1.0748779773712

Vietnam

nna.jp  インドネシア、越製BOPPにAD措置延長  ↑0 ↓0
インドネシア貿易省所管の反ダンピング委員会(KADI)はこのほど、ベトナムとタイから輸入される包装材原料の二軸延伸ポリプロピレン(BOPP)フィルム ...
rim-intelligence.co.jp  ベトナム=暁星、ライオンデルのPP技術を採用  ↑0 ↓0
ライオンデルバゼルは25日、暁星ベトナムがポリプロピレン(PP)の技術としてライオンデルバゼルの「Spheripol」を採用したと発表した。新規プラントは年産30万 ...
2018/06/26 12:56 da:- facebook:0 twitter:0 ポリプロピレン プラント Tweet
nna.jp  韓国の暁星、ベトナムとインドへ投資拡大  ↑0 ↓0
韓国の繊維・化学大手の暁星が、ベトナムとインドを世界市場の開拓基地とし、投資を拡大する意向であることが明らかになった。26日付中央日報が伝えた。 ベトナムにおいては、特にポリプロピレンやモーターなど化学と重工業分野へ注力する。また電力や道路、港湾などのインフラ構… 関連国・地域: 韓国/ベトナム/インド.
nna.jp  韓国暁星が法人新設、ポリプロピレン生産へ  ↑0 ↓0
韓国の繊維・化学大手の暁星グループは6日、ベトナムに新規法人を設立すると発表した。 新規法人「暁星ビナケミカル(仮称)」は主に、ポリプロピレン(PP)の生産と販売を手掛ける。設立のため、暁星グループは、1,962億ウォン(約197億円)を出資するとしている。これは、自… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
2018/02/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- ポリプロピレン グループ Tweet
kagakukogyonippo.com  韓国・暁星 アジアでポリプロピレン130万トン ベトナムに新設備  ↑0 ↓0
昨年、韓国で実施したPPの増強投資に続き、ベトナムでプロパン脱水素(PDH)からPPまで一貫生産するプロジェクトへの投資を正式決定した。2020年初頭を ...
2017/12/05 08:03 da:- facebook:0 twitter:0 アジア ポリプロピレン プロジェクト Tweet
日本経済新聞  韓国暁星、ベトナムに新工場 1400億円投資  ↑0 ↓0
韓国化学大手の暁星(ヒョソン)はベトナムに新工場を建設する。約1400億円を投じ、自動車部品などが主な用途の汎用樹脂「ポリプロピレン(PP)」の生産能力を8割増強する。ベトナムを拠点にすると経済連携協定(EPA)を結ぶ日本に輸出する際の関税がゼロになる利点を生かし、苦戦が続く日本市場の開拓を狙う。ほかにも ...
2017/12/01 01:52 da:- facebook:0 twitter:0 自動車 ポリプロピレン 日本市場 Tweet
アパレル・リソース  韓国曉星(Hyosung)、スパンデックス生産拡大のため、追加投資を計画  ↑0 ↓0
韓国の大手化学・繊維企業曉星(Hyosung Corp.)はベトナムでの投資を拡大すると予想されている。同社のベトナム事業は昨年、数ある子会社のうち最大の利益を上げている。 5月3日のFinancial Supervisory Servicesによると、曉星は2016年、ベトナム事業で1487億ウォン(1億3100万米ドル)の純利益を上げた。これは同社の26の子会社のうち最大である。同社の売り上げは11億ウォンに達し、3年連続で10億ウォンを超えた。 米国経済を最優先とするドナルド・トランプ大統領がアメリカの環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの撤退を表明しベトナム縫製産業に対する打撃が懸念されたものの、曉星のベトナム事業は順調な利益を上げた。TPPでは加盟12か国が関税の削減、撤廃に合意している。 TPPによりベトナム製品は米国をはじめとする加盟国に低関税で輸出できることを見越して、韓国企業はベトナムの繊維産業への投資を急速に拡大してきた。韓国はTPPに加盟していない。米国の撤退表明以降、多くの韓国企業がベトナムでの投資計画の見直しを進めている。 