0.90006399154663

Vietnam

nna.jp  韓国のオンラインモール、HCM市に実店舗  ↑0 ↓0
ベトナムで韓国製品を販売するオンラインショッピングモール「ビナコ(Vinakor)」が、早ければ月内にもホーチミン市に実店舗をオープンする予定だ。12日付朝鮮 ...
2018/06/14 00:06 da:- facebook:0 twitter:0 オンライン モール ショッピング ホーチミン オープン Tweet
出島  ベトナム小売店 「スーパーマーケット」を名乗るには条件が必要に?  ↑0 ↓0
ベトナムの商工省(MOIT)が、流通部門の開発と管理に関する政令草案を作成中である。それによれば、小売店舗が「スーパーマーケット」または「ショッピング ...
2018/06/12 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 小売店 スーパーマーケット 商工省 ショッピング Tweet
出島  ベトナムの人気ECサイト「Tiki」 IPOか売却かの選択を迫られる  ↑0 ↓0
ベトナムのオンラインショッピングサイトTikiは、3〜5年後に、IPO(株式公開)または他会社への売却を検討していると発表した。 この記事の続きを読む. ニュース ...
2018/06/06 11:37 da:- facebook:0 twitter:0 サイト オンライン ショッピング ニュース Tweet
出島  加速するベトナムのeコーマス市場 従来の小売店が続々参入  ↑0 ↓0
Lazada、Tiki、Shopee、Sendo、Adayroiなどのeコマースサイトの出現によって、近年ベトナムの消費者の中でオンラインショッピングが人気となり、 ...
nna.jp  CJグループ、ベトナムで動画コンテンツ制作  ↑0 ↓0
韓国CJグループのエンターテインメント企業CJ E&Mとテレビ通販大手のCJオーショッピングが7月に合弁会社CJ ENMを設立する。韓国経済新聞などによると、 ...
nna.jp  韓国CJ、モバイル向け動画スタジオ設立  ↑0 ↓0
韓国のエンターテインメント大手CJ E&Mと、テレビ通販大手、CJオーショッピングが7月に合弁会社CJ ENMを設立する見通しだ。動画による電子商取引(EC) ...
出島  ベトナムEC市場 ファッションがオンラインショッピングを牽引  ↑0 ↓0
Eコマースがベトナムで急成長し、ショッピング好きの人たちは、自らの足でいくつもの店を歩き回ることから、コンピュータやスマートフォンを使用し、家でゆったり ...
ryutsuu.biz  イオンモール/ハイフォンにベトナム6号店、専門店200店オープン  ↑0 ↓0
2017年6月に、ベトナム社会主義共和国 Nguyen Xuan Phuc 首相はじめベトナムと日本の両国政府関係者立会いのもと、ハイフォン市と同社で「ショッピング ...
2018/05/16 13:18 da:- facebook:0 twitter:0 ハイフォン イオン モール オープン 社会主義 関係者 Tweet
nna.jp  イオンモール1号店、増床で2倍に  ↑0 ↓0
イオンのショッピングセンター(SC)「イオンモール・タンフーセラドン」(ホーチミン市タンフー区)が増床することが分かった。イオンのベトナム1号店としてオープン ...
tsuhannews.jp  ペンシル、ベトナムでのEC代理販売サービスを開始  ↑0 ↓0
同サービスの主な特長は、(1)越境ECではなく、ベトナム国内の倉庫から代引き・個別配送することにより、決済手段や配送コストの悩みを解決する、(2)EC代理販売に使用する商品をメーカーから仕入れて輸出・販売する、(3)ベトナム向けにカスタマイズした、単品リピート通販向けショッピングカート「SmileTools Vietnam」を ...
nna.jp  不動産FLCが小売業参入、ハノイで大型店  ↑0 ↓0
ベトナムの不動産開発大手FLCグループが、ハノイ市内で7月に初のショッピングセンターを開設する計画が明らかになった。自社開発の高層ビルで小売業に参入する。ベトナムネットが15日伝えた。 ショッピングセンターは、カウザイ地区に6月開業予定の高層複合施設「FLCツイ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
news.livedoor.com  激変するロシアの外食事情、特にホットなフォー  ↑0 ↓0
その中で最近目立つのがベトナム料理、特に「フォー」である。モスクワではショッピングセンターのフードコートを含め、様々な場所でフォーを提供する店舗を見かけるようになった。 フォーを中心としたベトナム料理のみならず、アジア系の料理全般が人気を博しているのも新しい傾向だ。 ロシアの外食業界関係者の間では、一時 ...
biz.searchina.net  [ベトナム株]HCM中心部の小売スペース、需要多く高賃料維持  ↑0 ↓0
米総合不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(Jones Lang LaSalle=JLL)ベトナムはこのほど、ホーチミン市の2018年第1四半期の賃貸小売市場レポートを発表した。市中心部の小売スペースの賃貸需要は多く、賃貸料は高額を維持している。 1区レロイ(Le Loi)通りにあるショッピングセンター「サイゴン ...
japanese.joins.com  ベトナム、韓流熱風にも韓国製の消費は“微風”…SNSの積極的なPRを  ↑0 ↓0
ベトナム経済が発展し、消費市場規模も拡大している。さらに全体人口の60%が30歳以下の若年層だ。2000年序盤からベトナムでは『宮廷女官チャングムの誓い』『星に願いを』『太陽の末裔』などの韓国ドラマが放映されて韓流が人気を呼んでいる。実際、ホーチミンのコーヒーショップやショッピングモールでもK-POPを聞く ...
diamond.jp  ベトナムでバイクをネット通販で購入した結果は大正解だった!  ↑0 ↓0
取扱商品数は100万点を超えるという。ラザダは英語表示もあるので、ベトナム在住日本人にも活用されている。 私は今まで「日用品が中心」というイメージを持っていたのだが、妻が「バイクも売っているわよ」という。日本のアマゾンでもバイクは売っているから、確かにベトナムのオンラインショッピングサイトで、バイクを売ってい ...
2018/03/14 14:03 da:- facebook:0 twitter:0 バイク ネット 日本人 日用品 イメージ アマゾン Tweet
k.nhk.jp  イオン ベトナムの首都ハノイで2店舗目の建設開始 NHKニュース  ↑0 ↓0
ビジネス◇国際イオン ベトナムの首都ハノイで2店舗目の建設開始 流通大手のイオンはベトナムの首都ハノイで2店舗目となるショッピングモールの建設を始め、経済成長が続く東南アジアでの事業を加速させています。 03/11 15:35. ニュース・トップへ ...
2018/03/11 15:50 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ ニュース ビジネス ショッピング モール Tweet
bs-j.co.jp  うっとりっぷ ベトナム・ハノイ~グルメと絶景の3日間  ↑0 ↓0
うっとりっぷ ベトナム・ハノイ~グルメと絶景の3日間~. 2018年3月17日(土)夕方5時00分~夕方5時54分. noimage. 女性に人気のベトナム・ハノイ3日間の旅。 本場のフォーなどのベトナム料理、ショッピング、フランス統治化時代の町並み、世界遺産ハロン湾の絶景を巡ります。
2018/03/10 08:47 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ うっとり グルメ フォー ショッピング フランス Tweet
nna.jp  百貨店パークソン苦戦、大型モールが主流に  ↑0 ↓0
成長するベトナム小売市場で、中型のデパートに代わり大型ショッピングモールへと流行が移ってきている。7日付ベトナムネットが報じた。 マレーシアの小売り大手で、デパートの運営を手掛けるパークソンは2005年にホーチミン市に1号店をオープン後、外資の参入が少ない市場で10… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/03/09 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 モール デパート 百貨店 ショッピング ネット 小売り Tweet
nna.jp  タイのセントラル、22年に750店へ拡大  ↑0 ↓0
タイの流通大手セントラル・グループは、5日に発表した2022年までの5カ年計画で、ベトナムで展開する各ブランドの店舗数を、現在の3.5倍となる753店へ増やすことを明らかにした。 セントラルによると、現在ベトナムで展開するブランドは、ショッピングモール「ビッグC」が31店… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
kankokeizai.com  【日本政府観光局インバウンド最新リポート 35】ベトナム人の訪日旅行 JNTOハノイ事務所 松田名奈子 次長  ↑0 ↓0
ベトナム人旅行者の訪日におけるショッピング熱をご存知だろうか。観光庁・消費動向調査(2017年速報値)における1人当たりの買い物代消費額で、ベトナム人は約7・2万円と中国に次いで主要市場で2番目に多い額となっている。また、JNTOハノイ事務所が独自で実施した調査においても、訪日経験者・希望者の55%が ...
HOTNAM!  パークソンがまた閉店、ホーチミン市11区の「Flemington」  ↑0 ↓0
2005~2010年にベトナムで非常に成功したParksonだが、2011年以降は新型ショッピングセンターに対する弱点が見られるようになった。 Parkson Retail Asiaの資料によると、2016年同期の赤字250億ドン(約114万ドン)よりは改善されたものの、2017年第4四半期も引き続き100億ドン(約45万ドル)の赤字となっている。
2018/02/27 16:18 da:- facebook:0 twitter:0 ホーチミン ショッピングセンター 四半期 Tweet
hisvn.com.vn  バーナーヒルズ観光  ↑0 ↓0
ダナンの人気テーマパーク「バナーヒルズ」。ヨーロッパ中世のお洒落で美しい街並みが建ち並ぶ別世界へようこそ。フラワーガーデンや、3Dシアター、ショッピングエリアやスパも備わっている、大人も子供も楽しめるテーマパーク!ダナンでの日帰り観光・アオザイレンタルのご予約はH.I.S.ダナン支店にお任せください!
2018/02/24 17:28 da:- facebook:0 twitter:0 ダナン テーマ パーク バーナー ヒルズ ヨーロッパ Tweet
nna.jp  ECの利用拡大、信頼と品質がカギ  ↑0 ↓0
ベトナムの主な電子商取引(Eコマース、EC)企業の代表者らが、2018年の見通しを明らかにした。14日付VNエクスプレスが報じた。 シンガポール系ショッピー・ベトナムのチャン・トゥアン・アイン最高経営責任者(CEO)は、18年は国民のほとんどがオンラインショッピングに… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信/ ...
2018/02/22 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 商取引 Eコマース 見通し 明らか エクスプレス チャン Tweet
出島  外資系企業 ベトナムEC市場で存在感 国内企業も対抗策  ↑0 ↓0
外資系eコマース業者が広告キャンペーンや配送サービス、支払いサービスなどを通じてベトナム市場を席巻しようとしている。 ... 通常の5倍の売り上げを目標に、Lazada Vietnamは15万点の製品を11月9日から11日にかけてセール価格で販売した。1ヶ月後、Lazadaはさらに「オンラインショッピングの革命」と銘打った 、大幅 ...
nna.jp  HCM市10区にショッピングモールが開業  ↑0 ↓0
ホーチミン市10区で25日、同区最大の商業施設「バンハインモール」が開業した。総投資額は1兆ドン(4,410万米ドル、約48億2,280万円)余り。25日付ダウトゥ電子版などが報じた。 バンハインモールは建設面積9万平方メートルで、うち商業面積は5万5,000平方メートル。7階建てで… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/01/29 00:02 da:- facebook:- twitter:- ショッピング モール ホーチミン 米ドル Tweet
travelvision.jp  ベトナム ハロン / ベトナム伝統ショー「アラウンド・ベトナム」ご紹介  ↑0 ↓0
ハロン市のショッピングセンター「ハロン・マリン・プラザ」内にある「エンターテインメント・コンプレックス」にて毎日開催されているベトナム伝統ショー「アラウンド・ベトナム」をご紹介いたします。 この会場は500名収容可能で、1日3回「モン族の踊り」や「バンブーダンス」など、約1時間の公演がお楽しみいただけます。現時点での ...
7net.omni7.jp  セブンネットショッピング|ベトナム 通販  ↑0 ↓0
ベトナム:本・コミックならセブンネットショッピング 。 7net、西武・そごう、イトーヨーカドー、アカチャンホンポ、LOFTが集結した「オムニ7」。nanacoポイントが貯まりセブン-イレブンでの店舗受取・返品が可能、セブン&アイの安心安全なネットショッピングです。
nna.jp  ニャチャンにビンコムプラザ、全国45店に  ↑0 ↓0
ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下のビンコムリテールが24日、中南部カインホア省ニャチャン市でショッピングセンター「ビンコムプラザ」を開業した。26日付ダウトゥ電子版が報じた。 店舗は、市中心街レタントン通りに面する高… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済一般・ ...
nna.jp  越で韓国人の不動産投資が過熱、慎重論も  ↑0 ↓0
ベトナムで外国人の不動産購入が可能になったことを受け、韓国人による不動産投資が過熱している。 22日付KBSニュースによると、観光査証(ビザ)でベトナムに入国し、不動産を購入して帰っていく「不動産ショッピング旅行」を目的とした韓国人が続々と来越しているという。ベ… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
2017/12/26 00:06 da:- facebook:- twitter:- 不動産 韓国人 外国人 KBS ニュース ショッピング Tweet
nna.jp  オンラインフライデー、12月1日に開催  ↑0 ↓0
ベトナム商工省は、12月1日にオンラインショッピングの促進を目的とした「オンラインフライデー」を開催する。26日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。 同イベント ...
2017/10/30 00:06 da:- facebook:- twitter:- オンライン フライデー 商工省 ショッピング イベント Tweet
newspicks.com  【ベトナム】H&M  ↑0 ↓0
【ベトナム】H&M、ハノイに来月2号店オープンへ[繊維] スウェーデンの衣料品大手H&M(ヘネス・アンド・マウリッツ)は、11月11日にハノイのショッピングセンター ...
nna.jp  H&M、ハノイに来月2号店オープンへ  ↑0 ↓0
H&Mは9月、ホーチミン市のショッピングモール「ビンコムセンター・ドンコイ」にベトナム1号店をオープンし、初日に約4,000人が詰めかけた。同社の担当者による ...
nna.jp  オンラインショッピングの日、29日に開催  ↑0 ↓0
ベトナム商工省は、9月29日にオンラインショッピングの促進を目的とした「オンラインフライデー」を開催する予定だ。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が18日に ...
2017/09/20 00:06 da:- facebook:0 twitter:0 オンライン ショッピング 商工省 フライデー ニュース Tweet
nna.jp  マッシモドゥッティ、HCM市に1号店  ↑0 ↓0
スペインのアパレル大手インディテックスが展開する「マッシモ・ドゥッティ」が先週、ベトナムのホーチミン市に1号店をオープンした。ホーチミン市1区のショッピング ...
sankeibiz.jp  【よむベトナムトレンド】続く建設ラッシュ 日本の中小にもチャンス  ↑0 ↓0
急速な発展を遂げているベトナムでは、工場をはじめ大型施設、空港やショッピングセンターといった公共施設、住宅やオフィスなど、建設工事の需要の伸びが ...
newswitch.jp  卸・小売りの外資規制が変わる、ASEAN6億人の消費をつかむ日本企業はどこだ!  ↑0 ↓0
ベトナムが重要なパートナーであることに疑いはない」。岡田元也イオン社長は6月7日、ショッピングセンター(SC)「イオンレイクタウン」(埼玉県越谷市)を視察に ...
2017/08/13 09:45 da:- facebook:0 twitter:0 ショッピングセンター イオン パートナー 小売り Tweet
nna.jp  ビンG、ハティン省に初の「ビンコム」開業  ↑0 ↓0
不動産開発大手ベトナム投資グループ(ビングループ)が12日、北中部ハティン省ハティン市でショッピングセンター「ビンコム・プラザ・ハティン」を開業した。12日付 ...
2017/07/14 00:08 da:- facebook:0 twitter:0 グループ プラザ ショッピングセンター 不動産 Tweet
nns-catv.co.jp  第42回(夏に食べたくなるベトナム料理!)  ↑0 ↓0
NNS日本ネットワークサービス - ケーブルテレビ番組案内とテレビショッピング、インターネット接続サービスの紹介。
nna.jp  イオンモール・ビンタン、1周年でイベント  ↑0 ↓0
ホーチミン市ビンタン区にあるショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」はあす30日から、開業1周年イベントを開催する。7月16日までの日程で ...
2017/06/29 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 モール イオン イベント ショッピング ホーチミン Tweet
travelzoo.com  夏休みベトナム4日間 直行×4.5星好立地泊 朝食&送迎付  ↑0 ↓0
これから夏休みの旅行を計画する方は必見、夏のベトナム・ホーチミン4日間ツアーが38900円~。ホテルはショッピングセンターに直結の4.5星指定で、毎朝食が ...
2017/06/21 11:14 da:- facebook:0 twitter:0 夏休み ショッピングセンター ホーチミン ホテル Tweet
nna.jp  イオン、英語版ECサイトのサービス開始  ↑0 ↓0
イオンはこのほど、オンラインのショッピングサイト「Eショップ」の英語版をオープンした。近くスマートフォンやタブレット端末向けの専用アプリもリリースする予定。
ryutsuu.biz  イオン/ベトナム進出3年で黒字化を達成、年間1300万人が来館  ↑0 ↓0
イオンは6月7日、ベトナムで総合小売事業、ショッピングセンターの開発と運営を行うイオンベトナムの2016年度の営業利益が黒字化したと発表した。 2014年に ...
2017/06/07 20:34 da:- facebook:- twitter:- イオン ショッピングセンター Tweet
nna.jp  ビンG、ショッピングセンター40カ所に  ↑0 ↓0
ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下で商業施設を開発するビンコムはこのほど、北部と南部の計3カ所でショッピングセンターを一斉に開業した。5日付 ...
2017/06/07 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 グループ ショッピングセンター このほど Tweet
nna.jp  ロッテマート、越事業開始以来の赤字続く  ↑0 ↓0
ショッピングモールなどを展開する韓国系の小売り大手ロッテマート・ベトナムが、2007年のベトナム事業開始以来、最終赤字を計上し続けているもようだ。同社は ...
2017/05/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ロッテ マート もよう モール ショッピング 小売り Tweet
newsclip.be  イオンファンタジー、ベトナムに新会社  ↑0 ↓0
【ベトナム】イオングループ傘下でショッピングセンター(SC)内の子ども向け室内遊戯施設を開発運営するイオンファンタジー(千葉市)は19日、8月をめどにベトナム ...
アパレル・リソース  Zalora、Robinsのチェーンに統合される  ↑0 ↓0
Zalora Vietnamは、Nguyen Kimに譲渡されて1年が経過したが、このたびRobinsのファッションショップチェーンに合併された。 先週末よりzalora.vnのウェブサイトを訪問すると、ユーザーはrobins.vnにリダイレクトされ、ホームページには、「Robinsへようこそ。ZaloraはRobinsに名称変更しました」とのメッセージが明示されている。 VnExpressがセントラルグループ(RobinsとZaloraの2つのファッションショップチェーンを持つタイのグループ)に問い合わせると、メディア担当者は2つのブランドを統合し名称変更したことを認めた。 Robinsはセントラルグループの展開する商業施設で、2014年にハノイとホーチミン市に2つのショッピングセンターを建設した。この商業施設では、タイ製品が大半だが、世界中の多くの高級ブランドを取り揃えている。 一方、Zaloraはファッションに特化したECサイトである。Zaloraベトナムは2012年に設立された際には、Rocket Internet(ドイツ)のZaloraグループの一員だった。セントラルグループは、49%の株式を所有している子会社Nguyen Kim電気会社を通じて1年前にZaloraベトナムを取得。Zaloraベトナムの買取金額については、当事者両社は開示していない。 ファッションの分野では、Robins以外にも、セントラルグループはSuperSports、 Crocs、New Balanceというブランドを子会社を通じて運営しており、ベトナムのパートナーとフランチャイズ契約を結んでいる。 もっと見る
アパレル・リソース  小売産業が大きな節目  ↑0 ↓0
専門家によると、ベトナムの小売産業は大きな節目を迎えていると言う。 5月10日、ホーチミン市で開催された小売産業の展望に関するセミナーにおいて、ニールセン・ベトナムの代表Pham Thanh Cong氏は、顧客の多様なニーズを満たすべく常に最新のイノベーションを保つ必要があるなど、あらゆるものがつながるデジタル時代の中、小売産業では革命的とも言える変化が起こっていると述べた。 また他の演者によると、顧客は様々なルートを通じてビジネスに関わるため、一つのルートの成長に頼りきっている今日の環境は持続不可能であると言う。 以前、商品の購入窓口は実店舗のみであったが、今は実店舗にとどまらず、オンラインウェブサイトや携帯アプリ、ソーシャルメディアを通じて顧客は企業と関わりを持っている。 ベトナムで運営するシンガポール系のITソリューション企業、Abeo社のDavid Tan社長によると、ベトナムにおける昨年の小売販売は、対前年比10%増となる1180億米ドルであったと言う。 A.T.カーニー社による世界の小売市場ランキングで上位30カ国にランクインしたベトナムでは、小売市場での買収合併が急増し、市場での競争が促されている。 資本金に加え、海外小売業者は先進国で採用されているベストプラクティスを産業にもたらすとTan氏は言う。 小売のベストプラクティスが企業の運営に取り入られ、ERP(企業資源計画)システムやその他のシステムによってコントロールされるようになる。 激化する競争環境の中、消費者行動を理解することで需要を素早く満たし、カスタマーサービスを向上させることが、顧客のロイヤルティを獲得する鍵となるとTan氏は述べた。 商品管理ソリューションSAP S/4HANA Retailなどのテクノロジーソリューションズの利用は、小売業者が競争力を高めるのに役立つ。 SAP S/4HANA Retailは、在庫追跡やリアルタイムの倉庫管理のプロセスを自動化し、顧客理解を深め、顧客のニーズを予測し、顧客のショッピング体験に刺激を与えるとTan氏は述べた。 またビッグデータのソリューションは、既存商品の売り上げ拡大や、商品サイクルのスピードアップ、サービス向上・操業コストの削減の新しいビジネスモデルなど、様々なチャンスをビジネスにもたらす。 商工省によると、スーパーマーケット(724店舗)、ショッピングモール(123店)、コンビニエンスストア(多数)などの近代的な小売業が、昨年の市場の25%を占めたと言う。 日用消費財(FMCG)部門は昨年、6.5%の成長を見せている。   もっと見る
アパレル・リソース  アパレル製品のEU進出にアマゾンの活用を  ↑0 ↓0
5月10日にハノイで開催されたセミナーで、世界最大規模のオンラインショッピングサイトであるアマゾンはベトナムの繊維・縫製業にとってEU市場参入へのまたとないチャンスであると外国人専門家は語った。 ベトナム繊維協会が主催したこのイベントでは、ドイツのVorwarts GmbHの専門家がベトナム企業に対してアマゾンを活用したEコマースについてのアドバイスを行った。 Vorwarts GmbHのAndré M. Aslund CEOは、76%の消費者が携帯電話でオンラインショッピングし、そして携帯電話所有者の50%がアマゾンで買い物をしているといった統計を用いて説明した。 Aslund CEOは、ベトナム縫製製品の品質はEUの消費者にとって完全に満足できるものだと述べた。ベトナムやアジア諸国の多くの企業が中間業者や小売業者を経由してEUで製品を販売しているが、アマゾンで販売すれば中間費用を節減でき、結果としてコスト削減でベトナム製アパレル製品のEU市場での競争力はますます強化されると述べた。 消費者の行動は大きく変化しており、製品への信頼はブランド力ばかりでなく製品レビューや説明、他の消費者の口コミなど様々なツールで醸成されると述べた。 そのため、企業も評価を高めるためには製品の品質向上と情報提供に努める必要がある、こうした評価はEU の消費者がベトナム製品を購入するきっかけとなるとAslundは述べた。 Aslundはアマゾンを通じて販売を行う際に企業が直面する問題点についても述べた。企業はEU市場の規制を遵守し、消費者の嗜好に合わせ製品デザインを改善する必要がある。 購入者を満足させることができれば、彼らがその商品を回りの人にも紹介し、ベトナム製品の知名度も向上していくことになるとAslundは述べた。   もっと見る
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
nna.jp  【最新動向ベトナム外食市場】丸亀製麺、HCM市で15店へ  ↑0 ↓0
讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングスは、ホーチミン市の店舗数を15店に拡大する方針だ。都心やショッピングセンター(SC)内だけ ...
top.tsite.jp  ローカルショッピングセンター、サイゴンスクエアでお買い物【ベトナム】  ↑0 ↓0
ベトナムのガイドブックに必ず載っているサイゴンスクエア。洋服、かばん、アクセサリーのお店がところ狭しとひしめき合い、まるで市場のようです。今回はベトナム ...
2017/05/06 08:03 da:- facebook:0 twitter:0 スクエア サイゴン ところ アクセサリー かばん 買い物 Tweet
アパレル・リソース  成功者のための服(下)  ↑0 ↓0
(中編より)   直面する課題 H&Mはまだ第一号店の場所を発表しないが、今後さらに多くの情報を提供していく予定としている。 「いかなるマーケットにおいても、我々は常に商店街やショッピングモールの中で最高の場所を探しています。」とBarari氏は述べた。 男性、女性、ティーンエイジャー、子供などすべて層の顧客を対象とし、数千平方メートルもの敷地の店舗に集客する国際ファッションブランドにおいては、立地が最も重要な成功要因である、と業界関係者はいう。 小売業者は店舗の場所を選別する際に、業態によりその優位性に大きな差がある。 例えばホーチミン市で最初の旗艦店をオープンさせるあるファストファッションブランド最大手は、総面積2000平方メートル以上ある一等地を探し出した。 こうしたブランドは多くの買い物客を引き寄せ、ショッピングセンター全体の売上を増加させる可能性が高いために強い交渉力を持っており、土地所有者からより有利な賃借条件や商業取引条件を獲得することができる。 また、ショッピングセンター内のファッションブランドに同等かそれ以上のブランドが入っているかどうかも重要な成功要因である。 一つのショッピングセンター内に同等レベルのブランドが複数入っていれば、顧客にとってその場所での買い物がエキサイティングで印象深いものになる。 今のところ、ハノイとホーチミン市が小売市場にとって主要な2大都市であるが、ハノイの方がVingroupによって開発されたショッピングセンターのおかげで、南にあるホーチミン市よりも商業地の供給が少し多い状況にある。 ハノイには買い物客が一日中ファッションや雑貨を買ったり、食事を楽しんだり、レジャーやスパ、その他の娯楽に興じることができる4万平方メートル以上の大規模なショッピングセンターがいくつかある。 ハノイのショッピングセンターの平均賃貸料は郊外の賃貸料の下落により、2016年には前四半期比で7.6%の低下となった。 それでも市街地における土地の供給不足により、2017年には郊外で新しいショッピングセンターを開店する動きが続いている。 2017年は、郊外での新たな開業が少なくとも述べ10万6000平方メートル相当もあり、競争は一層激しくなることが予想されている。 一方でCBREベトナムによると、2016年にはホーチミン市に17もの有名な国際ブランドが開店し、2015年と比較して3倍の増加となった。 店舗に最適な立地の供給が限られている中、多くの新規ブランドの参入は店舗賃料を急激に上昇させる要因の1つとなっている。 業界関係者らは、新規参入小売業者が製品やプロフェッショナルな国際基準のサービス提供だけでなく、新形態として実店舗とオンライン店舗両方の運営(bricks and clicks)を行っていると指摘した。 ベトナムでのオンラインショッピングは、若者や中流階級をターゲットとするZalora、Lazada、Metaなどによって人気を博しており、高いレベルのアフターセールスサービスと共に顧客に利便性を提供している。 またNgo氏によると、ベトナムは外国ブランドが独自に営業するにはまだかなりの制約があるため、多くはライセンスやフランチャイズモデルを通じて参入しているという。 「国際ブランドとそのライセンス契約企業やフランチャイズ店が直面している大きな課題として、今も高額でありながらさらに高騰し続ける賃料や、近代的なショッピングセンターの不足、バイクや自動車による交通問題、現在建設中ではあるものの電車など大規模都市交通システムの未発達、そして低価格帯で消費者を引き付ける地元ブランドとの厳しい競争などが挙げられます。」と彼は述べた。 確かに市場にはまだ困難があるものの、国際ブランドは消費者信頼感指数(CCI)を基に、長期的にはベトナムの潜在的な可能性を感じている。 Infocus Mekong Research 2017によると、全国3200人の消費者を対象に調査した結果、2017年はCCI全体に若干の落ち込みが見られたものの、調査対象者の82%が 2017年の経済は2016年と同等か、良くなるであろうと考えており、引き続き高い消費意欲に支えられて活気付く見込みであるとしている。 主要な成長分野として、教育、外食、娯楽、個人医療、食料品などが想定される。 2017年の購買は、携帯電話、ラップトップコンピュータ、モーターバイクに動かされており、消費支出がより高額な商品に向かっていることを示している。 興味深いことに、こうした支出の大半は貯蓄の取り崩しによって賄われており、調査対象者のうち53%が、貯蓄が毎年減っていると回答し、驚くべきことに購買のために銀行から融資を受けていたりする者もいる。 2016年には調査対象者の40%が銀行融資を受け、そのうち42%が個人的な商品を購入するのにローンを利用したが、こうして購入した商品には国際ファッションブランドがほぼ確実に含まれていると考えられる。 「このようにベトナム経済は上昇軌道にあり、特にベトナムの都会の女性の間では国際ファッションブランドに対する欲求と需要が確実に増加することが見込まれています。」とMatthaes氏は結論づけた。   もっと見る
アパレル・リソース  eコマースの競争が過熱、配送時間の競争へ  ↑0 ↓0
オンラインストア間の競争の焦点は現在、価格から配送時間に移行している。 業界アナリストによると、5割引にもなる価格競争は過去のもので、良いサービスを求める顧客側の意識が高まるにつれ、配送時間が鍵となりつつあるという。 ベトナム最大のオンラインショッピングプラットフォームLazadaのAlexandre Dardy 社長は、業者数と製品数の増加に加えて配送時間の短縮が実現するだろうと述べた。 当然、都市部では地方部よりも早い配送が可能であるものの、現在、Lazadaの平均配送時間は2日以上となっている。 2016年末、Lazadaはバイク便配送業者AhaMoveと提携し、時には1時間以内の配送を可能とする新たな配送サービスを開始した。 別のオンラインショッピングサイトtiki.vnでも配送時間の短縮に取り組んでいる。現在の平均配送時間は2-3日となっている。 tiki.vnのTran Ngoc Thai Son社長は、消費者にとって最も重要なのは製品の品質と配送時間だと話す。 tiki.vnでは24時間以内の配送サービスを開始している。 時間内に配送されなかった場合、顧客は次回以降のショッピングに使える3万ベトナム・ドン(1.3米ドル)相当のtikiコインを受け取ることができるという。 しかし、配送時間の短縮にはコストもかかると同社は説明する。 速配サービスには通常配送の2-3倍のコストがかかるという。 例えば、3キロ以下の荷物の通常配送は1.5万ベトナム・ドンで済むが、速配サービスでは3万ドルかかる。 しかし、配送費用の50-75%はオンラインストア側の負担となっている。 Dardy社長は、AhaMoveは速配で3万ドンを得るが、Lazadaがそのうち2万ドンを負担するため、顧客の負担は1万ドンのみと説明している。 高い費用負担にもかかわらず、企業側は速配サービスが顧客の定着につながるとし、速配サービスの提供に意欲を見せている。 もっと見る
2017/03/23 06:08 da:15 facebook:0 twitter:0 サービス オンライン ショッピング コスト ストア コイン Tweet
tvgroove.com  映画「キングコング」ベトナムプレミアで“大炎上”! 火事騒ぎの原因は?[動画]  ↑0 ↓0
キングコング」最新作のベトナムプレミアは、ホーチミン市内のショッピングモールにて、3月9日夜に開催。場を盛り上げるため、会場には巨大なキングコング像が ...
