1.4335031509399

Vietnam

rocketnews24.com  業務スーパーの「フォー」がメチャウマでお買い得! 5袋入りで214円と格安なのに本格的な味だぞ!!  ↑0 ↓0
他にもいい商品がないかな〜と探していたところ、ベトナム料理の「インスタントフォー」がめっちゃウマかったので紹介することにしたい。まず5袋で214円(税込) ...
2018/09/10 10:41 da:- facebook:0 twitter:0 フォー スーパー お買い得 袋入り 本格的 ところ Tweet
出島  ベトナムで独立記念日 3日間のスーパーの売上が増加  ↑0 ↓0
ベトナムで独立記念日 3日間のスーパーの売上が増加. ベトナムで独立記念日 3日間のスーパーの売上が増加. ホーチミンのスーパーマーケットやショッピング ...
nna.jp  米エクソン、バイク用エンジンオイル発売  ↑0 ↓0
米石油大手エクソンモービルはこのほど、ベトナムでバイクとスクーター用の高級エンジンオイル「モービル・スーパー・モト」を発売した。5日付ダウトゥ電子版が報じ ...
2018/09/07 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 エクソン バイク エンジン オイル モービル このほど Tweet
nna.jp  連休中の小売り活況、HCM市スーパーなど  ↑0 ↓0
今月の1~3日の連休中、ホーチミン市内のスーパーマーケットやショッピングモールなど小売り大手各社は、軒並み活況を呈したようだ。ベトナム・ニュース(VNS) ...
sankeibiz.jp  イオン、ベトナムで「FIVIMART」との業務提携解消 事業戦略で方向性の違い鮮明  ↑0 ↓0
イオンは31日、ベトナム・ハノイ市でスーパーマーケット事業を展開する「FIVIMART」との資本・業務提携を解消したと発表した。 イオンは2014年に、FIVIMART ...
2018/09/01 05:48 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ スーパーマーケット Tweet
日本経済新聞  イオン、ベトナムの食品スーパーと提携解消  ↑0 ↓0
イオンは30日までにベトナムで資本・業務提携する現地食品スーパー2社のうち、1社との提携を解消した。ベトナムは流通規制の緩和などを背景に成長期待は ...
2018/08/30 17:03 da:- facebook:0 twitter:0 イオン スーパー Tweet
sankeibiz.jp  日用消費財市場年5%成長 ベトナム、小売り参入相次ぐ  ↑0 ↓0
2018.8.30 05:31. 中部ダナンのスーパーマーケット。ベトナムの日用消費財市場の年間成長率は今年約5%になる見通しだ(ブルームバーグ). Tweet.
日本経済新聞  飛鳥フーズ、ベトナムに刺し身や塩辛の生産拠点  ↑0 ↓0
海産物加工食品を製造販売する飛鳥フーズ(新潟県三条市)はベトナムに進出する。2020年までに工場を稼働させ、刺し身などの生食用商品をアジアのスーパー ...
2018/08/22 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 フーズ 刺し身 海産物 生食用 アジア スーパー Tweet
withnews.jp  【世界のおやつ】マーチしないコアラ、「国宝級」のチョコがある国は  ↑0 ↓0
鈴木記者「ベトナムに赴任した私が、ハノイのスーパーでみつけて仰天したお菓子は、その名も「Akiko(アキコ)」。細長く焼いた筒状のクッキーに、バニラクリームや ...
2018/07/16 06:45 da:- facebook:0 twitter:0 おやつ マーチ コアラ チョコ ハノイ スーパー Tweet
nna.jp  小売りハプロ、輸出が事業の柱に  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)がこのほど公表した上半期(1~6月)決算によれば、輸出が前年同期比で43%拡大 ...
2018/07/12 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ 小売り スーパーマーケット このほど 上半期 Tweet
nna.jp  ロッテマート、韓国中小の商品売場を開設  ↑0 ↓0
韓国のスーパーマーケット大手ロッテマートは8日、ホーチミン市のゴーバップ店に韓国釜山市の中小企業の商品を取り扱う売り場を開設したと明らかにした。
rim-intelligence.co.jp  原油・コンデンセート:6月25~29日:IRPC向け入札、ブルネイ、ベトナムおよび域外産が落札,  ↑0 ↓0
中東原油. クウェート産原油の商いでは、同国国営石油会社(KPC)が28日、新原油のクウェートスーパーライト(KSL)の販売入札を締め切った。対象は7月26~27 ...
2018/07/02 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 クウェート コンデンセート ブルネイ スーパー ライト Tweet
nna.jp  地場2社、小売りハプロの株式33%取得  ↑0 ↓0
ベトナムの企業2社が、ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)の株式約33%を取得していたことが18日までに分かった。
2018/06/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- ハノイ 小売り スーパーマーケット Tweet
日本経済新聞  ベトナム小売業、外資なだれ込む 零細店多く出店余地  ↑0 ↓0
環太平洋経済連携協定(TPP)などに合わせた流通業の規制緩和が進むベトナムで、コンビニエンスストアやスーパーが相次いで500~数千店の大量出店計画を ...
2018/06/15 20:26 da:- facebook:0 twitter:0 太平洋 コンビニエンス ストア スーパー Tweet
出島  ベトナム小売店 「スーパーマーケット」を名乗るには条件が必要に?  ↑0 ↓0
ベトナムの商工省(MOIT)が、流通部門の開発と管理に関する政令草案を作成中である。それによれば、小売店舗が「スーパーマーケット」または「ショッピング ...
2018/06/12 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 小売店 スーパーマーケット 商工省 ショッピング Tweet
nna.jp  タイに農産物輸出、小売りビッグCで販売  ↑0 ↓0
タイの財閥TCCグループ傘下で卸売スーパーマーケットを展開するMMメガマーケット・ベトナムはこのほど、タイにベトナム産農産物100トン余りを輸出した。
毎日新聞  ベトナム国籍の2容疑者を逮捕 韮崎 /山梨  ↑0 ↓0
韮崎市のスーパーマーケットであった事後強盗事件で、県警捜査1課などは17日、ベトナム国籍で住居不定、自称土木作業員のズーン・バン・コン容疑者(27)を ...
2018/05/19 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 容疑者 スーパーマーケット 作業員 Tweet
news24.jp  事後強盗の疑い ベトナム国籍の男逮捕(山梨県)  ↑0 ↓0
事後強盗の疑い ベトナム国籍の男逮捕(山梨県). 16日に韮崎市のスーパーで化粧品を万引きした上、警備員の顔を殴って逃走したとして、ベトナム国籍の男が ...
2018/05/18 12:11 da:- facebook:0 twitter:0 スーパー 化粧品 万引き 警備員 Tweet
nna.jp  コンビニ「チアーズ」、HCM市に3号店  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)とシンガポールのスーパーマーケット大手NTUCフェアプライスは10日、ホーチミン市に ...
nna.jp  コンビニ出店、郊外で加速中  ↑0 ↓0
ベトナムの大都市中心部へのコンビニエンスストア、小型スーパーの相次ぐ出店で競争が激化したことにより、コンビニなどの郊外出店の動きが加速している。5日付ゾアインニャン・サイゴンが報じた。 小型スーパー「バック・ホア・サイン」を展開するデジタル機器販売大手テーゾイ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
lrnc.cc  一人の少年を探すため、ベトナムのスーパーカブライダーたちが出動!  ↑0 ↓0
一人の少年を探すため、ベトナムのスーパーカブライダーたちが出動! ... ベトナムではバイクのことを“ホンダ”と呼ぶほどホンダのバイクは親しまれています。とくにスーパーカブは、庶民の移動手段 ... 今回はそんなバイク大国ベトナムだからこそ発揮される、スーパーカブライダーたちの活躍をみてみましょう。 FacebookTwitter.
2018/05/06 09:56 da:- facebook:0 twitter:0 バイク ホンダ スーパー Twitter Tweet
honda.lrnc.cc  一人の少年を探すため、ベトナムのスーパーカブライダーたちが出動!  ↑0 ↓0
ベトナムではバイクのことを“ホンダ”と呼ぶほどホンダのバイクは親しまれています。とくにスーパーカブは、 ... てはならない存在です。今回はそんなバイク大国ベトナムだからこそ発揮される、スーパーカブライダーたちの活躍をみてみましょう。 ... ある日、ベトナム・ホーチミンシティで一人の少年が行方不明に。 画像1: youtu.be.
2018/05/06 09:56 da:- facebook:0 twitter:0 バイク ホンダ スーパー ある日 ホーチミン シティ Tweet
nna.jp  スーパーブロック、越で風力発電会社を設立  ↑0 ↓0
タイの軽量コンクリートブロックメーカー、スーパーブロックは3日、ベトナムで風力発電事業を手掛ける子会社を設立したと発表した。 タイ証券取引所(SET)への報告によると、2017年11月17日付で、南部カマウ省カマウ市にスーパー・ウインド・エナジー・コングリー1を設立し… 関連国・地域: タイ/ベトナム. 関連業種: 電力・ ...
nna.jp  英衣料「スーパードライ」、越1号店が開店  ↑0 ↓0
ベトナム1号店は、市中心部ホアンキエム区の商業施設「チャンティエン・プラザ」3階に開設され、タイのアパレルメーカー、ジャスパル・グループが運営する。あらゆる年齢層向けのカジュアルファッションを取りそろえるほか、「スーパードライSS18」ブランドの香水なども扱う。初日は青年層を中心に数百人が来店してにぎわった ...
2018/05/02 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 スーパー ドライ プラザ アパレル メーカー グループ Tweet
nna.jp  ハプロ、UPCoMに登録  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)が5月4日、未上場株式を取り扱う公式店頭市場「UPCoM」に7,544万株を登録する。4月26日付ダウトゥ電子版が報じた。 銘柄コードはHTM。初日の参照価格は1株1万2,900ドン(57米セント、約62… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・ ...
2018/05/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- ハノイ スーパーマーケット コード セント Tweet
manila-shimbun.com  ベトナムのヌードルチェーンを比で展開へ ジョリビーが合弁会社を通じて  ↑0 ↓0
国内ファストフード最大手のジョリビー・フーズはこのほど、ベトナム企業との合弁会社スーパーフーズ・グループを通じて、同国で展開するベトナムヌードルチェーン「PHO24」をフィリピン国内でも展開することを明らかにした。ジョリビーはベトナムヌードルチェーンをアジアの主要都市に進出させる計画で、まず比での事業展開を ...
sankeibiz.jp  越ハノイ市、電子決済インフラ本格整備 消費者6割利用に対応  ↑0 ↓0
ベトナムのハノイ市人民委員会は、電子決済化を本格的に推進する計画を発表した。2020年までに、主要なスーパーマーケットや飲食店で現金以外の支払いを可能とするため、クレジットカード読み取り機などの普及促進を図る。国営ベトナム・ニューズが報じた。 計画では、ハノイ市内の電力会社や通信事業者に対して、 ...
sankeibiz.jp  韓国、ベトナムに傾斜 米中との通商悪化にらみ関係強化  ↑0 ↓0
ベトナム中部ダナンでロッテグループが展開する大型スーパー「ロッテマート」。店舗の外壁にはLG電子の広告が掲げられている=2017年11月12日(ブルームバーグ) ...
2018/04/17 06:00 da:- facebook:0 twitter:0 ロッテ にらみ ダナン グループ スーパー マート Tweet
jinjibu.jp  技能実習生の受入れ数拡大 サミット  ↑0 ↓0
東京都を中心にスーパーマーケットチェーンを展開しているサミット(株)(東京都杉並区、竹野浩樹代表取締役社長)は今年度、技能実習制度の活用をさらに広げる。すでにベトナム人55人を、鮮魚・惣菜・ベーカリー部門のバックヤードで雇用しているが、今年度新たに81人を採用する予定。生鮮食品の加工センターにおいて精肉 ...
nna.jp  英スーパードライ、ハノイに越1号店  ↑0 ↓0
英国のファッションブランド「スーパードライ(Superdry)」は21日、ハノイにベトナム1号店をオープンする予定だ。12日付ダウトゥ電子版などが報じた。 店舗は、市中心部ホアンキエム区の商業施設「チャンティエン・プラザ」に入居し、タイのアパレルメーカー、ジャスパ… 関連国・地域: ベトナム/欧州. 関連業種: アパレル・繊維.
news.livedoor.com  業務スーパーのベトナム産チョコマフィンはジャンクな甘さが強烈  ↑0 ↓0
生地や焼き目の香ばしさはなく、ジャンキーな香料感がかなり強いココアとチョコの濃厚な甘みがガツンと口中に広がるクセが強くて好みを選ぶけど、1個あたりの満足感と甘味レベルは高め飽きてきたらレンジで加熱するか、コーヒーとセットにするのがおすすめ商品情報内容量|7個原産国|ベトナム輸入者|神戸物産 ...
2018/04/13 18:37 da:- facebook:0 twitter:0 チョコ スーパー マフィン ジャンク ジャンキー ココア Tweet
rodo.co.jp  技能実習生の受入れ数拡大 サミット  ↑0 ↓0
東京都を中心にスーパーマーケットチェーンを展開しているサミット㈱(東京都杉並区、竹野浩樹代表取締役社長)は今年度、技能実習制度の活用をさらに広げる。すでにベトナム人55人を、鮮魚・惣菜・ベーカリー部門のバックヤードで雇用しているが、今年度新たに81人を採用する予定。生鮮食品の加工センターにおいて精肉 ...
nna.jp  サイゴンコープ、コンビニ50店の出店目指す  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)が、コンビニエンスストア「チアーズ」を近く50店舗体制にする考えだ。シンガポールのスーパー大手NTUCフェアプライスと協力し、現在の2店舗から拡大する方針。10日付サイゴンタイムズが伝えた。 チアーズに… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  ホーチミン市内のコンビニ、1800店に  ↑0 ↓0
米系不動産管理のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)ベトナムによれば、3月末時点でホーチミン市のコンビニエンスストア(ミニスーパーを含む)の総数は1,800店余り、総面積は27万2,000平方メートルに達した。9日付VNエクスプレスが報じた。 総面積は2017年12月から5.1%増加した。新たな事業者の参入も見込まれて ...
nna.jp  韓国Eマート、店舗網拡大に5千億ウォン  ↑0 ↓0
韓国のスーパー大手Eマートが、向こう3年でベトナム市場に総額5,496億ウォン(約552億円)を投資する計画であることが明らかになった。2日付イーデイリーが伝えた。 同社は2018年に1,383億ウォン、19年に2,135億ウォン、20年に1,953億ウォンを、それぞれ投じる計画。既存店舗に… 関連国・地域: 韓国/ベトナム.
2018/04/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- マート 店舗網 向こう 明らか Tweet
nna.jp  小売りハプロ、IPOで株式34.5%売却  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)が3月30日、新規株式公開(IPO)を実施し、1兆ドン(4,400万米ドル、約46億8,000万円)近い収益を得た。3月30日付ダウトゥ電子版などが報じた。 IPOはハノイ証券取引所(HNX)で行われ、資… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険/ ...
nna.jp  テーゾイジードン、小型スーパー500店に  ↑0 ↓0
ベトナムのデジタル機器販売大手テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)はこのほど、年次株主総会を開催し、2018年6月末までに小型スーパー「バック・ホア・サイン」の店舗を現在の300店余りから500店に拡大させる計画を明らかにした。計画実行のためには、3兆ドン(1億3,15… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: IT・ ...
2018/03/27 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 スーパー デジタル モバイル ワールド このほど バック Tweet
nna.jp  ねじ曲げられた都市計画 巨大財閥ビングループ(3)  ↑0 ↓0
リゾート地での宿泊や快適なマンション、スーパーでの安全な食品の買い物や最新設備がある病院や学校、そしてクルマ――。ベトナム人にとって憧れの生活の提供は、ベトナム投資グループ(ビングループ)の紛れもない功績だ。ただ外資を凌駕(りょうが)するまでの急成長には影も付… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
newsclip.be  イオンモール、ハノイ西部にベトナム5号店  ↑0 ↓0
【ベトナム】イオンモールはベトナム5号店を2019年度にハノイ市西部のハドン区で開業する。 名称は「イオンモール・ハドン」。敷地面積約9万8000平方メートル、延床面積約15万平方メートル、総賃貸面積約7万4000平方メートル。地上3階、地下1階で、鹿島建設とベトナム企業の共同企業体が施工する。総合スーパーのイオン ...
2018/03/12 23:15 da:- facebook:0 twitter:0 イオン モール ハノイ 市西部 鹿島建設 スーパー Tweet
newsclip.be  タイ流通大手セントラル、18年の売上目標4000億バーツ  ↑0 ↓0
百貨店の「セントラル」、「ロビンソン」、スーパーの「トップス」、ホテルの「センタラ」などを展開し、小売店の数(2017年末)はタイ4970店、ベトナム217店。欧州でもSCを展開する。タイでは22万人を雇用。ベトナムでは1万7000人を雇用し、1日の来店者数が平均17.5万人に上る。2017年の売り上げ構成はタイ72%、欧州15%、 ...
tokyo-sports.co.jp  人気ラーメン店だけじゃない!「外国人不法就労」の実態  ↑0 ↓0
発端はベトナム人への職務質問だった。 「留学目的で来日していたが、すでに滞在資格を失っていた。一蘭で長時間働いており、店舗の雇用関係の調査をしたところ、他に何人も時間外で働いている外国人がいて、今回の措置に至った」(捜査関係者). 大阪では一昨年に激安スーパーで知られる「スーパー玉出」、昨年には人気 ...
2018/03/08 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 ラーメン 職務質問 長時間 ところ 時間外 Tweet
nna.jp  アキレス腱の小売部門 巨大財閥ビングループ(2)  ↑0 ↓0
ベトナム投資グループ(ビングループ)の2017年売上高は90兆ドン(40億米ドル、約4,180億円)を超え、前年比6割増と急成長を続けている。税引き後利益も55%増の5兆4,000億ドンに伸ばしたが、収益は不動産に偏り、医療や娯楽サービスなどは赤字が続く。特にスーパー「ビンマート… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/03/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- グループ アキレス腱 売上高 米ドル 税引き 不動産 Tweet
minyu-net.com  ベトナムからの実習生が入社 リオン・ドールに3期生19人  ↑0 ↓0
スーパーを展開するリオン・ドールコーポレーション(会津若松市、小池信介社長)が新たに採用したベトナムからの実習生19人の入社式が6日、同市のリオン・ドール本部で行われた。 ベトナムから実習生を受け入れるのは、2016(平成28)年12月に21人、昨年10月に20人を採用して以来、今回で3回目。3期生は年齢が20 ...
2018/03/07 09:00 da:- facebook:0 twitter:0 実習生 ドール スーパー コーポレーション 会津若松 Tweet
日本経済新聞  服部製紙、美容マスクで東南アジア開拓 ベトナムでPB商品  ↑0 ↓0
家庭紙メーカーの服部製紙(愛媛県四国中央市)は美容向けのフェースマスクを東南アジアで本格販売する。ベトナムのスーパーやドラッグストアで3月中にプライベートブランド(PB)商品の販売を始める。インドネシアでの展開も目指す。既に中国や台湾で販売しているが、現地女性の美白志向や日本製品への信頼感を追い風 ...
premium.yomiuri.co.jp  田舎なら警察に見つからない  ↑0 ↓0
ベトナム窃盗団「田舎なら警察に見つからない」. 2018年2月27日14時47分. 昨年末に高知県土佐市内でスーパーなどの商品が万引きされる被害が相次ぎ、県警が31~23歳のベトナム人のグループを窃盗容疑で逮捕していたことがわかった。 窃盗罪で起訴された4人の初公判が26日、地裁(渡辺容子裁判官)で開かれ、 ...
2018/02/27 19:48 da:- facebook:0 twitter:0 スーパー 万引き グループ 裁判官 Tweet
読売新聞  ベトナム窃盗団「田舎なら警察に見つからない」  ↑0 ↓0
昨年末に高知県土佐市内でスーパーなどの商品が万引きされる被害が相次ぎ、県警が31~23歳のベトナム人のグループを窃盗容疑で逮捕していたことがわかった。 窃盗罪で起訴された4人の初公判が26日、地裁(渡辺容子裁判官)で開かれ、このうち1件について、起訴事実を認めた。県警はこのグループが他にも県内を ...
2018/02/27 14:48 da:- facebook:0 twitter:0 グループ スーパー 万引き 裁判官 Tweet
毎日新聞  好調 ベトナム有力市場へ JAなど海外開拓期待 /大分  ↑0 ↓0
九州有数の梨産地を抱える日田市のJAおおいた日田梨部会(梶原智俊部会長)は、2月始めにベトナムのホーチミン高島屋やスーパーチェーンで開催した「日田梨フェア」で、持ち込んだ大玉の品種「新高」約3・1トンを完売した。「今後も中秋節や春節に合わせて輸出を拡大し、品種についても、新高を主力に『あきづき』『豊水』も ...
