0.94016289710999

Vietnam

nna.jp  多言語スマホ貸し出し、シャープが実習生に  ↑0 ↓0
... 【共同】シャープは24日、外国人技能実習生を受け入れている企業向けに、多言語対応のスマートフォンを貸し出すサービスを6月下旬に始めると発表した。
出島  ベトナムEC市場 ファッションがオンラインショッピングを牽引  ↑0 ↓0
Eコマースがベトナムで急成長し、ショッピング好きの人たちは、自らの足でいくつもの店を歩き回ることから、コンピュータやスマートフォンを使用し、家でゆったり ...
nna.jp  ASUS、スマホ「ゼンフォン5」を発売  ↑0 ↓0
台湾の電子機器メーカー、エイスース(ASUS)の現地法人エイスース・ベトナムが、新型スマートフォン「ZenFone(ゼンフォン)5」を25日に発売する。21日付 ...
2018/05/23 00:10 da:- facebook:0 twitter:0 スマホ メーカー スマートフォン Tweet
nna.jp  VNPT、カントー市をスマートシティー化  ↑0 ↓0
ベトナム南部カントー市人民委員会と国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)は21日、2025年までの同市のスマートシティー(環境配慮型都市)化に関する協力 ...
2018/05/23 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 スマート シティー グループ Tweet
tocana.jp  【閲覧注意】人がいると知らず“車の窓”でブラを直し、鼻くそをほじくる美女を激写! カメラが監視する時代の ...  ↑0 ↓0
現代を生きる私たちは、常に「見られている」ことを意識すべきだろう。というのも、近年はスマートフォンのカメラや監視カメラが普及し、知らぬ間に恥ずかしい姿を ...
2018/05/16 20:03 da:- facebook:- twitter:- カメラ 鼻くそ 私たち スマートフォン Tweet
dreamnews.jp  2018年6月6日(水)にホーチミンにおいて 日系製造業向けAI(人工知能)活用セミナー&懇親会を開催!  ↑0 ↓0
ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリ及びAI(人工知能)事業を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)は、6月6日(水)に ...
sankeibiz.jp  ベトナムEC市場、年35%成長 20年までに取引総額100億ドル  ↑0 ↓0
ベトナムは、電子商取引(EC)市場が急成長している。背景には、インターネット利用の急増、スマートフォン保有率の上昇、小売り大手のネット通販事業への大 ...
2018/05/14 05:15 da:- facebook:0 twitter:0 商取引 インターネット スマートフォン 小売り ネット Tweet
sankeibiz.jp  ベトナムEC市場、年35%成長 20年までに取引総額100億ドル  ↑0 ↓0
造花売り場でスマートフォンを操作する女性店員ら。ベトナムではEC市場が急拡大している=首都ハノイ(ブルームバーグ) ...
2018/05/14 05:15 da:- facebook:0 twitter:0 売り場 スマートフォン ハノイ ブルームバーグ Tweet
sankeibiz.jp  ベトナムEC市場、年35%成長 20年までに取引総額100億ドル  ↑0 ↓0
造花売り場でスマートフォンを操作する女性店員ら。ベトナムではEC市場が急拡大している=首都ハノイ(ブルームバーグ). Tweet ...
2018/05/14 05:15 da:- facebook:- twitter:- 売り場 スマートフォン ハノイ ブルームバーグ Tweet
nna.jp  小米、新型スマホ2モデルを投入  ↑0 ↓0
北京小米科技(小米、シャオミ)が今週に入り、新型スマートフォン2モデルをベトナムに投入した。ともに人工知能(AI)を用いた機能を搭載している。ベトナム・ ...
2018/05/11 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 モデル スマホ スマートフォン Tweet
nna.jp  住商のスマート都市、計画書を受理=地元紙  ↑0 ↓0
ベトナムの地元紙はこのほど、ハノイ市人民委員会が、住友商事とベトナム企業4社が同市で計画するスマートシティー(環境配慮型都市)開発案件に関する計画書を受理したと報じた。 報道によると、スマートシティーは、ニャッタン橋の北側に位置するドンアイン郡のハイボイ村とビ… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: ...
2018/05/09 00:07 da:- facebook:- twitter:- スマート シティー このほど ハノイ Tweet
newsclip.be  オリンパス、中国のデジカメ工場操業停止 ベトナムに集約  ↑0 ↓0
【中国】オリンパス(東京都新宿区)は7日、中国深センの子会社でデジタルカメラを製造するオリンパス(シェンゼン)インダストリアルの操業を停止すると発表した。 スマートフォンの普及によるデジタルカメラ市場の縮小で稼働率が低下。設備の老朽化も進み、競争力の維持が困難と判断した。 デジタルカメラの生産は今後、 ...
時事ドットコム  カメラ生産、中国から撤退=ベトナムに集約-オリンパス  ↑0 ↓0
オリンパスは7日、中国・深セン市にあるデジタルカメラ工場の操業を同日停止したと発表した。スマートフォン普及による市場縮小や、設備の老朽化を受け、デジタルカメラと関連製品の生産をベトナムの工場に集約する。 深センの工場は1994年に稼働し、近年は主に交換レンズを生産してきた。約1800人いる従業員は契約を ...
日本経済新聞  オリンパス、中国のデジカメ関連生産から撤退 ベトナムに集約  ↑0 ↓0
オリンパス(7733)は7日、中国でのデジタルカメラ関連製品の生産から撤退すると発表した。スマートフォン(スマホ)の普及によるデジカメ市場の縮小を受け、中国の生産子会社の操業を停止。生産拠点をベトナムに集約し、効率化を図る。撤退に伴う一時費用を連結決算に計上する見込みで、影響額は現在精査中という。
nna.jp  ベトナムのスマホメーカー、インドに進出  ↑0 ↓0
ベトナムのスマートフォンメーカー、モビスターは、5月下旬にインドに進出する計画だ。組み立てを開始するとともに、同国に海外事業の本社機能を移す。エコノミック・タイムズ(電子版)が3日伝えた。 地場企業と生産委託で提携した。既に試験生産を始めているという。価格帯6,… 関連国・地域: ベトナム/インド. 関連業種: IT・ ...
labornetjp.org  外交部、ベトナム大使にサムスン役員任命で議論  ↑0 ↓0
外交部がサムスンのスマートフォン輸出を担当してきた役員を駐ベトナム韓国大使に任命したことで議論になっている。 国際人権団体は「利害相反を含む不適切な人事」として撤回を要求した。 問題になった人物は、サムスン電子常務のキム・ドヒョン氏で、 最近までサムスン電子無線事業部(スマートフォン機器)欧洲・CIS輸出 ...
2018/05/02 11:37 da:- facebook:0 twitter:0 サムスン スマートフォン 国際人 不適切 Tweet
jetro.go.jp  ASEANスマートシティネットワークに参加するベトナムの3都市発表  ↑0 ↓0
シンガポールのリー・シェンロン首相は4月25日、ASEAN議長国として同国が提案する「ASEANスマートシティネットワーク」に参加する都市として、ベトナムのハノイ、ホーチミン、ダナンの3都市を指名したことを明らかにした。 ASEANスマートシティネットワークの構築は、シンガポールがASEAN議長国として2018年、実現したい ...
enterprisezine.jp  Epicorソフトウェアが日本ビジネスを本格化、工場運営を支えるERPソリューションをFPTソフトウェアから ...  ↑0 ↓0
FPTソフトウェアは、CMMIレベル5、ISO 27001:2013、A-SPICEレベル3の認定を取得しており、日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ベトナム、アジア太平洋諸国など世界21か国におけるデリバリーセンターより、スマートファクトリー、デジタルプラットフォーム、RPA、AI、IoT、エンタープライズモビライゼーション、 ...
sp.live2.nicovideo.jp  ベトナム ダナン ごはん  ↑0 ↓0
CLOSEDタイムシフトで公開中. コミュニティ. ベトナム ダナン ごはん. 2018/04/26(木) 開演: 10:54 (00時間09分). 16; 13. Twitter Facebook LINE. この番組はアプリ視聴非対応番組です. もっと見る. あーちの放送です. 絶えるまで絵を描く. フォローする. 一般(その他) · 顔出し · スマートフォン配信. PAGE TOPPC表示に ...
2018/04/26 11:20 da:- facebook:0 twitter:0 ダナン ごはん タイム シフト コミュニティ Twitter Tweet
nna.jp  ホーチミン市、再生可能エネ事業を推進  ↑0 ↓0
ホーチミン市は、風力発電や太陽光発電といった再生可能エネルギー事業を推進していく方針だ。市内で先週開かれたスマートシティー化に関するセミナーで明らかになった。国営ベトナム通信(VNA)が伝えた。 ホーチミン市は、市内の電力のうち、風力発電が占める割合を2020年ま… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
nna.jp  ノキアの新スマホ、テーゾイで販売  ↑0 ↓0
ノキア(フィンランド)の通信端末のブランド使用権を有するHMDグローバルが18日、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン「ノキア6ニュー」「ノキア7プラス」の2機種をベトナムで発売した。19日付トイバオキンテー電子版が報じた。 ベト… 関連国・地域: ベトナム/欧州. 関連業種: IT・通信.
nna.jp  FPT、ダナンのスマートシティー化に協力  ↑0 ↓0
ベトナムのIT最大手FPTと中部ダナン市人民委員会が19日、同市のスマートシティー化に協力する覚書に調印した。19日付ダウトゥ電子版が報じた。 覚書は2018~20年を実施期間としており、交通・運輸に関するポータルサイト、農業・地方開発に関するポータルサイトの作成に協力… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・ ...
2018/04/23 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 ダナン スマート シティー ポータル サイト 最大手 Tweet
日本経済新聞  ベトナムIT大手FPT、ダナンをスマート都市に  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナムのIT(情報技術)最大手、FPTは同国第3の都市、ダナンをスマートシティー(環境配慮型都市)にする事業を始める。ITを使い、交通、農業、医療、エネルギーなど幅広い分野で効率化を進める。同市は国際会議の開催地やリゾート地として知名度が上がっており、事業が順調なら海外を含め、同様の ...
2018/04/20 23:03 da:- facebook:0 twitter:0 ダナン スマート ハノイ 最大手 シティー エネルギー Tweet
Reuters  東南アジア株式・引け=シンガポール反落、マニラは反発  ↑0 ↓0
[20日 ロイター] - 東南アジア株式市場はシンガポールが反落して引けた。アジア全般でハイテク株が売られたのに追随した。一方、今週売り込まれていたマニラは反発して取引を終えた。 台湾積体電路製造(TSMC)がスマートフォン需要減退を予想したのを受け、MSCIアジア太平洋株指数(日本除く)は1.2%安。
2018/04/20 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 東南アジア マニラ アジア ロイター 株式市場 ハイテク Tweet
nna.jp  ロッテ、HCM市でスマート都市の着工準備  ↑0 ↓0
韓国ロッテグループ傘下のロッテ・アセット・デベロップメントは、ホーチミン市2区のトゥーティエム新都市区内の複合地区「エコ・スマートシティー」の着工に向け準備を進めている。月内に縮尺500分の1の詳細計画案を市人民委員会に提出する予定だ。17日付ダウトゥ電子版などが報… 関連国・地域: 韓国/ベトナム.
newsclip.be  タイ水かけ祭り中にすり カンボジア人とベトナム人逮捕  ↑0 ↓0
【タイ】タイ警察は17日、カンボジア人の男(36)と女(32)、ベトナム人の男(29)を窃盗、不法滞在などの容疑で逮捕し、盗品とみられるスマートフォン25台、米ドル、中国人民元、タイバーツなどの現金、ナイフ7本などを押収したと発表した。 ソンクラン(水かけ祭り、タイ正月)連休中の13日から16日にかけ、バンコク都内の ...
nna.jp  ワンテク、日本ビジネス能力認定アプリ提供  ↑0 ↓0
ベトナムでオフショア開発を手掛けるワンテクノロジー・ジャパン(川崎市)と同社のベトナムパートナー企業、ワンテック・アジア(ホーチミン市)は6日、日本ビジネス能力認定協会(東京都港区)のスマートフォン向け公式アプリを日本とベトナムでリリースした。 今回リリースし… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: IT・通信.
lnews.jp  アドテックプラズマ/3.18億円投じ、ベトナムに工場建設  ↑0 ↓0
アドテックプラズマテクノロジーは4月6日、子会社である Phuc Son Technology(PST)で、工場建設と用地を賃借することとPSTへの増資について決議したと発表した。 同社は、半導体・液晶関連市場において、スマートフォン等向けの成膜装置メーカー、IoT 機器の普及などによる半導体製造装置メーカーの設備投資は ...
nna.jp  ゼネラリ、保険の権利行使補助アプリを発表  ↑0 ↓0
イタリアの保険大手ゼネラリの現地法人ゼネラリ・ベトナム生命(GVL)はこのほど、保険契約者の権利行使を補助するスマートフォン用アプリ「GenClaims」を発表した。2日付インフォマネーが報じた。 保険契約者はこのアプリを利用することで、ゼネラリの営業所に出向… 関連国・地域: ベトナム/欧州. 関連業種: 金融・保険.
bcm.co.jp  NTT東日本が、ベトナムの公営デベロッパー「BECAMEX IDC Corp.」とビンズオン省のスマートシティー化 ...  ↑0 ↓0
ベトナムでは近年、各自治体がスマートシティー化を目指した取り組みを進めている。ベトナム最大の都市であるホーチミン市に隣接するビンズオン省でも、各国自治体による経済開発を目的としたブロードバンドと情報技術の利用に焦点を当てた調査をもとにインテリジェント自治体の表彰を毎年行っている国際的非営利組織 ...
nna.jp  NTT東、ベカメックスとICTで協力  ↑0 ↓0
NTT東日本は26日、南部ビンズオン省の公営デベロッパーである工業投資開発公社(ベカメックスIDC)と、ビンズオン省のスマートシティー化の早期実現に向けた通信・ICT(情報通信技術)分野における協力覚書を締結した。 具体的には相互に戦略的パートナーとして、都市開… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: IT・ ...
japan.hani.co.kr  国連、サムスン電子に「内部告発したベトナム労働者いじめるな」  ↑0 ↓0
国連(UN)がサムスン電子がベトナム現地工場の劣悪な労働環境を外部に知らせた内部告発者たらを脅していることに対し、憂慮を表明した。 22日、国連人権高等弁務官事務所のホームページによると、国連人権専門家たちは、サムスン電子のベトナム現地スマートフォン製造工場2カ所で、女性労働者と労働運動家らが劣悪 ...
nna.jp  地場バックコア、スマホ新モデルの発売延期  ↑0 ↓0
ベトナムのインターネットセキュリティー大手バックコア(Bkav)が、2018年第1四半期(1~3月)に予定していた、国産スマートフォン「ビーフォン(Bphone)」の新型モデルの発売を延期することが分かった。21日付トイバオキンテー電子版が報じた。 Bkavは発売延… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信. この記事は該当 ...
nna.jp  日越通訳アプリ、沖縄企業が開発  ↑0 ↓0
スマートフォンアプリやウェブシステム開発のmitolab(ミトラボ、沖縄県浦添市)は20日、日本語とベトナム語間のオンライン通訳アプリを開発したと発表した。アップルの「アップストア」から無料でダウンロードできる。 mitolabが開発した「JellyTalk(ジェリートーク)」は、通訳… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: IT・通信.
