19.605362176895

Vietnam

PR TIMES  「THE MINATO RESIDENCE」プロジェクト公表式典開催のお知らせ  ↑0 ↓0
本プロジェクトは、ベトナム第三の人口都市ハイフォンでは初めての、オール日系企業における大規模なマンション開発となります。「エターナルバリュー(永続的な ...
外務省  対日理解促進交流プログラム JENESYS2018 招へいプログラム第12陣(対象国:ベトナム,テーマ:フード ...  ↑0 ↓0
1 11月13日から20日まで,JENESYS2018の一環として,ベトナムの農業省より14名が訪日します。 2 一行は「フードバリューチェーン交流」をテーマに,東京都 ...
2018/11/12 12:33 da:- facebook:0 twitter:0 プログラム テーマ フード 招へい バリュー チェーン Tweet
newsclip.be  JICAとADB、シンガポールの農産物商社に協調融資 コーヒーバリューチェーン構築で  ↑0 ↓0
【ベトナム、シンガポール】国際協力機構(JICA)は29日、シンガポールの大手農産物商社オラム・インターナショナルのベトナム子会社でコーヒー加工を手がけるカフェ ... オラムは融資で調達した資金を、ベトナムのコーヒー加工工場の拡張など、ベトナム、インドネシア、パプアニューギニア、東ティモールでのコーヒーのバリュー ...
ASEAN PORTAL  JICAとADBはベトナムのコーヒーバリューチェーンを支援  ↑0 ↓0
今回の協調融資が行われるのは、三菱商事も出資しているシンガポールの農産物事業会社「Olam International Limited(オラム)」の子会社である、ベトナムのコーヒー加工会社「Café Outspan Vietnam Limited(カフェアウトスパン)」となる。JICAとADBの融資により、オラム社はベトナムのみならず、インドネシア・パプア ...
2018/03/29 11:37 da:- facebook:0 twitter:0 コーヒー Limited バリュー チェーン International 子会社 Tweet
nna.jp  25年までの機械産業発展戦略、首相が承認  ↑0 ↓0
ベトナムのグエン・スアン・フック首相がこのほど、「2025年までの機械産業発展戦略および35年までの展望」を承認した。20日付ダウトゥ電子版が報じた。 これによれば、国内機械産業が35年までに、多くの分野で先進的な技術を有し、製品の質で国際水準を達成し、世界的バリューチ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/03/22 00:00 da:- facebook:- twitter:- グエン フック このほど 世界的 Tweet
nna.jp  プラ製造アンファット、韓国企業が出資  ↑0 ↓0
プラスチックやパッケージの製造を手掛けるベトナムのアンファット・ホールディングス(HD)は、韓国の資産運用会社バリューシステムから1,560万米ドル(約16億7,000万円)の出資を受けたと発表した。ベトナム・エコノミック・タイムズ電子版が22日伝えた。 今回の出資は、バリ… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
camp-fire.jp  ベトナムの恵まれない子どもたちへ光を~Make Opportunity  ↑0 ↓0
はじめにご挨拶 私たちエボラブルアジアは、ベトナムでオフショア開発事業を立ち上げてから7年目を迎えるにあたり、ベトナムへの感謝の想いを形にできないかと考えました。そして、当社のコアバリューの1つである「Make Opportunity (機会創出)」に付随するCSR活動の一…
2018/02/14 18:13 da:- facebook:0 twitter:0 Opportunity 子ども はじめ 私たち オフショア バリュー Tweet
dreamnews.jp  【ABIリサーチ調査報告】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア ...  ↑0 ↓0
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【PT:アプリケーション分析レポート】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ王国、ベトナム」は、いくつかの主要企業、主要なイニシアチブ、バリューチェーンのさまざまな企業への提言を取り上げ、東南アジアのスマートシティを概観して ...
jakartashimbun.com  ガス配給事業に出資 東京ガス・政策投資銀 需要拡大見据え (2017年10月18日)  ↑0 ↓0
東南アジアを液化天然ガス(LNG)事業の最重要拠点と位置づけておりバリューチェーンに投資、フィリピンやベトナムではLNG基地を建設する調査も行っている。
2017/10/18 00:45 da:- facebook:0 twitter:0 LNG 東南アジア 天然ガス バリュー チェーン Tweet
nna.jp  世界のバリューチェーン、越の参加は9%  ↑0 ↓0
世界銀行の最近の報告によれば、ベトナムで活動する企業のうち、世界のバリューチェーンに参加できる基準を満たした企業はわずか9%だという。ダウトゥ電子版 ...
2017/09/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- バリュー チェーン 世界銀行 Tweet
news-kushiro.jp  ベトナムから研修員来釧/草の根技術協力事業  ↑0 ↓0
国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業に採択され、釧路商工会議所が実施している「ダナン市における水産物バリューチェーンモデル構築プロジェクト」の ...
アパレル・リソース  繊維・アパレル企業は第4次産業革命の施行に対し消極的  ↑0 ↓0
繊維・アパレル産業は、第4次産業革命がもたらす技術から大きな恩恵を受けることを見込んでいるが、時勢の変化に関しては無関心なままである。 ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長によると、紡錘数3万の工場で紡績糸を製造する場合はかつて、最大450人の労働力を必要としたという。 第4次産業革命の結果、同規模の工場で必要とする労働者数は最大でも30人となった。 以前は一人当たりが同時操作できるのは2機が限度であったが、今では8−9機、時には最大12機を同時に操作する事が可能である。このように、第4次産業革命の波が押し寄せれば、大量の労働者達が余剰となる。 専門家や業界観測筋では、第4次産業革命が影響するのはバリューシステムの一部のみであり、設計フェーズなどのバリューチェーンの川上段階に対する影響はほとんどないと見込んでいる。 ホーチミン市縫製・繊維・刺繍・編物協会(AGTEK)のPham Xuan Hong会長は、協会の会員企業の一部が最新設備に投資はしたものの、投資量は低いままにとどまっていると「投資」誌に対し明かした。 例えば、Viet Tien縫製株式会社はシャツ生産過程の一部の過程に自動装置を導入し、Hoa Tho繊維株式会社はスーツ生産設備の現代化に多額の投資を行った。 繊維製品の生産には50−100段階の工程があり、そのため企業は徐々に個々の生産過程を自動化していく見込みだとHong氏は説明した。 「繊維・アパレル企業の現時点の一番の懸念事項は、安定した生産や労働者の収入を保証することです。」 フランスの下着メーカーScaviは同氏の意見に共鳴し、ファッションの変わり続けるトレンドや顧客の好みを満たすデザイン過程を自動化することはほぼ不可能だと語った。 同社は過去に新設備や技術に多額の投資を行なっているが、対象となったのは主に一部の過程のみだ。 国際労働機関が最近発表した報告書によると、繊維・アパレル、履物産業に従事する労働者は、インドネシアでは65%、ベトナムでは86%、カンボジアでは88%、第4次産業革命により余剰になるという。 VITASのTruong Van Cam副会長は、実際はこれほど深刻にはならず、また自動化率に関しても生産過程によって異なるだろうと述べた。 しかしながら専門家は、繊維・アパレル企業は自身に見合った成長路線を見つけなければならないと勧告した。 AGTEKのHong氏は現在の生産能力を最大限に活用し、積み立てを増加させることで技術革新の財源として備蓄することを勧めている。 「ビジネスで最も大切なのは投資資金と労働者の技術です。」とHong氏は述べ、多くの繊維・アパレル企業が経営方法を変革することに焦点を置いていると加えた。また同時に、こうした企業は国内市場の販売高増加により一層の注意を払っているともいう。   もっと見る
2017/05/26 06:01 da:- facebook:0 twitter:0 アパレル 産業革命 労働者 自動化 専門家 バリュー Tweet
アパレル・リソース  繊維産業、インドとの協力強化を目指す  ↑0 ↓0
6月30日から7月2日にかけてホーチミン市で開催されるテキスタイル・インディア2017の説明会が5月11日にハノイで行われた。 ハノイ投資貿易観光促進センターのNguyen Gia Phuongセンター長は、この展示会はベトナムの繊維企業が繊維産業の可能性や高付加価値製品のバリューチェーンでの要求事項を学び、ベトナム製品の市場を拡大する良い機会となるだろうと述べた。 また、展示会ではベトナムの繊維・縫製企業のインド小売市場への参入を簡素化すべく、市場リンクの構築も促進するという。 Phuongセンター長によると、インド政府は市場調査、インド国内で開催される国際的繊維縫製フェアへの参加、インド企業とのパートナーシップ構築などを通じてベトナム企業の支援を行うことを約束しているという。 11日の説明会ではベトナム企業に対しベトナム・インド間の繊維・アパレル部門での協力関係、両国企業のビジネスチャンスなどが説明され、さらにインド企業に対してはハノイでの投資機会についての情報が提供された。 ベトナムとインドにとって、現在は特に投資と繊維・アパレル原材料の輸出を通じて繊維産業での協力関係を深化するチャンスとなっている。 インドのベトナムへの繊維原材料の輸出高は近年、平均年率20%もの成長を遂げている。 ベトナムとインドの繊維・アパレル企業にとって、双方の利益のため、今こそが投資、原材料輸出や技術支援で関係を深める良い機会であると業界専門家は述べる。 関税総局の統計によると、2016年のベトナムからインドへの輸出は前年比8.7%増の26億8000万米ドルであった。そのうち、繊維輸出額は3370万米ドルで、前年比8.2%の増加であった。 ハノイ市からインドへの輸出額は1億9200万米ドルで、市の輸出総額に占める割合は1.8%であった。 もっと見る
2017/05/15 17:23 da:- facebook:0 twitter:0 インド ハノイ 米ドル 原材料 センター アパレル Tweet
アパレル・リソース  FTAにより国内履物産業の見通しは明るい  ↑0 ↓0
2018年にEU・ベトナム間自由貿易協定(EVFTA)が発効すれば、ベトナムの履物輸出には明るい展望が開けると見られている。 ベトナム皮革履物鞄協会(Lafaso)のDiep Thanh Kiet副会長は、このFTAによってヨーロッパに輸出される約50種類のベトナム製履物に対する関税が撤廃される見通しであると述べた。この新しい環境下においては、ベトナムからヨーロッパに対する2019年履物輸出売上高が大幅に増加すると予想されている。 自由貿易協定(FTA)によってコード6402に規定される本底と甲がゴム製またはプラスチック製の履物に対する輸出関税は0%に引き下げられ、コード6403の甲が革製の履物も約半分の品目が関税免除を受けられる予定となっている。また、他のタイプの履物に対する関税は、今後3〜5年かけて徐々に0%にまで引き下げられる。 さらにEUは一般特恵関税制度(GSP)に基づき、多くのベトナム原産の商品に優遇措置を与えている。「この優遇措置はFTAによって得られる関税引き下げと共に、EU市場においてベトナムの履物が中国製品よりも競争力を持つのにとても有効です。」とKiet副会長は述べた。 Coats Vietnamのマネージング・ディレクターであるBill Watson氏によると、EUは韓国や日本とも貿易協定を締結しているが、この貿易協定が締結された後に、両国からEUへの輸出は劇的に増加したという。 Watson氏は、EVFTAがベトナム履物産業にとって今後5年間の主要な成長推進力になるだろうと述べた。特にスポーツウェア分野は、免税措置により最大の成長産業になると予測されている。 実際のところ、ベトナム製ブランドはヨーロッパ顧客の信頼獲得に成功している。低コストとインフラ整備により、ベトナムは外国人投資家にとって理想的な投資先となるであろう。 Watson氏は、EVFTAによって得られるメリットを享受するために、さらに多くの外資系履物メーカーが中国からベトナムへ生産移管を行うことになるだろうとした。毎年世界では220億足以上の履物が生産されているが、ベトナムは中国に次ぐ第2位の生産国となっている。 計算上、中国からベトナムへ履物生産が1%移管されるごとに、ベトナムの履物産業は10%拡大していくことになる。 最近ではイタリアがLefasoに設備、ソフトウェアそしてノウハウを提供し、ベトナムに履物研究開発センターを設立するのを支援した。 イタリア貿易協会はイタリアの履物製造者協会と提携し、ベトナムで国際履物展示会を開催する。9月17〜20日にFiera Milanoで開催予定のMICAMは、国際履物メーカーの協力を得ることが期待されている。 LefasoのKiet副会長は、イタリアには高級ファッション業界における高い名声と、最先端の設備を備えた約5000の履物企業と600以上の有名なメーカーが存在するが、ベトナムの履物メーカーはイタリアを見習い、ヨーロッパ市場で確固たる地位を確立するよう目指すべきであるとした。 Kiet副会長氏はまた、「ベトナム製履物の平均単価は過去数年間で上昇し、中国製よりも高くなりました。2016年にベトナムはイタリア製皮革を輸入するのに約1億8000万米ドルを費やしましたが、これはベトナムの履物輸出がバリューチェーン上、より高付加価値な方向へシフトしていることを示しています。ベトナムが付加価値を重視するのであれば、こうした流れはさらに続くでしょう。」とした。 2週間前にホーチミン市で開催された履物・皮革輸出促進会議において、商工省(MoIT)軽工業部のPhan Chi Dung部長は、MoITでは2025年を見据えて、2020年までの開発基本計画を策定していることを明らかにした。この計画において、ベトナムは2025年までに2016年の生産量の2倍となる20億足の履物を生産し、輸出売上高を300億米ドルにする予定となっている。 履物産業は生革と補助材料に対する大きな需要を有しているが、もしベトナムのサポート産業が成長しなければ、皮革・履物産業は輸入材料に大きく依存することになるであろう。 「そのためベトナムでは企業に対し、皮革、資材、アクセサリーを生産する工場を建設することを奨励しています。MoITでは具体的に、ベトナム皮革・履物産業向け原材料の生産に特化した工業地帯の建設を政府に提案しようとしています。」とDung部長は述べた。 Dung部長によると、ベトナムの履物製品は、米国、EU、中国、日本などの主要市場を含む50の国と地域に輸出されている。またベトナムにおける皮革・原材料の現地生産率は、40〜50%まで達している。 2016年現在、ベトナムの履物産業には800の大企業を含む1700の企業があり、合計120万人以上を雇用している。ただし大規模輸出企業の80%は合弁か、完全な外資系企業となっている。 もっと見る
