1.0538098812103

Vietnam

出島  アサヒグループ食品、ベトナムで乳幼児・妊産婦向け栄養食品を販売へ  ↑0 ↓0
アサヒグループ食品は1月10日、ベトナムの乳製品大手ヌティフードと共同で商品開発を行い、同国内で乳幼児・妊産婦向け栄養食品市場に本格参入すると発表 ...
2019/01/22 10:52 da:- facebook:- twitter:- アサヒ グループ 乳幼児 妊産婦 栄養食 乳製品 Tweet
newsclip.be  アサヒグループ食品、ベトナムで乳幼児・妊産婦向け栄養食品販売  ↑0 ↓0
【ベトナム】アサヒグループ食品(東京都渋谷区)はベトナムの乳製品メーカー、ヌティフード・ニュートリション(ホーチミン市)と共同開発する乳幼児・妊産婦向けの ...
2019/01/11 00:56 da:- facebook:0 twitter:0 アサヒ グループ 乳幼児 妊産婦 栄養食 乳製品 Tweet
ASEAN PORTAL  日本はベトナムの妊産婦ケアの質改善の支援を継続  ↑0 ↓0
日本政府は、ベトナムの妊産婦ケアの質を改善する支援を実施していたが、この支援を来年度も実施する事を発表した。 ベトナムの都市部では経済成長するに ...
2017/02/15 14:43 da:21 facebook:0 twitter:0 妊産婦 来年度 Tweet
ASEAN PORTAL  日本はベトナムで「女性健康センター」を開所  ↑0 ↓0
日本政府は、ベトナムの妊産婦と乳児を守るための支援の一環として、「女性健康センター」の設立を支援していたが、この ... で、女性の健康を守り女性に優しいサービスを提供する施設のモデルとなるべく、フエ市内に「女性健康センター」を設立した。
2016/03/03 12:56 da:21 facebook:1 twitter:0 センター モデル 妊産婦 サービス Tweet

Philippines

財経新聞  毎年9月5日は国際チャリティー・デー!来日中の「現代のマザー・テレサ」のサポーターを募集!  ↑0 ↓0
貧しい妊産婦へ24時間365日無償医療を実現する、まさに「現代のマザー・テレサ」、ロビン・リム。2011年「CNN Hero of the Year」受賞。2015年にはフィリピンで ...
2018/09/05 10:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Myanmar