PR TIMES  FPTソフトウェア、GEデジタルアライアンスプログラムに参加し、公認リセラーへ、ベトナムにおける産業用 ...  ↑0 ↓0
本アカデミックアライアンスの一部として、FPT大学はデジタルツインおよびエッジツークラウドコンピューティングの最先端に注力し、より迅速かつスマートにアプリケーションを構築できる認定学生を育成する認定インストラクターを養成することを目指しています。FPT大学とGEデジタルの教育協力は、ベトナム国内の労働力の総合 ...
nna.jp  HCM市、3年で全域をスマートシティー化  ↑0 ↓0
ホーチミン市は、2020年までに市内全域をスマートシティー化する計画をまとめる。市人民委員会のチャン・ビン・トゥエン副主席が16日、自身がトップを務めるスマートシティー管理委員会の会合で明らかにした。19日付ベトナムプラスが報じた。 まず1区、12区、2区トゥーティエム… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
2018/03/21 00:00 da:- facebook:- twitter:- スマート シティー ホーチミン チャン トップ 明らか Tweet
nna.jp  スマホカメラの韓ナムガ、越法人の持分取得  ↑0 ↓0
スマートフォン用のデュアルカメラなどを製造する韓国のナムガは16日、ベトナム法人のナムガ・フート・テクノロジーの持ち分を取得すると発表した。 ナムガが保有している1,500万米ドル(約15億8,935万円)相当の債権を株式化(デット・エクイティ・スワップ)し、ベトナム法人の… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: IT・ ...
nna.jp  中国の華為、「オーナー」のスマホ発売  ↑0 ↓0
中国の通信設備・機器大手、華為技術(ファーウェイ)はこのほど、ベトナムで「Honor(栄耀、オーナー)」ブランドのスマートフォンを発売した。2020年までにベトナム市場で米アップル、韓国サムスン電子と並ぶ3大スマホブランドを目指す。 18日付ベトナム・インベストメン… 関連国・地域: 中国/韓国/ベトナム/米国 中国/ ...
HOTNAM!  アマタ、ハロン市で開発プロジェクト  ↑0 ↓0
計画投資省との協力で3月8日にハノイで開いた座談会「スマートシティと将来のビジョン」でタイAmataグループは、ベトナム北部での投資拡大戦略を進めていることを ... 現在Amataはベトナムで大きな投資を行っており、Dong Nai省でのAmata City Bien HoaとLong Thanhでの工業・都市区の2つのメインプロジェクトがある。
2018/03/19 15:56 da:- facebook:0 twitter:0 プロジェクト ハロン ハノイ 座談会 スマート シティ Tweet
recordchina.co.jp  韓国企業が「自国を離れて事業をする理由」とは?―韓国ネット  ↑0 ↓0
記事によると、スマートフォンや自動車電装部品用カメラモジュールを生産するM社は最近、ベトナムのニンビン地域に1万8000平方メートル規模の第2工場を完成させた。完工式にはベトナム政府関係者をはじめ、50以上に及ぶ協力会社の関係者など数百人が参加したとされる。これに先立ちM社は2013年にベトナムに初進出 ...
japanese.joins.com  「韓国、規制のせいで魅力落ちる」…企業の海外雇用は毎年9%増加(1)  ↑0 ↓0
スマートフォンや自動車電気装置部品用カメラモジュールを生産するM社は最近、ベトナム・ニンビン省地域に1万8000平方メートル規模の第2工場を完工した。完工式にベトナム政府側要人から50社の協力会社関係者まで数百人が参加した。この会社は先立って2013年、同地域に5万9000平方メートルの生産基地を建て ...
2018/03/16 08:25 da:- facebook:0 twitter:0 スマートフォン 自動車 カメラ モジュール 関係者 Tweet
日本経済新聞  アマゾン、ベトナム進出へ  ↑0 ↓0
ネット通販世界大手、米アマゾン・ドット・コムがベトナムに進出する準備に入った。1億人近い人口を持ち、スマートフォン(スマホ)が普及した同国はネット通販がこれから急拡大するのは確実で、2020年には市場規模が1兆円に達するとの試算もある。環太平洋経済連携協定(TPP)に参加するベトナムは商品の調達先としても ...
2018/03/14 19:06 da:- facebook:0 twitter:0 アマゾン ネット ドット スマートフォン スマホ 太平洋 Tweet
nna.jp  コージー、地場BTLに出資でEC参入へ  ↑0 ↓0
ベトナムのコージー・グループ(本社・ハノイ市カウザイ区)が、地場BTLテクノロジー社に45%出資し、電子商取引(Eコマース、EC)分野を開拓することを決めた。12日付ダウトゥ電子版が報じた。 BTLを通じた新事業は、スマートフォン用アプリ「Faby――ファッション… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信. この記事は ...
nna.jp  韓国サムスンの新型スマホ、16日発売へ  ↑0 ↓0
韓国サムスン電子は、16日にベトナムで新型スマートフォン「ギャラクシーS9」「S9+」を発売する予定だ。価格は1,999万ドン(880米ドル、約9万3,000円)から。5日付ダウトゥ電子版が報じた。 現地法人サムスン・ベトナムによれば、ベトナムは同機種がいち早く発売される国の… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: IT・ ...
2018/03/07 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 サムスン スマホ スマートフォン ギャラクシー 米ドル Tweet
nna.jp  韓国通信KT、ベトテルに技術提供  ↑0 ↓0
韓国の通信大手KTは、ベトナムの携帯電話キャリア最大手のベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)にスマートフォン関連のソリューションの提供を開始した。4日付イートゥデイが伝えた。 KTが提供するのはIP―PTT(IPネットワークを利用した、プッシュ・トゥ・トーク)… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: IT・通信.
newspicks.com  【ベトナム】サムスンの新型スマホ、50%を越で生産[IT]  ↑0 ↓0
【ベトナム】サムスンの新型スマホ、50%を越で生産[IT] 韓国サムスン電子の現地法人、サムスン・ベトナムが、まもなく発売される新型スマートフォン「ギャラクシーS9」「S9+」の世界生産のうち50%余りをベトナムで生産する。26日付ダウトゥ電子版が報じた。すで...
2018/02/28 02:16 da:- facebook:0 twitter:0 サムスン スマホ スマートフォン ギャラクシー Tweet
japan.cnet.com  多言語リアルタイム映像通訳サービス「ライブ通訳」を提供開始!  ↑0 ↓0
スマートフォン向けのサービスを手掛ける株式会社ビジュアルワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役:落水恒一郎)は、多言語コンタクトセンターを運営する株式会社インバウンドテック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:東間 大、以下インバウンドテック)からOEM提供を受け、タブレット・スマートフォンなどから利用 ...
nna.jp  住商のスマートシティ開発、投資認可まだ  ↑0 ↓0
住友商事は21日、NNAに対し、一部で報道されたハノイでのスマートシティ(環境配慮型都市)開発について「開発を検討していることは事実だが、投資認可は下りていない」と説明した。 報道では、住友商事や三菱重工業など20社以上と経済産業省が参画し、日本の官民が一体となっ… 関連国・地域: ベトナム/日本.
2018/02/22 00:00 da:- facebook:- twitter:- スマート シティ ハノイ 三菱重 経済産業省 Tweet
出島  日本の官民20社がベトナムで「スマート都市」を建設 4兆円超の日本最大の海外事業へ  ↑0 ↓0
東南アジアの中でも経済成長が著しいベトナムで、日本の官民の協力のもと、最先端技術を結集したスマートシティが2023年までに建設される。 この記事の続きを読む. この自動運転バスや、IT(情報技術)を活用した省エネルギー機器を備えた都市の建設には、日本政府(経済産業省)を始め、住友商事、三菱重工、東京メトロ ...
出島  ベトナム 「風力発電プロジェクト」に活気 産業の発展及び電化製品使用の増加を受け  ↑0 ↓0
... 「ベトナム電力開発計画」を推し進めるベトナムで、風力発電事業が活気を帯びている。 この記事の続きを読む. 現在同国は、急激な経済成長に伴う産業分野の電力、そして家電やスマートフォンなどの電気製品を使用する人の増加を受け、電力需要の伸びに、供給能力が追い付いていない状況となっている。 そんな中、再生 ...
2018/02/15 10:41 da:- facebook:- twitter:- プロジェクト スマートフォン 電気製品 Tweet
日本経済新聞  ベトナムにスマート都市 官民で中国に対抗  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】日本の官民がベトナムで最先端技術を結集したスマートタウン(総合2面きょうのことば)を建設する。自動運転バスや、IT(情報技術)を活用した省エネルギー機器を備えた街を2023年までに完成させる。住友商事、三菱重工業など20社以上と経済産業省が参画。交通渋滞や大気汚染に悩むアジア各国に新た ...
2018/02/15 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 スマート ハノイ 最先端 タウン きょう ことば Tweet
newspicks.com  ベトナムに先端スマート都市 住商・三菱重など  ↑0 ↓0
事業規模4兆円とは、かなり規模が大きい。ハノイの北15分ということはどちらかというと空港の方だろうか? ハノイの中心部は渋滞が一層激しくなっていくだろうし、新しく作るという観点では、ここ自体で職住接近した環境になるような産業政策も併せて進むと面白いと思う。 03. Likes. 新規登録 ・ ログインしてすべてのコメントを ...
2018/02/15 06:21 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ スマート 三菱重 ログイン コメント Tweet
日本経済新聞  ベトナムに日の丸スマートタウン 住商・三菱重など  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】日本の官民がベトナムで最先端技術を結集したスマートタウンを建設する。自動運転バスや、IT(情報技術)を活用した省エネルギー機器を備えた街を2023年までに完成させる。住友商事、三菱重工業、東京地下鉄(東京メトロ)など20社以上と経済産業省が参画。事業規模は4兆円近く、日本企業が中心となっ ...
2018/02/14 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 スマート タウン 三菱重 日の丸 ハノイ 最先端 Tweet
nna.jp  スマホ3.5万台に不正アプリ 情報漏えいの恐れ、企業に打撃も  ↑0 ↓0
スマートフォンの普及が進むベトナムで、不正アプリ(スマホウイルス)が拡散している。なかでも、会員制交流サイト(SNS)フェイスブックの認証情報を窃取する「ゴーストチーム(GhostTeam)」の拡散が続いており、地場インターネットセキュリティー会社は国内のスマホ3万5,0… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: IT・ ...
2018/02/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- スマホ アプリ 漏えい スマートフォン ウイルス サイト Tweet
dreamnews.jp  【ABIリサーチ調査報告】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア ...  ↑0 ↓0
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【PT:アプリケーション分析レポート】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ王国、ベトナム」は、いくつかの主要企業、主要なイニシアチブ、バリューチェーンのさまざまな企業への提言を取り上げ、東南アジアのスマートシティを概観して ...
nna.jp  電機アサンゾ、スマホ生産を拡大  ↑0 ↓0
ベトナムの電機メーカー、アサンゾ・ベトナムは今年、2,000億ドン(880万米ドル、約9億6,500万円)を投じてスマートフォンの生産を拡大する。四半期ごとに新製品を投入し、通年で60万~70万台の販売を目指す。2日付VNエクスプレスが報じた。 同社のファム・バン・タム会長によ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信.
ASEAN PORTAL  ベトナムとサイバーセキュリティ・電波監視・スマートシティで協力  ↑0 ↓0
日本の総務省は、ベトナム情報通信省と「第1回日ベトナムICT共同作業部会」をベトナムの首都ハノイで1月25日に開催した事を発表した。 日本政府とベトナム政府間では、2017年3月に高市総務大臣(当時)とベトナムの情報通信大臣が両国間における協力関係を更に発展させる事などを目的として、作業部会を設置することに ...
2018/01/29 11:33 da:- facebook:- twitter:- サイバー セキュリティ スマート シティ 総務省 第1回 Tweet
soumu.go.jp  第1回日ベトナムICT共同作業部会の開催結果  ↑0 ↓0
平成30年1月25日、ベトナム情報通信省との間で、第1回「日ベトナムICT共同作業部会」(於:ハノイ)を開催しました。日本からは髙木国際戦略局 ... 総務省及びベトナム情報通信省は、サイバーセキュリティ、電波監視及び スマートシティの各分野における日越間の協力について、協議を行いました。 (1)サイバーセキュリティ ...
2018/01/26 14:26 da:- facebook:0 twitter:0 第1回 サイバー セキュリティ ハノイ 総務省 スマート Tweet
nna.jp  医師紹介アプリ会社、医療センターと提携  ↑0 ↓0
医療専門職と利用者とをつなぐベトナムのスマートフォン向けアプリを運営するEドクターは23日、ホアハオMEDIC医療センターとの間で、戦略提携する覚書に調印した。トイバオ・タイチン電子版が報じた。 Eドクターは国内医療分野の先駆け的スタートアップ企業で、アプリを通… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信/ ...
sankeibiz.jp  【データで読む】ベトナム 外資参入への期待が株価押し上げ  ↑0 ↓0
世界的な好景気により、東南アジアで株価が上昇している。中でも、ベトナムは2016年初めから株価が上昇基調となり、17年秋以降にその動きが加速した。ベトナムで生産する韓国サムスン電子のスマートフォンなどの輸出が堅調なことに加え、17年11月には乳業最大手の国営企業、ビナミルクの株式がシンガポール企業に ...
2018/01/22 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 データ 押し上げ 世界的 好景気 東南アジア サムスン Tweet
読売新聞  バイタリフィ、AI(人工知能)を搭載した 追客型チャット「FirstContact」をリリース  ↑0 ↓0
ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)は、この度AI(人工知能)技術及びプッシュ通知技術を使った追客型AIチャットサービス「FirstContact」を、2018年1月に販売を開始しました。既に5社にテスト導入しています。 ベトナムオフショア開発や ...
nna.jp  国内初のコーティング肥料工場、南部で開所  ↑0 ↓0
ベトナム南部チャビン省に本社を置く肥料メーカー、ライナン・スマート・ファーティライザーズ(Rynan Smart Fertilizers)は13日、国内初となるコーティング肥料工場の開所式を開催した。国営ベトナム通信(VNA)が14日に伝えた。 工場は、ロンドゥック工業団地内の敷地5… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 農林・水産.
2018/01/16 00:09 da:- facebook:0 twitter:0 コーティング メーカー スマート 開所式 工業団地 Tweet
newspicks.com  【ベトナム】フォーサイド、日本の漫画を電子書籍で配信[媒体]  ↑0 ↓0
【ベトナム】フォーサイド、日本の漫画を電子書籍で配信[媒体] スマートフォン用アプリの開発などを手掛けるフォーサイドメディア(東京都中央区)は11日、ベトナム最大の電子書籍サービス「Waka(ワカ)」を通じて日本の漫画コンテンツを提供すると発表した。Wakaを運...
2018/01/15 02:08 da:- facebook:0 twitter:0 スマートフォン アプリ サービス コンテンツ Tweet
nna.jp  ハノイ、スマホ決済の駐車場を拡大  ↑0 ↓0
ハノイ市人民委員会は、試験的に実施していたスマートフォンで駐車できる場所を探したり、駐車料金を決済できるサービス(iパーキング)を、段階的に拡大すると明らかにした。11日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。 計画によると、ハノイ・パーキング社が管理する駐車スペー… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信/ ...
fnn-news.com  偽造1万円札使用でベトナム人逮捕  ↑0 ↓0
知り合いからスマートフォンを買った際に、偽の1万円札を使った疑いで、ベトナム人の男が逮捕された。 ベトナム人のチャン・テー・ハイン容疑者(25)は2017年11月、知り合いのベトナム人の男性からスマホを買った際に、偽の1万円札11枚を使った疑いが持たれている。 この偽札は、本物より色が濃く、透かしも入っていなかっ ...
2018/01/13 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 知り合い スマートフォン チャン 容疑者 スマホ 透かし Tweet
rnb.co.jp  スマホ購入に偽1万円札 ベトナム人逮捕  ↑0 ↓0
東京・池袋で、スマートフォンの購入代金として偽の1万円札11枚を使った疑いで、ベトナム人の男が逮捕された。 逮捕されたのは、ベトナム人で倉庫作業員のチャン・テー・ハイン容疑者。警視庁によると、チャン容疑者は去年11月、JR池袋駅で、SNSで知り合ったベトナム人留学生の男性からスマートフォンを購入する際に、 ...