2017/04/04 06:00 da:15 facebook:0 twitter:0 イタリア メーカー 副会長 ヨーロッパ 見通し 付加価値 Tweet
アパレル・リソース  国内企業のグローバル・バリューチェーン参画が急務(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   すべての国内企業資源を動員 最近開催されたベトナムの開発に関するグローバル専門家ネットワークの首相ラウンドテーブルにおいて、日本の早稲田大学のTran Van Tho教授は、ベトナムが世界経済に積極的かつ全面的に組み込まれつつあるという論調の中で、「アウトソーシングの罠」を回避することが重要な課題であり、この点に対する政策立案者の注力が必要であるとした。 Doanh教授によると、ベトナム経済は外国直接投資(FDI)部門に強く依存しているが、その経済的優位性が失われた場合に外国直接投資(FDI)資本は他国に流出し、憂慮すべき事態に陥る可能性があるという。アウトソーシング・サービスの受注がカンボジアやバングラデシュに移るなど、このことは実際にベトナムのアパレル業界で起こっていることである。 この状況を改善するために、これまでも国家経済に大きく貢献してきた農業生産の開発に注力し、農業部門が世界のバリューチェーンにより深く浸透することができるようにする必要がある。 政府はまた、民間企業がSamsungやIntelなどの大企業の生産チェーンに参画することを可能にするサポート産業の開発にも注力する必要がある。 「我々は資産や資源開発に対する投資で利益を得るのではなく、民間企業がより積極的に生産活動を行うためのモチベーションを高めていく必要があります。」とDoanh教授は述べた。 税制問題について経済専門家のBui Trinh氏は、外国直接投資(FDI)企業においては仕入にかかる付加価値税が控除されていると指摘した。 「一方でベトナム企業の多くは、仕入にかかる付加価値税について依然としてそれを負担しています。農業などの国内産業は、余計な付加価値税を負担しながら、いったいどうやって成長し、競争力をつけていけるというのでしょうか。」とTrinh氏は述べた。 Trinh氏は、国内企業を支援する政府の政策として、外国直接投資(FDI)と国内企業間の公平性を担保するための税制の見直し、減税など具体的な施策を進めるべきだと述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  国内企業のグローバル・バリューチェーン参画が急務(前)  ↑0 ↓0
国内企業はグローバル・バリューチェーンに積極的に貢献して、世界の生産ネットワークにより効果的に参画するために、外資系企業に打ち勝つ努力をすべきだと専門家らは述べた。 中央経済管理研究所(CIEM)の元所長であるLe Dang Doanh氏は、「労働者(Nguoi Lao Dong)」紙に対し、外国直接投資(FDI)企業はベトナムの総輸出額の約70%を占めるなど国の経済成長に大きく貢献してきた一方で、国内企業はグローバル・バリューチェーンにまだ深く関わることができていないと述べた。 統計総局によると、2016年、ベトナムの輸出額は前年比8.6%増となる約1750億米ドルであったが、この統計値のうち外国直接投資(FDI)企業の輸出額は、前年比10.2%増となる1200億米ドルにも達した。 Doanh氏は、輸出売上高に占める外国直接投資(FDI)企業の寄与度が50%に達して以来、国内企業は生産能力向上と競争力の強化を求められてきたと述べた。しかし現在外国直接投資(FDI)企業の寄与度が70%にも上っている中で、国内企業は依然としてグローバル・バリューチェーンにおいて受動的な活動しか担うことができていない。 Doanh氏は、輸出がベトナム経済に及ぼす影響は年々大きくなってきており、2001年の輸出額は150億米ドルであったのが10年後には970億米ドルにも達したが、こうした成長は主に外国直接投資(FDI)企業によって成し遂げられたものだ、と続けた。 輸出における外国直接投資(FDI)企業の大きな存在感は、一方で大部分のベトナム企業が低付加価値のアウトソーシング・サービス産業に従事しており、国内企業の競争力の低さを反映している、と彼は指摘した。 Thắng Lợi Textile Garment JSC社のNgo Duc Hoa社長によると、国内向けのThắng Lợi社製品はすべて、自社で設計、製作、配送されているが、輸出向けについては、外資系パートナー企業のために「裁断・縫製」業務だけを提供しており、契約している外資系企業の提供する資材を用いてアパレル製品やアクセサリーを生産しているだけであるという。 アパレル輸出企業が直面している最大の問題は、生産に必要な原材料の不足で、輸入に頼らざるを得ない状況にある。さらに、ベトナムの繊維・アパレル産業はまだ発展途上で、顧客から十分な注目を得られていない。 Thắng Lợi社では外国パートナー企業向けに製品を「裁断・縫製」業務だけを得ており、パートナー企業が提供する原材料を使用したり、原材料を輸入したりする必要がある。この場合、例えば輸出向けTシャツの原価が10米ドルとすると、原材料輸入に8.5米ドルかかり、請負による加工賃としては1.5米ドルが残るだけといった状況に陥っている。 「アパレル企業では生計のために爪で火をともしていると言っても過言ではありません」とHoa社長は述べた。 電力、電子部品、通信などのハイテク産業においてもほとんどの国内企業は、輸出向け製品のアウトソーシング・サービスの提供に従事している。 Fullbright Teaching ProgramのVu Thanh Tự Anh氏は、Fullbrightの専門家グループの最近の研究のまとめによると、Intel社がベトナムに投資した10年間について(国内企業の参画度合いは)惨憺たる結果であったことを明らかにした。 それによると、ベトナム企業はIntel社の総輸出額のわずか3%にしか貢献しておらず、その中にはIntel社が調達できない食事の提供や、ギフトボックスの準備、セキュリティサービスなどが含まれるという。   (後編へつづく) もっと見る
2017/02/14 12:31 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル グローバル アパレル バリュー チェーン 原材料 Tweet
アパレル・リソース  アパレル業界の希望は無限に続く(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   明るさが残る 過去2年間についてはベトナムに対する投資が急増したものの、2016年は繊維・アパレル部門に対する大きな外国直接投資(FDI)プロジェクトはなかった。 2015年にはトルコからHyosung Dong Naiプロジェクト、台湾からPolytex Far Easternプロジェクト、香港からWorldon Vietnamプロジェクトといった、約10億米ドル規模の3つの大きな投資プロジェクトが実行された。 ベトナム綿紡績協会(VCOSA)のNguyen Hong Giang副会長は、新しい貿易協定がもたらすビジネスチャンスを利用するために、2015年はアパレル部門への投資額が過去最高であったと述べた。 だが彼は、このFDIの落ち込みは心配するに足らず、外国人投資家は依然としてベトナムに注目していると考えている。 「2018年までは、外国人投資家はアパレル分野に注目し続けると考えます。TPPの先行きはまだ不透明ですが、EU、韓国、日本との他の自由貿易協定がアパレル分野への外国直接投資を惹きつけ続けるでしょう。」 自由貿易協定がもたらすビジネスチャンスは、ベトナムにおいて依然として不足する繊維サポート産業に対するFDI資本投下の誘因にもなる。 それは輸出向けにサプライチェーンを構築するために、ベトナムの低コスト労働力を活用したいと考える投資家にとって重要なことである、とベトナム繊維・アパレル産業の専門家らも同意した。シンガポール国立大学アジア・グローバリゼーションセンターの上級研究員である菊地朋生博士は、TPPの求める「ヤーン・フォワード」原産地規則によって促された、外資系多国籍企業によるサプライチェーンの上流工程に対する多額の投資が、ベトナムのバリュー・チェーンを改善させてきた、と述べた。 菊地博士はこの流れが続くことを期待している。「原産地規則によって、アパレルの上流工程に投資をする動機と実際の動きが起きていますが、これは労働コストが上昇する中では自然なことです。」 「確かにTPPの頓挫は残念なことですが、それがこうした流れを鈍らせるかどうかは分かりません。」 ベトナムに対するFDIを支援する政府機関であるドイツ貿易投資局(DEM)のAchim Haug香港事務所代表は、TPPがなくとも輸出志向型の製造業におけるベトナムの構造的優位性はまだ高いため、投資家らは注目し続けるだろう、と指摘した。 「ベトナム・EU間自由貿易協定は署名され、現在EUでの批准を待っている状況であるが、このFTAが発効すればまた新たなビジネスチャンスが生まれることになるでしょう。」とHaug代表は述べた。「我々はこの協定が迅速に実現され、2018年には効力が発生することを切に望んでいます。」 もっと見る
出島  ベトナム、商工省副相がVinatexの経営効率化を求める  ↑0 ↓0
ベトナム商工省のCao Quoc Hung副相はベトナム繊維公団(Vinatex)に対し、2017年にはバリューチェーンを改善し、経営を効率化するよう求めた。 この記事の ...
2017/01/04 15:41 da:22 facebook:0 twitter:0 効率化 商工省 チェーン バリュー Tweet
アパレル・リソース  商工省副相がVinatexの経営効率化を求める  ↑0 ↓0
ベトナム商工省のCao Quoc Hung副相はベトナム繊維公団(Vinatex)に対し、2017年にはバリューチェーンを改善し、経営を効率化するよう求めた。 最近開催されたVinatexの2016年実績評価のための会合で、Hung副相は同社に対し、研究開発活動を促進し、衣類の生産に技術を導入し環境への負の影響なしに付加価値を高めるよう求めた。 VinatexのTran Quang Nghi会長は、同社は来年市場拡大に注力し、自由貿易協定を最大限に活用すべく世界の原材料市場の動向に注意していくと述べた。 2017年、Vintexは輸出額12%、生産量15%、利益6%の増加を予測している。 同社の2016年税抜前利益は1兆4300億ベトナム・ドン(6380万米ドル)で、前年比9%の伸びであった。生産量は37兆7000億ベトナム・ドン(16億8300万米ドル)で3%の伸び、輸出額は2兆4770億ベトナム・ドン(1億1058万米ドル)で4%の伸びであった。Vinatex従業員の平均給与は月額680万ベトナム・ドン(303.6米ドル)で、前年から8%増加した。2016年の投資事業は41件、5兆5000億ベトナム・ドン(2億4550万米ドル)規模であった。 12月23日、ハノイ証券取引所はVinatex(コードVGT)のUPCoM市場(未上場企業市場)での取引を認可した。VinatexがUPCoM市場で取引される最初の国営企業となる。 Vinatexの資本額は5兆ベトナム・ドン(2億2320万米ドル)で、株式の53.49%を政府が保有している。   もっと見る
2016/12/30 08:00 da:20 facebook:0 twitter:0 米ドル 商工省 効率化 従業員 コード 取引所 Tweet
アパレル・リソース  アパレル産業におけるサプライチェーン確立の必要性  ↑0 ↓0
ホーチミン市で先週開催されたパネルディスカッションでは、自由貿易協定によってもたらされるチャンスを生かすために、ベトナムの繊維・衣料企業は自国のサプライチェーンにもっと焦点を当てるべきだと発言された。 ホーチミン市・織物・刺繍・繊維協会のPham Xuan Hong会長によると、EU-ベトナム間のFTAなど、特に自由貿易協定に署名して以降、多くの外国人投資家がベトナムに注目しているという。 FTAがベトナム企業にチャンスをもたらすとともに、リスクや課題ももたらす、という意見に参加者達は同意した。 Duane Morris Vietnam LLC の社長であり、在ベトナム欧州 商工会議所の法務委員会の委員長であるOliver Massmann氏は、EU-ベトナムFTAで定められた、いわゆるファブリック・フォーワードの原産地原則がベトナム繊維・アパレル企業にとっての課題となるだろうと語った。 ベトナムは中国、韓国、台湾などからの原材料輸入に依存しており、国内では輸出向けに布地を衣料に変換する裁断-製造-端処理のような付加価値の低い作業を行うに過ぎず、サプライチェーンの中であまり付加価値を生み出していないという。 「国内のサプライチェーンを確立しなければなりません。」 環境保全に取り組みつつも、糸製造と染織を同時に行う必要がある、とMassmann氏は語った。 FTAの結果、ベトナムのバリューチェーンにおける未開拓部分に多くの外国投資が集まる可能性もあり、地元企業が外国のノウハウの恩恵にあずかる可能性もあるとういう。 「これまで繊維・アパレル産業はアウトソーシングを行っていたにすぎません。我々は低い人件費により競争していましたが、それももうアドバンテージにはなりません。競争力を高める新たな推進力を作り出さなければならないのです。」とHong氏は語った。 信頼性の高い原材料の調達先を国内に持ち、技術への投資を行えば、産業に付加価値をつけることになるという。 「TPPの有無にかかわらず、これまで長年にかけて発展したのと同様に繊維・アパレル産業は発展していくのです。」 ベトナム繊維・アパレル産業にとって2番目に大きな輸出市場であるEUは、ベトナム企業の輸出の伸びにつながる大きな機会となる。 繊維・アパレル産業の企業は次年以降の成長を促す施策を綿密に立てているとHong氏は語った。 TUV SUD ASEANプロダクトサービスのGoh Wee Hong上席副社長は、ベトナムの飲食・衣料産業が長い間存分に低賃金労働と低いコストに頼ってきたことに言及し、「イノベーション、品質、そして食品安全に投資する必要性があります。」と発言した。 またTUV SUD VietnamのSathish Kumar Samurai会長は、「ベトナムはFTAを通じて、特にEU、アメリカ、日本、韓国、ASEANなどの主要世界市場とのビジネスチャンスを増やしてきました。これらの協定はベトナム企業に世界市場へのアクセスをもたらすというだけではなく、ベトナムのメーカーがより厳しい品質・安全規制に従うよう求められていることを意味します。」と述べた。 TUV SUDとAGTEKは、厳格な世界品質と安全基準に関する、最新でより深い理解を提供するトレーニングやその他の活動を展開し、地元メーカーが世界市場にアクセスする手助けを協力して行っている。 「自由貿易協定がベトナムにおける商品事業の大勢に与える影響とは?」と題されたこのパネルディスカッションは、TUV SUDの150周年記念イベントの一環であった。 TUV SUDは試験、検査、監査、認証などのサービス提供を世界中で展開している。 将来的にTUV SUDは、FTAによってもたらされるチャンスを最大限に生かすべく、繊維・アパレル産業や食品関連産業を中心に地元企業と提携し、製品品質の信頼性を向上させるサポートをしていくだろう、とSomuraj氏は述べた。 またHong氏は、ベトナムの繊維・アパレル産業の今年の輸出額が5.5%のみの伸びである285億米ドルとなる見込みであると説明した。 その他 ジャン もっと見る
