1.0153141021729

Vietnam

nna.jp  第一稀元素化学、ベトナム子会社の増資  ↑0 ↓0
ジルコニウム化合物大手の第一稀元素化学工業(大阪市)はこのほど、ベトナムの連結子会社(特定子会社)ベトナム・レア・エレメンツ・ケミカル(VREC)の増資を ...
2018/07/16 00:00 da:- facebook:- twitter:- 子会社 稀元素 ジルコニウム 化合物 化学工業 大阪市 Tweet
nna.jp  《日系進出》第一稀元素、100億円で新工場  ↑0 ↓0
ジルコニウム化合物大手の第一稀元素化学工業(大阪市)は13日、ベトナム子会社に新工場を建設することを取締役会で決議したと発表した。投資額は約100億円に上る。 南部バリアブンタウ省にある子会社ベトナム・レア・エレメンツ・ケミカル(VREC)に新工場を建設し、オキシ塩… 関連国・地域: ベトナム/日本. 関連業種: ...
2018/02/21 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 稀元素 子会社 ジルコニウム 化合物 化学工業 大阪市 Tweet
newsclip.be  第一稀元素化学工業、ベトナムに新工場 100億円投資  ↑0 ↓0
【ベトナム】第一稀元素化学工業(大阪市住之江区)はベトナム南部のバリアブンタウ省にオキシ塩化ジルコニウムとジルコニウム化合物を製造する工場を建設し、2022年5月に生産を開始する。投資額は ... ジルコニウム中間体の安定供給と需要増加に対応するため、ベトナム・レア・エレメンツ・ケミカルの生産能力を増強する。
2018/02/14 02:26 da:- facebook:0 twitter:0 ジルコニウム 稀元素 化学工業 住之江 化合物 ケミカル Tweet
日本経済新聞  第一稀元素、排ガス浄化触媒原料をベトナムで増産  ↑0 ↓0
【ホーチミン=北西厚一】第一稀元素化学工業は自動車の排ガス浄化触媒などに使う化合物原料のベトナムでの生産能力を2020年をめどに3倍強に増やす。10月 ...
2016/09/14 23:37 da:90 facebook:0 twitter:0 稀元素 排ガス 化合物 自動車 ホーチミン 化学工業 Tweet
jakartashimbun.com  胃からシアン化合物 コーヒー毒殺事件 「犯人は賢い」と証言  ↑0 ↓0
シアン化合物は水に溶けやすい一方、熱で分解されると毒性が薄まることを知ったうえで、温かい飲み物を避け、アイス・ベトナムコーヒーを注文した可能性を指摘 ...
2016/08/04 01:18 da:43 facebook:5 twitter:0 シアン化合物 コーヒー 可能性 飲み物 アイス Tweet

Singapore

nna.jp  三井化学、アルファメチルスチレンの生産開始  ↑0 ↓0
三井化学は15日、子会社の三井フェノール・シンガポールが芳香族化合物「アルファメチルスチレン」の生産を開始すると発表した。 シンガポール西部のジュロン島 ...
2019/01/16 00:02 da:- facebook:- twitter:- Tweet
毎日新聞  「果物の王様」ドリアン、匂いの正体は揮発性硫黄化合物=研究  ↑0 ↓0
10月9日、東南アジアで「果物の王様」として知られるドリアンのゲノム地図をシンガポールの科学者チームが作成し、強烈な匂いの正体は揮発性硫黄 ...
2017/10/10 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
Reuters  「果物の王様」ドリアン、匂いの正体は揮発性硫黄化合物=研究  ↑0 ↓0
調査の共同責任者であるシンガポール国立がんセンターの副所長で遺伝学者のBin Tean Teh氏は「ドリアンの匂いの主要成分はVSCで、腐敗臭、タマネギ臭、 ...
2017/10/10 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kagakukogyonippo.com  VAEエマルジョン新設備 シンガポールで相次ぎ稼働  ↑0 ↓0
酢酸ビニルエチレン(VAE)エマルジョンの新設備が、シンガポールで相次ぎ立ち上がる。セラニーズは9月末をめどに年5万トン能力の新設備を立ち上げる予定で、同社としては中国の2設備に続く第3設備となる。粗原料の酢酸のほか、原料の酢酸ビニルモノマー(VAM)から生産しているシンガポールで、川下戦略を拡充する。すでにマレーシアでVAEエマルジョンを生産している台湾の長春グループは、シンガポールにも新設備を建設しており、来年初頭をめどに稼働を開始する見通し。東南アジアやインド、オセアニアでは低VOC(揮発性有機化合物)の塗料や接着剤・粘着剤の市場が急速に拡大しており、原料のVAEエマルジョンの需要も大きな伸びが期待されている。 もっと見る
2016/06/02 08:06 da:42 facebook:0 twitter:0 エマルジョン セラニーズ ビニル エチレン Tweet