2018/01/12 17:30 da:- facebook:0 twitter:0 スマートフォン チャン 容疑者 スマホ 作業員 警視庁 Tweet
ytv.co.jp  スマホ購入に偽1万円札 ベトナム人逮捕  ↑0 ↓0
逮捕されたのは、ベトナム人で倉庫作業員のチャン・テー・ハイン容疑者。警視庁によると、チャン容疑者は去年11月、JR池袋駅で、SNSで知り合ったベトナム人留学生の男性からスマートフォンを購入する際に、偽の1万円札11枚で支払った疑いが持たれている。偽札は色が濃く、透かしもないもので、違和感を覚えた男性が ...
2018/01/12 16:52 da:- facebook:0 twitter:0 チャン 容疑者 スマホ 作業員 警視庁 SNS Tweet
news24.jp  スマホ購入に偽1万円札 ベトナム人逮捕(東京都)  ↑0 ↓0
東京・池袋で、スマートフォンの購入代金として偽の1万円札11枚を使った疑いで、ベトナム人の男が逮捕された。 逮捕されたのは、ベトナム人で倉庫作業員のチャン・テー・ハイン容疑者。警視庁によると、チャン容疑者は去年11月、JR池袋駅で、SNSで知り合ったベトナム人留学生の男性からスマートフォンを購入する際に、 ...
2018/01/12 16:52 da:- facebook:- twitter:- スマートフォン チャン 容疑者 スマホ 東京都 作業員 Tweet
nna.jp  VNPT、ハザン省でスマートシティー事業  ↑0 ↓0
国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)はこのほど、北部のハザン省人民委員会とスマートシティー事業に関する覚書(MOU)を締結した。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が9日に伝えた。 VNPTのファム・ドゥック・ロン社長は、行政機関のIT化や公共サービスの電… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信. この記事は ...
biz.searchina.net  [ベトナム株]17年の携帯電話・部品輸出額+31.4%増  ↑0 ↓0
[ベトナム株]17年の携帯電話・部品輸出額+31.4%増 ... されているのは韓国サムスン電子のスマートフォン。2016年に同社のスマートフォン「ギャラクシーノート7(Galaxy Note 7)」が発火事故により生産・販売中止となり、ベトナムの輸出に影響を与えたが、同社は他の品目の輸出を強化したため、輸出額は回復している。
japan.cnet.com  AI(人工知能)を用いた技術検証を無償で提供 ~専門知識不要でAIアプリ導入時の効果を確認可能に~  ↑0 ↓0
ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(本社:ベトナム国ホーチミン市、代表:櫻井岳幸)は、ベトナム・オフショア開発環境でのAI(人工知能)アプリケーション開発サービス『Mobile AI Lab』において、AIを用いた技術 ...
nna.jp  中国の小米、ホーチミン市に委託販売店  ↑0 ↓0
販売は提携先の地場家電販売大手デジワールドが担う。トイバオ・タイチン電子版が報じた。 Miストアではスマートフォンのほか、発光ダイオード(LED)デスクライトやロボット掃除機、空気清浄機などの家電製品も販売する。シャオミのワン・シャン副会長は、ベトナムは大きな潜在力のある市場と評価し、Miストアで同社の先進 ...
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業をクライアントとするアフィリエイト広告事業を、シンガポールでは東南アジア各国の企業を顧客対象とするスマートフォン向けアドネットワークサービス事業をそれぞれ展開し ...
日本経済新聞  ベトナム経済成長率6.8%増 17年、製造業が好調  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】ベトナム政府は27日、2017年の実質国内総生産(GDP)が6.81%増だったと発表した。08年以降10年間で最も高い水準で、政府が目標としていた6.7%も上回った。スマートフォン(スマホ)の巨大工場を2つ持つ韓国サムスン電子など製造業が14.4%増と好調だった。 その他の分野では建設がマンションや ...
nna.jp  韓国モバイル部品メーカー、第2工場が完成  ↑0 ↓0
カメラモジュールなどの生産を手掛ける韓国MCネックスは26日、ベトナム第2工場が完成したと発表した。電子新聞が伝えた。 工場はベトナム北部ニンビン省に位置している。敷地面積は1万8,000平方メートルで、スマートフォン関連部品を生産する。第2工場の稼働により、同社の月… 関連国・地域: 韓国/ベトナム.
2017/12/27 00:09 da:- facebook:0 twitter:0 モバイル メーカー カメラ モジュール スマートフォン Tweet
nikkan.co.jp  ICT ニュース  ↑0 ↓0
NTTグループは2018年1月にも、ベトナムでスマートフォン決済サービスの提供を始める。ベトナム通信最大手のVNPTグループやネットスターズ(東京都中央区)と連携し、中国・騰訊(テンセント)の決済サービスを提供する。ベトナム政府が進めるキャッシュレス化や中国人など海外観光客誘致政... 続きを読む; マイクリップ ...
nikkan.co.jp  NTT、スマホ決済で海外初進出 来月にもベトナムで提供  ↑0 ↓0
NTTグループは2018年1月にも、ベトナムでスマートフォン決済サービスの提供を始める。ベトナム通信最大手のVNPTグループやネットスターズ(東京都中央区)と連携し、中国・騰訊(テンセント)の決済サービスを提供する。ベトナム政府が進めるキャッシュレス化や中国人など海外観光客誘致政策に対応する。NTTがスマホ ...
nna.jp  ワンテクノロジー、ホテル用VRアプリ開発  ↑0 ↓0
ベトナムでのオフショア開発を手掛けるワンテクノロジー・ジャパン(川崎市)は21日、ベトナムのホテル向けに、仮想現実(VR)を使って施設を紹介するためのコンテンツ作成アプリ「スマートホテルVRキット」を開発したと発表した。 同アプリは、360度撮影ができるリコーのカメ… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: IT・ ...
the-miyanichi.co.jp  『2018年AI(人工知能)ビジネス活用』セミナー&懇親会 2月5日(月)に東京(渋谷)で開催!! ~オフショア ...  ↑0 ↓0
ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行う株式会社バイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:愛川義政)は、2月5日(月)に東京(渋谷)にてAI(人工知能)ビジネス活用セミナー及び懇親会を共同開催することに ...
nna.jp  スマホ内のアプリ、「使わない」は平均5個  ↑0 ↓0
ベトナム人はスマートフォンに平均33個のアプリを入れているが、このうち5個(15%)は一度も使ったことがない――。ベトナムでモバイル広告を手掛けるアドソタが13日に発表した、2017年第3四半期(7~9月)のモバイル広告市場に関するリポートで分かった。14日付トイバオキン… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・ ...
nna.jp  iPhoneX、予約殺到で発売前に売切れ  ↑0 ↓0
ベトナムのデジタル機器販売大手テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)は、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の購入予約が殺到し、公式発売日の8日を前に売り切れていたと明らかにした。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が11日に… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信. この記事は ...
nna.jp  サムスン、南部に家電R&Dセンター開設  ↑0 ↓0
韓国のサムスン電子はこのほど、ホーチミン市に「サムスン・ホーチミンR&Dセンター(SHRD)」を開設した。11日付電子新聞が伝えた。 SHRDは、9区のサイゴン・ハイテクパーク(SHTP)内に立地する。研究員約400人が常駐しており、洗濯機から冷蔵庫、スマートテレビ… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: 電機.
cocolo.jp  FROM OVERSEAS -VIETNAM  ↑0 ↓0
12月8日のメニュー[12.8 fri]. ベトナムニュース・ホーチミン市スマートシティ計画 国際ニュース・インド洋太平洋の新連盟 ベトナム観光地&料理・ハロン スポーツ・FIFA World Cup 2018 出場32カ国決定 ...
2017/12/08 06:43 da:- facebook:0 twitter:0 ニュース OVERSEAS メニュー ホーチミン スマート シティ Tweet
nna.jp  〔徒然サイゴン〕スマートフォンを買い換…  ↑0 ↓0
スマートフォンを買い替えようと訪れた販売店は、順番待ちが長く家に帰った。代わりにこの店のネットショップで注文したところ、1時間足らずで届けてくれた。ネット販売が伸びているとの報道があったが、超速お届けサービスには合点がいく。 買い替えたスマホはベトナムブラン… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済一般・ ...
nna.jp  タインコンタクシー、乗車時に運賃提示  ↑0 ↓0
ベトナムのティエンフォン商業傘下のタインコン・タクシーが6日、乗車時に運賃や走行ルートを提示するアプリを完成させたと発表した。6日付ダウトゥ電子版が報じた。 同社のアプリ開発責任者によれば、ウーバー、グラブなどの配車アプリと異なり、利用者はスマートフォンに同社… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信/ ...
2017/12/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- アプリ タクシー ルート 責任者 グラブ スマートフォン Tweet
PR TIMES  クラウド型介護動画研修サービス「メディパスアカデミー介護」が「マナビタ!」と統合 多言語対応+E ...  ↑0 ↓0
パソコンやスマートフォンで“いつでもどこでも学習”できるほか、 日本語はもちろんベトナム語など多言語に対応しており、外国人介護職員の研修用教材として利用できます。既にベトナムの技能実習生送り出し機関や教育機関などでの活用が始まっています。 今回、メディパスアカデミー介護が、介護動画研修教材として1,000 ...
日本経済新聞  サムスン、越にR&Dセンター  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】韓国サムスン電子はこのほど、ベトナム南部ホーチミン市に研究開発(R&D)センターを竣工した。ハノイに次いで同国2カ所目で、洗濯機、掃除機、冷蔵庫などの最新技術を研究する。投資額は約6億ドル(670億円)。同社はスマートフォン(スマホ)に続き、家電製品の生産を強化する方針で、その中核の研究 ...
2017/11/29 23:03 da:- facebook:- twitter:- サムスン R&D センター ハノイ このほど ホーチミン Tweet
nna.jp  初のレジ無しコンビニ、HCM市に登場  ↑0 ↓0
ホーチミン市1区中心部に国内初となるレジ無しコンビニエンスストアが登場した。自動販売機にスマートフォンに表示されたQRコードをかざして決済する仕組みで、運営する米系KOOTOROベトナムは来年中に市内に200店舗体制に広げる計画だ。 マックティブオイ通りに先週オープンした「トロマート」には自動販売機15台が ...
sankeibiz.jp  【データで読む】韓国の半導体輸出、ベトナム向けが牽引  ↑0 ↓0
韓国の半導体輸出は、中国でのスマートフォン(スマホ)の普及などを背景に増加基調にあったが、2017年に入り急増し、9月には単月の過去最高額を大きく更新 ...
2017/11/27 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 半導体 データ スマートフォン スマホ Tweet
newspicks.com  【ベトナム】iPhoneX  ↑0 ↓0
【ベトナム】iPhoneX、12月8日に発売[IT] 米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」について、ベトナムでの正規販売店「FPTショップ」は、12月8日に発売すると発表した。販売価格は2990万ドン(1317米ド...
nna.jp  ベトテル、ホーチミン市のスマート化に協力  ↑0 ↓0
ベトナムの通信大手、軍隊通信グループ(ベトテル)は17日、ホーチミン市が2017~20年に計画するスマートシティー化に協力することで同市人民委員会と合意した。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が20日に伝えた。… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・通信. この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれ ...
nna.jp  iPhoneX、12月8日に発売  ↑0 ↓0
米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」について、ベトナムでの正規販売店「FPTショップ」は、12月8日に発売すると発表した。販売価格は2,990万ドン(1,317米ドル、約14万8,000円)から。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が18日伝えた。 容量64ギガバイト(GB)モデルが2,990万ドン、256GB ...
jbpress.ismedia.jp  ついにベトナム戦争を“追体験”できるトランプ  ↑0 ↓0
朝市でベトナム名物の麺、ホーを売る女性。接客しながら、iPhoneなど2台のスマートフォンを交互に使い、友人らとチャットする光景は、ベトナムの経済成長を ...
2017/11/10 06:00 da:- facebook:0 twitter:0 追体験 トランプ スマートフォン チャット Tweet
nna.jp  スマホ決済、1~9月に423兆ドン  ↑0 ↓0
ベトナムでのスマートフォンを使った決済件数は、2017年1~9月におよそ9,000万件となり、金額ベースでは423兆ドン(186億3,300万米ドル、約2兆1,210億円) ...
2017/11/09 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 スマホ スマートフォン ベース 米ドル Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、スマホ利用拡大 消費者の8割電子決済志向 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
ベトナムは、消費者の約8割が現金払いよりも電子決済を好む-。そんな調査結果を米クレジットカード大手ビザが明らかにした。スマートフォンの利用拡大や多様 ...
newspicks.com  配車アプリのGrab  ↑0 ↓0
ホーチミン市税務局によると、スマートフォン向けタクシー配車・予約サービスを展開するグラブベトナム社(Grab Vietnam)は、ベトナム事業を開始...
exchangewire.jp  ベトナムデジタル広告市場の現状と課題|WireColumn  ↑0 ↓0
ベトナムのデジタル広告市場は、スマートフォンの普及や恵まれたWIFI環境(ベトナムではほとんどのカフェ・レストランなどでWIFIを無料提供)の後押しを受け、 ...
nna.jp  フーコック、初の環境配慮型都市として稼働  ↑0 ↓0
ベトナム南部キエンザン省フーコック島の郡人民委員会と国営ベトナム郵政通信グループ(VNPT)は27日、同島のスマートシティー化計画第1期を完了したと発表 ...
2017/10/31 00:00 da:- facebook:- twitter:- グループ スマート シティー Tweet
nna.jp  スマートシティー国際会議、HCM市で開催  ↑0 ↓0
ホーチミン市人民委員会は25日、スマートシティーに関する国際会議を開催した。会議はスマートシティーの建設に関する経験を分かち合い、今後の発展に向けた ...
2017/10/27 00:07 da:- facebook:- twitter:- スマート シティー ホーチミン Tweet
nna.jp  LGイノ、ベトナムでカメラモジュール生産  ↑0 ↓0
LGグループの部品メーカー、LGイノテックが、ベトナムでスマートフォン向けカメラモジュールの生産を開始した。26日付電子新聞によると、このほど、工場の建設 ...
nna.jp  ハノイ、スマートシティー化へ優先案件発表  ↑0 ↓0
ハノイ市人民委員会は、同市のスマートシティー化に向けた優先投資案件を発表した。運輸や物流、ヘルスケアなどの分野で外国投資を呼び込み、世界水準の ...
2017/10/20 00:03 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ スマート シティー ヘルスケア Tweet
sankeibiz.jp  オルトプラス、日本・ベトナムの両拠点で情報セキュリティマネジメントの国際規格「ISO/IEC27001(ISMS ...  ↑0 ↓0
オルトプラスでは、近年スマートフォンゲームの開発運営のほか、ベトナムのオフショア開発事業の拡大、セキュリティ事業への参入など様々な事業を展開すること ...
nna.jp  メコンキャピタル、テーゾイ株を一部売却へ  ↑0 ↓0
投資運用会社メコンキャピタル(英領ケイマン諸島)は、スマートフォンなどのデジタル機器販売大手のテーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)への出資比率を、 ...
日本経済新聞  ベトナムでスマート農業  ↑0 ↓0
あらゆるモノがネットにつながる「IoT」で農業を支援するシステムデザイン開発(札幌市、菅野満社長)はベトナムに進出する。南部にあるドンタップ省の農協に ...
