0.97618389129639

Vietnam

nna.jp  フーイエン省、グリーンエネルギー都市開発  ↑0 ↓0
ベトナム中南部フーイエン省人民委員会はこのほど、地場企業が提案しているグリーンエネルギー観光都市区の開発計画を原則的に承認した。23日付ダウトゥ ...
2018/08/27 00:04 da:- facebook:- twitter:- グリーン エネルギー このほど 観光都市 原則的 Tweet
nna.jp  韓国系企業、HCM市に自転車競技場を建設  ↑0 ↓0
韓国系ベトナム・スポーツ・プラットフォーム(VSP)は、ホーチミン市で自転車競技場の建設を計画している。2016年に市から原則的な認可を受けており、着工に向けて正式な認可が下りるのを待っている段階という。12日付ダウトゥ電子版が報じた。 ホーチミン市2区で開発が予定… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
diamond.jp  都市部でも救急車は来ない。地方で事故にあうと大変  ↑0 ↓0
ベトナムでは医療行為のできる人は、原則的に同乗していない。ホーチミン市内では、同乗している救急車もあるらしいが、わずか数台にすぎないという。
2017/11/15 14:03 da:- facebook:0 twitter:0 救急車 原則的 ホーチミン Tweet
nna.jp  UOB、越で銀行子会社設立の原則承認取得  ↑0 ↓0
シンガポールの金融大手UOB銀行は20日、ベトナム国家銀行(中央銀行)からベトナムでの銀行子会社設立に原則的な承認を取得したと発表した。
2017/07/21 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 原則的 Tweet
nna.jp  シンガポールのUOB銀行、現法設立へ  ↑0 ↓0
ベトナム国家銀行(中央銀行)は19日、シンガポール金融大手のユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の全額出資によるベトナムでの銀行の設立を原則的に ...
2017/07/21 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 原則的 ユナイテッド オーバーシーズ Tweet
nna.jp  クアンチ省、水力発電所の建設を原則承認  ↑0 ↓0
ベトナム中部クアンチ省人民委員会はこのほど、ラートー水力発電所の建設案を原則的に承認した。6日付ダウトゥ電子版が報じた。 発電所はタインアン社(本社・ ...
2017/07/10 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 クアンチ 水力発電 発電所 原則的 このほど Tweet
nna.jp  不動産ナムクオン、ハノイで4校を建設へ  ↑0 ↓0
ハノイ市人民委員会はこのほど、不動産開発ナムクオン・グループによる学校4校の建設計画を原則的に承認した。27日付ダウトゥ電子版が報じた。 計画による ...
2017/06/29 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 不動産 ハノイ 原則的 このほど グループ Tweet

Singapore

nna.jp  企業による身分証番号利用、来年9月から禁止  ↑0 ↓0
シンガポールの個人情報保護委員会(PDPC)は8月31日、企業・団体が顧客のNRIC(国民身分証)番号を利用・公開することを原則的に禁ずる措置を、2019年9 ...
2018/09/04 00:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  シンガポールのUOB銀行、現法設立へ  ↑0 ↓0
ベトナム国家銀行(中央銀行)は19日、シンガポール金融大手のユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の全額出資によるベトナムでの銀行の設立を原則的に ...
2017/07/21 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 原則的 ユナイテッド オーバーシーズ Tweet
nna.jp  UOB、越で銀行子会社設立の原則承認取得  ↑0 ↓0
シンガポールの金融大手UOB銀行は20日、ベトナム国家銀行(中央銀行)からベトナムでの銀行子会社設立に原則的な承認を取得したと発表した。
2017/07/21 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 原則的 Tweet
sankeibiz.jp  たばこ展示、17年から全面禁止 シンガポール、若年層の喫煙率低下へ  ↑0 ↓0
シンガポールは、若年層の喫煙減少や国全体の喫煙率低下に取り組んでいる。同国の保健省は、2017年から国内の小売店舗におけるたばこの展示を全面的に禁止する方針だ。消費者の目に触れるいかなる展示も認めないとしている。現地紙トゥディなどが報じた。 この禁止案は13年に浮上し、調整が続いてきた。同省によると、既存の陳列棚などの継続的な使用は認めるが、店側はカーテンなどでカバーをして、たばこが消費者の目に触れないようにしなくてはならない。さらに、こうしたカバーは自動的に元通りになるようにするなどして、販売時以外はたばこが目に触れない工夫が必要としている。 また、店内での価格表示なども禁止する。店側は、価格リストを作成して購入希望者からの要望があったときにのみ、提示する。このリストにたばこの現物を連想させる写真やイラストなどを使用することも禁止になるという。 シンガポールは国民の健康増進を目的にたばこ規制に取り組んでおり、13年には公共の場所での喫煙を原則的に禁止するなどの措置を講じてきた。政府によると、同国の喫煙率は、1992年の18.3%から2013年に13.3%にまで低下した。 ただし、若年 もっと見る
2015/12/22 05:03 da:71 facebook:23 twitter:0 たばこ 全面的 小売店 全面禁止 Tweet

Indonesia

nna.jp  投資庁、フェイスブック現法設立を原則認可  ↑0 ↓0
インドネシア投資調整庁(BKPM)は、フェイスブックによる株式会社設立に関する申請を原則的に認可した。22日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 BKPMの ...
2017/06/23 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 フェイスブック 原則的 Tweet
ind-news.asia  在インドネシア日本大使館で、草の根無償資金協力の署名式実施  ↑0 ↓0
署名式には、各案件の団体代表が参加し、谷崎泰明駐インドネシア大使との間で贈与契約が締結された。供与額は、9つの案件に対し、計8684万円を限度とする。主な案件としては、ジョグジャカルタ特別州スレマン県における職業訓練施設整備計画、南スマトラ州パレンバン市における薬物依存症リハビリセンター増築計画がある。草の根無償資金協力で、経済格差の是正を目指す草の根・人間の安全保障無償資金協力とは、開発途上国における経済社会開発を目的としている。比較的小規模な事業を対象として資金を供与しており、原則的に供与限度額は1000万円以下である。谷崎大使はインドネシアは、順調な経済成長を遂げているが、中長期的に安定的な経済成長を遂げるべきためには、インドネシア国内における経済格差の是正が必要だ。(ANTARA NEWSより)と指摘した。今回は、9件の案件が採択されたが、インドネシア各地で草の根レベルの活動が実施されることによって、中長期的な経済発展のための土台が形成されるものと期待されている。(画像は、在インドネシア日本大使館プレスリリースより)外部リンク在インドネシア日本大使館(プレスリリース)http: もっと見る
2016/03/25 20:26 da:16 facebook:8 twitter:0 大使館 Tweet