2018/02/22 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 おおいた 部会長 ホーチミン 高島屋 スーパーチェーン Tweet
nna.jp  国営小売りハプロ、3月30日にIPO  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開する国営ハノイ商業総公社(ハプロ)は3月30日にハノイ証券取引所(HNX)で新規株式公開(IPO)を実施する。19日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が報じた。 株式の34.51%に相当する7,593万株を公開する。売… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険/ ...
kinyobi.co.jp  1172号  ↑0 ↓0
ニー医師からもらったベトナムの人形を見る度に気持ちを新たにしている。(赤岩友香). ▽スーパーのレジに並んで、自分の順番になって会計を待っている。ふと後ろを振り返ると、早くしなさいよとばかりに次の人のカゴが目の前に。また、銀行ATMで混んでいても平気で振り込みを続ける人は、後ろが気にならないのかな。
2018/02/16 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 気持ち スーパー 目の前 ATM 振り込み Tweet
nna.jp  タイ企業、越の風力発電に18億ドル投資へ  ↑0 ↓0
タイの軽量コンクリートブロックメーカー、スーパーブロックは、ベトナムの風力発電事業に総額560億バーツ(約17億6,900万米ドル、約1,910億円)を投じる計画だ。ジョムサップ・ロチャヤ会長が、ロイター通信に明らかにした。 同社は現在、第1期として、ベトナム南部メコンデルタ… 関連国・地域: タイ/ベトナム. 関連業種: ...
nna.jp  韓国ロッテマート、小型スーパー出店を計画  ↑0 ↓0
韓国のスーパー大手、ロッテマートは今後、ベトナムで都市型小型スーパーマーケットの運営に注力していく方針だ。同社のカン・ミンホ代表が明らかにした。 6日付ニューデイリーによると、こうした判断の背景には、同社が既にベトナムの大型スーパー市場が飽和状態に達したと判断… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
saga-s.co.jp  世界意識した農業を 佐賀農が研究成果発表 栽培技術連携を提案  ↑0 ↓0
国際的な人材育成を目指す文科省の事業「スーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)」の指定校、佐賀農業高校(白石町、谷川靖信校長)が2日、研究成果発表会を町総合センターで開いた。1~3年生がベトナムでの農業研修などを報告。世界を意識した農産品づくりを考える意欲的な内容で、教育や農業関係者約250人が ...
nna.jp  韓国Eマート、越2号店オープンに向け出資  ↑0 ↓0
韓国スーパー大手Eマートは1月30日、同社のベトナム法人であるEマート・ベトナムに出資したと発表した。 出資額は404億6,200万ウォン(約41億2,300万円)。目的は「新規店舗の出店」と説明している。同社は今年上半期(1~6月)にホーチミン市で2号店のオープンを目指してい… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
2018/02/01 04:33 da:- facebook:0 twitter:0 マート オープン 上半期 ホーチミン Tweet
nna.jp  サイゴンコープとシンガ企業、スーパー開設  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)はこのほど、シンガポールの同業NTUCフェアプライスと合弁で、ホーチミン市にハイパーマーケット「コープ・エクストラ」をオープンした。国内3店舗となる。国営ベトナム通信(VNA)が27日に伝えた。 同店… 関連国・地域: ベトナム/シンガポール. 関連業種: ...
2018/01/30 00:07 da:- facebook:- twitter:- コープ サイゴン ホーチミン 小売り このほど フェア Tweet
nna.jp  《日系進出》オカムラ食品がすしネタ工場  ↑2 ↓0
ティラワ特区のゾーンBに立地、年産能力は1,822トン。サーモンを中心に、すしネタの需要拡大が見込まれるアジアなどに販売する。 オカムラトレーディングはデンマークでサーモンを養殖するほか、ベトナムですしネタ生産を委託し、日本の商社やスーパーマーケットに販売している。ベトナムの人件費上昇への対応やリスク分散 ...
NHKニュース  日本で働く外国人労働者127万人余 過去最多に  ↑0 ↓0
国別では中国人が最も多く37万2000人、次いでベトナム人が24万人、フィリピン人が14万6000人などで、特にベトナム人はおととしと比べて40%近く増えました。 産業別では「製造業」が38万5000人、清掃などの「サービス業」が18万9000人、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの「卸売業、小売業」が16 ...
2018/01/27 04:30 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 労働者 中国人 おととし 産業別 製造業 Tweet
nna.jp  ヌティフード、粉ミルクを米国へ輸出  ↑0 ↓0
ベトナムの乳製品大手ヌティフードは18日、米デロリ食品と乳製品の輸出契約を締結した。輸出するのは食欲不振の子ども向け粉ミルク「ペディアプラス」で、カリフォルニア州のスーパーマーケット約300店舗で販売される予定だ。18日付VNエクスプレスが報じた。 計画によれば、初年… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
nna.jp  ビンマート、20年までに200店を目標  ↑0 ↓0
ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下で小売りチェーンを運営するビンコマースは、2020年までにスーパーマーケット「ビンマート」の店舗数を200店にする目標を明らかにした。16日付ダウトゥ電子版などが報じた。 同社は昨年末の時点… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  国営企業の横断管理組織を設置へ、首相決定  ↑0 ↓0
ベトナム政府は大手国営企業30社を横断的に管理する新組織「国有資本管理委員会」を設立する。国の資本運用を手掛けるベトナム国家資本投資経営総公社(SCIC)の上位にあたる「スーパー委員会」との位置づけになる。16日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が報… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済一般・ ...
2018/01/18 00:00 da:- facebook:- twitter:- スーパー 位置づけ インベストメント レビュー Tweet
lnews.jp  双日プラネット/ベトナムで包装資材製造事業に参入、南部に工場新設  ↑0 ↓0
RLP社は双日プラネットの出資を受けてベトナム南部のロンアン省に工場を新設、各種フィルムの印刷やラミネート・製袋加工による包装資材の製造、合成皮革とそれらを使った加工品など幅広い製品の製造を実施する。工場の総投資額は約36億円、稼働は今年3月を見込んでいる。 近年、ベトナムではスーパーマーケットや ...
newsclip.be  双日プラネット、ベトナムで包装資材製造事業参入  ↑0 ↓0
【ベトナム】合成樹脂商社の双日プラネット(東京都千代田区)は16日、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカー、ランドン・プラスティックの子会社ランドン・ロンアン・ ... ベトナムでは近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売り業態が発達しつつあり、食品用途の包装資材市場は毎年約 10―15%拡大している。
thaich.net  地下鉄ペッブリー駅に出来た「メトロモール」にはどんなお店がある?  ↑0 ↓0
オープン前ですがベトナム料理の「ベトナムエキスプレス」。 こちらもオープン前の「オチャヤ」。つまりお茶屋です。 これもオープン前のラーメン専門店「ラーメンボーイ」。どんなラーメンが食べられるのでしょうか。 こちらもオープン前のパン屋さん「ブレッドトーク」。 そしてスーパーマーケットもオープン。ザ・モールグループの「グルメ ...
2018/01/16 06:11 da:- facebook:0 twitter:0 オープン ラーメン モール こちら 地下鉄 メトロ Tweet
nna.jp  ハノイで商業施設オープン、集合住宅地に  ↑0 ↓0
ハノイ市南トゥーリエム区トーヒュー通りの高層集合住宅「エコライフ・キャピトル」内に23日、同名の商業施設がオープンした。ダウトゥ電子版が報じた。 施設は5階建てで、床面積1万平方メートル近く。スーパーマーケットやレストラン、娯楽施設、フィットネスクラブなどが入居… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  卸売MMメガマーケット、ハノイに新装開店  ↑0 ↓0
ベトナムで卸売スーパーマーケットを展開するMMメガマーケット・ベトナムが13日、ハノイに「MMメガ・マーケット・タンロン」をリニューアルオープンした。13日付ダウトゥ電子版が報じた。 MMメガマーケットは、タイの財閥大手TCCグループが卸売スーパー「メトロ・キャッ… 関連国・地域: タイ/ベトナム. 関連業種: 商業・サービス.
hira2.jp  ガラ〜ンと広い、あのスーパーの跡地へ潜入!もうすぐオープンのベトナム料理店「ふぉーの店」のことも ...  ↑0 ↓0
ガラ〜ンと広い、あのスーパーの跡地へ潜入!もうすぐオープンのベトナム料理店「ふぉーの店」のことも聞いてきた【ひらつー不動産】 ... 他には衣料品店や電気屋、地下なのでゲームセンターやカラオケBOXなんかもいいかも。 ベトナム料理「ふぉーの店」は今どうなってんの? ABCセンター-35 さて、ここからは同じABCセンター ...
data-max.co.jp  巧妙化する手口 外国人不法就労事件の裏側  ↑0 ↓0
被告は20代のベトナム人元留学生。罪状は窃盗、傷害、入管法違反だ。被告は市内のスーパーで万引きしようとしたが、店員に発見され、止めに入った店長を振り切ろうとケガを負わせた。逮捕後の調査で、在留期限切れのオーバーステイが発覚。さらに配偶者の在留カードを偽造して使用したこともわかっており、次々に違法 ...
2017/12/11 13:30 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 留学生 スーパー 万引き 期限切れ オーバー Tweet
nna.jp  ハプロ株式化案が承認、国は完全撤退  ↑0 ↓0
ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相がこのほど、ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)の株式化案を承認した。国の資金は全て引き揚げる。4日付トイバオキンテー電子版などが報じた。 これによれば、資本金を2兆2,000億ドン(9,680万米… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・ ...
2017/12/07 00:16 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ 副首相 このほど スーパーマーケット 資本金 Tweet
nna.jp  テイクオフ:ベトナムの麺料理フォー…  ↑0 ↓0
ベトナムの麺料理フォーの乾麺を知人からいただいた。フォーと言えばパクチーが欠かせない。スーパーに行き「あったあった」と袋を掴んでカゴに入れた。 帰宅して袋を開けると、何かが違う。茎はパクチーのような細さではなく、太くしっかりしている。香りも違うような……ラベルを見ると、クレソンだった。すでにフォーをゆで ...
2017/12/05 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 フォー テイクオフ スーパー ラベル クレソン Tweet
nna.jp  韓国のコメ加工食品展、ベトナムで初開催  ↑0 ↓0
韓国コメ加工食品協会は、ベトナムでコメ加工食品の販促イベントを開催した。同協会による販促イベントが海外で行われるのは、2016年の台湾に続くもので、ベトナムでは初めて。 イベントは11月の1カ月間、ホーチミン市にある韓国のスーパーマーケット大手ロッテマートや韓国系食… 関連国・地域: 韓国/ベトナム.
getnews.jp  海外旅行好きにおすすめのベトナムビール5選  ↑0 ↓0
ビールは、ベトナムでも特に安い飲み物の一つです。スーパーで買うとおよそ1万VDN(ベトナムドン)くらい。つまり、50〜60円でビールが買えるんです!ビール好きな人にはたまりませんね。 ベトナムビールといえば「333(バーバーバー)」が有名ですが、実はそれ以外にいくつものおいしい地ビールがあります。今回は、旅行好きに ...
2017/11/23 20:37 da:- facebook:0 twitter:0 ビール おすすめ 飲み物 スーパー くらい バーバー Tweet
books.rakuten.co.jp  ベトナムの基礎知識 - 古田元夫  ↑0 ↓0
ベトナムの基礎知識 - 古田元夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。
2017/11/23 18:33 da:- facebook:0 twitter:0 基礎知識 ブックス スーパー ポイント みんな レビュー Tweet
traicy.com  ジェットスター、国際線でスーパースターセール ベトナムへ片道2990円など  ↑0 ↓0
ジェットスター・ジャパンは11月23日午後6時から28日午後6時まで、国際線対象の「Super Star Sale」を開催する。 片道運賃は大阪/関西〜ダナン・ハノイ線 ...
flyteam.jp  タイ国際航空、モルディブ、ベトナム行きスペシャル運賃 往復6万円台から  ↑0 ↓0
タイ国際航空は2017年12月31日(日)まで、モルディブ、ベトナム行きスペシャル運賃「スーパーディール ネットワーク」を設定、販売しています。対象の旅行期間 ...
nna.jp  〔徒然サイゴン〕買い物客でにぎわう…  ↑0 ↓0
買い物客でにぎわう週末のスーパーマーケット。レジに並んでいると、両手に商品を抱えた女性がすっと列に割り込んだ。すぐ後ろの若い女性は、呆気にとられて ...
2017/10/31 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 買い物 サイゴン スーパーマーケット Tweet
グローバルニュースアジア  ベトナムのニュース  ↑0 ↓0
タイ最大のコングロマリットとされるCPグループも進出しているし、大手スーパーチェーンのビッグCも大型商業施設をベトナム各地で展開している。また、ビールの ...
nna.jp  〔徒然サイゴン〕スーパーで試食をして…  ↑0 ↓0
スーパーで試食をしていたら、小さいノートを持った若い店員に密着マークされた。さぞ熱心な仕入れ担当者なのだろうと思ったら、試食後の感想はほどほどに、 ...
2017/10/27 00:07 da:- facebook:- twitter:- スーパー サイゴン ノート マーク 仕入れ 担当者 Tweet
日本経済新聞  ベトナム国営企業、外資をテコに改革急ぐ  ↑0 ↓0
ベトナム国営企業が外資の参入や出資受け入れの影響を受け改革を急いでいる。国営スーパー、コープマートは「セブンイレブン」などの進出に対抗して新業態店 ...
2017/10/26 01:36 da:- facebook:0 twitter:0 受け入れ スーパー コープ マート セブンイレブン Tweet
kyoto-np.co.jp  韓国アイドルの犬にかまれ死亡有名料理店の女性経営者  ↑0 ↓0
... 【ソウル共同】韓国のアイドルグループ「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」のメンバー、シウォンさんの飼い犬が、同じマンションに住む有名料理店の女性 ...
news.tv-asahi.co.jp  “不法就労” ベトナム人5人を自分のスーパーに  ↑0 ↓0
男らは就労資格のないベトナム人を不法に働かせていたとみられています。 鈴木則幸容疑者(67)と松沼佳一容疑者(50)の2人は、去年10月ごろからベトナム人 ...
2017/10/18 19:18 da:- facebook:0 twitter:0 容疑者 スーパー Tweet
jrt.co.jp  ベトナム人ら不法就労させ 日本人2人逮捕  ↑0 ↓0
日本で働く資格のないベトナム人の男女らを都内のスーパーマーケットで働かせていたとして、日本人の男2人が逮捕された。 警視庁によると、逮捕された団体 ...
2017/10/18 17:18 da:- facebook:- twitter:- 日本人 スーパーマーケット 警視庁 Tweet
news24.jp  ベトナム人ら不法就労させ 日本人2人逮捕  ↑0 ↓0
警視庁によると、逮捕された団体役員の鈴木則幸容疑者とスーパーの採用担当者・松沼佳一容疑者は去年10月以降、不法残留や難民申請中のベトナム人の ...
2017/10/18 17:03 da:- facebook:0 twitter:0 容疑者 日本人 警視庁 スーパー 担当者 Tweet
news24.jp  ベトナム人ら不法就労させ 日本人2人逮捕(東京都)  ↑0 ↓0
日本で働く資格のないベトナム人の男女らを都内のスーパーマーケットで働かせていたとして、日本人の男2人が逮捕された。 警視庁によると、逮捕された団体 ...
2017/10/18 17:03 da:- facebook:- twitter:- 日本人 東京都 スーパーマーケット 警視庁 Tweet
news.tbs.co.jp  ベトナム人を不法就労させていた疑い、社団法人役員ら2人逮捕  ↑0 ↓0
東京・墨田区のスーパーマーケットでベトナム人5人を不法就労させていたとして、社団法人役員、鈴木則幸容疑者ら2人が警視庁に逮捕されました。 社団法人は ...
2017/10/18 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 社団法人 スーパーマーケット 容疑者 警視庁 Tweet
shimotsuke.co.jp  「にっこり」ベトナムへ試験輸出 販路拡大へ1カ月の売れ行き判断  ↑0 ↓0
県産ナシ「にっこり」のベトナムへの試験輸出が、今月下旬から始まる。約1カ月間、百貨店やスーパーで売れ行きを判断し、早ければ2018年度から本格輸出を ...
2017/10/12 09:22 da:- facebook:0 twitter:0 にっこり 売れ行き 百貨店 スーパー Tweet
rnb.co.jp  ベトナムへ梨輸出 スーパーで記念フェア  ↑0 ↓0
ベトナムでは、今年から日本のナシの輸入が解禁され、県産のナシも今週から販売が始まっている。 記念フェアは、初輸出を知ってもらおうと、県などが企画した。
2017/08/25 13:10 da:- facebook:0 twitter:0 スーパー Tweet
nna.jp  スーパーブロック、ベトナムで風力発電  ↑0 ↓0
タイの軽量コンクリートブロックメーカー、スーパーブロックは、ベトナム南部で大規模な風力発電事業に乗り出す。投資総額560億バーツ(約1,840億円)の事業を ...
nna.jp  茨城県産の梨、高島屋で販売イベント  ↑0 ↓0
主催した青果の卸売り大手、東京青果(東京都大田区)は、9月2日からベトナム国内のスーパーなど30店舗を通じて日本産梨の本格販売を開始する。 東京青果 ...
2017/08/24 00:03 da:- facebook:- twitter:- スーパー 卸売り イベント 高島屋 Tweet
nna.jp  韓国Eマート、PBメーカーと輸出拡大狙う  ↑0 ↓0
スーパーマーケットを展開する韓国の小売り大手Eマートが、プライベートブランド(PB)製品メーカーと共にベトナムを訪問している。9日付聯合ニュースなどが伝え ...
sankeibiz.jp  ASEAN発足50年 日系、飛躍の舞台 中間層拡大、旺盛な消費意欲 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
ベトナム4号店として昨年7月にオープン。地上4階、地下1階にスーパーや飲食、娯楽など約160店が入る。6月末までの来客数は1554万人で予想を大きく ...
2017/08/08 06:00 da:- facebook:- twitter:- オープン スーパー ページ 中間層 ASEAN Tweet
getnews.jp  東南アジア6か国11都市の旅をおえて、ハネムーン世界一周中の嫁にインタビューしてみた  ↑0 ↓0
どこも良かったですが、あえて言うならベトナムのハノイですね。スーパーマーケットやレストランが沢山あり、生活必需品は揃えられるし、ご飯を食べるのも困ら ...
sankei.com  大量万引の疑いでベトナム男逮捕 関東4県で28件被害  ↑1 ↓3
スーパーで化粧品などを大量に万引したとして、栃木県警佐野署は窃盗容疑で埼玉県草加市青柳、ベトナム国籍の無職、ファン・トァン容疑者(45)=公判中=を ...
2017/08/02 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 容疑者 ファン 化粧品 スーパー Tweet
sankeibiz.jp  生春巻き新発想 スーパー販売で先陣 崔さんのお店・西條八十美社長 (1/3ページ)  ↑0 ↓0
生野菜をライスペーパーに包んで食べるベトナム料理の「生春巻き」。日本でもすっかりおなじみとなり、スーパーやコンビニで定番の地位を確立している。生春巻き ...
nna.jp  農産物スーパーUCA、ハノイで2店開店  ↑0 ↓0
ベトナム安全農産物販売合作社連盟(UCA)はこのほど、安全な野菜や果物を販売するスーパーマーケットチェーン「UCAマート」を、ハノイで2店オープンした。
nna.jp  バオベト、金融ワンストップショップ開設  ↑0 ↓0
ベトナムの国営金融保険会社、バオベトグループが15日、金融商品のスーパー「バオベト・ワンストップ・ショップ」をハノイ市ホアンキエム区チャンフンダオ通りに ...
2017/06/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- ストップ ショップ ハノイ スーパー グループ Tweet
毎日新聞  「日本製コンビニ」を阻むアジア個人商店の強さとは  ↑0 ↓0
ベトナムでは韓国ロッテなど大型スーパーも進出してはいるが、いまだ買い出し先の中心は個人商店や市場だ。ハノイ市内のあちらこちらに雑貨や食料品を扱う ...
2017/06/17 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ あちらこちら 食料品 スーパー ロッテ アジア Tweet
日本経済新聞  ベトナムで流通人材育成 韓国ロッテグループ  ↑0 ↓0
韓国ロッテグループ ベトナムのホーチミン産業大学内に流通業で働く若者を育成する教育センターを設置したと14日発表した。百貨店やスーパーの運営に必要な ...
2017/06/14 20:30 da:- facebook:0 twitter:0 グループ ロッテ スーパー 百貨店 ホーチミン センター Tweet
news.tbs.co.jp  2年前の万引きで出頭、ベトナム国籍の男を強盗傷害の疑いで逮捕  ↑0 ↓0
逮捕されたのは、ベトナム国籍のチン・バン・ニャット容疑者(24)で、おととし3月、豊島区のスーパーで5キロの米などを万引きしようとして、女性警備員(50)を ...
