1.0908501148224

Vietnam

re-port.net  ハノイのディベロッパーと資本提携/サンケイビル  ↑0 ↓0
株)サンケイビルは、ベトナム・ハノイを中心に不動産開発を手掛けるディベロッパーHoang Thanh Investment and Infrastructure Development Joint Stock ...
朝日新聞  ベトナムで現地ディベロッパーに出資、資本提携 サンケイビル  ↑0 ↓0
サンケイビルは11月20日、ベトナム社会主義共和国で首都ハノイを中心に不動産開発を手掛けるディベロッパーの「Hoang Thanh Investment and ...
jetro.go.jp  ベトナム最大手のディベロッパーVietnam Singapore Industrial Parkが東京に駐在員事務所を設立  ↑0 ↓0
Vietnam Singapore Industrial Park(VSIP) 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます は、ベトナムのBecamex IDCとシンガポールのSembcorpが率いる共同 ...
2018/06/27 04:29 da:- facebook:0 twitter:0 Singapore Industrial 最大手 ディベロッパー 事務所 サイト Tweet
newsclip.be  三菱商事、フィリピンで中間層向け住宅開発  ↑0 ↓0
【ベトナム】阪急不動産(大阪市)と西日本鉄道(福岡市)はベトナムの大手住宅ディベロッパー、ナムロン・インベストメントと共同で、ホーチミン市南郊で分譲住宅を ...
jutaku-s.com  ベトナムで大規模住宅分譲プロジェクトに着手 阪急阪神不動産ほか  ↑0 ↓0
阪急阪神不動産と西日本鉄道は4月20日、ベトナムのホーチミン市において、同国の大手ディベロッパーであるナムロン・インベストメント・コーポレーションと共同で手掛ける5番目の案件として分譲住宅事業「AKARI CITY(アカリシティ)プロジェクト」に着手すると発表した。総事業費は日本円にして約425億円。 同プロジェクトは ...
re-port.net  ベトナムで総戸数4600戸超の大規模開発  ↑0 ↓0
阪急阪神不動産(株)は20日、西日本鉄道(株)と共同で、ベトナムの大規模住宅分譲プロジェクト「AKARI CITY」の始動を発表した。両社共同のベトナムでの住宅事業は5プロジェクト目。 現地ディベロッパーのナムロン インベストメント コーポレーション(以下、ナムロン。本社:ベトナムホーチミン市、会長:グエン・スアン・クアン ...
re-port.net  ベトナムで住宅開発第2弾/三栄建築設計  ↑0 ↓0
... (株)三栄建築設計は22日、関係会社の(株)プロスエーレを通じたベトナム・ホーチミン市での分譲住宅開発事業への着手を発表した。 プロスエーレは、2016年9月に同社と(株)プレサンスコーポ―レションが共同設立。同社と、現地ディベロッパーのTIEN PHAT社との間で合弁会社を設立している。すでに同市内で初弾案件 ...
2017/12/25 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 ホーチミン 分譲住宅 ディベロッパー 合弁会社 Tweet
re-port.net  近鉄不、ベトナムで分譲住宅開発に参画  ↑0 ↓0
近鉄不動産(株)は10日、三菱商事(株)とベトナムの大手不動産ディベロッパーであるBitexco Group of Companies(以下、Bitexco社)が同国ハノイで進めて ...
2017/08/14 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 不動産 ハノイ ディベロッパー 分譲住宅 Tweet
re-port.net  ベトナムで26ha超の大規模開発始動  ↑0 ↓0
阪急不動産(株)と西日本鉄道(株)は17日、ベトナム南部の大手住宅ディベロッパーであるナムロン インベストメント コーポレーション(以下、ナムロン)と共同 ...
newsclip.be  西鉄と阪急不動産、ホーチミン市で分譲住宅開発  ↑0 ↓0
【ベトナム】西日本鉄道(福岡市)と阪急不動産(大阪市)はベトナムの大手住宅ディベロッパー、ナムロン・インベストメントと共同で、ホーチミン市中心部から車で ...
newsclip.be  鹿島、ベトナムで不動産開発  ↑0 ↓0
【ベトナム】鹿島建設は23日、ベトナムの不動産ディベロッパー、インドチャイナ・ ... 鹿島はまた、ベトナム中部ダナン市のオフィスビル「リバーサイドタワー・ ...