アパレル・リソース  日本のコンビニチェーン各社が小売市場に急速に参入  ↑0 ↓0
日本のサービス文化に対する需要が高いベトナムでは、日系のコンビニエンスストアチェーンが急速に勢力を増している。 セブンイレブンジャパンは、近日ホーチミンで開店予定であるベトナム初号店の求人募集を2017年2月に開始した。 セブンイレブンブランドがアジアに初めて進出したのは、セブンイレブンチェーンの元となるサウスランド社が台湾に進出した1980年のことである。 その後1991年にセブンイレブンジャパンがアメリカのサウスランド社を買収し、のちに経営統合されセブン&アイ・ホールディングスとなった。 2014年にはセブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブンジャパンが中国・北京に初号店を開き、成功を収めている。 中国市場への参入は大成功を収め、セブンイレブンジャパンは即座に韓国、香港、ベトナムなどアジア諸国への拡大の計画を開始したという。 こうしてセブンイレブンジャパンは、世界中の過酷な市場で培った経験とともに、ホーチミンに初号店を開店するに至ったのである。 セブンイレブンのマネージメントチームにはアメリカ時代の30年以上前から在籍するメンバーも複数名おり、コンビニエンスストア部門ではかなり高いスキルを持っている。 その他のチェーンもまた、日本式の製品やサービス、スタッフトレーニングをベトナム全土に広めている。 日本第3位の大手であるファミリーマートは、2016年7月時点でベトナムに106店舗出店しており、2016年末までには150店舗、2018年には300店舗到達を目標としている。 またファミリーマートは、台湾、中国、タイなどのアジア市場でも幅広く展開している。 日本の大手流通企業イオングループのコンビニエンスストアチェーンであるミニストップは、日本国外では主に韓国で展開しているが、ベトナム全土のイオンショッピングセンターでも店舗を開設する計画がある。 一方で日本大手第2位のコンビニエンスストアチェーンであるローソンは海外展開においては遅れをとっており、2016年6月末時点の国外店舗はアジアの821店舗のみであった。 ローソンは上海地元企業との合同事業として1996年に中国市場に参入したが、運営能力の低さなどから売り上げや店舗数の増加に苦戦していた。 インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイなど、現在は日本国外に790店舗のみしか展開していないものの、ローソンはフランチャンズの促進により2020年までに中国で3000店舗を展開することを目標としており、ベトナムやマレーシアなどでのフランチャイズ展開も視野に入れている。 アジアでは中流階級層に突入する人口が増加しており、コンビニエンスストアの需要は今後高まると予想されている。 日本式のコンビニエンスストア運営の特徴としては、イノベーションや連続した新商品の投入、そして独自のサービス提供があげられる。 こうしたサービスは、同じ商品を何ら改良や変更することなく毎年提供し続ける傾向がある、従来のベトナム小売店とは全くの極地にある。 日本貿易振興機構(ジェトロ)は国内チェーンの大陸進出に関して楽観的であり、ジェトロの役員は、日本のコンビニエンスストアチェーンがベトナムにおいて大成功を収める可能性は十分にあると語っている。 もっと見る
アパレル・リソース  消費者は海外オンラインショッピングサイトを使う傾向  ↑0 ↓0
ベトナム人消費者は世界的大手サイト、アマゾンやeBayの方が商品が多様で、返品・交換の条件もより整っていると考えている。 最近発表された報告書によると、ベトナム人は国際的なショッピングサイトの方が製品やサービスの質が高いと考えており、国内よりも海外のオンラインショッピングサイトでより多額の消費をしているという。 ベトナム電子商取引協会(VECOM)が発表したこの報告書によると、アマゾンやeBayといった世界的なショッピングサイトがベトナム人消費者の買い物の利便性を高めているという。 「一方、ベトナムのオンラインビジネスの多く、特に中小企業は消費者に対応するための市場調査に多くを投資することができていない」と報告書は述べる。 国内のオンラインショッピングサイトは商品の多様性、品質、返品ポリシー、手数料などの面で劣っていると報告書は強調している。 VnExpressの読者Quoc Hungさんは、「eBayもアマゾンも利用しています。商品が気に入らなければ返品することができます」とコメントしている。 また、ベトナムのショッピングサイトの多くが送料無料や返品無料といったサービスを行っていないと指摘する読者もいる。 中国の大手小売サイトアリババもベトナム人消費者の心を掴みつつある。アリババのベトナム国内代理店であるインターネット企業OSBは、同社のベトナムでの顧客数はここ3年間で急速に拡大し、50万人に到達したと発表している。 ベトナム電子商取引・情報技術局によると、ベトナム人のオンラインショッピング利用は急速に拡大し、2020年までに人口の30%もの人々がインターネット上で商品やサービスを購入しているだろうと予測する。 商工省に属する電子商取引・情報技術局は、オンライン小売業での売り上げは2020年には国内の小売市場の5%を占めるようになると予測している。この比率は2015年には2.8%であった。 ベトナムの電子商取引市場は世界で最も急速な拡大を見せており、政府の統計によると2015年は前年比37%の成長、40億米ドル近い売り上げを記録している。 業界専門家の推計によると、ベトナム市場の成長の速さは日本の2.5倍という。   もっと見る
2017/02/28 13:51 da:19 facebook:0 twitter:0 サイト ショッピング オンライン 消費者 報告書 商取引 Tweet
アパレル・リソース  eコマース市場で新規参入企業が増加  ↑0 ↓0
Lotte、Alibaba、VNG、Vingroup、Aeon、Gioi Di Dongなど、ベトナムのeコマース市場には有力企業が溢れかえっている。 資金を使い果たし、eコマース市場を離脱した企業が多くいるにもかかわらず、最近になって市場に参入する新規企業は増え続けている。 1月13日、Gioi Di DongがVuivui.comでeコマース市場に正式に参入した。消費者の心を掴むべく、Vuivui.comでは純正品のみを販売し、模倣品が万が一発見された場合は補償を行うことを約束している。 Vuivui.comプロジェクトのPham Van Trong代表はVuivuiの展望に自信を持っており、将来的にはThe Gioi Di Dongの総売り上げの少なくとも10%を占めると見込んでいる。 The Gioi Di Dongの取締役が明かしたところによると、Vuivuiは2017年の第一四半期までに50億ベトナム・ドンを売り上げ、今年末までに200億ベトナム・ドンを売り上げることを目標としているという。 ロッテもまた昨年10月にlotte.vn を立ち上げ、ショッピングウェブサイトでベトナム最大手の座を狙っている。ロッテでは「先駆者」の様に手を広げすぎず、消費者にとって必須とされるファッション、ヘルスケア、美容、電化製品の販売のみに焦点を当てている。 ここで言う「先駆者」には、中国の億万長者Jack Ma氏のAlibabaから多額の投資を受けたLazadaや、タイの億万長者が所有するZalora Vietnam(タイ・セントラルグループがNguyen Kimを通じてZalora Vietnamを買収)、VingroupのAdayroiやVNGのTikiなどベトナム系のグループが含まれている。 アナリストによると、こうした投資家たちはベトナム市場に対する楽観的な見通しから、eコマース市場に未だに資金をつぎ込んでいるという。 「証券投資」紙が報じたところによると、Tikiの損失は急速に膨らんでおり、VNGから投資資本を受け取ってから11か月間で2500億ベトナム・ドンの損失が発生しているという。 同じ様な商品を販売し、同じ配送サービスを使い、同じ支払い方法を採用し、お互いに価格面で競争しなければならないが、価格面だけで勝者になることはできない。eコマース企業は行き詰まりの打開策をいまだに見つけられていないとアナリストはコメントしている。 ベトナムの消費者行動や習慣は急速に変化し、インターネットユーザーがオンラインショッピングでより多額の金を使用する傾向は強まった。 2030年までにベトナム人口の30%がオンラインでショッピングをするようになり、一人当たりの消費レベルが350米ドル、年間の見込み収益が100億米ドルになると商工省は推定している。 もっと見る
2017/02/25 06:03 da:19 facebook:0 twitter:0 eコマース ショッピング 消費者 億万長者 グループ ロッテ Tweet
アパレル・リソース  コンビニエンスストアの景気が良好  ↑0 ↓0
ベトナムではコンビニエンスストアやミニマートの人気が高まっており、専門家の推定によると、3分の1以上の家庭がコンビニエンスストアやミニマートで日常的に買い物を行っているという。 もしより大幅な値引きを行えば、コンビニやミニマートが成長する可能性はさらに高まるだろうと専門家は予測している。 またベトナム商工省国内市場局のLe Viet Nga副局長によると、コンビニ等に対する市場の反応はよく、2桁台の成長を見せる最も急速に成長する小売分野となっているという。 「生産地のはっきりした商品を売り、優れた管理を行う現代的な取引チャンネルです。コンビニエンスストアは中小規模の企業や農家が自らの製品を市場に持ち込むことのできる機会を提供しています。」同省によると、スーパーマーケットやハイパーマーケットと比較して投資対効果が高く、投資額も低いことから、投資家たちもコンビニエンスストアを好んでいるという。 その上、500平方メートル以下の小売店舗の開設は経済的ニーズ考査(ENT)の対象ではないため、コンビニエンスストアやミニマートのライセンス取得はスーパーマーケットより容易である。 従来の小売チャンネルは現在も市場の72%を占めているが、2020年までに60%まで減少すると専門家は予測している。 中国では2万1000人毎、韓国では1800人毎に一つのコンビニエンスストアがあるが、ベトナムには現在6万9000人に一つの割合であり、今後成長していく可能性は多大にある。 所得の安定した成長と消費者行動の変化はもう一つの大きな要因であると専門家は加えた。   激しい競争 コンビニエンスストアの店舗数は2012年から2014年の間に倍の348となった。また、ミニマートの店舗数は863から1453に増加している。 活発な経済が消費力を増加させる中消費者が利便性に注目し、Saigon Co.op、Satra, Vingroup、B’s mart、Shop&Go、Circle Kと言った国内外の有力企業が存在感を増していき、コンビニエンスストアは2015年と2016年にも優れた業績を収めている。 例えば、Co.opmart、Co.opXtra、Co.op Foodを所有するSaigon Co.opは昨年新しい小売モデルであるCo.op Smileを開始した。 昨年の店舗数は20のみであるが、Saigon Co.opのNguyen Thanh NhanはCo.op Smileの店舗数を今年末までに200-300にまで拡大する計画を実行中であると述べた。 ベトナムでハイネケンとジョイントベンチャーを持つSatraもまた、食肉生産のVissanなどの子会社やベトナムの生産者一般の流通チャンネルを構築するために、自社のコンビニエンスストアチェーンであるSatrafoodsの展開に焦点を当て、小売システムを拡大する計画を持っている。 メコンデルタの都市カントーの10店舗を含む55のSatrafoods店舗を今年開店予定で、合計店舗数は172になる見込みである。 商工省によると、外国企業がコンビニエンスストア市場に占める割合は70%であり、モールやスーパーマーケットは17%、ミニマートは15%、オンラインのショッピングチャンネルは50%である。 関係者によれば、コンビニエンスストアやミニマートの最大の欠点はスーパーマーケットや従来の市場、食料店と比較して値段が高いことにあるという。 競争力を高めるためには価格を下げ、品質の高い地元製品を販売する必要がある。 ハノイ・スーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内の生産者や流通業者が関係性を強化し、仲介コストを削減すべきであると述べた。 経営コンサルティングのA.T.カーニー社のグローバル小売成長指数(GRDI)によると、ベトナムは魅力の高い小売市場として2008年以降上位30か国に入っている。 もっと見る
アパレル・リソース  国内小売業者の強み  ↑0 ↓0
ハノイで最近開かれたセミナーによると、現世代のベトナム人はかつてない人口転換に苦戦しており、それがもっとも顕著に表れているのが小規模小売業であるという。 人口増加、都市化、そして事業の大規模化により、大都市の中心部は最新技術や効率化そして競争の舞台となってきている。 またこうした要素が相乗効果となり、ベトナムは低所得国から中所得国へと変化している。都市化があまり進んでないにもかかわらず高所得のレベルに達した国は歴史上かつてない。 小売、農業、製造業、サービス、またその他の分野に関わらず、こうした高度な競争はベトナムにおける小規模事業の様相を変えていくだろう。 しかしながら、規模の大きな多国籍ライバル企業と争うことは難しく、ベトナム小規模企業協会のNguyen Van Than会長によると、あまりにも多くの人々が絶えず小規模国内企業の激化する競争に対する難しさを訴えているという。 激化する競争が小規模な地元小売業者にとって厳しいものであるとあまりにも多くの人々が絶えず訴えているのだ。 しかしながら、こうした訴えは必ずしも正しいものではないのである。 多国籍小売業者に関しては、特に無関心な従業員を雇う業者に限れば常に顧客の希望する商品の在庫がなく、返品手続きが煩雑で、店内には常に大音量の音楽が流れているとThan氏は述べた。 またこうした店では不必要に高い返品手数料がかかり、陳列はしばし乱雑で、さらには商品の陳列や在庫商品に一貫性がないため顧客が希望する商品を探し当てるのに苦労するものである。 一方、ベトナムの小規模小売業者は各店舗のすべての従業員がカスタマーサービスや商品に関して熱心であり、カスタマーサービスや在庫管理に関しては大規模な多国籍小売業者に容易に打ち勝つことができる。 さらに、チャンスをものにしたいという小規模企業は、今や世界中から目新しい商品を集め、自身のユニークなテイストを加えてベトナム小売市場に持ち込むことができるという無限のチャンスがあるのだ。 個性的なドレスや帽子、ハンドバックやネックレス、そしてBig CやLotte、AEONなどのバーゲンでは見つけることができないような商品を世界中から探し当てることができるのである。 またベトナムの消費者購買動向には実店舗からの疎遠化という明らかな構造変化が見られ、それが小規模国内小売店にとって大きな強みとなっている。 今日の消費者は多忙な生活の中で時間のかかるショッピングを遠ざける傾向にあり、とりわけ若い世代の消費者は、インターネット上のブラウジングやショッピングの方が実店舗を訪れるより便利であると感じている。 こうした世代はオンラインで買い物をし、店舗でそのまま商品をピックアップする方を好むのである。 国内小売店にとっての強みは、こうした買い物客がショッピングセンターよりもハノイやホーチミンの街中で商品をピックアップすることを好むということである。 駐車場の入り口までたどり着き、バイクの排気ガスを浴び、空きスペースを探し、店まで行きまた戻ってくるというのは、考えるだけでもうんざりするものである。 ショッピングセンターで途方もなく暮れてしまうのはあなただけではないのですとThan氏は述べた。 ベトナムの国内小売業者の成功を阻んでいるのは多国籍小売業者との競争ではない。国内小売店はその競争を生かせばいいのである。 もし国内業者が店舗のロケーションを探しているのであれば、多国籍小売業者のすぐ近くに店を構え、目立つ位置に看板を構えれば良い。 成功を収める企業者というものはスマートフォンに頼らず、自己啓発に取り組み、同僚や顧客との明確かつ簡潔で人を惹きつけるコミュニケーションの方法を学ぶものである。 成功の意思を持つ小規模小売業者にとって、今日のベトナムほどチャンスに恵まれた場所はないのである。   もっと見る
newswitch.jp  「地方の雇用、公器として守る」(高島屋社長)“集いの場”のあり方探る  ↑0 ↓0
―7月にベトナムにショッピングセンター(SC)を開き、17年度にはタイへの出店を ... 話は持ち込まれているが、まずはベトナムとタイの事業を軌道に乗せたい」
2016/12/27 06:01 da:55 facebook:0 twitter:0 ショッピングセンター あり方 高島屋 Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]ビンG、新たなSC「ビンコム+」の1号店を開業  ↑0 ↓0
ビングループ[VIC](Vingroup)は20日、東南部地方ドンナイ省ロンタイン郡で新たなショッピングセンター(SC)「ビンコム+・ロンタイン(Vincom+ Long ...
2016/12/23 15:45 da:53 facebook:- twitter:- Long ショッピングセンター ドンナイ グループ Tweet
アパレル・リソース  ファッションフェア2016が21日開幕、150社以上が参加  ↑0 ↓0
12月21日にベトナム国際ファッションフェア2016(VIFF 2016)がハノイ市の国際展示場で開幕し、150以上の企業が製品を展示する。 ベトナム展示会・フェアセンターJSC(VEFAC)とベトナム繊維公団が共催する6日間のイベントでは、4000平方米の展示スペースに200以上のブースが設けられ、繊維、縫製製品、履物、化粧品、ジュエリー、美容サービスの製品が展示される。 VEFACのVu Ngoan Hop取締役は19日、このイベントは国内のファッション産業、縫製、履物、ジュエリーや美術品輸出企業の輸出促進イベントであるのみならず、ハノイ市民にとってはショッピングの機会でもあると述べた。 また、参加企業にとっては製品を消費者に効果的に宣伝する良い機会でもあるという。 昨年の展示会には250社以上の国内企業が参加し、4000の展示スペースで製品を展示した。 もっと見る
newsclip.be  「しゃぶしゃぶ温野菜」 ハノイにベトナム1号店  ↑0 ↓0
【ベトナム】外食チェーンのコロワイド(横浜市)は14日、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」のベトナム1号店をハノイのショッピングセンター「ビンコムメガモール・ ...
2016/12/15 03:01 da:43 facebook:0 twitter:0 ハノイ ショッピングセンター チェーン Tweet
出島  ベトナム、eコマース市場の見通しは依然として厳しいまま  ↑0 ↓0
オンラインショッピングがベトナムにおいて牽引力を増している一方、オンライン上の決済でクレジットカードを使用することをためらう層の存在により、オンライン ...
アパレル・リソース  eコマース市場の見通しは依然として厳しいまま  ↑0 ↓0
オンラインショッピングがベトナムにおいて牽引力を増している一方、オンライン上の決済でクレジットカードを使用することをためらう層の存在により、オンラインショッピングの販売チャンネルとしての存続の可能性に対し疑問視を持つ小売業者や卸売業者が増えてきている。 商工省の公式統計によると、2015年のオンラインショッピングの合計は、インターネットアクセスの拡大とスマートフォン利用の増加に伴い、1年間で22.5%増となる49億米ドルであった。 この増加のほとんどは、Vathia、Sendo、Tiki、Hotelなどのベトナムのオンラインウェブサイトや、国際的なe-マーケットプレイスであるLazadaやZaloraによるものである。 ベトナム電子取引IT庁の他のレポートにおいても、オンラインショッピングの利用者数と売上高は2020年までに大幅に増加するとの明るい見通しである。 しかしながらこの展望とは裏腹に、多くの販売店やメーカーではeコマースに対する適性や物流、競合性において大きな課題に直面している。 とりわけ、オンライン購入時にクレジットカードを利用することへの恐怖心から、ベトナムにおけるeコマース取引の90%以上が代金引換払いを選択しており、それが販売店にとって大きな悩みの種となっている。 また消費者知識とコンシューマーインサイトのグローバルリーダーであるKantar Worldpanelによると、世界的には売れ行きの3.9%を占める、本来であれば売れ筋であるはずの日用品(FMCG)部門が、ベトナムにおいては0.2%しかないという事実も見過ごされているという。 簡単に言えば、ベトナムの消費者は日用品をオンラインでは買わず、実店舗や地元の市場で現金購入する傾向にあるのである。 さらに、Vinmart+やサークルK、ファミリーマートなど、日用品の主要事業者が全国に実店舗を拡大しているこの状況下では、日用品部門においてeコマースが伸びる余地が残されていないと多くの専門家は考えている。 ベトナム電子取引庁の予測する展望においてはまた、世界中の発展国の主要市場では依然として実店舗が小売の基礎となっているという事実を無視している。 アメリカの市場調査会社であるeMarketerによると、インターネット時代と呼ばれる今日においても、世界中の小売販売の90%が依然として実店舗で執り行われるという。経営コンサルタントA.T.Karneyはさらに、この数字が95%近くであるとみている。 ベトナム電子取引IT庁の事務所庁Nguyen Thi Hanh氏は最近、ベトナムにおけるビジネスの42%がウェブサイトすら持っていないという調査結果を発表している。 ベトナムのビジネスの19%がウェブサイトを通じて商品やサービスを売り込んでいる一方。70%のウェブサイトはスマートフォン利用者が満足にコンテンツも見られないほどお粗末なデザインのままなのである。 もっと見る
アパレル・リソース  アメリカ式のブラックフライデーが流行  ↑0 ↓0
アメリカでポピュラーなブラックフライデーを倣い、ベトナムでも多数の店が大規模なセールを実施した。いくつかのブランドがこれを機に儲けを出すことはできたものの、ベトナムの状況はアメリカほど熱狂的で期待値の高いものではなかった。 ビンコムショッピングモールの高級店からノーブランドの服を売る格安店に至るまで、ハノイのあらゆる目抜き通りでは「ブラックフライデー 最大50%割引セール」の看板が掲げられた。多くの店はバーゲン目的の顧客で溢れかえった。最も多くの顧客を引き付けたのは、Emigo、IVY Moda、Charles and Keith、Aldo、Canifaなどの、最大70%に及ぶ割引を掲げた中上流や中流のブランドであった。 「我が社がブラックフライデーを実施し大成功を収めたのはこれで2年目になります。お客様が店に詰めかけ、我が社のニットウェアが、低価格の商品もカシミアでできた高級品も共に、通常と比較し記録的なスピードで売れました。」とBa Trieu通りのショップCanifaの従業員はベトナム・ニュース紙に語った。 セール商品は家庭用品から服まで様々な種類に及んだが、最も期待が高かったのはアパレル分野だった。大学生や会社員、主婦など、その殆どが女性であった買い物客は、25日朝早くから様々なモールや路面店に押し寄せた。 しかしながら、割引に正しく取り組まない店も多くあった。時に全商品が50%割引されるアメリカでのブラックフライデーの慣例とは対照的に、ベトナムの幾つかの販売店では偽りの宣伝が行われ、商品に応じて10〜70%の割引率をつけられた。また店側は完全には認めなかったものの、売れ残り商品に惹きつけられるような値付けがされた。 多くの顧客が不必要なものに散財するよう見受けられたため、購入には慎重で慎ましくあるよう勧告された。多くの店がこのセールを、前シーズンの売れ残り商品を処分したり、品質の良くない商品を混ぜこんだりする機会と見たのである。 アメリカでは、ブラックフライデーは感謝祭の翌日である11月の第4金曜日に当たる。顧客の大きな期待に応えるべく多くの小売店で大幅割引のセールが実施される一方、ブラックフライデーはクリスマスのショッピングシーズンの始まりと広く見られている。 週末割引のみの場合もあるが、セールのタイムリミットは通常11月25日〜28日である。顧客呼び込みのため、割引と同時にクーポンやその他の特典がつけられる。   もっと見る
2016/11/28 11:49 da:18 facebook:0 twitter:0 ブラック フライデー セール アメリカ 売れ残り シーズン Tweet
出島  ベトナム、オンラインショッピングの台頭でEカードの利用増加  ↑0 ↓0
オンラインショッピングの普及により、ベトナムにおけるクレジットカードの人気が高まっている。商工省の報告によると、ベトナムにおける2015年のeコマース収益 ...