2017/06/13 14:26 da:- facebook:0 twitter:0 万引き 警備員 スーパー 容疑者 おととし Tweet
アパレル・リソース  流通業者とのグローバルな結びつきを展開  ↑0 ↓0
ベトナム商工省は国外の大手流通業者と引き続き提携を結び、ベトナム製品の輸出を促進していく予定である。 同省の欧州市場部は、諸外国の消費者にベトナム企業の商品をダイレクトに届ける新しい輸出チャンネルの開発を行うべく、「ベトナム企業の外国流通システムへの直接参加を2020年までに展開」するプログラムの導入に関する会合を5月26日に開催した。 Dang Hoang Hai部長によると、同省はCasino(フランス)、Metro Cash & Carry(ドイツ)、Makro(チェコ)、Coopイタリア、Conad(イタリア)と協調し、質の高いベトナム製品を欧州のスーパーマーケットに売り込み、ベトナム企業と流通チェーンを結びつける「ベトナム製品ウィーク」を開催したと言う。 2011年以降、およそ10の「ベトナム製品ウィーク」イベントがヨーロッパやアジアで開催され、ベトナム企業の外国流通チェーンを通じた輸出をサポートし、仲介料をカットし、高い価値をもたらしていると同氏は述べた。 セントラルグループ・ベトナムのTran Thanh Hai副社長によると、スーパーマーケットチェーンのBig Cは近年、数千万米ドル(数十億円)に及ぶベトナム製品をヨーロッパ市場向に積極的に採用したと言う。 セントラルグループがBig Cを買収した後、セントラルグループ・ベトナムとBig Cは、ベトナム製品を国外市場に販促し、採用される様、様々なプログラムを実施した。 両社は省庁と協力し、手工芸品や繊維・縫製品、さらにはライチ、ドラゴンフルーツ、スウィートポテトなどの農産物と言った、より多くのベトナム製品がタイヤその他ASEANに諸国輸出される様、7月末にはタイにて第二回ベトナム製品ウィークを開催した。 イオンベトナムの西峠泰男社長は、ベトナムのサプライヤーは常に商品の品質を改善しており、同社には1675品目が納品されていると言う。 イオンは、日本を含めた1万4000店舗で積極的にベトナム製品を輸出している。 最も人気があるのはチャー(魚)、繊維・縫製製品、履物製品である。 昨年イオンはベトナムから2億米ドル規模の商品を輸出しており、そのうちチャーが占める割合は9000万ドルであった。 しかしながら、近代的流通チャンネルでの販売には安定した品質を確保する必要があるため、ベトナム企業が外国の流通システムにアクセスするにはまだ困難が続くとセミナーの代表者は述べた。 Auchanのベトナム店舗の食料品市場マネージャーであるAlbin Bertand氏によると、消費者は商品価格と品質を優先すると言う。 ベトナムの生産者は品質保証へのフォーカスに加え、潜在市場のトレンドを調査し、各市場にあった戦略を練る必要があると同氏は述べた。 ベトナム製品品質事業組合のVu Kim Hanh会長によると、ベトナム製品が近代的流通チャンネルに入り込むのに重要な点は、品質と原産地証明であると言う。 ベトナム政府は2015年、ベトナム企業の外国流通ネットワークへの直接参加を補助する計画を承認した。 この計画では、ベトナムと自由貿易協定を締結しているヨーロッパ、北米、東南アジア、北東アジアなどの国々の主要流通システムにおける、ベトナム製品の直接販売の保証を目的としている。   もっと見る
アパレル・リソース  小売産業が大きな節目  ↑0 ↓0
専門家によると、ベトナムの小売産業は大きな節目を迎えていると言う。 5月10日、ホーチミン市で開催された小売産業の展望に関するセミナーにおいて、ニールセン・ベトナムの代表Pham Thanh Cong氏は、顧客の多様なニーズを満たすべく常に最新のイノベーションを保つ必要があるなど、あらゆるものがつながるデジタル時代の中、小売産業では革命的とも言える変化が起こっていると述べた。 また他の演者によると、顧客は様々なルートを通じてビジネスに関わるため、一つのルートの成長に頼りきっている今日の環境は持続不可能であると言う。 以前、商品の購入窓口は実店舗のみであったが、今は実店舗にとどまらず、オンラインウェブサイトや携帯アプリ、ソーシャルメディアを通じて顧客は企業と関わりを持っている。 ベトナムで運営するシンガポール系のITソリューション企業、Abeo社のDavid Tan社長によると、ベトナムにおける昨年の小売販売は、対前年比10%増となる1180億米ドルであったと言う。 A.T.カーニー社による世界の小売市場ランキングで上位30カ国にランクインしたベトナムでは、小売市場での買収合併が急増し、市場での競争が促されている。 資本金に加え、海外小売業者は先進国で採用されているベストプラクティスを産業にもたらすとTan氏は言う。 小売のベストプラクティスが企業の運営に取り入られ、ERP(企業資源計画)システムやその他のシステムによってコントロールされるようになる。 激化する競争環境の中、消費者行動を理解することで需要を素早く満たし、カスタマーサービスを向上させることが、顧客のロイヤルティを獲得する鍵となるとTan氏は述べた。 商品管理ソリューションSAP S/4HANA Retailなどのテクノロジーソリューションズの利用は、小売業者が競争力を高めるのに役立つ。 SAP S/4HANA Retailは、在庫追跡やリアルタイムの倉庫管理のプロセスを自動化し、顧客理解を深め、顧客のニーズを予測し、顧客のショッピング体験に刺激を与えるとTan氏は述べた。 またビッグデータのソリューションは、既存商品の売り上げ拡大や、商品サイクルのスピードアップ、サービス向上・操業コストの削減の新しいビジネスモデルなど、様々なチャンスをビジネスにもたらす。 商工省によると、スーパーマーケット(724店舗)、ショッピングモール(123店)、コンビニエンスストア(多数)などの近代的な小売業が、昨年の市場の25%を占めたと言う。 日用消費財(FMCG)部門は昨年、6.5%の成長を見せている。   もっと見る
excite.co.jp  プロが教えてくれたバインミーの作り方が自由すぎる!【コンビニ&スーパー食材でOK】  ↑0 ↓0
今回は、自由すぎる営業スタイルでやっている東京練馬区・江古田のベトナム・コンテナ屋台「ECODA HEM」の店主、足立由美子さんに自由すぎるバインミーの ...
2017/05/12 12:22 da:- facebook:- twitter:- コンテナ 由美子 江古田 スタイル コンビニ Tweet
出島  イオン、ベトナムに食品スーパーを500店舗開業予定  ↑0 ↓0
イオン、ベトナムに食品スーパーを500店舗開業予定 ... スーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。
2017/05/12 10:41 da:- facebook:0 twitter:0 イオン スーパー チェーン スーパーマーケット Tweet
日本経済新聞  うしちゃんファーム、ベトナムに和牛輸出 スーパーなどに販売  ↑0 ↓0
農業生産法人うしちゃんファーム(宮城県石巻市)はベトナムへの和牛の輸出を始める。このほど同国向けの輸出施設として登録された仙台中央食肉卸売市場 ...
2017/05/11 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 ファーム このほど スーパー Tweet
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
top.tsite.jp  今が旬!! ベトナムマンゴー【ベトナム】  ↑0 ↓0
市場やスーパー、フルーツショップなどで購入できますが、せっかくベトナムへ来たのなら、ぜひバイク売りから購入してみてください。まずはバイク売りの近くを歩く ...
2017/04/19 19:07 da:- facebook:0 twitter:0 バイク ショップ スーパー マンゴー フルーツ Tweet
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
fcab.cl  ロレックス 偽物 ベトナム  ↑0 ↓0
ロレックス 保証書 紙ロレックス サブマリーナ ノンデイト 芸能人スーパーコピー ロレックス デイトナ 中古ロレックス 偽物 ベトナムベルト ブランド. コピー迅速に出荷 ...
2017/04/02 06:11 da:34 facebook:0 twitter:0 ロレックス コピー デイトナ ブランド ベルト 芸能人 Tweet
HOTNAM!  食品トレーサビリティ、ベトナムの消費者まだ慣れず  ↑0 ↓0
食品トレーサビリティ、ベトナムの消費者まだ慣れず. ホーチミン市のスーパーやコンビニを眺めていると、消費者は商品の産地追跡に対する関心がまだ低いようだ ...
manila-shimbun.com  ベトナムで成長余地大きいコンビニ  ↑0 ↓0
ニュースサイトのベトナムネットによると、小売業でコンビニエンスストアがスーパーマーケットなどの業態を大幅に上回る成長率を示している。調査会社ニールセン ...
lrnc.cc  スーパーカブをボバーっちゃいました。  ↑0 ↓0
ベトナムのカスタムビルダーの紹介は久しぶりです。 DuongDoan's Designはわりと細身のバイクをキリッと仕上げるのが得意のようです。 また、結構多産という ...
2017/03/27 16:20 da:1 facebook:0 twitter:0 久しぶり バイク ビルダー カスタム スーパー Tweet
abematimes.com  仮面ライダーシリーズ誕生の背景に”ベトナム戦争”!? プロデューサーが語る魅力  ↑0 ↓0
1971年から続く仮面ライダーシリーズ。25日から公開される映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」を前に長年にわたり支持される理由や、 ...
manila-shimbun.com  超富裕層の増加率が世界一 ベトナム、英コンサル報告  ↑0 ↓0
英不動産コンサルタント大手ナイトフランクがまとめた「富裕リポート」によると、ベトナムは投資可能な資産を3000万ドル超保有する「スーパーリッチ(超富裕層)」 ...
アパレル・リソース  外資系小売業者にとってコンビニエンスストア事業が魅力的なビジネスに成長  ↑0 ↓0
外資系小売業者の投資意欲は当面衰えを知らず、ベトナムのコンビニエンスストア事業参入にも触手を伸ばそうとしている。 Seven System Vietnam JSC社はセブンイレブンのフランチャイズ加盟業者であるが、自社ウェブサイトに採用情報の掲載を開始し、このコンビニエンスストア・チェーン大手が間もなくベトナムで最初となる店舗を立ち上げようとしていることが明示された。 ベトナム市場に早期に参入した企業はまだ利益をあげていない中で、このセブンイレブンの参入が競争をさらに激化させることになるだろう、と市場関係者は確信している。 3〜4年前は、ベトナムの大半の消費者が雑貨を買いに行くのに長距離をバイクに乗って行くという長年の習慣を変えないだろうとし、この国でのコンビニエンスストア事業の成功に多くの疑念が示されていた。さらに、昔ながらの小規模な家族経営の食料雑貨品店も広く親しまれている。 しかしホーチミン市やハノイでは近年、ファミリーマート、ミニストップ、B's Mart、Circle K、Shop&Goなどの大手外資系ブランドの人気が高まり、コンビニエンスストア事業は堅調に成長を遂げてきた。 ある業界関係者は、ベトナムの市場規模はまだ小さいものの、各社ではベトナムの2大都市であるホーチミン市とハノイにおいて自社の存在感とブランド認知度を高めるために、投資を増やすことを計画しているとした。 例えば日本資本のコンビニチェーンであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムに200店舗以上を開業し、チェーン拡大を進めている。ミニストップはベトナムに800店舗を展開する見通しとしており、一方のファミリーマートは2020年までに800〜1,000店舗開店の目標を示している。 セブンイレブンはまだ市場に参入していないものの、3年以内に100店舗の開店を目標としており、さらに今後10年間で1,000店舗にまで増加させるという。 実際のところコンビニエンスストアのビジネスモデルは、ある特定グループの人々の手軽な買物需要を満たしている。一方でコンビニエンスストアは、スーパーマーケットや昔ながらの小売店より価格が高いため、その競争力は劣っている。 専門家によると、コンビニエンスストア・チェーンが収益性を確保するには店舗数の拡大が必要であり、各社では最低150〜200店舗が必要とされる。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、コンビニエンスストアの初期投資を回収するには通常5〜6年かかるとし、安定的に利益を確保するには各チェーン少なくとも300店舗が必要となる、と算定した。 「今年度末までにミニストップの店舗数は160店舗に達すると見込んでいます。我々は投資を継続し、フランチャイズのコスト削減に取り組み、店舗カバー率の最適化を検討していきます。」と前田社長は述べた。現在のところ、中心エリアの高額な賃料が大きな課題として認識されている。 投資、管理、運用コストの要件に見合う用地を探すためには、財務的な強みと優れた管理スキルが必要とされる。この点が現在のところ、ベトナム現地企業にとって2つの大きな弱点となっている。 外資系小売業者は他の市場での経験により、ベトナムにおいてもコンビニエンスストア事業が成長を遂げ、徐々に昔ながらの地元食料品店に取って代わるものと考えている。 TCCグループ傘下のMM Mega Market VietnamのPhidsanu Pongwatana CEOは、スーパーマーケット事業は国民の消費習慣の変化により、過去ほど成長していかないだろうと述べた。彼はベトナムの消費者が利便性を望むほど、コンビニエンスストア事業が優位に立つだろうと予測した。 ホーチミン市労働組合連合会のPham Ngoc Hung副会長は、コンビニエンスストア市場は急速に成長しているものの、豊富な資金と豊かな経験を持つ外資系企業だけがこの市場に参入する余裕がある、と述べた。 もっと見る
top.tsite.jp  カエルの卵にしか見えない?!美女が飲むジュース【ベトナム】  ↑0 ↓0
スーパーマーケットでいつものようにお買い物をしていると、キレイなベトナム美女たちが怪しいペットボトルを購入しているところを発見。見た目はグロテスクです ...
2017/02/26 08:20 da:75 facebook:0 twitter:0 ボトル ところ 見た目 ペット グロテスク 買い物 Tweet
アパレル・リソース  コンビニエンスストアの景気が良好  ↑0 ↓0
ベトナムではコンビニエンスストアやミニマートの人気が高まっており、専門家の推定によると、3分の1以上の家庭がコンビニエンスストアやミニマートで日常的に買い物を行っているという。 もしより大幅な値引きを行えば、コンビニやミニマートが成長する可能性はさらに高まるだろうと専門家は予測している。 またベトナム商工省国内市場局のLe Viet Nga副局長によると、コンビニ等に対する市場の反応はよく、2桁台の成長を見せる最も急速に成長する小売分野となっているという。 「生産地のはっきりした商品を売り、優れた管理を行う現代的な取引チャンネルです。コンビニエンスストアは中小規模の企業や農家が自らの製品を市場に持ち込むことのできる機会を提供しています。」同省によると、スーパーマーケットやハイパーマーケットと比較して投資対効果が高く、投資額も低いことから、投資家たちもコンビニエンスストアを好んでいるという。 その上、500平方メートル以下の小売店舗の開設は経済的ニーズ考査(ENT)の対象ではないため、コンビニエンスストアやミニマートのライセンス取得はスーパーマーケットより容易である。 従来の小売チャンネルは現在も市場の72%を占めているが、2020年までに60%まで減少すると専門家は予測している。 中国では2万1000人毎、韓国では1800人毎に一つのコンビニエンスストアがあるが、ベトナムには現在6万9000人に一つの割合であり、今後成長していく可能性は多大にある。 所得の安定した成長と消費者行動の変化はもう一つの大きな要因であると専門家は加えた。   激しい競争 コンビニエンスストアの店舗数は2012年から2014年の間に倍の348となった。また、ミニマートの店舗数は863から1453に増加している。 活発な経済が消費力を増加させる中消費者が利便性に注目し、Saigon Co.op、Satra, Vingroup、B’s mart、Shop&Go、Circle Kと言った国内外の有力企業が存在感を増していき、コンビニエンスストアは2015年と2016年にも優れた業績を収めている。 例えば、Co.opmart、Co.opXtra、Co.op Foodを所有するSaigon Co.opは昨年新しい小売モデルであるCo.op Smileを開始した。 昨年の店舗数は20のみであるが、Saigon Co.opのNguyen Thanh NhanはCo.op Smileの店舗数を今年末までに200-300にまで拡大する計画を実行中であると述べた。 ベトナムでハイネケンとジョイントベンチャーを持つSatraもまた、食肉生産のVissanなどの子会社やベトナムの生産者一般の流通チャンネルを構築するために、自社のコンビニエンスストアチェーンであるSatrafoodsの展開に焦点を当て、小売システムを拡大する計画を持っている。 メコンデルタの都市カントーの10店舗を含む55のSatrafoods店舗を今年開店予定で、合計店舗数は172になる見込みである。 商工省によると、外国企業がコンビニエンスストア市場に占める割合は70%であり、モールやスーパーマーケットは17%、ミニマートは15%、オンラインのショッピングチャンネルは50%である。 関係者によれば、コンビニエンスストアやミニマートの最大の欠点はスーパーマーケットや従来の市場、食料店と比較して値段が高いことにあるという。 競争力を高めるためには価格を下げ、品質の高い地元製品を販売する必要がある。 ハノイ・スーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内の生産者や流通業者が関係性を強化し、仲介コストを削減すべきであると述べた。 経営コンサルティングのA.T.カーニー社のグローバル小売成長指数(GRDI)によると、ベトナムは魅力の高い小売市場として2008年以降上位30か国に入っている。 もっと見る
top.tsite.jp  ベトナムはドライフルーツからジャーキーから乾物天国!【ベトナム】  ↑0 ↓0
ベトナムのスーパーや市場に行くと気になるコーナーがあります。それは乾物です。日本も昆布、ワカメ、ひじきなど乾物が大好きな国民ですが、ベトナムも負けず ...
2017/02/06 08:23 da:75 facebook:0 twitter:0 ワカメ ひじき 大好き コーナー スーパー ドライ Tweet
miva.at  gucci ネックレス 偽物  ↑0 ↓0
ugg 偽物 ベトナム lcc、gucci スーパーコピー 靴、gucci 財布 長 財布、gucci 財布 中古、gucci アウトレット 通販、gucci コ. ピー tシャツ wego、ディーゼル デニム ...
2017/02/05 04:03 da:35 facebook:0 twitter:0 シャツ ディーゼル デニム アウトレット コピー スーパー Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]HCM:スマホで青果の流通追跡、システム導入  ↑0 ↓0
小売最大手のホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)がホーチミン市内で展開するスーパーチェーンの多数の店舗で18日、消費者が手持ち ...
getnews.jp  ダナンで必ず食べるべきローカルグルメを厳選!行き方から頼み方まで丁寧にご紹介!  ↑0 ↓0
日本人にも人気のベトナム料理ですが、なかでも「フォー」はスーパーでも市販されるほどおなじみですよね。鶏がらのうまみが効いた優しい味わいのスープに ...
2017/01/16 22:55 da:66 facebook:0 twitter:0 鶏がら おなじみ うまみ 味わい スープ スーパー Tweet
hankyu-travel.com  【送迎付】ベトナム航空で行く ベトナムリゾート・ダナン フリー4日間<フュージョンマイア・ダナン  ↑0 ↓0
ベトナム航空利用! ホーチミン経由でダナンへ! 現地空港~ホテル間は日本語係員同行の往復送迎付き♪; 弊社スーパーデラックスクラスホテル「 ...
2017/01/08 10:52 da:58 facebook:0 twitter:0 ダナン ホテル クラス デラックス スーパー ホーチミン Tweet
出島  青森産リンゴ、ベトナムのスーパーへ輸出  ↑0 ↓0
ベトナムでスーパーマーケット「インティメックス(以下、Intimex)」を運営するインティメックス・ベトナム(Intimex Vietnam)は18日から、インティメックスのほか「 ...
2016/12/22 14:10 da:22 facebook:0 twitter:0 スーパーマーケット スーパー リンゴ Tweet
baila.hpplus.jp  スーパーバイラーズ 前川寛美のブログ  ↑0 ↓0
海外旅行女子1人旅【ベトナム版】. 2016-12-18 09:00. タイへ行ってからアジアにはまってしまい次は1人でべトナムへ行ってきました。 今回はホーチミンと ...
2016/12/18 09:41 da:64 facebook:0 twitter:0 ホーチミン アジア ブログ Tweet
top.tsite.jp  日本では買えないAJINOMOTO商品【ベトナム】  ↑0 ↓0
味の素はベトナム料理にかかせない調味料です。おそらく日本人以上に味の素を愛し、消費している国ではないでしょうか。スーパーマーケットへ行けば、棚一面に ...
2016/12/15 19:24 da:78 facebook:0 twitter:0 味の素 スーパーマーケット 調味料 日本人 Tweet
アパレル・リソース  小売業のeコマース部門は2020年までに100億米ドルに到達する見込み  ↑0 ↓0
ベトナム小売業におけるeコマースの売上は、2020年までに、国の小売業全体の半分を占める100億米ドルに到達する可能性があるという。 ベトナム小売協会(AVR)のデータによると、小売業における2015年のeコマースは成長率20%となり、40.1億米ドルを突破している。 商工省のHo Thi Kim Thoa副大臣は、12月8日ハノイで開催されたeコマースと携帯電話のテクノロジーに関するフォーラムにて、eコマースが小売業において極めて重要な発展要素であることを語った。 Thoa氏によると、小売業の昨年の成長率は9.5%であったという。小売業の伝統的な形式が80%を占める一方、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、eコマースなどの新しい形態は20%のみとなっている。「とりわけ、新しい販売経路においてもeコマースの占める割合は低く、約2.8%となっています」とThoa氏は加えた。 ベトナムには217のeコマースプラットフォームがあり、2014年の合計売上高は2013年の倍となる1兆6600億ベトナム・ドンであった。 「ベトナムにおけるeコマース事業は、大企業によって成長してきました。ベトナム全体の企業数60万社のうち97%が中小規模企業(SMEs)に占められていますが、eコマースに取り組んでいるSMEsはまだ多くありません。」と彼女は述べた。 副大臣は、首相が2012-20年にかけたeコマースの基本計画を公表したことに言及し、また先日12月2日に開催されたオンラインフライデーをeコマース発展の好事例として挙げた。オンラインフライデーに参加した企業は昨年を上まわる3000社であった。 Thoa氏はビジネスに対し、eコマースのトレンドをキャッチし、eコマースの発展を促すプランを持つよう力説している。 AVRのDinh Thi My Loan会長は、携帯端末の人気など、様々な要素がeコマースの発展を促進していると語った。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長も携帯電話やアプリの発展が購買活動を促進していることに同意している。 Hung氏によると、ベトナムのeコマース事業は年間30%の伸び率で成長を続けているという。「ビジネスは小売をオフラインからオンラインに素早く乗り換えています。一部の企業ではビジネスを完全にオンライン化しているところすらあります」と彼は述べた。 しかしながら、NielsenのPham Thanh Cong氏は、小売業全体の売り上げの85%を占めるのは伝統的な形式を持つ130万の店舗であることに触れ、小売業は地方地域の需要を満たす解決策を持たなければならないと語った。   もっと見る
home.kingsoft.jp  ベトナム人戦力化進む 県内スーパー・工場に技能実習生  ↑0 ↓0
this.kiji.is人手不足が深刻化する中、県内のスーパーや食品工場などが外国人技能実習生==としてベトナム人の受け入れを拡大している。実習生の対象職種 ...