newsclip.be  アサヒグループ食品、ベトナムで乳幼児・妊産婦向け栄養食品販売  ↑0 ↓0
【ミャンマー】アサヒグループホールディングスは3月下旬から、ミャンマーではちみつ味のドリンク剤「ハニーゴールド」(缶250ミリリットル)を販売する。1本約40円 ...
2019/01/11 00:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sanyonews.jp  AMDA ロヒンギャ難民支援継続 秋まで診察や妊産婦への生活指導  ↑0 ↓0
国際医療ボランティアAMDA(岡山市北区伊福町)は6日、ミャンマーのイスラム教徒の少数民族ロヒンギャが迫害から逃れて難民になっている問題で、隣国・バングラデシュの難民キャンプでの医療支援活動を今年秋まで続けると発表した。キャンプ内に開設した「AMDA診療所」で難民の診察・治療のほか、妊産婦への生活 ...
2018/01/06 22:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  セーブ・ザ・チルドレン、妊産婦と新生児への保健サービス強化へ  ↑0 ↓0
国連に承認された子どものための国際援助団体(NGO)であるセーブ・ザ・チルドレンが、妊産婦と新生児への保健サービス強化へ向けて、ミャンマーで新たな保健事業を立ち上げたと、15日のプレスリリースで発表した。 セーブ・ザ・チルドレンは、適切な保健サービスの利用によって、妊産婦と新生児の死亡リスクを減らすことを ...
2017/12/18 20:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  九州工大発ITベンチャー、遠隔医療で調査  ↑0 ↓0
九州工業大学発のITベンチャー、TRIART(福岡県飯塚市)はミャンマー中部で、自社の遠隔医療システム「エクスミクス(XMIX)」を活用した妊産婦検診の改善に向けた調査を行う。国際協力機構(JICA)の中小企業海外展開支援事業の案件化調査として6月30日に採択された。XMIXは、携帯電話・端末で利用できるシステムで、低速なインターネット回線下でも安定した動画・音声通信を実現、安定的な医療情報の共有が可能という。ミャンマーでは母子保健の中核病院と地方病院をシステムでつなぎ、円滑な妊産婦検診の実施を目指す。調査では、ミャンマーの中でも妊産婦死亡率が高い中部マグウェー管区を中心に、現地の通信環境を調査するほか、ミャンマー保健省や各地の病院で情報を収集、システム導入の可能性を探る。日本では熊本県で導入され、脳卒中発症時の救急対応可能エリアが広がるなど、医療格差の解消に役立っているという。TRIARTはこれまで、多数の携帯向けアプリやソリューションを開発。高いセキュリティーが求められるスマートフォン向け遠隔医療用アプリを開発した実績などが評価され、大手企業向けにも多数の導入実績がある。 もっと見る
2016/07/27 00:00 da:52 facebook:0 twitter:0 ベンチャー 妊産婦 システム 九州工業 Tweet
ミャンマーニュース  奈良県のならコープ ミャンマースタディツアー報告会を実施  ↑0 ↓0
奈良県の地域購買生協「ならコープ」は7月11日、7月1日に奈良県橿原市のコープみみなしの研修室で、ミャンマースタディツアーの報告会(以下、同報告会)を実施した件についてホームページに掲載した。同報告会では、2月21日から2月27日に開催されたスタディツアー、「ミャンマーの女性と子どものための栄養支援」についての報告が行われた。同ツアーには、ボランティアグループ「ならコープwithユニセフの会」の杉木愛子代表が参加した。同報告会には、日本に留学中のミャンマー人女性を含み、34人が参加した。ツアー参加の杉本代表 水と衛生、栄養、教育の大切さを痛感ミャンマーは、5歳児未満の死亡率が1000人中52人となっており、ASEAN諸国の中で最も高くなっている。また、妊産婦死亡率は10万人中200人となっている現状がある。ツアーに参加した杉本代表は、水と衛生、栄養、教育が大切であることを痛感したほか、ユニセフ募金に取り組むことが大切であると痛感したという。また、報告会では8764円の募金があった。なお、ならコープの店舗サービスコーナーでは、ユニセフ募金の募金箱を設置している。外部リンクならコープ お知 もっと見る
2016/07/13 11:03 da:27 facebook:11 twitter:0 コープ スタディ Tweet
ミャンマーニュース  大塚製薬 首都ネピドー北部の村に助産診療センターを寄贈  ↑0 ↓0
世界保健統計の2015年版によると、2013年におけるミャンマーの乳児死亡率は1000人あたり40人、妊産婦死亡率は10万人あたり200人となっており、他の周辺諸国と比較すると、高い傾向にある。助産師が常駐する施設での出産が可能に同国では、出産時に助産師が妊産婦の自宅を訪れて分娩介助をすることが一般的だが、妊産婦と乳児の健康を維持するための環境整備が課題となっており、衛生面の改善や妊産婦へのケアなどを充実させることが課題となっている。同センターでは、助産師が常駐しており、出産時の分娩介助が行われるほか、妊産婦や村人を対象とした保健教育が実施される予定だ。それにより、母子の健康サポートが実現する見通しだ。大塚製薬は同社の企業理念に基づき、今後も世界の人々の健康に貢献する活動を実施していくとしている。(画像はプレスリリースより)外部リンク大塚製薬(プレスリリース)https://www.otsuka.co.jp/company/release/detail.php?id=3121 もっと見る
2016/06/30 10:52 da:24 facebook:7 twitter:0 死亡率 妊産婦 センター Tweet
otsuka.co.jp  助産診療センター  ↑0 ↓0
ミャンマーでは、出産時は助産師が妊産婦の自宅を訪れて分娩介助する方法が一般的ですが、妊産婦や乳児の健康のための環境整備が課題となっています*1。そのため、衛生面の改善、複数人への同時処置、妊産婦への継続的なケアや保健教育の充実などが望まれています。
2016/06/27 12:15 da:73 facebook:- twitter:- 妊産婦 一般的 センター Tweet
時事ドットコム  ミャンマー医療人材育成へ=機器活用で技術支援-政府  ↑0 ↓0
政府が国際協力機構(JICA)や国立大学などと共同で、ミャンマーの医療・保健分野の人材育成に向け、今月中旬に「ミャンマー医療人材育成研究会」を発足させることが2日、分かった。医療機器の活用方法習得を支援し、医療全般の底上げを図る。 研究会は、政府、JICAのほか国立の新潟、金沢、岡山など6大学や医療機器業界の関係者で構成。適切な診断や治療が行われるよう、医療機器の知識を有する人材育成の支援策を検討する。具体的には、日本と現地で医師や放射線技師らへの研修を実施する考えだ。 日本ミャンマー協会によると、2013年のミャンマーの5歳児未満死亡率は日本の11倍で、妊産婦死亡率は28倍。外国から支援も行われているが、導入された医療機器が活用されておらず、技術向上が急務となっている。 (2016/05/02-15:14) もっと見る
2016/05/03 07:52 da:80 facebook:5 twitter:0 国立大学 JICA Tweet

Indonesia

日本経済新聞  JICA、インドネシアで電子カルテ支援 高松の企業に  ↑0 ↓0
国際協力機構(JICA)は、医療ソフトウエア開発のミトラ(高松市)の電子カルテ事業を、海外展開支援事業として採択した。周産期の妊産婦向けの独自システムをインドネシアで普及させるため、実験費用などを支援する。 ミトラに1億5千万円を助成する。同社は独自の周産期電子カルテ「ハローベイビープログラム」を使い、 ...
2018/01/16 01:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  医療ソフトのミトラ、妊婦用電子カルテ供給  ↑0 ↓0
... の医療情報などを管理する産婦人科向け電子カルテ「ハローベイビープログラム」を、来年からインドネシアで提供する。インドネシアは先進国と比べて妊産婦…
2017/05/19 00:04 da:- facebook:- twitter:- カルテ 先進国 妊産婦 プログラム ベイビー 産婦人科 Tweet
日本経済新聞  ミトラ、インドネシアで妊婦向け医療データ供給システム構築  ↑0 ↓0
医療ソフトウエア開発のミトラ(高松市)はインドネシアに進出する。診療所や病院など医療機関が妊産婦の健康状態などの医療データを共有する独自システムの ...
2017/05/09 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 システム データ 妊産婦 ソフトウエア 診療所 Tweet
ind-news.asia  日本政府、インドネシア助産施設の整備に無償協力  ↑0 ↓0
日本政府が支援した母子保健向上計画日本政府が支援してきた、インドネシアにおける母子保健向上計画の一環で整備された、ベンテック村の助産施設の引き渡し式が12月16日に実施されたことを、在インドネシア日本国大使館が同日、WEBサイト上で発表した。日本国政府は人的資源開発研究センターとの間で、2015年3月に草の根・人間の安全保障無償資金協力「西ヌサ・トゥンガラ州北ロンボク県ガンガ郡における助産施設の建設及び母子保健向上計画」に署名しており、当該団体へ約11.3万ドルを供与している。母子保健サービスの質の向上を目指して当計画によって、ベンテック村に新たに助産施設が整備されただけでなく、ベンテック村やサンビック・バンコル村にある助産施設や簡易保健所へ機材が供与され、妊婦等を対象とした母子保健研修が実施された。インドネシアの妊産婦・乳児死亡率を改善へ世界銀行の統計データ(2015年)によれば、インドネシアにおける妊産婦死亡率は126人/10万人、1歳未満の乳児死亡率は23人/千人。日本では妊産婦死亡率は5人/10万人、1歳未満の乳児死亡率は2人/千人であるのに比較すると、ともに高い死亡率だ。これ もっと見る
2015/12/21 16:30 da:14 facebook:8 twitter:0 引き渡し Tweet