政府の支援政策の他にも視野の広い長期的な戦略を立てる必要がある。 ベトナム繊維公団(Vinatex)の Le Tien Tuong会長によると、Vinatexは生産率を前年と比較して14%増加させたという。また同公団は輸出売り上げを11%増、輸入売り上げを9%増とすることを目標にしている。目標達成に向け、VinatexはアメリカやEU、日本などの主要市場における市場拡大に焦点を当てている。 Thong会長は、FOB、ODM、OBMなどのより高度な輸出生産手段を地元企業が採用するよう促す政策や、ベトナム製品の購入や特別設備への投資、集客を目的とした展示会の開催などの優遇金融政策を政府が行うべきであると訴えかけた。 もっと見る
2017/01/26 13:09 da:20 facebook:0 twitter:0 米ドル シェア アメリカ インド 売り上げ 縫製業 Tweet
日本経済新聞  日本製紙、インド・ベトナム進出 外食向け需要見込む  ↑0 ↓0
日本製紙はインドとベトナムに初の製造拠点を置く。インドで同国最大の飲料用紙コップメーカーを買収することで合意。ベトナムでは紙コップ事業シェア1位の ...
2017/01/24 02:05 da:89 facebook:0 twitter:0 インド コップ シェア メーカー Tweet
PR TIMES  ベトナムNo.1グルメサイトと業務提携に合意  ↑0 ↓0
Fest Co., Ltd.(以下Fest、本社:9 Dinh Tien Hoang Street, District 1, ベトナムホーチミン市、代表取締役社長:中山 厚郎) はベトナムでNo.1のシェアを誇る ...
2017/01/19 17:53 da:71 facebook:0 twitter:0 シェア ホーチミン サイト グルメ District Tweet
アパレル・リソース  スポーツシューズ輸出で世界第2位に  ↑0 ↓0
ベトナムは以前から履物製造で世界上位20か国のひとつとされていたが、業界団体によると、ベトナムは現在世界の履物輸出上位10か国の一角を占めている。 ベトナム履物・ハンドバッグ協会(LEFASO)は、世界履物協会が最近公表した統計によると、ベトナムは中国に次いで世界第2位の履物輸出国であると発表した。 ベトナム国内では現在、様々な種類の履物を年間10億足以上生産しており、世界で7.3%のシェアを占める。 ベトナムはまたスポーツシューズでは世界第2位、革靴では世界第3位の輸出国である。他種類の履物では世界第7位となっている。 「ベトナムは全カテゴリーの製品で中国製品よりも平均で1.35倍から2.8倍高い価格で販売しています」と履物ハンドバッグ協会のDiep Thanh Kiet副会長は話す。 Kiet副会長によると米国が靴類を世界で最も多く輸入しており、年間およそ24億8000万足を輸入している。一方、世界で最も多く靴を消費しているのは中国で、年間230億足が購入されている。   もっと見る
アパレル・リソース  ハンドバック市場での勝機を伺うローカルデザイナー  ↑0 ↓0
ホーチミン市で開催されたビジネスフォーラムで専門家が語ったところによると、世界の観光客数は2016年も増加しており、ローカルハンドバックデザイナーにとっては大きなチャンスとなっているという。 専門家によるとハンドバック市場は、製造面ではアメリカや中国を筆頭株主として、次の10年間一定した成長が見込まれている。 また販売面ではアメリカや中東、アジア太平洋地域が次の10年間を通して最も高い見込み客の成長率を見せており、一番期待値の高い市場となるという。   市場成長の主な要因 ベトナム革靴協会会長のNguyen Duc Thuan氏によると、陸路の旅行客数に加え、旅客機の国際線の増加がハンドバック市場成長の主な要因になっているという。 とりわけ旅行用カバンやアクセサリーの売り上げはここ数年のカバン市場における主要収入源となっており、この傾向はしばらく続く見込みであるとThuan氏は述べた。 消費者の購入動向に影響を与えている主な要因は、ベトナムなどの成長市場における中間所得階級層の増加と、彼らのより良い商品デザインや品質、機能性への欲求である。 また硬質フレームを伴った軽量・超軽量の旅行用カバンに対する需要の増加も著しく、Thuan氏によると、これは旅客機の重量制限の変更がきっかけになっているという。 同様に陸路旅行も、カバンの軽量かつ耐久性の高いデザインに何らかの影響を与えているとThuan氏は説明した。   偽造品 当然のことながら、偽造品は世界中の旅行カバン市場における重大な課題である。通常こうした偽造品の品質は低いものであるが、常に一定の顧客層があるのも確かであることをThuan氏は強調した。 Thuan氏は一例として、Appleなどの企業は盗作対策として携帯電話やコンピューターのデザインに関する版権を取得しており、またAppleのロゴに関しても不正に使用されることがないよう商標を取得していることを説明し、地元のメーカーは版権や特許違反対策を行い、 自社の製品を法的に守るための正しいステップを踏むことが重要であることを説明した。   高級ハンドバック産業 高級ハンドバック業界は資本の大きい国際的な大手メーカーが市場を占領しており、競争は厳しい。 こうした厳しい競争にもかかわらず、アメリカ発のデザイナーであるMicahel KorsやKate Spade、Tory Burchなどは市場に入り込み、市場でのシェアを伸ばしている。 これは目立つブランドロゴのついた高価なバックが盗難のターゲットとなるかもしれないという懸念から、こうしたバックの購入に対し消極的になっている消費者需要を反映している。 こういった新デザイナーが売り出すのはブランドネームの小さなスタンプが入ったトートバッグなどで、これはブランド名というものがさほど重要ではないということを表している。 加えて消費者はハンドバッグやカバンに目新しさを求めており、誰しもが持っているような商品は買いたくないというニーズがこうした新デザイナーの大手企業に対する強みとなっている。 消費者の目新しさに対するこうしたニーズこそが、ベトナムのローカルハンドバッグデザイナーが市場に切り込むための最大の強みになりうるのかもしれない。   もっと見る
2017/01/10 05:54 da:20 facebook:0 twitter:0 バック ハンド デザイナー カバン 消費者 ローカル Tweet
doda.jp  株式会社エクセディ  ↑0 ↓0
株式会社エクセディ/(三重県)通訳・翻訳業務(ベトナム語)東証1部/トルクコンバータ世界シェアトップクラスの求人・求人情報ならDODA(デューダ)。仕事内容 ...
2017/01/09 03:07 da:66 facebook:0 twitter:0 トップクラス シェア コンバータ トルク Tweet
library.pensacolastate.edu  サイゴン 売買 ベトナム 355ml瓶 24本入 , 1万円以上で送料無料  ↑0 ↓0
「333」と同じ、国内でのシェア70%超というベトナム最大のビールメーカー:サイゴンブリューワリーの人気商品。ベトナム戦争以前は「33」というネーミングだった「 ...
2017/01/07 05:07 da:54 facebook:0 twitter:0 ネーミング メーカー シェア サイゴン ビール Tweet
bikentechno.co.jp  トピックスTopics  ↑0 ↓0
ベトナム進出にあたり、2016.3にハノイ市とダナン市の不動産及び建物管理業でシェアトップであるベトナム郵政通信総公社(VNPT)の子会社のVNPT-PMC社に ...
2016/12/15 11:21 da:39 facebook:- twitter:- トップ 子会社 シェア ダナン ハノイ トピックス Tweet
news.livedoor.com  フリーテルがチリでシェア1位 今後はベトナムのスマホ市場に進出へ  ↑0 ↓0
10月には、新たにベトナムでも現地の販売店と提携し、一気に5機種をベトナム全土で発売した。また、すでに14カ国で製品販売をしており、今後も中南米や ...
2016/11/29 14:28 da:85 facebook:0 twitter:0 中南米 販売店 スマホ シェア Tweet
アパレル・リソース  韓国暁星グループがバリア・ブンタウ省で12億ドルの工場建設計画  ↑0 ↓0
韓国の暁星グループ(Hyosung Group)はバリア・ブンタウ工業団地管理委員会に対し、ポリプロピレン生産及び液化石油ガス(LPG)貯蔵施設の開発のための許可申請を行った。企業フォーラム誌の報道によると、この施設建設のための総投資額は12億米ドルに上る。 この施設はTan Thanh県カイメップ工業団地の60ヘクタール規模で建設される予定である。 総事業費12億米ドルのこの事業は2期に分割して実施される。まず第1期にLPG貯蔵施設(1億3300万米ドル)とポリプロピレン工場(3億3600万米ドル)が建設される。この工場は年間3億トンのポリプロピレン生産能力が見込まれる。 第2期にはプロパン脱水素(PDH)工場(4億9600万米ドル)と新たなポリプロピレン工場(2億2600万米ドル)が建設される予定である。 暁星グループは韓国大手企業15社のひとつで、タイヤコード、スパンデックス、配電機材、繊維原料の製造に特化している。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカで事業を展開する。暁星の高品質繊維は米国やヨーロッパ、アジアの複数の繊維原料市場で50%のシェアを誇る。 2007年にベトナムに進出して以降、暁星は南部ドンナイ省に繊維工場を3工場建設している。2015年5月、暁星は4工場めとなる6億6000万米ドル規模の繊維製造工場の投資許可を受け、現在までのベトナムへの投資額は10億米ドルに達する。 もっと見る
出島  ベトナム航空とANA、アライアンスを越えた提携を開始  ↑0 ↓0
ベトナム航空とANA、アライアンスを越えた提携を開始 ... ベトナム航空(以下、VNA)と全日本空輸(以下、ANA) は10月30日、コードシェア便の就航・マイル連携 ...
2016/11/07 14:48 da:19 facebook:0 twitter:0 アライアンス マイル 全日本空輸 Tweet
qiita.com  ベトナムに出張  ↑0 ↓0
設計関連はこちらで随時記載たまには技術以外のことも書こうかと2016/9にベトナム出張に行ってきたのでそのシェアです。 Cafe 私が出張に行ったときは、開発 ...
2016/10/29 04:29 da:67 facebook:0 twitter:0 シェア こちら Tweet
HOTNAM!  ANAとベトナム航空、30日からコードシェア運航  ↑0 ↓0
全日本空輸(ANA)とベトナム航空は10月30日から、日本-ベトナム間の国際線10 ... ベトナム航空客室乗務員がANA便に乗務し、ベトナム語で搭乗客への案内・ ...
2016/10/28 19:52 da:38 facebook:0 twitter:0 乗務員 国際線 シェア コード 全日本空輸 Tweet
flyteam.jp  ANA、アジア方面のキャリア運賃で運賃新設、一部適用条件を変更  ↑0 ↓0
またベトナム行きでは、2016年10月30日(日)以降の日本出発分で、ベトナム航空が運航するコードシェア便限定運賃のビジネスクラス割引運賃「Value Plus」、 ...
2016/10/27 20:04 da:36 facebook:0 twitter:0 ビジネス クラス シェア コード キャリア アジア Tweet
response.jp  ANAがベトナム航空とコードシェア 10月30日に開始  ↑0 ↓0
全日本空輸(ANA)グループは、2016年冬ダイヤ(10月30日)からベトナム航空とコードシェア、マイレージ・プログラム提携と、ベトナム航空客室乗務員による ...
2016/10/27 14:18 da:63 facebook:- twitter:- シェア コード プログラム 乗務員 マイレージ グループ Tweet
flyteam.jp  ANAとベトナム航空、10月30日からコードシェア、マイル提携を実施  ↑0 ↓0
なお、ベトナム航空は現在、成田発着でホーチミン、ハノイ、ダナン線を就航しているほか、関西、名古屋(セントレア)、福岡発着でホーチミン、ハノイ線をそれぞれ ...
