1.0892448425293

Vietnam

agara.co.jp  Viettelが新しいe-Cabinetシステムで政府の効率とビジネスの利便性を向上  ↑0 ↓0
【ハノイ(ベトナム)2019年7月10日PR Newswire=共同通信JBN】ベトナムの大手通信企業Viettelはこのほど、ベトナム政府の効率性改善とビジネスの利便性 ...
2019/07/11 10:52 da:- facebook:0 twitter:0 ビジネス Cabinet システム ハノイ このほど 効率性 Tweet
ASEAN PORTAL  ベトナムと病院省エネ・ホテル省エネの温室効果ガスの排出削減で協力  ↑0 ↓0
国営病院における省エネ/環境改善によるグリーンホスピタル促進事業」プロジェクトは、ベトナムのハノイとホーチミンの国営病院に、高効率性能のインバーター ...
ASEAN PORTAL  ベトナムの小学校給食の改善のためスクール・キッチン建設支援  ↑0 ↓0
在ベトナム日本大使館は、ベトナムの東北部にあるランソン省の小学校の給食の質を改善させるため、スクール・キッチンの建設などを支援する事を発表した。 ランソン省ランソン市ホアンヴァントゥ区にあるホアンヴァントゥ小学校では、学校に設けられているキッチンの構造や調理器具が、食品衛生や調理の効率性の観点から ...
2017/12/06 11:26 da:- facebook:0 twitter:0 キッチン ランソン 小学校 スクール 大使館 東北部 Tweet
アパレル・リソース  第4次産業革命が労働問題を誘発(前)  ↑0 ↓0
第4次産業革命(4IR)は経済効率性、労働生産性の向上、製品の改良、競争力の強化をもたらした一方で、ベトナムを含む多くの国で何百万人もの労働者に影響を及ぼす大きな労働問題を引き起こした。 この問題について、5月11日にハノイで開催されたデジタル時代の人材育成をテーマとした2017 年APECハイレベル政策対話の場で詳しく議論された。   女性と非熟練労働者に最も大きな影響 4IRはAPEC加盟国において例外なく、労働市場に深刻な影響を与えていると国際労働機関(ILO)の労働問題専門家であるPhu Huynh氏は述べた。ロボットオートメーション、人工知能、インターネット、3Dプリンティング技術などの技術は徐々に生産プロセスに浸透し、労働市場の構造の変化をもたらしている。 事実、インターネットを利用している人口の割合は過去15年間で急速に増加している。 ILOのデータによると、2000年にインターネットにアクセスするベトナム人の割合はわずかであったが、2015年には55%以上にまで急増した。 日本、韓国、カナダなど先進国における利用率は95%にも達している。さらに、生産プロセスにおける自動化の流れが急速に高まっている。 ベトナムは中国に次いで自動化による影響を強く受ける国の一つであり、それは雇用の約70%にも及ぶだろうとILOは指摘した。 ベトナムの繊維・アパレル・履物産業に従事する労働者の86%、エレクトロニクス産業に従事する労働者の75%が自動化の脅威に直面することが推定される、とILOが最近発表した報告書で述べている。こうした産業は、今日のベトナムにおける最も労働集約的な部門となっている。 他の近隣諸国と同様、ベトナムではまだその職場において技術革新の影響をそれほど受けていない。これは価格競争力のある廉価な労働コストのおかげで、技術革新に対する投資コストの方が比較的高くなるためである。 しかしロボットによる自動化などの技術革新は、繊維・アパレル、履物、電気・電子製品など、さまざまな産業に浸透しつつある。 女性と非熟練労働者がその脅威に最も晒されることになるだろう、とPhu Huynh氏は述べた。   (後編へつづく)   もっと見る
アパレル・リソース  台湾資本のダウン縫製工場の火災は電気系統の故障が原因  ↑0 ↓0
ベトナム南部カントー市の警察は、台湾資本のKwong Lung-Meko縫製工場で3月20日から続く火災の原因は電気系統の故障であったと発表した。 27日午前中にカントー警察署で行われた会合でTran Ngoc Hanh大佐は捜査の結果を発表した。 すでに5日間も延焼を続ける現場で地元当局は鎮火のための努力を続けており、縫製工場に残る物品の運び出しなどを行っている。 消防士らは鎮火を試みているものの小規模な火災が起こり続けており、消火作業の効率性に疑問の声が上がっている。 Hanh大佐はこうした批判に対し、工場の閉鎖的な設計に加え火災が起こったのが中心部分であったために消防士が火元に近づくことができなかったためと説明した。また、工場内部に保管されていた羽毛などの可燃性物質の扱いが困難だったと述べた。 Hanh大佐は一般やメディアの間で広まった、水が足りないために消火できないという噂を否定した。大佐はいくつかのウェブサイトが火事やカントー市の対応について情報を歪曲して伝えたため混乱を招いていると述べた。 当局はまだ火災の全容を把握していないが、Kwong Lung-Meko社の損失は施設や機材の焼損で600万米ドル、原材料や物品の損失で700万米ドルと、現在までに少なくとも1300万米ドルに達したものと推測される。 Kwong Lung - Mekoは羽毛加工と縫製に特化しており、カントー市中心部から15キロほどのTra Noc工業団地に立地する。工場の延床面積は17,000平方メートルで1300人の従業員を擁する。 もっと見る
2017/03/31 06:03 da:15 facebook:0 twitter:0 米ドル 消防士 メディア ウェブサイト 原材料 従業員 Tweet
japanese.joins.com  韓経:「台所韓流」ロックアンドロック、中国で笑顔を取り戻す  ↑0 ↓0
中国内の流通チャンネル整備で効率性を高め、ベトナムに事業領域を拡張し、成長 ... 信栄証券のキム・ソンヨン研究員は「ロックアンドロックはベトナム市場に進出 ...
