1.0015211105347

Vietnam

sankeibiz.jp  ベトナム 消費者ニーズ急変で日用品伸び悩む  ↑0 ↓0
ベトナムの消費者ニーズが急変して日用品消費の伸びが減速し、メーカー各社を悩ませている。そんな実態を英市場調査会社カンター・ワールドパネルがリポート ...
2018/12/12 05:11 da:- facebook:0 twitter:0 消費者 ニーズ 日用品 メーカー 市場調査 カンター Tweet
nna.jp  HCM市の消費者は茶飲料を好む=カンター  ↑0 ↓0
市場調査会社カンター・ワールドパネルがこのほど実施した調査によれば、ホーチミン市ではコーヒー飲料より茶飲料が浸透していることがわかった。同調査では「 ...
2018/12/04 00:09 da:- facebook:0 twitter:0 カンター 消費者 市場調査 ワールド パネル このほど Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]ベトナム人の購買動向、コンビニなどの利用加速  ↑0 ↓0
米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)がこのほど発表したベトナム人消費者の購買動向に関する最新レポートによると、コンビニエンスストアやミニスーパー ...
nna.jp  ベトナムで近代小売の利用加速=ニールセン  ↑0 ↓0
米系市場調査会社ニールセンは7日、ベトナムの消費者の購買行動に関する報告書を発表した。伝統的な市場や小売店から、コンビニエンスストアやミニスーパー ...
日本経済新聞  ベトナムに駐在所開設 三浦工業、市場調査を推進  ↑0 ↓0
ボイラー大手の三浦工業は17日、ベトナムのホーチミン市に駐在所を開設したと発表した。これまで同国では合弁会社を通じて、ボイラーや水処理装置の販売・ ...
2018/10/17 19:41 da:- facebook:0 twitter:0 駐在所 ボイラー 市場調査 ホーチミン 合弁会社 Tweet
nna.jp  乳製品市場が不振、ビナミルクは海外視野に  ↑0 ↓0
ベトナム乳業最大手のビナミルクが、国内市場の不振から海外市場へ目を向け始めている。市場調査会社ニールセンによれば、今年6月までの乳製品市場は、3 ...
2018/10/04 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 乳製品 最大手 市場調査 ニールセン Tweet
nna.jp  消費者の半数「景気後退」=ニールセン  ↑0 ↓0
市場調査会社ニールセンがこのほど発表した2018年第2四半期(4~6月)の消費者信頼感調査の結果によると、ベトナム人の48%が国が景気後退の局面にある ...
2018/09/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- 消費者 ニールセン 市場調査 このほど 四半期 信頼感 Tweet
sankeibiz.jp  日用消費財市場年5%成長 ベトナム、小売り参入相次ぐ (1/2ページ)  ↑0 ↓0
ベトナムの日用消費財市場は今年、5%のペースで成長する見通しだ。ただ、英系市場調査会社カンター・ワールドパネルが発表したリポートによれば、日用消費財 ...
2018/08/30 05:33 da:- facebook:- twitter:- 消費財 小売り ページ ペース 見通し 市場調査 Tweet
news.so-net.ne.jp  【ベトナム】インテージがマーケティング・セミナー開催  ↑0 ↓0
市場調査会社インテージベトナムは23日と24日の2日間、第8回目となる「インテージ・マーケティングセミナー」をホーチミン市で開催した。消費財メーカーや化粧品 ...
nna.jp  インテージがマーケティング・セミナー開催  ↑0 ↓0
市場調査会社インテージベトナムは23日と24日の2日間、第8回目となる「インテージ・マーケティングセミナー」をホーチミン市で開催した。消費財メーカーや化粧品 ...
atpress.ne.jp  みらいコンサルティング、ベトナムホーチミン市に現地法人設立  ↑0 ↓0
みらいコンサルティングでは、今までも日系ベトナム子会社の法務・労務・税務トラブルの解決、ベトナムビジネス推進の実行支援(市場調査、法令規制調査、 ...
nna.jp  エースコック、ブランド調査で都市部は1位  ↑0 ↓0
市場調査会社カンター・ワールドパネルによる日用消費財(FMCG)ブランド調査で、2017年度はエースコックの即席麺「ハオハオ」がベトナム都市部の食品部門で ...
nna.jp  日用品市場、18年は5%成長の見込み  ↑0 ↓0
市場調査会社カンター・ワールドパネル・ベトナムは、2018年の日用消費財(FMCG)市場の年間成長率が5%程度の見込みと発表した。都市部、地方とも成長は ...
2018/06/14 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 見込み 日用品 市場調査 カンター ワールド パネル Tweet
nna.jp  人気ブランド、上位3位は6年変わらず  ↑0 ↓0
市場調査会社カンター・ワールドパネルはこのほど、世界の日用消費財(FMCG)ブランドの人気ランキングを発表した。ベトナムでは、主要4都市(ハノイ、 ...
2018/05/28 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 ブランド 市場調査 カンター ワールド パネル このほど Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]大都市のコンビニ店舗数、6年で4倍に急増  ↑0 ↓0
米国の市場調査会社ニールセン(Nielsen)によると、2018年1-3月期の日用消費財(FMCG)市場では、パパママストアと呼ばれる小規模雑貨店や市場(いち ...