アパレル・リソース  オンラインショッピングの台頭によりEカードの利用が増加  ↑0 ↓0
オンラインショッピングの普及により、ベトナムにおけるクレジットカードの人気が高まっている。 商工省の報告によると、ベトナムにおける2015年のeコマース収益は、2014年から37%増となる40億米ドルであった。消費者は一回のオンラインショッピングで平均106米ドル使っていたという。 オンラインショッピングの人気の高まりから、この数字は次数年間でますます高まるものと予想されている。ホーチミン市の33歳会社員Tuyet Thanhさんは、eコマースの利用により買い物の利便性が増したという。 「外が雨だろうと晴れだろうと、家にいようと職場にいようと、いつでもインターネットサーフィンをして、商品、航空券、ホテル予約と、必要なものは何でも買うことができます。「いつでも」「どこでも」という言葉はまさにこのことです。」とThanhさんは述べた。. また消費者は、国際的なブランド製品をブラウズし、いつでも購入することができる。 しかしながら、オンラインショッピングを安全に行うためにはクレジットカードのセキュリティに注意しなければならないのも事実である。オンライン詐欺が横行しつつあるベトナムでは、金融の安全保障が需要な課題であることは消費者も留意している。 「オンラインショッピングで利用するクレジットカード選びには注意していて、確かな小売店と提携を結ぶ信頼性の高い銀行から発行されたカードを選ぶようにしています。」28歳のメディア専門家Thanh Huongさんは述べた。 消費者を誘導するために銀行は、ターゲット層に魅力のあるキャンペーンを行い、高水準の製品やサービスを提供するブランドと提携すべきである、と彼女は加えた。 Visa提携のShinhan銀行のEカードは、ベトナムの中でも人気が高い。Shinhan銀行によると、同行発行のEカード利用者は、週末のオンラインショッピングでのカード利用で、月間最大30万ベトナムドン、年間最大300万ベトナムドンのキャッシュバックを受け取ることができる。 またShinhan銀行のEカードは1000ベトナムドンの利用につき、平日のオンライン購入利用で2ポイント、オンライン以外の購入利用で1ポイントのShinhanポイントを付与している。このポイントは3年間有効で、現金に変換することができる。 「一番の魅力は、Tiki、Zalora、Lazada、Uber、Grab、Ciao Floraといったショッピングサイトやアプリなど、Shinhanの提携200企業で特典を受けれることです。また、CGV シネマ、Lotteシネマ、Hollys Coffee、Vpresso Coffeeでは一つ購入で一つ無料の特典もあります。」Shinhanの代表は説明した。 ShinhanのEカード利用者はまた、Tiki、Lazada、Yes24、Vivavivu、Nguyen Kim、Piaggio、SAPA、Xuan Cau、など多くの人気店で金利0%の分割払いオプションを利用することができる。2016年12月31日までの新規Eカード顧客先着888名は、Lotte.vnでの30万ベトナムドンのプロモーションコードを受け取ることもできる。 Eカードに平行しShinhan銀行は、オンラインの請求書払い、オンラインの貯蓄サービスといった、インターネット銀行サービスの提供も開始した。 同行はベトナム全土でのネットワークも急速に拡大している。2016年だけでも、ハノイ、ヴィンフック、ホーチミンに4支店を開設し、現在では国内で18の支店・処理センターとなっている。 もっと見る
アパレル・リソース  国内小売業者はEコマースに希望を託す  ↑0 ↓0
ベトナムでは最低限の費用で事業を拡大しようと、小売業者が次々に大手Eコマース企業と手を結んでいる。 業界専門家はベトナムでEコマースが急速に発展し、ウェブサイト、モバイルアプリやソーシャルネットワークが立ち上がりつつある中、こうした動きは不可避のトレンドだと話す。 電子商取引・情報技術部の報告書によると、2016年には34%の企業が製品をソーシャルネットワークで販売している。スマートフォン用アプリケーションを開発した企業や小売店も多い。 2014年には、スマホ用アプリを持つウェブサイトの割合は15%に過ぎなかった。2015年にはそれが21%まで伸びている。 しかし、すべての小売業者がこうした投資を行えるわけではない。小規模企業には特に困難である。 ウェブサイトやモバイルアプリの開発に多額の資金を注ぎ込む代わりに、大手Eコマース企業と提携し、そうした企業のプラットホームと売り場を利用して製品の管理や販売を行う企業も多い。 最低限の投資で販路を拡大できるこうした提携は賢い選択だと言える。 現在、最大のオンラインショッピング企業Lazadaはウェブサイトで商品を販売する契約を40社と交わしている。この提携は消費者、Lazada、小売業社のすべてを利するものだとLazadaは述べる。 Lazada VietnamのAlexandre Dardy CEOは、Lazadaとの提携により、その強力なネットワークを利用して小売業者は遠隔地を含むベトナム全土へと販路を拡大することができる、小売業者にとってはLazadaの4700万人の消費者に出会うチャンスとなると話す。 モバイルショッピングアプリShopeeも公式に事業を開始し、多くの小売店を集めている。 昨年、Eコマース企業SendoはBizwebと共に小売店主らに売り場を提供するアプリを開発した。 Zaloも消費者が自らの商品を販売できるサービスを立ち上げた。 Kid Plazaの代表者は、こうした提携の効果について、同社は全国で55店舗のスーパーマーケットを展開しているが、現在はEコマースに注力していると述べる。 Lazada.vnとの提携開始後3か月で、同社は月間200%の売上向上を記録するに至った。 Shopeeと提携するアマチュアの店舗オーナーNguyen Hong Phongは、事前に何の知識もないままEコマースに参入したと話す。 「Shopeeの支援、特に商店主が特に重要なスキルを学べる教育プログラムであるShopee Universityのおかげで事業は成功し、現在では1日に100以上の受注があります」とPhongは話す。 もっと見る
iace.co.jp  ダナン旅行・ツアー  ↑0 ↓0
古くから栄えた港町!世界の脚光を浴びるリゾート地! 古くから東西の交易地点として栄えた町で今はベトナム中部最大の商業都市ダナン。グルメ・ショッピング ...
2016/10/27 20:06 da:48 facebook:0 twitter:0 ダナン ショッピング グルメ リゾート Tweet
withnews.jp  麺王国ベトナムのカップ麺を食べ尽くし…各社の世界戦略を味わう  ↑0 ↓0
都市部のホーチミンやハノイで増えているコンビニエンスストアや、大型ショッピングセンターの食品売り場を訪ねると、確かに棚にはカップ麺がずらりと並んでいま ...
アパレル・リソース  シティバンクとLazadaが地域連携を発表  ↑0 ↓0
世界規模の大手銀行であるCitiと東南アジアでオンライン取引プラットフォームを展開するLazada Groupが東南アジア市場に注目した新たな連携を発表した。Citiのカード保持者に対し、東南アジア地域全域でのプロモーションを展開する。 CitiとLazadaのこの連携で、Citiのカード保持者は特定の日にeコマースサイトでの買い物で15パーセントまでの割引を受けることができる。加えて、新たにCitiクレジットカードに加入するとLazadaでさらなる割引を受けることができる。 この割引はLazadaのオンラインレボリューションキャンペーンに先駆けて10月にインドネシア、マレーシア、フィリピン及びタイで実施される。オンラインレボリューションキャンペーンは11月に開催される東南アジア地域最大のオンラインショッピングイベントである。 シンガポールとベトナムでもCitiとLazadaは提携している。ベトナムでは2016年11月22日までに新たにCitiのクレジットカードを申し込むと200万ドン(91ドル)までのLazadaの割引券を受け取ることができる。Citiカード保有者はLazadaで買い物をするとポイント10倍、5%キャッシュバック、プレミアマイル3倍、Citi PayLiteプログラムで年末まで利子・手数料無しなど、様々な特典がある。 Citiはアジア地区のクレジットカード発行で主導的な地位にあり、アジア地区で1600万枚以上を発行しているほか、Lazadaが事業を展開する6か国で個人向け銀行サービスも行っている。今回の提携でアジア地区のCitiのカード事業にさらなる成長をもたらし、顧客がデジタル面でより活発化する中、Citiが目指すデジタル領域でのプレゼンス向上が期待されている。 「主要デジタル領域での顧客サービスの提供を含め、デジタルバンキングの領域で世界でも主導的な地位を得ることを個人向け銀行サービスの戦略としています。モバイルやその他デジタル手段の急速な浸透により、銀行の利用方法は大きく変化してきています。そのため、新規顧客の獲得や顧客の忠誠度向上によりカード事業に成長をもたらすLazadaとの提携を喜んでいます」とCitiアジア太平洋個人向け銀行業務のAnand Selva部長は話す。   もっと見る
2016/10/19 12:05 da:22 facebook:0 twitter:0 カード デジタル オンライン アジア 東南アジア サービス Tweet
ecnomikata.com  JTB/日本運輸/三越伊勢丹が資本提携、海外事業展開へ  ↑0 ↓0
まず、バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)、デリー(インド)のオンラインショッピング利用率は、ホーチミンが31.7%と最も高い。次いで、 ...
アパレル・リソース  8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国入り  ↑0 ↓0
米国のAT Kearney Companyが発表した世界小売開発インデックスのランキングでベトナムが8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国のひとつとして挙げられた。さらに、世界的な情報計量企業Nielsenの最新の調査によると、ベトナム人消費者の34%がハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)で、29%がスーパーマーケットで、22%がコンビニエンスストアやミニマートで定期的に買い物をしているという。 この調査では、大規模小売業者と人口の60%が35歳以下という若い人口により、現代的な小売モデルは高い年間成長率を記録し続けるだろうと結論づけている。 Saigon Coopが売上高と店舗数で引き続き首位に立っている。ACB Securities Company(ACBS)によると、Co.op Xtra、Co-op Mart、Supermarket Food Co-op Miniの3つのチェーンを持つSaigon Co-opは178店舗を擁し、2015年の売上高は25兆ベトナム・ドン(1010万米ドル以上)に達した。 Nielsenの調査はまた、コンビニエンスストアやミニマートの業態は今後も成長を続けると予測している。コンビニエンスストアやミニマートの部門は現在小売業界で急速に拡大している。VingroupチェーンのVinmart+は2016年6月末時点で825店舗を擁し、競合相手であるShop & Goも210店舗、Circle Kは178店舗、B’s Mart(旧Family Mart)は146店舗、Satrafoodsは80店舗、Ministopは58店舗を展開している。 商工省は2020年までにベトナム国内のハイパーマーケット・スーパーマーケットは1200から1300か所、ショッピングセンターは337か所となると予測している。商工省によると、低い都市化率と一人当たり国内総生産にもかかわらず、国内総生産の伸びは市場の昔ながらの生鮮食品小売業も勢い付け、72%の成長率を示した。しかし、成長率は2020年までに60%へと低下する可能性があると分析している。 もっと見る
アパレル・リソース  小売市場に流入する海外投資  ↑0 ↓0
若年層と増えつつある中流階層のおかげで、ベトナムは最も魅力的な新興小売市場となっている。 世界的な不動産サービス企業JLLベトナムが最近発表した報告書によると、すでに日本、タイ、フランス、韓国の企業がベトナムでの商機を求めて参入している。 タイ企業のBerli Jucker PlcはMetro Cash and Carry Vietnamを6億5500万ユーロで買収し、2014年最大の合併買収事案となった。その後間もなく、タイのCentral Groupは電気製品小売チェーンNguyen KimとBig C Supermarketを買収している。 2015年には韓国のディスカウント小売大手Emartがホーチミン市に店舗をオープンした。韓国のスーパーマーケットブランドLotteは11店舗を開業し、2020年までに60店舗への拡大を目指している。 日本のイオンモールは2年前のベトナム市場参入以来すでに4か所のショッピングモールと約50店舗を擁し、2020年までにベトナム国内でさらに20のショピングセンターを開業する意向である。フランスのAuchanSuperもSimply Mart3店舗が好調で、ベトナム小売市場の成長可能性を評価し事業拡大を決定しており、2020年までにホーチミン市で17のスーパーマーケット、北部で20店舗の開店を目指している。 1人当たり所得が増加するにつれベトナム人の消費力が高まり、Gap、Mango、Topshopが若い世代に浸透してきた。9月上旬にはホーチミン市にZaraの最初の旗艦店が開店し、H&Mも2017年はじめのベトナム参入を目指し手続中と言われている。 JLLベトナムの報告書は、総人口9000万人の70%を15歳から64歳が占めるベトナムの小売市場は成長の余地が大きいと指摘している。2015年から2020年にかけて、ベトナムの都市人口は2.6%上昇することが予測されており、これは東南アジア地域でも最も高い成長率である。 JLLベトナムのTrang Buiは「増加しつつある可処分所得、急速な都市化と生活水準の上昇により、ベトナムは東南アジア地域で最もダイナミックな新興経済となっています」と話す。 米国のコンサルティング会社Boston Consulting Groupもまたベトナムの中流、上流階級人口が2020年までに倍増すると予測している。小売業者の中心的ターゲットとなるのは月収1500万ベトナム・ドン(714米ドル)以上の層である。 加えて、クレジットカードの利用が一般に広まりつつあり、消費者の高額消費への警戒心が下がっている。外国人観光客の増加とインフラの改善も投資家を惹きつける重要な要素である。 「競争はますます激化しており、市場の要求に応える適切な戦略を持つ小売業者のみが市場シェアを伸ばすことになるだろう」とJLLの報告書は分析している。 もっと見る
chosunonline.com  KOTRA 海外通販サイトで韓国商品販促展=来月末まで  ↑0 ↓0
... 【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が大規模ショッピング・観光イベント「コリアセールフェスタ」に合わせ、世界のインターネット通販サイト ...
tabizine.jp  【世界の可愛い雑貨】キュートなエスニック雑貨が手に入る買い物天国な国6選  ↑0 ↓0
ベトナムきってのショッピングストリートとして知られているのが、最大の都市ホーチミンのドンコイ通り。伝統的なベトナム雑貨をモダンにアレンジしたオシャレな ...
travelvoice.jp  アジア4都市のネットショッピング、利用率トップはホーチミン、インド・デリーはスマホ経由96% ―インテージ  ↑0 ↓0
インテージはこのほど、アジア4都市(タイ・バンコク、インドネシア・ジャカルタ、ベトナム・ホーチミン、インド・デリー)でオンラインショッピング利用実態を調査した。
tv-tokyo.co.jp  【エマトピ】日系小売店が続々進出  ↑0 ↓0
ベトナムでは日本の小売店が進出が目立っています。7月1日にイオンはベトナムで4番目の店舗となるショッピングモールをホーチミン市に開店しました。また、30 ...
2016/09/05 08:03 da:87 facebook:0 twitter:0 小売店 ホーチミン モール イオン ショッピング Tweet
出島  日本の投資家、ベトナムの地下鉄駅構内にショッピングモール建設へ  ↑0 ↓0
ベトナムの地元紙は8月15日、日本の投資家グループが2020年に竣工するベトナム・ホーチミンの地下鉄駅構内に、大規模なショッピングモールを建設する計画を ...
2016/08/26 11:03 da:17 facebook:0 twitter:0 モール 投資家 ショッピング 地下鉄 大規模 グループ Tweet
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
msn  新興国eye>ベトナム・ホーチミン地下鉄構内にショッピングモール建設へ  ↑0 ↓0
日本の投資家グループは20年に竣工するベトナム・ホーチミンの地下鉄駅構内に6兆8600億ドン(約3040億円)を投じて、大規模なショッピングモールを建設 ...
2016/08/17 10:39 da:96 facebook:0 twitter:0 ショッピング モール ホーチミン 地下鉄 大規模 グループ Tweet
アパレル・リソース  個人の年間EC利用額は2020年までに倍増し350ドル  ↑0 ↓0
首相の承認を受けた「電子商取引開発マスタープラン」によると、ベトナム人のおよそ3割が今後5年間にオンライン取引を行うようになる。 個人向け(B2C)オンライン取引の売り上げは年率20%上昇し2020年までに100億米ドルとなり、小売業・サービス業売り上げの5%を占めるようになる。法人向け(B2B)のオンライン取引での売り上げは総輸出額の3割を占めるようになる。 つまり、2020年までにベトナム人一人当たりのオンラインショッピングでの年間消費額はおよそ350米ドルとなり、2015年の消費額から倍増する。 ベトナム電子商取引・情報技術庁(VECITA)が2015年に発表した電子商取引に関する報告書によると、2015年のオンラインショッピングでの消費額は一人当たり160米ドル、電子商取引による売り上げは407万米ドルで前年比37%の増加であった。 オンラインで購入されている商品は衣類、履物、化粧品(64%)、電気製品、技術製品、家庭用製品、オフィス用品、花、贈答品であった。 政府は企業の5割がウェブサイトを開設し、8割が電子商取引を申請、すべてのスーパーマーケットやショッピングセンターがPOSシステムを導入することを目標として掲げている。 電気、水道、テレコム、コミュニケーション事業者のおよそ7割でオンライン決済が可能で、都市部の個人・家庭の5割が現金の代わりにオンライン決済を利用している。 政府はまた、ベトナムの全省・都市で電子商取引用の決済システムと配送サービスの開発を計画している。 もっと見る
asiax.biz  ケッペル・ランドがホーチミンの商業施設開業、髙島屋が入居  ↑0 ↓0
不動産開発のケッペル・ランドは、ベトナムのホーチミン市で開発中の複合施設サイゴン・センター内に建設したショッピングモールを開所した。アンカーテナントは ...
ryutsuu.biz  高島屋/ベトナムにショッピングセンターを出店  ↑0 ↓0
高島屋と東神開発は7月30日、ベトナム・ホーチミン市に、高島屋グループでベトナム初のショッピングセンター「サイゴンセンター」と、核テナントとなる「ホーチミン ...
newsclip.be  「ホーチミン高島屋」開業  ↑0 ↓0
【ベトナム】高島屋と連結子会社の東神開発はシンガポールの大手不動産会社ケッペルランド、ベトナム企業2社と協業し、ホーチミン市にショッピングセンター「 ...
アパレル・リソース  高島屋、ホーチミン市にオープン  ↑0 ↓0
日本の百貨店高島屋が7月30日、ホーチミン市のサイゴンセンターに初めて店舗を開く。投資額は2500万米ドル。 これは同グループにとって、海外市場、とりわけ東南アジア市場の拡大の第一歩にあたる。 「店舗は完成段階に入り、開店の準備を行っています」と高島屋ベトナムの広報担当Phung Thi Xuan An氏は語る。 高島屋の店舗はホーチミン市中心部のLe Loi通にあり、5階建てで面積は1.5万平米。 同百貨店のオープンはベトナムの高級小売市場の幕開けを告げ、ベトナム南部に贅沢なショッピング体験の場を提供する。 ベトナムは若者人口が多く、中流層が拡大しており、東南アジアでも最も急速に経済成長しているために、イオン、高島屋、セブンイレブンなどをはじめ、多くの日本の小売業者の注目を釘づけにしている。 Vietnam Economic Times誌とのインタビューで、イオンベトナムのハノイのLong Bien店石川忠彦店長は、若者人口が多いというのはベトナムの小売分野の発展の大きなメリットだと語った。 「核家族も増えてきており、生活水準も上がっている」と彼は言う。 「そのため、消費財や娯楽サービスへの需要もこの先伸びていくでしょう」 ベトナム経済の自由化も進み、外資企業の進出も緩和されてきていると付け加える。 「海外の小売業者がベトナムに小売店舗を構える機会が増えてきます」 ベトナムの小売市場は多くの外国小売業者を惹きつけている。 米国のAT Kearney社が毎年発表する世界小売発展指数(GRDI)で2008年以降ベトナムは常に有望小売市場ベスト30の常連となっている。 中でも、一般スーパーとショッピングセンターは外資企業が着目する最も有望な形態と見られている。 しかしながら、最近のNielsenレポートでは、ベトナムでは従来型の小売チャネルもいまだ好まれており、現代的チャネルよりも5.4%高い成長率を記録し、100億米ドル規模の日用消費財市場の85%を保持している。 ベトナムの小売市場では最近企業買収も行われている。4月にはCasinoグループがBig Cベトナムを閉店し、タイのセントラル・グループに11.4億米ドルで譲渡すると公式に発表した。 Metro Cash & Carry VietnamもMetroグループからTCC Land International Pteに売却された。 商工省の数字では、2015年のベトナムの小売市場は1020億米ドルの規模と推測されている。700店のスーパーと132のショッピングセンターがあり、うち22が100%外資企業である。 2020年までの小売市場の成長率は11.9%で、2020年には市場規模は1790億米ドルとなり、そのうち45%を近代的な小売が占めるものになると見られている。 もっと見る
時事ドットコム  ホーチミン高島屋、30日開店=ベトナム初の日系百貨店  ↑0 ↓0
高島屋は28日、ベトナム南部ホーチミン市に日系初の百貨店となる「ホーチミン高島屋」を30日開店すると発表した。同時開業のショッピングセンター「サイゴンセンター」の核テナントとして「上質で豊かなライフスタイル」を提案する。 高島屋の海外店舗としてはシンガポール、中国・上海に次ぎ3店目。来年度にはタイ・バンコクへの出店も予定している。(2016/07/28-18:41)
ecnomikata.com  ベトナムのEC事情、キャンセル率が高いそのわけとは?(Asia Plus調べ)  ↑0 ↓0
ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(以下、Asia Plus )が、「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施した。ベトナムではインターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びており、オンラインショッピング市場にも注目が集まっている。調査の対象は、18歳から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人。
2016/07/21 18:56 da:48 facebook:1 twitter:0 ホーチミン ハノイ サービス リサーチ キャンセル 消費者 Tweet
value-press.com  ベトナムEC市場に関する消費者調査〜都市部の67%がEC利用経験あり、一方でキャンセル経験率も3割  ↑0 ↓0
ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、18から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人を対象に「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施しました。インターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びるベトナムにて、オンラインショッピング市場の実態について調査したものです。
2016/07/20 11:03 da:61 facebook:0 twitter:0 消費者 ホーチミン ハノイ 世田谷 リサーチ キャンセル Tweet
nna.jp  ネットで買い物、フェイスブック経由が半数  ↑0 ↓0
ハノイとホーチミン市に住む18~39歳の男女のうち、電子商取引(EC)の利用経験者は67%に上り、うち半数近くの47%が交流サイト(SNS)「フェイスブック」で商品を購入したことがあると分かった。市場調査サービスのAsia Plus(アジアプラス、東京都世田谷区)が今月、実施した調査で明らかになった。ラザダ、ホットディール、ティキなどECサイトもある中で、ベトナムにおけるフェイスブックの人気を裏付けた。またEC利用経験者のうち、34%は月1回程度の割合で利用していた。またEC利用の際にスマートフォンを使う割合は48%で、モバイルショッピングの急速な拡大がみてとれる。ただ発注後にキャンセルしたことがある利用者は35%に上り、配達時の現金代引き決済が主流のベトナムEC市場におけるリスクが浮き彫りになった。ECで購入する商品としては、女性ではファッション関連が最も多く53%で、男性ではIT・携帯電話が54%で最多だった。調査結果の詳細は、同社サイト<https://qandme.net>で閲覧できる。 もっと見る
2016/07/20 00:00 da:51 facebook:3 twitter:0 フェイスブック 経験者 サイト 商取引 SNS ホーチミン Tweet
travelvision.jp  ベトナム・ホーチミン、「ダクストン・ホテル・サイゴン」名称変更  ↑0 ↓0
ホーチミンの中心部、市民劇場近くのショッピングなどに便利なグエンフエ通りに位置する「ダクストン・ホテル・サイゴン」(4ッ星)は、オーナーの変更に伴い2016年8月12日よりホテル名を変更することになりました。■ 新名称: サイゴン プリンス ホテルこの名称は、1966年にオープンした当時の名称となります。 今後、建物の看板等、新名称に順次変更していく予定です。 なお、ホテルマネジメントやスタッフは変更ありませんので、これまで通り、安定したサービスが受けられます。 ご利用予定の方は、お間違えないようご注意ください。※~8/11: ダクストン・ホテル・サイゴン (DUXTON HOTEL SAIGON) 8/12~: サイゴン プリンス ホテル (SAIGON PRINCE HOTEL) 住所: 63 Nguyen Hue Boulevard District 1, , Ho Chi Minh City情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社、日本海外ツアーオペレーター協会 もっと見る
2016/07/19 17:48 da:44 facebook:0 twitter:0 サイゴン ホテル ホーチミン オーナー ショッピング Tweet
アパレル・リソース  イオンモールが高いスタンダードを設定  ↑0 ↓0
多くのショッピングモールのディベロッパーがテナントや顧客を惹きつけるのに失敗している一方で、AEON Mall Long Bien(AMLB)は顧客に一流の体験を提供し、地元住民のライフスタイルの変化にも適応することでその魅力を保っている。 ハノイLong Bien地区にあるこのAMLB複合施設は最新鋭の百貨店である。 このベトナムで最初の日系イオンモールは北部ハノイで開業し、AMLBはオープンから8ヶ月で1000万人の集客という偉業を達成した。 イオンモールはショッピングモール・ディベロッパーのスペシャリストとしてのノウハウを活かし、顧客にとって魅力あるショッピングモールを構築し、テナントとの密接なパートナーシップを通じてその価値を高めている。 ハノイ中心部にあるホアンキエム湖の約5キロ東のロンビエン区に位置し、AMLBには貿易センター、レストラン、娯楽施設やスポーツ複合施設も設置されている。地元住民の変化しつつある多様なライフスタイルに応じ、イオンモールは、最先端の製品、サービスや情報を提供することによって、いくつもの目的を果たすことを目指している。AMLBの使命は、住民のニーズを満たすコミュニティの中心になることである。 AMLBはその敷地にショッピング、エンターテイメント、コミュニティそしてエコロジーの4つの重要なエリアを設定している。それにより住民は、多様な食料品や、シネマコンプレックスなどの娯楽施設、医療や金融サービスなどの公共サービスなどに容易にアクセスすることができる。AMLBはあらゆる年齢層の訪問客が、楽しみや満足感を得られる何かを発見できる便利な場所となっている。 「日本の心、ベトナムの笑顔」というコンセプトのもとで、AMLBが提供する最初のサービスは、「心からのおもてなし」である。フレンドリー、熱心、親切なスタッフと日本式のおもてなしによって、AMLBはすべての顧客を満足させることを目指している。 イオンモールベトナムの小西幸夫社長は、「若干不便な場所であっても、高品質の製品と優れたサービスを日本式のおもてなしで提供すれば、きっとお客様はモールにまた通い、そこでの体験にご満足頂ける」ことを伝えた。 " AMLBは新しい顧客を招いて売上を増やし、ベトナム・日本両国間の文化交流のために、毎月販売促進キャンペーンを行っている。いくつかの人気イベントとして、会員優待キャンペーン、夏の夜の調べや雪に覆われた村などがある。 AMLBを訪れる顧客は、ドームのエレベーターにおいて日本独自の風鈴の音色にうっとりする体験をする。そのデザインは若竹やあさがおの花といった、日本の夏の雰囲気を醸しだしている。日本文化によると風鈴は幽霊を追い払い、風鈴の音を聞くことによってその地域に住む人々に幸運を招くと信じられている。また多くの人々は風鈴が鳴るたびに、それぞれの願いを小さな短冊に書き、願いが届くことを祈る。 今月AMLBは、顧客にパナソニックの冷蔵庫とサムスンのテレビのような魅力的な賞品が当るイベントに有名歌手を招いた。 さらに、イオングループの基本理念である「平和の追求、人間性の尊重、地域社会への貢献、お客様中心」に従い、AMLBはベトナムで植樹、奨学金授与など、いくつかの意義深い社会活動を行っている。 AMLBの理念により、「すべてのショッピングモールのグランドオープン前に、我々は地元当局と協力し、地域の環境を改善するために植樹を行っています」。   もっと見る
2016/07/15 14:04 da:22 facebook:0 twitter:0 モール イオン サービス ショッピング ハノイ もてなし Tweet
nna.jp  イオン4号店、既存店で最高売上げ=越法人社長  ↑0 ↓0
1日にホーチミン市ビンタン区でオープンした総合スーパーマーケット「イオン」のベトナム4号店について、イオンベトナムの西峠泰男社長は13日、「開業から10日間の売り上げは、既存4店舗の中で最高」と明らかにした。総菜やデザート類のほか、値頃感のあるファッションなどがけん引し、昨年ハノイに開業した3号店よりも10%程度拡大した。イオン4号店は、ショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」の核テナントとして入居している。新SCとしては月100万人の集客を目指しているが、オープン最初の日曜日となった3日には18万3,000人が来店した。総合スーパーでは、すしやクレープ、おでんなどの総菜類が好調。加えて「若者向けのファッションの売り上げが良い」。大きな要因が価格設定で、イオンでは3号店以降、1号店開店時との比較で衣料品の値段を14%程度引き下げた。「お客の値頃感を外さない」ことを狙った結果、買い上げ点数が増え、売り上げ増につながった。9万9,000ドン(4.4米ドル、約460円)のショートパンツなどが好調だという。ファッション売り場では、10代の女性向けに開発した商品を投入したほか、直営売 もっと見る
出島  ベトナム・モバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき理由  ↑0 ↓0
ベトナム・モバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき理由 ... ベトナムにおいてモバイルeコマース(mコマース)は今後数年間でブーム到来が予想 ... 準備する必要がある。6月23日にハノイで開催されたベトナムモバイルデー 2016という ... ハノイとホーチミン市の2拠点で開催されたイベントにはモバイルテクノロジー分野で ...