2016/10/18 10:41 da:72 facebook:- twitter:- ロック アンド 効率性 チャンネル Tweet
アパレル・リソース  トゥアティエン・フエ省はファッション産業拠点への成長を目指す  ↑0 ↓0
ベトナム中部のトゥアティエン・フエ省は6兆6000億ドン(2億9500万米ドル)以上を投じて中部における繊維・縫製産業の拠点へと転換を遂げようとしている。 2016年から2020年にかけての同省の繊維・縫製産業計画はファッション産業拠点への転換を主な目的としている。 この計画において、トゥアティエン・フエ省は国内市場の開発と、輸出が繊維・縫製産業の成長を後押ししてきたことからさらなる海外市場の拡大、研究開発、製品デザイン、ブランド構築と販売促進の強化、専門的なファッション産業の開発で農村的な労働市場の構造転換に注力するとしている。 トゥアティエン・フエ省人民委員会のNguyen Van Cao書記長は、繊維・縫製産業を持続的に発展させ、生産に十分な原材料供給を確保するため、省はアパレル原材料の供給拠点を建設するべく主要経済圏の調整委員会と協調していると話す。 この原材料供給拠点はPhong Dien工業地区の400ヘクタールの敷地に建設が検討されているという。 Cao書記長はまた、同工業地区の多くの繊維・縫製企業はこの計画を歓迎し、それぞれの工場の拡張希望を表明していると述べた。 加えて、一貫した生産チェーンを完成させるため、省は現代的な排水処理システムに関する調査を実施している。 Cao書記長は、原材料供給を海外企業に依存していることで、ベトナム国内の繊維・縫製企業の競争力が低下し、効率性にも影響が及んでいると話す。 そのため、近い将来には企業は加工モデルからODM(オリジナルデザイン製造)またはOBM(オリジナルブランド製造)モデルに転換を図るべきであろうとCao書記長は話す。 現在トゥアティエン・フエ省は6箇所の工業地区を擁し、50の繊維・縫製企業が立地している。 もっと見る
アパレル・リソース  国内アパレル業界は危機的状況  ↑0 ↓0
注文の減少、コスト高、熾烈な競争が利益に大きな打撃を及ぼすなか、国内の衣料品や繊維製造業者らがどれくらい市場を開放しておけるかどうかに対する懸念が高まりつつある。 6月中旬に開催された業界の会合のなかで、ホーチミン市繊維・縫製・刺繍・ニット協会会長のPham Xuan Hong氏は業界全体にわたり注文が停滞している状況を認識しているとした。 Hong氏によれば、国際労働機関(ILO)のデータではアパレルメーカーで1週間に40時間働いたとして、従業員はバングラデシュでは68米ドル、ベトナムでは90米ドル、メキシコでは127米ドルを稼ぐことができる。 輸入税や輸送も含むすべての関連するコストの中で、これはベトナム国内の業界がバングラデッシュやメキシコと価格の面で競争するには大きなデメリットとなる。 注文の多くがバングラデシュ、カンボジア、メキシコへ移りつつあるとHong氏は言う。2016年も半ばを過ぎ、業界全体として2016年の目標数値に達するのは難しいことは明らかだ。 バイヤーの多くは特にバングラデシュやカンボジアに押し寄せている。国連のなかでも最貧国とされる2カ国であり、輸出税を免除される権利を有することができるためだ。 注文が停滞しているだけではなく、弊社の販売価格も1年前と比較して10%も値下がりしている、とDap Cai Garment株式会社マーケティング部長Nguyen Duc Thang氏は言う。 業界は破綻してきているとThang氏は言う。新政府が強制する規則を実施した結果、賃金と保険料の値上げにより利益食いつぶされてしまっているのだ。 業界の外国からの投資を受けている部門が国内企業を犠牲にして非常に好況にあり、我々は隅に追いやられつつある。外国の製造業者の高まりにより、国内の製造業者から注文が確実に離れている状況を確認している、とThang氏は言う。 効率性の高い製造や低コストを提供できるより良い技術だけではなく、最終生産物における全体的な品質を改善することができるのだ。これはそれ自体が国内生産に対する需要を減少させることになるのだ。 さらにこれらの企業が海外市場において多くの大規模小売店や卸売り販売業者の世界的なサプライチェーンの一部門であることが多いことから、国内の業界が直面しなければならない競争的要因から保護される面もある。 さらに悪いことに、数社の外国のアパレル企業は製造拠点の一部を米国やEU等に再度戻し始めている。他のアナリストらによれば、このプロセスはリショアリングと呼ばれ、国内の販売はさらに割り込む可能性にさらされる。 商工省大臣のTran Tuan Anh氏は、6月までの5か月間で衣料品や繊維製品の総売上高は外国企業の販売増を背景に、6.1%急増し86億米ドルに達したと強調する。 しかし間違いなく国内の業界規模は縮小している、とAnh大臣は言う。今年の売上目標は310億米ドルから290億米ドルに引き下げられたが、それでもこの修正目標を達成することは困難だと感じている。 もっと見る
2016/07/04 06:02 da:23 facebook:0 twitter:0 米ドル アパレル バングラデシュ メキシコ コスト 製造業 Tweet
