1.1136500835419

Vietnam

毎日新聞  衣類など300点 ベトナム人2容疑者起訴 /福島  ↑0 ↓0
ディスカウントストアで大量に万引きをしたとして、いわき中央署と県警捜査3課などは5日、ベトナム国籍で群馬県太田市の無職、グエン・ソン・ロック容疑者(35)と ...
2018/12/07 12:33 da:- facebook:0 twitter:0 容疑者 ディスカウント ストア 万引き いわき グエン Tweet
読売新聞  「真面目に働くよりカネに」…盗品転売で生計か  ↑0 ↓0
ディスカウントストアなどで大量の万引きを繰り返したとして、福島県警いわき中央署は5日、研修ビザなどで来日していたベトナム人の男2人を窃盗容疑で逮捕、 ...
2018/12/06 15:56 da:- facebook:0 twitter:0 真面目 ディスカウント ストア 万引き いわき Tweet
minyu-net.com  ベトナム国籍男ら窃盗疑いで逮捕 東北、関東で数十件に関与か  ↑0 ↓0
いわき中央署は5日までに、盗みと入管難民法違反の疑いで、いわき市や水戸市のディスカウントストアで化粧品などを万引したとして、いずれもベトナム国籍、 ...
2018/12/06 09:33 da:- facebook:- twitter:- いわき ディスカウント ストア 化粧品 Tweet
sankei.com  大量万引のベトナム男2人逮捕 東日本7県で被害数百万円か  ↑0 ↓0
福島県いわき市や水戸市のディスカウントストアで化粧品などを万引したとして、福島県警は5日、窃盗の疑いで、ベトナム国籍の無職の男2人を逮捕、追送検した ...
2018/12/05 17:15 da:- facebook:0 twitter:0 東日本 いわき ディスカウント ストア 化粧品 追送検 Tweet
tnc.co.jp  万引き繰り返した疑い ベトナム籍“元技能実習生”  ↑0 ↓0
福岡県直方市のドラッグストアなどで万引きを繰り返した疑いで、元技能実習生のベトナム人の男女6人が逮捕されていたことがわかりました。 窃盗の疑いで逮捕 ...
2018/11/23 01:12 da:- facebook:- twitter:- 万引き 実習生 ドラッグストア Tweet
日本経済新聞  ベトナム技能実習生6人逮捕 福岡、集団で万引き疑い  ↑0 ↓0
福岡県警は22日までに、県内のドラッグストアなどで組織的に万引きしたとして、ベトナム人の技能実習生6人を窃盗容疑などで逮捕した。6人はそれぞれ別の ...
2018/11/22 17:26 da:- facebook:0 twitter:0 実習生 万引き ドラッグストア 組織的 Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]ベトナム人の購買動向、コンビニなどの利用加速  ↑0 ↓0
米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)がこのほど発表したベトナム人消費者の購買動向に関する最新レポートによると、コンビニエンスストアやミニスーパー ...
ryutsuu.biz  ファミリーマート/外国人スタッフ教育強化、文化・用語集を店舗に配信  ↑0 ↓0
教育・育成では、2018年3月から、中国・ベトナム出身の本部社員が、日本にある研修センター(東京、名古屋、大阪、福岡)にて、外国人ストアスタッフ向けにレジ ...
nna.jp  ベトナムで近代小売の利用加速=ニールセン  ↑0 ↓0
米系市場調査会社ニールセンは7日、ベトナムの消費者の購買行動に関する報告書を発表した。伝統的な市場や小売店から、コンビニエンスストアやミニスーパー ...
nna.jp  韓国コンビニGS25、ベトナム人社員を教育  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「GS25」を運営する韓国GSリテールは22日、ベトナム人社員8人を韓国に招へいして教育したことを明らかにした。聯合ニュースが伝えた。
fukuishimbun.co.jp  ベトナム人女が万引2200点以上  ↑0 ↓0
ベトナム人の女が福井県内のドラッグストアで万引を繰り返していた事件で、福井、敦賀、福井南、越前、小浜5署と福井県警機動捜査隊、捜査1課の合同捜査班 ...
2018/10/04 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグストア Tweet
sannichi.co.jp  ベトナム国籍3被告 窃盗などで有罪判決 甲府地裁  ↑0 ↓0
韮崎市や甲斐市のドラッグストアなどで盗みを繰り返したとして、窃盗罪などに問われたベトナム国籍の男女3人の判決公判で、甲府地裁は1日、それぞれに有罪 ...
2018/10/02 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 有罪判決 ドラッグストア Tweet
honichi.com  親日国「ベトナム」が第二の爆買いを引き寄せる可能性:ドラッグストアが今すぐベトナム語対応をすべき理由  ↑0 ↓0
インバウンド需要を意識して中国語のPOPや説明文を用意している店舗もありますが、訪日外国人のドラッグストアでの爆買い需要を喚起するならベトナム語に ...
oricon.co.jp  ベトナム本場の味わいを日本人好みにアレンジ  ↑0 ↓0
「EBISU BANH MI BAKERY」は、JR恵比寿駅から歩いてすぐの商店街「えびすストア」の一角に佇む。バインミーは、野菜をふんだんに使った「チョップドサラダ ...
2018/08/24 12:11 da:- facebook:0 twitter:0 味わい 日本人 アレンジ 恵比寿 商店街 えびす Tweet
fukuishimbun.co.jp  ベトナム人が化粧品100点超万引  ↑0 ↓0
福井県福井市内のドラッグストアで一度に化粧品100点以上(販売価格合計24万3432円)を万引したなどとして、住所不定、無職のベトナム人の女(29)が ...
2018/08/21 07:18 da:- facebook:0 twitter:0 化粧品 ドラッグストア 販売価格 住所不定 Tweet
news.livedoor.com  盗んだ商品をベトナムへ?埼玉県内に「闇の配送センター」か  ↑1 ↓0
盗品等保管の容疑で逮捕されたのは、ベトナム人のファム・チョン・ハ容疑者(26)ら2人です。5月に金沢市内のドラッグストアで万引きをした疑いでベトナム人の男 ...
2018/08/06 19:55 da:- facebook:0 twitter:0 センター 容疑者 ドラッグストア 万引き Tweet
sankeibiz.jp  ベトナムでコンビニ市場が急拡大 6年で店舗4倍  ↑0 ↓0
ベトナムは、コンビニエンスストア市場が急拡大している。米系調査会社ニールセンによれば、ベトナムのコンビニ店舗数は過去6年間で4倍に増えた。ベトナムの ...
2018/07/27 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ コンビニエンス ストア ニールセン Tweet
ビッグローブニュース  ベトナム人の男「転売し生活費に」 兵庫など5県のドラッグ店で万引 計450万円相当被害  ↑0 ↓0
兵庫や岡山など5県のドラッグストアで万引を繰り返したとして、兵庫県警組織犯罪対策課などは12日までに、窃盗の疑いで、ベトナム国籍の無職の男(30)= ...
2018/07/12 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 生活費 ドラッグ ドラッグストア Tweet
minyu-net.com  医薬品など万引疑いでベトナム人男2人逮捕 サプリなど299点  ↑0 ↓0
郡山市のドラッグストアで転売目的に医薬品などを盗んだとして、郡山署は3日までに、盗みの疑いでいずれもベトナム国籍、住所不定、無職の男(26)、男(26) ...
2018/07/04 09:00 da:- facebook:0 twitter:0 医薬品 サプリ ドラッグストア 住所不定 Tweet
nna.jp  小米、HCM市に「Miストア」の新店  ↑0 ↓0
中国スマートフォン大手の小米科技(北京市、シャオミ)は先週、ホーチミン市に国内8店舗目となる「Miストア」をオープンした。国内で初めてサービスセンターを ...
tku.co.jp  窃盗未遂のベトナム人逮捕 連続強盗に関与か  ↑0 ↓0
今月18日、熊本市西区のコンビニエンスストアで他人名義のキャッシュカードを使って不正に現金を引き出そうとした疑いでベトナム国籍の留学生の男が23日 ...
2018/06/24 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニエンス ストア キャッシュ カード 留学生 Tweet
nna.jp  小売サトラ、ホーチミン市の病院に店舗  ↑0 ↓0
サイゴン商業グループ(サトラ)は19日、ホーチミン市1区の第2小児科病院に食品を主体とするコンビニエンスストアをオープンした。同社が病院内に店舗を ...
毎日新聞  ベトナム人5人検挙 1890万円被害 /奈良  ↑0 ↓0
奈良県警は14日、ベトナム人男女5人の万引きグループを検挙し、捜査を終結したと発表した。2府3県(大阪、京都、三重、和歌山、奈良)のドラッグストアなどが ...
2018/06/16 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 万引き グループ 和歌山 ドラッグストア Tweet
日本経済新聞  ベトナム小売業、外資なだれ込む 零細店多く出店余地  ↑0 ↓0
環太平洋経済連携協定(TPP)などに合わせた流通業の規制緩和が進むベトナムで、コンビニエンスストアやスーパーが相次いで500~数千店の大量出店計画を ...
2018/06/15 20:26 da:- facebook:0 twitter:0 太平洋 コンビニエンス ストア スーパー Tweet
nna.jp  生鮮食品のオンライン購入、安全性に疑問も  ↑0 ↓0
ベトナムのハノイ市商工局によると、生鮮食品のオンライン購入者が増加傾向にある。一部のオンラインストアが有機食品の販売などで伝統的な市場に対抗して ...
2018/06/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- オンライン 生鮮食品 安全性 ハノイ ストア Tweet
news24.jp  ベトナム国籍の男女3人を窃盗の疑いで逮捕(山梨県)  ↑0 ↓0
ベトナム国籍の男女3人が甲斐市のドラッグストアーから医薬品など盗んだとして再逮捕された。窃盗の疑いで逮捕されたのは、ベトナム国籍の住所不定・無職 ...
2018/06/06 18:11 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグ ストアー 医薬品 住所不定 Tweet
47news.jp  化粧品の万引650万円被害 ベトナム国籍3人、転売か  ↑0 ↓0
ドラッグストアで万引を繰り返したとして、兵庫県警組織犯罪対策課などは31日、窃盗の疑いで、ベトナム国籍の無職カオ・テイ・ザン容疑者(23)=東京都豊島 ...
2018/05/31 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 化粧品 ドラッグストア 容疑者 Tweet
news24.jp  大量の哺乳瓶盗み、海外に転売か ベトナム人7人逮捕(愛知県)  ↑0 ↓0
ドラッグストアから大量の哺乳瓶を盗んだなどとして30日、ベトナム国籍のブイ・ミン・ヴィエン容疑者(27)らベトナム人7人が、窃盗の疑いなどで逮捕されました。
2018/05/30 19:18 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 容疑者 Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]大都市のコンビニ店舗数、6年で4倍に急増  ↑0 ↓0
米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)によると、2018年1-3月期の日用消費財(FMCG)市場では、パパママストアと呼ばれる小規模雑貨店や市場(いち ...
2018/05/16 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 大都市 コンビニ 市場調査 ニールセン 消費財 小規模 Tweet
nna.jp  小米「Miストア」、ハノイに開店  ↑0 ↓0
北京小米科技(小米、シャオミ)が12日、ハノイで初めてとなる委託販売店「Miストア」を開店した。1月にホーチミン市に1号店を開設以降、国内7店舗目に達 ...
2018/05/15 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ 販売店 ホーチミン Tweet
nna.jp  コンビニ出店、郊外で加速中  ↑0 ↓0
ベトナムの大都市中心部へのコンビニエンスストア、小型スーパーの相次ぐ出店で競争が激化したことにより、コンビニなどの郊外出店の動きが加速している。5日付ゾアインニャン・サイゴンが報じた。 小型スーパー「バック・ホア・サイン」を展開するデジタル機器販売大手テーゾイ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
sankeibiz.jp  MINISO名創優品が「Shop & Store Vietnam 2018」展示会に登場  ↑0 ↓0
【ホーチミン市(ベトナム)2018年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】「Shop & Store Vietnam 2018」(2018年ベトナムのショップとストア)展示会が3月28-30日、REED Tradexの主催により、Saigon Exhibition & Convention Center(SECC)で盛大に開催された。フランチャイズとリテールに重点を置いた同展示会の狙い ...
2018/04/13 15:22 da:- facebook:0 twitter:0 展示会 ホーチミン ショップ ストア Exhibition Convention Tweet
毎日新聞  MINISO名創優品が「Shop & Store Vietnam 2018」展示会に登場(共同通信PRワイヤー)  ↑0 ↓0
【ホーチミン市(ベトナム)2018年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】「Shop & Store Vietnam 2018」(2018年ベトナムのショップとストア)展示会が3月28-30日、REED Tradexの主催 ... MINISO名創優品のベトナム子会社は2016年9月に設立されて以来、「北-南」の主要都市を開発する戦略を採用してきた。MINISO名 ...
2018/04/13 15:22 da:- facebook:0 twitter:0 展示会 ワイヤー ホーチミン ショップ ストア 子会社 Tweet
sankeibiz.jp  MINISO名創優品が「Shop & Store Vietnam 2018」展示会に登場  ↑0 ↓0
MINISO名創優品が「Shop & Store Vietnam 2018」展示会に登場. AsiaNet 73064 (0650). 【ホーチミン市(ベトナム)2018年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】「Shop & Store Vietnam 2018」(2018年ベトナムのショップとストア)展示会が3月28-30日、REED Tradexの主催により、Saigon Exhibition & Convention ...
2018/04/13 15:22 da:- facebook:- twitter:- 展示会 ホーチミン ショップ ストア Exhibition Convention Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]中国シャオミ、HCMに「Miストア」2号店  ↑0 ↓0
中国の総合家電メーカーである小米科技(シャオミ=Xiaomi)は7日、ホーチミン市2区の商業施設「パークソン・カンタビル(Parkson Cantavil)」内に東南アジア最大規模の委託販売店「Miストア」をオープンした。 同店舗はシャオミにとってベトナム2号店となる。1号店は同市7区に立地する。2号店はミハウス ...
news.tv-asahi.co.jp  外国人犯罪ベトナム1.6倍に急増 中国抜き初の最多  ↑0 ↓0
国籍別で見ると、ベトナムの検挙件数は5140件で前の年の1.6倍に急増し、中国を抜いて初めて最多となりました。本国の犯罪グループから指示を受け、人気が高い日本の化粧品をドラッグストアで組織的に万引きし、ベトナムに持ち帰って市場やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で盗んだ品を安く転売するケース ...
nna.jp  サイゴンコープ、コンビニ50店の出店目指す  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)が、コンビニエンスストア「チアーズ」を近く50店舗体制にする考えだ。シンガポールのスーパー大手NTUCフェアプライスと協力し、現在の2店舗から拡大する方針。10日付サイゴンタイムズが伝えた。 チアーズに… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  ホーチミン市内のコンビニ、1800店に  ↑0 ↓0
米系不動産管理のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)ベトナムによれば、3月末時点でホーチミン市のコンビニエンスストア(ミニスーパーを含む)の総数は1,800店余り、総面積は27万2,000平方メートルに達した。9日付VNエクスプレスが報じた。 総面積は2017年12月から5.1%増加した。新たな事業者の参入も見込まれて ...
top.tsite.jp  神秘的なパワースポットに感激!シド・明希のベトナム旅行の思い出BEST3  ↑0 ↓0
アニメベストアルバム『SID Anime Best 2008-2017』をリリースしたシド。先日、たまたま予定が空いた時にベトナム旅行に行ってきたという明希に現地での思い出BEST3を語ってもらいました!「めちゃくちゃリフレッシュできた!」というエピソードを、実際の写真と共にお届けします。GWに海外旅行を考えている人は参考にして ...
2018/04/07 12:56 da:- facebook:0 twitter:0 思い出 神秘的 パワー スポット アニメ ベスト Tweet
saitama-np.co.jp  万引防止ゲートに感知されないバッグで商品799点盗む 容疑のベトナム人ら追送検 寄居の店など被害  ↑0 ↓0
万引防止ゲートに感知されないバッグで商品799点盗む 容疑のベトナム人ら追送検 寄居の店など被害. 県内のドラッグストアで化粧品を盗むなどしたとして、埼玉、長野県警は5日までに、ベトナム人の男2人を逮捕、窃盗事件25件をさいたま地検に追送検し、捜査を終結した。逮捕されたのはいずれもベトナム籍で住所不定、 ...