2016/12/07 08:17 da:61 facebook:0 twitter:0 実習生 スーパー 受け入れ 外国人 人手不足 深刻化 Tweet
minyu-net.com  リオン・ドールがベトナム実習生21人採用 初の受け入れ  ↑0 ↓0
スーパーを展開するリオン・ドールコーポレーション(会津若松市、小池信介社長)はベトナムからの実習生として女性21人を採用した。入社式が5日、同社本部で ...
アパレル・リソース  門外漢がトップデザイナーに(前)  ↑0 ↓0
ホーチミン市建築大学グラフィックデザイン科の卒業生であるNguyễn Công Trí氏は、彼の持つすべてのエネルギーを「愛する」ファッションに捧げている。わずか10年の間にTrí氏はファッションの門外漢から、上得意に大物セレブを抱えるベトナムのトップのオートクチュール・デザイナーとなった。 彼はアジア・クチュール協会唯一のベトナム人会員である。この才能溢れたデザイナーはThúy Hằng氏に対し、最初は(ベトナムのファッション界を代表する)Minh Hạnhにインスピレーションを受けたと明らかにした。   Inner Sanctum: あなたはどういったきっかけでファッション業界に入ったのですか?   実際、私は幼い頃からファッションデザイナーになるという夢を抱いていました。1990年代初頭にファッションに真剣に向き合い始める前、私は9年間スケッチのスキルを磨いていました。当時Minh Hạnh氏は、伝統的なブロケード織りを使った独創的な作品でベトナム唯一のデザイナーであり、ベトナムのファッション業界に新たな「一面」をもたらしました。彼女が成し遂げたことを見て私は自分にこう言いました。「私は彼女のように、プロ意識が強く、情熱的で創造性に満ちたデザイナーになりたい。」 私はハノイ工業美術大学とホーチミン市建築大学の入学試験を受けました。しかし当時ハノイ工業美術大学はファッションデザイン学部を持つ唯一の大学だったのですが、私はその入学試験に失敗してしまったのです。 他に良い選択肢がなかったので、私はホーチミン市でグラフィックデザインの学生になりました。私はファッションの分野に戻るチャンスはきっとある、と自分自身を慰めていました。当時私は、グラフィックデザインのスキルが私の後のキャリアに非常に役立つことになることを知りませんでした。実際のところグラフィックデザインのスキルは、より良いアイデアやコンセプトを私にもたらし、レイアウトに統一感を出すことなどに役立っています。 グラフィックスの知識によって、私は色を効果的に使ったり組み合わせたりすることができます。精密性はグラフィックが私にもたらした一つの特長です。違いがわずか1mmであっても、私は2枚のシャツのフラップの差異を識別できます。 2000年に私はベトナム・コレクション・グランプリに出品するため、「青葉」コレクションを送ったところ、このコレクションは新アイデア賞を受賞しました。また翌年、私の「土と水の極致」コレクションは、アジア人デザイナーのためのシンガポール・ファッション・コネクションで第2位となりました。 この2つのコンテストの後、私はグラフィックとファッションの仕事の両方を追求し続けました。私はスタイリスト兼ファッションデザイナーとして、ショービジネス界で働くクライアントを獲得し始めました。私はそれらの仕事と同時に、彼らの世間からのイメージを構築するのを支援しました。 「エンターテイメントの女王」である歌手のHồ Ngọc Hà、スーパーモデルのThanh Hằng、女優のTăng Thanh Hàなどが私のクライアントに名を連ねていました。   Inner Sanctum: 門外漢とされているにもかかわらず、なぜあなたは成功できたのでしょうか?   正式なトレーニングを受ける機会が得られなかった分野に対し、それでも大きな情熱を抱き続けている人は他の人よりも多くを学ぼうとするでしょう。私も狂ったようにデザインやファッションに関するすべてのことを学びました。 目標に到達したいと願うのであれば、情熱、勤勉、向学心が必要です。   (後編へつづく) もっと見る
top.tsite.jp  オマケがすごすぎてビックリ!! ベトナムスーパー【ベトナム】  ↑0 ↓0
そこで、ベトナムスーパーマーケットで買い物をした際にもらえる豪華なおまけをご ... またNescafeはロゴ入りとベトナムの観光地が入ったグラスがおまけです。
2016/11/11 18:23 da:78 facebook:0 twitter:0 おまけ グラス 買い物 スーパー ビックリ オマケ Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者はEコマースに希望を託す  ↑0 ↓0
ベトナムでは最低限の費用で事業を拡大しようと、小売業者が次々に大手Eコマース企業と手を結んでいる。 業界専門家はベトナムでEコマースが急速に発展し、ウェブサイト、モバイルアプリやソーシャルネットワークが立ち上がりつつある中、こうした動きは不可避のトレンドだと話す。 電子商取引・情報技術部の報告書によると、2016年には34%の企業が製品をソーシャルネットワークで販売している。スマートフォン用アプリケーションを開発した企業や小売店も多い。 2014年には、スマホ用アプリを持つウェブサイトの割合は15%に過ぎなかった。2015年にはそれが21%まで伸びている。 しかし、すべての小売業者がこうした投資を行えるわけではない。小規模企業には特に困難である。 ウェブサイトやモバイルアプリの開発に多額の資金を注ぎ込む代わりに、大手Eコマース企業と提携し、そうした企業のプラットホームと売り場を利用して製品の管理や販売を行う企業も多い。 最低限の投資で販路を拡大できるこうした提携は賢い選択だと言える。 現在、最大のオンラインショッピング企業Lazadaはウェブサイトで商品を販売する契約を40社と交わしている。この提携は消費者、Lazada、小売業社のすべてを利するものだとLazadaは述べる。 Lazada VietnamのAlexandre Dardy CEOは、Lazadaとの提携により、その強力なネットワークを利用して小売業者は遠隔地を含むベトナム全土へと販路を拡大することができる、小売業者にとってはLazadaの4700万人の消費者に出会うチャンスとなると話す。 モバイルショッピングアプリShopeeも公式に事業を開始し、多くの小売店を集めている。 昨年、Eコマース企業SendoはBizwebと共に小売店主らに売り場を提供するアプリを開発した。 Zaloも消費者が自らの商品を販売できるサービスを立ち上げた。 Kid Plazaの代表者は、こうした提携の効果について、同社は全国で55店舗のスーパーマーケットを展開しているが、現在はEコマースに注力していると述べる。 Lazada.vnとの提携開始後3か月で、同社は月間200%の売上向上を記録するに至った。 Shopeeと提携するアマチュアの店舗オーナーNguyen Hong Phongは、事前に何の知識もないままEコマースに参入したと話す。 「Shopeeの支援、特に商店主が特に重要なスキルを学べる教育プログラムであるShopee Universityのおかげで事業は成功し、現在では1日に100以上の受注があります」とPhongは話す。 もっと見る
excite.co.jp  タイプ別にご紹介!ホーチミンのスーパーマーケット特集  ↑0 ↓0
そこで今回は、食品土産を買うのにぴったりなホーチミン市内のスーパーマーケットを4つのタイプ別にご紹介。どこでどんなものを買おうかイメージするだけでも、 ...
2016/10/20 12:16 da:91 facebook:0 twitter:0 スーパーマーケット ホーチミン タイプ イメージ Tweet
hazardlab.jp  フィリピン スーパー台風が連続上陸 ベトナム洪水被害で25人死亡  ↑0 ↓0
フィリピン近海で発達を続ける二つの台風のうち、21号は17日、ベトナムに豪雨をもたらし、少なくとも25人が死亡した。また、急激に勢力を強めている22号は、 ...
2016/10/18 10:30 da:44 facebook:0 twitter:0 Tweet
アパレル・リソース  小売企業における戦略再検討の必要性  ↑0 ↓0
企業合併(M&A)により外国小売企業がベトナムに浸透するにつれ、ベトナム小売企業は開発戦略や競争力の向上により真剣に取り組まざるをえなくなっている。 数億ドル規模の案件が過去2年間でいくつも決定している。 日本のイオン、韓国のロッテ、タイのTCCホールディングやセントラルグループといった外国企業の参入が消費者に利益をもたらし、小売業界の現代化を促している事は否定できない。しかしながら問題は、こうした外国企業との競争やベトナム製品の開発・促進にあり、地元の小売業者はこれを真剣に検討しなければならないと専門家は言う。 「ビジネスフォーラム」誌によって9月29日に開催されたオンラインフォーラムでは、外国小売企業のベトナム小売市場への浸透に効果的なM&Aは避けられない流れであり、この流れは次の2-3年間は続くであろうと専門家が予想している。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長によると、世界貿易機関の参加前に国が小売業界を促進する国家プランを持ち合わせていなかったことは不運な事であったという。 「今、地元の小売企業が成長を遂げ、急速に統一化する世界の厳しい競争に立ち向かうことが重要となっています。」とLoan会長は述べた。 ベトナム全土に80以上のスーパーマーケットと、300近くの小売店を展開するCo.op社のVo Hoang Anhマーケティング部長によると、外国企業との競争が地元企業に対し開発戦略調整に向けたプレッシャーを生み出しており、また学習する機会も与えているという。   小売のマルチ・チャンネル化 専門家によると、地元企業が製品の購入方法に対する選択肢を消費者に与える事で、マルチ・チャンネル化を図らなければならないという。 Hoang Anh氏によると、eコマースと従来の流通方法を合わせたマルチ・チャンネルの小売法がベトナムには適している。Co.op Martの親会社であるSaigon Co.opは、2017年にeコマース窓口を開発する予定である。 ベトナムでは買い物のトレンドとしてeコマースが台頭してきており、強い成長が期待されているが、支払い方法や消費者の信頼といった側面がかけており、ブームには至っていない。 マルチ・チャンネルの小売方法は地元小売業者にとって避けられない流れであるとLoan氏も同意した。 またHarp社のNguyen Thi Hai Thanh副社長によると、 大きな可能性がある地方市場にも小売業社はフォーカスを当てているという。 消費者動向に関するグローバル・エキスパートであるKantar Worldpanel氏による2015年の調査によると、都心部では従来の小売方法が未だに82%を占めており、地方市場では98%を占めているという。小売市場では家族経営の小売店が60%を占めており、従来市場の10%を占めている。 さらに専門家は、ベトナム製品の流通のために、企業とサプライヤーの相互協力を促している。 2008年以降、9300万の人口を抱えるベトナムは、国際小売開発指数による新興小売市場への参入魅力度ランキングで常に上位30に入っている。 ベトナムにおける小売市場の収入は年間総額1100億米ドルに達しているが、およそ4分の1は最新の小売チャンネルから来ている。分析によると、2020年には小売収入は1790億米ドルにまで達する見込みである もっと見る
2016/10/11 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 チャンネル マルチ 消費者 専門家 eコマース 小売店 Tweet
sankeibiz.jp  ジェトロ、越で食品を試験販売へ  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構(ジェトロ)は6日までに、ベトナムで24都道府県の食品を11月から1カ月間、試験販売すると発表した。ベトナムの日系コンビニやスーパーの ...
2016/10/07 05:03 da:76 facebook:0 twitter:0 ジェトロ スーパー コンビニ Tweet
アパレル・リソース  8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国入り  ↑0 ↓0
米国のAT Kearney Companyが発表した世界小売開発インデックスのランキングでベトナムが8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国のひとつとして挙げられた。さらに、世界的な情報計量企業Nielsenの最新の調査によると、ベトナム人消費者の34%がハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)で、29%がスーパーマーケットで、22%がコンビニエンスストアやミニマートで定期的に買い物をしているという。 この調査では、大規模小売業者と人口の60%が35歳以下という若い人口により、現代的な小売モデルは高い年間成長率を記録し続けるだろうと結論づけている。 Saigon Coopが売上高と店舗数で引き続き首位に立っている。ACB Securities Company(ACBS)によると、Co.op Xtra、Co-op Mart、Supermarket Food Co-op Miniの3つのチェーンを持つSaigon Co-opは178店舗を擁し、2015年の売上高は25兆ベトナム・ドン(1010万米ドル以上)に達した。 Nielsenの調査はまた、コンビニエンスストアやミニマートの業態は今後も成長を続けると予測している。コンビニエンスストアやミニマートの部門は現在小売業界で急速に拡大している。VingroupチェーンのVinmart+は2016年6月末時点で825店舗を擁し、競合相手であるShop & Goも210店舗、Circle Kは178店舗、B’s Mart(旧Family Mart)は146店舗、Satrafoodsは80店舗、Ministopは58店舗を展開している。 商工省は2020年までにベトナム国内のハイパーマーケット・スーパーマーケットは1200から1300か所、ショッピングセンターは337か所となると予測している。商工省によると、低い都市化率と一人当たり国内総生産にもかかわらず、国内総生産の伸びは市場の昔ながらの生鮮食品小売業も勢い付け、72%の成長率を示した。しかし、成長率は2020年までに60%へと低下する可能性があると分析している。 もっと見る
sankei.com  日本の食品をベトナムに ジェトロが78品目を販売  ↑0 ↓0
日本貿易振興機構(ジェトロ)は5日、ベトナムで24都道府県の食品を11月から1カ月間、試験販売すると発表した。ベトナムの日系コンビニやスーパーの店頭で、 ...
2016/10/05 20:03 da:79 facebook:0 twitter:0 ジェトロ スーパー コンビニ Tweet
アパレル・リソース  小売市場に流入する海外投資  ↑0 ↓0
若年層と増えつつある中流階層のおかげで、ベトナムは最も魅力的な新興小売市場となっている。 世界的な不動産サービス企業JLLベトナムが最近発表した報告書によると、すでに日本、タイ、フランス、韓国の企業がベトナムでの商機を求めて参入している。 タイ企業のBerli Jucker PlcはMetro Cash and Carry Vietnamを6億5500万ユーロで買収し、2014年最大の合併買収事案となった。その後間もなく、タイのCentral Groupは電気製品小売チェーンNguyen KimとBig C Supermarketを買収している。 2015年には韓国のディスカウント小売大手Emartがホーチミン市に店舗をオープンした。韓国のスーパーマーケットブランドLotteは11店舗を開業し、2020年までに60店舗への拡大を目指している。 日本のイオンモールは2年前のベトナム市場参入以来すでに4か所のショッピングモールと約50店舗を擁し、2020年までにベトナム国内でさらに20のショピングセンターを開業する意向である。フランスのAuchanSuperもSimply Mart3店舗が好調で、ベトナム小売市場の成長可能性を評価し事業拡大を決定しており、2020年までにホーチミン市で17のスーパーマーケット、北部で20店舗の開店を目指している。 1人当たり所得が増加するにつれベトナム人の消費力が高まり、Gap、Mango、Topshopが若い世代に浸透してきた。9月上旬にはホーチミン市にZaraの最初の旗艦店が開店し、H&Mも2017年はじめのベトナム参入を目指し手続中と言われている。 JLLベトナムの報告書は、総人口9000万人の70%を15歳から64歳が占めるベトナムの小売市場は成長の余地が大きいと指摘している。2015年から2020年にかけて、ベトナムの都市人口は2.6%上昇することが予測されており、これは東南アジア地域でも最も高い成長率である。 JLLベトナムのTrang Buiは「増加しつつある可処分所得、急速な都市化と生活水準の上昇により、ベトナムは東南アジア地域で最もダイナミックな新興経済となっています」と話す。 米国のコンサルティング会社Boston Consulting Groupもまたベトナムの中流、上流階級人口が2020年までに倍増すると予測している。小売業者の中心的ターゲットとなるのは月収1500万ベトナム・ドン(714米ドル)以上の層である。 加えて、クレジットカードの利用が一般に広まりつつあり、消費者の高額消費への警戒心が下がっている。外国人観光客の増加とインフラの改善も投資家を惹きつける重要な要素である。 「競争はますます激化しており、市場の要求に応える適切な戦略を持つ小売業者のみが市場シェアを伸ばすことになるだろう」とJLLの報告書は分析している。 もっと見る
newsclip.be  ジャルックス、ベトナムに日本産鮮魚輸出  ↑0 ↓0
【ベトナム】JALUX(ジャルックス)は日本各地で獲れた鮮魚などを最短24時間以内にベトナムのホーチミン市に空輸し、現地の飲食店、総合スーパーなどに配送 ...
2016/08/28 23:48 da:45 facebook:0 twitter:0 スーパー ホーチミン 飲食店 Tweet
minpo.jp  技術学び交流を ベトナムから実習生 県内スーパー  ↑0 ↓0
リオン・ドールコーポレーションは4月にベトナムの首都ハノイで採用試験を実施した ... 事前受け入れ準備としてベトナム語を併記した身だしなみや総菜の作り方の ...
2016/08/27 09:45 da:63 facebook:0 twitter:0 受け入れ 身だしなみ ハノイ ドール 実習生 スーパー Tweet
minpo.jp  技術学び交流を ベトナムから実習生 県内スーパー  ↑0 ↓0
リオン・ドールコーポレーションは4月にベトナムの首都ハノイで採用試験を実施した。約90人が希望し、1次面接を経て最終面接で女性22人の合格が決まっ ...
2016/08/27 09:45 da:63 facebook:0 twitter:0 ハノイ コーポレーション スーパー 実習生 ドール Tweet
diamond.jp  なぜコンビニはスーパーに勝てたのか?小が大に勝つゲリラ戦「勝利の方程式」  ↑0 ↓0
ベトナム戦争で泥沼の戦闘を強いられた米軍は1973年に撤退。今度はジャングルの湿地帯ではなく、標高3000メートルの山岳地帯で大国が国際紛争を仕掛けた ...
2016/08/25 04:52 da:71 facebook:0 twitter:0 ジャングル 方程式 ゲリラ戦 スーパー コンビニ Tweet
lnews.jp  JALUX/朝獲れ鮮魚、最短24時間以内にベトナムへ空輸  ↑0 ↓0
JALUXは8月23日、各地方で朝獲れた国産鮮魚などを最短24時間以内にベトナム(ホーチミン)向けに空輸を行い、現地の飲食店や総合スーパーなどの法人向け ...
2016/08/24 17:26 da:46 facebook:0 twitter:0 スーパー ホーチミン 飲食店 Tweet
kyt-tv.com  高級酒窃盗 ベトナム人の男を再逮捕  ↑0 ↓0
高級酒窃盗 ベトナム人の男を再逮捕(山梨県). 富士吉田市のスーパーから高級酒などを盗んだとして、逮捕されていたベトナム人の男が、他県のスーパーでも ...
2016/08/24 13:49 da:46 facebook:0 twitter:0 スーパー 富士吉田 Tweet
アパレル・リソース  小売市場は魅力を失ったのか?  ↑0 ↓0
Big CスーパーマーケットやMetro Cash & Carryスーパーマーケットの前所有企業の撤退で、ベトナム小売業界での競争の激化が予測されている。 2008年、A.T Kearneyはベトナムを香港、中国、シンガポールやマレーシアを上回る世界で最も魅力的な市場のひとつとランクづけた。 しかし、ベトナムはその地位を長く保つことはできず、現在では上位30カ国にも入っていない。 2015年にBig Cの元所有企業Casinoが当時ベトナム小売市場で第2位であったBig C Vietnamの売却を決定した。 Casinoはプレスリリースにおいてこの売却は債務返済の資金調達のためと説明した。しかし、業界アナリストは本当の理由はフランス企業Casinoにとってベトナム市場が十分に魅力的ではなかったためとコメントしている。 ベトナムに参入して13年のBig C Vietnamは 年間12兆ベトナム・ドン(5億ユーロ)の売り上げがあったが、これはグループ全体の年間売上高500億ユーロの1%に過ぎなかった。 Big Cの事業売却の前にもドイツの小売グループMetro Cash & Carryがベトナムで12年間継続した事業を6億5500万ユーロで売却している。Metro Cash & CarryはBig C、Saigon Co-opに次ぐ売り上げがあった。 国内第2位、第3位の小売業者の撤退をベトナム市場の魅力の衰退と解釈するアナリストもいる。 しかし、意見を異にするアナリストもいる。その証拠にBig C、Metroともに非常に高値で売却された。Metroは6億5500万ユーロ、Big C Vietnamは11億米ドルで売却されており、これらはベトナムで過去最大の買収案件であった。 これら企業の事業売却の情報は多くの投資家の注目を集めた。Big Cの場合、日本、タイ、ベトナムの大手企業グループが買収に興味を示した。実際、Masan Groupを含む少なくとも3社のベトナム企業がBig Cの買収に動いた。 Metro Cash & Carryの事業を引き継いだタイのTCCグループもBig Cの買収に動き、ほとんど成立するまでに至った。しかし結局、Big Cは同じくタイ企業であるCentral Groupへと売却されることとなった。 Central GroupはBig C Vietnam買収の資金調達のため、Big C ThailandをTCCグループへと売却している。これはCentral Groupがベトナム市場に非常に高い期待を寄せている証拠でもある。 EIUによると、ベトナムの小売市場全体の売り上げは2016年に970億米ドルの見込みであり、2018年には1220億米ドルまで拡大すると予測されている。ベトナム小売市場の売り上げ自体はタイよりずっと低いものの、成長率はより高い。 もっと見る
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
logi-today.com  JALUX、朝獲れた鮮魚を24時間以内にベトナムへ空輸  ↑0 ↓0
ロジスティクスJALUX(ジャルックス)は23日、地方で朝獲れた国産鮮魚を最短24時間以内にベトナム・ホーチミンへ空輸し、現地飲食店や総合スーパーなどに ...