しかし、繊維産業関係者によると、近年の堅調な売り上げとベトナム政府のさまざまな投資誘致策に後押しされ、曉星はベトナム事業への投資再開を予定している。 曉星はベトナムでのスパンデックスの年間生産量を現在の5万トンから8万トンに拡大することを計画中であると報じられている。この拡張が実現すればベトナム工場は同社最大のスパンデックス生産拠点となる。現在年間10万トンのタイヤコードの生産も徐々に増やす予定だという。 同社は10年前にベトナムで最初の工場を建設して以来、主に繊維と工業用素材を生産してきたが、化学工場も近く事業に加わる見込みである。同社はホーチミン市近郊のCai Mep工業団地で総額12億ドルを投資し、天然ガス由来のポリプロピレン(PP)及びプロパン脱水素(PDH)工場、液化石油ガス(LPG)貯蔵施設の建設を予定している。 もっと見る
2017/05/08 12:27 da:- facebook:0 twitter:0 スパンデックス 売り上げ 子会社 タイヤ コード 後押し Tweet
アパレル・リソース  韓国の暁星が12億ドル規模のプラント建設  ↑0 ↓0
韓国の大手繊維・化学企業暁星(Hyosung Corp)が12億米ドル規模の天然ガス由来ポリプロピレン製造及び液化天然ガス(LPG)貯蔵施設をベトナムに建設する。同社の多目的プラスチック原料の生産能力を大きく伸ばすことに貢献すると見込まれている。 2月7日の同社の発表によると、暁星はバリア・ブンタウ省Tan Thanh県のCai Mep工業団地に製造・貯蔵施設を建設するための12億米ドルの投資についてベトナム政府と覚書を交わした。 覚書によると、暁星は建設事業を2期に分けて実施する。第1期は1億3300万米ドルでLPG貯蔵施設を建設し、3億3600万米ドルでポリプロピレン製造工場を建設する。第2期ではプロパン脱水素(PDH)工場を4億9600万米ドルで建設するほか、2億2600万米ドルでポリプロピレン工場の拡張を行う。 暁星は同社の新たな収益源としてポリプロピレン製造事業に期待している。ポリプロピレンは熱可塑性のポリマーでパッケージングやラベリング、繊維、ステーショナリー、プラスチック部品、リユース可能容器、実験機材、スピーカー、自動車部品、ポリマー紙幣などの幅広い用途を持つ。暁星は韓国でも1400億ウォン(1億2220万米ドル)規模で年間生産能力20万トンのポリプロピレン工場の建設を予定している。 暁星のある幹部は、ベトナムでの新事業が同社のLPG及びポリプロポレン事業の生産ラインを強化し、東南アジア市場でのシェアのさらなる拡大につながることを期待すると述べた。 2月8日の暁星の株価終値は12万6000ウォンで、前日を1.56%下回った。 もっと見る
アパレル・リソース  韓国暁星グループがバリア・ブンタウ省で12億ドルの工場建設計画  ↑0 ↓0
韓国の暁星グループ(Hyosung Group)はバリア・ブンタウ工業団地管理委員会に対し、ポリプロピレン生産及び液化石油ガス(LPG)貯蔵施設の開発のための許可申請を行った。企業フォーラム誌の報道によると、この施設建設のための総投資額は12億米ドルに上る。 この施設はTan Thanh県カイメップ工業団地の60ヘクタール規模で建設される予定である。 総事業費12億米ドルのこの事業は2期に分割して実施される。まず第1期にLPG貯蔵施設(1億3300万米ドル)とポリプロピレン工場(3億3600万米ドル)が建設される。この工場は年間3億トンのポリプロピレン生産能力が見込まれる。 第2期にはプロパン脱水素(PDH)工場(4億9600万米ドル)と新たなポリプロピレン工場(2億2600万米ドル)が建設される予定である。 暁星グループは韓国大手企業15社のひとつで、タイヤコード、スパンデックス、配電機材、繊維原料の製造に特化している。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南北アメリカで事業を展開する。暁星の高品質繊維は米国やヨーロッパ、アジアの複数の繊維原料市場で50%のシェアを誇る。 2007年にベトナムに進出して以降、暁星は南部ドンナイ省に繊維工場を3工場建設している。2015年5月、暁星は4工場めとなる6億6000万米ドル規模の繊維製造工場の投資許可を受け、現在までのベトナムへの投資額は10億米ドルに達する。 もっと見る

Thailand

nna.jp  旭化成が不織布生産増、紙おむつ需要拡大で  ↑0 ↓0
旭化成は15日、タイの東部チョンブリ県にあるポリプロピレン(PP)スパンボンド不織布の製造設備を増設すると発表した。3月中に着工し、2021年7月に稼働を ...
2019/03/18 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Singapore

chemical-news.com  シンガポールの9月の主要化学品輸出入実績  ↑0 ↓0
シンガポールの9月の主要化学品輸出は、ポリプロピレン(PP)が前年同月比8.6%減の17万8272t、パラキシレンが同12.9%減の10万3662t、低密度 ...
2019/01/11 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
chemical-news.com  シンガポールの8月の主要化学品輸出入実績  ↑0 ↓0
シンガポールの8月の主要化学品輸出は、ポリプロピレン(PP)が前年同月比12.5%減の18万5749t、パラキシレンが同1.9%増の14万2202t、低密度 ...
2018/11/29 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
chemical-news.com  シンガポールの7月の主要化学品輸出入実績  ↑0 ↓0
シンガポールの7月の主要化学品輸出は、ポリプロピレン(PP)が前年同月比13.9%減の17万3138t、パラキシレンが同3.4%減の15万5664t、低密度 ...
2018/10/17 09:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kagakukogyonippo.com  住友化学 シンガポールで高機能PP増産 電池用セパレーター向け  ↑0 ↓0
住友化学はシンガポールで、高機能型のポリプロピレン(PP)を増産する。2018年夏をめどに一部の系列を改造し、電池用セパレーター(絶縁膜)の原料に用いるPP新銘柄の生産を始める。異物が少なく、電池の性能低下に影響しない特徴がある。汎用品に比べて利益に結びつけやすい高付加価値品の構成比率を約7割 ...
2017/12/06 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Malaysia

chemical-news.com  マレーシアの7月の主要化学品輸出入実績  ↑0 ↓0
マレーシアの7月の主要化学品の輸出は、低密度ポリエチレン(LDPE)が5万9167t(前年同月比167.4%増)、ポリプロピレン(PP)は3万7499t(同65.1%増)、高 ...
2018/10/31 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kagakukogyonippo.com  フタムラ化学 マレーシア合弁のOPP輸入拡充  ↑0 ↓0
フタムラ化学は、マレーシアの合弁拠点であるサイエンテックス グレート ウォール(SGW)社で生産した片面ヒートシートタイプの二軸延伸ポリプロピレン(OPP)フィルムを日本市場に投入する。3月末までに設計を終え、4月から順次供給を始める計画。SGW社製のOPPフィルムについては「日本品質」「アジア価格」による差別 ...
2018/02/20 07:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Indonesia

kagakukogyonippo.com  住友化学 PPコンパウンド インドネシア進出検討  ↑0 ↓0
住友化学は、自動車部材などに使われるポリプロピレン(PP)コンパウンドの海外拠点を拡充する。昨年9月にインドに生産進出したのに続き、インドネシアに工場を ...
2017/08/15 08:15 da:- facebook:- twitter:- コンパウンド インド 自動車 ポリプロピレン Tweet
kagakukogyonippo.com  自動車用PPで存在感増す東南ア勢  ↑0 ↓0
自動車に最も多用されるプラスチックであるポリプロピレン(PP)で、アジアの地場メーカーの存在感が高まっている。インドネシアではチャンドラ・アスリ・ペトロ ...
kagakukogyonippo.com  住友化学 PPコンパウンド タイで増産 インドネシア進出検討も  ↑0 ↓0
住友化学は、タイでポリプロピレン(PP)コンパウンドを増産する。タイの自動車産業は低迷しているが、同社はモデルチェンジなどの機をとらえ内外装材向けに採用を増やし、生産を開始した2009年以来、生産量を毎年拡大している。第2系列を増設した昨年は公称生産能力に近い年2万1000トン強を販売したが、今年は2万5000トン規模まで生産・販売を伸ばす計画で、生産効率の向上やコスト低減も進め、東南アジアの中核拠点として生産を強化する。さらにタイからの輸出先として販売が伸びているインドネシアへの生産進出を検討するなど、東南アジアの体制を拡充していく。