2016/10/27 12:18 da:36 facebook:- twitter:- ハノイ ホーチミン 名古屋 セント ダナン コード Tweet
newsclip.be  ANA、10月末からベトナム航空と共同運航  ↑0 ↓0
マイレージプログラムの提携では、ANAマイレージクラブ会員がベトナム航空とのコードシェア便 ... 受託、成田空港と羽田空港でのケータリング受託、ホーチミン空港でのベトナム航空子会社へのANA便空港業務委託などの業務提携を実施している。
home.kingsoft.jp  ANAとベトナム航空、10月30日よりコードシェア開始 マイレージ提携も  ↑0 ↓0
日本〜ベトナム間の国際線10路線、日本とベトナムの国内線25路線で相互に便名を付与する。また同日からは、ANAが東京/成田〜ホーチミン線を1日2便に増便 ...
2016/10/26 21:32 da:60 facebook:0 twitter:0 国内線 ホーチミン 国際線 マイレージ コード シェア Tweet
traicy.com  ANAとベトナム航空、10月30日よりコードシェア開始 マイレージ提携も  ↑0 ↓0
全日空(ANA)は10月30日より、ベトナム航空との共同運航(コードシェア)をはじめと ... また同日からは、ANAが東京/成田〜ホーチミン線を1日2便に増便する。
2016/10/26 21:18 da:39 facebook:0 twitter:0 シェア コード ホーチミン はじめ マイレージ 全日空 Tweet
travelvoice.jp  ANA、ベトナム航空とのコードシェア便運航を2016年冬ダイヤから開始、会員プログラムも連携へ  ↑0 ↓0
コードシェアでは、日本/ベトナム間の国際線10路線に加え、日本とベトナムの主要国内線25路線で相互に便名を付与。同時に成田/ホーチミン線をこれまで ...
2016/10/26 20:37 da:38 facebook:0 twitter:0 シェア コード ホーチミン これまで 国内線 プログラム Tweet
時事ドットコム  全日空、ベトナム航空とのコードシェアを国際線10路線などで実施=30日開始  ↑0 ↓0
全日本空輸は26日、ベトナム航空とのコードシェア(共同運航)について、羽田-ハノイ線や成田-ホーチミン線など国際線10路線と、両国の国内線25路線を ...
2016/10/26 18:11 da:80 facebook:0 twitter:0 シェア コード 国際線 国内線 ホーチミン 全日本空輸 Tweet
ana.co.jp  ベトナム航空と10月30日よりコードシェア提携を実施  ↑0 ↓0
ANAグループは、2016年5月28日に締結したベトナム航空との業務・資本提携に関する最終契約書に基づき、2016年冬 ... 同日からの成田=ホーチミン線の増便(1日1便から2便に増加)と併せて、お客様の利便性を大幅に向上いたします。
2016/10/26 16:14 da:88 facebook:0 twitter:0 お客様 ホーチミン シェア コード グループ Tweet
nna.jp  韓国ロッテ、ベトナムでECサイト開設へ  ↑0 ↓0
韓国ロッテグループは24日、ベトナムで電子商取引(Eコマース、EC)サイトを開設すると発表した。将来的にEC市場の20%のシェアを狙うとしている。24日付VN ...
2016/10/26 00:00 da:52 facebook:0 twitter:0 ロッテ サイト シェア Eコマース グループ 商取引 Tweet
newsclip.be  伊藤鉄工、ベトナムで生産設備増強  ↑0 ↓0
... 鋳物製品のメーカーで、マンホール製造では国内シェア10%を占める。融資で調達した資金はベトナム子会社IKIキャスト・ベトナムの生産設備増強に充てる。
2016/10/25 04:07 da:44 facebook:0 twitter:0 キャスト 子会社 マンホール メーカー シェア Tweet
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   販売チャネルの多様化 もし国内企業が事業発展に向けた新たな方策を積極的に模索していかなければ、小売業になだれ込む巨大な投資フローに直面することにより、自国市場で打ち負かされることは確実であると言える。 実際、国内小売業者はなおも多くの面で外資系ライバルに劣っている。多少の改善は見られるものの、国内小売業者はストアチェーン管理技法から商品ディスプレイまでプロ意識を欠いており、価格競争力、商品の多様性や品質管理においても期待値を下回っている。こうした過酷な環境下で生き残るためには、国内小売業者はまず新しい方法を模索することによって市場における自社の地位を確立する必要がある。同時に彼らは電子商取引やマルチチャネル販売にもっと注力し、商品や受注管理のテクノロジーやオンライン・ソリューションを活用すべきである。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、オンラインとオフライン問わず、マルチチャネルの開発は成長に避けられないものとなるだろうと述べた。 eコマースはベトナムで目新しいものではなく、ほぼすべての販売業においてオンライン販売チャネルは長年運営されてきた。しかし状況はさほど単純ではなく、eコマースに対する消費者の信頼感は、知らぬ間に自分の銀行口座に損失を被ったなど最近何件か報告された事件によって損なわれており、決して強いものではない。 このことは、オンライン小売やeコマースがベトナムで本格的に成長するに至っていない理由の一つである。ベトナムには顧客がインターネットで製品を注文し、製品が自宅に配送された際に現金で支払う「代引き」の制度がない。もしこの状況が続けば、ベトナムにオンライン小売市場が十分に発展することはないだろう、とLoan会長は述べた。 ベトナム小売部門における競争はかつてないほど熾烈で、外資系小売業者が市場シェアを獲得するためにベトナム市場に殺到している。こうしたプレッシャーは国内小売業者に自社のビジネスモデルを再考し、外資系競合他社と差別化を図るためにその能力を強化するよう促す。 国内企業は市場調査を行い、自社の戦略を策定、生産者との連携を強化し、様々なタイプの顧客に対応するため、オンラインや実店舗など販売チャネル多様化を図っていく必要がある。 もっと見る
2016/10/20 12:07 da:22 facebook:0 twitter:0 オンライン チャネル eコマース マルチ 多様化 本格的 Tweet
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(前)  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場では最近M&Aブームだけでなく、日本、タイ、韓国など外国資本による市場支配が起きている。 こうした外資系企業の発展により国内小売業者が市場シェアを失い、徐々に乗っ取られたあげく、最終的には市場から一掃されてしまうのではないかという懸念が持ち上がっている。しかし別の側面から見ると、外国企業がもたらすこうしたショックは、国内の小売業者を覚醒させ、変化を促し、国際的なルールを採用、遵守させることに寄与する。   熾烈な競争 ベトナムは現在、アジアや世界で最もダイナミックで魅力的な小売市場であると見られている。ベトナムでは現在その市場を国際的なルールに基づき開放しており、国内の小売業者は増加している外資系競合他社との強い競争圧力に直面している。 ドイツ市場調査会社GfK社による最新のレポートによると、ベトナムの2015年小売売上高は1000億米ドル以上にも達しており、2016年はさらにそれを上回ることが予想されるという。専門家らはまた、9000万の人口を擁するベトナムの小売市場は国内外の小売業者にとって非常に魅力的なものであると指摘した。 そのような可能性を秘めたベトナムは、多くの外資系小売業者にとって進出を目論む本命市場となっている。Aeon(日本)、Lotte Mart(韓国)とCentral Group(タイ)といった巨大な小売業者の進出がベトナムの小売市場を席巻している。 国内小売業者は外資系競合他社に屈服するだろうと考える者がいるかもしれないが、多くの主要国内小売業者はそのまま何もせずに負けることや、外資系競合他社の後塵を拝することを潔しとせず、逆に国内企業の多くは人材や資本を集中して巨大資本を持つ外資系企業に正々堂々と戦いを挑むため、新しいゲームに備えている。 押し寄せるM&Aの波によって、もはやベトナム小売市場は国内企業による独占市場でないことは間違いなく、巨大な外資系小売企業、特に多国籍企業の目には肥沃な市場と映っている。そのことは同時に、ベトナム企業に多くの課題を突きつけ、コインの表裏のようにM&Aにはメリットとデメリットの両面をもたらす。ベトナム企業が自社のブランドを失い、外資系企業に席巻されて小売市場の収益が国外に流出するような事態となった際に、国内企業が積極的な対応をするようになればプラスの効果を得られるかもしれない。このように政府、関連団体や企業が積極的に対処を試みる場合は、M&Aは成長に必要な多くのエネルギーをもたらすこととなるが、対処を誤れば国内小売業者は商機を逃し、市場を失うことになる。 小売チェーンSaigon Co.op Martの Vo Hoang Anhチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)は、最近のM&Aはより速いスピードで進められており、国内小売業者に対して大きなプレッシャーが課されていると述べた。彼は、Saigon Co.op Mart社では既に、長年の外資系企業との競争やM&Aの大波に対する免疫はあるものの、戦略を綿密に練り直して、より積極的かつ真剣なアプローチで市場に適応していかねばならないと続けた。同社では小売店のネットワークを拡充し、顧客、生産者やサービスプロバイダとより緊密な関係を構築してきた。Anh CMOは、M&Aによりますます強大な競合相手が生み出されていくため、ベトナム企業は自社の戦略を再構築、大胆な施策を取るだけでなく、外国企業からも学んでいく必要があると強調した。   (後編へつづく) もっと見る
2016/10/20 06:06 da:22 facebook:0 twitter:0 積極的 ルール 国際的 チェーン チーフ エネルギー Tweet
日本経済新聞  ベトナム、ハノイ・ホーチミン証取共通の新株価指数  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナム政府は24日から、ハノイ、ホーチミン市の2つの証券取引所に共通する新たな株価指数「VNオールシェア」を導入する。これまでは両証取 ...
2016/10/14 19:41 da:90 facebook:0 twitter:0 ハノイ ホーチミン これまで シェア 取引所 オール Tweet
出島  即席麺エースコック、物流効率化でベトナムシェア拡大へ  ↑0 ↓0
エースコックは2017年中にベトナムで新しい物流情報システムを導入する。工場と店舗をつなぐトラックの運行情報や積載量、店舗からの受注といったデータを ...
2016/10/13 12:45 da:21 facebook:0 twitter:0 エースコック データ 積載量 システム 効率化 トラック Tweet
アパレル・リソース  小売市場に流入する海外投資  ↑0 ↓0
若年層と増えつつある中流階層のおかげで、ベトナムは最も魅力的な新興小売市場となっている。 世界的な不動産サービス企業JLLベトナムが最近発表した報告書によると、すでに日本、タイ、フランス、韓国の企業がベトナムでの商機を求めて参入している。 タイ企業のBerli Jucker PlcはMetro Cash and Carry Vietnamを6億5500万ユーロで買収し、2014年最大の合併買収事案となった。その後間もなく、タイのCentral Groupは電気製品小売チェーンNguyen KimとBig C Supermarketを買収している。 2015年には韓国のディスカウント小売大手Emartがホーチミン市に店舗をオープンした。韓国のスーパーマーケットブランドLotteは11店舗を開業し、2020年までに60店舗への拡大を目指している。 日本のイオンモールは2年前のベトナム市場参入以来すでに4か所のショッピングモールと約50店舗を擁し、2020年までにベトナム国内でさらに20のショピングセンターを開業する意向である。フランスのAuchanSuperもSimply Mart3店舗が好調で、ベトナム小売市場の成長可能性を評価し事業拡大を決定しており、2020年までにホーチミン市で17のスーパーマーケット、北部で20店舗の開店を目指している。 1人当たり所得が増加するにつれベトナム人の消費力が高まり、Gap、Mango、Topshopが若い世代に浸透してきた。9月上旬にはホーチミン市にZaraの最初の旗艦店が開店し、H&Mも2017年はじめのベトナム参入を目指し手続中と言われている。 JLLベトナムの報告書は、総人口9000万人の70%を15歳から64歳が占めるベトナムの小売市場は成長の余地が大きいと指摘している。2015年から2020年にかけて、ベトナムの都市人口は2.6%上昇することが予測されており、これは東南アジア地域でも最も高い成長率である。 JLLベトナムのTrang Buiは「増加しつつある可処分所得、急速な都市化と生活水準の上昇により、ベトナムは東南アジア地域で最もダイナミックな新興経済となっています」と話す。 米国のコンサルティング会社Boston Consulting Groupもまたベトナムの中流、上流階級人口が2020年までに倍増すると予測している。小売業者の中心的ターゲットとなるのは月収1500万ベトナム・ドン(714米ドル)以上の層である。 加えて、クレジットカードの利用が一般に広まりつつあり、消費者の高額消費への警戒心が下がっている。外国人観光客の増加とインフラの改善も投資家を惹きつける重要な要素である。 「競争はますます激化しており、市場の要求に応える適切な戦略を持つ小売業者のみが市場シェアを伸ばすことになるだろう」とJLLの報告書は分析している。 もっと見る
出島  ベトナム、米国のアパレル市場でさらなるシェア拡大  ↑0 ↓0
米国商務省の統計によると、2016年1月から7月までのベトナムから米国への総輸出額はアパレル製品が増加し1.83%増の65.1億米ドルに上った。市場アナ ...
