0.94637799263

Vietnam

出島  ベトナムで独立記念日 3日間のスーパーの売上が増加  ↑0 ↓0
ベトナムで独立記念日 3日間のスーパーの売上が増加. ベトナムで独立記念日 3日間のスーパーの売上が増加. ホーチミンのスーパーマーケットやショッピング ...
nna.jp  連休中の小売り活況、HCM市スーパーなど  ↑0 ↓0
今月の1~3日の連休中、ホーチミン市内のスーパーマーケットやショッピングモールなど小売り大手各社は、軒並み活況を呈したようだ。ベトナム・ニュース(VNS) ...
sankeibiz.jp  イオン、ベトナムで「FIVIMART」との業務提携解消 事業戦略で方向性の違い鮮明  ↑0 ↓0
イオンは31日、ベトナム・ハノイ市でスーパーマーケット事業を展開する「FIVIMART」との資本・業務提携を解消したと発表した。 イオンは2014年に、FIVIMART ...
2018/09/01 05:48 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ハノイ スーパーマーケット Tweet
sankeibiz.jp  日用消費財市場年5%成長 ベトナム、小売り参入相次ぐ  ↑0 ↓0
2018.8.30 05:31. 中部ダナンのスーパーマーケット。ベトナムの日用消費財市場の年間成長率は今年約5%になる見通しだ(ブルームバーグ). Tweet.
nna.jp  小売りハプロ、輸出が事業の柱に  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)がこのほど公表した上半期(1~6月)決算によれば、輸出が前年同期比で43%拡大 ...
2018/07/12 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ 小売り スーパーマーケット このほど 上半期 Tweet
nna.jp  ロッテマート、韓国中小の商品売場を開設  ↑0 ↓0
韓国のスーパーマーケット大手ロッテマートは8日、ホーチミン市のゴーバップ店に韓国釜山市の中小企業の商品を取り扱う売り場を開設したと明らかにした。
nna.jp  地場2社、小売りハプロの株式33%取得  ↑0 ↓0
ベトナムの企業2社が、ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)の株式約33%を取得していたことが18日までに分かった。
2018/06/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- ハノイ 小売り スーパーマーケット Tweet
出島  ベトナム小売店 「スーパーマーケット」を名乗るには条件が必要に?  ↑0 ↓0
ベトナムの商工省(MOIT)が、流通部門の開発と管理に関する政令草案を作成中である。それによれば、小売店舗が「スーパーマーケット」または「ショッピング ...
2018/06/12 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 小売店 スーパーマーケット 商工省 ショッピング Tweet
ryukyushimpo.jp  ベトナムに「きれい」伝授 美容師の上地武さん  ↑0 ↓0
ベトナムの女性に「きれい」を届けたい―。那覇市の美容師、上地武さん(48)が今月中旬、ベトナム南部のホーチミン市を訪れ、現地の美容師にパーマやカットなど ...
2018/05/26 04:52 da:- facebook:0 twitter:0 きれい ホーチミン パーマ カット Tweet
nna.jp  タイに農産物輸出、小売りビッグCで販売  ↑0 ↓0
タイの財閥TCCグループ傘下で卸売スーパーマーケットを展開するMMメガマーケット・ベトナムはこのほど、タイにベトナム産農産物100トン余りを輸出した。
毎日新聞  ベトナム国籍の2容疑者を逮捕 韮崎 /山梨  ↑0 ↓0
韮崎市のスーパーマーケットであった事後強盗事件で、県警捜査1課などは17日、ベトナム国籍で住居不定、自称土木作業員のズーン・バン・コン容疑者(27)を ...
2018/05/19 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 容疑者 スーパーマーケット 作業員 Tweet
nna.jp  コンビニ「チアーズ」、HCM市に3号店  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)とシンガポールのスーパーマーケット大手NTUCフェアプライスは10日、ホーチミン市に ...
nna.jp  ハプロ、UPCoMに登録  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)が5月4日、未上場株式を取り扱う公式店頭市場「UPCoM」に7,544万株を登録する。4月26日付ダウトゥ電子版が報じた。 銘柄コードはHTM。初日の参照価格は1株1万2,900ドン(57米セント、約62… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・ ...
2018/05/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- ハノイ スーパーマーケット コード セント Tweet
sankeibiz.jp  越ハノイ市、電子決済インフラ本格整備 消費者6割利用に対応  ↑0 ↓0
ベトナムのハノイ市人民委員会は、電子決済化を本格的に推進する計画を発表した。2020年までに、主要なスーパーマーケットや飲食店で現金以外の支払いを可能とするため、クレジットカード読み取り機などの普及促進を図る。国営ベトナム・ニューズが報じた。 計画では、ハノイ市内の電力会社や通信事業者に対して、 ...
jinjibu.jp  技能実習生の受入れ数拡大 サミット  ↑0 ↓0
東京都を中心にスーパーマーケットチェーンを展開しているサミット(株)(東京都杉並区、竹野浩樹代表取締役社長)は今年度、技能実習制度の活用をさらに広げる。すでにベトナム人55人を、鮮魚・惣菜・ベーカリー部門のバックヤードで雇用しているが、今年度新たに81人を採用する予定。生鮮食品の加工センターにおいて精肉 ...
rodo.co.jp  技能実習生の受入れ数拡大 サミット  ↑0 ↓0
東京都を中心にスーパーマーケットチェーンを展開しているサミット㈱(東京都杉並区、竹野浩樹代表取締役社長)は今年度、技能実習制度の活用をさらに広げる。すでにベトナム人55人を、鮮魚・惣菜・ベーカリー部門のバックヤードで雇用しているが、今年度新たに81人を採用する予定。生鮮食品の加工センターにおいて精肉 ...
nna.jp  セントラル、越小売事業に新ブランド  ↑0 ↓0
タイの流通大手セントラル・グループは、ベトナムで展開している小売事業に新ブランド「ゴー(GO)」を導入する計画だ。2日付ポストトゥデーが報じた。 セントラル・グループのベトナム法人の担当者によると、全国35カ所で展開しているハイパーマーケット(大型小売店)「ビッ… 関連国・地域: タイ/ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
2018/04/03 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 セントラル ブランド グループ ポスト トゥデー 担当者 Tweet
nna.jp  小売りハプロ、IPOで株式34.5%売却  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)が3月30日、新規株式公開(IPO)を実施し、1兆ドン(4,400万米ドル、約46億8,000万円)近い収益を得た。3月30日付ダウトゥ電子版などが報じた。 IPOはハノイ証券取引所(HNX)で行われ、資… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険/ ...
日本経済新聞  タカラベルモント、ベトナム頭髪化粧品大手を買収  ↑0 ↓0
美容室向け設備メーカーのタカラベルモント(大阪市)は12日、ベトナムの頭髪化粧品メーカー、グーアーチャウ(ホーチミン市)を買収したと発表した。業務用パーマ剤などを手がけるベトナム最大手で、買収額は約9億円。髪形をおしゃれに工夫する人が増えている東南アジアの事業拠点にする。 タカラベルモントがグループ会社と ...
nna.jp  美容品のタカラベルモント、地場を買収  ↑0 ↓0
美容室や歯科向け設備の製造・販売を手掛けるタカラベルモント(大阪市)は12日、ベトナムで業務用のパーマ剤やシャンプー、ヘアカラーなどの製造・販売を手掛けるグーアーチャウを買収したと発表した。投資額は9億円。 グーアーチャウはホーチミン市に本拠を置き、ベトナムで「KANAC」ブランドを展開する。自社工場を ...
日本経済新聞  タカラベルモント、ベトナム頭髪化粧品大手 買収 東南アジアを強化  ↑0 ↓0
美容室向け設備メーカーのタカラベルモント(大阪市)はこのほどベトナムの頭髪化粧品メーカー、グーアーチャウ(ホーチミン市)を買収した。業務用パーマ剤などを手がけるベトナム最大手といい、買収額は約9億円。髪形をおしゃれに工夫する人が増えている東南アジアの事業拠点にする。 タカラベルモントがグループ会社と ...
nna.jp  国営小売りハプロ、3月30日にIPO  ↑0 ↓0
ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開する国営ハノイ商業総公社(ハプロ)は3月30日にハノイ証券取引所(HNX)で新規株式公開(IPO)を実施する。19日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が報じた。 株式の34.51%に相当する7,593万株を公開する。売… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・保険/ ...
nna.jp  韓国ロッテマート、小型スーパー出店を計画  ↑0 ↓0
韓国のスーパー大手、ロッテマートは今後、ベトナムで都市型小型スーパーマーケットの運営に注力していく方針だ。同社のカン・ミンホ代表が明らかにした。 6日付ニューデイリーによると、こうした判断の背景には、同社が既にベトナムの大型スーパー市場が飽和状態に達したと判断… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
nna.jp  サイゴンコープとシンガ企業、スーパー開設  ↑0 ↓0
ベトナムの小売り大手ホーチミン市商業合作連合(サイゴンコープ)はこのほど、シンガポールの同業NTUCフェアプライスと合弁で、ホーチミン市にハイパーマーケット「コープ・エクストラ」をオープンした。国内3店舗となる。国営ベトナム通信(VNA)が27日に伝えた。 同店… 関連国・地域: ベトナム/シンガポール. 関連業種: ...
2018/01/30 00:07 da:- facebook:- twitter:- コープ サイゴン ホーチミン 小売り このほど フェア Tweet
nna.jp  《日系進出》オカムラ食品がすしネタ工場  ↑2 ↓0
ティラワ特区のゾーンBに立地、年産能力は1,822トン。サーモンを中心に、すしネタの需要拡大が見込まれるアジアなどに販売する。 オカムラトレーディングはデンマークでサーモンを養殖するほか、ベトナムですしネタ生産を委託し、日本の商社やスーパーマーケットに販売している。ベトナムの人件費上昇への対応やリスク分散 ...
NHKニュース  日本で働く外国人労働者127万人余 過去最多に  ↑0 ↓0
国別では中国人が最も多く37万2000人、次いでベトナム人が24万人、フィリピン人が14万6000人などで、特にベトナム人はおととしと比べて40%近く増えました。 産業別では「製造業」が38万5000人、清掃などの「サービス業」が18万9000人、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの「卸売業、小売業」が16 ...
2018/01/27 04:30 da:- facebook:0 twitter:0 外国人 労働者 中国人 おととし 産業別 製造業 Tweet
nna.jp  ヌティフード、粉ミルクを米国へ輸出  ↑0 ↓0
ベトナムの乳製品大手ヌティフードは18日、米デロリ食品と乳製品の輸出契約を締結した。輸出するのは食欲不振の子ども向け粉ミルク「ペディアプラス」で、カリフォルニア州のスーパーマーケット約300店舗で販売される予定だ。18日付VNエクスプレスが報じた。 計画によれば、初年… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
nna.jp  ビンマート、20年までに200店を目標  ↑0 ↓0
ベトナムのコングロマリット(複合企業)、ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下で小売りチェーンを運営するビンコマースは、2020年までにスーパーマーケット「ビンマート」の店舗数を200店にする目標を明らかにした。16日付ダウトゥ電子版などが報じた。 同社は昨年末の時点… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
lnews.jp  双日プラネット/ベトナムで包装資材製造事業に参入、南部に工場新設  ↑0 ↓0
RLP社は双日プラネットの出資を受けてベトナム南部のロンアン省に工場を新設、各種フィルムの印刷やラミネート・製袋加工による包装資材の製造、合成皮革とそれらを使った加工品など幅広い製品の製造を実施する。工場の総投資額は約36億円、稼働は今年3月を見込んでいる。 近年、ベトナムではスーパーマーケットや ...
newsclip.be  双日プラネット、ベトナムで包装資材製造事業参入  ↑0 ↓0
【ベトナム】合成樹脂商社の双日プラネット(東京都千代田区)は16日、ベトナムの大手合成樹脂加工メーカー、ランドン・プラスティックの子会社ランドン・ロンアン・ ... ベトナムでは近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売り業態が発達しつつあり、食品用途の包装資材市場は毎年約 10―15%拡大している。
thaich.net  地下鉄ペッブリー駅に出来た「メトロモール」にはどんなお店がある?  ↑0 ↓0
オープン前ですがベトナム料理の「ベトナムエキスプレス」。 こちらもオープン前の「オチャヤ」。つまりお茶屋です。 これもオープン前のラーメン専門店「ラーメンボーイ」。どんなラーメンが食べられるのでしょうか。 こちらもオープン前のパン屋さん「ブレッドトーク」。 そしてスーパーマーケットもオープン。ザ・モールグループの「グルメ ...
2018/01/16 06:11 da:- facebook:0 twitter:0 オープン ラーメン モール こちら 地下鉄 メトロ Tweet
nna.jp  ハノイで商業施設オープン、集合住宅地に  ↑0 ↓0
ハノイ市南トゥーリエム区トーヒュー通りの高層集合住宅「エコライフ・キャピトル」内に23日、同名の商業施設がオープンした。ダウトゥ電子版が報じた。 施設は5階建てで、床面積1万平方メートル近く。スーパーマーケットやレストラン、娯楽施設、フィットネスクラブなどが入居… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
nna.jp  卸売MMメガマーケット、ハノイに新装開店  ↑0 ↓0
ベトナムで卸売スーパーマーケットを展開するMMメガマーケット・ベトナムが13日、ハノイに「MMメガ・マーケット・タンロン」をリニューアルオープンした。13日付ダウトゥ電子版が報じた。 MMメガマーケットは、タイの財閥大手TCCグループが卸売スーパー「メトロ・キャッ… 関連国・地域: タイ/ベトナム. 関連業種: 商業・サービス.
nna.jp  ハプロ株式化案が承認、国は完全撤退  ↑0 ↓0
ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相がこのほど、ハノイを中心にスーパーマーケットなどを展開するハノイ商業総公社(ハプロ)の株式化案を承認した。国の資金は全て引き揚げる。4日付トイバオキンテー電子版などが報じた。 これによれば、資本金を2兆2,000億ドン(9,680万米… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 金融・ ...
2017/12/07 00:16 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ 副首相 このほど スーパーマーケット 資本金 Tweet
nna.jp  韓国のコメ加工食品展、ベトナムで初開催  ↑0 ↓0
韓国コメ加工食品協会は、ベトナムでコメ加工食品の販促イベントを開催した。同協会による販促イベントが海外で行われるのは、2016年の台湾に続くもので、ベトナムでは初めて。 イベントは11月の1カ月間、ホーチミン市にある韓国のスーパーマーケット大手ロッテマートや韓国系食… 関連国・地域: 韓国/ベトナム.
nna.jp  〔徒然サイゴン〕買い物客でにぎわう…  ↑0 ↓0
買い物客でにぎわう週末のスーパーマーケット。レジに並んでいると、両手に商品を抱えた女性がすっと列に割り込んだ。すぐ後ろの若い女性は、呆気にとられて ...
2017/10/31 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 買い物 サイゴン スーパーマーケット Tweet
jrt.co.jp  ベトナム人ら不法就労させ 日本人2人逮捕  ↑0 ↓0
日本で働く資格のないベトナム人の男女らを都内のスーパーマーケットで働かせていたとして、日本人の男2人が逮捕された。 警視庁によると、逮捕された団体 ...
2017/10/18 17:18 da:- facebook:- twitter:- 日本人 スーパーマーケット 警視庁 Tweet
news24.jp  ベトナム人ら不法就労させ 日本人2人逮捕(東京都)  ↑0 ↓0
日本で働く資格のないベトナム人の男女らを都内のスーパーマーケットで働かせていたとして、日本人の男2人が逮捕された。 警視庁によると、逮捕された団体 ...
2017/10/18 17:03 da:- facebook:- twitter:- 日本人 東京都 スーパーマーケット 警視庁 Tweet
news.tbs.co.jp  ベトナム人を不法就労させていた疑い、社団法人役員ら2人逮捕  ↑0 ↓0
東京・墨田区のスーパーマーケットでベトナム人5人を不法就労させていたとして、社団法人役員、鈴木則幸容疑者ら2人が警視庁に逮捕されました。 社団法人は ...
