15.493546009064

Vietnam

ryutsuu.biz  ファミリーマート/外国人スタッフ教育強化、文化・用語集を店舗に配信  ↑0 ↓0
教育・育成では、2018年3月から、中国・ベトナム出身の本部社員が、日本にある研修センター(東京、名古屋、大阪、福岡)にて、外国人ストアスタッフ向けにレジ ...
毎日新聞  「コンビニ業務も実習職種に」 業界団体、国に申請へ  ↑0 ↓0
中国に加え、近年はベトナムやタイなど東南アジアから多くの実習生を受け入れており、コンビニ大手各社はこうした途上国での店舗展開に日本での経験が生かされると考えているという。 国内店舗では人手不足が慢性化しており、留学生を中心に既に多くの外国人が働いている。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの ...
2017/12/05 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 コンビニ 東南アジア 実習生 途上国 人手不足 留学生 Tweet
newsclip.be  辛味スナック「カラムーチョ」、ベトナムで販売好調  ↑0 ↓0
ベトナムの「ファミリーマート」(11月3日時点で153店舗)では累計販売が発売1カ月で3万食を突破し、週を追うごとに売り上げが伸びている。量販店での販売も ...
2017/11/07 13:18 da:- facebook:0 twitter:0 スナック ムーチョ ファミリーマート 売り上げ Tweet
nna.jp  日系コンビニ、日本食品76品目を一斉販売  ↑0 ↓0
ベトナム国内のファミリーマート、ミニストップ、イオンは1日、ホーチミン市を中心に展開している約260店舗で、加工食品など日本商品76品目のテスト販売を開始 ...
日本経済新聞  なにを「おいしい」「便利」と考えるか  ↑0 ↓0
セブンイレブンのベトナム1号店がオープンし、6月15日に開いた記念セレモニーに出席した。そのスピーチを聞きながら、2009年にファミリーマートがベトナムに ...
時事ドットコム  日本商品の販売で存在感=ベトナム進出コンビニ各社  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】コンビニエンスストア大手セブン-イレブンのベトナム最初の店舗が15日、ホーチミンで開業した。先行するファミリーマート、ミニストップと合わせ、 ...
fukuishimbun.co.jp  セブンがベトナム初出店  ↑0 ↓0
【ハノイ共同】コンビニのセブン―イレブンのベトナム1号店が15日、南部ホーチミンにオープンした。ベトナムにはファミリーマート、ミニストップが既に進出しており、 ...
ビッグローブニュース  ベトナムで出木杉まん発売。受験シーズン目前だから作ったらしい  ↑0 ↓0
ベトナムのファミリーマート(FamilyMart Vietnam)で「出木杉まん」が発売され、話題になっています。出木杉君こと出木杉英才といえば、学業優秀でスポーツ ...
2017/05/11 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 スポーツ ファミリーマート Tweet
pref.niigata.lg.jp  ベトナムにおける日系小売店(ファミリーマート、ミニストップ、イオン)  ↑0 ↓0
ジェトロではファミリーマート、ミニストップ、イオンと連携し、本年11月、両コンビニエンスストアおよびイオンのベトナムにおける全店舗を対象としたテスト販売事業「 ...
アパレル・リソース  日本のコンビニチェーン各社が小売市場に急速に参入  ↑0 ↓0
日本のサービス文化に対する需要が高いベトナムでは、日系のコンビニエンスストアチェーンが急速に勢力を増している。 セブンイレブンジャパンは、近日ホーチミンで開店予定であるベトナム初号店の求人募集を2017年2月に開始した。 セブンイレブンブランドがアジアに初めて進出したのは、セブンイレブンチェーンの元となるサウスランド社が台湾に進出した1980年のことである。 その後1991年にセブンイレブンジャパンがアメリカのサウスランド社を買収し、のちに経営統合されセブン&アイ・ホールディングスとなった。 2014年にはセブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブンジャパンが中国・北京に初号店を開き、成功を収めている。 中国市場への参入は大成功を収め、セブンイレブンジャパンは即座に韓国、香港、ベトナムなどアジア諸国への拡大の計画を開始したという。 こうしてセブンイレブンジャパンは、世界中の過酷な市場で培った経験とともに、ホーチミンに初号店を開店するに至ったのである。 セブンイレブンのマネージメントチームにはアメリカ時代の30年以上前から在籍するメンバーも複数名おり、コンビニエンスストア部門ではかなり高いスキルを持っている。 その他のチェーンもまた、日本式の製品やサービス、スタッフトレーニングをベトナム全土に広めている。 日本第3位の大手であるファミリーマートは、2016年7月時点でベトナムに106店舗出店しており、2016年末までには150店舗、2018年には300店舗到達を目標としている。 またファミリーマートは、台湾、中国、タイなどのアジア市場でも幅広く展開している。 日本の大手流通企業イオングループのコンビニエンスストアチェーンであるミニストップは、日本国外では主に韓国で展開しているが、ベトナム全土のイオンショッピングセンターでも店舗を開設する計画がある。 一方で日本大手第2位のコンビニエンスストアチェーンであるローソンは海外展開においては遅れをとっており、2016年6月末時点の国外店舗はアジアの821店舗のみであった。 ローソンは上海地元企業との合同事業として1996年に中国市場に参入したが、運営能力の低さなどから売り上げや店舗数の増加に苦戦していた。 インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイなど、現在は日本国外に790店舗のみしか展開していないものの、ローソンはフランチャンズの促進により2020年までに中国で3000店舗を展開することを目標としており、ベトナムやマレーシアなどでのフランチャイズ展開も視野に入れている。 アジアでは中流階級層に突入する人口が増加しており、コンビニエンスストアの需要は今後高まると予想されている。 日本式のコンビニエンスストア運営の特徴としては、イノベーションや連続した新商品の投入、そして独自のサービス提供があげられる。 こうしたサービスは、同じ商品を何ら改良や変更することなく毎年提供し続ける傾向がある、従来のベトナム小売店とは全くの極地にある。 日本貿易振興機構(ジェトロ)は国内チェーンの大陸進出に関して楽観的であり、ジェトロの役員は、日本のコンビニエンスストアチェーンがベトナムにおいて大成功を収める可能性は十分にあると語っている。 もっと見る
アパレル・リソース  外資系小売業者にとってコンビニエンスストア事業が魅力的なビジネスに成長  ↑0 ↓0