2017/10/09 09:00 da:- facebook:0 twitter:0 スマート ネット システム デザイン Tweet
日本経済新聞  システムデザイン開発、スマート農業でベトナム進出  ↑0 ↓0
あらゆるものがネットにつながる「IoT」で農業を支援するシステムデザイン開発(札幌市、菅野満社長)はベトナムに進出する。南部にあるドンタップ省の農協に ...
2017/10/09 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 システム デザイン スマート ネット Tweet
sankeibiz.jp  【よむベトナムトレンド】オンライン学習急伸 大容量通信整備も後押し (1/3ページ)  ↑0 ↓0
スマートフォンを操作するベトナムの若者たち。同国はスマホなど携帯端末が急速に普及し、オンライン学習市場の追い風となっている=北部バクニン省( ...
nna.jp  スマホゲームのフリーバル、越パンチと提携  ↑0 ↓0
スマートフォン向けのゲーム開発を手がけるフリーバルゲームス(東京都渋谷区)は26日、ベトナムのゲームスタジオであるパンチ・エンターテインメント・ベトナムと ...
gamebiz.jp  Freebal​ games、次世代のオフショア・ゲームスタジオを設立 リリース中止・終了したゲームを引き継いで ...  ↑0 ↓0
スマートフォン向けゲームの企画・開発をするFreebal​ gamesは、9月25日、日本のゲームクリエイターと、ベトナムのゲームスタジオを融合した次世代の ...
nna.jp  モビスター、広角カメラのスマホ2機種投入  ↑0 ↓0
ベトナムのスマートフォンメーカー、モビスターは21日、2機種の新型スマホを発表した。2種類のカメラを搭載した「デュアルカメラ」モデルで、通常のメインカメラに ...
nna.jp  モビスター、自撮りで差別化 地場スマホメーカーの戦略(上)  ↑0 ↓0
右肩上がりで伸びるベトナムのスマートフォン市場は、外資系ブランドを中心としたシェア争いの中で地場メーカーも奮闘している。地場メーカーはベトナム人消費者 ...
nna.jp  バクニン省、スマートシティー化を計画  ↑0 ↓0
ベトナム北部バクニン省が、スマートシティー化を目指し、5,700億ドン(2,500万米ドル、約27億3,000万円)近くを投じてデータセンターを建設する計画を検討して ...
2017/09/14 00:10 da:- facebook:- twitter:- スマート シティー センター データ 米ドル Tweet
fnn-news.com  逃走の男 逮捕時にスマホ所持  ↑0 ↓0
手錠をつけたまま逃走したベトナム人の男が逮捕された事件で、男が逮捕時に、スマートフォンを持っていたことがわかった。 3日送検された、ベトナム人のグエン・ ...
2017/09/03 12:45 da:- facebook:0 twitter:0 グエン スマートフォン スマホ Tweet
nna.jp  アンファ、HCM市でスマート都市区開発  ↑0 ↓0
不動産投資を手掛けるベトナムのアンファ・ホールディングスはこのほど、ホーチミン市9区でスマート都市区「シムシティー・プルミア・ホームズ」の着工式を開催 ...
nna.jp  アサンゾがスマホ発売、地場で3社目  ↑0 ↓0
ベトナムの電機メーカー、アサンゾ・ベトナムは15日、同社初となるスマートフォンを発売した。2モデルの発売となり、価格は「Z5」が499万ドン(220米ドル、約2 ...
2017/08/17 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 米ドル モデル メーカー スマホ スマートフォン Tweet
the-miyanichi.co.jp  8/24(木)ベトナム・ホーチミンでの 『暗号通貨・ブロックチェーン』セミナー開催 ~暗号通貨のソフトウェア ...  ↑0 ↓0
ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(本社:ベトナム ...
nna.jp  地場バックコア、国産スマホの新モデル発表  ↑0 ↓0
ベトナムのインターネットセキュリティー大手バックコア(Bkav)は8日、初の国産スマートフォン「ビーフォン(Bphone)」の新型モデル「ビーフォン2017」を発表した。
nna.jp  韓ロッテ、HCM市でスマートシティー開発  ↑0 ↓0
ホーチミン市は25日、韓国ロッテグループ率いる合弁会社と、同市2区のトゥーティエム新都市区都市地域での「エコ・スマートシティー」の開発に向けて合意した。
読売新聞  ベトナムオフショア開発を活用した 暗号通貨インターフェースアプリ開発成功 ~リスクや初期投資・費用を ...  ↑0 ↓0
オフショア開発、アプリ開発のバイタリフィ(東京都、代表:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(ベトナム、代表:櫻井岳幸)は、ブロックチェーン・スマートコントラクト ...
japan.cnet.com  バイタリフィとCUVEYES、ベトナムでラボ型オフショア開発契約を締結  ↑0 ↓0
ベトナムオフショア開発やスマートフォンアプリの企画開発を行うバイタリフィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川勝潤治)と子会社Vitalify Asia(本社:ベトナム ...
2017/07/13 13:30 da:- facebook:0 twitter:0 オフショア 子会社 スマートフォン アプリ Tweet
毎日新聞  /14 勤務先で目立つ存在  ↑0 ↓0
スマートフォンの画面の中に、胸元の大きく開いた真っ赤なドレス姿でほほ笑む女がいた。金正男(キムジョンナム)殺害事件のもう一人の実行役であるベトナム人 ...
2017/06/24 04:07 da:- facebook:0 twitter:0 金正男 ドレス 真っ赤 スマートフォン 勤務先 Tweet
HOTNAM!  マイクロソフトにスマートシティ開発での協力を要請  ↑0 ↓0
Nhan氏は、ベトナム経済の牽引役で、ITの中心地であるホーチミン市は、環境汚染、行政手続きの透明化、市民生活の質向上、幸福指数の向上を目指して ...
nna.jp  ベトナムで開発の数学アプリ、世界で人気  ↑0 ↓0
ベトナムで開発されたスマートフォン用の数学アプリが、リリースから4カ月で世界で10万回近くダウンロードされ、人気となっている。大学レベルの数学の問題を ...
2017/06/21 00:07 da:- facebook:0 twitter:0 アプリ レベル ダウンロード スマートフォン リリース Tweet
nna.jp  イオン、英語版ECサイトのサービス開始  ↑0 ↓0
イオンはこのほど、オンラインのショッピングサイト「Eショップ」の英語版をオープンした。近くスマートフォンやタブレット端末向けの専用アプリもリリースする予定。
kabukei.jp  アルファポリスが反発、「リ・モンスター」ベトナム語版が27日に配信開始  ↑0 ↓0
アルファポリス<9467.T>が反発。1日の取引終了後、スマートフォン向け本格リアルタイムRPG「リ・モンスター(Re:Monster)」のベトナム語版について、現地 ...
nna.jp  HTC、スマホ販売を高価格帯にシフト  ↑0 ↓0
台湾のスマートフォン大手の宏達国際電子(HTC)は、ベトナムのスマホ市場で激化する低価格帯での競争を避けるため、新型スマホの発表を機に高価格帯 ...
2017/06/02 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 スマホ HTC シフト スマートフォン Tweet
gamebiz.jp  アルファポリス、ベトナム現地法人を通じ『リ・モンスター』のベトナム語版を6月27日より配信へ  ↑0 ↓0
アルファポリス<9467>は、6月1日、スマートフォン向け本格リアルタイムRPG『リ・モンスター(Re:Monster)』のベトナム語版をベトナム現地法人・フジ ...
PR TIMES  アディッシュプラス、スマートフォンゲーム向けCSソリューション事業で、GNTと提携  ↑0 ↓0
コールセンター集積地の沖縄と、オフショア開発起点のベトナムとの連携によるCSソリューション事業開始沖縄はコールセンターの集積地として有名ですが、最近 ...
nna.jp  医師紹介アプリ、グーグルが資金援助  ↑0 ↓0
医療専門職と利用者とをつなぐベトナムのスマートフォン向けアプリ「Eドクター」はこのほど、米グーグルからの資金援助を獲得した。26日付ベトナムプラスが報じ ...
nna.jp  VSIP、北部でスマートシティー開発計画  ↑0 ↓0
ベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)が北部バクニン省でスマートシティーの開発を計画している。ベトナム・エコノミック・タイムズ電子版が伝えた。 VSIPは11 ...
2017/05/16 00:11 da:- facebook:- twitter:- スマート シティー タイムズ エコノミック 工業団地 Tweet
japanese.joins.com  結局スマートフォン事業をたたむ韓国パンテック  ↑0 ↓0
5年前に3000人ほどいた役員社員はもう30人ほどしか残っていなかった。最後の希望をかけたベトナム合弁会社設立も保留されスマートフォン事業を事実上た ...
2017/05/15 13:07 da:- facebook:0 twitter:0 スマートフォン 合弁会社 テック Tweet
日本経済新聞  大広、ベトナムで広告合弁 デジタル強化  ↑0 ↓0
大広はベトナムのデジタル広告会社と合弁会社を設立した。ベトナムの広告市場は経済成長に伴って年率10%以上の高い成長を続けている。スマートフォンの ...
2017/05/14 23:03 da:- facebook:0 twitter:0 デジタル スマートフォン 合弁会社 Tweet
doda.jp  NHN PlayArt株式会社  ↑0 ↓0
オフショアリードエンジニア ~ベトナムチームとの連携~. □業務内容: NHN PlayArtが提供するスマートフォンアプリのサポート開発及び同社運営の開発チーム ...
knotz.at  (両生類)ベトナムコケガエル(1匹) 沖縄・離島不可 航空便不可  ↑0 ↓0
(両生類)ベトナムコケガエル(1匹) 沖縄・離島不可 航空便不可【2016年最新モデル】!スマートフォン・タブレット アウトレット本物 最大割引80%オフ 私たちの専門 ...
HOTNAM!  スマートウォッチのガーミンがベトナムで販売開始  ↑0 ↓0
スマートウォッチのガーミンがベトナムで販売開始 ... ウェアラブル端末メーカーのベトナム市場参入発表は初めてで、FPT Tradingが流通業者となり、保証などを ...
2017/03/23 21:33 da:35 facebook:0 twitter:0 ウォッチ スマート メーカー ウェアラブル Tweet
HOTNAM!  中国シャオミがベトナム進出、デジワールドが流通  ↑0 ↓0
中国のスマートフォンメーカーXiaomiは3月15日ホーチミン市で、スマートフォンを発売した。スマホのほかに各種デジタル機器、IT機器を販売し、Digiworldが流通 ...
newsclip.be  ネット広告のアドウェイズ、ベトナムのアプリ開発子会社売却  ↑0 ↓0
【ベトナム】インターネット広告会社のアドウェイズ(東京都新宿区)は23日、ベトナム子会社アドウェイズ・テクノロジー・ベトナムのスマートフォンアプリ開発事業 ...
vitalify.jp  日本とベトナム「ケンタッキーフライドチキン」から見えてくるものとは  ↑0 ↓0
ベトナム版と日本版のケンタッキーフライドチキンにおけるスマートフォンアプリについて比較をしてたところ、日本企業がベトナムで現地向けサービス展開、ビジネス ...
news.mynavi.jp  ソリマチベトナム、現地農協とIT利用のスマート農業の促進に向けて連携協定  ↑0 ↓0
ソリマチは2月9日、ベトナム南部の協同組合であるSOCENCOOP(ベトナム協同組合)とソリマチグループのソリマチベトナムが、ベトナムの南部農業協同組合 ...
2017/02/10 10:27 da:80 facebook:- twitter:- 協同組合 グループ スマート Tweet
gamebiz.jp  エイチーム、同社初の海外開発拠点としてエイチームベトナムを設立…スマホ向けゲームアプリの開発 ...  ↑0 ↓0
エイチーム<3662>は、エンターテインメント事業におけるスマートフォン向けゲームアプリの開発及び運営体制を強化し、より一層の業務の効率化を図るため、 ...
a-tm.co.jp  エイチームベトナムの設立及び開所のお知らせ  ↑0 ↓0
当社は、エンターテインメント事業におけるスマートフォン向けゲーム・アプリの開発及び運営体制を強化し、より一層の業務の効率化を図るため、当社初の海外 ...
jp.trans-mart.net  ベトナム語の翻訳をお考えの方へ  ↑0 ↓0
ベトナム語の専門翻訳やビジネス翻訳サービスをお探しの場合は、専門翻訳実績が豊富な「トランスマート」におまかせください。ベトナム語⇔日本語の翻訳は ...
2017/01/31 12:49 da:28 facebook:0 twitter:0 おまかせ 日本語 マート サービス お考え ビジネス Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者の強み  ↑0 ↓0
ハノイで最近開かれたセミナーによると、現世代のベトナム人はかつてない人口転換に苦戦しており、それがもっとも顕著に表れているのが小規模小売業であるという。 人口増加、都市化、そして事業の大規模化により、大都市の中心部は最新技術や効率化そして競争の舞台となってきている。 またこうした要素が相乗効果となり、ベトナムは低所得国から中所得国へと変化している。都市化があまり進んでないにもかかわらず高所得のレベルに達した国は歴史上かつてない。 小売、農業、製造業、サービス、またその他の分野に関わらず、こうした高度な競争はベトナムにおける小規模事業の様相を変えていくだろう。 しかしながら、規模の大きな多国籍ライバル企業と争うことは難しく、ベトナム小規模企業協会のNguyen Van Than会長によると、あまりにも多くの人々が絶えず小規模国内企業の激化する競争に対する難しさを訴えているという。 激化する競争が小規模な地元小売業者にとって厳しいものであるとあまりにも多くの人々が絶えず訴えているのだ。 しかしながら、こうした訴えは必ずしも正しいものではないのである。 多国籍小売業者に関しては、特に無関心な従業員を雇う業者に限れば常に顧客の希望する商品の在庫がなく、返品手続きが煩雑で、店内には常に大音量の音楽が流れているとThan氏は述べた。 またこうした店では不必要に高い返品手数料がかかり、陳列はしばし乱雑で、さらには商品の陳列や在庫商品に一貫性がないため顧客が希望する商品を探し当てるのに苦労するものである。 一方、ベトナムの小規模小売業者は各店舗のすべての従業員がカスタマーサービスや商品に関して熱心であり、カスタマーサービスや在庫管理に関しては大規模な多国籍小売業者に容易に打ち勝つことができる。 さらに、チャンスをものにしたいという小規模企業は、今や世界中から目新しい商品を集め、自身のユニークなテイストを加えてベトナム小売市場に持ち込むことができるという無限のチャンスがあるのだ。 個性的なドレスや帽子、ハンドバックやネックレス、そしてBig CやLotte、AEONなどのバーゲンでは見つけることができないような商品を世界中から探し当てることができるのである。 またベトナムの消費者購買動向には実店舗からの疎遠化という明らかな構造変化が見られ、それが小規模国内小売店にとって大きな強みとなっている。 今日の消費者は多忙な生活の中で時間のかかるショッピングを遠ざける傾向にあり、とりわけ若い世代の消費者は、インターネット上のブラウジングやショッピングの方が実店舗を訪れるより便利であると感じている。 こうした世代はオンラインで買い物をし、店舗でそのまま商品をピックアップする方を好むのである。 国内小売店にとっての強みは、こうした買い物客がショッピングセンターよりもハノイやホーチミンの街中で商品をピックアップすることを好むということである。 駐車場の入り口までたどり着き、バイクの排気ガスを浴び、空きスペースを探し、店まで行きまた戻ってくるというのは、考えるだけでもうんざりするものである。 ショッピングセンターで途方もなく暮れてしまうのはあなただけではないのですとThan氏は述べた。 ベトナムの国内小売業者の成功を阻んでいるのは多国籍小売業者との競争ではない。国内小売店はその競争を生かせばいいのである。 もし国内業者が店舗のロケーションを探しているのであれば、多国籍小売業者のすぐ近くに店を構え、目立つ位置に看板を構えれば良い。 成功を収める企業者というものはスマートフォンに頼らず、自己啓発に取り組み、同僚や顧客との明確かつ簡潔で人を惹きつけるコミュニケーションの方法を学ぶものである。 成功の意思を持つ小規模小売業者にとって、今日のベトナムほどチャンスに恵まれた場所はないのである。   もっと見る
グローバルニュースアジア  【ベトナム】タクシーはスマートフォンで呼び出すことが当たり前?  ↑0 ↓0
2016年12月28日、ベトナムの首都ハノイでは民間タクシー会社が多数運行しており、24時間、移動の足に困ることはない。しかし、乗車拒否や不正メーターの ...