2018/05/16 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 大都市 コンビニ 市場調査 ニールセン 消費財 小規模 Tweet
swbs.smrj.go.jp  ベトナム:ホーチミン最新オフィス事情  ↑0 ↓0
ベトナム:ホーチミン最新オフィス事情. 海外現地事情. 支援事例紹介. 事業紹介. 市場調査・現地調査. レンタルオフィス. 中国. 香港. 台湾. 韓国. インド. バングラディシュ. シンガポール. マレーシア. インドネシア. タイ. カンボジア. ベトナム. ミャンマー. フィリピン. ラオス. スリランカ. ブルネイ. その他(アジア). 2018年4月14日 13:42 ...
logi-today.com  インターナショナルエクス、ベトナムに現地法人設立  ↑0 ↓0
2010年7月にホーチミン駐在事務所を開設以来、市場調査、顧客動向を調べていたなかで、東南アジアの生産拠点として若いな労働力を背景に日系の顧客のベトナム進出が続いているとし、内需拡大などで今後も物流ニーズが拡大すると考えた。 ホーチミンのほか、北部ハノイ・ハイフォン地区、中部ダナン地区への展開も視野 ...
2018/04/09 18:56 da:- facebook:- twitter:- ホーチミン 事務所 市場調査 東南アジア 労働力 ニーズ Tweet
sankeibiz.jp  【フロントランナー 地域金融】愛知銀行中村支店の河合一儀支店長(3)  ↑0 ↓0
ジェトロの市場調査サービスを使ってアジアのランドセル市場を調査したところ、ベトナムでは中国製の安価なランドセルが販売されていること、高品質な日本製への潜在ニーズがあることが分かった。そこでジェトロの専門家派遣事業を活用し、専門家とともに現地を訪問。現地販売代理店との商談を経て、ベトナムへの ...
nna.jp  消費者信頼感、越は世界7位=ニールセン  ↑0 ↓0
市場調査会社ニールセンがこのほど発表した、2017年第4四半期(10~12月)の世界の消費者信頼感調査結果によると、ベトナムは115ポイントで世界で7番目に楽観的とランク付けされた。前期は116ポイントで5位だった。3月29日付トイバオキンテー電子版などが報じた。 ニールセン… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/04/02 00:09 da:- facebook:0 twitter:0 ニールセン 消費者 信頼感 市場調査 このほど 四半期 Tweet
nna.jp  ベトナムは最も熱い新興市場=ニールセン  ↑0 ↓0
市場調査会社ニールセンは、このほど発表した報告書で、世界で最も熱い新興市場の一つとしてベトナムを挙げた。今後、成長の予兆が見られる新興市場では、アルゼンチンとガーナ、コートジボワールを挙げている。 日用消費財(FMCG)の調査を手掛けるニールセンは、各国のスナ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
nna.jp  日用品消費の伸び、18年は6~7%の見通し  ↑0 ↓0
市場調査会社カンター・ワールドパネル・ベトナムは9日、2018年に日用消費財(FMCG)の消費が前年比で6~7%伸びるとの見通しを明らかにした。 同社によると、4大都市(ハノイ、ホーチミン市、中部ダナン市、南部カントー市)における17年のFMCGの成長率は金額ベースで… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 商業・ ...
2018/02/12 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 見通し 日用品 市場調査 カンター ワールド パネル Tweet
nna.jp  過去10年の富の成長率、ベトナムは世界1位  ↑0 ↓0
南アフリカに拠点を置く市場調査会社ニュー・ワールド・ウェルスがこのほど発表した2007~17年における世界各国の富の成長率に関する報告書で、ベトナムの成長率は210%で世界1位となった。 同社は、ベトナムを「新興製造ハブ」とし、保健医療、製造、金融がけん引し、富が向こう… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/02/07 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 アフリカ 市場調査 ニュー ワールド ウェルス このほど Tweet
nna.jp  テト消費、15%増の見通し 「安全・安心」がキーワードに  ↑0 ↓0
ベトナムで最も重要な年中行事であるテト(旧正月)を3週間後に控え、小売り各社がテト商戦を繰り広げている。市場調査会社の関係者は、2018年のテト期における日用消費財(FMCG、贈答品を含む)の売上高は前年同期比で最大15%増加するとの見通しを示している。近年、食の安… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2018/01/26 00:06 da:- facebook:0 twitter:0 見通し キーワード 年中行事 旧正月 小売り 市場調査 Tweet
nna.jp  若年層、毎月の外食費は89万ドン  ↑0 ↓0
市場調査会社ディシジョン・ラボの調査結果で、ベトナムの若年層は毎月平均で89万ドン(39米ドル、約4,400円)を外食に費やしており、可処分所得のかなりの部分を占めることが分かった。食事をするスタイルは、上の世代と異なる傾向がある。6日付サイゴン・タイムズが伝えた。 デ… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
nna.jp  FMCG市場、7~9月期は6.4%拡大  ↑0 ↓0
市場調査会社ニールセン・ベトナムは5日、2017年第3四半期(7~9月)の日用品(FMCG)市場の成長率(金額ベース)が前年同期比6.4%だったと発表した。飲料の伸び率が特に大きかった。 都市部の伸び率は4.7%、地方・農村部が7.6%だった。分野別では、ビールを含む飲料が… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
2017/12/07 00:11 da:- facebook:0 twitter:0 伸び率 市場調査 ニールセン 四半期 日用品 ベース Tweet
newsclip.be  女性は「見た目」 ベトナム男性の44%  ↑0 ↓0
... 【東南アジア】英市場調査会社YouGovが20カ国・地域で実施した、ロマンティックなパートナーとして異性に求める要素に関するインターネット調査で、発展途上国では先進国に比べ「容姿」が重視される傾向が明らかになった。 タイの女性が男性に求める要素は「好ましい性格」33%、「ユーモアのセンス」15%、「 ...
nna.jp  韓国ライノス証券、HCM市に事務所設立  ↑0 ↓0
韓国のライノス資産運用がこのほど、ホーチミン市に市場調査を目的とした事務所を設立した。7日付ザ・ベルが伝えた。 同事務所は、投資対象となる現地企業を ...