2016/09/25 23:37 da:46 facebook:0 twitter:0 不動産 オフィス タワー ダナン リバーサイド インド Tweet
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
newsclip.be  三菱商事、ハノイで分譲住宅開発  ↑0 ↓0
【ベトナム】三菱商事は27日、ベトナムの大手不動産ディベロッパー、ビテクスコ・グループとベトナムに合弁会社を設立し、ビテクスコがハノイで進める分譲住宅開発事業に参画すると発表した。
アパレル・リソース  イオンモールが高いスタンダードを設定  ↑0 ↓0
多くのショッピングモールのディベロッパーがテナントや顧客を惹きつけるのに失敗している一方で、AEON Mall Long Bien(AMLB)は顧客に一流の体験を提供し、地元住民のライフスタイルの変化にも適応することでその魅力を保っている。 ハノイLong Bien地区にあるこのAMLB複合施設は最新鋭の百貨店である。 このベトナムで最初の日系イオンモールは北部ハノイで開業し、AMLBはオープンから8ヶ月で1000万人の集客という偉業を達成した。 イオンモールはショッピングモール・ディベロッパーのスペシャリストとしてのノウハウを活かし、顧客にとって魅力あるショッピングモールを構築し、テナントとの密接なパートナーシップを通じてその価値を高めている。 ハノイ中心部にあるホアンキエム湖の約5キロ東のロンビエン区に位置し、AMLBには貿易センター、レストラン、娯楽施設やスポーツ複合施設も設置されている。地元住民の変化しつつある多様なライフスタイルに応じ、イオンモールは、最先端の製品、サービスや情報を提供することによって、いくつもの目的を果たすことを目指している。AMLBの使命は、住民のニーズを満たすコミュニティの中心になることである。 AMLBはその敷地にショッピング、エンターテイメント、コミュニティそしてエコロジーの4つの重要なエリアを設定している。それにより住民は、多様な食料品や、シネマコンプレックスなどの娯楽施設、医療や金融サービスなどの公共サービスなどに容易にアクセスすることができる。AMLBはあらゆる年齢層の訪問客が、楽しみや満足感を得られる何かを発見できる便利な場所となっている。 「日本の心、ベトナムの笑顔」というコンセプトのもとで、AMLBが提供する最初のサービスは、「心からのおもてなし」である。フレンドリー、熱心、親切なスタッフと日本式のおもてなしによって、AMLBはすべての顧客を満足させることを目指している。 イオンモールベトナムの小西幸夫社長は、「若干不便な場所であっても、高品質の製品と優れたサービスを日本式のおもてなしで提供すれば、きっとお客様はモールにまた通い、そこでの体験にご満足頂ける」ことを伝えた。 " AMLBは新しい顧客を招いて売上を増やし、ベトナム・日本両国間の文化交流のために、毎月販売促進キャンペーンを行っている。いくつかの人気イベントとして、会員優待キャンペーン、夏の夜の調べや雪に覆われた村などがある。 AMLBを訪れる顧客は、ドームのエレベーターにおいて日本独自の風鈴の音色にうっとりする体験をする。そのデザインは若竹やあさがおの花といった、日本の夏の雰囲気を醸しだしている。日本文化によると風鈴は幽霊を追い払い、風鈴の音を聞くことによってその地域に住む人々に幸運を招くと信じられている。また多くの人々は風鈴が鳴るたびに、それぞれの願いを小さな短冊に書き、願いが届くことを祈る。 今月AMLBは、顧客にパナソニックの冷蔵庫とサムスンのテレビのような魅力的な賞品が当るイベントに有名歌手を招いた。 さらに、イオングループの基本理念である「平和の追求、人間性の尊重、地域社会への貢献、お客様中心」に従い、AMLBはベトナムで植樹、奨学金授与など、いくつかの意義深い社会活動を行っている。 AMLBの理念により、「すべてのショッピングモールのグランドオープン前に、我々は地元当局と協力し、地域の環境を改善するために植樹を行っています」。   もっと見る
2016/07/15 14:04 da:22 facebook:0 twitter:0 モール イオン サービス ショッピング ハノイ もてなし Tweet
アパレル・リソース  タイ企業によるBig C買収後はどうなるのか?(3)  ↑0 ↓0
(2)より   建設中止の危機 M&C合資会社によるサイゴンワンアパートプロジェクトの建設は、2007年に開始された。 ホーチミン市1区のKhánh Hội橋近くで着工されたこの2億米ドル規模のプロジェクトでは、ショッピングモール、国際仕様のオフィスと133戸のハイグレードマンションを建設することとなっていたものの、工事は3年前に中断された。 また、ビンタイン区のディエンビエンフー通りには、Cận Viễn Đông貿易投資会社によるDBタワーと名づけられた完成半ばの建物がある。この建物は22階建てで2010年に着工したものの、2012年半ばに工事は中止された。 このDBタワーの近くにはV-Ikonビルがあるが、資金不足の影響で2年前に工事は中断している。この高級オフィスビルは26階建てで設計されていた。 また7区にもいくつかの中断したプロジェクトがあり、そのうちの一つがKentonレジデンスである。 