2016/08/23 18:56 da:35 facebook:0 twitter:0 スーパー ホーチミン 飲食店 Tweet
アパレル・リソース    ↑0 ↓0
アセアン経済共同体(AEC)の発足から7ヶ月が経過し、ベトナムの市場にはタイ製品やマレーシア製品が溢れている。しかしアセアン諸国の市場にベトナム製品はまだ見当たらない。 ベトナム関税総局(GDC)によると、今年上半期のベトナムの貿易収支は黒字であったが、アジア諸国のみに限ると226億8000万米ドルの輸入超過で、特にタイとシンガポールに対して赤字となっている。 タイへの出張から帰国したばかりのホーチミン市の会社員Nguyen Thi Minh氏は、タイのスーパーマーケットではベトナム製品はほとんど見当たらなかったと話す。一方で、ホーチミン市のいたるところにタイ製品やマレーシア製品が見られる。 輸出企業は、アセアン諸国への輸出は容易ではなく、AEC発足後も輸出は増加していないと認める。 CP Acecook VietnamのTran Thi My Van氏は、同社は47カ国・地域に輸出しているものの、アセアン市場への参入は難しいと話す。アセアン地域でCP Acecookが輸出しているのはカンボジア、ラオス、ミャンマーのみであるが、カンボジアへの輸出はわずかに減少しつつあるという。 インドネシアのインスタント麺消費量はアセアン地域でも最大で、消費量は年間50億食に達する。しかし、CP Acecookはまだインドネシア市場に参入できていない。 Bui Van Ngo Agricultural Engineering Companyは1996年から米穀加工機械をタイ、フィリピン、カンボジア、インドネシアに輸出している。しかし、近年受注状況は不安定になっている。 同社のBui Phong Luu社長によると、同社の主要輸出市場はカンボジアだが、現在同国への販売が難しい状況にあるという。過去10年間、大きな努力を払っているにもかかわらず、Bui Van Ngo社はアセアンでの独占販売網の構築や支店の開設ができていない。 匿名希望のある輸出企業の社長は、まずベトナム国内の市場シェアを守ることを考えており、輸出についてはあまり考慮していないと話した。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinh社長は、同社はアセアン諸国に製品を輸出してきたものの、製品の競争力が高くないため量的には少量だと話す。 「マレーシア、タイ、カンボジアはベトナム製品の品質を高く評価していますが、これら市場で他の外国製品と競争するのは困難です」とVinh社長は話す。 タイでは、My Haoの製品は多くの地方で販売されているものの、外国製品が豊富なバンコクに参入することはできないという。 2004年から2015年、ベトナムはアセアン諸国に対し輸入超過の状態にある。貿易赤字額は2005年が39億米ドル、2015年が56億米ドルであった。 もっと見る
2016/08/23 13:18 da:22 facebook:0 twitter:0 アセアン 米ドル ホーチミン 輸入超過 Company Engineering Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者の新たな事業戦略  ↑0 ↓0
Big CやMetroといった外資系スーパーマーケットが割引率を20-25%に引き上げたことに対応して、国内の小売業者も流通経路改善のため積極的に事業戦略を転換しつつある。 ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、Oceanmart、Vinatexmart、Maximarkの買収後、全国でVinmartミニマーケット、コンビニエンスストア網を約600店舗まで拡大しつつあるVingroupの例を挙げて説明した。 Vingroupは協力企業に直接投資しつつ、生産者や納品業者と直接契約し、VietGap基準に適合するVinEcoブランドの農産品を開発している。Vingroupでは加工食品についても主要生産企業となることを目標としている。 これはVingroupのブランドを確立し、小売市場における競争力を強化することを狙ったものであるとPhu会長は話す。 サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)はスーパーマーケットの品質を向上し、異なるマーケットシェアを狙った新たな事業戦略の立案を計画している。 Sai Gon Co.opは大都市部で新規10店舗のCo.opmartスーパーマーケットと、その他地域で20店舗の中小規模スーパーマーケットの開店を予定している。2020年までにCo.opmartスーパーマーケットが130店舗、Co.opXtraが8-10店舗、Sense Cityが3-5店舗となる予定である。 Sai Gon Co.opのNguyen Thanh Nhan副社長は、市場でのプレッシャーはあるものの、ベトナム国内の生産者との関係を守り続けたいと話す。Sai Gon Co.opのスーパーマーケットで扱われる商品の90%近くがベトナム産の商品である。 さらに、Sai Gon Co.opはネットワーク拡大のため、コンビニエンスストアに加え、オンライン取引の研究・開発を続けていきたいとしている。これは国内の生産者支援にもなりうるとNhan副社長は話す。 Sai Gon Co.opは消費者が国内産品を購入できるよう、ベトナム産品を優先的に扱うとしている。 商工省の国内市場部のVi Van Quyen部長は、ベトナム企業が品質を確保することができれば、外資系の流通網に頼る必要はなくなるだろうと話す。特に小売業者と生産者の提携は困難を克服する上で役に立つという。しかし、国内企業は先進的な科学技術に投資し、ベトナム人の嗜好を知る優位性を活かして国内、外資系どちらの販売網でも競争力のある商品を提供できるようにするべきだとQuyen部長は話す。 ベトナム企業は新たな隙間市場を見つけるべきであるともQuyen部長は指摘する。商工省は国内企業に対しネットワーク拡大、技術革新のための支援を行なっているという。 もっと見る
shigotonadeshiko.jp  【女子欲ハワイ8】スーパー定番ベトナム料理屋  ↑0 ↓0
さまざまなアジア民族が集まるハワイでは、日本ではなかなか出合えないアジア料理を頂けるのが大きな楽しみのひとつ。 たとえば、いちばん豊富なのは ...
2016/08/21 07:07 da:25 facebook:0 twitter:0 アジア ハワイ ひとつ 楽しみ さまざま 料理屋 Tweet
アパレル・リソース  個人の年間EC利用額は2020年までに倍増し350ドル  ↑0 ↓0
首相の承認を受けた「電子商取引開発マスタープラン」によると、ベトナム人のおよそ3割が今後5年間にオンライン取引を行うようになる。 個人向け(B2C)オンライン取引の売り上げは年率20%上昇し2020年までに100億米ドルとなり、小売業・サービス業売り上げの5%を占めるようになる。法人向け(B2B)のオンライン取引での売り上げは総輸出額の3割を占めるようになる。 つまり、2020年までにベトナム人一人当たりのオンラインショッピングでの年間消費額はおよそ350米ドルとなり、2015年の消費額から倍増する。 ベトナム電子商取引・情報技術庁(VECITA)が2015年に発表した電子商取引に関する報告書によると、2015年のオンラインショッピングでの消費額は一人当たり160米ドル、電子商取引による売り上げは407万米ドルで前年比37%の増加であった。 オンラインで購入されている商品は衣類、履物、化粧品(64%)、電気製品、技術製品、家庭用製品、オフィス用品、花、贈答品であった。 政府は企業の5割がウェブサイトを開設し、8割が電子商取引を申請、すべてのスーパーマーケットやショッピングセンターがPOSシステムを導入することを目標として掲げている。 電気、水道、テレコム、コミュニケーション事業者のおよそ7割でオンライン決済が可能で、都市部の個人・家庭の5割が現金の代わりにオンライン決済を利用している。 政府はまた、ベトナムの全省・都市で電子商取引用の決済システムと配送サービスの開発を計画している。 もっと見る
アパレル・リソース  国内小売業者が抱くタイの競合への不安  ↑0 ↓0
ベトナムの小売企業はここ数年、海外の小売業者らからの関心を集めており、彼らの多くは自国よりベトナムに商機が多いと話している。 たとえば、タイの小売業者はベトナムの小売市場、特に若年層が海外の製品に敏感な大都市圏で存在感を拡大している。 タイ製品は、ベトナム産のものより高品質で流行のデザインかつ魅力的に作られていると分かっている若い顧客から支持を得ている。ベトナムの顧客人口は、政府の統計によると15〜64歳のグループが過去2年で全体の70%を占めているというように、比較的若い。特に製造業において、この国の経済成長が若い労働者の可処分所得の上昇を押し上げる手助けとなっており、同様に小売業にもここ2年で8%の成長率をもたらしている。 タイ企業のベトナム市場への参入は、タイ小売大手のセントラルグループが家電小売大手Nguyen Kim Tradingの株式を49%取得したことを代表例に、主に合併吸収を目的としている。他には、タイ企業によるMetro Cash & Carryやスーパー大手Big Cの買収といった例も含まれている。 これらのタイ大規模小売業者は抜け目ない競争相手であり、ベトナム国内のサプライヤーらは販売エリアを獲得しづらくなっている。一例として、彼らは過去に支払ってきた分より高い手数料を国内企業に請求している。 さらに、彼らは支払い期間も延長している。 ベトナムでは、配達時の仕入先での支払いの代わりに、短納期を条件とすることが慣習になっているが、多くの企業は現在、支払いを30〜45日かそれより長く待たなければならないと話す。 国内の小売店主や仕入先は、タイや他のライバル国から最適な競争方法を学び始めなければならないと、最近行われたハノイでの会議で商工省(MoIT)のVo Van Quyen氏は述べた。 国内市場部の部長であるQuyen氏は、あまりに多くの国内小売企業が、最安値であることが必ずしも顧客の購買決定の最も重要な要素ではないということを認識できていない、と指摘した。 たとえこれがたまに当てはまるとしても、他に多くの要素が購入者の選択に輪をかけて重要な役割を果たしているのだ。国内の経営者は、安値から高品質・適正価格にすることへ、基本的価値観を変える必要がある。 加えて、タイなどの競合と同等の条件で競争するための事業連携と能力・財源の共同出資の重要性を認識することが必要だと彼は語った。 国内の競争相手は、製品の供給を超えるしっかりした理解力を全く持っていない。これは、彼らが関連する市場や経済、経営の課題についてと、同業者と提携する重要性を全く理解していないからである。 タイの小売業者は、多くの資金と強力なネットワークで仕入先から製品を供給している。その結果、タイからの製品はベトナムの市場に普及し、多くの国内小売業者を脅かしているのである。 もっと見る
2016/08/15 06:07 da:22 facebook:0 twitter:0 仕入先 競争相手 支払い 重要性 グループ ハノイ Tweet
sol-hd.jp  ベトナムにおけるスーパーソルガム事業販売計画補足説明  ↑0 ↓0
ベトナムにおけるスーパーソルガム事業販売計画補足説明. Home » ベトナムにおけるスーパーソルガム事業販売計画補足説明. 10 8月 ...
2016/08/10 10:50 da:31 facebook:68 twitter:0 補足説明 Tweet
news24.jp  高級酒など窃盗でベトナム人の男が逮捕(山梨県)  ↑0 ↓0
富士吉田市のスーパーから高級酒など25点を盗んだとして、ベトナム人の男が4日逮捕された。 県内では去年秋から高級酒が大量に盗まれる被害が20件以上 ...
2016/08/04 19:41 da:69 facebook:1 twitter:0 スーパー 富士吉田 Tweet
アパレル・リソース  高島屋、ホーチミン市にオープン  ↑0 ↓0
日本の百貨店高島屋が7月30日、ホーチミン市のサイゴンセンターに初めて店舗を開く。投資額は2500万米ドル。 これは同グループにとって、海外市場、とりわけ東南アジア市場の拡大の第一歩にあたる。 「店舗は完成段階に入り、開店の準備を行っています」と高島屋ベトナムの広報担当Phung Thi Xuan An氏は語る。 高島屋の店舗はホーチミン市中心部のLe Loi通にあり、5階建てで面積は1.5万平米。 同百貨店のオープンはベトナムの高級小売市場の幕開けを告げ、ベトナム南部に贅沢なショッピング体験の場を提供する。 ベトナムは若者人口が多く、中流層が拡大しており、東南アジアでも最も急速に経済成長しているために、イオン、高島屋、セブンイレブンなどをはじめ、多くの日本の小売業者の注目を釘づけにしている。 Vietnam Economic Times誌とのインタビューで、イオンベトナムのハノイのLong Bien店石川忠彦店長は、若者人口が多いというのはベトナムの小売分野の発展の大きなメリットだと語った。 「核家族も増えてきており、生活水準も上がっている」と彼は言う。 「そのため、消費財や娯楽サービスへの需要もこの先伸びていくでしょう」 ベトナム経済の自由化も進み、外資企業の進出も緩和されてきていると付け加える。 「海外の小売業者がベトナムに小売店舗を構える機会が増えてきます」 ベトナムの小売市場は多くの外国小売業者を惹きつけている。 米国のAT Kearney社が毎年発表する世界小売発展指数(GRDI)で2008年以降ベトナムは常に有望小売市場ベスト30の常連となっている。 中でも、一般スーパーとショッピングセンターは外資企業が着目する最も有望な形態と見られている。 しかしながら、最近のNielsenレポートでは、ベトナムでは従来型の小売チャネルもいまだ好まれており、現代的チャネルよりも5.4%高い成長率を記録し、100億米ドル規模の日用消費財市場の85%を保持している。 ベトナムの小売市場では最近企業買収も行われている。4月にはCasinoグループがBig Cベトナムを閉店し、タイのセントラル・グループに11.4億米ドルで譲渡すると公式に発表した。 Metro Cash & Carry VietnamもMetroグループからTCC Land International Pteに売却された。 商工省の数字では、2015年のベトナムの小売市場は1020億米ドルの規模と推測されている。700店のスーパーと132のショッピングセンターがあり、うち22が100%外資企業である。 2020年までの小売市場の成長率は11.9%で、2020年には市場規模は1790億米ドルとなり、そのうち45%を近代的な小売が占めるものになると見られている。 もっと見る
HOTNAM!  アメリカンホーム、ドンナイ省に建材・内装材スーパー  ↑0 ↓0
American Home Vietnam社は、建材・内装材スーパー「American Home Depot」をDong Nai省Long Thanh県Cho Moi通り6A番地にオープンした。  総面積2,500㎡、建材・内装材を専門的に扱う省最大のスーパーのひとつとなり、一般建材、電気材料・設備、天井・壁材料、塗料、衛生設備、タイル・無焼成レンガ、家電など、多様で高品質な国内外の製品を販売する。  Dang Anh Cuong社長によると、この「American Home Depot」は、国際水準の建材・内装材スーパーチェーンを構築する長期戦略の第1号プロジェクト。 同社は1994年に設立、2010年にVinaCapitalグループのメンバーとなり、「American Home」ブランドのタイル・無焼成レンガ工場をBinh Duong省Di An町に持つ。 (Sai Gon Tiep Thi) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配 もっと見る
2016/07/29 15:45 da:39 facebook:0 twitter:0 スーパー American オープン ドンナイ ホーム アメリカン Tweet
japan.zdnet.com  消費地ベトナムのF1層はどこで買い物をするのか  ↑0 ↓0
ベトナム最大の商業都市であるホーチミン市を中心に、日系企業の大規模小売店舗も進出し、スーパーマーケットでの日用品や食料品の購入も当たり前の光景となりつつあります。法定最低賃金も上昇を続け、国内総生産も拡大し、耐久消費財の普及率も伸びてきています。
2016/07/23 06:56 da:95 facebook:6 twitter:0 買い物 ハノイ ホーチミン 大規模 Tweet
nna.jp  イオン4号店、既存店で最高売上げ=越法人社長  ↑0 ↓0
1日にホーチミン市ビンタン区でオープンした総合スーパーマーケット「イオン」のベトナム4号店について、イオンベトナムの西峠泰男社長は13日、「開業から10日間の売り上げは、既存4店舗の中で最高」と明らかにした。総菜やデザート類のほか、値頃感のあるファッションなどがけん引し、昨年ハノイに開業した3号店よりも10%程度拡大した。イオン4号店は、ショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」の核テナントとして入居している。新SCとしては月100万人の集客を目指しているが、オープン最初の日曜日となった3日には18万3,000人が来店した。総合スーパーでは、すしやクレープ、おでんなどの総菜類が好調。加えて「若者向けのファッションの売り上げが良い」。大きな要因が価格設定で、イオンでは3号店以降、1号店開店時との比較で衣料品の値段を14%程度引き下げた。「お客の値頃感を外さない」ことを狙った結果、買い上げ点数が増え、売り上げ増につながった。9万9,000ドン(4.4米ドル、約460円)のショートパンツなどが好調だという。ファッション売り場では、10代の女性向けに開発した商品を投入したほか、直営売 もっと見る
nna.jp  ブリヂストン、10店目の最高ランク代理店開設  ↑0 ↓0
ブリヂストンは、ベトナムで3段階ある同社のディーラーのうち最高ランク「B―セレクト」の店舗をホーチミン市12区にオープンした。B―セレクトはベトナムで10店目となる。新たに認定されたB―セレクト・イエンフォン店は、従来は一段階低い「B―ショップ」だったが、改修によりブリヂストンが定める面積や設備面などの水準をクリアした。出光ルブベトナムの潤滑油や米スリーエム(3M)、エンジン関連部品の独ボッシュのカー用品も販売する。B―セレクト制度は、アジア太平洋の数カ国で採用されており、ブリヂストンがベトナム国内で数百店規模で展開する販売網の中で、13店あるB―ショップとともにブリヂストンが特に注力する対象となる。現地販売子会社ブリヂストン・タイヤ・セールス・ベトナム(BSTVN)の齋藤寛之社長は、「B―セレクトなどを着実に増やしていく。タイヤ以外のカー用品も販売することで来店頻度を上げるとともに、顧客満足度を向上させたい」と意気込んでいる。イエンフォン店のリニューアルに合わせてBSTVNは8日、タイヤの無料点検キャンペーンを10日までの日程で開始した。期間中に約100台の点検を見込む。キャンペーン もっと見る
2016/07/11 00:00 da:51 facebook:4 twitter:0 ブリヂストン ランク ダナン セールス ビッグ 従業員 Tweet
nna.jp  イオン越4号店オープン「消費者の変化捉える」  ↑0 ↓0
イオンは1日、ホーチミン市ビンタン区にベトナム4号店となるショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」を開業した。2014年1月に同市タンフー区に1号店をオープンさせてから2年余りが経過し、既存店で培ったノウハウを生かすとともに所得水準の向上に伴い変化する消費者のニーズを捉える。「イオンモール・ビンタン」には初日から大勢の地元客などが押し寄せた=1日、ホーチミン市1日午前はオープンに合わせて地元住民など約2,000人が並び、イオンベトナムの西峠泰男社長はNNAに対し、「初日の入館者数は14万5,000人だった」と説明した。西峠社長は、「来店客が2年前よりファッショナブルになってきている」と経済成長を実感する。ライフスタイルの変化に合わせ、男性向けのかばんや財布などの品ぞろえを拡充した。女性向けでも10代の若い女性向けに開発した衣料品を売る。昼前の時点で長蛇の列ができた定番のすしなどに加え、総菜類におでんも加えた。総合スーパー「イオン」内では、人気が高い日本食品などを2倍程度に増やし、「ジャパン・セレクション」コーナーに集める。さらに来店客がスーパー内に持ち込むかばんの口を、防犯 もっと見る
2016/07/04 00:11 da:52 facebook:8 twitter:0 イオン モール ショッピング ホーチミン オープン 消費者 Tweet
時事ドットコム  NTTデータ、ベトユニオンを子会社化=消費市場の拡大にらみ  ↑0 ↓0
NTTデータは23日、ベトナムで割賦販売などを展開する「ベトユニオン・オンライン・サービシズ」(ホーチミン市)の株式50%以上を取得し、子会社化すると発表した。ベトナムにおけるコンビニや家電量販店、スーパーでの消費市場の広がりなどに着目した。(2016/06/23-17:41)
HOTNAM!  イオンホーチミン市Binh Tan店、間もなくオープン  ↑0 ↓0
7月1日にオープンするAEON Binh Tan店(ホーチミン市)は、ベトナム製品を80%、残りを日本や各国からの輸入品とする品揃えで、日本製品を紹介するコーナーでは、イオンのプライベートブランド「TOPVALU」製品を紹介する。  AEON MALL Binh Tan店は延床面積11万4,000㎡、うちイオンの総合スーパーの面積が2万2,700㎡。 (Thoi Bao Kinh Te Sai Gon) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。  詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。 もっと見る
2016/06/17 21:11 da:39 facebook:0 twitter:0 ホーチミン オープン コーナー 輸入品 イオン Tweet
アパレル・リソース  現地小売業者ら、国内市場のシェアを維持すべく奮闘  ↑0 ↓0
外国の小売業者が直接的な投資、もしくはベトナム企業と吸収・合併を行う形でベトナムの小売業界に参入し始め、国内企業に大きな圧力を与え始めている。 政府は国内の小売業者らが競争力を強化し、地元市場で強固な地盤を築くことができるよう、戦略を描いた。 タイのCentralグループがBig Cを買収する以前に、別のタイのグループ企業であるTCCがMetroグループのCash and Carry卸売りチェーンを今年すでに買収した。取引には19のすべての卸売店舗と関連する不動産ラインが含まれ、総額6億5500万ユーロにのぼった。 ベトナムの小売企業は国内市場で敗北を喫するのではないかという脅威にさらされている。現地企業Saigon Co-opもBig Cの買収の動きに関わっていた。 外国企業が買収取引において優位に立つ中で、Saigon Co-opは対外投資ライセンスの入手を含め多くの困難に直面した。 WTOに加盟して以来9年間、ベトナムは小売業界をほぼ完全に開放したものの、人事、市場の情報、商標のマーケティング活動を含め統合プロセスにおける国内企業に対する十分な政策を提供できていない状況だ。 Saigon Co-op会長のDiep Dung氏は、同社が政府に対して2030年に向けたベトナムの小売業界の開発を行う国家戦略を策定するよう提言したと述べた。政府は外国企業と競合できるよう、ベトナムの上位20社の小売業者を成長させることに重点的に取り組むべきだと言う。 政府は外国の吸収合併の取引における政策や障壁を調整する予定だ。 政府の戦略の傍ら、小売企業は自社のサービスを改革・改善する必要がある。Thien Hoa家電・家具ショッピングセンターのマーケティング部長Nguyen Tan Hoang Hau氏によれば同社は「競争力の強化と外国からの投資を誘致するため、商標認証システムへの投資を継続し、ベトナムにおける電子スーパーの改善を引き続きはかる」と言う。 Sai Gon Foodの総務副部長であるLe Thi Thanh Lam氏は「定期的に新しい商品を取り入れています。ベトナムの人ほどにベトナムの味を理解できる人はいません。この点を利用して適切な製品を競争力のある価格で製造し、足場を固めたいと思っています」と述べる。 小売業者だけではなく、製造業者もベトナムや海外で小売りチェーンを浸透させるためには製品の品質を高め、価格を引き下げる必要がある。タイ、日本、韓国等外国の小売業者はベトナムでの店舗を拡大しており、ベトナムの消費者に対する外国製品の販売量を増加させている。 自由貿易協定やベトナムの統合への動きのもと、アセアン諸国間で1万点以上の製品が非課税のメリットを享受することができるようになる。もう一つの課題は、ベトナムの消費者の中にはより価格の低い外国の商品を好む者もいるということだ。 ベトナム小売業協会会長のDinh Thi My Loan氏は「市場がより開放されていれば、企業は製造や貿易計画を見直す必要があります。私たちが持ち合わせているものではなく、市場が必要とするものを製造しなければならないのです」との見解を共有する。 経済学者やベトナム企業らは、開放された市場は卸売業者が支配する流通ネットワークから小売業者が支配するネットワークへ移行しているため、製造、貿易、経営の改革を行い、より良い製品を適正な価格で提供すべきであるとの見解を述べた。 もっと見る
travelvision.jp  ベトナム・ハノイ、「レニッド・ハノイ・ホテル」オープン  ↑0 ↓0
2016年4月26日、ハノイの中心部にレニッドホテルグループ3軒目のホテル「レニッド・ハノイ・ホテル」(3.5星)がオープンいたしました。 総客室数は全88室、全室バスタブ付きで、日本人のお客様にも使いやすいホテルです。 ツインルームは、デラックスツイン14室(25平米)とエグゼクティブツイン24室(28平米)の計38室。 ホテル正面には大型バス(45席)の停車も可能なため、グループ対応も可能です。 ホテルの向かいには、オフィスビルとサービスアパートメントの「ハノイタワー」があり、1階にスーパーマーケットも入っており、お買い物にも便利です。 また旧市街までは車で約5分と観光にも便利な立地です。※レニッド・ハノイ・ホテル (LENID HANOI HOTEL) 住所: 54 Nhuom Tran Hung Dao Hoan Kiem Hanoi情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社、日本海外ツアーオペレーター協会 もっと見る
2016/06/15 17:26 da:43 facebook:0 twitter:0 ハノイ ホテル オープン グループ Tweet