2017/10/18 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 社団法人 スーパーマーケット 容疑者 警視庁 Tweet
nna.jp  韓国Eマート、PBメーカーと輸出拡大狙う  ↑0 ↓0
スーパーマーケットを展開する韓国の小売り大手Eマートが、プライベートブランド(PB)製品メーカーと共にベトナムを訪問している。9日付聯合ニュースなどが伝え ...
getnews.jp  東南アジア6か国11都市の旅をおえて、ハネムーン世界一周中の嫁にインタビューしてみた  ↑0 ↓0
どこも良かったですが、あえて言うならベトナムのハノイですね。スーパーマーケットやレストランが沢山あり、生活必需品は揃えられるし、ご飯を食べるのも困ら ...
nna.jp  農産物スーパーUCA、ハノイで2店開店  ↑0 ↓0
ベトナム安全農産物販売合作社連盟(UCA)はこのほど、安全な野菜や果物を販売するスーパーマーケットチェーン「UCAマート」を、ハノイで2店オープンした。
アパレル・リソース  流通業者とのグローバルな結びつきを展開  ↑0 ↓0
ベトナム商工省は国外の大手流通業者と引き続き提携を結び、ベトナム製品の輸出を促進していく予定である。 同省の欧州市場部は、諸外国の消費者にベトナム企業の商品をダイレクトに届ける新しい輸出チャンネルの開発を行うべく、「ベトナム企業の外国流通システムへの直接参加を2020年までに展開」するプログラムの導入に関する会合を5月26日に開催した。 Dang Hoang Hai部長によると、同省はCasino(フランス)、Metro Cash & Carry(ドイツ)、Makro(チェコ)、Coopイタリア、Conad(イタリア)と協調し、質の高いベトナム製品を欧州のスーパーマーケットに売り込み、ベトナム企業と流通チェーンを結びつける「ベトナム製品ウィーク」を開催したと言う。 2011年以降、およそ10の「ベトナム製品ウィーク」イベントがヨーロッパやアジアで開催され、ベトナム企業の外国流通チェーンを通じた輸出をサポートし、仲介料をカットし、高い価値をもたらしていると同氏は述べた。 セントラルグループ・ベトナムのTran Thanh Hai副社長によると、スーパーマーケットチェーンのBig Cは近年、数千万米ドル(数十億円)に及ぶベトナム製品をヨーロッパ市場向に積極的に採用したと言う。 セントラルグループがBig Cを買収した後、セントラルグループ・ベトナムとBig Cは、ベトナム製品を国外市場に販促し、採用される様、様々なプログラムを実施した。 両社は省庁と協力し、手工芸品や繊維・縫製品、さらにはライチ、ドラゴンフルーツ、スウィートポテトなどの農産物と言った、より多くのベトナム製品がタイヤその他ASEANに諸国輸出される様、7月末にはタイにて第二回ベトナム製品ウィークを開催した。 イオンベトナムの西峠泰男社長は、ベトナムのサプライヤーは常に商品の品質を改善しており、同社には1675品目が納品されていると言う。 イオンは、日本を含めた1万4000店舗で積極的にベトナム製品を輸出している。 最も人気があるのはチャー(魚)、繊維・縫製製品、履物製品である。 昨年イオンはベトナムから2億米ドル規模の商品を輸出しており、そのうちチャーが占める割合は9000万ドルであった。 しかしながら、近代的流通チャンネルでの販売には安定した品質を確保する必要があるため、ベトナム企業が外国の流通システムにアクセスするにはまだ困難が続くとセミナーの代表者は述べた。 Auchanのベトナム店舗の食料品市場マネージャーであるAlbin Bertand氏によると、消費者は商品価格と品質を優先すると言う。 ベトナムの生産者は品質保証へのフォーカスに加え、潜在市場のトレンドを調査し、各市場にあった戦略を練る必要があると同氏は述べた。 ベトナム製品品質事業組合のVu Kim Hanh会長によると、ベトナム製品が近代的流通チャンネルに入り込むのに重要な点は、品質と原産地証明であると言う。 ベトナム政府は2015年、ベトナム企業の外国流通ネットワークへの直接参加を補助する計画を承認した。 この計画では、ベトナムと自由貿易協定を締結しているヨーロッパ、北米、東南アジア、北東アジアなどの国々の主要流通システムにおける、ベトナム製品の直接販売の保証を目的としている。   もっと見る
アパレル・リソース  小売産業が大きな節目  ↑0 ↓0
専門家によると、ベトナムの小売産業は大きな節目を迎えていると言う。 5月10日、ホーチミン市で開催された小売産業の展望に関するセミナーにおいて、ニールセン・ベトナムの代表Pham Thanh Cong氏は、顧客の多様なニーズを満たすべく常に最新のイノベーションを保つ必要があるなど、あらゆるものがつながるデジタル時代の中、小売産業では革命的とも言える変化が起こっていると述べた。 また他の演者によると、顧客は様々なルートを通じてビジネスに関わるため、一つのルートの成長に頼りきっている今日の環境は持続不可能であると言う。 以前、商品の購入窓口は実店舗のみであったが、今は実店舗にとどまらず、オンラインウェブサイトや携帯アプリ、ソーシャルメディアを通じて顧客は企業と関わりを持っている。 ベトナムで運営するシンガポール系のITソリューション企業、Abeo社のDavid Tan社長によると、ベトナムにおける昨年の小売販売は、対前年比10%増となる1180億米ドルであったと言う。 A.T.カーニー社による世界の小売市場ランキングで上位30カ国にランクインしたベトナムでは、小売市場での買収合併が急増し、市場での競争が促されている。 資本金に加え、海外小売業者は先進国で採用されているベストプラクティスを産業にもたらすとTan氏は言う。 小売のベストプラクティスが企業の運営に取り入られ、ERP(企業資源計画)システムやその他のシステムによってコントロールされるようになる。 激化する競争環境の中、消費者行動を理解することで需要を素早く満たし、カスタマーサービスを向上させることが、顧客のロイヤルティを獲得する鍵となるとTan氏は述べた。 商品管理ソリューションSAP S/4HANA Retailなどのテクノロジーソリューションズの利用は、小売業者が競争力を高めるのに役立つ。 SAP S/4HANA Retailは、在庫追跡やリアルタイムの倉庫管理のプロセスを自動化し、顧客理解を深め、顧客のニーズを予測し、顧客のショッピング体験に刺激を与えるとTan氏は述べた。 またビッグデータのソリューションは、既存商品の売り上げ拡大や、商品サイクルのスピードアップ、サービス向上・操業コストの削減の新しいビジネスモデルなど、様々なチャンスをビジネスにもたらす。 商工省によると、スーパーマーケット(724店舗)、ショッピングモール(123店)、コンビニエンスストア(多数)などの近代的な小売業が、昨年の市場の25%を占めたと言う。 日用消費財(FMCG)部門は昨年、6.5%の成長を見せている。   もっと見る
出島  イオン、ベトナムに食品スーパーを500店舗開業予定  ↑0 ↓0
イオン、ベトナムに食品スーパーを500店舗開業予定 ... スーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。
2017/05/12 10:41 da:- facebook:0 twitter:0 イオン スーパー チェーン スーパーマーケット Tweet
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
manila-shimbun.com  ベトナムで成長余地大きいコンビニ  ↑0 ↓0
ニュースサイトのベトナムネットによると、小売業でコンビニエンスストアがスーパーマーケットなどの業態を大幅に上回る成長率を示している。調査会社ニールセン ...
アパレル・リソース  外資系小売業者にとってコンビニエンスストア事業が魅力的なビジネスに成長  ↑0 ↓0
外資系小売業者の投資意欲は当面衰えを知らず、ベトナムのコンビニエンスストア事業参入にも触手を伸ばそうとしている。 Seven System Vietnam JSC社はセブンイレブンのフランチャイズ加盟業者であるが、自社ウェブサイトに採用情報の掲載を開始し、このコンビニエンスストア・チェーン大手が間もなくベトナムで最初となる店舗を立ち上げようとしていることが明示された。 ベトナム市場に早期に参入した企業はまだ利益をあげていない中で、このセブンイレブンの参入が競争をさらに激化させることになるだろう、と市場関係者は確信している。 3〜4年前は、ベトナムの大半の消費者が雑貨を買いに行くのに長距離をバイクに乗って行くという長年の習慣を変えないだろうとし、この国でのコンビニエンスストア事業の成功に多くの疑念が示されていた。さらに、昔ながらの小規模な家族経営の食料雑貨品店も広く親しまれている。 しかしホーチミン市やハノイでは近年、ファミリーマート、ミニストップ、B's Mart、Circle K、Shop&Goなどの大手外資系ブランドの人気が高まり、コンビニエンスストア事業は堅調に成長を遂げてきた。 ある業界関係者は、ベトナムの市場規模はまだ小さいものの、各社ではベトナムの2大都市であるホーチミン市とハノイにおいて自社の存在感とブランド認知度を高めるために、投資を増やすことを計画しているとした。 例えば日本資本のコンビニチェーンであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムに200店舗以上を開業し、チェーン拡大を進めている。ミニストップはベトナムに800店舗を展開する見通しとしており、一方のファミリーマートは2020年までに800〜1,000店舗開店の目標を示している。 セブンイレブンはまだ市場に参入していないものの、3年以内に100店舗の開店を目標としており、さらに今後10年間で1,000店舗にまで増加させるという。 実際のところコンビニエンスストアのビジネスモデルは、ある特定グループの人々の手軽な買物需要を満たしている。一方でコンビニエンスストアは、スーパーマーケットや昔ながらの小売店より価格が高いため、その競争力は劣っている。 専門家によると、コンビニエンスストア・チェーンが収益性を確保するには店舗数の拡大が必要であり、各社では最低150〜200店舗が必要とされる。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、コンビニエンスストアの初期投資を回収するには通常5〜6年かかるとし、安定的に利益を確保するには各チェーン少なくとも300店舗が必要となる、と算定した。 「今年度末までにミニストップの店舗数は160店舗に達すると見込んでいます。我々は投資を継続し、フランチャイズのコスト削減に取り組み、店舗カバー率の最適化を検討していきます。」と前田社長は述べた。現在のところ、中心エリアの高額な賃料が大きな課題として認識されている。 投資、管理、運用コストの要件に見合う用地を探すためには、財務的な強みと優れた管理スキルが必要とされる。この点が現在のところ、ベトナム現地企業にとって2つの大きな弱点となっている。 外資系小売業者は他の市場での経験により、ベトナムにおいてもコンビニエンスストア事業が成長を遂げ、徐々に昔ながらの地元食料品店に取って代わるものと考えている。 TCCグループ傘下のMM Mega Market VietnamのPhidsanu Pongwatana CEOは、スーパーマーケット事業は国民の消費習慣の変化により、過去ほど成長していかないだろうと述べた。彼はベトナムの消費者が利便性を望むほど、コンビニエンスストア事業が優位に立つだろうと予測した。 ホーチミン市労働組合連合会のPham Ngoc Hung副会長は、コンビニエンスストア市場は急速に成長しているものの、豊富な資金と豊かな経験を持つ外資系企業だけがこの市場に参入する余裕がある、と述べた。 もっと見る
top.tsite.jp  カエルの卵にしか見えない?!美女が飲むジュース【ベトナム】  ↑0 ↓0
スーパーマーケットでいつものようにお買い物をしていると、キレイなベトナム美女たちが怪しいペットボトルを購入しているところを発見。見た目はグロテスクです ...
2017/02/26 08:20 da:75 facebook:0 twitter:0 ボトル ところ 見た目 ペット グロテスク 買い物 Tweet
アパレル・リソース  コンビニエンスストアの景気が良好  ↑0 ↓0
ベトナムではコンビニエンスストアやミニマートの人気が高まっており、専門家の推定によると、3分の1以上の家庭がコンビニエンスストアやミニマートで日常的に買い物を行っているという。 もしより大幅な値引きを行えば、コンビニやミニマートが成長する可能性はさらに高まるだろうと専門家は予測している。 またベトナム商工省国内市場局のLe Viet Nga副局長によると、コンビニ等に対する市場の反応はよく、2桁台の成長を見せる最も急速に成長する小売分野となっているという。 「生産地のはっきりした商品を売り、優れた管理を行う現代的な取引チャンネルです。コンビニエンスストアは中小規模の企業や農家が自らの製品を市場に持ち込むことのできる機会を提供しています。」同省によると、スーパーマーケットやハイパーマーケットと比較して投資対効果が高く、投資額も低いことから、投資家たちもコンビニエンスストアを好んでいるという。 その上、500平方メートル以下の小売店舗の開設は経済的ニーズ考査(ENT)の対象ではないため、コンビニエンスストアやミニマートのライセンス取得はスーパーマーケットより容易である。 従来の小売チャンネルは現在も市場の72%を占めているが、2020年までに60%まで減少すると専門家は予測している。 中国では2万1000人毎、韓国では1800人毎に一つのコンビニエンスストアがあるが、ベトナムには現在6万9000人に一つの割合であり、今後成長していく可能性は多大にある。 所得の安定した成長と消費者行動の変化はもう一つの大きな要因であると専門家は加えた。   激しい競争 コンビニエンスストアの店舗数は2012年から2014年の間に倍の348となった。また、ミニマートの店舗数は863から1453に増加している。 活発な経済が消費力を増加させる中消費者が利便性に注目し、Saigon Co.op、Satra, Vingroup、B’s mart、Shop&Go、Circle Kと言った国内外の有力企業が存在感を増していき、コンビニエンスストアは2015年と2016年にも優れた業績を収めている。 例えば、Co.opmart、Co.opXtra、Co.op Foodを所有するSaigon Co.opは昨年新しい小売モデルであるCo.op Smileを開始した。 昨年の店舗数は20のみであるが、Saigon Co.opのNguyen Thanh NhanはCo.op Smileの店舗数を今年末までに200-300にまで拡大する計画を実行中であると述べた。 ベトナムでハイネケンとジョイントベンチャーを持つSatraもまた、食肉生産のVissanなどの子会社やベトナムの生産者一般の流通チャンネルを構築するために、自社のコンビニエンスストアチェーンであるSatrafoodsの展開に焦点を当て、小売システムを拡大する計画を持っている。 メコンデルタの都市カントーの10店舗を含む55のSatrafoods店舗を今年開店予定で、合計店舗数は172になる見込みである。 商工省によると、外国企業がコンビニエンスストア市場に占める割合は70%であり、モールやスーパーマーケットは17%、ミニマートは15%、オンラインのショッピングチャンネルは50%である。 関係者によれば、コンビニエンスストアやミニマートの最大の欠点はスーパーマーケットや従来の市場、食料店と比較して値段が高いことにあるという。 競争力を高めるためには価格を下げ、品質の高い地元製品を販売する必要がある。 ハノイ・スーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内の生産者や流通業者が関係性を強化し、仲介コストを削減すべきであると述べた。 経営コンサルティングのA.T.カーニー社のグローバル小売成長指数(GRDI)によると、ベトナムは魅力の高い小売市場として2008年以降上位30か国に入っている。 もっと見る
出島  青森産リンゴ、ベトナムのスーパーへ輸出  ↑0 ↓0
ベトナムでスーパーマーケット「インティメックス(以下、Intimex)」を運営するインティメックス・ベトナム(Intimex Vietnam)は18日から、インティメックスのほか「 ...
2016/12/22 14:10 da:22 facebook:0 twitter:0 スーパーマーケット スーパー リンゴ Tweet
top.tsite.jp  日本では買えないAJINOMOTO商品【ベトナム】  ↑0 ↓0
味の素はベトナム料理にかかせない調味料です。おそらく日本人以上に味の素を愛し、消費している国ではないでしょうか。スーパーマーケットへ行けば、棚一面に ...
2016/12/15 19:24 da:78 facebook:0 twitter:0 味の素 スーパーマーケット 調味料 日本人 Tweet
アパレル・リソース  小売業のeコマース部門は2020年までに100億米ドルに到達する見込み  ↑0 ↓0
ベトナム小売業におけるeコマースの売上は、2020年までに、国の小売業全体の半分を占める100億米ドルに到達する可能性があるという。 ベトナム小売協会(AVR)のデータによると、小売業における2015年のeコマースは成長率20%となり、40.1億米ドルを突破している。 商工省のHo Thi Kim Thoa副大臣は、12月8日ハノイで開催されたeコマースと携帯電話のテクノロジーに関するフォーラムにて、eコマースが小売業において極めて重要な発展要素であることを語った。 Thoa氏によると、小売業の昨年の成長率は9.5%であったという。小売業の伝統的な形式が80%を占める一方、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、eコマースなどの新しい形態は20%のみとなっている。「とりわけ、新しい販売経路においてもeコマースの占める割合は低く、約2.8%となっています」とThoa氏は加えた。 ベトナムには217のeコマースプラットフォームがあり、2014年の合計売上高は2013年の倍となる1兆6600億ベトナム・ドンであった。 「ベトナムにおけるeコマース事業は、大企業によって成長してきました。ベトナム全体の企業数60万社のうち97%が中小規模企業(SMEs)に占められていますが、eコマースに取り組んでいるSMEsはまだ多くありません。」と彼女は述べた。 副大臣は、首相が2012-20年にかけたeコマースの基本計画を公表したことに言及し、また先日12月2日に開催されたオンラインフライデーをeコマース発展の好事例として挙げた。オンラインフライデーに参加した企業は昨年を上まわる3000社であった。 Thoa氏はビジネスに対し、eコマースのトレンドをキャッチし、eコマースの発展を促すプランを持つよう力説している。 AVRのDinh Thi My Loan会長は、携帯端末の人気など、様々な要素がeコマースの発展を促進していると語った。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長も携帯電話やアプリの発展が購買活動を促進していることに同意している。 Hung氏によると、ベトナムのeコマース事業は年間30%の伸び率で成長を続けているという。「ビジネスは小売をオフラインからオンラインに素早く乗り換えています。一部の企業ではビジネスを完全にオンライン化しているところすらあります」と彼は述べた。 しかしながら、NielsenのPham Thanh Cong氏は、小売業全体の売り上げの85%を占めるのは伝統的な形式を持つ130万の店舗であることに触れ、小売業は地方地域の需要を満たす解決策を持たなければならないと語った。   もっと見る
top.tsite.jp  オマケがすごすぎてビックリ!! ベトナムスーパー【ベトナム】  ↑0 ↓0
そこで、ベトナムスーパーマーケットで買い物をした際にもらえる豪華なおまけをご ... またNescafeはロゴ入りとベトナムの観光地が入ったグラスがおまけです。
2016/11/11 18:23 da:78 facebook:0 twitter:0 おまけ グラス 買い物 スーパー ビックリ オマケ Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者はEコマースに希望を託す  ↑0 ↓0
ベトナムでは最低限の費用で事業を拡大しようと、小売業者が次々に大手Eコマース企業と手を結んでいる。 業界専門家はベトナムでEコマースが急速に発展し、ウェブサイト、モバイルアプリやソーシャルネットワークが立ち上がりつつある中、こうした動きは不可避のトレンドだと話す。 電子商取引・情報技術部の報告書によると、2016年には34%の企業が製品をソーシャルネットワークで販売している。スマートフォン用アプリケーションを開発した企業や小売店も多い。 2014年には、スマホ用アプリを持つウェブサイトの割合は15%に過ぎなかった。2015年にはそれが21%まで伸びている。 しかし、すべての小売業者がこうした投資を行えるわけではない。小規模企業には特に困難である。 ウェブサイトやモバイルアプリの開発に多額の資金を注ぎ込む代わりに、大手Eコマース企業と提携し、そうした企業のプラットホームと売り場を利用して製品の管理や販売を行う企業も多い。 最低限の投資で販路を拡大できるこうした提携は賢い選択だと言える。 現在、最大のオンラインショッピング企業Lazadaはウェブサイトで商品を販売する契約を40社と交わしている。この提携は消費者、Lazada、小売業社のすべてを利するものだとLazadaは述べる。 Lazada VietnamのAlexandre Dardy CEOは、Lazadaとの提携により、その強力なネットワークを利用して小売業者は遠隔地を含むベトナム全土へと販路を拡大することができる、小売業者にとってはLazadaの4700万人の消費者に出会うチャンスとなると話す。 モバイルショッピングアプリShopeeも公式に事業を開始し、多くの小売店を集めている。 昨年、Eコマース企業SendoはBizwebと共に小売店主らに売り場を提供するアプリを開発した。 Zaloも消費者が自らの商品を販売できるサービスを立ち上げた。 Kid Plazaの代表者は、こうした提携の効果について、同社は全国で55店舗のスーパーマーケットを展開しているが、現在はEコマースに注力していると述べる。 Lazada.vnとの提携開始後3か月で、同社は月間200%の売上向上を記録するに至った。 Shopeeと提携するアマチュアの店舗オーナーNguyen Hong Phongは、事前に何の知識もないままEコマースに参入したと話す。 「Shopeeの支援、特に商店主が特に重要なスキルを学べる教育プログラムであるShopee Universityのおかげで事業は成功し、現在では1日に100以上の受注があります」とPhongは話す。 もっと見る
excite.co.jp  タイプ別にご紹介!ホーチミンのスーパーマーケット特集  ↑0 ↓0
そこで今回は、食品土産を買うのにぴったりなホーチミン市内のスーパーマーケットを4つのタイプ別にご紹介。どこでどんなものを買おうかイメージするだけでも、 ...