アパレル・リソース  企業はモバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき  ↑0 ↓0
ベトナムにおいてモバイルeコマース(mコマース)は今後数年間でブーム到来が予想されており、企業はこの販売チャネルの人気の高まりに乗じて収益を獲得できるよう準備する必要がある。 6月23日にハノイで開催されたベトナムモバイルデー 2016というイベントにおいて発表されたデータによると、mコマースはベトナムで着実な増加傾向にあることが示された。 Googleの統計によると、情報を検索するためにスマートフォンを使用しているベトナム人の割合は、ノートパソコンを使って検索する人の割合を超えている。2016年にモバイル端末を使用したファッション、アクセサリー、書籍、家電製品の検索についても、ノートパソコンでの検索を上回っている。 また市場調査会社Nielsenのデータによると、スマートフォンユーザーはベトナムの都市人口の70%、農村人口の40%を占めており、買い物に携帯電話を利用する割合は2015年に20%を超えた。 商工省(MoIT)傘下のベトナムベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)のデータによると、MoITが主催する毎年恒例のオンラインショッピングイベントである“オンラインフライデー”の期間中、注文の約40%が携帯電話から行われた。 VECITAは、今後もモバイルショッピングの割合は増え続け、端末の価格が低下し、3Gおよび4G通信がより広く利用可能となり、支払いから物流などmコマースに必要な技術が発展するにつれ、ベトナムのeコマースの中でmコマースが大きな割合を占めるようになると予想している。 このイベントにおいて専門家は、携帯電話でアクセス可能なウェブサイトを構築したり、ユーザーが簡単に支払い可能なオプションを用意したり、モバイルマーケティングを活用するなど、この販売チャネルによってもたらされるビジネスチャンスを逃さないようにと企業にアドバイスした。 「企業は販売チャネルとして、モバイルeコマースを無視することはできません。」とNielsen社コンシューマー・インサイト部のDang Thuy Ha部長は述べた。「会社は広告に掲載している商品を正確に販売することによって顧客の信頼を獲得するだけでなく、顧客とその習性を理解する必要があります。彼らはどのような商品を求めているのか?そしてどんな媒体を通じて彼らはあなたの会社にアプローチするのか?というようなことです。」 「Nielsenのデータによると、顧客は商品の種類で検索するのではなく、ブランド名で検索する傾向にあることが分かります。食品などの一部の商品では、PCよりもモバイル端末で購入される可能性が高いようです。また顧客が本当に気にかけている2つのポイントは、割引やクーポンなどのスペシャル・オファーと、今最も売れているアイテムが何かということです。この傾向に従って企業は自社ブランドを宣伝すべきであり、自社サイトにおいて優先付けすべき情報は何かを分かっておく必要があります。」と彼女は言った。 VECITAのeコマース管理部のNguyen Huu Tuan部長は、この分野における規制を遵守することにより、各企業は顧客に対してより多くの信頼を獲得できることにつながるだろうと述べた。 「モバイル端末を使用したeコマースに関する通達Circular 59/2015/TT-BCTでは、現状企業が自社の商品やサービスを登録することを求めています。企業が製品やサービスを登録する際に、もし企業が顧客との間に揉め事を抱えている場合、我々が顧客の権利を守るための基準となります。」と彼は述べた。 彼はmコマースの発展を支援するため、VECITAでは2016~2020年のeコマース成長計画を策定したと続けた。この計画に基づき、各地域で企業の具体的な支援プログラムを準備することとしている。「eコマースに関するトレーニングや情報提供セッションの実施や、企業が自社ウェブサイトを構築するためのサポートが予定されています。」と彼は述べた。 ベトナムモバイルデー 2016は、毎年開催されるモバイル技術に関する国内最大のイベントで、今年6回目の開催であったが、多くのモバイルテクノロジー企業のCEOや創業者によるプレゼンテーションが開催され、彼らの経験や投資、自社製品やサービスの開発に関するテーマだけでなく、マーケティングについても論じられた。さらに、モバイルテクノロジーに関する政府規制当局によるセミナーも実施され、今年はmコマースに焦点が当てられた。 ハノイとホーチミン市の2拠点で開催されたイベントにはモバイルテクノロジー分野で働く約5000人や、学生、投資家が参加した。第3会期は7月2日にダナンで開催される予定となっている。 もっと見る
nna.jp  イオン越4号店オープン「消費者の変化捉える」  ↑0 ↓0
イオンは1日、ホーチミン市ビンタン区にベトナム4号店となるショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」を開業した。2014年1月に同市タンフー区に1号店をオープンさせてから2年余りが経過し、既存店で培ったノウハウを生かすとともに所得水準の向上に伴い変化する消費者のニーズを捉える。「イオンモール・ビンタン」には初日から大勢の地元客などが押し寄せた=1日、ホーチミン市1日午前はオープンに合わせて地元住民など約2,000人が並び、イオンベトナムの西峠泰男社長はNNAに対し、「初日の入館者数は14万5,000人だった」と説明した。西峠社長は、「来店客が2年前よりファッショナブルになってきている」と経済成長を実感する。ライフスタイルの変化に合わせ、男性向けのかばんや財布などの品ぞろえを拡充した。女性向けでも10代の若い女性向けに開発した衣料品を売る。昼前の時点で長蛇の列ができた定番のすしなどに加え、総菜類におでんも加えた。総合スーパー「イオン」内では、人気が高い日本食品などを2倍程度に増やし、「ジャパン・セレクション」コーナーに集める。さらに来店客がスーパー内に持ち込むかばんの口を、防犯 もっと見る
2016/07/04 00:11 da:52 facebook:8 twitter:0 イオン モール ショッピング ホーチミン オープン 消費者 Tweet
news.nifty.com  「ベトナム人ガイドの言うことは信じるな」、中国人ガイドによる“違反行為”が横行―ベトナム  ↑0 ↓0
ベトナムと中国の艦船の衝突が相次いだ2014年以降、ベトナムでは徐々に中国人観光客が増え始め、現地の旅行会社は中国人ガイドを多く雇うようになったが、悪質なガイドも少なくないようだ。現地メディアによると、中国人ガイドが観光客を案内する際に、事実と異なる解説をするケースが相次いでいる。あるベトナム人ガイドによると、一部の中国人ガイドは観光客に「ベトナム人は中国が嫌いなので、ベトナム人ガイドの言うことは信じない方がいい」と吹き込むという。このベトナム人ガイドは、「中国語ができるベトナム人ガイドと一緒にいる時、彼らは標準語ではなく方言で話す。だから、私たちは何を話しているのかわからない」としている。別のベトナム人ガイドは、「中国人ガイドはショッピングやバス移動、食事の際に話をするが、その多くが中国とベトナムの立場の対立について。ベトナム人ガイドが同じことをして見つかると、厳しい処分の対象になる」と話している。記事によると、ベトナム人ガイドが中国人ガイドの違反行為をベトナム観光総局に訴え出た件数は、ここ2週間で少なくとも60件に上るという。(翻訳・編集/北田) もっと見る
2016/07/02 06:11 da:89 facebook:0 twitter:0 中国人 ガイド 観光客 Tweet
newsclip.be  眼鏡のオンデーズ、ベトナム進出  ↑0 ↓0
【ベトナム】眼鏡の製造販売を手がけるオンデーズ(東京都港区)は今夏、ベトナム1号店をホーチミン市のショッピングセンター「サイゴンセンター」に出店する。
2016/06/22 00:22 da:47 facebook:1 twitter:0 センター サイゴン ショッピングセンター ホーチミン Tweet
アパレル・リソース  現地小売業者ら、国内市場のシェアを維持すべく奮闘  ↑0 ↓0
外国の小売業者が直接的な投資、もしくはベトナム企業と吸収・合併を行う形でベトナムの小売業界に参入し始め、国内企業に大きな圧力を与え始めている。 政府は国内の小売業者らが競争力を強化し、地元市場で強固な地盤を築くことができるよう、戦略を描いた。 タイのCentralグループがBig Cを買収する以前に、別のタイのグループ企業であるTCCがMetroグループのCash and Carry卸売りチェーンを今年すでに買収した。取引には19のすべての卸売店舗と関連する不動産ラインが含まれ、総額6億5500万ユーロにのぼった。 ベトナムの小売企業は国内市場で敗北を喫するのではないかという脅威にさらされている。現地企業Saigon Co-opもBig Cの買収の動きに関わっていた。 外国企業が買収取引において優位に立つ中で、Saigon Co-opは対外投資ライセンスの入手を含め多くの困難に直面した。 WTOに加盟して以来9年間、ベトナムは小売業界をほぼ完全に開放したものの、人事、市場の情報、商標のマーケティング活動を含め統合プロセスにおける国内企業に対する十分な政策を提供できていない状況だ。 Saigon Co-op会長のDiep Dung氏は、同社が政府に対して2030年に向けたベトナムの小売業界の開発を行う国家戦略を策定するよう提言したと述べた。政府は外国企業と競合できるよう、ベトナムの上位20社の小売業者を成長させることに重点的に取り組むべきだと言う。 政府は外国の吸収合併の取引における政策や障壁を調整する予定だ。 政府の戦略の傍ら、小売企業は自社のサービスを改革・改善する必要がある。Thien Hoa家電・家具ショッピングセンターのマーケティング部長Nguyen Tan Hoang Hau氏によれば同社は「競争力の強化と外国からの投資を誘致するため、商標認証システムへの投資を継続し、ベトナムにおける電子スーパーの改善を引き続きはかる」と言う。 Sai Gon Foodの総務副部長であるLe Thi Thanh Lam氏は「定期的に新しい商品を取り入れています。ベトナムの人ほどにベトナムの味を理解できる人はいません。この点を利用して適切な製品を競争力のある価格で製造し、足場を固めたいと思っています」と述べる。 小売業者だけではなく、製造業者もベトナムや海外で小売りチェーンを浸透させるためには製品の品質を高め、価格を引き下げる必要がある。タイ、日本、韓国等外国の小売業者はベトナムでの店舗を拡大しており、ベトナムの消費者に対する外国製品の販売量を増加させている。 自由貿易協定やベトナムの統合への動きのもと、アセアン諸国間で1万点以上の製品が非課税のメリットを享受することができるようになる。もう一つの課題は、ベトナムの消費者の中にはより価格の低い外国の商品を好む者もいるということだ。 ベトナム小売業協会会長のDinh Thi My Loan氏は「市場がより開放されていれば、企業は製造や貿易計画を見直す必要があります。私たちが持ち合わせているものではなく、市場が必要とするものを製造しなければならないのです」との見解を共有する。 経済学者やベトナム企業らは、開放された市場は卸売業者が支配する流通ネットワークから小売業者が支配するネットワークへ移行しているため、製造、貿易、経営の改革を行い、より良い製品を適正な価格で提供すべきであるとの見解を述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  現地小売業者ら、国内市場のシェアを維持すべく奮闘  ↑0 ↓0
外国の小売業者が直接的な投資、もしくはベトナム企業と吸収・合併を行う形でベトナムの小売業界に参入し始め、国内企業に大きな圧力を与え始めている。 政府は国内の小売業者らが競争力を強化し、地元市場で強固な地盤を築くことができるよう、戦略を描いた。 タイのCentralグループがBig Cを買収する以前に、別のタイのグループ企業であるTCCがMetroグループのCash and Carry卸売りチェーンを今年すでに買収した。取引には19のすべての卸売店舗と関連する不動産ラインが含まれ、総額6億5500万ユーロにのぼった。 ベトナムの小売企業は国内市場で敗北を喫するのではないかという脅威にさらされている。現地企業Saigon Co-opもBig Cの買収の動きに関わっていた。 外国企業が買収取引において優位に立つ中で、Saigon Co-opは対外投資ライセンスの入手を含め多くの困難に直面した。 WTOに加盟して以来9年間、ベトナムは小売業界をほぼ完全に開放したものの、人事、市場の情報、商標のマーケティング活動を含め統合プロセスにおける国内企業に対する十分な政策を提供できていない状況だ。 Saigon Co-op会長のDiep Dung氏は、同社が政府に対して2030年に向けたベトナムの小売業界の開発を行う国家戦略を策定するよう提言したと述べた。政府は外国企業と競合できるよう、ベトナムの上位20社の小売業者を成長させることに重点的に取り組むべきだと言う。 政府は外国の吸収合併の取引における政策や障壁を調整する予定だ。 政府の戦略の傍ら、小売企業は自社のサービスを改革・改善する必要がある。Thien Hoa家電・家具ショッピングセンターのマーケティング部長Nguyen Tan Hoang Hau氏によれば同社は「競争力の強化と外国からの投資を誘致するため、商標認証システムへの投資を継続し、ベトナムにおける電子スーパーの改善を引き続きはかる」と言う。 Sai Gon Foodの総務副部長であるLe Thi Thanh Lam氏は「定期的に新しい商品を取り入れています。ベトナムの人ほどにベトナムの味を理解できる人はいません。この点を利用して適切な製品を競争力のある価格で製造し、足場を固めたいと思っています」と述べる。 小売業者だけではなく、製造業者もベトナムや海外で小売りチェーンを浸透させるためには製品の品質を高め、価格を引き下げる必要がある。タイ、日本、韓国等外国の小売業者はベトナムでの店舗を拡大しており、ベトナムの消費者に対する外国製品の販売量を増加させている。 自由貿易協定やベトナムの統合への動きのもと、アセアン諸国間で1万点以上の製品が非課税のメリットを享受することができるようになる。もう一つの課題は、ベトナムの消費者の中にはより価格の低い外国の商品を好む者もいるということだ。 ベトナム小売業協会会長のDinh Thi My Loan氏は「市場がより開放されていれば、企業は製造や貿易計画を見直す必要があります。私たちが持ち合わせているものではなく、市場が必要とするものを製造しなければならないのです」との見解を共有する。 経済学者やベトナム企業らは、開放された市場は卸売業者が支配する流通ネットワークから小売業者が支配するネットワークへ移行しているため、製造、貿易、経営の改革を行い、より良い製品を適正な価格で提供すべきであるとの見解を述べた。 もっと見る
top.tsite.jp  ホーチミン屈指の豪華ホテル「ザ・レヴェリー・サイゴン」に新パッケージ登場  ↑0 ↓0
ホーチミンの最高級ホテル「ザ・レヴェリー・サイゴン」では、オープン以来初となるパッケージプランが登場。ステイ・スパ・ショッピングがセットになったお得なプランで、身も心も満たされる癒しの旅はいかが?
アパレル・リソース  Parksonがライバルであるショッピングモールの後塵を拝する  ↑0 ↓0
マレーシアの小売グループParksonはベトナム消費者の買い物習慣を満足させられなかったため、そのショッピングモールは最終的に閉鎖に追い込まれる前にはゴーストタウンのようになっていた一方で、Aeon、LotteやSaigon Co.opは消費者に好意的に受け入れられ、開発のペースを速めるよう求められている。 ホーチミン市の富裕層エリアで5年間稼働した後、Parkson Paragonは先週ついにそのシャッターを下ろした。Parksonはこの閉鎖に対して理由を示さなかったものの、業界内部関係者やライバル企業らは、このショッピングモールでは集客が振るわなかったことを考えると、今回の閉鎖に驚きはなかったと述べた。昨年は特にParksonにとって試練の年で、ハノイのKeangnamランドマークタワー内のショッピングモールも閉鎖された。 ベトナム小売業協会(VSA)のDinh My Loan会長は、近年ベトナムのショッピングモールは、その規模の面でも数の面でも盛況となっているが、購買力が、例えばTrang Tien Plaza、Grand PlazaやHang Da Galleriaなどのモールにある商品の価格に見合っていないため、多くが生き残るのに苦戦している、と述べた。 Cushman & Wakefield Vietnamリテール・ビジネス開発部門のMai Voマネージャーは、顧客の最近の購買トレンドによると、1つの場所で様々なカテゴリの商品を提供するようなショッピングモールに人気がある、と述べた。 「Parksonはベトナムに早いタイミング(2007~2010年)で進出した際、当時の小売市場がまだまだ空白地帯であったため、大きな市場シェアと利益を獲得することができました。しかし彼らの紋切り型のやり方では、買い物からエンターテイメント、食べ物や飲み物まで1ヵ所でお客様がすべてのニーズを満たすことができるような現代のショッピングモールには太刀打ちすることができませんでした。」とVoマネージャーは述べた。 Voマネージャーはまた、顧客のニーズに応えるようなワンストップショッピング環境は、新型ショッピングモールでしか提供できなかった、とした。最近オープンしたショッピングモールでは、多くの中間所得層の顧客を惹きつけるため、より多くのアトラクションを取り入れ、売り場構成をうまく配置している。これは、高級ブランドや、顧客の日々の買い物ニーズに合わない商品のみをただ提供する旧型ショッピングモールとは全く対照的である。 このような小売トレンドについてAeon Vietnamの小西幸夫代表は、「これらの事例においてなぜそれが起こったのかを理解するのは容易で、その投資家らはプロではないためです。ショッピングセンター業は複雑であるため、この部門は臆病では務まりません。」と述べた。 特にAeonでは、2020年までにベトナムで20のショッピングモールを展開する計画を立てている。Aeonの戦略においては、Aeonグループのビジネスモデルを展開することを支援できるような地元のパートナー企業を探すこととしている。独自の路線を打ち出し、現地スタッフをトレーニングすることもまた、グローバル市場で日本の小売業者が成功するための重要なポイントである。 CBRE AsiaのLeanne Mitchell資産管理ディレクターによると、ショッピングセンターを管理することは一種の芸術であるとした。それを成功させるためには、オーナーは市場に対して鋭い視野を持っている必要がある。 「オーナーらは、対象とする顧客を理解し、彼らの消費トレンドに適応し、顧客のライフスタイルや収入に関する知識を習得した上で、ターゲットとすべき市場セグメントを決定しなければなりません。」とMitchell氏は述べた。 Lotte Vietnam ShoppingのHong Won Sik最高経営責任者(CEO)は報道機関に対し、2020年までにベトナムで60のショッピングモールを運営するというLotteの野心的な計画に対して、同社の最新のショッピングモールは大きな一歩となった、述べた。 「目標を達成するために、Lotte Martでは毎年4~5ヵ所の新しいショッピングモールをオープンしていきます。我々はまた、(目標達成までの)時間を短縮するために、合併・買収(M&A)を積極的に推進したいと考えています。」とSik CEOは続けた。 Saigon Co.op Investment Development JSC社とSingapore’s Mapletree Investments Pte Ltd 社との合弁会社であるSC VIVO のPhan Thanh Duyセンター長はVIR(ベトナム投資評論誌)に対し、「ホーチミン市7区でのショッピングモール落成に続き、来年はバンメトートとホーチミン市にさらに複数のモールをオープンする計画としています。この旗艦店は1億米ドルもの費用が投じられました。」と述べた。 Mapletree社によると、SC VivoCityは4月の開業以来、1ヶ月あたり平均で70万人の買い物客を集めることに成功している。また今日までに、44万1000平方メートル超の賃貸エリアの90%が成約している。 もっと見る
2016/06/02 06:03 da:22 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング 買い物 ニーズ トレンド オープン Tweet
アパレル・リソース  従来型小売チャネルはなおも活況  ↑0 ↓0
ベトナムは現代的な流通チャネルの拡大を強く志向しているものの、流通システムにおいては従来型小売チャネルがなおも重要な役割を果たしている。 ベトナムでは特に大都市において、ショッピングセンターがどんどん建設され、一部のアナリストはこうした現代的な小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットやショッピングモール)が伝統的な市場を「駆逐するだろう」とコメントした。 しかし市場調査会社のNielsen Vietnamによる最新の市場レポートによると、従来型取引チャネルは、現代的なチャネルよりも5.4%も高い成長率を示したことが明らかになった。 ホーチミン市Phu Nhuan区の主婦であるMy Haさんは、日常生活に必要な品を買うために毎週末スーパーマーケットに行くが、子供のための粉ミルクやおむつはそこでは買わず、食料雑貨店や商店で購入するという。 「まったく同じ商品であるにもかかわらずスーパーマーケットで買うと、例えば粉ミルク缶は食料雑貨店と比べて4~5万ベトナムドンも高いのです。」と彼女は説明した。「おむつも10〜15%も高く、スーパーマーケットがセールを実施していても、そこでの価格は3~7%も高い値段が付いています。」 スーパーマーケットと食料雑貨店が提供するサービスの質の差について尋ねられた際、Haさんはちょうど電話で注文しようとしていたのだが、食料雑貨店は従業員が彼女の望む時間に家まで商品を届けてくれる、と言った。 このサービスにより彼女は、わざわざスーパーマーケットに出向き、駐車するのに時間を浪費する必要がなくなる、ということを意味する。 Phu Nhuan区にある食料雑貨店オーナーのSau Thuanさんは、近くにモダンな内装のコンビニエンスストアが出店したにもかかわらず、彼女の小さな食料雑貨店の経営は好調だと言った。 「決め手は販売価格です。」と彼女は説明した。「彼らの価格は、少なくとも10%は高いのです。」 Thuanさんは、多くの得意客を抱え、また多くのメーカーが販売代理店として商品を取り扱ってくれるよう彼女にコンタクトしてくるなど、彼女のビジネスについて満足していると述べた。 Nielsenによる報告書ではまた、従来型小売業は動きの速い消費財分野において売上の85%、100億米ドルを占めていると指摘した。 アナリストらは、伝統的な市場や食料雑貨店は、リーズナブルな価格で利便性を備えた商品を提供できるため、かつて予想されたように「駆逐される」ことはないだろう、とコメントした。 Nielsenは、従来型小売チャネルはメーカーの売上の中で最も高い割合を占めているものの、メーカーはまだそれを十分に活用しきれていない、と指摘した。 多くのメーカーでは、特に農村部において、たとえそれがコスト高であっても、流通ネットワークを再び開拓しようとしている。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinhディレクターは、「労働者」紙において、My Haoの収益の90%は従来型小売チャネルから得ていると述べた。 2015年に20%もの大幅な成長率に触発され、Lien Thanh社は、南部地域西部により多くの流通ネットワークを構築しようと検討している。   もっと見る
ryutsuu.biz  イオンモール/ベトナムに「イオンモールBinh Tan」、7月1日オープン  ↑0 ↓0
イオンとイオンモールは7月1日、ベトナム社会主義共和国におけるイオン4号店、ホーチミンエリアでは3号店となるショッピングモール「イオンモールBinh Tan(ビンタン)」をグランドオープンする。
2016/05/24 22:52 da:47 facebook:11 twitter:0 イオン モール ショッピング エリア オープン 社会主義 Tweet
NHKニュース  北関東3県がベトナムにアンテナショップ  ↑0 ↓0
ことし7月から来年2月までの期間、ハノイにあるショッピングモールに設けた店で、それぞれの県で10の企業、合わせて30の企業が出品を予定しています。このうち栃木県は、県内の企業が作った麺類や菓子などの加工食品のほか、飲料水や酒などを展示、販売することにしています。栃木県は、アンテナショップを出すことで、現地で好まれる味やパッケージなどの情報も集めることができるとしていて、集まった情報はベトナムへの輸出を考えている企業に提供することにしています。栃木県国際課は「3県が連携することで効果的にPRすることができ、アンテナショップを通じてベトナムの人たちに栃木の魅力を発信していきたい」としています。
アパレル・リソース  タイ企業によるBig C買収後はどうなるのか?(3)  ↑0 ↓0
(2)より   建設中止の危機 M&C合資会社によるサイゴンワンアパートプロジェクトの建設は、2007年に開始された。 ホーチミン市1区のKhánh Hội橋近くで着工されたこの2億米ドル規模のプロジェクトでは、ショッピングモール、国際仕様のオフィスと133戸のハイグレードマンションを建設することとなっていたものの、工事は3年前に中断された。 また、ビンタイン区のディエンビエンフー通りには、Cận Viễn Đông貿易投資会社によるDBタワーと名づけられた完成半ばの建物がある。この建物は22階建てで2010年に着工したものの、2012年半ばに工事は中止された。 このDBタワーの近くにはV-Ikonビルがあるが、資金不足の影響で2年前に工事は中断している。この高級オフィスビルは26階建てで設計されていた。 また7区にもいくつかの中断したプロジェクトがあり、そのうちの一つがKentonレジデンスである。 9.1ヘクタールの土地に3億米ドルを投じ、9つのタワーと1640戸のアパートメントを建築する予定であったが、工事は2008年から中断したままである。 ホーチミン市不動産協会(HoREA)によると、ホーチミン市には現在、様々な理由により未完成または放置された建物が137もある。 ホーチミン市建設局Trần Trọng Tuấn局長によると、そのような建築物は多くの区に亘って存在しており、未完成状態にあるのには様々な理由があるが、最も一般的な理由は資金不足という。一部の投資家は工事を再開するのに、不動産市場の明るい兆しが見えるのを待っている。 不動産にとっての黄金期は2007~2008年で、多くは十分な予算がなかったものの、大規模なプロジェクト開発のためにディベロッパーが殺到した、とアナリストらは述べた。 その際、彼らは銀行から資金を借り入れた。 しかしすぐに市場が冷え込み、銀行が資金を引き上げたため、ディベロッパーは工事を継続することができなくなり、多くの建築物は骨組みをさらしながら放置された。このことは、経済にも大きな損失をもたらした。 放置されたプロジェクトではディベロッパーが資金の返済をできないため、銀行の重石となっている。例えばサイゴンワンアパートプロジェクトはBIDV銀行の抵当に入れられており、現在この銀行では貸付金を回収するためにプロジェクトを売却する先を探している。 一部の専門家は、このような建築物を完成されるために、ホーチミン市が中断したプロジェクトをサポートするような優遇政策をとることが必要であると指摘した。 その優遇政策の一つとして、多くの中断したプロジェクトが手数料を支払う資金的余裕がなく土地使用証明書を持っていない状況のため、この土地使用証明書がなくとも、ディベロッパーはプロジェクトを売却できるようにする、ということが挙げられる。 もっと見る