アパレル・リソース  繊維産業はFTA向けに仕立てられるべし(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   TPP、EVFTA、その他FTAにおけるビジネスチャンスと課題 (TPPでは16~17%の関税がゼロに、またEVFTAでは12%がゼロになるなど)、ベトナム製品に対する関税撤廃はより多くの製品需要を誘発する可能性がある。(この点について)多くの外国人投資家が着目しており、原材料工程などバリューチェーン上未発達の工程に参入するため、ベトナムのアパレル生産に投資しようと検討している。これらの分野への投資は、ベトナム製品に対する需要増に対応するためにその生産能力を高めるのに寄与するだけでなく、現在担っている(バリューチェーン上の)機能を拡張するのにも貢献する。実際、過去数ヶ月にわたりベトナムは、台湾、韓国やインドの投資家による多くの大規模な繊維・衣料品プロジェクトから、かなりの新規直接投資(FDI)を受け入れてきた。これらの投資を通じて(外国資本との)貴重なパートナーシップが形成され、ベトナム企業は外国人専門家の助言に従い、多くの利益を得ている。さらにこれらのパートナーシップは、ベトナム企業がバリューチェーン全体に亘る機能を拡張するために、より多くの人々を雇用し、トレーニングする余力をもたらす。今のところベトナム企業にとって、例えば賃金やトレーニングに多くの支払いを要する染色技術者などよりも、はるかに給料が低く抑えられる裁断・縫製労働者を雇い続ける方が容易である。だが、ベトナム企業と国内外の投資家との間にパートナーシップが結ばれれば、ベトナム企業にとって自社サービスを拡大する資金的余裕が生まれることとなる。   その他のハードル ベトナム製アパレル製品に対する低い関税率(の適用)は、TPP加盟国に対する輸出の拡大に寄与するが、その中でも特に、米国と日本は現在ベトナムにとって最大の輸出市場となっている。綿などの投入原材料に対する輸入関税の撤廃も、ベトナムが生産コストを削減するのに役立つ。しかしTPP加盟国市場に対する非課税でのアクセスを得るためには、ベトナムはTPP加盟国によって生産された糸などの原材料を使用することが求められる(ヤーンフォワード原産地規則)。現在ベトナムは生産に使用する糸の40%をTPP非加盟国である中国から輸入しており、この依存度を下げていくことはアパレル業界にとって実務的、政治的な課題となる。(同じくTPP非加盟国である)インドなどの諸外国は、ベトナムのアパレル部門に資金を投じることにより、ヤーンフォワード原産地規則に沿ったベトナムの(原材料供給)能力が増強されること、また同時に、予想される輸出の急増による利得を期待し、この機に乗じようとしている。業界企業はまた、市場原理の下で稼動する必要があるため、Vinatex、Dong Xuanやその他国営企業にとってその生産効率性を向上させる必要が生じる。アパレル産業において同条件の下では、民間企業の方がより多くの成長機会を得ることになるであろう。   ベトナム企業は対処の必要 ベトナムのアパレル産業は岐路に立っている。市場とビジネス環境はこの産業に対して変革することを求めており、適時に適切な対応を取る企業が勝ち残り、巨額の利益を得ることになる。外資系と国内企業は共に、FTAが導入される前の期間を利用して、一旦立ち止まって今後の成長のために取るべき選択肢を評価すべきである。 国内企業にとってそれは、(増加する)需要に応えるためだけでなく、持続的な成長を実現するためにその機能拡張に取り組むことを意味する。一方外国人投資家にとってそれは、最良の対応方法を選択するために、市場、及び現在のビジネスチャンスや課題に対する深い洞察を得ることを意味する。アパレル業界で進められているすべての開発において、国内外の企業は本質的な変容が求められている。   もっと見る
2016/04/20 06:02 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 加盟国 投資家 原材料 これら ビジネス Tweet
アパレル・リソース  IFC、繊維・アパレル産業におけるサステイナビリティを促進  ↑0 ↓0
世界銀行グループの一員であるIFC(国際金融公社)がベトナムのサプライヤーの工場の資源効率を改善しようと世界的なアパレル・靴製造業者であるVF Corporationと消費財の小売業者であるTarget Corporationと手を結ぶ予定だ。 IFCによれば、第一段階では今後12カ月にわたり約30の工場でエネルギーと水の効率性に関する審査が行われ、業務費の削減と生産性の向上を支援しながら、ベトナムの環境問題への意識向上と気候変動目標を達成するための手助けが行われる。 繊維・アパレル・製靴業界はベトナム経済に大きく貢献している。2015年には同業界の輸出は392億米ドルに達し、約300万の雇用(そのほとんどが女性)を創出した。日々大量のエネルギーや水が消費されるが、最新の技術と営業運用がうまくいけば資源の消費を20%かそれ以上削減することができる可能性がある。 「環太平洋戦略的経済連携協定とEUとの自由貿易協定を含むベトナムの貿易協定への参加の高まりを受け、地元の繊維業界はより急速な成長をとげようと準備を整えており、サステイナブルなエネルギーと水の利用に対しての要求も高まりつつあります」とIFCのベトナム・カンボジア・ラオス統括部長であるKyle Kelhofer氏は言う。「ベトナムの繊維製品企業はIFCのプログラムを利用することで世界の市場にさらに近付きながら資源の利用効率を高めることができます」 裁断と縫製(カットソー)、染色と印刷、衣料品の洗濯業務を含む繊維業界のバリューチェーンに渡るVFやTargetのサプライヤーの工場の審査を通し、エネルギーや水の利用効率を高めながらサプライヤーの生産性や競争力を高めるためのコスト効率の高い方策を確認、展開することが可能だ。さらにIFCは、バングラデッシュや中国等主要な繊維輸出国における多くの実績を引き合いに出しながら、専門的な解決策に関する助言を提供するだけでなく、ベトナムで提携する銀行を通して融資を円滑に行う支援をするという。 「ベトナムにおけるIFCとの提携は、サプライヤーの工場がさらに資源効率よく環境に優しく対応し、Targetの世界的な調達戦略と企業のサステイナビリティにおける到達目標を達成することを強力に補完するものだ」と同社のサステイナビリティに関する取り組みを行うTarget Corporationの子会社であるTarget Sourcing Servicesで責任調達担当取締役であるIvanka Mamic氏は語る。 「VFは人と環境に配慮した製造業における優れた長い実績を持っており、さらに効果を高めることができるよう、世界中のサプライヤーの基盤へこの貢献を高めることができる機会を常に求めています」とVF Corporationの子会社であるVFアジアのサプライチェーン・サステイナビリティ担当上級部長のBrad van Voorheesは語る。「IFCとTargetの協力関係は私たちの活動の延長線にあるもので、繊維業界のサプライチェーンをより環境に優しいものにしようとする知識や成功事例の共同作業を可能にするものです」 製造業におけるサステイナビリティに対する取組は、実績を改善する機会の体系的な評価、ベンチマーク調査の実施、最良の技術の共有、さらに広範囲での理解を高めるための業界の認識の向上を通して資源効率を促進する。次段階以降では繊維業界のサプライチェーン専用の電力需要を満たすためのクリーンエネルギー利用に関する評価を行う。本イニシアチブはIFCの長年にわたるベトナムの資源効率向上プログラムの一環だ。プログラムでは先進的でグローバルに展開するブランドやそのサプライチェーンとの関わりを通して影響力を拡大し、選ばれた工業地帯に介在することで同じ場所にある企業間の循環経済の概念を促進することを通し、革新的な集団的な取組を実行する。   もっと見る
アパレル・リソース  TPPでアパレル輸出が10年で5割増加の可能性  ↑0 ↓0
12カ国が加盟する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)により、ベトナムからのアパレル・靴製品の輸出が10年で5割増加する可能性があるとDezan Shira & Associatesの最新の報告書が述べている。Dezan Shira & Associatesは中国、香港、インド、ベトナム、シンガポールとその他のアセアン諸国に投資を行う多国籍企業を対象として投資コンサルティング業務を行っている。 加盟国による締結がなされれば、TPPは1万8000に及ぶ関税を撤廃することとなり、ベトナムは関税の軽減により特に米国市場、日本市場に特恵的なアクセスを得られるようになるため、莫大な恩恵を受けることとなる。 「特に、TPPはベトナムの繊維産業を強化することになるだろう。アパレル・靴製品の輸出量は10年間で5割増加する可能性がある」と報告書は述べている。 実際、国内、外資系企業がすでに投資を増額しており、ベトナムへの工場の移転も進んでいる。こうした動きを進める企業としては、ベトナム繊維公団、韓国のDong-IL Corp、日本のTom’s Limited、台湾のForever Glorious、中国のTexhong Textile Group Ltd.、Pacific Textiles Holdings Ltd.、Esqual Group、Jiangsu Yulun Textile Group、Shenzhou International Group Holdings Ltd.などが挙げられる。 これらの投資により、ベトナムのアパレル産業が単なる「裁断・縫製」からサプライチェーンでさらに高い付加価値をつけていくことになると報告書は述べている。 最近、信用格付会社Moody’s Analyticsはベトナムの低賃金、改善しつつある社会基盤とスケール、公的企業、不動産や銀行の所有権制限の緩和など広範に及ぶ改革が、中国と比較した際にベトナムが有利となるための極めて重要な要因であると言及している。中国は現在米国のアパレル市場の35%を占有している。 ベトナム政府は今後5年間に6.5-7%の成長率を目標としている。しかし、経済的な目標を達成するためには、ベトナムは技術力、制度面での有効性と効率性を高め、国内民間企業による産業、サービスセクターを開発していく必要があると報告書は述べている。 もっと見る
2015/12/10 05:56 da:17 facebook:0 twitter:0 アパレル 報告書 可能性 Textile 靴製品 チェーン Tweet
nedo.go.jp  NEDOの「グリーンホスピタル促進事業」がJCMプロジェクトに登録  ↑0 ↓0
本事業では、ハノイとホーチミンの国営病院に、省エネルギーラベル制度に適合した高効率性能のインバーターエアコン約1,000台を導入し、エアコン間の連携運転技術を開発・導入することにより、病院全体の空調の高効率化を図ります。加えて、換気の適正化による院内空気質の改善も同時に行い、「グリーンホスピタル」の確立・促進を目指します。また、JCMプロジェクトとして1年間のモニタリング期間を設け、長期的な二酸化炭素(CO2)削減効果、省エネルギー効果についても検証します。
経済産業省  ベトナムにおける二国間クレジット制度(JCM)のプロジェクトが登録されました!~グリーンホスピタル促進 ...  ↑0 ↓0
12月8日に、JCM署名国であるベトナムにおける「グリーンホスピタル促進プロジェクト」について、JCMプロジェクトとしての登録手続きが完了しました。2013年にJCMを開始して、経済産業省によるNEDOを通じた実証事業として初のプロジェクト登録となります(11月30日付登録)。
アパレル・リソース  繊維部門は課題が山積み(前)  ↑0 ↓0
最近の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の決着により、ベトナムは、いくつかの貿易部門において近い将来、富と繁栄をもたらすビジネスチャンスを獲得できるかどうかの岐路に立っている。特に繊維・衣料品産業は、世界市場へのアクセスと、貿易関税の削減により、莫大な利益を得ることが期待されている。しかし、サプライチェーン問題は、ベトナムがこの潜在的なビジネスチャンスを実現するために、必ず取り組まなければならない課題である。KPMGコンサルティング社インドのAmrish Goelテクニカルディレクターと、同社ベトナムのNguyen Tuan Hong Phucコンサルティングディレクターは、この課題について(以下のように)意見交換を行った。   現在の世界経済の潮流において、製造のグローバリゼーションと貿易の流れに興味深い変化がもたらされている。2015年10月4日に米国にてTPP交渉が妥結し、ベトナムの経済に新たな転機が訪れた。過去数年間で製造業への外国直接投資(FDI)は着実に増加し、その内のいくつかはTPP交渉妥結を見越してのものであったが、今回のTPP妥結によりさらに、今後数年間でベトナム投資に対する興味関心が急増することが予想される。投資は、関税廃止による恩恵を享受しようと待ち構える衣料品・履物産業を擁する米国や日本など、TPP加盟国からのものばかりでなく、世界の最も活況な消費者市場へより容易で確実なアクセスを求めている製造業を抱えるその他の国々からも行われるであろう。 繊維・衣料品業界における明るい見通しを念頭に置きつつも、マクロ経済指標は、ベトナムなどのように、コスト安を第一の売りにすることによって、過度に輸出依存となっている経済に対して、明確な警告を発している。TPP及びその他将来の自由貿易協定(FTA)の締結は、ベトナムに生産と輸出を増加させるようなビジネスチャンスをもたらす一方で、将来の経済的繁栄を確たるものにするために取り組むべき課題を与えるであろう。我々は、現時点でのビジネスチャンスとリスクを踏まえ、過去十年間の成長の流れを継続するために進むべき方向性の選択肢を理解するのに、ベトナムを一つのサンプルとして見ていくこととする。   ベトナムの繊維産業 過去十年間において、ベトナムの国内総生産(GDP)は年平均で6%の成長を遂げ、その期間の経済環境は、ベトナムのGDPが2006年の570億米ドルから2014年に1870億米ドルまで成長することを後押しした。投資家たちは経済成長に対して強気の見通しを持ち、2001年から2015年までの期間に、年間40億米ドルもの資金をベトナム経済につぎ込んできた。製造業主体のベトナム経済において、繊維産業が第一の成長エンジンとなっており、GDP全体に対して15%、総輸出額に対して18%、そして全世界の繊維産業において4%もの貢献をしてきた。繊維産業は、ベトナム経済にとって重要な成長推進力であり、進化型の経済シナリオにおいて確実で持続可能な成長を維持するために、その戦略策定に(資源を)集中することが重要である。 ベトナム繊維産業が成長するための第一の推進力は、2005年の多国間繊維取り決め(MFA)の撤廃にあり、これにより先進国に対する輸出割当量が撤廃された。MFA撤廃後における経済成長の軌跡は、中国、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカなど、ベトナムと類似の国々との間に、さほどの違いはなかった。これらの国における成長は、(廉価な)人件費の活用による利幅取りという明白な理由による、先進国からの製造委託作業によってもたらされている。この廉価な労務費提供のメリットは、現時点においても特に既製服部門の受注獲得にとって、唯一、最大の誘因のままである。先進国からの潤沢な注文は、ベトナム全土に年間売上高が5000万米ドルから2億米ドル規模の中小の製造企業を急増させる結果をもたらした。 世界繊維貿易におけるベトナムのシェアは4%で、米国に対する最大の繊維・衣料品輸出国の一つであるため、短・中期的にはまだまだ多くの企業を受け入れ、また既存の企業の現在の取引量と売上高を著しく増加させる程の市場余地がある。2014年に98億米ドルであったベトナムの対米国輸出が、2020年には300億米ドルまで増加することが見込まれる、TPP同様、ユーラシア関税同盟、韓国と締結された各FTAも、確かにこうしたインパクトを与えるであろう。 マクロ経済的には一見して、持続的な売上高の成長を確かなものとしているものの、比較生産費の非効率性の課題は、競合国における一般物価低下により重要性を増している。統計によると、貿易量は拡大している一方で、輸出先への販売価格は実質的に減少していることが分かる。2013年における中国から米国への平均輸入価格は、2008年の同価格より低下した。バングラデシュから(輸入される)衣料品価格は、2000年代半ばに約40%下落したが、同様の価格下落は、他の国から(の輸入品)においても報告されている。世界的な低価格化の傾向は、サプライヤーに直接的な圧力をかけている。元国際繊維被服皮革労連(ITGLWF)は、約8000もの織物、衣服、履物の生産者が2008年以降閉鎖した、と報告した。このことは、世界で1100万人分のフルタイムと300万人分のパートタイムの雇用損失をもたらした。これらを踏まえてベトナムの繊維産業は、グローバル市場における競争力を維持するために、その生産モデルを注意深く観察し、あらゆるコスト上の非効率に取り組むことが絶対的に不可欠である。   (後編へつづく) もっと見る
2015/12/07 06:01 da:17 facebook:0 twitter:0 米ドル 衣料品 チャンス ビジネス 先進国 製造業 Tweet

Thailand

nna.jp  レムチャバン港、スマート化を推進へ覚書  ↑0 ↓0
タイのデジタル経済振興機関(DEPA)とタイ港湾公団(PAT)は11日、東部チョンブリ県レムチャバン港のスマート化を進める計画を発表した。貨物処理の効率性 ...
2019/01/14 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  最高に“COOL”なバンコクの書店  ↑0 ↓0
ネット通販の売上拡大に伴い、ますますリアル店舗の存在意義が問われている日本の小売業だが、筆者が外部講演や執筆活動等を通じて、ここ5年ほど言い続けているテーマがある。 それはショッピングセンター(SC)の“サードプレイス化”を目指して、日本の小売店やSCの内装(特に店舗空間)に関して、「効率性重視から、より ...
2017/12/15 00:49 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Singapore

japan.cnet.com  IMD世界競争力ランキング:シンガポールがトップ、日本は30位に順位を下げる  ↑0 ↓0
シンガポールは、技術的インフラの先進性、スキルの高い労働力の調達の容易さ、ビジネスに向いた入国管理法、新規事業設立のプロセスの効率性などが寄与 ...
2019/05/29 12:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kochinews.co.jp  ヒイ氏がインダストリアル・プラクティスのパートナーとしてハイドリック&ストラグルズに入社  ↑0 ↓0
【シンガポール2018年4月10日PR Newswire=共同通信JBN】グローバルなエグゼクティブ・サーチ、リーダーシップの評価と育成、組織とチームの効率性、カルチャー・シェーピング各サービスの大手プロバイダーであるハイドリック&ストラグルズ(Heidrick & Struggles)(http://www.heidrick.com/ )(Nasdaq: HSII)は、フンフイ・ ...
2018/04/10 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  香港の経済自由度、24年連続で世界1位  ↑0 ↓0
米保守系シンクタンクのヘリテージ財団が2日(現地時間)発表した2018年版「経済自由度指数」で、香港は24年連続で世界トップとなった。指数は前年比で0.4ポイント上昇し、2位のシンガポールとの差は1.4ポイントに広がった。 経済自由度指数は、◇法の支配◇政府の規模◇監督機関の効率性◇市場開放性――の4分野 ...
2018/02/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.mynavi.jp  ボーイング787-10、FAAから商用運航の認証取得--初納入はシンガポール航空  ↑0 ↓0
... を打ち立て、燃料効率性(1座席当たり)と CO2排出量の面では代替する航空機と比較して25%優れている。標準的な2クラス構成の場合、座席数は330席で、航続距離は 1万1,910km(6,430海里)となる。 787-10は現在までに世界の9社から170機以上受注し、2018年前半にシンガポール航空への初納入を予定している。
2018/01/23 10:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
bcm.co.jp  NTTデータのブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤をシンガポールの貿易プラットフォーム ...  ↑0 ↓0
ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤を、シンガポールの貿易プラットフォームであるNTP (National Trade Platform)に接続し、クロスボーダー取引における安全性、効率性、透明性を高めるための課題を特定すること、さらにその解決策を検討することが実証実験の目的だ。 クロスボーダー取引においては多数の ...
2018/01/04 10:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.mynavi.jp  ブロックチェーン活用の貿易情報連携基盤をシンガポールのNTPに接続実証  ↑0 ↓0
NTTデータと三菱東京UFJ銀行は12月5日、NTTデータの「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤」とシンガポールの貿易プラットフォームであるNTP(National Trade Platform)との接続に向けた実証実験(PoC)を開始した。今回のPoCでは、クロスボーダー取引における安全性、効率性、透明性を高めるための課題 ...
2017/12/05 12:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kagakukogyonippo.com  アジア石化会議きょう開幕 シンガポールで 「持続成長へ変革追求」  ↑0 ↓0
アジア最大の化学業界のイベントであるアジア石油化学工業会議(APIC2016)がきょう19日、シンガポールのラッフルズ・シティ・コンベンションセンターで開幕する。今回のテーマは「持続的成長に向けて柔軟性、イノベーション、効率性の追求に挑む」。原油価格の変動をはじめ先行きが不透明ななかで、今後の市場動向を探る機会として業界関係者の注目を集めることになりそうだ。
2016/05/19 06:00 da:42 facebook:0 twitter:0 アジア きょう コンベンション センター シティ 石油化学 Tweet
prw.kyodonews.jp  GreyOrangeがナリン・アドバニ氏をアジア太平洋・日本CEOに採用  ↑0 ↓0
アドバニ氏は最近では世界的なディスプレーメーカーであるバルコ(Barco NV)のアジア太平洋部門副社長としてシンガポールに駐在した。在任中は日本、韓国、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、インドの各オフィスとチームを通じて、アジア太平洋のビジネスに采配を振るい、売上高と利益率、市場シェアを過去最高に引き上げた。GreyOrangeの創業者でCEOのサメイ・コーリ氏は「これはわが社として戦略的な人材採用だ。アジア太平洋はわが社にとって高成長地域で、われわれは事業を次の段階に押し上げる人物を求めていた。アドバニ氏は信頼性、経験、才能で大きく貢献し、わが社が世界の有力企業になることを助けてくれる。彼を経営チームに迎えたことは、この上ない喜びである」と語った。アドバニ氏は入社に当たって「ロボットの技術革新に賭けるGreyOrangeに最初から魅力を感じた。リアルなスループットでしのぎを削る市場で強力な技術を持つわれわれは、今後数年間で目標とする産業分野でリードできる。飛躍的なペースで成長するアジアのEコマースでGreyOrangeは地殻変動を引き起こし、顧客に効率性とスケーラビリティー もっと見る
2016/02/17 15:56 da:66 facebook:0 twitter:0 アジア 太平洋 副社長 メーカー 世界的 ナリン Tweet

Philippines

asgam.jp  デニス・ウイ氏がフィリピンのゲーミング会社を合併  ↑0 ↓0
フィリピンのカジノ事業者、PHリゾーツ・グループ・ホールディングスの株主が、効率性の改善を目的として、同社が100%所有する子会社で持株会社のPHトラベル ...
2019/05/30 09:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nissyoku.co.jp  グリーンハウスとみずほ銀行の学校給食導入調査、「SDGsビジネス支援事業」に採択  ↑0 ↓0
今回採択された調査事業では、フィリピンにおいて日本型学校給食制度の導入に向けて市場調査を行う。日本で培ってきた安全・安心かつ効率性の高い運営 ...
2019/02/07 10:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Myanmar

ミャンマーニュース  5月、プラスチック・ミャンマーが開催  ↑0 ↓0
ミャンマーは産業の安定性や持続性、効率性を保ちつつ、急速な産業開発と経済発展を目指す戦略を展開している。歴史的な経済改革の最中にあるミャンマー ...
2017/03/18 17:03 da:24 facebook:0 twitter:0 歴史的 効率性 安定性 プラスチック 持続性 Tweet
朝日新聞出版  JPメディアダイレクトと日立、ミャンマー郵便の送金サービス業務の電子化に向けた支援を開始  ↑0 ↓0
具体的には、ミャンマー全国の郵便局のうち約150局を対象として、これまで手作業で実施してきた業務を電子化するITシステムの導入を支援し、ミャンマー郵便局員による業務の効率性と正確性の向上をめざします。なお、今回の支援はJPメディアダイレクトが2016年6月13日に日本の総務省から受託した「ミャンマー連邦共和国の郵便事業体における高度な郵便送金業務の全国展開可能性に関する調査研究の請負」の一環として実施するものです。ミャンマーでは、銀行口座を保有していない国民が多く、給与や公共料金など日常的な支払いの決済手段として、郵便局にて現金の授受を行う送金サービスが広く普及しています。しかし、従来の送金サービスは、領収証や引渡書といった帳票の作成・発行など、郵便局員が行う業務の大部分が手作業で行われていたため、ITシステムによる業務の効率向上が求められていました。こうした中、2015年5月に日本の総務省とミャンマーの通信・情報技術省(現 運輸・通信省)の間で「郵便分野における協力に関する覚書」が締結され、その一環として、ミャンマーにおける効率的で確実な送金手段の検討が行われてきました。今回、JPメ もっと見る
2016/07/05 17:03 da:90 facebook:4 twitter:0 手作業 システム 郵便局 サービス業 ダイレクト メディア Tweet
nna.jp  日立とJPメディア、郵便送金電子化を支援  ↑0 ↓0
JPメディアダイレクトと日立製作所は5日、ミャンマー郵便の送金サービス業務の電子化支援を、日本郵便の全面協力の下で共同で行うと発表した。全国の郵便局のうち約150局を対象に、手作業で行っていた業務を電子化するITシステムの導入を支援、業務の効率性と正確性の向上を目指す。今年後半のシステム導入を予定、導入後はミャンマー郵便が運用する。JPメディアダイレクトが、6月13日に日本の総務省から受託した「ミャンマー連邦共和国の郵便事業体における高度な郵便送金業務の全国展開可能性に関する調査研究の請負」の一環として実施する。新システムでは、現金の引渡書などの帳票をシステム上で作成・発行、利用者が記入した送金申請書の記載内容もシステムに入力し、取引実績の集計作業を自動化。各郵便局のシステムはネットワークで接続し、コンピュータ経由で帳票の送受信を行う。昨年5月には日本の総務省とミャンマーの通信・情報技術省(現運輸・通信省)の間で「郵便分野における協力に関する覚書」が締結され、効率的で確実な送金手段の検討が始まった。JPメディアダイレクトと日立は今回、昨年にミャンマー郵便が郵便局18局を対象に送金サービ もっと見る
2016/07/05 15:30 da:52 facebook:0 twitter:0 メディア 全面協力 郵便局 日本郵便 ダイレクト 製作所 Tweet

Malaysia

chemical-news.com  【アジア石化特集・カントリーレポート】マレーシア 大型コンプレックス始動、生産性と効率性を追求  ↑0 ↓0
日刊ケミカルニュース » アジア石油化学工業会議, 特集, インタビュー・特集・コラム » 【アジア石化特集・カントリーレポート】マレーシア 大型コンプレックス始動、 ...