2016/10/20 12:16 da:91 facebook:0 twitter:0 スーパーマーケット ホーチミン タイプ イメージ Tweet
アパレル・リソース  小売企業における戦略再検討の必要性  ↑0 ↓0
企業合併(M&A)により外国小売企業がベトナムに浸透するにつれ、ベトナム小売企業は開発戦略や競争力の向上により真剣に取り組まざるをえなくなっている。 数億ドル規模の案件が過去2年間でいくつも決定している。 日本のイオン、韓国のロッテ、タイのTCCホールディングやセントラルグループといった外国企業の参入が消費者に利益をもたらし、小売業界の現代化を促している事は否定できない。しかしながら問題は、こうした外国企業との競争やベトナム製品の開発・促進にあり、地元の小売業者はこれを真剣に検討しなければならないと専門家は言う。 「ビジネスフォーラム」誌によって9月29日に開催されたオンラインフォーラムでは、外国小売企業のベトナム小売市場への浸透に効果的なM&Aは避けられない流れであり、この流れは次の2-3年間は続くであろうと専門家が予想している。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長によると、世界貿易機関の参加前に国が小売業界を促進する国家プランを持ち合わせていなかったことは不運な事であったという。 「今、地元の小売企業が成長を遂げ、急速に統一化する世界の厳しい競争に立ち向かうことが重要となっています。」とLoan会長は述べた。 ベトナム全土に80以上のスーパーマーケットと、300近くの小売店を展開するCo.op社のVo Hoang Anhマーケティング部長によると、外国企業との競争が地元企業に対し開発戦略調整に向けたプレッシャーを生み出しており、また学習する機会も与えているという。   小売のマルチ・チャンネル化 専門家によると、地元企業が製品の購入方法に対する選択肢を消費者に与える事で、マルチ・チャンネル化を図らなければならないという。 Hoang Anh氏によると、eコマースと従来の流通方法を合わせたマルチ・チャンネルの小売法がベトナムには適している。Co.op Martの親会社であるSaigon Co.opは、2017年にeコマース窓口を開発する予定である。 ベトナムでは買い物のトレンドとしてeコマースが台頭してきており、強い成長が期待されているが、支払い方法や消費者の信頼といった側面がかけており、ブームには至っていない。 マルチ・チャンネルの小売方法は地元小売業者にとって避けられない流れであるとLoan氏も同意した。 またHarp社のNguyen Thi Hai Thanh副社長によると、 大きな可能性がある地方市場にも小売業社はフォーカスを当てているという。 消費者動向に関するグローバル・エキスパートであるKantar Worldpanel氏による2015年の調査によると、都心部では従来の小売方法が未だに82%を占めており、地方市場では98%を占めているという。小売市場では家族経営の小売店が60%を占めており、従来市場の10%を占めている。 さらに専門家は、ベトナム製品の流通のために、企業とサプライヤーの相互協力を促している。 2008年以降、9300万の人口を抱えるベトナムは、国際小売開発指数による新興小売市場への参入魅力度ランキングで常に上位30に入っている。 ベトナムにおける小売市場の収入は年間総額1100億米ドルに達しているが、およそ4分の1は最新の小売チャンネルから来ている。分析によると、2020年には小売収入は1790億米ドルにまで達する見込みである もっと見る
2016/10/11 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 チャンネル マルチ 消費者 専門家 eコマース 小売店 Tweet
アパレル・リソース  8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国入り  ↑0 ↓0
米国のAT Kearney Companyが発表した世界小売開発インデックスのランキングでベトナムが8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国のひとつとして挙げられた。さらに、世界的な情報計量企業Nielsenの最新の調査によると、ベトナム人消費者の34%がハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)で、29%がスーパーマーケットで、22%がコンビニエンスストアやミニマートで定期的に買い物をしているという。 この調査では、大規模小売業者と人口の60%が35歳以下という若い人口により、現代的な小売モデルは高い年間成長率を記録し続けるだろうと結論づけている。 Saigon Coopが売上高と店舗数で引き続き首位に立っている。ACB Securities Company(ACBS)によると、Co.op Xtra、Co-op Mart、Supermarket Food Co-op Miniの3つのチェーンを持つSaigon Co-opは178店舗を擁し、2015年の売上高は25兆ベトナム・ドン(1010万米ドル以上)に達した。 Nielsenの調査はまた、コンビニエンスストアやミニマートの業態は今後も成長を続けると予測している。コンビニエンスストアやミニマートの部門は現在小売業界で急速に拡大している。VingroupチェーンのVinmart+は2016年6月末時点で825店舗を擁し、競合相手であるShop & Goも210店舗、Circle Kは178店舗、B’s Mart(旧Family Mart)は146店舗、Satrafoodsは80店舗、Ministopは58店舗を展開している。 商工省は2020年までにベトナム国内のハイパーマーケット・スーパーマーケットは1200から1300か所、ショッピングセンターは337か所となると予測している。商工省によると、低い都市化率と一人当たり国内総生産にもかかわらず、国内総生産の伸びは市場の昔ながらの生鮮食品小売業も勢い付け、72%の成長率を示した。しかし、成長率は2020年までに60%へと低下する可能性があると分析している。 もっと見る
アパレル・リソース  小売市場に流入する海外投資  ↑0 ↓0
若年層と増えつつある中流階層のおかげで、ベトナムは最も魅力的な新興小売市場となっている。 世界的な不動産サービス企業JLLベトナムが最近発表した報告書によると、すでに日本、タイ、フランス、韓国の企業がベトナムでの商機を求めて参入している。 タイ企業のBerli Jucker PlcはMetro Cash and Carry Vietnamを6億5500万ユーロで買収し、2014年最大の合併買収事案となった。その後間もなく、タイのCentral Groupは電気製品小売チェーンNguyen KimとBig C Supermarketを買収している。 2015年には韓国のディスカウント小売大手Emartがホーチミン市に店舗をオープンした。韓国のスーパーマーケットブランドLotteは11店舗を開業し、2020年までに60店舗への拡大を目指している。 日本のイオンモールは2年前のベトナム市場参入以来すでに4か所のショッピングモールと約50店舗を擁し、2020年までにベトナム国内でさらに20のショピングセンターを開業する意向である。フランスのAuchanSuperもSimply Mart3店舗が好調で、ベトナム小売市場の成長可能性を評価し事業拡大を決定しており、2020年までにホーチミン市で17のスーパーマーケット、北部で20店舗の開店を目指している。 1人当たり所得が増加するにつれベトナム人の消費力が高まり、Gap、Mango、Topshopが若い世代に浸透してきた。9月上旬にはホーチミン市にZaraの最初の旗艦店が開店し、H&Mも2017年はじめのベトナム参入を目指し手続中と言われている。 JLLベトナムの報告書は、総人口9000万人の70%を15歳から64歳が占めるベトナムの小売市場は成長の余地が大きいと指摘している。2015年から2020年にかけて、ベトナムの都市人口は2.6%上昇することが予測されており、これは東南アジア地域でも最も高い成長率である。 JLLベトナムのTrang Buiは「増加しつつある可処分所得、急速な都市化と生活水準の上昇により、ベトナムは東南アジア地域で最もダイナミックな新興経済となっています」と話す。 米国のコンサルティング会社Boston Consulting Groupもまたベトナムの中流、上流階級人口が2020年までに倍増すると予測している。小売業者の中心的ターゲットとなるのは月収1500万ベトナム・ドン(714米ドル)以上の層である。 加えて、クレジットカードの利用が一般に広まりつつあり、消費者の高額消費への警戒心が下がっている。外国人観光客の増加とインフラの改善も投資家を惹きつける重要な要素である。 「競争はますます激化しており、市場の要求に応える適切な戦略を持つ小売業者のみが市場シェアを伸ばすことになるだろう」とJLLの報告書は分析している。 もっと見る
アパレル・リソース  小売市場は魅力を失ったのか?  ↑0 ↓0
Big CスーパーマーケットやMetro Cash & Carryスーパーマーケットの前所有企業の撤退で、ベトナム小売業界での競争の激化が予測されている。 2008年、A.T Kearneyはベトナムを香港、中国、シンガポールやマレーシアを上回る世界で最も魅力的な市場のひとつとランクづけた。 しかし、ベトナムはその地位を長く保つことはできず、現在では上位30カ国にも入っていない。 2015年にBig Cの元所有企業Casinoが当時ベトナム小売市場で第2位であったBig C Vietnamの売却を決定した。 Casinoはプレスリリースにおいてこの売却は債務返済の資金調達のためと説明した。しかし、業界アナリストは本当の理由はフランス企業Casinoにとってベトナム市場が十分に魅力的ではなかったためとコメントしている。 ベトナムに参入して13年のBig C Vietnamは 年間12兆ベトナム・ドン(5億ユーロ)の売り上げがあったが、これはグループ全体の年間売上高500億ユーロの1%に過ぎなかった。 Big Cの事業売却の前にもドイツの小売グループMetro Cash & Carryがベトナムで12年間継続した事業を6億5500万ユーロで売却している。Metro Cash & CarryはBig C、Saigon Co-opに次ぐ売り上げがあった。 国内第2位、第3位の小売業者の撤退をベトナム市場の魅力の衰退と解釈するアナリストもいる。 しかし、意見を異にするアナリストもいる。その証拠にBig C、Metroともに非常に高値で売却された。Metroは6億5500万ユーロ、Big C Vietnamは11億米ドルで売却されており、これらはベトナムで過去最大の買収案件であった。 これら企業の事業売却の情報は多くの投資家の注目を集めた。Big Cの場合、日本、タイ、ベトナムの大手企業グループが買収に興味を示した。実際、Masan Groupを含む少なくとも3社のベトナム企業がBig Cの買収に動いた。 Metro Cash & Carryの事業を引き継いだタイのTCCグループもBig Cの買収に動き、ほとんど成立するまでに至った。しかし結局、Big Cは同じくタイ企業であるCentral Groupへと売却されることとなった。 Central GroupはBig C Vietnam買収の資金調達のため、Big C ThailandをTCCグループへと売却している。これはCentral Groupがベトナム市場に非常に高い期待を寄せている証拠でもある。 EIUによると、ベトナムの小売市場全体の売り上げは2016年に970億米ドルの見込みであり、2018年には1220億米ドルまで拡大すると予測されている。ベトナム小売市場の売り上げ自体はタイよりずっと低いものの、成長率はより高い。 もっと見る
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
アパレル・リソース    ↑0 ↓0
アセアン経済共同体(AEC)の発足から7ヶ月が経過し、ベトナムの市場にはタイ製品やマレーシア製品が溢れている。しかしアセアン諸国の市場にベトナム製品はまだ見当たらない。 ベトナム関税総局(GDC)によると、今年上半期のベトナムの貿易収支は黒字であったが、アジア諸国のみに限ると226億8000万米ドルの輸入超過で、特にタイとシンガポールに対して赤字となっている。 タイへの出張から帰国したばかりのホーチミン市の会社員Nguyen Thi Minh氏は、タイのスーパーマーケットではベトナム製品はほとんど見当たらなかったと話す。一方で、ホーチミン市のいたるところにタイ製品やマレーシア製品が見られる。 輸出企業は、アセアン諸国への輸出は容易ではなく、AEC発足後も輸出は増加していないと認める。 CP Acecook VietnamのTran Thi My Van氏は、同社は47カ国・地域に輸出しているものの、アセアン市場への参入は難しいと話す。アセアン地域でCP Acecookが輸出しているのはカンボジア、ラオス、ミャンマーのみであるが、カンボジアへの輸出はわずかに減少しつつあるという。 インドネシアのインスタント麺消費量はアセアン地域でも最大で、消費量は年間50億食に達する。しかし、CP Acecookはまだインドネシア市場に参入できていない。 Bui Van Ngo Agricultural Engineering Companyは1996年から米穀加工機械をタイ、フィリピン、カンボジア、インドネシアに輸出している。しかし、近年受注状況は不安定になっている。 同社のBui Phong Luu社長によると、同社の主要輸出市場はカンボジアだが、現在同国への販売が難しい状況にあるという。過去10年間、大きな努力を払っているにもかかわらず、Bui Van Ngo社はアセアンでの独占販売網の構築や支店の開設ができていない。 匿名希望のある輸出企業の社長は、まずベトナム国内の市場シェアを守ることを考えており、輸出についてはあまり考慮していないと話した。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinh社長は、同社はアセアン諸国に製品を輸出してきたものの、製品の競争力が高くないため量的には少量だと話す。 「マレーシア、タイ、カンボジアはベトナム製品の品質を高く評価していますが、これら市場で他の外国製品と競争するのは困難です」とVinh社長は話す。 タイでは、My Haoの製品は多くの地方で販売されているものの、外国製品が豊富なバンコクに参入することはできないという。 2004年から2015年、ベトナムはアセアン諸国に対し輸入超過の状態にある。貿易赤字額は2005年が39億米ドル、2015年が56億米ドルであった。 もっと見る
2016/08/23 13:18 da:22 facebook:0 twitter:0 アセアン 米ドル ホーチミン 輸入超過 Company Engineering Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者の新たな事業戦略  ↑0 ↓0
Big CやMetroといった外資系スーパーマーケットが割引率を20-25%に引き上げたことに対応して、国内の小売業者も流通経路改善のため積極的に事業戦略を転換しつつある。 ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、Oceanmart、Vinatexmart、Maximarkの買収後、全国でVinmartミニマーケット、コンビニエンスストア網を約600店舗まで拡大しつつあるVingroupの例を挙げて説明した。 Vingroupは協力企業に直接投資しつつ、生産者や納品業者と直接契約し、VietGap基準に適合するVinEcoブランドの農産品を開発している。Vingroupでは加工食品についても主要生産企業となることを目標としている。 これはVingroupのブランドを確立し、小売市場における競争力を強化することを狙ったものであるとPhu会長は話す。 サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)はスーパーマーケットの品質を向上し、異なるマーケットシェアを狙った新たな事業戦略の立案を計画している。 Sai Gon Co.opは大都市部で新規10店舗のCo.opmartスーパーマーケットと、その他地域で20店舗の中小規模スーパーマーケットの開店を予定している。2020年までにCo.opmartスーパーマーケットが130店舗、Co.opXtraが8-10店舗、Sense Cityが3-5店舗となる予定である。 Sai Gon Co.opのNguyen Thanh Nhan副社長は、市場でのプレッシャーはあるものの、ベトナム国内の生産者との関係を守り続けたいと話す。Sai Gon Co.opのスーパーマーケットで扱われる商品の90%近くがベトナム産の商品である。 さらに、Sai Gon Co.opはネットワーク拡大のため、コンビニエンスストアに加え、オンライン取引の研究・開発を続けていきたいとしている。これは国内の生産者支援にもなりうるとNhan副社長は話す。 Sai Gon Co.opは消費者が国内産品を購入できるよう、ベトナム産品を優先的に扱うとしている。 商工省の国内市場部のVi Van Quyen部長は、ベトナム企業が品質を確保することができれば、外資系の流通網に頼る必要はなくなるだろうと話す。特に小売業者と生産者の提携は困難を克服する上で役に立つという。しかし、国内企業は先進的な科学技術に投資し、ベトナム人の嗜好を知る優位性を活かして国内、外資系どちらの販売網でも競争力のある商品を提供できるようにするべきだとQuyen部長は話す。 ベトナム企業は新たな隙間市場を見つけるべきであるともQuyen部長は指摘する。商工省は国内企業に対しネットワーク拡大、技術革新のための支援を行なっているという。 もっと見る
アパレル・リソース  個人の年間EC利用額は2020年までに倍増し350ドル  ↑0 ↓0
首相の承認を受けた「電子商取引開発マスタープラン」によると、ベトナム人のおよそ3割が今後5年間にオンライン取引を行うようになる。 個人向け(B2C)オンライン取引の売り上げは年率20%上昇し2020年までに100億米ドルとなり、小売業・サービス業売り上げの5%を占めるようになる。法人向け(B2B)のオンライン取引での売り上げは総輸出額の3割を占めるようになる。 つまり、2020年までにベトナム人一人当たりのオンラインショッピングでの年間消費額はおよそ350米ドルとなり、2015年の消費額から倍増する。 ベトナム電子商取引・情報技術庁(VECITA)が2015年に発表した電子商取引に関する報告書によると、2015年のオンラインショッピングでの消費額は一人当たり160米ドル、電子商取引による売り上げは407万米ドルで前年比37%の増加であった。 オンラインで購入されている商品は衣類、履物、化粧品(64%)、電気製品、技術製品、家庭用製品、オフィス用品、花、贈答品であった。 政府は企業の5割がウェブサイトを開設し、8割が電子商取引を申請、すべてのスーパーマーケットやショッピングセンターがPOSシステムを導入することを目標として掲げている。 電気、水道、テレコム、コミュニケーション事業者のおよそ7割でオンライン決済が可能で、都市部の個人・家庭の5割が現金の代わりにオンライン決済を利用している。 政府はまた、ベトナムの全省・都市で電子商取引用の決済システムと配送サービスの開発を計画している。 もっと見る
japan.zdnet.com  消費地ベトナムのF1層はどこで買い物をするのか  ↑0 ↓0
ベトナム最大の商業都市であるホーチミン市を中心に、日系企業の大規模小売店舗も進出し、スーパーマーケットでの日用品や食料品の購入も当たり前の光景となりつつあります。法定最低賃金も上昇を続け、国内総生産も拡大し、耐久消費財の普及率も伸びてきています。
2016/07/23 06:56 da:95 facebook:6 twitter:0 買い物 ハノイ ホーチミン 大規模 Tweet
nna.jp  イオン4号店、既存店で最高売上げ=越法人社長  ↑0 ↓0
1日にホーチミン市ビンタン区でオープンした総合スーパーマーケット「イオン」のベトナム4号店について、イオンベトナムの西峠泰男社長は13日、「開業から10日間の売り上げは、既存4店舗の中で最高」と明らかにした。総菜やデザート類のほか、値頃感のあるファッションなどがけん引し、昨年ハノイに開業した3号店よりも10%程度拡大した。イオン4号店は、ショッピングモール(SC)「イオンモール・ビンタン」の核テナントとして入居している。新SCとしては月100万人の集客を目指しているが、オープン最初の日曜日となった3日には18万3,000人が来店した。総合スーパーでは、すしやクレープ、おでんなどの総菜類が好調。加えて「若者向けのファッションの売り上げが良い」。大きな要因が価格設定で、イオンでは3号店以降、1号店開店時との比較で衣料品の値段を14%程度引き下げた。「お客の値頃感を外さない」ことを狙った結果、買い上げ点数が増え、売り上げ増につながった。9万9,000ドン(4.4米ドル、約460円)のショートパンツなどが好調だという。ファッション売り場では、10代の女性向けに開発した商品を投入したほか、直営売 もっと見る
nna.jp  ブリヂストン、10店目の最高ランク代理店開設  ↑0 ↓0
ブリヂストンは、ベトナムで3段階ある同社のディーラーのうち最高ランク「B―セレクト」の店舗をホーチミン市12区にオープンした。B―セレクトはベトナムで10店目となる。新たに認定されたB―セレクト・イエンフォン店は、従来は一段階低い「B―ショップ」だったが、改修によりブリヂストンが定める面積や設備面などの水準をクリアした。出光ルブベトナムの潤滑油や米スリーエム(3M)、エンジン関連部品の独ボッシュのカー用品も販売する。B―セレクト制度は、アジア太平洋の数カ国で採用されており、ブリヂストンがベトナム国内で数百店規模で展開する販売網の中で、13店あるB―ショップとともにブリヂストンが特に注力する対象となる。現地販売子会社ブリヂストン・タイヤ・セールス・ベトナム(BSTVN)の齋藤寛之社長は、「B―セレクトなどを着実に増やしていく。タイヤ以外のカー用品も販売することで来店頻度を上げるとともに、顧客満足度を向上させたい」と意気込んでいる。イエンフォン店のリニューアルに合わせてBSTVNは8日、タイヤの無料点検キャンペーンを10日までの日程で開始した。期間中に約100台の点検を見込む。キャンペーン もっと見る
2016/07/11 00:00 da:51 facebook:4 twitter:0 ブリヂストン ランク ダナン セールス ビッグ 従業員 Tweet
travelvision.jp  ベトナム・ハノイ、「レニッド・ハノイ・ホテル」オープン  ↑0 ↓0
2016年4月26日、ハノイの中心部にレニッドホテルグループ3軒目のホテル「レニッド・ハノイ・ホテル」(3.5星)がオープンいたしました。 総客室数は全88室、全室バスタブ付きで、日本人のお客様にも使いやすいホテルです。 ツインルームは、デラックスツイン14室(25平米)とエグゼクティブツイン24室(28平米)の計38室。 ホテル正面には大型バス(45席)の停車も可能なため、グループ対応も可能です。 ホテルの向かいには、オフィスビルとサービスアパートメントの「ハノイタワー」があり、1階にスーパーマーケットも入っており、お買い物にも便利です。 また旧市街までは車で約5分と観光にも便利な立地です。※レニッド・ハノイ・ホテル (LENID HANOI HOTEL) 住所: 54 Nhuom Tran Hung Dao Hoan Kiem Hanoi情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社、日本海外ツアーオペレーター協会 もっと見る
2016/06/15 17:26 da:43 facebook:0 twitter:0 ハノイ ホテル オープン グループ Tweet
sankeibiz.jp  タイ勢、ベトナム小売市場席巻 相次ぐ買収劇に懸念の声  ↑0 ↓0
ベトナムは現在、小売市場の半分がタイ企業の傘下となっている( ... 一方で、ハノイ・スーパーマーケット協会の会長は、同国の小売市場で外資企業、なかでもタイ ...