アパレル・リソース  小売店がホーチミン市のショッピングモールから続々撤退(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   長期投資? Viet Fashion Corp.のNguyen Huu Phung社長は、多額の損失や高額の賃料にもかかわらず地元の小売業者は商圏を拡大し、自社ブランドの販売を促進するため、ショッピングモールで店舗運営を維持するよう最大の努力を払っている、と述べた。 「一方で良い立地に店舗を構えるために必要な、豊富な資本を有する外国人投資家にとっては、ベトナム経済に春がもどってくるのを待つのはそう難しいことではありません。」と彼は述べた。 ホーチミン市不動産協会(HoREA)のLe Hoang Chau会長は、人口1000万を超える大都市は、ショッピングモールにとって安息の地であると主張した。 しかし、住民が低所得であることによりその購買力は閉塞しており、モールでの買い物から足を遠ざけさせている。 こうした大きなハードルがあるにもかかわらず、多くの企業が長期的な成長のためにモールでのショップ運営を継続している。 「多くの国内外の小売業者は、最高の小売スペースを獲得するために競ってきました。そしていくつかのブランドが、それはほとんどが外国ブランドなのですが、小売市場を支配するようになってきました。」とChau会長は強調した。 ショッピングモール併設のアパートは、併設なしの建物より高い価格で販売されている。 最近では多くの商業施設が今日の消費者購買のトレンドに合わせるため、リニューアルを行っており、その中でも幅広いアイテムや娯楽サービスを提供する大規模なショッピングモールが優勢となっている。 新しい商業プロジェクトでは顧客をひきつける主要な分野として、レストラン、カフェ、ゲームエリア、および電機ショールームを拡充してきた。 2区に位置するVincomメガモールでは、ホーチミン市初のアイススケートリンクを運営している。 また、Tan Phu地区にあるイオンモールCeladonは、ハイテクゲームで若い顧客をひきつけている。   2015年第4四半期にホーチミン市のリテール市場は、Pearl Plaza、Coop Mart Van Thanh、Coop Mart Nguyen Binh、Vincom Mega Mall Thao DienとEmartという5つの新規参入者を受け入れた。 ホーチミン市の総小売面積は、2015年末には約100万平方メートルとなり、都心エリアの供給は2015年第3四半期と比較して18%も増加したものの、ダウンタウンエリアでは同期比12%の減少となった。 もっと見る
2016/05/17 12:01 da:19 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング ホーチミン エリア ブランド 四半期 Tweet
アパレル・リソース  小売店がホーチミン市のショッピングモールから続々撤退(前)  ↑0 ↓0
Binh Thanh区に最近オープンしたショッピングモールSaigon Pearlにある店舗も苦戦している。 このショッピングモールは好立地にあるにもかかわらず、3棟にわたる1階(ショッピングゾーン)にいくつもの空スペースが目立っている。 目を引くジュエリーショップや、衣料品、スポーツショップがあるものの、ウィンドウショッピングを楽しむ人々に気付かれさえしない。 Vincom A、Vincom B、Diamond Plaza、Parkson Ly Tu Trong、Parkson Truong Son、そしてCrescent Mallなどの既存のショッピングモールにある店舗はにぎわっているものの、ほとんどの顧客は映画館か食事目的である。 その賑やかな外観にもかかわらず、1区に点在する投資家Vさんのショッピングモールチェーンも、多くの空き店舗が見られる。   原因 投資家や店舗オーナーらによると、2月上旬に終了する今年のテト(旧正月)の前にわずかな改善が見られたものの、ショッピングモールのさえない売上は2015年半ばから続いている。 T化粧品チェーンの投資家は、この状況はバレンタインデーと国際女性デー(3月8日)にのみ大いに活気づいたが、テト以来週末も含めて顧客の数は減少し続けている、と続けた。 前年同期と比較して、売上高は20〜30%急落しているという。 庶民的なショッピングモールのオーナーらは、顧客からの債権を回収する目的のためだけに不採算事業を継続しているのだ、と訴えた。 Now Zoneショッピングモールにある化粧品店は、月間売上高が7000万ベトナム・ドン(3097米ドル)~1億4000万ベトナム・ドン(6193米ドル)の間に低迷し、前年比10~20%も減っている、と嘆いた。 しかし、ショッピングモールで販売される商品の品質は、必ずしも保証されたものではない。 投資家によると、よほど高潔な店舗オーナーは別として、かなりの数の店舗オーナーは粗悪品や模造品を海外ブランド品と同価格帯で不正に販売しているという。 長年ショッピングモールに対して衣料品卸を行ってきたKha Tuさんは、多くの店舗オーナーが国内や中国の生産者から有名なブランドのラベルを付ける前の粗悪品を調達している、と明らかにした。 法外な価格帯も豪華なショッピングモールから顧客離れを引き起こしてきた。 Tuoi Tre(Youth)紙が各所のショッピングモールで行った調査によると、これら豪華なモールでディスプレイされている商品は、他の場所に比べて10~20%か、さらに高くで販売されていることが明らかになった。 法外な賃貸料もまた、小売業者が豪華なショッピングモールを敬遠する原因となっている。 Tuoi Tre紙の調査によると、店舗オーナーは都心エリア内では店舗スペース1㎡あたり、付加価値税を除いて月額20~37米ドルの賃貸料を支払う必要があるが、郊外では10米ドルほどである。 TファッションブランドのセールスマネージャーであるTran Thuy Khanh氏は、家賃の急騰と販売の下落により、彼女の会社は1区にあるVincomモールの店舗の営業を続けることをついに断念した、と述べた。 「我々は80m²の広さの店舗に月々5000米ドル支払っていましたが、それでは店舗に粗利益合計の5分の1も残りませんでした。」と彼女は説明した。 「それでも我々は、最終的に断念するまで1年間も耐え忍びました。」とKhanh氏は続けた。 またK.N.家具ブランドのTuong Viオーナーは、テト以来耐えがたいほどの販売不振に襲われており、都心エリアのショッピングモールの賃料値下げをオーナーに訴えようと検討している、と述べた。 このブランドは最近国内8店舗を売却したが、ホーチミン市のVincom Bモールにある最高売上店舗においても赤字営業が続いているという。   (後編へつづく) もっと見る
2016/05/17 05:57 da:19 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング オーナー 米ドル ブランド 投資家 Tweet
アパレル・リソース  ハイストリートファッション市場がヒートアップ  ↑0 ↓0
国際市場の調査会社であるEuromonitor International によると、2017年までにベトナムのブランド品市場は27億米ドル規模にまで達する見込みである。   需要がうなぎのぼり 4月16日の深夜、ホーチミン市7区の新市街Phu My HungにあるCrescent Mallはまだ営業していた。Gap、Calvin KleinやMarks & Spencerでは、買い物中毒者らがたった一日のみ開催される重要イベントのミッドナイトセールで気に入ったものを獲得しようやっきになっていた。 このショッピングモールにある100店舗において50%割引となる販売キャンペーンは、これで3回目となる。 T. Maiさんは買い物中毒と自己紹介した上で、多様なデザイン、良質な素材と「リーズナブルな価格」のMangoブランドの製品が特に気に入っていると言った。 Maiさんにとって「リーズナブルな価格」とは、1アイテムで200~300万ベトナム・ドンに収まる価格帯である。時にはセールによって、Maiさんは100万ベトナム・ドン以下で商品を購入できることもある。 この「リーズナブルな価格」は、一人当たり年平均で2000米ドルの所得しかない大半のベトナム人にとって「手の届かない」金額である。 しかしMaiさんのように、ブランド品を買う余裕がある顧客の数は、急速に増加している。 Mangoだけでなく、Gap、Guess、Topshop、Ralph LaurenやNine Westなどの国際的なファッションブランドは、多くの若いベトナム人、特にオフィスワーカーに好まれている。 新興市場における消費動向の大きな変化は、販売企業のビジネス戦略にも影響を与えてきた。 Inditex 傘下のZaraは、ベトナムの消費者は今、ハイストリートファッション製品を好む傾向があると指摘した。 2015年第4四半期に実施された、ベトナムの消費者信頼感指数に関するNielsen社の調査によると、ベトナム人は休日、旅行、ファッションやハイテク製品に喜んでお金を投じる傾向があることが明らかになった。 スペインのファッションブランドであるZaraがベトナムに進出したが、その存在がベトナムのハイストリートファッション市場をさらに加熱させると期待されている。 ベトナムは、Zaraが今年店舗を新規開店させる計画としている5つの市場のうちの一つである。残る4つは、ニュージーランド、パラグアイ、アルバとニカラグアである。 2016年1月31日期末の2015年会計年度において、Inditexは世界88市場で7013店をオープンさせ、うち2000店舗はZaraブランドであった。 またMangoは昨年26億米ドルの売上を計上し、そのうち80%がスペイン以外の市場からの収益であった。Mangoは、世界107市場に展開している。 Mango は18~40歳の顧客層をターゲットとしており、2004年からMaison JSCとの間で交わされたフランチャイズ契約を通してベトナムに進出している。 Mango はまた、IPPの子会社であるDAFCやVingroup傘下のBFFなど、複数のフランチャイズパートナーを持っている。   もっと見る
アパレル・リソース  セントラル・グループによるRocket社買収後の次の一手  ↑0 ↓0
ニュースサイトのTechCrunchによると、タイの(小売大手)セントラル・グループは、ベトナム、タイでファッションポータルサイトを運営する、Rocket Internet資本のZaloraを買収するための最終手続きを完了する予定としている。 TechCrunchは、セントラル・グループがベトナム、タイ両国における買収にそれぞれ1000万米ドルを費やしたことを明らかにしたが、両社からは何のコメントもなかった。記事によると、アジア太平洋地域11市場のうちの2つであるベトナム、タイ事業の売却に伴い、Rocket Internetはコストカットと、「利益水準が水面すれすれ」の市場に集中することを目指す。 セントラル・グループは、タイで強い存在感を示しており、ベトナム、マレーシア、インドネシアやその他の国々にも拡大しつつある。複数のショッピングモールやデパートを含む当グループの総資産は約1000億米ドルにも達しており、世界でおおよそ7万人を雇用している。 セントラル・グループは、ベトナムで親会社のGroupe Casinoが売りに出しているBig Cスーパーマーケットチェーンの入札者のうちの一社でもある。もしBig Cの落札に成功すれば、セントラル・グループ家電小売部門であるPowerbuyが49%のシェアを握る、ベトナム南部の家電量販チェーンNguyen Kim、ハノイとホーチミン市にあるRobinsデパート、今回買収するオンライン小売サイトのZaloraを含む、グループのベトナム事業ポートフォリオにおいて大きな一翼を担うことが期待される。 東南アジアには5億5000万人を超える人口がいるものの、オンライン小売大手のAmazonやeBayはまだその存在感を示せていない。Bain & CompanyとGoogleの実施した、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムにおける6,000人以上に対する消費者調査によると、東南アジアのオンライン小売業の浸透度はわずか3%にすぎず、その売上高は約60億米ドルでしかない。 AlibabaによるLazada買収に関して4月初旬にコメントを求められた際、LazadaグループのMax Bittner CEOは、市場は非常に細分化、多様化されており、大きな参入障壁はあるものの、まだ初期段階にある現代的なこの小売形態には大きな成長余地があるだろう、と述べた。 Rocket Internetは2012年にLazadaとZaloraを立ち上げ、2015年までにこの2つのサイトで利益を上げることを目指したものの、それらのサイトは巨額の投資資金を貪る一方で、大きな損失を出し続けた。 LazadaはZalora不採算のまま資金を使い果たした後、5億米ドルでAlibabaに売り渡された。 Rocket Internetの2015年アニュアルレポートによると、Zaloraの売上は2015年に78%増加の2億800万ユーロ(2億3400万米ドル)となったものの、調整後EBITDA(利息、償却費を加算した税前利益)は赤字幅が36%増加し、9350万ユーロ(1億500万米ドル)のマイナスであった。 もっと見る
2016/05/02 10:37 da:23 facebook:0 twitter:0 グループ セントラル 米ドル サイト Internet オンライン Tweet
日本経済新聞  タイ小売り大手セントラル、ベトナムの「ビッグC」買収  ↑0 ↓0
【バンコク=小野由香子】タイの小売り大手セントラル・グループは29日、ベトナムの大型スーパー「ビッグC」を仏小売り大手カジノから買収すると発表した。負債を含む買収額は10億ユーロ(約1220億円)で、スーパーとコンビニエンスストア43店、ショッピングセンター30店を引き継ぐ。ベトナムでは既に百貨店2店を運営する。2015年には現地の大手家電量販店「グエン・キム」の株式49%を取得するなど拡大する消費市場で事業を広げている。 一方、カジノ・グループにとって今回の売却はアジア事業リストラの一環だ。3月にはタイのビッグC事業をタイ大手財閥TCCグループ傘下の商社ベルリ・ユッカーに、31億ユーロで売却した。 もっと見る
2016/04/29 19:07 da:91 facebook:3 twitter:0 グループ 小売り ビッグ セントラル スーパー カジノ Tweet
日本経済新聞  ロッテグループ、ベトナムのモール60カ所に  ↑0 ↓0
ロッテグループ(韓国財閥大手) 2020年までにベトナムで現在の5倍にあたる60カ所でショッピングモールの運営を目指す。すでに発効した韓国とベトナムの自由貿易協定を追い風に、商品の品ぞろえの幅を広げる。 M&A(合併・買収)も積極化してベトナムでの小売事業を拡大する。(ハノイ支局)
2016/04/27 21:56 da:91 facebook:2 twitter:0 モール ロッテ グループ ショッピング Tweet
HOTNAM!  イオンにない物を――ベトナム人青年実業家のコンテナビジネス  ↑0 ↓0
ホーチミン市Tan Phu区Celadon City内のショッピングセンターAeon Mallを訪れたなら、その近くで色とりどりの“コンテナマーケット”が夜間賑わっている姿を目にするはずだ。  これは青年実業家Hoang Tuan Anhさんが展開するコンテナ市場「Eco Box」で、「Aeon Mallで気に入った商品が見つからなかった人が立ち寄る価値ある場所にしたい」と言う。 ■即入居可能なコンテナ  オーストラリアに長年留学し、働いていた経験が、ベトナムのような発展途上の市場でチャンスを見つけることに役立った。ベトナムでは消費者ニーズが高まりつつある一方で、小売形態はまだ多様に発展しておらず、その一方でショッピングセンターや市場を建設するなら費用が高すぎる。  1985年生まれの青年はその“代案”に、中古コンテナを見出した。  ベトナムは輸出入量が大きく、使われていないコンテナもたくさんある。コンテナは頑丈で、とにかく据え付けが迅速にできるため、時間と費用を抑えられる。しかしコンテナなら何でもよいわけでなく、ブースに開放感をもたらすために、耐用期限が20~30年残る40 もっと見る
アパレル・リソース  Mコマースが始動(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   準備は万端か? ベトナムの消費者はショッピングサイトにアクセスし、YouTubeやFacebookの広告ビデオを視聴し、製品やサービスを購買するのに日々携帯電話を使用し、長時間それに耽っている一方で、多くの企業にとってMコマースは新しいチャネルである。 需要は急上昇しているものの、多くの企業では課題を棚上げしたままで、準備が整っていないようである。 ごく少数の企業がモバイルアプリケーションを開発している。 Lazadaはモバイルデバイスを通じた需要増に対応するため、App 2.0バージョンを開発したと明らかにした。 Long氏は、アプリケーションを開発するのに必要な資金は小さくなく、そのことが多くの企業がMコマースへの投資をしり込みする理由だと考えられるとした。 しかし彼は、Lazadaのようなパイオニアが市場に現れれば、他の企業も追随して市場が盛り上がるだろう、と楽観的な見通しを示した。 Gajria氏はベトナムの企業に対し、次のように語った。「ユーザーが望んでいるものに常に目を光らせるのです。人は世界中からベストプラクティスを探し出し、このベストプラクティスをただ適用しようとします。しかし、それをやみくもに適用しようとせず、ベトナムのユーザーのためにそれをカスタマイズすべきと考えます。」 「ただ西洋市場で行われていることを採用するのでは、我々の発展途上マーケットでは通用しません。」 「ユーザーが望むものを理解することが重要です。そしてたまらなく、素晴らしい体験をユーザーに提供するのです。」     もっと見る
アパレル・リソース  Mコマースが始動(前)  ↑0 ↓0
携帯電話や高速インターネット普及の恩恵を受け、モバイル電子商取引、別名Mコマースがまもなくベトナムで普及していくだろう、と専門家らは予測している。 Googleベトナムのレポートによると、モバイル端末は消費者行動に大きな変化をもたらしてきた。 平均的なベトナム人は1日に携帯電話を150回も閲覧し、その回数は1時間に10回以上にもなるという。 さらに、35歳以下の人々はPCよりもスマートフォンを多く使用する。 このことはユーザーが特定の情報やコンテンツを求めていることを意味し、Mコマースに大きな影響を与える、とGoogle社は述べた。 4月6日水曜日ホーチミン市で開催されたMコマースに関する会議の控え室にて、GoogleのベトナムカントリーマネージャーのNitin Gajria氏は、ベトナムにおけるMコマース(の発展)について楽観的な見通しを持っていると、Việt Nam Newsに対して述べた。 「我々の事業にとって本当に心強いのは、通信インフラが既に整備されているため、非常に迅速に事業を成長させられるということです。 3G通信網はベトナム全土をカバーしており、電話料金もどんどん安くなっています。」 「データ(通信費用)は、地域の他の市場と比較してすでに安価となっており、こういったことは、インターネットの浸透を劇的に、迅速に進めるのに重要な条件となります。そして、そのことは、Mコマースを含むインターネットに関する我々のすべての取り組みにおいて、大きな励みとなります。」 MasterCardによる最新のモバイルショッピング調査によると、調査に協力したベトナム人の51%以上が昨年スマートフォンを通じてショッピングを行っており、2014年の45.2%から上昇を示した。 この調査は昨年の10月~12月の間に、アジア太平洋地域における14の市場から18~64歳の8500人に対して実施されたインタビューに基づいており、ベトナムからは500人の回答が含まれている。 市場にはタイ、中国、日本、韓国、オーストラリア、マレーシア、ニュージーランド、台湾、ベトナム、香港、インドネシア、シンガポール、インド、フィリピンを含んでいる。 衣料品、ファッションアクセサリー、ギフト、おもちゃやモバイルアプリなどが、ベトナムにおけるモバイルショッピングで多く購入された商品である。 この調査ではまた、スマートフォンでショッピングを行った人の数が2年前から29.3%増と、インドがその成長率において地域のトップであり、シンガポール(17.1%増)、ベトナム(16.8%増)がそれに続いたと明らかにした。 オンライン市場LazadaベトナムのLê Xuân Longマーケティングディレクターは、「日々より多くのお客様が、携帯電話でインターネットを利用するようになっています。」と述べた。 技術が進歩し、携帯電話で閲覧するウェブサイトは、モバイルアプリケーションに適合していくでしょう。」と彼は付け加えた。 「Lazadaでは売上高の60%が携帯電話を通じて行われています。この数字は2020年までに80%になると考えられます。」   (後編へつづく) もっと見る
biz.searchina.net  [ベトナム株]バンメトートとホーチミンでビンコムSC同時開業  ↑0 ↓0
ビングループ[VIC](Vingroup)は26日、ホーチミン市9区と南中部高原地方ダクラク省バンメトート市の2省・市で、「ビンコム」ブランドのショッピングセンター(SC)2か所を同時にオープンした。
2016/03/30 19:41 da:47 facebook:0 twitter:0 ホーチミン ショッピング ブランド グループ Tweet
アパレル・リソース  Lazada社、電子商取引の収益構造を構築(後)  ↑0 ↓0
(前編から)   投資:あなたは他国と比較して、ベトナムで電子商取引を行うことが困難であると感じますか? Lazada:私はベトナムで電子商取引(を推進すること)はチャレンジであるものの、過度に難しいものではないと考えています。 Lazadaネットワークがある6カ国の中でも、ベトナムはインターネットの普及とスマートフォン所有率は高いレベルにあり、最も有望な市場の一つです。ベトナムにおいてLazadaは、一日あたり150万ビュー以上を持つトップ5のウェブサイトの中でも唯一の国際ブランドです(Online Revolution Dayによる)。他国、特にアセアン各国と比較すると、ベトナムで電子商取引事業を行うにあたっては、3つの大きな特徴があります。クレジットカードでのオンラインショッピングを考えると、ベトナムは代引払いが好まれるのに対し、ベトナム以外の国ではこうした支払手段がはるかに発達しています。ベトナムにおける平均購買額は他のASEAN諸国に比べてまだ低いですが、消費者のオンラインショッピングに対する信頼性が増し、Lazadaのようなブランドが確立されれば、こうした状況は時間とともに変わっていくでしょう。売り手についても、我々がベトナムの小売店に対して教育を施し、その品質やお客様の多様な要求水準を満たすよう求める必要があります。お客様がLazadaショッピングサイト上で、どの出店店舗からも適切なサービスを受けられるようにすることが、我々の今後取り組むべき課題となります。 投資:アセアン経済共同体の発足はベトナムの電子商取引にどんな影響を与えていくとお考えですか? Lazada:私はアセアン経済共同体の発足が、ベトナムの電子商取引市場をさらに拡大させるための絶好の機会だと考えています。アセアン経済共同体は、ベトナムがグローバル取引を増加させ、それにより消費者はさらに多くの選択肢を得て、より高品質の製品を、より競争力のある価格で得られるようになるでしょう。 投資:Facebookは最近、webサイトやアプリを通じて電子商取引を簡単に行うことができる機能を追加すると発表しました。このことは、オンライン市場に影響を与えるでしょうか? Lazada:私にとってみると、Facebookはソーシャルネットワークとして成功を収めています。しかし、電子商取引の履行プロセス全体を考えた場合、商品を表示するためのプラットフォームや配送システム、顧客サービスも必要となりますし、そして何より、これら全てのプロセスを管理するための制御システムが必須となります。そのためFacebookができることは、現時点では店舗と商品を選択するための第一歩をお客様に提供するのみとなるでしょう。私はFacebookがすぐに他の確立された電子商取引サイトに置き換わるとは考えていません。 もっと見る
2016/03/29 11:55 da:19 facebook:0 twitter:0 商取引 アセアン Facebook お客様 サイト ショッピング Tweet
アパレル・リソース  Lazada社、電子商取引の収益構造を構築(前)  ↑0 ↓0
東南アジアナンバーワンのオンラインショッピングサイトを運営するLazadaグループ傘下のLazada ベトナム社は、最近4周年を迎えた。「投資」紙のBich Ngoc氏はLazadaベトナムのAlexandre Dardy CEOと、同社の業績、及びベトナム市場の大きな潜在需要に対する今後の開発計画について(次のように)語り合った。   投資:ベトナムで4年間事業を推進してきた結果として、Lazadaベトナム社の最も大きな功績は何だとお考えですか? Lazada:過去4年間における我々の最大の功績は、同業他社やお客様に広く認知されたということです。2012年の創業以来Lazadaベトナムは、マーケティング、業務オペレーションや、これまでに13カテゴリで50万点もの製品を取り扱う3000店舗を擁する取引サイトの3つの要素において強固で連携の取れた収益構造を構築してきました。Lazadaベトナムは、2014年のベストオンラインショッピングサイト賞や、2015年のSmarties グローバルアワード、同じく2015年にeコマース企業のトップ10に入るなど、多くの賞を受賞してきました。また、2014年にベトナムにおける信頼ブランド賞を獲得し、2014年と2015年の2年連続で職場環境の良いベトナム企業トップ100に名前が挙げられました。これらのランキングや賞は、ベトナムのお客様にサービスを提供し、電子商取引における収益構造を開発、そしてオンラインショッピングサイトの拡大をお約束してきた我々の成果を表しています。 投資:今後のベトナムにおけるLazada社の展望をどのように描いていますか? Lazada:2020年までの長期ビジョンにおいて、Lazada社は(これからお話する)4つの大方針に沿ってオンラインサイトを成長させようとしています。まず品揃えですが、我々は多くの優れた大手小売チェーンや地元小売業者と協力していくと同時に、グローバル活動も推進していきます。ブランドの取り扱いについては、トップブランドがNo.1オンラインチャネルの地位を確立できるよう、戦略的パートナーシップを締結する一方、市場に新規参入しようとしている新しいブランドをサポートすることを計画しています。物流においては、IT投資を推進し、製品をお客様に引き渡すまでの創造的な手段を追求して参ります。そして最後は、顧客の信頼の獲得です。私たちは引き続き返金・返品プロセスを改善すると同時に、顧客サービスの質を向上していきます。 投資:最近Lazadaベトナム社の業績が思わしくないため、Alibabaなどの会社に買収されるのではないか、という噂があります。この点についてコメントを頂けますか? Lazada:あなたがおっしゃるように、それは噂にすぎません。 Lazadaはこういった噂に関して逐一コメントはしません。我々はベトナムのお客様にサービスを提供し続け、電子商取引におけるエコシステムを開発し、ベトナムにおける当社のオンラインショッピングサイトをさらに拡大させ続けることをお約束したいと思います。今後ベトナムのお客様に電子商取引が急速に広まっていくことが予想されており、我々はこの見通しに大いに期待しています。我々はすべてのお客様のために、次世代のオンラインショッピング体験をご提供し、地元のeコマース産業を最大限に活性化していくように考えています。   (後編へつづく)   もっと見る
2016/03/29 05:52 da:19 facebook:0 twitter:0 オンライン サイト お客様 ショッピング 商取引 ブランド Tweet
読売新聞  茨城とベトナム交流大使にコンフォン選手 2016年03月29日  ↑0 ↓0
県は2014年、橋本知事らがベトナムを訪れ、県産品を売り込む商談会を開くなど交流を深めている。今夏はハノイのショッピングモールに北関東3県合同のアンテナショップがオープンする予定だ。コンフォン選手には、自身のフェイスブックで情報発信をしてもらうほか、ホームゲームで開く県産品のPRイベントに協力してもらいたい考え。委嘱式で橋本知事は「ベトナム国民が茨城を知る大きなチャンスをコンフォン選手が持ってきてくれた」とあいさつ。コンフォン選手は「ベトナムと茨城の懸け橋になりたい。ホーリーホックの勝利に貢献したい」と応えた。
2016/03/29 05:03 da:86 facebook:2 twitter:0 北関東 モール ショッピング ハノイ Tweet
travelvision.jp  ベトナム航空、16年は女性や家族に注力、カンボジア強化  ↑0 ↓0
ベトナム航空(VN)は2016年、5つのテーマでプロモーションを展開する。20歳から49歳までのF1およびF2層、家族旅行、教育旅行への取り組みを強化するとともに、「新デスティネ―ション開発プロジェクト」としてカンボジアへの旅行需要を喚起。そのほか今年から日本路線に導入した、ボーイングB787型機の利用促進にも取り組む。VN内でテーマごとに専任の担当者を据え、旅行会社にアプローチをおこなっていく。 3月25日に開催した旅行会社向けセミナーで、東日本地区旅客営業部次長の森田順吾氏はF1およびF2層、家族旅行、教育旅行に取り組む理由として、2020年の市場環境を見据えたことを説明。これまでターゲットとして注力してきたシニア層が人口の25%程度まで減少し、高齢化により海外旅行への需要が減退する一方、F1、F2、ファミリー層、学生などを含む49歳以下については全体の53.4%を占める大きな市場となるため、今年から強化していく考えを示した。 F1、F2層に対しては、物価の安さや、スパやエステ、ショッピング、世界遺産の魅力などを訴求。「ベトナム女性旅のすすめ」として、ベトナムでの1日の楽しみ方を紹 もっと見る
2016/03/27 11:03 da:36 facebook:4 twitter:0 アクセス ダナン ハノイ ホーチミン ワット アンコール Tweet
ミャンマーニュース  ベトナムのHAGL ミャンマーセンター第2フェーズの起工式実施  ↑0 ↓0