アパレル・リソース  現地小売業者ら、国内市場のシェアを維持すべく奮闘  ↑0 ↓0
外国の小売業者が直接的な投資、もしくはベトナム企業と吸収・合併を行う形でベトナムの小売業界に参入し始め、国内企業に大きな圧力を与え始めている。 政府は国内の小売業者らが競争力を強化し、地元市場で強固な地盤を築くことができるよう、戦略を描いた。 タイのCentralグループがBig Cを買収する以前に、別のタイのグループ企業であるTCCがMetroグループのCash and Carry卸売りチェーンを今年すでに買収した。取引には19のすべての卸売店舗と関連する不動産ラインが含まれ、総額6億5500万ユーロにのぼった。 ベトナムの小売企業は国内市場で敗北を喫するのではないかという脅威にさらされている。現地企業Saigon Co-opもBig Cの買収の動きに関わっていた。 外国企業が買収取引において優位に立つ中で、Saigon Co-opは対外投資ライセンスの入手を含め多くの困難に直面した。 WTOに加盟して以来9年間、ベトナムは小売業界をほぼ完全に開放したものの、人事、市場の情報、商標のマーケティング活動を含め統合プロセスにおける国内企業に対する十分な政策を提供できていない状況だ。 Saigon Co-op会長のDiep Dung氏は、同社が政府に対して2030年に向けたベトナムの小売業界の開発を行う国家戦略を策定するよう提言したと述べた。政府は外国企業と競合できるよう、ベトナムの上位20社の小売業者を成長させることに重点的に取り組むべきだと言う。 政府は外国の吸収合併の取引における政策や障壁を調整する予定だ。 政府の戦略の傍ら、小売企業は自社のサービスを改革・改善する必要がある。Thien Hoa家電・家具ショッピングセンターのマーケティング部長Nguyen Tan Hoang Hau氏によれば同社は「競争力の強化と外国からの投資を誘致するため、商標認証システムへの投資を継続し、ベトナムにおける電子スーパーの改善を引き続きはかる」と言う。 Sai Gon Foodの総務副部長であるLe Thi Thanh Lam氏は「定期的に新しい商品を取り入れています。ベトナムの人ほどにベトナムの味を理解できる人はいません。この点を利用して適切な製品を競争力のある価格で製造し、足場を固めたいと思っています」と述べる。 小売業者だけではなく、製造業者もベトナムや海外で小売りチェーンを浸透させるためには製品の品質を高め、価格を引き下げる必要がある。タイ、日本、韓国等外国の小売業者はベトナムでの店舗を拡大しており、ベトナムの消費者に対する外国製品の販売量を増加させている。 自由貿易協定やベトナムの統合への動きのもと、アセアン諸国間で1万点以上の製品が非課税のメリットを享受することができるようになる。もう一つの課題は、ベトナムの消費者の中にはより価格の低い外国の商品を好む者もいるということだ。 ベトナム小売業協会会長のDinh Thi My Loan氏は「市場がより開放されていれば、企業は製造や貿易計画を見直す必要があります。私たちが持ち合わせているものではなく、市場が必要とするものを製造しなければならないのです」との見解を共有する。 経済学者やベトナム企業らは、開放された市場は卸売業者が支配する流通ネットワークから小売業者が支配するネットワークへ移行しているため、製造、貿易、経営の改革を行い、より良い製品を適正な価格で提供すべきであるとの見解を述べた。 もっと見る
HOTNAM!  Big Cベトナム譲渡、「徴税の準備万端」税務総局  ↑0 ↓0
税務総局の情報筋は6月3日、『Thoi Bao Kinh Te Sai Gon Online』に対し、スーパーBig C Vietnamを所有していた仏Casino Groupと、購入したタイCentral Groupは、ベトナムの法律また国際慣例上、譲渡について当局に通知する義務があるとした。これを受けて税務機関は、譲渡に対する税徴収の具体的な作業に入る。すでに準備は整っているという。  この情報筋は、税務機関は、税を徴収するための確実な法的根拠があると改めて認めている。  この譲渡からの徴税は世論の関心高く、税務総局が、ベトナム国外で行われる売買であっても、徴税に十分な法的根拠があると発表する一方で、多くの弁護士が徴税は簡単ではないという見解を示していた。  ドイツ企業とタイ企業間のMetro Cash & Carryの譲渡でも同様の状況があったが、最終的に税務総局は、1兆9,100億ドン(約8,682万ドル)を徴税している。 (Thoi Bao Kinh Te Sai Gon) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watc もっと見る
2016/06/07 15:44 da:39 facebook:0 twitter:0 Central Tweet
sankeibiz.jp  タイ勢、ベトナム小売市場席巻 相次ぐ買収劇に懸念の声  ↑0 ↓0
ベトナムは現在、小売市場の半分がタイ企業の傘下となっている( ... 一方で、ハノイ・スーパーマーケット協会の会長は、同国の小売市場で外資企業、なかでもタイ ...
2016/06/01 05:12 da:73 facebook:0 twitter:0 スーパーマーケット ハノイ Tweet
value-press.com  筋膜リリース。ベトナム初上陸  ↑0 ↓0
宮崎県宮崎市に店舗を構える株式会社天狗の手は、2016年5月27日(金)28日(土)29日(日)の三日間。ベトナムハノイのスーパーホテルキャンドル二階にて筋膜リリースの手技療法療術院天狗の手を短期出店します。
2016/05/26 09:56 da:65 facebook:9 twitter:0 キャンドル ホテル ハノイ リリース スーパー Tweet
アパレル・リソース  従来型小売チャネルはなおも活況  ↑0 ↓0
ベトナムは現代的な流通チャネルの拡大を強く志向しているものの、流通システムにおいては従来型小売チャネルがなおも重要な役割を果たしている。 ベトナムでは特に大都市において、ショッピングセンターがどんどん建設され、一部のアナリストはこうした現代的な小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットやショッピングモール)が伝統的な市場を「駆逐するだろう」とコメントした。 しかし市場調査会社のNielsen Vietnamによる最新の市場レポートによると、従来型取引チャネルは、現代的なチャネルよりも5.4%も高い成長率を示したことが明らかになった。 ホーチミン市Phu Nhuan区の主婦であるMy Haさんは、日常生活に必要な品を買うために毎週末スーパーマーケットに行くが、子供のための粉ミルクやおむつはそこでは買わず、食料雑貨店や商店で購入するという。 「まったく同じ商品であるにもかかわらずスーパーマーケットで買うと、例えば粉ミルク缶は食料雑貨店と比べて4~5万ベトナムドンも高いのです。」と彼女は説明した。「おむつも10〜15%も高く、スーパーマーケットがセールを実施していても、そこでの価格は3~7%も高い値段が付いています。」 スーパーマーケットと食料雑貨店が提供するサービスの質の差について尋ねられた際、Haさんはちょうど電話で注文しようとしていたのだが、食料雑貨店は従業員が彼女の望む時間に家まで商品を届けてくれる、と言った。 このサービスにより彼女は、わざわざスーパーマーケットに出向き、駐車するのに時間を浪費する必要がなくなる、ということを意味する。 Phu Nhuan区にある食料雑貨店オーナーのSau Thuanさんは、近くにモダンな内装のコンビニエンスストアが出店したにもかかわらず、彼女の小さな食料雑貨店の経営は好調だと言った。 「決め手は販売価格です。」と彼女は説明した。「彼らの価格は、少なくとも10%は高いのです。」 Thuanさんは、多くの得意客を抱え、また多くのメーカーが販売代理店として商品を取り扱ってくれるよう彼女にコンタクトしてくるなど、彼女のビジネスについて満足していると述べた。 Nielsenによる報告書ではまた、従来型小売業は動きの速い消費財分野において売上の85%、100億米ドルを占めていると指摘した。 アナリストらは、伝統的な市場や食料雑貨店は、リーズナブルな価格で利便性を備えた商品を提供できるため、かつて予想されたように「駆逐される」ことはないだろう、とコメントした。 Nielsenは、従来型小売チャネルはメーカーの売上の中で最も高い割合を占めているものの、メーカーはまだそれを十分に活用しきれていない、と指摘した。 多くのメーカーでは、特に農村部において、たとえそれがコスト高であっても、流通ネットワークを再び開拓しようとしている。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinhディレクターは、「労働者」紙において、My Haoの収益の90%は従来型小売チャネルから得ていると述べた。 2015年に20%もの大幅な成長率に触発され、Lien Thanh社は、南部地域西部により多くの流通ネットワークを構築しようと検討している。   もっと見る
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   将来への備え 近年ベトナムの小売企業は、多くの合併・買収(M&A)が行われたのに伴い、他の小売業者の良い事例を模倣し始めた。 市場調査会社NeilsenベトナムのNguyễn Hương Quỳnh社長は、より自由化された貿易環境のもとでは、ベトナム企業はビジネスチャンスだけではなく、多くの課題にも直面していると述べた。 外国製品に打ち勝つには、国内企業は製品の品質を改善し、リーズナブルな価格を維持するだけではなく、市場における競争力を強化しなければならない、と彼女は述べた。 「最も重要なことは、外国のライバル企業との戦いに向けた準備において、ベトナム企業が主導権を取っていく必要がある、ということです。」とQuỳnh氏は続けた。 最近のタイ、日本、フランスなどの外資系小売企業の進出は、ベトナム小売部門におけるシェア争いを過酷なものにしている。 ベトナム小売部門は、9000万人の人口による強い購買力に支えられ、未開拓の大きな可能性を秘めている。 しかし地元の小売業者はまだ格下であり、いくつか企業では支援を求めている。 ホーチミン市商業組合連合は、最近内閣総理大臣に書面を送付し、外資系小売企業による国内市場支配に起因するリスクについて訴えた。 この組合ではまた、(国内企業に対して)より有利なビジネス環境をサポートするよう呼びかけている。 組合によると、近代的な小売業態での販売はベトナムにおける小売業総売上額のわずか25%しか占めていない。 さらに(ベトナム小売企業は)、32の店舗を持つBig Cや、19店舗のMetro、11店舗のLotte Mart、そして3店舗のAeonなどの外資系小売業者とのますます厳しくなる競争に直面している。 フランス第4位の小売企業であるSuper Auchanもまた、ホーチミン市にスーパーマーケットチェーンを展開しようとしている。 加えて、AeonによるFivimartとCitimartの買収、タイグループによるBig CとMetroの取得を含む一連のM&Aが起きている、と組合は指摘した。 地元小売業者は消費者の信頼を獲得し、ブランドを確立するために、生産者と協働してベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築する必要がある、と専門家らは述べた。 エコノミストのLý Trường Chiến氏は、ベトナムの小売業者はオペレーションモデルを改善し、コンビニや小規模マートの開発など、近代的な小売業運営技術やトレンドを採用するべきである、と述べた。 一方で、商工省の国内市場部門Võ Văn Quyền部長は、外資系小売業者による店舗開業は大きな問題ではない、とした。 地元の小売業者にとってそれは、自らの競争力を向上させ、競争に敗北した結果として閉鎖や倒産に追い込まれるような事態を未然に防ぐチャンスが提供されるということである、という。 消費者にとっても、外資系小売業者は高品質な商品をベトナムに持ち込み、商品棚にある商品の品質をアップグレードすることによって、メイド・イン・ベトナム商品の質の向上に貢献するのだ、とQuyền氏は述べた。 もっと見る
2016/05/24 12:08 da:19 facebook:0 twitter:0 ホーチミン フランス チェーン 競争力 消費者 ビジネス Tweet
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(前)  ↑0 ↓0
ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)は、スーパーマーケットチェーンのBig Cに対し、ベトナムの納入業者に最大15%という高い割引を要求することを撤回するよう求めた。 国内納入業者数社は、Big Cチェーンが発注時に高い割引を要求してくることについて懸念を示している。 Big Cはベトナム大手スーパーマーケットチェーンの一つであり、現在タイのセントラル・グループ傘下にあるが、ベトナム国内にあるBig C店舗の商品棚はタイ製の食品で埋め尽くされている、と専門家らは警告した。 このタイの会社はベトナムに新たなタイの帝国を築くため、ベトナム食品加工企業に対して高い割引を求めることにより、小売システムから撤退させようとしている。 ベトナムのある水産加工会社社長によると、ベトナムにあるスーパーマーケットチェーンの中でもBig Cは、17~20%と業界でも最も高い水準の割引を納入業者に求めており、昨年と比較しても5%も要求幅を上げている。 さらに、多くの製品では最大25%もの割引が求められる。 不当に高い割引率に加えベトナムの納入業者は、Big Cのプロモーション費用、商品試験、催事、Big Cの創業祭やその他のこまごました手数料など、多くの費用を負担する必要がある。 VASEPのNguyễn Hoài Nam副事務長は、水産加工業を営む企業は平均で15%の割引を受け入れているが、それと比較してもBig Cの17~20%の割引率は高すぎると述べた。 サイゴンフード株式会社Lê Thanh Tâm副社長は、納入業者が利益を確保するには、適切な値引きは約10%程度までだろう、と述べた。 Agrex Saigon Foodstuffs株式会社Phạm Hải Long社長は、割引率の増加は、セントラル・グループがベトナムの小売市場を支配するための一つの手段としている可能性がある、とした。 高い割引率を使ってベトナム企業がBig Cの納入業者となることを躊躇させ、タイの生産者に徐々に納入業者を変更していく道を開いているのかもしれない、と彼は続けた。 Long社長は、同社ではBig Cへの商品納入から撤退し、他の流通チャネルに乗り換えたと述べた。同社ではまた、日本や韓国に輸出を開始している。 納入業者からの高い割引は、Big Cが商品に低価格を付けることを可能とし、他のスーパーや小売店に対する競争優位を生み出している。 もしベトナム企業が価格競争においてタイの小売業者との戦いに敗れた場合、タイ製品が小売市場を席巻するかもしれない、と専門家らは警告している。   (後編につづく) もっと見る
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
日本経済新聞  ヤムヤムクリエイツ、ベトナムでシュークリーム店  ↑0 ↓0
大阪府内でシュークリーム店を展開するヤムヤムクリエイツ(大阪府東大阪市、大串和也社長)はベトナムに進出する。海外出店は初めて。スーパーや結婚式場を運営する現地企業と合弁を設立、12日にハノイに出店する。年内に生地やクリームの工場を建設し、今後3年で10店の出店を目指す。ベトナムではタイなどと比べ日系飲食企業の進出が遅れており、先行して認知度向上を目指す。 ヤムヤムクリエイツはベトナムでスーパーな…
2016/05/08 23:48 da:91 facebook:1 twitter:0 シュークリーム 結婚式 東大阪 スーパー Tweet
アパレル・リソース  タイのセントラル・グループがBig C Vietnamを落札  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーが、有力な国内外のライバルを退けベトナムのBig Cを落札した。 セントラル・グループは4月29日、同社とベトナム国内でのパートナーであるNguyen Kim Trading Companyが共同でBig C Vietnamを9億2000万ユーロ(10億5000万ドル)でフランスのカジノ・グループから買収したことを発表した。2社の負担金分担の詳細は発表されていない。セントラル・グループはNguyen Kimの株式の49%を保有している。 「究極的には、ベトナムの繁栄に貢献し、人々の生活の質を向上させたいという決意と取り組みが今回の成功に繋がりました。Big Cはベトナム国民の生活を向上し、豊かなものとしたいという決意とビジョンを共有できるパートナーであると考えています」とNguyen Kim Trading CompanyのNguyen Van Kim会長はセントラル・グループから発表された文書で表明した。 Big C Vietnamの取得とともに、セントラル・グループは地元産品の提供を続けること、Big Cの消費者、従業員、地元当局との強力なつながりを保つこと、Big C店舗で国内産品の取り扱いを続けることを決定していると同グループは発表している。 カジノ・グループはアジア及びラテンアメリカでの資産売却により債務削減を図っており、ベトナムでの資産売却で負債総額は42億ユーロとなる見込みである。 Big C Vietnamはスーパーマーケット33店舗、コンビニエンスストア10店舗とオンライン店舗Cdiscount.vnを擁する。カジノ・グループはベトナム事業の売却額は8億ドルに上ると予測していた。 Big C Vietnamの入札には日本のイオングループ、韓国のロッテ、タイのBJC、ベトナムのSaigon Co,opとMasan、そしてセントラル・グループをはじめとする約20社が参加した。 ベトナムで大規模なCo.opmartスーパーマーケットチェーンを所有するSaigon Co.opが有力な競合相手であったが、広範にわたる外国投資についての規制により、Big C Vietnamを落札することはできなかった。Big C Vietnamの落札には決済を海外で行う必要があったにもかかわらず、Saigon Co.opは現在海外投資を行う認可を得ていない。 Big C Vietnamの2015年の収益は5億8600万ユーロであった。Big C Vietnamは店舗数でCo.opmartチェーンに次ぐ第2位の規模であり、Big C Vietnamの取得でセントラル・グループは国内小売市場開発計画を少なくとも7年分前倒ししたこととなる。 もっと見る
newsclip.be  仏小売り大手カジノ、ベトナム事業をタイのセントラルに売却  ↑0 ↓0
【ベトナム】仏小売り大手カジノは4月29日、ベトナムで総合スーパーなどを展開するビッグCベトナムをタイ小売り大手セントラル・グループに9億2000万ユーロで売却すると発表した。
2016/05/02 23:26 da:48 facebook:4 twitter:0 小売り セントラル カジノ グループ スーパー ビッグ Tweet
アパレル・リソース  セントラル・グループによるRocket社買収後の次の一手  ↑0 ↓0
ニュースサイトのTechCrunchによると、タイの(小売大手)セントラル・グループは、ベトナム、タイでファッションポータルサイトを運営する、Rocket Internet資本のZaloraを買収するための最終手続きを完了する予定としている。 TechCrunchは、セントラル・グループがベトナム、タイ両国における買収にそれぞれ1000万米ドルを費やしたことを明らかにしたが、両社からは何のコメントもなかった。記事によると、アジア太平洋地域11市場のうちの2つであるベトナム、タイ事業の売却に伴い、Rocket Internetはコストカットと、「利益水準が水面すれすれ」の市場に集中することを目指す。 セントラル・グループは、タイで強い存在感を示しており、ベトナム、マレーシア、インドネシアやその他の国々にも拡大しつつある。複数のショッピングモールやデパートを含む当グループの総資産は約1000億米ドルにも達しており、世界でおおよそ7万人を雇用している。 セントラル・グループは、ベトナムで親会社のGroupe Casinoが売りに出しているBig Cスーパーマーケットチェーンの入札者のうちの一社でもある。もしBig Cの落札に成功すれば、セントラル・グループ家電小売部門であるPowerbuyが49%のシェアを握る、ベトナム南部の家電量販チェーンNguyen Kim、ハノイとホーチミン市にあるRobinsデパート、今回買収するオンライン小売サイトのZaloraを含む、グループのベトナム事業ポートフォリオにおいて大きな一翼を担うことが期待される。 東南アジアには5億5000万人を超える人口がいるものの、オンライン小売大手のAmazonやeBayはまだその存在感を示せていない。Bain & CompanyとGoogleの実施した、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムにおける6,000人以上に対する消費者調査によると、東南アジアのオンライン小売業の浸透度はわずか3%にすぎず、その売上高は約60億米ドルでしかない。 AlibabaによるLazada買収に関して4月初旬にコメントを求められた際、LazadaグループのMax Bittner CEOは、市場は非常に細分化、多様化されており、大きな参入障壁はあるものの、まだ初期段階にある現代的なこの小売形態には大きな成長余地があるだろう、と述べた。 Rocket Internetは2012年にLazadaとZaloraを立ち上げ、2015年までにこの2つのサイトで利益を上げることを目指したものの、それらのサイトは巨額の投資資金を貪る一方で、大きな損失を出し続けた。 LazadaはZalora不採算のまま資金を使い果たした後、5億米ドルでAlibabaに売り渡された。 Rocket Internetの2015年アニュアルレポートによると、Zaloraの売上は2015年に78%増加の2億800万ユーロ(2億3400万米ドル)となったものの、調整後EBITDA(利息、償却費を加算した税前利益)は赤字幅が36%増加し、9350万ユーロ(1億500万米ドル)のマイナスであった。 もっと見る
2016/05/02 10:37 da:23 facebook:0 twitter:0 グループ セントラル 米ドル サイト Internet オンライン Tweet
日本経済新聞  タイ小売り大手セントラル、ベトナムの「ビッグC」買収  ↑0 ↓0
【バンコク=小野由香子】タイの小売り大手セントラル・グループは29日、ベトナムの大型スーパー「ビッグC」を仏小売り大手カジノから買収すると発表した。負債を含む買収額は10億ユーロ(約1220億円)で、スーパーとコンビニエンスストア43店、ショッピングセンター30店を引き継ぐ。ベトナムでは既に百貨店2店を運営する。2015年には現地の大手家電量販店「グエン・キム」の株式49%を取得するなど拡大する消費市場で事業を広げている。 一方、カジノ・グループにとって今回の売却はアジア事業リストラの一環だ。3月にはタイのビッグC事業をタイ大手財閥TCCグループ傘下の商社ベルリ・ユッカーに、31億ユーロで売却した。 もっと見る
2016/04/29 19:07 da:91 facebook:3 twitter:0 グループ 小売り ビッグ セントラル スーパー カジノ Tweet
アパレル・リソース  日系企業、小売市場で奮闘中  ↑0 ↓0
9000万人強ともされるベトナムの巨大消費市場の中で利益を掘り起こそうと、ベトナムの小売市場に進出する日系企業の数はますます増大している。 日本でコンビニエンスストア第3位のファミリーマートは2013年に操業を開始し、2014年には千葉県千葉市美浜区に本部を置くイオングループもこれに続いた。 一方大手デパートである高島屋と日本を拠点とするセブンイレブンの店舗のはじめての出店も2016年初旬から中頃にホーチミン市で予定されている。 しかしこれら日系の小売業者らはベトナムにおける事業で必ずしも成功を収めているわけではなく、多くの著名な経済専門家は小売業者らが生き残ることができるかに対して疑問を持っている。 アジアにおける地元の小売業者らは家族経営から本格的な営利事業に変化してきているとイオンベトナム代表の尾山長久氏は語る。 今後数年で地元企業との競争は激化すると十分に予測はしており、イオンは競争に勝つために店舗を多くの強力なプライベートブランド商品で埋め尽くす準備を整えていると尾山氏は言う。 また尾山氏によれば数多くの困難や問題のあるビジネスのやり方を経験し、すべての地元ベトナムでのパートナー関係を解消したと述べた。 ファミリーマートもまた多数の問題があったために地元のビジネスパートナーとの関係を解消している。ファミリーマートは地元企業と協力関係を進める際には提案されているパートナーを詳細に調査することが必要だと忠告する。 両日系チェーンともに当初発表したベトナムでの拡大計画の数には達していない。 日系スーパーのイオンは地元の製造業者らと協力し2017年度までに関連する自社で開発するプライベートブランドの品目をおよそ2300点にまで伸ばす計画を明らかにした。 日系の巨大小売業者であるイオンは世界中で減退している売上と利益を好転させようとベトナム市場に大きく賭けている。昨年12月にはイオンはマレーシアで初めての店舗の閉鎖を発表している。 イオンはベトナムを成長の源泉と頼りにしており、ベトナム内での店舗を4倍の200店舗にまで拡大させようと大きな期待を寄せている。 ブルームバーグが発表した最近の記事によれば、イオングループはBig C Vietnamの買収において提案価格8億米ドルを提示している主要な入札者であるという。 フランスの小売りグループであるCasinoも、同グループに近い情報筋によればBig C Vietnamの売却に対して第2ラウンドの入札を計画しているという。   もっと見る
sankeibiz.jp  ベトナムの食料支出、11年で3倍に  ↑0 ↓0
首都ハノイにあるホム市場。ベトナムはスーパーマーケットなど近代的小売店が増加しているものの、消費者の85%は伝統的な市場で食料品を購入しているとされる(ブルームバーグ)【拡大】
2016/04/08 05:03 da:76 facebook:0 twitter:0 消費者 食料品 小売店 近代的 ハノイ スーパーマーケット Tweet
毎日新聞  財界6人、弘前市長を訪問 「リンゴ輸入したい」 /青森  ↑0 ↓0
ベトナムの首都ハノイを中心に展開するスーパー「インティメックス」などを運営する企業グループ「BRG」会長のグェン・ティ・ガー氏ら一行6人が30日、弘前市で ...
