0.85844683647156

Vietnam

日本経済新聞  シャープ、プラズマクラスター除湿器を発売 ホンハイとの連携で年内にアジアでも展開  ↑0 ↓0
除湿力の向上は多湿地域のアジアでの拡販という目的もある。年内には同じ金型を使って同製品を発売する計画だ。市場が成長した中華圏での販売はホンハイと協力する。 今後はシャープの現地販社により、成長途中の東南アジアでの発売も検討。現在中国、台湾、香港、ベトナムで展開している除湿器の海外での拡販を ...
newsclip.be  アドテックプラズマ テクノロジー、ベトナムに新工場  ↑0 ↓0
【ベトナム】アドテックプラズマ テクノロジー(広島県福山市)は6日、液晶基板・半導体製造工程で使用される製造装置に搭載する高周波電源、マッチングユニット及びケーブルの製造販売を手がけるベトナム子会社フクソンテクノロジーが自社工場を建設すると発表した。 新工場の稼働で、2019年8月期中に生産能力を現在の2倍 ...
nna.jp  アドテックプラズマ、越工場を2倍に増強  ↑0 ↓0
プラズマ用高周波電源などを製造するアドテックプラズマテクノロジー(広島県福山市)は6日、300万米ドル(約3億2,000万円)を投じて北部バクニン省にあるベトナム工場を増強し、2019年8月期中に生産能力を現在の2倍に引き上げると発表した。 完全子会社フックソン・テクノロジー(PST)が、クエボー工業団地で延べ床 ...
日本経済新聞  ベトナムに新工場 能力倍増 アドテックプラズマ  ↑0 ↓0
プラズマ用高周波電源装置メーカーのアドテックプラズマテクノロジーは6日、ベトナム子会社の新工場を建設すると発表した。半導体・液晶関連メーカーの設備投資が引き続き好調で「この需要に対応していく」(同社)ため2019年8月期中に生産能力を現在の2倍に引き上げる。 ハノイ市の東隣のバクニン市にある100%子会社 ...
lnews.jp  アドテックプラズマ/3.18億円投じ、ベトナムに工場建設  ↑0 ↓0
アドテックプラズマテクノロジーは4月6日、子会社である Phuc Son Technology(PST)で、工場建設と用地を賃借することとPSTへの増資について決議したと発表した。 同社は、半導体・液晶関連市場において、スマートフォン等向けの成膜装置メーカー、IoT 機器の普及などによる半導体製造装置メーカーの設備投資は ...
news.mynavi.jp  【レポート】プラズマクラスター技術の「鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス」への有効性を実装 - シャープと ...  ↑0 ↓0
シャープとベトナム ホーチミン市パスツール研究所は11月17日、シャープのプラズマクラスター技術が、空気中に浮遊する「鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス」の感染力を抑制できるとする研究成果を発表した。
sankei.com  シャープのプラズマクラスター、新型鳥インフルに効果 ベトナム研究所と共同実験で証明  ↑0 ↓0
ベトナムのホーチミン市パスツール研究所と共同実験を実施。1立方メートルのケースの中でH7N9ウイルスと、1立方センチメートルあたり10万個のプラズマクラスターを反応させたところ、47分後にH7N9の感染力がほぼ無くなったという。 シャープはこれまで、プラズマクラスターの効果を調べるため国内外の25機関と連携して実験を行ってきた。インフルエンザウイルスで効果を実証したのは、4種類目という。H7N9は有効なワクチンがなく、世界的な流行の恐れもあるとされている。

Singapore

sankei.com  パナソニックが尼崎工場、シンガポール系投資会社に売却へ  ↑0 ↓0
パナソニックが、兵庫県尼崎市のプラズマテレビ向けパネル工場を、シンガポール系不動産投資会社レッドウッド・グループに売却することで最終調整に入ったことが11日、分かった。物流拠点として活用するとみられる。巨額赤字の主因解消へ 売却するのは、すでに稼働を停止している尼崎第1と第2工場の建物。立地する土地を保有する関西電力も売却に同意しているもようだ。 パナソニックは第1、第2工場の売却で機械メーカーの瑞光(大阪府摂津市)と交渉したが、条件が折り合わず交渉を打ち切った経緯がある。隣接する第3工場は、不動産投資顧問会社に売却した。 パナソニックのプラズマパネル事業は採算が悪化し、平成24年3月期から2年連続で巨額赤字を計上する主因となった。 もっと見る

Malaysia

ビッグローブニュース  台湾傘下でも「日本の夏。シャープの夏。」? 新製品「蚊取空清」人気に「もうちょっと早ければ」の声が...  ↑0 ↓0
2015年10月にマレーシアやタイなどASEAN地域6か国で先行発売したところ大好評となり、「当初計画の2倍、ASEAN地域のシェアで10%を占める売れ行きになりました」(シャープ)と話す。日本でも2014年に蚊を媒介とする「デング熱」騒動で、東京・代々木公園で蚊の駆除が大々的に行われるなど社会問題になったことなどから、需要が多いと見込んで国内販売を決めた。シャープの公式ツイッターは、「『蚊取空清』は『かとりくうせい』と読んでください。業界では空気清浄機のことを、空清(くうせい)と略すことが多いので。」「この『蚊取空清』、弊社には珍しく逆輸入の企画商品です。昨年よりマレーシアなど ASEAN6か国で先行して発売すると、とても好評だったので、日本でも展開することにしました。」「空気清浄機に蚊取り機能を合体、『蚊取空清』が誕生。紫外線や黒が好きな蚊の習性と、空気清浄機の吸引を利用し、薬剤を使わず蚊をキャッチ。もちろんプラズマクラスターとフィルターで空気もキレイに。」などと報告。業績の悪化もあって、最近はさえない話題ばかりだっただけに、どことなくうれしそうにみえる。「さすがシャープ。ホントに もっと見る
2016/03/18 19:15 da:82 facebook:0 twitter:0 売れ行き シェア ところ シャープ Tweet
ビッグローブニュース  シャープ、蚊取り機能を搭載した空気清浄機「蚊取空清」発表会 - 東南アジアから逆輸入  ↑0 ↓0
蚊取空清は、2015年9月のマレーシアを皮切りに、ASEAN諸国で先行販売されている。ASEAN、特にマレーシアの人々にとって、生活空間で一番怖いのは蚊だという声を聞き、現地スタッフやマレーシア保健省医療研究所(IMR)とともに開発をスタートさせた。開発にあたり、シャープは日本環境衛生センターに委託して蚊の捕獲試験を実施。日本に多く生息しているアカイエカ、チカイエカ、ヒトスジシマカの3種類を約22立方メートル(6畳相当)の試験空間に放ち、22時間運転した。捕集率は、アカイエカが約95%、チカイエカが約98%、ヒトスジシマカが約88%だったという。ASEAN向けモデルと異なり、国内向けモデルは集じん用のフィルターに「静電HEPAフィルター」を採用。脱臭フィルターもより高性能なものを使用した。また、蚊取りシートを、2つ折りにして畳んで捨てられる仕様に変更している。蚊取空清は、いわば「逆輸入」的な製品だと言えよう。シャープ 執行役員の沖津雅浩氏は「プラズマクラスター製品は世界100カ国で展開している。これまで国内向け製品を海外に展開する取り組みを行ってきたが、海外市場の強化にはローカルニーズ もっと見る
2016/03/18 11:26 da:82 facebook:0 twitter:0 皮切り 逆輸入 東南アジア シャープ Tweet

Indonesia

jakartashimbun.com  結核感染予防に有効 リスク75%減少とシャープ プラズマクラスター技術  ↑0 ↓0
シャープ・エレクトロニクス・インドネシア(SEID)は西ジャワ州のカラワン工業団地(KIIC)のカラワン工場で8日、記者会見を開き、空気清浄機などに使用されて ...