2018/04/06 01:41 da:- facebook:0 twitter:0 追送検 ゲート バッグ ドラッグストア 化粧品 さいたま Tweet
nna.jp  570万円分を万引か、ベトナム人  ↑0 ↓0
... 【共同】埼玉県警は5日、住所不定の無職ブウ・テット・タン被告(35)=窃盗罪などで公判中=ら、いずれもベトナム国籍の男2人による万引被害を、6都県のドラッグストアで38件、570万円分確認したと明らかにした。埼玉県警によると、店の感知器が反応しないよう加工したバッグに… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/04/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- 住所不定 ドラッグストア 明らか バッグ Tweet
nna.jp  フランチャイズ展示会、ホーチミン市で開催  ↑0 ↓0
小売り・フランチャイズ関連の展示会「ショップ・アンド・ストア(SHOP & STORE)ベトナム2018」が、きょう30日までホーチミン市で開催されている。同展示会の開催は初めて。 フランチャイジーを探す小売りや飲食チェーンのほか、電子商取引(Eコマース、EC)のプラットフォームを提供する企業などが出展しており、POS(販売 ...
nna.jp  FPTリテール、ドラッグストア網拡張へ  ↑0 ↓0
ベトナムのIT最大手FPT系のFPTデジタルリテール(FPTリテール)は28日、年次株主総会を開催し、ドラッグストア網の拡張計画について明らかにした。同日付VNエクスプレスが報じた。 FPTリテールのグエン・バック・ディエップ会長兼社長によれば、約1年前に買収し… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 医療・薬品/商業・ ...
nna.jp  日越通訳アプリ、沖縄企業が開発  ↑0 ↓0
スマートフォンアプリやウェブシステム開発のmitolab(ミトラボ、沖縄県浦添市)は20日、日本語とベトナム語間のオンライン通訳アプリを開発したと発表した。アップルの「アップストア」から無料でダウンロードできる。 mitolabが開発した「JellyTalk(ジェリートーク)」は、通訳… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: IT・通信.
日本経済新聞  服部製紙、美容マスクで東南アジア開拓 ベトナムでPB商品  ↑0 ↓0
家庭紙メーカーの服部製紙(愛媛県四国中央市)は美容向けのフェースマスクを東南アジアで本格販売する。ベトナムのスーパーやドラッグストアで3月中にプライベートブランド(PB)商品の販売を始める。インドネシアでの展開も目指す。既に中国や台湾で販売しているが、現地女性の美白志向や日本製品への信頼感を追い風 ...
nagoyatv.com  医薬品400点を押収 窃盗容疑で逮捕されたベトナム国籍の男の自宅から 岐阜県警  ↑0 ↓0
窃盗の疑いで逮捕されたベトナム国籍の男の自宅から、医薬品など約400点が押収されました。 逮捕された岐阜県瑞穂市のベトナム国籍グエン・ホアン・ハン容疑者(28)は2月8日、岐阜市内のドラッグストアで痛み止めの薬3箱を盗んだ疑いがもたれています。「間違いありません」と容疑を認めています。グエン容疑者の ...
2018/03/01 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 医薬品 グエン 容疑者 ドラッグストア 痛み止め Tweet
hicbc.com  医薬品など万引き‥ベトナム人を逮捕  ↑0 ↓0
ベトナム国籍で岐阜県瑞穂市に住むグエン・ホアン・ハン容疑者(28)は、2月、岐阜市のドラッグストアから関節痛などの鎮痛剤3点、2万円相当を盗んだ疑いが持たれています。 警察は、グエン容疑者のアパートを家宅捜索し、医薬品や化粧品などおよそ400点を押収、転売する目的もあったとみて動機などを追求しています。
2018/03/01 17:59 da:- facebook:0 twitter:0 医薬品 グエン 容疑者 万引き ドラッグストア 鎮痛剤 Tweet
minpo.jp  福島空港にコンビニ 開港以来初の開店  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアが出店するのは開港以来初めて。 パンや弁当などのほか、空港が立地する玉川村の特産品を販売している。県内の地酒や名産を販売する隣接の「ふくしま逸品堂」も管理する。 初日は福島空港とベトナムを結ぶ連続観光チャーター便の第1便で福島を訪れたベトナムからの観光客が多く訪れ、滞在最後の ...
amazon.co.jp  ベトナム ピアス ビジュー ハンドメイド ベトナム雑貨  ↑0 ↓0
ベトナム ピアス ビジュー ハンドメイド ベトナム雑貨がフック・レバーバックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
2018/02/21 01:20 da:- facebook:- twitter:- ピアス ビジュー ハンドメイド フック レバー バック Tweet
amazon.co.jp  ベトナム ピアス ビジュー ハンドメイド ベトナム雑貨  ↑0 ↓0
ベトナム ピアス ビジュー ハンドメイド ベトナム雑貨がシングルピアスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
refugee.or.jp  コンビニバイトで見かける外国人留学生たちの現状。ベトナム、ネパール  ↑0 ↓0
東京のファストフード店やコンビニエンスストアは多くの外国人労働者によって成り立っているようです。10年前の大阪と違って中国だけでなくベトナムやネパールなど多種多様なルーツを持った人たちも目立っているような…。 様々な媒体でも、日本の仕事を支える「外国人留学生」や「外国人技能実習生」についての報道をよく ...
news.nicovideo.jp  外国人留学生にとって「夢の国」とはとても言えない日本  ↑0 ↓0
人手不足が深刻なコンビニエンスストアの店員。最近ではベトナムやネパールからの留学生がそれを補っている。 セブンイレブンでは東京都内店舗で働くアルバイトの2割が外国人だ。留学生バイトの人数を国籍別で把握しているローソンによると、中国人に次いでネパール人、ベトナム人の順で数が多いという。8000人を超える ...
nna.jp  VNPT金融子会社、SEAバンクに売却へ  ↑0 ↓0
国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)は、金融子会社ポスト・アンド・テレコミニケーション・ファイナンス(PTF)をサウスイーストアジア銀行(SEAバンク)に売却する。売却価格は入札の最低価格5,000億ドン(2,200万米ドル、約24億円)を上回った。7日付ベトナム・イ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険.
2018/02/09 00:02 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 SEA バンク グループ ポスト アンド Tweet
nna.jp  HSBC、決済アプリ「Payoo」と提携  ↑0 ↓0
英系金融大手HSBCベトナムは決済アプリ「Payoo(ペイユー)」を運営するベトユニオン・オンライン・サービシーズと提携した。ベトナム・エコノミック・タイムズ電子版が25日に伝えた。 15日からHSBCのクレジットカードが、Payooに加盟するコンビニエンスストアや小売店で… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険.
NHKニュース  日本で働く外国人労働者127万人余 過去最多に  ↑0 ↓0
国別では中国人が最も多く37万2000人、次いでベトナム人が24万人、フィリピン人が14万6000人などで、特にベトナム人はおととしと比べて40%近く増えました。 産業別では「製造業」が38万5000人、清掃などの「サービス業」が18万9000人、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの「卸売業、小売業」が16 ...
2018/01/27 04:30 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 労働者 中国人 おととし 産業別 製造業 Tweet
nna.jp  人材インテリジェンス、ブランド名変更  ↑0 ↓0
人材サービスのファーストアライアンスはこのほど、ブランド名を従来の「インテリジェンスベトナム」から「パーソルベトナム」に変更した。 親会社であるテンプホールディングスは昨年7月、商号を「パーソルホールディングス」に変更。それに伴い、今年からベトナムを含む海外拠… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: 商業・ ...
osaka-shinkin.co.jp  ベトナムでのビジネスにおける魅力と課題  ↑0 ↓0
大阪府・大阪信用金庫 連携協定施策>. ベトナムでのビジネスにおける魅力と課題. 大阪府では上海の駐在員事務所のほか、世界9地域で民間企業等に委託をして大阪ビジネスサポートデスクを. 運営し、国際ビジネス相談、取引候補先企業リストアップ、現地出張支援等の大阪府内企業の海外ビジネス支. 援を行っています。
2018/01/19 00:33 da:- facebook:0 twitter:0 ビジネス 信用金庫 事務所 サポート デスク Tweet
日本経済新聞  ベトナム コンビニ出店ラッシュ 最大手ビンは年1000店  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナムでコンビニエンスストアの出店競争が激化している。不動産最大手で同国最大の「ビンマートプラス」を展開するビングループは年1000店ペースで出店し、2020年までに総店舗数を4000店に拡大。国営のサイゴン商業総公社(サトラ)も18年に60店を出店する。日韓など外資の出店も増え、伸び盛りの ...
newsclip.be  双日プラネット、ベトナムで包装資材製造事業参入  ↑0 ↓0
【ベトナム】合成樹脂商社の双日プラネット(東京都千代田区)は16日、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカー、ランドン・プラスティックの子会社ランドン・ロンアン・ ... ベトナムでは近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売り業態が発達しつつあり、食品用途の包装資材市場は毎年約 10―15%拡大している。
nna.jp  中国の小米、ホーチミン市に委託販売店  ↑0 ↓0
販売は提携先の地場家電販売大手デジワールドが担う。トイバオ・タイチン電子版が報じた。 Miストアではスマートフォンのほか、発光ダイオード(LED)デスクライトやロボット掃除機、空気清浄機などの家電製品も販売する。シャオミのワン・シャン副会長は、ベトナムは大きな潜在力のある市場と評価し、Miストアで同社の先進 ...
日本経済新聞  ベトナムの17年小売店販売、過去最高の1300億ドル  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナム政府は2017年の小売店販売額が前年比10.9%増の1296億ドル(14兆6700億円)と過去最高になったと発表した。日本のコンビニエンスストア「セブンイレブン」、スウェーデンのカジュアル衣料「へネス・アンド・マウリッツ(H&M)」など外資の進出が相次ぎ、中間所得層の消費意欲を刺激した。 ベトナム ...
newspicks.com  【ベトナム】韓国コンビニGS25  ↑0 ↓0
【ベトナム】韓国コンビニGS25、19日にHCM市で開業[商業] 韓国のコンビニエンスストア「GS25」が、1月19日にベトナム1号店をホーチミン市でオープンする。2018年中に50店舗の展開を目指す。4日付サイゴンタイムズが伝えた。1号店はホーチミン市1区ハイバー...
nna.jp  韓国コンビニGS25、19日にHCM市で開業  ↑0 ↓0
韓国のコンビニエンスストア「GS25」が、1月19日にベトナム1号店をホーチミン市でオープンする。2018年中に50店舗の展開を目指す。4日付サイゴンタイムズが伝えた。 1号店はホーチミン市1区ハイバーチュン通りの「エンプレスタワー」に開業する。店舗を運営するGS25ベトナムのグエン・ティ・ホアン・チャン最高経営責任 ...
msn  ドラッグストアで化粧品など15万円相当盗む ベトナム国籍の3人逮捕  ↑0 ↓0
兵庫県姫路市内のドラッグストアなどで万引を繰り返したとして、兵庫県警組織犯罪対策課と姫路署などは4日、窃盗の疑いで、ベトナム国籍の男女3人を逮捕した。 3人の逮捕容疑は、共謀して昨年3月7日夜、姫路市駅前町のドラッグストアで化粧品など計72点(計約15万円相当)を盗んだ疑い。1人は黙秘、他の2人は容疑 ...
2018/01/04 19:15 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 化粧品 駅前町 Tweet
ビッグローブニュース  ドラッグストアで化粧品など15万円相当盗む ベトナム国籍の3人逮捕  ↑0 ↓0
兵庫県姫路市内のドラッグストアなどで万引を繰り返したとして、兵庫県警組織犯罪対策課と姫路署などは4日、窃盗の疑いで、ベトナム国籍の男女3人を逮捕した。 3人の逮捕容疑は、共謀して昨年3月7日夜、姫路市... 記事全文<のサイトに移動します> · 神戸新聞. この記事が気に入ったらいいね!しよう ...
2018/01/04 17:48 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 化粧品 サイト Tweet
nna.jp  ビンGのコンビニ、ブンタウ15カ所で開店  ↑0 ↓0
ベトナム南部バリアブンタウ省ブンタウ市で24日、不動産開発大手ベトナム投資グループ(ビングループ)のコンビニエンスストア「ビンマート・プラス」が、15カ所で一斉開業した。25日付ダウトゥ電子版などが報じた。 店舗面積は100~300平方メートルで、チュオンコンディン通りな… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  テーゾイ買収の中堅薬局チェーンが解散  ↑0 ↓0
ベトナムのデジタル機器販売大手テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)が、中堅ドラッグストアチェーン運営会社の買収手続きを終えた直後に、同運営会社が解散したことが分かった。21日付ダウトゥ電子版が報じた。 ホーチミン市内の約20カ所に薬局を展開していたフックアンカ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 医療・ ...
2ndstreet.jp  TAILOR 東洋 / COTTON VIETNAM JACKET/ベトナムジャケット/M/コットン/BLK  ↑0 ↓0
TAILOR 東洋 / COTTON VIETNAM JACKET/ベトナムジャケット/M/コットン/BLK | 洋服(古着)買取、バッグ買取を中心に、ハイブランド品から家具家電まで幅広く中古品買取と販売を、全国500店舗以上やオンラインストア(WEB買取)で行う総合リユースショップです。 | お問い合わせ番号:2336230028674.
日本経済新聞  市岡製菓、ベトナムに菓子新工場 近隣アジア輸出も視野  ↑0 ↓0
菓子製造・販売の市岡製菓(徳島県小松島市)はベトナム事業を拡大する。現地のコンビニエンスストアで販売する「どら焼き」の販売が好調で、製造能力を大幅に引き上げるため近く現地で新工場を設置する。将来はベトナムで製造した菓子を、タイやシンガポールなど近隣国へ輸出することも視野に入れる。国内は市場縮小が ...
2017/12/21 01:52 da:- facebook:0 twitter:0 アジア 小松島 コンビニエンス ストア どら焼き Tweet
nikkan.co.jp  ミニストップ、ベトナムでFC制導入 25年までに800店舗へ  ↑0 ↓0
双日は2018年春にも、ベトナムで展開するコンビニエンスストア「ミニストップ」について、加盟店を募集するフランチャイズチェーン(FC)制度を導入する。日本の事業... (残り:411文字/本文:491文字). (2017/12/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ...
PR TIMES  世界最大級の音楽授賞式が閉幕 「2017 MAMA」 ベトナム・香港・日本の 3 地域で 3 万 4000 人が来場!  ↑0 ↓0
MAMA WEEKトップバッターの「2017 MAMA Premiere in Vietnam」では、今年最も輝きを放ったシンガポー ル、インドネシア、タイなど 31 組のアジアのアーティストたちが出演し“共存”のステージをお届けしました。特に去年ま で VTR で進行したベストアジアンアーティスト授賞を、今年はアーティストたちが直接出演して受賞 ...
nna.jp  初のレジ無しコンビニ、HCM市に登場  ↑0 ↓0
ホーチミン市1区中心部に国内初となるレジ無しコンビニエンスストアが登場した。自動販売機にスマートフォンに表示されたQRコードをかざして決済する仕組みで、運営する米系KOOTOROベトナムは来年中に市内に200店舗体制に広げる計画だ。 マックティブオイ通りに先週オープンした「トロマート」には自動販売機15台が ...
sankei.com  化粧品など35万円分万引、容疑のベトナム人女再逮捕 兵庫県警  ↑0 ↓0
ドラッグストアから化粧品など166点を万引したとして、兵庫県警組織犯罪対策課などは15日、窃盗の疑いで、ベトナム国籍で東京都豊島区北大塚、無職、カオ・ ...
2017/11/15 21:00 da:- facebook:0 twitter:0 化粧品 ドラッグストア 北大塚 Tweet
nna.jp  ナイキの専門店、ハノイにオープン  ↑0 ↓0
米スポーツ用品大手のナイキが3日、ハノイ市ホアンキエム区ハンボン通りに「ナイキストア」をオープンした。3日付ダウトゥ電子版が報じた。 同ブランドの各種 ...
2017/11/07 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ナイキ ハノイ オープン スポーツ ストア ブランド Tweet
excite.co.jp  中国語版を7カ国で新発売!「Britannica Concise Encyclopedia (Chinese)」(iOS版)を新発売!  ↑0 ↓0
... 版)を10月27、Apple社の運営するアプリケーションストアAppStore (中国、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナム、タイ、フィリピン)にて販売を開始 ...
2017/10/31 12:00 da:- facebook:- twitter:- 新発売 中国語 Concise Encyclopedia Chinese アプリケーション Tweet
nna.jp  テーゾイ、中堅薬局チェーン買収を検討  ↑0 ↓0
ベトナムのデジタル機器販売大手テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)が、中堅ドラッグストアチェーン運営会社の買収交渉を進めている。28日付VN ...
2017/10/31 00:00 da:- facebook:- twitter:- チェーン デジタル モバイル ワールド ドラッグストア Tweet
woman.excite.co.jp  ふわっとサクサク、もりもりパクチー! ベトナム本場の味が大評判のバインミー専門店 #恵比寿 #EBIS ...  ↑0 ↓0
恵比寿駅西口の“えびすストア”にベトナム現地の味を再現したバインミー専門店「エビス バインミー ベーカリー」が8月8日にオープン。早くも行列ができるほどの ...
