0.89605093002319

Vietnam

nna.jp  釣具タックルベリー、HCM市に越1号店  ↑0 ↓0
釣具チェーンのタックルベリー(神奈川県藤沢市)はこのほど、ホーチミン市8区にベトナム1号店を開店した。日本でフランチャイズ事業としてタックルベリー店舗を ...
2018/06/19 00:11 da:- facebook:- twitter:- タックル ベリー チェーン 神奈川 このほど ホーチミン Tweet
newsclip.be  長崎ちゃんぽん「リンガーハット」 ベトナム進出でエースコックとフランチャイズ契約  ↑0 ↓0
【ベトナム】長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」、とんかつ専門店「浜かつ」などを展開するリンガーハット(東京都品川区)は20日、「リンガーハット」のベトナム出店を目指し、エースコックのベトナム子会社とフランチャイズ契約を結んだと発表した。 リンガーハットは日本国内で760店舗以上展開するほか、米国(4店)、タイ(5 ...
nna.jp  リンガーハット、エースコックとFC契約  ↑0 ↓0
外食チェーンを展開するリンガーハット(東京都品川区)は20日、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」をベトナムでチェーン展開するため、エースコックベトナムとフランチャイズ(FC)契約を締結したと発表した。 リンガーハットグループは、リンガーハットや、とんかつ専門… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: 食品・ ...
kabutan.jp  【材料】リンガーハットは年初来高値、エースコックベトナムとフランチャイズ契約締結  ↑0 ↓0
リンガーハット<8200>が続伸し、年初来高値を更新した。同社はきょう、即席麺やスープなどの製造・販売を手掛けるエースコック(大阪府吹田市)のグループ企業であるエースコックベトナムとフランチャイズ契約を締結したことを明らかにした。 今回の契約締結は、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」をベトナムでチェーン ...
minkabu.jp  リンガーハットは年初来高値、エースコックベトナムとフランチャイズ契約締結  ↑0 ↓0
リンガーハット<8200.T>が続伸し、年初来高値を更新した。同社はきょう、即席麺やスープなどの製造・販売を手掛けるエースコック(大阪府吹田市)のグループ企業であるエースコックベトナムとフランチャイズ契約を締結したことを明らかにした。 今回の契約締結は、長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」をベトナムでチェーン ...
sankeibiz.jp  MINISO名創優品が「Shop & Store Vietnam 2018」展示会に登場  ↑0 ↓0
【ホーチミン市(ベトナム)2018年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】「Shop & Store Vietnam 2018」(2018年ベトナムのショップとストア)展示会が3月28-30日、REED Tradexの主催により、Saigon Exhibition & Convention Center(SECC)で盛大に開催された。フランチャイズとリテールに重点を置いた同展示会の狙い ...
2018/04/13 15:22 da:- facebook:0 twitter:0 展示会 ホーチミン ショップ ストア Exhibition Convention Tweet
hamamatsu.keizai.biz  浜松・根洗町にベトナム料理店 女性向けヘルシーメニューに注力  ↑0 ↓0
約2年前に、長年付き合いのあったフォーハノイセコンドの店主からベトナム料理を薦められ、初めて食べたところ、ベトナム料理に感銘を受けた鈴木さん。オーナーから店を始めてみないかという話に、自らもベトナム料理を広めようとフランチャイズ店としての出店を決意。女性をターゲットに聖隷三方原病院に近い同所を選び、1 ...
nna.jp  外食レッドサンITI、FC展開に注力  ↑0 ↓0
国内外の15ブランドを展開するベトナムの外食大手レッドサンITIが、フランチャイズ(FC)展開に力を入れている。2021年までに展開予定の各ブランド計450店舗のうち200店舗をFCとする計画だ。28日付VNエクスプレスが報じた。 同社幹部によれば、すでに2,500億ドン(1,097… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 食品・ ...
2018/03/30 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ブランド FC展開 フランチャイズ エクスプレス Tweet
nna.jp  フランチャイズ展示会、ホーチミン市で開催  ↑0 ↓0
小売り・フランチャイズ関連の展示会「ショップ・アンド・ストア(SHOP & STORE)ベトナム2018」が、きょう30日までホーチミン市で開催されている。同展示会の開催は初めて。 フランチャイジーを探す小売りや飲食チェーンのほか、電子商取引(Eコマース、EC)のプラットフォームを提供する企業などが出展しており、POS(販売 ...
nna.jp  韓国の学習塾、ベトナム企業と提携し進出  ↑0 ↓0
韓国で学習塾を展開するCMSエデュは19日、ベトナムの教育関連企業であるEグループと提携し、ベトナム教育市場に進出すると発表した。19日付マネートゥデイが伝えた。 両社は1月、10億ウォン(約9,900万円)規模のマスターフランチャイズ契約を締結した。これによりCMSエデ… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
nna.jp  「8番らーめん」、年内にFCで出店へ  ↑0 ↓0
飲食店チェーンを展開するハチバン(金沢市)は19日、ベトナムで外食フランチャイズ事業を展開するメサアジア・パシフィック・トレーディング・サービシズ(MESA)とマスターフランチャイズ(FC)契約を結んだと発表した。「8番らーめん」のベトナムでの展開を進める。 MESAは「MKレストラン」や「カールス・ジュニア」「テキサス ...
newsclip.be  「8番らーめん」 ベトナムでフランチャイズ展開  ↑0 ↓0
【ベトナム】ラーメン店「8番らーめん」を展開するハチバン(石川県金沢市)は19日、ベトナムでのマスターフランチャイズ契約を、同国で流通、外食などの事業を手がけるメサ・アジアパシフィック・トレーディング・サービスと締結したと発表した。 メサはP&G、ネスレ、3Mなどの商品を扱うほか、「大戸屋」、タイスキの「MK」などの外食 ...
kabutan.jp  【材料】ハチバンが一時140円高、ベトナム展開で現地流通大手とマスターフランチャイズ契約を締結  ↑0 ↓0
MESA社は、ベトナムのホーチミンとハノイを中心に20年以上の流通業の実績があるほか、2010年からは海外外食FC事業を開始しMKレストラン、カールス・ジュニア、テキサスチキン、大戸屋などをベトナムで展開。今回のマスターフランチャイズ契約では、こうしたベトナム国内の流通市場における信頼と海外外食ブランドの ...
minkabu.jp  ベトナム社会主義共和国におけるマスターフランチャイズ契約締結に関するお知らせ  ↑0 ↓0
ベトナム社会主義共和国におけるマスターフランチャイズ契約締結に関するお知らせ」適時開示はPDFで閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。
nna.jp  外食レッドサン、21年までに450店を目標に  ↑0 ↓0
国内外の15ブランドを展開するベトナム外食大手レッドサンITIは、2021年までにレストランを450店に拡大する計画だ。このうち、40%はフランチャイズ(FC)方式による展開という。26日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が伝えた。 レッドサンは日本発のイタリ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・サービス.
nna.jp  越料理「ラップ&ロール」、上海2号店開業  ↑0 ↓0
春巻きなどのベトナム料理を提供する飲食チェーン「ラップ&ロール」の上海2号店が、オープンした。1号店に続きフランチャイズ形式での営業となる。3日付サイゴンタイムズが伝えた。 ラップ&ロールの海外店舗は上海のほか、シンガポールに4店ある。上海では2017年7月に1号… 関連国・地域: 中国/ベトナム. 関連業種: ...
nikkan.co.jp  ミニストップ、ベトナムでFC制導入 25年までに800店舗へ  ↑0 ↓0
双日は2018年春にも、ベトナムで展開するコンビニエンスストア「ミニストップ」について、加盟店を募集するフランチャイズチェーン(FC)制度を導入する。日本の事業... (残り:411文字/本文:491文字). (2017/12/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ...
ryutsuu.biz  イオンファンタジー/海外出店を強化  ↑0 ↓0
イオンファンタジーは、海外子会社を通じ、ファミリー向けアミューズメント施設、インドアプレイグラウンドの直営展開を進めている。 香港、ベトナム、カンボジアにおいては、ライセンス契約、フランチャイズの店舗を展開している。2017年7月に子会社を設立したベトナムにおいては、11月より6店舗のフランチャイズ契約店舗を ...
日本経済新聞  キッズコーポ、ベトナムに保育施設  ↑0 ↓0
病院内や企業内で保育施設を運営するキッズコーポレーション(宇都宮市、大塚雅斗社長)はフランチャイズチェーン(FC)方式でベトナムに進出する。現地企業に運営ノウハウを供与し、1カ所目の施設を2018年夏までに首都ハノイに設ける。ベトナムで「日本式教育」を売り物にして、富裕層の需要を開拓し、1~2年内に複数の ...
nna.jp  マクドナルド、ハノイ1号店オープン  ↑0 ↓0
地元紙ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)電子版によると、店舗の敷地面積は400平方メートル。スタッフは100人余りに上るという。 ベトナムでマクドナルドのフランチャイズ権を持つグッド・デイ・ホスピタリティーは、2014年2月にホーチミン市にベトナム1号店をオープン。現在、同市に16店舗を展開しているが、ハノイを ...
日本経済新聞  保育のキッズコーポ、ベトナム進出 日本式で富裕層対象  ↑0 ↓0
病院内や企業内で保育施設を運営するキッズコーポレーション(宇都宮市、大塚雅斗社長)はフランチャイズチェーン(FC)方式でベトナムに進出する。現地企業に運営ノウハウを供与し、1カ所目の施設を2018年夏までに首都ハノイに設ける。経済成長著しいベトナムで「日本式教育」を売り物にして、富裕層の需要を開拓 ...
nna.jp  小売り名創優品、FCで店舗網10倍目指す  ↑0 ↓0
日用雑貨の開発・販売を手掛ける名創優品産業は、ベトナムにおける小売店「MINISO名創優品(メイソウ)」の店舗数を、フランチャイズ(FC)形式で10倍に拡大 ...
2017/11/03 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 小売り 店舗網 小売店 フランチャイズ Tweet
nna.jp  ベトティエン、米スケッチャーズの靴販売  ↑0 ↓0
ベトナム地場衣料メーカーのベトティエン縫製総公社は8日、フランチャイズ権を取得した米国のフットウエアブランド「スケッチャーズ」製品の販売を各店舗で開始 ...
2017/08/10 00:07 da:- facebook:- twitter:- ウエア ブランド フット フランチャイズ メーカー Tweet
ryutsuu.biz  セブン-イレブン/ベトナム進出、ホーチミン市に1号店オープン  ↑0 ↓0
7-Eleven,Inc.とマスターフランチャイズ契約を締結しているベトナムの「SEVEN SYSTEM VIETNAM JSC」は6月15日、ホーチミン市に「セブン-イレブン」1号店を ...
ryutsuu.biz  イオンファンタジー/ベトナムに合弁会社を設立  ↑0 ↓0
現在、ベトナムではフランチャイズ契約によって、イオンベトナムが店舗を運営している。 新会社を設立しフランチャイズ契約店舗を譲り受け、新会社で運営する ...
2017/05/19 17:48 da:- facebook:0 twitter:0 新会社 イオン フランチャイズ 合弁会社 ファンタジー Tweet
アパレル・リソース  Zalora、Robinsのチェーンに統合される  ↑0 ↓0
Zalora Vietnamは、Nguyen Kimに譲渡されて1年が経過したが、このたびRobinsのファッションショップチェーンに合併された。 先週末よりzalora.vnのウェブサイトを訪問すると、ユーザーはrobins.vnにリダイレクトされ、ホームページには、「Robinsへようこそ。ZaloraはRobinsに名称変更しました」とのメッセージが明示されている。 VnExpressがセントラルグループ(RobinsとZaloraの2つのファッションショップチェーンを持つタイのグループ)に問い合わせると、メディア担当者は2つのブランドを統合し名称変更したことを認めた。 Robinsはセントラルグループの展開する商業施設で、2014年にハノイとホーチミン市に2つのショッピングセンターを建設した。この商業施設では、タイ製品が大半だが、世界中の多くの高級ブランドを取り揃えている。 一方、Zaloraはファッションに特化したECサイトである。Zaloraベトナムは2012年に設立された際には、Rocket Internet(ドイツ)のZaloraグループの一員だった。セントラルグループは、49%の株式を所有している子会社Nguyen Kim電気会社を通じて1年前にZaloraベトナムを取得。Zaloraベトナムの買取金額については、当事者両社は開示していない。 ファッションの分野では、Robins以外にも、セントラルグループはSuperSports、 Crocs、New Balanceというブランドを子会社を通じて運営しており、ベトナムのパートナーとフランチャイズ契約を結んでいる。 もっと見る
nna.jp  フランチャイズ市場、拡大もいまだ未成熟  ↑0 ↓0
ベトナムでフランチャイズ・ビジネスへの投資が広がりつつある。ただ、フランチャイズ市場自体は未成熟で、市場規模はまだ小さいのが実情だ。14日付VOV ...
2017/05/16 00:15 da:- facebook:- twitter:- フランチャイズ 未成熟 ビジネス Tweet
アパレル・リソース  イオン、食品スーパーを500店開業予定  ↑0 ↓0
日経アジアンレビューによると、日本のスーパーマーケットチェーンイオンは2025年までにベトナムに食品スーパーを500店開業する予定である。 イオンはカンボジア、ミャンマー、ベトナムなど成長途上のアジア市場で多数の小型店舗の開業を進めている。特にベトナムでは2025年までに500店舗へと9倍に拡大する予定。 イオンは大型ショッピングセンターで知られるが、小型の食品スーパーを開業する方が安価で容易である。ベトナム国内で多数の店舗を開業することで、ブランド認知の向上を狙う。 イオンはすでにベトナム企業2社と提携し食品スーパーを57店まで拡大してきた。イオンは2015年初めからベトナムのスーパーマーケットチェーンFivimartの株式の30%、Citimartの株式の49%を保有している。 イオンはCitimartとFivimartでトップバリュ製品を販売している。この2社と提携しトップバリュ製品の販売促進を行うとともに、流通網の強化と拡大を図っている。 こうした提携により、イオンは初期投資を最小化するとともにベトナムでのショッピングモール開業までの下準備を行うことができたと流通業界関係者は話す。現在ハノイ、ビンズオン、ホーチミンで4か所のショッピングモールを経営するイオンはベトナム国内の大手小売業者から強力な競争相手と見られている。近年中にハノイとハイフォンで新たなショッピングモールの開業を予定しており、2020年までにショッピングモールを20まで増える見込みである。 一方、イオンは日本の双日と提携し、コンビニエンスストアのミニストップを展開している。両社は今後8年間で800店舗まで拡大することを目標としている。 そのため、両社はミニストップベトナムの親会社による部分的投資を通じてフランチャイズ事業を拡大し、従業員にビジネス支援を行う予定。 イオンベトナムは今年初めからネット通販のウェブサイト(https://aeoneshop.com)を開設し、化粧品、家具、家電製品、自転車、文房具など多様な製品を販売している。   もっと見る
nna.jp  台湾の鮮茶道、FC展開でパートナー募集  ↑0 ↓0
台湾の茶飲料チェーン、鮮茶道(プレソティー)は、ベトナムでのフランチャイズ(FC)展開に向けパートナーを募集しているもようだ。国内で30~50店舗の展開を ...
2017/05/08 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 パートナー もよう フランチャイズ チェーン FC展開 Tweet
アパレル・リソース  成功者のための服(下)  ↑0 ↓0
(中編より)   直面する課題 H&Mはまだ第一号店の場所を発表しないが、今後さらに多くの情報を提供していく予定としている。 「いかなるマーケットにおいても、我々は常に商店街やショッピングモールの中で最高の場所を探しています。」とBarari氏は述べた。 男性、女性、ティーンエイジャー、子供などすべて層の顧客を対象とし、数千平方メートルもの敷地の店舗に集客する国際ファッションブランドにおいては、立地が最も重要な成功要因である、と業界関係者はいう。 小売業者は店舗の場所を選別する際に、業態によりその優位性に大きな差がある。 例えばホーチミン市で最初の旗艦店をオープンさせるあるファストファッションブランド最大手は、総面積2000平方メートル以上ある一等地を探し出した。 こうしたブランドは多くの買い物客を引き寄せ、ショッピングセンター全体の売上を増加させる可能性が高いために強い交渉力を持っており、土地所有者からより有利な賃借条件や商業取引条件を獲得することができる。 また、ショッピングセンター内のファッションブランドに同等かそれ以上のブランドが入っているかどうかも重要な成功要因である。 一つのショッピングセンター内に同等レベルのブランドが複数入っていれば、顧客にとってその場所での買い物がエキサイティングで印象深いものになる。 今のところ、ハノイとホーチミン市が小売市場にとって主要な2大都市であるが、ハノイの方がVingroupによって開発されたショッピングセンターのおかげで、南にあるホーチミン市よりも商業地の供給が少し多い状況にある。 ハノイには買い物客が一日中ファッションや雑貨を買ったり、食事を楽しんだり、レジャーやスパ、その他の娯楽に興じることができる4万平方メートル以上の大規模なショッピングセンターがいくつかある。 ハノイのショッピングセンターの平均賃貸料は郊外の賃貸料の下落により、2016年には前四半期比で7.6%の低下となった。 それでも市街地における土地の供給不足により、2017年には郊外で新しいショッピングセンターを開店する動きが続いている。 2017年は、郊外での新たな開業が少なくとも述べ10万6000平方メートル相当もあり、競争は一層激しくなることが予想されている。 一方でCBREベトナムによると、2016年にはホーチミン市に17もの有名な国際ブランドが開店し、2015年と比較して3倍の増加となった。 店舗に最適な立地の供給が限られている中、多くの新規ブランドの参入は店舗賃料を急激に上昇させる要因の1つとなっている。 業界関係者らは、新規参入小売業者が製品やプロフェッショナルな国際基準のサービス提供だけでなく、新形態として実店舗とオンライン店舗両方の運営(bricks and clicks)を行っていると指摘した。 ベトナムでのオンラインショッピングは、若者や中流階級をターゲットとするZalora、Lazada、Metaなどによって人気を博しており、高いレベルのアフターセールスサービスと共に顧客に利便性を提供している。 またNgo氏によると、ベトナムは外国ブランドが独自に営業するにはまだかなりの制約があるため、多くはライセンスやフランチャイズモデルを通じて参入しているという。 「国際ブランドとそのライセンス契約企業やフランチャイズ店が直面している大きな課題として、今も高額でありながらさらに高騰し続ける賃料や、近代的なショッピングセンターの不足、バイクや自動車による交通問題、現在建設中ではあるものの電車など大規模都市交通システムの未発達、そして低価格帯で消費者を引き付ける地元ブランドとの厳しい競争などが挙げられます。」と彼は述べた。 確かに市場にはまだ困難があるものの、国際ブランドは消費者信頼感指数(CCI)を基に、長期的にはベトナムの潜在的な可能性を感じている。 Infocus Mekong Research 2017によると、全国3200人の消費者を対象に調査した結果、2017年はCCI全体に若干の落ち込みが見られたものの、調査対象者の82%が 2017年の経済は2016年と同等か、良くなるであろうと考えており、引き続き高い消費意欲に支えられて活気付く見込みであるとしている。 主要な成長分野として、教育、外食、娯楽、個人医療、食料品などが想定される。 2017年の購買は、携帯電話、ラップトップコンピュータ、モーターバイクに動かされており、消費支出がより高額な商品に向かっていることを示している。 興味深いことに、こうした支出の大半は貯蓄の取り崩しによって賄われており、調査対象者のうち53%が、貯蓄が毎年減っていると回答し、驚くべきことに購買のために銀行から融資を受けていたりする者もいる。 2016年には調査対象者の40%が銀行融資を受け、そのうち42%が個人的な商品を購入するのにローンを利用したが、こうして購入した商品には国際ファッションブランドがほぼ確実に含まれていると考えられる。 「このようにベトナム経済は上昇軌道にあり、特にベトナムの都会の女性の間では国際ファッションブランドに対する欲求と需要が確実に増加することが見込まれています。」とMatthaes氏は結論づけた。   もっと見る
アパレル・リソース  成功者のための服(中)  ↑0 ↓0
(上編より)   ラグジュアリーファッションに対する渇望 Knight Frank Wealth Report 2015によると、ベトナムの超富裕層人口(UHNWI)の数は2024年までに300人にもなると予測されている。 純資産3000万米ドル以上を保有する超富裕層人口の増加率が159%もあるのは、ベトナムが最も急速に発展している国であることを示しており、アセアン諸国ではインドネシアの132%が続く。 アジアの超富裕層は総額5兆9000億米ドルの純資産を保有しており、北米の5兆5000億米ドルを上回っている。 さらにこのレポートによると、アジア全体において今後10年間で91%も超富裕層が増加すると予測している。 しかし単にこうした超富裕層だけが増えているということではない。Euromonitor Internationalによると、2013年には10万人以上のベトナム人が年間7万5000米ドル以上の所得を得たという。 中国同様、ベトナムの非常に豊かな人々は資金の投資先を模索するだけでなく、消費支出の機会も求めている。 約9000万人が暮らすベトナムにおいて、贅沢品は強い威信を示すことができるため、中流階級層においてもこうした商品を買い求める動きが出ている。 Nielsenの調査によると、ベトナムはブランド志向という点で中国とインドに続く、世界第3位に位置している。 さらに、調査に回答した者の56%が機能面では同じであったとしても、よく知られていないブランドと比較してブランド品にはより多くを支払う意向があると回答した。 Euromonitor Internationalは、ベトナムのアパレル市場が2017年までに42億米ドル規模に達すると予測している。 ベトナムで初となる高級ファッションブランドはフランスのLouis Vuittonで、1997年以降Dior、Burberry、Ermenegildo Zegna、BulgariやHermesなど多くのブランドがこれに続き、多額の利益を上げてきた。 Hermes のブティックは2008年にハノイにオープンしたが、毎年20〜30%の増益を達成している。 その他Loewe、Marc Jacobs、GivenchyやBalenciagaなどの高級ブランドは、フランチャイズ方式を採用し、専属パートナー企業によって運営されている。 今年の初め、イタリアの高級ファッションブランドDolce & Gabbanaはホーチミン市のRex Hotelにベトナム初となる期間限定店舗をオープンさせた。 ミラノのデザイナーGiovanni Bressana氏がデザインし、赤をテーマカラーとするDolce & Gabbanaの店舗では、最新の女性コレクションをベトナムの顧客に提供している。 Dolce & Gabbana はIPPグループによってベトナムに導入されたが、このIPPグループはDolce & Gabbana以外にもBurberry、Chanel、CKやSalvatore Ferragamoなどの高級ブランドを手掛けている。 IPPグループのCEO であるLe Hong Thuy Tien氏によると、この期間限定店舗は、5月にオープン予定の常設旗艦店の前哨となるという。   (下編につづく)   もっと見る
2017/03/29 12:56 da:15 facebook:0 twitter:0 ブランド 米ドル グループ オープン Burberry ファッション Tweet
アパレル・リソース  アパレル商品の消費者は海外のハイストリート・ファッションに傾倒  ↑0 ↓0
所得が上がるにつれベトナムの消費者は、中国やベトナム製商品でなく海外のハイストリート・ファッションを購入するようになっている。 ハノイのHoang Mai地区で事務員をしているHuongさんは、毎月新しい服を買うために200〜300万ベトナム・ドンの予算を見込んでいると言った。ただし彼女はベトナム製ブランドではなく、海外オンラインショップからZaraやMangoの商品を注文することを好む。 Huongさんは、今日では海外のハイストリート商品は彼女のようなオフィスワーカーにとって手の届く価格帯になったとした。 「メーカーや流通業者は、時折大幅な割引率での販売促進キャンペーンを行います。ベトナム商品と同等か、それより安い値段で多くの商品を手に入れることができます。」 「海外ブランドが多様なデザイン、優れた素材、そしてリーズナブルな価格で手に入るというのに、これを買わないという手はあるでしょうか?」と彼女は言った。 ハノイの営業担当者であるOanhさんは、高品質の商品をリーズナブルな価格で購入することができるため、通常Zara、H&M、Mango、Uniqloなどの商品を買い求めているという。 時にはセールを利用して、わずか100万ベトナム・ドン(約5000円)以下で商品を購入することもある。 「セール期間中であっても実際の品質が分からないため、ベトナム製商品は決して買いません。一方で海外ブランドから商品を購入する際にはこういった心配をする必要がなく、価格もとても安いのです。」と彼女は言った HuongさんとOanhさんは、商品をオンラインで注文、決済し、ベトナムに出荷してもらっている。ハノイには、商品の受領、ベトナム国内の顧客への配送を請け負う多くの配送業者がある。 エージェントの一人であるThuy Linh氏は、顧客のほとんどが衣料品や靴の注文をしており、こうした注文の約80%はZara、Mango、Forever 21などの海外ハイストリート・ブランドで、残りの20%が高級ブランドだと述べた。 Linh氏は、多くのベトナム人が海外のハイストリート・ブランドを買い求めるため、いつも忙しくしていると述べた。 ZaraやMangoのTシャツは送料込みでたったの18万ベトナム・ドンで購入することができ、その価格は中国製品よりも安いという。 ベトナム人の嗜好をよく理解し、ベトナムにおける近年の中高所得者層の急速な増加を認知した多くのハイストリート・ブランドがベトナム市場に進出してきている。スペインのファッションブランドであるZaraは、2016年中頃からベトナムに進出している。18〜40歳の顧客層をターゲットにするMangoは、Maison JSCとのフランチャイズ契約のもと、2004年からベトナムで営業を行っている。 最新のニュースによると、H&Mはベトナム進出に向け、従業員の雇用を開始したという。このスウェーデンのブランドの1号店はハノイにオープンする予定で、その敷地は2000平方メートル、100人もの従業員を雇用するという。この募集はホーチミン市でも実施される予定となっている。 もっと見る
2017/03/03 10:44 da:15 facebook:0 twitter:0 ブランド ストリート ハノイ ファッション 従業員 セール Tweet
アパレル・リソース  日本のコンビニチェーン各社が小売市場に急速に参入  ↑0 ↓0
日本のサービス文化に対する需要が高いベトナムでは、日系のコンビニエンスストアチェーンが急速に勢力を増している。 セブンイレブンジャパンは、近日ホーチミンで開店予定であるベトナム初号店の求人募集を2017年2月に開始した。 セブンイレブンブランドがアジアに初めて進出したのは、セブンイレブンチェーンの元となるサウスランド社が台湾に進出した1980年のことである。 その後1991年にセブンイレブンジャパンがアメリカのサウスランド社を買収し、のちに経営統合されセブン&アイ・ホールディングスとなった。 2014年にはセブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブンジャパンが中国・北京に初号店を開き、成功を収めている。 中国市場への参入は大成功を収め、セブンイレブンジャパンは即座に韓国、香港、ベトナムなどアジア諸国への拡大の計画を開始したという。 こうしてセブンイレブンジャパンは、世界中の過酷な市場で培った経験とともに、ホーチミンに初号店を開店するに至ったのである。 セブンイレブンのマネージメントチームにはアメリカ時代の30年以上前から在籍するメンバーも複数名おり、コンビニエンスストア部門ではかなり高いスキルを持っている。 その他のチェーンもまた、日本式の製品やサービス、スタッフトレーニングをベトナム全土に広めている。 日本第3位の大手であるファミリーマートは、2016年7月時点でベトナムに106店舗出店しており、2016年末までには150店舗、2018年には300店舗到達を目標としている。 またファミリーマートは、台湾、中国、タイなどのアジア市場でも幅広く展開している。 日本の大手流通企業イオングループのコンビニエンスストアチェーンであるミニストップは、日本国外では主に韓国で展開しているが、ベトナム全土のイオンショッピングセンターでも店舗を開設する計画がある。 一方で日本大手第2位のコンビニエンスストアチェーンであるローソンは海外展開においては遅れをとっており、2016年6月末時点の国外店舗はアジアの821店舗のみであった。 ローソンは上海地元企業との合同事業として1996年に中国市場に参入したが、運営能力の低さなどから売り上げや店舗数の増加に苦戦していた。 インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイなど、現在は日本国外に790店舗のみしか展開していないものの、ローソンはフランチャンズの促進により2020年までに中国で3000店舗を展開することを目標としており、ベトナムやマレーシアなどでのフランチャイズ展開も視野に入れている。 アジアでは中流階級層に突入する人口が増加しており、コンビニエンスストアの需要は今後高まると予想されている。 日本式のコンビニエンスストア運営の特徴としては、イノベーションや連続した新商品の投入、そして独自のサービス提供があげられる。 こうしたサービスは、同じ商品を何ら改良や変更することなく毎年提供し続ける傾向がある、従来のベトナム小売店とは全くの極地にある。 日本貿易振興機構(ジェトロ)は国内チェーンの大陸進出に関して楽観的であり、ジェトロの役員は、日本のコンビニエンスストアチェーンがベトナムにおいて大成功を収める可能性は十分にあると語っている。 もっと見る
アパレル・リソース  外資系小売業者にとってコンビニエンスストア事業が魅力的なビジネスに成長  ↑0 ↓0
外資系小売業者の投資意欲は当面衰えを知らず、ベトナムのコンビニエンスストア事業参入にも触手を伸ばそうとしている。 Seven System Vietnam JSC社はセブンイレブンのフランチャイズ加盟業者であるが、自社ウェブサイトに採用情報の掲載を開始し、このコンビニエンスストア・チェーン大手が間もなくベトナムで最初となる店舗を立ち上げようとしていることが明示された。 ベトナム市場に早期に参入した企業はまだ利益をあげていない中で、このセブンイレブンの参入が競争をさらに激化させることになるだろう、と市場関係者は確信している。 3〜4年前は、ベトナムの大半の消費者が雑貨を買いに行くのに長距離をバイクに乗って行くという長年の習慣を変えないだろうとし、この国でのコンビニエンスストア事業の成功に多くの疑念が示されていた。さらに、昔ながらの小規模な家族経営の食料雑貨品店も広く親しまれている。 しかしホーチミン市やハノイでは近年、ファミリーマート、ミニストップ、B's Mart、Circle K、Shop&Goなどの大手外資系ブランドの人気が高まり、コンビニエンスストア事業は堅調に成長を遂げてきた。 ある業界関係者は、ベトナムの市場規模はまだ小さいものの、各社ではベトナムの2大都市であるホーチミン市とハノイにおいて自社の存在感とブランド認知度を高めるために、投資を増やすことを計画しているとした。 例えば日本資本のコンビニチェーンであるファミリーマートとミニストップは、ベトナムに200店舗以上を開業し、チェーン拡大を進めている。ミニストップはベトナムに800店舗を展開する見通しとしており、一方のファミリーマートは2020年までに800〜1,000店舗開店の目標を示している。 セブンイレブンはまだ市場に参入していないものの、3年以内に100店舗の開店を目標としており、さらに今後10年間で1,000店舗にまで増加させるという。 実際のところコンビニエンスストアのビジネスモデルは、ある特定グループの人々の手軽な買物需要を満たしている。一方でコンビニエンスストアは、スーパーマーケットや昔ながらの小売店より価格が高いため、その競争力は劣っている。 専門家によると、コンビニエンスストア・チェーンが収益性を確保するには店舗数の拡大が必要であり、各社では最低150〜200店舗が必要とされる。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、コンビニエンスストアの初期投資を回収するには通常5〜6年かかるとし、安定的に利益を確保するには各チェーン少なくとも300店舗が必要となる、と算定した。 「今年度末までにミニストップの店舗数は160店舗に達すると見込んでいます。我々は投資を継続し、フランチャイズのコスト削減に取り組み、店舗カバー率の最適化を検討していきます。」と前田社長は述べた。現在のところ、中心エリアの高額な賃料が大きな課題として認識されている。 投資、管理、運用コストの要件に見合う用地を探すためには、財務的な強みと優れた管理スキルが必要とされる。この点が現在のところ、ベトナム現地企業にとって2つの大きな弱点となっている。 外資系小売業者は他の市場での経験により、ベトナムにおいてもコンビニエンスストア事業が成長を遂げ、徐々に昔ながらの地元食料品店に取って代わるものと考えている。 TCCグループ傘下のMM Mega Market VietnamのPhidsanu Pongwatana CEOは、スーパーマーケット事業は国民の消費習慣の変化により、過去ほど成長していかないだろうと述べた。彼はベトナムの消費者が利便性を望むほど、コンビニエンスストア事業が優位に立つだろうと予測した。 ホーチミン市労働組合連合会のPham Ngoc Hung副会長は、コンビニエンスストア市場は急速に成長しているものの、豊富な資金と豊かな経験を持つ外資系企業だけがこの市場に参入する余裕がある、と述べた。 もっと見る
jfa-fc.or.jp  【シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム】におけるフランチャイズに関する法制度の最新状況と ...  ↑0 ↓0
近年、グローバル化の進展に伴い、企業の海外展開は業種を問わずさらに加速する傾向にあります。 ご承知のとおり、今後TPP(環太平洋パートナーシップ) ...
2016/10/11 17:59 da:54 facebook:- twitter:- グローバル 太平洋 パートナーシップ フランチャイズ Tweet
アパレル・リソース  人気高まるコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
生活ペースのスピードアップや世帯の小型化に伴い、ベトナム人が店選びの歳に近頃では「利便性」を大いに重要視することが、市場調査会社ニールセンによる最近の調査で明らかになった。 ベトナム人顧客の10人に6人近くが、都合の良い場所にある店を選ぶと言う。一方、10人に5人近くの顧客が、優れたデザインで商品が選びやすく陳列されている店に行くという。 ニールセン・ベトナムのRoberto Butragueño氏は、小売店のオムニチャネル戦略の中でその店が果たすであろう役割を考慮する必要があるとコメントした。 ホーチミン市商工省によると、Tien Loi Gia Dinh Vietnam社所有のファミリーマートが70店舗、B’s Mart株式会社に属するB’s Martが98店舗、Cua Hieu & Suc Song JSCに属するショップアンドゴーが111店舗である一方、Vong Tron Do社が所有するサークルKは150店舗に達した。 アナリストらは、最近のコンビニエンスストアにおいて、多様な商品の提供とファーストフードカフェとしての用途の両方を目指した「ハイブリッド」な店へと発展する傾向である大きな変化を言及する。 サークルKは、ネットワーク拡大の速さにおいてライバルより優っているとこがわかる。あらゆる住宅街にて、わずか500メートル間隔で約2、3店舗が営業している。 例えばホーチミン市の6地区の11区では、Binh Phu通りに2店舗、Cho Lon通りに1店舗の計3店舗のサークルKがある。小売店チェーンは、アメリカのものに似せた新しい看板でその独自性を変化させた。 サークルKベトナム責任者のTony Yang氏は、店舗数の急速な増加を説明しながら、サークルKベトナムは米国サークルKとのフランチャイズ契約の下で発展したことを語った。2015年前半の構造改以後、サークルKは4Fサービス(フレッシュ、フレンドリー、ファースト、フル)に注力している。 サークルKは現在、コンビニエンスストア方式の消費者用品を販売するだけの店から、ファーストフード(顧客の注文に応じその場で加工する)、プライベートブランド飲料、座席やWi-Fiなどの付加設備を含めさまざまなサービスを提供している。 一方、2010年から小売店チェーンを展開してきたVingroup株式会社は、コンビニエンスストア(Vinmart +)は毎日2店舗を開店していると伝えられる。5月までに650店舗が開店され、Vinmart +はベトナム最大のコンビニエンスストアチェーンとなった。   もっと見る
nna.jp  ミニストップ、ベトナム50店舗に到達  ↑0 ↓0
ミニストップベトナムは20日、ホーチミン市1区のナムキーコイギア通りに稼働ベースで50店舗目をオープンさせた。ミニストップは昨年、ベトナムでのパートナーを地場コーヒーチェーン大手チュングエン傘下のG7S&Tから双日に切り替えて以降に出店を加速させており、年内に80店舗、2017年末までに160店舗体制を目指す。ミニストップはベトナムでの店舗数が50店となった=20日、ホーチミン市双日とパートナーを結ぶまでの17店舗体制から、1年余りでホーチミン市内で3倍に店舗網を広げた。15年から向こう10年で800店以上に拡大させる計画で、都市部での立地確保を急ぐ。ベトナム国内のコンビニエンストアでは、不動産最大手ベトナム投資グループ(ビングループ)の「ビンマート・プラス」が650店を超えたとされ、タイ系「ビーズ・マート(B’s Mart)」は140店程度、ファミリーマートも100店を突破した。競争が激しくなる中、ミニストップは店舗網の拡大に向け、直営店に加えてフランチャイズ店の導入も検討に入る。ミニストップベトナムの前田昭彦社長は、「オーナーも稼げるような契約を考える」とし、来年にも開始する意向だ もっと見る
2016/07/21 00:00 da:51 facebook:2 twitter:0 ストップ パートナー オープン ホーチミン ベース Tweet
nna.jp  ファミマ、店舗展開加速へ新体制  ↑0 ↓0
ファミリーマートは7日、ベトナムでの店舗展開の加速に向け、ベトナム・インベストメント・デベロップメント・グループ(VIDグループ)とパートナー契約を結んだと発表した。ファミリーマート・ベトナム(FMV)をVIDとの合弁会社にし、VIDのグループ企業「ベトナム・ファミリー・コンビニエンス・ストアズ(VFCVS)」と2社体制で事業を推進する。FMVの出資比率はファミリーマートが51%、VIDが49%となる。ファミリーマートの関係者によると、FMVが本部機能を担い、店舗運営を担当するVFCVSにフランチャイズ(FC)権を付与する。VIDはハノイに本拠を置き、金融をはじめITや人材、不動産などの事業を手掛ける。ファミリーマートは、多角的に事業を展開するVIDと日本式コンビニ運営のノウハウを合わせることによる相乗効果の創出を目指す。ファミリーマートのベトナムでの店舗数は、6月末時点で103店。このうち、90店舗以上がホーチミン市で、ビンズオン省が3店、バリアブンタウ省に2店と、全ての店舗が南部に設置されている。同社は今年第4四半期(10~12月)にハノイ1号店の出店を目指しており、その後に同市で もっと見る
ASEAN PORTAL  讃岐うどん「たも屋」がベトナムに初進出  ↑0 ↓0
日本国内の飲食フランチャイズの海外進出支援を手掛けるジャパンフードカルチャー(Japan Food Culture Pte.Ltd)は、ASEAN地域のエリアフランチャイザーとして本場讃岐うどん「たも屋」のベトナム1号店を7月1日にオープンする事を発表した。
時事ドットコム  ベトナム初進出 讃岐うどん「たも屋」AEON/高島屋に2店舗オープン  ↑0 ↓0
国内飲食フランチャイズの海外進出支援を手掛けるJapan Food Culture Pte.Ltd(ジャパンフードカルチャー、本社:シンガポール、代表取締役:古閑 昭彦、以下JFC)は、ASEAN地域のエリアフランチャイザーとして本場讃岐うどん「たも屋」のベトナム1号店となるAEON Binh Tan店を7月1日にグランドオープンします。ベトナムへの進出はシンガポール、インドネシア、台湾に続き4か国目。同国では、8月に高島屋店のオープンも決定しています。
2016/06/24 10:41 da:78 facebook:26 twitter:0 ジャパン フード カルチャー Culture フランチャイズ うどん Tweet
newswitch.jp  「パンの缶詰」でおなじみパン・アキモトがベトナムへ  ↑0 ↓0
パン・アキモト(栃木県那須塩原市、秋元義彦社長)がベトナムのダナン市に開いたベーカリー「ゴチパン」の滑り出しが好調だ。日本式の菓子パンを広めつつ、独立起業を目指す現地の若者にパンの製造技術や販売ノウハウを伝授する。今後、ベトナムを軸にアジアで“町のパン屋”のフランチャイズ展開の夢を持つ。
2016/06/05 06:11 da:47 facebook:11 twitter:0 日本式 菓子パン 滑り出し ダナン 那須塩原 おなじみ Tweet
アパレル・リソース  ハイストリートファッション市場がヒートアップ  ↑0 ↓0
国際市場の調査会社であるEuromonitor International によると、2017年までにベトナムのブランド品市場は27億米ドル規模にまで達する見込みである。   需要がうなぎのぼり 4月16日の深夜、ホーチミン市7区の新市街Phu My HungにあるCrescent Mallはまだ営業していた。Gap、Calvin KleinやMarks & Spencerでは、買い物中毒者らがたった一日のみ開催される重要イベントのミッドナイトセールで気に入ったものを獲得しようやっきになっていた。 このショッピングモールにある100店舗において50%割引となる販売キャンペーンは、これで3回目となる。 T. Maiさんは買い物中毒と自己紹介した上で、多様なデザイン、良質な素材と「リーズナブルな価格」のMangoブランドの製品が特に気に入っていると言った。 Maiさんにとって「リーズナブルな価格」とは、1アイテムで200~300万ベトナム・ドンに収まる価格帯である。時にはセールによって、Maiさんは100万ベトナム・ドン以下で商品を購入できることもある。 この「リーズナブルな価格」は、一人当たり年平均で2000米ドルの所得しかない大半のベトナム人にとって「手の届かない」金額である。 しかしMaiさんのように、ブランド品を買う余裕がある顧客の数は、急速に増加している。 Mangoだけでなく、Gap、Guess、Topshop、Ralph LaurenやNine Westなどの国際的なファッションブランドは、多くの若いベトナム人、特にオフィスワーカーに好まれている。 新興市場における消費動向の大きな変化は、販売企業のビジネス戦略にも影響を与えてきた。 Inditex 傘下のZaraは、ベトナムの消費者は今、ハイストリートファッション製品を好む傾向があると指摘した。 2015年第4四半期に実施された、ベトナムの消費者信頼感指数に関するNielsen社の調査によると、ベトナム人は休日、旅行、ファッションやハイテク製品に喜んでお金を投じる傾向があることが明らかになった。 スペインのファッションブランドであるZaraがベトナムに進出したが、その存在がベトナムのハイストリートファッション市場をさらに加熱させると期待されている。 ベトナムは、Zaraが今年店舗を新規開店させる計画としている5つの市場のうちの一つである。残る4つは、ニュージーランド、パラグアイ、アルバとニカラグアである。 2016年1月31日期末の2015年会計年度において、Inditexは世界88市場で7013店をオープンさせ、うち2000店舗はZaraブランドであった。 またMangoは昨年26億米ドルの売上を計上し、そのうち80%がスペイン以外の市場からの収益であった。Mangoは、世界107市場に展開している。 Mango は18~40歳の顧客層をターゲットとしており、2004年からMaison JSCとの間で交わされたフランチャイズ契約を通してベトナムに進出している。 Mango はまた、IPPの子会社であるDAFCやVingroup傘下のBFFなど、複数のフランチャイズパートナーを持っている。   もっと見る
アパレル・リソース  国内縫製企業、下請け仕事からの脱却のため奮闘  ↑0 ↓0
外資系パートナー企業の単なる下請けとなりたくないベトナム縫製会社の多くは、新規業態の開拓を模索してきた。 数ヶ月前Garmex Saigon社は、アウトドアやスポーツウェアのブランドで、米国の7州とAmazonに配送ネットワークを持つGramicci社とのフランチャイズ契約を結ぶため、米国を訪問した。 この意思決定について説明する場において、Garmex Saigon社のLe Quang Hung会長は、特に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が署名されたことに際し、会社がグローバル市場に強力に打って出るために、新規の開拓手法を用いる必要があることを認識した、と述べた。 Hung会長によると、このビジネス提携はGramicci社とGarmex Saigon社双方の強みを最大限に活用するものである。Gramicci社は配送ネットワークに強みがあるものの、生産能力に問題があるが、この生産能力こそがGarmex Saigon社の得意分野である。 この契約によりGarmex Saigon社が期待するのは、生産計画や原材料調達先の開拓に主導権を握り、リスクを最小限に抑え、より大きな利益を獲得するということである。 この契約のもとでGarmex Saigon社は、今後5年間独占的にGramicciブランドの開拓を行い、対価として年間総売上高の3%をこの米国ブランドに支払う。 まもなくGarmex Saigon社は、米国文化や消費者の嗜好を理解するGramicci社デザイナーを活用し始める。その製品はベトナムで生産、その後米国へ輸出されて、Gramicci社のネットワーク通じて流通されることとなる。 Garmex Saigon社は、このブランド開発によって2018年までに、同社の総売上高の10%に当たる1800万米ドルを稼ぎ出すことを目指している。 Garmex Saigon社によるこの取り組みは、企業の85%が単なる外資系パートナー企業の下請けで、商品価値のわずか25%しか獲得できないベトナム縫製企業の現状において、「大胆な動き」とみなされている。 ベトナムは、2015年に270億米ドル相当の繊維・衣料品を輸出した。 ベトナム企業は、現在の下請け業務から、FOB(本船渡し)、ODM(オリジナルデザイン製造)やOBM(オリジナルブランド生産)条件のもとでの製品輸出へ移行するよう奨励されてきた。 繊維・衣料品分野の専門家であるLe Quoc An氏によると、ブランディングと流通業務は、ベトナム企業にとって最も難しい仕事とされてきたという。多くのベトナム人がブランドを開発し、海外に自社製品を販売しようと試みたが、その限られた資源のため失敗してきた。 ある下着メーカーはかつてフランスのブランドを買収し、そのブランド製品を欧州市場へ輸出する取り組みを行った。また別のベトナム企業では6年前、市場を開拓するために米国内のチェーン店を賃借した。しかし資金繰りに苦しみ、2年後にはその事業から撤退するという結果となっていた。   もっと見る
2016/03/16 05:57 da:19 facebook:0 twitter:0 ブランド 下請け ネットワーク 米ドル 衣料品 売上高 Tweet
dd.hokkaido-np.co.jp  北海道風スープカレー、ベトナム1号店 千歳の経営者4人、ホーチミンで開業  ↑0 ↓0
千歳市内で食肉卸や飲食業などの会社を経営する4人が29日、スープカレーを鍋で出す専門店「札幌鍋」1号店をベトナムのホーチミン市に開業した。年内に同市内にさらに1店、2年目には計5店舗の展開を目指す。経済成長著しい他の東南アジア諸国でのフランチャイズ展開も視野に入れている。
2016/01/30 06:56 da:72 facebook:20 twitter:0 ホーチミン スープカレー 北海道 Tweet
sankei.com  株式会社ワンダーテーブル:ベトナムMo-Mo-Paradise2号店OPEN!  ↑0 ↓0
2015年12月24日(木)、株式会社ワンダーテーブルは、ベトナム社会主義共和国に「Mo-Mo-Paradise」のフランチャイズ2号店をオープンしました。当社は、2013年からTAM THU INVESTMENT Co.,LTD.社とパートナーシップを結び、2014年7月、ホーチミンに1号店をオープンしました。[画像: http://prtimes.jp/i/7752/96/resize/d7752-96-655970-1.jpg ]■ベトナムMo-Mo-Paradise2号店OPEN!今回の2号店は、ベトナム最大企業「ビンコムグループ」が開業したメガモール内にあり、周辺にはハイエンドなべトナム人が多く住んでおり、高架鉄道等も建設中で、将来的にも成長が見込まれるエリアです。ベトナム社会主義共和国の市場は、海外フランチャイズビジネスの重要な柱と捉えており、当社としては、今後も徹底した開業サポートを行ってまいります。■ワンダーテーブルの海外展開株式会社ワンダーテーブルは、1997年、台湾に合弁会社を設立し、イタリアン「ベリーニカフェ」を出店しました。その後、2003年、台北に「Mo-Mo もっと見る

Thailand

newsclip.be  長崎ちゃんぽん「リンガーハット」 ベトナム進出でエースコックとフランチャイズ契約  ↑0 ↓0
【タイ】外食チェーンのコロワイド(横浜市)は9日、しゃぶしゃぶ店「しゃぶしゃぶ温野菜」のタイ1号店をバンコクのトンロー通りに出店した。 ... 【タイ】リンガーハット(東京都品川区)は12月1日、バンコク都内の高架電車BTSオンヌット駅前で開業する予定のショッピングセンター「センチュリー・ザ・ムービープラザ・スクムビット」に長崎 ...
2018/04/23 02:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  東京CLEAR'S SMILE ライブ in バンコク[Siamdol 1st Anniversary IDOL Super Live Thailand × Japan ...  ↑0 ↓0
ステージに登場したのは小鳥遊理紗さん、白戸マユさん、山本咲希さん、星野みおさん、小夏心愛さんの5人で構成されている東京CLEAR'S SMILE。日本全国お掃除計画を目的に結成された「お掃除ユニット CLEAR'S」の、東京でのフランチャイズグループです。 それでは沢山のタイ人ファンの前でのパフォーマンスを沢山の ...
2018/03/11 13:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ベストウェスタン、20年までに16軒開業  ↑0 ↓0
米ホテルチェーン大手ベストウェスタン・インターナショナルは、タイで2020年までに16軒以上のホテルを新たに開業する計画だ。2日付バンコクポストが報じた。 16軒のうち8軒は、運営受託またはフランチャイズ(FC)契約を締結済みで、バンコクが3軒、南部プーケットと東部パ… 関連国・地域: タイ/米国. 関連業種: 観光・ ...
2018/03/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  シャトレーゼ、エカマイに2号店を開設  ↑0 ↓0
菓子製造のシャトレーゼ(山梨県甲府市)は15日、タイの首都バンコク・エカマイの商業施設「ゲートウエー」内に同国2号店を開設した。7月に開業した「バンコク伊勢丹」内の1号店と同様に、フランチャイズ(FC)契約に基づき出店。今後もFCパートナーを模索し、向こう10年で200店の展開を目指す。 シャトレーゼによると、経済 ...
2017/12/18 00:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  フィットネスの米エニタイム、タイ市場参入  ↑0 ↓0
24時間営業のフィットネス・クラブをフランチャイズ展開する米エニタイムフィットネスは18日、タイの首都バンコクのウィタユ通り(ワイヤレス通り)に同国1号店を ...
2017/11/21 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thaich.net  「シャトレーゼ」がタイ進出、1号店がバンコク伊勢丹にオープン  ↑0 ↓0
日本国内に489店舗、国外に33店舗を展開しているスイーツ店「シャトレーゼ」が2017年7月14日(金)、バンコク伊勢丹5階にタイ進出1号店(フランチャイズ)と ...
thaich.net  「東京豚骨拉麺ばんから」はタイ・バンコクで3店舗展開中ラーメン店  ↑0 ↓0
日本で20店舗以上を展開する濃厚な豚骨醤油ラーメンで人気の「東京豚骨拉麺ばんから」が、タイに進出したのが2008年のこと。フランチャイズで第1号店が ...
2017/07/12 09:56 da:- facebook:0 twitter:0 ラーメン ばんから フランチャイズ バンコク Tweet
news.livedoor.com  タイ人女性が飲食店を提訴「希望を持って日本に来たのに」  ↑0 ↓0
女性側によると、ガイトーンはタイの有名店。女性は、カスターマーズディライトが、同ブランドをフランチャイズ展開する際に必要な通訳として2014年7月、カスター ...
ryutsuu.biz  カフェ・アメィゾン/タイのコーヒーチェーン、福島県双葉郡に日本1号店  ↑0 ↓0
バンコクを中心にポピュラーな存在として認知されている「CafeAmazon」はタイ国内で約1500店を展開する最大のコーヒーチェーン。 ... 復興プロジェクトにタイ国の「CafeAmazon」やその親会社でもあるタイ石油公社が賛同し、今回のフランチャイズ ...
worldfoodsnavi.com  タイのフランチャイズビジネス事情。飲食業にチャンスが広がる  ↑0 ↓0
タイのリサーチ会社「CBREタイランド リサーチ&コンサルティング」は、バンコクの小売業の売り場面積 ... タイ事業開発局の2015年の発表によると、タイ国内において1555もの ... その理由として、タイ人が外食を好むという傾向が挙げられます。
foods-ch.com  タイのフランチャイズビジネス事情。飲食業にチャンスが広がる  ↑0 ↓0
タイのリサーチ会社「CBREタイランド リサーチ&コンサルティング」は、バンコクの小売業の売り場面積が、2015年に100万㎡増加したと報告しました。タイは若者が多く、フランチャイザーにとって魅力的
日本経済新聞  カーコンビニ倶楽部、バンコクに1号店  ↑0 ↓0
カーコンビニ倶楽部(東京・港) 18日、タイの大手商社などと合弁で同国のバンコクに1号店を開設した。車の板金修理を同国で初めてフランチャイズチェーン(FC) ...
2016/03/18 21:22 da:87 facebook:1 twitter:0 コンビニ バンコク 倶楽部 チェーン フランチャイズ Tweet
sankei.com  「カーコン」がタイ進出 2020年に100店目指す  ↑0 ↓0
自動車修理会社「カーコンビニ倶楽部」(東京都港区)は18日、タイの大手商社ロクスレーとの合弁で、バンコクに「カーコンタイ」1号店を出店した。直営とフランチャイズを合わせ来年中に10店舗、2020年までに100店舗の展開を目指す。 同社は12年にタイ北部チェンライに研修センターを開設。日本各地の修理工場でタイ人の技能実習生を受け入れている。今回のタイ進出は、実習生の帰国後の雇用先を確保する目的もある。 林成治社長は「タイ人は親日的で順応力が高い。レベルの高いサービスを提供してタイでの事業を成功させたい」と話した。(共同)
2016/03/18 20:03 da:68 facebook:0 twitter:0 バンコク 倶楽部 コンビニ 自動車 Tweet
wwdjapan.com  ビームスがバンコク2号店を商業施設サイアム・パラゴン内に出店  ↑0 ↓0
ビームスは3月24日、タイ・バンコクにある大型商業施設サイアム・パラゴン2階に「ビームス バンコク パラゴン(BEAMS BANGKOK PARAGON)」をオープンする。店舗面積は約165平方メートル。同フロアには「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」「ジャック・スペード(JACK SPADE)」「ヴァンキッシュ(VANQUISH)」などが入店している。  同店は、昨年3月末にBTSプロンポン駅周辺の「エムクオーティエ(EmQuartier)」にオープンしたタイ国内1号店の「ビームス バンコク」と同様に、タイ小売り大手のザ・モール・グループ傘下のエム・キュレイテッド社がフランチャイズ運営する。取り扱いレーベルは、メンズの「ビームス(BEAMS)」「ビームス プラス(BEAMS PLUS)」「ビームスT(BEAMS T)」、ウィメンズの「レイ ビームス(RAY BEAMS)」「ビームスボーイ(BEAMS BOY)」、雑貨の「bPrビームス(BPR BEAMS)」を予定する。  ビームスの海外店舗は、香港、北京、上海、台北、バンコクにあり、今回で11店舗と もっと見る
2016/02/14 11:03 da:44 facebook:9 twitter:0 バンコク サイアム オープン Tweet
newsclip.be  ビームス、サイアムパラゴンにタイ2号店  ↑0 ↓0
【タイ】セレクトショップのビームス(東京都新宿区)は3月24日、タイ2号店をバンコク都心のショッピングセンター(SC)、サイアムパラゴン2階に出店する。1号店同様、タイ小売り大手ザ・モール・グループ傘下のエム・キュレイテッド社が運営するフランチャイズ店。
2016/02/09 17:03 da:37 facebook:18 twitter:0 ショッピングセンター バンコク ショップ セレクト Tweet
sankei.com  ビームス、バンコク2号店を「サイアム・パラゴン」に3月末オープン  ↑0 ↓0
昨年3月末に、BTSプロンポン駅周辺の「EmQuartier」にオープンした「ビームス バンコク」に続き、タイ国内2店目です。ビームスの海外店舗は、香港、北京、上海、台北、バンコクに広がっており、今回のオープンで11店舗になります。なお、「ビームス バンコク パラゴン」は、1号店と同様に、タイ小売大手のザ・モール・グループ傘下のエム・キュレイテッド社によるフランチャイズ運営です。BTSサイアム駅直結で利便性が高く、バンコク随一の賑わいを見せる「サイアム・パラゴン」の2階にオープンする同店舗では、メンズ、ウィメンズの主要カジュアルレーベルの多彩なウエアと雑貨を取り揃えます。経済発展とともにファッションマーケットが急成長する都市・バンコクで、新たな価値を創造し、ビームスが思う豊で楽しいライフスタイルを提案します。[画像: http://prtimes.jp/i/12471/19/resize/d12471-19-122527-0.jpg ]【店舗概要】店舗名:ビームス バンコク パラゴン(BEAMS BANGKOK PARAGON)オープン日:2016年3月24日(木)所在地:2F, Pa もっと見る
2016/02/09 12:45 da:71 facebook:1 twitter:0 バンコク オープン サイアム Tweet

Singapore

sankeibiz.jp  シンガポールのカスタム寿司屋「maki-san」“今夏”日本初上陸!目の前で具を“カスタマイズ”する『まきずし ...  ↑0 ↓0
株式会社ブレーントラスト(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役:山本 薫資)は、シンガポールで17店舗展開する“まきずし”のファストフード店『maki-san』の日本出店におけるフランチャイズ権を獲得し、この度2018年7月(※ 発表時点での情報)に大阪心斎橋にて日本第一号店をオープンいたします。
2018/05/08 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  長崎ちゃんぽん「リンガーハット」 ベトナム進出でエースコックとフランチャイズ契約  ↑0 ↓0
【ミャンマー】焼鳥店「とりどーる」、讃岐うどん店「丸亀製麺」などを展開するトリドールホールディングス(神戸市)は18日、「丸亀製麺」のシンガポール1号店をショッピングセンター ... 【シンガポール】串かつ店「串カツ田中」を展開する串カツ田中(東京都品川区)はサントリーのシンガポールのグループ企業SFBI(アジアパシフィック)と ...
2018/04/23 02:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  伊高級かばんフルラ、現地事業を直営化  ↑0 ↓0
バッグや小物を展開するイタリアの高級ブランド、フルラ・グループは、提携先からシンガポール事業を買収し国内5店舗を直営化した。同グループのアルベルト・カメレンゴ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。 約15年にわたり、シンガポールでフルラの店舗をフランチャイズ(… 関連国・地域: シンガポール/欧州. 関連業種: ...
2018/03/19 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ブレッドトーク、中国で台湾のパン屋をFC展開  ↑0 ↓0
シンガポールの飲食大手ブレッドトーク・グループは12日、台湾の人気ベーカリー「呉宝春麦方店」を中国4都市でフランチャイズ(FC)展開すると発表した。年内にも、呉宝春の上海1号店を開業する。 呉宝春麦方店はフランスで行われるパンの国際大会「クープ・デュ・モンド・ド… 関連国・地域: 中国/香港/台湾/ ...
2018/03/14 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  外食ジャンボ、香港カフェ翠華をFC展開  ↑0 ↓0
チリクラブで有名な「ジャンボ・シーフード」などを経営するシンガポールの外食チェーン、ジャンボ・グループは9日、香港の茶餐庁(香港式大衆カフェ)チェーン「翠華(ツイワー)」をシンガポールでフランチャイズ(FC)展開すると発表した。翠華が東南アジアに進出するのは初… 関連国・地域: 香港/シンガポール. 関連業種: ...
2018/03/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  外食ジャンボが台湾進出、FC契約締結  ↑0 ↓0
チリクラブで有名な「ジャンボ・シーフード」などを経営するシンガポールの外食チェーン、ジャンボ・グループは18日、台湾の和興餐飲股份有限公司とフランチャイズ(FC)契約を締結したと発表した。 14日付で契約を結び、16日にジャンボ・シーフードの台湾1号店を台北市信義区… 関連国・地域: 中国/台湾/シンガポール.
2017/12/20 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
時事ドットコム  マクラーレンのフランチャイズ権、獲得競争に=サイム・ダービーが撤退-マレーシア  ↑0 ↓0
18日号のマレーシア経済週刊誌エッジ(20面)によると、英高級スポーツ車メーカーのマクラーレンの国内フランチャイズ権をめぐり、建設・不動産会社サンウェイ・グループと同業クイル・グループ、シンガポールのウェアネス・オートマーティブが獲得競争を行っているもようだ。自動車産業の関係筋は、実質的にサンウェイとクイル ...
2017/12/18 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
朝日新聞  串カツ田中が一時ストップ高、シンガポール進出で業容拡大期待  ↑0 ↓0
25日に、アジアで飲食事業を展開しているシンガポールのSFBI(Asia-Pacific)とフランチャイズ(FC)契約を締結することで合意したと発表し、買い材料視され ...
2017/10/26 13:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  串カツ田中—急騰し一時ストップ高、シンガポール企業とのフランチャイズ契約締結で  ↑0 ↓0
急騰し一時ストップ高。シンガポール及びアジアにおける飲食事業・外食FC事業の経営を手がけているSFBI(Asia-Pacific)Pte.Ltdとフランチャイズ契約を締結する ...
2017/10/26 12:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特報】話題株先取り【寄り付き】(3):串カツ田中、プロルート、富士ソSBなど  ↑0 ↓0
串カツ田中 <3547> 8,680円 +290 円 (+3.5%) 09:07現在 25日に発表した「シンガポール社とFC契約」が買い材料。 シンガポールSFBI社とフランチャイズ契約を ...
2017/10/26 09:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  【買い】串カツ田中(3547)シンガポールのSFBIとフランチャイズ契約締結を発表 あすなろ投資顧問 加藤 ...  ↑0 ↓0
10/25にSFBI(Asia-Pacific)Pte.Ltd(本社、シンガポール)とフランチャイズ契約締結を発表。アジアのハブであるシンガポールに出店することで、業務拡大を図る。
2017/10/26 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  日本パビリオンに12社出展 アジア最大級のFC展示会が開幕  ↑0 ↓0
シンガポールで12日、フランチャイズ(FC)やライセンスビジネスに関するアジア最大級の展示会「フランチャイジング・アンド・ライセンシング・アジア(FL ...
2017/10/13 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  元気寿司、香港企業に海外子会社譲渡  ↑0 ↓0
元気寿司は28日、全額出資子会社の元気寿司シンガポールの全株式を、香港や中国で元気寿司のフランチャイズ店を運営する香港企業のグループ会社に譲渡 ...
2017/07/29 09:00 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 グループ フランチャイズ Tweet
nna.jp  「ゴンチャ」全店閉鎖、独自ブランド展開へ  ↑0 ↓0
シンガポールで外食店をフランチャイズ展開するRTGホールディングスが、台湾のバブル・ティー(大粒のタピオカが入った茶飲料)専門店「ゴンチャ(貢茶)」の全 ...
2017/05/30 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ティー タピオカ バブル フランチャイズ ブランド Tweet
日本経済新聞  関門海、海外初出店 シンガポールに来月1号店  ↑0 ↓0
フグ料理の関門海は22日、シンガポールに海外1号店を開くと発表した。フランチャイズチェーン(FC)事業を手掛ける現地企業と契約し、4月20日から営業を ...
2017/03/23 06:00 da:87 facebook:0 twitter:0 チェーン フランチャイズ Tweet
foods-ch.com  シンガポールの直営店で育てた「ばり馬」ブランド。アジアから世界へ(ウィズリンク)  ↑0 ↓0
2011年、シンガポールに法人を設立し、その翌年の2012年11月に、ばり馬の直営店を出店しました。現在は直営店、フランチャイズを合わせて、アジアで10店舗 ...
2016/12/27 10:55 da:38 facebook:0 twitter:0 アジア フランチャイズ ブランド Tweet
asiax.biz  洗車の王国、マレーシアでフランチャイズ1号店を開業  ↑0 ↓0
シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOP日系企業洗車の王国、マレーシアでフランチャイズ1号店を開業. 日系企業. 2016年12月7日 ...
2016/12/07 12:54 da:42 facebook:0 twitter:0 フランチャイズ ニュース サイト ビジネス Tweet
nna.jp  マクドナルド、2カ国のFC権売却を発表  ↑0 ↓0
米ファストフード大手マクドナルドは2日、シンガポールとマレーシアでのフランチャイズ(FC)権をサウジアラビアのライオンホーン(Lionhorn)に売却したと発表した ...
zuuonline.com  元気寿司<9828>、シンガポールのフランチャイジーを子会社化  ↑0 ↓0
本件により、元気寿司は、Genki Sushi Singaporeの直営による運営でブランド価値をさらに高め、今後のフランチャイズ展開の加速化と出店目標数の達成を ...
newsclip.be  元気寿司、シンガポールのフランチャイズ直営化  ↑0 ↓0
【シンガポール】回転寿司チェーンの元気寿司(栃木県宇都宮市)は21日、シンガポールで「元気寿司」のフランチャイズを運営するゲンキスシ・シンガポールの全 ...
2016/11/22 00:38 da:44 facebook:0 twitter:0 フランチャイズ 宇都宮 チェーン Tweet
asiax.biz  JETROがフランチャイズ・ライセンスビジネスの展示会に出展、9社が参加  ↑0 ↓0
同展示会は今年で11回目を迎え、シンガポールのほか、アジア各国からもビジネス関係者が訪れている。ジェトロのブース出展は今年が2回目で、日本のサービス ...
2016/10/14 19:41 da:45 facebook:0 twitter:0 展示会 ビジネス ジェトロ ブース サービス 関係者 Tweet
jfa-fc.or.jp  【シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム】におけるフランチャイズに関する法制度の最新状況と ...  ↑0 ↓0
【シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム】におけるフランチャイズに関する法制度の最新状況と今後の展開セミナーのご案内. 近年、グローバル化の進展 ...
2016/10/11 17:59 da:54 facebook:- twitter:- フランチャイズ グローバル セミナー ご案内 Tweet
asiax.biz  百均「こものや」のワッツ、フランチャイズ免許取得  ↑0 ↓0
100円ショップ大手のワッツ(本社・大阪市)は9月23日、マレーシアにおけるフランチャイズ展開にむけたライセンスを国内取引共同組合消費者行政省から授与 ...
newsclip.be  紀伊國屋書店、ヤンゴン空港に出店  ↑0 ↓0
【ミャンマー】紀伊國屋書店は12日、シンガポールの投資会社シンガポール・ミャンマー・インベストコとフランチャイズ契約を結び、10月にミャンマーのヤンゴン国際 ...
2016/09/13 02:15 da:46 facebook:0 twitter:0 紀伊國屋 ヤンゴン フランチャイズ Tweet
asiax.biz  マクドナルド、マレーシアでフランチャイズ権売却検討  ↑0 ↓0
ファストフード大手の米マクドナルドはマレーシアとシンガポールにおけるフランチャイズ事業の売却を計画している。 マクドナルドは店舗の直接運営から手を引き、 ...
2016/07/28 11:18 da:43 facebook:3 twitter:0 マクドナルド フランチャイズ ファストフード Tweet
event-marketing.co.jp  [出展募集] Franchising and Licensing Asia 2016(FLAsia)ジャパン・パビリオン  ↑0 ↓0
ジェトロは、シンガポールで開催されるアジア最大級のフランチャイズビジネスの展示会「Franchising & Licensing Asia 2016 (FLAsia)」にて、日本のサービス産業企業(外食、理美容、流通・小売、教育等)を対象としたジャパン・パビリオンを組織する。本展示会は、世界中からフランチャイズ候補者が真剣な商談を求めて来場するBtoBの展示会であり、日本企業が結集してジャパン・パビリオンを組織することで、自社の存在を来場者へ強く訴求し、シンガポールのみならず他国からの来場者とも確度の高い商談が期待できる。
時事ドットコム  ベトナム初進出 讃岐うどん「たも屋」AEON/高島屋に2店舗オープン  ↑0 ↓0
国内飲食フランチャイズの海外進出支援を手掛けるJapan Food Culture Pte.Ltd(ジャパンフードカルチャー、本社:シンガポール、代表取締役:古閑 昭彦、以下JFC)は、ASEAN地域のエリアフランチャイザーとして本場讃岐うどん「たも屋」のベトナム1号店となるAEON Binh Tan店を7月1日にグランドオープンします。ベトナムへの進出はシンガポール、インドネシア、台湾に続き4か国目。同国では、8月に高島屋店のオープンも決定しています。
2016/06/24 10:41 da:78 facebook:0 twitter:0 ジャパン フード カルチャー Culture フランチャイズ うどん Tweet
sankei.com  九州パンケーキカフェ開設 シンガポールに宮崎の会社  ↑0 ↓0
九州産の小麦や雑穀を100%使用したパンケーキミックス「九州パンケーキ」を製造販売する有限会社「一平」(宮崎市)は11日、シンガポールでカフェをオープンした。 パンケーキをメニューの中心に据えたフランチャイズ店で、年間7千万円の売り上げを目指すとともに、5年間で3店に増やす計画。同社による海外のカフェ展開は昨年の台湾に続くもの。 九州パンケーキは、九州全域の小麦や雑穀のほか、鹿児島と沖縄の砂糖を使ったパンケーキミックス。過去にシンガポールで試験販売した実績もある。来店した主婦(43)は「試験販売時にも購入した。食の安全や健康を気に掛けるシンガポール人に需要があると思う」と話した。(NNA=共同 もっと見る
2016/05/11 19:52 da:77 facebook:0 twitter:0 パンケーキ カフェ オープン ミックス 有限会社 Tweet
ミャンマーニュース  シンガポールのベーカリー「ブレッドトーク」 来年ミャンマーへ!  ↑0 ↓0
シンガポールのメディアによると、同国に本社を置くベーカリーチェーン「ブレッドトーク」は、ミャンマーの複合企業、シュエタン・グループ傘下の「ミャンマーベーカリー」とフランチャイズ契約を締結したという。ブレッドトークは、来年の前半にヤンゴンのジャンクションスクエア内のショッピングセンターに出店する予定だ。ヤンゴンでは近年、ピザハットやケンタッキーフライドチキンなど、外食チェーン店が相次いでオープンしているが、来年のベーカリーチェーン開業によって、今後、ヤンゴンではより多くの種類の外食が楽しめるようになる。「ミャンマーにパンの食文化を広めたい」ブレッドトークのTan Aik PengCEOは、ミャンマーは経済成長が著しく、我が社にとって大変魅力のある市場だ。我が社は、ミャンマーの人々においしいパンを提供することで、ミャンマーにパンの食文化を広めていきたい。(MYANMAR TIMESより)と語った。ブレッドトークグループは、2000年にシンガポールで創業した。ベーカリーをはじめとして、レストランなど8つのブランドを有しており、東南アジアや中国、中東諸国など17の国と地域に進出している。外部リ もっと見る
2016/05/06 11:03 da:25 facebook:19 twitter:0 トーク ブレッド ベーカリー グループ メディア チェーン Tweet
ASEAN PORTAL  神戸物産の業務スーパーがシンガポールに進出  ↑0 ↓0
株式会社神戸物産は、フランチャイズ展開している業務スーパーの海外1号店が4月1日からシンガポールで営業を開始したことを発表した。 株式会社神戸物産は ...
2016/04/06 14:37 da:19 facebook:1 twitter:0 スーパー フランチャイズ Tweet
kobe-np.co.jp  シンガポール、米に「業務スーパー」出店 神戸物産  ↑0 ↓0
神戸物産(兵庫県稲美町)は3月31日、フランチャイズ展開する低価格食品スーパー「業務スーパー」の海外1号店を、4月1日にシンガポールに出店すると発表した。G-7ホールディングス(HD、神戸市須磨区)の子会社と、シンガポール企業が設立した合弁会社が運営する。日本の人口が減少する中、成長が見込める海外市場を開拓する。 新店舗は現地の大型商業施設「ビッグ ボックス」内に開設。約320平方メートルの売り場に、うどんやラーメン、菓子など常温・冷凍品を中心に約700品目をそろえる。また、G-7HDが独自に展開する農産物直売所「めぐみの郷(さと)」の売り場(約90平方メートル)も併設。日本産の生鮮野菜、果物を販売する。 一方、米国で和風食材を扱うスーパーを運営するジャパン・マート(テキサス州)は、カリフォルニア州内の店舗に「業務スーパー」の売り場を4月1日に開設。神戸物産は、冷凍うどんやサケフレーク、和風調味料、漬物など約500品目を供給する。(長尾亮太) もっと見る
2016/03/31 21:00 da:63 facebook:2 twitter:0 スーパー フランチャイズ Tweet
rugby-rp.com  ハードな環境を乗り越える。全員で信じ切る。立川理道、リーダーの自覚。  ↑0 ↓0
ブルズ(3月26日/シンガポール)、キングズ(4月3日/ポートエリザベス)、ストーマーズ(4月9日/ケープタウン)、チーターズ(4月16日/ブルームフォンテイン)と続く、長く、ハードな旅。初勝利を目指すサンウルブズのミッドフィールドに立つ男がそう話したのは、シンガポールへと向かうフライトの直前だった(3月24日)。 スーパーラグビーのレベルでも、パスもランもタックルも精度高くプレーできている。ピカイチの安定感でBKラインを牽引する。「(オーストラリア・フランチャイズの)レベルズは前半を戦った後、後半にはこちらの強みを消してくるようなところがありました。南アフリカのチームは、どちらかというと直線的な強みを出してくる。だから、個人的には南アフリカ(勢)の方がやりやすいですね」 開幕からの3試合すべてで13番を背負った男が、強く勝利を欲している。 3週間におよぶ長いツアーの最初、シンガポールで初勝利を挙げ、残りの日々に勢いをつけたい。ターゲットであるブルズの印象をこう話す。「大きなFW。はやいBK。キックをうまく使ってくる。オーソドックスに強いと思います」 そんな相手をやっつけるイメージはあ もっと見る
newsclip.be  シンガポールのサラダ専門店、フジオフードが日本展開  ↑0 ↓0
【シンガポール】「まいどおおきに食堂」などの飲食店を展開するフジオフードシステム(大阪市北区)はシンガポールのサラダ専門店「サラダストップ!」を日本で展開する。17日、運営会社のサラダストップ(シンガポール)とマスターフランチャイズ契約を結んだ。
2016/02/17 16:52 da:37 facebook:4 twitter:0 サラダ ストップ まいど 飲食店 Tweet
ma-times.jp  フジオフードシステム、シンガポールのサラダ専門店とマスターフランチャイズ契約締結  ↑0 ↓0
大衆外食チェーンを展開するフジオフードシステム【2752】は、シンガポール共和国のSaladStop Pte Ltd.とサラダ専門店「SaladStop!」を日本で展開する目的で、マスターフランチャイズ契約を平成28年2月17日に締結したと発表した。
2016/02/17 15:33 da:21 facebook:26 twitter:0 サラダ チェーン マスター フランチャイズ Tweet
animeanime.jp  ソニーミュージック、シンガポールのSozoと資本提携 日本カルチャーの発信強化  ↑0 ↓0
大手音楽会社のソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、11月25日付でシンガポールでイベント事業などを手掛けるSozo Pte. Ltd.(Sozo)と資本提携を実施したと発表した。資本提携の詳細は明らかにしていないが、今回の提携を通じて東南アジアでの日本アニメ、J-POPなどの日本のポップカルチャーの発信と事業拡大を目指す。Sozoは2009年に事業をスタート、シンガポールで開催する日本アニメなどのポップカルチャーイベントAnime Festival Asia(AFA)の主催と運営で成長している。AFAはパリのジャパンエキスポ、ロサンゼルスのアニメエキスポと並び、海外で開催される日本カルチャーをテーマにしたイベントを代表する存在である。Anime Festival Asiaは期間中に10万人規模のシンガポールでイベントのほか、インドネシア、タイでもフランチャイズイベントを開催している。AFAはSozoと電通が共催、これまでSMEは音楽ライブ事業の子会社Zeppライブが実行委員会に出資、興行の企画や制作を担当してきた。またアニメ製作子会社のアニプレックスも、積極的に作品を紹 もっと見る
asiax.biz  ハラルフードの英チキンコテージ、1号店をオープン  ↑0 ↓0
チキン・コテージは英国や欧州諸国、アフリカ、中東、南アジアなどにおいて100店舗以上のフランチャイズを展開している。今後は中国やシンガポールでの事業 ...

Philippines

nna.jp  《日系進出》鶴丸饂飩本舗、アジア初展開へ  ↑0 ↓0
外食チェーンを展開するフジオフードシステム(大阪市北区)は12日、フィリピンで飲食店事業を手掛けるキャバラン・マネジメントとマスターフランチャイズ(FC) ...
2018/07/16 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  FC産業の売上高、今年1兆ペソ突破か  ↑0 ↓0
フィリピン・フランチャイズ協会(PFA)は、国内フランチャイズ(FC)産業の売上高が、今年は1兆ペソ(約2兆円)を突破するとの見通しを示した。地元紙ビジネス ...
2018/07/06 13:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ジョリビー、香港式点心店ア太でFC展開へ  ↑0 ↓0
フィリピンの外食最大手ジョリビー・フーズ(JFC)はこのほど、香港の点心専門店「添好運(ティムホーワン)」のアジア太平洋地域のフランチャイズ(FC)権を取得 ...
2018/05/15 14:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  眼鏡ジンズが東南ア1号店 初のFC店、域内展開加速へ  ↑0 ↓0
眼鏡チェーン店「JINS」を運営するジンズは19日、東南アジア1号店をフィリピンで開業した。海外店舗は中国、北米、台湾に続き4カ国目。眼鏡市場が拡大しているフィリピンで、若い世代を中心にブランドの浸透を図る。同社にとって海外初のフランチャイズ(FC)展開で、新事… 関連国・地域: フィリピン/日本. 関連業種: 経済 ...
2018/04/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  眼鏡店の「JINS」 マニラ首都圏にフィリピン1号店  ↑0 ↓0
【フィリピン】眼鏡店「JINS」をチェーン展開するジンズ(東京都千代田区)はフィリピン1号店を19日、マニラ首都圏タギッグ市のショッピングモール「SMオーラプレミア)」1階に出店する。 フィリピン、米国、中国などでアパレル、雑貨、飲食などの店舗を展開するフィリピン企業スーイェンによるフランチャイズ店。 「JINS」の海外出店は ...
2018/04/11 06:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  外食大手マックス、17年は2桁の増収増益  ↑0 ↓0
フィリピンの外食大手マックス・グループが発表した2017年決算は、売上高が前年比11%増の126億6,000万ペソ(約258億7,000万円)、純利益が12%増の6億2,669万ペソだった。既存店が堅調だったことに加え、フランチャイズを中心とする新設店が売り上げ増に貢献した。 直営店とフラ… 関連国・地域: フィリピン.
2018/03/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  《日系進出》眼鏡ジンズ、4月に1号店  ↑0 ↓0
眼鏡チェーン店「JINS」を運営するジンズは14日、フィリピンでアパレルや外食を手掛ける地場スエン・コープとフランチャイズ契約を締結した。フィリピン初店舗となる1号店は、4月にマニラ首都圏タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)にある商業施設、「SMオーラ・プレミア」に開業する予定だ。 同社として海外初 ...
2018/03/15 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabushiki.jp  JINS、フィリピンで「JINS」  ↑0 ↓0
ジンズ(JINS)<3046.T>は13日、フィリピンのSuyen Corporationとの間で、同社アイウエアブランド「JINS」をフィリピンで展開することを目指し、フランチャイズ契約を締結することを決議したと発表した。 Suyen Corporationは、同国内および米国、中国などで数々の有名なブランドのアパレル、雑貨、コスメ、飲食店舗を ...
2018/03/14 09:23 da:- facebook:- twitter:- Tweet
magicalir.net  各 位 フィリピン共和国でのフランチャイズ契約の締結について  ↑0 ↓0
株式会社ジンズ(以下「当社」といいます。)は、本日開催の取締役会において、Suyen Corporation(以下. 「Suyen 社」といいます。)との間で、当社アイウエアブランド「JINS」をフィリピン共和国(以下、「フィリ. ピン」といいます。)で展開することを目指し、フランチャイズ契約を締結することを決議いたしましたので、. 下記のとおり ...
2018/03/13 16:54 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  マクドナルド40店増設を計画、投資20億ペソ  ↑0 ↓0
フィリピンで米ファストフードチェーン、マクドナルドをフランチャイズ展開するゴールデン・アーチス・デベロップメント(GADC)は1日、今年は事業拡大に向けて最大20億ペソ(約41億円)を投資し、少なくとも40店を新規出店すると明らかにした。地元紙マニラブレティンなどが… 関連国・地域: フィリピン/米国. 関連業種: 食品・ ...
2018/03/02 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  99ペソが全国展開の成功の鍵 日本食市場、大衆取り込み課題  ↑0 ↓0
日本食レストランを全国でフランチャイズ展開する場合、1品99ペソ(約205円)という価格帯が成功の鍵となる――。フィリピン人の食生活に詳しい専門家は、富裕層を除く人口の9割を占める大衆に日本食を訴求し、店舗数を拡大するには、本物にこだわるより、まずは価格を抑える必要… 関連国・地域: フィリピン/日本.
2018/02/22 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン、年内に375店を新規出店へ  ↑0 ↓0
コンビニエンスストアの「セブン―イレブン」を展開するフィリピン・セブン(PSC)は、年内に375店舗を新規出店する。全店舗に占めるフランチャイズ店の比率も、現在の54%から60%に高める。地元紙マニラブレティンが伝えた。 PSCは昨年、318店を新規出店し、現在は全国で… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 商業・ ...
2018/02/08 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  家具イケア「フィリピン参入の機熟した」  ↑0 ↓0
スウェーデンの家具大手イケアはこのほど、フィリピン市場参入の機は熟したとの見解を示した。進出形態や1号店の予定地、オープン時期などについては、「準備ができ次第、年内にも発表する」という。地元紙マラヤなどが伝えた。 東南アジアでのイケアのフランチャイズ運営権を持… 関連国・地域: フィリピン/欧州.
2018/01/23 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  かき氷ソルビン、フィリピンに進出  ↑0 ↓0
かき氷フランチャイズチェーン(FC)大手のソルビンが、フィリピン市場に進出する。日本や中国、タイなどに続く6カ国目の海外進出となる。11日付聯合ニュースなどが伝えた。 現地のボンヨンカンパニーと9日、フィリピンにおけるマスターフランチャイズ契約を結んだ。マニラな… 関連国・地域: 韓国/フィリピン. 関連業種: 食品・ ...
2017/12/12 14:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  眼鏡専門店「ジンズ」、フィリピン進出へ 現地企業と覚書  ↑0 ↓0
スイエンは日系飲食ブランドや英ポールスミスなどを展開している。ジンズはスイエンとフランチャイズ契約を結び、店舗を拡大したい考え。 ジンズの海外進出地は、中国や米国、台湾に続く4カ国・地域となる。フィリピンでは既に同業のオンデーズ(東京・品川)が約20店を展開しているほか、三城ホールディングス(HD)なども ...
2017/12/05 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  フランチャイズ業界、今年は20%増収予想  ↑0 ↓0
フィリピン人フランチャイザー協会(AFFI)は、加盟企業の今年の売上高が前年比で最大20%拡大し、総額1,284億ペソ(約2,812億円)に達するとの見通しを示し ...
2017/09/20 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
shokuhin.net  丸亀製麺、フィリピン進出 20年までに10店舗出店  ↑0 ↓0
トリドールホールディングスはフィリピンで現地パートナー企業とフランチャイズ契約を結び、フィリピン初出店となる「丸亀製麺BHS店」を16日、首都マニラの商業 ...
nna.jp  ジョリビー、国外事業好調で上期は増収増益  ↑0 ↓0
フィリピンの外食最大手ジョリビー・フーズ(JFC)が発表した2017年上半期(1~6月)決算は、直営とフランチャイズを合わせた店舗売上高が前年同期比13.5% ...
2017/08/16 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 フランチャイズ 売上高 上半期 フーズ 最大手 Tweet
nna.jp  地場フランチャイズ、国内外で1千店舗  ↑0 ↓0
フィリピンのフライド・ポテト販売「ポテト・コーナー」が、8月で国内外合わせて1,000店舗に到達する見通しだ。同社は収益基盤の拡大を狙い、積極的に店舗網を ...
2017/07/13 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ポテト 積極的 店舗網 見通し コーナー フライド Tweet
nna.jp  シェーキーズが年内上場、55億ペソ調達へ  ↑0 ↓0
米ピザチェーン「シェーキーズ」のフィリピンでのフランチャイズ権を持つシェーキーズ・ピザ・アジア・ベンチャーズ(SPAVI)が、年内にフィリピン証券取引所(PSE) ...
2016/10/12 00:11 da:52 facebook:0 twitter:0 取引所 アジア フランチャイズ チェーン Tweet
ryutsuu.biz  プレナス/フィリピンに進出、YAYOIを出店  ↑0 ↓0
今年3月に子会社Plenus Global社が、フィリピン共和国内における「やよい軒(YAYOI)」のエリアフランチャイズ契約を現地法人TEISHOKU DINING ...
2016/09/13 23:15 da:48 facebook:0 twitter:0 フランチャイズ エリア やよい 子会社 Tweet
plenus.co.jp  フィリピン共和国初進出  ↑0 ↓0
2016 年3 月、当社子会社Plenus Global 社は、フィリピン共和国内における「やよい軒(YAYOI)」のエリ. アフランチャイズ契約を現地法人「TEISHOKU DINING ...
2016/09/13 16:29 da:43 facebook:0 twitter:0 やよい 子会社 Tweet
prw.kyodonews.jp  日本の食文化を世界へ定食レストランの「やよい軒」 フィリピン共和国初進出  ↑0 ↓0
2016年3月、当社子会社Plenus Global 社は、フィリピン共和国内における「やよい軒(YAYOI)」のエリアフランチャイズ契約を現地法人「TEISHOKU DINING ...
2016/09/13 15:56 da:69 facebook:0 twitter:0 やよい フランチャイズ エリア 子会社 レストラン Tweet
manila.keizai.biz  マニラで「リアル脱出ゲーム」人気 9カ月ごとに新部屋登場  ↑0 ↓0
オーナーのマイケル・カルベランドさんがフィリピンに広めたいとフランチャイズ契約を結びオープンさせた。「フィリピンには娯楽が少なく、モールに遠足に行く程度が ...
2016/09/12 20:37 da:64 facebook:0 twitter:0 フランチャイズ モール オープン マイケル リアル ゲーム Tweet
nna.jp  韓国カフェ、地場とフランチャイズ契約  ↑0 ↓0
韓国のカフェチェーン「ハイブランチ」がフィリピンに進出する。地場企業とフランチャイズ契約を結び、初年は25店の開設を目指す。25日付マラヤなどが伝えた。ハイブランチを運営するミダンFCが、地場企業フォーエバー・リッチ・フィリピンとマスターフランチャイズ契約を結んだ。ミダンFCのシム・ウー最高経営責任者(CEO)は、「韓国の文化はドラマやファッション、音楽を通じてフィリピンに浸透している。次は食だ」と期待感を示した。フォーエバーの経営者スーザン・バーリン氏は、初年に25店を開業し、うち6店を自社で運営する計画を示した。1店舗の面積は平均150平方メートル。店内はヨーロッパ風のインテリアでまとめる予定だ。食材は韓国から冷蔵で輸入し、フィリピンで調理する。ハイブランチは、かゆや氷菓、コーヒーなどを提供するカフェで、韓国で250店以上を展開する。ウー氏によると、近く台湾の台北でフランチャイズ展開を開始する。カザフスタン、中国、東南アジア各国への進出も模索しているという。 もっと見る
2016/07/26 00:00 da:51 facebook:0 twitter:0 カフェ フランチャイズ マラヤ チェーン ブランチ Tweet
日本経済新聞  プレナス「やよい軒」をフィリピンに出店  ↑0 ↓0
プレナスは12日、定食店「やよい軒」をフィリピンに出店すると発表した。現地企業とエリアフランチャイズ契約を結んだ。今後3年間で10店を出店する計画。やよい軒の海外展開は6カ国目。現地企業に任せることで素早いチェーン展開を目指す。 現地の小売企業が設立した「テイショク・ダイニング・コンセプツ」(フィリピン・マンダルヨン市)とエリアフランチャイズ契約を締結した。1号店はマニラ市のショッピングモール内に今夏に開店する。 やよい軒はタイでFC展開しており、すでに140店以上ある。自社で出店すると、現地の市場調査や店舗立地の開拓に時間がかかる。このためノウハウを持つ現地企業とFC契約を結ぶことで出店ペースを速め効率的な運営体制を築く。 同日発表した2016年2月期の連結決算は純利益が前の期比14%減の36億円だった。健康志向の商品の浸透が進まなかったことから、持ち帰り弁当の既存店が不振だったことが響いた。売上高は4%減の1458億円、営業利益は3%減の64億円だった。17年2月期の純利益は前期比18%増の43億円を見込む。 もっと見る
2016/04/12 21:45 da:91 facebook:1 twitter:0 やよい フランチャイズ エリア Tweet
日本経済新聞  ローソン、フィリピンで出店加速  ↑0 ↓0
ローソン 提携先のフィリピンのスーパー大手ピュアゴールド・プライス・クラブと、フランチャイズを活用して同国での店舗の出店を加速する。今後の本格展開に ...

Myanmar

nna.jp  韓国カフェチェーン、ヤンゴン空港に1号店  ↑0 ↓0
ミャンマー・インターナショナル・ビジネス・アライアンス(MIBA)は20日までに、フランチャイズ展開する韓国のコーヒーチェーン、トムアンドトムズのミャンマー1号店 ...
2018/06/20 17:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  元気寿司 東南アジアで拡大 ミャンマーやベトナムなどに出店  ↑0 ↓0
すしレストラン大手の元気寿司は、東南アジアでフランチャイズチェーン(FC)店の展開を広げる。2017年度中にミャンマーに進出、1年以内にベトナムとマレーシア ...
2017/09/25 23:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  タイ外食ブラックキャニオン、4号店開業  ↑0 ↓0
カフェレストラン「ブラック・キャニオン」を展開するブラック・キャニオン(タイランド)は、フランチャイズ(FC)方式によるミャンマー4号店を最大都市ヤンゴンに開いた ...
nna.jp  オーボンパンがCLMV進出、10店展開へ  ↑0 ↓0
タイで飲食チェーンを運営するマッドマンは、CLMV諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)で米系カフェチェーン「オーボンパン」をフランチャイズ(FC)展開 ...
2017/06/12 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 チェーン カフェ フランチャイズ ラオス マッドマン Tweet
ryutsuu.biz  紀伊國屋書店/ミャンマーのヤンゴン国際空港で英文書を販売  ↑0 ↓0
紀伊國屋書店は10月から、シンガポールの投資会社Singapore Myanmar Investcoとフランチャイズ契約を締結しミャンマーのヤンゴン国際空港で英文書の販売 ...
2016/09/27 16:30 da:49 facebook:0 twitter:0 紀伊國屋 ヤンゴン 国際空港 フランチャイズ Myanmar Singapore Tweet
airportnews.jp  紀伊國屋書店、ヤンゴン国際空港に出店 英文書籍など販売  ↑0 ↓0
投資会社Singapore Myanmar Investco(シンガポール)とフランチャイズ契約を締結し、ミャンマー最大都市の国際空港ターミナル内の店舗を新設。英文の新刊、 ...
newsclip.be  紀伊國屋書店、ヤンゴン空港に出店  ↑0 ↓0
【ミャンマー】紀伊國屋書店は12日、シンガポールの投資会社シンガポール・ミャンマー・インベストコとフランチャイズ契約を結び、10月にミャンマーのヤンゴン国際 ...
2016/09/13 02:15 da:46 facebook:0 twitter:0 紀伊國屋 ヤンゴン フランチャイズ Tweet
prw.kyodonews.jp  紀伊國屋書店 ミャンマーのヤンゴン国際空港で英文書の販売を開始  ↑0 ↓0
紀伊國屋書店は、シンガポールの投資会社・Singapore Myanmar Investcoとフランチャイズ契約を締結し、今年10月、ミャンマーのヤンゴン国際空港に「 ...
2016/09/12 12:00 da:69 facebook:0 twitter:0 紀伊國屋 ヤンゴン 国際空港 フランチャイズ Myanmar Singapore Tweet
ミャンマーニュース  シンガポールのベーカリー「ブレッドトーク」 来年ミャンマーへ!  ↑0 ↓0
シンガポールのメディアによると、同国に本社を置くベーカリーチェーン「ブレッドトーク」は、ミャンマーの複合企業、シュエタン・グループ傘下の「ミャンマーベーカリー」とフランチャイズ契約を締結したという。ブレッドトークは、来年の前半にヤンゴンのジャンクションスクエア内のショッピングセンターに出店する予定だ。ヤンゴンでは近年、ピザハットやケンタッキーフライドチキンなど、外食チェーン店が相次いでオープンしているが、来年のベーカリーチェーン開業によって、今後、ヤンゴンではより多くの種類の外食が楽しめるようになる。「ミャンマーにパンの食文化を広めたい」ブレッドトークのTan Aik PengCEOは、ミャンマーは経済成長が著しく、我が社にとって大変魅力のある市場だ。我が社は、ミャンマーの人々においしいパンを提供することで、ミャンマーにパンの食文化を広めていきたい。(MYANMAR TIMESより)と語った。ブレッドトークグループは、2000年にシンガポールで創業した。ベーカリーをはじめとして、レストランなど8つのブランドを有しており、東南アジアや中国、中東諸国など17の国と地域に進出している。外部リ もっと見る
2016/05/06 11:03 da:25 facebook:19 twitter:0 トーク ブレッド ベーカリー グループ メディア チェーン Tweet
ミャンマーニュース  「ミャンマーインターナショナル フランチャイズ&中小企業 エクスポ」開催!  ↑0 ↓0
Creative Myanmar Co.,Ltd.は、国際展示会「ミャンマーインターナショナル フランチャイズ&中小企業 エクスポ」(Myanmar International Franchise & SME Expo)を、2016年1月22日~1月24日まで開催する。またイベントが実施される会場はタマドー展示会ホールになる。国内外からの展示品が集結する、バリエーション豊かな展示会同展示会ではフランチャイズおよび中小企業による生産品関連のさまざまな展示品が登場し、さらにワークショップなども用意されている。参加者にとって、今後ミャンマー中小企業やフランチャイズのビジネス関連の同業者エキスパートや、展示会に関心のあるビジネスマンが互いに最新情報を交換し、また親睦を深めることができる展示会は、ビジネスにつながるビッグな機会になるにちがいない。展示会期間に利用しやすいホテルは?同サイトでは、展示会の期間にホテル宿泊が必要となる参加者に対して、ヤンゴンの中心街に位置しており、快適にすごせるサミットパークビューホテル ヤンゴンなどのホテルを奨励している。また展示会が気になる人は、同サイト内に201 もっと見る

Malaysia

nna.jp  KUB、飲食「A&W」売却で中核事業専念  ↑0 ↓0
マレーシアのコングロマリット(複合企業)のKUBマレーシアは、国内でフランチャイズ展開するファストフード店「A&W」を売却し、中核事業への投資に集中する ...
2018/07/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  小売業界、フランチャイズの3割成長が目標  ↑0 ↓0
マレーシア小売りチェーン協会(MRCA)が、2020年までにフランチャイズ(FC)業態の3割成長(売り上げベース)を目標にしていることが分かった。地場FCの ...
2018/06/28 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ティーライブが印進出へ、5年で140店舗目標  ↑0 ↓0
マレーシアの飲食経営LOOBホールディングスは、飲料スタンド「ティーライブ」事業を、インドでフランチャイズ展開する。首都ニューデリー、ムンバイ(西部マハラシュトラ州)、ベンガルール(バンガロール、南部カルナタカ州)の3都市で向こう5年に140店舗の設置を目指す。4… 関連国・地域: マレーシア/インド. 関連業種: ...
2018/05/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  長崎ちゃんぽん「リンガーハット」 ベトナム進出でエースコックとフランチャイズ契約  ↑0 ↓0
定食屋「やよい軒」 クアラルンプールにマレーシア1号店. 【マレーシア】持ち帰り弁当の「ほっともっと」、定食屋「やよい軒」などを展開するプレナス(福岡市)は18日、クアラルンプールのショッピングセンター、ロット10にマレーシア1号店を出店する。席数90。 モスバーガー タイ7、8号店出店newsclip ...
2018/04/23 02:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  河合楽器、年内にFC方式で音楽教室始動  ↑0 ↓0
河合楽器製作所は今年、マレーシアで音楽教室事業を始める。当初は、首都クアラルンプールや近郊のスランゴール州を中心にマレー半島で設置していく方針だ。河合楽器の広報担当者はNNAに対し、「フランチャイズ(FC)方式で展開し、数百人程度の受講者を見込んでいる」と語っ… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/03/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
時事ドットコム  マクラーレンのフランチャイズ権、獲得競争に=サイム・ダービーが撤退-マレーシア  ↑0 ↓0
18日号のマレーシア経済週刊誌エッジ(20面)によると、英高級スポーツ車メーカーのマクラーレンの国内フランチャイズ権をめぐり、建設・不動産会社サンウェイ・グループと同業クイル・グループ、シンガポールのウェアネス・オートマーティブが獲得競争を行っているもようだ。自動車産業の関係筋は、実質的にサンウェイとクイル ...
2017/12/18 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  飲料スタンドのチャタイム、紛争後も販売好調  ↑0 ↓0
台湾外食チェーン大手の六角国際事業が世界展開する飲料スタンド「日出茶太(チャタイム)」のマレーシア店の販売が、現地企業とのフランチャイズ契約打ち切り ...
2017/08/29 00:00 da:- facebook:- twitter:- スタンド 打ち切り フランチャイズ チェーン Tweet
nna.jp  スリボガ、マレーシアの人気麺店をFC展開  ↑0 ↓0
インドネシアの製粉大手スリボガ・ラトゥラヤは、子会社を通じてマレーシアの人気ヌードル・チェーン「ボートヌードル」をフランチャイズ展開する。先月21日に1号店 ...
nna.jp  包装トングアン、スイス系飲食店を首都に開設  ↑0 ↓0
マレーシアの包装資材製造トン・グアン・インダストリーズは2日、首都クアラルンプール(KL)で、スイス系レストランのフランチャイズ店を開設した。食品事業拡大 ...
nna.jp  不動産マーシン、6物件のテナント入居で優遇  ↑0 ↓0
マレーシアの不動産開発大手マーシン・グループが、6カ所の開発物件のテナント入居で優遇策を展開している。人気のフランチャイズや小売店などが対象になっ ...
nna.jp  FC展示会MIRF開幕、200社が出展  ↑0 ↓0
マレーシアにおけるフランチャイズ(FC)ビジネス、ライセンスビジネスの展示会「MIRF2017」が13日、クアラルンプールのミッドバレー・エキシビジョン・センターで ...
asiax.biz  小売りチェーン協会、今年4.5%成長見込む  ↑0 ↓0
MRCB会議及びマレーシア国際小売&フランチャイズ(MIRF)展示会の開催発表会に出席したMRCAのゲイリー・チュア会長は、2014年に政府が物品・サービス ...
出島  マレーシア・ペナンにイケアが2018年オープン予定  ↑0 ↓0
マレーシア、シンガポール、タイでイケアのフランチャイズを展開するイカノ・プライベート・リミテッドは、マレーシアで3番目のイケアを建設予定であることを明かした ...
foods-ch.com  シンガポールの直営店で育てた「ばり馬」ブランド。アジアから世界へ(ウィズリンク)  ↑0 ↓0
海外ではシンガポールに直営店を2店舗、マレーシア、インドネシア、香港などアジアにフランチャイズを8店舗展開しています。シンガポールを中心とした海外展開 ...
2016/12/27 10:55 da:38 facebook:0 twitter:0 アジア フランチャイズ ブランド Tweet
日本経済新聞  マクドナルド、マレーシアなどFC方式に  ↑0 ↓0
マクドナルド マレーシアとシンガポールにおけるフランチャイズ(FC)権をサウジアラビアのライオンホーンに売却した。アジアの完全子会社方式の経営をFC方式に ...
asiax.biz  コンタクトレンズのアイミー、スーパーマックスと提携  ↑0 ↓0
出典:マレーシアナビ! http://www.malaysia-navi.jp ... 前の記事. 洗車の王国、マレーシアでフランチャイズ1号店を開業 ... マレーシア | 政治 · ガラスの箱を思わ ...
asiax.biz  洗車の王国、マレーシアでフランチャイズ1号店を開業  ↑0 ↓0
洗車の王国(本社・神奈川県伊勢原市)は12月5日、マレーシアでカーケア ... 現在マレーシアでは、現地総代理店であるマイライドが直営店を2店舗運営している。
2016/12/07 12:54 da:42 facebook:0 twitter:0 ライド 代理店 神奈川 フランチャイズ 伊勢原 Tweet
マレーシアナビ  洗車の王国、マレーシアでフランチャイズ1号店を開業  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 洗車の王国(本社・神奈川県伊勢原市)は5日、マレーシアでカーケアサービスショップのフランチャイズ1号店をオープン ...
ビッグローブニュース  マレーシアでカーケアサービスショップ1店舗目をオープン 洗車の王国の海外事業19か国800店舗を超える  ↑0 ↓0
現在マレーシアでは、現地総代理店が直営店を2店舗運営。この度のオープンは、南部の都市ジョホールバルにフランチャイズ店としてのオープンとなりました。
nna.jp  マクドナルド、2カ国のFC権売却を発表  ↑0 ↓0
米ファストフード大手マクドナルドは2日、シンガポールとマレーシアでのフランチャイズ(FC)権をサウジアラビアのライオンホーン(Lionhorn)に売却したと発表した ...
foreland-realty.com  マレーシアでハイエンド向け店舗の出店を加速  ↑0 ↓0
マレーシアで米大手コーヒーチェーン、スターバックスをフランチャイズ展開するベルジャヤ・スターバックス・コーヒーは、この先5年間で1000万リンギ(約2億4690 ...
jfa-fc.or.jp  【シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム】におけるフランチャイズに関する法制度の最新状況と ...  ↑0 ↓0
【シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム】におけるフランチャイズに関する法制度の最新状況と今後の展開セミナーのご案内. 近年、グローバル化の進展 ...
2016/10/11 17:59 da:54 facebook:0 twitter:- フランチャイズ グローバル セミナー ご案内 Tweet
asiax.biz  百均「こものや」のワッツ、フランチャイズ免許取得  ↑0 ↓0
100円ショップ大手のワッツ(本社・大阪市)は9月23日、マレーシアにおけるフランチャイズ展開にむけたライセンスを国内取引共同組合消費者行政省から授与 ...
マレーシアナビ  百均「こものや」のワッツ、フランチャイズ免許取得  ↑0 ↓0
【プトラジャヤ=マレーシアBIZナビ】 100円ショップ大手のワッツ(本社・大阪市)は23日、マレーシアにおけるフランチャイズ展開にむけたライセンスを国内取引共同 ...
asiax.biz  マクドナルド、マレーシアでフランチャイズ権売却検討  ↑0 ↓0
マクドナルド、マレーシアでフランチャイズ権売却検討 ... ファストフード大手の米マクドナルドはマレーシアとシンガポールにおけるフランチャイズ事業の売却を計画 ...
2016/07/28 11:18 da:43 facebook:3 twitter:0 マクドナルド フランチャイズ ファストフード Tweet
マレーシアナビ  マクドナルド、マレーシアでフランチャイズ権売却検討  ↑0 ↓0
【クアラルンプール】 ファストフード大手の米マクドナルドはマレーシアとシンガポールにおけるフランチャイズ事業の売却を計画している。 マクドナルドは店舗の直接 ...
k-zone.co.jp  ダスキン<4665>、マレーシアのドーナツチェーン会社を子会社化  ↑0 ↓0
ダスキンは、中韓や東南アジア地域で「ミスタードーナツ」を展開しており、マレーシアにおいては、日本のドーナツブランドとしてファミリー層の支持を得ている。BAWH社は、マレーシア、カンボジアにおいて「BIG APPLE」ブランドのドーナツチェーンを展開している。主に若年層の支持をうけ、売上高、店舗数でマレーシア最大規模を誇る。ダスキンは、本件を通じてマーケットを補完し、さらにBAWH社のマレーシアでのビジネスノウハウと自社のフランチャイズビジネスのノウハウを融合して高付加価値化を目指す。【ニュース提供・日本M&Aセンター】<NH> Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved. もっと見る
web.fisco.jp  ダスキン<4665>、マレーシアのドーナツチェーン会社を子会社化  ↑0 ↓0
ダスキンは、中韓や東南アジア地域で「ミスタードーナツ」を展開しており、マレーシアにおいては、日本のドーナツブランドとしてファミリー層の支持を得ている。BAWH社は、マレーシア、カンボジアにおいて「BIG APPLE」ブランドのドーナツチェーンを展開している。主に若年層の支持をうけ、売上高、店舗数でマレーシア最大規模を誇る。ダスキンは、本件を通じてマーケットを補完し、さらにBAWH社のマレーシアでのビジネスノウハウと自社のフランチャイズビジネスのノウハウを融合して高付加価値化を目指す。【ニュース提供・日本M&Aセンター】《NH》
日本経済新聞  ダスキン、マレーシアのドーナツ店最大手を買収  ↑0 ↓0
ドーナツ専門店「ミスタードーナツ(ミスド)」を運営するダスキンは9日、マレーシアのドーナツ店最大手、ビッグアップルワールドワイドホールディングス(BAWH)を買収すると発表した。現地のミスドと連携して原材料の共同購入や物流の効率化に取り組む。レシピを共有したり販促で連携するなどして事業拡大を目指す。 12月をめどにBAWHの株式90%を個人株主から取得する。取得額は非公表。残りの10%は同社の創業者が保有して経営も担う。ダスキンは常勤の役員を派遣する。 BAWHはドーナツ店「ビッグアップルドーナツ&コーヒー」を運営する事業会社などを傘下に持ち、2014年12月期の連結売上高は13年12月期比1割増の約10億円、純利益は3割増の約5千万円。BAWHは子会社を通じてドーナツ店をマレーシアで81店、カンボジアで4店展開しており、20代の若者を中心に人気がある。 ミスドはマレーシアでイオン傘下のイオンマレーシアがフランチャイズ店を展開している。来店客は40代の家族連れが中心だ。 もっと見る
msn  ファミマ、マレーシア出店へ  ↑0 ↓0
【クアラルンプール時事】マレーシア企業のQLリソーシズは11日、全額出資の子会社を通じ、同国でファミリーマート〈8028〉の店舗を独占的に開発・運営するフランチャイズ契約をファミマと締結したと発表した。年内に1号店をオープンする計画で、今後5年間で300店に増やすことを目指す。契約期間は20年。 
時事ドットコム  ファミマ、マレーシア出店へ=地元企業が契約  ↑0 ↓0
【クアラルンプール時事】マレーシア企業のQLリソーシズは11日、全額出資の子会社を通じ、同国でファミリーマートの店舗を独占的に開発・運営するフランチャイズ契約をファミマと締結したと発表した。年内に1号店をオープンする計画で、今後5年間で300店に増やすことを目指す。契約期間は20年。(2016/04/11-23:57)
newsclip.be  「築地銀だこ」 マレーシアに進出  ↑0 ↓0
【マレーシア】たこ焼き店「築地銀だこ」などを展開するホットランド(東京都中央区)は20 ... マレーシアで飲食店のフランチャイズ事業を手がけるLOOBベンチャーズ ...
2016/01/21 02:03 da:42 facebook:3 twitter:0 銀だこ フランチャイズ 飲食店 ホット たこ焼き ランド Tweet
worldfoodsnavi.com  マレーシアのフランチャイズビジネス事情。飲食業がトップに  ↑0 ↓0
マレーシア人は新しもの好きで海外ブランドにも好意的世界銀行の推定によると、マレーシアの2015年のGDP成長率は4.7%で、今後数年は5%前後で推移すると ...

Indonesia

nna.jp  米ピザハット運営社、5月23日にIPO実施  ↑0 ↓0
インドネシアで米ピザチェーン「ピザハット」をフランチャイズ運営するサリムラティ・クンチャナは5月23日、新規株式公開(IPO)を実施する。調達額は6,648億~8,159億ルピア(約51億8,000万~63億6,000万円)を見込んでおり、うち65%を新規店舗の拡大や既存店の改修工事に、… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/04/24 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  小売り大手2社、17年業績は明暗  ↑0 ↓0
インドネシアの小売り大手2社の2017年12月期の業績は明暗が分かれた。百貨店「そごう」のライセンス運営や、外食店をフランチャイズ運営するミトラ・アディプルカサ(MAP)は、2桁の増収増益。一方、大型スーパー「ハイパーマート」などを展開するマタハリ・プトラ・プリマ(… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 商業・ ...
2018/04/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  米ピザハット運営社など2社がIPOを計画  ↑0 ↓0
インドネシア証券取引所(IDX)で、今年7月までに2社が新規株式公開(IPO)を計画している。米ピザチェーン「ピザハット」をフランチャイズ運営するサリムラティ・クンチャナが株式20%を、再生紙メーカーのスリワハナ・アディトヤカルタが株式22%を売り出す。3日付イン… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 食品・飲料/ ...
2018/04/03 17:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  米ピザハット運営会社、5月に上場を計画  ↑0 ↓0
インドネシアで米ピザチェーン「ピザハット」をフランチャイズ運営するサリムラティ・クンチャナは、新規株式公開(IPO)で株式の30%を放出する。5月22日の上場を予定している。調達資金は店舗数の拡大などに充てる。13日付コンタンが伝えた。 上場資金を投じて最大100店舗を… 関連国・地域 : インドネシア/米国. 関連業種 ...
2018/03/13 17:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  米ピザハット、今年は新店舗を60店開設  ↑0 ↓0
米ピザチェーン「ピザハット」は今年、インドネシアで新たに60店舗を開設して、さらなる店舗網の拡張を進める方針を示した。 インドネシアでのピザハットのフランチャイズ会社サリムラティ・クンチャナのスティーブン・マッカーシー社長によると、3月にゴロンタロ州と西ジャワ州… 関連国・地域: インドネシア/米国. 関連業種: ...
2018/02/22 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  薬局K24、アプリと提携で訪問診療開始  ↑0 ↓0
インドネシアで薬局「K24」のフランチャイズ展開を手掛けるK24インドネシアは、同社が運営する医薬品の販売サイト「K24クリック」を通じて、訪問診療サービスを提供するスマートフォンアプリ「メディ・コール」と提携を開始した。オンライン事業の強化で、製品販売を伸ばす狙い… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: IT・ ...
2018/02/15 00:08 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  セブンイレブン元運営会社、資産を半分売却  ↑0 ↓0
インドネシアでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」をフランチャイズ展開していた地場モデルン・インターナショナルは、資産の半分程度を売却すると発表した。売却資金は債務返済や既存事業の拡張に充てる。8日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 土地や建物など不動産を中心… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/02/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  台湾系飲料チャタイム、今年は70店舗を開店  ↑0 ↓0
台湾系茶飲料チェーン「チャタイム(日出茶太)」をインドネシアでフランチャイズ展開する、フード・ビバレッジーズ・インドネシアは今年、全国に70店舗を新たに開店する。これまで営業していなかった都市にも進出する。17日付コンタン(電子版)が伝えた。 フード・ビバレッジー… 関連国・地域: 台湾/インドネシア. 関連業種: ...
2018/01/18 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
topnews.jp  ショーン・ゲラエル「今年もトロロッソ・ホンダのテストドライバーを務める」  ↑0 ↓0
インドネシア人ドライバーのショーン・ゲラエルが、2018年もトロロッソのテストドライバーを続けることになると語った。 インドネシアでKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)のフランチャイズを展開する富豪の父親を持つゲラエルは、2017年にはF2選手権に参戦するかたわらトロロッソのテストドライバーとしてシーズン内テストを ...
2018/01/10 16:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  《日系進出》眼鏡オンデーズ、3月に進出  ↑0 ↓0
眼鏡の製造・販売を手掛けるオンデーズ(東京都港区)は4日、今年3月にインドネシアに進出すると発表した。5年後の2023年までにインドネシア国内で100店舗の出店を目指す。東南アジアへの出店は7カ国目。 オンデーズはこのほど、地場アパレル小売業者とフランチャイズ契約に合… 関連国・地域: インドネシア/日本.
2018/01/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  眼鏡販売のオンデーズ、インドネシア進出  ↑0 ↓0
【インドネシア】眼鏡の製造販売を手がけるオンデーズ(東京都港区)はインドネシアに進出する。3月をめどに、現地企業によるフランチャイズ店をジャワ島東部の ... オンデーズは2013年のシンガポールを皮切りに、台湾、タイ、カンボジア、マレーシア、ベトナム、フィリピンなどに進出し、インドネシアは10カ国目の進出先となる。
2018/01/04 21:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  名創優品、今年はさらに100店舗を増設目標  ↑0 ↓0
中国資本の雑貨チェーン「MINISO名創優品(メイソウ)」は、インドネシアで今年、100~110店舗を新たに出店する目標を掲げている。昨年2月に1号店を開設して以来、既に88店舗を展開。2年目は、新たにフランチャイズ展開も計画している。3日付コンタンが伝えた。 ファニ… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 商業・ ...
2018/01/04 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  財閥サリム、地場の中小外食産業に参画  ↑0 ↓0
インドネシアの財閥サリム・グループが、地場の中小外食産業のフランチャイズ展開に参画している。19日付コンタンが伝えた。 フライドチキンのファストフード店「ロケット・チキン」を展開するロケット・チキン・インドネシアのヌルル社長によると、サリム・グループはロケット・… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 食品・飲料/ ...
2017/12/20 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  薬局ワトソンズ、来年は40店舗を出店  ↑0 ↓0
香港系ドラッグストア「ワトソンズ」のフランチャイズ展開を手掛けるインドネシアのドゥタ・インティダヤは、来年に最大40店舗の出店を計画している。ジャカルタ首都圏を中心にジャワ島内で販路を拡大、スラウェシ島やカリマンタン島への進出も目指す。13日付ビスニス・インドネシ… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 商業・ ...
2017/12/14 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  外資フランチャイズ、今年は7社が新規参入  ↑0 ↓0
インドネシア貿易省は、年初からこれまでに外資系フランチャイズ7社にフランチャイズ登録証(STPW)を発行した。11日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 国内貿易局のブディ事業・流通業育成部長によると、来年も外資系フランチャイズの登録は増加する見通しだ。2012年から… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2017/12/13 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  《日系進出》ホットランド、築地銀だこ展開  ↑0 ↓0
飲食店チェーンのホットランド(東京都中央区)は28日、たこ焼き店「築地銀だこ」をインドネシアで展開すると発表した。同日付で地場物流大手カワン・ラマ・グループの飲食店運営フーズ・ビバレッジ・インドネシアとマスターフランチャイズ契約を締結した。2018年4月の事業開始を目指す。 ホットランドはこれまでに、香港や台湾、 ...
2017/11/30 00:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  【買い】ホットランド(3196)インドネシア展開を発表で上放れに期待 あすなろ投資顧問CEO 大石やすし  ↑0 ↓0
11/28に「築地銀だこ」のインドネシア展開を目指し、同国のPT Foods Beverages社とマスターフランチャイズ契約を締結を発表。成長性が見込まれる。
2017/11/29 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  【買い】ホットランド(3196)インドネシア展開を発表で上放れに期待 あすなろ投資顧問CEO 大石やすし  ↑0 ↓0
インドネシア展開を発表で上放れに期待. 【業務内容】 「築地銀だこ」で知られるたこ焼きチェーンの大手。直営・委託・フランチャイズで店舗展開。たい焼き「銀のあん」やアイスクリーム「コールドストーン」の他、カフェ業態に進出、多角化を推進。 【業績面】 10/30の決算3Q累計は連結経常利益は前年同期比40.5%増の9.3億円 ...
2017/11/29 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newsclip.be  たこ焼き店「築地銀だこ」 インドネシアでフランチャイズ展開  ↑0 ↓0
【インドネシア】たこ焼き店「築地銀だこ」などを展開するホットランド(東京都中央区)は28日、インドネシアの流通大手カワンラマ傘下の外食企業フーズベバレ ...
2017/11/29 03:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ryutsuu.biz  築地銀だこ/インドネシアで展開、マスターフランチャイズ契約締結  ↑0 ↓0
ホットランドは11月28日、PT Foods Beverages Indonesia(以下:PT Foods Beverage)との間で、同社グループの主要ブランド「築地銀だこ」をインドネシア共和国で展開することを目指し、マスターフランチャイズ契約を締結した、と発表した。 PT Foods Beverage社は、インドネシア共和国の大手流通グループであるKawan ...
2017/11/28 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  インドネシアでLPPOM MUIのハラル認証取得 ~ラーメン専門店として初~  ↑0 ↓0
インドネシアは世界最大のムスリム(イスラム教徒)人口を持つ国であり、ムスリムは豚やアルコールを含む食品の飲食が戒律によって禁止されています。当地では、ラーメン ... 有限会社コンコースが関東を中心に25店舗フランチャイズ展開する「清六家」のライセンスを受けて、株式会社ジョイパックがインドネシアに子会社PT.
2017/11/24 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  スリボガ、マレーシアの人気麺店をFC展開  ↑0 ↓0
インドネシアの製粉大手スリボガ・ラトゥラヤは、子会社を通じてマレーシアの人気ヌードル・チェーン「ボートヌードル」をフランチャイズ展開する。先月21日に1号店 ...
nna.jp  セブン―イレブン、6月末で全店舗閉鎖  ↑0 ↓0
インドネシアでコンビニエンスストア「セブン—イレブン」をフランチャイズ展開するモデルン・インターナショナルは6月22日、同月30日をもって国内のセブン— ...
nna.jp  KFC運営社、店舗網の拡張で売上高増に自信  ↑0 ↓0
インドネシアで米ファストフードチェーン「KFC」のフランチャイズ権を持つファスト・フード・インドネシア(FFI)は、店舗網を拡大して通年売上高目標の達成を ...
nna.jp  【外資・地場特集】日本からの出資にも期待 コーヒーチェーン店、コピ・ウィ  ↑0 ↓0
... 【第5回】コーヒーショップのフランチャイズ「コピ・ウィ(Kopi Oey)」はテレビタレントでもあるボンダン・ウィナルノ氏がオーナー兼理事を務める。インドネシアの ...
nna.jp  セブンイレブン買収中止、タイ系財閥CP - NNA ASIA・インドネシア・商業・サービス  ↑0 ↓0
インドネシアでコンビニエンスストア「セブン—イレブン」をフランチャイズ展開するモデルン・インターナショナルは5日、タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP) ...
nna.jp  ニッシンコーポ、9月に直営たこ焼き店開店  ↑0 ↓0
フランチャイズチェーン(FC)運営のニッシンコーポレーション(山口県下関市)は今年9月、インドネシアで直営たこ焼き店「大和屋(YAMATOYA)」をオープン ...
日本経済新聞  ニッシンコーポ、インドネシアでたこ焼き店をチェーン展開  ↑0 ↓0
フランチャイズチェーン(FC)運営のニッシンコーポレーション(山口県下関市)はインドネシアでたこ焼き店を展開する。昨年初めに現地企業に委託して出した試験 ...
出島  JETRO、日本ファッションブランドのインドネシア進出をサポート  ↑0 ↓0
独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)は2017年1月、インドネシアの首都ジャカルタで、同国内でファッション分野のフランチャイズ展開を検討している日本 ...
foods-ch.com  シンガポールの直営店で育てた「ばり馬」ブランド。アジアから世界へ(ウィズリンク)  ↑0 ↓0
海外ではシンガポールに直営店を2店舗、マレーシア、インドネシア、香港などアジアにフランチャイズを8店舗展開しています。シンガポールを中心とした海外展開 ...
2016/12/27 10:55 da:38 facebook:0 twitter:0 アジア フランチャイズ ブランド Tweet
jfa-fc.or.jp  【シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム】におけるフランチャイズに関する法制度の最新状況と ...  ↑0 ↓0
【シンガポール・マレーシア・インドネシア・ベトナム】におけるフランチャイズに関する法制度の最新状況と今後の展開セミナーのご案内. 近年、グローバル化の進展 ...
2016/10/11 17:59 da:54 facebook:0 twitter:0 フランチャイズ グローバル セミナー ご案内 Tweet
ryutsuu.biz  ミニストップ/インドネシアでのエリアFC契約を終了  ↑0 ↓0
ミニストップは6月18日、インドネシア共和国の現地パートナー企業P.T.BAHAGIA NIAGA LESTARI(BNL社)と締結していたエリアフランチャイズ契約を終了した ...
2016/06/20 19:41 da:48 facebook:2 twitter:0 ストップ エリア フランチャイズ パートナー Tweet