2016/06/01 05:12 da:73 facebook:0 twitter:0 スーパーマーケット ハノイ Tweet
アパレル・リソース  従来型小売チャネルはなおも活況  ↑0 ↓0
ベトナムは現代的な流通チャネルの拡大を強く志向しているものの、流通システムにおいては従来型小売チャネルがなおも重要な役割を果たしている。 ベトナムでは特に大都市において、ショッピングセンターがどんどん建設され、一部のアナリストはこうした現代的な小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットやショッピングモール)が伝統的な市場を「駆逐するだろう」とコメントした。 しかし市場調査会社のNielsen Vietnamによる最新の市場レポートによると、従来型取引チャネルは、現代的なチャネルよりも5.4%も高い成長率を示したことが明らかになった。 ホーチミン市Phu Nhuan区の主婦であるMy Haさんは、日常生活に必要な品を買うために毎週末スーパーマーケットに行くが、子供のための粉ミルクやおむつはそこでは買わず、食料雑貨店や商店で購入するという。 「まったく同じ商品であるにもかかわらずスーパーマーケットで買うと、例えば粉ミルク缶は食料雑貨店と比べて4~5万ベトナムドンも高いのです。」と彼女は説明した。「おむつも10〜15%も高く、スーパーマーケットがセールを実施していても、そこでの価格は3~7%も高い値段が付いています。」 スーパーマーケットと食料雑貨店が提供するサービスの質の差について尋ねられた際、Haさんはちょうど電話で注文しようとしていたのだが、食料雑貨店は従業員が彼女の望む時間に家まで商品を届けてくれる、と言った。 このサービスにより彼女は、わざわざスーパーマーケットに出向き、駐車するのに時間を浪費する必要がなくなる、ということを意味する。 Phu Nhuan区にある食料雑貨店オーナーのSau Thuanさんは、近くにモダンな内装のコンビニエンスストアが出店したにもかかわらず、彼女の小さな食料雑貨店の経営は好調だと言った。 「決め手は販売価格です。」と彼女は説明した。「彼らの価格は、少なくとも10%は高いのです。」 Thuanさんは、多くの得意客を抱え、また多くのメーカーが販売代理店として商品を取り扱ってくれるよう彼女にコンタクトしてくるなど、彼女のビジネスについて満足していると述べた。 Nielsenによる報告書ではまた、従来型小売業は動きの速い消費財分野において売上の85%、100億米ドルを占めていると指摘した。 アナリストらは、伝統的な市場や食料雑貨店は、リーズナブルな価格で利便性を備えた商品を提供できるため、かつて予想されたように「駆逐される」ことはないだろう、とコメントした。 Nielsenは、従来型小売チャネルはメーカーの売上の中で最も高い割合を占めているものの、メーカーはまだそれを十分に活用しきれていない、と指摘した。 多くのメーカーでは、特に農村部において、たとえそれがコスト高であっても、流通ネットワークを再び開拓しようとしている。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinhディレクターは、「労働者」紙において、My Haoの収益の90%は従来型小売チャネルから得ていると述べた。 2015年に20%もの大幅な成長率に触発され、Lien Thanh社は、南部地域西部により多くの流通ネットワークを構築しようと検討している。   もっと見る
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   将来への備え 近年ベトナムの小売企業は、多くの合併・買収(M&A)が行われたのに伴い、他の小売業者の良い事例を模倣し始めた。 市場調査会社NeilsenベトナムのNguyễn Hương Quỳnh社長は、より自由化された貿易環境のもとでは、ベトナム企業はビジネスチャンスだけではなく、多くの課題にも直面していると述べた。 外国製品に打ち勝つには、国内企業は製品の品質を改善し、リーズナブルな価格を維持するだけではなく、市場における競争力を強化しなければならない、と彼女は述べた。 「最も重要なことは、外国のライバル企業との戦いに向けた準備において、ベトナム企業が主導権を取っていく必要がある、ということです。」とQuỳnh氏は続けた。 最近のタイ、日本、フランスなどの外資系小売企業の進出は、ベトナム小売部門におけるシェア争いを過酷なものにしている。 ベトナム小売部門は、9000万人の人口による強い購買力に支えられ、未開拓の大きな可能性を秘めている。 しかし地元の小売業者はまだ格下であり、いくつか企業では支援を求めている。 ホーチミン市商業組合連合は、最近内閣総理大臣に書面を送付し、外資系小売企業による国内市場支配に起因するリスクについて訴えた。 この組合ではまた、(国内企業に対して)より有利なビジネス環境をサポートするよう呼びかけている。 組合によると、近代的な小売業態での販売はベトナムにおける小売業総売上額のわずか25%しか占めていない。 さらに(ベトナム小売企業は)、32の店舗を持つBig Cや、19店舗のMetro、11店舗のLotte Mart、そして3店舗のAeonなどの外資系小売業者とのますます厳しくなる競争に直面している。 フランス第4位の小売企業であるSuper Auchanもまた、ホーチミン市にスーパーマーケットチェーンを展開しようとしている。 加えて、AeonによるFivimartとCitimartの買収、タイグループによるBig CとMetroの取得を含む一連のM&Aが起きている、と組合は指摘した。 地元小売業者は消費者の信頼を獲得し、ブランドを確立するために、生産者と協働してベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築する必要がある、と専門家らは述べた。 エコノミストのLý Trường Chiến氏は、ベトナムの小売業者はオペレーションモデルを改善し、コンビニや小規模マートの開発など、近代的な小売業運営技術やトレンドを採用するべきである、と述べた。 一方で、商工省の国内市場部門Võ Văn Quyền部長は、外資系小売業者による店舗開業は大きな問題ではない、とした。 地元の小売業者にとってそれは、自らの競争力を向上させ、競争に敗北した結果として閉鎖や倒産に追い込まれるような事態を未然に防ぐチャンスが提供されるということである、という。 消費者にとっても、外資系小売業者は高品質な商品をベトナムに持ち込み、商品棚にある商品の品質をアップグレードすることによって、メイド・イン・ベトナム商品の質の向上に貢献するのだ、とQuyền氏は述べた。 もっと見る
2016/05/24 12:08 da:19 facebook:0 twitter:0 ホーチミン フランス チェーン 競争力 消費者 ビジネス Tweet
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(前)  ↑0 ↓0
ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)は、スーパーマーケットチェーンのBig Cに対し、ベトナムの納入業者に最大15%という高い割引を要求することを撤回するよう求めた。 国内納入業者数社は、Big Cチェーンが発注時に高い割引を要求してくることについて懸念を示している。 Big Cはベトナム大手スーパーマーケットチェーンの一つであり、現在タイのセントラル・グループ傘下にあるが、ベトナム国内にあるBig C店舗の商品棚はタイ製の食品で埋め尽くされている、と専門家らは警告した。 このタイの会社はベトナムに新たなタイの帝国を築くため、ベトナム食品加工企業に対して高い割引を求めることにより、小売システムから撤退させようとしている。 ベトナムのある水産加工会社社長によると、ベトナムにあるスーパーマーケットチェーンの中でもBig Cは、17~20%と業界でも最も高い水準の割引を納入業者に求めており、昨年と比較しても5%も要求幅を上げている。 さらに、多くの製品では最大25%もの割引が求められる。 不当に高い割引率に加えベトナムの納入業者は、Big Cのプロモーション費用、商品試験、催事、Big Cの創業祭やその他のこまごました手数料など、多くの費用を負担する必要がある。 VASEPのNguyễn Hoài Nam副事務長は、水産加工業を営む企業は平均で15%の割引を受け入れているが、それと比較してもBig Cの17~20%の割引率は高すぎると述べた。 サイゴンフード株式会社Lê Thanh Tâm副社長は、納入業者が利益を確保するには、適切な値引きは約10%程度までだろう、と述べた。 Agrex Saigon Foodstuffs株式会社Phạm Hải Long社長は、割引率の増加は、セントラル・グループがベトナムの小売市場を支配するための一つの手段としている可能性がある、とした。 高い割引率を使ってベトナム企業がBig Cの納入業者となることを躊躇させ、タイの生産者に徐々に納入業者を変更していく道を開いているのかもしれない、と彼は続けた。 Long社長は、同社ではBig Cへの商品納入から撤退し、他の流通チャネルに乗り換えたと述べた。同社ではまた、日本や韓国に輸出を開始している。 納入業者からの高い割引は、Big Cが商品に低価格を付けることを可能とし、他のスーパーや小売店に対する競争優位を生み出している。 もしベトナム企業が価格競争においてタイの小売業者との戦いに敗れた場合、タイ製品が小売市場を席巻するかもしれない、と専門家らは警告している。   (後編につづく) もっと見る
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
アパレル・リソース  タイのセントラル・グループがBig C Vietnamを落札  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーが、有力な国内外のライバルを退けベトナムのBig Cを落札した。 セントラル・グループは4月29日、同社とベトナム国内でのパートナーであるNguyen Kim Trading Companyが共同でBig C Vietnamを9億2000万ユーロ(10億5000万ドル)でフランスのカジノ・グループから買収したことを発表した。2社の負担金分担の詳細は発表されていない。セントラル・グループはNguyen Kimの株式の49%を保有している。 「究極的には、ベトナムの繁栄に貢献し、人々の生活の質を向上させたいという決意と取り組みが今回の成功に繋がりました。Big Cはベトナム国民の生活を向上し、豊かなものとしたいという決意とビジョンを共有できるパートナーであると考えています」とNguyen Kim Trading CompanyのNguyen Van Kim会長はセントラル・グループから発表された文書で表明した。 Big C Vietnamの取得とともに、セントラル・グループは地元産品の提供を続けること、Big Cの消費者、従業員、地元当局との強力なつながりを保つこと、Big C店舗で国内産品の取り扱いを続けることを決定していると同グループは発表している。 カジノ・グループはアジア及びラテンアメリカでの資産売却により債務削減を図っており、ベトナムでの資産売却で負債総額は42億ユーロとなる見込みである。 Big C Vietnamはスーパーマーケット33店舗、コンビニエンスストア10店舗とオンライン店舗Cdiscount.vnを擁する。カジノ・グループはベトナム事業の売却額は8億ドルに上ると予測していた。 Big C Vietnamの入札には日本のイオングループ、韓国のロッテ、タイのBJC、ベトナムのSaigon Co,opとMasan、そしてセントラル・グループをはじめとする約20社が参加した。 ベトナムで大規模なCo.opmartスーパーマーケットチェーンを所有するSaigon Co.opが有力な競合相手であったが、広範にわたる外国投資についての規制により、Big C Vietnamを落札することはできなかった。Big C Vietnamの落札には決済を海外で行う必要があったにもかかわらず、Saigon Co.opは現在海外投資を行う認可を得ていない。 Big C Vietnamの2015年の収益は5億8600万ユーロであった。Big C Vietnamは店舗数でCo.opmartチェーンに次ぐ第2位の規模であり、Big C Vietnamの取得でセントラル・グループは国内小売市場開発計画を少なくとも7年分前倒ししたこととなる。 もっと見る
アパレル・リソース  セントラル・グループによるRocket社買収後の次の一手  ↑0 ↓0
ニュースサイトのTechCrunchによると、タイの(小売大手)セントラル・グループは、ベトナム、タイでファッションポータルサイトを運営する、Rocket Internet資本のZaloraを買収するための最終手続きを完了する予定としている。 TechCrunchは、セントラル・グループがベトナム、タイ両国における買収にそれぞれ1000万米ドルを費やしたことを明らかにしたが、両社からは何のコメントもなかった。記事によると、アジア太平洋地域11市場のうちの2つであるベトナム、タイ事業の売却に伴い、Rocket Internetはコストカットと、「利益水準が水面すれすれ」の市場に集中することを目指す。 セントラル・グループは、タイで強い存在感を示しており、ベトナム、マレーシア、インドネシアやその他の国々にも拡大しつつある。複数のショッピングモールやデパートを含む当グループの総資産は約1000億米ドルにも達しており、世界でおおよそ7万人を雇用している。 セントラル・グループは、ベトナムで親会社のGroupe Casinoが売りに出しているBig Cスーパーマーケットチェーンの入札者のうちの一社でもある。もしBig Cの落札に成功すれば、セントラル・グループ家電小売部門であるPowerbuyが49%のシェアを握る、ベトナム南部の家電量販チェーンNguyen Kim、ハノイとホーチミン市にあるRobinsデパート、今回買収するオンライン小売サイトのZaloraを含む、グループのベトナム事業ポートフォリオにおいて大きな一翼を担うことが期待される。 東南アジアには5億5000万人を超える人口がいるものの、オンライン小売大手のAmazonやeBayはまだその存在感を示せていない。Bain & CompanyとGoogleの実施した、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムにおける6,000人以上に対する消費者調査によると、東南アジアのオンライン小売業の浸透度はわずか3%にすぎず、その売上高は約60億米ドルでしかない。 AlibabaによるLazada買収に関して4月初旬にコメントを求められた際、LazadaグループのMax Bittner CEOは、市場は非常に細分化、多様化されており、大きな参入障壁はあるものの、まだ初期段階にある現代的なこの小売形態には大きな成長余地があるだろう、と述べた。 Rocket Internetは2012年にLazadaとZaloraを立ち上げ、2015年までにこの2つのサイトで利益を上げることを目指したものの、それらのサイトは巨額の投資資金を貪る一方で、大きな損失を出し続けた。 LazadaはZalora不採算のまま資金を使い果たした後、5億米ドルでAlibabaに売り渡された。 Rocket Internetの2015年アニュアルレポートによると、Zaloraの売上は2015年に78%増加の2億800万ユーロ(2億3400万米ドル)となったものの、調整後EBITDA(利息、償却費を加算した税前利益)は赤字幅が36%増加し、9350万ユーロ(1億500万米ドル)のマイナスであった。 もっと見る
2016/05/02 10:37 da:23 facebook:0 twitter:0 グループ セントラル 米ドル サイト Internet オンライン Tweet
アパレル・リソース  ロッテマートがベトナム製品を求めてVietnam Expo 2016に参加  ↑0 ↓0
ロッテグループの小売部門ロッテマートが海外市場に売り出すベトナム製品を求め、第26回ベトナム国際トレードフェア(Vietnam Expo 2016)に参加した。 ロッテマート韓国から販売マネージャー10名、ロッテマートベトナムからも販売マネージャー7名が参加し、競争力のある商品とサプライヤーの調査を行った。製品は8月に韓国に輸出され、韓国全土117店のロッテマートで行われる「ベトナム製品展示会」と銘打ったイベントで韓国の消費者のもとに届けられるという。 「Vietnam Expo 2016はロッテマートにとってベトナムのビジネスを知るまたとない機会となりました。現地で直接調達することでベトナムの生産者も高い利益を得ることができます」とロッテマートのHong Eun Bee主任マネージャーは話す。 2015年、ロッテマートは生鮮食品、加工食品、衣料品等多様な製品をベトナムから韓国に輸入し、およそ400万米ドルの利益を上げた。今年、ロッテマートはベトナム製品による利益が500万米ドルとなることを予測している。 韓国市場への注力に加え、ロッテマートは自社の流通網を通じて中国及びインドネシアへのベトナム製品の輸出も促進している。 ロッテマートはベトナムで第1号店となるハイパーマーケットを2008年にホーチミン市の南サイゴンで開店した。現在までに、ベトナム全土で12店のロッテマートが営業している。 Vietnam Expo 2016は世界23の国・地域から500以上の業者が参加し、4月13日から16日までハノイで開催された。 今年は韓国からは71の業者が参加し、化粧品、食品・飲料、繊維製品、消費財、薬品・医療機材、電気機器、電気製品、産業用機械といった製品を展示する。 Vietnam Expoに韓国企業が参加するのは今回で18回目となる。ここ数年、特に小売部門において、ベトナムは韓国製品の潜在市場であるとみなされている。 もっと見る
sankeibiz.jp  ベトナムの食料支出、11年で3倍に  ↑0 ↓0