2017/11/13 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 事務所 このほど ホーチミン 市場調査 Tweet
HOTNAM!  ハノイ・ホーチミン市民「1日1時間」渋滞でロス  ↑0 ↓0
市場調査会社Audience ProjectとUber Vietnamの調査によると、1日に市民が渋滞を抜けるのにかかる時間は平均してハノイで58分、ホーチミン市で51分。
2017/11/06 16:38 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ ホーチミン 市場調査 Audience Project Tweet
u-presscenter.jp  追手門学院大学の学生がベトナムで「食」の市場調査 -- 10月14日に企業に施策提案  ↑0 ↓0
追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)は8月20日~9月3日まで、ベトナムで実践型インターンシップを実施。1年生から3年生までの20人が参加し、 ...
2017/10/12 06:00 da:- facebook:0 twitter:0 追手門学院 市場調査 インターン シップ Tweet
nna.jp  自動車市場、南北で違い=インテージ  ↑0 ↓0
市場調査会社インテージベトナムの根岸正実ディレクターは18日、ハノイで開かれたベトナム日本商工会(JBAV)金融保険部会の定例会で、ベトナムの自動車 ...
2017/09/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- 自動車 市場調査 ディレクター ハノイ Tweet
nna.jp  健康や栄養への消費者の意識が強まる傾向に  ↑0 ↓0
市場調査会社カンター・ワールドパネルがこのほど発表した報告書で、健康的な食品に対するベトナム人消費者の意識が高まっていることが分かった。一方で、 ...
2017/08/15 00:13 da:- facebook:0 twitter:0 消費者 報告書 このほど ワールド 市場調査 カンター Tweet
nna.jp  カンター、16年のブランドランキング発表  ↑0 ↓0
市場調査会社カンター・ワールドパネルは24日、2016年の世界の日用品ブランドランキングを発表した。ベトナムでは、主要4都市(ハノイ、ホーチミン市、中部 ...
jetro.go.jp  ベトナムにおける市場調査/進出コンサルティング(日本限定)  ↑0 ↓0
ベトナム進出支援としてのコンサルティング、市場調査をいたします。 *サービス概要 (あなたの業務を支援します : 日本)
2017/05/18 00:28 da:- facebook:0 twitter:0 コンサルティング 市場調査 あなた サービス Tweet
アパレル・リソース  繊維産業、インドとの協力強化を目指す  ↑0 ↓0
6月30日から7月2日にかけてホーチミン市で開催されるテキスタイル・インディア2017の説明会が5月11日にハノイで行われた。 ハノイ投資貿易観光促進センターのNguyen Gia Phuongセンター長は、この展示会はベトナムの繊維企業が繊維産業の可能性や高付加価値製品のバリューチェーンでの要求事項を学び、ベトナム製品の市場を拡大する良い機会となるだろうと述べた。 また、展示会ではベトナムの繊維・縫製企業のインド小売市場への参入を簡素化すべく、市場リンクの構築も促進するという。 Phuongセンター長によると、インド政府は市場調査、インド国内で開催される国際的繊維縫製フェアへの参加、インド企業とのパートナーシップ構築などを通じてベトナム企業の支援を行うことを約束しているという。 11日の説明会ではベトナム企業に対しベトナム・インド間の繊維・アパレル部門での協力関係、両国企業のビジネスチャンスなどが説明され、さらにインド企業に対してはハノイでの投資機会についての情報が提供された。 ベトナムとインドにとって、現在は特に投資と繊維・アパレル原材料の輸出を通じて繊維産業での協力関係を深化するチャンスとなっている。 インドのベトナムへの繊維原材料の輸出高は近年、平均年率20%もの成長を遂げている。 ベトナムとインドの繊維・アパレル企業にとって、双方の利益のため、今こそが投資、原材料輸出や技術支援で関係を深める良い機会であると業界専門家は述べる。 関税総局の統計によると、2016年のベトナムからインドへの輸出は前年比8.7%増の26億8000万米ドルであった。そのうち、繊維輸出額は3370万米ドルで、前年比8.2%の増加であった。 ハノイ市からインドへの輸出額は1億9200万米ドルで、市の輸出総額に占める割合は1.8%であった。 もっと見る
2017/05/15 17:23 da:- facebook:0 twitter:0 インド ハノイ 米ドル 原材料 センター アパレル Tweet
dreamnews.jp  ベトナムの通信インフラ市場調査レポートが発刊  ↑0 ↓0
テックサイリサーチ(TechSci Research)はベトナムの通信インフラ市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「ベトナムの通信インフラ市場 2012年-2022年 ...