2019/05/31 12:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  テイクオフ:女性の社会進出に伴い、…  ↑0 ↓0
女性の社会進出に伴い、日本でも選択的夫婦別姓を望む声が高まっているようだ。旧姓と戸籍上の姓を使い分けるための諸手続きにかかる負担や効率性を考えると、同姓にしたい人は同姓に、旧姓を使いたい人は別姓を選べる制度の導入は最良の選択に思える。しかし、中には「夫婦別姓にすると家族の絆が壊れる」と信じる ...
2018/03/28 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
recordchina.co.jp  日本新幹線はコストが高すぎる、中国が高速鉄道の海外受注に攻勢―SP紙  ↑0 ↓0
年内にも予定されているマレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画の入札に意欲を示した。計画ではクアラルンプールとシンガポール間の約350キロを時速320キロで走り、約1時間半で結ぶ。開業は26年を目指している。フォーラムで中国側は「入札への準備を進めている」と表明。快適性、安全性、効率性とも高レベルの ...
2017/11/28 09:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  アジア発アジアの人の為の高品質チョコレートブランド〈NAYUTA CHOCOLATASIA〉 を三越伊勢丹が ...  ↑0 ↓0
優れた機能と効率性、高い衛生基準を備えた日本水準の工房をマレーシアの工房に取り入れ、マレーシアで製造を行う、新しいコンセプトの高品質 “bean to bar ...
2017/09/27 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Indonesia

jakartashimbun.com  競争力32位に急伸 IMD統計 政府、ビジネス効率性向上  ↑0 ↓0
スイスのビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)がこのほど発表した2019年の世界競争力ランキングで、インドネシアは昨年から順位を11上げて32位 ...
2019/06/04 00:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  物流効率性、46位に浮上=世銀調査  ↑0 ↓0
世界銀行は25日、2018年の国際物流効率性指数(LPI)を発表した。インドネシアは160カ国・地域中46位となり、前回調査(2016年)から17ランク上昇した。
2018/07/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jakartashimbun.com  自発報告制度が始動 JICAと航空総局 航空関係者向けセミナー (2017年12月22日)  ↑0 ↓0
インドネシアでは、日本で運用されている同制度のノウハウを伝えようと、15年10月にJICA主導で「航空安全性および効率性向上プロジェクト」が発足。 ... 参加者からは「VRSは既に認知されており、各航空関連会社は独自に運用しているが、それらを統括するシステムが必要だった」、「インドネシアは数年前から取り組んで ...
2017/12/22 00:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jakartashimbun.com  地産地消の乳製品製造 三井物産 西ジャワの酪農場開所 (2017年09月22日)  ↑0 ↓0
三井物産によると、インドネシア国内での1人当たりの乳製品の年間消費量は約12リットルで、他の東南アジア諸国連合(ASEAN)各国よりも少ない。効率性の ...
2017/09/22 01:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  世界をより良い場所にするための非営利マーケットプレイス3選  ↑0 ↓0
インドネシアの食糧制度は非効率性とインフレの問題を抱えていることで知られている。インドネシア統計庁の報告によると、サプライチェーンは8~9層あるため ...
2016/09/17 08:09 da:60 facebook:0 twitter:0 サプライ チェーン インフレ 効率性 プレイス マーケット Tweet

Cambodia

business-partners.asia  日本企業 プノンペンの浄水場に省エネ技術を提供[日系]  ↑0 ↓0
カンボジアの水需要は雨季と乾季で大きく異なるが、施設はその変化に合わせてポンピング率を調整していないため、非効率性が問題となっている。そこで、ポンプ ...
2017/05/09 03:00 da:- facebook:0 twitter:0 効率性 ポンプ 省エネ 浄水場 プノンペン Tweet