9.1ヘクタールの土地に3億米ドルを投じ、9つのタワーと1640戸のアパートメントを建築する予定であったが、工事は2008年から中断したままである。 ホーチミン市不動産協会(HoREA)によると、ホーチミン市には現在、様々な理由により未完成または放置された建物が137もある。 ホーチミン市建設局Trần Trọng Tuấn局長によると、そのような建築物は多くの区に亘って存在しており、未完成状態にあるのには様々な理由があるが、最も一般的な理由は資金不足という。一部の投資家は工事を再開するのに、不動産市場の明るい兆しが見えるのを待っている。 不動産にとっての黄金期は2007~2008年で、多くは十分な予算がなかったものの、大規模なプロジェクト開発のためにディベロッパーが殺到した、とアナリストらは述べた。 その際、彼らは銀行から資金を借り入れた。 しかしすぐに市場が冷え込み、銀行が資金を引き上げたため、ディベロッパーは工事を継続することができなくなり、多くの建築物は骨組みをさらしながら放置された。このことは、経済にも大きな損失をもたらした。 放置されたプロジェクトではディベロッパーが資金の返済をできないため、銀行の重石となっている。例えばサイゴンワンアパートプロジェクトはBIDV銀行の抵当に入れられており、現在この銀行では貸付金を回収するためにプロジェクトを売却する先を探している。 一部の専門家は、このような建築物を完成されるために、ホーチミン市が中断したプロジェクトをサポートするような優遇政策をとることが必要であると指摘した。 その優遇政策の一つとして、多くの中断したプロジェクトが手数料を支払う資金的余裕がなく土地使用証明書を持っていない状況のため、この土地使用証明書がなくとも、ディベロッパーはプロジェクトを売却できるようにする、ということが挙げられる。 もっと見る
newsclip.be  西鉄と阪急不動産、ホーチミン市でマンション・戸建て住宅開発  ↑0 ↓0
【ベトナム】西日本鉄道(福岡市)と阪急不動産(大阪市)はベトナムの大手住宅ディベロッパー、ナムロン・インベストメントと共同で、ホーチミン市で分譲マンションと分譲戸建て住宅を開発する。
アパレル・リソース  小売部門が内外企業によるM&Aに直面  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場における膨大な発展余地を見越し、外資系企業とベトナム企業との間でいくつかの合併買収(M&A)が行われている。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に参加するにあたり、その取組み義務の一つとして、2015年以降100%外資での小売企業設立を認めることとした。先月、ベトナムも参加するアセアン経済共同体(AEC)が発足し、各国市場が6億人もの消費者を擁する単一の地域市場へ統合され、また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、12の加盟国から1万種類以上の商品が関税ゼロで供給されることとなる。 このような状況下で、スーパーマーケットやコンビニなどの現代的な小売店による販売は、ベトナムでの市場においてわずか25%しか占めておらず、伝統的市場が依然として最も身近な販売チャネルとなっている。域内の各国、例えばフィリピンの33%、タイの34%、中国の51%、マレーシアの60%、そしてシンガポールの90%と比較して、ベトナムの現代的な小売店舗のカバー率ははるかに低い。そのためベトナムでは今後、現代的な小売店舗のカバー率を45%にまで引き上げる計画としており、外資系小売業者から熱い視線を注がれている。 近代的なショッピングチェーンを展開する地元小売業者として、77店舗のスーパーマーケットを運営するCo-opmart社、ハノイに20店舗を持つFivimart社、27店舗を持つCitimart社、そして20店舗以上を持つHapro社などが挙げられる。Vingroup社はRetail Oceanグループの買収後小売市場に参入し、VinmartブランドのスーパーマーケットやVinmart+ブランドのコンビニエンスストアのネットワークを、全国で200店舗以上にまで成長させた。 一方で外資系小売企業は、ベトナム全土で800以上あるスーパーマーケットのうち40%以上を占めている。ベトナムにおける外資系小売企業には、スーパーマーケットチェーンとしてBig C、Lotte Mart、Metro Cash & Carry、Aeonなどがあり、コンビニエンスストアとして、米国のCircle K、シンガポールのShop & Go、タイのB's martなどが進出している。 専門家によると、ベトナムのこの状況は、(外資系企業が)現代的なショッピング店舗に投資するのに最適な場所の一つとさせている。投資家らは新規投資だけでなく、M&Aも選択肢としている。 ベトナムのMetro Cash & Carryを買収したタイの小売業者Berli Jucker社は、全国で30以上のBig Cブランドのスーパーマーケットを運営するフランスの小売グループCasino Viet Nam社を買収する計画を発表した。 小売業界に詳しい情報筋によると、シンガポールのThe Dairy Farmグループ、韓国のLotteグループ、そして日本の小売グループのAeonもまた、ベトナムのBig Cスーパーマーケットチェーンの獲得を望んでいる。 