2017/05/01 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 インフラ レポート Research 市場調査 Tweet
アパレル・リソース  繊維・縫製品輸出は10%増の見込  ↑0 ↓0
ベトナム繊維公団(Vinatex)によると、世界市場で不利な変動がなければ、ベトナム繊維・縫製品の今年の輸出は10%増となる可能性があるという。 VinatexのPham Minh Huong常務によると、繊維・縫製産業の昨年の輸出高は285億米ドルで、前年比5.2%増であったという。 ベトナムは中流顧客層向けの商品生産に強みを持つ。世界市場で近年長らく続いている財政難から、中間層の注文も落ち込み、輸入業者は安価な商品の輸入へとシフトした。 これが、昨年産業の伸び率が落ち込んだ理由であるとHuong氏は述べた。 「しかしながら、今年1月にはオーダー数が大幅に増加しており、業界にとって良い兆候だと言えます。」 幅広い商品、高めの品質、そして似た発展レベルの国々よりもスキルの高い労働力など、ベトナムの繊維・縫製産業は幾つかの強みを持っている。 加えて、安定した生産力、確実な品質、輸送時間、サービス、安定した政治状況などから、ベトナムは繊維・輸出製品の主要仕向地と見なされているとHuong氏は述べた。 ホーチミン市織物・刺繍・繊維協会(AGTEK)のPham Xuan Hong会長がViet Nam News紙に語ったところによると、第二四半期までは多くの企業から注文があったという。 企業は大型注文を履行するための横のつながりを持っている、とサイゴン3縫製株式会社の社長でもあるHong氏は述べた。 日本を最大の輸出先国として持つサイゴン3縫製は、今年10%の伸び率となる見込みであるという。 Hong、Huong両氏は、設計能力が低く輸入原料に頼る、外国バイヤー向けの下請け業を企業が主に行う為、今までは産業の付加価値が低かったと考えている。 生地の国内供給は多くなく、国内需要に見合う為に国内外の企業が生地生産にさらなる投資を行ったとHuong氏は述べた。 最近開かれた繊維・アパレル会議では、製品に付加価値をつけるべく、企業が生産方法をFOBやODM(相手先ブランド名製造)にスイッチするようにと、多くの参加者が主張した。 「商品の付加価値を高めるため、より高い生産方法に移行するのは避けることのできないトレンドです。」とベトナム繊維協会副会長Nguyen Dinh Truong氏は述べた。 企業は、原料の市場調査や提携企業からのオンデマンド生産などにフォーカスし、より高い生産方法に対する徹底的な準備を行なうべきだと言う。 熾烈な競争の中、繊維・アパレル産業業界は今年の輸出額目標に到達しないのではとの恐れを抱いていると何人かのセミナー出席者は語った。 加えて、労働コストの増加がビジネスの競争力に影響を与えているとGarmex Saigon株式会社会長 Le Quang Hung氏は言う。 Huong氏によると、企業は競争力を保つために、自動化機能で生産性を高め、エネルギー消費を抑え、環境を守ることのできる、最新技術により多くの投資を行う必要があるという。 加えて、一定の商品に強みを持つ国に対し競争できる、類似商品を開発すべきだと彼女は述べた。 サプライヤー選定時、大手バイヤーは価格や品質の他にも、商品の環境要件に注意を払うという。   もっと見る
2017/04/17 10:27 da:15 facebook:0 twitter:0 付加価値 競争力 サイゴン バイヤー 伸び率 アパレル Tweet
アパレル・リソース  消費者は海外オンラインショッピングサイトを使う傾向  ↑0 ↓0
ベトナム人消費者は世界的大手サイト、アマゾンやeBayの方が商品が多様で、返品・交換の条件もより整っていると考えている。 最近発表された報告書によると、ベトナム人は国際的なショッピングサイトの方が製品やサービスの質が高いと考えており、国内よりも海外のオンラインショッピングサイトでより多額の消費をしているという。 ベトナム電子商取引協会(VECOM)が発表したこの報告書によると、アマゾンやeBayといった世界的なショッピングサイトがベトナム人消費者の買い物の利便性を高めているという。 「一方、ベトナムのオンラインビジネスの多く、特に中小企業は消費者に対応するための市場調査に多くを投資することができていない」と報告書は述べる。 国内のオンラインショッピングサイトは商品の多様性、品質、返品ポリシー、手数料などの面で劣っていると報告書は強調している。 VnExpressの読者Quoc Hungさんは、「eBayもアマゾンも利用しています。商品が気に入らなければ返品することができます」とコメントしている。 また、ベトナムのショッピングサイトの多くが送料無料や返品無料といったサービスを行っていないと指摘する読者もいる。 中国の大手小売サイトアリババもベトナム人消費者の心を掴みつつある。アリババのベトナム国内代理店であるインターネット企業OSBは、同社のベトナムでの顧客数はここ3年間で急速に拡大し、50万人に到達したと発表している。 ベトナム電子商取引・情報技術局によると、ベトナム人のオンラインショッピング利用は急速に拡大し、2020年までに人口の30%もの人々がインターネット上で商品やサービスを購入しているだろうと予測する。 商工省に属する電子商取引・情報技術局は、オンライン小売業での売り上げは2020年には国内の小売市場の5%を占めるようになると予測している。この比率は2015年には2.8%であった。 ベトナムの電子商取引市場は世界で最も急速な拡大を見せており、政府の統計によると2015年は前年比37%の成長、40億米ドル近い売り上げを記録している。 業界専門家の推計によると、ベトナム市場の成長の速さは日本の2.5倍という。   もっと見る
2017/02/28 13:51 da:19 facebook:0 twitter:0 サイト ショッピング オンライン 消費者 報告書 商取引 Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、都市部女性8割が化粧品購入 社会進出進み購買力向上  ↑0 ↓0
ベトナムは、主要都市に在住する女性の8割が昨年1年間に化粧品を少なくとも1つ以上購入した-。こんな調査結果を米市場調査会社カンター・ワールドパネルの ...
2017/02/23 05:07 da:71 facebook:0 twitter:0 化粧品 ワールド パネル 市場調査 購買力 カンター Tweet
出島  オリオンビールがベトナムに輸出スタート、“日本直輸入”の高級戦略で  ↑0 ↓0
すでに2015年からベトナム進出に関する市場調査を開始していたオリオンビールは、同国の貿易事業を営むシンバトレーディング社を介して、2016年12月に ...
2017/02/10 11:48 da:20 facebook:0 twitter:0 オリオン ビール 市場調査 スタート 直輸入 Tweet
j.sankeibiz.jp  JTBがベトナム学園都市にカフェ…日系企業に市場調査などの活用提案  ↑0 ↓0
成長著しいベトナム・ホーチミン市郊外にナショナルユニバーシティタウンという学園都市がある。11の国立大学が集まり、約6万人の学生が学ぶこの町に旅行会社 ...
nna.jp  【年始特集】30代の高所得層が増加傾向  ↑0 ↓0
日系企業にとって、消費市場としての魅力が高まりつつあるベトナム。ホーチミン市を中心とした都市部で、消費者の動向はどのように変化していくのか。市場調査 ...
2017/01/06 00:09 da:52 facebook:0 twitter:0 市場調査 消費者 ホーチミン Tweet
アパレル・リソース  eコマース市場の見通しは依然として厳しいまま  ↑0 ↓0
オンラインショッピングがベトナムにおいて牽引力を増している一方、オンライン上の決済でクレジットカードを使用することをためらう層の存在により、オンラインショッピングの販売チャンネルとしての存続の可能性に対し疑問視を持つ小売業者や卸売業者が増えてきている。 商工省の公式統計によると、2015年のオンラインショッピングの合計は、インターネットアクセスの拡大とスマートフォン利用の増加に伴い、1年間で22.5%増となる49億米ドルであった。 この増加のほとんどは、Vathia、Sendo、Tiki、Hotelなどのベトナムのオンラインウェブサイトや、国際的なe-マーケットプレイスであるLazadaやZaloraによるものである。 ベトナム電子取引IT庁の他のレポートにおいても、オンラインショッピングの利用者数と売上高は2020年までに大幅に増加するとの明るい見通しである。 しかしながらこの展望とは裏腹に、多くの販売店やメーカーではeコマースに対する適性や物流、競合性において大きな課題に直面している。 とりわけ、オンライン購入時にクレジットカードを利用することへの恐怖心から、ベトナムにおけるeコマース取引の90%以上が代金引換払いを選択しており、それが販売店にとって大きな悩みの種となっている。 また消費者知識とコンシューマーインサイトのグローバルリーダーであるKantar Worldpanelによると、世界的には売れ行きの3.9%を占める、本来であれば売れ筋であるはずの日用品(FMCG)部門が、ベトナムにおいては0.2%しかないという事実も見過ごされているという。 簡単に言えば、ベトナムの消費者は日用品をオンラインでは買わず、実店舗や地元の市場で現金購入する傾向にあるのである。 さらに、Vinmart+やサークルK、ファミリーマートなど、日用品の主要事業者が全国に実店舗を拡大しているこの状況下では、日用品部門においてeコマースが伸びる余地が残されていないと多くの専門家は考えている。 ベトナム電子取引庁の予測する展望においてはまた、世界中の発展国の主要市場では依然として実店舗が小売の基礎となっているという事実を無視している。 アメリカの市場調査会社であるeMarketerによると、インターネット時代と呼ばれる今日においても、世界中の小売販売の90%が依然として実店舗で執り行われるという。経営コンサルタントA.T.Karneyはさらに、この数字が95%近くであるとみている。 ベトナム電子取引IT庁の事務所庁Nguyen Thi Hanh氏は最近、ベトナムにおけるビジネスの42%がウェブサイトすら持っていないという調査結果を発表している。 ベトナムのビジネスの19%がウェブサイトを通じて商品やサービスを売り込んでいる一方。70%のウェブサイトはスマートフォン利用者が満足にコンテンツも見られないほどお粗末なデザインのままなのである。 もっと見る
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   販売チャネルの多様化 もし国内企業が事業発展に向けた新たな方策を積極的に模索していかなければ、小売業になだれ込む巨大な投資フローに直面することにより、自国市場で打ち負かされることは確実であると言える。 実際、国内小売業者はなおも多くの面で外資系ライバルに劣っている。多少の改善は見られるものの、国内小売業者はストアチェーン管理技法から商品ディスプレイまでプロ意識を欠いており、価格競争力、商品の多様性や品質管理においても期待値を下回っている。こうした過酷な環境下で生き残るためには、国内小売業者はまず新しい方法を模索することによって市場における自社の地位を確立する必要がある。同時に彼らは電子商取引やマルチチャネル販売にもっと注力し、商品や受注管理のテクノロジーやオンライン・ソリューションを活用すべきである。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、オンラインとオフライン問わず、マルチチャネルの開発は成長に避けられないものとなるだろうと述べた。 eコマースはベトナムで目新しいものではなく、ほぼすべての販売業においてオンライン販売チャネルは長年運営されてきた。しかし状況はさほど単純ではなく、eコマースに対する消費者の信頼感は、知らぬ間に自分の銀行口座に損失を被ったなど最近何件か報告された事件によって損なわれており、決して強いものではない。 このことは、オンライン小売やeコマースがベトナムで本格的に成長するに至っていない理由の一つである。ベトナムには顧客がインターネットで製品を注文し、製品が自宅に配送された際に現金で支払う「代引き」の制度がない。もしこの状況が続けば、ベトナムにオンライン小売市場が十分に発展することはないだろう、とLoan会長は述べた。 ベトナム小売部門における競争はかつてないほど熾烈で、外資系小売業者が市場シェアを獲得するためにベトナム市場に殺到している。こうしたプレッシャーは国内小売業者に自社のビジネスモデルを再考し、外資系競合他社と差別化を図るためにその能力を強化するよう促す。 国内企業は市場調査を行い、自社の戦略を策定、生産者との連携を強化し、様々なタイプの顧客に対応するため、オンラインや実店舗など販売チャネル多様化を図っていく必要がある。 もっと見る
2016/10/20 12:07 da:22 facebook:0 twitter:0 オンライン チャネル eコマース マルチ 多様化 本格的 Tweet
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(前)  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場では最近M&Aブームだけでなく、日本、タイ、韓国など外国資本による市場支配が起きている。 こうした外資系企業の発展により国内小売業者が市場シェアを失い、徐々に乗っ取られたあげく、最終的には市場から一掃されてしまうのではないかという懸念が持ち上がっている。しかし別の側面から見ると、外国企業がもたらすこうしたショックは、国内の小売業者を覚醒させ、変化を促し、国際的なルールを採用、遵守させることに寄与する。   熾烈な競争 ベトナムは現在、アジアや世界で最もダイナミックで魅力的な小売市場であると見られている。ベトナムでは現在その市場を国際的なルールに基づき開放しており、国内の小売業者は増加している外資系競合他社との強い競争圧力に直面している。 ドイツ市場調査会社GfK社による最新のレポートによると、ベトナムの2015年小売売上高は1000億米ドル以上にも達しており、2016年はさらにそれを上回ることが予想されるという。専門家らはまた、9000万の人口を擁するベトナムの小売市場は国内外の小売業者にとって非常に魅力的なものであると指摘した。 そのような可能性を秘めたベトナムは、多くの外資系小売業者にとって進出を目論む本命市場となっている。Aeon(日本)、Lotte Mart(韓国)とCentral Group(タイ)といった巨大な小売業者の進出がベトナムの小売市場を席巻している。 国内小売業者は外資系競合他社に屈服するだろうと考える者がいるかもしれないが、多くの主要国内小売業者はそのまま何もせずに負けることや、外資系競合他社の後塵を拝することを潔しとせず、逆に国内企業の多くは人材や資本を集中して巨大資本を持つ外資系企業に正々堂々と戦いを挑むため、新しいゲームに備えている。 押し寄せるM&Aの波によって、もはやベトナム小売市場は国内企業による独占市場でないことは間違いなく、巨大な外資系小売企業、特に多国籍企業の目には肥沃な市場と映っている。そのことは同時に、ベトナム企業に多くの課題を突きつけ、コインの表裏のようにM&Aにはメリットとデメリットの両面をもたらす。ベトナム企業が自社のブランドを失い、外資系企業に席巻されて小売市場の収益が国外に流出するような事態となった際に、国内企業が積極的な対応をするようになればプラスの効果を得られるかもしれない。このように政府、関連団体や企業が積極的に対処を試みる場合は、M&Aは成長に必要な多くのエネルギーをもたらすこととなるが、対処を誤れば国内小売業者は商機を逃し、市場を失うことになる。 小売チェーンSaigon Co.op Martの Vo Hoang Anhチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)は、最近のM&Aはより速いスピードで進められており、国内小売業者に対して大きなプレッシャーが課されていると述べた。彼は、Saigon Co.op Mart社では既に、長年の外資系企業との競争やM&Aの大波に対する免疫はあるものの、戦略を綿密に練り直して、より積極的かつ真剣なアプローチで市場に適応していかねばならないと続けた。同社では小売店のネットワークを拡充し、顧客、生産者やサービスプロバイダとより緊密な関係を構築してきた。Anh CMOは、M&Aによりますます強大な競合相手が生み出されていくため、ベトナム企業は自社の戦略を再構築、大胆な施策を取るだけでなく、外国企業からも学んでいく必要があると強調した。   (後編へつづく) もっと見る
2016/10/20 06:06 da:22 facebook:0 twitter:0 積極的 ルール 国際的 チェーン チーフ エネルギー Tweet
paymentnavi.com  ベトナム・ホーチミン市に駐在員事務所を開設(トッパンフォームズ)  ↑0 ↓0
トッパンフォームズは、ASEANエリアの新たな活動拠点としてベトナム・ホーチミン市に駐在員事務所を開設し、現地での活動を開始した。市場調査や現地 ...