2016/09/26 08:26 da:17 facebook:- twitter:- アパレル 米ドル シェア 商務省 Tweet
アパレル・リソース  米国のアパレル市場でさらにシェア拡大  ↑0 ↓0
米国商務省の統計によると、2016年1月から7月までのベトナムから米国への総輸出額はアパレル製品が増加し1.83%増の65.1億米ドルに上った。 市場アナリストの多くは、米国への縫製製品輸出の伸びは大きくないものの上昇傾向は好ましく、ベトナムから米国への輸出は2016年通年で10%の増加が期待できると楽観的な見方を表明している。 Tex-Giang株式会社のVo Tran Thi Huyen工場長は、今年は大口受注や高付加価値アパレル製品もあるため10%増もまだ可能であると話す。 しかし、米国の総輸入に占めるベトナム製品の割合の上昇分のほとんどが、米国市場での中国製品の割合の低下によるものである。 今年7月までの段階で、米国における世界各国からの衣類輸入は昨年同時期の633.9 億米ドルから602.3億米ドルへと4.98%縮小している。 同時期に、衣類輸入上位10か国のうちベトナムとバングラデシュの輸出額のみが増加しており、増加幅はベトナムが1.83%、バングラデシュが1.12%である。 同時期の米国への輸出量が前年と比較して減少しているのは中国(8.49%減、213.9億米ドル)、インド(0.97%減、43.9億米ドル)、パキスタン(10.67%減、15.9億米ドル)などである。 米国人の消費額は7月にわずかに減少し、百貨店売り上げも前年と比較すると減少したとBusiness Insider誌は報じている。不振の原因として、米国企業は在庫出荷の遅れ、悪天候、外国人観光客の減少など様々な一時的要因を挙げている。 しかし、Business Insider誌はアメリカ人の衣類や家具・インテリア用品への出費がますます減少していると報じている。こうした傾向は今後、ベトナムの縫製輸出業者にダメージを与える可能性がある。 ガソリン価格が低下したことで米国の消費者の可処分所得は論理的には増加しているが、消費者側の優先順位の変化により、小売業の売り上げは伸びていないと商務省は最近分析している。 Morgan Stanley社が最近発表した報告書によると、ミレニアル世代は10年前の若年層と比較すると家賃、携帯電話、個人的サービスにより多くを支出している。結果として衣類にかける金額は少なくなっているとBusiness Insider誌は述べている。 もっと見る
2016/09/26 06:01 da:23 facebook:0 twitter:0 米ドル アパレル 同時期 Business バングラデシュ 売り上げ Tweet
アパレル・リソース  暁星グループ、繊維・IT部門の最大生産基地に  ↑0 ↓0
暁星グループ(Hyosung)は9月11日、趙顕俊戦略本部長(社長)がDinh La Thangホーチミン市共産党総書記及びLe Van Khoaホーチミン市副市長と9月9日にソウルのロッテホテルで面会したと発表した。Dinh総書記はベトナム共産党の最終決定を行う権限を持つ一人である。 ベトナム人高官との面談で趙社長は「暁星グループが世界最大のシェアを持つスパンデックスやタイヤコード等の生産において、暁星はベトナム南部に投資を集中し、ベトナムを世界最大の生産基地としてきました。暁星はATMを含む情報技術(IT)分野、石油化学、電力、給排水といったインフラ分野でも緊密な協力を続けていきます」と述べた。 それに対しDinh総書記は、暁星はベトナムで質の高い雇用を創出しており、ホーチミン市の発展のために韓国企業がさらなる投資を行うことを希望すると述べたと暁星グループは発表した。 暁星は2007年以来、ホーチミン市から車で1時間ほどの工業集積地におよそ12億米ドル(累積で約1兆3270億ウォン)の投資を行い、同社の輸出用製品の主要生産基盤を構築した。同社はおよそ6000人のベトナム人を雇用し、同国の年間輸出額の約0.7%を占めるなど、ベトナム経済に大きく貢献している。   もっと見る
2016/09/15 12:03 da:23 facebook:0 twitter:0 ホーチミン グループ 総書記 共産党 石油化学 インフラ Tweet
world.kbs.co.kr  ベトナムへの輸出 国内シェア6%を突破  ↑0 ↓0
韓国貿易協会によりますと、ことしに入って初めて韓国の3大輸出国となったベトナムへの輸出は、ことし7月までの韓国全体の輸出の6.4%を占め、14.0%の ...
2016/08/25 13:41 da:70 facebook:0 twitter:0 ことし シェア Tweet
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
アパレル・リソース    ↑0 ↓0
アセアン経済共同体(AEC)の発足から7ヶ月が経過し、ベトナムの市場にはタイ製品やマレーシア製品が溢れている。しかしアセアン諸国の市場にベトナム製品はまだ見当たらない。 ベトナム関税総局(GDC)によると、今年上半期のベトナムの貿易収支は黒字であったが、アジア諸国のみに限ると226億8000万米ドルの輸入超過で、特にタイとシンガポールに対して赤字となっている。 タイへの出張から帰国したばかりのホーチミン市の会社員Nguyen Thi Minh氏は、タイのスーパーマーケットではベトナム製品はほとんど見当たらなかったと話す。一方で、ホーチミン市のいたるところにタイ製品やマレーシア製品が見られる。 輸出企業は、アセアン諸国への輸出は容易ではなく、AEC発足後も輸出は増加していないと認める。 CP Acecook VietnamのTran Thi My Van氏は、同社は47カ国・地域に輸出しているものの、アセアン市場への参入は難しいと話す。アセアン地域でCP Acecookが輸出しているのはカンボジア、ラオス、ミャンマーのみであるが、カンボジアへの輸出はわずかに減少しつつあるという。 インドネシアのインスタント麺消費量はアセアン地域でも最大で、消費量は年間50億食に達する。しかし、CP Acecookはまだインドネシア市場に参入できていない。 Bui Van Ngo Agricultural Engineering Companyは1996年から米穀加工機械をタイ、フィリピン、カンボジア、インドネシアに輸出している。しかし、近年受注状況は不安定になっている。 同社のBui Phong Luu社長によると、同社の主要輸出市場はカンボジアだが、現在同国への販売が難しい状況にあるという。過去10年間、大きな努力を払っているにもかかわらず、Bui Van Ngo社はアセアンでの独占販売網の構築や支店の開設ができていない。 匿名希望のある輸出企業の社長は、まずベトナム国内の市場シェアを守ることを考えており、輸出についてはあまり考慮していないと話した。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinh社長は、同社はアセアン諸国に製品を輸出してきたものの、製品の競争力が高くないため量的には少量だと話す。 「マレーシア、タイ、カンボジアはベトナム製品の品質を高く評価していますが、これら市場で他の外国製品と競争するのは困難です」とVinh社長は話す。 タイでは、My Haoの製品は多くの地方で販売されているものの、外国製品が豊富なバンコクに参入することはできないという。 2004年から2015年、ベトナムはアセアン諸国に対し輸入超過の状態にある。貿易赤字額は2005年が39億米ドル、2015年が56億米ドルであった。 もっと見る
2016/08/23 13:18 da:22 facebook:0 twitter:0 アセアン 米ドル ホーチミン 輸入超過 Company Engineering Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者の新たな事業戦略  ↑0 ↓0
Big CやMetroといった外資系スーパーマーケットが割引率を20-25%に引き上げたことに対応して、国内の小売業者も流通経路改善のため積極的に事業戦略を転換しつつある。 ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、Oceanmart、Vinatexmart、Maximarkの買収後、全国でVinmartミニマーケット、コンビニエンスストア網を約600店舗まで拡大しつつあるVingroupの例を挙げて説明した。 Vingroupは協力企業に直接投資しつつ、生産者や納品業者と直接契約し、VietGap基準に適合するVinEcoブランドの農産品を開発している。Vingroupでは加工食品についても主要生産企業となることを目標としている。 これはVingroupのブランドを確立し、小売市場における競争力を強化することを狙ったものであるとPhu会長は話す。 サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)はスーパーマーケットの品質を向上し、異なるマーケットシェアを狙った新たな事業戦略の立案を計画している。 Sai Gon Co.opは大都市部で新規10店舗のCo.opmartスーパーマーケットと、その他地域で20店舗の中小規模スーパーマーケットの開店を予定している。2020年までにCo.opmartスーパーマーケットが130店舗、Co.opXtraが8-10店舗、Sense Cityが3-5店舗となる予定である。 Sai Gon Co.opのNguyen Thanh Nhan副社長は、市場でのプレッシャーはあるものの、ベトナム国内の生産者との関係を守り続けたいと話す。Sai Gon Co.opのスーパーマーケットで扱われる商品の90%近くがベトナム産の商品である。 さらに、Sai Gon Co.opはネットワーク拡大のため、コンビニエンスストアに加え、オンライン取引の研究・開発を続けていきたいとしている。これは国内の生産者支援にもなりうるとNhan副社長は話す。 Sai Gon Co.opは消費者が国内産品を購入できるよう、ベトナム産品を優先的に扱うとしている。 商工省の国内市場部のVi Van Quyen部長は、ベトナム企業が品質を確保することができれば、外資系の流通網に頼る必要はなくなるだろうと話す。特に小売業者と生産者の提携は困難を克服する上で役に立つという。しかし、国内企業は先進的な科学技術に投資し、ベトナム人の嗜好を知る優位性を活かして国内、外資系どちらの販売網でも競争力のある商品を提供できるようにするべきだとQuyen部長は話す。 ベトナム企業は新たな隙間市場を見つけるべきであるともQuyen部長は指摘する。商工省は国内企業に対しネットワーク拡大、技術革新のための支援を行なっているという。 もっと見る
47news.jp  2016年(平成28年)8月21日 [日曜日]先勝  ↑0 ↓0
JCBの海外事業子会社JCBインターナショナル(JCBI)の三宮維光社長は19日、ベトナムのクレジットカード市場で2020年までにシェア20%を目指す考え ...
nna.jp  20年までにシェア2割目指す=JCBI社長  ↑0 ↓0
JCBIは19日、ベトナム事業の開始から25周年を記念してセミナーを開催した。 ... JCBIは13年にハノイに駐在員事務所を開設し、今年5月にはホーチミン市にも ...
2016/08/22 00:00 da:51 facebook:0 twitter:0 事務所 ホーチミン ハノイ セミナー シェア Tweet
nna.jp  近畿大とエースコック、越でインターン実施  ↑0 ↓0
カップ麺の普及率が低いベトナムで、ホーチミン市オープン大学の学生と協力して市場調査を実施し、同国の即席麺市場でシェア5割以上を誇るエースコック ...