PR TIMES  ベトナム語版 自撮りアプリ 「S-chop(スコップ)」 をリリース  ↑0 ↓0
ジョーカーピース株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役:住田 賢司)は、自撮りでお金が貯まるスマートフォンアプリ「S-chop(スコップ)」のベトナム語版を ...
msn  KDDI、ベトナムのMobiFoneとコンテンツ事業領域で業務提携  ↑0 ↓0
KDDI<9433.T>は22日、ベトナムのMobiFoneとベトナムにおけるコンテンツ事業領域に関して業務提携契約を締結したと発表した。 両社は、スマートフォン ...
2016/12/26 09:14 da:97 facebook:0 twitter:0 KDDI コンテンツ スマートフォン Tweet
newsclip.be  KDDI、ベトナムでスマホ向けアプリ  ↑0 ↓0
【ベトナム】KDDI(東京都千代田区)は22日、ベトナムの携帯電話サービス2位モビフォン・テレコムと共同でスマートフォン向けアプリ「モビフォン・ネクスト」を開発 ...
時事ドットコム  KDDI、ベトナムでコンテンツ事業展開=現地大手と提携しアプリ提供  ↑0 ↓0
【ハノイ時事】KDDIは22日、ベトナムの大手移動通信会社モビフォンと提携し、スマートフォンなどの専用アプリ(ソフト)を通じて各種の情報を配信するコンテンツ ...
aquajourneyswimschool.com  セール!AVIREXアヴィレックスMA-1"VF-117 PRIVATEERS"ベトナムマップリバーシブルMA-1 6152162 ...  ↑0 ↓0
AVIREXアヴィレックスMA-1"VF-117 PRIVATEERS"ベトナムマップリバーシブルMA-1 6152162☆アビレックス熱い販売,スマートフォン・タブレットは超激安 ...
アパレル・リソース  eコマース市場の見通しは依然として厳しいまま  ↑0 ↓0
オンラインショッピングがベトナムにおいて牽引力を増している一方、オンライン上の決済でクレジットカードを使用することをためらう層の存在により、オンラインショッピングの販売チャンネルとしての存続の可能性に対し疑問視を持つ小売業者や卸売業者が増えてきている。 商工省の公式統計によると、2015年のオンラインショッピングの合計は、インターネットアクセスの拡大とスマートフォン利用の増加に伴い、1年間で22.5%増となる49億米ドルであった。 この増加のほとんどは、Vathia、Sendo、Tiki、Hotelなどのベトナムのオンラインウェブサイトや、国際的なe-マーケットプレイスであるLazadaやZaloraによるものである。 ベトナム電子取引IT庁の他のレポートにおいても、オンラインショッピングの利用者数と売上高は2020年までに大幅に増加するとの明るい見通しである。 しかしながらこの展望とは裏腹に、多くの販売店やメーカーではeコマースに対する適性や物流、競合性において大きな課題に直面している。 とりわけ、オンライン購入時にクレジットカードを利用することへの恐怖心から、ベトナムにおけるeコマース取引の90%以上が代金引換払いを選択しており、それが販売店にとって大きな悩みの種となっている。 また消費者知識とコンシューマーインサイトのグローバルリーダーであるKantar Worldpanelによると、世界的には売れ行きの3.9%を占める、本来であれば売れ筋であるはずの日用品(FMCG)部門が、ベトナムにおいては0.2%しかないという事実も見過ごされているという。 簡単に言えば、ベトナムの消費者は日用品をオンラインでは買わず、実店舗や地元の市場で現金購入する傾向にあるのである。 さらに、Vinmart+やサークルK、ファミリーマートなど、日用品の主要事業者が全国に実店舗を拡大しているこの状況下では、日用品部門においてeコマースが伸びる余地が残されていないと多くの専門家は考えている。 ベトナム電子取引庁の予測する展望においてはまた、世界中の発展国の主要市場では依然として実店舗が小売の基礎となっているという事実を無視している。 アメリカの市場調査会社であるeMarketerによると、インターネット時代と呼ばれる今日においても、世界中の小売販売の90%が依然として実店舗で執り行われるという。経営コンサルタントA.T.Karneyはさらに、この数字が95%近くであるとみている。 ベトナム電子取引IT庁の事務所庁Nguyen Thi Hanh氏は最近、ベトナムにおけるビジネスの42%がウェブサイトすら持っていないという調査結果を発表している。 ベトナムのビジネスの19%がウェブサイトを通じて商品やサービスを売り込んでいる一方。70%のウェブサイトはスマートフォン利用者が満足にコンテンツも見られないほどお粗末なデザインのままなのである。 もっと見る
sankeibiz.jp  ベトナム、携帯電話・部品輸出が急減 サムスンのスマホ生産中止影響  ↑0 ↓0
ベトナムは、韓国サムスン電子のスマートフォン主要生産拠点とされる。同社のスマホ「ギャラクシーノート7」が発火事故によって生産販売を中止し、ベトナムの ...
2016/11/04 05:37 da:77 facebook:0 twitter:0 スマホ サムスン ノート スマートフォン ギャラクシー Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者はEコマースに希望を託す  ↑0 ↓0
ベトナムでは最低限の費用で事業を拡大しようと、小売業者が次々に大手Eコマース企業と手を結んでいる。 業界専門家はベトナムでEコマースが急速に発展し、ウェブサイト、モバイルアプリやソーシャルネットワークが立ち上がりつつある中、こうした動きは不可避のトレンドだと話す。 電子商取引・情報技術部の報告書によると、2016年には34%の企業が製品をソーシャルネットワークで販売している。スマートフォン用アプリケーションを開発した企業や小売店も多い。 2014年には、スマホ用アプリを持つウェブサイトの割合は15%に過ぎなかった。2015年にはそれが21%まで伸びている。 しかし、すべての小売業者がこうした投資を行えるわけではない。小規模企業には特に困難である。 ウェブサイトやモバイルアプリの開発に多額の資金を注ぎ込む代わりに、大手Eコマース企業と提携し、そうした企業のプラットホームと売り場を利用して製品の管理や販売を行う企業も多い。 最低限の投資で販路を拡大できるこうした提携は賢い選択だと言える。 現在、最大のオンラインショッピング企業Lazadaはウェブサイトで商品を販売する契約を40社と交わしている。この提携は消費者、Lazada、小売業社のすべてを利するものだとLazadaは述べる。 Lazada VietnamのAlexandre Dardy CEOは、Lazadaとの提携により、その強力なネットワークを利用して小売業者は遠隔地を含むベトナム全土へと販路を拡大することができる、小売業者にとってはLazadaの4700万人の消費者に出会うチャンスとなると話す。 モバイルショッピングアプリShopeeも公式に事業を開始し、多くの小売店を集めている。 昨年、Eコマース企業SendoはBizwebと共に小売店主らに売り場を提供するアプリを開発した。 Zaloも消費者が自らの商品を販売できるサービスを立ち上げた。 Kid Plazaの代表者は、こうした提携の効果について、同社は全国で55店舗のスーパーマーケットを展開しているが、現在はEコマースに注力していると述べる。 Lazada.vnとの提携開始後3か月で、同社は月間200%の売上向上を記録するに至った。 Shopeeと提携するアマチュアの店舗オーナーNguyen Hong Phongは、事前に何の知識もないままEコマースに参入したと話す。 「Shopeeの支援、特に商店主が特に重要なスキルを学べる教育プログラムであるShopee Universityのおかげで事業は成功し、現在では1日に100以上の受注があります」とPhongは話す。 もっと見る
wedge.ismedia.jp  ベトナムと組んで中国に立ち向かう  ↑0 ↓0
日本人は、賢そうな理屈は言うのだが、泥臭く実質をつかんでいくという点で弱い。戦後70年が経ち、日本はスマートな経済大国になったように思っているからそれ ...
2016/10/27 06:00 da:69 facebook:0 twitter:0 スマート 日本人 Tweet
アパレル・リソース  オンライン仕立てサービスがブームに(前)  ↑0 ↓0
ホーチミン市のある起業家カップルは、オンラインでの仕立てサービスを本業とするかたわら、カスタムTシャツを注文することができるスマートフォンアプリを始めた。 「このスーツはどこかがおかしくて、着れたものではないよ。」とTran Dam Minh Phuong氏(33才)の外国人上司は、買ったばかりの服について不満を述べた。 それを聞いたPhuong氏は、ホーチミン市のファッション愛好家の間で人気のテーラーをこの上司に紹介した。 外国人と共に数年間働いた後、Phuong氏は外資系企業のエグゼクティブがその自信や個性を強調するのに高品質のスーツを活用することの重要性について認識し始めた。 こうした起業家の多くは、ボタンの留め方、スーツのジャケットの脱ぎ方、椅子の肘掛の上にどのように置くのか、さらにはネクタイの結び目の緩め方まで、細かい点に細心の注意を払っていることにPhuong氏は気が付いた。 彼女はこの上司に起きた困った状況を見て、一流のカスタムメイドの服と既製服の間に所有者に自信と快適さを提供できるようなソリューションがあるのではないかと考えた。 このことがPhuong氏とその夫が、注文のうるさい顧客でさえも満足させるような西洋スタイルのスーツに特化した小さなお店をオープンすることを決意するきっかけとなった。 だが完全に体にフィットする衣服は、プロの仕立屋による正確な採寸を必要とするため、テーラーに出向く時間的余裕がある人がほとんどいない中、この点がかなりの問題となった。   瓢箪から駒 当初Phuong氏と彼女の34歳の夫であるNguyen Ngoc Lam氏は、自宅に近い顧客については採寸に訪問していたが、郊外、他の州や外国などに住んでいる顧客については取り扱うことができなかった。 そうした中Phuong氏は、アメリカ人によって開発されたインターネットによるオンライン計測アプリを見つけた。 開発者の男性は、このアプリが30秒以内で計測することができ、さらには従来の方法よりも正確な測定が保証できると主張していた。 このアプリでは数学や空間幾何学の公式を利用していることにLam氏は気がついた。 数日間アプリのアルゴリズムやプログラミングを研究し、彼は最終的にある公式に辿り着いた。 さらに踏み込んで調べてみるとこのアプリの開発者は、異なる体型、骨格、身長や体重の約1,000人を雇って、このツールと人手の両方によって計測した結果、どちらがより精緻で、両者の違いは何かについて比較するために、データベースを作成していたことをLam氏は知った。 同じ身長と体重の人々でも異なる骨格を持っているため、そのデータベースに基づいて測定基準ではさらに別の区分を設けた。 それから1年以上経て、Lam氏のオンライン測定アプリは完成し、UKYSという名で発売された。 「このアプリを開発した後、アルゴリズムを最適化するために数千人もの異なる体型の人々でテストしました。我々は、UKYSが直接会うことのない人に対して熟練のテーラーサービスを提供することを可能にする画期的な手段であると信じています。」とPhuong氏はこの立ち上げたばかりのプロジェクトについて述べた。 アプリの説明書に従って撮影した顧客の写真を利用して、UKYSはベテランのテーラー同様、体全体の測定値にデータを変換する。 測定の後、ユーザーは生地やシャツの形についても選ぶことができ、さらに襟やカフスなどもカスタマイズすることができる。測定データとユーザーの好みのスタイルを受け取った後、英国で15年来テーラービジネスを営むファミリー企業などから成る生産チームが、アプリによって計測された情報に基づきシャツを仕立て上げる。 アプリは現在、iOSデバイスでのみ利用可能である。このアプリは当初、クラウド資金調達サイトのIndiegogo(米国)で注目を集めた。 2016年8月にLam氏とPhuong氏は、iPhone / iPadユーザー向けスマートフォンアプリにおける「アンバサダー起業チャレンジ賞(AEC)」で最優秀賞を受賞した。 ベトナムの米大使館が主催するこのコンテストは、地元の若い起業家が事業を立ち上げ、健全な収益体制をスタートさせることを支援するために企画されたものである。 このカップルによるアプリは、AlbiniやDormeuilといったアパレル産業における有名企業をも惹きつけ、彼らは自社にそれを導入するため、小さな路地にあるPhuong氏のショールームにスタッフを派遣した。 「我々はこのアプリがこれだけの注目を集めるとは思いませんでした。我々の外国人パートナーらは、このアプローチによってアパレル産業に新しい未来を実現することができるだろう、と言いました。」とPhuong氏は述べた。 Phuong氏とLam氏は今、自身の仕事に身を打ち込んでいる。 ある日本人男性がこのカップルのところにやって来て、かつて彼がスーツを数度に亘って調整することを執拗に求めたため、有名なテーラーに追い出されたことがあると言い、Phuong氏と彼女の夫が彼の非常に細やかな嗜好を満足させることができるかどうかについて疑問を呈した。 するとPhuong氏は、彼女と彼女の夫で何千万ベトナムドン(100万ベトナムドンは約44米ドル)もするインポートスーツを買い、その縫製を細かく調べてみる、と言った。 多くのベトナム人のお針子は技術的に要求項目の多い外国の製法について知らないわけではないが、時間がかかりすぎるために価格が上がってしまい、あまり採用したがらず、いずれにせよ顧客も本当の違いが分からないことの方が多いと指摘する。 Phuong氏はどんなに彼女と彼女の夫が再調整を行う必要があろうとも、すべての顧客に満足して衣服を家に持ち帰って頂くことを請け負っている。   (後編につづく) もっと見る
2016/10/13 06:04 da:22 facebook:0 twitter:0 アプリ スーツ テーラー オンライン 外国人 カップル Tweet
nna.jp  パナ、スマート工場のショールーム開設  ↑0 ↓0
パナソニック ソリューション&イノベーションセンター・ベトナム」は、ハノイ市 ... していることからハノイにショールームを開設した」と説明し、日系企業以外にも提案 ...
HOTNAM!  日本発のスマートフォン「フリーテル」ベトナムで発売  ↑0 ↓0
[政治・経済] ベトナムとユーラシア経済連合のFTAが発効 (10/07). [クローズアップ] ベトナム最新情報 3824号 目次 (10/07). [政治・経済] ホーチミン市の高潮性 ...
出島  電通、ベトナム・インドネシアに先端技術を提供する新拠点設立  ↑0 ↓0
電通はメディア製作や顧客の新規サービス開発向けの先端技術を提供する拠点「電通メディアラボ」をベトナムとインドネシアに設立した。スマートフォン普及率が ...