外資系小売業者の投資意欲は当面衰えを知らず、ベトナムのコンビニエンスストア事業参入にも触手を伸ばそうとしている。 Seven System Vietnam JSC社はセブンイレブンのフランチャイズ加盟業者であるが、自社ウェブサイトに採用情報の掲載を開始し、このコンビニエンスストア・チェーン大手が間もなくベトナムで最初となる店舗を立ち上げようとしていることが明示された。 ベトナム市場に早期に参入した企業はまだ利益をあげていない中で、このセブンイレブンの参入が競争をさらに激化させることになるだろう、と市場関係者は確信している。 3〜4年前は、ベトナムの大半の消費者が雑貨を買いに行くのに長距離をバイクに乗って行くという長年の習慣を変えないだろうとし、この国でのコンビニエンスストア事業の成功に多くの疑念が示されていた。さらに、昔ながらの小規模な家族経営の食料雑貨品店も広く親しまれている。 しかしホーチミン市やハノイでは近年、ファミリーマート、ミニストップ、B's Mart、Circle K、Shop&Goなどの大手外資系ブランドの人気が高まり、コンビニエンスストア事業は堅調に成長を遂げてきた。 ある業界関係者は、ベトナムの市場規模はまだ小さいものの、各社ではベトナムの2大都市であるホーチミン市とハノイにおいて自社の存在感とブランド認知度を高めるために、投資を増やすことを計画しているとした。 例えば日本資本のコンビニチェーンであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムに200店舗以上を開業し、チェーン拡大を進めている。ミニストップはベトナムに800店舗を展開する見通しとしており、一方のファミリーマートは2020年までに800〜1,000店舗開店の目標を示している。 セブンイレブンはまだ市場に参入していないものの、3年以内に100店舗の開店を目標としており、さらに今後10年間で1,000店舗にまで増加させるという。 実際のところコンビニエンスストアのビジネスモデルは、ある特定グループの人々の手軽な買物需要を満たしている。一方でコンビニエンスストアは、スーパーマーケットや昔ながらの小売店より価格が高いため、その競争力は劣っている。 専門家によると、コンビニエンスストア・チェーンが収益性を確保するには店舗数の拡大が必要であり、各社では最低150〜200店舗が必要とされる。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、コンビニエンスストアの初期投資を回収するには通常5〜6年かかるとし、安定的に利益を確保するには各チェーン少なくとも300店舗が必要となる、と算定した。 「今年度末までにミニストップの店舗数は160店舗に達すると見込んでいます。我々は投資を継続し、フランチャイズのコスト削減に取り組み、店舗カバー率の最適化を検討していきます。」と前田社長は述べた。現在のところ、中心エリアの高額な賃料が大きな課題として認識されている。 投資、管理、運用コストの要件に見合う用地を探すためには、財務的な強みと優れた管理スキルが必要とされる。この点が現在のところ、ベトナム現地企業にとって2つの大きな弱点となっている。 外資系小売業者は他の市場での経験により、ベトナムにおいてもコンビニエンスストア事業が成長を遂げ、徐々に昔ながらの地元食料品店に取って代わるものと考えている。 TCCグループ傘下のMM Mega Market VietnamのPhidsanu Pongwatana CEOは、スーパーマーケット事業は国民の消費習慣の変化により、過去ほど成長していかないだろうと述べた。彼はベトナムの消費者が利便性を望むほど、コンビニエンスストア事業が優位に立つだろうと予測した。 ホーチミン市労働組合連合会のPham Ngoc Hung副会長は、コンビニエンスストア市場は急速に成長しているものの、豊富な資金と豊かな経験を持つ外資系企業だけがこの市場に参入する余裕がある、と述べた。 もっと見る
アパレル・リソース  eコマース市場の見通しは依然として厳しいまま  ↑0 ↓0
オンラインショッピングがベトナムにおいて牽引力を増している一方、オンライン上の決済でクレジットカードを使用することをためらう層の存在により、オンラインショッピングの販売チャンネルとしての存続の可能性に対し疑問視を持つ小売業者や卸売業者が増えてきている。 商工省の公式統計によると、2015年のオンラインショッピングの合計は、インターネットアクセスの拡大とスマートフォン利用の増加に伴い、1年間で22.5%増となる49億米ドルであった。 この増加のほとんどは、Vathia、Sendo、Tiki、Hotelなどのベトナムのオンラインウェブサイトや、国際的なe-マーケットプレイスであるLazadaやZaloraによるものである。 ベトナム電子取引IT庁の他のレポートにおいても、オンラインショッピングの利用者数と売上高は2020年までに大幅に増加するとの明るい見通しである。 しかしながらこの展望とは裏腹に、多くの販売店やメーカーではeコマースに対する適性や物流、競合性において大きな課題に直面している。 とりわけ、オンライン購入時にクレジットカードを利用することへの恐怖心から、ベトナムにおけるeコマース取引の90%以上が代金引換払いを選択しており、それが販売店にとって大きな悩みの種となっている。 また消費者知識とコンシューマーインサイトのグローバルリーダーであるKantar Worldpanelによると、世界的には売れ行きの3.9%を占める、本来であれば売れ筋であるはずの日用品(FMCG)部門が、ベトナムにおいては0.2%しかないという事実も見過ごされているという。 簡単に言えば、ベトナムの消費者は日用品をオンラインでは買わず、実店舗や地元の市場で現金購入する傾向にあるのである。 さらに、Vinmart+やサークルK、ファミリーマートなど、日用品の主要事業者が全国に実店舗を拡大しているこの状況下では、日用品部門においてeコマースが伸びる余地が残されていないと多くの専門家は考えている。 ベトナム電子取引庁の予測する展望においてはまた、世界中の発展国の主要市場では依然として実店舗が小売の基礎となっているという事実を無視している。 アメリカの市場調査会社であるeMarketerによると、インターネット時代と呼ばれる今日においても、世界中の小売販売の90%が依然として実店舗で執り行われるという。経営コンサルタントA.T.Karneyはさらに、この数字が95%近くであるとみている。 ベトナム電子取引IT庁の事務所庁Nguyen Thi Hanh氏は最近、ベトナムにおけるビジネスの42%がウェブサイトすら持っていないという調査結果を発表している。 ベトナムのビジネスの19%がウェブサイトを通じて商品やサービスを売り込んでいる一方。70%のウェブサイトはスマートフォン利用者が満足にコンテンツも見られないほどお粗末なデザインのままなのである。 もっと見る
jacom.or.jp  ベトナムのコンビニで国産農産物販売 JAの産品も採択-JETRO  ↑0 ↓0
日本貿易振興機関(JETRO)はベトナムのファミリーマート、ミニストップとイオンの計約200店舗で11月の1か月、ジャパン・フェアを開催し日本の農産物・食品を ...
okinawatimes.co.jp  「沖縄とベトナムは似ている」 合作ドラマは応援したくなる恋  ↑0 ↓0
沖縄とベトナムが舞台のテレビドラマ「遠く離れた同じ空の下で」の制作発表が5日、那覇市の沖縄ファミリーマート本社であった。ベトナム国営放送(VTV)と琉球 ...
2016/10/05 21:59 da:73 facebook:0 twitter:0 ドラマ ファミリーマート テレビ Tweet
nna.jp  ファミマ、「しずかまん」発売  ↑0 ↓0
ファミリーマート・ベトナムは2015年に「ドラえもんまん」を発売以降、「ジャイアンまん」や「スネ夫まん」などをシリーズで売り出してきた。同社は、ホーチミン市を ...
ビッグローブニュース  誰得チョイスに定評があったベトナムの「ドラえもん中華まん」シリーズからついに「しずかちゃんまん」登場 ...  ↑0 ↓0
毎度の謎チョイスで日本を騒がせている、ベトナムのファミリーマート限定「ドラえもん ... ベトナムの「ドラえもん中華まん」シリーズと言えば、第1弾の「ドラえもん」に ...
nlab.itmedia.co.jp  誰得チョイスに定評があったベトナムの「ドラえもん中華まん」シリーズからついに「しずかちゃんまん」登場 ...  ↑0 ↓0
誰得チョイスに定評があったベトナムの「ドラえもん中華まん」シリーズからついに「 ..... 毎度の謎チョイスで日本を騒がせている、ベトナムのファミリーマート限定「 ...