アパレル・リソース  台湾の靴メーカーが生産工場規模拡張  ↑0 ↓0
台湾の巨大靴メーカーがベトナムを組立拠点として見ており、新規に生産工場を建設する。 台湾の元吉(Yuan Chi)グループ傘下のVega Balls Vietnamは最近、ベトナム北東部クアンニン省にて国営有力建材メーカーViglacera社が開発したDong Mai工業団地での投資証明書を受け取った。 それによれば、同社は第1期として、同工業団地に総額3300億ベトナム・ドン(1500万米ドル相当)投資して3万2400平方メートルを超える大規模な輸出向けスポーツウェア製造工場の建設を計画している。工場は2017年初め頃に稼働開始予定。 元吉グループは1949年に設立され、特にバスケットボールのスポーツ用品製造で知られている。同グループは中国に3工場、タイに2工場を操業、世界のバスケットボールメーカーのトップ5の1社に数えられる。 製品は主にアメリカとヨーロッパの市場向けである。 元吉の代表によると、ベトナムでの新しい製造工場建設の決定は世界中のスポーツブランドから注文が急増したことによるものだとしている。 同グループは2016年初め、クアンニン省のDong Mai工業団地に決める前に、ハイフォン市、ハイズン省、ヴィンフック省の工業団地を調査した。 同工業団地は、ベトナム北部最大の港であるハイフォン港・カイラン港の2つと隣接した好立地であり、輸出入の際の物資輸送に便利である。 ベトナム皮革履物協会(Lefaso)総書記Phan Thi Thanh Xuan氏は、台湾企業は、ビンズン省やドンナイ省といったベトナム南部全域に大規模工場の広大なネットワークを展開し履物分野にかなり多額の資金を注ぎ込んでいるという。 ナイキやアディダスのような世界的ブランド商品を専門に扱っている台湾の寶成工業(Pou Chen)グループだけでも、ベトナム中で数十社もの履物及びカバン製造子会社を持ち、輸出で生み出す利益は年間15億米ドルにも上る。 今年初め、ドンナイ省にある寶成工業グループ傘下企業Pou Sung Vinaは輸出製造拡大のため、数千人の労働者を募集した。 ベトナム中で複数の製造工場を展開する台湾の豊泰(Feng Tay)グループの年間輸出利益は5億米ドルに届きそうである。 豊泰グループ傘下のDong Phuong Dong Nai社はドンナイ省の生産工場を拡張し、工場敷地は4万平方メートル以上に達した。新工場は2016年末までに稼働開始予定。 履物分野は、2016年の輸出額目標である170億米ドルのうち、すでに63億米ドルを国にもたらしている。 大規模生産と、親会社の持つ幅広い顧客基盤という利点を活かして、外国直接投資企業は履物輸出市場の大半のシェアを保持しつづけている。 もっと見る
2016/08/10 05:51 da:22 facebook:0 twitter:0 グループ 米ドル 工業団地 メーカー スポーツ ドンナイ Tweet
アパレル・リソース  国内靴メーカー、世界市場を掴めず  ↑0 ↓0
商工省(MoIT)は、ベトナム国内靴メーカーは競争社会に適応し損ね、欧州の顧客の厳しい品質要求に直面していると発表した。 ハノイで行われた最近の会議において商工省軽工業部副部長Pham Anh Tuan氏は、中国や他のアジア諸国から輸入される手頃な価格で人目を引くオシャレな靴が欧州市場に溢れていると述べた。 結果として、中国や他の外国で製造された靴はベトナム製の靴より優れており、EU28カ国の市場においてベトナム国内履物メーカーが市場をリードするのは非常に困難だ。 現在のベトナムの靴産業において外国企業が79%を占め、国内企業は残りの21%しかないとTuan氏は言う。この分野には約600の国内メーカーがあり、およそ100万人の労働者を雇用していると彼は指摘する。 国内企業の約4分の3がデザインや材料供給を海外業者頼みであり、約4分の1のみが自社でデザインし材料を手配している、と彼は続けた。 自社で材料供給する企業の大半が革や織物を中国や韓国や台湾から購入している。中にはベトナム国内で生産されている織物もあるが、輸出向けの品質を保っているのは4分の1しかないと考えられている。 履物産業のためには、ベトナムで製革業を発展させる必要がある、とTuan氏は言う。しかし、この工程は大量の環境汚染物質を排出する。産業廃棄物の処理には国内企業の財務能力をはるかに超えた高価で最新式の廃棄物処理システムが必要である。 加えて、汚染に関する法律は明瞭さを欠いている。そのため、外資企業は製革業の廃棄物処理のインフラや技術を向上させるための海外直接投資に積極的でないのである。 海外企業、中心は中国企業だが、国内の靴小売市場で60%のシェアを占めているとTuan氏は言う。ベトナムで売れている靴の最も正確な統計数字は、年間平均で1億5000万足だと彼は言う。 しかし、中国製の靴は丈夫ではないが流行にのっており、ベトナムの購買客は国内メーカーが作ったものより安価であるため、中国製の靴を買うのだと彼は言う。 国内メーカーは安価なサンダルでのみ優位に立っている。価格を一番の関心事にしている貧しい田舎の人々に対してだけに国内製品は輸入品より競争力を持っていると彼は述べる。 国内靴メーカーには組織化してEU諸国での販売を増やすよう勧めていたが、彼らはただ技術革新や品質や価格の競争についていくのがやっとでとてもではないが無理だと彼は強調した。 昨年末に署名されたベトナム-EU間の自由貿易協定に従い履物産業は特恵関税の減税措置を受けられ有利とされるが、これも2018年までは実施されない。 しかも、関税減免の認定を受けるためには、靴のすべてのパーツはEUとの協定国からのものでなければならないとした複雑な原糸原則(ヤーン・フォワード)の規定により、利益はほとんどないだろう。 その間、フィリピンやパキスタンやバングラデシュなど他国は現在、特恵貿易協定を活かしてEUの中ではベトナム国内靴メーカーよりさらに価格競争力を持っている。 特に彼らは現在、開発途上国にEUが適用する一般特恵関税制度プラス(GSP+)スキームの下、輸出にかかる関税が低い。 ヨーロッパの靴市場はすでに持ち直している、とTuan氏は指摘する。その中でどう効率的に競争するか理解できていないベトナム国内靴メーカーにとって、それはとても苛立たしいばかりである。 もっと見る
2016/08/09 05:56 da:22 facebook:0 twitter:0 メーカー 製革業 競争力 特恵関税 デザイン 商工省 Tweet
hbol.jp  なぜエースコックの即席麺はベトナムで大人気なのか?――圧倒的シェアの謎  ↑0 ↓0
エースコックは大阪吹田に本社を置く、多くの人気商品を持つ即席麺のメーカーです。王者・日清食品を始め、多くのライバルが凌ぎを削る即席麺業界にあって、シェアこそ4位ですが、ユニークな商品開発能力は長年に渡って、一目置かれる存在です。
2016/07/13 16:07 da:49 facebook:8 twitter:0 エースコック ライバル メーカー シェア Tweet
アパレル・リソース  英国のEU離脱に伴う地元アパレル産業への影響を専門家が指摘  ↑0 ↓0
専門家によると、英国のEU離脱が今年第4四半期にもベトナムの繊維・アパレル産業に直接影響を及ぼす可能性があるという。 2015年、ベトナムの繊維・アパレル輸出売上においてEUは約19~20%を占めたが、そのうちイギリスは約4%の寄与割合であった。 ベトナム繊維協会(Vitas)といくつかの地元アパレル企業の代表は、この問題についてベトナムニュース機関の記者に対し、次のように語った。   Vitas会長Vũ Đức Giang氏 英国のEU離脱はポンドとユーロの切り下げによって価格に影響が及び、間違いなく繊維・アパレル輸出業者にインパクトを与えることになるだろう。 今後の政治的な変化もEUと英国の顧客の購買力に影響を与えることになる。 これらの問題は、ベトナムの繊維・アパレル企業に直接的なインパクトをもたらす。例えば為替レートの変動を理由として材料価格の見直しが求められ、2016年第4四半期以降の原材料価格にも直接的な影響が出る。こうした状況は、2017年以降の企業の長期的な輸出受注にも悪影響を及ぼすであろう。 英国のEU離脱は、EU輸出市場と、EU及び英国に対する輸出製品の構造の変化にもつながる。英国のEU離脱が決議される前は、ベトナムのアパレル輸出はイギリスを含むEUに出荷していたが、今後英国はEUを離脱するために、ベトナム・EU間自由貿易協定に見直しが入る可能性が高く、ベトナムにおける英国のEU離脱の影響はまだまだ不透明である。 英国のEU離脱は短期的にはアパレル部門の生産やビジネスだけでなく、ベトナム人労働者の雇用にも影響を与え、最終的にはEUに対する今年の輸出成長率に波及することが予想される。 英国のEU離脱の影響を限定的なものにするには、イギリスやEU市場に輸出している企業は、米国、韓国、日本などの従来の市場だけでなく、新製品を投入してロシアや東欧などの新市場でのシェアを拡大することに集中する必要がある。 企業ではまた、自由貿易協定の効果を最大限に活用するためサプライチェーンを構築し、新旧市場に多様な製品を投入する必要がある。 また、英国のEU離脱のインパクトを最小限に抑えるため、英国以外のEU加盟国からの輸入業者との交渉に慎重になる必要がある。 一方政府は、その他のEU加盟国との貿易協定締結プロセスを加速させる必要があり、またベトナム・英国間自由貿易協定とベトナム・EU 間自由貿易協定の相違点について明確にするため英国と会談を持ち、速やかにその結果を企業に通達しなければならない。   Agriculture Garment株式会社社長Phan Thế Vịnh氏 どんな変化であれ正と負の影響があるため、英国のEU離脱はベトナムを含めて、英国に製品を輸出している国々に何らかの影響を及ぼすであろう。Agriculture Garment株式会社は、主にドイツ、イタリア、ポーランドに製品を輸出しているが、英国には何も出荷していない。 しかし英国のEU離脱は英国をニッチ市場として検討するAgriculture Garment株式会社を含む中小企業にビジネスチャンスを提供するだろう。 ベトナムの輸出業社は、繊維・アパレルを含む製品を英国へ輸出することを推し進めるための良いチャンスとしてこの変化を見ていく必要がある。   Trí Đức有限会社社長Đỗ Huy Trung氏 ベトナムの繊維・アパレル企業は、主にドイツ、ポーランド、スペインに対して製品を輸出しており、英国にはほとんど出していないため、EUを離脱するという英国の決定は当初、ベトナムのアパレル輸出にほとんど影響を与えないだろうとされていた。 今のところ英国のEU離脱に関連した顧客からのフィードバックは何もない。 Trí Đức有限会社ではこれまで、英国から受注を受けたことがないものの、英国のEU離脱は、対米ドルでのポンドの切り下げのインパクトにより、国内のアパレル企業を含め、輸出業者に影響を与える可能性がある。 また、英国がEUを離脱する際、ベトナムと英国は金融や銀行業務サービスの規定を再交渉する必要があるだろう。   もっと見る
2016/07/05 06:01 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル インパクト イギリス 可能性 Garment 見直し Tweet
nna.jp  JALとベトナム航空、10月で共同便終了  ↑0 ↓0
日本航空(JAL)は1日、ベトナム航空とのコードシェア(共同運航)について、10月29日に終了すると発表した。ベトナム航空は5月下旬にANAホールディングスと業務・資本提携を締結したことを受け、夏ダイヤ(…
2016/07/04 12:00 da:52 facebook:0 twitter:0 JAL ANA シェア 日本航空 コード Tweet
アパレル・リソース  縫製産業が英国のEU離脱の影響に備えた動き  ↑0 ↓0