The Dairy Farmグループは、シンガポールや香港における業界二番手の小売業者で、7-Eleven、Cold Storage、Guardian、Wellcome Giant、そしてHeroなどのブランドを傘下に抱える。このThe Dairy Farmグループは2014年に130億米ドルの売上があり、また韓国小売チェーンのLotte Shoppingは、同年230億米ドルの売上を記録した。 外資系の巨大小売企業のみならず、不動産ディベロッパーのVingroupのような地元企業もまた、ベトナム小売市場に参入するためにM&Aを利用している。Vingroupは、これまで小売部門において立て続けにM&A取引を行ってきた。2014年にOcean Martを買収後、Vinmartと改名し、そのチェーンを拡大した。その後、ベトナム繊維公団(Vinatex)からVinatextmartsの全株式を取得し、ベトナム全土39店舗のVinatextmartsを手中にした。 Vingroupはまた、Hop Nhat 社の株式の80%を取得してVinlinksと改名し、Vingroupの小売部門の配送にそれを利用している。 最近Vingroupでは、An Phong Investment JSCからMaximarkの全株式を取得した。グループのLe Khac Hiep副会長が地元メディアに語ったところによると、Vingroupは新規建設やM&Aにより、今後2017年までに100店舗のスーパーマーケットと、1000のマートを開業する予定としている。 もっと見る

Thailand

re-port.net  タイ・バンコクで自社初の分譲M/東建  ↑0 ↓0
東京建物(株)は20日、タイ・バンコク中心地区で分譲マンション開発事業に参画すると発表した。タイにおける事業は同社初となるもので、シンガポール、ミャンマーに続くASEAN3ヵ国目の進出。 現地不動産ディベロッパーのRaimon Land Public Company Limited(バンコク、CEO:エイドリアン・リー氏、以下、レイモンランド社) ...
2018/04/20 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jutaku-s.com  タイで分譲マンション事業の第3号案件に参画 阪急不動産  ↑0 ↓0
阪急不動産は3月12日、タイにおける分譲マンション事業として第3号案件となる「(仮称)Ekamai(エカマイ)プロジェクト」に、現地の不動産ディベロッパーのセナ・デベロップメント(バンコク)と共同で着手すると発表した。 同プロジェクトの計画地は同国のバンコク都ワッタナー区に位置し、最寄駅のエカマイ駅からバンコクの中心地 ...
2018/03/14 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
re-port.net  タイで分譲Mプロジェクトに参画/阪急不  ↑0 ↓0
阪急不動産(株)は、タイにおける分譲マンション事業として第3号案件となる「(仮称)Ekamai(エカマイ)プロジェクト」(バンコク都・ワッタナー区、総戸数約870戸)に着手した。タイの不動産ディベロッパーであるセナ・デベロップメント(バンコク、CEO:ティラワット・パンニャラクパーク氏、以下「セナ社」)との共同事業。 最寄り駅 ...
2018/03/12 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ビッグローブニュース  マンダリン オリエンタル ホテル グループ、南米2軒目となる新規ホテル マンダリン オリエンタル ビーニャ ...  ↑0 ↓0
世界各地でラグジュアリークラスのホテルとレジデンスを展開するマンダリン オリエンタル ホテル グループはこのたび、本年度後半に開業を予定しているマンダリン オリエンタル サンティアゴの投資会社HCCの関連会社、HRV S.A.社(不動産ディベロッパー)との運営受託契約を締結し、チリ共和国の首都、サンティアゴより車で ...
2018/02/15 11:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.sekaiproperty.com  タイ大手ディベロッパー、ニセコの土地を17億で売却  ↑0 ↓0
タイの高級住宅販売大手、ペースデベロップメントは、北海道のニセコに所有していた土地を、リッチフォレスト・インターナショナル・インベストメントに20億5,000万円(5億9500万バーツ)で売却したと発表した。 PACEは2016年に17億9,850万円(約5億2100万バーツ)で購入し、高級別荘としてタイ人富裕層向けに開発する計画 ...
2018/02/09 12:25 da:- facebook:- twitter:- Tweet
re-port.net  バンコクで自社初のSA事業/野村不  ↑0 ↓0
野村不動産(株)は14日、タイ・バンコクで現地ディベロッパーのOrigin Propaty(オリジン社)と共同でサービス・アパートメント事業、「Staybridge Suites Bangkok Thonglor」に参画すると発表した。野村不動産としては初のサービス・アパートメント事業となる。 バンコクは、経済発展に伴う外国企業の増加で、サービス・ ...