2016/09/23 10:30 da:17 facebook:0 twitter:0 メディア 普及率 サービス スマートフォン Tweet
blog.asilla.jp  企業の生存率は1年で40%、5年で15%と低く、生き残れば自然に社会的信頼度は上がるようです。  ↑0 ↓0
シンチャオ、カクバン! わたくし先ほどハノイから戻ってきまして、東京のオフィスに直行したところです。オフィスとは言ってもインキュベーションセンター*1で、この10月から個室のブースを割り当てて頂くことになりました。 何社か入居希望があったようですが、事務局側へのプレゼンが功を奏したのか、日ごろの行いが良かったのか、(株)アジラが入居させて頂くことになりまして、先ほど既にブースを借りておられる先輩経営者様から「よかったねえ」と声をかけて頂いたところです。ありがとうございます。これでヒゲ&イケメンのCOO(最高執行責任者)もオフィスに来ることができます。 ところで、ものの本によりますと、起業一年目の生存率は40%だそうです。一年経って残っているのは10社のうち4社。あとの6社は消えていってしまうという厳しいビジネスの世界におきまして、我が社はなんとか6月から二期目をスタートさせました。 「一期目に6割消える」というのは多くの皆さんがご存知のようで、逆に言うと一期目を乗り越えると「ヒヨッコなりに安定した事業をしている」と判断してもらえる模様です。同時期に事業をスタートさせた経営者の皆さんもやはり似たようなことを言っておられます。 具体的には、以下のようなことが起きました。 仕事の引き合いが増える 大学からいろんな相談をもらう 取材の申し出 イベントへの招待(Developer, CIO, Hackathonなど) セミナーの登壇依頼 仕事の引き合いが増えるのは大変ありがたいです。オフィシャルページからご連絡頂いたり、パートナーや取引先が新たな顧客を紹介してくださったりと、持ちつ持たれつな感じでやらせて頂いております。 取材のご依頼は日本経済新聞社様から頂きまして、ハノイのオフィスで取材して頂きました。私は学生の頃に新聞を配っておりまして、その専売所がまさに日経新聞だったのでこれも何かの縁かなとムネアツでした。 まあ、ちょっと内容的にはまだ記事になるインパクトがないので掲載はお預けになると思いますが、記者さんに会社のビジョンを語らせて頂きまして、「将来楽しみだ」とおっしゃって頂けたので次回来て頂いたときには、バンッ!と日経一面に載るようなヤバいネタを提供できればと思います。  今日使った、アジラはまだサナギです、というスライド。 pic.twitter.com/RJyZEDmXbG — アジラ木村@東京に上陸 (@kmrdai) September 9, 2016 上記がその時使ったスライドの一部で、弊社はまだ第二段階なんです。キャタピーのアメが足らんのです。 さて、最後のセミナー登壇の依頼について告知させて頂きます。久しぶりにブログを書こうと思った目的はこれです。 ベトナムビジネスの大先輩たちに交じって、話をさせて頂くことになりました。 名だたる先人の皆さんにまじってひょっこり登壇させて頂きます。各社とも分野が違いますので、ベトナム進出をお考えの方にとっては多面的に知識やノウハウを得られるまたとないチャンスです!ご用とお急ぎでない方はぜひ!(こんなかんじでどっすか) https://t.co/iNa1Z9LqIJ — アジラ木村@東京に上陸 (@kmrdai) September 14, 2016 これまで前職では何度かセミナーなどで登壇したことがありますが、アジラとしては初めてですので、これからベトナムにビジネス展開をお考えの方にとって有益な情報になるよう、気合いを入れてしゃべりたいと思います。 ご用とお急ぎでない方はぜひお越しください。 知人、友人は絶対に来ないでください。「いよっ!」とか「木村屋!」みたいな変な合いの手とか入れそうな危険な奴らばかりですので、参加者リストで見つけたら秘密裏にブラックリストに転記させて頂こうと思います。 そんな恥ずかしガリヤさんの私が登壇してしまう、株式会社バイタリフィ様主催の「ベトナムセミナー兼交流会」の詳細はこちらです。変な合いの手を入れない、まっとうなオーディエンスの方々、ぜひお越しくださいませ~!! AIやビックデータに興味のある方、ベトナムの最新情報を入手したい方、ベトナムに進出したい方、M&Aをしたい方、ベトナム人の購買動向に関心のある方、ベトナム人エンジニアに興味のある方、 現地に住む経営者より生の声が聞けます!是非お越しください。 ■主催者GAコンサルタンツ、W&Sグループ、アジラ、SCSグローバル、バイタリフィ、他 ■テーマ1)ベトナムのいろは進出支援、会計・税務、M&Aについて 2)ベトナム人エンジニア活用方法・AI、ビックデータなどの最新技術もベトナムで開発・ベトナムでラボ型開発・日本でベトナム人を雇用 色々な活用方法があります。貴社にあった形態は何ですか。それぞれの専門家がメリットデメリットをご説明します! 3)ベトナム人の購買動向について(仮) 記 日程:2016年10月4日(火)  タイムテーブル: 17:00~「ベトナムのいろは」進出支援、会計・税務、M&AなどSCSグローバル ベトナム 尾崎 士朗氏(ホーチミン在住)http://www.scsglobal.co.jp/ 17:25~ベトナム人エンジニアの動向、語学力は?供給力は?日本とはどういう立ち位置か? などGAコンサルタンツベトナム 代表 関 岳彦氏(ハノイ在住)http://gagr.co.jp/   17:50~AI、ビックデータなどの最新技術をベトナム人とともに。アジラ代表 木村大介氏(ハノイ在住)http://www.asilla.jp/ 18:15~オフショア開発の状況、発注先検討で注意すること、課題、一般的なプラン などバイタリフィアジア 代表 櫻井 岳幸氏(ホーチミン在住)http://vitalify.jp/ 18:35~ベトナム人の購買動向について(仮)W&S 代表 藤井 祥生氏(タイ、ベトナム、インドネシアに進出)http://wsgroup-asia.com/  他、調整中 19:00~ 交流会(フード+フリードリンク)  ※時間配分は目安となっています。 ※登壇者は変更になる可能性もございます。 場所:渋谷から徒歩10分以内 ※参加者には個別でお知らせします。 参加費用:セミナー・交流会参加費用 5000円  ※名刺を2枚お持ちください。セミナーのみの参加でも費用は同額になります。 定員:50名  ※ 先着順・定員になり次第締め切らせていただきます。 お申込み締切日:2016年10月3日(月)19時 その他:ネットワークビジネスの方はお断りします。 本件の問い合わせ先ベトナムオフショア開発、スマートフォンアプリ開発株式会社バイタリフィ 営業統括部 板羽(いたば)、山下info@vitalify.jp http://vitalify.jp/contact/ TEL:03-5428-6346 ▼お申し込みは以下よりお願いします。https://goo.gl/forms/1nWs1otCNzoUazww2 フェイスブックページはこちらからどうぞ。 ベトナム進出、aiとビックデータ、ベトナム人材活用、ベトナム人の購買動向、セミナー兼交流会 : https://www.facebook.com/events/1771892563088867/ アジラからは以上です! *1:詳しくはこちら もっと見る
2016/09/16 20:37 da:23 facebook:0 twitter:0 セミナー ハノイ ビジネス オフィス 皆さん こちら Tweet
nna.jp  越航空、ギャラクシーノート7の充電禁止  ↑0 ↓0
国営ベトナム航空は、サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について、飛行中の機内での充電を禁止した。12日付ベトナム・ニュース(VNS)が ...
アパレル・リソース  サイト閉鎖もEC市場は盛況  ↑0 ↓0
ベトナム商工省と電子商取引 IT庁の説明によると、eコマースサイトの失敗はeコマース市場の実態を反映するものではないという。 ベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)によって発表された2015年電子取引報告書によると、2015年のeコマースの売上額は前年比37%増の40億7000万米ドルとなった。今後5年間で100億米ドルに達すると見込まれており、まだ歴史は浅いものの、eコマースはベトナムで最も高成長率が見込まれている部門である。 しかしながら、一連のeコマースサイトは大幅な損失から閉鎖を余儀なくされており、Beyu、Deca、Lingoなどのオンライン小売は長期間に渡り苦戦を強いられた後に市場から撤退している。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長によると、eコマース市場で見込まれる高い成長率とeコマースサイトの閉鎖には何ら矛盾を感じないものであると言う。 eコマースというビジネスモデルが形成された初期段階である1997年〜2010年、第二段階である「過渡期」の2010年〜2015年、そして高度発展期となる2016年以降と、eコマース市場が拡大していく中、ベトナム商工省はある程度の発展段階を予測していた。 インターネットユーザー数が急速に増え、スマートフォンからインターネットにアクセスする人々が急増し、市場がますます拡大するなど、eコマースが高度発展期に入る兆候は2015年から予見されていた。 その間、企業対消費者(B2C)、企業対企業(B2B)、政府対企業(G2B)の取引も急速に発展を遂げている。5年前はベトナム企業の30%のみがウェブサイトや携帯アプリを持っているに留まったが、2015年には50万社中45%がウェブサイトを構えている。また、50万社ある企業の多くがそれぞれ数十から数百のドメイン名を獲得するなど、ベトナムのドメイン名は2014年には27万であったが、2015年10月までにその数は34万まで増えており、2016年には40万台を突破すると見込まれている。 さらに、2015年から2016年にかけたeチケット販売額の急速な伸びやホテルやゲストハウスのオンライン予約システムの導入など、eコマース市場の急速な成長は航空や旅行業界のオンライン広告の伸びからも説明することができる。 「年々2桁台の成長率を見せており、eコマース市場は過去数年で大幅な成長を続けているが、eコマース市場には特にB2BやG2Cモデルを中心に、ますます多くのビジネスが参入しつつある。オンライン小売はeコマースのごく一部であり、電子取引市場全体の状況を反映するものではない。」とNguyen氏は説明した。 もっと見る
2016/09/06 05:55 da:23 facebook:0 twitter:0 eコマース サイト オンライン 商取引 モデル 商工省 Tweet
readwrite.jp  新興国ベトナム・ホーチミン市にもスマートシティ化の流れ、3年後に期待  ↑0 ↓0
ベトナムの商業都市、ホーチミン市(HCM)は、世界的なスマートシティ化競争に乗り出そうとしている。 ベトナムニュースの報道によると、サイゴンとしても知られて ...
2016/08/27 18:00 da:37 facebook:0 twitter:0 シティ スマート ホーチミン サイゴン ニュース 世界的 Tweet
sponichi.co.jp  ポケGO運転2例目死亡事故 20代会社員がベトナム国籍の女性ひく  ↑0 ↓0
愛知県春日井市で11日夜、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をしながら運転していた岐阜県土岐市の20代の男性会社員の軽乗用車が、20代 ...
2016/08/27 05:26 da:72 facebook:0 twitter:0 会社員 ポケモン 乗用車 ゲーム スマートフォン 春日井 Tweet
毎日新聞  事故で重体のベトナム人女性が死亡  ↑0 ↓0
愛知県春日井市で11日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」に絡む交通事故が発生し、重体だったベトナム国籍の女性会社員(29)が25日、死亡 ...
2016/08/26 11:48 da:85 facebook:0 twitter:0 交通事故 会社員 ポケモン ゲーム 春日井 スマートフォン Tweet
japanese.joins.com  【時視各角】時代により変わるサムスンのS級人材(2)  ↑0 ↓0
ベトナムのスマートフォン工場で現地のサムスン幹部に会ったことがある。ほとんどが50代後半から60代初めだった。彼ら110人余りがベトナムの労働者11万人 ...
2016/08/22 13:18 da:71 facebook:0 twitter:0 サムスン 労働者 スマートフォン ほとんど Tweet
日本経済新聞  格安スマホの「フリーテル」、海外本格進出 ベトナムなど  ↑0 ↓0
フリーテル」ブランドの格安スマートフォン(スマホ)を手掛けるベンチャー企業、プラスワン・マーケティング(東京・港)がベトナムやエクアドルなど海外9カ国で格安 ...