首都ハノイにあるホム市場。ベトナムはスーパーマーケットなど近代的小売店が増加しているものの、消費者の85%は伝統的な市場で食料品を購入しているとされる(ブルームバーグ)【拡大】
2016/04/08 05:03 da:76 facebook:0 twitter:0 消費者 食料品 小売店 近代的 ハノイ スーパーマーケット Tweet
アパレル・リソース  小売業界、M&Aの波を牽引  ↑0 ↓0
昨今のタイ企業の展開に続き、消費財の小売部門や関連する産業がベトナムにおける次の合併買収の波を牽引すると見られている。 小売に関連する分野が最も合併買収活動を呼び込むだろうと、最近ハノイのベトナム小売業協会が後援する小売業者が参加するビジネスフォーラムにおいて登壇者らは語った。 すでに多くのタイの小売業者や消費財関連の企業らがベトナムに押し寄せていると彼らは言う。 最近の発表で最も目立った動きとしてはフランスのスーパーマーケットを経営するGroupe Casinoがベトナムとタイの事業を売却する可能性が高いというものだ。 Groupe Casinoは事前に準備していた声明のなかで、タイとベトナムに展開するスーパーマーケットのBig Cに関して「会社と株主にとっても最大の利益となる」売却を進めていると発表した。 両国のビジネスが同じバイヤーにより買収されることが条件とされるかどうかは明確にされていないが、確実にその可能性が高いようだとビジネスフォーラムにおいて登壇者らは語った。 Groupe Casinoはベトナム・タイ両国のBig Cの総払い込み済み資本の58.6%の株を保有しており、同じくタイ国外の創設者であるCentral Groupと均衡を保っている形だ。 登壇者らによれば、元々はCentral Groupが再度Groupe CasinoのベトナムのBig Cの店舗を買収しようとする計画があったと噂されていた。 しかし報道によればタイのコングロマリットである同社のベトナムの代理人からこのことについて発表は無いため、事実はそうではないようだ。「(Big Cは)市場の小売業者らと売却の提案を交渉している」 「これは通常のプロセスです」 ベトナムのCentral Groupの活動に詳しい情報筋によれば、タイの小売業と家電チェーンのPicoとの商談が流れたため、Central Groupによる買収が起こりうるとの憶測が持ち上がった。 同社は今年すでにベトナムの主要な電気小売業者であるNguyen Kimの株式の49%を取得している。 一方で億万長者のCharoen Sirivadhanabhakdi氏が支える上場企業Berli JuckerもベトナムのMetro Cash & Carryの入札を逃した後、ベトナムのBig Cに注目している。 1月7日、ドイツの企業グループはベトナムを拠点とする卸売部門をTCC Holdingに売却したと発表した。TCC HoldingもまたSirivadhanabhakdi氏のビジネスの一つで、7億1100万米ドル(6億5500万ユーロ)で売却された。 一方シンガポールのDairy Farm Group、韓国のロッテグループ、日本の小売グループであるイオンもベトナムとタイにおけるGroupe CasinoのBig Cの株の取得に関心を寄せている。 もっと見る
jp.wsj.com  仏小売カジノ、ベトナム事業売却にイオンなど応札=関係筋  ↑0 ↓0
フランスの小売り大手カジノ・グループが行ったベトナムのハイパーマーケットチェーン運営会社ビッグCベトナムの売却入札に、タイの富豪チャロン・シリワタナパクディー氏、日本のイオン、韓国の複合企業ロッテ・グループなどが参加した。事情を知る複数の関係者が明らかにした。  関係者の話では、このほか実業家トッス・チラティワット氏が率いるタイ小売り最大手セントラル・グループや、タイの複合企業TCCグループ、ベトナムのコープマートと複合企業マサン・グループも入札に参加した。TCCグループはこの入札で野村証券の助言を...
アパレル・リソース  小売店ら、国際競争への備えを強化  ↑0 ↓0
企業にとっての小売スペースと投資を拡大させるための長期資本は、地元の小売業者にとってベトナムにおいて外国企業と競争するために両方とも必要だ。 政府のウェブサイトが伝えたところによれば「ベトナムがグローバルに深く一体化すると競争は激化することでしょう。地元の小売企業はきちんとした戦略を練らなくてはなりません」とSaigon Co.op Mart最高責任者のNguyen Thanh Nhan氏は述べた。 「競争することを恐れているのではなく、よりよい状態で競争を展開するために地元当局の後押しがより一層必要なのです」 スーパーで陳列される製品はほぼベトナム製である。 熾烈な競争にも関わらずベトナム製の日用品は地元住民の需要を満たすことができるため市場の大半を占めている。顧客も国内と海外の小売企業との間の競争により恩恵を受けることが可能だ。 「市場を開放することで外国製の日用品がベトナムの市場に容易に行き渡りますが、近い将来もベトナム製の製品は残ります」とロッテベトナムの最高責任者であるHong Won Sik氏は語った。 Sik氏は先日小売企業とホーチミン市の人民委員会との会合で、市場を開放することで地元の製造業者は外国製品と競争するためにより品質の高い製品をやむを得ず製造することになると語った。 氏はまたロッテの開発戦略において、ベトナム製の商品をロッテのスーパーマーケットのシステムや輸出に持ってくることができるよう、地元の製造業者と協力関係を拡大させることが必要だとの考えを明らかにした。 昨年ロッテは500万米ドル相当のベトナム製の製品を韓国に輸出した。今年この数値は倍増すると見られている。 ベトナムイオンは地元住民の嗜好や財政的な能力に見合う、高品質な自社ブランド製品を地元の製造業者らと協力し作りだす予定だ。 しかしながら地元の製造業者が輸入製品と競争するためには、品質を高めるとともにパッケージングのモデルを変えなければならない。 「市当局は地元住民の膨大な消費の需要にこたえ、製品価格の安定を確保するために有利な条件を設けます」と市当局の人民委員会委員長のNguyen Thanh Phong氏は語った。 氏は小売企業が市場開発戦略を展開する際はホーチミン市を地元住民だけではなく観光客にも対応できる地域における商業とショッピングセンターとみなすことが必要だと示唆した。 「ホーチミン市は地域と連携し小売りや製造業者が満たすべき要件を作成します」と氏は語った。 Phong氏は町の小売システムの基本計画を完成させるよう市の商工部に訴えた。 もっと見る
2016/03/08 05:57 da:19 facebook:0 twitter:0 製造業 ロッテ ホーチミン 日用品 責任者 システム Tweet
vietnamnewssokuhou.blog.jp  【イオンへの株式売却で、Fivimart、Citimartは自分自身を失っている?】  ↑0 ↓0
TPP加盟によるベトナム小売業への影響が議題にのぼった際に、スーパーマーケット協会の会長であるヴ・ヴィン・フー(Vu Vinh Phu)氏からは、ベトナムブランドはもはや風前の灯火ではないかという質問が出たのだ。産業貿易省多国間政策課のWTO局長のチャン・バー・クォン(Tran Ba Cuong)氏によれば、TPP加盟によってベトナム小売業は、外資大手からの激しい投資の波に巻き込まれるであろうとコメントしている。タイの小売グループ達の大規模な侵攻は、ベトナム国内で比較的規模が大きくシェアを握っている小売企業をターゲットとしており、これまでの状況を見れば一目瞭然だ。それに加え、ご近所のタイだけでなく、日本や韓国の有名大手企業も参入し、合弁・株式買取などの形でシェアを握ろうとしている。クォン氏によると、ベトナムの小売業はポテンシャルが非常に高く、TPP加盟のおかげで外資小売業には次なる生きるマーケットとして見えるのだという。というのも彼らは、確実にTPP加盟で決まった税優遇措置を利用し、ベトナムで合弁した小売企業に海外からの商品をどんどん持ち込めるからだという。 TPP加盟によっ もっと見る
2016/03/04 11:20 da:63 facebook:0 twitter:0 チャン ブランド スーパーマーケット イオン 自分自身 Tweet
アパレル・リソース  ハノイ市に2店舗目のイオンモールが開業予定  ↑0 ↓0
日本の小売企業イオンが2017年中にハノイ市第2号店となるショッピングモールの建設を予定している。 2億ドル規模で計画されているこの新モールは、2019年の開業を予定している。 2月22日、イオンの代表者らがトゥリエム区の幹部、Thang Long工業団地の管理委員会らと現地調査を行った。イオンは管理委員会に対し、工業団地周辺の6本の道路工事計画を早め、モール開業に備えた利便性の高いインフラ整備を提案した。 2015年10月28日に、イオンはハノイ市ロンビエン区でハノイ市第1号店となるイオンモールの開業式典を行った。 敷地面積9.6haのイオンモールロンビエン店は2億米ドルを投じて建設され、およそ11万平方メートルの延床面積に店舗、レクリエーション施設などを有する。 ベトナム初のイオンのショッピングセンターはホーチミン市のタンフー区に2014年1月に開業している。第2号店はその10ヶ月後に南部ビンズン省にオープンした。 2015年1月7日、イオンモールはホーチミン市での第2号店となるイオンモールビンタン店の着工式典を行った。2016年6月の開業を目指し、建設作業が進められている。 イオンはカンボジア、インドネシアでも各1店のショッピングモールを運営している。イオンは2018年夏にはカンボジアで第2号店を、そして2016年以降にインドネシアで2店舗の開業を計画している。 好調な拡張計画が進めば、イオンは東南アジア地域で9店舗を擁することとなる。イオンはベトナムを重点地域と捉えており、東南アジア地域で最多の店舗が展開している。 千葉県美浜区に本社を置くイオンはアジア最大の小売業者であり、コンビニチェーンミニストップやスーパーマーケット、ショッピングモール、専門店等、約300の連結子会社、26の関連会社のネットワークを有する。 もっと見る
アパレル・リソース  国内市場は縫製産業成長の鍵となりうる  ↑0 ↓0
人口9000万人を擁するベトナム国内市場は繊維分野の収益を向上させる鍵となりうる。 ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長によると、アパレル製品への年間消費額は30億米ドル程度であるという。 しかし、地元紙の報道によると、国内企業のうち国内市場に興味を示しているのは20%に過ぎず、そうした企業も大都市のみを対象としており、地方では中国製品が主流となっている。 ベトナム繊維公団(Vinatex)のHoang Ve Dung副社長は「ベトナム経済時報」誌に対し、縫製産業は国内市場開発の努力をしていないと語った。 多くの企業が品質の向上や自社製品のブランドネームの構築に注力していないという。 Dung副社長は、縫製産業は購買力向上促進活動を行い、また、企業は都市部、農村部ともにスーパーマーケットや小売店での販売網を拡大し、国内市場での足場を築くべきであると話す。 ベトナム繊維協会によると、ベトナム国内の繊維・アパレル製品の消費額は年率10-15%の割合で上昇している。縫製分野の2015年の国内市場での売り上げは35億米ドルに上る。 もっと見る
sankeibiz.jp  ベトナム、外資の小売り参入活発 地場企業と合併・買収も  ↑0 ↓0
拡大が見込まれるベトナム小売市場で、外資企業の参入や外資と地場企業との合併・買収などが相次いでいる。好調な経済成長や同国が進める自由貿易協定を追い風に、今年、同市場は1000億ドル(約11兆4590億円)規模に達するとされる。今後、国内外の小売り企業の動きが一段と活発化しそうだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。 タイ流通大手セントラル・グループは昨年、ベトナム家電チェーンのグエンキム・トレーディングの株式49%を取得し、ベトナムに参入した。韓国の小売り大手ロッテマートはベトナムでの事業拡大を図るほか、韓国のディスカウント最大手イーマートは昨年12月、南部ホーチミンに初出店した。 日系企業の動きも慌ただしい。イオンは昨年、地場スーパー2社と資本・業務提携し事業展開を加速させている。セブン-イレブンは、2017年4月にベトナムでの1号店開設を目指す。 地場企業も手をこまぬいていない。地場不動産大手のビングループは、地場小売り企業のオーシャンマートなどを買収し小売り部門を強化、17年までに合計1100店のスーパーマーケットやコンビニエンスストアを開設する計画だ。 ベトナムの小売市場は、ス もっと見る
2016/02/17 05:03 da:68 facebook:2 twitter:0 小売り Tweet
アパレル・リソース  小売部門が内外企業によるM&Aに直面  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場における膨大な発展余地を見越し、外資系企業とベトナム企業との間でいくつかの合併買収(M&A)が行われている。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に参加するにあたり、その取組み義務の一つとして、2015年以降100%外資での小売企業設立を認めることとした。先月、ベトナムも参加するアセアン経済共同体(AEC)が発足し、各国市場が6億人もの消費者を擁する単一の地域市場へ統合され、また環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、12の加盟国から1万種類以上の商品が関税ゼロで供給されることとなる。 このような状況下で、スーパーマーケットやコンビニなどの現代的な小売店による販売は、ベトナムでの市場においてわずか25%しか占めておらず、伝統的市場が依然として最も身近な販売チャネルとなっている。域内の各国、例えばフィリピンの33%、タイの34%、中国の51%、マレーシアの60%、そしてシンガポールの90%と比較して、ベトナムの現代的な小売店舗のカバー率ははるかに低い。そのためベトナムでは今後、現代的な小売店舗のカバー率を45%にまで引き上げる計画としており、外資系小売業者から熱い視線を注がれている。 近代的なショッピングチェーンを展開する地元小売業者として、77店舗のスーパーマーケットを運営するCo-opmart社、ハノイに20店舗を持つFivimart社、27店舗を持つCitimart社、そして20店舗以上を持つHapro社などが挙げられる。Vingroup社はRetail Oceanグループの買収後小売市場に参入し、VinmartブランドのスーパーマーケットやVinmart+ブランドのコンビニエンスストアのネットワークを、全国で200店舗以上にまで成長させた。 一方で外資系小売企業は、ベトナム全土で800以上あるスーパーマーケットのうち40%以上を占めている。ベトナムにおける外資系小売企業には、スーパーマーケットチェーンとしてBig C、Lotte Mart、Metro Cash & Carry、Aeonなどがあり、コンビニエンスストアとして、米国のCircle K、シンガポールのShop & Go、タイのB's martなどが進出している。 専門家によると、ベトナムのこの状況は、(外資系企業が)現代的なショッピング店舗に投資するのに最適な場所の一つとさせている。投資家らは新規投資だけでなく、M&Aも選択肢としている。 ベトナムのMetro Cash & Carryを買収したタイの小売業者Berli Jucker社は、全国で30以上のBig Cブランドのスーパーマーケットを運営するフランスの小売グループCasino Viet Nam社を買収する計画を発表した。 小売業界に詳しい情報筋によると、シンガポールのThe Dairy Farmグループ、韓国のLotteグループ、そして日本の小売グループのAeonもまた、ベトナムのBig Cスーパーマーケットチェーンの獲得を望んでいる。 The Dairy Farmグループは、シンガポールや香港における業界二番手の小売業者で、7-Eleven、Cold Storage、Guardian、Wellcome Giant、そしてHeroなどのブランドを傘下に抱える。このThe Dairy Farmグループは2014年に130億米ドルの売上があり、また韓国小売チェーンのLotte Shoppingは、同年230億米ドルの売上を記録した。 外資系の巨大小売企業のみならず、不動産ディベロッパーのVingroupのような地元企業もまた、ベトナム小売市場に参入するためにM&Aを利用している。Vingroupは、これまで小売部門において立て続けにM&A取引を行ってきた。2014年にOcean Martを買収後、Vinmartと改名し、そのチェーンを拡大した。その後、ベトナム繊維公団(Vinatex)からVinatextmartsの全株式を取得し、ベトナム全土39店舗のVinatextmartsを手中にした。 Vingroupはまた、Hop Nhat 社の株式の80%を取得してVinlinksと改名し、Vingroupの小売部門の配送にそれを利用している。 最近Vingroupでは、An Phong Investment JSCからMaximarkの全株式を取得した。グループのLe Khac Hiep副会長が地元メディアに語ったところによると、Vingroupは新規建設やM&Aにより、今後2017年までに100店舗のスーパーマーケットと、1000のマートを開業する予定としている。 もっと見る
news.mynavi.jp  富士通など、ベトナムでスマホアプリによる農作物市場価格調査の実証実験  ↑0 ↓0
この実証実験は、3社が2015年10月からベトナム・ハナム省で国際協力 ... と富士通ベトナムがJICAベトナム事務所の支援を受けてベトナム・フエ省で行った住民 ... 各調査員がハノイ市内のスーパーマーケットや市場の1店舗を担当して野菜の ... JICAベトナム事務所、富士通、富士通ベトナム、同国政府女性連合の調査員は、 ...