2017/12/14 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kensetsunews.com  【三菱地所G】バンコク分譲1万戸突破 第11号物件の参画決定  ↑0 ↓0
三菱地所レジデンスは9日、タイ・バンコクで現地ディベロッパーAP社と共同事業となる第11号物件の分譲マンション「ライフ アソーク ラマ9」への事業参画が決定 ...
newsclip.be  CPグループ、バンコク・スクムビット101で複合不動産開発  ↑0 ↓0
【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下の不動産ディベロッパー、マグノリア・クオリティ・ディベロップメントはバンコク都内のスクムビット・ソイ101/1で複合 ...
newsclip.be  再開発で「タパスカフェ」など閉店 バンコク・スクムビット11  ↑0 ↓0
【タイ】スペイン料理の「タパスカフェ」、屋外バー「チープチャーリーズ」などがあるバンコク都内ソイ・スクムビット11通りの一角が不動産ディベロッパーに売却され、 ...
2017/03/31 17:15 da:42 facebook:0 twitter:0 バンコク ディベロッパー 不動産 スペイン 再開発 Tweet
newsclip.be  バンコクの新オフィスビル完成間近 BTSバンナー駅直結  ↑0 ↓0
【タイ】バンコクの高架電車BTSバンナー駅前のイベント施設、バンコク国際貿易展示センター(BITEC)でタイの不動産ディベロッパー、ピラットブリが建設中の ...
newsclip.be  デュシタニ、プーケットのホテル受託運営  ↑0 ↓0
【タイ】タイのホテル大手デュシタニはタイ南部プーケット島のスリンビーチに建設されるホテルを受託運営する。22日、ホテルを所有開発する不動産ディベロッパー、 ...
2016/11/22 22:52 da:43 facebook:0 twitter:0 ホテル プーケット ディベロッパー 不動産 Tweet
newsclip.be  三井不動産、バンコクのマンション事業拡大 1万戸超に  ↑0 ↓0
【タイ】三井不動産はタイの不動産ディベロッパー、アナンダー・ディベロップメントと共同で進めるバンコクでのマンション開発で、新たに3物件(約2100戸)の販売 ...
newsclip.be  タイの不動産ディベロッパー、北海道ニセコで高級別荘開発  ↑0 ↓0
ペースは取得した土地に、タイ人向けの高級別荘37軒を開発する予定。 ... バンコク都心の高級マンション「サラデーン・レジデンス」などを手がけたほか、2014年 ...
newsclip.be  IHI運搬機械、バンコクのマンションに機械式駐車場納入  ↑0 ↓0
【タイ】IHI運搬機械(東京都中央区)は24日、タイの不動産ディベロッパー、アリヤ・プロパティーがバンコクで開発したマンション「A―スペースME(スクムビット77)」に機械式駐車場を納入したと発表した。

Singapore

business-partners.asia  シンガポールのキャピタランド社 プノンペンでモールを運営[経済]  ↑0 ↓0
シンガポールに本部を置く不動産会社キャピタランド社は、2020年にプノンペンにオープン予定のザ・ピーク(The Peak)のショッピングモールを管理委託契約を締結 ... ザ・ピーク(The Peak)は、シンガポールを拠点にするディベロッパーのオクスリー(Oxley)と現地企業ワールドブリッジ・ランドの共同プロジェクト。55階建てで、 ...
2018/03/23 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマーの観光関連企業、シンガポール証券取引所で取引開始  ↑0 ↓0
ミャンマーの観光関連企業であるメモリーズ・グループ(Memories Group、以下「メモリーズG」)は1月5日、シンガポール証券取引所で株式の取引を開始した。 ... マレーシアの不動産開ディベロッパーSee Hoy Chan氏の支援によりシンガポール証券取引所に上場しているSHC キャピタル・アジア(SHC Capital Asia)は昨年11 ...
2018/01/07 15:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
gamebiz.jp  シンガポールのDreamRockert、新作パズルゲーム『くっつきパズル ピコ』の[…]  ↑0 ↓0
くっつきパズル ピコ』は、シンガポール発のディベロッパーDreamRocketが制作しており、日本でもランキングが常に上位の大人気ゲーム『LINE:ディズニー ...

Philippines

re-port.net  フィリピンで新たに2つの分譲事業/阪急阪神不  ↑0 ↓0
阪急阪神不動産(株)は13日、フィリピンの不動産ディベロッパー「PA アルバレス プロパティーズ」(以下、PA社)と共同で、新たに2案件の分譲事業に着手すると ...