アパレル・リソース  2018年にセブンイレブン1号店開業見込み  ↑0 ↓0
国際メディアによると、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店は2018年2月に開業すると見込まれている。 コンビニエンスストアのセブンイレブンは、新規ビジネスの設立に対して規制が緩和される新規則や、小売市場の堅調な伸びを見込んでベトナムに進出する予定である。 今年5月に政府は、敷地面積500平方メートル以下の小規模店舗を開店するのに必要な要件を緩和する計画を発表した。この新規則は年末までに発効する見込みである。 成長著しい中産階級の台頭により、ベトナムの小売市場はますます魅力的なものとなっている。ベトナム小売市場は昨年1098億米ドル規模に達したと見られており、5年前と比較して2.4倍にもなっている。さらに2020年には1790億米ドルにも達すると予測されている。 2015年半ばに日本のセブン&アイ・ホールディングス社は、ベトナムにおけるセブンイレブン1号店を2017年に開店する予定であると明らかにした。日経新聞によると同社の米国子会社である7-Eleven Inc.は、ベトナムでセブンイレブンを新規開業するにあたり、既に当地でPizza Hut チェーンやその他店舗を運営しているIFB Holdingsとライセンス契約を締結した。 セブン&アイ・ホールディングス社は、セブンイレブン1号店をホーチミン市でオープン後、その後3年間で100店舗、10年間で1000店舗の開店を目指す。 国際メディアは、その他外資系企業も9300万人の消費者を擁して急成長するベトナム小売市場のシェアを獲得するために殺到すると予想されていると報じた。 日本のコンビニエンスストアブランドであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムにおいて既に営業を開始している。 また日本のイオンは、2014年にベトナムで初のショッピングモールをホーチミン市にオープンした。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、イオンはそれ以降、さらにハノイなどに3店舗を開業した。 外資系企業は資本、店舗設計や商品の多様性などの面で先んじているが、国内企業もよく応戦している。 不動産ディベロッパーのVingroup社は、小売業に参入するために2014年10月に地元スーパーマーケットを買収して2015年下半期にVinMart+というコンビニエンスストアの営業を開始し、今ではハノイとホーチミン市で880店舗を展開している。 Vingroup社は不動産事業でのノウハウを活かし、新規店舗の30%がしばらくの間不採算であっても吸収可能としている。Vingroup社はまた、2019年末までに400のショッピングセンターを開業するとし、さらに家電店の開業も計画している。 ベトナムは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含むいくつもの貿易自由協定(FTA)を締結した。 今年6月に行ったベトナム商工会議所(VCCI)の調査プロジェクトによると、ベトナム小売市場ではTPPとEUの投資家参入による競争激化が予想される。 またFTAにおける協約によって、より多くの商品や電子製品がベトナムの小売市場に流れ込むことが認められることとなる。 もっと見る
nna.jp  ファミマ、「ジャイ子まん」発売  ↑0 ↓0
ファミリーマート・ベトナムは2015年に「ドラえもんまん」を発売以降、「ジャイアンまん」や「スネ夫まん」などをシリーズで売り出してきた。同社は、ホーチミン市を ...
アパレル・リソース  人気高まるコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
生活ペースのスピードアップや世帯の小型化に伴い、ベトナム人が店選びの歳に近頃では「利便性」を大いに重要視することが、市場調査会社ニールセンによる最近の調査で明らかになった。 ベトナム人顧客の10人に6人近くが、都合の良い場所にある店を選ぶと言う。一方、10人に5人近くの顧客が、優れたデザインで商品が選びやすく陳列されている店に行くという。 ニールセン・ベトナムのRoberto Butragueño氏は、小売店のオムニチャネル戦略の中でその店が果たすであろう役割を考慮する必要があるとコメントした。 ホーチミン市商工省によると、Tien Loi Gia Dinh Vietnam社所有のファミリーマートが70店舗、B’s Mart株式会社に属するB’s Martが98店舗、Cua Hieu & Suc Song JSCに属するショップアンドゴーが111店舗である一方、Vong Tron Do社が所有するサークルKは150店舗に達した。 アナリストらは、最近のコンビニエンスストアにおいて、多様な商品の提供とファーストフードカフェとしての用途の両方を目指した「ハイブリッド」な店へと発展する傾向である大きな変化を言及する。 サークルKは、ネットワーク拡大の速さにおいてライバルより優っているとこがわかる。あらゆる住宅街にて、わずか500メートル間隔で約2、3店舗が営業している。 例えばホーチミン市の6地区の11区では、Binh Phu通りに2店舗、Cho Lon通りに1店舗の計3店舗のサークルKがある。小売店チェーンは、アメリカのものに似せた新しい看板でその独自性を変化させた。 サークルKベトナム責任者のTony Yang氏は、店舗数の急速な増加を説明しながら、サークルKベトナムは米国サークルKとのフランチャイズ契約の下で発展したことを語った。2015年前半の構造改以後、サークルKは4Fサービス(フレッシュ、フレンドリー、ファースト、フル)に注力している。 サークルKは現在、コンビニエンスストア方式の消費者用品を販売するだけの店から、ファーストフード(顧客の注文に応じその場で加工する)、プライベートブランド飲料、座席やWi-Fiなどの付加設備を含めさまざまなサービスを提供している。 一方、2010年から小売店チェーンを展開してきたVingroup株式会社は、コンビニエンスストア(Vinmart +)は毎日2店舗を開店していると伝えられる。5月までに650店舗が開店され、Vinmart +はベトナム最大のコンビニエンスストアチェーンとなった。   もっと見る
nna.jp  ミニストップ、ベトナム50店舗に到達  ↑0 ↓0
ミニストップベトナムは20日、ホーチミン市1区のナムキーコイギア通りに稼働ベースで50店舗目をオープンさせた。ミニストップは昨年、ベトナムでのパートナーを地場コーヒーチェーン大手チュングエン傘下のG7S&Tから双日に切り替えて以降に出店を加速させており、年内に80店舗、2017年末までに160店舗体制を目指す。ミニストップはベトナムでの店舗数が50店となった=20日、ホーチミン市双日とパートナーを結ぶまでの17店舗体制から、1年余りでホーチミン市内で3倍に店舗網を広げた。15年から向こう10年で800店以上に拡大させる計画で、都市部での立地確保を急ぐ。ベトナム国内のコンビニエンストアでは、不動産最大手ベトナム投資グループ(ビングループ)の「ビンマート・プラス」が650店を超えたとされ、タイ系「ビーズ・マート(B’s Mart)」は140店程度、ファミリーマートも100店を突破した。競争が激しくなる中、ミニストップは店舗網の拡大に向け、直営店に加えてフランチャイズ店の導入も検討に入る。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、「オーナーも稼げるような契約を考える」とし、来年にも開始する意向だ もっと見る
2016/07/21 00:00 da:51 facebook:2 twitter:0 ストップ パートナー オープン ホーチミン ベース Tweet
ASEAN PORTAL  ファミリーマートはベトナム展開を加速  ↑0 ↓0
株式会社ファミリーマートは、ベトナムにおける事業展開を加速させるために、現地 ... ファミリーマートのベトナム展開は、日本発のコンビニとしては初めてとなる ... Company」が中心となり南部のホーチミン市を中心として103店舗まで展開していた。 ... また、VIDグループは北部のハノイを本拠地としている事から、今後は北部の ...
2016/07/08 16:18 da:20 facebook:1 twitter:0 ファミリーマート ハノイ 本拠地 グループ Company コンビニ Tweet
newsclip.be  ファミリーマート、ベトナムで現地企業と提携  ↑0 ↓0
【ベトナム】ファミリーマート(東京都豊島区)は7日、ベトナムでの店舗展開で、同国で銀行・金融、工業団地、商業不動産、鉱山開発、小売り、外食などを手がけるベトナム・インベストメント・ディベロップメント(VID)グループと提携すると発表した。
2016/07/08 02:15 da:45 facebook:1 twitter:0 ファミリーマート 小売り 工業団地 不動産 Tweet
nna.jp  ファミマ、店舗展開加速へ新体制  ↑0 ↓0
ファミリーマートは7日、ベトナムでの店舗展開の加速に向け、ベトナム・インベストメント・デベロップメント・グループ(VIDグループ)とパートナー契約を結んだと発表した。ファミリーマート・ベトナム(FMV)をVIDとの合弁会社にし、VIDのグループ企業「ベトナム・ファミリー・コンビニエンス・ストアズ(VFCVS)」と2社体制で事業を推進する。FMVの出資比率はファミリーマートが51%、VIDが49%となる。ファミリーマートの関係者によると、FMVが本部機能を担い、店舗運営を担当するVFCVSにフランチャイズ(FC)権を付与する。VIDはハノイに本拠を置き、金融をはじめITや人材、不動産などの事業を手掛ける。ファミリーマートは、多角的に事業を展開するVIDと日本式コンビニ運営のノウハウを合わせることによる相乗効果の創出を目指す。ファミリーマートのベトナムでの店舗数は、6月末時点で103店。このうち、90店舗以上がホーチミン市で、ビンズオン省が3店、バリアブンタウ省に2店と、全ての店舗が南部に設置されている。同社は今年第4四半期(10~12月)にハノイ1号店の出店を目指しており、その後に同市で もっと見る
ryutsuu.biz  ファミリーマート/ベトナムのVIDグループと店舗展開で合意  ↑0 ↓0
ファミリーマート/ベトナムのVIDグループと店舗展開で合意 ... Joint Stock Company(FMV)が主体となって、ホーチミン市を中心に103店を展開している。 ... ファミリーマートが約7年間蓄積してきたベトナムにおける日本式コンビニの展開ノウハウ ...