2016/01/20 18:11 da:81 facebook:4 twitter:0 富士通 事務所 調査員 スーパーマーケット ハノイ 農作物 Tweet
アパレル・リソース  スーパーマーケットチェーンBig Cが売却か  ↑0 ↓0
フランスの小売業者Casino Groupは、財政面での柔軟性を強化するためベトナム、タイ、コロンビアの資産を売却する予定であり、ベトナムのスーパーマーケットチェーンBig Cを売却する可能性があると発表した。 2016年、Casino Groupは不動産や32店舗のBig Cを擁するベトナムでの事業を含む非中核資産の売却を進め、20億ユーロ(22億米ドル)以上のレバレッジ削減計画を進める予定である。 同グループは、タイとコロンビアでの不動産事業にも投資家の参画を求める予定である。 タイでは、Big Cが全国に所有するショッピングモールの賃貸可能面積は80万平方メートルに及ぶ。 コロンビアでも、ハイパーマーケットを除く賃貸可能面積は30万平方メートル以上である。 レバレッジ削減プログラムとフランスでの配当後のキャッシュフローの改善により、同グループの財政面の大幅な改善が期待されている。 これらの動きに伴い、Casino Groupは好調な資産を中心に、フランス、ラテンアメリカ、アジアといった主要市場での成長戦略に注力していく。 Big Cベトナムの広報担当者はベトナムニュースに対し、「しかし、この計画はベトナムにおける現在の業務とすでに承認された投資計画に影響することはありません」と話している。 Big Cはベトナムでの主要外資系小売業の一角を占めており、小売業でも大手企業のひとつである。   もっと見る
アパレル・リソース  成長するアジア小売市場  ↑0 ↓0
ベトナムはアジアで最も発達した小売市場のひとつになりつつある、とハノイにおけるセミナーにて論じられた。 ベトナム小売業協会(VRA)は、「ベトナムにおけるショッピングセンターとその開発計画」をテーマとしたベトナム小売業フォーラム2015を開催した。このイベントには、政府当局、小売業の専門家、そして国内外の小売企業が参加した。 商工省(MOIT)国内市場部のDuong Duy Hung次長によると、最終消費支出はベトナムの国内総生産(GDP)の70%を占めており、またそのうちの90%が民間最終消費支出である。 そして現在の小売市場は、ベトナムの小売業部門の成長エンジンとしての役割が増加しつつある、と続けた。 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟する際には、多国籍小売企業の参入を促進するような開放政策のために、(ベトナム自国の)伝統的な、または現代的な小売店が駆逐されるのではないかと懸念された。だがベトナムの小売企業は、生き残りのために競争力を高めることによって、だんだんと(この過酷な環境に)適応してきている、とHung次長は述べた。 しかし、国内の小売業者は再び困難に直面している。外資系の巨大小売企業は、トレードセンターやスーパーマーケットに巨額の資金を投入しており、このことが国内の小売業者を悩ませている、とHung次長は述べた。 VRAのDinh Thi My Loan会長は、ベトナムのスーパーマーケットや小売チェーンはこれまで懸命に進化してきたものの、まだ価格競争力、取扱商品の種類、そして品質管理の面などにおいて、プロフェッショナルとしての要素に劣っている部分がある、と述べた。 Nielsen市場調査会社によると、月額収入が1500万ベトナムドン(714米ドル)以上あるベトナムの中流・富裕層(MAC)の規模は、現時点から2020年までの間に3倍となり、小売業者にとっての主要な顧客グループとなることが見込まれている。 不動産サービス業を営むCB Richard Ellis社 (CBRE)のレポートによると、Saigon Co.op社傘下のスーパーマーケットチェーンCo.op-martは、2015年アジア太平洋地域における小売業トップ200のうちの一つに選ばれた。 一方で、ベトナムの小売業トップ10のリストにおいては、そのトップは、Saigon Jewellery SJC社、そしてインターネットストアチェーンのNguyen Kim社、国営の携帯電話小売大手Gioi Di Dong(Mobile World)社が続いている。 また、このレポートによると、ハノイ市の小売店用地の空き地率が過去5年で最も高い水準にあり、20%にも上ったのに対し、ホーチミン市における空き地率は比較的低率に収まっており、ここのところ10%を下回ってきた。このことは、両都市における平均賃料に直接的に影響を与えている。 結果として、ハノイ市の平均賃料は低下している一方で、ホーチミン市の金額は上昇している。ハノイ市とホーチミン市の中心エリアにおける賃料は非常に高く、CBREのレポートによると、2015年第3四半期において月額1㎡当たり120米ドル以上にも上り、市内その他の地域の約3倍となっている。 このレポートではまた、ベトナム人の22%は、大きなショッピングモールよりもむしろ、コンビニエンスストアへ買い物に行くことを好む、と指摘している。 もっと見る

Thailand

nna.jp  テイクオフ:バンコクの歩道は、「ス…  ↑0 ↓0
バンコクの歩道は、「スーパーマリオ」のゲームのようだと思う。通勤時に高架鉄道(BTS)駅からオフィスまで10分ほどの道を歩くだけで、ゲームのキノコのように ...
2018/08/21 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  いか天トムヤムクン風味やパクチーおかき見つけた!~成城石井「エスニックフェア」  ↑0 ↓0
東京都在住のタイ好きゴーゴーさんからの投稿です。 --- 自宅近にあるスーパーマーケット・成城石井には度々行くのですが、やっていました「エスニックフェア」 ...
2018/06/06 06:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
fnn-news.com  ショッピングカートが大変身 タイ・バンコク  ↑0 ↓0
スーパーなどで使われるショッピングカートが、意外な新発想で、あるお役立ちアイテムに大変身です。 タイの首都バンコク。 屋外で男性が乗っているのは、車いす。 別の場所では、室内で女性が車いすに乗っている。 しかし、わたしたちが見慣れている車いすと比べると、どこか不自然。 この車いす、元は、スーパーマーケット ...
2018/01/29 19:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  グルメマーケット、地下鉄駅2号店開設  ↑0 ↓0
タイのバンコクの地下鉄駅(MRT)構内で非鉄道事業を手掛けるバンコクメトロ・ネットワークス(BMN)は、百貨店大手ザ・モール・グループ傘下のスーパーマーケット「グルメ・マーケット」の新店舗をペッブリ駅に開業した。8日付ポストトゥデーが報じた。 開業したのはグル… 関連国・地域: タイ. 関連業種: 電力・ガス・水道/ ...
2018/01/09 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
motorcars.jp  オートバックス、タイ王国8店舗目となるワチャラポン店新設  ↑0 ↓0
同店舗は、バンコク都の北、バンケーン区にある近年人口増加の見られる新興住宅エリアでの出店となった。 同敷地内には、スーパーマーケットや飲食店、子供 ...
2017/10/31 17:23 da:- facebook:- twitter:- Tweet
getnews.jp  【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第16回タイ・プーケット編」  ↑0 ↓0
海外現地の最新スーパー事情をお届けする「世界のスーパーマーケットをめぐる旅」。商品のラインナップや日本とは少し異なるスーパーの利用方法まで、海外 ...
2017/09/19 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  プーケットのお土産に!カシューナッツ工場のおいしい味勝手にランキング【タイ】  ↑0 ↓0
プーケットでお土産探しといえば、スーパーマーケットもよいですが、カシューナッツ工場(スリ・ブラパ・オーキッド)も定番中の定番。カシューナッツだけでも10種類 ...
nna.jp  ザ・モール、地下鉄駅にスーパー出店  ↑0 ↓0
タイの百貨店大手ザ・モール・グループは4日、傘下のスーパーマーケット「グルメ・マーケット」をバンコクの地下鉄ラプラオ駅に開設すると発表した。投資額は1億 ...
2017/08/07 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 モール 地下鉄 マーケット バンコク グルメ グループ Tweet
日本経済新聞  タイ初の駅地下スーパー ザ・モール・グループ  ↑0 ↓0
ザ・モール・グループ(タイ小売り大手) 4日、首都バンコクの地下鉄駅構内に同国初となる「駅地下」スーパーマーケットを開くと発表した。バンコク中心部は都市 ...
chosunonline.com  監禁・売春強要されたタイ人女性を救出 /釜山  ↑0 ↓0
今年5月16日午前4時20分ごろ、釜山市釜田洞のスーパーマーケットを外国人女性5人が訪れた。数カ月前から周期的に未明に来店し、即席麺やトイレット ...
2017/07/05 10:07 da:- facebook:0 twitter:0 トイレット 周期的 外国人 スーパーマーケット Tweet
diamond.jp  タイ王国でスーパーマーケットの屋根置き太陽光発電システムを受注  ↑0 ↓0
タイ王国では、経済成長に伴いエネルギー消費量が拡大していますが、その需要を賄う ... ※2 本社:タイ王国 バンコク、社長:Somboon Lertsuwannaroj。
2017/06/22 18:00 da:- facebook:- twitter:- バンコク エネルギー システム スーパーマーケット Tweet
PR TIMES  タイ王国でスーパーマーケットの屋根置き太陽光発電システムを受注  ↑0 ↓0
シャープは、タイ王国の大手スーパーマーケットチェーン「Big C (ビッグシー)(※1)」の店舗や倉庫の屋根に設置する太陽光発電システムを、同国の発電事業者で ...
contents.innolife.net  コ・ジヨン&ホ・ヤンイム&スンジェくん、プーケットで家族グラビア撮影  ↑0 ↓0
KBS第2『スーパーマンが帰ってきた』出演で国民家族として人気を博しているコ・ジヨンとスンジェくんの家族がプーケットでグラビアを撮影した。今回のグラビアで ...
2017/03/27 18:45 da:47 facebook:0 twitter:0 グラビア プーケット スーパーマン Tweet
ryugakupress.com  タイ人とたまごの蜜月な関係。~Sazu Iwai-Pawle(タイ バンコク在住  ↑0 ↓0
タイの地元のスーパーマーケットで目にするもの、それは「大量のたまご」です。30個入りのパックが山のように積まれ、客は30個入り×2~3パックを平気で買って ...
2017/02/03 17:55 da:18 facebook:0 twitter:0 たまご パック バンコク スーパーマーケット Tweet
contents.innolife.net  『スーパーマンが帰ってきた』テバク君、パスポート写真公開...バンコクへ家族旅行  ↑0 ↓0
バンコクへ向かうため空港に集まった3人のパスポート写真が公開され、話題になっている。公開された写真は、今より幼い頃に撮られたようだ。緊張した真顔の3 ...
2017/01/29 13:35 da:48 facebook:0 twitter:0 バンコク パスポート 家族旅行 スーパーマン Tweet
thaich.net  バンコクでしか食べられないムエタイシ君の「ムエタイ焼き」はマンゴークリームたい焼き  ↑0 ↓0
バンコク伊勢丹の5階は日本食材も沢山取り扱うスーパーマーケットや、日本料理のフードコート、そして日本のお惣菜が沢山売られている人気のスポット。
bangkokshuho.com  陸軍のヘリがチェンマイ上空で消息絶つ  ↑0 ↓0
陸軍によれば、陸軍第3管区に所属する軽量多目的ヘリコプター「UH-72ラコタ」がミャンマーと国境を接するメホンソン県のパーマパー郡を飛び立って約30分後 ...
2016/08/15 13:41 da:47 facebook:1 twitter:0 パーマ ヘリコプター 多目的 チェンマイ Tweet
response.jp  オートバックス、ラップラオ101店を新規オープン…タイ8店舗目  ↑0 ↓0
新店舗は、バンコクの東バーンカピ区に位置する主要幹線道路沿いに出店。同敷地内には、タイ国内で広域に展開しているスーパーマーケット「テスコロータス」があり、多数の来店客を見込んでいる。新店舗は、タイヤ、エンジンオイル、バッテリーなどメンテナンス商品の取り扱いを中心とした小規模小商圏型店舗。約350アイテムを取り揃え、購入した商品をその場で取付・交換を行うピットは3台設置する。
thaich.net  ベーカリーのショーケースにネズミ現る!バンコク・スクンビット通り33のスーパーマーケットで  ↑0 ↓0
この動画は、日本人も周辺に多く住むバンコク・スクンビット通りソイ33にあるスーパーマーケット「Tops daily」で撮影されたもの。ベーカリーにあるショーケース内でネズミが走り、ドーナツをかじる姿がとらえられています。
response.jp  オートバックス ジャラン店、新規オープン…タイ 7店舗目  ↑0 ↓0
新店舗は、バンコクに流れるチャオプラヤ川の西側に面する、バーンコークヤイ区の主要幹線道路沿いに出店。同敷地内には、タイ国内で広域に展開しているスーパーマーケット「テスコロータス」があり、多くの来店客を見込んでいる。新店舗は、タイヤ、エンジンオイル、バッテリーなどメンテナンス商品の取り扱いを中心とした小規模小商圏型店舗で、約350アイテムを取り揃えたほか、購入した商品をその場で取付・交換するピットを3台設置した。
2016/05/28 07:07 da:65 facebook:1 twitter:0 敷地内 幹線道路 バンコク オープン オートバックス Tweet
travelvision.jp  タイ・バンコク、2月22日「万仏節」の祝日に伴う影響  ↑0 ↓0
2016年2月22日(月)、タイは仏教の祝日「万仏節」(マーカブーチャー)のため休日となり、酒類の販売が禁止となります。 万仏節の日は終日、コンビニエンスストアやスーパーマーケット等でお酒類を購入することができません。レストラン等でも酒類の提供ができなくなります。 また当日はバンコク市内の観光スポットの一つ「王宮」は午後閉館、本堂は終日閉館となります。 同日にご旅行をご予定の方はご注意ください。情報提供:エス・エム・アイ・トラベル・ジャパン株式会社、日本海外ツアーオペレーター協会
2016/02/18 20:26 da:36 facebook:0 twitter:0 コンビニエンス バンコク Tweet

Singapore

contents.innolife.net  KBS2『スーパーマンが帰ってきた』ウィリアム&ベントレー、ナナおばあちゃんとサプライズ再会  ↑0 ↓0
ウィルベンジャーズ(ウィリアムとベントレー兄弟)は、シンガポールで三日目を過ごした。様々な経験を積んで喜ぶウィルベンジャーズファミリーが、視聴者に幸せを ...
2018/07/28 19:40 da:- facebook:- twitter:- Tweet
財経新聞  ライフ、東京新宿の若松河田駅前店で買い物代行サービス honestbeeと提携  ↑0 ↓0
首都圏と近畿圏でスーパーマーケットをチェーン展開するライフコーポレーションは25日、シンガポールのhonestbee(オネストビー)と提携して26日から買い物代行 ...
2018/07/26 07:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  買物代行のhonestbee、スーパーマーケット「ライフ若松河田駅前店」との提携を開始  ↑0 ↓0
honestbee株式会社はシンガポールに本社を置き、アジアを中心に世界8カ国にサービスを展開しています。日本においては最大規模の買物代行サービスを提供 ...
2018/07/25 10:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
contents.innolife.net  『スーパーマンが帰ってきた』モクバン界の新星ベントレーくん、食べ物へ向けた眼差し3点セット  ↑0 ↓0
二重ウィルベンジョス兄弟は、シンガポールでの二日目を過ごす予定。その中でもベントレーが特急モクバンを披露し、視聴者に大きな笑いをプレゼントすることが ...
2018/07/21 22:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  シンガポール、包装ごみの届け出義務、21年に前倒し実施  ↑0 ↓0
包装の無駄削減を狙いとした国ぐるみの運動推進で、シンガポール政府はスーパーマーケットや輸入業者など包装を使用する業者に当局への届け出を義務付ける ...
2018/07/11 17:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  デアリーファーム、フィリピン企業と提携  ↑0 ↓0
シンガポールに上場する香港の小売り大手デアリー・ファーム・インターナショナル・ホールディングスは23日、フィリピン同業のロビンソン・リテール・ホールディングス(RRHI)と提携すると発表した。 デアリー・ファームは、全額出資するフィリピンのスーパーマーケット運営… 関連国・地域: 香港/シンガポール/フィリピン.
2018/03/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  【人財羅針盤】第89回: 東南アジア進出前の「じっくりマーケット」のすすめ(2)  ↑0 ↓0
あっという間に1月が終わり、シンガポールをはじめとする中華圏でははや旧正月(春節)の季節がやってきました。中国では民族大移動に伴い、既に交通機関が混雑し始めています。シンガポールでもスーパーマーケットは「赤色」や「犬」(今年の干支)の店舗デザインで統一されてい… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: ...
2018/02/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  環境庁、食品廃棄物削減でスーパー向けガイド  ↑0 ↓0
シンガポールの国家環境庁(NEA)は13日、食品廃棄物削減に関するスーパーマーケット向けのガイドブックを発行した。 ガイドブックは農食品獣医庁(AVA)と ...
2017/10/16 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.motorsport.com  パーマーに継続的な入賞を望むルノー「ふたりの入賞が必要」  ↑0 ↓0
しかしパーマーが、シンガポールGPで6位入賞という自身最高位を獲得したことで状況は一転。パーマーがマシンからシーズン途中で降ろされる可能性は低くなっ ...
2017/09/30 21:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.motorsport.com  ガスリー、クビアトを置き換え今週末のマレーシアGP参戦か?  ↑0 ↓0
しかし現ルノーのジョリオン・パーマーは、今季最後まで契約があると主張するとともに、先日行われたシンガポールGPでは6位入賞を果たし、結果を残した。
2017/09/26 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.motorsport.com  ハース、”大規模チーム”のルノーに物申す「600人もいるのに……」  ↑0 ↓0
前戦シンガポールGPでジョリオン・パーマー(ルノー)が6位に入賞し今シーズン初ポイントを獲得したため、ルノーはコンストラクターズランキングでハースを抜いて7 ...