2018/11/14 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
re-port.net  フィリピンのオフィス開発に参画  ↑0 ↓0
マカティ市はフィリピンのマニラ首都圏における最大のビジネスエリアであり、堅調な経済成長と人口増加に伴いオフィス需要が増加している。プロジェクトは三菱商事と現地企業の都市ディベロッパーであるCentury Properties Group Inc. が開発を進めている、地上35階地下5階建てのオフィス開発事業。着工は2016年1月で、 ...
2018/04/23 18:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.sekaiproperty.com  フィリピン大手ディベロッパー「メガワールド」、ダバオ初のスマート都市開発  ↑0 ↓0
「Live-Work-Play」の街をコンセプトに5つのエリア(ルソン島2箇所、ビサヤ2箇所、ミンダナオ1か所)の開発を手掛けるフィリピン、タン財閥系不動産会社メガワールドは、フィリピン南部の経済活動中心地、ミンダナオ地方ダバオシティをデジタル技術とイノベーティブなデザインを取り込んだ最新の都市開発「i タウンシップ」の ...
2018/02/15 05:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
re-port.net  フィリピンの戸建事業に参画/阪急不動産  ↑0 ↓0
阪急不動産(株)は、フィリピンの住宅ディベロッパーであるPAアルバレス プロパティーズ(ラグナ州、会長:ロマリコ Tアルバレス氏)が推進するフィリピン・カビテ州 ...
2017/06/14 18:11 da:- facebook:0 twitter:0 アルバレス 不動産 カビテ ディベロッパー Tweet

Malaysia

re-port.net  阪急阪神不、マレーシアの住宅分譲に参画  ↑0 ↓0
阪急阪神不動産(株)は9日、マレーシアの住宅開発事業に参画すると発表した。同社にとってマレーシアでの住宅事業は初。海外事業としては5ヵ国目となる。 現地ディベロッパーのIreka Corporation Berhad(以下、イレカ社。マレーシア・クアラルンプール、社長:Datuk Lai Voon Hon氏)との共同事業で、総事業費は約96億 ...
2018/04/10 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jutaku-s.com  マレーシアでの住宅事業に初進出 阪急阪神不  ↑0 ↓0
阪急阪神不動産(大阪府大阪市、若林常夫社長)は4月9日、マレーシアの現地ディベロッパーIreka Corporation Berhad(イレカ社)と共同のマンション分譲事業「(仮称)RIMBUN KASIAプロジェクト」に参画すると発表した。事業比率は阪急阪神不動産が45%、イレカ社が55%。阪急阪神不動産にとってはマレーシアで初の住宅 ...
2018/04/09 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  マレーシアでの住宅開発事業に初進出 -マンション分譲事業に参画します-  ↑0 ↓0
阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:若林常夫、以下 「阪急阪神不動産」)は、マレーシアの現地ディベロッパーであるIreka Corporation Berhad (所在地:マレーシア・クアラルンプール、社長:Datuk Lai Voon Hon(ダトゥ・ライ・ブン・ホン)、以下「イレカ社」)とのマンション分譲事業『(仮称)RIMBUN ...
2018/04/09 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
rakumachi.jp  パナホーム マレーシアで戸建て受注 大規模開発で富裕層向け272戸  ↑0 ↓0
パナホームマレーシアはこのほど、マレーシアで現地の大手ディベロッパーであるトロピカーナ社グループが2015年~2029年にかけて手掛ける大規模都市開発「 ...
jutaku-s.com  パナホーム マレーシアで戸建て受注 大規模開発で富裕層向け272戸  ↑0 ↓0
パナホームマレーシアはこのほど、マレーシアで現地の大手ディベロッパーであるトロピカーナ社グループが2015年~2029年にかけて手掛ける大規模都市開発「アマンプロジェクト」において、富裕層向けの戸建て住宅272戸の建築請負の受注で合意したと発表した。受注したのは、同プロジェクトの一つである開発面積15.58ヘクタールの「CHERIA RESIDENCES」。7月から販売が開始される予定。
mys-news.asia  パナホーム、約270戸の戸建て建築事業に着手  ↑0 ↓0
パナホーム株式会社は、6月28日、現地子会社であるパナホームマレーシア(PHMY社)が、マレーシアの大手開発事業者、Tropicanaグループ(TP社)と戸建て建築請負に関する契約を同日付で締結したと発表した。TP社は、2015年よりマレーシア最大規模となる、約349ヘクタールの敷地にマンション、戸建て、商業施設などを備える街づくり事業、「AMANプロジェクト」を進めており、PHMY社はこの開発における第3期工事となる、「CHERIA RESIDENCES」のおよそ272戸の富裕層向け戸建て建築事業を受注した。優れた日本クオリティが評価されるこの戸建て住宅の販売は7月から開始される予定で、完工を2019年とする。また、AMANプロジェクト全体の完成は2029年に予定される。パナホームは、同社がアセアン地域向けに開発した、建設期間の短期化を可能とし、防水性、施工品質などにも優れたW-PC構法が、日本クオリティとしてTP社からの評価を受けたとし、同社がアセアン地域にて独自に展開するこれらの施工技術が、現地ディベロッパーにも浸透しつつあるとしている。PHMY社は、今後予定される第4期工事以降 もっと見る
2016/07/04 15:33 da:21 facebook:10 twitter:0 戸建て グループ 事業者 子会社 Tweet
newsclip.be  パナホーム、マレーシアで戸建て住宅270戸受注  ↑0 ↓0
【マレーシア】パナホーム(大阪府豊中市)は28日、マレーシアの100%子会社パナホームマレーシアが現地の大手不動産ディベロッパー、トロピカーナグループが開発する富裕層向け戸建て住宅プロジェクトの建設を受注したと発表した。
newsclip.be  パナホーム マレーシアで戸建て、マンション販売  ↑0 ↓0
【マレーシア】パナホーム(大阪府豊中市)はマレーシアの大手不動産ディベロッパー、MKHと共同でクアラルンプール郊外のセランゴール州に開発した戸建て住宅490戸とマンション1棟を4月中旬に発売する。

Indonesia

ja.sekaiproperty.com  阪急不動産、インドネシアのマンション分譲事業に参画することを発表  ↑0 ↓0
大阪市北区に本社を置く阪急不動産は、インドネシアの現地ディベロッパーのスントゥールシティ社(PT. Sentul City Tbk.)と住友商事が推進する、マンション分譲事業に参画することを発表した。 同プロジェクトは、阪急不動産にとってはインドネシアにおける初の住宅事業であり、ベトナム・タイ・フィリピンに続く4ヶ国目の海外進出 ...
2018/02/21 20:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
re-port.net  阪急不、インドネシア初進出で分譲M3棟  ↑0 ↓0
阪急不動産(株)は19日、インドネシアでの住宅開発事業に初進出すると発表。現地ディベロッパーのPT.Sentul City Tbk.(スントゥールシティ社、西ジャワ州ボゴール県、取締役社長:Keith Steven Muljadi氏)と住友商事(株)が推進するマンション分譲事業に参画する。なお海外事業は、ベトナム・タイ・フィリピンに続き4ヵ国目 ...
2018/02/19 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jutaku-s.com  インドネシアの住宅開発事業に初進出 阪急不動産  ↑0 ↓0
阪急不動産(大阪府大阪市、諸冨隆一社長)は2月19日、インドネシアの現地ディベロッパーのPT.Sentul City Rbk.(スントゥールシティ社)と住友商事が推進するマンション分業事業に参画すると発表した。阪急不動産にとってはインドネシアにおける初の住宅事業で、ベトナム・タイ・フィリピンに次ぐ4カ国目の海外進出となる。
2018/02/19 16:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  インドネシア・スントゥール社とのコンドミニアム分譲事業における阪急不動産との取組みについて  ↑0 ↓0
住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村邦晴、以下「住友商事」)は、インドネシア・西ジャワ州ボゴール県スントゥール地区で現地ディベロッパー、PT. Sentul City Tbk(所在地:インドネシア・西ジャワ州ボゴール県、取締役社長:Keith Steven Muljadi(キース・スティーブン・ムルジャディ)、 ...
2018/02/19 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
hankyu-hanshin.co.jp  インドネシアでの住宅開発事業に初進出  ↑0 ↓0
阪急不動産株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:諸冨隆一、以下 「阪急不動産」)は、. インドネシアの現地ディベロッパー、PT. Sentul City Tbk. (所在地:インドネシア・西ジャワ州ボゴール県、取. 締役社長:Keith Steven Muljadi(キース・スティーブン・ムルジャディ)、以下「スントゥールシティ社」)と住友. 商事株式 ...
2018/02/19 14:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
re-port.net  インドネシアでコンドミニアム分譲/住友商事  ↑0 ↓0
住友商事(株)は5日、インドネシア・スントゥール地区複合開発プロジェクトにおけるコンドミニアム分譲事業(3棟、総戸数約1,100戸)に参画すると発表した。 参画に当たり、同複合開発プロジェクトを推進している現地のディベロッパー、PT.Sentul City Tbk.(スントゥールシティ社)との間で合弁会社PT.Sentul Summit ...
2017/12/05 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
re-port.net  ジャカルタ郊外で高層分譲M12棟を開発  ↑0 ↓0
大和ハウス工業(株)は9日、(株)海外交通・都市開発事業支援機構とともに、2017年秋より、インドネシアの中堅ディベロッパーTRIVO社が進めるインドネシア・ ...