2017/09/23 21:00 da:- facebook:0 twitter:0 恵比寿 サクサク 駅西口 えびす エビス ベーカリー Tweet
univ-journal.jp  セブンーイレブン店舗でインターンシップ受け入れ、ベトナム6大学と覚書締結  ↑0 ↓0
セブン&アイグループのコンビニエンスストア大手セブン‐イレブン・ジャパン(東京、古屋一樹社長)は、ハノイ大学などベトナムの主要大学6校と国際協力の覚書 ...
毎日新聞  公務執行妨害容疑、手錠のまま逃走の男逮捕 /群馬  ↑0 ↓0
大泉署によると、知人のベトナム人女性(22)が携帯電話でハイ容疑者に出頭を促し、1日午後11時20分ごろ、熊谷市内のコンビニエンスストアに現れたところで ...
2017/09/03 13:07 da:- facebook:0 twitter:0 ところ ストア コンビニエンス 容疑者 Tweet
saitama-np.co.jp  逃走のベトナム人、熊谷で身柄確保 住民、逃走のニュースに心配「捕まって良かった」  ↑0 ↓0
群馬県大泉町から逃走したベトナム国籍の男の身柄が確保されたのは、熊谷市のコンビニエンスストア。1日深夜の報道で男逮捕の一報を知り2日午前、市の ...
2017/09/02 22:52 da:- facebook:0 twitter:0 ストア ニュース コンビニエンス Tweet
sankei.com  北関東で万引22件疑い 起訴のベトナム国籍の男  ↑0 ↓0
栃木県警大田原署は10日、窃盗罪で起訴されているベトナム国籍の男が茨城、栃木、群馬3県のドラッグストアで万引を22件繰り返した疑いがあると発表した。
2017/08/10 14:26 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 大田原 北関東 Tweet
nna.jp  テーゾイ、家電店とドラッグストア買収へ  ↑0 ↓0
ベトナムのデジタル機器販売大手テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)が、家電量販店とドラッグストアを買収する方針を示している。買収額は2兆5,000億 ...
2017/08/08 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグストア ワールド モバイル デジタル Tweet
japanese.joins.com  韓国コンビニ企業、ベトナム市場に初めて進出  ↑0 ↓0
韓国コンビニエンスストア大手の「GSリテール」が展開するコンビニ「GS25」がベトナム市場に進出する。イラン進出に積極的に取り組んでいるCUに続き、コンビニ ...
日本経済新聞  AFC―HDアムスライフサイエンス、ベトナム好調  ↑0 ↓0
【ベトナム好調】17年8月期はベトナムでの美容商材の販売などが増加。日本製のブランド力を生かし高利益率を確保。ドラッグストアとの共同販促も売…
nna.jp  ソルテック、インベストアジアの第4号発刊  ↑0 ↓0
日系企業の進出支援を手掛けるソルテックトレーディング(ホーチミン市)は17日、ベトナムの工業団地ガイド「インベストアジア」の第4号を発刊したと発表した。
2017/07/19 00:12 da:- facebook:0 twitter:0 インベスト アジア ガイド 工業団地 ホーチミン Tweet
nna.jp  地場コンビニ「ゴールドマート」1号店開店  ↑0 ↓0
ベトナム地場ゴールドフード・ベトナムはこのほど、ホーチミン市6区グエンバンルオン通り257番地でコンビニエンスストア「ゴールドマート」の1号店を開店した。13 ...
nna.jp  SEAバンクのカイン頭取が辞任  ↑0 ↓0
ベトナムのサウスイーストアジア銀行(SEAバンク)のダン・バオ・カイン頭取が5日辞任した。7日付VNエクスプレスが報じた。 カイン氏は2009年から同行の経営 ...
2017/07/11 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 SEA バンク アジア エクスプレス サウス イースト Tweet
nna.jp  【月次リポート(6月)】動向  ↑0 ↓0
6月は小売り関連のニュースが活発で、ベトナムが消費市場として世界的な注目を集めつつあることが浮き彫りになった。コンビニエンスストア「セブン―イレブン」 ...
nna.jp  セブン、ホーチミン市1区に2号店オープン  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「セブン―イレブン」の運営をベトナムで手掛けるセブン・システム・ベトナムは24日、ベトナム2号店をホーチミン市にオープンした。1区のレロイ ...
nna.jp  〔徒然サイゴン〕ベトナムでドラッグストア…  ↑0 ↓0
ベトナムでドラッグストアやアパレルショップなどの小売店に入ると、店員の接客の仕方が大体2つに分かれる。売る気があるのだろうかと疑いたくなる「放置」 ...
2017/06/23 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 小売店 ショップ アパレル サイゴン Tweet
nna.jp  セブンがベトナムで1号店 年内に20店、3年で100店体制へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア「セブン―イレブン」の運営をベトナムで手掛けるセブン・システム・ベトナムは15日、ベトナム1号店をホーチミン市にオープンした。月内に2号 ...
時事ドットコム  日本商品の販売で存在感=ベトナム進出コンビニ各社  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】コンビニエンスストア大手セブン-イレブンのベトナム最初の店舗が15日、ホーチミンで開業した。先行するファミリーマート、ミニストップと合わせ、 ...
日本経済新聞  セブンイレブン、ベトナムに1号店 「日本品質」移植  ↑0 ↓0
セブン&アイ・ホールディングスは15日、コンビニエンスストア「セブンイレブン」のベトナム1号店をホーチミン市に開いた。東南アジアでの店舗展開は6カ国目。
時事ドットコム  セブン-イレブン、ベトナムで開業=3年で100店目標  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】ベトナムの最大商都ホーチミン中心部の商業ビルに15日、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」の同国最初の店舗が開業した。成長を続け、 ...
ビッグローブニュース  ベトナムの「セブン—イレブン」1号店  ↑0 ↓0
ベトナムの最大商都ホーチミン中心部の商業ビルに15日、コンビニエンスストア「セブン—イレブン」の同国最初の店舗が開業した。3年で100店体制を目指す。
2017/06/15 10:18 da:- facebook:0 twitter:0 イレブン セブン ストア ホーチミン コンビニエンス Tweet
アパレル・リソース  小売産業が大きな節目  ↑0 ↓0
専門家によると、ベトナムの小売産業は大きな節目を迎えていると言う。 5月10日、ホーチミン市で開催された小売産業の展望に関するセミナーにおいて、ニールセン・ベトナムの代表Pham Thanh Cong氏は、顧客の多様なニーズを満たすべく常に最新のイノベーションを保つ必要があるなど、あらゆるものがつながるデジタル時代の中、小売産業では革命的とも言える変化が起こっていると述べた。 また他の演者によると、顧客は様々なルートを通じてビジネスに関わるため、一つのルートの成長に頼りきっている今日の環境は持続不可能であると言う。 以前、商品の購入窓口は実店舗のみであったが、今は実店舗にとどまらず、オンラインウェブサイトや携帯アプリ、ソーシャルメディアを通じて顧客は企業と関わりを持っている。 ベトナムで運営するシンガポール系のITソリューション企業、Abeo社のDavid Tan社長によると、ベトナムにおける昨年の小売販売は、対前年比10%増となる1180億米ドルであったと言う。 A.T.カーニー社による世界の小売市場ランキングで上位30カ国にランクインしたベトナムでは、小売市場での買収合併が急増し、市場での競争が促されている。 資本金に加え、海外小売業者は先進国で採用されているベストプラクティスを産業にもたらすとTan氏は言う。 小売のベストプラクティスが企業の運営に取り入られ、ERP(企業資源計画)システムやその他のシステムによってコントロールされるようになる。 激化する競争環境の中、消費者行動を理解することで需要を素早く満たし、カスタマーサービスを向上させることが、顧客のロイヤルティを獲得する鍵となるとTan氏は述べた。 商品管理ソリューションSAP S/4HANA Retailなどのテクノロジーソリューションズの利用は、小売業者が競争力を高めるのに役立つ。 SAP S/4HANA Retailは、在庫追跡やリアルタイムの倉庫管理のプロセスを自動化し、顧客理解を深め、顧客のニーズを予測し、顧客のショッピング体験に刺激を与えるとTan氏は述べた。 またビッグデータのソリューションは、既存商品の売り上げ拡大や、商品サイクルのスピードアップ、サービス向上・操業コストの削減の新しいビジネスモデルなど、様々なチャンスをビジネスにもたらす。 商工省によると、スーパーマーケット(724店舗)、ショッピングモール(123店)、コンビニエンスストア(多数)などの近代的な小売業が、昨年の市場の25%を占めたと言う。 日用消費財(FMCG)部門は昨年、6.5%の成長を見せている。   もっと見る
nna.jp  テーゾイなど異業種、ドラッグストア参入へ  ↑0 ↓0
ベトナムのデジタル機器販売大手テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)や同業のデジワールドが、ドラッグストア業界への参入を計画している。10日付サイゴン ...
2017/05/11 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ワールド ドラッグストア サイゴン デジタル モバイル Tweet
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
読売新聞  ベトナムで人気、「しまむら」で盗むよう指示か  ↑0 ↓0
万引きを繰り返したとして、窃盗罪などで佐賀地検から起訴されたベトナム国籍の男3人が、特定の量販店やディスカウントストアの商品を盗むよう指示されていた ...
2017/04/30 20:56 da:- facebook:0 twitter:0 ストア ディスカウント 万引き しまむら 佐賀地 Tweet
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
pref.niigata.lg.jp  ベトナムにおける日系小売店(ファミリーマート、ミニストップ、イオン)  ↑0 ↓0
ジェトロではファミリーマート、ミニストップ、イオンと連携し、本年11月、両コンビニエンスストアおよびイオンのベトナムにおける全店舗を対象としたテスト販売事業「 ...
nna.jp  ベトナム人留学生ら逮捕、化粧品の万引疑い  ↑0 ↓0
【共同】大型のディスカウントストアやドラッグストアで大量の化粧品などを万引したとして、大阪府警国際捜査課が窃盗の疑いで、ベトナム国籍のダオ・テェ・クァン ...
2017/04/07 00:16 da:49 facebook:0 twitter:0 化粧品 ドラッグストア ストア ディスカウント 留学生 Tweet
sankei.com  「生活費稼ぐため」大量の化粧品万引 ベトナム人留学生ら7人、容疑で逮捕 大阪府警  ↑0 ↓0
大型のディスカウントストアやドラッグストアで大量の化粧品などを万引したとして、大阪府警国際捜査課が窃盗の疑いで、ベトナム国籍のダオ・テェ・クァン容疑 ...
毎日新聞  ベトナム人留学生ら7人逮捕 帰国者を運び屋に  ↑0 ↓0
ドラッグストアや大型ディスカウント店で万引きを繰り返したとして、大阪府警がベトナム人留学生の男ら7人を窃盗の疑いで逮捕・送検したことが捜査関係者への ...
2017/04/05 06:45 da:83 facebook:0 twitter:0 留学生 関係者 万引き ドラッグストア ディスカウント Tweet
manila-shimbun.com  ベトナムで成長余地大きいコンビニ  ↑0 ↓0
ニュースサイトのベトナムネットによると、小売業でコンビニエンスストアがスーパーマーケットなどの業態を大幅に上回る成長率を示している。調査会社ニールセン ...
camping.no  キャラ ストアー ベトナム産品質AAAΦ12±0.2mm10  ↑0 ↓0
【ブレスレット】キャラ(伽羅)ベトナム産品質AAAΦ12±0.2mm.
2017/03/25 17:17 da:36 facebook:0 twitter:0 キャラ ブレスレット ストアー Tweet
アパレル・リソース  eコマースの競争が過熱、配送時間の競争へ  ↑0 ↓0
オンラインストア間の競争の焦点は現在、価格から配送時間に移行している。 業界アナリストによると、5割引にもなる価格競争は過去のもので、良いサービスを求める顧客側の意識が高まるにつれ、配送時間が鍵となりつつあるという。 ベトナム最大のオンラインショッピングプラットフォームLazadaのAlexandre Dardy 社長は、業者数と製品数の増加に加えて配送時間の短縮が実現するだろうと述べた。 当然、都市部では地方部よりも早い配送が可能であるものの、現在、Lazadaの平均配送時間は2日以上となっている。 2016年末、Lazadaはバイク便配送業者AhaMoveと提携し、時には1時間以内の配送を可能とする新たな配送サービスを開始した。 別のオンラインショッピングサイトtiki.vnでも配送時間の短縮に取り組んでいる。現在の平均配送時間は2-3日となっている。 tiki.vnのTran Ngoc Thai Son社長は、消費者にとって最も重要なのは製品の品質と配送時間だと話す。 tiki.vnでは24時間以内の配送サービスを開始している。 時間内に配送されなかった場合、顧客は次回以降のショッピングに使える3万ベトナム・ドン(1.3米ドル)相当のtikiコインを受け取ることができるという。 しかし、配送時間の短縮にはコストもかかると同社は説明する。 速配サービスには通常配送の2-3倍のコストがかかるという。 例えば、3キロ以下の荷物の通常配送は1.5万ベトナム・ドンで済むが、速配サービスでは3万ドルかかる。 しかし、配送費用の50-75%はオンラインストア側の負担となっている。 Dardy社長は、AhaMoveは速配で3万ドンを得るが、Lazadaがそのうち2万ドンを負担するため、顧客の負担は1万ドンのみと説明している。 高い費用負担にもかかわらず、企業側は速配サービスが顧客の定着につながるとし、速配サービスの提供に意欲を見せている。 もっと見る
2017/03/23 06:08 da:15 facebook:0 twitter:0 サービス オンライン ショッピング コスト ストア コイン Tweet
アパレル・リソース  日本のコンビニチェーン各社が小売市場に急速に参入  ↑0 ↓0
日本のサービス文化に対する需要が高いベトナムでは、日系のコンビニエンスストアチェーンが急速に勢力を増している。 セブンイレブンジャパンは、近日ホーチミンで開店予定であるベトナム初号店の求人募集を2017年2月に開始した。 セブンイレブンブランドがアジアに初めて進出したのは、セブンイレブンチェーンの元となるサウスランド社が台湾に進出した1980年のことである。 その後1991年にセブンイレブンジャパンがアメリカのサウスランド社を買収し、のちに経営統合されセブン&アイ・ホールディングスとなった。 2014年にはセブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブンジャパンが中国・北京に初号店を開き、成功を収めている。 中国市場への参入は大成功を収め、セブンイレブンジャパンは即座に韓国、香港、ベトナムなどアジア諸国への拡大の計画を開始したという。 こうしてセブンイレブンジャパンは、世界中の過酷な市場で培った経験とともに、ホーチミンに初号店を開店するに至ったのである。 セブンイレブンのマネージメントチームにはアメリカ時代の30年以上前から在籍するメンバーも複数名おり、コンビニエンスストア部門ではかなり高いスキルを持っている。 その他のチェーンもまた、日本式の製品やサービス、スタッフトレーニングをベトナム全土に広めている。 日本第3位の大手であるファミリーマートは、2016年7月時点でベトナムに106店舗出店しており、2016年末までには150店舗、2018年には300店舗到達を目標としている。 またファミリーマートは、台湾、中国、タイなどのアジア市場でも幅広く展開している。 日本の大手流通企業イオングループのコンビニエンスストアチェーンであるミニストップは、日本国外では主に韓国で展開しているが、ベトナム全土のイオンショッピングセンターでも店舗を開設する計画がある。 一方で日本大手第2位のコンビニエンスストアチェーンであるローソンは海外展開においては遅れをとっており、2016年6月末時点の国外店舗はアジアの821店舗のみであった。 ローソンは上海地元企業との合同事業として1996年に中国市場に参入したが、運営能力の低さなどから売り上げや店舗数の増加に苦戦していた。 インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイなど、現在は日本国外に790店舗のみしか展開していないものの、ローソンはフランチャンズの促進により2020年までに中国で3000店舗を展開することを目標としており、ベトナムやマレーシアなどでのフランチャイズ展開も視野に入れている。 アジアでは中流階級層に突入する人口が増加しており、コンビニエンスストアの需要は今後高まると予想されている。 日本式のコンビニエンスストア運営の特徴としては、イノベーションや連続した新商品の投入、そして独自のサービス提供があげられる。 こうしたサービスは、同じ商品を何ら改良や変更することなく毎年提供し続ける傾向がある、従来のベトナム小売店とは全くの極地にある。 日本貿易振興機構(ジェトロ)は国内チェーンの大陸進出に関して楽観的であり、ジェトロの役員は、日本のコンビニエンスストアチェーンがベトナムにおいて大成功を収める可能性は十分にあると語っている。 もっと見る
news.tv-asahi.co.jp  バッグにごっそり口紅など“窃盗”ベトナムで転売か  ↑0 ↓0
東京都内のドラッグストアで口紅など100点以上を盗んだとして、ベトナム人の女が逮捕されました。警視庁は、盗まれた商品がベトナムで転売されていたとみて ...