ベトナムで不動産業をはじめとして多角経営を行うホアン・アイン・ザライ(HAGL)グループは、ヤンゴンのHAGLミャンマーセンター建設の第2フェーズとして2億3000万米ドル(約255億円)を投資し、3月19日に、同センター第2フェーズの起工式を実施した。同センター第2フェーズでは、ショッピングセンター、高層マンションのほか、2つの高層ビルが建設される。ショッピングセンターには、店舗のほか、映画館やゲームセンターなどの娯楽施設が入居する。なお、完成は2018年を予定している。昨年末に完成した同センターの第1フェーズでは、4億4000万米ドル(約490億円)が投資された。第1フェーズ内には、ショッピングセンターのミャンマープラザと、スペインのホテルチェーン、メリアが入居している。ミャンマーに対するベトナムの直接投資は急増の傾向ミャンマーに対するベトナムの直接投資は急増している。ミャンマーのベトナム投資協会(AVIM)の調べによると、2010年の時点では、ミャンマーに対するベトナムの直接投資額は、2365万米ドル(約26億円)であったが、2015年は、ミャンマー投資委員会が承認した10のプロ もっと見る
2016/03/22 16:52 da:23 facebook:14 twitter:0 センター フェーズ グループ ヤンゴン 多角経営 起工式 Tweet
npn.co.jp  【世界のナイトスポット】ベトナムの首都ハノイで週末限定ナイトマーケット  ↑0 ↓0
街の中心に位置するホアンキエム湖の北の畔から、ドンスアン市場へと続く2km程のストリート。ここは週末になると歩行者天国となり何百軒という店が軒を連ねる。道を埋め尽くすバイクの集団も姿を消し、普段とは違った落ち着いたハノイを感じながらのショッピングが楽しめる。 主に売られているものは衣料品、装飾品、生活雑貨などでなんといっても魅力なのはそのお手頃な価格。どのお店も値札というものはなく言い値で購入することになるが、最終的には日本のおよそ1/3〜1/4で買うことができる。 とはいってもお店の人に「これいくら?」と聞くと初めは随分と吹っ掛けられるので、値切りは必須だ。ここでハノイのナイトマーケットで50軒以上の店に掛け合った筆者がマル秘テクを伝授しよう。【1】まずは気に入った商品が見つかったら値段は聞かずにしげしげと商品を手に取って見つめていよう。すると10秒と経たないうちに店員が話し掛けてくるはずだ。ポイントは自分からはアクションを起こさないこと。【2】話し掛けられたら値段を聞いてみよう。分かりやすく電卓で教えてくれる。ここから値切りの開始だ。最初は言い値の1/3を電卓に打ち込んでみよう。強 もっと見る
blog.asilla.jp  【BEST3】おすすめしたい美味しいレストランをご紹介(ベトナム・首都ハノイ)~前編  ↑0 ↓0
わたくしアジラ木村がよく行くお店を独断と偏見でベスト3にしてご紹介します。旅行でいらっしゃる方によく「どこが美味しい?」って聞かれるので、そろそろまとめておこうと思い立った次第です。 前編として(1)ガイドブックに載ってそうなお店を、後編では(2)載ってなさそうなお店、そして(3)それらの地図(Google Map)という三部構成でお送りします。 今日は前編「ガイドブックに載ってそうなお店」。衛生面、品質面で安定重視のレストランです。「とにかくここに来れば、美味しい料理が食べられる。お値段度外視ざます」というお店をチョイスしました。 我が独断と偏見をとくとご覧あれ! 第1位、Mediterraneo メディテラーネオ(地中海料理) さて、大方の予想を覆し、ベトナム料理ではなく地中海料理をNo1に据えてしまいました(背徳感があるのはなぜだろう・・)。でも、まあこれが正直な気持ちです。値段も高いですが味は最高ですし、観光名所のひとつハノイ大教会(聖ジョセフ教会)の前ということもあり雰囲気も最高です。お客さんは欧米人がほとんどで、なんだかヨーロッパに旅行しているような気分になります。また、二階のテラスから教会を見ながら飲むワインは格別です。テラス、オススメ。 パスタもオススメ。 ベトナム料理を食べ過ぎたらぜひ。 Mediterraneo (ハノイ) の口コミ・写真・地図 - トリップアドバイザー 第2位、Quan An Ngon クアン・アン・ンゴン(ベトナム料理) ネイティブのベトナム語で聞くと「クワナゴン」に聞こえるその意味はズバリ「美味しいレストラン」です(創業者はよくもまあその名をつけたものです)。このお店のすごいところは、たくさんの小さな屋台が店内を囲んでおり、南北問わずベトナム料理が味わえる点です。実際に素材を見たり調理するシーンを見たりしながら「これ美味しそう」と思えば、その場でオーダーすれば持ってきてくれます。 ガヤガヤとした喧騒のなかで「あれも食べたいこれも食べたい」と右往左往して「えーどうしよう。お値段いくらかよくわかんない」「もういいやじゃんじゃん食べちゃえ!」となること請け合い。どんなに大食漢がお腹一杯食べても3000円は超えないと思いますよ。 ただし、チェーン店なのかな、ハノイに数店舗ありますので移動の際にご注意ください。トリップアドバイザーに載っている店舗の住所は「18 Phan Boi Chau」で、観光の中心部から近いところですので、ここを選んでおけば間違いは少なそうです。 Quan An Ngon (ハノイ) の口コミ・写真・地図 - トリップアドバイザー 第3位、Orchid Cooking Class & Restaurant オーチャード・クッキング・クラス&レストラン(ベトナム料理) 高いレベルの味とサービスを味わうならここ。雰囲気も最高。トリップアドバイザーの口コミにある通り、「おしゃれ」「ホスピタリティー高い」「隠れた名店」とはまさにおっしゃる通り。世界三大料理のうちの二つ、中華料理とフランス料理から大きな影響を受けているベトナム料理ってすごいなと感じられるレストランです。  Orchid Cooking Class & Restaurant (ハノイ) の口コミ・写真・地図 - トリップアドバイザー ちなみにここはベトナム料理の「クッキングツアー」を開催しているようですので、ご興味があればぜひぜひ。その時はぜひ呼んでください。食べますので。 Viet Nam cooking class, vietnam cooking tours, vietnam cooking holidays, cooking tours in vietnam, vietnamese cuisine, vietnam cook tours, cooking class in Vietnam - www.cookingclass.vn 番外編、ビンコムメガモール・ロイヤルシティ 観光という感じではないですが、ちょっと穴場のご紹介です。 こちらのメガモールは地下がものすごいデカいショッピングモールになっておりまして(東南アジア最大規模だそうです)、レストランエリアには前述の「クアン・アン・ンゴン」含め、何店舗も入っています。全然安くないけど各国有名ブランド(NIKEやadidas)のお店や、映画館、スケートリンク、ボーリング場、ウォーター系のアミューズメントパーク(?)なども入ってる総合エンターテイメント施設になってございます。 例えば、雨が降った時などは、こういうところで食べ歩きしてみたり、ベトナム映画をみたり、カフェでベトナムコーヒーを飲みながら富裕層の人間観察をしてみたりするのもオススメです。なんといってもトイレが清潔ですし、休むところがたくさんあるので、ベトナムの喧騒に疲れた時などにお使い頂くのもありかなと思います。 参考:東南アジア最大規模の地下商業施設「ビンコムメガモール ロイヤルシティ」を歩いてきました | オススメ | ベトナム生活・観光情報ナビ[ベトナビ] そうそう、ベトナム映画と言えば、現在開催中の大阪アジアン映画祭2016でベトナム映画が上映されています。最終日の13日(明日?!)に私がイチオシの「ベトナムの怪しい彼女」が上映されるようですので、みてね。 blog.asilla.jp 以上、町田オフィスからお伝えしました。 もっと見る
2016/03/12 16:03 da:17 facebook:0 twitter:0 ハノイ cooking レストラン アドバイザー トリップ オススメ Tweet
newsclip.be  ホームセンターのコーナン、ベトナムに出店  ↑0 ↓0
【ベトナム】ホームセンター大手のコーナン商事(大阪府堺市)はイオンが今夏、ベトナム南部ホーチミン市ビンタン区で開業する予定のショッピングセンター(SC)「イオンモール・ビンタン」に初の海外店を出店する。
アパレル・リソース  小売店ら、国際競争への備えを強化  ↑0 ↓0
企業にとっての小売スペースと投資を拡大させるための長期資本は、地元の小売業者にとってベトナムにおいて外国企業と競争するために両方とも必要だ。 政府のウェブサイトが伝えたところによれば「ベトナムがグローバルに深く一体化すると競争は激化することでしょう。地元の小売企業はきちんとした戦略を練らなくてはなりません」とSaigon Co.op Mart最高責任者のNguyen Thanh Nhan氏は述べた。 「競争することを恐れているのではなく、よりよい状態で競争を展開するために地元当局の後押しがより一層必要なのです」 スーパーで陳列される製品はほぼベトナム製である。 熾烈な競争にも関わらずベトナム製の日用品は地元住民の需要を満たすことができるため市場の大半を占めている。顧客も国内と海外の小売企業との間の競争により恩恵を受けることが可能だ。 「市場を開放することで外国製の日用品がベトナムの市場に容易に行き渡りますが、近い将来もベトナム製の製品は残ります」とロッテベトナムの最高責任者であるHong Won Sik氏は語った。 Sik氏は先日小売企業とホーチミン市の人民委員会との会合で、市場を開放することで地元の製造業者は外国製品と競争するためにより品質の高い製品をやむを得ず製造することになると語った。 氏はまたロッテの開発戦略において、ベトナム製の商品をロッテのスーパーマーケットのシステムや輸出に持ってくることができるよう、地元の製造業者と協力関係を拡大させることが必要だとの考えを明らかにした。 昨年ロッテは500万米ドル相当のベトナム製の製品を韓国に輸出した。今年この数値は倍増すると見られている。 ベトナムイオンは地元住民の嗜好や財政的な能力に見合う、高品質な自社ブランド製品を地元の製造業者らと協力し作りだす予定だ。 しかしながら地元の製造業者が輸入製品と競争するためには、品質を高めるとともにパッケージングのモデルを変えなければならない。 「市当局は地元住民の膨大な消費の需要にこたえ、製品価格の安定を確保するために有利な条件を設けます」と市当局の人民委員会委員長のNguyen Thanh Phong氏は語った。 氏は小売企業が市場開発戦略を展開する際はホーチミン市を地元住民だけではなく観光客にも対応できる地域における商業とショッピングセンターとみなすことが必要だと示唆した。 「ホーチミン市は地域と連携し小売りや製造業者が満たすべき要件を作成します」と氏は語った。 Phong氏は町の小売システムの基本計画を完成させるよう市の商工部に訴えた。 もっと見る
2016/03/08 05:57 da:19 facebook:0 twitter:0 製造業 ロッテ ホーチミン 日用品 責任者 システム Tweet
sanspo.com  なでしこの次戦相手ベトナムは“爆買い”中!?  ↑0 ↓0
女子サッカーリオデジャネイロ五輪アジア最終予選に出場しているベトナム代表は、ここまで3戦全敗と苦戦中だが、試合がなかった5日はオフを満喫した様子だ。 チーム宿舎近くのショッピングセンターで、選手たちは買い物を楽しんだ。ベトナムは7日に日本代表「なでしこジャパン」と対戦する。★女子サッカー・リオデジャネイロ五輪への道 アジアの出場枠は「2」で、2月29日~3月9日に大阪で最終予選を実施。日本、北朝鮮、豪州、中国、韓国、ベトナムの6カ国で争われる。1回戦総当たりのリーグ戦で、勝ち点などにより順位を決定。上位2カ国が出場権を獲得する。五輪本大会は8月3日から始まり、12カ国が出場する。試合日程へ
2016/03/05 20:48 da:68 facebook:5 twitter:0 アジア リオデジャネイロ サッカー なでしこ Tweet
HOTNAM!  ベトナムに欲しい「ファミリートイレ」  ↑0 ↓0
先日の日曜日、ホーチミン市で最も近代的な大型ショッピングセンターに4歳の子供を連れて遊びに行った。妻はその時、近くで用事を済ませていた。  父娘でぶらぶらしていると、「パパ、おしっこ」と娘が言う。  普段なら妻が女性用トイレに連れて行くところだが、いま妻はいない。困った。私が娘を連れて女性用トイレに入るわけにはいかず、かといって娘を男性用トイレに連れて行くのもおかしい。  結局、仕方なく娘にこう告げた。「男の人のトイレに行くから、パパの肩に顔を伏せて、眼を閉じてなさいね」。その通りにする娘を抱いて、トイレに駆け込むが、個室は満室。仕方なくトイレの外で待つことにした。多くの男性が用を足す小便器にさせるわけにはいかない。  ようやく個室が空き、私はドアを閉めて、娘のトイレを手伝った。  この話をFacebookでしたところ、同じような状況に直面した多くの友達から共感があった。アメリカに住む友人は、こう言う。  「先進国では、公共トイレは5つの対象用に作られてるよ。男用、女用、中性者用、障害者用、そしてファミリー用。そんな時には、まだ1人でトイレができない子供を手伝ってあげられる もっと見る
sankei.com  コーナン、今夏にベトナム進出 海外初出店  ↑0 ↓0
コーナン商事は2日、ベトナムにホームセンターを出店すると発表した。コーナンが海外に進出するのは初めて。親日的で社会情勢が安定していることからベトナムへの出店を決めた。国内市場の縮小が見込まれる中、人口増で成長が期待できる海外での出店に力を入れていく。 今夏にホーチミン市に開業するショッピングセンターに入る。売り場面積は約2300平方メートル。品ぞろえは今後検討するという。
出島  ベトナム・ハノイ市に2店舗目のイオンモールが開業予定  ↑0 ↓0
日本の小売企業イオンが2017年中にハノイ市第2号店となるショッピングモールの建設を予定している。2億ドル規模で計画されているこの新モールは、2019年の開業を予定している。
2016/03/01 07:52 da:15 facebook:- twitter:- モール イオン ハノイ ショッピング Tweet
アパレル・リソース  ハノイ市に2店舗目のイオンモールが開業予定  ↑0 ↓0
日本の小売企業イオンが2017年中にハノイ市第2号店となるショッピングモールの建設を予定している。 2億ドル規模で計画されているこの新モールは、2019年の開業を予定している。 2月22日、イオンの代表者らがトゥリエム区の幹部、Thang Long工業団地の管理委員会らと現地調査を行った。イオンは管理委員会に対し、工業団地周辺の6本の道路工事計画を早め、モール開業に備えた利便性の高いインフラ整備を提案した。 2015年10月28日に、イオンはハノイ市ロンビエン区でハノイ市第1号店となるイオンモールの開業式典を行った。 敷地面積9.6haのイオンモールロンビエン店は2億米ドルを投じて建設され、およそ11万平方メートルの延床面積に店舗、レクリエーション施設などを有する。 ベトナム初のイオンのショッピングセンターはホーチミン市のタンフー区に2014年1月に開業している。第2号店はその10ヶ月後に南部ビンズン省にオープンした。 2015年1月7日、イオンモールはホーチミン市での第2号店となるイオンモールビンタン店の着工式典を行った。2016年6月の開業を目指し、建設作業が進められている。 イオンはカンボジア、インドネシアでも各1店のショッピングモールを運営している。イオンは2018年夏にはカンボジアで第2号店を、そして2016年以降にインドネシアで2店舗の開業を計画している。 好調な拡張計画が進めば、イオンは東南アジア地域で9店舗を擁することとなる。イオンはベトナムを重点地域と捉えており、東南アジア地域で最多の店舗が展開している。 千葉県美浜区に本社を置くイオンはアジア最大の小売業者であり、コンビニチェーンミニストップやスーパーマーケット、ショッピングモール、専門店等、約300の連結子会社、26の関連会社のネットワークを有する。 もっと見る
アパレル・リソース  小売部門が内外企業によるM&Aに直面  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場における膨大な発展余地を見越し、外資系企業とベトナム企業との間でいくつかの合併買収(M&A)が行われている。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に参加するにあたり、その取組み義務の一つとして、2015年以降100%外資での小売企業設立を認めることとした。先月、ベトナムも参加するアセアン経済共同体(AEC)が発足し、各国市場が6億人もの消費者を擁する単一の地域市場へ統合され、また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、12の加盟国から1万種類以上の商品が関税ゼロで供給されることとなる。 このような状況下で、スーパーマーケットやコンビニなどの現代的な小売店による販売は、ベトナムでの市場においてわずか25%しか占めておらず、伝統的市場が依然として最も身近な販売チャネルとなっている。域内の各国、例えばフィリピンの33%、タイの34%、中国の51%、マレーシアの60%、そしてシンガポールの90%と比較して、ベトナムの現代的な小売店舗のカバー率ははるかに低い。そのためベトナムでは今後、現代的な小売店舗のカバー率を45%にまで引き上げる計画としており、外資系小売業者から熱い視線を注がれている。 近代的なショッピングチェーンを展開する地元小売業者として、77店舗のスーパーマーケットを運営するCo-opmart社、ハノイに20店舗を持つFivimart社、27店舗を持つCitimart社、そして20店舗以上を持つHapro社などが挙げられる。Vingroup社はRetail Oceanグループの買収後小売市場に参入し、VinmartブランドのスーパーマーケットやVinmart+ブランドのコンビニエンスストアのネットワークを、全国で200店舗以上にまで成長させた。 一方で外資系小売企業は、ベトナム全土で800以上あるスーパーマーケットのうち40%以上を占めている。ベトナムにおける外資系小売企業には、スーパーマーケットチェーンとしてBig C、Lotte Mart、Metro Cash & Carry、Aeonなどがあり、コンビニエンスストアとして、米国のCircle K、シンガポールのShop & Go、タイのB's martなどが進出している。 専門家によると、ベトナムのこの状況は、(外資系企業が)現代的なショッピング店舗に投資するのに最適な場所の一つとさせている。投資家らは新規投資だけでなく、M&Aも選択肢としている。 ベトナムのMetro Cash & Carryを買収したタイの小売業者Berli Jucker社は、全国で30以上のBig Cブランドのスーパーマーケットを運営するフランスの小売グループCasino Viet Nam社を買収する計画を発表した。 小売業界に詳しい情報筋によると、シンガポールのThe Dairy Farmグループ、韓国のLotteグループ、そして日本の小売グループのAeonもまた、ベトナムのBig Cスーパーマーケットチェーンの獲得を望んでいる。 The Dairy Farmグループは、シンガポールや香港における業界二番手の小売業者で、7-Eleven、Cold Storage、Guardian、Wellcome Giant、そしてHeroなどのブランドを傘下に抱える。このThe Dairy Farmグループは2014年に130億米ドルの売上があり、また韓国小売チェーンのLotte Shoppingは、同年230億米ドルの売上を記録した。 外資系の巨大小売企業のみならず、不動産ディベロッパーのVingroupのような地元企業もまた、ベトナム小売市場に参入するためにM&Aを利用している。Vingroupは、これまで小売部門において立て続けにM&A取引を行ってきた。2014年にOcean Martを買収後、Vinmartと改名し、そのチェーンを拡大した。その後、ベトナム繊維公団(Vinatex)からVinatextmartsの全株式を取得し、ベトナム全土39店舗のVinatextmartsを手中にした。 Vingroupはまた、Hop Nhat 社の株式の80%を取得してVinlinksと改名し、Vingroupの小売部門の配送にそれを利用している。 最近Vingroupでは、An Phong Investment JSCからMaximarkの全株式を取得した。グループのLe Khac Hiep副会長が地元メディアに語ったところによると、Vingroupは新規建設やM&Aにより、今後2017年までに100店舗のスーパーマーケットと、1000のマートを開業する予定としている。 もっと見る
hbol.jp  成長著しいベトナム。日本企業の進出で「鍵」になる要素とは?  ↑0 ↓0
例えば、同年4月に米資本のコンビニ「サークルK」がついにハノイに出店し、10月には、2014年1月にすでにホーチミンに進出していた「AEONモール」のベトナム第3号店がハノイに出店した。「AEONモール」は日本の食材や調味料も手に入るようになったために在住日本人の喝采を浴びたのはもちろんだが、デパートのような大型ショッピングモールがなかったハノイでは画期的な商業施設として現地人の間ではかなり話題になっているようだ。
2016/02/07 09:00 da:40 facebook:34 twitter:0 モール ホーチミン サークルK コンビニ ハノイ Tweet
travelvision.jp  ベトナム、旧正月(テト)時期に伴う影響  ↑0 ↓0
元旦の前3日間、後1週間ほどが「テト期間」となり、ハノイやホーチミンなどの大都市でも、ショッピングセンターやレストランの多くがクローズとなります。(クローズ期間は各施設により異なります)同時期にご旅行をご予定の方は、最新情報に十分ご注意ください。■ 旧正月(テト)時期に伴う影響◎ 大晦日の市内交通について --- ハノイ市内2月07日の大晦日の旧市街やホアンキエム湖周辺は、夕方より車やバイクで大渋滞となり、身動きが取れないような状況が予想されます。〔大晦日に混雑が予想されるエリア〕 ホアンキエム湖湖畔、旧市街(特にハノイ大教会周辺)、オペラハウス前〔大晦日に混雑が予想されるエリアに位置するホテル〕 ソフィテル・レジェンド・メトロポール ヒルトンハノイオペラ ギャラクシー ゴールデン・スプリング ザーバオパレス ボスホテル◎ お正月期間の市内交通等について旧正月期間(2月07~13日まで)の夕方以降、旧市街付近はバイクや歩行者で混雑する可能性があります。ツアーなどで旧市街周辺のレストランを利用の際は、遠回りしたり、一部徒歩にて移動いただく場合があります。◎ 観光地の混雑情報 --- ハノ もっと見る
アパレル・リソース  TPPによる国内ファッションブランドの過酷な未来を警告  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が発効し、アパレル製品の輸入関税が現在の20%からゼロに下がると、ベトナムのファッションブランドは深刻な課題に直面することが予想されている。 ホーチミン市1区に住む主婦のHongさんは、ブラックフライデー(米国における感謝祭の翌日の金曜日)に購入した商品に満足したようだ。 このセール期間中、Gapのシャツが1枚あたり15~17米ドルの価格となった。Hongさんは税金、配送料を加えて、45万ベトナム・ドンを支払わねばならなかったが、その金額は国産シャツの値段と同じ位であった。 その他のブランド品の価格も50~60万ベトナム・ドン程度で、Hongさんら都会に住む一般的な人々にとって「手頃な価格だ」と言う。 Hongさんは、TPP発効後に輸入関税がゼロとなり、外国製製品がより低価格で販売されることを期待している。 An Phuoc Garment社のNguyen Thi Dien CEOは、輸入関税ゼロによってベトナム企業がより過酷な競争にさらされることになる、と述べた。 小規模メーカーは市場から撤退するか、自社で製品を製造する代わりに、輸入した製品を国内で販売(するよう業態を変更)せざるを得ないことになるだろうとした。 ベトナム企業は、特にアセアン地域における衣料品の関税がゼロに引き下げられた2012年以降、何年にもわたって中価格帯市場において、タイ、中国、韓国からの輸入品と競争を強いられてきた。 多くのベトナムメーカーでは、アセアン地域からの輸入増大により、生産を縮小せざるを得なかった。 ベトナム繊維協会(Vitas)によると、ベトナム企業のうち20%のみが国内市場向けの製品製造を望んでいる一方で、大半の企業は輸出向け生産に注力しようとしている。 ベトナム繊維公団(Vinatex)のHoang Ve Dung副社長は、増加する外国製品が国内市場に浸透してきており、そのことはベトナム企業にとって脅威である、と述べた。 Dung副社長はまた、国内企業が存続、発展し続けるには、自社オリジナルデザインによる製品を生産して自社ブランドを育てるか、小売ネットワークを拡充し、小売店舗からショッピングモールへ、また地方から都心へ広げていくか、という2つの道しかない、と続けた。商工省によると、2014年の国内繊維・衣服品の消費者価値は35億米ドル、75兆ベトナム・ドンであった。 さらに、原産地が不明確な製品の売上を含めると、実際の数値はより高い可能性がある。 ベトナムでは約200の海外ファッションブランドがひしめいており、中間、及び高級品市場セグメントの売上が全体の約60%を占めている。 もっと見る
2016/02/01 06:03 da:19 facebook:0 twitter:0 ブランド ファッション シャツ 米ドル 副社長 メーカー Tweet
アパレル・リソース  アパレル業界に大きな輸出ビジネスチャンス  ↑0 ↓0
アパレル分野はベトナム経済を牽引する輸出産業の一つであるが、ベトナムが自由貿易協定(FTA)に参画し、今年それが発効することにより、2020年までに輸出売上高が300億米ドルに、2025年までに 2015年の水準の2倍となる550億米ドルに達すると予想されている。 また、FTAは外国直接投資(FDI)を誘致し、市場の統合によりベトナムに多くのメリットをもたらすこととなる。 しかし、Gia Dinh Garment社の代表によると、アパレル分野におけるFDIの大半は、世界のアパレル大企業からによるものであり、それらの企業は原材料から完成品、デザイン、流通などの生産プロセスを一貫してコントロールしている傾向がある、と述べた。 この傾向により、FDI企業は低コスト、競争的な販売価格、そして安定的な原材料供給源を確保できるというメリットを享受する一方で、ベトナム繊維公団(Vinatex)のように独自の生産プロセスを確立する財務的余力のある少数の企業を除き、ベトナム企業には不利な状況がもたらされることが想定される。 地元企業において最も困難な課題は原材料不足であり、FTAが規定する原材料の原産地規則を充足するために、厳しい(原材料獲得)競争に巻き込まれることとなるだろう。 そのためベトナム地元企業は、自らのビジネスの発想と手段を共に改善する必要がある。政府機関は各団体と協働し、地元企業が単なる作業請負業者から、オリジナルデザインやブランドメーカーとなり得るよう、FOB条件での輸出へ移行することを奨励するような政策を発令していく必要がある。 専門家らは、さらに多くのFTAが有効になる2020年までに、繊維・衣料品の輸出売上高は、300億米ドルにも達し、210億米ドル分もの原材料を消費することになるだろう、と述べた。 その際、アパレルのサポート業界が、地元企業が(FTAによる)ビジネスチャンスや税制上の優遇措置を活用する上での基盤を提供し、FTAの原産地規則対応の解決策となると見られている。 Trung Quy Trading Production Service 社のTran Trung Quy社長は、ホーチミン市はサポート業界向けに、繊維生産ライン、染色ラインや排水処理のための化学薬品などに必要な設備の製造を促進するような政策を採るべきだ、と強調した。 これらの政策は、サポート製品のコスト削減に役立つ、と彼は述べた。 税関・税務手続きは、同様の目的のためにさらに合理化する必要がある。 加えて、ホーチミン市が将来ベトナムや東南アジアにおけるファッション中心地に発展するために、その固い決意を示す必要があり、そのことにより、ベトナムのアパレル企業がアセアン諸国や中国ビジネスへますます強力に食い込むのに競争優位がもたらされることになるだろう、とした。 またそうした政策は、ベトナムがショッピング観光大国となることを後押しし、店舗システムを拡充し、不動産などその他産業の発展をも巻き込んでいくことになるだろう、と彼は付け加えた。   もっと見る
2016/01/28 06:05 da:20 facebook:- twitter:- アパレル 原材料 ビジネス 米ドル サポート コスト Tweet
日本経済新聞  アジア旬景  ↑0 ↓0
ベトナム・ホーチミンにイオンが2014年1月に開いたショッピングモール。食品売り場やレストランなど、どこもかしこも人、人、人。家族連れやカップルで大にぎわい ...