2017/09/26 12:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  シンガポール、レジ袋有料化、スーパーマーケット業者が導入を協議  ↑0 ↓0
昨年6月、環境保護推進団体のゼロ・ウエースト・シンガポールが政府および事業体にレジ袋の利用を減らすため、有料化を働き掛けたのが協議を持ったきっかけ。
2017/09/26 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.espnf1.com  チームの決定に理解を示すパーマー  ↑0 ↓0
シンガポールGPの週末中、マクラーレンとトロ・ロッソが来季からエンジンを交換するという発表と併せて、サインツがルノーにレンタル移籍することが発表された。
2017/09/22 23:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
f1-gate.com  ジョリオン・パーマー 「胸を張ってルノーを離れたい」  ↑0 ↓0
ルノーは、F1シンガポールGPの金曜日に2018年にジョリオン・パーマーに代えてトロ・ロッソノカルロス・サインツを起用することを発表。さらに今シーズン中にも ...
2017/09/22 09:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.motorsport.com  今季初得点のパーマー「結果を出して、胸を張ってチームを離れたい」  ↑0 ↓0
ルノーのジョリオン・パーマーは、シンガポールGPのフリー走行1回目を終えた段階で、シーズン終了後のチーム離脱が決定した。マクラーレンとホンダが提携を ...
2017/09/21 07:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ビッグローブニュース  ウイリアムズF1のシート争いが激化。パーマー父も動く  ↑0 ↓0
しかし第14戦シンガポールでF1キャリアにおける最高位の6位でフィニッシュ。これが来季のシート獲得の可能性を後押しすることを期待し、パーマーは前向きな ...
2017/09/20 09:58 da:- facebook:- twitter:- Tweet
topnews.jp  アストンマーティンがレッドブルのタイトルスポンサーに?  ↑0 ↓0
そして先週末にF1シンガポールGPが開催されたマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットにはアストンマーティンの経営責任者であるアンディ・パーマーの姿があった。
2017/09/19 16:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
f1-gate.com  ジョリオン・パーマー、ルノーとの契約破棄を検討との報道  ↑0 ↓0
だが、F1シンガポールGPで待望の今シーズン初ポイントとなる6位入賞を果たしたジョリオン・パーマーは、残りのレースで自分自身を証明してきたいと語っている。
2017/09/19 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.espnf1.com  今季初入賞のパーマー、長すぎた春  ↑0 ↓0
17日(日)に開催されたシンガポールGPでキャリア最高位となる6位フィニッシュを果たしたルノーのジョリオン・パーマーは同様の結果をシーズン序盤に達成でき ...
2017/09/19 00:02 da:- facebook:- twitter:- Tweet
f1-gate.com  ルノー:パーマーが待望の今季初ポイント / F1シンガポールGP  ↑0 ↓0
ルノーは、F1シンガポールGPの決勝で、ジョリオン・パーマーが今季初ポイント&自己ベストとなる6位入賞。ニコ・ヒュルケンベルグはリタイアでレースを終えた。
2017/09/18 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
f1-gate.com  ジョリオン・パーマー:2017 F1シンガポールGP プレビュー  ↑0 ↓0
シンガポールは大好きだ。投下照明の下で走る本当にユニークなイベントだからね。GP2シリーズで勝っている場所だし、最高の勝利のひとつだった。実際、あそこ ...
2017/09/12 23:48 da:- facebook:0 twitter:0 ひとつ あそこ シリーズ ユニーク プレビュー 大好き Tweet
formula1-data.com  交代報道のジョリオン・パーマー「F1でも良い思い出が作りたい」F1シンガポールGP2017《preview》  ↑0 ↓0
9月15日(金)から始まる第14戦F1シンガポールGPに先立って、ルノー・スポールのジョリオン・パーマーは、GP2時代の優勝を引き合いに出し、F1でも ...
2017/09/11 01:07 da:- facebook:0 twitter:0 引き合い ルノー 思い出 Tweet
dubai.keizai.biz  日本の一部しょうゆ製品にアルコール成分 UAE、輸入禁止  ↑0 ↓0
対象は日本で製造されたキッコーマン醤油のみで、UAE内の多くのスーパーマーケットで販売されているシンガポール産など他国で生産されたキッコーマン醤油に ...
asiax.biz  食品展示会「Speciality & Fine Food Fair Asia 2017」と「RPB Asia」、サンテックシティで開催  ↑0 ↓0
同社営業部の北本嘉平さんは「金芽米には、玄米を食べやすく加工したタイプもあり、スーパーマーケットのコールド・ストレージで販売が決まるなど、シンガポール ...
manila-shimbun.com  シンガポールの有名チキンライスがタイ上陸  ↑0 ↓0
タイ紙プチャカーン(電子版)によると、タイ地場系スーパー、フードランド・スーパーマーケット傘下のレストラン運営会社「点心ワンダーランド」は、シンガポールの ...
nna.jp  フェアプライス、新生児の親に育児用品提供  ↑0 ↓0
シンガポールのスーパーマーケット大手NTUCフェアプライスは21日、シンガポール国籍を持つ新生児の親に100Sドル(約8,000円)相当の育児用品セットを無償 ...
2017/05/23 00:02 da:- facebook:0 twitter:0 フェア 新生児 プライス セット スーパーマーケット Tweet
asiax.biz  セルフレジ、採用スーパーマーケットが増加  ↑0 ↓0
セルフレジ(セルフチェックアウト)を採用するスーパーマーケットが増えている。買い物客にはレジ待ち時間の短縮になり、店側には労働力不足対策になっている。
limia.jp  【成城石井】自家製「シンガポール風海南チキンライス」が“お弁当・お惣菜大賞2017”にて優秀賞を受賞 ...  ↑0 ↓0
成城石井の自家製惣菜「シンガポール風海南チキンライス」が受賞したのは、新日本スーパーマーケット協会が主催するアワード「お弁当・お惣菜大賞2017」 ...
news.nifty.com  メチャうま!成城石井の「シンガポール風海南チキンライス」が期間限定で--“優秀賞”受賞を記念  ↑0 ↓0
成城石井の「シンガポール風海南チキンライス」が、新日本スーパーマーケット協会が主催する「お弁当・お惣菜大賞2017」で“優秀賞”を受賞。これを記念し、全国 ...
2017/01/17 15:11 da:89 facebook:0 twitter:0 チキンライス スーパーマーケット 新日本 メチャ Tweet
PR TIMES  お弁当・お惣菜大賞2017にて、成城石井自家製「シンガポール風海南チキンライス」が優秀賞を受賞!  ↑0 ↓0
成城石井の自家製惣菜「シンガポール風海南チキンライス」が、一般社団法人新日本スーパーマーケット協会が主催するアワード「お弁当・お惣菜大賞2017」 ...
asiax.biz  コンタクトレンズのアイミー、スーパーマックスと提携  ↑0 ↓0
シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日系企業コンタクトレンズのアイミー、スーパーマックスと提携. 日系企業. 2016年12月9日 ...
getnews.jp  【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第10回シンガポール編」  ↑0 ↓0
シンガポールのスーパーでは、お隣マレーシアのスーパー同様のローカル食材から、オーストラリアやニュージーランドからの輸入品が目立つ乳製品、オーガニック ...
jp.motorsport.com  マグヌッセン炎上の一方で、パーマーは『今年ベストな金曜日』  ↑0 ↓0
ルノーのマシンに合っていないと思われる、スパやモンツァのような長いストレートや、シンガポールのようなバンプがあるトラックで、難しいレースを戦った後、 ...
2016/10/01 12:22 da:72 facebook:0 twitter:0 バンプ トラック レース ストレート 金曜日 ルノー Tweet
as-web.jp  マグヌッセン「今季2回目の入賞。完璧なレースをした」:ルノー シンガポール日曜  ↑0 ↓0
2016年F1シンガポールGP決勝で、ルノーのケビン・マグヌッセンは10位、ジョリオン・パーマーは15位だった。 □ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
2016/09/19 12:33 da:56 facebook:- twitter:- ルノー フォーミュラ ケビン レース Tweet
f1-gate.com  ルノー:ケビン・マグヌッセンが10位入賞 / F1シンガポールGP  ↑0 ↓0
ルノーは、F1シンガポールGPの決勝レースで、ケビン・マグヌッセンが10位入賞。チームに11戦ぶりのポイントをもたらした。ジョリオン・パーマーは15位だった。
2016/09/19 09:41 da:39 facebook:0 twitter:0 ルノー ケビン ポイント レース チーム Tweet
f1-gate.com  ルノー:Q2には届かず / F1シンガポールGP 予選  ↑0 ↓0
ルノー:Q2には届かず / F1シンガポールGP 予選 ... ルノーは、F1シンガポールGPの予選で、ケビン・マグヌッセンが17番手、ジョリオン・パーマーが19番手だった。
2016/09/18 06:56 da:39 facebook:0 twitter:0 ルノー ケビン Tweet
f1-gate.com  ルノー:F1シンガポールGP 初日レポート  ↑0 ↓0
ルノーは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ケビン・マグヌッセンが16番手タイム、ジョリオン・パーマーが17番手タイムだった。 ケビン・マグヌッセン (16 ...
2016/09/17 09:22 da:39 facebook:0 twitter:0 タイム ルノー ケビン レポート フリー Tweet
asiax.biz  住宅ローンで利下げ競争、金利は1%台  ↑0 ↓0
モーゲージ・スーパーマート・シンガポールのフイ氏によると、住宅ローンの基準に使われることが多いシンガポール銀行間金利(SIBOR)が下落したことから、数行 ...
2016/08/04 08:03 da:43 facebook:3 twitter:0 住宅ローン マート モーゲージ 利下げ スーパー Tweet
asiax.biz  クランタン州のムスリム女性、スカーフなど着用を義務に  ↑0 ↓0
クランタン州のファストフード店やハイパーマーケットで就労するイスラム教徒の女性従業員に対して、同州政府は来年からイスラム教で顔や手以外の隠さなければならない部分(アウラット)を、スカーフや長袖の服などで覆うことを規則として定めると発表した。
日本経済新聞  マーケットの現場から  ↑0 ↓0
ポテトチップス1袋4.5シンガポールドル(約360円)、500ミリリットルの缶ビール1本8シンガポールドル(約640円)――。シンガポールのスーパーマーケットでは日本の2~3倍の値段を堂々と掲げる品物の値札をみてため息をつき、陳列棚をむなしく通り過ぎることが少なくない。英経済誌の調査では、シンガポールはパリやチューリヒなどを抑えて、2015年も世界で最も生活費が高い都市に選ばれた。■消費者物価、…
pref.nagano.lg.jp  シンガポール明治屋にて開催される「長野フェア」への出展企業を募集します!  ↑0 ↓0
この度、シンガポールの高級スーパーマーケットであるシンガポール明治屋が開催する「長野フェア」において、自社商品のPR活動を行う事業者を募集します。
2016/05/19 18:17 da:74 facebook:0 twitter:0 事業者 この度 スーパーマーケット Tweet
jacom.or.jp  輸出促進でJAグループが新法人設立へ  ↑0 ↓0
シンガポールには輸入基地を整備し現地の量販店、レストランなどへの食材提供を行うとともに、店舗開発を企画する推進拠点も設置する。さらにシンガポールの輸入基地から周辺国への輸送も検討する。 各産地の輸出拡大に向けた取り組みの柱は、産地が全国にあるJAグループの強みを活かしたリレー出荷。1年を通じた供給体制を整備する。 たとえば、シンガポールの「明治屋」向けのダイコン輸出は4月は長崎、5月は岐阜、6月は青森などとリレー出荷が行われている。ただ、イチゴなどの青果は荷傷みがしやすいため、段ボールなどの専用資材や鮮度を保つコンテナの導入なども進める。今後3年でリレー出荷による輸出の取扱量・販売額を拡大する方針だ。 また、全農がJAなどから加工品を含めて農産品をリレー出荷により集め、台北、シンガポール、ロンドンの高級スーパーマーケットなどに通年で専用売り場を確保してテスト販売を実施し、売れ行きのよかった農産品は常設棚で販売を拡大していく。今後3年でテスト販売専用の売り場を設置している店舗を5か国・8店舗、常設棚を確保している店舗を6か国・220店舗に増やす。 そのほか米の輸出はクボタと共同して玄米を もっと見る
2016/05/13 15:00 da:48 facebook:0 twitter:0 レストラン グループ Tweet
asiax.biz  ゴム手袋スーパーマックス、コンタクトレンズ事業参入  ↑0 ↓0
コンタクトレンズ製造に参入するゴム手袋大手のスーパーマックスは、コンタクトレンズ工場について、第3四半期中にも国際標準化機構(ISO)と米食品医薬品 ...
asiax.biz  「業務スーパー」と「めぐみの郷」がシンガポールに初出店  ↑0 ↓0
売り場はシンガポール最大級のウエアハウスストア「BIG BOX」のハイパーマート内。「めぐみの郷」は日本より直輸入した新鮮野菜や果物をはじめ、各地の特産品などを販売。一度に大量輸送することでコストを抑えている。また「業務スーパー」は日本から直輸入した加工食品、調味料、冷凍食品など約800品目を取り揃える。どちらも他の小売店と比べて10%~20%安い価格で提供するという。
2016/04/01 19:18 da:38 facebook:35 twitter:0 めぐみ ハイパー マート 直輸入 ストア ウエア Tweet
asiax.biz  ジャヤグローサーに買収提案、候補に日系投資ファンド  ↑0 ↓0
首都圏を中心にスーパーマーケットを16店展開するジャヤ・グローサーが身売りを計画しており、シンガポールに拠点を置く日系投資ファンドや、非公開株投資のTPGグロウス、クリエーダーなどが関心を示している。消息筋が明らかにした。
asiax.biz  プリンス・エドワード駅舎建設、遺産の一部を取り壊し  ↑0 ↓0
シンガポール陸運庁(LTA)は昨年10月、駅舎建設計画を発表したが、遺産取り壊しを事前に関係者と協議していなかったようで、国際記念物遺跡会議シンガポール委員会のケビン・タン会長は、ボートハウス型の住宅「パーマー・ハウス」は保存すべきと主張している。
2016/02/25 17:15 da:32 facebook:4 twitter:0 関係者 取り壊し エドワード プリンス Tweet
asiax.biz  小売りのシェンシオン決算、四半期、通期とも増収増益  ↑0 ↓0
スーパーマーケットチェーンを展開するシェンシオンは2月22日、第4四半期(10~12月)と通期決算を発表した。新店舗開設の効果で第4四半期の売上高は前年同期比5%増の1億8,710万Sドル(約150億円)、純利益は24%増の1,460万Sドル(約12億)だった。新店舗が売り上げ増に貢献したが、既存店舗の売り上げはやや減少した。クレメンティ店の改装が影響した。
2016/02/24 18:22 da:32 facebook:2 twitter:0 四半期 売上高 チェーン スーパーマーケット 小売り Tweet
top.tsite.jp  知って得するシンガポールのスーパー「コールド・ストレージ」  ↑0 ↓0
旅行中に訪れるスーパーマーケットは、見て歩くだけでワクワクするもの。シンガポールを代表するスーパーマーケット「コールド・ストレージ」では、ピザの具をカスタマイズしたり、サラダバーでオリジナルサラダを作ったりと、普通のスーパーと一味違う楽しみ方も。もちろん日用品やお土産も充実。老舗スーパーを攻略して、旅を一段と充実させてみては?
2015/12/10 09:11 da:75 facebook:0 twitter:0 スーパーマーケット ストレージ コールド スーパー Tweet

Philippines

nna.jp  テイクオフ:スーパーマーケットで買…  ↑0 ↓0
スーパーマーケットで買い物をしていると、妻がバジルの苗をカゴに入れた。イタリア料理など西洋料理があまり好きでない彼女がなぜ。「何に使うの」と聞くと、 ...
2018/08/22 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
beauty.biglobe.ne.jp  人気の旅行先になる予感 フィリピン・マカティで見つけた、おすすめスポット5選  ↑0 ↓0
フィリピン最大の財閥の1つであるアヤラ一族によって開発された地区・マカティは、ショッピングモールやデパート、スーパーマーケットが集まる一大ショッピング ...
2018/06/06 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
manila-shimbun.com  ジェトロ、日本産食材サポーター店フィリピン第1号にランドマークなど認定  ↑0 ↓0
ランドマーク・スーパーマーケットで行われた日本産食材サポーター店認定式。左から2人目が宮腰光寛首相補佐官=2日午前9時40分、首都圏マカティ市で撮影.
2018/06/03 00:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sponichi.co.jp  拳四朗、生放送で爽やかアピール 尚弥とW世界戦で注目アップ  ↑0 ↓0
そのメリットを尋ねられた拳四朗は「(テレビ中継が)生放送になったこと」と回答。フィリピン合宿から帰国後に人生2度目のパーマをかけ「少し伸びてきたので前日 ...
2018/05/18 05:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ルスタンのスーパー買収、商標問題が浮上  ↑0 ↓0
フィリピンのタントコ財閥系ルスタン・グループのスーパーマーケット運営会社ルスタン・スーパーセンターズ(RSCI)の買収を巡り、商標の使用問題が浮上してきた。同グループのルスタン・コマーシャル(RCC)は、RSCIの売買に関する契約に「ルスタン」の商標使用は含ま… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 金融・保険/ ...
2018/04/12 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  デアリーファーム、フィリピン企業と提携  ↑0 ↓0
シンガポールに上場する香港の小売り大手デアリー・ファーム・インターナショナル・ホールディングスは23日、フィリピン同業のロビンソン・リテール・ホールディングス(RRHI)と提携すると発表した。 デアリー・ファームは、全額出資するフィリピンのスーパーマーケット運営… 関連国・地域: 香港/シンガポール/フィリピン.
2018/03/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ロビンソンズ、ルスタンのスーパー買収  ↑0 ↓0
フィリピンのゴコンウェイ財閥系小売り大手ロビンソンズ・リテール・ホールディングス(RRHI)は23日、小売り大手ルスタン・グループ系のスーパーマーケットを運営するルスタン・スーパーセンターズ(RSCI)を買収すると発表した。取得額は180億ペソ(約359億8,000万円)と… 関連国・地域: 香港/フィリピン. 関連業種: 食品・ ...
2018/03/26 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
gunosy.com  フィリピン「出張ヘアーサロン」  ↑0 ↓0
出張ヘアーサロン. 2018年3月18日、フィリピンでは「出張ヘアーサロン」が人気だ。フィリピンではフリーランスの美容師が多く、友人からの紹介などで口コミで利用者が増えている。 人気の背景は、価格が安いのとロスタイムが少ないこと。カットとストレートパーマ、毛染めのセットで1500ペソ(約3500円)店舗料金の半額以下で ...