2017/03/02 12:00 da:85 facebook:0 twitter:0 警視庁 ドラッグストア バッグ Tweet
アパレル・リソース  外資系小売業者にとってコンビニエンスストア事業が魅力的なビジネスに成長  ↑0 ↓0
外資系小売業者の投資意欲は当面衰えを知らず、ベトナムのコンビニエンスストア事業参入にも触手を伸ばそうとしている。 Seven System Vietnam JSC社はセブンイレブンのフランチャイズ加盟業者であるが、自社ウェブサイトに採用情報の掲載を開始し、このコンビニエンスストア・チェーン大手が間もなくベトナムで最初となる店舗を立ち上げようとしていることが明示された。 ベトナム市場に早期に参入した企業はまだ利益をあげていない中で、このセブンイレブンの参入が競争をさらに激化させることになるだろう、と市場関係者は確信している。 3〜4年前は、ベトナムの大半の消費者が雑貨を買いに行くのに長距離をバイクに乗って行くという長年の習慣を変えないだろうとし、この国でのコンビニエンスストア事業の成功に多くの疑念が示されていた。さらに、昔ながらの小規模な家族経営の食料雑貨品店も広く親しまれている。 しかしホーチミン市やハノイでは近年、ファミリーマート、ミニストップ、B's Mart、Circle K、Shop&Goなどの大手外資系ブランドの人気が高まり、コンビニエンスストア事業は堅調に成長を遂げてきた。 ある業界関係者は、ベトナムの市場規模はまだ小さいものの、各社ではベトナムの2大都市であるホーチミン市とハノイにおいて自社の存在感とブランド認知度を高めるために、投資を増やすことを計画しているとした。 例えば日本資本のコンビニチェーンであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムに200店舗以上を開業し、チェーン拡大を進めている。ミニストップはベトナムに800店舗を展開する見通しとしており、一方のファミリーマートは2020年までに800〜1,000店舗開店の目標を示している。 セブンイレブンはまだ市場に参入していないものの、3年以内に100店舗の開店を目標としており、さらに今後10年間で1,000店舗にまで増加させるという。 実際のところコンビニエンスストアのビジネスモデルは、ある特定グループの人々の手軽な買物需要を満たしている。一方でコンビニエンスストアは、スーパーマーケットや昔ながらの小売店より価格が高いため、その競争力は劣っている。 専門家によると、コンビニエンスストア・チェーンが収益性を確保するには店舗数の拡大が必要であり、各社では最低150〜200店舗が必要とされる。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、コンビニエンスストアの初期投資を回収するには通常5〜6年かかるとし、安定的に利益を確保するには各チェーン少なくとも300店舗が必要となる、と算定した。 「今年度末までにミニストップの店舗数は160店舗に達すると見込んでいます。我々は投資を継続し、フランチャイズのコスト削減に取り組み、店舗カバー率の最適化を検討していきます。」と前田社長は述べた。現在のところ、中心エリアの高額な賃料が大きな課題として認識されている。 投資、管理、運用コストの要件に見合う用地を探すためには、財務的な強みと優れた管理スキルが必要とされる。この点が現在のところ、ベトナム現地企業にとって2つの大きな弱点となっている。 外資系小売業者は他の市場での経験により、ベトナムにおいてもコンビニエンスストア事業が成長を遂げ、徐々に昔ながらの地元食料品店に取って代わるものと考えている。 TCCグループ傘下のMM Mega Market VietnamのPhidsanu Pongwatana CEOは、スーパーマーケット事業は国民の消費習慣の変化により、過去ほど成長していかないだろうと述べた。彼はベトナムの消費者が利便性を望むほど、コンビニエンスストア事業が優位に立つだろうと予測した。 ホーチミン市労働組合連合会のPham Ngoc Hung副会長は、コンビニエンスストア市場は急速に成長しているものの、豊富な資金と豊かな経験を持つ外資系企業だけがこの市場に参入する余裕がある、と述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  コンビニエンスストアの景気が良好  ↑0 ↓0
ベトナムではコンビニエンスストアやミニマートの人気が高まっており、専門家の推定によると、3分の1以上の家庭がコンビニエンスストアやミニマートで日常的に買い物を行っているという。 もしより大幅な値引きを行えば、コンビニやミニマートが成長する可能性はさらに高まるだろうと専門家は予測している。 またベトナム商工省国内市場局のLe Viet Nga副局長によると、コンビニ等に対する市場の反応はよく、2桁台の成長を見せる最も急速に成長する小売分野となっているという。 「生産地のはっきりした商品を売り、優れた管理を行う現代的な取引チャンネルです。コンビニエンスストアは中小規模の企業や農家が自らの製品を市場に持ち込むことのできる機会を提供しています。」同省によると、スーパーマーケットやハイパーマーケットと比較して投資対効果が高く、投資額も低いことから、投資家たちもコンビニエンスストアを好んでいるという。 その上、500平方メートル以下の小売店舗の開設は経済的ニーズ考査(ENT)の対象ではないため、コンビニエンスストアやミニマートのライセンス取得はスーパーマーケットより容易である。 従来の小売チャンネルは現在も市場の72%を占めているが、2020年までに60%まで減少すると専門家は予測している。 中国では2万1000人毎、韓国では1800人毎に一つのコンビニエンスストアがあるが、ベトナムには現在6万9000人に一つの割合であり、今後成長していく可能性は多大にある。 所得の安定した成長と消費者行動の変化はもう一つの大きな要因であると専門家は加えた。   激しい競争 コンビニエンスストアの店舗数は2012年から2014年の間に倍の348となった。また、ミニマートの店舗数は863から1453に増加している。 活発な経済が消費力を増加させる中消費者が利便性に注目し、Saigon Co.op、Satra, Vingroup、B’s mart、Shop&Go、Circle Kと言った国内外の有力企業が存在感を増していき、コンビニエンスストアは2015年と2016年にも優れた業績を収めている。 例えば、Co.opmart、Co.opXtra、Co.op Foodを所有するSaigon Co.opは昨年新しい小売モデルであるCo.op Smileを開始した。 昨年の店舗数は20のみであるが、Saigon Co.opのNguyen Thanh NhanはCo.op Smileの店舗数を今年末までに200-300にまで拡大する計画を実行中であると述べた。 ベトナムでハイネケンとジョイントベンチャーを持つSatraもまた、食肉生産のVissanなどの子会社やベトナムの生産者一般の流通チャンネルを構築するために、自社のコンビニエンスストアチェーンであるSatrafoodsの展開に焦点を当て、小売システムを拡大する計画を持っている。 メコンデルタの都市カントーの10店舗を含む55のSatrafoods店舗を今年開店予定で、合計店舗数は172になる見込みである。 商工省によると、外国企業がコンビニエンスストア市場に占める割合は70%であり、モールやスーパーマーケットは17%、ミニマートは15%、オンラインのショッピングチャンネルは50%である。 関係者によれば、コンビニエンスストアやミニマートの最大の欠点はスーパーマーケットや従来の市場、食料店と比較して値段が高いことにあるという。 競争力を高めるためには価格を下げ、品質の高い地元製品を販売する必要がある。 ハノイ・スーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内の生産者や流通業者が関係性を強化し、仲介コストを削減すべきであると述べた。 経営コンサルティングのA.T.カーニー社のグローバル小売成長指数(GRDI)によると、ベトナムは魅力の高い小売市場として2008年以降上位30か国に入っている。 もっと見る
毎日新聞  ベトナム人3人逮捕 ドラッグストアから化粧品  ↑0 ↓0
ドラッグストアから化粧品などを盗んだとして警視庁捜査3課は27日、住所不詳、留学生、グエン・ホアン・ヒエップ容疑者(20)らベトナム国籍の男3人を窃盗容疑 ...
2017/01/27 18:55 da:83 facebook:0 twitter:0 化粧品 ドラッグストア 容疑者 グエン 警視庁 留学生 Tweet
NHKニュース  万引き容疑で検挙のベトナム人700人超で警戒  ↑0 ↓0
女性用の化粧品などおよそ200点をドラッグストアから盗んだとしてベトナム人3人が逮捕されました。万引きの疑いで検挙されたベトナム人はこの3年間で700人 ...
2017/01/27 16:28 da:90 facebook:0 twitter:0 万引き ドラッグストア 化粧品 Tweet
decottegnie.fr  ugg 偽物 ベトナム  ↑0 ↓0
2016-2017年秋冬新作の、ugg 偽物 ベトナム、ugg 激安 通販 zozo、本物で60%の割引 豪華アイテムファクトリーアウトレットオンラインストア、
ビッグローブニュース  ベトナムのフォーがカンタンに楽しめる! 無印良品から3アイテム発売  ↑0 ↓0
ベトナム料理のフォーが、家庭でカンタンに楽しめる! 手軽に調理できる3アイテムのフォーが、12月21日から全国の無印良品で、22日から無印良品ネットストア ...
2016/12/21 10:56 da:81 facebook:0 twitter:0 フォー アイテム カンタン ストア ネット Tweet
news24.jp  またベトナム人のドラッグストア窃盗(山形県)  ↑0 ↓0
16日未明、米沢市のドラッグストアで化粧品など37点を盗んだ疑いで、ベトナム国籍の男が逮捕された。共犯とみられる男は、逃走していて警察で行方を追って ...
2016/12/16 23:09 da:69 facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 化粧品 Tweet
アパレル・リソース  小売業のeコマース部門は2020年までに100億米ドルに到達する見込み  ↑0 ↓0
ベトナム小売業におけるeコマースの売上は、2020年までに、国の小売業全体の半分を占める100億米ドルに到達する可能性があるという。 ベトナム小売協会(AVR)のデータによると、小売業における2015年のeコマースは成長率20%となり、40.1億米ドルを突破している。 商工省のHo Thi Kim Thoa副大臣は、12月8日ハノイで開催されたeコマースと携帯電話のテクノロジーに関するフォーラムにて、eコマースが小売業において極めて重要な発展要素であることを語った。 Thoa氏によると、小売業の昨年の成長率は9.5%であったという。小売業の伝統的な形式が80%を占める一方、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、eコマースなどの新しい形態は20%のみとなっている。「とりわけ、新しい販売経路においてもeコマースの占める割合は低く、約2.8%となっています」とThoa氏は加えた。 ベトナムには217のeコマースプラットフォームがあり、2014年の合計売上高は2013年の倍となる1兆6600億ベトナム・ドンであった。 「ベトナムにおけるeコマース事業は、大企業によって成長してきました。ベトナム全体の企業数60万社のうち97%が中小規模企業(SMEs)に占められていますが、eコマースに取り組んでいるSMEsはまだ多くありません。」と彼女は述べた。 副大臣は、首相が2012-20年にかけたeコマースの基本計画を公表したことに言及し、また先日12月2日に開催されたオンラインフライデーをeコマース発展の好事例として挙げた。オンラインフライデーに参加した企業は昨年を上まわる3000社であった。 Thoa氏はビジネスに対し、eコマースのトレンドをキャッチし、eコマースの発展を促すプランを持つよう力説している。 AVRのDinh Thi My Loan会長は、携帯端末の人気など、様々な要素がeコマースの発展を促進していると語った。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長も携帯電話やアプリの発展が購買活動を促進していることに同意している。 Hung氏によると、ベトナムのeコマース事業は年間30%の伸び率で成長を続けているという。「ビジネスは小売をオフラインからオンラインに素早く乗り換えています。一部の企業ではビジネスを完全にオンライン化しているところすらあります」と彼は述べた。 しかしながら、NielsenのPham Thanh Cong氏は、小売業全体の売り上げの85%を占めるのは伝統的な形式を持つ130万の店舗であることに触れ、小売業は地方地域の需要を満たす解決策を持たなければならないと語った。   もっと見る
withnews.jp  麺王国ベトナムのカップ麺を食べ尽くし…各社の世界戦略を味わう  ↑0 ↓0
都市部のホーチミンやハノイで増えているコンビニエンスストアや、大型ショッピングセンターの食品売り場を訪ねると、確かに棚にはカップ麺がずらりと並んでいま ...
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   販売チャネルの多様化 もし国内企業が事業発展に向けた新たな方策を積極的に模索していかなければ、小売業になだれ込む巨大な投資フローに直面することにより、自国市場で打ち負かされることは確実であると言える。 実際、国内小売業者はなおも多くの面で外資系ライバルに劣っている。多少の改善は見られるものの、国内小売業者はストアチェーン管理技法から商品ディスプレイまでプロ意識を欠いており、価格競争力、商品の多様性や品質管理においても期待値を下回っている。こうした過酷な環境下で生き残るためには、国内小売業者はまず新しい方法を模索することによって市場における自社の地位を確立する必要がある。同時に彼らは電子商取引やマルチチャネル販売にもっと注力し、商品や受注管理のテクノロジーやオンライン・ソリューションを活用すべきである。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、オンラインとオフライン問わず、マルチチャネルの開発は成長に避けられないものとなるだろうと述べた。 eコマースはベトナムで目新しいものではなく、ほぼすべての販売業においてオンライン販売チャネルは長年運営されてきた。しかし状況はさほど単純ではなく、eコマースに対する消費者の信頼感は、知らぬ間に自分の銀行口座に損失を被ったなど最近何件か報告された事件によって損なわれており、決して強いものではない。 このことは、オンライン小売やeコマースがベトナムで本格的に成長するに至っていない理由の一つである。ベトナムには顧客がインターネットで製品を注文し、製品が自宅に配送された際に現金で支払う「代引き」の制度がない。もしこの状況が続けば、ベトナムにオンライン小売市場が十分に発展することはないだろう、とLoan会長は述べた。 ベトナム小売部門における競争はかつてないほど熾烈で、外資系小売業者が市場シェアを獲得するためにベトナム市場に殺到している。こうしたプレッシャーは国内小売業者に自社のビジネスモデルを再考し、外資系競合他社と差別化を図るためにその能力を強化するよう促す。 国内企業は市場調査を行い、自社の戦略を策定、生産者との連携を強化し、様々なタイプの顧客に対応するため、オンラインや実店舗など販売チャネル多様化を図っていく必要がある。 もっと見る
2016/10/20 12:07 da:22 facebook:0 twitter:0 オンライン チャネル eコマース マルチ 多様化 本格的 Tweet
アパレル・リソース  8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国入り  ↑0 ↓0
米国のAT Kearney Companyが発表した世界小売開発インデックスのランキングでベトナムが8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国のひとつとして挙げられた。さらに、世界的な情報計量企業Nielsenの最新の調査によると、ベトナム人消費者の34%がハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)で、29%がスーパーマーケットで、22%がコンビニエンスストアやミニマートで定期的に買い物をしているという。 この調査では、大規模小売業者と人口の60%が35歳以下という若い人口により、現代的な小売モデルは高い年間成長率を記録し続けるだろうと結論づけている。 Saigon Coopが売上高と店舗数で引き続き首位に立っている。ACB Securities Company(ACBS)によると、Co.op Xtra、Co-op Mart、Supermarket Food Co-op Miniの3つのチェーンを持つSaigon Co-opは178店舗を擁し、2015年の売上高は25兆ベトナム・ドン(1010万米ドル以上)に達した。 Nielsenの調査はまた、コンビニエンスストアやミニマートの業態は今後も成長を続けると予測している。コンビニエンスストアやミニマートの部門は現在小売業界で急速に拡大している。VingroupチェーンのVinmart+は2016年6月末時点で825店舗を擁し、競合相手であるShop & Goも210店舗、Circle Kは178店舗、B’s Mart(旧Family Mart)は146店舗、Satrafoodsは80店舗、Ministopは58店舗を展開している。 商工省は2020年までにベトナム国内のハイパーマーケット・スーパーマーケットは1200から1300か所、ショッピングセンターは337か所となると予測している。商工省によると、低い都市化率と一人当たり国内総生産にもかかわらず、国内総生産の伸びは市場の昔ながらの生鮮食品小売業も勢い付け、72%の成長率を示した。しかし、成長率は2020年までに60%へと低下する可能性があると分析している。 もっと見る
newswitch.jp  ベトナムでコンビニ急増のなぜ?サークルKなど主要6社で1000店超に  ↑0 ↓0
ベトナムでコンビニエンスストアが急増している。8月までに主要6社の店舗数 ... 同社は2014年11月に首都ハノイで産声を上げたばかりだが、早くも出店数で ...
2016/10/06 07:30 da:57 facebook:0 twitter:0 ハノイ ストア サークルK コンビニ コンビニエンス Tweet
日本経済新聞  日東ベスト、ベトナムで10万食生産 日系コンビニに弁当・総菜  ↑0 ↓0
業務用冷凍食品の日東ベストは、ベトナムで加工食品市場の開拓に乗り出す。2017年春に現地工場を稼働し、進出が活発化している日系コンビニエンスストアや ...
2016/09/29 06:56 da:90 facebook:0 twitter:0 ベスト ストア コンビニエンス コンビニ 冷凍食品 Tweet
blog.asilla.jp  結局のところ旅の記憶として残るのは人との交流だけ。  ↑0 ↓0
私が二カ月のインド周遊で一番衝撃的だったのは、ラジャスターン州で乗ったラクダの凶暴さと口臭のすごさでした。あの臭さに、危うく意識を失うところでした。 時同じくして当時のインドをバイクで周遊(逆回り)して、そのまま中東、欧州を抜けてポルトガルまで行った方がおりまして、その紀行であるクロサワ コウタロウ著「珍夜特急」という小説を読みました。 これが、よく本屋に売っているような爽やかな青春旅行ストーリーとは全然違い、欧州を中心にナイトライフやドラッグの話題も豊富で、長期貧乏旅行のリアルな旅行の情景を見事に描いた作品でございました。 Amazon.co.jp: 珍夜特急1―インド・パキスタン― 電子書籍: クロサワ コウタロウ: Kindleストア :  この著者は現地の方々はもちろん、旅の途中で出会ったドイツやオランダの皆さんとかなり親密な友人となります。ほとんど「親友」と呼べるくらいの仲になったりしてそういう人間味あふれる交流に、読んでいてこっちはムネアツになったりするのですが、それは彼が「バイク」という仲間意識を持ちやすい乗り物に乗って旅している点、また長期にフレキシブルな旅程を組んでいるので数日もの間同行することがあった点、そして何よりも言語力含む彼のコミュニケーション能力(人としての魅力含む)の賜物であって、誰もが容易にできることではないと思います。 誰しもこういった「旅先での出会いと交流」みたいなものに憧れるのは当然だと思いますが、世界中どこに行ったとしても旅慣れない短期滞在の方は悪い人に騙されるのがオチですので極力避けるのがよいです。三泊四日みたいな旅行会社の企画したような詰め込み旅行で見ることができるのは観光名所と悪い人くらいなもので、その国の文化や実際の姿を体感するのは難しいですね。今日もタイムリーなツイート(偽ガイド注意報)がありました。 せっかくの観光台無し。気を抜くと騙されるし、ピーキーになりすぎると人との交流は得られないし、バランスが難しいので、旅慣れない人の短期滞在なら「現地の人との交流」はハナから捨てたほうがいい。 https://t.co/ow8TYw9ZB5 — アジラ木村@東京に上陸 (@kmrdai) September 18, 2016 それでも交流したければ、覚悟を決めて長期で海外へ渡ってしまうのをおすすめします。結局、人の記憶に残るのは「人や文化との交流」だけですしね。 ところで、著者の彼は1976年生まれだそうで、勝手に親近感を持っているのですが、いまはキンドルのダイレクトパブリッシングだけで生活しているらしいです。つまり昔で言うところの「自費出版」として出版しているらしく、だからこそ「旅人」の生々しい描写が可能だったのかもしれません。 「今はKDPの売上だけで 生活しています」 vol.42 クロサワコウタロウさんのStory @ Amazon.co.jp : https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3977671051 最近話題の「大学中退してレールを外れる」みたいな話ではないですが、こういう生き方もいいな、と。 過去の自費出版のハードルの高さだった、印刷、輸送といったプロセスはデジタル出版には必要なく、販売や促進といったプラットフォームはキンドル(Amazon)が用意してくれるわけです。 原稿を書いて校正して、あとは売れさえすれば売上を作家とAmazonで案分すればよい仕組みであり、従来のように作家、出版社(印刷業者+配送業者+広告宣伝業者)そして本屋さんなどの販売店といった多すぎるステークホルダーを省略できるため消費者に安く提供できます。 これは出版業界における「Uber」みたいなもんですね。米国西海岸でUber運転手さんの年収が一千万円越えたみたいな話と同じように、KDP(Kindle Direct Publishing)の作家さんが活躍しだせば次第にスタンダードになっていくと思います。 さっそくハノイでなかよくさせてもらっている、このブログの著者さんにおすすめしてみたいと思います! ブログで書いていない恋愛要素満載でお願いします! plaza.rakuten.co.jp   もっと見る
2016/09/18 14:24 da:23 facebook:0 twitter:0 ところ インド クロサワ 自費出版 キンドル おすすめ Tweet
i.lumine.jp  (ROSE BUD×CASSELINI)刺繍ベトナムシューズ  ↑0 ↓0
(ROSE BUD×CASSELINI)刺繍ベトナムシューズのオンラインストアです。新作商品が毎日入荷中!ルミネに入っている人気ショップのアイテムがネットで購入 ...
2016/09/08 00:55 da:35 facebook:0 twitter:0 シューズ アイテム ネット ストア オンライン ルミネ Tweet
i.lumine.jp  AVIREX ベトナムスーベニアシャツ/AVIREX VTN SOUVENIR SH  ↑0 ↓0
AVIREX ベトナムスーベニアシャツ/AVIREX VTN SOUVENIR SHのオンラインストアです。新作商品が毎日入荷中!ルミネに入っている人気ショップのアイテム ...
2016/08/28 11:53 da:34 facebook:0 twitter:0 シャツ SOUVENIR スーベニア アイテム ルミネ ストア Tweet
出島  ベトナム、2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの ...
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
アパレル・リソース  国内小売業者の新たな事業戦略  ↑0 ↓0
Big CやMetroといった外資系スーパーマーケットが割引率を20-25%に引き上げたことに対応して、国内の小売業者も流通経路改善のため積極的に事業戦略を転換しつつある。 ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、Oceanmart、Vinatexmart、Maximarkの買収後、全国でVinmartミニマーケット、コンビニエンスストア網を約600店舗まで拡大しつつあるVingroupの例を挙げて説明した。 Vingroupは協力企業に直接投資しつつ、生産者や納品業者と直接契約し、VietGap基準に適合するVinEcoブランドの農産品を開発している。Vingroupでは加工食品についても主要生産企業となることを目標としている。 これはVingroupのブランドを確立し、小売市場における競争力を強化することを狙ったものであるとPhu会長は話す。 サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)はスーパーマーケットの品質を向上し、異なるマーケットシェアを狙った新たな事業戦略の立案を計画している。 Sai Gon Co.opは大都市部で新規10店舗のCo.opmartスーパーマーケットと、その他地域で20店舗の中小規模スーパーマーケットの開店を予定している。2020年までにCo.opmartスーパーマーケットが130店舗、Co.opXtraが8-10店舗、Sense Cityが3-5店舗となる予定である。 Sai Gon Co.opのNguyen Thanh Nhan副社長は、市場でのプレッシャーはあるものの、ベトナム国内の生産者との関係を守り続けたいと話す。Sai Gon Co.opのスーパーマーケットで扱われる商品の90%近くがベトナム産の商品である。 さらに、Sai Gon Co.opはネットワーク拡大のため、コンビニエンスストアに加え、オンライン取引の研究・開発を続けていきたいとしている。これは国内の生産者支援にもなりうるとNhan副社長は話す。 Sai Gon Co.opは消費者が国内産品を購入できるよう、ベトナム産品を優先的に扱うとしている。 商工省の国内市場部のVi Van Quyen部長は、ベトナム企業が品質を確保することができれば、外資系の流通網に頼る必要はなくなるだろうと話す。特に小売業者と生産者の提携は困難を克服する上で役に立つという。しかし、国内企業は先進的な科学技術に投資し、ベトナム人の嗜好を知る優位性を活かして国内、外資系どちらの販売網でも競争力のある商品を提供できるようにするべきだとQuyen部長は話す。 ベトナム企業は新たな隙間市場を見つけるべきであるともQuyen部長は指摘する。商工省は国内企業に対しネットワーク拡大、技術革新のための支援を行なっているという。 もっと見る
kkt.jp  万引きし目撃者殴る ベトナム人2人逮捕  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアで万引きして、追いかけてきた目撃者の男性の顔面を殴ったとして、逃走していたベトナム人の男2人が逮捕された。 強盗致傷の疑いで逮捕 ...
2016/08/19 13:29 da:53 facebook:0 twitter:0 万引き 目撃者 ストア コンビニエンス Tweet
news.tbs.co.jp  清涼飲料水盗み通行人に暴行した疑い、ベトナム人2人逮捕  ↑0 ↓0
東京・新宿区のコンビニエンスストアで清涼飲料水を盗んで逃走し、取り押さえようとした通行人の男性に暴行を加えたとして、ベトナム国籍の男2人が警視庁に ...
2016/08/19 12:56 da:88 facebook:0 twitter:0 清涼飲料水 警視庁 コンビニエンス ストア Tweet
出島  ベトナム小売市場、規制緩和でイオン、ビングループなど出店拡大  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場で現地の異業種企業の進出が相次いでいる。不動産大手のビングループが2019年末までにコンビニエンスストア1万店を出店するほか、衣料 ...
2016/08/10 12:45 da:17 facebook:0 twitter:0 グループ ストア コンビニエンス 不動産 イオン Tweet
アパレル・リソース  人気高まるコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
生活ペースのスピードアップや世帯の小型化に伴い、ベトナム人が店選びの歳に近頃では「利便性」を大いに重要視することが、市場調査会社ニールセンによる最近の調査で明らかになった。 ベトナム人顧客の10人に6人近くが、都合の良い場所にある店を選ぶと言う。一方、10人に5人近くの顧客が、優れたデザインで商品が選びやすく陳列されている店に行くという。 ニールセン・ベトナムのRoberto Butragueño氏は、小売店のオムニチャネル戦略の中でその店が果たすであろう役割を考慮する必要があるとコメントした。 ホーチミン市商工省によると、Tien Loi Gia Dinh Vietnam社所有のファミリーマートが70店舗、B’s Mart株式会社に属するB’s Martが98店舗、Cua Hieu & Suc Song JSCに属するショップアンドゴーが111店舗である一方、Vong Tron Do社が所有するサークルKは150店舗に達した。 アナリストらは、最近のコンビニエンスストアにおいて、多様な商品の提供とファーストフードカフェとしての用途の両方を目指した「ハイブリッド」な店へと発展する傾向である大きな変化を言及する。 サークルKは、ネットワーク拡大の速さにおいてライバルより優っているとこがわかる。あらゆる住宅街にて、わずか500メートル間隔で約2、3店舗が営業している。 例えばホーチミン市の6地区の11区では、Binh Phu通りに2店舗、Cho Lon通りに1店舗の計3店舗のサークルKがある。小売店チェーンは、アメリカのものに似せた新しい看板でその独自性を変化させた。 サークルKベトナム責任者のTony Yang氏は、店舗数の急速な増加を説明しながら、サークルKベトナムは米国サークルKとのフランチャイズ契約の下で発展したことを語った。2015年前半の構造改以後、サークルKは4Fサービス(フレッシュ、フレンドリー、ファースト、フル)に注力している。 サークルKは現在、コンビニエンスストア方式の消費者用品を販売するだけの店から、ファーストフード(顧客の注文に応じその場で加工する)、プライベートブランド飲料、座席やWi-Fiなどの付加設備を含めさまざまなサービスを提供している。 一方、2010年から小売店チェーンを展開してきたVingroup株式会社は、コンビニエンスストア(Vinmart +)は毎日2店舗を開店していると伝えられる。5月までに650店舗が開店され、Vinmart +はベトナム最大のコンビニエンスストアチェーンとなった。   もっと見る
nna.jp  ミニストップ、ベトナム50店舗に到達  ↑0 ↓0
ミニストップベトナムは20日、ホーチミン市1区のナムキーコイギア通りに稼働ベースで50店舗目をオープンさせた。ミニストップは昨年、ベトナムでのパートナーを地場コーヒーチェーン大手チュングエン傘下のG7S&Tから双日に切り替えて以降に出店を加速させており、年内に80店舗、2017年末までに160店舗体制を目指す。ミニストップはベトナムでの店舗数が50店となった=20日、ホーチミン市双日とパートナーを結ぶまでの17店舗体制から、1年余りでホーチミン市内で3倍に店舗網を広げた。15年から向こう10年で800店以上に拡大させる計画で、都市部での立地確保を急ぐ。ベトナム国内のコンビニエンストアでは、不動産最大手ベトナム投資グループ(ビングループ)の「ビンマート・プラス」が650店を超えたとされ、タイ系「ビーズ・マート(B’s Mart)」は140店程度、ファミリーマートも100店を突破した。競争が激しくなる中、ミニストップは店舗網の拡大に向け、直営店に加えてフランチャイズ店の導入も検討に入る。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、「オーナーも稼げるような契約を考える」とし、来年にも開始する意向だ もっと見る
2016/07/21 00:00 da:51 facebook:2 twitter:0 ストップ パートナー オープン ホーチミン ベース Tweet
biz.bcnranking.jp  東芝、ベトナム大手のリテールストアでポイント顧客システムを稼働  ↑0 ↓0
東芝インダストリアルICTソリューション社(錦織弘信社長)は、流通小売業向けソリューションの海外事業展開を開始し、その第一弾としてベトナム大手の携帯 ...
2016/07/12 16:03 da:68 facebook:6 twitter:0 ソリューション ダスト リアル ポイント リテール ストア Tweet
ryutsuu.biz  東芝/べトナムの小売業にポイント顧客システム納入  ↑0 ↓0
東芝は7月11日、ベトナム大手の携帯電話・デジタル機器リテールストア「FPT Shop」のベトナム国内全店舗(330店)に採用され、ポイント顧客システムが稼働を ...
2016/07/11 16:30 da:48 facebook:1 twitter:0 ポイント システム ストア デジタル リテール Tweet
nna.jp  ファミマ、店舗展開加速へ新体制  ↑0 ↓0
ファミリーマートは7日、ベトナムでの店舗展開の加速に向け、ベトナム・インベストメント・デベロップメント・グループ(VIDグループ)とパートナー契約を結んだと発表した。ファミリーマート・ベトナム(FMV)をVIDとの合弁会社にし、VIDのグループ企業「ベトナム・ファミリー・コンビニエンス・ストアズ(VFCVS)」と2社体制で事業を推進する。FMVの出資比率はファミリーマートが51%、VIDが49%となる。ファミリーマートの関係者によると、FMVが本部機能を担い、店舗運営を担当するVFCVSにフランチャイズ(FC)権を付与する。VIDはハノイに本拠を置き、金融をはじめITや人材、不動産などの事業を手掛ける。ファミリーマートは、多角的に事業を展開するVIDと日本式コンビニ運営のノウハウを合わせることによる相乗効果の創出を目指す。ファミリーマートのベトナムでの店舗数は、6月末時点で103店。このうち、90店舗以上がホーチミン市で、ビンズオン省が3店、バリアブンタウ省に2店と、全ての店舗が南部に設置されている。同社は今年第4四半期(10~12月)にハノイ1号店の出店を目指しており、その後に同市で もっと見る
k-zone.co.jp  【NTTデータ】ベトナムを代表するフィンテック企業で、コンビニエンスストアなどの大手加盟店を通じた請求 ...  ↑0 ↓0
ホーム> KZONEニュース> 金融ウォッチ IT業界NEWS> 【NTTデータ】ベトナムを代表するフィンテ. ... であるVietUnion Online Services Corporation(General Director:Ngo Trung Linh、本社:ベトナム・ホーチミン、以下:VietUnion(ベトユニオン).
2016/06/23 18:44 da:46 facebook:0 twitter:0 NTTデータ Service Corporation Director ホーチミン ウォッチ Tweet
日本経済新聞  小売り、外国人パート確保にも熱 ローソンはベトナムで研修  ↑0 ↓0
小売り各社が外国人のパート・アルバイト採用に力を入れる。ローソンは6月中に、日本へ留学予定の学生がコンビニエンスストアの業務などを学ぶ研修所をベトナムに開く。西友は外国人のパート従業員を対象とした英語での昇格試験を始めた。小売業はパート・アルバイトへの依存度が高い。人手不足は深刻で、日本人だけでなく外国人の人材確保を巡っても競合が激しくなりそうだ。 ローソンはベトナムの民間の人材教育機関3社と連…
2016/06/05 00:45 da:90 facebook:457 twitter:0 小売り パート ローソン 外国人 ストア コンビニエンス Tweet
アパレル・リソース  従来型小売チャネルはなおも活況  ↑0 ↓0
ベトナムは現代的な流通チャネルの拡大を強く志向しているものの、流通システムにおいては従来型小売チャネルがなおも重要な役割を果たしている。 ベトナムでは特に大都市において、ショッピングセンターがどんどん建設され、一部のアナリストはこうした現代的な小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットやショッピングモール)が伝統的な市場を「駆逐するだろう」とコメントした。 しかし市場調査会社のNielsen Vietnamによる最新の市場レポートによると、従来型取引チャネルは、現代的なチャネルよりも5.4%も高い成長率を示したことが明らかになった。 ホーチミン市Phu Nhuan区の主婦であるMy Haさんは、日常生活に必要な品を買うために毎週末スーパーマーケットに行くが、子供のための粉ミルクやおむつはそこでは買わず、食料雑貨店や商店で購入するという。 「まったく同じ商品であるにもかかわらずスーパーマーケットで買うと、例えば粉ミルク缶は食料雑貨店と比べて4~5万ベトナムドンも高いのです。」と彼女は説明した。「おむつも10〜15%も高く、スーパーマーケットがセールを実施していても、そこでの価格は3~7%も高い値段が付いています。」 スーパーマーケットと食料雑貨店が提供するサービスの質の差について尋ねられた際、Haさんはちょうど電話で注文しようとしていたのだが、食料雑貨店は従業員が彼女の望む時間に家まで商品を届けてくれる、と言った。 このサービスにより彼女は、わざわざスーパーマーケットに出向き、駐車するのに時間を浪費する必要がなくなる、ということを意味する。 Phu Nhuan区にある食料雑貨店オーナーのSau Thuanさんは、近くにモダンな内装のコンビニエンスストアが出店したにもかかわらず、彼女の小さな食料雑貨店の経営は好調だと言った。 「決め手は販売価格です。」と彼女は説明した。「彼らの価格は、少なくとも10%は高いのです。」 Thuanさんは、多くの得意客を抱え、また多くのメーカーが販売代理店として商品を取り扱ってくれるよう彼女にコンタクトしてくるなど、彼女のビジネスについて満足していると述べた。 Nielsenによる報告書ではまた、従来型小売業は動きの速い消費財分野において売上の85%、100億米ドルを占めていると指摘した。 アナリストらは、伝統的な市場や食料雑貨店は、リーズナブルな価格で利便性を備えた商品を提供できるため、かつて予想されたように「駆逐される」ことはないだろう、とコメントした。 Nielsenは、従来型小売チャネルはメーカーの売上の中で最も高い割合を占めているものの、メーカーはまだそれを十分に活用しきれていない、と指摘した。 多くのメーカーでは、特に農村部において、たとえそれがコスト高であっても、流通ネットワークを再び開拓しようとしている。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinhディレクターは、「労働者」紙において、My Haoの収益の90%は従来型小売チャネルから得ていると述べた。 2015年に20%もの大幅な成長率に触発され、Lien Thanh社は、南部地域西部により多くの流通ネットワークを構築しようと検討している。   もっと見る
bhaprep.org  ニューバランス スニーカー レディース  ↑0 ↓0
激安の通販・ニューバランス スニーカー レディース、ニューバランス 1600 ベトナム 販売サイト【送料無料】ニューバランス 996 赤 オンラインストアオファー激安 ...
2016/05/23 11:45 da:28 facebook:0 twitter:0 ニュー バランス レディース スニーカー オファー ストア Tweet
thewarrencenter.org  ニューバランス 1600 ベトナム  ↑0 ↓0
激安の通販・ニューバランス 1600 ベトナム、ニューバランス 574 ブログ 新品入荷続けるオンラインショップニューバランス アウトレット 北海道 オンラインストアは、 ...
2016/05/16 22:51 da:30 facebook:0 twitter:0 バランス ニュー オンライン ストア 北海道 ショップ Tweet
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
アパレル・リソース  タイのセントラル・グループがBig C Vietnamを落札  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーが、有力な国内外のライバルを退けベトナムのBig Cを落札した。 セントラル・グループは4月29日、同社とベトナム国内でのパートナーであるNguyen Kim Trading Companyが共同でBig C Vietnamを9億2000万ユーロ(10億5000万ドル)でフランスのカジノ・グループから買収したことを発表した。2社の負担金分担の詳細は発表されていない。セントラル・グループはNguyen Kimの株式の49%を保有している。 「究極的には、ベトナムの繁栄に貢献し、人々の生活の質を向上させたいという決意と取り組みが今回の成功に繋がりました。Big Cはベトナム国民の生活を向上し、豊かなものとしたいという決意とビジョンを共有できるパートナーであると考えています」とNguyen Kim Trading CompanyのNguyen Van Kim会長はセントラル・グループから発表された文書で表明した。 Big C Vietnamの取得とともに、セントラル・グループは地元産品の提供を続けること、Big Cの消費者、従業員、地元当局との強力なつながりを保つこと、Big C店舗で国内産品の取り扱いを続けることを決定していると同グループは発表している。 カジノ・グループはアジア及びラテンアメリカでの資産売却により債務削減を図っており、ベトナムでの資産売却で負債総額は42億ユーロとなる見込みである。 Big C Vietnamはスーパーマーケット33店舗、コンビニエンスストア10店舗とオンライン店舗Cdiscount.vnを擁する。カジノ・グループはベトナム事業の売却額は8億ドルに上ると予測していた。 Big C Vietnamの入札には日本のイオングループ、韓国のロッテ、タイのBJC、ベトナムのSaigon Co,opとMasan、そしてセントラル・グループをはじめとする約20社が参加した。 ベトナムで大規模なCo.opmartスーパーマーケットチェーンを所有するSaigon Co.opが有力な競合相手であったが、広範にわたる外国投資についての規制により、Big C Vietnamを落札することはできなかった。Big C Vietnamの落札には決済を海外で行う必要があったにもかかわらず、Saigon Co.opは現在海外投資を行う認可を得ていない。 Big C Vietnamの2015年の収益は5億8600万ユーロであった。Big C Vietnamは店舗数でCo.opmartチェーンに次ぐ第2位の規模であり、Big C Vietnamの取得でセントラル・グループは国内小売市場開発計画を少なくとも7年分前倒ししたこととなる。 もっと見る
ctv.co.jp  ドラッグストア強盗でベトナム国籍の男逮捕  ↑0 ↓0
29日夜、名古屋市千種区のドラッグストアで商品を万引きして逃走し、取り押さえようとした店長を殴ったとして、ベトナム国籍の男が逮捕された。事後強盗の疑いで現行犯逮捕されたのは、ベトナム国籍で自称作業員のマック・ゴック・チャン容疑者(32)。警察によると、マック容疑者は29日午後7時ごろ、千種区覚王山通の「ドラッグユタカ」で、化粧品やサプリメントなど88点、計約16万円相当をバッグに入れて逃走。男性店長(33)が30メートルほど追いかけて取り押さえようとしたところ、胸などを殴った疑いがもたれている。調べに対し、マック容疑者は容疑を認めているという。男性店長にけがはなかった。警察は、動機や余罪に加え、共犯者がいたかについても調べを進めている。[ 4/30 12:47 中京テレビ] もっと見る
2016/04/30 13:34 da:66 facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 万引き 名古屋 Tweet
news24.jp  ドラッグストア強盗でベトナム国籍の男逮捕(愛知県)  ↑0 ↓0
29日夜、名古屋市千種区のドラッグストアで商品を万引きして逃走し、取り押さえようとした店長を殴ったとして、ベトナム国籍の男が逮捕された。事後強盗の疑いで現行犯逮捕されたのは、ベトナム国籍で自称作業員のマック・ゴック・チャン容疑者(32)。警察によると、マック容疑者は29日午後7時ごろ、千種区覚王山通の「ドラッグユタカ」で、化粧品やサプリメントなど88点、計約16万円相当をバッグに入れて逃走。男性店長(33)が30メートルほど追いかけて取り押さえようとしたところ、胸などを殴った疑いがもたれている。調べに対し、マック容疑者は容疑を認めているという。男性店長にけがはなかった。警察は、動機や余罪に加え、共犯者がいたかについても調べを進めている。[ 4/30 12:47 中京テレビ] もっと見る
2016/04/30 13:07 da:69 facebook:0 twitter:0 ドラッグストア 万引き 名古屋 Tweet
日本経済新聞  タイ小売り大手セントラル、ベトナムの「ビッグC」買収  ↑0 ↓0
【バンコク=小野由香子】タイの小売り大手セントラル・グループは29日、ベトナムの大型スーパー「ビッグC」を仏小売り大手カジノから買収すると発表した。負債を含む買収額は10億ユーロ(約1220億円)で、スーパーとコンビニエンスストア43店、ショッピングセンター30店を引き継ぐ。ベトナムでは既に百貨店2店を運営する。2015年には現地の大手家電量販店「グエン・キム」の株式49%を取得するなど拡大する消費市場で事業を広げている。 一方、カジノ・グループにとって今回の売却はアジア事業リストラの一環だ。3月にはタイのビッグC事業をタイ大手財閥TCCグループ傘下の商社ベルリ・ユッカーに、31億ユーロで売却した。 もっと見る
2016/04/29 19:07 da:91 facebook:3 twitter:0 グループ 小売り ビッグ セントラル スーパー カジノ Tweet
アパレル・リソース  日系企業、小売市場で奮闘中  ↑0 ↓0
9000万人強ともされるベトナムの巨大消費市場の中で利益を掘り起こそうと、ベトナムの小売市場に進出する日系企業の数はますます増大している。 日本でコンビニエンスストア第3位のファミリーマートは2013年に操業を開始し、2014年には千葉県千葉市美浜区に本部を置くイオングループもこれに続いた。 一方大手デパートである高島屋と日本を拠点とするセブンイレブンの店舗のはじめての出店も2016年初旬から中頃にホーチミン市で予定されている。 しかしこれら日系の小売業者らはベトナムにおける事業で必ずしも成功を収めているわけではなく、多くの著名な経済専門家は小売業者らが生き残ることができるかに対して疑問を持っている。 アジアにおける地元の小売業者らは家族経営から本格的な営利事業に変化してきているとイオンベトナム代表の尾山長久氏は語る。 今後数年で地元企業との競争は激化すると十分に予測はしており、イオンは競争に勝つために店舗を多くの強力なプライベートブランド商品で埋め尽くす準備を整えていると尾山氏は言う。 また尾山氏によれば数多くの困難や問題のあるビジネスのやり方を経験し、すべての地元ベトナムでのパートナー関係を解消したと述べた。 ファミリーマートもまた多数の問題があったために地元のビジネスパートナーとの関係を解消している。ファミリーマートは地元企業と協力関係を進める際には提案されているパートナーを詳細に調査することが必要だと忠告する。 両日系チェーンともに当初発表したベトナムでの拡大計画の数には達していない。 日系スーパーのイオンは地元の製造業者らと協力し2017年度までに関連する自社で開発するプライベートブランドの品目をおよそ2300点にまで伸ばす計画を明らかにした。 日系の巨大小売業者であるイオンは世界中で減退している売上と利益を好転させようとベトナム市場に大きく賭けている。昨年12月にはイオンはマレーシアで初めての店舗の閉鎖を発表している。 イオンはベトナムを成長の源泉と頼りにしており、ベトナム内での店舗を4倍の200店舗にまで拡大させようと大きな期待を寄せている。 ブルームバーグが発表した最近の記事によれば、イオングループはBig C Vietnamの買収において提案価格8億米ドルを提示している主要な入札者であるという。 フランスの小売りグループであるCasinoも、同グループに近い情報筋によればBig C Vietnamの売却に対して第2ラウンドの入札を計画しているという。   もっと見る
sankeibiz.jp  コンビニ、TPPに商機 ファミマ、マレーシアに進出 ローソンはベトナムに熱視線 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの外資規制が緩和されることをにらんだ取り組みだ。TPP発効後の規制緩和を見越して、市場の成長が見込まれるマレーシアやベトナムへの進出の動きは今後広がりを見せそうだ。 ファミマはQL社とライセンス契約を締結し、今年中にマレーシアの首都クアラルンプールに1号店を出店する。TPPの発効後、日本企業が現地の運営会社に30%まで出資できるようになるため、コンビニを運営するQL社の子会社へ出資する方向だ。 マレーシアにおける日系のコンビニでは、セブン&アイ・ホールディングスが米子会社を通じたライセンス契約を現地企業と締結し、1950店を展開しているが、他の日系コンビニチェーンは展開していない。ファミマにとってマレーシアは「有望なフロンティア。規制緩和をポジティブにとらえていく」(中山勇社長)としており、今回の提携を機に5年で300店の出店を目指す。 もっと見る
minyu-net.com  ベトナムへ販路拡大を 販売の好機、ジェトロが22日・説明会  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構福島貿易情報センター(ジェトロ福島)などは22日、同機構がベトナムの日系コンビニエンスストアと協力して行う試験販売に関する説明会を郡山市のビッグパレットふくしまで開く。ベトナムは環太平洋連携協定(TPP)発効後の市場開放が見込まれている有力市場で、説明会を通して本県の企業関係者らがベトナムでの県産品販売の可能性を探る。
2016/04/09 09:11 da:63 facebook:2 twitter:0 ジェトロ ストア センター コンビニエンス Tweet
日本経済新聞  ベトナム最大の電子マネー「モモ」に31億円出資 英銀など  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」企業のMサービス(ホーチミン市)は英スタンダードチャータード銀行と米ゴールドマン・サックス証券から2800万ドル(約31億4000万円)の出資を受けたと発表した。Mサービスが提供するベトナム最大の電子マネー「MoMo(モモ)」の利用可能店舗を現在の約3倍に増やすなどサービスを拡充する。 モモは2015年10月に始めた電子マネーで、現在の利用者数は250万人。ネット通販での決済、リアル店舗での支払い、銀行口座を必要としない振り込みなど様々なサービスがある。全利用者のうち100万人がスマートフォン(スマホ)で使っており、若い世代の利用が増えている。 スタンダードチャータードは2500万ドルを新規に出資、ゴールドマンは13年の575万ドルに続き、300万ドルを追加出資した。Mサービスはスーパー、コンビニエンスストアなどに決済端末を置くほか、新規サービスを開発する。利用可能店舗を現在の4000店から数年内に2.8倍の1万1000店に、利用者を同1.6倍の400万人に増やす。 ベトナムではネット通販の拡大で電子マネー決済のニーズが もっと見る
ビッグローブニュース  ベトナムのコンビニで日本フェア=TPP後視野に  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】ベトナム訪問中の林幹雄経済産業相は20日、同国の日系コンビニエンスストアで今秋、日本の商品を試験販売する「ジャパンフェア」を行うと表明した。環太平洋連携協定(TPP)発効後を視野に、日本産食品・農水産品の輸出拡大や、現地の日系コンビニの収益増につなげることを目指す。 対象はファミリーマートとミニストップの最大200店舗。2社と日本貿易振興機構(ジェトロ)が連携して開催する。東日本大震災の被災地産を含めた農産品や、菓子類、日本酒などを念頭に、最大60程度の商品を販売する方向で調整する。 [時事通信社]
sankeibiz.jp  【よむベトナムトレンド】コーヒー市場、コンビニ交え競争激化  ↑0 ↓0
ホーチミン市内にあるチュングエンの店舗。ベトナムのコーヒー市場では現地資本に加え、外資、コンビニエンスストアなどを交えた競争が激化している(ブルームバーグ)【拡大】
sankeibiz.jp  ベトナム、外資の小売り参入活発 地場企業と合併・買収も  ↑0 ↓0
拡大が見込まれるベトナム小売市場で、外資企業の参入や外資と地場企業との合併・買収などが相次いでいる。好調な経済成長や同国が進める自由貿易協定を追い風に、今年、同市場は1000億ドル(約11兆4590億円)規模に達するとされる。今後、国内外の小売り企業の動きが一段と活発化しそうだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。 タイ流通大手セントラル・グループは昨年、ベトナム家電チェーンのグエンキム・トレーディングの株式49%を取得し、ベトナムに参入した。韓国の小売り大手ロッテマートはベトナムでの事業拡大を図るほか、韓国のディスカウント最大手イーマートは昨年12月、南部ホーチミンに初出店した。 日系企業の動きも慌ただしい。イオンは昨年、地場スーパー2社と資本・業務提携し事業展開を加速させている。セブン-イレブンは、2017年4月にベトナムでの1号店開設を目指す。 地場企業も手をこまぬいていない。地場不動産大手のビングループは、地場小売り企業のオーシャンマートなどを買収し小売り部門を強化、17年までに合計1100店のスーパーマーケットやコンビニエンスストアを開設する計画だ。 ベトナムの小売市場は、ス もっと見る
2016/02/17 05:03 da:68 facebook:2 twitter:0 小売り Tweet
blog.asilla.jp  アナタ現地化シテルヨ?!ベトナムから日本に帰ってきたときに気を付けること  ↑0 ↓0
ベトナム、というか、ベトナム含むASEAN諸国に仕事で滞在してから、日本に帰国して一週間くらいは意識して気を付けたほうがいいことを、程度の軽い順にご紹介します。私はどうしても抜けなくてついついやってしまい、同僚や家族から社会不適合者の目で見られますので、みなさまお気をつけて! レジ袋の口をしばる コンビニやドラッグストアで買い物をするとレジで受け取った瞬間に口を縛っている自分がいます。ハッと気付いて周りを見回しても、レジ袋の口をしばる日本人はいません。 ベトナムの皆さんは買い物をすると、ビニール袋(関西圏ではナイロン袋?)の口を軽く縛ります。目的は盗難防止説、万引き防止説などがありますが、おそらくバイクのフックにひっかけるためだと思われます。フックからの高さがありすぎるとクランクケースに接触してしまうので、熱で溶けて中のものが落ちてしまう可能性があるからですね。 ちなみに、スタバなどのカフェで飲み物をテイクアウトすると、こんなパックに入れてくれますが、こちらもバイクのフックにかけるための模様。 あ、なるほど~・・、ニーズの起点はバイクフックですね! RT @kkatsaigon これ本当に便利ですよね。そのまま飲めるし、飲みかけでもこぼさすバイクのフックに引っ掛けられる。@kmrdai テイクアウェーの便利ツール。 pic.twitter.com/7nGVHpvggS — 木村大介@東京出張中 (@kmrdai) 2014, 7月 15 さすが、 バイクの国、 Việt Nam! ホンサオという(言いそうになる) 「không sao」は中国語の「無問題 」や沖縄の「なんくるないさー」、フランス語の「ケセラセラ」に似たような言葉です。一言でいうと「気にするな」 というニュアンスですが、ベトナムではよく加害者側が使います(笑)。 あるお店で受け取ったお釣りが足りなくて申し立てたところ、「ホンサオ」と言って払ってくれたりします。 言われたほうも、「まあホンサオならまあしょうがないか」みたいな感じで大抵丸く収まります。 便利なマジックワードとして私は仕事上でよく使います。 口癖のように使っていると、日本で仕事中に出ますのでご注意ください。 オイチョイオイという(言いそうになる)  これは「Oh, My GOD」です。チョイは「天」なので天を仰ぐ感じです。 「マジかよ!」「ふざけんなよ!」「なんでやねん!」というニュアンスですが、こちらも良く使うのでつい出てしまいます。先日も電話でバトル中に「オイz」まで出てしまいました。 ちなみにホーチミン(サイゴン)はチョイと濁らず、ハノイは 「ゾイ」または「ジョイ」みたいな発音になります。さらに、「チョイオイ」のみの短縮形もご利用いただけます。 「チョイオ~イ、チェッゾーイ(マジで?死んじゃうよ)」とセットでご活用ください。 欧米人がフィーチャーすると▼こうなります。 そっと手を添える 大きなマーケットなどで人ごみをかき分けて進むとき、ベトナムの皆さんは進行方向にいる人たちに声をかけるわけでもなく、行き過ぎるのを待つわけでもなく、「進行方向にいる人の腕に、そっと手を添えて」自分の進路を確保します。 これ初めの頃、すごくビックリしました。 知らない人に触れられるのだけでもびっくりするのに、振り向くとすごい美人じゃないですか。で、おわッ!なにか用かな、と思ったら何事もなく通り過ぎていきます。 いまならわかりますが、彼女は行きたい方向にある障害物(わたし)を避けただけなんですね。 本屋さんなどで小学生に指先ひとつでコントロールされることもあり、私はこれを「左手は添えるだけ」と呼び、いまではこの特殊能力を使いこなして人ごみを進めるようになりました。 ところが、日本に帰ってきて、東京駅、新宿駅、品川駅などの込み合った場所にいると、ついつい手が出そうになってしまいますが、それをやると犯罪になる可能性大なので、自分の手を抑えながら歩いています。 皆さんもどうぞご注意ください。 日本人のスタイルは声をかけるでも、動かすでもなく「待つ」ですね。 そしゃく音・ゲップ・シャックリ さあそろそろヤバい領域に入ってきました。 これベトナムの皆さん(特にオッサン)は公共の場で普通にやります。さすがに女性は恥じらいをもってやりますが(やるはやる)、私を含むオッサンは堂々とやります。他のお客さんに聞かれても平気です。 だって、他のひとも気にしてないもの。 たしかに屁はマズイみたいで、ハノイのオフィスで特大のやつをお見舞いしてやったときは、全員から総ツッコミをくらいました。 屁はもちろん、口から出るラップ音(そしゃく音、ゲップ、しゃっくり)の類は不可抗力のシャックリ以外は基本的に日本ではご法度ですので、絶対に気を付けてください。 私の場合、これは不思議と帰国したら即適応できてしまいます(無意識過ぎて自分で気付いてないだけかもしれません)。  はらだし(ロールアッパー) 最後にこれです。ベトナムのおっさんのトップス・ファッションは、暑さに応じて「なし(裸)」から、白ランニング、白Tシャツ、襟付きシャツのいずれかです(冬を除く)。「なし」の時はあまり気になりませんが、服を着ているのにたくし上げてお腹を全開にして歩いていることがあります。 シックスパックでもないのに他人に腹を見せつける彼らのことを親しみを込めて「ロールアッパー」と呼んでいたのですが、いつしか自分でもやるようになってしまいました。 そして日本に帰っても知らぬ間にやってしまいました・・・、代々木上原駅で電車待ちしているときに。視線に気付いてすぐにそのスリーパックを仕舞いましたが、女性から変態の目でみられたのは言うまでもありません。 上記の写真は中国のようですが、たいへん堂々としたたたずまい、白シャツにボトムスの複雑な柄、シンプルだけど何か訳がありそうなズック、そしてカメラ目線の表情、、、。 どれをとっても一流。 名の知れたロールアッパーに違いありません。 いましがた調べたところ、腹出すくらいじゃ刑法に抵触しないようなので、ロールアッパーは合法ということになります。よく考えたら女性は腹出して歩いていますので、男性もOKということで。 さあ今年の夏はみんなでロールアッパーだ。   (この記事は、ひまつぶしに小一時間で書かれました。)    もっと見る
2016/02/13 08:13 da:18 facebook:0 twitter:0 ロール アッパー フック バイク 皆さん パック Tweet
アパレル・リソース  小売部門が内外企業によるM&Aに直面  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場における膨大な発展余地を見越し、外資系企業とベトナム企業との間でいくつかの合併買収(M&A)が行われている。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に参加するにあたり、その取組み義務の一つとして、2015年以降100%外資での小売企業設立を認めることとした。先月、ベトナムも参加するアセアン経済共同体(AEC)が発足し、各国市場が6億人もの消費者を擁する単一の地域市場へ統合され、また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、12の加盟国から1万種類以上の商品が関税ゼロで供給されることとなる。 このような状況下で、スーパーマーケットやコンビニなどの現代的な小売店による販売は、ベトナムでの市場においてわずか25%しか占めておらず、伝統的市場が依然として最も身近な販売チャネルとなっている。域内の各国、例えばフィリピンの33%、タイの34%、中国の51%、マレーシアの60%、そしてシンガポールの90%と比較して、ベトナムの現代的な小売店舗のカバー率ははるかに低い。そのためベトナムでは今後、現代的な小売店舗のカバー率を45%にまで引き上げる計画としており、外資系小売業者から熱い視線を注がれている。 近代的なショッピングチェーンを展開する地元小売業者として、77店舗のスーパーマーケットを運営するCo-opmart社、ハノイに20店舗を持つFivimart社、27店舗を持つCitimart社、そして20店舗以上を持つHapro社などが挙げられる。Vingroup社はRetail Oceanグループの買収後小売市場に参入し、VinmartブランドのスーパーマーケットやVinmart+ブランドのコンビニエンスストアのネットワークを、全国で200店舗以上にまで成長させた。 一方で外資系小売企業は、ベトナム全土で800以上あるスーパーマーケットのうち40%以上を占めている。ベトナムにおける外資系小売企業には、スーパーマーケットチェーンとしてBig C、Lotte Mart、Metro Cash & Carry、Aeonなどがあり、コンビニエンスストアとして、米国のCircle K、シンガポールのShop & Go、タイのB's martなどが進出している。 専門家によると、ベトナムのこの状況は、(外資系企業が)現代的なショッピング店舗に投資するのに最適な場所の一つとさせている。投資家らは新規投資だけでなく、M&Aも選択肢としている。 ベトナムのMetro Cash & Carryを買収したタイの小売業者Berli Jucker社は、全国で30以上のBig Cブランドのスーパーマーケットを運営するフランスの小売グループCasino Viet Nam社を買収する計画を発表した。 小売業界に詳しい情報筋によると、シンガポールのThe Dairy Farmグループ、韓国のLotteグループ、そして日本の小売グループのAeonもまた、ベトナムのBig Cスーパーマーケットチェーンの獲得を望んでいる。 The Dairy Farmグループは、シンガポールや香港における業界二番手の小売業者で、7-Eleven、Cold Storage、Guardian、Wellcome Giant、そしてHeroなどのブランドを傘下に抱える。このThe Dairy Farmグループは2014年に130億米ドルの売上があり、また韓国小売チェーンのLotte Shoppingは、同年230億米ドルの売上を記録した。 外資系の巨大小売企業のみならず、不動産ディベロッパーのVingroupのような地元企業もまた、ベトナム小売市場に参入するためにM&Aを利用している。Vingroupは、これまで小売部門において立て続けにM&A取引を行ってきた。2014年にOcean Martを買収後、Vinmartと改名し、そのチェーンを拡大した。その後、ベトナム繊維公団(Vinatex)からVinatextmartsの全株式を取得し、ベトナム全土39店舗のVinatextmartsを手中にした。 Vingroupはまた、Hop Nhat 社の株式の80%を取得してVinlinksと改名し、Vingroupの小売部門の配送にそれを利用している。 最近Vingroupでは、An Phong Investment JSCからMaximarkの全株式を取得した。グループのLe Khac Hiep副会長が地元メディアに語ったところによると、Vingroupは新規建設やM&Aにより、今後2017年までに100店舗のスーパーマーケットと、1000のマートを開業する予定としている。 もっと見る
NHKニュース  ベトナムで日系企業対象にTPPセミナー  ↑0 ↓0
このセミナーは、ベトナムに進出する日系企業にTPPの活用方法を理解し、今後の事業に役立ててもらおうと、JETRO=日本貿易振興機構が1日ハノイ市内で開いたものでベトナムに進出する日系企業の担当者など、およそ170人が参加しました。セミナーでは、経済産業省の担当者らが繊維や自動車部品といった品目ごとの関税撤廃の時期など大筋合意の内容を説明したほか、TPPの発効で大幅な拡大が見込まれるベトナムからアメリカへの輸出について具体的な事例を挙げながら解説しました。また、投資やサービス分野が自由化され規制が緩和されることで、ベトナムでは今後、コンビニエンスストアやスーパーなど小売分野においてビジネス環境の改善が期待できることなどを紹介しました。セミナーで講演した経済産業省の吉澤隆経済連携交渉官は「TPPは、世界のGDP=国内総生産のおよそ4割を占める、潜在性のある経済連携であり、ぜひ幅広く協定の中身を理解し、活用してもらいたい」と話していました。 もっと見る
2016/02/02 04:52 da:88 facebook:5 twitter:0 セミナー ハノイ JETRO Tweet
アパレル・リソース  セブンイレブン進出で国内小売業者に警戒感広がる  ↑0 ↓0
日本の小売大手セブン&アイ・ホールディングスグループのベトナムへの進出により、ベトナムの小売市場の競争はさらに厳しくなることが予想される。 2015年7月の日本経済新聞の報道によると、同グループの米国子会社セブンイレブンInc.がIFB Vietnamと契約を結んだ。IFB Vietnamは同国でピザハットのチェーン展開をしており、セブンイレブン第一号店をホーチミン市に出店する予定である。今後3年間で100店、10年以内に1000店の出店を目指している。 セブン&アイ・ホールディングスのベトナムへの進出は、国内外の小売業者のベトナムでの業務拡大と時期を同じくしており、小売業界における競争の激化が予測される。 特に、米国の24時間営業コンビニエンスストアであるサークルKは現在ベトナムに113店を擁するが、当初の予定では2015年末までに150店を展開する予定であった。 バンコクポストの報道によると、ThaiBerli Jucker Plc は2018年までに205店のB’s Martを開店するため、3126万米ドルを投資しているという。 加えて、日本のイオングループ傘下のミニストップと双日が今後3年間で200店を開店し、10年以内に800店まで拡大する計画を進めている。 一方でベトナム企業もまた主要都市でコンビニエンスストアを増やしつつある。特に目立つ動きとしては、Vingroupが2015年にVinmart+を30店開店しており、ベトナムの小売業首位に立とうと、今後3年から5年間で1000店のコンビニエンスストアの開業を計画している。 業界専門家らは、セブン&アイ・ホールディングスのベトナム進出で、日用消費財(FMCG)製造業者の製品物流に変化が出る可能性を予測している。Nielsenの2015年の報告書によると、日用消費財の売り上げのうち80%が伝統的小売業者からのものとなっている。しかし、ベトナムの消費者は徐々にこうした伝統的な小売形態からコンビニエンスストアに移行しようとしている。 「セブンイレブンはベトナムの小売分野の状況を変えるでしょう」とエースコックベトナムの篭嶋茂人営業部長は話す。エースコックはベトナムのインスタント麺製造企業大手である。 現在エースコックベトナムの流通システムにおいては伝統的小売業が95%と最も高い割合を占めるが、同社はセブンイレブンをはじめとするコンビニエンスストアを通じた流通を増加する計画であると篭嶋営業部長は話す。 世界でも主導的なコンビニエンスストアチェーンであるセブンイレブンは、現在世界16カ国で5万6400店舗、日本で1万5000店舗を展開している。東南アジアでは、セブンイレブンはシンガポール、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアに進出している。     もっと見る
出島  韓国ディスカウントストア「Eマート」、ベトナムに1号店オープン  ↑0 ↓0
韓国の新世界グループ傘下のディスカウントストア大手「Eマート」のベトナム1号店が28日、ホーチミン市ゴーバップ区5街区ファンバンチ通り366番地(366 Phan Van Tri, Ward 5, Go Vap Dist.)にオープンする。
msn  サカタインクス---ベトナム(ホーチミン)  ↑0 ↓0
サカタインクス<4633>は、ベトナム社会主義共和国ホーチミンに工場を再建し、12月4日に開所式を行った。パッケージ印刷向けのインキ製造をメインとする新工場では、10月に再建、11月より稼働を開始している。昨年9月、火災事故で工場を焼失したことにより、2015年12月期はインドネシアからの輸入対応や、仮工場稼働のためコストアップの影響を受けた。新工場は、最新の安全に配慮した設備を導入しており、高品質な製品を安定的かつタイムリーに供給でき、生産能力は旧工場の20%程度高めている。ベトナムでは、人口増と経済成長により、パッケージ分野が伸長しており、2003年と早くから進出している同社はパッケージ印刷向けのインキで同国トップシェアを誇っている。来年度からの本格稼働により、2016年12月期業績への寄与が期待できる。 もっと見る
web.fisco.jp  サカタインクス<4633>---ベトナム(ホーチミン)において工場を再建  ↑0 ↓0
*08:14JST サカタインクス<4633>---ベトナム(ホーチミン)において工場を再建サカタインクス<4633>は、ベトナム社会主義共和国ホーチミンに工場を再建し、12月4日に開所式を行った。パッケージ印刷向けのインキ製造をメインとする新工場では、10月に再建、11月より稼働を開始している。昨年9月、火災事故で工場を焼失したことにより、2015年12月期はインドネシアからの輸入対応や、仮工場稼働のためコストアップの影響を受けた。新工場は、最新の安全に配慮した設備を導入しており、高品質な製品を安定的かつタイムリーに供給でき、生産能力は旧工場の20%程度高めている。ベトナムでは、人口増と経済成長により、パッケージ分野が伸長しており、2003年と早くから進出している同社はパッケージ印刷向けのインキで同国トップシェアを誇っている。来年度からの本格稼働により、2016年12月期業績への寄与が期待できる。《SF》 もっと見る
2015/12/21 08:15 da:36 facebook:0 twitter:0 ホーチミン サカタインクス 社会主義 Tweet
日本経済新聞  仏カジノ、ベトナムの小売りを売却  ↑0 ↓0
売却先としてタイの複数の複合企業やベトナム不動産大手ビングループの名前が挙がっている カジノは20億ユーロ(約2654億円)を超える債務を削減するリストラを計画しており、ベトナムのBig Cの売却に加えて「タイの不動産案件」も候補だという。 Big Cは、ベトナム市場に進出した初の国際的小売りチェーンの1つ。第1号店の開店は1998年で、今月時点で32の店舗とC-Expressと呼ばれるコンビニエンスストア10店舗を全国展開している。(ハノイ支局)
2015/12/18 22:41 da:88 facebook:1 twitter:0 カジノ 小売り チェーン 国際的 ハノイ グループ Tweet
アパレル・リソース  成長するアジア小売市場  ↑0 ↓0
ベトナムはアジアで最も発達した小売市場のひとつになりつつある、とハノイにおけるセミナーにて論じられた。 ベトナム小売業協会(VRA)は、「ベトナムにおけるショッピングセンターとその開発計画」をテーマとしたベトナム小売業フォーラム2015を開催した。このイベントには、政府当局、小売業の専門家、そして国内外の小売企業が参加した。 商工省(MOIT)国内市場部のDuong Duy Hung次長によると、最終消費支出はベトナムの国内総生産(GDP)の70%を占めており、またそのうちの90%が民間最終消費支出である。 そして現在の小売市場は、ベトナムの小売業部門の成長エンジンとしての役割が増加しつつある、と続けた。 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟する際には、多国籍小売企業の参入を促進するような開放政策のために、(ベトナム自国の)伝統的な、または現代的な小売店が駆逐されるのではないかと懸念された。だがベトナムの小売企業は、生き残りのために競争力を高めることによって、だんだんと(この過酷な環境に)適応してきている、とHung次長は述べた。 しかし、国内の小売業者は再び困難に直面している。外資系の巨大小売企業は、トレードセンターやスーパーマーケットに巨額の資金を投入しており、このことが国内の小売業者を悩ませている、とHung次長は述べた。 VRAのDinh Thi My Loan会長は、ベトナムのスーパーマーケットや小売チェーンはこれまで懸命に進化してきたものの、まだ価格競争力、取扱商品の種類、そして品質管理の面などにおいて、プロフェッショナルとしての要素に劣っている部分がある、と述べた。 Nielsen市場調査会社によると、月額収入が1500万ベトナムドン(714米ドル)以上あるベトナムの中流・富裕層(MAC)の規模は、現時点から2020年までの間に3倍となり、小売業者にとっての主要な顧客グループとなることが見込まれている。 不動産サービス業を営むCB Richard Ellis社 (CBRE)のレポートによると、Saigon Co.op社傘下のスーパーマーケットチェーンCo.op-martは、2015年アジア太平洋地域における小売業トップ200のうちの一つに選ばれた。 一方で、ベトナムの小売業トップ10のリストにおいては、そのトップは、Saigon Jewellery SJC社、そしてインターネットストアチェーンのNguyen Kim社、国営の携帯電話小売大手Gioi Di Dong(Mobile World)社が続いている。 また、このレポートによると、ハノイ市の小売店用地の空き地率が過去5年で最も高い水準にあり、20%にも上ったのに対し、ホーチミン市における空き地率は比較的低率に収まっており、ここのところ10%を下回ってきた。このことは、両都市における平均賃料に直接的に影響を与えている。 結果として、ハノイ市の平均賃料は低下している一方で、ホーチミン市の金額は上昇している。ハノイ市とホーチミン市の中心エリアにおける賃料は非常に高く、CBREのレポートによると、2015年第3四半期において月額1㎡当たり120米ドル以上にも上り、市内その他の地域の約3倍となっている。 このレポートではまた、ベトナム人の22%は、大きなショッピングモールよりもむしろ、コンビニエンスストアへ買い物に行くことを好む、と指摘している。 もっと見る
日本経済新聞  マーケットの現場から  ↑0 ↓0
ベトナム・ホーチミンの繁華街にあるコンビニエンスストア。1個50~100円程度の地元のスナック菓子に混じって、イトウ製菓(東京・北区)の「ミスターイトウ」のクッキーが8万6000ドン(500円弱)で売られていた。日本で買えば200円前後なので、ゆうに2倍以上の値段だ。この価格は物価の高さで世界有数のシンガポールをも超えている。■「輸入品、高くて買えない」 肌感覚ではベトナムの物価は総じて安い。国…
グローバルニュースアジア  【ベトナム】チェーン店が進出し始めたハノイ旧市街はもっと変わっていく?  ↑0 ↓0
このような環境の中、やはりホーチミンにはたくさんあるコンビニエンスストア「サークルK」もハノイに進出してきた。2008年にベトナム進出を開始して今年4月、やっとベトナム北部への展開が始まった。その内の数店舗が旧市街にあるのだが、筆者から見てまだ街に馴染んでいない印象はあった。
sankei.com  “爆盗”ドラッグストアで化粧品や健康食品など約10万円分盗む ベトナム国籍の女逮捕  ↑0 ↓0
ドラッグストアで化粧品など約10万円分を盗んだとして、奈良県警奈良署は18日、窃盗容疑でベトナム国籍の無職、グエン・ティ・キム・アン容疑者(53)=神戸市 ...