excite.co.jp  ベトナムの丸亀製麺はパクチーを盛れる!日本食チェーンの海外向けローカライズ  ↑0 ↓0
カリフォルニアロール。今は日本でも食べられる、アメリカから逆輸入された寿司料理だ。一般的な巻き寿司と違って海苔が外側ではなく内側に巻かれてあるが、これは海苔を気味悪がったアメリカ人に食べてもらうための工夫がはじまりという。そうして現地に合わせて工夫する行為、これは「ローカライズ」と呼ばれる。世界各地に広がる日本食とローカライズ筆者が住むベトナムには、三年ほど前から続々と、日本でもお馴染みのチェーン店が進出してきた。丸亀製麺、吉野家、牛角。それに、飲食店ではないがファミリーマート、日本資本ではないがマクドナルドなど。ここで進出時に欠かせないものが、さきほど述べた「ローカライズ」である。現地に暮らす日本人ではなく、ベトナム人の舌の上こそが味の行き先。オリジナルの良さを軸に置きつつ、現地で受け入れられる味に変えていく。今回は、ベトナムに進出している日本食チェーン店のユニークなローカライズ、4つの事例をご紹介したい。ベトナムの!丸亀製麺はトッピングにパクチーがある屋号は分かりやすく、「製麺」ではなく「うどん」だ。丸亀製麺は、最初にベトナムへ進出した日系飲食チェーンのひとつ。「うどん」は以前から もっと見る
2016/06/27 07:52 da:91 facebook:8 twitter:0 アメリカ 一般的 ロール カリフォルニア チェーン Tweet
newsalt.jp  父の日に合わせ「のび太のお父さんまん」発売 ファミマベトナム  ↑0 ↓0
ファミリーマートベトナム(ベトナム、ホーチミン市)は5月31日、ベトナムの全店舗で「のび太のお父さんまん」の販売を開始した。6月19日の父の日に合わせた商品 ...
nlab.itmedia.co.jp  なぜ、そこに目を付けた のび太のママを中華まんにしたベトナムファミマ、今度は「のび太のパパまん」発売  ↑0 ↓0
4月に「のび太」のママを再現した中華まんを発売したファミリーマート・ベトナム(関連記事)。今度は、パパの中華まんの販売をスタートしました。
2016/06/03 07:07 da:87 facebook:246 twitter:0 華まん のび太 スタート ファミリーマート Tweet
news.livedoor.com  「のび太のママまん」 ベトナムのファミリーマートで販売  ↑0 ↓0
ベトナムでは、なんと「のび太のママまん」なるものが売られているというのだ! しずかちゃんでもジャイ子でもなく、のび太のママまんだって? 「いったい誰需要だよ!?」と言いたくなったが、その言葉、取り消します。画像を見ると思わずパクっといっちゃいたくなる可愛さなのだ!・ベトナムファミマで「のび太のママまん」現地ファミマで4月26日から販売しているという「のび太のママまん」。メガネの奥でニコニコ笑う目も、口も、ちょっとツンツンとした髪型も完全に再現されている。どこからどう見ても野比玉子さんだ!玉子さん、いいですか!? パクついちゃっていいですか!? そうためらっちゃうくらいちゃーんと「ママの顔」をしている。ビジュアルは100点満点だ。ちなみに、ママまんの中身は抹茶クリーム。トロ〜リ優しい抹茶味だなんて想像しただけで美味しそうである。・ママまん推しの理由実は、ベトナムファミマでは過去にドラえもんにミニドラ、ドラミちゃんにジャイアン&スネ夫の中華まんも販売されているそうだ。しかし、ここにきて正ヒロイン・しずかちゃんでも、ジャイ子でもなくのび太のママとは攻めているなぁ!その攻めの姿勢には理由があっ もっと見る
2016/05/02 13:39 da:88 facebook:447 twitter:0 のび太 しずか ファミリーマート Tweet
nlab.itmedia.co.jp  なぜそのチョイス!? ベトナムファミマがのび太のママをモチーフにした中華まん「のび太のママまん」を発売  ↑0 ↓0
ファミリーマート・ベトナムが4月26日からベトナムの全店舗で、「ドラえもん」ののび太のママを再現した中華まん「のび太のママまん」を販売しています。
newsalt.jp  母の日に合わせて「のび太のお母さんまん」を発売 ファミマベトナム  ↑0 ↓0
ファミリーマートベトナム(ベトナム、ホーチミン市)は26日、ベトナムの全店舗で「のび太のお母さんまん」の販売を開始した。5月8日の母の日に合わせた商品だ。
アパレル・リソース  日系企業、小売市場で奮闘中  ↑0 ↓0
9000万人強ともされるベトナムの巨大消費市場の中で利益を掘り起こそうと、ベトナムの小売市場に進出する日系企業の数はますます増大している。 日本でコンビニエンスストア第3位のファミリーマートは2013年に操業を開始し、2014年には千葉県千葉市美浜区に本部を置くイオングループもこれに続いた。 一方大手デパートである高島屋と日本を拠点とするセブンイレブンの店舗のはじめての出店も2016年初旬から中頃にホーチミン市で予定されている。 しかしこれら日系の小売業者らはベトナムにおける事業で必ずしも成功を収めているわけではなく、多くの著名な経済専門家は小売業者らが生き残ることができるかに対して疑問を持っている。 アジアにおける地元の小売業者らは家族経営から本格的な営利事業に変化してきているとイオンベトナム代表の尾山長久氏は語る。 今後数年で地元企業との競争は激化すると十分に予測はしており、イオンは競争に勝つために店舗を多くの強力なプライベートブランド商品で埋め尽くす準備を整えていると尾山氏は言う。 また尾山氏によれば数多くの困難や問題のあるビジネスのやり方を経験し、すべての地元ベトナムでのパートナー関係を解消したと述べた。 ファミリーマートもまた多数の問題があったために地元のビジネスパートナーとの関係を解消している。ファミリーマートは地元企業と協力関係を進める際には提案されているパートナーを詳細に調査することが必要だと忠告する。 両日系チェーンともに当初発表したベトナムでの拡大計画の数には達していない。 日系スーパーのイオンは地元の製造業者らと協力し2017年度までに関連する自社で開発するプライベートブランドの品目をおよそ2300点にまで伸ばす計画を明らかにした。 日系の巨大小売業者であるイオンは世界中で減退している売上と利益を好転させようとベトナム市場に大きく賭けている。昨年12月にはイオンはマレーシアで初めての店舗の閉鎖を発表している。 イオンはベトナムを成長の源泉と頼りにしており、ベトナム内での店舗を4倍の200店舗にまで拡大させようと大きな期待を寄せている。 ブルームバーグが発表した最近の記事によれば、イオングループはBig C Vietnamの買収において提案価格8億米ドルを提示している主要な入札者であるという。 フランスの小売りグループであるCasinoも、同グループに近い情報筋によればBig C Vietnamの売却に対して第2ラウンドの入札を計画しているという。   もっと見る
sankeibiz.jp  コンビニ、TPPに商機 ファミマ、マレーシアに進出 ローソンはベトナムに熱視線 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの外資規制が緩和されることをにらんだ取り組みだ。TPP発効後の規制緩和を見越して、市場の成長が見込まれるマレーシアやベトナムへの進出の動きは今後広がりを見せそうだ。 ファミマはQL社とライセンス契約を締結し、今年中にマレーシアの首都クアラルンプールに1号店を出店する。TPPの発効後、日本企業が現地の運営会社に30%まで出資できるようになるため、コンビニを運営するQL社の子会社へ出資する方向だ。 マレーシアにおける日系のコンビニでは、セブン&アイ・ホールディングスが米子会社を通じたライセンス契約を現地企業と締結し、1950店を展開しているが、他の日系コンビニチェーンは展開していない。ファミマにとってマレーシアは「有望なフロンティア。規制緩和をポジティブにとらえていく」(中山勇社長)としており、今回の提携を機に5年で300店の出店を目指す。 もっと見る
ビッグローブニュース  ベトナムのコンビニで日本フェア=TPP後視野に  ↑0 ↓0
【ホーチミン時事】ベトナム訪問中の林幹雄経済産業相は20日、同国の日系コンビニエンスストアで今秋、日本の商品を試験販売する「ジャパンフェア」を行うと表明した。環太平洋連携協定(TPP)発効後を視野に、日本産食品・農水産品の輸出拡大や、現地の日系コンビニの収益増につなげることを目指す。 対象はファミリーマートとミニストップの最大200店舗。2社と日本貿易振興機構(ジェトロ)が連携して開催する。東日本大震災の被災地産を含めた農産品や、菓子類、日本酒などを念頭に、最大60程度の商品を販売する方向で調整する。 [時事通信社]
nlab.itmedia.co.jp  12月2日はドラミちゃんの誕生日! ベトナムのファミリーマート限定でメロン味の「ドラミまん」を販売している ...  ↑0 ↓0
本日12月2日は漫画「ドラえもん」に登場するドラミちゃんの誕生日。ファミリーマートベトナム(FamilyMart Vietnam)では、ベトナムの全店舗で12月1日から「ドラミまん」を発売しています。か、かわいい……!