英国のEU離脱の決定を受け、ベトナムの繊維産業はすでにその影響を考慮し、負のインパクトにも耐えられるような対策を講じようとしている。 ベトナムのEUへの縫製製品輸出は総出荷額のおよそ20%に上り、英国向けが4%を占める。 ベトナム繊維協会(Vitas)のVu Duc Giang会長は、英国のEU離脱は英ポンド、ユーロ安で価格の変動が見込まれることから、繊維輸出に確実にインパクトを与えることになるだろうと話した。 英国、ヨーロッパの消費者の購買力も変化するだろうとGiang会長は話す。原材料価格も為替レートの変動により再交渉が必要となり、そのため、今年第4四半期以降には企業に影響が出始め、2017年には受注の中断にもつながりかねないという。 さらには、ベトナム・EU自由貿易協定の見直しもありうるという。英国のEU離脱がベトナムにどの程度の影響を与えうるかは不透明だとGiang会長は言う。 短期的には、英国の離脱で縫製分野の生産と売り上げ、そしてベトナム人労働者の雇用に直接的な影響が出、最終的には今年のEUへの輸出成長率に影響することが見込まれる。 こうした負のインパクトを最小限に抑えるため、英国及びEU市場に輸出している企業は米国、韓国、日本といった従来からの市場により注力する必要がある。また、ロシア、東欧といった新市場でのシェアを新たな製品で拡大していくことも必要となる。 企業はまた、旧来からの市場においても、新市場においても、現在締結されている自由貿易協定を最大限に活用できるようサプライチェーンを構築していく必要がある。 加えて、英国のEU離脱の影響を最小限とするために、EUの他加盟国の業者との交渉においては注意深いアプローチを取るべきであろう。 政府は、残るEU加盟国との貿易協定の調印プロセスを加速させる必要がある。また、政府はベトナム・英国自由貿易協定とベトナム・EU自由貿易協定の違いについて英国政府と協議を行い、ベトナム企業にその内容を知らせる必要があるだろう。 Agriculture Sowing株式会社Phan The Vinh社長は、英国がニッチマーケットとなりうることから、英国のEU離脱は中小企業にとってはチャンスであると話す。 Tri Duc社のDo Huy Trung社長は、英国のEU離脱は企業に多かれ少なかれ影響を与えるだろうと語りつつも、正式な英国離脱の交渉はまだ始まっていないとしてそれ以上のコメントはしなかった。   もっと見る
2016/07/01 13:05 da:23 facebook:0 twitter:0 インパクト 新市場 加盟国 最小限 ポンド アプローチ Tweet
アパレル・リソース  Better Work Vietnamがスマートフォン用の労働法アプリを開発  ↑0 ↓0
Better Work Vietnamは新たに労働法のスマートフォン用アプリケーションを発表した。このアプリケーションは縫製工場やその他のユーザー向けに縫製産業が直面するコンプライアンス上の問題を周知するために開発されたもの。 このアプリケーションには英語版、ベトナム語版があり、国際労働機関(ILO)及び国際金融公社(IFC)との協力により開発された。 アプリケーションにはBetter Workが作成した最新の労働法ガイド第4版が入っており、ユーザーは重要な情報を検索したり、労働法を章ごとに確認したり、ブックマークをつけたり、条項をシェアしたりすることができる。 また、ユーザーの労働法への理解を試すインタラクティブなクイズも含まれており、「よくある質問」のセクションでは工場から寄せられる最も代表的な法律上の質問が紹介されている。 Better Work Vietnamはこのアプリケーションが「工場管理者、人事担当者やコンプライアンス担当者、バイヤーやベトナムへの発注を検討している小売業者にとって貴重な情報源となることを望む」としている。   もっと見る
traicy.com  ベトナム航空、大阪/関西〜ハノイ線でダイヤ変更 日本でのグランドハンドリング契約変更で  ↑0 ↓0
理由は日本での業務提携先の変更に伴い、関西国際空港でのグランドハンドリング契約を変更することによる一時的に調整のためとしている。ハノイ発のスケジュールは変更ない。ベトナム航空は10月末より、全日空(ANA)と共同運航(コードシェア)を行う意向を明らかにしている。
2016/06/22 11:26 da:38 facebook:20 twitter:0 ハンドリング グランド ハノイ 一時的 国際空港 ダイヤ Tweet
アパレル・リソース  現地小売業者ら、国内市場のシェアを維持すべく奮闘  ↑0 ↓0
外国の小売業者が直接的な投資、もしくはベトナム企業と吸収・合併を行う形でベトナムの小売業界に参入し始め、国内企業に大きな圧力を与え始めている。 政府は国内の小売業者らが競争力を強化し、地元市場で強固な地盤を築くことができるよう、戦略を描いた。 タイのCentralグループがBig Cを買収する以前に、別のタイのグループ企業であるTCCがMetroグループのCash and Carry卸売りチェーンを今年すでに買収した。取引には19のすべての卸売店舗と関連する不動産ラインが含まれ、総額6億5500万ユーロにのぼった。 ベトナムの小売企業は国内市場で敗北を喫するのではないかという脅威にさらされている。現地企業Saigon Co-opもBig Cの買収の動きに関わっていた。 外国企業が買収取引において優位に立つ中で、Saigon Co-opは対外投資ライセンスの入手を含め多くの困難に直面した。 WTOに加盟して以来9年間、ベトナムは小売業界をほぼ完全に開放したものの、人事、市場の情報、商標のマーケティング活動を含め統合プロセスにおける国内企業に対する十分な政策を提供できていない状況だ。 Saigon Co-op会長のDiep Dung氏は、同社が政府に対して2030年に向けたベトナムの小売業界の開発を行う国家戦略を策定するよう提言したと述べた。政府は外国企業と競合できるよう、ベトナムの上位20社の小売業者を成長させることに重点的に取り組むべきだと言う。 政府は外国の吸収合併の取引における政策や障壁を調整する予定だ。 政府の戦略の傍ら、小売企業は自社のサービスを改革・改善する必要がある。Thien Hoa家電・家具ショッピングセンターのマーケティング部長Nguyen Tan Hoang Hau氏によれば同社は「競争力の強化と外国からの投資を誘致するため、商標認証システムへの投資を継続し、ベトナムにおける電子スーパーの改善を引き続きはかる」と言う。 Sai Gon Foodの総務副部長であるLe Thi Thanh Lam氏は「定期的に新しい商品を取り入れています。ベトナムの人ほどにベトナムの味を理解できる人はいません。この点を利用して適切な製品を競争力のある価格で製造し、足場を固めたいと思っています」と述べる。 小売業者だけではなく、製造業者もベトナムや海外で小売りチェーンを浸透させるためには製品の品質を高め、価格を引き下げる必要がある。タイ、日本、韓国等外国の小売業者はベトナムでの店舗を拡大しており、ベトナムの消費者に対する外国製品の販売量を増加させている。 自由貿易協定やベトナムの統合への動きのもと、アセアン諸国間で1万点以上の製品が非課税のメリットを享受することができるようになる。もう一つの課題は、ベトナムの消費者の中にはより価格の低い外国の商品を好む者もいるということだ。 ベトナム小売業協会会長のDinh Thi My Loan氏は「市場がより開放されていれば、企業は製造や貿易計画を見直す必要があります。私たちが持ち合わせているものではなく、市場が必要とするものを製造しなければならないのです」との見解を共有する。 経済学者やベトナム企業らは、開放された市場は卸売業者が支配する流通ネットワークから小売業者が支配するネットワークへ移行しているため、製造、貿易、経営の改革を行い、より良い製品を適正な価格で提供すべきであるとの見解を述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  現地小売業者ら、国内市場のシェアを維持すべく奮闘  ↑0 ↓0
外国の小売業者が直接的な投資、もしくはベトナム企業と吸収・合併を行う形でベトナムの小売業界に参入し始め、国内企業に大きな圧力を与え始めている。 政府は国内の小売業者らが競争力を強化し、地元市場で強固な地盤を築くことができるよう、戦略を描いた。 タイのCentralグループがBig Cを買収する以前に、別のタイのグループ企業であるTCCがMetroグループのCash and Carry卸売りチェーンを今年すでに買収した。取引には19のすべての卸売店舗と関連する不動産ラインが含まれ、総額6億5500万ユーロにのぼった。 ベトナムの小売企業は国内市場で敗北を喫するのではないかという脅威にさらされている。現地企業Saigon Co-opもBig Cの買収の動きに関わっていた。 外国企業が買収取引において優位に立つ中で、Saigon Co-opは対外投資ライセンスの入手を含め多くの困難に直面した。 WTOに加盟して以来9年間、ベトナムは小売業界をほぼ完全に開放したものの、人事、市場の情報、商標のマーケティング活動を含め統合プロセスにおける国内企業に対する十分な政策を提供できていない状況だ。 Saigon Co-op会長のDiep Dung氏は、同社が政府に対して2030年に向けたベトナムの小売業界の開発を行う国家戦略を策定するよう提言したと述べた。政府は外国企業と競合できるよう、ベトナムの上位20社の小売業者を成長させることに重点的に取り組むべきだと言う。 政府は外国の吸収合併の取引における政策や障壁を調整する予定だ。 政府の戦略の傍ら、小売企業は自社のサービスを改革・改善する必要がある。Thien Hoa家電・家具ショッピングセンターのマーケティング部長Nguyen Tan Hoang Hau氏によれば同社は「競争力の強化と外国からの投資を誘致するため、商標認証システムへの投資を継続し、ベトナムにおける電子スーパーの改善を引き続きはかる」と言う。 Sai Gon Foodの総務副部長であるLe Thi Thanh Lam氏は「定期的に新しい商品を取り入れています。ベトナムの人ほどにベトナムの味を理解できる人はいません。この点を利用して適切な製品を競争力のある価格で製造し、足場を固めたいと思っています」と述べる。 小売業者だけではなく、製造業者もベトナムや海外で小売りチェーンを浸透させるためには製品の品質を高め、価格を引き下げる必要がある。タイ、日本、韓国等外国の小売業者はベトナムでの店舗を拡大しており、ベトナムの消費者に対する外国製品の販売量を増加させている。 自由貿易協定やベトナムの統合への動きのもと、アセアン諸国間で1万点以上の製品が非課税のメリットを享受することができるようになる。もう一つの課題は、ベトナムの消費者の中にはより価格の低い外国の商品を好む者もいるということだ。 ベトナム小売業協会会長のDinh Thi My Loan氏は「市場がより開放されていれば、企業は製造や貿易計画を見直す必要があります。私たちが持ち合わせているものではなく、市場が必要とするものを製造しなければならないのです」との見解を共有する。 経済学者やベトナム企業らは、開放された市場は卸売業者が支配する流通ネットワークから小売業者が支配するネットワークへ移行しているため、製造、貿易、経営の改革を行い、より良い製品を適正な価格で提供すべきであるとの見解を述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  アパレル企業が米国市場で成功を目指す(前)  ↑0 ↓0
もし誰かが、過去20年間にわたり米国市場向け輸出の品質や数量割当を特に優先してきた部門はどこかと尋ねたら、繊維・アパレル産業というのが最も妥当な回答であろう。 今後もベトナムでは、(米国向け)繊維・アパレル製品輸出に非常に大きな成長を見込んでいる。 米商務省国際貿易部・繊維衣料品局(OTEXA)の統計によると、ベトナムの繊維・アパレル産業は、2010~2015年の間に500億米ドル相当もの製品を米国へ輸出した。   輸出のマイルストーン 1995年のベトナム・米国間の国交回復に続き、2000年7月13日に両国間の投資や貿易分野における新しい幕開けとなる二国間通商協定(BTA)が締結された。 その日以来、ベトナムのリーズナブルな価格、高品質な製品は、米国の輸入業者に強くアピールし、繊維・アパレル業界は目覚しい発達を遂げてきた。 ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Quoc An元会長はVietnam Investment Review誌(VIR)に対し、ベトナムの繊維・アパレル部門は比較的品質に寛容なソ連や東欧市場向けの単なる加工処理業務から、厳しい規制で知られる米国市場を獲得しようと努めてきた、と述べた。 当時米国市場に参入する意思と能力を持った多数のアパレル企業の中には、Garco 10(May 10)、Viet Tien GarmentやNha Be Corporationのような大手企業が名を連ねていた。 An元会長によると、ベトナムの繊維・アパレル産業にとって米国市場に到達するための本当に意味での転機は、20数社のベトナム企業が貿易見本市に参加し、Vinatex がニューヨークにオフィスを構えた2001年の終わりに訪れた。このイベントのおかげでVinatexはついに、米国アパレル・フットウエア協会(AAFA)、商務省国際貿易局(US ITA)やJC Penney Companyなど、この分野でのリーダーと知り会うチャンスを得た。1年後にはこれらの業界のリーダーは、ベトナムのアパレル企業と具体的な交渉を開始し、ベトナムの米国に対するアパレル輸出が軌道に乗り始めた。 BTA発効前の2001年は、米国へのベトナムの繊維・アパレル製品輸出はわずか4700万米ドルしかなかった。 2002年にそれは、約20倍となる9億5700万米ドルにまで急増した。 それから2年後となる2004年には、米国への繊維・アパレル製品輸出額は24億米ドルにまで達し、2006年に32億米ドル、そして2013年には86億米ドルと驚異的な伸びを示した。 2015年末の時点で、この数字はあっと驚くような115億米ドルにまで届いている。ベトナムの繊維・アパレル市場は、中国に続き、米国の第2位の輸入先となっている。 ベトナム製繊維・アパレル製品は現在、米国の輸入市場シェアの9%を占めている。VinatexのAn元会長によると、米国への繊維・アパレル製品輸出額は2016年に130億米ドルに達し、2020年までに200億米ドルに向けて増加し続けると予想されている。だが一方で、米国商工会議所(Am Cham)は、この驚くべき200億米ドルという金額には、2025年まで到達できないであろうと予測していることについては留意すべきである。   (後編へつづく) もっと見る