2016/12/13 08:03 da:18 facebook:0 twitter:0 アパレル チェーン チャンス サプライ 付加価値 可能性 Tweet
ascii.jp  バリューコマース、ベトナムでアフィリエイトを展開  ↑0 ↓0
image バリューコマース(株)は22日、ベトナムの大手広告代理店VTMグループ傘下のVTM Adtech社と、ベトナム国内でのアフィリエイトサービスの開発・推進を ...
traicy.com  夏休みに人気の海外旅行先と旅の費用がわかる! トリップアドバイザー、「サマーバリューレポート2016 ...  ↑0 ↓0
上位10位を見てみると、日本から直行便が就航し、人気が年々高くなっているベトナムのダナンが9位にランクインしている。 1週間滞在した際の平均費用を見て ...
2016/06/28 14:37 da:38 facebook:27 twitter:0 レポート ダナン ランク バリュー サマー 旅行先 Tweet
アパレル・リソース  TPPによる最大限の利益享受は見込めず  ↑0 ↓0
付加価値を増加させるため、従来の単なる下請け受託加工から直接製品輸出へ切り替えたり、原材料輸入への依存度を下げたり、加工品の輸出を増加させたりしようと計画するベトナム企業はほとんどなく、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から最大限の利益を引き出すことはほぼ見込まれていない。 ベトナム商工会議所(VCCI)内、世界貿易機関(WTO)センターのNguyen Thi Thu Trang所長は、4月にVCCIによって実施された1500社に対する調査において、今後3年間でわずか11.6%の企業しか、付加価値を改善させることを目的とした生産体制の変更を計画していないことが判明したと述べた。 ベトナム企業は、製品のバリューチェーンにほとんど組み込まれておらず、単に外資系パートナー企業の外注委託先となっている。 全生産工程の中で高い付加価値を得られるデザインや最重要部品の生産などはベトナムでは行われておらず、ベトナムにある外資系企業では製品の組立及び包装工程のみ担っているため、その付加価値は低いままとなっている。 ベトナムの企業では輸出製品に必要なほとんどの原材料を輸入に頼っており、今後TPPの厳格な原産地規則がハードルになることが予想される。 米国、カナダ、オーストラリア、日本など、ベトナム繊維製品の最大の顧客である大規模経済圏における輸入関税は、現状の17~32%からゼロに削減される予定であるが、TPPには「ヤーンフォワード原産地規則」が規定される見込みで、関税免除の認定を得るためには、衣料品生産に使用する糸、ボタンやジッパーなどすべての原材料がTPP域内で生産されていなければならない。 しかし、ベトナムで使用される糸や原材料パーツのほとんどは中国、韓国から仕入れられており、この両国ともTPP非加盟国であるために、多くのベトナム製品がこの関税免除の対象外となる。 北部フンイン省にある縫製企業のLuong Van Thu社長によると、TPP発効後も大きな方針変更は予定しておらず、彼らは外資系パートナー企業との外注委託契約を継続することとしている。 サポート産業が脆弱であるため、ベトナム企業がFOB取引での輸出を行うことは難しく、大きな価格変動や供給に不安定性を伴う外国からの原材料供給に頼らざるを得ない。 このような状況下、製糸や繊維生産設備に投資するための資金力がないため、ベトナムの衣料品メーカーにできる対策はほとんどない。衣料品会社は、繊維や染色産業を数十億米ドル規模に成長させるのに、数百万米ドルの投資を必要としている、と業界関係者は述べた。 農業分野においてもまた企業は多くの資金を必要とするため、各社は生産技術に対する投資にあまり熱心ではなく、低付加価値の原材料輸出に甘んじている。 南部農業技術研究所の元所長であるBui Chi Buu氏は、これを企業の長期的なビジネス戦略の欠如であると非難した。 資金不足と長期的なビジネス戦略の欠如に加え、貧弱なインフラと低いスキルも企業が生産を増加させるのに障壁となっている、とVCCIのTrang所長は述べた。しかし企業は手をこまねいているばかりではなく、貿易協定によってもたらされるビジネスチャンスを活用するため、従業員に対するトレーニングを増やしたり、市場を拡大したりするなど試みている。 VCCIの調査によると、ベトナム地元企業の約88.6%がTPPについて知識を持っており、約96%がTPPのような自由貿易協定は彼らのような企業がグローバル・バリューチェーンに参画していくのに役立つだろうと述べた。 TPPは世界経済の約40%を占める12カ国の環太平洋諸国の経済圏内の輸出を押し上げることが期待されている。 交渉は最近妥結し、現在加盟諸国の議会による批准を待っている。 ハノイとホーチミン市に拠点を置く多くの外資系大企業では、世界最大の経済市場である米国を含む多くの市場において関税が廃止となるなど、この貿易協定によってもたらされる輸出機会を活用するため、その生産能力を向上させることを計画している。 企業の47%以上が経営幹部のマネジメントスキルを改善させる計画とし、56%は従業員の職業スキルの改善を求め、57.2%は新しい市場に参入しようとしている。 マレーシアのアパレル会社であるUnited Sweethearts社では既に、ベトナムに第2工場の建設を計画しており、TPPはその計画を加速させるだろう、とマネージングディレクターのTang Chong Chinは述べた。この会社では生産した衣料品の3分の2以上を米国に輸出しているが、関税が撤廃されればその収益は5年以内に倍増するだろうと述べた。 現在米国との自由貿易協定がない国々では、アパレルの種類に応じて10%以上の関税が課されている。   もっと見る
2016/06/27 12:03 da:23 facebook:0 twitter:0 原材料 付加価値 衣料品 ビジネス スキル 従業員 Tweet
アパレル・リソース  繊維産業はFTA向けに仕立てられるべし(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   TPP、EVFTA、その他FTAにおけるビジネスチャンスと課題 (TPPでは16~17%の関税がゼロに、またEVFTAでは12%がゼロになるなど)、ベトナム製品に対する関税撤廃はより多くの製品需要を誘発する可能性がある。(この点について)多くの外国人投資家が着目しており、原材料工程などバリューチェーン上未発達の工程に参入するため、ベトナムのアパレル生産に投資しようと検討している。これらの分野への投資は、ベトナム製品に対する需要増に対応するためにその生産能力を高めるのに寄与するだけでなく、現在担っている(バリューチェーン上の)機能を拡張するのにも貢献する。実際、過去数ヶ月にわたりベトナムは、台湾、韓国やインドの投資家による多くの大規模な繊維・衣料品プロジェクトから、かなりの新規直接投資(FDI)を受け入れてきた。これらの投資を通じて(外国資本との)貴重なパートナーシップが形成され、ベトナム企業は外国人専門家の助言に従い、多くの利益を得ている。さらにこれらのパートナーシップは、ベトナム企業がバリューチェーン全体に亘る機能を拡張するために、より多くの人々を雇用し、トレーニングする余力をもたらす。今のところベトナム企業にとって、例えば賃金やトレーニングに多くの支払いを要する染色技術者などよりも、はるかに給料が低く抑えられる裁断・縫製労働者を雇い続ける方が容易である。だが、ベトナム企業と国内外の投資家との間にパートナーシップが結ばれれば、ベトナム企業にとって自社サービスを拡大する資金的余裕が生まれることとなる。   その他のハードル ベトナム製アパレル製品に対する低い関税率(の適用)は、TPP加盟国に対する輸出の拡大に寄与するが、その中でも特に、米国と日本は現在ベトナムにとって最大の輸出市場となっている。綿などの投入原材料に対する輸入関税の撤廃も、ベトナムが生産コストを削減するのに役立つ。しかしTPP加盟国市場に対する非課税でのアクセスを得るためには、ベトナムはTPP加盟国によって生産された糸などの原材料を使用することが求められる(ヤーンフォワード原産地規則)。現在ベトナムは生産に使用する糸の40%をTPP非加盟国である中国から輸入しており、この依存度を下げていくことはアパレル業界にとって実務的、政治的な課題となる。(同じくTPP非加盟国である)インドなどの諸外国は、ベトナムのアパレル部門に資金を投じることにより、ヤーンフォワード原産地規則に沿ったベトナムの(原材料供給)能力が増強されること、また同時に、予想される輸出の急増による利得を期待し、この機に乗じようとしている。業界企業はまた、市場原理の下で稼動する必要があるため、Vinatex、Dong Xuanやその他国営企業にとってその生産効率性を向上させる必要が生じる。アパレル産業において同条件の下では、民間企業の方がより多くの成長機会を得ることになるであろう。   ベトナム企業は対処の必要 ベトナムのアパレル産業は岐路に立っている。市場とビジネス環境はこの産業に対して変革することを求めており、適時に適切な対応を取る企業が勝ち残り、巨額の利益を得ることになる。外資系と国内企業は共に、FTAが導入される前の期間を利用して、一旦立ち止まって今後の成長のために取るべき選択肢を評価すべきである。 国内企業にとってそれは、(増加する)需要に応えるためだけでなく、持続的な成長を実現するためにその機能拡張に取り組むことを意味する。一方外国人投資家にとってそれは、最良の対応方法を選択するために、市場、及び現在のビジネスチャンスや課題に対する深い洞察を得ることを意味する。アパレル業界で進められているすべての開発において、国内外の企業は本質的な変容が求められている。   もっと見る
2016/04/20 06:02 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 加盟国 投資家 原材料 これら ビジネス Tweet
アパレル・リソース  繊維産業はFTA向けに仕立てられるべし(前)  ↑0 ↓0
2015年、ベトナムは環太平洋パートナーシップ協定(TPP)および欧州・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)の交渉を妥結したが、この二つの主要な自由貿易協定は、おそらくベトナムの経済構造を変革させていくことになるであろう。 欧州委員会のJose Manuel Barraso会長は、2015年度の経済白書公表のためにヨーロッパ商工会議所(EuroCham)のメンバーに向けてプレゼンテーションを実施する中で、「ベトナムは東南アジアの中で、GDPにおける輸出依存度が最も高い国の一つである」と指摘して、「TPPやEVFTAを通じた先進国との自由貿易は、ベトナムの新興経済に大きな発展をもたらすだろう」と述べた。 これまでFTAの効果について多くが語られてきたが、多くの予想はベトナム経済に対する将来的なインパクトについてのものであり、多くのアナリストは自由貿易協定の最大の受益者としてベトナムを捉えている。Bloomberg Businessの調査員らは、自由貿易協定発効から10年以内に、輸出が28%も増加すると予測している。 農業分野とともにアパレル産業は、輸出主導型経済によりベトナムが頭角を現すのに大きく貢献してきた。 2014年時点でアパレル産業は、ベトナムのGDPの12%以上を生み出している。アパレル製品は、ベトナム経済にとっておそらく最もよく目にされる代表産業であり、米国、欧州、日本や韓国など他のアジア諸国の市場において現在広く流通している。 ドイツとスペインのアパレル輸出が合わせて10億米ドルのところ、ベトナムは既に単独で100億米ドル相当もの繊維・衣料品を米国へ輸出しており、その額はベトナムアパレル産業の総輸出額の50%を占めている。TPPが完全に発効した際には、米国との関税が現在の16~17%からゼロに削減され、またEU諸国との関税もEVFTA発効7年以内に12%からゼロになるため、今後この金額はさらに増加する可能性が高い。このように計算上では、ベトナムの輸出業者はFTAから多くの利益を得るとされるが、問題は彼らが実際どのようにこれらのFTAによるビジネスチャンスから恩恵を受けるのかということである。 ベトナムのアパレル産業に積極的に参画している企業や人々の数は、それぞれ6000社と250万人以上と多いが、これらのうち約70%が輸出向けに生地から衣服を生産する工程を担う「裁断-縫製-仕上げ」(CMT)サービスなど、労働集約的で付加価値の低い作業に従事している。この作業モデルにおいて、綿、糸や繊維などの原材料は中国、韓国、インド、台湾などの他国から輸入されており、現在ベトナムでは、アパレル生産に使用する原材料の65%以上が輸入に頼っている。この「裁断と縫製」工程という労働集約的な性質の仕事は、廉価な人件費による多くの労働力を活用し、ベトナムを先進国向けのアパレル工場に変貌させることによって、かつてはこの国に大きなメリットをもたらした。 ベトナム繊維協会(Vitas)のDang Phuong Dung副会長は、ベトナムが発展するために必要なのは、多様化と拡張である、と指摘した。「ベトナムの繊維・アパレル産業の付加価値は非常に低いものです。グローバルサプライチェーンにおいてベトナムは、重要な役割を担っていません。ベトナムが他国を凌いでいる唯一の優位性は、安価な労働力だけなのです。」 この優位性は当面機能するかもしれないが、バングラデシュやミャンマーなどアセアン地域の他国もまた、低い人件費によって外国投資を誘致している。 ベトナムでは現在、原材料工程について最小限の機能しか備えていないため、アパレル産業は輸入に大きく依存しており、バリューチェーン上のこの機能の開発で大きく出遅れている。また衣料品生産において重要な付加価値の源泉であり、バリューチェーン最初の工程となる衣料品デザインは、その多くがベトナムからではなく、国際的なプレイヤーから提供されている。ベトナムのアパレル企業は、TPPによって供されるビジネスチャンスをつかみ、衣料品生産工程におけるより重要で、利益の多い工程を取り込むためには、こうした空白部分に対処する必要がある。   投資規模 投資国 プロジェクト概要 2億7400万米ドル(第1フェーズ) 10億米ドル (第2フェーズ) 台湾 ビンズン省は台湾のFar Easternグループのアパレル生産設備の開発計画に対し、投資証書を授与した。この工場では、ベトナムのバリューチェーンにおける空白を埋めるため、アパレルのサポート製品を生産する予定である。 3億米ドル インド インド政府はベトナムとの間のパートナーシップを発展させるため、ホーチミン市近郊に3億米ドルを投じて工業団地を設立する計画を発表した。ベトナムでは近年需要に応えるだけの綿を生産することができていないが、インドではベトナムのアパレル部門を支えるために、多くの綿を輸出している。 未開示 香港 2015年末に公表されたところによると、香港のTexhong Textileグループは世界最大級の二層構造糸のメーカーであるが、その拡張計画の一環として、ベトナムに繊維産業拠点を設立する予定としている。   もっと見る