日本経済新聞  生鮮品、1箱ずつ温度管理 イークラフトマン、ベトナム輸出支援  ↑0 ↓0
流通向けが主力のシステム開発会社、イークラフトマン(札幌市)は輸出生鮮品の輸送中の温度を1箱単位で管理できるシステムを実用化する。小型装置を荷物に取り付け、発送から現地の消費者に届くまでの温度変化を24時間記録。配送後にスマートフォン(スマホ)を近づけデータを読み取り、クラウド上に保存できる。道産生鮮品の海外での品質維持を後押しし、輸出支援につなげる。 10~11月にベトナムで実証事業を行う。現…
2016/07/22 06:56 da:90 facebook:8 twitter:0 システム 実用化 Tweet
ecnomikata.com  ベトナムのEC事情、キャンセル率が高いそのわけとは?(Asia Plus調べ)  ↑0 ↓0
ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(以下、Asia Plus )が、「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施した。ベトナムではインターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びており、オンラインショッピング市場にも注目が集まっている。調査の対象は、18歳から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人。
2016/07/21 18:56 da:48 facebook:1 twitter:0 ホーチミン ハノイ サービス リサーチ キャンセル 消費者 Tweet
value-press.com  ベトナムEC市場に関する消費者調査〜都市部の67%がEC利用経験あり、一方でキャンセル経験率も3割  ↑0 ↓0
ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、18から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人を対象に「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施しました。インターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びるベトナムにて、オンラインショッピング市場の実態について調査したものです。
2016/07/20 11:03 da:61 facebook:0 twitter:0 消費者 ホーチミン ハノイ 世田谷 リサーチ キャンセル Tweet
nna.jp  ネットで買い物、フェイスブック経由が半数  ↑0 ↓0
ハノイとホーチミン市に住む18~39歳の男女のうち、電子商取引(EC)の利用経験者は67%に上り、うち半数近くの47%が交流サイト(SNS)「フェイスブック」で商品を購入したことがあると分かった。市場調査サービスのAsia Plus(アジアプラス、東京都世田谷区)が今月、実施した調査で明らかになった。ラザダ、ホットディール、ティキなどECサイトもある中で、ベトナムにおけるフェイスブックの人気を裏付けた。またEC利用経験者のうち、34%は月1回程度の割合で利用していた。またEC利用の際にスマートフォンを使う割合は48%で、モバイルショッピングの急速な拡大がみてとれる。ただ発注後にキャンセルしたことがある利用者は35%に上り、配達時の現金代引き決済が主流のベトナムEC市場におけるリスクが浮き彫りになった。ECで購入する商品としては、女性ではファッション関連が最も多く53%で、男性ではIT・携帯電話が54%で最多だった。調査結果の詳細は、同社サイト<https://qandme.net>で閲覧できる。 もっと見る
2016/07/20 00:00 da:51 facebook:3 twitter:0 フェイスブック 経験者 サイト 商取引 SNS ホーチミン Tweet
getnews.jp  ASUS、ZenFone 3 MaxとZenFone 3 Laserを発表  ↑0 ↓0
ASUS が 7 月 14 日にベトナムで ZenFone 3 シリーズの新モデル「ZenFone 3 Max」と「ZenFone 3 Laser」を発表しました。ZenFone 3 Max は、5.2 インチディスプレイや 4.100mAh バッテリーを搭載したミッドレンジクラスのスマートフォンで、昨年の ZenFone Max よりも小型ながらも、30 日間のスタンバイ時間、20 時間の 3G 通話時間、18 時間の Wi-Fi ブラウジング時間を実現するなど、他の 5.2 インチスマートフォンよりも長時間使用できます。また、前作と同様に USB ケーブルを介して他の USB 機器を充電できるモバイルバッテリー機能も搭載しています。筐体はメタルユニボディ構造で、前面には 2.5D 仕様のカーブガラスパネルを採用しています。また、背面には 0.2 秒でロック画面を解除できる指紋リーダーを搭載しています。ZenFone 3 Laser は、昨年の ZenFone 2 Laser(5.5 インチ)の後継モデルとなる 5.5 インチ(フル HD)スマートフォン。ZenFone 3 Max もっと見る
2016/07/15 12:00 da:69 facebook:- twitter:- インチ モデル シリーズ Tweet
HOTNAM!  10人に8人がチャットアプリZalo利用、ベトナムのスマホユーザー  ↑0 ↓0
DI Marketing Research社の調査では、ベトナムにおけるスマートフォンユーザーの10人に8人は「Zalo」を使っている。  Zaloは全ての年齢層で「Facebook Messenger」を上回り、3位の「Viber」とは倍の差をつけている。調査対象者の大半が、ZaloとFacebook Messengerをインストールしていた。  年齢では、ZaloとFacebook Messengerで若者の利用が多かったのに対し、ViberとYahooは、これより高い年齢層の利用が多かった。  18~25歳の78%がFacebook Messengerを利用していたのに対し、35歳以上では55%に過ぎなかった。また同アプリをニュースを読むために使っている割合は18~25歳で19%、これに対し35歳以上では27%だった。 (Thoi Bao Kinh Te Viet Nam) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配信による速効性( もっと見る
2016/07/14 22:41 da:39 facebook:0 twitter:0 スマートフォン ユーザー 年齢層 Research Facebook Marketing Tweet
kabutan.jp  台湾鴻海精密が米MSのベトナム携帯会社買収、2200万米ドル投入  ↑0 ↓0
ベトナム北部のバクニン省でフィーチャーフォン(ガラケー)とスマートフォン(スマホ)の生産 ... 富智康はベトナム・ハノイの工場を譲り受け、受託製造する形をとる。
日本経済新聞  鴻海、ベトナムで携帯工場買収 米マイクロソフトから  ↑0 ↓0
【台北=伊原健作】電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は7日、米マイクロソフトからベトナムの携帯電話工場を買収すると発表した。買収総額は約2200万ドル(約22億円)。従来型携帯電話やスマートフォン(スマホ)の生産力を拡充する。 工場は北部のバクニン省に位置する。マイクロソフトの子会社から工場の運営会社の全株式を取得する。鴻海は5月、マイクロソフトから傘下のノキアの従来型携帯電話事業を買収するなど携帯電話分野でのM&A(合併・買収)を活発化している。
2016/07/07 23:03 da:90 facebook:0 twitter:0 マイクロソフト 最大手 サービス Tweet
アパレル・リソース  企業はモバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき  ↑0 ↓0
ベトナムにおいてモバイルeコマース(mコマース)は今後数年間でブーム到来が予想されており、企業はこの販売チャネルの人気の高まりに乗じて収益を獲得できるよう準備する必要がある。 6月23日にハノイで開催されたベトナムモバイルデー 2016というイベントにおいて発表されたデータによると、mコマースはベトナムで着実な増加傾向にあることが示された。 Googleの統計によると、情報を検索するためにスマートフォンを使用しているベトナム人の割合は、ノートパソコンを使って検索する人の割合を超えている。2016年にモバイル端末を使用したファッション、アクセサリー、書籍、家電製品の検索についても、ノートパソコンでの検索を上回っている。 また市場調査会社Nielsenのデータによると、スマートフォンユーザーはベトナムの都市人口の70%、農村人口の40%を占めており、買い物に携帯電話を利用する割合は2015年に20%を超えた。 商工省(MoIT)傘下のベトナムベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)のデータによると、MoITが主催する毎年恒例のオンラインショッピングイベントである“オンラインフライデー”の期間中、注文の約40%が携帯電話から行われた。 VECITAは、今後もモバイルショッピングの割合は増え続け、端末の価格が低下し、3Gおよび4G通信がより広く利用可能となり、支払いから物流などmコマースに必要な技術が発展するにつれ、ベトナムのeコマースの中でmコマースが大きな割合を占めるようになると予想している。 このイベントにおいて専門家は、携帯電話でアクセス可能なウェブサイトを構築したり、ユーザーが簡単に支払い可能なオプションを用意したり、モバイルマーケティングを活用するなど、この販売チャネルによってもたらされるビジネスチャンスを逃さないようにと企業にアドバイスした。 「企業は販売チャネルとして、モバイルeコマースを無視することはできません。」とNielsen社コンシューマー・インサイト部のDang Thuy Ha部長は述べた。「会社は広告に掲載している商品を正確に販売することによって顧客の信頼を獲得するだけでなく、顧客とその習性を理解する必要があります。彼らはどのような商品を求めているのか?そしてどんな媒体を通じて彼らはあなたの会社にアプローチするのか?というようなことです。」 「Nielsenのデータによると、顧客は商品の種類で検索するのではなく、ブランド名で検索する傾向にあることが分かります。食品などの一部の商品では、PCよりもモバイル端末で購入される可能性が高いようです。また顧客が本当に気にかけている2つのポイントは、割引やクーポンなどのスペシャル・オファーと、今最も売れているアイテムが何かということです。この傾向に従って企業は自社ブランドを宣伝すべきであり、自社サイトにおいて優先付けすべき情報は何かを分かっておく必要があります。」と彼女は言った。 VECITAのeコマース管理部のNguyen Huu Tuan部長は、この分野における規制を遵守することにより、各企業は顧客に対してより多くの信頼を獲得できることにつながるだろうと述べた。 「モバイル端末を使用したeコマースに関する通達Circular 59/2015/TT-BCTでは、現状企業が自社の商品やサービスを登録することを求めています。企業が製品やサービスを登録する際に、もし企業が顧客との間に揉め事を抱えている場合、我々が顧客の権利を守るための基準となります。」と彼は述べた。 彼はmコマースの発展を支援するため、VECITAでは2016~2020年のeコマース成長計画を策定したと続けた。この計画に基づき、各地域で企業の具体的な支援プログラムを準備することとしている。「eコマースに関するトレーニングや情報提供セッションの実施や、企業が自社ウェブサイトを構築するためのサポートが予定されています。」と彼は述べた。 ベトナムモバイルデー 2016は、毎年開催されるモバイル技術に関する国内最大のイベントで、今年6回目の開催であったが、多くのモバイルテクノロジー企業のCEOや創業者によるプレゼンテーションが開催され、彼らの経験や投資、自社製品やサービスの開発に関するテーマだけでなく、マーケティングについても論じられた。さらに、モバイルテクノロジーに関する政府規制当局によるセミナーも実施され、今年はmコマースに焦点が当てられた。 ハノイとホーチミン市の2拠点で開催されたイベントにはモバイルテクノロジー分野で働く約5000人や、学生、投資家が参加した。第3会期は7月2日にダナンで開催される予定となっている。 もっと見る
アパレル・リソース  Better Work Vietnamがスマートフォン用の労働法アプリを開発  ↑0 ↓0
Better Work Vietnamは新たに労働法のスマートフォン用アプリケーションを発表した。このアプリケーションは縫製工場やその他のユーザー向けに縫製産業が直面するコンプライアンス上の問題を周知するために開発されたもの。 このアプリケーションには英語版、ベトナム語版があり、国際労働機関(ILO)及び国際金融公社(IFC)との協力により開発された。 アプリケーションにはBetter Workが作成した最新の労働法ガイド第4版が入っており、ユーザーは重要な情報を検索したり、労働法を章ごとに確認したり、ブックマークをつけたり、条項をシェアしたりすることができる。 また、ユーザーの労働法への理解を試すインタラクティブなクイズも含まれており、「よくある質問」のセクションでは工場から寄せられる最も代表的な法律上の質問が紹介されている。 Better Work Vietnamはこのアプリケーションが「工場管理者、人事担当者やコンプライアンス担当者、バイヤーやベトナムへの発注を検討している小売業者にとって貴重な情報源となることを望む」としている。   もっと見る
アパレル・リソース  ハノイで先進スマートガーメント技術の展示  ↑0 ↓0
ハノイ市で6月21日に開幕した国際縫製展示会でベルギーの約15社が先進技術を活用したスマートガーメント技術を展示している。 展示会企画団体のひとつであるフランドル地方投資貿易局の代表者によると、身体計測機能のあるスマートTシャツなど、ウェアラブルテクノロジーは近年ヨーロッパ全域で人気を集めつつあるという。 スマートTシャツは着る人の快適性と自然な動きを最大化しつつ、目立たずに心拍数を正確に計測することができるという。 加えて、ウェアラブルテクノロジーを使ってフィットネストラッキングや健康モニタリング、また、危険な状況下で働く消防士等の安全監視など、広い分野で適用できる可能性があるという。 同じく展示会企画団体のひとつ、ベトナム繊維協会(VITAS)のTruong Van Can副会長は、電子機能を持つスマートテクノロジーはベトナムでは新しいものであると話す。 繊維生産過程における確認、監視、管理のための電子・デジタル技術分野ではベルギー企業は世界で主導的な地位にあるとCan副会長は述べた。 また、展示会ではインテリア用繊維製品(ウールカーペット、布張家具、テーブルクロス、リネン、ベルベット)の織りに使われる特許取得織物機械アプリケーションの上位5種も展示されている。 展示されている技術のほとんどは多くの標準的な生産プロセスやベトナムで現在使われている従来からの繊維生産プロセスに適合するものであり、迅速な統合が可能であるとCan副会長は話す。   もっと見る
newsclip.be  NTTデータ、ベトナムの請求収納代行会社買収  ↑0 ↓0
【ベトナム】NTTデータは23日、割賦販売、公共料金などの請求収納代行、プリペイド型ネット電子決済などを手掛けるベトナム企業ベトナム・オンライン・サービシーズ・コーポレーション(ベトユニオン)の株式を追加取得し、子会社化すると発表した。
nttdata.com  ベトナムVietUnion社の子会社化について  ↑0 ↓0
同事業は、ベトナム国内における消費の活性化と、大手加盟店チェーンにおける地理的・時間的な支払いの利便性などに伴い、急成長を果たしており、現在年間10億USD以上もの取扱量を獲得するに至っています。さらに「Payoo」以外でも、VietUnion社は、高度な技術力を生かして、モバイルPOSシステム、交通機関向けスマートカードソリューション、収納企業向け集金人管理システム、ホーチミン市の1,700の学校における授業料の集金システムなど、先進的なサービスを展開しています。
2016/06/23 16:04 da:75 facebook:0 twitter:0 システム 子会社 引き続き 授業料 NTTデータ チェーン Tweet
読売新聞  ソーシャルワイヤー、トランスマートと連携し東南アジア言語翻訳の受付開始  ↑0 ↓0
東南アジア言語翻訳の受付開始背景 ソーシャルワイヤーグループでは、アジア6か国(インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピン、インド、シンガポール)にてレンタル ...
2016/06/22 09:56 da:89 facebook:0 twitter:0 東南アジア ワイヤー ソーシャル インド レンタル アジア Tweet
sankei.com  【経済インサイド】中国から韓国企業までも逃げ出し始めた!サムスンは携帯工場をベトナムにシフト 中韓 ...  ↑0 ↓0
これまで、中国を輸出拠点として重視してきたが、その機能をベトナムへ移行させている。韓国の国内総生産(GDP)の約2割を握る“サムスン帝国”の動向は、関連企業や取引企業のみならず、他の企業グループにも波及するとみられる。いったい何が起きているのか。                 ◇ 中国の国営通信社の新華社は5月、サムスン電子が今年、ベトナム工場でスマートフォンを2億台を生産する計画だと伝えた。サムスンのスマホ生産は年間3億台とされ、6割がベトナム産となる計算だ。 サムスンは2000年代半ばまで、韓国の亀雄工場を主力の生産拠点にしていた。しかし、徐々に安い労働力を確保できる中国での生産の拡大。このため、2000年代半ばには75%程度あった韓国での生産比率が、2000年代の終わりには20%台まで下がったとみられている。 サムスンが生産状況などを公表していないため、明確ではないが、中国・韓国経済に詳しい日本総合研究所の向山英彦上席主任研究員は、「サムスンの携帯電話の中国での生産比率は、ピーク時には5割を上回っていた」と推測する。 もっと見る
2016/06/13 07:07 da:78 facebook:265 twitter:0 サムスン GDP これまで シフト インサイド Tweet
kabutan.jp  マイネットが3日続伸、オフショアサービス事業を行うGNTとの業務提携を好感  ↑0 ↓0
同社は5月31日の取引終了後、ベトナムでオフショアサービス事業を行うGNT(東京都渋谷区)と ... 今回の提携によりスマートフォンゲームタイトルのイラスト制作や運営などの業務でベトナム・ホーチミンを拠点としたオフショアサービスを活用していく。
4gamer.net  マイネット,「出動!美女ポリス」を買取。ベトナムにおけるオフショアサービス事業に関する業務提携契約を ...  ↑0 ↓0
また、マイネットとGNTはベトナムにおけるオフショアサービス事業において業務提携契約を締結し、マイネットがゲームサービス事業で提供しているスマートフォンゲームの運営において、GNTのベトナム・ホーチミンを拠点としたオフショアサービスを活用してまいります。
kabutan.jp  マイネットがオフショアサービス事業を行うGNTと業務提携  ↑0 ↓0
今回の提携によりスマートフォンゲームタイトルのイラスト制作や運営などの業務でベトナム・ホーチミンを拠点としたオフショアサービスを活用していく。加えてGNTが運営する「出動!美女ポリス」は2012年5月よりサービスを開始したビジュアルキャラクターゲームで、すでにシリーズ累計登録者数は200万人を超えるタイトルとなっている。今後はゲームサービス事業の1タイトルとしてマイネットが運営する。
gamer.ne.jp  マイネット、GNTのスマートフォンゲーム「出動!美女ポリス」を買取  ↑0 ↓0
美女ポリス」を買取し、6月1日より運営を開始、GNTとベトナムにおけるオフショア ... マイネットがゲームサービス事業で提供しているスマートフォンゲームの運営において、GNTのベトナム・ホーチミンを拠点としたオフショアサービスを活用していくという ...
gamebiz.jp  マイネット、GNTと業務提携契約を締結 リビルド事業で『出動!美女ポリス[…]  ↑0 ↓0
マイネットのゲームサービス事業において運営するスマートフォンゲームタイトルのイラスト制作や運営などの業務で、ベトナム・ホーチミンを拠点としたオフショアサービスを活用していく。
gifu-np.co.jp  観光周遊ルート「昇龍道」の魅力体感 ベトナムの旅行会社  ↑0 ↓0
参加したのは、ホーチミン、ハノイにある9社の旅行会社役員や社員ら11人。初日は、郡上市八幡町の「さんぷる工房」で、天ぷら作りに挑戦。体験の様子をスマートフォンやカメラで盛んに撮影し、サンプルが出来上がると歓声が上がった。
2016/05/22 09:11 da:65 facebook:- twitter:- 八幡町 天ぷら ハノイ ホーチミン ルート Tweet
ascii.jp  Nokiaブランドのスマホやタブが復活! 山根博士が展開を予想  ↑0 ↓0
その中にはベトナム・ハノイにある工場と約4500名の従業員も含まれます。 ... 今後は買収したベトナム工場を拠点にNokiaブランドのスマートフォン、タブレット、 ...