2016/03/31 11:37 da:81 facebook:1 twitter:0 グループ スーパー ハノイ リンゴ Tweet
kiers.com  ベトナム製 ルイヴィトン  ↑0 ↓0
Request RejectedThe requested URL was rejected. If you think this is an error, please contact the webmaster. Your support ID is: 5084910011957319363
2016/03/29 02:53 da:25 facebook:0 twitter:0 ルイヴィトン コピー スーパー タンブール Tweet
日本経済新聞  ベトナム最大の電子マネー「モモ」に31億円出資 英銀など  ↑0 ↓0
【ハノイ=富山篤】金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」企業のMサービス(ホーチミン市)は英スタンダードチャータード銀行と米ゴールドマン・サックス証券から2800万ドル(約31億4000万円)の出資を受けたと発表した。Mサービスが提供するベトナム最大の電子マネー「MoMo(モモ)」の利用可能店舗を現在の約3倍に増やすなどサービスを拡充する。 モモは2015年10月に始めた電子マネーで、現在の利用者数は250万人。ネット通販での決済、リアル店舗での支払い、銀行口座を必要としない振り込みなど様々なサービスがある。全利用者のうち100万人がスマートフォン(スマホ)で使っており、若い世代の利用が増えている。 スタンダードチャータードは2500万ドルを新規に出資、ゴールドマンは13年の575万ドルに続き、300万ドルを追加出資した。Mサービスはスーパー、コンビニエンスストアなどに決済端末を置くほか、新規サービスを開発する。利用可能店舗を現在の4000店から数年内に2.8倍の1万1000店に、利用者を同1.6倍の400万人に増やす。 ベトナムではネット通販の拡大で電子マネー決済のニーズが もっと見る
アパレル・リソース  小売業界、M&Aの波を牽引  ↑0 ↓0
昨今のタイ企業の展開に続き、消費財の小売部門や関連する産業がベトナムにおける次の合併買収の波を牽引すると見られている。 小売に関連する分野が最も合併買収活動を呼び込むだろうと、最近ハノイのベトナム小売業協会が後援する小売業者が参加するビジネスフォーラムにおいて登壇者らは語った。 すでに多くのタイの小売業者や消費財関連の企業らがベトナムに押し寄せていると彼らは言う。 最近の発表で最も目立った動きとしてはフランスのスーパーマーケットを経営するGroupe Casinoがベトナムとタイの事業を売却する可能性が高いというものだ。 Groupe Casinoは事前に準備していた声明のなかで、タイとベトナムに展開するスーパーマーケットのBig Cに関して「会社と株主にとっても最大の利益となる」売却を進めていると発表した。 両国のビジネスが同じバイヤーにより買収されることが条件とされるかどうかは明確にされていないが、確実にその可能性が高いようだとビジネスフォーラムにおいて登壇者らは語った。 Groupe Casinoはベトナム・タイ両国のBig Cの総払い込み済み資本の58.6%の株を保有しており、同じくタイ国外の創設者であるCentral Groupと均衡を保っている形だ。 登壇者らによれば、元々はCentral Groupが再度Groupe CasinoのベトナムのBig Cの店舗を買収しようとする計画があったと噂されていた。 しかし報道によればタイのコングロマリットである同社のベトナムの代理人からこのことについて発表は無いため、事実はそうではないようだ。「(Big Cは)市場の小売業者らと売却の提案を交渉している」 「これは通常のプロセスです」 ベトナムのCentral Groupの活動に詳しい情報筋によれば、タイの小売業と家電チェーンのPicoとの商談が流れたため、Central Groupによる買収が起こりうるとの憶測が持ち上がった。 同社は今年すでにベトナムの主要な電気小売業者であるNguyen Kimの株式の49%を取得している。 一方で億万長者のCharoen Sirivadhanabhakdi氏が支える上場企業Berli JuckerもベトナムのMetro Cash & Carryの入札を逃した後、ベトナムのBig Cに注目している。 1月7日、ドイツの企業グループはベトナムを拠点とする卸売部門をTCC Holdingに売却したと発表した。TCC HoldingもまたSirivadhanabhakdi氏のビジネスの一つで、7億1100万米ドル(6億5500万ユーロ)で売却された。 一方シンガポールのDairy Farm Group、韓国のロッテグループ、日本の小売グループであるイオンもベトナムとタイにおけるGroupe CasinoのBig Cの株の取得に関心を寄せている。 もっと見る
毎日新聞  アジアの不便をチャンスに=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎  ↑0 ↓0
近々、ホーチミン市の大型スーパーに大阪のホームセンターが進出するようであるが、まだ珍しい存在だ。 例えば、ベトナム南部で東急グループが開発している新 ...
2016/03/12 03:00 da:81 facebook:1 twitter:0 ホーム センター スーパー グループ 健一郎 チャンス Tweet
アパレル・リソース  小売店ら、国際競争への備えを強化  ↑0 ↓0
企業にとっての小売スペースと投資を拡大させるための長期資本は、地元の小売業者にとってベトナムにおいて外国企業と競争するために両方とも必要だ。 政府のウェブサイトが伝えたところによれば「ベトナムがグローバルに深く一体化すると競争は激化することでしょう。地元の小売企業はきちんとした戦略を練らなくてはなりません」とSaigon Co.op Mart最高責任者のNguyen Thanh Nhan氏は述べた。 「競争することを恐れているのではなく、よりよい状態で競争を展開するために地元当局の後押しがより一層必要なのです」 スーパーで陳列される製品はほぼベトナム製である。 熾烈な競争にも関わらずベトナム製の日用品は地元住民の需要を満たすことができるため市場の大半を占めている。顧客も国内と海外の小売企業との間の競争により恩恵を受けることが可能だ。 「市場を開放することで外国製の日用品がベトナムの市場に容易に行き渡りますが、近い将来もベトナム製の製品は残ります」とロッテベトナムの最高責任者であるHong Won Sik氏は語った。 Sik氏は先日小売企業とホーチミン市の人民委員会との会合で、市場を開放することで地元の製造業者は外国製品と競争するためにより品質の高い製品をやむを得ず製造することになると語った。 氏はまたロッテの開発戦略において、ベトナム製の商品をロッテのスーパーマーケットのシステムや輸出に持ってくることができるよう、地元の製造業者と協力関係を拡大させることが必要だとの考えを明らかにした。 昨年ロッテは500万米ドル相当のベトナム製の製品を韓国に輸出した。今年この数値は倍増すると見られている。 ベトナムイオンは地元住民の嗜好や財政的な能力に見合う、高品質な自社ブランド製品を地元の製造業者らと協力し作りだす予定だ。 しかしながら地元の製造業者が輸入製品と競争するためには、品質を高めるとともにパッケージングのモデルを変えなければならない。 「市当局は地元住民の膨大な消費の需要にこたえ、製品価格の安定を確保するために有利な条件を設けます」と市当局の人民委員会委員長のNguyen Thanh Phong氏は語った。 氏は小売企業が市場開発戦略を展開する際はホーチミン市を地元住民だけではなく観光客にも対応できる地域における商業とショッピングセンターとみなすことが必要だと示唆した。 「ホーチミン市は地域と連携し小売りや製造業者が満たすべき要件を作成します」と氏は語った。 Phong氏は町の小売システムの基本計画を完成させるよう市の商工部に訴えた。 もっと見る
2016/03/08 05:57 da:19 facebook:0 twitter:0 製造業 ロッテ ホーチミン 日用品 責任者 システム Tweet
vietnamnewssokuhou.blog.jp  【イオンへの株式売却で、Fivimart、Citimartは自分自身を失っている?】  ↑0 ↓0
TPP加盟によるベトナム小売業への影響が議題にのぼった際に、スーパーマーケット協会の会長であるヴ・ヴィン・フー(Vu Vinh Phu)氏からは、ベトナムブランドはもはや風前の灯火ではないかという質問が出たのだ。産業貿易省多国間政策課のWTO局長のチャン・バー・クォン(Tran Ba Cuong)氏によれば、TPP加盟によってベトナム小売業は、外資大手からの激しい投資の波に巻き込まれるであろうとコメントしている。タイの小売グループ達の大規模な侵攻は、ベトナム国内で比較的規模が大きくシェアを握っている小売企業をターゲットとしており、これまでの状況を見れば一目瞭然だ。それに加え、ご近所のタイだけでなく、日本や韓国の有名大手企業も参入し、合弁・株式買取などの形でシェアを握ろうとしている。クォン氏によると、ベトナムの小売業はポテンシャルが非常に高く、TPP加盟のおかげで外資小売業には次なる生きるマーケットとして見えるのだという。というのも彼らは、確実にTPP加盟で決まった税優遇措置を利用し、ベトナムで合弁した小売企業に海外からの商品をどんどん持ち込めるからだという。 TPP加盟によっ もっと見る
2016/03/04 11:20 da:63 facebook:0 twitter:0 チャン ブランド スーパーマーケット イオン 自分自身 Tweet
アパレル・リソース  ハノイ市に2店舗目のイオンモールが開業予定  ↑0 ↓0
日本の小売企業イオンが2017年中にハノイ市第2号店となるショッピングモールの建設を予定している。 2億ドル規模で計画されているこの新モールは、2019年の開業を予定している。 2月22日、イオンの代表者らがトゥリエム区の幹部、Thang Long工業団地の管理委員会らと現地調査を行った。イオンは管理委員会に対し、工業団地周辺の6本の道路工事計画を早め、モール開業に備えた利便性の高いインフラ整備を提案した。 2015年10月28日に、イオンはハノイ市ロンビエン区でハノイ市第1号店となるイオンモールの開業式典を行った。 敷地面積9.6haのイオンモールロンビエン店は2億米ドルを投じて建設され、およそ11万平方メートルの延床面積に店舗、レクリエーション施設などを有する。 ベトナム初のイオンのショッピングセンターはホーチミン市のタンフー区に2014年1月に開業している。第2号店はその10ヶ月後に南部ビンズン省にオープンした。 2015年1月7日、イオンモールはホーチミン市での第2号店となるイオンモールビンタン店の着工式典を行った。2016年6月の開業を目指し、建設作業が進められている。 イオンはカンボジア、インドネシアでも各1店のショッピングモールを運営している。イオンは2018年夏にはカンボジアで第2号店を、そして2016年以降にインドネシアで2店舗の開業を計画している。 好調な拡張計画が進めば、イオンは東南アジア地域で9店舗を擁することとなる。イオンはベトナムを重点地域と捉えており、東南アジア地域で最多の店舗が展開している。 千葉県美浜区に本社を置くイオンはアジア最大の小売業者であり、コンビニチェーンミニストップやスーパーマーケット、ショッピングモール、専門店等、約300の連結子会社、26の関連会社のネットワークを有する。 もっと見る
アパレル・リソース  国内市場は縫製産業成長の鍵となりうる  ↑0 ↓0
人口9000万人を擁するベトナム国内市場は繊維分野の収益を向上させる鍵となりうる。 ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長によると、アパレル製品への年間消費額は30億米ドル程度であるという。 しかし、地元紙の報道によると、国内企業のうち国内市場に興味を示しているのは20%に過ぎず、そうした企業も大都市のみを対象としており、地方では中国製品が主流となっている。 ベトナム繊維公団(Vinatex)のHoang Ve Dung副社長は「ベトナム経済時報」誌に対し、縫製産業は国内市場開発の努力をしていないと語った。 多くの企業が品質の向上や自社製品のブランドネームの構築に注力していないという。 Dung副社長は、縫製産業は購買力向上促進活動を行い、また、企業は都市部、農村部ともにスーパーマーケットや小売店での販売網を拡大し、国内市場での足場を築くべきであると話す。 ベトナム繊維協会によると、ベトナム国内の繊維・アパレル製品の消費額は年率10-15%の割合で上昇している。縫製分野の2015年の国内市場での売り上げは35億米ドルに上る。 もっと見る
nishinippon.co.jp  パクチー人気上昇中 美容、解毒効果に注目 「臭い」から定番に [福岡県]  ↑0 ↓0
ベトナム料理やタイ料理でおなじみの香草パクチー(コリアンダー)が人気だ。好き嫌いの分かれやすい独特な風味が特徴だが、徐々に浸透。パクチー料理を前面に押し出した飲食店も登場した。スーパーでの取り扱いも広がり、新たに栽培を始めたり生産を増やしたりする動きも出ている。 パスタ、だし巻き卵、ジェラート…。2013年末にオープンした福岡市中央区大名の飲食店「ベトナムビストロ アジアティコ」は、ほぼ全ての料理にパクチーを使っている。今月からはパクチーの無料食べ放題サービスも始めた。東京のベトナム料理店で修業し、野菜ソムリエの資格を持つオーナー小川康博さん(32)は「パクチーは一時のブームではなく、定番の食材になる」と話す。 アジア、アフリカ、欧州など世界各地で、生の葉だけでなく根や果実も使われてきたパクチー。抗酸化作用が強く美容効果などが注目されていたが、11年の東京電力福島第1原発事故後は、放射性物質を排出する効果があるなどと紹介される機会も増え、ブームの一因になったとみられる。 福岡市・天神の福岡パルコに昨年1月オープンしたタイ料理店「ガイトーン福岡」でもパクチーが食べ放題。カフェなどでもパク もっと見る
2016/02/24 13:18 da:67 facebook:76 twitter:0 好き嫌い コリアンダー おなじみ Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、外資の小売り参入活発 地場企業と合併・買収も  ↑0 ↓0
拡大が見込まれるベトナム小売市場で、外資企業の参入や外資と地場企業との合併・買収などが相次いでいる。好調な経済成長や同国が進める自由貿易協定を追い風に、今年、同市場は1000億ドル(約11兆4590億円)規模に達するとされる。今後、国内外の小売り企業の動きが一段と活発化しそうだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。 タイ流通大手セントラル・グループは昨年、ベトナム家電チェーンのグエンキム・トレーディングの株式49%を取得し、ベトナムに参入した。韓国の小売り大手ロッテマートはベトナムでの事業拡大を図るほか、韓国のディスカウント最大手イーマートは昨年12月、南部ホーチミンに初出店した。 日系企業の動きも慌ただしい。イオンは昨年、地場スーパー2社と資本・業務提携し事業展開を加速させている。セブン-イレブンは、2017年4月にベトナムでの1号店開設を目指す。 地場企業も手をこまぬいていない。地場不動産大手のビングループは、地場小売り企業のオーシャンマートなどを買収し小売り部門を強化、17年までに合計1100店のスーパーマーケットやコンビニエンスストアを開設する計画だ。 ベトナムの小売市場は、ス もっと見る
2016/02/17 05:03 da:68 facebook:2 twitter:0 小売り Tweet
アパレル・リソース  小売部門が内外企業によるM&Aに直面  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場における膨大な発展余地を見越し、外資系企業とベトナム企業との間でいくつかの合併買収(M&A)が行われている。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に参加するにあたり、その取組み義務の一つとして、2015年以降100%外資での小売企業設立を認めることとした。先月、ベトナムも参加するアセアン経済共同体(AEC)が発足し、各国市場が6億人もの消費者を擁する単一の地域市場へ統合され、また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、12の加盟国から1万種類以上の商品が関税ゼロで供給されることとなる。 このような状況下で、スーパーマーケットやコンビニなどの現代的な小売店による販売は、ベトナムでの市場においてわずか25%しか占めておらず、伝統的市場が依然として最も身近な販売チャネルとなっている。域内の各国、例えばフィリピンの33%、タイの34%、中国の51%、マレーシアの60%、そしてシンガポールの90%と比較して、ベトナムの現代的な小売店舗のカバー率ははるかに低い。そのためベトナムでは今後、現代的な小売店舗のカバー率を45%にまで引き上げる計画としており、外資系小売業者から熱い視線を注がれている。 近代的なショッピングチェーンを展開する地元小売業者として、77店舗のスーパーマーケットを運営するCo-opmart社、ハノイに20店舗を持つFivimart社、27店舗を持つCitimart社、そして20店舗以上を持つHapro社などが挙げられる。Vingroup社はRetail Oceanグループの買収後小売市場に参入し、VinmartブランドのスーパーマーケットやVinmart+ブランドのコンビニエンスストアのネットワークを、全国で200店舗以上にまで成長させた。 一方で外資系小売企業は、ベトナム全土で800以上あるスーパーマーケットのうち40%以上を占めている。ベトナムにおける外資系小売企業には、スーパーマーケットチェーンとしてBig C、Lotte Mart、Metro Cash & Carry、Aeonなどがあり、コンビニエンスストアとして、米国のCircle K、シンガポールのShop & Go、タイのB's martなどが進出している。 専門家によると、ベトナムのこの状況は、(外資系企業が)現代的なショッピング店舗に投資するのに最適な場所の一つとさせている。投資家らは新規投資だけでなく、M&Aも選択肢としている。 ベトナムのMetro Cash & Carryを買収したタイの小売業者Berli Jucker社は、全国で30以上のBig Cブランドのスーパーマーケットを運営するフランスの小売グループCasino Viet Nam社を買収する計画を発表した。 小売業界に詳しい情報筋によると、シンガポールのThe Dairy Farmグループ、韓国のLotteグループ、そして日本の小売グループのAeonもまた、ベトナムのBig Cスーパーマーケットチェーンの獲得を望んでいる。 The Dairy Farmグループは、シンガポールや香港における業界二番手の小売業者で、7-Eleven、Cold Storage、Guardian、Wellcome Giant、そしてHeroなどのブランドを傘下に抱える。このThe Dairy Farmグループは2014年に130億米ドルの売上があり、また韓国小売チェーンのLotte Shoppingは、同年230億米ドルの売上を記録した。 外資系の巨大小売企業のみならず、不動産ディベロッパーのVingroupのような地元企業もまた、ベトナム小売市場に参入するためにM&Aを利用している。Vingroupは、これまで小売部門において立て続けにM&A取引を行ってきた。2014年にOcean Martを買収後、Vinmartと改名し、そのチェーンを拡大した。その後、ベトナム繊維公団(Vinatex)からVinatextmartsの全株式を取得し、ベトナム全土39店舗のVinatextmartsを手中にした。 Vingroupはまた、Hop Nhat 社の株式の80%を取得してVinlinksと改名し、Vingroupの小売部門の配送にそれを利用している。 最近Vingroupでは、An Phong Investment JSCからMaximarkの全株式を取得した。グループのLe Khac Hiep副会長が地元メディアに語ったところによると、Vingroupは新規建設やM&Aにより、今後2017年までに100店舗のスーパーマーケットと、1000のマートを開業する予定としている。 もっと見る