Malaysia

nna.jp  製造ポリマーがLEAP上場、米進出も視野  ↑0 ↓0
プラスチック粉末の化合物を製造する、マレーシアのポリマー・リンク・ホールディングスが27日、マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)の中小企業向け市場「主要起業家促進プラットホーム(LEAP)」に上場した。米国への進出も検討している。28日付ビジネス・タイムズが… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 化学・ ...
2018/04/30 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  仏アルケマ、硫黄化合物の生産能力を倍増へ  ↑0 ↓0
フランスの化学大手アルケマは11日、マレーシアのトレンガヌ州ケルティで操業するチオケミカル(各種有機硫黄混合物)工場でメチルメルカプタンの生産能力を ...
mys-news.asia  月島機械 化学プラント建設を受注  ↑0 ↓0
月島機械株式会社(TSK社)は、15日、同社子会社の月島エンジニアリングマレーシアとともに、トーソー・アドバンスド・マテリアルズ(TAM社)より化学プラントの建設事業を受注したとした。今後需要が見込まれるハイシリカゼオライト大手化学メーカー、東ソー株式会社は、マレーシアのトレンガヌ州ケママン地区に製造プラントを建設し、ハイシリカゼオライトの生産を目指す。同社は、アメリカ・ヨーロッパ・日本での排ガス規制の強化による、自動車排ガス浄化触媒としての需要の拡大とアジアで今後見込まれる需要を見据え、同製品の生産にむけ、マレーシアにTAM社を設立した。ハイシリカゼオライトは、合成ゼオライトの一種で、シリカとアルミナを主成分とし、高い耐熱性や耐酸性、吸着性能、触媒性能を持ち、石油精製と石油化学の触媒、自動車排ガス浄化触媒や揮発性有機化合物の吸着除去剤として使用される。TSK社「海外ビジネスの拡大」を目指しTSK社は、化学分野における様々な種類の製造プラントや主要機器を、国内外の多くの基礎製品製造企業や中間材料製造企業に供給している。また、中期経営計画の基本施策の一つとして「海外ビジネスの拡大」を掲げ もっと見る

Indonesia

nikkan.co.jp  阪和興業、インドネシアに合弁工場 リチウム電池向け材生産  ↑0 ↓0
阪和興業はインドネシアのスラウェシ島でリチウムイオン二次電池向け高純度ニッケル・コバルト化合物の合弁工場(完成予想図)の建設工事を始めた。
2019/01/17 05:01 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japanmetal.com  阪和興業、インドネシア新工場起工 二次電池向け化合物製造  ↑0 ↓0
阪和興業は15日、8%出資する二次電池向けニッケル・コバルト化合物製造会社「QMBニュー・エナジー・マテリアルズ」の起工式が今月11日、インドネシアの ...
2019/01/16 06:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japanmetal.com  阪和興業 ニッケル・コバルト化合物 インドネシアで出資  ↑0 ↓0
阪和興業は28日、高純度ニッケル・コバルト化合物を鉱石から一貫して製造することを目的に、インドネシア・スラウェシ島に設立するQMB・ニューエナジー・ ...
2018/10/01 06:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.kobekeizai.jp  4月の神戸港、輸出入総額4.1%増の4294億円 建設・鉱山機械の輸出など増加  ↑0 ↓0
油圧ショベルなどを中心に米国、インドネシア、オランダ向けに伸びたという。無機化合物も4月としては過去最高になる44%増の96億円。リチウムイオン電池の ...
2018/05/21 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  スズの国営ティマ、中国の雲南錫と事業契約  ↑0 ↓0
インドネシアの国営スズ会社ティマは、スズ生産の世界最大手、中国の雲南錫業集団とスズ化合物の生産や資源開発などについて「戦略的協力事業契約」を ...
2017/09/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jakartashimbun.com  紙袋で隠し毒混入 コーヒー毒殺事件 ジェシカ被告 初公判  ↑0 ↓0
中央ジャカルタのモール「グランドインドネシア」のカフェで1月、ワヤン・ミルナ・サリヒンさん(当時27)が死亡したコーヒー毒殺事件で、殺人罪で起訴されたジェシカ・クマラ・ウォンソ被告(27)の初公判が15日、中央ジャカルタ地裁で行われた。検察は致死量の1.7倍にあたる298ミリグラムのシアン化合物を事前に混入し、計画的に犯行に及んだと指摘した。
2016/06/16 01:38 da:43 facebook:3 twitter:0 コーヒー カフェ 殺人罪 グランド ジャカルタ モール Tweet
jakartashimbun.com  コーヒーで毒殺? カフェで27歳女性が急死 警視庁が本格捜査  ↑0 ↓0
ジャカルタ在住の女性、ワヤン・ミルナ・サリヒンさん(27)が6日、中央ジャカルタのモール「グランドインドネシア」にあるカフェ「オリビエ」でアイスコーヒー(ベトナムコーヒー)を飲んだ直後に死亡するという事件があり、警視庁は11日、ミルナさんが青酸化合物などの毒物摂取により死亡した可能性が高いことを明らかにした。