2015/12/02 18:13 da:84 facebook:132 twitter:- 誕生日 ファミリーマート ドラえもん メロン Tweet
kt.wowkorea.jp  困った時はとりあえずココへ 。ベトナムのコンビニ【ベトナム】  ↑0 ↓0
ホーチミンはファミリーマートやミニストップなどの日系コンビニがたくさんあります。セブンイレブンも2017年にベトナム進出する予定なので、さらに日系コンビニが盛り上がりそうです。

Thailand

news.nifty.com  ますます日本化するバンコクのコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
以前も総菜コーナーを設け、日本式のカレーなどを購入できるブースがあったが、雰囲気を変えて、ほかとは違うファミリーマートに大変身している。そのファミリーマートの目の前にはセブンイレブンがあり、バンコク中心地のコンビニは、各社日本料理を武器に戦っているようである。ますますバンコクは日本人にとって暮らしやすい ...
2018/02/26 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
グローバルニュースアジア  中国大使館もうんざりする、恥ずかしい『中国人旅行者の国歌合唱』、大暴れ、暴徒化  ↑0 ↓0
韓国人がオーナー「偽ファミリーマート」看板の完成度は高いが商品の充実度に難 · 「偽ファミリーマート」韓国人オーナー日本国内報道にビビリ、急遽看板を撤去 · 【韓国出稼ぎの悲劇】多くのタイ人が陥る厳しい現実ー冬の季節に死に至るケースが増加 · 「もっと楽しいフィリピン」警察ボランティア日本語通訳・スリや泥棒被害者の ...
2018/02/05 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
出島  ファミマ、タイで2000店舗に拡大へ、「ユニーク」さで顧客獲得狙う  ↑0 ↓0
ファミリーマートはタイの店舗数を5年以内に現在の2倍の2000店舗以上に増やす。商品戦略も見直し、「中食」と呼ばれる弁当やデザートを充実させる。 この記事 ...
2016/11/15 12:29 da:19 facebook:0 twitter:0 デザート ファミリーマート ユニーク ファミマ Tweet

Singapore

nna.jp  ファミマがドンキのグループ化見送り、提携継続  ↑0 ↓0
【共同】ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は20日、ドンキホーテホールディングスに対する株式公開買い付け(TOB)の結果を発表し、応募が極端に ...
2018/12/20 19:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  【M&A速報:2018/07/13(2)】伊藤忠<8001>、ユニー・ファミリーマートHD<8028>へのTOBを開始  ↑0 ↓0
エバラ食品工業<2819>、シンガポールに子会社を設立 □ビジネスソリューション事業のオロ<3983>、広告代理業のシンガポールCrossfinity Digital Asiaを買収
2018/07/13 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  ファミリーマートが開業式店、二号店もオープン  ↑0 ↓0
ファミリーマート(本社・東京都豊島区)は12月2日、マレーシアにおける正式開業式とマレーシア二号店の開店式を行った。海外での店舗開設は8ヵ国・地域目。11 ...
2016/12/05 13:11 da:42 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート オープン Tweet
asiax.biz  ファミリーマート、マレーシアに初出店  ↑0 ↓0
シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日系企業ファミリーマート、 ... シンガポール | その他 ... シンガポールで始める 投資セミナー(口座開設.
asiax.biz  ファミリーマート、マレーシアに進出へ  ↑0 ↓0
シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日系企業ファミリーマート、マレーシアに ... キッザニア・シンガポールがオープン サンスターなど、日系企業.

Philippines

nna.jp  ファミマ、来年14店を新型店に改装  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートをフィリピンで運営するフィリピン・ファミリーマートCVS(PFM)は、2019年に国内14店舗の装いを一新する計画だ。
2018/10/31 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ファミマの比運営者、クラーク出店も検討  ↑0 ↓0
フィリピンでコンビニエンスストア「ファミリーマート」を運営する石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは、ルソン島中部パンパンガ州のクラークでの出店を検討していると明らかにした。短期的にはマニラ首都圏での店舗網拡大に注力するものの、都市開発が活発化… 関連国・地域: フィリピン/日本. 関連業種: ...
2018/02/15 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nicovideo.jp  【フィリピンで偽ファミリーマート】 韓国人は「4EVER A&J」ニダ!  ↑0 ↓0
【フィリピンで偽ファミリーマート】 韓国人は「4EVER A&J」ニダ! [政治] ルールを守るのが苦手なのでしょうか?それならば仕方がありません、徹底的に正規代理店を通じて報...
2018/02/01 07:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
fnn-news.com  フィリピンに「偽ファミマ」 一体誰が  ↑0 ↓0
フィリピンに「偽ファミマ」 一体誰が. 01/15 18:12. フィリピンの首都マニラから、およそ80km離れた町アンヘレス。歓楽街の中に、日本人にはおなじみの「ファミリーマート」がありましたが、実はこの店、「偽ファミリーマート」でした。 このニュースを話題にする. twitter tweet · share · hatena · google · mix · line · mail. みんなの意見 ...
2018/01/15 18:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
fnn-news.com  フィリピンに「偽ファミマ」 一体誰が  ↑0 ↓0
フィリピンに「偽ファミマ」 一体誰が. 01/15 18:12. フィリピンの首都マニラから、およそ80km離れた町アンヘレス。歓楽街の中に、日本人にはおなじみの「ファミリーマート」がありましたが、実はこの店、「偽ファミリーマート」でした。 このニュースを話題にする. twitter tweet; share; hatena; google; mix; line; mail. みんなの意見を ...
2018/01/15 18:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  【フィリピン】比石油大手  ↑0 ↓0
【フィリピン】比石油大手、現地ファミマ運営社の買収完了[商業] フィリピンの石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは11日、コンビニエンスストア「ファミリーマート」の現地運営会社の全株式を取得したと発表した。昨年10月30日に発表した買収の基本合意に...
2018/01/15 02:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  比石油大手、現地ファミマ運営社の買収完了  ↑0 ↓0
フィリピンの石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは11日、コンビニエンスストア「ファミリーマート」の現地運営会社の全株式を取得したと発表した。昨年10月30日に発表した買収の基本合意に基づき、現地法人フィリピン・ファミリーマートCVS(PFM)の買収手続きを進めていた。PFMは、フィリピンでのエリア・ ...
2018/01/15 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
グローバルニュースアジア  韓国人がオーナー「偽ファミリーマート」看板の完成度は高いが商品の充実度に難  ↑0 ↓0
2018年1月12日、フィリピン・マニラ郊外の繁華街に、偽コンビニファミリマートが誕生していた。看板は、本物のファミリマートにかなり似ており、遠目からは、お馴染みのファミリマートにしか見えない。 近くのレストランスタッフによると「昨年の工事中から周辺住民の間には、コンビニが開店して便利になるねなどと話していたんです ...
2018/01/12 22:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ファミマがパートナー変更、300店体制へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手ファミリーマートは10月30日、フィリピン事業のパートナーを変更すると発表した。財閥アヤラ・グループなどとの合弁を解消し、石油元売り ...
2017/11/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ma-times.jp  ファミリーマートのフィリピンCVS運営会社をガソリンスタンド展開のPNX社が買収  ↑0 ↓0
伊藤忠【8001】傘下のファミリーマートは、フィリピンにおけるCVS運営会社Philippine FamilyMart CVS, Inc.(以下、PFM)の事業パートナーをPHOENIX ...
2017/11/01 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  フィリピンのファミリーマート、現地石油小売りが買収  ↑0 ↓0
【フィリピン】フィリピンの石油小売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンズは30日、同国でコンビニエンスストア「ファミリーマート」を展開するフィリピン・ ...
2017/10/31 01:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  比ファミリーマート、現地石油会社が買収へ  ↑0 ↓0
【マニラ=遠藤淳】フィリピンの石油販売会社フェニックス・ペトロリアムは30日、同国でコンビニエンスストア「ファミリーマート」を運営する会社の全株式を株主の ...
2017/10/30 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  比ファミリーマート、現地石油会社が買収へ  ↑0 ↓0
【マニラ=遠藤淳】フィリピンの石油販売会社フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは30日、同国でコンビニエンスストア「ファミリーマート」を運営する会社の全株式を ...
2017/10/30 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ryutsuu.biz  ファミリーマート/フィリピンのCVS事業パートナーを変更  ↑0 ↓0
ファミリーマートは10月30日、フィリピンにおけるCVS運営会社Philippine FamilyMart CVS,Inc.(PFM)の事業パートナーをPHOENIX PETROLEUM ...
2017/10/30 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  ファミマ、比コンビニ運営企業を変更  ↑0 ↓0
ファミリーマートは30日、フィリピンでコンビニエンスストアを運営する現地のパートナー企業を変更すると発表した。都市部に強い財閥系企業から地方が地盤の ...
2017/10/30 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
family.co.jp  フィリピンにおけるCVS事業パートナーの変更及び新ライセンス契約締結に関するお知らせ|ニュース ...  ↑0 ↓0
株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:澤田貴司、以下「ファミリーマート」)は、フィリピンにおけるCVS運営会社Philippine FamilyMart ...
2017/10/30 13:38 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  【フィリピン】財閥アヤラ、ファミマの事業強化を模索[商業]  ↑0 ↓0
【フィリピン】財閥アヤラ、ファミマの事業強化を模索[商業] フィリピンでコンビニエンスストアのファミリーマートを合弁で運営する財閥アヤラ・グループとルスタン・ ...
2017/10/12 02:57 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  財閥アヤラ、ファミマの事業強化を模索  ↑0 ↓0
フィリピンでコンビニエンスストアのファミリーマートを合弁で運営する財閥アヤラ・グループとルスタン・グループは、事業の強化策を模索している。両社は9日、複数 ...
2017/10/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Myanmar

ミャンマーニュース  世界で最も過激な格闘技「ラウェイ」 5月1日 横浜で試合開催  ↑0 ↓0
大会では、ミャンマーのソー・ゴー・ムドーとタイのプロイタクシン・ノー・ナクシンの試合、ミャンマーのニャン・リン・アウンと日本の金子大輝の試合が行われる。大会の概要について同大会の概要は以下の通り。開催は5月1日(日)、会場は横浜文化体育館。開場は14時、本戦開始は15時。料金は、ROYAL席1万5000円、VIP席1万2000円、SRS席1万円、S席8000円、A席6000円。チケットは、Fighting Globe、イープラスで販売。なお、ファミリーマートとセブンイレブンでも購入可能だ。問い合わせはFighting Globe、電話:042-711-7510、 E-mail:info@f-globe.jpまで。(画像は、Fighting GlobeのFacebookより)外部リンクFighting Globe(Facebook)https://www.facebook.com/f.globe/photos/a.807182256036870Wikipedia(ラウェイ)https://ja.wikipedia.org/wiki/ラウェイ もっと見る
2016/04/14 19:30 da:25 facebook:11 twitter:0 格闘技 Tweet

Malaysia

nna.jp  ファミマがジョホール州に進出、首都圏外初  ↑0 ↓0
ファミリーマート・マレーシアは16日、ジョホール州ジョホールバルのスクダイ地区に新店舗「タマン・ステラ店」を開業した。2016年にマレーシアに進出して以来、 ...
2018/11/19 00:02 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニ店舗を街のインフラに ファミリーマート、上陸1周年(下)  ↑0 ↓0
ファミリーマートが、マレーシア市場で1年目から予想を上回る手応えを得られた背景には、既に地場の競合が2,000店舗以上出店しコンビニエンスストア業態が浸透していたことに加え、タイや台湾など近隣諸国で「ファミマ」ブランドに親しんだ消費者が多いことも後押しした。次は、単… 関連国・地域: マレーシア/日本.
2017/12/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  定着目指し中食重視で独自色 ファミリーマート、上陸1周年(上)  ↑0 ↓0
日本のコンビニエンスストア大手、ファミリーマートがマレーシアに上陸して1年が経過した。先行する競合チェーンが2,000店舗以上出店する中、おにぎりや弁当、おでんなどの中食商品の開発に注力することで独自色を発揮。首都圏クランバレー内で30店舗近くを出店した。国内競合にも… 関連国・地域: マレーシア/日本.
2017/12/07 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
top.tsite.jp  おなじみのファミリーマートがマレーシアに初出店!【マレーシア】  ↑0 ↓0
しかし、そんなマレーシアのコンビニ業界にやってきたのがファミリーマートです。場所は、クアラルンプールのモノレールの駅Raja Chulan駅近くパブリック銀行の ...
出島  マレーシア・ファミリーマートで人気のおでん、専用ラインも登場  ↑0 ↓0
マレーシアに鳴り物入りでオープンしたファミリーマートで、おでんが大人気になり話題になっている。人気の理由はなんだろうか? ファミリーマート広報に聞いた。
2016/12/27 14:33 da:22 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート おでん オープン 鳴り物入り ライン Tweet
asiax.biz  ファミリーマートが開業式店、二号店もオープン  ↑0 ↓0
ファミリーマート(本社・東京都豊島区)は12月2日、マレーシアにおける正式開業式とマレーシア二号店の開店式を行った。海外での店舗開設は8ヵ国・地域目。11 ...
2016/12/05 13:11 da:42 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート オープン Tweet
マレーシアナビ  ファミリーマートが開業式店、二号店もオープン  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ファミリーマート(本社・東京都豊島区)は2日、マレーシアにおける正式開業式とマレーシア二号店の開店式を行った。
2016/12/03 08:45 da:35 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート オープン クアラルンプール Tweet
日本経済新聞  ファミリーマート、マレーシアで1000店視野 25年までに  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=CK・タン】ファミリーマートは2日、マレーシアで2025年までに1千店の開業を視野に入れていることを明らかにした。現地の水産加工食品 ...
2016/12/02 23:50 da:89 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート 明らか クアラルンプール Tweet
NHKニュース  マレーシアに日本式コンビニ ファミリーマート開店  ↑0 ↓0
大手コンビニエンスストアのファミリーマートがマレーシアに1号店を開店し、日本式のコンビニがどこまで市場を開拓できるのか注目されます。 ファミリーマートの1 ...
mys-news.asia  ファミマ、クアラルンプールに1号店オープン  ↑0 ↓0
株式会社ファミリーマートは、11日、首都クアラルンプールにマレーシア初出店となる、「ファミリーマート Wisma Lim Foo Yong店」(ウィスマ・リム・フーヨン店)を ...
出島  ファミリーマート、マレーシア第1号店オープン、現地で大盛況  ↑0 ↓0
ファミリーマートは11月11日、クアラルンプールにウィスマ・リム・フーヨン店を出店した。マレーシアでの出店は初めてで、現地の食品製造会社との協力で店舗を ...
2016/11/17 10:52 da:19 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート クアラルンプール オープン Tweet
newsclip.be  ファミリーマート、KLにマレーシア1号店  ↑0 ↓0
【マレーシア】ファミリーマート(東京都豊島区)は11日、クアラルンプール(KL)中心部のホテル併設のオフィスビルの1階にマレーシア1号店を出店した。
2016/11/15 17:01 da:44 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート オフィス クアラルンプール ホテル Tweet
asiax.biz  ファミリーマート、マレーシアに初出店  ↑0 ↓0
ファミリーマート(本社・東京都豊島区)は11月11日、マレーシア一号店「ウィスマ・リム・フーヨン店」をクアラルンプール(KL)に出店すると発表した。 食品加工を ...
2016/11/15 10:49 da:43 facebook:- twitter:- ファミリーマート クアラルンプール Tweet
nna.jp  ファミマ、KL中心部の1号店開業=中食充実  ↑0 ↓0
日本のコンビニエンスストア大手、ファミリーマートは11日、マレーシアのクアラルンプール中心部で国内1号店を開業した。事業提携する地場QL ...
ryutsuu.biz  ファミリーマート/マレーシアに初出店  ↑0 ↓0
ファミリーマートは11月11日、マレーシアの首都クアラルンプールに、マレーシア1号店となる「ファミリーマートWisma Lim Foo Yong店」をオープンした。
2016/11/12 07:11 da:49 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート オープン クアラルンプール Tweet
日本経済新聞  ファミマ、マレーシア1号店を開店  ↑0 ↓0
ファミリーマートは11日、マレーシアでコンビニエンスストアの1号店を開いた。提携する現地食品メーカーの工場で製造したサンドイッチやパンなど「中食」商品の ...
ASEAN PORTAL  ファミリーマートがマレーシアで1号店をオープン  ↑0 ↓0
株式会社ファミリーマートは、マレーシアの首都クアラルンプールにマレーシア1号店となる「ファミリーマート ウィスマ・リム・フーヨン店」(Wisma Lim Foo Yong) ...
2016/11/11 19:08 da:22 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート クアラルンプール オープン Tweet
family.co.jp  トピックス詳細  ↑0 ↓0
ファミリーマートがマレーシアに初出店 首都クアラルンプールに「ファミリーマートWisma Lim Foo Yong 店」開店! 2016年11月11日. 株式会社ファミリーマート( ...
2016/11/11 14:41 da:73 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート クアラルンプール トピックス Tweet
nna.jp  【TPP】出資より認知度向上を優先 ファミマの「先買い」戦略  ↑0 ↓0
【小売り・マレーシア編(下)】年内にもマレーシア1号店を開業する予定のファミリーマート。だが、同国政府が環太平洋連携協定(TPP)発効を前に明文化した出資 ...
2016/08/29 00:00 da:51 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート 太平洋 小売り 先買い ファミマ Tweet
mys-news.asia  ファミマ、マレーシアで店舗展開  ↑0 ↓0
このマレーシアにおける店舗展開は、同国の食品関連会社、キューエルリソーシーズ社(QL Resources社)の協力合意のもとに進められ、クアラルンプール市内での1号店開店を今年末に予定。同社の東南アジアでの店舗展開は、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピンに続く5カ国目となる。利用者の生活に根ざしたサービスをマレーシアでのファミリマートのパートナー企業、キューエルリソーシーズ社は、セランゴール州に拠点を置く食品製造メーカーで、同国を代表する企業の1つでもある。製造工場や物流センターなども有し、畜産品や水産品の加工などをはじめとする様々な事業をマレーシア全土にて展開する。一方、ファミリマートは「Fun&Fresh」を掲げ、「気軽にこころの豊かさ」が感じられる店舗経営を目指し、1988年に初の海外進出を果たした。2016年3月末現在で、日本国外6カ国地域に5,869店舗、国内を合わせると17,540店舗を各地に構える。ファミリーマートは、キューエルリソーシーズ社の経営ノウハウやインフラを、日本発祥のコンビニエンスストアとしての質の高い店舗運営や商品開発と融合させ、より現地の利用者の生活に もっと見る
2016/04/16 19:30 da:16 facebook:6 twitter:0 クアラルンプール ファミマ Tweet
itmedia.co.jp  ファミマ、マレーシアに進出 5年で300店舗目指す  ↑0 ↓0
ファミリーマートは4月12日、年内にマレーシアへ進出し、首都クアラルンプールに1号店を出店すると発表した。現地の食品会社QL Resourcesと契約し、2020年 ...
2016/04/13 15:22 da:91 facebook:9 twitter:0 クアラルンプール ファミリーマート ファミマ Tweet
ASEAN PORTAL  ファミリーマートがマレーシアに進出  ↑0 ↓0
株式会社ファミリーマートは、マレーシアにおいてファミリーマート店舗の展開を実施することを発表した。 マレーシアでの展開は、マレーシア現地で畜産や水産加工 ...
2016/04/13 14:03 da:19 facebook:1 twitter:0 ファミリーマート Tweet
logi-today.com  ファミリーマート、マレーシアで現地企業と店舗展開  ↑0 ↓0
荷主ファミリーマートは、マレーシアのQLリソーシーズ社(セランゴール州)と、同国でファミリーマート店舗を展開することで合意した。年末には首都クアラルンプールで1号店を開店する。
2016/04/13 12:28 da:37 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート セランゴール Tweet
asiax.biz  ファミリーマート、マレーシアに進出へ  ↑0 ↓0
QLリソーシズがブルサマレーシアに宛てた声明によると、同社子会社のマックスインカム・リソーシズを通じて契約を締結した。5年内に300店舗を開設する予定だ。契約期間は20年で、延長のオプション付きとなっている。
ryutsuu.biz  ファミリーマート/マレーシアで店舗展開  ↑0 ↓0
... などの商品開発ノウハウと、キューエルリソーシーズ社の持つマレーシアにおける経営ノウハウや様々なインフラを融合させることで、店舗展開を実現する考え。
2016/04/13 11:48 da:47 facebook:0 twitter:0 ノウハウ インフラ ファミリーマート Tweet
sankeibiz.jp  TPPでコンビニに商機 ファミマ、マレーシアに進出  ↑0 ↓0
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの外資規制が緩和されることをにらんだ取り組みだ。TPP発効後の規制緩和を見越して、市場の成長が見込まれるマレーシアやベトナムへの進出の動きは今後広がりを見せそうだ。 ファミマはQL社とライセンス契約を締結し、今年中にマレーシアの首都クアラルンプールに1号店を出店する。TPPの発効後、日本企業が現地の運営会社に30%まで出資できるようになるため、コンビニを運営するQL社の子会社へ出資する方向だ。 マレーシアにおける日系のコンビニでは、セブン&アイ・ホールディングスが米子会社を通じたライセンス契約を現地企業と締結し、1950店を展開しているが、他の日系コンビニチェーンは展開していない。ファミマにとってマレーシアは「有望なフロンティア。規制緩和をポジティブにとらえていく」(中山勇社長)としており、今回の提携を機に5年で300店の出店を目指す。 もっと見る
NHKニュース  ファミリーマート TPP見据えマレーシアに進出  ↑0 ↓0
TPP=環太平洋パートナーシップ協定で、外資系企業に対する規制が緩和されることを見据え、大手コンビニチェーンのファミリーマートがマレーシアに進出することになり、大手コンビニの間でこうした動きが広がるか注目を集めそうです。
マレーシアナビ  ファミリーマート、マレーシアに進出へ  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】  ファミリーマート(本社・東京)は11日、養鶏のQLリソーシズとマレーシアにおけるファミリーマート店舗の展開について合意したと発表した。
2016/04/12 21:22 da:36 facebook:1 twitter:0 ファミリーマート リソーシズ クアラルンプール Tweet
newsclip.be  ファミリーマート、マレーシアに進出  ↑0 ↓0
【マレーシア】ファミリーマート(東京都豊島区)は12日、マレーシアの食品メーカー、QLリソーシーズと共同で、マレーシアでファミリーマート店舗の展開を開始すると発表した。今年末に1号店をクアラルンプールに出店する予定。
2016/04/12 18:22 da:48 facebook:1 twitter:0 ファミリーマート メーカー Tweet
family.co.jp  2016年04月12日マレーシアにおけるファミリーマート店舗の展開について|トピックス|FamilyMart  ↑0 ↓0
株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:中山勇)は、QL Resources Berhad(本社:マレーシアセランゴール州/代表:Dr. Chia Song Kun、以下「QL Resources社」)と、マレーシアにおけるファミリーマート店舗の展開について合意いたしましたので、お知らせいたします。
2016/04/12 14:22 da:76 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート セランゴール トピックス Tweet
news.tv-asahi.co.jp  ファミリーマートがマレーシアに進出へ TPP見据え  ↑0 ↓0
ファミリーマートは今年中に首都のクアラルンプールに1号店を出店します。現地の食品加工企業のQLリソーシーズとライセンス契約を締結していて、今後5年 ...
2016/04/12 12:11 da:88 facebook:0 twitter:0 ファミリーマート ライセンス クアラルンプール Tweet
msn  ファミマ、マレーシア出店へ  ↑0 ↓0
【クアラルンプール時事】マレーシア企業のQLリソーシズは11日、全額出資の子会社を通じ、同国でファミリーマート〈8028〉の店舗を独占的に開発・運営するフランチャイズ契約をファミマと締結したと発表した。年内に1号店をオープンする計画で、今後5年間で300店に増やすことを目指す。契約期間は20年。 
sankei.com  ファミマがマレーシア進出へ TPP発効で規制緩和受けて年内  ↑0 ↓0
ファミリーマートが、2016年中にマレーシアに進出することが12日、わかった。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)発効後、コンビニの出資規制が30%まで緩和されるマレーシア市場を取り込み、海外進出を加速させる狙い。進出後5年間で、300店の出店を目指す。 現地の食品加工業、QLリソーシズとライセンス契約を結び、首都のクアラルンプールに1号店を出店する。TPP協定の発効後は、現地のコンビニを運営する事業会社へ、上限となる30%の出資する方向で検討を進める。 マレーシアでは、日系のコンビニエンスストアは、セブン&アイ・ホールディングスが、米子会社を通じたライセンス契約で約2千店を展開しているが、他のコンビニチェーンは現在進出していない。ファミマは購入した商品を飲食できる「イートイン」スペースを設けるなどして、需要の取り込みを図る。 もっと見る
2016/04/12 09:33 da:77 facebook:11 twitter:0 コンビニ 太平洋 ファミリーマート ファミマ Tweet
web.fisco.jp  コンビニ各社  ↑0 ↓0
ファミマがマレーシア進出、TPP見据え5年で300店(日経1面)ファミリーマート<8028>がマレーシアに進出、現地の食品加工企業であるQLリソーシーズとライセンス契約を結び、5年で300店の出店を計画すると報じられている。TPP発効を追い風に成長著しいアジアの小売市場で店舗網を広げるとされている。マレーシアではセブンアイ<3382>が米法人を通じたライセンス契約で約2000店のコンビニを持っているが、それ以外のコンビニチェーンは少ないもよう。「セブンイレブン マレーシア」は1984年にマレーシアで初の店舗をオープン、2014年5月にはマレーシア証券取引所に上場を果たしている。同国のコンビニ業界に占めるシェアは上昇傾向と見られ、約8割のシェアと推定されているようだ。セブンアイはマレーシアで成功を収めているといえるが、その分、新規参入企業がセブンイレブンの牙城を崩すことも容易ではなさそうだ。過去にはサークルKサンクスもマレーシアに進出した経緯があり、そこでのノウハウなどが活かしきれるのか注目されるところ。飽和状態の国内から、海外展開に成長機会を求める戦略は評価でき もっと見る
2016/04/12 08:03 da:41 facebook:- twitter:- ファミリーマート ファミマ コンビニ Tweet
時事ドットコム  ファミマ、マレーシア出店へ=地元企業が契約  ↑0 ↓0
【クアラルンプール時事】マレーシア企業のQLリソーシズは11日、全額出資の子会社を通じ、同国でファミリーマートの店舗を独占的に開発・運営するフランチャイズ契約をファミマと締結したと発表した。年内に1号店をオープンする計画で、今後5年間で300店に増やすことを目指す。契約期間は20年。(2016/04/11-23:57)
日本経済新聞  ファミマ、マレーシア進出 TPP見据え5年で300店  ↑0 ↓0
ファミリーマートはマレーシアに進出する。現地の食品加工企業、QLリソーシーズとライセンス契約を結び、5年で300店の出店を計画する。マレーシアは環太平洋経済連携協定(TPP)の発効でコンビニエンスストアの外資規制が緩和される見通しで、将来は運営会社に出資する考え。TPP発効を追い風に成長著しいアジアの小売市場で店舗網を広げる。 2016年中をめどに首都クアラルンプールに1号店を出店する。17年以…
2016/04/12 00:11 da:91 facebook:54 twitter:0 太平洋 ライセンス ファミリーマート ファミマ Tweet
出島  【ASEAN】日系企業動向ニュース(小売業編)1/29  ↑0 ↓0
セブン・イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの大手コンビニ4社は、JETROと海外展開拡大や日本製品の海外販売支援を目的とした連携推進協議会を設立した。TPP発行後のベトナムやマレーシアでの参入規制緩和を視野に入れる。【Yahoo! ニュース】

Indonesia

labornetjp.org  インドネシア・ファミマ労働者がストライキ決行~非正規から正規への身分変更もとめて  ↑0 ↓0
インドネシアのファミリーマートで働く契約労働者26人が、①非正規から正規雇用への身分の変更と②交通費と食費の支給をもとめて9月21日から10月8日まで、 ...
2018/10/06 08:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jakartashimbun.com  ファミマ100店舗展開 地元の顧客ニーズを注視 コンビニ激戦を生き抜く (2018年07月04日)  ↑0 ↓0
13年には、大手コンビニ「ミニストップ」もインドネシアに参入、先行するローソンやセブンイレブンに加え、ファミリーマートを含めた4大コンビニが激しい競争を ...
2018/07/04 01:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ファミマ100店舗開設、年内にさらに20店舗  ↑0 ↓0
インドネシアで「ファミリーマート」を運営するファジャール・ミトラ・インダは3日、国内で100店舗目となるファミリーマートを開設した。年内にさらに20店舗の新設を ...
2018/07/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  日系コンビニ苦戦 インドネシアで「3つの壁」  ↑0 ↓0
インドネシアで日系コンビニエンスストアが苦戦している。2009年以降、大手が相次ぎ参入したが、ローソンは店舗数がピーク時からほぼ半減。セブンイレブンやファミリーマートも店舗を増やせずにいる。一方、現地の大手2社は店舗数がともに1万店を超え、勢いの差は歴然だ。日系の普及を阻む理由を探ると、「3つの壁」が浮かび上がってきた。■地場勢が圧倒画像の拡大インドマレットの大型店は日系のスタイルを取り入れている(ジャカルタ) インドネシアのコンビニ2強は、華人財閥サリム・グループの「インドマレット」と、流通大手スンブル・アルファリア・トリジャヤが運営する「アルファマート」。共に10年からの5年で店舗数を倍増させ、1万店を超えた。 地場チェーンの強みは地域の商圏を知り尽くした店づくりと品ぞろえだ。低所得者層が暮らす地域では粉ミルクやおむつなど日用雑貨が中心の小型店を展開。都市部では総菜やデザートなども充実させた大型店を展開する。 ジャカルタ中心部のオフィス街にあるインドマレット。広く明るい店内には「和食さと」の弁当が並ぶ。熱々のおでんやホットドッグが作られているレジのそばでは色とりどりの「ミスタードー もっと見る