2016/01/23 06:22 da:88 facebook:11 twitter:0 かしこ レストラン 家族連れ カップル 大にぎわい 売り場 Tweet
アパレル・リソース  アメリカへのショートパンツの輸出、微増  ↑0 ↓0
統計データによれば、2015年のベトナムのショートパンツの輸出は2億280万点、7億8390万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が16%増、金額が1.1%増となった。 2015年11か月間には、アメリカ、韓国市場へのベトナムのショートパンツの輸出が対前年同期比でわずかに増加したが、一方でEUや日本市場への輸出は減少した。具体的には次の通りである。 アメリカ市場へのショートパンツの輸出は、11か月間の同製品の総輸出額の64.1%を占めて最大で、1億3320万点、4億2880万米ドルに達し、輸出価格の減少により、対前年同期比で数量が10.6%増、金額が2.0%増となった。アメリカ経済は多くの積極的な兆しを見せている。例えば消費者信用は活気を見せ、国民の収入は8か月連続で上昇しており、これらは消費者支出を促進し、同国の経済を向上させている。最新の報告によれば、消費者信用指数は12月において92.6(ポイント)増加しており、7月に次ぐ最も高い数値である。インフレは低く、その象徴として、各ショッピングセンターにおける割引キャンペーンの促進は、消費者の楽観的な心理を刺激した。2016年という新たな年の消費の展望は、11月においてアメリカ国民の収入が0.3%上昇し、給与額は0.5%増加したという商業省のデータに劣らず楽観的である。経済の良好な兆し、また消費需要の増加により、今後の同市場への縫製製品の輸出は有利になると見込まれる。 韓国へのショートパンツの輸出は、対2014年同期比で数量が1.0%減となったが、金額は1.3%増となり、431万点、2970万米ドルに達した。 EU市場へのショートパンツの輸出は、2014年11か月間と比べて数量が18.3%減、金額が9.6%減となり、1440万点、8140万米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出が対前年同期比で減少しており、ベルギー25.6%増、スペイン42%減、ドイツ4.6%減、デンマーク14.6%減、ポーランド43.1%減、等であった。 日本へのショートパンツの輸出は対2014年11か月比で数量が9.3%減、金額が23.4%減であり、417万米ドル、2430米ドルであった。 主力市場への輸出の増加が遅かったため、各企業はその他の市場へのショートパンツの輸出を急激に増加させたが、その金額は低かった。対前年同期比でコロンビア76.4%増、パキスタン593.7%増、トルコ158.8%増、等となった。   2015年のショートパンツの輸出価格は、対前年比で5.2%下降し、FOB単価は3.86米ドルだった。 2015年11か月のアメリカ市場へのショートパンツの輸出価格は、対前年同期比で7.8%下降し、FOB価格は3.22米ドルだった。2015年11月の同市場への輸出価格は、対前月比で15.4%上昇、対前年同期比で4.4%下降し、FOB単価は3.34米ドルだった。 2015年11か月の日本へのショートパンツの輸出価格は、対前年同期比で15.5%下降し、FOB単価は5.83米ドルだった。2015年11月の同市場への輸出価格は対前月比で39.3%上昇するも、対前年同期比では19.5%下降し、FOB単価は5.40米ドルだった。 2015年11か月のEU市場へのショートパンツの輸出価格は、対前年同期比で10.7 %上昇し、FOB単価は5.63米ドルだった。こうした成長率を得ることができたのは、いくつかの国への輸出価格が対前年同期比で上昇したためであり、スペイン40.1%増、オランダ16.3%増、スウェーデン34%増、イタリア43.7%増、ポーランド108.7%増、等だった。 2015年11か月の韓国市場へのショートパンツの輸出価格は、対前年同期比で2.4%とわずかに上昇し、FOB価格は6.9米ドルだった。   もっと見る
2016/01/14 11:59 da:20 facebook:0 twitter:0 米ドル ショートパンツ アメリカ 消費者 楽観的 スペイン Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]3省・市でビンコムSC一斉開業、全国16か所に  ↑0 ↓0
ビングループ[VIC](Vingroup)は24日、ホーチミン市と東北部地方フート省、メコンデルタ地方アンザン省の3省・市で、「ビンコム」ブランドのショッピングセンター(SC)3か所を一斉にオープンした。
アパレル・リソース  スーパーマーケットチェーンBig Cが売却か  ↑0 ↓0
フランスの小売業者Casino Groupは、財政面での柔軟性を強化するためベトナム、タイ、コロンビアの資産を売却する予定であり、ベトナムのスーパーマーケットチェーンBig Cを売却する可能性があると発表した。 2016年、Casino Groupは不動産や32店舗のBig Cを擁するベトナムでの事業を含む非中核資産の売却を進め、20億ユーロ(22億米ドル)以上のレバレッジ削減計画を進める予定である。 同グループは、タイとコロンビアでの不動産事業にも投資家の参画を求める予定である。 タイでは、Big Cが全国に所有するショッピングモールの賃貸可能面積は80万平方メートルに及ぶ。 コロンビアでも、ハイパーマーケットを除く賃貸可能面積は30万平方メートル以上である。 レバレッジ削減プログラムとフランスでの配当後のキャッシュフローの改善により、同グループの財政面の大幅な改善が期待されている。 これらの動きに伴い、Casino Groupは好調な資産を中心に、フランス、ラテンアメリカ、アジアといった主要市場での成長戦略に注力していく。 Big Cベトナムの広報担当者はベトナムニュースに対し、「しかし、この計画はベトナムにおける現在の業務とすでに承認された投資計画に影響することはありません」と話している。 Big Cはベトナムでの主要外資系小売業の一角を占めており、小売業でも大手企業のひとつである。   もっと見る
アパレル・リソース  ネット通販が活況前夜  ↑0 ↓0
2004年以降ベトナムでは、オンラインユーザーの数が増加するにつれ、ネット通販や電子商取引が人気となっている。最近多くの外資系大企業がベトナム市場に参入しており、地元企業にとって、より専門的なサービスを提供しなければ市場から退出を強いられるような熾烈な競争が生まれている。次の5~7年のうちに、この領域は本格的な活況期に入ると言われている。 商工省傘下のベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)によると、調査した約220のeコマースサイトでは、昨年総額1.6兆ベトナム・ドンの売上があり、その前年比で50%の上昇となった。ただしこの数字の75%は、トップ10のウェブサイトで占められている。 一般消費者向けeコマースビジネスの売上は29億7000万米ドルに達し、ベトナムの小売総売上高の2.12%を占める。 VECITAのTran Huu Linh長官は、ベトナムにおける4000万人のインターネットユーザーのうち58%が、オンラインショッピングを利用したことがある、と述べた。 eコマースの売上高は、今年40億米ドルに達すると予測されており、このことはベトナムのeコマースビジネスにとって良い兆候である。 ベトナムにおける2004年のサービス開始以降、eコマース業界ではLazadaやZaloraなど多くの外資系大企業の直接投資による進出が相次いでいる。またその多くは、ベトナムのオンライン小売業者にも投資を行っている。 外資系オンラインショッピングサイトの数は少ないものの、2014年には前年比15%増となる市場総売上高の59%を占めた。 ドイツのRocket Internet社傘下のLazada社は、過去2年間で最も話題となった会社である。ベトナム初進出から3年でLazada社は、ベトナムの216のeコマースサイトを追い抜いて収益がトップとなり、昨年の市場シェアは36%であった。 これに市場シェア14.4%のSendo 社、7.2%のZalora社、5.4%のTiki社が続いた。 外資系投資家の進出は過酷な競争を招き、資本力で巨大外資系企業に太刀打ちできない、多くのeコマースサイトを閉鎖に追い込んだ。 11月初めには、ウェブサイトのbeyeu.comが公式に閉鎖された。eコマースビジネス運営は多額の資金を必要とするため、多くの企業においてこれ以上無駄に投資しないという意思決定がなされた、と言われている。 Rocket Internet社のFood panda(食品デリバリーサービスのサイト)はVietnammn.comに売却された。 この過酷な競争により、いくつかのベトナムの企業は外国資本と手を組むことを選択した。 Taembe社は最近、スイスのFounders Fundから総額22万8000米ドルの投資を受けることとした。またその前には、Sendoと123Muaの二つのeコマースサイトを運営する、FPTグループ傘下のSen Do社が、日本を代表するインターネット・サービス・プロバイダーであるSBIホールディングス、Econtext Asia、Beenosの3社と提携することとした。 Tiki.vnも、日本のパートナーとの提携を急いだ。 一方でVingroup社は、昨年1兆ベトナム・ドンもの資本金を投じてVinEcomを設立し、eコマース市場への参入を開始した。 VinEcomは8月に、自動車、オートバイや生鮮食品など特殊な商品を取り扱うAdayroi取引サイトを開始した。このグループは、Lazadaなど外資系メジャーサイトの良き競合相手となることが期待されている。   消費者からの低い信頼性 ベトナムのeコマースビジネスの発展において最も難しい課題は、消費者がオンラインショッピングの習慣をまだ持っていないということである。多くの消費者は、購入するかどうかを決定する前に、直接製品に触ってみたいと考えている、とホーチミン市にあるベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Ngoc Dung会長は述べた。 多くのベトナム人はオンラインショッピングを信頼していない。 VECITA のレポートによると、インターネットユーザーの44%に当たる1400万人が、オンライン取引を行ったことがないとしている。 Neilsen社の調査によると、消費者のうち22%がインターネットの情報を信じておらず、15%が流通コストについて心配をしており、11%がウェブサイト上での分かりにくい情報と検索の難しさに不満を抱いている、としている。 オンライン販売業者は、本物のような価格で偽造品を販売したり、割引適用前の価格を不当に高く表示したり、広告とは異なる品質の品物を提供したり、消費者に継続的に大量のジャンクメールを送りつけたりして、消費者を悩ませている。 VECITA南部事務所のNguyen Thi Hanh所長は、政府は電子商取引業者に対し、政令52号、77号により、電子メールを送りつける前に消費者の許可を得ることを命じた、と述べた。しかしこの政令はまともに遵守されていない。 VECITAでは次に、モバイル端末での電子商取引の管理に関する法令案を起草しており、現在、政府承認を求める前に、企業からの意見を募っているところとしている。 もっと見る
2015/12/23 06:02 da:20 facebook:0 twitter:0 eコマース 消費者 オンライン サイト 商取引 ビジネス Tweet
tpp.asilla.jp  【インバウンド】中国人の「爆買い」に関するあれこれ  ↑0 ↓0
最近ではサッカー・クラブW杯で日本に訪れたネイマールさんが表参道で二千万円ほどお買い上げくださったようで、相変わらず海外勢からのニーズが高い日本のインバウンド市場です。 なかでももっともシェアが大きい、日本にお金を落とす額が総額で大きいのは中国人です。その中国人と爆買いの様々なデータを今日はツイッターからピックアップしました。   とっても興味深い⇒中国人から知名度高くても、日本人から知名度の低い観光地は、白馬八方尾根スキー場、越谷イオンモール、大阪天神橋商店街、大曲の花火、大田区町工場、京都国際マンガミュージアム、川村記念美術館 pic.twitter.com/g1ZKxod0g8 — Gen Shibayama (@gshibayama) 2015, 12月 20  スキー場=雪をみたい。雪で遊びたい、という需要は熱帯のASEAN各国のものだと思っていましたが、中国人にもあるようです。  各国での高級品のセールスに占める中国人/中国人以外の外国人/現地国人の割合 世界的に見れば日本の中国人への依存は小さい。日本市場はローカル依存が世界最高水準=日本人が海外ショッピングをしないとも言える pic.twitter.com/r6iQBrWTmp — Spica (@Kelangdbn) 2015, 9月 28  世界的にみると「”爆買い”と言うほどでもない」と言うこともできますし、まだまだポテンシャルがあると考えることもできます。 爆買いの総額について 「爆買い」が流行語大賞に選ばれるなど中国人観光客が来ないと日本経済が成り立たないような報道が行われている。しかし観光庁の発表では、外国人観光客が日本で使う金の総額は約1兆円だという。日本人の国内旅行で使われる金は6兆5千億円だ。我が国のGDP500兆円、1兆円がないと困るのか。 — 田母神俊雄 (@toshio_tamogami) 2015, 12月 18 「中国人観光客?外国人が落とす金はたかが年間1兆円だ。我が国のGDPは500兆!1兆円がないと困るのか」という田母神先生に、誰か「その1兆円は今の日本が一番ほしい、まるまるの外貨獲得の1兆円なんですよ…」と教えてあげてほしい。 https://t.co/YjJi7jJRDY — Cdb (@C4Dbeginner) 2015, 12月 19 外貨獲得も大事ですし、「日本人が国内旅行で使う額」も、人口減・少子高齢化・増税による可処分所得の圧縮でこの先減っていくと思われますので、いまから観光立国として確立させるではないでしょうか。 再訪について 日本が「再び訪れたい観光地」1位に 中国人客の多様化する「日本観光」 - エキサイトニュース https://t.co/Da3h6vvTLO — いっぷに@素敵な田舎暮らし (@wa_j_k) 2015, 12月 11 日本が「再び訪れたい観光地」1位に。 ただし、再び訪れた際に買い物(爆買い)が主体となるわけではなさそうです。 では、この「爆買い」傾向はずっと続くのでしょうか。訪日中国人旅行客のうち、今回「ショッピング」をしたという人は、66.3%となっています。しかしながら、次回したいこととして「ショッピング」を挙げた人は、31.8%と半分以下になっています。 出典:いつまで続く? 中国人の爆買いバブル  ちなみに満足度の高い商品は、「パナソニックLumix GF1、ミキモトのネックレス、資生堂の化粧品、東京ばな奈」だそうです。 中国人マナーについて 中国人云々あるが、日本人も含めた観光客のマナーの悪さが問題になったのはもう何年前の話だ。清水の舞台をヒールで歩いて穴ぼこだらけにするとか。→京都は「まるで上海、日本情緒がない」 訪日中国人のマナーに怒る欧米観光客 https://t.co/cZtrYWD34N — Kojima (@kojikojimajik) 2015, 12月 21   日本のオッサンの方がよっぽど傍若無人。 @yoma_kenichi それは思う。銀座中央通りで買い物している中国人は、かなりマナーが良くなっている。だって彼らは自分よりも数倍所得が大きい。 RT @om4ti: 中国人観光客、前よりもマナー良くなってきてるよ。 #daycatch — HIRAYAMA Kazunori (@om4ti) 2015, 12月 11 私も銀座、新宿、新宿などで多くの中国人観光客を見かけましたが、目につくようなマナーの悪さというのは感じませんでした(公共の場で、声はデカいけど)。 中国人をだます中国人  “爆買い”中国人をだます無資格の中国人ガイド 「観光立国」に影落とす可能性も… https://t.co/1WYwqEj7qI pic.twitter.com/kQkWBxw6sW — 産経ニュース (@Sankei_news) 2015, 12月 20   中国人向けの日本の観光スポットに、「免税店」という看板に、実際日本人経営の店より、ずいぶん高い値段の店は全部中国人経営です。簡体字で「免税店」と書いてる店はほぼ同胞を騙す店です。 — 孫向文 (@sun_koubun) 2015, 12月 15  ベトナム人は爆買いならぬ「爆食い」 爆買いならぬ「爆食い」だって。ベトナム人観光客増加の要因は富裕層増加・日系企業進出増加。課題はマナーと対中トラブル。夏野さん、コメンテーターしてるんだ・・。 爆◯◯!?なぜ急増?ベトナム人観光客 https://t.co/gzx7egexyp @YouTubeさんから — 木村大介@ハノイ (@kmrdai) 2015, 12月 16 ちなみに、訪日ベトナム人1人当たりの旅行支出額は、23万7688円で中国人を差し置いてナンバーワンです。訪日ベトナム人の数と支出額はこれからも増加すると思いますので、インバウンドマーケットで商売をしておられる方は今のうちに手を付けていくのがよいでしょう。 ご相談はアジラまでどうぞ。 www.asilla.jp もっと見る
2015/12/21 11:33 da:18 facebook:0 twitter:0 中国人 観光客 マナー 日本人 ショッピング twitter Tweet
blog.asilla.jp  【インバウンド】中国人の「爆買い」に関するあれこれ  ↑0 ↓0
最近ではサッカー・クラブW杯で日本に訪れたネイマールさんが表参道で二千万円ほどお買い上げくださったようで、相変わらず海外勢からのニーズが高い日本のインバウンド市場です。 なかでももっともシェアが大きい、日本にお金を落とす額が総額で大きいのは中国人です。その中国人と爆買いの様々なデータを今日はツイッターからピックアップしました。   とっても興味深い⇒中国人から知名度高くても、日本人から知名度の低い観光地は、白馬八方尾根スキー場、越谷イオンモール、大阪天神橋商店街、大曲の花火、大田区町工場、京都国際マンガミュージアム、川村記念美術館 pic.twitter.com/g1ZKxod0g8 — Gen Shibayama (@gshibayama) 2015, 12月 20  スキー場=雪をみたい。雪で遊びたい、という需要は熱帯のASEAN各国のものだと思っていましたが、中国人にもあるようです。  各国での高級品のセールスに占める中国人/中国人以外の外国人/現地国人の割合 世界的に見れば日本の中国人への依存は小さい。日本市場はローカル依存が世界最高水準=日本人が海外ショッピングをしないとも言える pic.twitter.com/r6iQBrWTmp — Spica (@Kelangdbn) 2015, 9月 28  世界的にみると「”爆買い”と言うほどでもない」と言うこともできますし、まだまだポテンシャルがあると考えることもできます。 爆買いの総額について 「爆買い」が流行語大賞に選ばれるなど中国人観光客が来ないと日本経済が成り立たないような報道が行われている。しかし観光庁の発表では、外国人観光客が日本で使う金の総額は約1兆円だという。日本人の国内旅行で使われる金は6兆5千億円だ。我が国のGDP500兆円、1兆円がないと困るのか。 — 田母神俊雄 (@toshio_tamogami) 2015, 12月 18 「中国人観光客?外国人が落とす金はたかが年間1兆円だ。我が国のGDPは500兆!1兆円がないと困るのか」という田母神先生に、誰か「その1兆円は今の日本が一番ほしい、まるまるの外貨獲得の1兆円なんですよ…」と教えてあげてほしい。 https://t.co/YjJi7jJRDY — Cdb (@C4Dbeginner) 2015, 12月 19 外貨獲得も大事ですし、「日本人が国内旅行で使う額」も、人口減・少子高齢化・増税による可処分所得の圧縮でこの先減っていくと思われますので、いまから観光立国として確立させるではないでしょうか。 再訪について 日本が「再び訪れたい観光地」1位に 中国人客の多様化する「日本観光」 - エキサイトニュース https://t.co/Da3h6vvTLO — いっぷに@素敵な田舎暮らし (@wa_j_k) 2015, 12月 11 日本が「再び訪れたい観光地」1位に。 ただし、再び訪れた際に買い物(爆買い)が主体となるわけではなさそうです。 では、この「爆買い」傾向はずっと続くのでしょうか。訪日中国人旅行客のうち、今回「ショッピング」をしたという人は、66.3%となっています。しかしながら、次回したいこととして「ショッピング」を挙げた人は、31.8%と半分以下になっています。 出典:いつまで続く? 中国人の爆買いバブル  ちなみに満足度の高い商品は、「パナソニックLumix GF1、ミキモトのネックレス、資生堂の化粧品、東京ばな奈」だそうです。 中国人マナーについて 中国人云々あるが、日本人も含めた観光客のマナーの悪さが問題になったのはもう何年前の話だ。清水の舞台をヒールで歩いて穴ぼこだらけにするとか。→京都は「まるで上海、日本情緒がない」 訪日中国人のマナーに怒る欧米観光客 https://t.co/cZtrYWD34N — Kojima (@kojikojimajik) 2015, 12月 21   日本のオッサンの方がよっぽど傍若無人。 @yoma_kenichi それは思う。銀座中央通りで買い物している中国人は、かなりマナーが良くなっている。だって彼らは自分よりも数倍所得が大きい。 RT @om4ti: 中国人観光客、前よりもマナー良くなってきてるよ。 #daycatch — HIRAYAMA Kazunori (@om4ti) 2015, 12月 11 私も銀座、新宿、新宿などで多くの中国人観光客を見かけましたが、目につくようなマナーの悪さというのは感じませんでした(公共の場で、声はデカいけど)。 中国人をだます中国人  “爆買い”中国人をだます無資格の中国人ガイド 「観光立国」に影落とす可能性も… https://t.co/1WYwqEj7qI pic.twitter.com/kQkWBxw6sW — 産経ニュース (@Sankei_news) 2015, 12月 20   中国人向けの日本の観光スポットに、「免税店」という看板に、実際日本人経営の店より、ずいぶん高い値段の店は全部中国人経営です。簡体字で「免税店」と書いてる店はほぼ同胞を騙す店です。 — 孫向文 (@sun_koubun) 2015, 12月 15  ベトナム人は爆買いならぬ「爆食い」 爆買いならぬ「爆食い」だって。ベトナム人観光客増加の要因は富裕層増加・日系企業進出増加。課題はマナーと対中トラブル。夏野さん、コメンテーターしてるんだ・・。 爆◯◯!?なぜ急増?ベトナム人観光客 https://t.co/gzx7egexyp @YouTubeさんから — 木村大介@ハノイ (@kmrdai) 2015, 12月 16 ちなみに、訪日ベトナム人1人当たりの旅行支出額は、23万7688円で中国人を差し置いてナンバーワンです。訪日ベトナム人の数と支出額はこれからも増加すると思いますので、インバウンドマーケットで商売をしておられる方は今のうちに手を付けていくのがよいでしょう。 ご相談はアジラまでどうぞ。 www.asilla.jp もっと見る
2015/12/21 11:33 da:18 facebook:- twitter:- 中国人 観光客 マナー 日本人 ショッピング twitter Tweet
アパレル・リソース  オンライン小売業者ら、外国企業に圧倒される  ↑0 ↓0
2014年ベトナムの電子商取引関連の収入は29.7億米ドル、国内全体の小売の2.12%を占めた。この数値は今年倍増すると予測されている。 ベトナムの電子商取引市場は急速に拡大しているが、地元の投資家は高いマーケティングキャンペーンをうてる十分な資金をもつ海外の競合企業を相手に市場シェアを失いつつある。 今年はじめの9ヶ月間で主要な企業から取り寄せたデータに基づくベトナム電子商取引協会の数値よれば、2014年同期と比較してオンラインの注文は5倍に増加した。 ホーチミン市に拠点を置く同団体の代表であるNguyen Dung氏によれば、全人口の9000万人のうち半分近くの人々がインターネットを使用することから今後まだ市場が成長する余地があるという。 主要な投資家らによれば、5年前と比べてオンラインの小売販売は10から15倍拡大しているという。 貿易や情報関連の省庁の報告によれば、2014年ベトナムの電子商取引関連の収入は29.7億米ドル、国内全体の小売の2.12%を占めた。この数値は今年倍増すると予測されている。 しかし調査によれば、投資家はウェブサイトを宣伝するために多くのお金を使う必要があるとも報告した。 貿易省の電子商取引部門による調査では、多くの消費者が商品の品質やオンラインでの支払いに不安を感じていることが明らかになった。オンラインショッピングの取引の8割以上で支払いは未だに商品到着時に現金で支払われていることがわかった。 顧客の信頼を勝ち取るためにオンラインの小売事業者は大々的なマーケティングキャンペーンで販売促進活動を行い、倉庫施設に重点的に投資を行わなければならない。この点で外国企業は優位に立っている。   市場の可能性 ベトナムの2014年に存在する217のショッピングサイトのうち最大であるLazadaは調査によれば36%の市場シェアを占めていた。 ハノイを拠点とするインターネット企業FPTのSendoが第2位で14.4%、第3位がLazadaも経営するドイツ系企業が経営するRocket InternetのZaloraであった。Zaloraが衣料品を中心とした販売であるのに対し、姉妹サイトのLazadaはアマゾンのように展開している。 ベトナムの電子商取引の投資家であるVietnam Price JSCの最高責任者であるNguyen Ngoc Diep氏は「外国の投資家は将来性を見込んでおり、市場を奪取しようとお金をつぎ込んでいるのです」と語った。 Diep氏は1000万、2000万米ドルの資金を集めることができたのは少数派であり、ベトナムの投資家が競争に負けたと述べる。 ベトナムの様々なショッピングサイトを運営するPeacesoft Groupの取締役会長であるNguyen Hoa Binh氏は、過去10年間でベトナムのオンラインの小売事業者が行った投資はあわせて5000万米ドル弱だったという。これは過去3年間でRocket InternetがLazadaに投入した金額のちょうど半分に過ぎない。 しかしBinh氏は国内の投資家は協力して地元の配達サービスで連携し地元の強みを生かすことができれば生き延びることができると述べた。 「競争は激しくなるばかりで、まっとうな変化を遂げなければ地元の投資家は規模を縮小したりビジネスをたたんだりしなければならないかもしれません」Binh氏は語った。   もっと見る
2015/12/16 06:04 da:17 facebook:0 twitter:0 投資家 オンライン 商取引 米ドル サイト ショッピング Tweet
アパレル・リソース  成長するアジア小売市場  ↑0 ↓0
ベトナムはアジアで最も発達した小売市場のひとつになりつつある、とハノイにおけるセミナーにて論じられた。 ベトナム小売業協会(VRA)は、「ベトナムにおけるショッピングセンターとその開発計画」をテーマとしたベトナム小売業フォーラム2015を開催した。このイベントには、政府当局、小売業の専門家、そして国内外の小売企業が参加した。 商工省(MOIT)国内市場部のDuong Duy Hung次長によると、最終消費支出はベトナムの国内総生産(GDP)の70%を占めており、またそのうちの90%が民間最終消費支出である。 そして現在の小売市場は、ベトナムの小売業部門の成長エンジンとしての役割が増加しつつある、と続けた。 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟する際には、多国籍小売企業の参入を促進するような開放政策のために、(ベトナム自国の)伝統的な、または現代的な小売店が駆逐されるのではないかと懸念された。だがベトナムの小売企業は、生き残りのために競争力を高めることによって、だんだんと(この過酷な環境に)適応してきている、とHung次長は述べた。 しかし、国内の小売業者は再び困難に直面している。外資系の巨大小売企業は、トレードセンターやスーパーマーケットに巨額の資金を投入しており、このことが国内の小売業者を悩ませている、とHung次長は述べた。 VRAのDinh Thi My Loan会長は、ベトナムのスーパーマーケットや小売チェーンはこれまで懸命に進化してきたものの、まだ価格競争力、取扱商品の種類、そして品質管理の面などにおいて、プロフェッショナルとしての要素に劣っている部分がある、と述べた。 Nielsen市場調査会社によると、月額収入が1500万ベトナムドン(714米ドル)以上あるベトナムの中流・富裕層(MAC)の規模は、現時点から2020年までの間に3倍となり、小売業者にとっての主要な顧客グループとなることが見込まれている。 不動産サービス業を営むCB Richard Ellis社 (CBRE)のレポートによると、Saigon Co.op社傘下のスーパーマーケットチェーンCo.op-martは、2015年アジア太平洋地域における小売業トップ200のうちの一つに選ばれた。 一方で、ベトナムの小売業トップ10のリストにおいては、そのトップは、Saigon Jewellery SJC社、そしてインターネットストアチェーンのNguyen Kim社、国営の携帯電話小売大手Gioi Di Dong(Mobile World)社が続いている。 また、このレポートによると、ハノイ市の小売店用地の空き地率が過去5年で最も高い水準にあり、20%にも上ったのに対し、ホーチミン市における空き地率は比較的低率に収まっており、ここのところ10%を下回ってきた。このことは、両都市における平均賃料に直接的に影響を与えている。 結果として、ハノイ市の平均賃料は低下している一方で、ホーチミン市の金額は上昇している。ハノイ市とホーチミン市の中心エリアにおける賃料は非常に高く、CBREのレポートによると、2015年第3四半期において月額1㎡当たり120米ドル以上にも上り、市内その他の地域の約3倍となっている。 このレポートではまた、ベトナム人の22%は、大きなショッピングモールよりもむしろ、コンビニエンスストアへ買い物に行くことを好む、と指摘している。 もっと見る
ミャンマーニュース  ベトナム不動産企業がヤンゴンに大型ショッピングモールをオープン  ↑0 ↓0
ベトナムの不動産開発企業であるホアンアイン・ザライ・グループ(Hoang Anh Gia Lai Group:HAGL)は12月5日、ミャンマー最大都市ヤンゴンに大型ショッピングモール「ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)」をオープンした。ミャンマープラザは、Kabar Aye Pagoda通りに建設中の「ミャンマーセンター(Myanmar Centre)」の一部。ショッピングモールの他にオフィスビル、ホテル、マンションなどとが集まる巨大複合商業施設となる予定である。顧客のターゲットはミャンマー国民だけでなく、海外からミャンマーへ訪れる旅行者も含まれているため、国際的な顧客ニーズも視野に入れた運営となるだろう。オープニングセレモニーはHAGLグループの最高経営責任者(CEO)Vo Truong Son氏をはじめとする関係者が集まり、5日朝に行われた。充実した店舗全5階建てのミャンマープラザには、ハイエンドの食料品、家電、電子機器がそろい、100以上のブランドを提供するファッションと美容の店が数多く入っている。また、4,000平方メートルの広さがあるミャンマープラザのフードコ もっと見る
2015/12/13 18:56 da:19 facebook:14 twitter:0 Tweet
アパレル・リソース  オンラインフライデー開催され、100万人以上が関心   ↑0 ↓0
12月4日にウェブサイトonlinefriday.vnで開催されたオンラインショッピングイベントでは6万3500点以上の商品が割引販売され、消費者の大きな関心を集めた。 主催者によると、イベント告知のため、事前に1億通のメッセージをモバイル購読者に送付したという。午後6時までにウェブサイトの閲覧者数は110万人を記録した。 2000近い参加小売業者が高級衣類、本、時計、デジタル器具、観光商品や家庭用品などを大幅な割引価格で提供した。 いくつか例をあげると、Swatch、Guessでは7割引まで、Mango、Nike、Dorothyでは5割引までの割引が行われていた。 ベトナムで主導的なオンラインファッション小売企業であるZahola VietnamのJose Finch社長は、オンラインフライデーはベトナムの電子商取引分野において、消費者側も企業側も心待ちにする特別なイベントになったと話す。 オンラインフライデーへの参加の他に、Zalola Vietnamでは50社以上のパートナー企業と提携し、これまで最大のオンラインプロモーションとなる「オンラインフィーバー」を企画しているという。 オンラインフライデーに対応し、8社の銀行、クレジット業者がオンライン取引にキャッシュバックサービスを提供した。また、VietnamPostやViettelPost等の宅配業者も配送料を半額にしてオンライン業者らを支援した。 専門家によると、2014年のオンライン取引額は1540億ベトナム・ドン(690万米ドル)に達したという。2015年の取引額は2500万米ドル相当に達することが見込まれている。 専門家らは、ベトナムの電子商取引は、同国が様々な二国間・多国間の貿易協定の調印や交渉で世界経済への統合を加速する中、当面成長を続けると予測している。 オンラインフライデーは消費者の需要拡大、オンライン購入の促進を目的に、商工省下のベトナム電子商取引・情報技術庁(VECITA)が企画した。 電子商取引・情報技術庁のTran Huu Linh長官は、このイベントはベトナムにおける電子商取引の開発促進のための戦略の一部でもあるとコメントしている。 ベトナム もっと見る
2015/12/09 12:00 da:17 facebook:0 twitter:0 オンライン フライデー 商取引 イベント 専門家 米ドル Tweet
ASEAN PORTAL  ベトナムでオンライン・フライデー2015が開催  ↑0 ↓0
ベトナム政府は、2020年までの国家電子商取引発展プログラムの一環として、オンラインショッピングの一大セールの「オンライン・フライデー」を昨年から実施していたが、2015年の今年は「オンライン・フライデー2015」と銘打ち12月4日に実施したことを発表した。
tpp.asilla.jp  韓国=クールと思うベトナム人  ↑0 ↓0
コスメ、ファッション、音楽・ドラマの分野で韓国に大きく水を開けられてしまった日本。ベトナムの若い皆さんは韓国エンターテイメントに熱中しており、韓国や韓国人に対してとても好意的です。(・・こういう意見もあるけど⇒「ベトナム大学生、韓国ドラマの過度な「偶然」に嫌気…変化が必要 | Joongang Ilbo | 中央日報」) ベトナムに住んでいれば、このマーケティングデータは常に実感できます。ショッピングモールにいけばK-POP、大型モニターにもSNSD、テナントにはThe Body Shop。街を歩く女性のファッションやメイクアップも韓国テイストが感じられます。 出典:知っている日本人は「安倍首相」と「小澤マリア」。日韓ドラマの差が与えるベトナムビジネスへの影響 : シェアーズカフェ・オンライン 化粧品に関しては先日、日経新聞に記載があったように、日本勢のシェアは1%台で横ばいです。※日経のこの記事、巻き返しのターゲットは「欧米企業」ではなく、まずは「韓国企業」だと思います。 花王やライオン、資生堂など日本勢のシェアは1%台で横ばいだ。アジアでは肌質の近い日本製品への信頼感は高く、欧米企業を巻き返すには、強みを生かした戦略がカギになりそうだ。 出典:東南アの美容市場、急拡大 :日本経済新聞  品質の高い日本プロダクトの価格帯(まだちょっと高い)にベトナム国民の所得が追いついてくるここ数年のうちに、一気に巻き返しをはかることになると考えています。 我々はその時のためにきっちり種まきをしておかねばなりません。 すいません、すっかり風邪ひいてしまって今日はこのへんで。 その他TPP、EC関連の記事にツッコミをば。 ビン会長は「ベトナムのIT産業はアウトソーシング分野で既にインドを超えた」と述べ、業務受託が拡大していると指摘した。TPPに先立ち、今年末に東南アジア諸国連合(ASEAN)で物やサービスの移動を自由化するASEAN経済共同体(AEC)が発足する。「スキルが高くコストは安いのがベトナムの強み。競争優位性は一段と高まる」と述べた。 出典:ベトナムFPT会長「TPPで飛躍」 世界経営者会議 :日本経済新聞  いやいやインドは超えてない。コストは今後上がっていく。高いスキルはアウトソーシングのスキルであって、ITサービスの創出に必要なクリエイティブなスキルではない。 ベトナムはクレジットカードの普及が国民9000万にに対して400万枚程度と非常に低く、また昔から現金での取引を好むことから、ECにおいても決済の9割以上は「現金代引」が利用されている。この為、ユーザーが実際にお金を払うまではキャンセルが自由のため、キャンセル率は驚きの「30%」である。例えば、オンラインで購入したが、別のサイトでもっと安い商品を見つけたとか、商品が待ちきれず帰りに他のお店で買ってしまった・・など 出典:キャンセル率30%?急速に伸びるベトナムのECとその課題(黒川賢吾 株式会社Asia Plus CEO) : シェアーズカフェ・オンライン EC事業者が乱立しているが、このポイントを解決できないため、資本力のある大手ECのみが生き残っているがおそらく赤字が続いていると思われる。資本力のないECサイトは短命に終わるか、リソースをオフラインの業務に振って(物販?)いると思われる(ECというよりはカタログショッピング的な)。 営業に品物を買い取らせたり、割とあこぎなことをしていると聞く。 ベトナムの消費者の30%以上が、購入決定をするのにSNSを使っている (中略) 消費者の30%がオンラインでの買い物が定着しており、SNSで情報を調査してから購入決定をしているという。なお、20%の消費者はオンラインでの買い物でコストを節約できていると回答している(主に割引アプリやWebサービスを使っているとのこと) 15%の消費者が送料を理由にオンラインでの購入をしないと回答しており、更に11%の消費者が販売Webサイトが分かりづらいと回答(Webサイトのレイアウトが分かりにくく、商品が探しづらい)している。 出典:【消費者の30%以上が、購入決定にSNS活用】 : ベトナムニュース速報 これはニールセンさん、もうすこしkwsk 今日はこのへんで。 もっと見る
2015/11/11 19:51 da:16 facebook:- twitter:- 消費者 オンライン スキル サイト ドラマ サービス Tweet
news.aol.jp  浅田舞の「リゾートロケ」に釘付けになる人続出!「デカすぎる」「爆乳すぎて言葉がでない」  ↑0 ↓0
ホイアンの街では、お土産を購入するためショッピングを楽しみ、妹の浅田真央にあげる刺繍入りバッグや、ベトナムの民族 ... 世界の人気急上昇観光地第1位に選ばれたリゾート地、ベトナム・ダナンで、定番の朝食「ブンチャーカー」や、高級ホテルの ...
2015/11/07 12:00 da:65 facebook:- twitter:- リゾート ホテル ダナン ショッピング 釘付け お土産 Tweet
value-press.com  富裕層ベトナム人へ日本品質の商品とサービスをお届けするオールジ...  ↑0 ↓0
STARMARK HOLDINGS PTE. LTD.(本社:シンガポール、代表取締役社長:林正勝)は、2015年11月4日(水)に、ベトナムにおいてベトナム人や在越外国人をターゲットとしたEC(オンラインショッピング)サイト「agata japan®」をオープンいたします。
2015/11/04 13:07 da:63 facebook:- twitter:- 外国人 お届け サービス Tweet
出島  ベトナム、2020年までに総人口の3割がオンラインショッピング利用  ↑0 ↓0
ベトナム商工省下のベトナム電子商取引・情報技術局(VECITA)は2020年までにベトナム人の3割がオンラインショッピングを利用するという目標を設定した。
2015/11/04 11:28 da:10 facebook:- twitter:- ショッピング オンライン 商取引 商工省 Tweet
tpp.asilla.jp  ベトナムのコスプレ市場のポテンシャルやいかに  ↑0 ↓0
セルフィー(自撮り)が大好き民族であるベトナム民族は、やっぱりコスプレも大好きのよう*1でかなりの頻度でイベントを行っているため、ベトナム在住の日本人は幾度となくコスプレイヤーに遭遇しているという。 その理由は日本人が行くような大型のショッピングモールや、日本人が住むような大型レジデンスに併設されている施設でイベントが開催されるからで、要するに彼らの生活圏内にコスプレイヤーが入ってくるからなのですが、それにしては回数が多すぎる。 かくいうわたしは日本で一度も見たことがなかったコスプレイヤーなるものたちに、一年で5回は遭遇するようになりました。そのうちにこれが身近に感じられるようになり、最初持っていた抵抗感が少し薄らいで来るとともに、クールジャパン戦略の一環として率先してコスプレを応援しようと思いました。 いまのところ思っただけです。 この記事を読んで、真のコスプレイヤーの皆さんがベトナムのコスプレマーケットのポテンシャルにいちはやく気付いて、彼らとともにコスプレ文化をさらなる高みに上げてくれたらいいなと思いまして、とりあえず記事をポストしておこうと思った次第です。 でも、いろいろ探したんだけどないんだよね、アジア(ASEAN, Vietnam)のコスプレマーケットのデータって。でも、もしアジアでコスプレ関連ビジネスをお考えの方がおられましたら、ぜひお声がけください。 我々がなにかお役に立てるかもしれません。  // Hôm trước thấy 1 nhỏ hơi "ất ở* ngồi bệt dưới đất khoanh chân nhồm nhoàm bánh ruốc ngon lành ~~ : (((( Hôm sau vẫn là h... Posted by W. Photography on 2015年10月26日   // Prison School Meiko Shiraki by Lee DPhoto by Mochi StudioWC: http://worldcosplay.net/photo/3947450 [Len] Posted by Cosplayer Việt Nam on 2015年10月22日   // Hoạt động Cosplay vào các mục đích khác có thể được xem là một hình thức vi phạm bản quyềnMột tuần nữa là sẽ đến... Posted by Cosplayer Việt Nam on 2015年10月23日   // Hentai Ouji to Warawanai Neko Tsukiko Tsutsukakushi by Yuuki Namiko CosplayerPhoto: Zwei WC: http://worldcosplay.net/photo/3942246 [Len] Posted by Cosplayer Việt Nam on 2015年10月24日   // [Love live - ラブライブ!]Hanayo by Maria 茉利明Photo by Bi Chun Photography~~~~~~~~~~[ĐỌC KỸ]+ Vui lòng tôn trọng coser, ptg+ Không đem ảnh post nơi khác mà không xin phép, dẫn tên coser và ptg nhé!-Jen- Posted by Vietnam Cosplayer on 2015年9月29日      来場者の中で女性比率は高く、カメラ代わりにスマートフォンで写真を撮る人が多い。毎年手伝っている日本人からは、開催ごとに濃いファンが来ているという。  中国でも10年近く前は、娯楽が少ないのでイベントには参加するというライトな層も多数いたが、次第に純粋にアニメやコスプレが好きな人々だけが来るようになった。  ベトナムのイベントながら、まるで中国のサブカル黎明期を思わせる光景に見えたのだった。ベトナムにおいても、今でこそライトなサブカルユーザーが多く参加した祭りとなったが年を追う毎に純粋なファン同士がシェアするイベントとなり、日本から直輸入のホンモノをほしがるようになるのではないか。 出典:ASCII.jp:ミクがいっぱい!? ベトナムのコスプレイベントに行ってきた (1/2)|山谷剛史の「アジアIT小話」 直輸入のホンモノね。 今度直接聞いてみます。 っつーか、こんなサイトがあるとは。 worldcosplay.net ベトナム版はこちらから。 Viet Nam Photos - WorldCosplay *1:セルフィーとコスプレの嗜好に相関性があるかどうかは知らない もっと見る
2015/10/30 17:46 da:16 facebook:- twitter:- コスプレ イベント イヤー 日本人 アジア ライト Tweet

Thailand

thaich.net  BNK48ファーストアルバム「RIVER」がShopee限定発売  ↑0 ↓0
... を開始した通販サイト・Shopeeが2018年6月14日、バンコク都内のショッピングセンター ... 不法就労等のタイ人摘発のニュース、山梨で男女9人と東京で女1人.
2018/06/15 03:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  全裸でショッピングをした男3人を逮捕  ↑0 ↓0
タイ警察は2018年6月13日、全裸でヘルメットを被った姿で買い物をした25歳、26歳、27歳のタイ人の男3人を逮捕しました。 報道によると、ノンタブリ県の ...
2018/06/14 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
dailynewsonline.jp  タイ・バンコクのショッピングセンター「ターミナル21」がいろいろスゴイ件  ↑0 ↓0
タイ・バンコクのショッピングセンター「ターミナル21」がいろいろスゴイ件 ... 巨大な招き猫や力士、鳥居のオブジェなど、タイ人から見た典型的な日本のイメージが ...
2018/06/13 07:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  タイ・バンコクのショッピングセンター「ターミナル21」がいろいろスゴイ件  ↑0 ↓0
タイ・バンコクのショッピングセンター「ターミナル21」がいろいろスゴイ件 ... バンコクに数あるショッピングセンターのなかでも、独自のコンセプトで不動の人気を誇る ... 巨大な招き猫や力士、鳥居のオブジェなど、タイ人から見た典型的な日本のイメージ ...
2018/06/13 06:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  タイ進出20年 スターバックス、バンコクに大型店  ↑0 ↓0
【タイ】米コーヒーチェーン、スターバックスは11日、タイ進出20年を記念し、同社にとってバンコク最大の店舗をバンコク都心の大規模ショッピングセンター、 ...
2018/06/12 19:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  タイと中国が融合したバンコクのアートなショッピングスポット「LHONG 1919」  ↑0 ↓0
オープンして間もないだけに、まだあまりガイドブックにも掲載されていませんが、タイ人のあいだではフォトスポットとして高い人気を誇っています。 それもそのはず ...
2018/06/12 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
tabi-labo.com  バックパッカーだった私がバンコクへ戻りたい5つの理由  ↑0 ↓0
初めてバンコクを訪れた時には、多くの人と同じように、屋台街をしっかりリサーチして ... ショッピングのために何度も訪れる人もいるくらい、買い物天国なバンコク。 ... やエカマエ周辺にあるクラブで、タイ人や観光客と一緒に遊び倒すこともできます。
2018/06/11 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  タイのマクドナルドで味わう最高の朝マックのメニューとは?  ↑0 ↓0
なかでも首都のバンコクは、「あらゆるショッピングセンターにマクドナルドが入っている」といっても過言ではないくらい、マクドナルドの看板を頻繁に見かける街 ...
2018/06/03 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  セントラル・ラープラーオ前の屋台撤去  ↑0 ↓0
【タイ】バンコク都庁は29日から、都内のショッピングセンター、セントラル・ラープラーオ周辺の歩道や車道での屋台の営業を禁止した。現場で営業していた屋台商 ...
2018/05/30 13:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  天井突き破り転落死 バンコク郊外のショッピングセンター  ↑0 ↓0
【タイ】タイのテレビ報道によると、23日午前11時30分ごろ、バンコク北郊 ... 【タイ】タイのテレビ報道によると、5月1日未明、バンコク都内のアパートで、タイ人の ... と、5日、タイ東部パタヤ市のマンション5階から全裸のタイ人女性(26)が転落し、地上 ... 石川商事 5月おすすめ物件 · アユタヤ(ロジャナ・フェーズ2)内工業用地販売、 ...
2018/05/24 13:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  ワン・サイアム(One Siam):バンコク中心部のショッピング街にトップブランドが出店  ↑0 ↓0
サイアム・ピワット社が手掛けるサイアム・パラゴン、サイアム・センター、サイアム・ディスカバリーの3つのショッピングセンターからなる、バンコク中心部の ...
2018/05/23 01:29 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  セントラル・ラマ9内「元祖ジャパニーズカフェ」でサーモン寿司セット  ↑0 ↓0
バンコクの地下鉄ラマ9駅直結のショッピングセンター、セントラルプラザ・グランド・ラマ9店の6階にある、最近オープンしたばかりの「元祖ジャパニーズ ...
2018/05/18 10:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  保険金目当てに犯罪被害でっち上げ バンコクで香港人3人逮捕  ↑0 ↓0
3人は5日夜、バンコク都内の警察署を訪れ、バンコク都心のショッピングセンター、セントラルワールドからサラデーン通りのホテルにトゥクトゥク(オート三輪 ...
2018/05/08 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
top.tsite.jp  バンコクに来たらヘビ園へ行ってみよう!【タイ】  ↑0 ↓0
近年どんどん都市化が進むバンコク。大きなショッピングモールやデパートが立ち並ぶ場所も増えてきました。 そんな都会の中心部にある、スネイク・ファームはバンコクの観光地としても人気のスポットの1つ。シーロムエリアにあり、入場料は1人100バーツ(300円)。 毒ヘビによる死亡率がとても高いタイでは、ヘビの研究がとても ...
2018/05/08 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
top.tsite.jp  バンコクに来たらヘビ園へ行ってみよう!【タイ】  ↑0 ↓0
近年どんどん都市化が進むバンコク。大きなショッピングモールやデパートが立ち並ぶ場所も増えてきました。 そんな都会の中心部にある、スネイク・ファームは ...
2018/05/08 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.walkerplus.com  一度は体験したい、神の手と言われるタイの極上エステ  ↑0 ↓0
マッサージの種類も多彩で、アユタヤ王朝から続くタイ古式マッサージのほか、タイに伝わるセルフマッサージである古式体操「ルーシー・ダットン(Rusie Dutton)」 ... 近年ではスパも人気があり、バンコク、チェンマイ、プーケット、サムイ、ホアヒンなどの主要観光地では、ホテルに加え、ショッピングモール内のスパ施設に、一軒家 ...
2018/05/02 10:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
risvel.com  ノックスクート 6月1日より成田=バンコク線に新規就航  ↑0 ↓0
バンコク中心部まで車でおよそ40分。バンコクには、2006年に開港した新バンコク国際空港と呼ばれるスワンナプーム国際空港(バンコク中心部まで約32km)の2つがある。アジアを代表する観光大国「微笑みの国」タイ王国の首都バンコクは、寺院巡り、ショッピング、グルメなど、様々な魅力に溢れ、世界中から観光客が集まる ...
2018/05/02 05:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  車上荒らし常習犯か タイ人男逮捕  ↑0 ↓0
【タイ】タイ警察は1日、窃盗などの容疑でタイ人男のシリチャイ容疑者(44)を逮捕したと発表した。 4月19日にバンコク都内のショッピング ... 取り調べに対し、犯行を認め、出所後、バンコク首都圏のショッピングセンターやコンベンションセンターで6回、車上荒らしを働いたなどと供述した。防犯カメラの死角にあり、後部座席に ...
2018/05/02 04:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  長崎ちゃんぽん「リンガーハット」 ベトナム進出でエースコックとフランチャイズ契約  ↑0 ↓0
【タイ】外食チェーンのコロワイド(横浜市)は9日、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」のタイ1号店をバンコクのトンロー通りに出店した。 ... 【タイ】リンガーハット(東京都品川区)は12月1日、バンコク都内の高架電車BTSオンヌット駅前で開業する予定のショッピングセンター「センチュリー・ザ・ムービープラザ・スクムビット」に長崎 ...
2018/04/23 02:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  【世界のすき家】すき家でラーメン!?タイのすき家でご当地「チリドラゴンラーメン」を食べてみた  ↑0 ↓0
日本を訪れるタイ人が増えつつあることもあって、現地の人々のあいだで「本物の日本食」へのニーズが加速しています。 そんなタイにすき家が進出を果たしたのは、2011年のこと。バンコク郊外の大型ショッピングセンター「シーコンスクエア」にタイ1号店を出店して以来、バンコクやパタヤ近郊を中心に店舗を増やしています。
2018/04/21 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  アバブ イレブン:景色を180度見渡せるバンコクのルーフトップバー  ↑0 ↓0
バンコクのホテルは、出張や街歩きで忙しく過ごした一日の締めくくりにベッドへ直行するための場所だけではありません。目覚ましい成長を遂げる東南アジアの都市の中でも、とにかくお洒落で上質なバーが集まる今注目[...] 全文を読む. 関連記事. バンコクのショッピングセンター内の好きなトイレTOP2 · タイの「キットカット 抹茶 ...
2018/04/19 19:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  バンコクのショッピングセンター内の好きなトイレTOP2  ↑0 ↓0
バンコクのトイレのお話。綺麗なショッピングセンターでも「汚くて使いたくないな・・・」というトイレが中にはありますが、一方「ここは素晴らしい!」というトイレも。今回は個人的に好きなトイレのトップ2を御紹[...] 全文を読む. 関連記事. タイの「キットカット 抹茶あずき」は日本人の口にもピタリと合う美味しさ · タイ料理の食べ方、右手 ...
2018/04/18 09:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  SCトイレで女性強殺、タイ人男逮捕  ↑0 ↓0
【タイ】タイのテレビ報道によると、11日夜、南部チュムポン市のショッピングセンター(SC)、テスコロータス・チュムポン店の障害者用トイレで、タイ人女性(56)がナイフで胸などを刺され殺害され、所持していた ... この事件で、タイ警察に殺人、強盗などで指名手配されたタイ人男(26)が13日、警察に出頭し、逮捕された。
2018/04/16 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
dailynewsonline.jp  世界一有名なバックパッカー街は観光地に!?バンコク・カオサンのいま  ↑0 ↓0
ひとことでいえば、カオサンは、屋台での食事、アジアン雑貨のショッピング、マッサージなど、外国人が求める「タイのローカル体験」が気軽に叶えられる場所。 観光地化されたことで、旅慣れたバックパッカーのなかにはカオサンから離れていった人も少なくありませんが、バンコクでバックパッカーデビューを果たす人や、「バック ...
2018/04/10 17:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
oricon.co.jp  もっと買いタイ!バンコク・スワンナプーム空港で免税店巡り  ↑0 ↓0
バンコクでduty freeのショッピングを楽しむのなら、都心部の「キングパワー・ランナム店」がおすすめ。しかし、タイの観光旅行で限られた滞在時間を有効に使うのなら、帰国間際にスワンナプーム国際空港でタイ土産を探してみてはいかがでしょうか?同空港では、タイ国内外のブランドやコスメ、化粧品などの免税品が充実し ...
2018/04/05 14:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
朝日新聞  プーケットの名ホテル、トリサラの食にフォーカスした旅  ↑0 ↓0
アンダマン海の真珠”とたとえられるタイ最大の島、プーケット。西海岸を中心にビーチが点在し、それぞれに個性が異なっています。最もにぎやかなパトン・ビーチ、豪華ホテルやショッピングモールなどをそろえたバンタオ・ビーチ(ラグーナエリア)、人気ビーチランキング常連のナイハーン・ビーチ……。東海岸にも開発の波が訪れ、 ...
2018/04/05 11:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  バンコクでカンボジア人窃盗団を逮捕、16歳と17歳の少女も  ↑0 ↓0
タイ警察は2018年4月1日、バンコクで集団でスリを働いていたグループを逮捕。盗んだ携帯電話52台などを押収しました。 逮捕されたのは、タイ人女一人と、16歳と17歳の少女を含むカンボジア人男女5人で、主にパトゥンワン地区で活動。MBKセンターなどサイアム地区のショッピングセンターや、衣料品店が集まる ...
2018/04/04 21:32 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  バンコクで集団すり カンボジア人ら6人逮捕  ↑0 ↓0
... 【タイ】タイ警察は3日、バンコク都内のショッピングセンター(SC)、鉄道駅などですりを働いた疑いで、男女6人を逮捕し、盗品とみられるスマートフォン52台を押収したと発表した。 逮捕したのはタイ人の女(27)とカンボジア人の女(28)、カンボジア人の少女2人(17、16)、カンボジア人の男2人(34、29)。カンボジア人の容疑者 ...
2018/04/04 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  オンラインショッピングでの購入 バンコク住民は「衣料」1位  ↑0 ↓0
偽ブランド品をネット通販、バンコクで6人逮捕. 【タイ】タイ警察は27日夜、バンコク都ミンブリ区の民家を捜索し、財布、衣類、化粧品などの偽ブランド品1000点以上を押収し、タイ人の女1人(30)、中国人とみられる男4人(32、30、22、20)と女1人(24)を逮捕.
2018/03/08 22:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
bangumi.skyperfectv.co.jp  魅力あふれる微笑の国~タイ王国  ↑0 ↓0
プレミアムサービス. 魅力あふれる微笑の国~タイ王国~. 魅力あふれる微笑の国~タイ王国~. 28日後 開始. 04/05(木) 20:00~21:00. 無料. 情報/ワイドショー · ショッピング・通販 · 情報/ワイドショー · ファッション · 情報/ワイドショー · 暮らし・住まい · Ch.525 QVC(キューヴィーシー). このチャンネルは無料放送です。
2018/03/07 20:29 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  【世界の吉野家】タイの吉野家で味わう絶品オリジナルメニュー「ピリ辛牛焼肉丼」とは?  ↑0 ↓0
日本人にとって身近な海外旅行先、タイ・バンコク。観光・ショッピング・グルメと三拍子そろったこの町には、いつ訪れても新しい発見が待っています。 近年ますますバンコクを賑わせているのが、日本発の外食チェーン。「へぇ、このお店もタイに進出しているんだ!」と驚くほど、バンコクの町は多種多様な日本食のお店であふれ ...
2018/03/03 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ovo.kyodo.co.jp  屋台がひしめき合う光景が絶景と話題!バンコクのおしゃれナイトマーケット 「タラートロットファイ・ラチャダー」  ↑0 ↓0
続々と新しいショッピングスポットが誕生し、アジアの買い物天国の地位を不動のものにしているタイ・バンコク。 近代的なショッピングモールもいいけれど、アジアらしい熱気とカオスにふれるなら、ナイトマーケットははずせません。 いまバンコクの若者に人気を集めているナイトマーケットが、「タラートロットファイ・ラチャダー」。
2018/03/02 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  元タイ警察副長官、ショッピングセンターで転落死  ↑0 ↓0
... 島; ├パタヤのホテルでオーストラリア人男性転落死; └フィリピン人男性が転落、重傷 バンコクのスワンナプーム空港. 【タイ】タイのテレビ報道によると、25日午前11時半ごろ、バンコク北郊ノンタブリ県のショッピングセンター、セントラルプラザ・ジェーンワタナの7階から地上階にタイ人男性が転落し、全身を強く打ち死亡した。
2018/02/26 17:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  Ange Reve独占インタビュー in バンコク~またタイに来て「ただいま」って言いたい!  ↑0 ↓0
2018年1月26日から28日までの3日間、バンコク中心部の大型ショッピングセンター・セントラルワールドで、アジア最大級の日本文化の祭典「ジャパンエキスポタイランド2018(Japan ... グループ初の海外遠征となった今回の「ジャパンエキスポ」では、大声援の中で4回のライブを行ない、タイ人ファンとの交流も深めました。
2018/02/26 10:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  バンコクの恐竜パークが2018年4月20日に閉鎖、ショッピングセンター建設へ  ↑0 ↓0
バンコクのBTSプロムポン駅そば、スクンビット通り沿いに作られた「ダイナソー・プラネット」は、当初一年足らずで終了の予定でしたが、土地のリース期間延長により継続されていました。 なお跡地には、新たなショピングセンター「エムスフィア(EmSphere)」が建設され、2020年にオープン予定です。「エムスフィア」は近隣の ...
2018/02/22 22:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiatravelnote.com  バンコクのターミナル21内にある荷物預かり所  ↑0 ↓0
バンコク中心部の大型ショッピングセンター、ターミナル21(Terminal 21)内には荷物預かり所があります。 ... なお、AIRPORTELsはバンコク市内ではこの他にも、MBK(マーブンクロン)とセントラルワールドにもブースを構えています。1日当たり100バーツという料金はターミナル21支店と同じですが、MBKは1日目は無料、 ...
2018/02/21 11:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
vogue.co.jp  常夏のタイへエスケープ。(Rieko Kosai)  ↑0 ↓0
キングパワー・ランナム」は、タイ国内最大の免税ショッピングモールと、そこに隣接する五つ星のホテル「プルマン バンコク キング パワー」の複合施設。バンコクは街の規模に対してホテルの数がとても多く、五つ星、とされていても、正直、ん?これで?と首を傾げたくなるホテルもちらほら。ですが「プルマン バンコク キング ...
2018/02/20 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
iphone-mania.jp  タイ初のApple Store、バンコクの高級商業施設内にオープンか  ↑0 ↓0
タイ初のApple Storeが、バンコク市内中心部のチャオプラヤ川沿いに建設中の高級ショッピングモールICONSIAM(アイコンサイアム)内にオープンするようだ、とドイツ ... 万5,000平方メートル、500以上の小売店、ミシュラン3つ星レストランを含む100のレストランを擁し、バンコクの新たなランドマークになると期待されています。
2018/02/19 01:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  バンコクの某ショッピングセンターで床が隆起!崩壊しないよね?  ↑0 ↓0
バンコク某所の某ショッピングセンター3階フロアー。銀行の前で人を待っていると、突如一部箇所が立ち入り禁止になりました。「何が起こった!?」と見てみると、なんと床がやや隆起しているではありませんか!どういうこと? 係員さんが周辺を叩いて音をチェックするなどしていましたが、もしかして床にヒビが入りましたか?
2018/02/17 17:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
travel.co.jp  インスタ映え!タイ・バンコクのフォトジェニックなカフェ5選  ↑0 ↓0
フォトジェニックなカフェ、インスタ映えするスイーツ。海外で人気旅行先のタイにも、インスタジェニックなカフェ&スイーツが流行しています。そこで今、バンコク女子に人気のカフェをご紹介。タイのお土産探しやショッピング、観光の合間に、かわいいカフェで一息ついてみてはいかがでしょうか?
2018/02/16 11:44 da:- facebook:- twitter:- Tweet
intltoursearch.jal.co.jp  タイ行きのツアーの一覧  ↑0 ↓0
【関空発着】**ショッピングに便利**フリーステイバンコク5日間(2泊5日)ウェスティン グランデ スクンビット(デラックスルーム). 基本代金 ... バンコク&アユタヤ遺跡6日間(3泊6日)マンハッタン バンコク(スーペリアルーム). 基本代金 ... 宿泊都市:パタヤ; 宿泊ホテル:ベイビュー パタヤ; 食事:朝3回、昼0回、夕0回. 早割あり ...
2018/02/16 01:01 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  MBK、首都東部の商業施設を来月全面開業  ↑0 ↓0
タイの首都バンコク中心部の商業施設「MBKセンター」などを運営するMBKは、バンコク東部シーナカリン地区のショッピングモール「パラダイス・プレース」を3月に全面開業する。5日付ポストトゥデーが報じた。 パラダイス・プレースはこれまで「HaHa55」の施設名で1階… 関連国・地域: タイ. 関連業種: 金融・保険/商業・ ...
2018/02/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
risvel.com  日本の節分料理をバンコクで味わう  ↑0 ↓0
バンコクの高級ショッピングモールや神聖なエラワンの祠にも近く、観光やビジネスにおいて利便性の高い立地にある「オークラ プレステージバンコク」。このホテル内にある和食堂「山里」では、日本の節分に合わせた「節分特別御膳(ランチ)」と「節分特別会席(ディナー)」の提供を節分の2月3日から2月25日までの期間に提供 ...
2018/02/02 05:14 da:- facebook:- twitter:- Tweet
fnn-news.com  ショッピングカートが大変身 タイ・バンコク  ↑0 ↓0
スーパーなどで使われるショッピングカートが、意外な新発想で、あるお役立ちアイテムに大変身です。 タイの首都バンコク。 屋外で男性が乗っているのは、車いす。 別の場所では、室内で女性が車いすに乗っている。 しかし、わたしたちが見慣れている車いすと比べると、どこか不自然。 この車いす、元は、スーパーマーケット ...
2018/01/29 19:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet