0.89772391319275

Vietnam

nna.jp  ベラルーシ、トラック輸入で支援要請  ↑0 ↓0
完成車(CBU)輸入に対する制限を設けた政令116号(116/2017/ND―CP)について、ベトナムとベラルーシの合弁企業MAZアジア(北部フンイエン省)が、ベトナム運輸省の支援を求めている。ベラルーシのウラディミール・ゴーシン駐ベトナム大使が運輸省に22日、要請した。… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 自動車・ ...
2018/03/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ベラルーシ 運輸省 トラック アジア 自動車 Tweet
nna.jp  MAZにトラック40台輸入許可、FTA割当  ↑0 ↓0
ベトナム商工省がこのほど、ベトナムとベラルーシの合弁企業、MAZアジア(本社・北部フンイエン省)に対して、シャシー仕様(未架装)のトラック40台の輸入を許可した。8日付ダウトゥ電子版が報じた。 許可を受けた車種は「MAZ6312B5-8475-740P1」で、同社が2月に2018年の輸… 関連国・地域: ベトナム/欧州.
2018/03/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- トラック FTA 商工省 このほど ベラルーシ アジア Tweet
毎日新聞  干支に猫年なぜないの? 昔話では「ネズミのせい」 発祥の中国では身近でなく=回答・棚部秀行  ↑0 ↓0
A タイ、ベトナム、ベラルーシの一部では、卯(う)年はウサギの代わりに猫が使われているようです。ベトナム語ではウサギと猫の発音が似ているのが理由とされていますが、実際はよく分かっていません。ウサギよりも猫のほうが身近な存在だったのでしょう。亥(い)年は日本ではイノシシですが、中国や韓国など多くの国で豚。
2018/01/01 02:37 da:- facebook:0 twitter:0 ウサギ ネズミ ベラルーシ 代わり イノシシ Tweet
HOTNAM!  ベラルーシ自動車工場や地下開発への関心  ↑0 ↓0
ベラルーシを訪問しているTran Dai Quang国家主席は6月27日、同国のアレクサンドル・ルカシェンコ大統領とともに、ベトナム-ベラルーシ経済フォーラムに出席 ...
アパレル・リソース  製靴業界、韓国、ロシア、ヨーロッパに向かう  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が頓挫した背景で、ベトナム革製履物企業は新たな方向性を探っている。すなわち、 韓国、ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、さらにはヨーロッパという新市場に向かっている。 ベトナムの製靴業界は、2016年、ベトナムがTPPに参加する12カ国の一つであるという情報を前に期待に沸いていた。協定が実行された場合には、靴業界は、米国や日本など輸出市場を手に入れ、大きな利益をあげられることになる。このことから、多くの企業が、工場を拡張し、機械を輸入し、TPPの準備のための新しいパートナーを見つける計画を練っていた。 しかしながら、TPPに新たな情報がない今、製靴業界は新しい方向性を見いだした。Binh Tan消費材生産会社(Bita’s)の代表によれば、韓国、ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、さらにはEUといった国々との二国間及び多国間自由貿易協定(FTA)により、BITA’Sだけでなく、ベトナムの製靴業界の輸出製品は、TPP同様の優遇税率を享受でき、多くの市場に参入できるチャンスを手にするという。 KPMGベトナムのNguyễn Công Ái副社長によると、TPPが実行されればベトナム製靴業界は米国市場をターゲットにする。しかし、TPPが機能しなくても、日本、オランダ、ドイツ、韓国といった他の市場を開拓する道は残っているという。 Ba lô Túi Xách株式会社Võ Thị Thu Sương社長はまた、ベトナムの製靴業界はまだ新しい市場開拓の機会を持っていると述べた。「重要なのは、どの輸出市場にもデザインを持って駆けつけることができるように準備をすることです」とSuong社長は語る。 現在、ベトナム製の履物・カバン製品は、米国市場を含む40の市場に輸出されているが、最大市場の米国向けは41%を占める。ベトナム皮革製靴カバン協会のDiệp Thành Kiệt副会長、TPPなしでも、ベトナム製菓業界は、経済の安定基盤があり、良質の労働力豊富ため、競争上の優位性を失うことはないという。ベトナムは現在アジアで3番目、世界で4番目の靴生産国で、世界市場の10%を占める。 アセアン経済共同体(AEC)の形成は、地域諸国に比べて利点が大きいことから、ベトナム履物産業の発展を推進することになる。「特にAECで、ベトナムは他の国々と協力し原料調達先を見つけ出し、新しいサプライチェーンを開発するできるようになります。各企業は投資コストを削減し、原料輸入を減らし、付加価値を高め、輸出市場で競争力を維持することが可能です」とKiệt副会長は言う。 ここにおいて、ベトナムは東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉も行なっている。が、協定の内容と目的はTPPほどではないが、アジアの貿易を促進し、新しいサプライチェーンへの投資を誘致し、地域の魅力を高めるという重要な役割を果たす。 もっと見る
2017/04/26 20:52 da:- facebook:0 twitter:0 ロシア アジア カバン 副会長 サプライ チェーン Tweet
アパレル・リソース  現地履物メーカーはTPP消滅にも動じず(前)  ↑0 ↓0
TPPが実現しなくても、ベトナムの皮革・履物産業は力強い成長を維持するだろう、とベトナム皮革履物鞄協会(Lefaso)はその見解を示した。 LefasoのDiệp Thành Kiệt副会長は、3月15日ホーチミン市で2日間の日程で開催されたベトナム・フットウェア・サミット2017の講演において、この産業は2011~15年に年間15~20%の成長を遂げたと述べた。 ベトナムの皮革・履物製品は米国、EU、中国、日本を最大の輸出先市場として、約50の国々と地域に輸出されてきた。 皮革・履物業界は、ベトナムの経済、政治、社会の安定性と、低コストで高度な技術力を備えた豊富な労働力によって、相当な競争力を保持していると彼は述べた。 ベトナムは米国向け輸出国の中で確固たる地位を確立しており、履物輸出において第二位と、その輸出額は年々増加している。 「ベトナムの皮革・履物産業は、輸出総額の34.5%を占める米国、31.9%を占めるEUとその他の市場の3つの軸で成り立っています。将来的に発効する予定のEUとの貿易協定に加え、韓国との自由貿易協定、ロシア、カザフスタン、ベラルーシとの関税同盟は、ベトナムの皮革・履物産業に新しいビジネスチャンスをもたらすことになるでしょう。」と彼は述べた。 また政府は履物を含むベトナム製品の輸出を増加させるため、新しい自由貿易協定を引き続き交渉していくことになるとした。 「TPPではなく、むしろ米国経済の健全性が重要なのです。」 たとえもしTPPが発効したとしても米国経済が健全でなければ米国からの需要は望めないが、TPPがなくとも(米国経済が健全でありさえすれば)、ベトナムはその競争力によって米国市場で第二位の地位を維持できるだろう、と彼は述べた。 アメリカ履物流通小売業者協会(Footwear Distributors and Retailers of America)のMatt Priest会長は、米国は昨年、23億足の靴を輸入したと述べた。 全体のうち中国は72%を占め、ベトナムは15.7%であったが、中国のシェアは低下する一方で、ベトナムのシェアは増えているという。 商工省軽産業部のPhan Chí Dũng部長は、業界向けのなめし革やその他原材料の国内需要は40〜50%も拡大したと明らかにした。 世界市場が回復の兆しを見せる中、世界最大の履物供給国である中国での生産コストが近年増加しているため、輸入業者がベトナムに発注先を変更する傾向にあるという。   (後編へつづく) もっと見る
2017/03/28 06:00 da:15 facebook:0 twitter:0 競争力 その他 シェア コスト America アメリカ Tweet
HOTNAM!  ベトナムとユーラシア経済連合のFTAが発効  ↑0 ↓0
10月5日、ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニアの大使と商工業省が記者会見を開き、ベトナム-ユーラシア経済連合自由貿易協定(VN-EAEU FTA)の ...
nikkan.co.jp  【通商弘報(ジェトロ)】ユーラシア経済連合とのFTA、10月5日に発効(ベトナム、ロシア、ベラルーシ ...  ↑0 ↓0
【通商弘報(ジェトロ)】ユーラシア経済連合とのFTA、10月5日に発効(ベトナム、 ... 商工省ウェブサイト(8月17日)によると、ベトナムとユーラシア経済連合(EEU: ...

Myanmar

otakei.otakuma.net  ミャンマー空軍がロシアからSu-30戦闘機を導入決定  ↑0 ↓0
これはロシアのセルゲイ・ショイグ国防相の東南アジア歴訪(ミャンマー、ベトナム、ラオス、カンボジア)でミャンマーを訪問した際、交渉が合意に至ったものです。現在ミャンマー空軍は、ベラルーシから導入したMiG-29を主力戦闘機として運用しています。また2015年12月には、パキスタンとの間でJF-17(中国とパキスタンが ...
2018/01/25 11:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマー国防省 年末をめどにロシア製ジェット練習機導入へ  ↑0 ↓0
ミャンマー国防省は、3年前からYak-130の導入に関心を示しており、昨年6月に購入の契約を行った。なお、Yak-130は、アルジェリア・バングラデシュ・ベラルーシ ...