2016/04/19 12:01 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 米ドル チェーン 衣料品 原材料 バリュー Tweet
アパレル・リソース  繊維企業はバリューチェーン参加にまだ受動的  ↑0 ↓0
ベトナムの繊維・アパレル分野は世界のバリューチェーンの中においていまだ受動的であると商工省のNguyen Cam Tu副相は3月29日にハノイで開催されたワークショップで述べた。 このワークショップでは繊維・アパレル分野でAPECの中小企業(SME)が世界のバリューチェーンに参加していくための方策が協議された。 このイベントの目的は、中小企業がAPEC地域により深く、効果的に参画するための支援を行うこと、そして中小企業の世界的バリューチェーン、特にアパレル分野でのバリューチェーンへの参加を促進することであるとTu副相は話した。 バリューチェーンは物質的な変換、様々な製造サービスの投入、製品の消費者への流通、消費後の廃棄等、製品やサービスの製造にかかる様々な過程を指すと副相は説明した。 これらの活動は企業内で行われることもあれば、特定の地域内の複数の企業が担うこともある。 「実際、世界のバリューチェーンは国際的な労働分担についての新しく、より包括的なアプローチであると言えます。製造プロセスに携わるいかなる企業も、バリューチェーンに参加していると考えられるわけです」とTu副相は話す。 しかし、バリューチェーンの考え方に基づく国際的労働分担で企業は自社の国際的マーケットにおける地位をよりよく理解することができるため、能動的に利益を最大化するために最適な生産過程を選択することもできるとTu副相は続ける。 企業全般、そして特に中小企業は、直接的にせよ間接的にせよ、能動的にバリューチェーンに参加していかなければならないのは明確であるとTu副相は結論づけた。 商工省の多国間貿易政策部のPham Quynh Mai副部長は、繊維・アパレル分野がその急速な成長にもかかわらず直面する問題について言及した。アパレル分野はいまだに材料・原材料を外国、主に中国からの輸入に依存している。 「原材料の輸入への依存は、市場に好ましくない変化があった場合、ベトナムの繊維・アパレル分野が大きな影響を被る可能性があることを意味します」とMai副部長は話す。 ワークショップに参加した中小企業開発の専門家Nguyen Huong Tra氏は、企業には戦略と知識が必要であり、また中小企業も大手企業とデザイン・外注製造契約を締結し大手企業の経験から学ぶべきであると話した。 もっと見る
HOTNAM!  ベトナムの2016年経済成長6.7%、ADB見通し  ↑0 ↓0
アジア開発銀行(ADB)は3月30日、ハノイ市で「アジア経済見通し2016年版」を発表し、2016年のベトナムの経済成長見通しを6.7%、2017年は6.5%に減速するとした。  ADBベトナム事務所のEric Sidgwickカントリー・ディレクターは、「ベトナムの経済見通しは依然としてポジティブだが、今後は少なくない課題がある」と述べた。  Eric氏によると、ベトナムは低生産性の解決にさらに多くの努力が求められ、国内企業がグローバルバリューチェーンに統合する能力を強化できるようサポートする必要がある。ここで重要になるのが国営企業の改革推進で、国営企業が経済および経済の競争力に引き起こしてきた歪んだ影響を排除しなければならない。特に引き続き銀行の不良債権処理対策を導入し、新たな不良債権が発生する危険性を阻止することが求められている。  またEric氏は、ADBが、アジア開発基金(ADF)からのベトナムに対する融資を2019年1月1日以降停止する計画であることを明らかにした。ただこれは計画であり、最終決定はADBの出資国に左右される。 (Tuoi Tre) ※『ベトナムニュ もっと見る
2016/04/02 16:30 da:40 facebook:0 twitter:0 アジア ハノイ Tweet
アパレル・リソース  TPPがアパレル産業の障壁に  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が2月初旬に締結され、ベトナム企業、特に繊維・アパレルや履物分野にビジネスチャンスがもたらされることになるが、同時にそこから利益を得るために、克服せねばならない障壁も発現する、と専門家らは指摘した。 KPMG監査法人のNguyen Cong Aiパートナーは、3月24日にホーチミン市で「投資」誌により開催されたセミナーにおいて、「TPPと繊維・アパレル・フットウェア部門」と題した講演を行い、ベトナムは現在原材料を過度に輸入に頼っている、と参加者に対して述べた。 「投入原材料の60〜70%が主に中国、韓国、台湾から輸入されていると推定されます。」とし、特に中国からの輸入は、アパレル産業で使用される原材料の48%も占めていると指摘した。 アパレル業界では、生産に必要な綿のわずか2%しか国内で調達することができず、その品質も安定していない。 ベトナムのアパレル業界のその他の課題として、デザイン力に弱みがあるとし、ベトナム縫製企業のほとんどが外資系企業の下請けとなっているのは、自社のブランドをデザインし、開発する能力を持っていないためである、と彼は説明した。 「ODM(オリジナルデザイン製品)は、ベトナムからの輸出品のほんの2~3%しか占めていません。」と、生産者によりデザインから完成工程まで完結される製品について例示した。 アパレル部門の生産性は低く、香港の3分の1、中国の4分の1であることがその競争力を損なっており、ベトナムのアパレル製品は世界平均よりも15~30%高い。 さらにマーケティングや物流が弱いことが問題をさらに悪化させている、と彼は指摘した。 履物産業ではベトナムでの付加価値は45%未満で、革、なめし用化学薬品、靴底やバックル、合成ゴムなどは台湾、中国、タイ、ブラジルなどから80~100%輸入しなければならない。 国内皮なめし業は需要のわずか10%しか満たすことができず、原材料の不足により、その生産能力の25%しか稼動できていない、と彼は述べた。 この業界も同様に、デザインやマーケティング、流通に関する、繊維・アパレル業界全体の弱点を共有している、とした。 彼は、繊維・衣料品、および履物に特化した一連の産業群の計画、開発を通して、企業間におけるバリューチェーンの連携が促進されるべき、と提案した。 この2つの業界では原材料、織物や染色への投資を増やす必要があり、サポート産業、その中でも特に国内企業は、信用が容易に供与されるようにすべきである、と彼は述べた。 このような企業では、自社製品に付加価値をつけるためのデザイン能力を高めるため、近代的な技術を採用なければならない、とした。 ベトナム外資系投資企業協会の会長であるNguyen Mại教授は、Aiパートナーに賛同し、ベトナム繊維協会がメンバー間の協力関係を強化し、業界専用の工業団地の設立を支援すべきと述べた。 Mai教授はまた政府に対し、工業団地設立を促進し、困難に直面した企業を支援するよう呼びかけた。 計画投資省のDang Huy Dong副相は、TPP加盟国全体で世界のGDPの40%、世界貿易の30%を占めるようになるため、新たなサプライチェーンが構築されれば、TPPにより多くのビジネスチャンスがもたらされるだろう、と述べた。 「TPPへの参加は、ベトナムにおける投資やビジネス環境をアップグレードする機会をもたらし、外国投資を惹き付けるとともに、産業の再構築プロセスをスピードアップさせ、その成長モデルを変革させることになるでしょう。」 「またベトナムは経済成長を誘発させる多くのビジネスチャンスを得て、TPPによるメリットの助けも得ながら、その国際競争力や重要性を高め、輸出を増加させることが可能となります。」 ベトナムは繊維・アパレル産業で6000の企業を擁し、250万人以上の労働者を雇用している。昨年の輸出は270億米ドルで、国の総輸出額の16.6%を占めた。 ベトナムは、中国、EU、トルコ、バングラデシュ、インドに続く、世界第6位の衣料品輸出国となった。 履物の輸出は120億米ドルにものぼり、2014年から16.3%上昇した。   もっと見る
アパレル・リソース  製織・染色産業に150億米ドルの投資が必要  ↑0 ↓0
ベトナムの繊維・衣料品業界は労働生産性の低さと深刻な繊維原料不足という大きな課題に直面している。 昨年ベトナムは繊維・衣料品を275億米ドル輸出したが、原料の輸入に140億米ドルを費やさなければならなかった。 最近ホーチミン市で開催されたベトナムの衣料品業界のセミナーにおいて、ベトナム国営繊維公団(Vinatex)会長Le Tien Truong氏は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加することでベトナムの衣料品業界が競争の優位性を確保することができると述べた。 ベトナムがまだ何も貿易協定を締結しておらず、多くの国で繊維・衣料品製品の輸出が減少した2007-2014年の間の時期が最もわかりやすい例だ。 完全なる競争に基づく結果、ベトナムのみが10%以上の成長率を保ち続けることができた。工業的な生産性の面からベトナムの衣料品業界は世界の上位三カ国に手が届いた。 「ただこの大きな恩恵を受けるためにベトナムは原料に関して数多くの課題や障壁を経験してきました。特に2015年にベトナムは275億米ドル相当の繊維衣料品を輸出しましたが、原料の輸入に140億米ドルを費やさなければなりませんでした。国内の残り135億米ドルのうち、60億米ドルが給与の支払いに費やされ、70億米ドル以上が国内の原料調達に使われました。それ故ベトナムは原料の調達に関する問題を克服しなければならないのです」とTruong氏は言う。 Vinatexの最高経営責任者であるTruong氏は、ベトナムでは衣料品労働者一人当たりに対して必要な投資金額(人と技術)は3000米ドルであるのに対し、製織や染色の労働者に対しては最高20万米ドルが必要になると言う。 つまり製織や染色業界に対して投資を行うことは中小企業にとっては大変難しい。ベトナムは業界に投資を行うにあたり最高150億米ドル必要となる。 「この数値は地元の企業にとって大きな課題です。市場が開放されれば外国からの投資家を避けることはできません。健全な競争を確保するために、国は市場を適切に管理し、技術と環境保護の両面において厳しい法制度を設けなければなりません」とTruong氏は述べた。 氏はまた地元の企業が密接に連携し全体的なバリューチェーンを築くべきだと呼び掛けた。 ベトナム経済政策調査委員会 (VEPR)理事長のNguyen Duc Thanh氏は統一のチャンスを実現するためには、企業の努力に加え国が制度を変えて企業の発展のための良い政策を策定する必要があると言う。 ベルリン経済法科大学教授Hansjörg Herr氏は、ベトナムは市場動向に左右されるべきではなく、関係当局と企業が連携できる環境を作り出し、企業がその環境に容易に順応できるようにする必要があると述べた。 加えてベトナムは国内企業を保護するための確実な防衛策を持つべきである。 もっと見る
2016/03/28 06:08 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル 衣料品 労働者 生産性 バリュー 全体的 Tweet
アパレル・リソース  繊維・縫製分野でのインドとの2国間協力が進展  ↑0 ↓0
3月15日、ベトナム商工省のDo Thang Hai副相は、ベトナムとインドは繊維・縫製分野での取引を昨年大幅に伸ばしたと語った。 ベトナムニュースエージェンシーはニューデリーで開催されたベトナム・インド共同貿易小委員会の第3回会合でのHai副相の談話を報じた。 インド代表団を率いたRita Teaotia商務長官は、ベトナム・インド間のパートナーシップは繊維・縫製分野を含むさらに多くの分野で展開したと語った。 Teaotia長官は、両国が特に貿易通商に関する情報交換を拡大し、航空運輸、海運を強化することを提案した。 ベトナム側の副相は、昨年ハノイで開催されたベトナム・インド共同貿易小委員会の第2回会合以降、2国間の協力は目に見えて進展したと話した。特に繊維・縫製分野、続いてエネルギー・産業分野、製靴・化学分野での協力が進展したという。 経済的なつながりをさらに強化するため、Do Thang Hai副相は両国が地域内バリューチェーンを強化し、事業支援の方策を特定することを提言した。副相はまた、ベトナムでの縫製・繊維分野への投資を対象としたインド政府による3億米ドル規模の信用供与が早期に実現するよう求めた。 Hai副相は、インドはコスト削減と競争力強化のため、ベトナムに保税倉庫を開設することもできると提案した。 Hai副相はSantosh Gangwar繊維相とも会談した。両国は互いを補完し、パートナーシップを強化することで世界のバリューチェーンにさらに深く食い込むことができると副相は話す。 Gangwar繊維相は、インド政府は繊維・縫製分野での両国間の協力体制を安定化させるべく努力すると語った。大臣はまた、近日中に予定されているインドのナレンドラ・モディ首相のベトナム訪問がさらにこの方針を強化することになるであろうと述べた。   もっと見る
アパレル・リソース  IFC、繊維・アパレル産業におけるサステイナビリティを促進  ↑0 ↓0
世界銀行グループの一員であるIFC(国際金融公社)がベトナムのサプライヤーの工場の資源効率を改善しようと世界的なアパレル・靴製造業者であるVF Corporationと消費財の小売業者であるTarget Corporationと手を結ぶ予定だ。 IFCによれば、第一段階では今後12カ月にわたり約30の工場でエネルギーと水の効率性に関する審査が行われ、業務費の削減と生産性の向上を支援しながら、ベトナムの環境問題への意識向上と気候変動目標を達成するための手助けが行われる。 繊維・アパレル・製靴業界はベトナム経済に大きく貢献している。2015年には同業界の輸出は392億米ドルに達し、約300万の雇用(そのほとんどが女性)を創出した。日々大量のエネルギーや水が消費されるが、最新の技術と営業運用がうまくいけば資源の消費を20%かそれ以上削減することができる可能性がある。 「環太平洋戦略的経済連携協定とEUとの自由貿易協定を含むベトナムの貿易協定への参加の高まりを受け、地元の繊維業界はより急速な成長をとげようと準備を整えており、サステイナブルなエネルギーと水の利用に対しての要求も高まりつつあります」とIFCのベトナム・カンボジア・ラオス統括部長であるKyle Kelhofer氏は言う。「ベトナムの繊維製品企業はIFCのプログラムを利用することで世界の市場にさらに近付きながら資源の利用効率を高めることができます」 裁断と縫製(カットソー)、染色と印刷、衣料品の洗濯業務を含む繊維業界のバリューチェーンに渡るVFやTargetのサプライヤーの工場の審査を通し、エネルギーや水の利用効率を高めながらサプライヤーの生産性や競争力を高めるためのコスト効率の高い方策を確認、展開することが可能だ。さらにIFCは、バングラデッシュや中国等主要な繊維輸出国における多くの実績を引き合いに出しながら、専門的な解決策に関する助言を提供するだけでなく、ベトナムで提携する銀行を通して融資を円滑に行う支援をするという。 「ベトナムにおけるIFCとの提携は、サプライヤーの工場がさらに資源効率よく環境に優しく対応し、Targetの世界的な調達戦略と企業のサステイナビリティにおける到達目標を達成することを強力に補完するものだ」と同社のサステイナビリティに関する取り組みを行うTarget Corporationの子会社であるTarget Sourcing Servicesで責任調達担当取締役であるIvanka Mamic氏は語る。 「VFは人と環境に配慮した製造業における優れた長い実績を持っており、さらに効果を高めることができるよう、世界中のサプライヤーの基盤へこの貢献を高めることができる機会を常に求めています」とVF Corporationの子会社であるVFアジアのサプライチェーン・サステイナビリティ担当上級部長のBrad van Voorheesは語る。「IFCとTargetの協力関係は私たちの活動の延長線にあるもので、繊維業界のサプライチェーンをより環境に優しいものにしようとする知識や成功事例の共同作業を可能にするものです」 製造業におけるサステイナビリティに対する取組は、実績を改善する機会の体系的な評価、ベンチマーク調査の実施、最良の技術の共有、さらに広範囲での理解を高めるための業界の認識の向上を通して資源効率を促進する。次段階以降では繊維業界のサプライチェーン専用の電力需要を満たすためのクリーンエネルギー利用に関する評価を行う。本イニシアチブはIFCの長年にわたるベトナムの資源効率向上プログラムの一環だ。プログラムでは先進的でグローバルに展開するブランドやそのサプライチェーンとの関わりを通して影響力を拡大し、選ばれた工業地帯に介在することで同じ場所にある企業間の循環経済の概念を促進することを通し、革新的な集団的な取組を実行する。   もっと見る
アパレル・リソース  生産技術の向上が鍵に  ↑0 ↓0
ベトナムは、自国の商品やサービスの国際競争力を確たるものにするために、すべての産業における生産技術の向上に迅速に着手する必要がある、と先週金曜日ホーチミン市で開催されたセミナーで論じられた。 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)発効後のベトナムのビジネスチャンスと課題に関するセミナー講演が、国際ビジネス法務アカデミー(IBLA)の、科学技術省法務部門の元部門長であるDon Nang博士によって行われ、いくつかの調査によると、TPPは特に貿易と投資の分野において、ベトナムに巨大な経済的ビジネスチャンスをもたらすだろうことが判明した、とした。 一方でベトナムはTPP加盟国の中で最も開発が遅れているために大きな課題に直面しており、博士は「ベトナムの財・サービスの生産性、品質や競争力のいずれも、他のTPP加盟国にはるかに遅れをとっています。」と指摘した。 また、ベトナム企業の技術力や能力についても、他国のライバル企業と比較して劣っている、と付け加えた。 「科学技術省の統計によると、ベトナムにはおよそ60万社の企業がありますが、その90%以上が中小企業で、ほとんどが時代遅れの技術を採用しています。」 技術革新を促し、近代的な機械設備を構築するための研究調査は、ベトナムではほとんど行われていない、と彼は指摘した。 技術革新や近代設備の構築を目的とした製品の輸入は大幅に増加したものの、国連開発計画(UNDP)の調査によると、こうした目的のための輸入額は他国では国の総輸入額の30~40%を占めるのに対し、ベトナムでは10%未満であった。 加えて、輸入品のほとんどが中国からのもので、「中国からの機械設備はかなり古く旧式で、低い生産性や環境汚染をベトナムにもたらしています。」とした。 Nang博士は関連機関に対し、ベトナム企業が高品質の製品やサービスを産出し、グローバル・バリューチェーンに組み込まれることを可能とするため、その技術の改善を速やかに支援するよう呼びかけた。 「時代遅れの技術の輸入を止め、トレーニングと有能な人材や技術者の獲得を加速させることが不可欠です。」と彼は言った。 元貿易大臣であるTruong Dinh Tuyen氏は、TPPによってビジネスチャンスが得られるものの、そのことが即ちベトナムに利益や市場での強みをもたらすということではない、と述べた。 ベトナムがTPPによるビジネスチャンスをものにし、その課題を克服できるかどうかは、TPPを活用し、関連する諸問題に対処するのにどの程度適切な取り組みができるかに依る。 当局や企業は訴訟を避けるために、他のTPP加盟国に対する約束事やルールを徹底的に理解しておかねばならない、と彼は警告した。   繊維・衣料品部門 Gia Dinh縫製会社のLe Dong Trieu社長によると、ベトナムは2015年の繊維・衣料品輸出で、前年比9.4%増の275億米ドル稼いだとし、そのうちTPP加盟国への輸出は、147億米ドル以上あった。 一旦TPPが発効すれば輸入関税はゼロとなり、TPP加盟国に輸出するベトナム企業にとってより多くのビジネスチャンスがもたらされることになる。 しかし一方で、TPPのもとで、原産地、品質、化学物質の使用等に関連する規定への対応に課題が生じるだろう、と述べた。 TPPによるメリットを享受するために、ベトナムは繊維・アパレル製品に対するサポート産業の開発を迅速に促進し、競争力の弱い産業への投資を奨励し、繊維・衣料品産業のためのサプライチェーンを構築する必要がある。 企業がグローバル市場において確固たる地位を獲得するために、生産技術、デザインや品質を向上させるのにより多くの投資を行うべきである、と彼は述べた。   もっと見る
2016/02/26 06:01 da:19 facebook:0 twitter:0 ビジネス チャンス 加盟国 衣料品 競争力 サービス Tweet
アパレル・リソース  繊維産業、今年の輸出目標額300億ドルも達成可能か  ↑0 ↓0
ベトナムの繊維企業の多くが2016年上半期分をすでに受注しており、繊維業界が目標とする今年の輸出額300億米ドルの達成に楽観的である。 ベトナム繊維協会のPham Xuan Hong副会長はニュースサイトであるサイゴンタイムズの取材に対し、同協会の加盟企業のほとんどが順調に2016年を開始しており、幾つかの企業はすでに工場を1年中稼働させるに足るほど大量に受注していると語った。 ベトナム繊維産業の2015年輸出額は270億米ドルであったが、今年はさらに10%以上増加させ300億米ドルとすることを目標としている。 Hong副会長は、2016年が始まって2ヶ月も経っていないものの、年間目標額の達成は可能と確信していると語った。 公式貿易統計によると、繊維製品の1月の輸出額は昨年同月と比較すると5.8%増加の20億米ドルであった。 Garmex SaigonのLe Quang Hung取締役会長は、同社はすでに1年分の業務を受注しており、業界は景気が良いようだと話す。 一方で、Hung 会長は、国内企業は一般的に自社製品を販売するのではなく、国際的な大規模衣料ブランドの委託加工を請け負っているため、多額の利益を出すことはできていないと話す。 Hung会長は、昨年の輸出収入216億米ドルのうち70%が、企業数では業界全体の30%を占めるに過ぎない外資系企業による収入だったと話す。 Hung会長は、国内企業がバリューチェーンの上方に移行し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をはじめとする自由貿易協定からより多くの利益を得られるよう、政府は財政的、技術的支援を行う必要があると話す。   もっと見る
2016/02/18 11:43 da:19 facebook:- twitter:- 米ドル 副会長 大規模 国際的 ブランド チェーン Tweet
アパレル・リソース  中小企業、今後TPPとEVFTAの恩恵を受ける  ↑0 ↓0
国内の中小企業は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)とベトナム-EU自由貿易協定(EVFTA)により多くの恩恵を受けるはずだと経済学者のPham Chi Lan氏は言う。 ハノイで開催されたTPPとEVFTAに関する会議の中でLan氏は、中小企業は域内の貿易の自由化やつながりが促進される一方、グローバル・バリュー・チェーンを拡張し、競争上の優位性を最大化させることができると語った。 輸出品に関する関税は撤廃され、結果輸入コストが低減し供給品が多様化する。加えてベトナム企業は国内外ともに十分に見込みのある市場で活動を行うことができ、これは投資家の保護につながるともみられている。 商業省貿易促進庁によれば、TPPは11%増加する可能性のあるGDPや28%増加見込みの輸出など、経済面に大きな影響をもたらすとの見方だ。衣料品、繊維製品、革靴、海産物など主要製品の輸出高は今後10年間で急上昇する可能性がある。 EVFTAの施行後、今後7-10年をかけてベトナムから5億人の人口を持つEU市場に対し99の輸出関税が撤廃される。この合意でベトナムの年間輸出高は4-6%増加することが期待されている。 一方でTPPとEVFTAは企業にとって課題ももたらす。関税の引き下げにより安価な輸入製品がベトナムに流入するかもしれないのだ。 これより地元企業は熾烈な競争にさらされる可能性がある。他方輸出品は原産地証明書(C/O)、ダンピング防止、子会社、国防貿易ツールに関する厳しい要件に見合わなければならないと当局は述べる。 欧州連盟政策投資援助プロジェクト(EU-MUTRAP)技術支援チームリーダーClaudio Dordi氏は、ベトナム企業は衣料品や繊維製品の原産地証明に注力し付加価値を高めるべきだと指摘する。企業は特にEUに求められる国際的に通用する衛生基準を受け、製品の品質や安全性の向上につとめるべきだという。 氏は政府が企業に対しEVFTAやその他の貿易協定に関する期限や明確な情報を提供すべきだと提案する。 加えてベトナムは国家・地元レベルで品質管理の促進とブランドの確立における明確な戦略を持つべきだ。   大企業も楽観的 Viet Nam Report Companyにより発表されたベトナムの年間報告書「ベトナム経済2016」のなかで、地元の大企業もTPPの影響を楽観的にみていることが明らかになった。 調査は国内の1000以上の大企業を対象に行われた。 経済成長率6.7%、消費者物価指数(CPI)5%以下と予測される中で、調査対象の半数近くの企業が2016年第一四半期と今後5年間のビジネスに関して楽観的な見方を持っている。 もっと見る
2016/01/29 06:08 da:20 facebook:0 twitter:0 可能性 中小企業 楽観的 原産地 衣料品 輸出品 Tweet
アパレル・リソース  綿糸生産量が4年で3倍に  ↑0 ↓0
米国農務省(USDA)の最新の報告によると、ベトナムの綿糸紡績業は過去4年間で生産量を3倍以上に伸ばし、2015/16年の綿消費量は510万梱に達する見込みという。この4年間の世界の綿需要増加の半分がベトナムによるもので、ベトナム産綿糸の輸出増加がこの急速な拡大の主要因となっている。 綿糸輸出純量は2011/12年から2015/16年の間に年率40%以上の割合で増加している。ベトナム産綿糸の最大市場は中国で、綿糸輸出総量の80-90%が中国に輸出されている。 「この成長は中国によるベトナムの紡績工場への投資の大幅な上昇、そしていくつかの企業の大規模な移転と時期を同じくして起こっている」 「この傾向の背景には、中国国内の綿政策により綿の国内価格が上昇し、紡績業で利益が上がらなくなったことがある」と農務省は解説する。 同時に、ベトナム国内での綿糸需要による綿の消費量も目覚しい伸びを示しており、2011/12年から2倍以上に伸びている。 「つまり、より多くの綿糸を中国に輸出しつつも、ベトナムは繊維のバリューチェーンでより上流での地位を固めつつある」とUSDAは分析している。 2015/16年に関して、USDAは全世界での綿生産量は大幅に減少すると予測している。主にパキスタン、インド、中国での変化によるためで、綿消費量についてもわずかに減少するだろうと予測している。 米国での綿生産量、消費量ともにわずかに減少しており、期末在庫が増やされたものの、米国での季節平均価格は1パウンドあたり59セントで変化しないと予測されている。 12月31日までの週で、綿全種の累積輸出量は前年の253万梱に対して244万梱、売掛分は前年583万梱に対し253万梱であった。   もっと見る
2016/01/28 12:07 da:20 facebook:- twitter:- 農務省 パキスタン パウンド 全世界 インド バリュー Tweet

Thailand

flyteam.jp  ピーチ、バリューピーチ運賃が最大30%割引キャンペーン 5月9日まで  ↑0 ↓0
対象の搭乗期間は、4月16日(火)から10月26日(土)まで、対象路線は関西、那覇発着の台北、高雄線、仙台、新千歳発着の台北線、那覇/バンコク線で、那覇/ ...
2019/04/11 21:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
travel.watch.impress.co.jp  タイ・エアアジアX CEO ナダ・ブラナシリ氏に聞く。「バンコク線は、運賃に応じたバリューを提供し、顧客に ...  ↑0 ↓0
ブラナシリ氏:大きかったのは、日本政府が政策を変更してタイ人向けのビザ免除プログラムを開始(筆者注:2013年7月1日から)したことだ。それにより、タイ人が ...
2018/08/17 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
atpress.ne.jp  タイの大手書店チェーン「SE-ED Book Center」へバリューカードを導入  ↑0 ↓0
... 社長: 尾上 徹、以下バリューデザイン)の子会社Valuedesign(Thailand) Co.,Ltd.(以下VDタイ)は、タイ国内に約400店舗を ... COMPANY LIMITED傘下の書店チェーンで、バンコクを中心に394店舗を運営しており、同国では最大規模を誇ります。
2018/05/17 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  タイの大手書店チェーン「SE-ED Book Center」へバリューカードを導入  ↑0 ↓0
... は、タイ国内に約400店舗を展開する大手書店「SE-ED Book Center(以下SE-ED Book)」へ、バリューカードASP ... PUBLIC COMPANY LIMITED傘下の書店チェーンで、バンコクを中心に394店舗を運営しており、同国では最大規模を誇ります。
2018/05/17 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
paymentnavi.com  タイの書店チェーン「SE-ED Book Center」へプリペイドサービス導入(バリューデザイン)  ↑0 ↓0
バリューデザインの子会社Valuedesign(Thailand)Co.,Ltd.(VDタイ)は、タイ国内に約400店舗を展開する大手書店「SE-ED Book Center」へ、 ... PUBLIC COMPANY LIMITED傘下の書店チェーンで、バンコクを中心に394店舗を運営している。
2018/05/17 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
dreamnews.jp  【ABIリサーチ調査報告】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア ...  ↑0 ↓0
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【PT:アプリケーション分析レポート】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ王国、ベトナム」は、いくつかの主要企業、主要なイニシアチブ、バリューチェーンのさまざまな企業への提言を取り上げ、東南アジアのスマートシティを概観して ...
2018/02/08 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  バニラエア、バリューアライアンスでセブパシフィック等ともシームレスに  ↑0 ↓0
LCCのバニラ・エアはこのほど、バニラエアウェブサイトからLCCのアライアンスである「バリューアライアンス」のメンバーであるセブパシフィック(所在地: マニラ)及びノックスクート(所在地: バンコク)の路線網へのワンストップ予約を開始した。 バリューアライアンスは、アジア太平洋の160以上の就航地をカバーするLCC同士の ...
2018/01/03 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.mynavi.jp  バニラエア、バリューアライアンスでセブパシフィック等ともシームレスに  ↑0 ↓0
LCCのバニラ・エアはこのほど、バニラエアウェブサイトからLCCのアライアンスである「バリューアライアンス」のメンバーであるセブパシフィック(所在地: マニラ)及びノックスクート(所在地: バンコク)の路線網へのワンストップ予約を開始した。 台北経由でバンコク/ シンガポールへ. バリューアライアンスは、アジア太平洋の160 ...
2018/01/03 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiatravelnote.com  サイアムパラゴン内に両替所のバリュープラスがオープン  ↑0 ↓0
バンコク中心部の大型ショッピングセンター、サイアムパラゴン(Siam Paragon)内に新たにバリュープラス(Value Plus)のブースがオープンしています。 ... プーケット発祥のため元々バンコクでの知名度は高くなかったものの、ここ数年でスワンナプーム空港とタニヤに支店ができたことで日本人旅行者の間でもよく知られる存在 ...
2017/12/01 13:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  タニヤ通り両替レート対決!「タニヤスピリット」VS「バリュープラス」  ↑0 ↓0
バンコク・タニヤ通りは日本料理店や日本人向けカラオケ店が軒を連ねる、日本人ビジネスマンや日本人旅行者が多く集う場所。そんなタニヤ通りには「タニヤ ...
2017/10/05 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
value-press.com  バリューデザイン、タイ王国「ヨーグルトランド」のポイント付きプリペイドカードを発行 ~海外5か国目の展開 ...  ↑0 ↓0
ヨーグルトランドはバンコクを中心に店舗を展開しており、豊富なフレーバーの ... タイ王国では日本と同様に飲食業・小売業・サービス業におけるポイント及び ...
kabukei.jp  【3960】バリューデザイン : バリューデザイン、タイ王国「ヨーグルトランド」のポイント付きプリペイドカードを ...  ↑0 ↓0
【3960】バリューデザイン : バリューデザイン、タイ王国「ヨーグルトランド」のポイント付きプリペイドカードを発行 ~海外 5 か国目の展開国・タイでの事業展開を ...
aviationwire.jp  バニラエア、スクート便の予約受付 バリューアライアンス設立で  ↑0 ↓0
国内の出発地から成田まで、成田から台北かバンコク(ドンムアン)の乗り継ぎ地まで、乗り継ぎ地からシンガポールまでの計3区間を一括購入できるようになる。
グローバルニュースアジア  タイの日本風弁当はご飯が少ない  ↑0 ↓0
例えばバンコクの東端にあるシーナカリン通りのマックスバリューもまた日本風の弁当が ... ただ、マックスバリューに限らず、タイ人を顧客の中心にした店においては弁当ひとつの ... タイ人は男性でも1食の量が日本人のそれと比べてかなり少ない。 ... 【タイ】チェンマイの飲食店で中国人観光客トラブルが頻発 · 【タイ】「世界で貢献 ...
2016/04/01 10:52 da:40 facebook:3 twitter:0 マックス バリュー 中国人 観光客 トラブル 飲食店 Tweet

Singapore

jdt-news.co.jp  GPSNRがシンガポールで初の総会 定款承認や委員会を設立  ↑0 ↓0
持続可能な天然ゴムのためのプラットフォーム(GPSNR)は3月21日、シンガポールで総会を初開催した。 GPSNRは、天然ゴムのバリューチェーンで社会面・ ...
2019/04/10 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
traicy.com  バニラエア、バリューアライアンスを脱退 3月30日付  ↑0 ↓0
スクートとタイガーエア・シンガポールの統合により、現在は7社が加盟している。脱退はバニラエアが初めてとなる。 各社はエア・ブラック・ボックス社の技術を導入 ...
2019/03/13 22:39 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アッドバリュー、英衛星サービス企業と提携  ↑0 ↓0
シンガポールの衛星通信事業者アッドバリュー・テクノロジーズは8日、衛星関連事業を手掛ける英オープン・コスモスと提携すると発表した。 オープン・コスモス ...
2018/08/13 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アッドバリュー、米社と実現可能性調査で契約  ↑0 ↓0
シンガポールの衛星通信事業者アッドバリュー・テクノロジーズは10日、航空宇宙事業を手掛ける米企業と「衛星間データ中継システム(IDRS)」の実現可能性調査を実施することで合意したと発表した。低軌道で地球を周回する衛星との通信以外に活用する可能性を探る。 契約先の企業名は明らかにされていない。
2018/04/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  JICAとADB、シンガポールの農産物商社に協調融資 コーヒーバリューチェーン構築で  ↑0 ↓0
JICAとADB、シンガポールの農産物商社に協調融資 コーヒーバリューチェーン構築で ... 【ベトナム、シンガポール】国際協力機構(JICA)は29日、シンガポールの大手農産物商社オラム・インターナショナルのベトナム子会社でコーヒー加工を手がけるカフェアウトスパンベトナムに対し、アジア開発銀行(ADB)と協調融資を実施 ...
2018/03/30 05:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アッドバリュー、深海漁船向け通信を試験  ↑0 ↓0
シンガポールの衛星通信事業者アッドバリュー・テクノロジーズは5日、深海漁業に従事する漁船向けの通信システムの試験運用を開始すると発表した。他社と ...
2017/10/05 13:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  男女の賃金格差、過去10年で縮まらず  ↑0 ↓0
シンガポールは世界でも男女の賃金格差が小さい国とされているが、過去10年で差はほとんど縮まっていない――。米消費者調査会社バリューペンギンの最新 ...
2017/08/21 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ペンギン バリュー 消費者 Tweet
nna.jp  アッドバリュー、英社と衛星間中継通信を提供  ↑0 ↓0
シンガポールの衛星通信サービス事業者アッドバリュー・テクノロジーズは11日、英衛星通信大手インマルサットと共同で「衛星間データ中継サービス(IDRS)」を ...
paymentnavi.com  バリューデザインと東南アジアにおける 決済サービス事業に関する合弁事業契約を締結(ティーガイア)  ↑0 ↓0
ティーガイアは、2017年7月20日、バリューデザインと締結した合弁契約に基づき、シンガポールのバリューデザインの子会社に出資すると共に、新たに共同出資 ...
2017/07/31 19:18 da:- facebook:- twitter:- バリュー デザイン 子会社 東南アジア サービス Tweet
ma-times.jp  バリューデザイン、東南アジア決済サービスでティーガイアと合弁事業開始  ↑0 ↓0
バリューデザインはティーガイア社と締結した合弁契約に基づき、シンガポールのバリューデザイン子会社に対しバリューデザインによる増資、及びティーガイア社 ...
2017/07/20 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 バリュー デザイン 子会社 東南アジア サービス Tweet
aviationwire.jp  バニラ五島社長、システム連携「17年早々にも」 バリューアライアンス  ↑0 ↓0
システムは英エア・ブラック・ボックス社(Air Black Box、ABB)が構築した。 バニラはスクートとの連携により、スクート運航便のシンガポール以遠の航空券を「通し ...
aviationwire.jp  バニラエア、スクート便の予約受付 バリューアライアンス設立で  ↑0 ↓0
成田乗り継ぎの場合、シンガポールまでの利用となる。国内の出発地から成田まで、成田から台北かバンコク(ドンムアン)の乗り継ぎ地まで、乗り継ぎ地から ...
2016/11/30 13:29 da:37 facebook:- twitter:- 乗り継ぎ バンコク アライアンス バリュー バニラ Tweet
travelvoice.jp  LCCバニラエア、スクート路線の予約開始へ、LCC8社の航空連合「バリューアライアンス」でサービス拡充へ  ↑0 ↓0
LCCのバニラエアは2016年11月29日より、シンガポール拠点のLCCスクートの路線網へのワンストップ予約を開始した。これは、アジア太平洋地域の大手LCC8 ...
2016/11/29 19:30 da:35 facebook:0 twitter:0 バニラ アジア 太平洋 ストップ サービス バリュー Tweet
news.mynavi.jp  バニラエア、「バリューアライアンス」でスクートとの乗継予約を1本化  ↑0 ↓0
LCCのバニラエアは11月29日より、同社公式ウェブサイトからシンガポール・チャンギ国際空港を拠点とする中長距離LCC、スクートの路線網へのワンストップ ...
2016/11/29 14:35 da:83 facebook:0 twitter:0 バニラ 国際空港 中長距離 ストップ チャンギ バリュー Tweet
ビッグローブニュース  アグリホールディングスがSBS HD、リバネス等から第三者割当増資を実施 物流・決済、Agri-Food Tech ...  ↑0 ↓0
現在日本、シンガポール、アメリカ合衆国の3ヶ国に、『農業生産事業』、『グローバル・バリューチェーン構築事業』、『おにぎり・食品事業』など8社を展開しており ...
ビッグローブニュース  日本食材のグローバル・バリューチェーン構築を支援 生産者と消費者を結ぶサービスをシンガポールから開始  ↑0 ↓0
生産地と海外店舗を結ぶサービスがシンガポールで始動 当サービスの1ヶ国目はシンガポールから提供を開始し、日本からの輸出や現地での保管・配送等のロジスティクスから、食品取扱い事業者や飲食店・小売など数百店舗へのリーチや現地メディアを活用したマーケティングまで、ワンストップで顧客のグローバル・バリューチェーン構築をサポートいたします。 アグリホールディングスは2014年に設立、日本では農業(主に米の生産)、シンガポールではシンガポール初の日本米おにぎり専門店SAMURICEを運営、また、2015年には農林水産省系ファンドの出資を受け米の流通・輸出を行う六次産業化法人であるライスフロンティア株式会社を設立し、日本の農業から世界市場を獲得するグローバル・バリューチェーン構築に取り組んでおります。 生産(農業)と出口(飲食)の立場からバリューチェーンを構築してきた経験を活かし、日本の一次産業や食品生産者の海外市場開拓と早くて無駄の少ないグローバル・バリューチェーンの構築をお手伝いいたします。日本の地方・地域の重要な産業である一次産業と食を海外市場と結び、地方創生、地域活性化の一助となり、日本食・ もっと見る
2016/06/02 14:03 da:84 facebook:0 twitter:0 サービス 生産地 消費者 生産者 バリュー チェーン Tweet
sankei.com  格安航空会社8社が連合 バニラなど、予約で協力  ↑0 ↓0
日本の格安航空会社(LCC)、バニラ・エア(千葉県成田市)などアジア太平洋地域のLCC8社が16日、シンガポールで記者会見し、航空券予約や乗り継ぎなどで協力する新たな航空連合「バリューアライアンス」を発足させたと発表した。 アジア太平洋での多国間の格安航空連合は初めてだとしている。8社はバニラ・エアのほか韓国の済州航空、シンガポールのスクート、タイのノックエアなど。 ウェブサイトで出発地や目的地を入力すると、加盟各社の乗り継ぎルートや運賃を提示して一括して予約できるようにする。各社は順次予約システムをつなぎ、8社そろってのサービス提供は今年秋ごろになるとしている。 バニラ・エアの五島勝也社長は「当社が運航していないルートでも一度で乗り継ぎ手配ができ、利便性が大きく向上する」とコメントした。 バニラ・エアはANAホールディングス傘下のLCC。成田空港を拠点に国内線や台北、香港便などを運航している。2013年にエアアジア・ジャパンから社名を変更した。(シンガポール共同) もっと見る
2016/05/16 21:04 da:77 facebook:0 twitter:0 バニラ 乗り継ぎ 記者会見 太平洋 アジア Tweet
chunichi.co.jp  バニラなど格安航空8社が連合 予約や乗り継ぎで協力  ↑0 ↓0
【シンガポール共同】日本の格安航空会社(LCC)、バニラ・エア(千葉県成田市)などアジア太平洋地域のLCC8社が16日、シンガポールで記者会見し、航空券予約や乗り継ぎなどで協力する新たな航空連合「バリューアライアンス」を発足させたと発表した。 アジア太平洋での多国間の格安航空連合は初めてだとしている。8社はバニラ・エアのほか韓国の済州航空、シンガポールのスクート、タイのノックエアなど。 ウェブサイトで出発地や目的地を入力すると、加盟各社の乗り継ぎルートや運賃を提示して一括して予約できるようにする。8社そろってのサービス提供は今年秋ごろになるとしている。
2016/05/16 20:48 da:80 facebook:2 twitter:0 バニラ 記者会見 太平洋 アジア 乗り継ぎ Tweet
value-press.com  シンガポールで人気の和食ダイニング&カフェ「SUN with MOON」にて...  ↑0 ↓0
株式会社バリューデザイン(東京都中央区)は、2015年12月よりシンガポールにて和食ダイニング&カフェを展開する「SUN with MOON」にポイントカード発行 ...
2015/12/25 12:00 da:64 facebook:1 twitter:0 カフェ ダイニング カード ポイント バリュー デザイン Tweet

Philippines

nna.jp  中小企業の国際化、政府系研究機関が提言  ↑0 ↓0
フィリピンの中小企業は国際バリューチェーンとのつながりが希薄――。政府系シンクタンクのフィリピン開発研究所(PIDS)が、このほど研究結果を公表し、政府 ...
2018/07/18 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiatravelnote.com  バリューアライアンス公式サイト 加盟航空会社の航空券が一括で予約可能に  ↑0 ↓0
バニラエアなどが加入しているLCCによる航空連合、バリューアライアンス(Value Alliance)の公式サイト上で航空券の予約・購入ができるようになっていますね。
2018/05/16 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  双日が製パン事業に参入 小麦のバリューチェーン構築へ  ↑0 ↓0
双日は22日、フィリピンで製パン事業に参入すると発表した。経済成長に伴い食生活が多様化する現地で、日本の技術で作ったパンを売り込む。同時に、小麦粉製造と小麦粉を中心とした食料原料販売も開始し、自社で小麦流通のバリューチェーンを構築する。 小麦製粉事業、原料卸事業、… 関連国・地域: フィリピン/日本.
2018/03/23 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
時事ドットコム  双日、フィリピンで製パン事業=約30億円投じ、小麦粉バリューチェーン構築  ↑0 ↓0
双日は22日、フィリピンで小麦粉の製造販売や製パン事業に参入すると発表した。約30億円を投じ、経済成長に伴い食の多様化が進むフィリピンで、小麦粉を軸としたバリューチェーンを構築。日本の技術を生かした日本式のパンを投入し、新たな市場を開拓するのが狙い。(2018/03/22-14:45). 【経済記事一覧へ】 【アクセス ...
2018/03/22 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ASEAN PORTAL  JICAはフィリピン自動車産業の産業人材育成を支援  ↑0 ↓0
独立行政法人の国際協力機構(JICA)は、フィリピンの自動車産業における産業人材育成とサプライ・バリューチェーンの強化を支援するため、フィリピン政府と開発 ...
2017/12/01 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jica.go.jp  フィリピン向け開発計画調査型技術協力討議議事録の署名:自動車産業における産業人材育成及び ...  ↑0 ↓0
国際協力機構(JICA)は、11月29日、マニラにて、フィリピン共和国政府との間で、開発計画調査型技術協力「産業人材育成およびバリューチェーン強化を通じた ...
2017/11/30 18:50 da:- facebook:- twitter:- Tweet
e-logit.com  フィリピン共和国におけるLNGバリューチェーン構築に関する関心表明書の提出について  ↑0 ↓0
東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)は、10月30日にフィリピン共和国エネルギー省(エネルギー省:アルフォンソ・G・クーシー大臣、以下「 ...
2017/10/31 22:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
tokyo-gas.co.jp  フィリピン共和国におけるLNGバリューチェーン構築に関する関心表明書の提出について  ↑0 ↓0
東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)は、10月30日にフィリピン共和国エネルギー省(エネルギー省:アルフォンソ・G・クーシー大臣、以下「 ...
2017/10/31 10:14 da:- facebook:- twitter:- Tweet
value-press.com  フィリピンのビューティーサロン&スパ「JUNCA」のポイントカード付...  ↑0 ↓0
株式会社バリューデザイン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:尾上 徹、証券コード:3960、以下当社)は2016年12月5日より、フィリピン共和国において ...
news2u.net  TSUNEISHI C VALUES PHILIPPNES,Incがセブ島バランバンでEVの試乗会を開催  ↑0 ↓0
ツネイシCバリューズ(所在地:広島県福山市)のフィリピン子会社のTSUNEISHI C VALUES PHILIPPINES, Inc は、9月21日(水)にフィリピンのセブ州にある ...
2016/11/02 12:11 da:58 facebook:0 twitter:0 PHILIPPINES 子会社 セブ島 所在地 Tweet
aviationwire.jp  「路線拡大はA321neo受領後」 セブパシフィック航空副社長インタビュー  ↑0 ↓0
現在、フィリピンから日本に5路線を乗り入れるセブパシフィック航空(CEB/5J)。近ごろはアジア太平洋地域のLCC 8社とともに設立した航空連合「バリューアライアンス」でも話題となった。
value-press.com  フィリピン共和国(メトロマニラ)の日本料理・韓国料理店「居酒屋・美人韓」ポイント機能付きプリペイドカード ...  ↑0 ↓0
株式会社バリューデザイン(東京都中央区、以下バリューデザイン)は、フィリピン共和国において、日本料理や韓国料理を提供する居酒屋「BEPPIN-KAN(美人 ...
2016/05/17 10:07 da:65 facebook:0 twitter:0 デザイン 居酒屋 バリュー ポイント プリペイドカード Tweet
value-press.com  フィリピン最大の人気テーマパーク「Zoomanity Group of Companies」グループ施設共通のポイント機能 ...  ↑0 ↓0
株式会社バリューデザイン(東京都中央区、以下バリューデザイン)は、フィリピン共和国最大のテーマパーク事業を運営するZoomanity Group of Companies( ...
2016/05/17 10:07 da:65 facebook:0 twitter:0 デザイン パーク テーマ バリュー グループ ポイント Tweet
value-press.com  フィリピン共和国 眼科レーシック・美容皮膚科クリニック「SHINAGAW...  ↑0 ↓0
株式会社バリューデザイン(東京都中央区、以下バリューデザイン)は、フィリピン共和国において眼科レーシック・美容皮膚科クリニック「SHINAGAWA Lasik ...
2016/05/10 09:56 da:65 facebook:0 twitter:0 バリュー デザイン クリニック 皮膚科 レーシック Tweet

Myanmar

ミャンマーニュース  農業経済バリューチェーンプロジェクトの融資契約が締結  ↑0 ↓0
気象条件に基づいた農業経済バリューチェーンプロジェクトは、マグウェ地方域、マンダレー、サガインという中央ミャンマー乾帯地域にある14の町において、農業の ...
2018/11/12 19:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  ツネイシCバリューズ、ミャンマーへ自動車リサイクルパーツの出荷を開始  ↑0 ↓0
石油類や液化瓦斯機器販売、車検・整備・修理・板金塗装、鉄・非鉄スクラップの加工処理に関する業務などを手がけるツネイシCバリューズ株式会社(ツネイシCバリューズ)が、ミャンマーへの自動車リサイクルパーツの出荷を、3月6日より開始したと、3月9日のプレスリリースで発表した。 ドバイ、マレーシア、パラグアイ、 ...
2018/03/12 23:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
財経新聞  ツネイシCバリューズ 自動車リサイクルパーツをミャンマーへ初出荷  ↑0 ↓0
ツネイシCバリューズ(本社:広島県福山市沼隈町能登原2488-9、代表取締役社長:綿谷伸二)は3月6日、自社初となるミャンマーへの自動車リサイクルパーツの ... 主な輸出先のドバイ、マレーシア、パラグアイ、ボリビアなどに加え、今回初めて、自社カーリサイクル工場から良質な中古エンジン70基をミャンマーに出荷しました。
2018/03/09 14:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news2u.net  ツネイシCバリューズ 自動車リサイクルパーツをミャンマーへ初出荷  ↑0 ↓0
ミャンマーでは、2012年に中古自動車の輸入が自由化されて以降、日本からの中古車流入が急増し、日本車のリサイクルパーツの需要が高まっています。それに伴い、ツネイシCバリューズでは、これまでの主な輸出先のドバイ、マレーシア、パラグアイ、ボリビアなどに加え、今回初めて、自社カーリサイクル工場から良質な ...
2018/03/09 13:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japic.org  1/23 提言書「ミャンマーにおけるコメ・バリューチェーン強化に向けて」  ↑0 ↓0
1/23 提言書「ミャンマーにおけるコメ・バリューチェーン強化に向けて」を齋藤健農林水産大臣に手交しました。 日本・ミャンマー産業交流検討委員会(委員長:三菱商事元副社長 髙島正之氏)は、平成25年に日本・ミャンマー産業交流検討委員会を設立し、コメを中心とするミャンマーの農業生産と加工、物流に関する情報収集 ...
2018/02/09 09:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kensetsunews.com  農水相に7項目提言/ミャンマーのコメ・バリューチェーン強化/JAPIC  ↑0 ↓0
日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の日本・ミャンマー産業交流検討委員会(高島正之委員長)は23日、物流インフラ整備など7項目を盛り込んだ提言、「ミャンマーにおけるコメ・バリューチェーン強化に向けて」を齋藤健農林水産相に手渡した=写真。 JAPICは、2013年に同検討委員会を設置し、コメを中心 ...
2018/01/26 06:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nissyoku.co.jp  農水省、ミャンマー農業大学で寄付講座 18年第2期始動  ↑0 ↓0
農林水産省は11月15~28日、ミャンマーのイエジン農業大学(YAU)で、日本食産業フードバリューチェーン(FVC)寄付講座「日・ASEAN食産業人材育成官民 ...
2017/12/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nissyoku.co.jp  西村機械製作所、米粉をミャンマーで推進 JICA海外支援事業案件に  ↑0 ↓0
米粉製粉機を展開する西村機械製作所がミャンマーで推進する「高度な製粉技術による米粉バリューチェーン」が12日、国際協力機構(JICA)の「中小企業海外 ...
2017/07/24 00:09 da:- facebook:0 twitter:0 製作所 中小企業 バリュー チェーン Tweet
nna.jp  西村機械、米粉普及を促進 製粉技術で砕米活用、事業化調査  ↑0 ↓0
微細米粉用の粉砕機械で日本最大のシェアを持つ西村機械製作所(大阪府八尾市)は、高度な製粉技術を生かしてミャンマーで米粉バリューチェーン(価値連鎖) ...
2017/07/19 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 チェーン バリュー 製作所 シェア Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマー・フードバリューチェーン構築の工程表に、両国の農業大臣が署名  ↑0 ↓0
農林水産省は3月7日、山本農林水産大臣とミャンマーのアウン・トゥ農畜産灌漑大臣が同日、東京にて「ミャンマーにおけるフードバリューチェーン構築のための ...
2017/03/09 19:52 da:24 facebook:0 twitter:0 チェーン バリュー フード 農林水産大臣 農林水産省 Tweet
ASEAN PORTAL  日本はミャンマーのフードバリューチェーン構築を支援  ↑0 ↓0
日本の農林水産省は、日本とミャンマーの官民が協力の元で実施する「ミャンマーにおけるフードバリューチェーン構築のための工程表」の合意議事録に、山本 ...
2017/03/08 15:01 da:21 facebook:0 twitter:0 チェーン バリュー フード 議事録 農林水産省 Tweet
maff.go.jp  「ミャンマーにおけるフードバリューチェーン構築のための工程表」の合意議事録署名について  ↑0 ↓0
ミャンマーにおけるフードバリューチェーン構築のための工程表の合意議事録署名.
2017/03/07 18:09 da:86 facebook:0 twitter:0 議事録 チェーン バリュー フード Tweet

Malaysia

work-master.net  「MPJA ムスリムフレンドリー認証」をTHE GRAND GINZAが取得  ↑0 ↓0
バリューマネジメントが手掛けるGINZA SIX最上階のラウンジ&レストラン「THE GRAND GINZA(ザ・グラン 銀座)」は、JAKIM(マレーシア政府公認のハラール ...
2019/05/23 07:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  スペースバリューHD、不適切会計 前社長が指示  ↑0 ↓0
プレハブ建築などを手掛けるスペースバリューホールディングスは11日、不適切会計に関する第三者委員会の調査結果を公表した。マレーシア子会社での不適切 ...
2019/04/11 21:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  スペースバリュー、決算発表を延期  ↑0 ↓0
プレハブ建築などを手掛けるスペースバリューホールディングスは12日、同日に予定されていた2018年4~12月期連結決算の発表を延期した。マレーシアにある ...
2019/02/12 18:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  株買い支え政府系ファンド、不調株を売却へ  ↑0 ↓0
株式買い支えを目的とするマレーシア政府系ファンドのバリューキャップが、収益性が悪く上昇率も低い不調株の放出を決めたもようだ。15日付マレーシアン・ ...
2018/10/16 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  香港系ファンドのバリュー、KLに法人設置  ↑0 ↓0
香港系の投資ファンド、バリュー・パートナーズ(恵理集団)は8日、クアラルンプール(KL)にマレーシア法人を開設した。同ファンドの東南アジアのハブ機能を ...
2018/10/10 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
Reuters  為替水準、1ドル3.8リンギが適正 マハティール首相=通信社  ↑0 ↓0
クアラルンプール 22日 ロイター] - マレーシアのマハティール首相は、為替水準について現在値より5%高い1ドル=3.8リンギがフェアバリューとの見方を示した ...
2018/06/22 16:25 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  PNB、低価格住宅事業に参入  ↑0 ↓0
マレーシア政府系投資会社のプルモダラン・ナショナル(PNB)が、低価格住宅建設事業に参入した。政府の低価格住宅供給拡大計画に沿ったもので、2022年までに5,000戸を建設する計画だ。18日付スターが伝えた。 PNBは子会社のPNBバリュー・ホームズを通じて同事業に参入。… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/04/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  バリュー、電子送金でバングラ人の利用狙う  ↑0 ↓0
マレーシアのフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)企業バリュー(Valyou)は、今月中にも携帯電話端末による電子決済サービスを開始する。バングラデシュの同業や銀行と提携し、当面はマレーシアで働くバングラデシュ人労働者をターゲットに据え、母国への送金需要… 関連国・地域: マレーシア/バングラデシュ.
2018/03/26 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  先進国入りには構造改革が必要、国際競争力が低下  ↑0 ↓0
【クアラルンプール】香港を拠点に資産運用会社バリュー・パートナーズ・グループの会長として20年余り経営の一線で活躍するペナン出身のチア・チェンヒエ氏は、マレーシアは潜在性が豊富な国だが、先進国になるには構造改革が必要との見解を示した。 マレーシアは国際競争力を失いつつあり、中所得国に甘んじている可能性 ...
2018/02/13 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  バリューキャップの投資、上場28社に拡大  ↑0 ↓0
株式買い支えを目的とするマレーシア政府系ファンドのバリューキャップが現時点で、マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)に上場する28銘柄に投資していることが分かった。19日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 今年5月時点の投資対象は16銘柄だったが、下期に拡大して… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2017/12/19 12:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
the-miyanichi.co.jp  再生可能エネルギー投資プラットフォームVortex、365メガワット(MW)の太陽光発電ポートフォリオのうち ...  ↑0 ↓0
TNBはマレーシア最大の公益事業会社のひとつとして主に発電、送電、および配電を行い、2015会計年度の設置済み容量は約12 GWに達しています。TNBは多様な発電方法(石炭、ガス、および水力を含む)に加え、電力のバリューチェーン(価値連鎖)全体にわたる強力な総合的ビジネスモデルを有しています。TNBは ...
2017/12/18 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ma-times.jp  バリューデザイン、東南アジア決済サービスでティーガイアと合弁事業開始  ↑0 ↓0
シンガポール、及びマレーシアは、近年著しい経済発展を遂げ東南アジア各国の個人消費は年々増加している。これに伴い、バリューデザインのハウスカード ...
2017/07/20 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 バリュー 東南アジア デザイン カード ハウス サービス Tweet
asiax.biz  格安航空会社8社が同盟、SIA子会社や日本のバニラエアなど  ↑0 ↓0
アジアを拠点とする競合する格安航空8社が同盟「バリュー・アライアンス」を結成した。国境を超えた格安航空会社の同盟は初めて。乗り入れ先の合計はアジア太平洋地域で160都市になる。
2016/05/18 08:03 da:37 facebook:1 twitter:0 アジア 乗り入れ アライアンス バリュー 子会社 バニラ Tweet
mys-news.asia  他社比較手ごろにiPhone 6sを提供 Uモバイルの「Uパッケージ」プラン  ↑0 ↓0
マレーシアの大手電子通信会社のUモバイルが、iPhone 6sをより手ごろに入手できるポストペイド・プラン、Uパッケージの提供を開始したと、3月7日のプレスリリースにて発表。24か月契約でiPhone 6sの本体代金を分割で支払うプランであるが、無利子で他社比でも月額料金98リンギットとお手ごろになっており、プラン基本代金と合計しても他社を圧倒する。更にデータ通信量に関しては、業界でも大容量の月7GBを提供。無料通話も無制限で利用できることが利点の一つといえる。全て込みの価格で業界最安値188リンギット 他社から乗り換えでMNPも可能に業界でみてもベストバリュー・サービスを提供しているUモバイル。iPhone 6s本体分割代金の98リンギット及びプラン月額料金90リンギット、全て込みの月額188リンギットで利用できるUパッケージも、業界最安値の一つとなっている。また他社から乗り換える人は、既に所有している電話番号を引き継げるいわゆるマイナンバーポータビリティ(MNP)で、iPhone 6sを手に入れることができることも明らかになっている。外部リンクU Mobile プレスリリースhtt もっと見る
2016/03/09 22:18 da:13 facebook:6 twitter:0 プラン 手ごろ パッケージ モバイル プレス Tweet

Indonesia

traicy.com  エアアジア、航空券が全便最大70%割引となるスペシャルセール開催  ↑0 ↓0
バリューパック、プレミアムフレックスなどのパッケージやエアアジア・ジャパン、インドネシア・エアアジアのインドネシア国内便は対象外となる。搭乗期間は10月1 ...
2019/04/22 12:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
dreamnews.jp  【ABIリサーチ調査報告】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア ...  ↑0 ↓0
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【PT:アプリケーション分析レポート】東南アジアのスマートシティのパイオニア:シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ王国、ベトナム」は、いくつかの主要企業、主要なイニシアチブ、バリューチェーンのさまざまな企業への提言を取り上げ、東南アジアのスマートシティを概観して ...
2018/02/08 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  電通、インドネシアのデジタルマーケティング会社買収  ↑0 ↓0
【インドネシア】電通は5日、インドネシアのデジタルマーケティング会社バリュークリックの全株式を取得すると発表した。 バリュー ... 電通は買収後、バリュークリックを電通グループのグローバルネットワーク・ブランドの1つでデジタルパフォーマンス領域に強みを持つアイプロスペクトのインドネシア拠点と合併させ、社名を「アイ ...
2017/12/06 23:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  電通<4324>、インドネシアのPT Valuklikの全株式取得  ↑0 ↓0
電通<4324>の海外本社である電通イージス・ネットワークは、インドネシアのPT Valuklik(ジャカルタ市、バリュークリック社)の全株式を取得することについて、同社株主と合意した。 バリュークリック社は、インドネシア大手のデジタルパフォーマンスマーケティング会社。SEM、SEO、ソーシャルメディア、運用型広告等の領域を ...
2017/12/06 08:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabushiki.jp  電通、インドネシアの大手デジタルパフォーマンスマーケティング会社を完全子会社化|株式新聞Web無料版  ↑0 ↓0
電通<4324.T>が5日、インドネシアの大手デジタルパフォーマンスマーケティング「バリュークリック社」を完全子会社化すると発表した。 バリュークリック社は、SEM(検索エンジンマーケティング)、SEO(検索エンジン最適化)、ソーシャルメディア、運用型広告などの領域を扱っており、Googleのプレミア・パートナーであるほか、 ...
2017/12/06 08:12 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nihon-ma.co.jp  (4324)、インドネシアのデジタルパフォーマンスマーケティング会社PT Valuklikの全株式取得|日本M&A ...  ↑0 ↓0
電通は、バリュークリック社をiProspectのインドネシア拠点と合併させ、社名の呼称をiProspect Valuklikに改称する。またバリュークリック社のブランドで、デジタル分析に強みを持ち、Goolgeアナリティクスのインドネシアにおける最大の認定パートナーの一つであるPinnacleをiProspectと合併させ、iProspect Pinnacleに改称 ...
2017/12/05 18:01 da:- facebook:- twitter:- Tweet
strike.co.jp  電通<4324>、インドネシアのデジタルマーケティング会社を子会社化  ↑0 ↓0
電通の海外本社である電通イージス・ネットワークは、大手デジタルパフォーマンスマーケティング会社のPT Valuklik(インドネシア)の株式100%を取得し子会社化 ... バリュークリック社は、SEM、SEO、ソーシャルメディア、運用型広告などの領域を扱っており、インドネシア内外のプラットフォーム事業者など多数のネット企業と ...
2017/12/05 17:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  電通がIT企業買収、既存拠点と合併へ  ↑0 ↓0
電通の海外事業を統括する電通イージス・ネットワーク(ロンドン)は5日、インドネシアのマーケティング関連IT企業バリュークリックを完全買収した。買収後は、バリュークリックを電通グループ傘下でデジタルパフォーマンス分野に強みを持つアイプロスペクトのインドネシア法人… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: IT・ ...
2017/12/05 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  インドネシアの大手デジタルマーケティング会社「バリュークリック社」の株式100%取得で合意  ↑0 ↓0
株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、インドネシアの ...
2017/12/05 12:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
prw.kyodonews.jp  インドネシアの大手デジタルマーケティング会社「バリュークリック社」の株式100%取得で合意  ↑0 ↓0
株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、インドネシアの大手デジタルパフォーマンスマーケティング会社「PT Valuklik」(本社:ジャカルタ市、CEO:Rahul Nambiar、以下「バリュークリック社」)の株式100%を取得すること ...
2017/12/05 12:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.livedoor.com  中国が米国を上回り世界一の製造大国に、インドネシアも10強入り  ↑0 ↓0
ランキングでは中国が世界一の製造大国になっているが、それ以外にインドネシアがロシアや英国を上回る位置づけとして製造10強入りしている。国連工業開発機関(UNIDO)の首席分析官・Shyam Upadhyaya氏は、インドネシアが前年の12位から10位に格上げされたことについて、「世界経済が減速する中にあっても生産状態を維持して国内需要を満たしたことに基づいた」と話している。インドネシア工業省の統計では、製造業の国内総生産(GDP)への貢献率は18%。2014年に当選したジョコ・ウィドド大統領は生産効率の向上や財政支援によって国内工業の成長を促す政策を続けている。アジア開発銀行(ADB)インドネシア事務所のスティーブン・タボール所長は、インドネシアでは目下、インフラの充実化が図られ、規制緩和も進められているほか、生産品質の向上によって自国に原材料が豊富な下流加工業をグレードアップさせることで、世界的なバリューチェーンに欠かせない存在になる可能性もあると話している。(翻訳・編集/岡田) もっと見る
2016/04/25 22:15 da:88 facebook:0 twitter:0 世界一 位置づけ ロシア ランキング それ以外 Tweet

Cambodia

nna.jp  アジア開銀、農業改革へ7千万ドル支援用意  ↑0 ↓0
アジア開発銀行(ADB)は、カンボジアで2021~27年に実施する「農業バリューチェーン(価値連鎖)・インフラ改善プロジェクト」に、7,000万米ドル(約77億4,400 ...
2019/02/26 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
lnews.jp  郵船ロジ/王立カンボジア農業大学で食品サプライチェーンの講義  ↑0 ↓0
郵船ロジスティクスは6月19日、日・ASEAN食産業人材育成官民共同プロジェクトの一環として、王立カンボジア農業大学で開催されたフードバリューチェーン ...
2018/06/19 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  産業の多様化が継続的経済成長の鍵 カンボジア[経済]  ↑0 ↓0
経済学者達は先週行われたカンボジア経済財政省との会談で、「カンボジアが現在の経済成長を維持するためには、地方のバリューチェーンをあげ、衣服産業以外の ... 一方で、カンボジアは国内市場規模が小さいため、国外情勢の影響を受けやすい点を指摘し、「米国による金融政策、投資の誘致、民間セクターの資金不足、 ...
2018/02/27 13:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
data-max.co.jp  急成長も社会はまだ発展途上 カンボジアはどう発展するか(後)  ↑0 ↓0
アジア開発銀行の報告書によると、輸出の多様化、観光業と建設業における成長、そして外国からの支援に立脚した財政政策が協力に推進するかたちで、カンボジアの経済は堅調なペースで拡大を遂げるとしている。 カンボジア担当のADBカントリーダイレクターは、「農業分野におけるバリューチェーンの発展と生産性の向上、 ...
2018/02/01 06:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  バリューチェーン構築で経済安定、世銀  ↑0 ↓0
世界銀行は、カンボジア製造業のバリューチェーン(価値連鎖)構築が進んでいると評価している。2017年の同国の経済成長率は前年比でやや減速するものの、中期的な見通しは明るいとも予測している。 世銀は22日発表… 関連国・地域: カンボジア. 関連業種: 経済一般・統計/製造一般/観光・娯楽. この記事は該当の ...
2017/11/24 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
lnews.jp  郵船ロジ/王立カンボジア農業大学で食品物流を講義  ↑0 ↓0
郵船ロジスティクスは7月21日、日・ASEAN食産業人材育成官民共同プロジェクトの一環として、王立カンボジア農業大学で開催されたフードバリューチェーン ...
2017/07/22 00:22 da:- facebook:0 twitter:0 チェーン バリュー フード プロジェクト Tweet
logi-today.com  郵船ロジ、カンボジア農業大学で「食品物流」講義  ↑0 ↓0
ロジスティクス郵船ロジスティクスは21日、日・ASEAN食産業人材育成官民共同プロジェクトの一環として、王立カンボジア農業大学で開催されたフードバリュー ...
2017/07/21 14:37 da:- facebook:0 twitter:0 バリュー プロジェクト フード Tweet
business-partners.asia  カンボジアは国際的なバリューチェンになれない カンボジア国立銀行主催会議[経済]  ↑0 ↓0
カンボジアが国際的なバリューチェーンを目指すなら、中小企業の包括的な発展を促し、煩雑な輸送コストを削減する国内の物流プラットフォームを開発するなど、 ...