2017/08/09 18:00 da:- facebook:- twitter:- ディベロッパー 大和ハウス ジャカルタ Tweet
re-port.net  ジャカルタ南東部に集合住宅約5000戸  ↑0 ↓0
大和ハウス工業(株)は7日、(株)海外交通・都市開発事業支援機構、商業開発を手掛けるインドネシアの中堅ディベロッパーTRIVO社とともに、インドネシア ...
2017/07/07 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 ディベロッパー 大和ハウス ジャカルタ Tweet

Cambodia

business-partners.asia  カンボジアの不動産業界 7月の選挙後も混乱なく、好調の兆し[経済]  ↑0 ↓0
ラッキー・リアルティのCEOは、「カンボジア人が不動産を買い続けるため、政治情勢は住宅市場に影響を与えず、今後も伸びるだろう。市街に集まる人は多く、家を必要とする新婚も増えている。住宅市場では、現在価格高騰により利益をあげることができるため、ディベロッパーは買い手の要求に合ったプロジェクトを作る必要が ...
2018/05/08 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)  ↑0 ↓0
その多くはカンボジアのバイヤー向けです。ハイエンドのコンドミニアムは外国人投資家を対象としていますが、約3万ドル〜4万ドルの単価のコンドミニアムを提供すれば、カンボジア人向けとしても売ることが可能でしょう。したがって、供給過剰があるのはハイエンド部門だけです。ディベロッパーたちも認識し始めており、開発の ...
2018/04/05 10:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  シンガポールのキャピタランド社 プノンペンでモールを運営[経済]  ↑0 ↓0
ザ・ピーク(The Peak)は、シンガポールを拠点にするディベロッパーのオクスリー(Oxley)と現地企業ワールドブリッジ・ランドの共同プロジェクト。55階建てで、ショッピングモール、コンドミニアム、ホテルが入り、キャピタランド社にっとはカンボジアへの小売市場の初参入となる。 アジア最大の不動産会社である同社は、プノンペン ...
2018/03/23 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.sekaiproperty.com  カンボジアの不動産ディベロッパーアワード、プロパティグルが発表  ↑0 ↓0
プロパティグル・アジア・プロパティ・アワードの創設者兼ディレクターのTerry Blackburn氏は「年々進歩を遂げるカンボジアのデベロッパーには深く感銘を受けている。特に複合施設の分野における進歩は素晴らしい。カンボジアには大きな将来性があり、ここ2年間の彼らの活躍には目を見張るものがある。」と述べている。
2018/02/27 13:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  10年の時を経て ゴールドタワー42の建設再開 カンボジア[経済]  ↑0 ↓0
10年の時を経て ゴールドタワー42の建設再開 カンボジア[経済] ... ゴールドタワー42のディベロッパーである韓国系企業のヨン・ウー・カンボジア社の代表は、1月28日の起工式で、「昨年11月、中国企業2社との合意書に署名した。プロジェクトには既に1億ドルを費やしており、追加資金で1億4000万ドルを投資する予定だ」と ...
2018/02/01 10:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  不動産業界 プノンペンとシアヌークビルを中心に活況を呈す[経済]  ↑0 ↓0
10月6日から2日間にわたり開催された不動産展示会に、30社以上のディベロッパーと約4000人の来場者が参加し、カンボジア最大規模となった。クメール ...
2017/10/12 03:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankei.com  【カンボジア不動産】 新エリア プノンペン西部で視察ツアー開催  ↑0 ↓0
カンボジア首都プノンペンの中で、プノンペン中心地エリアのみならず、新エリアとして注目されているプノンペン西部で大手ディベロッパーの1,000万円台から購入 ...
2017/05/01 08:37 da:- facebook:0 twitter:0 プノンペン エリア ディベロッパー 不動産 中心地 Tweet
business-partners.asia  カンボジア初のマリオットホテル シェムリアップに来年オープン[観光]  ↑0 ↓0
ローカルの不動産ディベロッパーは12月15日、「国際的なホテルブランド、マリオットホテルのカンボジア初の店舗が、来年4月、シェムリアップでオープン予定で ...
2016/12/19 03:12 da:22 facebook:0 twitter:0 ホテル マリオット オープン ブランド 国際的 ローカル Tweet
business-partners.asia  ゴールドタワー42、財務状況報告せず再開許可下りず[経済]  ↑0 ↓0
ゴールドタワー42のディベロッパーである韓国系企業のヨン・ウー・カンボジア社(Yon Woo Cambodia)は今年2月に建設再開を目指し、昨年12月に国土整備・ ...
2016/05/24 12:00 da:22 facebook:19 twitter:0 ゴールド タワー Cambodia ディベロッパー Tweet