2018/03/18 09:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
グローバルニュースアジア  フィリピンのニュース  ↑0 ↓0
2018年3月18日、フィリピンでは「出張ヘアーサロン」が人気だ。フィリピンではフリーランスの美容師が多く、友人からの紹介などで口コミで利用者が増えている。 人気の背景は、価格が安いのとロスタイムが少ないこと。カットとストレートパーマ、毛染めのセットで1500ペソ(約3500円)店舗料金の半額以下でサービスが受け ...
2018/03/18 09:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
グローバルニュースアジア  【フィリピン流通革命】郊外型ショッピングストア「S&R」が人気  ↑0 ↓0
2018年3月10日、アジア一の経済成長を続けるフィリピン。高所得者層の増加により、マーカーを手に入れたファミリーも増えている。 昔は、サリサリストアと呼ばれる小さな商店が主流だったが、20年前からはスパーマーケットが増え、今では経済力のあるファミリー層は、まとめ買いをすることで良質の商品が手に入る郊外型 ...
2018/03/10 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  バタンガスに大型スーパー、ルスタンが着工  ↑0 ↓0
フィリピンの小売り大手ルスタン・グループ傘下でスーパーマーケットを運営するルスタン・スーパーセンターズ(RSCI)は20日、マニラ首都圏郊外のバタンガス州でハイパーマーケット(大型小売店)の着工式を行った。ルソン島南部に店舗網を広げる戦略の一環で、首都圏のベッド… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 商業・ ...
2018/02/21 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  テイクオフ:「1年後にはアパートの…  ↑0 ↓0
「1年後にはアパートの下にスーパーマーケットがオープンします」――、入居時に部屋のオーナーは言っていた。あれから間もなく1年たつが、スーパーが入る部分の工事は続いている。 アパートは3棟のビルとスーパーから成る。3棟目は2018年第2四半期(4~6月)に引渡し予定なので、工事はスケジュール通りなのかもしれ ...
2018/02/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
コミックナタリー  スーパーマラドーナが未知の食材探し、白ごはんに合う世界のおかずは  ↑0 ↓0
スーマラが英会話に四苦八苦しながら許可をもらったのは、パブを経営するフィリピン人のママ。その自宅の冷蔵庫でフィリピンの家庭料理を次々と発見する。甘口の料理や強烈な匂いの調味料、咳き込むほどすっぱい汁物などの中で、白ごはんに合うおかずはあるのか。 そのほか番組初登場の桂三度が生活に役立ちそうな ...
2017/12/05 11:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  スーパーの商品、労賃上昇で値上げも  ↑0 ↓0
年末年始を控え、スーパーマーケットの商品が一部、10~15%ほど値上がりするもようだ。最低賃金が引き上げられた分の人件費を、商品価格に上乗せするためという。地元紙スターが伝えた。 フィリピン合同スーパーマ… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 食品・飲料/商業・サービス/雇用・労務. この記事は該当の有料 ...
2017/11/29 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
airbnb.jp  Condotel style  ↑0 ↓0
2017年11月25日 - まるまる貸切 が ¥ 5211。 Robinsonパイオニア、Edsa Shang ri la、Sm megamall、Robinson galleriaのそばにあるboni mrt駅に接続しています。建物の中には、スーパーマーケットやレストランを含むショッピングモール(ライトモール)があります。
2017/11/25 14:49 da:- facebook:- twitter:- Tweet
manila.keizai.biz  フィリピンでガンダムなど日本キャラクターのマグ人気に 集客にFB活用  ↑0 ↓0
フィリピンでガンダムなど日本キャラクターのマグ人気に 集客にFB活用 ... フィリピンのテレビゲーム愛好家の間で、ガンダム、ポケモン、スーパーマリオなど、人気 ...
nna.jp  テイクオフ:フィリピンで暮らして憤…  ↑0 ↓0
フィリピンで暮らして憤りを覚えるのは、バナナの値段の高さだ。おなじみのキャベンディッシュ種は、日本のスーパーマーケットでは8本で200円も出せばお釣りが ...
ビッグローブニュース  身も心もスーパーマン  ↑0 ↓0
3日、フィリピン・ルソン島のカランバの町に現れたのは、スーパーマンのコスチュームをまとった男性。スーパーマン好きが高じて、そっくりの顔と体を得ようと美容整形まで施す熱の入れよう。
2016/03/04 09:56 da:82 facebook:0 twitter:0 スーパーマン そっくり コスチューム ルソン島 Tweet

Myanmar

日本経済新聞  ミャンマー小売り最大手、野菜工場参入 食の安心需要  ↑0 ↓0
【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーでスーパーマーケットを展開するシティマート・ホールディングスは、屋内でレタスなどを育てる野菜工場を現地で買収する。工場で ...
2018/07/19 18:14 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  マンダレー中心部のゼージョー市場改修へ  ↑0 ↓0
ミャンマー第2の都市マンダレー中心部にあるゼージョー市場のビルが、改修される見通しになった。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが9日伝えた。 市場が入る老朽化したビル全体を塗装するほか、タイルを修繕。入居を希望しているスーパーマーケットが営業で… 関連国・地域: ミャンマー. 関連業種: 商業・ ...
2018/01/10 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  商業省、食品の輸入規制を段階的に撤廃  ↑0 ↓0
ミャンマー商業省は、スーパーマーケット向け外国食品の輸入規制を段階的に撤廃する方針を示した。ミャンマー・ビジネス・トゥデー電子版が8日伝えた。 商業省と ...
2017/08/10 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 トゥデー スーパーマーケット ビジネス Tweet
ミャンマーニュース  国際協力銀行、両備HDのミャンマーでの物流倉庫運営事業に融資  ↑0 ↓0
両備HDは物流・旅客事業を軸に幅広く事業を展開する中堅企業で、日系スーパーマーケット等の出店が進むミャンマーで、昨年5月に現地法人Ryobi Myanmar ...
2017/03/31 18:11 da:24 facebook:0 twitter:0 Myanmar スーパーマーケット Tweet
sankeibiz.jp  5年後、年10店ペース目標 イオン、ミャンマー事業拡大に意欲  ↑0 ↓0
イオンの岡田元也社長は8日、東京都内で記者会見し、スーパーマーケットの出店を決めたミャンマーでの事業展開に関して「5年後には年間10店ペース」で店舗 ...
2016/08/09 05:03 da:73 facebook:0 twitter:0 ペース イオン スーパーマーケット 記者会見 Tweet
txbiz.tv-tokyo.co.jp  イオン ミャンマー進出を発表  ↑0 ↓0
流通大手のイオンは会見を開き、ミャンマーに進出すると発表しました。スーパーマーケットについて「5年後には年10店のペースで店舗を拡大する」計画を明らかに ...
2016/08/09 01:58 da:87 facebook:0 twitter:0 イオン 明らか スーパーマーケット ペース Tweet
tv-tokyo.co.jp  イオン ミャンマー進出を発表  ↑0 ↓0
流通大手のイオンは会見を開き、ミャンマーに進出すると発表しました。スーパーマーケットについて「5年後には年10店のペースで店舗を拡大する」計画を明らかに ...
2016/08/09 01:41 da:87 facebook:0 twitter:0 イオン 明らか スーパーマーケット ペース Tweet
nna.jp  イオン合弁、5年で足場固め  ↑0 ↓0
イオンは8日、東京でミャンマーの合弁スーパーマーケット事業について正式に記者発表した。合弁相手のクリエーション・ミャンマー・グループ・オブ・ ...
2016/08/09 00:04 da:51 facebook:0 twitter:0 イオン グループ スーパーマーケット クリエーション Tweet
ma-times.jp  イオン、ミャンマーで合弁会社設立 ミャンマーでのスーパーマーケット事業開始へ  ↑0 ↓0
大手流通グループ「イオングループ」を統括する持株会社のイオン【8267】は、ミャンマーのCreation Myanmar Group of Companies Limited(以下「CMGC」)と ...
ミャンマーニュース  イオン、ミャンマーでスーパーマーケット事業を拡大  ↑0 ↓0
8月1日、イオン株式会社とCreation Myanmar Group of Companies Limited(CMGC社)は、ミャンマーにてイオンオレンジ株式会社を設立し、CMGC社傘下の ...
2016/08/04 17:03 da:27 facebook:26 twitter:0 イオン Limited オレンジ Creation スーパーマーケット Myanmar Tweet
myanmarjapon.com  イオン、ミャンマーでスーパーマーケット事業の合弁を設立  ↑0 ↓0
イオンは8月1日、Creation Myanmar Group of Companies Limited(CMGC)と設立した合弁会社、イオンオレンジ株式会社を4月に設立し、CMGC社傘下の ...
newsclip.be  イオン、ミャンマーでスーパー運営  ↑0 ↓0
【ミャンマー】イオンは1日、ミャンマーでスーパーマーケット事業を開始したと発表した。 現地企業クリエイション・ミャンマー・グループ・オブ・カンパニーズ(CMGC)と ...
財経新聞  MonotaRO ネット広告出稿、SEO対策など顧客獲得施策が奏功、2Qは大幅増収増益  ↑0 ↓0
イオン、ミャンマーでスーパーマーケット事業の合弁設立―年内に1号店を開.. イオンは1日、ミャンマーで合弁会社「イオンオレンジ」を設立し、ミャンマーで ...
2016/08/01 17:03 da:51 facebook:0 twitter:0 イオン オレンジ 合弁会社 スーパーマーケット ネット Tweet
財経新聞  イオン、ミャンマーでスーパーマーケット事業の合弁設立―年内に1号店を開業へ  ↑0 ↓0
イオンは1日、ミャンマーで合弁会社「イオンオレンジ」を設立し、ミャンマーでスーパーマーケット事業を開始すると発表した。既に小売事業基盤を持ち、現地の ...
2016/08/01 13:18 da:51 facebook:0 twitter:0 イオン スーパーマーケット オレンジ 合弁会社 Tweet
Reuters  イオン、ミャンマーでスーパーマーケット事業を開始へ  ↑0 ↓0
イオンは、ミャンマーにおいて、イオンマイクロファイナンスミャンマーが2013年から日系企業初の割賦販売事業を開始。14年には駐在員事務所を開き、小売り ...
2016/08/01 12:56 da:96 facebook:0 twitter:0 イオン 小売り 事務所 スーパーマーケット 割賦販売 Tweet
ミャンマーニュース  8月開催!国際フード&ビバレッジ展示会開催!  ↑0 ↓0
CVeX主催による「第3回国際フード&ビバレッジ展示会」が2016年8月18日~8月20日まで開催される。世界の飲食業界関連の展示物が並ぶビッグな展示会の会場は、Tatmadaw展示会ホール。展示会参加者について「第3回国際フード&ビバレッジ展示会」に参加する人は政府関係者やスクールおよび病院、ホスピタリティコンサルティングやホテルチェーンオーナー、リゾート、スーパーマーケットおよびレストラン、バーやカフェマネジメントなどの仕事に関連ある専門家や関係者など多くの人たちが参加するという。出店希望者へのブース紹介同展示会の出展希望者に対して提供されるブースはスタンダードブースで、ブースサービスに含まれるのはネームボードやレセプションデスクや2ユニットの椅子、電源ソケットおよび蛍光ランプなどになる。※展示会で出展を希望する人は同サイトで手続きを行う。また展示会では会議や多様なアクティビティを用意しており、今後飲食業に携わる人はこれからのビジネス交流で大いに役立つにちがいない。飲食業関連の人は参加してみてはいかがか。外部リンクMYANMARHORECAhttp://www.myanmarfoo もっと見る
2016/07/30 20:03 da:27 facebook:6 twitter:0 展示会 フード ビッグ Tweet
travelvision.jp  ミャンマー・ヤンゴン、ミニゴン交差点の「シティマート」、24時間営業に  ↑0 ↓0
ヤンゴン市内のミニゴン交差点に位置するスーパーマーケット「シティマート」が、24時間営業を開始いたしました。 特産のインレー湖ワインやカシューナッツクッキーなども購入できます。 また、シュエダゴン・パゴダにも近いため、ライトアップを見に行った帰りの買い物にも便利です。 是非、お立ち寄りください。※シティマート・ミニゴン店 住所: Corner of Paye Rd. & Sin Saw Pu Rd., Sanchaung Tsp., Yangon情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社、日本海外ツアーオペレーター協会
2016/07/01 18:56 da:43 facebook:8 twitter:0 シティ 交差点 マート ヤンゴン カシューナッツ クッキー Tweet
ミャンマーニュース  世界の『美』関連品が集結!「ミャンマービューティーコネクト2016」開催  ↑0 ↓0
Minh Vi Exhibition & Advertisement Service Co., Ltdは「ミャンマービューティーコネクト2016」を2016年5月20日~5月22日の3日間実施する。イベント会場はヤンゴンの豪華なホテル「ローズガーデンホテル」で実施される。各日のオープン時間は午前9時~午後5時までとなっている。ミャンマーのほか9月にはカンボジアで、10月にはバングラデシュでも実施される。展示会の内容日々発展していくミャンマーの女性たちは以前よりも、エイジング効果や肌の状態を気にするなど多くの美容に関するコスメアイテムに興味を持っているという。「ミャンマービューティーコネクト2016」は展示企業100社ほどが参加し、多種多様な「美」関連品が展示される。またビューティーサロン、ネイルサロンやヘアサロン、スーパーマーケットやホテル、ビューティースクールおよびメイクアップ関係者が参加する。さらにクラブやフィットネスセンターなど、美や健康に関する仕事に従事している人や、美容を大事にしている人など多くの人たちが展示会に訪れる。外部リンクMinh Vi Exhibition & Ad もっと見る
2016/05/11 01:07 da:24 facebook:47 twitter:0 コネクト ビューティー イベント Service Exhibition Advertisement Tweet
ミャンマーニュース  【美】関連の展示物や専門家が集結!「ビューティ&ウェルネス製品展示会」開催  ↑0 ↓0
ヤンゴンでMiTA社主催の「ミャンマーコスメティックス エクスポ、ミャンマービューティ&ウェルネス製品展示会」が2016年6月17日~6月19日まで開催され、展示会の開催場所はTatmadawホールになる。さらに同時開催でスポーツや医療関連の展示会なども実施されるので同期間展示会関係のさまざまな専門家や、展示会が気になる多くの参加者と出会え、最新情報とともにビジネス交流が広がる絶好の機会だろう。 最先端の【美】に関連する展示物や専門家が集結「ミャンマーコスメティックス エクスポ、ミャンマービューティ&ウェルネス製品展示会」ではメイクアップやスキンケア、化粧品、男性用美容ケア、ハーブやスパおよびレーザー治療機器など【美】に関連する最先端展示品がバリエーション豊かに登場する。多彩な職種からの参加者また同展示会ではエージェントや企業、スーパーマーケット、スポーツクラブやミャンマービューティ ファッションモデル、さらに美容師やミャンマースパリゾート、医者および政府関係者、メディアそのほか【美】関連の仕事にたずさわる人や専門家などが数多く参加する。そのうえミャンマーコスメティックス、スポーツ、ビ もっと見る
2016/02/01 00:56 da:21 facebook:0 twitter:0 ビューティ 展示会 エクスポ ヤンゴン 専門家 Tweet
news.nissyoku.co.jp  国分、ミャンマーで全温度帯センターを稼働 現地SMや外食との取引拡大へ弾み  ↑0 ↓0
国分は現地の大手コングロマリットとの合弁会社を通じ、ミャンマーで全温度対応型の物流センターを稼働した。常温加工食品やチルド、生鮮、冷凍食品の物流に対応する基幹センターへ位置付け、現地のスーパーマーケットや外食店との取引拡大へ弾みをつける。 国分は昨年10月にミャンマーの大手コングロマリットであるサージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)グループとの合弁により、5割ずつの出資で低温物流事業会社「KOSPA」を設立。 これまでKOSPAを通じて現地の小売業や外食店・・・
newsclip.be  国分、ヤンゴン郊外で低温物流センター稼働  ↑0 ↓0
ミャンマーの大手コングロマリット、サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)グループと国分が折半出資で設立した合弁会社KOSPA(コスパ)が運営する。コスパは2014年設立で、スーパーマーケット、飲食店、製造業、輸出入業者向けのコールドチェーン物流を開始している。
e-logit.com  国分/ミャンマーにて低温物流センターを稼動  ↑0 ↓0
国分(株)〔会長兼社長CEO・國分勘兵衛、本社・東京都中央区〕は、ミャンマーの大手コングロマリットであるSerge Pun & Associates (Myanmar) Ltd.(サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー)(以下、SPA)グループとの合弁会社KOSPA(コスパ)を通じて、ミャンマー連邦共和国ヤンゴン北郊に低温物流センターを開設いたしましたので、お知らせいたします。   1. これまでの経緯当社はミャンマーにて2014年、SPAグループとの合弁により低温物流事業会社のKOSPAを設立し、スーパーマーケットや飲食店、製造業、輸出入業者向けのコールドチェーン物流を開始しています。今般、ヤンゴン北郊のレグ郡区に低温を中心とする4温度帯対応のハブセンターが稼動いたしました。ミャンマー国内にて、農産物、水産物および低温加工食品のコールドチェーン物流機能を発揮してまいります。  2.センター概要稼働日: 2015年12月18日(金)所在地: No.8, Landmark 505, Holding No.(19,20,21), on No 3 High Way Road, もっと見る

Malaysia

huffingtonpost.jp  「クッパ姫」が空前のブームに。マレーシア発の投稿がきっかけだった。  ↑0 ↓0
任天堂のTVゲーム「スーパーマリオ」シリーズのボスキャラとして知られる「大魔王クッパ」が女性キャラ化した「クッパ姫」という二次創作イラストが、Twitter上で ...
2018/09/24 16:20 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  《安全》手足口病ウイルス、ペナンのスーパーでも検出  ↑0 ↓0
マレーシアのペナン州を中心に感染が拡大している手足口病(HFMD)ウイルスが、ペナン州内のスーパーマーケットの買い物用カートからも発見された。感染者数 ...
2018/07/25 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet