1.6712138652802

Vietnam

moneyzine.jp  マネーフォワード、ベトナムに初の海外法人を設立  ↑0 ↓0
個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」を提供するマネーフォワードは、開発メンバーの ...
2018/07/17 09:00 da:- facebook:0 twitter:0 マネー フォワード サービス クラウド 個人向け 家計簿 Tweet
mag2.com  新興市場の注目リリース:大和コン、RPAHD、ファイバーゲートほか  ↑0 ↓0
<3935>エディア 一二三書房と資本業務提携契約を締結、一二三書房の実施する第三者割当増資を引受け子会社化 <3994>マネーフォワード ベトナム子会社を ...
2018/07/17 08:03 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 一二三 リリース ファイバー ゲート 第三者 Tweet
minkabu.jp  新興市場の注目リリース:大和コン、RPAHD、ファイバーゲートほか  ↑0 ↓0
<3994>マネーフォワードベトナム子会社を設立 <4384>ラクスル上方 ... <6254>野村マイクロベトナムで超純水製造装置の受注活動など手掛ける子会社を設立
2018/07/17 08:03 da:- facebook:- twitter:- 子会社 リリース ファイバー ゲート マネー フォワード Tweet
nikkan.co.jp  人材グローバル化最前線/フォワード ベトナムの大卒生が戦力に  ↑0 ↓0
残り:635文字/本文:715文字). (2018/7/17 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ...
2018/07/17 04:52 da:- facebook:0 twitter:0 グローバル 最前線 フォワード ニュース Tweet
nna.jp  《日系進出》マネーフォワード、越に海外初法人  ↑0 ↓0
インターネットサービス開発を手がけるマネーフォワード(東京都港区)は13日、ベトナムに子会社を設立することを決定したと発表した。同社にとって初の海外法人 ...
2018/07/16 00:00 da:- facebook:- twitter:- マネー フォワード インターネット サービス 子会社 Tweet
corp.moneyforward.com  マネーフォワード、ベトナム法人設立のお知らせ  ↑0 ↓0
アジアを中心とした事業開発を加速. 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻庸介、以下「当社」)は、2018年秋をめどに、ベトナム ...
2018/07/13 22:36 da:- facebook:0 twitter:0 マネー フォワード お知らせ アジア Tweet
nna.jp  いすゞ、ユーロ4対応トラック投入  ↑0 ↓0
いすゞベトナムは12日、中大型トラック「フォワード」と軽トラック「QKR」の新モデルを発表した。今年から販売されるディーゼル車に義務化された欧州排ガス基準「ユーロ4」を満たすモデルをいち早く導入することで、国内で高まる環境重視のトレンドをリードする。 新モデルは、フォワードのNシリーズ(シャシー重量:5.5~9トン)、F ...
2018/04/13 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 モデル トラック いすゞ ユーロ フォワード 中大型 Tweet
アパレル・リソース  アパレル業界の希望は無限に続く(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   明るさが残る 過去2年間についてはベトナムに対する投資が急増したものの、2016年は繊維・アパレル部門に対する大きな外国直接投資(FDI)プロジェクトはなかった。 2015年にはトルコからHyosung Dong Naiプロジェクト、台湾からPolytex Far Easternプロジェクト、香港からWorldon Vietnamプロジェクトといった、約10億米ドル規模の3つの大きな投資プロジェクトが実行された。 ベトナム綿紡績協会(VCOSA)のNguyen Hong Giang副会長は、新しい貿易協定がもたらすビジネスチャンスを利用するために、2015年はアパレル部門への投資額が過去最高であったと述べた。 だが彼は、このFDIの落ち込みは心配するに足らず、外国人投資家は依然としてベトナムに注目していると考えている。 「2018年までは、外国人投資家はアパレル分野に注目し続けると考えます。TPPの先行きはまだ不透明ですが、EU、韓国、日本との他の自由貿易協定がアパレル分野への外国直接投資を惹きつけ続けるでしょう。」 自由貿易協定がもたらすビジネスチャンスは、ベトナムにおいて依然として不足する繊維サポート産業に対するFDI資本投下の誘因にもなる。 それは輸出向けにサプライチェーンを構築するために、ベトナムの低コスト労働力を活用したいと考える投資家にとって重要なことである、とベトナム繊維・アパレル産業の専門家らも同意した。シンガポール国立大学アジア・グローバリゼーションセンターの上級研究員である菊地朋生博士は、TPPの求める「ヤーン・フォワード」原産地規則によって促された、外資系多国籍企業によるサプライチェーンの上流工程に対する多額の投資が、ベトナムのバリュー・チェーンを改善させてきた、と述べた。 菊地博士はこの流れが続くことを期待している。「原産地規則によって、アパレルの上流工程に投資をする動機と実際の動きが起きていますが、これは労働コストが上昇する中では自然なことです。」 「確かにTPPの頓挫は残念なことですが、それがこうした流れを鈍らせるかどうかは分かりません。」 ベトナムに対するFDIを支援する政府機関であるドイツ貿易投資局(DEM)のAchim Haug香港事務所代表は、TPPがなくとも輸出志向型の製造業におけるベトナムの構造的優位性はまだ高いため、投資家らは注目し続けるだろう、と指摘した。 「ベトナム・EU間自由貿易協定は署名され、現在EUでの批准を待っている状況であるが、このFTAが発効すればまた新たなビジネスチャンスが生まれることになるでしょう。」とHaug代表は述べた。「我々はこの協定が迅速に実現され、2018年には効力が発生することを切に望んでいます。」 もっと見る
アパレル・リソース  アパレル業界の希望は無限に続く(前)  ↑0 ↓0
11月21日に米大統領に選出されたドナルド・トランプ氏が、大統領就任初日にTPPから米国を離脱させ、代わりに二国間での自由貿易協定(FTA)締結を模索することを明言して以来、TPPの行方は宙に浮いた状況となった。 ベトナムの繊維・アパレル部門はTPPの利益を享受する主要分野となる見込みであったが、今では誰もそれを期待していない。 「トランプ氏がTPPを台無しにして、ベトナムの繊維・アパレル部門は多少の影響を受けたかもしれませんが、それでもまだこの部門の先行きは明るいです。」とHung Yen Garment社(Hugaco)のNguyen Xuan Duong会長は述べた。 「我々はTPPのためだけでなく、生産規模を拡大する必要があれば何であれ、増産投資をする態勢はいつでも整っています。」   試練の年 Duong会長はベトナム経済タイムズ誌(VET)に対し、Hugaco社では資材を供給している多くの外資系企業と協力して機械設備のアップグレードに投資を集中していると述べた。 「当社は安定して業績拡大しており、約4%の成長を達成しています。ただし、米国への輸出高は昨年のわずか70%程度にとどまっています。」とした。この点について彼は、外国企業との熾烈な競争や、ベトナムドンがドルに対して管理フロート制を採用しているため困難な状況に陥っていると説明した。 同様にGarment 9 Joint Stock Companyでは、前年同期比で上半期の輸出が30%も減少した。Garment 9社のNguyen Xuan Quang会長は、「男性用スーツの輸出売上高が40~50%も低下しました。」と明らかにした。「EUとアジアで輸出売上高が大幅に低下しています。」 この売上減少の原因としてQuang会長は、世界の消費需要の減少と、ラオス、ミャンマー、バングラデシュなどの他国からの競争圧力を挙げた。ラオス、カンボジア、ミャンマーでは、低開発国に対する一般特恵関税制度(GSP)の下でEUに対する関税ゼロの恩恵を享受しているが、ベトナムは依然として9.6%の関税を課されている。 Hugaco社やGarment 9社の予想を下回る業績は、2016年におけるベトナム繊維・アパレル業界全体の業績を投影したものである。 ベトナム繊維協会(VITAS)は、アパレル輸出売上高は計画比92%、15億米ドル減の285億米ドルになったと発表した。米国への輸出は114億米ドルで、前年比4%の増加となった。その他の主要市場としては、EU、日本、インド、ブラジル、ロシア、カナダがある。 2016年は確かに繊維産業にとって困難な年となった。ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong社長によると、繊維企業の業績は悪化し、過去6年間で最も低い伸びとなったという。「この状況は世界市場全体の不調から生じています。」と彼は述べた。 「2016年、世界の需要は増加せず、米国、日本、EUなど主要市場の需要はすべて低下しました。」 英国のBrexit投票も間接的な影響を与えた。英国のポンドが低下し、英国内で輸入品は国産品よりも割高となり、需要が奪われている。「アパレルの需要は減少しており、年初5ヶ月間で達成した6〜7%の成長率をそのまま維持することは難しいと予想されます。」とTruong社長は述べた。 「しかし英国で販売されているほとんどのアパレルは輸入に頼っており、国産同等品の供給能力が限られているため、全体的なインパクトはそれほど大きくはならないでしょう。」 また、数値としては低成長であるが、絶対額は前年よりも増加したという。数年前の成長率は12~15%もあったが、絶対値はわずか15億米ドルに過ぎなかった。 Truong社長は「一方で現在の成長率は約5〜6%に過ぎないが、絶対額は約20億米ドルとなりました。」と説明した。   不確実な未来 世界経済の減速とTPP交渉決裂の可能性により、繊維・アパレル企業の中に不安が高まっている。 ベトナムの輸出において、現在平均11%から一部の製品群では32%も課されている関税が最終的には0%となる予定であった。 今では無意味な予想となったが、世界銀行はTPPによってベトナムの米国や日本向け繊維・アパレル輸出が大幅に増加し、2020年までに国のGDPを引き上げる上で大きな役割を果たすであろうとした。 しかしTPPの「ヤーン・フォワード」原産地規則の要件により、利益を獲得しようと目論んでいた多くの企業の夢は今や潰えようとしている。 Thanh Cong Textile Garment Investment Trading JSC(TCG)社は、TPPによって大きな売上を獲得するであろうと期待され、特に2015年のTPP交渉直後、株価が大幅に上昇した。 2013年TCG社の株式は6000ベトナムドン(0.2米ドル)で取引されていたが、2015年には4万ベトナムドン(1.8米ドル)まで急上昇した。それが現在では1万5000ベトナムドン(0.6米ドル)となっている。 TCG社ではTPPが批准されることを見込み、2016年の売上高として前年比16.9%増となる3.2兆ベトナムドン(1億4080万米ドル)、税引後利益は3.58%増となる1600億ベトナムドン(701万米ドル)の目標を設定していたが、今ではそれは過去のものとなった。同社の10月度売上高はわずか1000万米ドルで、売上総利益率は13%であった。 続く11月、12月の売上高もそれぞれ1050〜1100万米ドル、売上総利益率は13.5〜14%であった。また、2016年第3四半期までの月平均売上高は1100万米ドルで、平均売上総利益率は14.79%となった。 ベトナムにある多くのアパレル企業と同様、TCG社ではミャンマーやカンボジアにおける格安な人件費との激しい競争に追い込まれている。最低賃金制と新たな社会保障政策によりベトナムのアパレル部門の人件費は他国よりも割高となっており、顧客はミャンマーやカンボジアに注文を移し始めた。 TCG社のように「ヤーン・フォワード」原産地規則に適合できる企業は、(それによる利益を見込んでいたため)TPP交渉の頓挫によって現在困難な状況に追い込まれているが、その他の企業ではTPP発効の有無にかかわらず輸出は成長していくと考えている。 「TPPの恩恵を受けるためには、企業は原糸、染色から完成品までの生産チェーン全体を確立しなければならず、膨大な投資が必要でした。」とDuong会長は述べた。 「ベトナムで使用される原糸のほとんどは中国、繊維は韓国、その他原材料は主に東南アジア諸国から輸入されています。もしTPP交渉が米国抜きで進められることになれば、ベトナムが準備するのに時間的余裕が生まれるでしょう。」 Duong会長は、ほとんどの企業ではOEM/FOB(委託者ブランド生産/本船渡条件)やODM(委託者ブランド設計・生産)に特化しているため、TPPから大きな利益を得るはずだとした。 VITASのTruong Van Cam会長も、ベトナムの繊維産業、特に米国への輸出はTPPの行末によってあまり影響を受けることはないだろうとした。 実際ベトナムから米国への輸出売上高は最近12~13%も上昇したが、米国におけるアパレル輸入高はわずか3%しか増加しておらず、ベトナムの市場シェアが上がっているのであり、まだ成長余力が残っていることを意味している。 ベトナム経済政策研究所(VEPR)の創設者兼所長のNguyen Duc Thanh氏は、繊維、皮革、履物分野はTPPが発効していればその恩恵を受けたであろうことは確かだが、たとえ米国がTPPから撤退しても他のTPP加盟国市場へアプローチできるため、輸出はそれほどダメージを受けないだろう、と述べた。 「米国加盟の有無にかかわらず、ベトナムは依然としてTPPの恩恵を享受できるでしょう。また、米国への輸出は既に軌道に乗ってきています。」とした。   (後編へつづく)   もっと見る
2017/02/10 09:13 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル アパレル 売上高 Garment ほとんど その他 Tweet
アパレル・リソース  国内靴メーカー、世界市場を掴めず  ↑0 ↓0
商工省(MoIT)は、ベトナム国内靴メーカーは競争社会に適応し損ね、欧州の顧客の厳しい品質要求に直面していると発表した。 ハノイで行われた最近の会議において商工省軽工業部副部長Pham Anh Tuan氏は、中国や他のアジア諸国から輸入される手頃な価格で人目を引くオシャレな靴が欧州市場に溢れていると述べた。 結果として、中国や他の外国で製造された靴はベトナム製の靴より優れており、EU28カ国の市場においてベトナム国内履物メーカーが市場をリードするのは非常に困難だ。 現在のベトナムの靴産業において外国企業が79%を占め、国内企業は残りの21%しかないとTuan氏は言う。この分野には約600の国内メーカーがあり、およそ100万人の労働者を雇用していると彼は指摘する。 国内企業の約4分の3がデザインや材料供給を海外業者頼みであり、約4分の1のみが自社でデザインし材料を手配している、と彼は続けた。 自社で材料供給する企業の大半が革や織物を中国や韓国や台湾から購入している。中にはベトナム国内で生産されている織物もあるが、輸出向けの品質を保っているのは4分の1しかないと考えられている。 履物産業のためには、ベトナムで製革業を発展させる必要がある、とTuan氏は言う。しかし、この工程は大量の環境汚染物質を排出する。産業廃棄物の処理には国内企業の財務能力をはるかに超えた高価で最新式の廃棄物処理システムが必要である。 加えて、汚染に関する法律は明瞭さを欠いている。そのため、外資企業は製革業の廃棄物処理のインフラや技術を向上させるための海外直接投資に積極的でないのである。 海外企業、中心は中国企業だが、国内の靴小売市場で60%のシェアを占めているとTuan氏は言う。ベトナムで売れている靴の最も正確な統計数字は、年間平均で1億5000万足だと彼は言う。 しかし、中国製の靴は丈夫ではないが流行にのっており、ベトナムの購買客は国内メーカーが作ったものより安価であるため、中国製の靴を買うのだと彼は言う。 国内メーカーは安価なサンダルでのみ優位に立っている。価格を一番の関心事にしている貧しい田舎の人々に対してだけに国内製品は輸入品より競争力を持っていると彼は述べる。 国内靴メーカーには組織化してEU諸国での販売を増やすよう勧めていたが、彼らはただ技術革新や品質や価格の競争についていくのがやっとでとてもではないが無理だと彼は強調した。 昨年末に署名されたベトナム-EU間の自由貿易協定に従い履物産業は特恵関税の減税措置を受けられ有利とされるが、これも2018年までは実施されない。 しかも、関税減免の認定を受けるためには、靴のすべてのパーツはEUとの協定国からのものでなければならないとした複雑な原糸原則(ヤーン・フォワード)の規定により、利益はほとんどないだろう。 その間、フィリピンやパキスタンやバングラデシュなど他国は現在、特恵貿易協定を活かしてEUの中ではベトナム国内靴メーカーよりさらに価格競争力を持っている。 特に彼らは現在、開発途上国にEUが適用する一般特恵関税制度プラス(GSP+)スキームの下、輸出にかかる関税が低い。 ヨーロッパの靴市場はすでに持ち直している、とTuan氏は指摘する。その中でどう効率的に競争するか理解できていないベトナム国内靴メーカーにとって、それはとても苛立たしいばかりである。 もっと見る
2016/08/09 05:56 da:22 facebook:0 twitter:0 メーカー 製革業 競争力 特恵関税 デザイン 商工省 Tweet
アパレル・リソース  TPPによる最大限の利益享受は見込めず  ↑0 ↓0
付加価値を増加させるため、従来の単なる下請け受託加工から直接製品輸出へ切り替えたり、原材料輸入への依存度を下げたり、加工品の輸出を増加させたりしようと計画するベトナム企業はほとんどなく、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)から最大限の利益を引き出すことはほぼ見込まれていない。 ベトナム商工会議所(VCCI)内、世界貿易機関(WTO)センターのNguyen Thi Thu Trang所長は、4月にVCCIによって実施された1500社に対する調査において、今後3年間でわずか11.6%の企業しか、付加価値を改善させることを目的とした生産体制の変更を計画していないことが判明したと述べた。 ベトナム企業は、製品のバリューチェーンにほとんど組み込まれておらず、単に外資系パートナー企業の外注委託先となっている。 全生産工程の中で高い付加価値を得られるデザインや最重要部品の生産などはベトナムでは行われておらず、ベトナムにある外資系企業では製品の組立及び包装工程のみ担っているため、その付加価値は低いままとなっている。 ベトナムの企業では輸出製品に必要なほとんどの原材料を輸入に頼っており、今後TPPの厳格な原産地規則がハードルになることが予想される。 米国、カナダ、オーストラリア、日本など、ベトナム繊維製品の最大の顧客である大規模経済圏における輸入関税は、現状の17~32%からゼロに削減される予定であるが、TPPには「ヤーンフォワード原産地規則」が規定される見込みで、関税免除の認定を得るためには、衣料品生産に使用する糸、ボタンやジッパーなどすべての原材料がTPP域内で生産されていなければならない。 しかし、ベトナムで使用される糸や原材料パーツのほとんどは中国、韓国から仕入れられており、この両国ともTPP非加盟国であるために、多くのベトナム製品がこの関税免除の対象外となる。 北部フンイン省にある縫製企業のLuong Van Thu社長によると、TPP発効後も大きな方針変更は予定しておらず、彼らは外資系パートナー企業との外注委託契約を継続することとしている。 サポート産業が脆弱であるため、ベトナム企業がFOB取引での輸出を行うことは難しく、大きな価格変動や供給に不安定性を伴う外国からの原材料供給に頼らざるを得ない。 このような状況下、製糸や繊維生産設備に投資するための資金力がないため、ベトナムの衣料品メーカーにできる対策はほとんどない。衣料品会社は、繊維や染色産業を数十億米ドル規模に成長させるのに、数百万米ドルの投資を必要としている、と業界関係者は述べた。 農業分野においてもまた企業は多くの資金を必要とするため、各社は生産技術に対する投資にあまり熱心ではなく、低付加価値の原材料輸出に甘んじている。 南部農業技術研究所の元所長であるBui Chi Buu氏は、これを企業の長期的なビジネス戦略の欠如であると非難した。 資金不足と長期的なビジネス戦略の欠如に加え、貧弱なインフラと低いスキルも企業が生産を増加させるのに障壁となっている、とVCCIのTrang所長は述べた。しかし企業は手をこまねいているばかりではなく、貿易協定によってもたらされるビジネスチャンスを活用するため、従業員に対するトレーニングを増やしたり、市場を拡大したりするなど試みている。 VCCIの調査によると、ベトナム地元企業の約88.6%がTPPについて知識を持っており、約96%がTPPのような自由貿易協定は彼らのような企業がグローバル・バリューチェーンに参画していくのに役立つだろうと述べた。 TPPは世界経済の約40%を占める12カ国の環太平洋諸国の経済圏内の輸出を押し上げることが期待されている。 交渉は最近妥結し、現在加盟諸国の議会による批准を待っている。 ハノイとホーチミン市に拠点を置く多くの外資系大企業では、世界最大の経済市場である米国を含む多くの市場において関税が廃止となるなど、この貿易協定によってもたらされる輸出機会を活用するため、その生産能力を向上させることを計画している。 企業の47%以上が経営幹部のマネジメントスキルを改善させる計画とし、56%は従業員の職業スキルの改善を求め、57.2%は新しい市場に参入しようとしている。 マレーシアのアパレル会社であるUnited Sweethearts社では既に、ベトナムに第2工場の建設を計画しており、TPPはその計画を加速させるだろう、とマネージングディレクターのTang Chong Chinは述べた。この会社では生産した衣料品の3分の2以上を米国に輸出しているが、関税が撤廃されればその収益は5年以内に倍増するだろうと述べた。 現在米国との自由貿易協定がない国々では、アパレルの種類に応じて10%以上の関税が課されている。   もっと見る
2016/06/27 12:03 da:23 facebook:0 twitter:0 原材料 付加価値 衣料品 ビジネス スキル 従業員 Tweet
アパレル・リソース  TPPは米国のアパレル輸出入にほとんど影響なしとの調査報告  ↑0 ↓0
12カ国が参加する新しい環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)はその加盟に議会の承認を必要とするが、この貿易協定により米国のアパレル輸出入はわずかな増加しか見込めないという。 アメリカ国際貿易委員会は最近、自由貿易協定に関する単独の調査レポートを公表し、米国のアパレル輸入は2032年までに1.4%、19億米ドル相当じりじりと増加するものの、輸出は0.3%、1000万米ドルの増加と、ほとんど変動しないとしている。 これによる米国のアパレル産業の利益はあまりにもささやかなもので、 2032年までにTPPによって米国の繊維輸入は1.6%、8億6900万米ドル増加するが、輸出はわずか1.3%、2億5700万米ドルの上昇となることが予想される。 この調査によると、非課税要件を満たす地域の糸や布を使用した場合、この貿易協定により多くの製品に対する関税が免除されるため、TPP加盟国の一つであるベトナムがアパレルの製造及び輸出に際して最も恩恵を受ける、としている。2015年、ベトナムからのアパレル製品に課された米国の関税は105億米ドルにものぼり、平均関税率は17%であった。 ベトナムは米国にとって第2位の衣料品供給国であり、米国アパレル製品総輸入額の10%を占める。第1位はなおも中国で、米国が輸入するアパレル・繊維製品の38%を占める。 自由貿易協定が発効しても、ベトナムは免税要件として求められるヤーンフォワード規則を十分に満たすことができないため、ベトナムから輸入する衣料品は短期的にはさほど増加しないだろうと予想されている。ベトナムでは、生産に必要な糸や織物の88%をTPP非加盟国である中国、韓国や台湾から調達している。 ベトナムでも国産の繊維生産はいくらかあるものの、それらの約4分の1しか輸出向けの品質を満たしていない。 またベトナム産の糸や織物は、中国産の同類製品よりも高額である。 2014年において、ベトナム産の糸は中国産よりも5~10%、織物も中国産より5~8%高価であったと推定されている。 2014年ベトナム繊維産業では、145の紡績設備、401の織物設備、105のメリヤス工場、94の染色・仕上工場、そして7の不織布メーカーを擁していた。 ベトナムには免税申請に必要な糸の生産能力が不足しているため、近い将来地域で生産された糸に対する需要が高騰し、米国への衣料品供給におけるベトナムの競争力が低下してしまうことを地元メーカーは懸念している。 しかし長期的には、国産の糸や織物の生産能力の増加により供給リードタイムや価格が低下し、ベトナムのアパレル輸出に恩恵がもたらされるであろう。 TPPにおけるヤーンフォワード規則の適用を見越し、国内および外資系企業はベトナムの繊維・織物生産能力の向上のために投資を行ってきており、この部門に対する外国直接投資は10億米ドル以上にも達する、と推計される。 調査レポートによると、貿易協定が発効した場合、経済全体では米国の年間実質所得は2032年までに0.23%、573億米ドル上昇し、実質国内総生産は0.15%、427億米ドル上昇すると見込まれている。 TPPは、米国アパレル・履物協会だけでなく、全米製造業者協会に支持されているものの、議会では多くの民主党議員がそれに反対している。 TPP協定に参加する予定の12カ国は、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム、そして米国である。 もっと見る
2016/05/31 11:59 da:22 facebook:0 twitter:0 アパレル 米ドル 衣料品 レポート 輸出入 メーカー Tweet
アパレル・リソース  繊維産業はFTA向けに仕立てられるべし(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   TPP、EVFTA、その他FTAにおけるビジネスチャンスと課題 (TPPでは16~17%の関税がゼロに、またEVFTAでは12%がゼロになるなど)、ベトナム製品に対する関税撤廃はより多くの製品需要を誘発する可能性がある。(この点について)多くの外国人投資家が着目しており、原材料工程などバリューチェーン上未発達の工程に参入するため、ベトナムのアパレル生産に投資しようと検討している。これらの分野への投資は、ベトナム製品に対する需要増に対応するためにその生産能力を高めるのに寄与するだけでなく、現在担っている(バリューチェーン上の)機能を拡張するのにも貢献する。実際、過去数ヶ月にわたりベトナムは、台湾、韓国やインドの投資家による多くの大規模な繊維・衣料品プロジェクトから、かなりの新規直接投資(FDI)を受け入れてきた。これらの投資を通じて(外国資本との)貴重なパートナーシップが形成され、ベトナム企業は外国人専門家の助言に従い、多くの利益を得ている。さらにこれらのパートナーシップは、ベトナム企業がバリューチェーン全体に亘る機能を拡張するために、より多くの人々を雇用し、トレーニングする余力をもたらす。今のところベトナム企業にとって、例えば賃金やトレーニングに多くの支払いを要する染色技術者などよりも、はるかに給料が低く抑えられる裁断・縫製労働者を雇い続ける方が容易である。だが、ベトナム企業と国内外の投資家との間にパートナーシップが結ばれれば、ベトナム企業にとって自社サービスを拡大する資金的余裕が生まれることとなる。   その他のハードル ベトナム製アパレル製品に対する低い関税率(の適用)は、TPP加盟国に対する輸出の拡大に寄与するが、その中でも特に、米国と日本は現在ベトナムにとって最大の輸出市場となっている。綿などの投入原材料に対する輸入関税の撤廃も、ベトナムが生産コストを削減するのに役立つ。しかしTPP加盟国市場に対する非課税でのアクセスを得るためには、ベトナムはTPP加盟国によって生産された糸などの原材料を使用することが求められる(ヤーンフォワード原産地規則)。現在ベトナムは生産に使用する糸の40%をTPP非加盟国である中国から輸入しており、この依存度を下げていくことはアパレル業界にとって実務的、政治的な課題となる。(同じくTPP非加盟国である)インドなどの諸外国は、ベトナムのアパレル部門に資金を投じることにより、ヤーンフォワード原産地規則に沿ったベトナムの(原材料供給)能力が増強されること、また同時に、予想される輸出の急増による利得を期待し、この機に乗じようとしている。業界企業はまた、市場原理の下で稼動する必要があるため、Vinatex、Dong Xuanやその他国営企業にとってその生産効率性を向上させる必要が生じる。アパレル産業において同条件の下では、民間企業の方がより多くの成長機会を得ることになるであろう。   ベトナム企業は対処の必要 ベトナムのアパレル産業は岐路に立っている。市場とビジネス環境はこの産業に対して変革することを求めており、適時に適切な対応を取る企業が勝ち残り、巨額の利益を得ることになる。外資系と国内企業は共に、FTAが導入される前の期間を利用して、一旦立ち止まって今後の成長のために取るべき選択肢を評価すべきである。 国内企業にとってそれは、(増加する)需要に応えるためだけでなく、持続的な成長を実現するためにその機能拡張に取り組むことを意味する。一方外国人投資家にとってそれは、最良の対応方法を選択するために、市場、及び現在のビジネスチャンスや課題に対する深い洞察を得ることを意味する。アパレル業界で進められているすべての開発において、国内外の企業は本質的な変容が求められている。   もっと見る
2016/04/20 06:02 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 加盟国 投資家 原材料 これら ビジネス Tweet
アパレル・リソース  繊維産業への大規模な海外直接投資が流入  ↑0 ↓0
環太平洋経済連携協定(TPP)によってベトナムが有利と見込まれることから、同国の繊維産業への、米国、中国やその他の海外諸国からの大規模な直接投資が流れ込んでいる、とメディア各社は伝えている。 2015年末までのベトナム繊維産業への投資金額は200億米ドルに達し、これはこれまでの最高となったとベトナム繊維協会(Vitas)は発表した。 近年、米国の企業ではHuntsmanグループやAvery Dennisonなどがベトナムに大規模な投資を行っている。同国の繊維・アパレル企業ではNorth Face、Adidas、Nikeなどの米国ブランド向けに生産している。 中国の繊維企業も、TPPのヤーン・フォワード・ルールに従い、同国の廉価な労働力と天然資源を活用しようと、活発にベトナムへ投資している。中国は2016年1月には、ベトナムへの直接投資金額で第3位にランクインしている。 クラレ・トレーディング、伊藤忠、東レ、シキボウといった日本企業もベトナムでの生産ライン確保のために投資をおこなってきた。2015年には多くの大型外国投資案件が認可された。韓国や台湾などその他の国々もTPPの恩恵に預かりたいと投資をおこなっている。 昨年、ベトナムでは約250億米ドルの海外直接投資を受け入れたが、この金額は対前年比で13%増加した。2016年も引き続き海外からの投資がつづくと見込まれており、その少なからぬ部分が繊維産業に流れこむものと見られている もっと見る
2016/03/30 12:04 da:19 facebook:- twitter:- 大規模 その他 米ドル クラレ 対前年比 ランク Tweet
アパレル・リソース   TPP発効後のベトナム繊維・アパレル産業(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   アパレル市場におけるM&Aの増加 ベトナムの繊維・アパレル産業における合併・買収(M&A)案件は、自由貿易協定、特にTPPによる利益を享受するために増加している、と専門家は述べている。 ホーチミン市繊維・衣料・刺繍協会(AGTEK)によると、その資本力の限界により、地元企業が受注増加に対応することができないため、国内の繊維・衣料品分野における合併・買収の流れが起きている。 ベトナム繊維協会(Vitas)のPham Xuan Hong副会長は、中・大規模の企業は安定した生産、ビジネスを展開しているものの、小規模企業はビジネスにおける多くの問題に直面している、と指摘した。そのため最近では、多くの小規模繊維・衣料品会社が、その作業場や設備を売却し、他の分野にビジネスを乗り換えている。 またいくつかの地元企業は所有する工場の一部を、TPPによる利益を享受するためにベトナムにおける輸出向け製品の加工・生産システムを開拓してきた中国企業を含む、外国投資家に売却している。 ハノイ工業・繊維・衣料品・ファッション大学の元学長であるNguyen Van Hoan氏は、外国投資家によるベトナムでの生産拡大に際して、いくつかの省や市が環境汚染に関して懸念を示し、繊維・衣料品部門に対する外国投資を制限しているため、困難な状況に陥っている、と指摘した。 このことが、外国投資家が既に生産ラインや従業員を抱える地元の繊維・衣料品企業を買収することを後押ししている。 計画投資省においても、繊維、織物製品や染色プロジェクトがしばしば環境問題を引き起こしているため、直轄の管理事務所において繊維・衣料品製造プロジェクトにおける投資ライセンスを発行する際に慎重に申請内容を見極めている、とvnexpress.netが報じた。 そのため一部の投資家は、現地パートナーから工場を買収している。 2015年ベトナムは30の繊維・衣料品プロジェクトに投資ライセンスを発行したが、この業界に対する外国投資は、今後も引き続き増加していくことが予想される。 2016年には、インド・ベトナム政府間の経済協力の一環として、インド政府が拠出する3億米ドルの一部がベトナムの繊維・衣料品向け原材料生産プロジェクトへ投資される予定となっている。   TPP発効後におけるベトナムのビジネスと課題 繊維・衣料品部門はTPPから最も恩恵を受ける産業の一つと見られている。 業界関係者によると、ベトナムの繊維・衣料品の対TPP加盟国への輸出売上高は、今後倍増すると予想されている。 TPP交渉に参加して、ベトナムはTPP加盟国におけるアパレルや履物需要増加を取り込むことにより、多くの利益を獲得したいと考えている。 米国市場はベトナム衣料の最大の輸入国であるが、これが良い実例である。TPPが発効すると、ベトナムのアパレル製品の関税は、現在の17.5%からほぼゼロになる。 専門家らは、TPPによりベトナムの繊維・衣料品の米国向け輸出は、2025年までに550億米ドルにまで達するだろう、と予測している。 「税関」紙によると、米国のファッション産業協会のJulia K Hughes会長が、TPP発効後は多くの米国企業がTPP加盟国の中からその調達ソースを進んで開拓することになるだろう、と述べた。 ベトナムは新規ビジネスを引き寄せる能力で最高位にランクされているため、この新しいビジネスチャンスを利用するべきだ、とHughes氏はアドバイスした。 しかし専門家らは、地元企業がTPPによってもたらされるビジネスチャンスを有効に活用するのはそう簡単ではない、と述べた。 「ヤーンフォワード」ルールとして知られるTPPによる取り決めの一つは、他のTPP加盟国へアパレル製品を輸出する際、地元産、もしくは他のTPP加盟国から調達された原材料を使用することを求めている。 TPP発効後は、ベトナムのアパレル輸出業者がTPPのもたらす低関税の恩恵を享受しようとするならば、表向きはもはや従来の調達先から原材料を輸入することができないということを意味する。 専門家らによるとベトナムのアパレル業界がTPPの求める原産国規則に適合するには、この業界が前もって巨額の資本を準備し技術的な投資を行わなければならないことを意味しており、その対応が難しいことについて時折懸念を示している。   もっと見る
2016/03/11 14:01 da:19 facebook:0 twitter:0 衣料品 ビジネス アパレル 加盟国 専門家 投資家 Tweet
cyclestyle.net  水戸のメッシ、ベトナム代表FWグエン コンフォン「活躍していきたい」…単独インタビュー  ↑0 ↓0
茨城県水戸市に本拠地を構えるJリーグJ2の水戸ホーリーホックに、ベトナム代表のグエン コンフォン(Nguyen Cong Phuong)選手が1年間の期限付き移籍で加入した。ポジションはフォワード、背番号は16だ。

Singapore

ma-times.jp  マネーフォワード、インドネシアでクラウド会計等展開SLEEKRグループに出資  ↑0 ↓0
個人向け家計簿アプリ「マネーフォワード」と法人向けの「MFクラウド」シリーズが2本柱のマネーフォワード【3994】は、インドネシア国内でSaaSプラットフォームサービスを展開するPT Mid Solusi Nusantara(所在地:インドネシアの 以下、MSN)の持株会社である、SLEEKR PTE. LTD.(本社:シンガポール 以下、SLEEKR)に ...
2018/01/17 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  PR TIMES、地場日系企業の事業譲り受け  ↑0 ↓0
ニュースリリース配信サービスを手掛けるPR TIMES(東京都港区)は20日、シンガポールの日系企業スキップフォワードが運営するクラウド型タスク管理 ...
2017/09/21 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  PR TIMES、シンガポールITベンチャーの事業買収  ↑0 ↓0
プレスリリース配信大手のPR TIMESは20日、シンガポールのIT(情報技術)ベンチャー、スキップフォワードのタスク管理ツール事業を29日付で取得すると発表 ...
2017/09/20 20:27 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【材料】PRTIMESが続伸、シンガポール社からクラウド型タスク管理ツール事業を譲受  ↑0 ↓0
PR TIMES<3922>が続伸。前引け後に、シンガポールのスキップフォワード社から、同社が運営するクラウド型タスク管理ツール「Jooto(ジョートー)」事業を ...
2017/09/20 12:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  PRTIMESが続伸、シンガポール社からクラウド型タスク管理ツール事業を譲受  ↑0 ↓0
PR TIMES<3922.T>が続伸。前引け後に、シンガポールのスキップフォワード社から、同社が運営するクラウド型タスク管理ツール「Jooto(ジョートー)」事業を ...
2017/09/20 12:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Philippines

jbpress.ismedia.jp  ネクサス・アールフォワードファイナンスがフィリピンに2店舗目となる支店開設  ↑0 ↓0
フィリピンの人々の充実した人生を後押しすべく、金融事業・従業員向け消費者ローン「Biscuits」を展開しているネクサス・アールフォワードファイナンス(本社:フィリピン国マカティ市 代表取締役CEO:白川 大記(Daiki Shirakawa) 以下、当社)は、2018年4月25日、フィリピン国メトロ・マニラ ケソン市に本店営業部に続く2店舗目 ...
2018/04/25 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  ネクサス・アールフォワードファイナンスがフィリピンに2店舗目となる支店開設  ↑0 ↓0
フィリピンの未成熟な金融情勢を、日本の金融ノウハウ&IT技術で後押しするネクサス・アールフォワードファイナンスは「フィリピンの人々が充実した人生を送れるようにする」というビジョンを掲げ、2016年10月にネクサス・アールホールディングス(旧ネクサス・アールハウジング)(本店:東京都墨田区 代表:高瀬 勝啓)のグループ ...
2018/04/25 11:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
Reuters  UPDATE 1-アジア通貨動向(22日)=大半が小幅安、フィリピンペソは5週間ぶり安値  ↑0 ↓0
フィリピンペソ は一時0.3%下げ、1ドル=46.595ペソと、3月16日以来の安値をつけた。次期大統領選をめぐる懸念が広がる中、株式市場から海外資金が流出していることが背景。 トムソン・ロイターのデータによると、ペソは今週に入ってこれまで1.1%下落。週間ベースでは1月中旬以来の大幅な下げとなる見通し。 韓国ウォン とマレーシアリンギ は、ノンデリバラブル・フォワード(NDF)市場 がオーバーナイトで軟調に推移したことを受けて下落している。 また、米優良企業の決算が失望を誘う内容となったことでアジア株が下げ、通貨の重しになっている。 一方週間ベースでは、原油相場が大幅な上昇となる見通しを受け、大半の通貨が上昇するとみられている。シンガポールドル が上昇を主導しており、今週に入って対米ドルで0.7%高となっている。 ウォンは今週は対米ドルで0.4%高。台湾ドル は0.1%、インドルピー は0.2%それぞれ上昇している。 0525GMT(日本時間午後2時25分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相場は以下の通り。 もっと見る
2016/04/22 15:56 da:96 facebook:1 twitter:0 株式市場 アジア Tweet

Malaysia

Reuters  〔マーケットアイ〕外為:マレーシアリンギ一段安、総選挙は予想外の野党勝利  ↑0 ↓0
時間外取引でマレーシアリンギが一段安。フォワード市場で2%近く売られている。9日投開票のマレーシア議会下院選挙で、マハティール元首相率いる野党連合 ...
2018/05/10 09:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  NDF取引でのリンギ大幅安、中銀が警戒  ↑0 ↓0
ノンデリバラブル・フォワード(NDF)取引で11日、通貨リンギが一時、1米ドル=4.535リンギ(約109.4円)と大幅に値下がりしたことに対し、中央銀行バンク・ネガラ ...
2016/11/14 21:05 da:43 facebook:- twitter:- バンク 値下がり 米ドル フォワード Tweet
Reuters  マレーシアリンギNDFが大幅高、中銀がオフショア取引に対し警告  ↑0 ↓0
シンガポール 14日 ロイター] - 14日のオフショア市場で、マレーシアリンギのノン・デリバラブル・フォワード(NDF)が対ドルで大幅上昇。中銀は前週末、リンギは ...
2016/11/14 12:57 da:96 facebook:0 twitter:0 オフショア フォワード ロイター Tweet
Reuters  マレーシア・インドネシア市場が急落、トランプ氏勝利でリスクヘッジ  ↑0 ↓0
マレーシアリンギのノンデリバラブル・フォワード(NDF)は急落し、NDF1カ月物MYR1MNDFOR=は1ドル=4.5280リンギ。一方スポットは4.2670リンギ ...
2016/11/11 15:11 da:96 facebook:0 twitter:0 フォワード スポット ヘッジ リスク トランプ Tweet
Reuters  マレーシアリンギのNDFが急落、スポット市場は小動き  ↑0 ↓0
シンガポール 11日 ロイター] - マレーシアリンギのノンデリバラブル・フォワード(NDF)が11日の取引で3.5%急落している。スポット市場は取引が薄く、小動き。
2016/11/11 12:33 da:96 facebook:0 twitter:0 スポット 小動き フォワード ロイター Tweet

Indonesia

ma-times.jp  マネーフォワード、インドネシアでクラウド会計等展開SLEEKRグループに出資  ↑0 ↓0
個人向け家計簿アプリ「マネーフォワード」と法人向けの「MFクラウド」シリーズが2本柱のマネーフォワード【3994】は、インドネシア国内でSaaSプラットフォームサービスを展開するPT Mid Solusi Nusantara(所在地:インドネシアの 以下、MSN)の持株会社である、SLEEKR PTE. LTD.(本社:シンガポール 以下、SLEEKR)に ...
2018/01/17 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  インドネシアのHR・会計管理SaaS「Sleekr」、マネーフォワードファンドから資金調達を実施  ↑0 ↓0
インドネシアの HR および会計管理プラットフォーム Sleekr は、東京を拠点とするフィンテック企業マネーフォワードから、資金調達したことを明らか... The post インドネシアのHR・会計管理SaaS「Sleekr」、マネーフォワードファンドから資金調達を実施 appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).
2018/01/17 08:21 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  インドネシアのHR・会計管理SaaS「Sleekr」、マネーフォワードファンドから資金調達を実施  ↑0 ↓0
インドネシアの HR および会計管理プラットフォーム Sleekr は、東京を拠点とするフィンテック企業マネーフォワードから、資金調達したことを明らかにした。同社によれば、マネーフォワードにとって日本国外への初出資としている。 この提携は、新世代の日本のテック企業が国外に成長の可能性を見出そうとする中で、 ...
2018/01/17 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japan.cnet.com  FintechやSaaS領域に特化した「マネーフォワードファンド」設立--インドネシア企業にも出資  ↑0 ↓0
FintechやSaaS領域に特化した「マネーフォワードファンド」設立--インドネシア企業にも出資. 飯塚 直2018 ... 年10月)、LIFULL Social Funding(2017年10月)、BASE(2018年1月)と資本業務提携しているほか、新たにインドネシアでクラウド型会計・HRサービスを展開するSLEEKRグループへの出資についても発表した。
2018/01/16 20:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  マネーフォワードがアジア進出  ↑0 ↓0
創業からわずか5年、2017年9月に株式上場を果たしたマネーフォワード(Money Forward)。自動家計簿や資産管理、法人向けのクラウド会計サ...
2018/01/15 15:19 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Cambodia

newsclip.be  マネーフォワード、ベトナムに開発拠点  ↑0 ↓0
【カンボジア】ソフトウェア開発のパイプドビッツ(東京都港区)は1日、オフショア開発拠点として、カンボジアのプノンペンに全額出資子会社「パイプドビッツ ...
2018/07/17 22:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
blog.gqjapan.jp  はじめまして。メッシ超え、バルサ超え野郎です。  ↑0 ↓0
フォワードは企業のブランディング、組織の変革コンサルティング事業とカンボジアとナイジェリアでプロサッカークラブ運営事業をしてまして、そんなネタを時々 ...
毎日新聞  途上国に運動用品と夢を 国際貢献、2社の取り組み /東京  ↑0 ↓0
2013年11月に設立されたフォワードは昨年、経営難に陥ったカンボジアのプロリーグ所属のサッカーチームを買収して、経営に乗り出した。チーム名も「 ...
2016/02/14 02:15 da:81 facebook:3 twitter:0 チーム リーグ サッカー 経営難 国際貢献 取り組み Tweet
soccer-king.jp  カンボジアンタイガーFCとウェスタンFCが経営統合へ基本合意  ↑0 ↓0
株式会社フォワードは、運営するカンボジアプロサッカーリーグ1部の「カンボジアンタイガーFC」と同リーグ「ウェスタンFC」の経営統合に関する基本合意書を締結したことを発表した。
2015/12/16 20:03 da:48 facebook:0 twitter:0 ウェスタン リーグ サッカー フォワード Tweet