アパレル・リソース  インターネット販売、売上急増  ↑0 ↓0
電子商取引を行うウェブサイトでは昨年売上増加率45%、投資額30%の増加が見られた。 数値が公表されている年当初の10か月間の839の電子商取引を行うウェブサイトの販売額は、2014年同時期の8.1兆ベトナム・ドンと比較して約11.6兆ベトナム・ドン(5.2億米ドル)に達した。 ベトナム商工省の電子商取引・情報技術部門が最近行った105のウェブサイトに対する調査結果によれば、回答を寄せた89%のポータルサイトが商品を販売しており、残りはサービスを提供していることが明らかとなった。 そのほとんどがホーチミン市(44%)とハノイ(40%)を拠点としており、97%が企業に属している。外国資本は2%で、国有は1%を占める。 13%が国内外の市場の両方でビジネスを展開しており、8%が単一の省内、3%が完全に外国市場に集中して取り組んでいる。 約62%がソーシャルネットワークを行っており、フェイスブックのみで70%を占めている。 オンラインで購入される最も人気のある商品はコンピュータ、スマートフォン、電子・デジタル製品、オフィス用品等で、全体の23%を占めている。 ファッション関連の商品やアクセサリも23%を占める。 これに不動産関連(12%)、家電製品(10%)、宿泊・観光(8%)が続く。 最も人気の高いウェブサイトとしてpico.vn、lazada.vn、thegioididong.com、esale.zing.vn、 fptshop.com.vn、nguyenkim.com、hc.com.vn、dienmaycholon.vn等があげられる。 ウェブサイト全体の76%が、顧客が再度ウェブサイトを訪れるという。 調査に参加したウェブサイトの半数以上が主な収入源が広告であると回答した。23%が注文手数料を徴収しており、12-18%が例えば会員料金等他の料金を徴収している。 昨年の安定した成長にも関わらず、電子商取引のウェブサイトは運営上の課題に直面している。例えばウェブサイト全体の約31%で優秀な人材が不足している。ウェブサイトは全体で約20万存在しており、これを管理するために各ウェブサイトに少なくとも一人のIT専門家を置かねばならないことを考えると当然の状況だとも言える。 vietnamworks.comによればインターネットやオンラインの専門家に対する需要は近年急増している。 さらにウェブサイト全体の25%がオンラインで販売される製品の品質を信頼していない、もしくはオンラインでの支払いに関して心配を寄せている顧客は業界の発展を妨げると考えている。一方で22%は送料がまだ高すぎると感じており、20%が電子商取引を行うウェブサイトをめぐる競合環境が健全でないと訴えている。   もっと見る
getnews.jp  HTC、「Desire 628」をベトナムで発表  ↑0 ↓0
HTC が Desire シリーズの新型スマートフォン「Desire 628」をベトナムで正式に発表しました。Desire 628 は昨年国内でも発売された「Desire 626」の後継モデルで、新モデルでは、前作のバイカラーデザインを継承しつつ、フロントのデザインを一新しています。ディスプレイサイズは前作と同じ 5 インチ 1,280 x 720 ピクセルですが、他のスペックは一通り強化しています。Desire 628 の主要スペックは、Android 6.0、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルのディスプレイ、MediaTek MT6753 1.3GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,300 万画素カメラ(F2.0 28mm レンズ)、前面に 500 万画素カメラ(F2.4 レンズ)、2,200mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1、GSM / WCDMA / LTE(Cat 4)に対応しています。筐体サイズは 146.9 x 70.9 x 19.8mm、質量は もっと見る
2016/05/11 19:07 da:70 facebook:0 twitter:0 スマートフォン シリーズ Tweet
lnews.jp  SGHD/3か年の投資額2940億円、日立物流とのシナジー効果を2~3年で確認  ↑0 ↓0
日立物流との取り組みについては、前回発表時と同様、「まずはシナジーの構築からはじめ、その効果を2~3年かけて確認する。それからが統合も含めた次のステップになる」(町田公志社長)。
2016/05/06 23:45 da:48 facebook:1 twitter:0 物流センター 佐川急便 スマート シナジー 取り組み Tweet
アパレル・リソース  Mコマースが始動(前)  ↑0 ↓0
携帯電話や高速インターネット普及の恩恵を受け、モバイル電子商取引、別名Mコマースがまもなくベトナムで普及していくだろう、と専門家らは予測している。 Googleベトナムのレポートによると、モバイル端末は消費者行動に大きな変化をもたらしてきた。 平均的なベトナム人は1日に携帯電話を150回も閲覧し、その回数は1時間に10回以上にもなるという。 さらに、35歳以下の人々はPCよりもスマートフォンを多く使用する。 このことはユーザーが特定の情報やコンテンツを求めていることを意味し、Mコマースに大きな影響を与える、とGoogle社は述べた。 4月6日水曜日ホーチミン市で開催されたMコマースに関する会議の控え室にて、GoogleのベトナムカントリーマネージャーのNitin Gajria氏は、ベトナムにおけるMコマース(の発展)について楽観的な見通しを持っていると、Việt Nam Newsに対して述べた。 「我々の事業にとって本当に心強いのは、通信インフラが既に整備されているため、非常に迅速に事業を成長させられるということです。 3G通信網はベトナム全土をカバーしており、電話料金もどんどん安くなっています。」 「データ(通信費用)は、地域の他の市場と比較してすでに安価となっており、こういったことは、インターネットの浸透を劇的に、迅速に進めるのに重要な条件となります。そして、そのことは、Mコマースを含むインターネットに関する我々のすべての取り組みにおいて、大きな励みとなります。」 MasterCardによる最新のモバイルショッピング調査によると、調査に協力したベトナム人の51%以上が昨年スマートフォンを通じてショッピングを行っており、2014年の45.2%から上昇を示した。 この調査は昨年の10月~12月の間に、アジア太平洋地域における14の市場から18~64歳の8500人に対して実施されたインタビューに基づいており、ベトナムからは500人の回答が含まれている。 市場にはタイ、中国、日本、韓国、オーストラリア、マレーシア、ニュージーランド、台湾、ベトナム、香港、インドネシア、シンガポール、インド、フィリピンを含んでいる。 衣料品、ファッションアクセサリー、ギフト、おもちゃやモバイルアプリなどが、ベトナムにおけるモバイルショッピングで多く購入された商品である。 この調査ではまた、スマートフォンでショッピングを行った人の数が2年前から29.3%増と、インドがその成長率において地域のトップであり、シンガポール(17.1%増)、ベトナム(16.8%増)がそれに続いたと明らかにした。 オンライン市場LazadaベトナムのLê Xuân Longマーケティングディレクターは、「日々より多くのお客様が、携帯電話でインターネットを利用するようになっています。」と述べた。 技術が進歩し、携帯電話で閲覧するウェブサイトは、モバイルアプリケーションに適合していくでしょう。」と彼は付け加えた。 「Lazadaでは売上高の60%が携帯電話を通じて行われています。この数字は2020年までに80%になると考えられます。」   (後編へつづく) もっと見る
ミャンマーニュース  ベトナム通信大手ベトテル ミャンマーで携帯電話事業免許取得  ↑0 ↓0
ミャンマー通信・情報技術省は3月25日、ベトナム軍隊通信グループ(以下、ベトテル)とミャンマーの11の企業で構成される企業連合に対し、携帯電話事業免許を交付すると発表した。これでミャンマーの携帯電話事業免許を保有する企業は、KDDI、ノルウェーのテレノール、カタールのオーレドーと合わせて4社となる。なお、企業連合の出資割合は、ミャンマーの企業11社が合わせて51%、ベトテルが49%となる。同省によると、ベトテルは3億ドル(約340億円)を投じ、携帯電話通信システムの「2G」と「3G」のネットワーク整備を実施するという。2年前の携帯電話普及率は10%、現在は77.7%にミャンマーでは、携帯電話の普及率が急速に上昇している。ミャンマー政府の調べによると、2014年に国外の携帯電話3社が携帯電話事業免許を取得した際は、携帯電話の普及率は約10%にとどまっていたものの、この2年間で、同国ではスマートフォンが普及し、また、格安のSIMカードが販売されるなどして普及率は大幅に増加し、現在は77.7%に達しているという。外部リンクmitvNEWShttp://www.myanmarinternati もっと見る
2016/03/29 18:06 da:23 facebook:21 twitter:0 グループ Tweet
アパレル・リソース  Lazada社、電子商取引の収益構造を構築(後)  ↑0 ↓0
(前編から)   投資:あなたは他国と比較して、ベトナムで電子商取引を行うことが困難であると感じますか? Lazada:私はベトナムで電子商取引(を推進すること)はチャレンジであるものの、過度に難しいものではないと考えています。 Lazadaネットワークがある6カ国の中でも、ベトナムはインターネットの普及とスマートフォン所有率は高いレベルにあり、最も有望な市場の一つです。ベトナムにおいてLazadaは、一日あたり150万ビュー以上を持つトップ5のウェブサイトの中でも唯一の国際ブランドです(Online Revolution Dayによる)。他国、特にアセアン各国と比較すると、ベトナムで電子商取引事業を行うにあたっては、3つの大きな特徴があります。クレジットカードでのオンラインショッピングを考えると、ベトナムは代引払いが好まれるのに対し、ベトナム以外の国ではこうした支払手段がはるかに発達しています。ベトナムにおける平均購買額は他のASEAN諸国に比べてまだ低いですが、消費者のオンラインショッピングに対する信頼性が増し、Lazadaのようなブランドが確立されれば、こうした状況は時間とともに変わっていくでしょう。売り手についても、我々がベトナムの小売店に対して教育を施し、その品質やお客様の多様な要求水準を満たすよう求める必要があります。お客様がLazadaショッピングサイト上で、どの出店店舗からも適切なサービスを受けられるようにすることが、我々の今後取り組むべき課題となります。 投資:アセアン経済共同体の発足はベトナムの電子商取引にどんな影響を与えていくとお考えですか? Lazada:私はアセアン経済共同体の発足が、ベトナムの電子商取引市場をさらに拡大させるための絶好の機会だと考えています。アセアン経済共同体は、ベトナムがグローバル取引を増加させ、それにより消費者はさらに多くの選択肢を得て、より高品質の製品を、より競争力のある価格で得られるようになるでしょう。 投資:Facebookは最近、webサイトやアプリを通じて電子商取引を簡単に行うことができる機能を追加すると発表しました。このことは、オンライン市場に影響を与えるでしょうか? Lazada:私にとってみると、Facebookはソーシャルネットワークとして成功を収めています。しかし、電子商取引の履行プロセス全体を考えた場合、商品を表示するためのプラットフォームや配送システム、顧客サービスも必要となりますし、そして何より、これら全てのプロセスを管理するための制御システムが必須となります。そのためFacebookができることは、現時点では店舗と商品を選択するための第一歩をお客様に提供するのみとなるでしょう。私はFacebookがすぐに他の確立された電子商取引サイトに置き換わるとは考えていません。 もっと見る
2016/03/29 11:55 da:19 facebook:0 twitter:0 商取引 アセアン Facebook お客様 サイト ショッピング Tweet
日本経済新聞  ベトナム最大の電子マネー「モモ」に31億円出資 英銀など  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」企業のMサービス(ホーチミン市)は英スタンダードチャータード銀行と米ゴールドマン・サックス証券から2800万ドル(約31億4000万円)の出資を受けたと発表した。Mサービスが提供するベトナム最大の電子マネー「MoMo(モモ)」の利用可能店舗を現在の約3倍に増やすなどサービスを拡充する。 モモは2015年10月に始めた電子マネーで、現在の利用者数は250万人。ネット通販での決済、リアル店舗での支払い、銀行口座を必要としない振り込みなど様々なサービスがある。全利用者のうち100万人がスマートフォン(スマホ)で使っており、若い世代の利用が増えている。 スタンダードチャータードは2500万ドルを新規に出資、ゴールドマンは13年の575万ドルに続き、300万ドルを追加出資した。Mサービスはスーパー、コンビニエンスストアなどに決済端末を置くほか、新規サービスを開発する。利用可能店舗を現在の4000店から数年内に2.8倍の1万1000店に、利用者を同1.6倍の400万人に増やす。 ベトナムではネット通販の拡大で電子マネー決済のニーズが もっと見る
gamebiz.jp  【ゲーム株概況(3/17)】『Flyff All Stars』のベトナム配信開始でガーラが[…]  ↑0 ↓0
ガーラは、スマートフォン向けRPG『Flyff All Stars』をゾディアックアジアを通じて、ベトナムのGoogle Playでリリースしたことが市場から材料して意識されたようだ ...
2016/03/17 16:41 da:43 facebook:1 twitter:0 リリース スマートフォン ゲーム Tweet
ma-times.jp  パイプドHD、ベトナムのスマートフォン・アプリ開発会社と新会社設立 アジアでの事業展開加速へ  ↑0 ↓0
情報資産プラットフォーム事業等のパイプドHD【3919】は、ベトナムの事業法人MQ ICT Solutions(以下「MQ」)と共同で、ベトナムにおけるC2Cマーケットプレース事業(フリマ事業)及びEC事業等を目的とする新会社 「MOKI」の設立及び本事業の開始の実現に向けた取組に関する基本合意を締結したと発表した。
gamebiz.jp  ゾディアックアジア、スマートフォン向けRPG『Flyff All Stars』をベトナム[…]  ↑1 ↓0
ゾディアックアジアは、3月16日、子会社フジテクノロジーがガーラ<4777>が保有するスマートフォン向けRPG『Flyff All Stars』をベトナムのGoogle Playでリリース ...
2016/03/17 09:45 da:43 facebook:8 twitter:0 スマートフォン リリース 子会社 テクノロジー Tweet
gamer.ne.jp  Android版「Flyff All Stars」がベトナムにて配信開始―グラフィック性の高いゲームが好まれる背景を受けて  ↑0 ↓0
ベトナムの携帯電話加入件数は1億3,400万件に上り、スマートフォン利用者数の伸び率はアジア地域で2位。16歳から34歳の人の80%はスマートフォンでゲームをしているとみられている。
2016/03/16 19:41 da:40 facebook:0 twitter:0 スマートフォン ゲーム アジア 伸び率 グラフィック Android Tweet
4gamer.net  アクションRPG「Flyff All Stars」のAndroid版がベトナムで配信開始  ↑0 ↓0
所在地:ベトナム・ハノイ、代表取締役:加藤典子 以下、Fuji Tech)は、ベトナム市場に向け、株式会社ガーラ(本社:東京都港区、代表取締役グループCEO:菊川曉 以下、ガーラ)が保有するスマートフォン向けRPGゲーム「Flyff All Stars」の配信を、2016年3月16日よりGooglePlayにて開始いたしました。
2016/03/16 19:07 da:61 facebook:0 twitter:0 グループ ハノイ 所在地 アクション Android Tweet
PR TIMES  ゾディアックアジア、 ベトナム市場に向けスマートフォン向けゲーム「Flyff All Stars」を配信開始  ↑0 ↓0
所在地:ベトナム・ハノイ、代表取締役:加藤典子 以下、FujiTech)は、ベトナム市場に向け、株式会社ガーラ(本社:東京都港区、代表取締役グループCEO:菊川 曉 以下、ガーラ)が保有するスマートフォン向けRPGゲーム「Flyff All Stars」 の配信を、2016年3月16日よりGoogle Playにて開始いたしました。
2016/03/16 16:06 da:68 facebook:6 twitter:0 グループ ハノイ ゲーム スマートフォン 所在地 Tweet
財経新聞  パイプドHDはベトナムの事業法人MQと新会社「MOKI」の設立等について基本合意を締結  ↑0 ↓0
パイプドHD<3919>(東1)は15日、ベトナムの事業法人MQと共同で、ベトナムにおけるC2Cマーケットプレース事業(フリマ事業)及びEC事業等を展開する新会社「MOKI」の設立と本事業の開始の実現に向けた取組に関する基本合意を締結したことを発表した。 MOKIは、C2Cマーケットプレースのスマートフォン・アプリ「MOKI」をベトナムで展開する。このアプリは、当初はアパレルや日用生活雑貨を中心に、10代~30代の若者及び子供を持つ主婦層向けの商品を幅広く取り扱う。また、決済や集客の方法について、ベトナムの慣習や文化に柔軟に対応する。 ベトナムは、日本の「もったいない」という価値観を重視する文化的な類似性があり、多くの中古品の売買が盛んであるが、現状では小さな実店舗による取引がメインで、インターネットを活用した中古品のC2Cはこれから発展する市場と見込まれている。 事業の遂行及びシステム開発を支援するMQは、スマートフォン向けアプリ等の開発に特化している企業であり、高い開発能力を有しているだけでなく、ベトナムの現地法人であることから、ベトナムにおける商慣習や文化に詳しく、ベ もっと見る
2016/03/16 12:11 da:40 facebook:0 twitter:0 フリマ プレース マーケット 新会社 Tweet