2016/09/05 22:52 da:44 facebook:- twitter:- 事務所 ホーチミン 市場調査 エリア Tweet
アパレル・リソース  TPPがインドとの貿易に拍車をかける  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の恩恵を受けるため、近い将来多くのインド資本がベトナムに投下されることが期待されている。 7月中旬インド革輸出協議会(CLE)に属する41の企業が、市場調査及びパートナー企業開拓のためにホーチミン市を訪れた。 Smita Pantインド総領事によると、昨年は20ものインドの代表団がエネルギー、農業、サポート産業、履物、衣料品といった幅広い分野で投資機会を探るため、ベトナムを訪問した。 「今年の始めに署名され、2018年にも発効することが期待されているTPPによって、ますます多くのインド企業がベトナムを魅力的な投資先として捉えています。」とPant総領事は述べた。 CLEのM. Rafeeque Ahmed会長は、インドは年間22億足以上を生産する世界第2位の履物生産国であるが、ベトナムも世界第4位であると指摘した。 「そのためベトナムとインドの企業は、国際市場において、高級品や請負作業よりも高い付加価値を得ることのできる自社ブランドによる競争力を高めるため、互いに協力し合うべきです。」 彼はまた、今年は65億米ドル、2020年までに120億米ドル規模にも達すると予想されるインドの巨大市場に対応するため、インド国内の製造設備に投資するようベトナムの履物企業に呼びかけた。 インドの投資家がベトナムに殺到しているため、インド銀行は1500万米ドルの資本を投じ、ベトナムで初の支店を開設した。この動きにより、両国間の貿易活動の増加や投資家のベトナム市場への参入促進が期待されている。 この銀行は2003年にホーチミン市に駐在員事務所を開設したが、ベトナムで営業活動を開始する初のインドの銀行として、2015年に外国銀行のライセンスを取得した。 「このホーチミン支店の開設により、ベトナムとインドの輸出入業者のニーズに応えることができます。また両国指導者によって設定された、2020年までに両国間貿易を150億米ドルまで増加させるという目標を達成する上でも、極めて重要な役割を果たすことになります。」とインド銀行のShri Melwyn Rego頭取は述べた。 インド銀行のホーチミン支店は当面、ベトナムに投資するインド企業をサポートする。例えばインドのTata Power社が、メコンデルタのソクチャン省に2つの石炭火力発電所を建設するプロジェクトを加速させる予定としている。 「もしこの21億米ドル規模のプロジェクトが実現すれば、インドはベトナムにとって最大の投資国の一つとなるでしょう。」とPant総領事は述べた。 インドはベトナムにとって10大貿易相手国の中の一つであり、一方でベトナムはインドの貿易相手国として24番目にランクされている。この二国間貿易は、過去数年間順調に成長を遂げてきた。インド政府のデータによると、両国間の貿易額は2014年から2015年の会計年度で90億米ドルを超え、2015年に70億米ドルという目標を前倒しで達成した。インド企業はベトナムに対し、100以上のプロジェクトで11億米ドル以上を投資している。 もっと見る
2016/08/13 06:03 da:22 facebook:0 twitter:0 インド 米ドル ホーチミン プロジェクト 総領事 両国間 Tweet
nna.jp  近畿大とエースコック、越でインターン実施  ↑0 ↓0
カップ麺の普及率が低いベトナムで、ホーチミン市オープン大学の学生と協力して市場調査を実施し、同国の即席麺市場でシェア5割以上を誇るエースコック ...
アパレル・リソース  人気高まるコンビニエンスストア  ↑0 ↓0
生活ペースのスピードアップや世帯の小型化に伴い、ベトナム人が店選びの歳に近頃では「利便性」を大いに重要視することが、市場調査会社ニールセンによる最近の調査で明らかになった。 ベトナム人顧客の10人に6人近くが、都合の良い場所にある店を選ぶと言う。一方、10人に5人近くの顧客が、優れたデザインで商品が選びやすく陳列されている店に行くという。 ニールセン・ベトナムのRoberto Butragueño氏は、小売店のオムニチャネル戦略の中でその店が果たすであろう役割を考慮する必要があるとコメントした。 ホーチミン市商工省によると、Tien Loi Gia Dinh Vietnam社所有のファミリーマートが70店舗、B’s Mart株式会社に属するB’s Martが98店舗、Cua Hieu & Suc Song JSCに属するショップアンドゴーが111店舗である一方、Vong Tron Do社が所有するサークルKは150店舗に達した。 アナリストらは、最近のコンビニエンスストアにおいて、多様な商品の提供とファーストフードカフェとしての用途の両方を目指した「ハイブリッド」な店へと発展する傾向である大きな変化を言及する。 サークルKは、ネットワーク拡大の速さにおいてライバルより優っているとこがわかる。あらゆる住宅街にて、わずか500メートル間隔で約2、3店舗が営業している。 例えばホーチミン市の6地区の11区では、Binh Phu通りに2店舗、Cho Lon通りに1店舗の計3店舗のサークルKがある。小売店チェーンは、アメリカのものに似せた新しい看板でその独自性を変化させた。 サークルKベトナム責任者のTony Yang氏は、店舗数の急速な増加を説明しながら、サークルKベトナムは米国サークルKとのフランチャイズ契約の下で発展したことを語った。2015年前半の構造改以後、サークルKは4Fサービス(フレッシュ、フレンドリー、ファースト、フル)に注力している。 サークルKは現在、コンビニエンスストア方式の消費者用品を販売するだけの店から、ファーストフード(顧客の注文に応じその場で加工する)、プライベートブランド飲料、座席やWi-Fiなどの付加設備を含めさまざまなサービスを提供している。 一方、2010年から小売店チェーンを展開してきたVingroup株式会社は、コンビニエンスストア(Vinmart +)は毎日2店舗を開店していると伝えられる。5月までに650店舗が開店され、Vinmart +はベトナム最大のコンビニエンスストアチェーンとなった。   もっと見る
nna.jp  ネットで買い物、フェイスブック経由が半数  ↑0 ↓0