2015/11/18 20:26 da:71 facebook:- twitter:- ドラッグストア 化粧品 容疑者 グエン Tweet

Thailand

headlines.yahoo.co.jp  レジ袋配布を終日中止=プラごみ削減へ取り組み―タイ  ↑0 ↓0
【バンコク時事】タイのスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで「タイ環境の日」に当たる4日、政府の呼び掛けに応じ、レジ袋を終日配布しない取り組みが行 ...
2018/12/05 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  朝のバカ売れ「ガパオライス弁当」屋台~バンコクの街角の風景  ↑0 ↓0
1日の最初の楽しみが朝ごはん。毎日おいしいものを求めて、近所の屋台が並ぶコンビニエンスストア前に行くのですが、最近のお気に入りが弁当屋台。
2018/12/04 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
headlines.yahoo.co.jp  【タイ】アットコスメ、タイ1号店を開業  ↑0 ↓0
美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは11月30日、化粧品専門店「アットコスメストア」のタイ1号店を首都バンコクに開業した。
2018/12/03 11:35 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  化粧品専門店「アットコスメ」、タイに進出  ↑0 ↓0
【バンコク=岸本まりみ】化粧品口コミサイト「アットコスメ」などを手掛けるアイスタイルは2021年までにタイに化粧品専門店「アットコスメストア」を5店舗出店する。
2018/11/30 21:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
hypebeast.com  Apple がタイ・バンコクに初のストアをオープン  ↑0 ↓0
今年に入って日本国内に『Apple 新宿』、『Apple 京都』、『Apple 渋谷』と3つの新ストアをオープンした「Apple(アップル)」は11月10日(現地時間)、タイ・バンコク ...
2018/11/20 13:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  資生堂がコスメ新ブランド、王女とコラボ  ↑0 ↓0
新ブランドは、タイ国内の資生堂カウンター40カ所と、免税店「キングパワー」やシリワンナワリーブランドのポップアップストアで販売する。売上高目標は非公表 ...
2018/11/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  オリンパス、東南アジア初の旗艦店を開業  ↑0 ↓0
オリンパスは1日、タイのバンコク中心部にある商業施設「セントラル・ワールド(CW)」に東南アジア初の旗艦店となる「オリンパス・ストア・バイ・ビッグカメラ」を開業 ...
2018/11/02 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  タイ土産の人気は相変わらず「石鹸」  ↑0 ↓0
バンコク都内であれば大きな商業施設内などや、タイ最大の週末市場「チャト ... このほか、市街地のドラッグストアやスーパーなどでもタイ人が日常生活で使う ...
2018/10/31 09:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  『THANN(タン)』チェンマイに新旗艦店をオープン  ↑0 ↓0
2018年10月8日 - タイ発、ウェルネスに寄り添うナチュラルスキンケアブランド『THANN(タン)』は、チェンマイに新たなフラッグシップ・コンセプトストアをオープン ...
2018/10/26 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
cinema.ne.jp  『SPL 狼たちの処刑台』こそ、今年のベストアクション映画!今すぐ劇場に急げ!  ↑0 ↓0
15歳の少女ウィンチーが、友人に会うために訪れたタイのパタヤで何者かに誘拐され ... パタヤ警察のチュイ(ウー・ユエ)に自分も捜査に同行させてほしいと頼む。
2018/09/04 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  タイで人気の13ブランドによるポップアップストア「THAI SENSE」  ↑0 ↓0
THAI SENSE」は株式会社ワンオーがタイ国政府商務省国際貿易振興局からの委託により、タイ国内の優れたファッションブランドを日本でPR、セールス、販売 ...
2018/07/10 19:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ビッグローブニュース  タイで人気の13ブランドによるポップアップストア「THAI SENSE」  ↑0 ↓0
THAI SENSE」は株式会社 ワンオーがタイ国政府商務省国際貿易振興局からの委託により、タイ国内の優れたファッションブランドを日本でPR、セールス、販売 ...
2018/07/10 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セイコー、高級腕時計の販売を加速  ↑0 ↓0
... 販売するセイコー(タイランド)は20日、首都バンコクの高級商業施設「エンポリアム」内のブティックストアを刷新し、再オープンした。デジタルウオッチ市場が成長する中で、クラシックな腕時計を愛用する高級志向のタイ人を中心に、高級腕時計ブ…
2018/06/21 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  BNK48ファーストアルバム「RIVER」がShopee限定発売  ↑0 ↓0
... を開始した通販サイト・Shopeeが2018年6月14日、バンコク都内のショッピングセンター ... 不法就労等のタイ人摘発のニュース、山梨で男女9人と東京で女1人.
2018/06/15 03:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  全裸で買い物 タイ人若者3人に罰金  ↑0 ↓0
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は13日、バンコク北郊ノンタブリ県のコンビニエンスストアで裸で買い物をしたとして、タイ人の男3人(25、26、27)に公然 ...
2018/06/14 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  タイのシン・エステート、4カ国のホテル6軒買収 3.1億ドルで  ↑0 ↓0
取得したのは▽アウトリガー・フィジー・ビーチリゾート(フィジー)▽キャストアウェイ・アイランド(フィジー)▽アウトリガー・ラグーナ・プーケット・ビーチリゾート( ...
2018/06/13 23:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
top.tsite.jp  「少女時代」テヨンのバンコクコンサート、タイの有名授賞式で「ベストアジアコンサート賞」受賞  ↑0 ↓0
韓国ガールズグループ「少女時代」テヨンのソロコンサートがタイで“アジア最高のコンサート”に選定された。 「TAEYEON solo concert “PERSONA” in ...
2018/05/17 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  スクムビット26のコンビニ前で発砲、タイ人男性けが  ↑0 ↓0
【タイ】テレビ報道によると、12日夜、バンコク都心のソイ・スクムビット26通りのコンビニエンスストア前でタイ人男性(45)が銃で足を撃たれけがをした事件で、タイ ...
2018/05/16 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  ますます日本化するバンコクのコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
以前も総菜コーナーを設け、日本式のカレーなどを購入できるブースがあったが、雰囲気を変えて、ほかとは違うファミリーマートに大変身している。そのファミリーマートの目の前にはセブンイレブンがあり、バンコク中心地のコンビニは、各社日本料理を武器に戦っているようである。ますますバンコクは日本人にとって暮らしやすい ...
2018/02/26 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  VISAカード、セブン全店で利用可能に  ↑0 ↓0
クレジットカード大手VISA(ビザ)傘下のVISAタイランドは20日、タイ国内のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」の全店で、VISAカードが利用できるようになったと発表した。21日付ネーションが報じた。 VISAは、タイ国内でセブン―イレブンを展開するCPオ… 関連国・地域: 中国/タイ. 関連業種: IT・通信/金融・保険/ ...
2018/02/22 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
出島  「しゃぶしゃぶ温野菜」 バンコクに初進出 日本食レストラン競争激化へ  ↑0 ↓0
タイ人渡航者はタイの出入国カードの記入が不要に? 2017年9月20日 · 2017年末の旅行先はバンコクが1番人気!Expedia調べ. 2017年11月29日 · 阪急うめだ本店で「アジアフェア2017」開催. 2017年7月10日 · タイの人気キャラクターたちが日本へ!「タイキャラ・トーキョー ポップアップストア」開催. 2017年7月6日.
2018/02/19 16:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
毎日新聞  宗教批判をエンターテインメントで バンコクの「B-floor Theatre」が来日公演  ↑0 ↓0
ストアハウスコレクション タイ週間-ワタシを踊る-」が21~25日、東京・上野ストアハウスで開催される。今回はバンコクを中心に世界で活躍するティラワット・ムンウィライ率いる「B-floor Theatre」が来日する。これまで韓国や台湾などの作品を積極的に紹介してきた上野ストアハウスの木村真悟代表は「舞踏の要素がある ...
2018/02/05 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ローソン、首都出店に再注力 サービス拡充で200店体制へ弾み  ↑0 ↓0
タイでコンビニエンスストア「ローソン108」を展開するサハ・ローソンは1月31日、バンコクの地下鉄スティサン駅近くにタイ100店目を開設した。バンコク中心部での地上店の出店は約2年ぶり。カフェなど新サービスを導入したプロトタイプ店で、今年は同店舗をモデルにバンコク中心… 関連国・地域: タイ/日本. 関連業種: 商業・ ...
2018/02/01 04:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
store.kadokawa.co.jp  JALシティガイドマップ バンコク  ↑0 ↓0
JALシティガイドマップ バンコクをお探しならカドカワストア。KADOKAWA公式オンラインショップならではの豊富な品揃え!今なら送料無料。
2018/01/12 13:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  バンコク保険、セブンで旅行保険を販売  ↑0 ↓0
タイのバンコク銀行系の損害保険会社バンコク・インシュランスは、大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループが運営するコンビニエンスストア「セブン―イレブン」で海外旅行保険を販売する。同保険の収入が現行比15%増加すると期待する。10日付バンコクポストが報じた。 CP… 関連国・地域: タイ. 関連業種: 金融・保険/ ...
2018/01/11 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
chara-ani.com  白竜LEGEND バンコクドラゴン編 1 [Gコミックス]  ↑0 ↓0
書籍: 白竜LEGEND バンコクドラゴン編 1 [Gコミックス],アニメ、ゲーム、アイドル関連商品のオンラインストア。フィギュアやグッズなど当店限定の商品や特典いっぱい! 無料会員登録で会員価格や会員限定セールに参加! 送料無料キャンペーンやブックカバーサービスを実施中!
2017/12/09 16:34 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  工場従業員送迎バスがコンビニに突っ込む タイ中部アユタヤ  ↑0 ↓0
【タイ】タイのテレビ報道によると、10日朝、中部アユタヤ県で、工場従業員の送迎バスが道路沿いのコンビニエンスストアに突っ込んで前部が大破し、乗客のタイ人 ...
eczine.jp  訪日ラボ、インバウンド向けのメディアが一目で分かるカオスマップを公開  ↑0 ↓0
それぞれに「訪日英語圏向け」「訪日中国人向け」「訪日台湾・香港人向け」「訪日タイ人向け」として、ターゲットごとに分類したサービスを網羅的にリストアップし、 ...
2017/07/19 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 サービス 網羅的 ターゲット マップ メディア カオス Tweet
nna.jp  アップル旗艦店、アイコンサイアムに設置へ  ↑0 ↓0
米アップルは、タイの首都バンコクで来年の開業を見込む複合施設「アイコンサイアム」内に「アップルストア」の旗艦店を設置する計画だ。15日付バンコクポストが ...
2017/07/18 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 アップル バンコク サイアム アイコン ポスト ストア Tweet
news.nifty.com  アップルストア、来年にもアイコンサイアムにオープンか  ↑0 ↓0
米アップルが、来年にもタイ国内に直営店「アップルストア」を現在バンコク都内に建設中のショッピングセンター「アイコンサイアム」にオープンするとの噂が ...
winnydworek.pl  クロムハーツ コピー バンコク his  ↑0 ↓0
可愛い 【新作入荷】、クロムハーツ コピー バンコク his、クロムハーツ コピー 判別 特価低価!オンラインストア購入する.
2017/04/25 07:27 da:- facebook:0 twitter:0 コピー バンコク ストア オンライン Tweet
theatrespirale.com  クロムハーツ コピー バンコク his  ↑0 ↓0
最も安い価格で綺麗な、クロムハーツ コピー バンコク his、クロムハーツ ウエストバッグ コピー vba 人気満点の関連商品豊富に取揃!オンラインストア購入する.
2017/04/20 20:58 da:- facebook:0 twitter:0 コピー バンコク ストア オンライン ウエスト バッグ Tweet
グローバルニュースアジア  タイのニュース  ↑0 ↓0
グリコはタイ国内で生産しており、パッケージそのもにタイ語が印字されている。 ... そして、2017年に入り、順次バンコク近郊のコンビニエンスストアでも、販売が開始 ... 在住日本人だけでなくタイ人にも高評価で、入荷すると即完売という状態が2016年 ...
hoop.pl  バンコク モンクレール コピー  ↑0 ↓0
SALE特価品、バンコク モンクレール コピー、モンクレール ダウンベスト スーパーコピー miumiu、オンラインストア購入する 野球 激安 大ヒットSALE!
2016/12/19 20:50 da:36 facebook:0 twitter:0 コピー レール モンク バンコク ヒット ストア Tweet