2016/06/08 06:00 da:22 facebook:0 twitter:0 アパレル 米ドル リーダー 商務省 Company ウエア Tweet
アパレル・リソース  小売業界における競争をホーチミン市が警戒  ↑0 ↓0
ホーチミン市行政当局は、地元小売業者が外国の競合企業に対して競争力を強化し市場シェアを維持できるよう、関連する部局に対して的を絞った対策をとるよう指示した。 人民委員会会長Nguyễn Thành Phong氏はホーチミン市の年初から5か月間の社会経済的な業績と6月の計画を振り返る会合の中で、商工省に対して商業サービス開発ための地区計画の完成、町の名前のブランド化開発、重要な商品の特定するよう指示した。 ベトナムで事業を展開する韓国の主要な小売業者らはベトナムが期待できる成長市場であり、韓国の中小企業から製品を調達する見込みだとPhong氏は述べる。 日本のイオンもベトナムをマレーシアに次ぐ大きな小売市場とすることを目指している。 タイの小売業者もMetro、Big C Vietnam、電子商取引企業のZaloraや他企業を買収しベトナムに進出している。 ホーチミン市の小売市場の売り上げにおける外国企業の割合はいまや51%にのぼり、「小売市場における適切な開発戦略がなければ、将来的に外国の投資家が優位に立つことになるでしょう」と氏は警鐘を鳴らす。 このことは国内の製造業に対して悪影響を及ぼすだろうと氏は述べた。 多くの代表者らはホーチミン市に対して地元の小売業者や製造業者を支援する対策をすぐに導入するよう求めた。 Phong氏は小売市場をいかにサステイナブルな方法で開発できるかに関して会合を行うと述べた。 氏は各機関や局、地方がホーチミンの社会経済的な目標を達成することができるよう対策を講じ続けるよう促した。 「ホーチミン市は製造や貿易の促進、企業が直面する問題の解決、国内外からより多くの投資を呼び込むための投資環境の改善に重点的に取り組む必要があります」と氏は述べた。 輸出を促進するために貿易振興関連の活動を強化し、対象の業界に対する投資を求めることが、ホーチミン市が重点的に取り組む課題だ、と氏は述べた。   順調な成長 会合の人民委員会により依頼された報告書によれば、ホーチミン市の経済は今年はじめの5か月で大幅な増収を達成した。小売・サービス業界の売上高や輸出高は昨年同時期と比較して増加した。 小売・サービス業の収入は対前年比で11.2%増の288.55兆ベトナム・ドン(129.3億米ドル)となる見込みだ。 輸出は118.9億米ドルに達し1.2%増となった。特にコーヒー、米、コンピュータ、電子製品や付属品は著しい成長を見せた。 工業生産高は対前年度比で6.4%増加し、機械設備、飲料、エレクトロニクス、コンピュータや光学装置の分野が大きな成長を遂げた。 ホーチミン市は機械工学、エレクトロニクス、化学、ゴム・プラスチック・食品加工の四つの中核となる産業を持つが、いずれも前年よりも大きく成長した。 観光・運輸業界も順調な成長を遂げた。 もっと見る
HOTNAM!  ホンダベトナム、バイクシェア70%・前年比12万台増  ↑0 ↓0
[政治・経済] コンテナ集積で滞貨も、7月からの計量義務で (06/03). [クローズアップ] ベトナム最新情報 3717号 目次 (06/03). [政治・経済] ハノイ「歴史的中心部」 ...
2016/06/04 14:15 da:39 facebook:1 twitter:0 最新情報 ハノイ 歴史的 クローズアップ コンテナ バイク Tweet
traicy.com  デルタ航空、ベトナム航空とのコードシェアを冬スケジュール以降も継続  ↑0 ↓0
デルタ航空は、2016年冬スケジュール以降も、ベトナム航空との共同運航(コードシェア)を継続すると明らかにした。 デルタ航空はTraicyの取材に対し、「ベトナム ...
2016/06/02 11:37 da:38 facebook:21 twitter:0 デルタ航空 スケジュール コード シェア 明らか Tweet
アパレル・リソース  Parksonがライバルであるショッピングモールの後塵を拝する  ↑0 ↓0
マレーシアの小売グループParksonはベトナム消費者の買い物習慣を満足させられなかったため、そのショッピングモールは最終的に閉鎖に追い込まれる前にはゴーストタウンのようになっていた一方で、Aeon、LotteやSaigon Co.opは消費者に好意的に受け入れられ、開発のペースを速めるよう求められている。 ホーチミン市の富裕層エリアで5年間稼働した後、Parkson Paragonは先週ついにそのシャッターを下ろした。Parksonはこの閉鎖に対して理由を示さなかったものの、業界内部関係者やライバル企業らは、このショッピングモールでは集客が振るわなかったことを考えると、今回の閉鎖に驚きはなかったと述べた。昨年は特にParksonにとって試練の年で、ハノイのKeangnamランドマークタワー内のショッピングモールも閉鎖された。 ベトナム小売業協会(VSA)のDinh My Loan会長は、近年ベトナムのショッピングモールは、その規模の面でも数の面でも盛況となっているが、購買力が、例えばTrang Tien Plaza、Grand PlazaやHang Da Galleriaなどのモールにある商品の価格に見合っていないため、多くが生き残るのに苦戦している、と述べた。 Cushman & Wakefield Vietnamリテール・ビジネス開発部門のMai Voマネージャーは、顧客の最近の購買トレンドによると、1つの場所で様々なカテゴリの商品を提供するようなショッピングモールに人気がある、と述べた。 「Parksonはベトナムに早いタイミング(2007~2010年)で進出した際、当時の小売市場がまだまだ空白地帯であったため、大きな市場シェアと利益を獲得することができました。しかし彼らの紋切り型のやり方では、買い物からエンターテイメント、食べ物や飲み物まで1ヵ所でお客様がすべてのニーズを満たすことができるような現代のショッピングモールには太刀打ちすることができませんでした。」とVoマネージャーは述べた。 Voマネージャーはまた、顧客のニーズに応えるようなワンストップショッピング環境は、新型ショッピングモールでしか提供できなかった、とした。最近オープンしたショッピングモールでは、多くの中間所得層の顧客を惹きつけるため、より多くのアトラクションを取り入れ、売り場構成をうまく配置している。これは、高級ブランドや、顧客の日々の買い物ニーズに合わない商品のみをただ提供する旧型ショッピングモールとは全く対照的である。 このような小売トレンドについてAeon Vietnamの小西幸夫代表は、「これらの事例においてなぜそれが起こったのかを理解するのは容易で、その投資家らはプロではないためです。ショッピングセンター業は複雑であるため、この部門は臆病では務まりません。」と述べた。 特にAeonでは、2020年までにベトナムで20のショッピングモールを展開する計画を立てている。Aeonの戦略においては、Aeonグループのビジネスモデルを展開することを支援できるような地元のパートナー企業を探すこととしている。独自の路線を打ち出し、現地スタッフをトレーニングすることもまた、グローバル市場で日本の小売業者が成功するための重要なポイントである。 CBRE AsiaのLeanne Mitchell資産管理ディレクターによると、ショッピングセンターを管理することは一種の芸術であるとした。それを成功させるためには、オーナーは市場に対して鋭い視野を持っている必要がある。 「オーナーらは、対象とする顧客を理解し、彼らの消費トレンドに適応し、顧客のライフスタイルや収入に関する知識を習得した上で、ターゲットとすべき市場セグメントを決定しなければなりません。」とMitchell氏は述べた。 Lotte Vietnam ShoppingのHong Won Sik最高経営責任者(CEO)は報道機関に対し、2020年までにベトナムで60のショッピングモールを運営するというLotteの野心的な計画に対して、同社の最新のショッピングモールは大きな一歩となった、述べた。 「目標を達成するために、Lotte Martでは毎年4~5ヵ所の新しいショッピングモールをオープンしていきます。我々はまた、(目標達成までの)時間を短縮するために、合併・買収(M&A)を積極的に推進したいと考えています。」とSik CEOは続けた。 Saigon Co.op Investment Development JSC社とSingapore’s Mapletree Investments Pte Ltd 社との合弁会社であるSC VIVO のPhan Thanh Duyセンター長はVIR(ベトナム投資評論誌)に対し、「ホーチミン市7区でのショッピングモール落成に続き、来年はバンメトートとホーチミン市にさらに複数のモールをオープンする計画としています。この旗艦店は1億米ドルもの費用が投じられました。」と述べた。 Mapletree社によると、SC VivoCityは4月の開業以来、1ヶ月あたり平均で70万人の買い物客を集めることに成功している。また今日までに、44万1000平方メートル超の賃貸エリアの90%が成約している。 もっと見る
2016/06/02 06:03 da:22 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング 買い物 ニーズ トレンド オープン Tweet
newsclip.be  ANA、ベトナム航空に8・8%出資 冬ダイヤから共同運航  ↑0 ↓0
今年1月に発表した基本合意に基づくもので、7月をめどに、ベトナム航空株の約8・8%を2兆4310億ドン(約117億円)で取得。2016年冬ダイヤ(10月30日)から、日本、ベトナム双方の主要な国内線30路線、日本―ベトナム間の国際線10路線でコードシェア(共同運航)を行う。
2016/05/30 17:26 da:45 facebook:1 twitter:0 ダイヤ ANA Tweet
response.jp  ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定  ↑0 ↓0
全日本空輸(ANA)グループは、ベトナム航空と業務・資本提携することで最終合意した。ANAは、日本=ベトナム間、アジア=北米間で顧客サービスの充実を図る。これにより、ベトナム航空の株式の約8.8%を、総額2兆4310億ドン(約117億円相当)で7月を目途に取得する。10月30日から始まる2016年冬ダイヤで、日本・ベトナム双方の主要な国内線30路線の運航便、日本=ベトナム間の国際線10路線の運航便に相互に便名を付与するコードシェアを実施、顧客の利便性向上を図る。また、2016年冬ダイヤからANAマイレージクラブ(AMC)会員は、ベトナム航空とコードシェアを行う路線でマイル積算が可能となるほか、マイレージ特典航空券でベトナム航空の全運航便の利用が可能となる。日本とベトナムの就航地における旅客チェックイン、貨物搭降載、地上支援、ケータリング、機体整備などの空港関連業務の相互受委託を順次実施していく予定。このほか、ANAグループは、ベトナム航空に対し、事業や運航に関するノウハウを提供するとともに、サービス品質向上に向けて業務を支援、取締役1人を派遣する。 もっと見る
2016/05/30 15:56 da:62 facebook:1 twitter:0 アジア サービス グループ 全日本空輸 コード シェア Tweet
news.ameba.jp  ANA、ベトナム航空と資本提携  ↑0 ↓0
この提携では10月30日から始まるウィンターダイヤ以降、日本・ベトナム双方の主要な国内線30路線の運航便、および日本-ベトナム間の国際線10路線の運航便に両社の便名を付与し、コードシェア便を実施します。
2016/05/30 15:11 da:77 facebook:0 twitter:0 国際線 国内線 ダイヤ ウィンター Tweet
travel.watch.impress.co.jp  ANAとベトナム航空が提携。10月30日の冬ダイヤからコードシェア便を運航  ↑0 ↓0
ANAとベトナム航空が提携。10月30日の冬ダイヤからコードシェア便を運航 国内線30路線、国際線10路線で共同運航。マイレージ・プログラム提携や空港業務の受委託でサービスを向上 - トラベル Watch
2016/05/30 14:26 da:83 facebook:2 twitter:0 シェア コード ダイヤ 片野坂 Tweet
アパレル・リソース  国内消費でなく輸出向けに履物を生産  ↑0 ↓0
ベトナムは履物の輸出大国であるが、多くのベトナム人は国産の靴を履かない。 ホーチミン市1区Nguyen Trai通りにある靴店では、5月の祭日に、「1足購入でもう1足無料」の販売促進セールに群がる市民らで賑わっていた。 しかしこれらのお店では外国製のClarks、Dr.MartensやConverseなどのブランドのみ販売し、ベトナム製は扱っていない。 ベトナム皮革履物鞄協会(Lefaso)によると、こうした輸入製品は国内シェアの60%を占めている。 ベトナムの製靴業界は約800社が11億7200万足もの製品を量産しており、2015年には中国、イタリアに次ぐ世界第3位の輸出大国となりながら、なぜベトナム国内の需要を満たすことができないのであろうか? その答えは、ベトナムの高品質製品としてノミネートされた製品リストにある。 このタイトルに名を連ねる企業の数はわずかで、指折り数えられるほどであり、Biti’s、Thuong Dinh、Hong Thanh、Asia private enterprise、Vina Giay、Bita’s、Long Thanh、BQ Production & Tradeなどが挙げられる。 ただしタイトルを獲得した企業がすべて、消費者の心を掴むことができるかというとそうではない。 Biti’s社はその典型的な例である。一度は非常に大きな国内市場シェアを獲得したものの、デザインに多様性がないため、その製品はもはや人気がない。 同じことはVina Giay社にも起きている。Vina Giayの靴は、丈夫な製品を好む中年の人々に使用されているものの、デザインがほとんど変わらないため若者から敬遠されている。 ベトナム製に多くの選択肢がある訳ではないため、大きな消費者グループを成す若者は、輸入品を着用することを好んでいる。 履物生産が得意ではなかったタイでさえ、タイ製品見本市や展示会で製品を紹介することによってベトナム市場への浸透を試みている。 あるアナリストは、近い将来、特にタイ企業がベトナム小売市場のシェアの50%をコントロールするようになった今日では、より多くのベトナム人がタイ製の靴を着用するようになるだろう、とコメントした。 アナリストはまた、こうした危機を感じ取ったベトナムの製靴企業では、国内市場の開拓に注力し始めた、と指摘した。この動きは遅すぎるが、やらないよりはましである。 例えばBiti’s社では、スポーツシューズブランド外資系大手のAdidas、Nike、Pumaに対抗するためHunterブランドを上市した。Biti’s社によると、この製品を生産するため、同社では機械および装置に500万米ドルを投じた。 Vien Thinh社のTran The Linh社長は、靴300万足の生産能力を持つ4万平方メートルの工場を建設するのに2400億ベトナム・ドンを投じた、と述べた。 もっと見る
2016/05/30 06:03 da:22 facebook:0 twitter:0 シェア ブランド デザイン 消費者 タイトル グループ Tweet
ビッグローブニュース  ANA ベトナム航空と資本提携  ↑0 ↓0
ANAホールディングスの片野坂真哉社長(右端)とベトナム航空のミン社長。10月30日から国際線や両国の国内線でコードシェア(共同運航)を実施する=28日午後、都内 [ 記事全文 ]
2016/05/28 23:37 da:81 facebook:0 twitter:0 ANA Tweet
aviationwire.jp  ANA、ベトナム航空に8.8%出資 コードシェアやマイル提携も  ↑0 ↓0
ANA、ベトナム航空に8.8%出資 コードシェアやマイル提携も ... ANAは成田-ホーチミン線(01年3月就航)と羽田-ハノイ線(14年3月就航)を、各週7往復運航。 ... 提携を機に、フエやダナン、リゾート地のニャチャンなど、新しい就航地の可能性を ...
2016/05/28 19:41 da:41 facebook:- twitter:0 シェア マイル コード ニャチャン 可能性 リゾート Tweet
traicy.com  ベトナム航空、JALとの提携解消へ JAL「特に何も聞いていない」  ↑0 ↓0
全日空(ANA)とベトナム航空がきょう5月28日に都内で開いた記者発表で、ベトナム航空が日本航空(JAL)と行っている共同運航(コードシェア)を解消すると発表したことに対し、JALの広報担当者は「特に何も聞いていない」とコメントした。
2016/05/28 19:18 da:38 facebook:- twitter:- シェア コード きょう 全日空 日本航空 Tweet
日本経済新聞  ANAHD、ベトナム航空と共同運航発表 10月末から  ↑0 ↓0
ANAホールディングス(HD)は28日、ベトナム航空に出資し10月末から共同運航(コードシェア)を始めると正式発表した。相互の販路を生かして成田―ホーチミン線などの利用率を高める。ANAHDは電機や食品など日系企業の進出が相次ぐベトナムへのビジネス客を取り込む。 ANAHDが7月をめどにベトナム航空の新規発行株式を2兆4310億ドン(約117億円)で取得する。出資比率は8.8%になる。 28日、都内で業務・資本提携の調印式を開いた。ANAHDの片野坂真哉社長は「今後、環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すればヒトやモノ、マネーの流れが両国間で活発になる」と期待を込めた。ベトナム航空のファン・ノック・ミン社長は「国際市場で競争力を高めるにはパートナー探しと資金調達が肝心だ」と話した。 両国間の国際線のほか相互の国内線で共同運航し、機体整備などでも協力する。ベトナム航空は提携でANAHDの機内や空港サービスのノウハウを取り込む。 もっと見る
2016/05/28 18:56 da:91 facebook:- twitter:- ANA ホーチミン コード シェア Tweet
aviationwire.jp  ベトナム航空、JALとのコードシェア解消へ ANAと提携  ↑0 ↓0
ベトナム航空は現在、日本路線を10路線を週60往復運航。ハノイから羽田(週7往復)と成田(週7往復)、関西(週7往復)、中部(週7往復)、福岡(週2往復)の5空港へ、ホーチミンから成田(週12往復)と関西(週7往復)、中部(週4往復)、福岡(週2往復)の4空港へ、ダナンから成田(週5往復)へ乗り入れている。
2016/05/28 18:11 da:41 facebook:- twitter:- コード ホーチミン ハノイ シェア ダナン Tweet
travelvoice.jp  ANA、ベトナム航空との資本提携で最終契約書、冬から始まるコードシェアは国内30路線  ↑0 ↓0
全日空グループは、2016年5月28日にベトナム航空と業務・資本 提携に関する最終契約書を締結した。2016年1月に発表された基本合意に基くもので、ベトナム航空の株式約8.8%(総額2兆4310億ドン:約117億円相当)を7月を目途に取得する計画。2016年冬ダイヤからはコードシェア便の運航の実施などが進められる予定だ。ANAは、今回の提携で日本/ベトナム間だけでなく、アジア/北米へのネットワークを拡充させ、収益拡大を狙う。
2016/05/28 17:37 da:36 facebook:- twitter:- グループ 全日空 シェア コード Tweet
traicy.com  ANAホールディングス、ベトナム航空の株式取得で最終契約書締結 10月からコードシェア開始  ↑0 ↓0
ANAホールディングスはベトナム航空の発行済株式のうち8.8%をベトナム政府から2兆4,310億ベトナム・ドン(約117億円)で取得し、業務・資本提携することで ...
2016/05/28 15:56 da:39 facebook:132 twitter:0 シェア コード Tweet
news.mynavi.jp  ANA、ベトナム航空提携で最終契約書 - コードシェアでマイル加算も可能に  ↑0 ↓0
ANAグループは5月28日、1月12日に発表した基本同意に基づき、ベトナム航空との業務・資本提携に関する最終契約書を締結。これによりANAホールディングスは、7月を目途に発行済みベトナム航空株式の約8.8%に相当する新規発行株式約8.8%を総額2兆4,310億ドン(約117億円)で取得する。
2016/05/28 15:56 da:84 facebook:1 twitter:0 グループ マイル シェア コード Tweet
cnn.co.jp  米国の武器輸出先、サウジが筆頭 アジア勢もお得意様  ↑0 ↓0
ワシントン(CNN) オバマ米大統領はこのほど米国からベトナムへの武器禁輸について解除する方針を明らかにしたが、世界の武器輸出に占める米国のシェアはほぼ33%を占めて群を抜く。スウェーデンのシンクタンク、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)」によれば、米国の2011~15年の筆頭の輸出先はサウジアラビアだった。
2016/05/26 18:22 da:77 facebook:21 twitter:0 明らか シェア オバマ CNN アジア お得意様 Tweet
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   将来への備え 近年ベトナムの小売企業は、多くの合併・買収(M&A)が行われたのに伴い、他の小売業者の良い事例を模倣し始めた。 市場調査会社NeilsenベトナムのNguyễn Hương Quỳnh社長は、より自由化された貿易環境のもとでは、ベトナム企業はビジネスチャンスだけではなく、多くの課題にも直面していると述べた。 外国製品に打ち勝つには、国内企業は製品の品質を改善し、リーズナブルな価格を維持するだけではなく、市場における競争力を強化しなければならない、と彼女は述べた。 「最も重要なことは、外国のライバル企業との戦いに向けた準備において、ベトナム企業が主導権を取っていく必要がある、ということです。」とQuỳnh氏は続けた。 最近のタイ、日本、フランスなどの外資系小売企業の進出は、ベトナム小売部門におけるシェア争いを過酷なものにしている。 ベトナム小売部門は、9000万人の人口による強い購買力に支えられ、未開拓の大きな可能性を秘めている。 しかし地元の小売業者はまだ格下であり、いくつか企業では支援を求めている。 ホーチミン市商業組合連合は、最近内閣総理大臣に書面を送付し、外資系小売企業による国内市場支配に起因するリスクについて訴えた。 この組合ではまた、(国内企業に対して)より有利なビジネス環境をサポートするよう呼びかけている。 組合によると、近代的な小売業態での販売はベトナムにおける小売業総売上額のわずか25%しか占めていない。 さらに(ベトナム小売企業は)、32の店舗を持つBig Cや、19店舗のMetro、11店舗のLotte Mart、そして3店舗のAeonなどの外資系小売業者とのますます厳しくなる競争に直面している。 フランス第4位の小売企業であるSuper Auchanもまた、ホーチミン市にスーパーマーケットチェーンを展開しようとしている。 加えて、AeonによるFivimartとCitimartの買収、タイグループによるBig CとMetroの取得を含む一連のM&Aが起きている、と組合は指摘した。 地元小売業者は消費者の信頼を獲得し、ブランドを確立するために、生産者と協働してベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築する必要がある、と専門家らは述べた。 エコノミストのLý Trường Chiến氏は、ベトナムの小売業者はオペレーションモデルを改善し、コンビニや小規模マートの開発など、近代的な小売業運営技術やトレンドを採用するべきである、と述べた。 一方で、商工省の国内市場部門Võ Văn Quyền部長は、外資系小売業者による店舗開業は大きな問題ではない、とした。 地元の小売業者にとってそれは、自らの競争力を向上させ、競争に敗北した結果として閉鎖や倒産に追い込まれるような事態を未然に防ぐチャンスが提供されるということである、という。 消費者にとっても、外資系小売業者は高品質な商品をベトナムに持ち込み、商品棚にある商品の品質をアップグレードすることによって、メイド・イン・ベトナム商品の質の向上に貢献するのだ、とQuyền氏は述べた。 もっと見る