web.aiu.ac.jp  駐日ベトナム大使講演を開催します  ↑0 ↓0
2月16日(火)、本学キャンパスにおいて駐日ベトナム大使講演「ベトナムは日本の重要パートナー」が開催されます。 ベトナムについて知る貴重な機会となります。皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。お申込み、詳細はこちらをご覧ください。日 時2016年2月16(火)17:00~18:15(開場16:30)場 所国際教養大学D棟コベルコホール(レクチャーホール)主 催国際教養大学、秋田魁新報社講演者駐日ベトナム大使 グエン・クオック・クオン氏演 題「ベトナムは日本の重要パートナー」 ※使用言語:英語 (日本語同時通訳有り)キャンパス内の来客駐車場は、雪のため駐車台数が非常に限られております。公共交通機関をご利用の上、ご来学ください。なお、本学への交通アクセスについてはこちらをご覧ください。 ≪前の記事AIU トピックスの一覧へ戻るスーパーグローバル大学創成支援開学10周年事業 募金のご案内開学10周年事業国際センター(留学支援)キャリア開発センター(就職支援)大学公式YouTubeチャンネル協働教育プロジェクトグローバル人材育成推進事業中嶋記念図書館能動的学修支援センターアジ もっと見る
2016/02/11 02:54 da:45 facebook:0 twitter:0 パートナー キャンパス Tweet
news.nissyoku.co.jp  日東ベスト、ベトナムに工場建設 加工食品と畜肉原料の加工製造販売へ  ↑0 ↓0
日東ベストは9日、経済成長が見込める東南アジア地域での事業強化を図るため、ベトナムに現地市場を対象にした加工食品の製造販売および畜肉原料の加工製造販売を目的とする子会社「ジャパンベスト フーズ」(予定)を現地に設立すると発表した。 同日開催した取締役会で、日東ベストの日配食品事業(コンビニやスーパー向け惣菜の製造・販売)は会社分割によって新設する子会社「爽健亭」に継承を決めた。爽健亭は資本金5000万円、同社が普通株式1000株を発行し、全てを日東ベストに割り当て交付する。・・・
2016/02/10 15:11 da:47 facebook:56 twitter:0 ベスト 東南アジア Tweet
NHKニュース  ベトナムで日系企業対象にTPPセミナー  ↑0 ↓0
このセミナーは、ベトナムに進出する日系企業にTPPの活用方法を理解し、今後の事業に役立ててもらおうと、JETRO=日本貿易振興機構が1日ハノイ市内で開いたものでベトナムに進出する日系企業の担当者など、およそ170人が参加しました。セミナーでは、経済産業省の担当者らが繊維や自動車部品といった品目ごとの関税撤廃の時期など大筋合意の内容を説明したほか、TPPの発効で大幅な拡大が見込まれるベトナムからアメリカへの輸出について具体的な事例を挙げながら解説しました。また、投資やサービス分野が自由化され規制が緩和されることで、ベトナムでは今後、コンビニエンスストアやスーパーなど小売分野においてビジネス環境の改善が期待できることなどを紹介しました。セミナーで講演した経済産業省の吉澤隆経済連携交渉官は「TPPは、世界のGDP=国内総生産のおよそ4割を占める、潜在性のある経済連携であり、ぜひ幅広く協定の中身を理解し、活用してもらいたい」と話していました。 もっと見る
2016/02/02 04:52 da:88 facebook:5 twitter:0 セミナー ハノイ JETRO Tweet
news.mynavi.jp  富士通など、ベトナムでスマホアプリによる農作物市場価格調査の実証実験  ↑0 ↓0
この実証実験は、3社が2015年10月からベトナム・ハナム省で国際協力 ... と富士通ベトナムがJICAベトナム事務所の支援を受けてベトナム・フエ省で行った住民 ... 各調査員がハノイ市内のスーパーマーケットや市場の1店舗を担当して野菜の ... JICAベトナム事務所、富士通、富士通ベトナム、同国政府女性連合の調査員は、 ...
2016/01/20 18:11 da:81 facebook:4 twitter:0 富士通 事務所 調査員 スーパーマーケット ハノイ 農作物 Tweet
アパレル・リソース  タイのTCCがスーパーMetroを買収  ↑0 ↓0
ドイツのMetroは1月7日、ベトナムにおける卸売業部門と関連不動産をタイのTCCに売却すると発表した。 Metroによると、TCC Holding Company Ltd の子会社であるTCC Land International Pte, Ltd がベトナムにおける全業務を6億5500万ユーロ(7億600万米ドル)で買収した。 Metroは「この売却における現金収入は4億ユーロ(4億3200万米ドル)程度で、支払いはすでに行われている」とプレスリリースで発表している。 Metro Cash Carry Vietnamはベトナム・ニュースの取材に対し、新所有者のもとで卸売業務は従前の名前、マネジメント体制を引き継ぎ、従前同様の商品とサービスで100万件以上の顧客とのビジネスを継続すると回答している。 Metroは2002年にベトナムに進出し、現在全国に19店舗、従業員3300人以上を擁する。 数年にわたってMetroはベトナムの商業インフラ、食品衛生、安全の向上に投資し、2万人以上のベトナムの農業・漁業関係者の訓練を行い、収量向上と製品の安全性向上に貢献してきた。 2014年8月、MetroはBerli Jucker Public Company Limited(BJC)への売却を発表した。 しかし2015年2月に、BJCに替わってBJCの主要株主のTCCが売却先となることが決定された。 小売業を含む多方面で事業を行う複合企業であるBJCがTCCの委託によりMetroを運営する。   もっと見る
2016/01/15 15:56 da:20 facebook:0 twitter:0 Company 米ドル インフラ 従業員 ビジネス 安全性 Tweet
tanba.jp  ベトナムに現地法人 富裕層に「なた豆茶」人気 春日のこやま園  ↑0 ↓0
ナタマメを使った健康茶「丹波なた豆茶」を製造販売する「こやま園」(丹波市春日町黒井、小山伸洋社長)が、ベトナムのホーチミン市に現地法人を設立した。すでに同商品を販売しており、健康志向の高まりに伴い、富裕層を中心に人気が高まっている。現地の女性誌などでも大きく取り上げられ、高級スーパーやホテル、エステ店などで取り扱う店が増えているという。小山社長は「丹波で作った安全安心ななた豆茶を飲んでもらい、健康を実感してもらいたい。その結果、こやま園ブランドが広まることになれば」と話している。
2016/01/14 10:16 da:37 facebook:0 twitter:0 こやま なた豆 ホーチミン Tweet
tpp.asilla.jp  ウワサ通り、ハノイのAEON(イオンモール)は大盛況!購買意欲の高さを実感。  ↑0 ↓0
2015年の10月末にオープンして2カ月以上経ったハノイのイオンに行ってきました。そろそろアーリーアダプターは一通り体験して、そのリピーターとマジョリティの皆さんが訪れているかな、そろそろ真価が見えるタイミングかな、と思ったからです。 ※はてなのアプリを使ってスマホからアップしたらやけに画像の質が悪いですが、雰囲気だけ掴んでいただけたらと思います。 はたして客の入りは・・、駐輪場のバイクは何百代あるか数えきれないくらいです。また、来客はクルマ乗りの富裕層が多いので駐車場もひっきりなしにクルマが入っていました。 日本国内の郊外でよく起こる「イオン渋滞」がここにも(笑 ウワサ通り、凄まじい集客力です、イオン。 エントランスは心安らぐ緑が一杯。 一階は国内・海外大手のカフェが並び、エスカレーターで3階のレストランフロアまで一気に上がれます。右手にはラグジュアリー感がウリの映画館もありますので、若いカップルのデートスポットにもなっていますようです。 3階レストランフロアに上がると、広大なフロアに30店舗くらいが軒を並べていますが、午後2時に行ったにも関わらずほとんどが満席に近い状態でした。 一席だけ空いていたCOWBOY JACK’Sでハンバーガーを頂きました。ハイネッケンの350ml瓶と合わせて、22万ドン。およそ1170円です。大変美味しゅうございました。 3Fに宮城のブースがあって、レアな商品が紹介されていました。が、インフォメーションセンターと勘違いした皆さんがいろいろ相談する窓口みたいになっていました。 ちょっとオペレーションが微妙でした。 店内は広くてキレイで、品ぞろえも豊富。 コスメ、スポーツ等の嗜好アイテム、イオンのPBはじめなんでも売ってる大型スーパー、そしてレストランと、どのブースもかなり客の入りです。特に「デパ地下」形式の生鮮食料品売り場のベーカリー販売、寿司、あとお惣菜(フライドチキンなど)のブースは黒山の人だかり。 あまり客の入っていない韓国資本のロッテタワーや京南タワーはプライドを捨てて(プライド?)この業態を下層部に取り入れたらいいのに。 輸出されてニュースになっていた青森のリンゴは売り切れのようで、米国産とニュージーランド産が大量にありました。 青森のリンゴについては下記をご覧ください。 tpp.asilla.jp   チップスター、420円。 値段的には高級お菓子ですが、日本で買うと100円くらいのチップスターがベトナムで大人気だからこの価格設定というわけではなく、本来の価値+円安+関税+輸送コストでこうなっちゃった状態です。ベトナム富裕層でもまず買わないですし、もの珍しさで試しに一回買ったとしても二度と買わないと思います。 なぜなら同じようなお菓子はたくさんあるからです。特にベトナムとFTAを妥結している韓国のお菓子は安くて美味しいので町のお菓子屋さんにも並んでいる状況です。 これをベトナムの子供たちが小銭握って買いに来るわけです。 森永ではなく韓国メーカー「オリオン」のチョコパイを食べて育つんです。ちなみにみなさんオリオンをベトナムのお菓子メーカーだと思っている様子(米国におけるソニーみたいですね)で、いずれ、 チョコパイと言えばオリオン。 懐かしの味オリオン、となるわけです。 人の幼少期の味の記憶は、成人しても消費に影響しますので、これから飛躍的に成長するASEANの消費市場への参戦は早ければ早いほうがいいと思います。そのためにも関税撤廃し、自由貿易を促進することが第一義であるTPPをチャンスと捉えて政策を打つことがいま必要です。 森永のチョコパイを近所の駄菓子屋で売りましょう。 この「危機感」に近いものはASEANに住む日本人共通のもので、大なり小なり現地において肌で感じる感覚です。いずれ帰る母国に住む家族のため、子供や孫たちのために、感じる危機感なんだと思います。 tpp.asilla.jp 以上、イオンモールのレポートでした。 もっと見る
2016/01/03 20:01 da:18 facebook:0 twitter:0 イオン オリオン ブース レストラン フロア メーカー Tweet
blog.asilla.jp  ウワサ通り、ハノイのAEON(イオンモール)は大盛況!購買意欲の高さを実感。  ↑0 ↓0
2015年の10月末にオープンして2カ月以上経ったハノイのイオンに行ってきました。そろそろアーリーアダプターは一通り体験して、そのリピーターとマジョリティの皆さんが訪れているかな、そろそろ真価が見えるタイミングかな、と思ったからです。 ※はてなのアプリを使ってスマホからアップしたらやけに画像の質が悪いですが、雰囲気だけ掴んでいただけたらと思います。 はたして客の入りは・・、駐輪場のバイクは何百代あるか数えきれないくらいです。また、来客はクルマ乗りの富裕層が多いので駐車場もひっきりなしにクルマが入っていました。 日本国内の郊外でよく起こる「イオン渋滞」がここにも(笑 ウワサ通り、凄まじい集客力です、イオン。 エントランスは心安らぐ緑が一杯。 一階は国内・海外大手のカフェが並び、エスカレーターで3階のレストランフロアまで一気に上がれます。右手にはラグジュアリー感がウリの映画館もありますので、若いカップルのデートスポットにもなっていますようです。 3階レストランフロアに上がると、広大なフロアに30店舗くらいが軒を並べていますが、午後2時に行ったにも関わらずほとんどが満席に近い状態でした。 一席だけ空いていたCOWBOY JACK’Sでハンバーガーを頂きました。ハイネッケンの350ml瓶と合わせて、22万ドン。およそ1170円です。大変美味しゅうございました。 3Fに宮城のブースがあって、レアな商品が紹介されていました。が、インフォメーションセンターと勘違いした皆さんがいろいろ相談する窓口みたいになっていました。 ちょっとオペレーションが微妙でした。 店内は広くてキレイで、品ぞろえも豊富。 コスメ、スポーツ等の嗜好アイテム、イオンのPBはじめなんでも売ってる大型スーパー、そしてレストランと、どのブースもかなり客の入りです。特に「デパ地下」形式の生鮮食料品売り場のベーカリー販売、寿司、あとお惣菜(フライドチキンなど)のブースは黒山の人だかり。 あまり客の入っていない韓国資本のロッテタワーや京南タワーはプライドを捨てて(プライド?)この業態を下層部に取り入れたらいいのに。 輸出されてニュースになっていた青森のリンゴは売り切れのようで、米国産とニュージーランド産が大量にありました。 青森のリンゴについては下記をご覧ください。 tpp.asilla.jp   チップスター、420円。 値段的には高級お菓子ですが、日本で買うと100円くらいのチップスターがベトナムで大人気だからこの価格設定というわけではなく、本来の価値+円安+関税+輸送コストでこうなっちゃった状態です。ベトナム富裕層でもまず買わないですし、もの珍しさで試しに一回買ったとしても二度と買わないと思います。 なぜなら同じようなお菓子はたくさんあるからです。特にベトナムとFTAを妥結している韓国のお菓子は安くて美味しいので町のお菓子屋さんにも並んでいる状況です。 これをベトナムの子供たちが小銭握って買いに来るわけです。 森永ではなく韓国メーカー「オリオン」のチョコパイを食べて育つんです。ちなみにみなさんオリオンをベトナムのお菓子メーカーだと思っている様子(米国におけるソニーみたいですね)で、いずれ、 チョコパイと言えばオリオン。 懐かしの味オリオン、となるわけです。 人の幼少期の味の記憶は、成人しても消費に影響しますので、これから飛躍的に成長するASEANの消費市場への参戦は早ければ早いほうがいいと思います。そのためにも関税撤廃し、自由貿易を促進することが第一義であるTPPをチャンスと捉えて政策を打つことがいま必要です。 森永のチョコパイを近所の駄菓子屋で売りましょう。 この「危機感」に近いものはASEANに住む日本人共通のもので、大なり小なり現地において肌で感じる感覚です。いずれ帰る母国に住む家族のため、子供や孫たちのために、感じる危機感なんだと思います。 tpp.asilla.jp 以上、イオンモールのレポートでした。 もっと見る
2016/01/03 20:01 da:18 facebook:- twitter:- イオン オリオン ブース レストラン フロア メーカー Tweet
tpp.asilla.jp  2016年ベトナム旧正月の動向(Tet Insights2016) nielsen  ↑0 ↓0
Tet insights 2016 from Vietguys - Mobile Marketing Solutions 社内でシェアしてもらったので、こちらでもシェア。 内容は見て頂いたほうがはやいと思いますが、テレビ番組を見るというよりは、SNSでおもしろビデオクリップみたり、友人たちとチャットしたりするようです。 新暦の我々は年の瀬ですが、彼らはまだ1か月以上先の話なので、年の瀬感はまだ感じられないようです。たまに例の歌がどこからともなく聞こえてきますが・・。 Tết Tết Tết Tết Đến Rồi 「もういくつ寝るとお正月」くらいメジャーな歌です。 スーパーなどでヘビーローテで流されて洗脳されて帰ってくると、トイレとかで知らぬ間に口ずさんでいる恐ろしい歌です。 ぜひお試しください。 もっと見る
2015/12/23 12:03 da:18 facebook:0 twitter:0 年の瀬 シェア トイレ チャット いくつ お正月 Tweet
blog.asilla.jp  2016年ベトナム旧正月の動向(Tet Insights2016) nielsen  ↑0 ↓0
Tet insights 2016 from Vietguys - Mobile Marketing Solutions 社内でシェアしてもらったので、こちらでもシェア。 内容は見て頂いたほうがはやいと思いますが、テレビ番組を見るというよりは、SNSでおもしろビデオクリップみたり、友人たちとチャットしたりするようです。 新暦の我々は年の瀬ですが、彼らはまだ1か月以上先の話なので、年の瀬感はまだ感じられないようです。たまに例の歌がどこからともなく聞こえてきますが・・。 Tết Tết Tết Tết Đến Rồi 「もういくつ寝るとお正月」くらいメジャーな歌です。 スーパーなどでヘビーローテで流されて洗脳されて帰ってくると、トイレとかで知らぬ間に口ずさんでいる恐ろしい歌です。 ぜひお試しください。 もっと見る
2015/12/23 12:03 da:18 facebook:- twitter:- 年の瀬 シェア トイレ チャット いくつ お正月 Tweet
アパレル・リソース  スーパーマーケットチェーンBig Cが売却か  ↑0 ↓0
フランスの小売業者Casino Groupは、財政面での柔軟性を強化するためベトナム、タイ、コロンビアの資産を売却する予定であり、ベトナムのスーパーマーケットチェーンBig Cを売却する可能性があると発表した。 2016年、Casino Groupは不動産や32店舗のBig Cを擁するベトナムでの事業を含む非中核資産の売却を進め、20億ユーロ(22億米ドル)以上のレバレッジ削減計画を進める予定である。 同グループは、タイとコロンビアでの不動産事業にも投資家の参画を求める予定である。 タイでは、Big Cが全国に所有するショッピングモールの賃貸可能面積は80万平方メートルに及ぶ。 コロンビアでも、ハイパーマーケットを除く賃貸可能面積は30万平方メートル以上である。 レバレッジ削減プログラムとフランスでの配当後のキャッシュフローの改善により、同グループの財政面の大幅な改善が期待されている。 これらの動きに伴い、Casino Groupは好調な資産を中心に、フランス、ラテンアメリカ、アジアといった主要市場での成長戦略に注力していく。 Big Cベトナムの広報担当者はベトナムニュースに対し、「しかし、この計画はベトナムにおける現在の業務とすでに承認された投資計画に影響することはありません」と話している。 Big Cはベトナムでの主要外資系小売業の一角を占めており、小売業でも大手企業のひとつである。   もっと見る
ビッグローブニュース  リンゴを手に取るハノイの若者たち  ↑0 ↓0
ベトナムの首都ハノイの総合スーパー「イオン」ロンビエン店で19日、青森県産の「ふじ」など5品種のリンゴの販売が始まった。写真はリンゴを手に取る若者たち。
2015/12/19 16:41 da:86 facebook:1 twitter:0 リンゴ ハノイ イオン スーパー Tweet