2016/05/24 12:08 da:19 facebook:0 twitter:0 ホーチミン フランス チェーン 競争力 消費者 ビジネス Tweet
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
アパレル・リソース  伝統ブランドのタイビンシルク、新技術を希求  ↑0 ↓0
ベトナムのビジネス関係者らは伝統的な絹織物を復活させることを願っているが、これを実現するためには最新のふさわしい技術を探し求める必要がある。 タイビン省の室内装飾企業であるRem Anh Trangの取締役であるLuong Thanh Hanh氏は国際的な見本市を訪れる際、地元で製造される絹織物製品に対し、絹織物の専門家や顧客から大きな関心が寄せられるという。 Hanh氏は既存の名称であるDui Thai Binh(タイビンシルク)を発展させることがブランド戦略における近道だと考えた。氏は現代の生活で伝統的な絹織物がいかに貴重なものかを見て取ることができるが、古い絹織物製品が市場で受け入れられるのではという錯覚を受け入れることはできないという。氏は絹製品の製造にあたっては新しい技術を適用することが必要だと考えている。 他のアジア地域の国々は伝統的なブランドと守りながら新しい技術を用いた製品を展開していることから成功を収めている。 タイビンの多様な絹製品は高価であるにも関わらず、原材料の供給業者からデザイナーまで幅広く多くの人々を引き付ける魅力を持ち合わせている。 数日前にホイアンで開催されたはじめてのアジア全体の絹織物の見本市で、ベトナムの絹織物製品が今後発展する大きな可能性があることが明らかとなった。 アジアシルク連盟会長の Dilip Barooah氏によれば、絹製品は世界の商業市場シェアの0.5%を占めている。これは1.15兆米ドルの価値に相当する。 この数値を見るとベトナムの絹織物の製造業者には大きなチャンスの可能性があることがわかる。しかしベトナム製の絹製品を開発することは簡単なことではない。 地元にとってベトナムで最新の技術を用いて絹織物を製造しているとみなされているラムドン省にあるバオロック絹織物村でさえ大きな問題に直面しているのだ。 Vietsilk TextileのNguyen Tien Dung 氏によれば、同社では毎年60トンの絹織物を製造しており、その大半が日本へ輸出される。しかしベトナムの農家は質の悪いカイコを飼育しているために品質が国際的な基準に満たないという。 バオロックの絹製品の製造業者らが農業関係機関を巻き込むことができず、品質の高いカイコを注文することができないことが問題だ。Dung氏はバオロックがカイコの品質を高めることができるよう、日本の製造業者らが支援をしてくれることを願っている。 日本の専門家である小原奈津子氏は、ベトナムと日本の大学による共同研究活動を紹介する際、ハノイのハドン、ハウザンのタンチャウでの職人による機織りや染色は素晴らしいが、世界の流れが天然素材を利用しようという傾向であるにも関わらず、忘れ去られようとしていると指摘する。 これはビジネス、関連団体、研究機関の間の連携不足が原因と考えられている。 ホイアンで開催されたシルク・フェスティバルにおいて、とあるアナリストはシルクの製造においてベトナムは近隣諸国と比較して遅れをとっていると警鐘を鳴らす。例えばカンボジアはヨーロッパの高級市場において大きなシェアを占めている。   もっと見る
2016/05/14 05:54 da:19 facebook:0 twitter:0 絹織物 製造業 シルク カイコ アジア ブランド Tweet
ma-times.jp  大和証券グループ、ベトナムのサイゴン証券の株式を追加取得 ベトナムビジネスにおける協働拡大へ  ↑0 ↓0
サイゴン証券は、現地大手証券会社として広く知られ、ホーチミン証券取引所のブローカレッジ業務においてマーケットシェア第1位を誇っている。 大和証券 ...
2016/05/06 10:18 da:27 facebook:- twitter:- 大和証券 サイゴン カレッジ シェア マーケット ブロー Tweet
アパレル・リソース  セントラル・グループによるRocket社買収後の次の一手  ↑0 ↓0
ニュースサイトのTechCrunchによると、タイの(小売大手)セントラル・グループは、ベトナム、タイでファッションポータルサイトを運営する、Rocket Internet資本のZaloraを買収するための最終手続きを完了する予定としている。 TechCrunchは、セントラル・グループがベトナム、タイ両国における買収にそれぞれ1000万米ドルを費やしたことを明らかにしたが、両社からは何のコメントもなかった。記事によると、アジア太平洋地域11市場のうちの2つであるベトナム、タイ事業の売却に伴い、Rocket Internetはコストカットと、「利益水準が水面すれすれ」の市場に集中することを目指す。 セントラル・グループは、タイで強い存在感を示しており、ベトナム、マレーシア、インドネシアやその他の国々にも拡大しつつある。複数のショッピングモールやデパートを含む当グループの総資産は約1000億米ドルにも達しており、世界でおおよそ7万人を雇用している。 セントラル・グループは、ベトナムで親会社のGroupe Casinoが売りに出しているBig Cスーパーマーケットチェーンの入札者のうちの一社でもある。もしBig Cの落札に成功すれば、セントラル・グループ家電小売部門であるPowerbuyが49%のシェアを握る、ベトナム南部の家電量販チェーンNguyen Kim、ハノイとホーチミン市にあるRobinsデパート、今回買収するオンライン小売サイトのZaloraを含む、グループのベトナム事業ポートフォリオにおいて大きな一翼を担うことが期待される。 東南アジアには5億5000万人を超える人口がいるものの、オンライン小売大手のAmazonやeBayはまだその存在感を示せていない。Bain & CompanyとGoogleの実施した、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムにおける6,000人以上に対する消費者調査によると、東南アジアのオンライン小売業の浸透度はわずか3%にすぎず、その売上高は約60億米ドルでしかない。 AlibabaによるLazada買収に関して4月初旬にコメントを求められた際、LazadaグループのMax Bittner CEOは、市場は非常に細分化、多様化されており、大きな参入障壁はあるものの、まだ初期段階にある現代的なこの小売形態には大きな成長余地があるだろう、と述べた。 Rocket Internetは2012年にLazadaとZaloraを立ち上げ、2015年までにこの2つのサイトで利益を上げることを目指したものの、それらのサイトは巨額の投資資金を貪る一方で、大きな損失を出し続けた。 LazadaはZalora不採算のまま資金を使い果たした後、5億米ドルでAlibabaに売り渡された。 Rocket Internetの2015年アニュアルレポートによると、Zaloraの売上は2015年に78%増加の2億800万ユーロ(2億3400万米ドル)となったものの、調整後EBITDA(利息、償却費を加算した税前利益)は赤字幅が36%増加し、9350万ユーロ(1億500万米ドル)のマイナスであった。 もっと見る
2016/05/02 10:37 da:23 facebook:0 twitter:0 グループ セントラル 米ドル サイト Internet オンライン Tweet
newsclip.be  大和証券グループ、ベトナム同業に追加出資  ↑0 ↓0
【ベトナム】大和証券グループ本社は28日、ベトナムの証券会社、サイゴン・セキュリティーズ(資本金約240億円)の株式を追加取得し、出資比率をこれまでの約10%から15%超に引き上げたと発表した。
2016/04/29 00:11 da:48 facebook:3 twitter:0 大和証券 サイゴン グループ シェア 取引所 ホーチミン Tweet
tokyo-sports.co.jp  【熊本地震】タイにくまモン!JKT48も…アジアで広がる支援の動き  ↑0 ↓0
ベトナムの現地報道では、日本の風習の「絵馬」を紹介。人々の願いを託すものだと解説し、日本人は震災からの復旧、平穏な生活を取り戻すことを祈っていると結んでいる。ネットではこの記事のシェアが広がっているが、中国の南シナ海問題を引き合いに出す意見もある。海上自衛隊が先日、ベトナム海軍の拠点カムラン湾に初めて寄港したのに引っ掛け、中国をけん制するためにも日本とベトナムはもっと親密になるべきだ、というもの。 AKB48の姉妹グループ、インドネシアのJKT48は公式ツイッターで地震についてたびたび書き込んでいる。募金の呼び掛けは続々とリツイートされ地元で拡散。MNL48の創設が先月発表されたばかりのフィリピンでも同様で、かねてAKBグループを追っていた現地の熱狂的ファンクラブが熊本支援を訴えている。特にAKBメンバー小嶋真子(18)がスマホ専用SNSアプリ「755」に投稿した募金への願い出が共感を呼び、アジア各地のファンの間で拡散している。 タイのSNSには、傷付いた「くまモン」にゾウが寄り添って励ます応援イラストが続々と投稿されている。この動きは個人から大手通信会社の公式サイトにまで広がっている もっと見る
2016/04/22 09:56 da:62 facebook:4 twitter:0 日本人 アジア Tweet
日本経済新聞  エースコック、ベトナムでカップ麺増産 所得水準が向上  ↑0 ↓0
エースコック(大阪府吹田市)はベトナムでカップ麺を増産する。9月に大型新商品を投入するなどして2018年に1億8000万食と15年比2倍に引き上げる。現地では即席麺のうちカップ麺の割合は1割にも満たないが、所得水準の向上などで付加価値の高いカップ麺の消費が拡大すると判断した。安価な袋麺も増産し、即席麺全体では29億食と15年比1割弱伸ばす。 エースコックはベトナムの即席麺市場で5割強のシェアを持…
2016/04/16 01:07 da:91 facebook:1 twitter:0 カップ エースコック 新商品 Tweet
日本経済新聞  JXエネ、ベトナム国営石油に8%出資 200億円  ↑0 ↓0
石油元売り大手のJXエネルギーは14日、ベトナム国営石油会社のペトロリメックスに8%出資すると正式発表した。6月末までにペトロリメックスが実施する第三者割当増資を引き受ける。取得金額は非公表だが、200億円程度になるとみられる。ベトナムは経済成長に伴い石油需要が伸びている。両社は製油所の新設や石油製品の販売・物流で連携する。 ペトロリメックスはベトナムで約5400カ所の給油所を運営し、石油製品販売で約50%のシェアを持つ。ベトナムは日量約35万バレルの石油製品需要があるが、製油所が足りず輸入に頼っている。JXエネはまず給油所の運営や物流でノウハウを提供。ベトナム南部で計画されるバンフォン製油所の建設事業にも参画を検討していく。 ベトナムではすでに出光興産が、国営石油会社のペトロベトナムやクウェート国際石油(KPI)と組んでニソン製油所を建設中だ。国内の石油製品需要が減少するなかで、国内の元売り各社は成長が見込めるベトナムなど東南アジアに進出し新たな収益源に育てていく考えだ。 もっと見る
2016/04/14 18:56 da:91 facebook:1 twitter:0 第三者 元売り エネルギー Tweet
sankeibiz.jp  LCC創業、ベトナム女性初の億万長者に ビキニ姿のCAで話題の航空会社  ↑0 ↓0
ベトナム人のグエン・ティ・ホン・タオ氏(45)は21歳の時に、ファクシミリやゴムの取引で100万ドル(現在のレートで約1億880万円)を稼いだ。それからの約四半世紀で、同氏は格安航空会社(LCC)ベトジェット航空を立ち上げて成功。東南アジアの女性で初めて、一代でビリオネア(億万長者)になろうとしている。 数年でシェア30%超 ビキニ姿のモデルを起用したカレンダーなどで知られるベトジェットは、ベトナム唯一の民間航空会社だ。ブルームバーグのビリオネア指数によると、同社の新規株式公開(IPO)によってタオ氏の資産総額は10億ドルを超え、ベトナム初の女性ビリオネアになる見通しだ。同氏の資産の大半は、ベトジェットの株式とホーチミン市の65ヘクタールの不動産開発事業「ドラゴン・シティ」の持ち株。 同氏はインタビューで「自分の資産をじっくり計算したことはない。私はひたすら、会社を成長させ、従業員の平均給与を引き上げ、市場シェアを伸ばしてナンバーワンになることに集中している」と述べた。 もっと見る
2016/04/14 05:07 da:76 facebook:- twitter:- レート ファクシミリ ビキニ 億万長者 グエン Tweet