ハノイとホーチミン市に住む18~39歳の男女のうち、電子商取引(EC)の利用経験者は67%に上り、うち半数近くの47%が交流サイト(SNS)「フェイスブック」で商品を購入したことがあると分かった。市場調査サービスのAsia Plus(アジアプラス、東京都世田谷区)が今月、実施した調査で明らかになった。ラザダ、ホットディール、ティキなどECサイトもある中で、ベトナムにおけるフェイスブックの人気を裏付けた。またEC利用経験者のうち、34%は月1回程度の割合で利用していた。またEC利用の際にスマートフォンを使う割合は48%で、モバイルショッピングの急速な拡大がみてとれる。ただ発注後にキャンセルしたことがある利用者は35%に上り、配達時の現金代引き決済が主流のベトナムEC市場におけるリスクが浮き彫りになった。ECで購入する商品としては、女性ではファッション関連が最も多く53%で、男性ではIT・携帯電話が54%で最多だった。調査結果の詳細は、同社サイト<https://qandme.net>で閲覧できる。 もっと見る
2016/07/20 00:00 da:51 facebook:3 twitter:0 フェイスブック 経験者 サイト 商取引 SNS ホーチミン Tweet
アパレル・リソース  企業はモバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき  ↑0 ↓0
ベトナムにおいてモバイルeコマース(mコマース)は今後数年間でブーム到来が予想されており、企業はこの販売チャネルの人気の高まりに乗じて収益を獲得できるよう準備する必要がある。 6月23日にハノイで開催されたベトナムモバイルデー 2016というイベントにおいて発表されたデータによると、mコマースはベトナムで着実な増加傾向にあることが示された。 Googleの統計によると、情報を検索するためにスマートフォンを使用しているベトナム人の割合は、ノートパソコンを使って検索する人の割合を超えている。2016年にモバイル端末を使用したファッション、アクセサリー、書籍、家電製品の検索についても、ノートパソコンでの検索を上回っている。 また市場調査会社Nielsenのデータによると、スマートフォンユーザーはベトナムの都市人口の70%、農村人口の40%を占めており、買い物に携帯電話を利用する割合は2015年に20%を超えた。 商工省(MoIT)傘下のベトナムベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)のデータによると、MoITが主催する毎年恒例のオンラインショッピングイベントである“オンラインフライデー”の期間中、注文の約40%が携帯電話から行われた。 VECITAは、今後もモバイルショッピングの割合は増え続け、端末の価格が低下し、3Gおよび4G通信がより広く利用可能となり、支払いから物流などmコマースに必要な技術が発展するにつれ、ベトナムのeコマースの中でmコマースが大きな割合を占めるようになると予想している。 このイベントにおいて専門家は、携帯電話でアクセス可能なウェブサイトを構築したり、ユーザーが簡単に支払い可能なオプションを用意したり、モバイルマーケティングを活用するなど、この販売チャネルによってもたらされるビジネスチャンスを逃さないようにと企業にアドバイスした。 「企業は販売チャネルとして、モバイルeコマースを無視することはできません。」とNielsen社コンシューマー・インサイト部のDang Thuy Ha部長は述べた。「会社は広告に掲載している商品を正確に販売することによって顧客の信頼を獲得するだけでなく、顧客とその習性を理解する必要があります。彼らはどのような商品を求めているのか?そしてどんな媒体を通じて彼らはあなたの会社にアプローチするのか?というようなことです。」 「Nielsenのデータによると、顧客は商品の種類で検索するのではなく、ブランド名で検索する傾向にあることが分かります。食品などの一部の商品では、PCよりもモバイル端末で購入される可能性が高いようです。また顧客が本当に気にかけている2つのポイントは、割引やクーポンなどのスペシャル・オファーと、今最も売れているアイテムが何かということです。この傾向に従って企業は自社ブランドを宣伝すべきであり、自社サイトにおいて優先付けすべき情報は何かを分かっておく必要があります。」と彼女は言った。 VECITAのeコマース管理部のNguyen Huu Tuan部長は、この分野における規制を遵守することにより、各企業は顧客に対してより多くの信頼を獲得できることにつながるだろうと述べた。 「モバイル端末を使用したeコマースに関する通達Circular 59/2015/TT-BCTでは、現状企業が自社の商品やサービスを登録することを求めています。企業が製品やサービスを登録する際に、もし企業が顧客との間に揉め事を抱えている場合、我々が顧客の権利を守るための基準となります。」と彼は述べた。 彼はmコマースの発展を支援するため、VECITAでは2016~2020年のeコマース成長計画を策定したと続けた。この計画に基づき、各地域で企業の具体的な支援プログラムを準備することとしている。「eコマースに関するトレーニングや情報提供セッションの実施や、企業が自社ウェブサイトを構築するためのサポートが予定されています。」と彼は述べた。 ベトナムモバイルデー 2016は、毎年開催されるモバイル技術に関する国内最大のイベントで、今年6回目の開催であったが、多くのモバイルテクノロジー企業のCEOや創業者によるプレゼンテーションが開催され、彼らの経験や投資、自社製品やサービスの開発に関するテーマだけでなく、マーケティングについても論じられた。さらに、モバイルテクノロジーに関する政府規制当局によるセミナーも実施され、今年はmコマースに焦点が当てられた。 ハノイとホーチミン市の2拠点で開催されたイベントにはモバイルテクノロジー分野で働く約5000人や、学生、投資家が参加した。第3会期は7月2日にダナンで開催される予定となっている。 もっと見る
shin-norin.co.jp  経産省、平成27年度新興国市場調査事業でベトナムを調査  ↑0 ↓0
経済産業省は、平成27年度「新興国市場開拓等事業費補助金(ミッション・見本市等出展支援事業〈ベトナムにおける我が国農業機械産業の国際展開支援事業〉)」を実施し、このほどその報告書を取りまとめ公表。調査実施社は(株)事業革新パートナーズ。この事業では企業の関心が高いベトナムの農業機械を巡る市場調査を行い、報告書ではそれを踏まえた提言・分析を行なっている。紙面ではその概要を紹介。同報告書はhttp://bipc.co.jp/case/6468.htmlより閲覧可能。
2016/06/16 11:26 da:33 facebook:- twitter:- 新興国 我が国 見本市 国際展開 ミッション 経済産業省 Tweet
アパレル・リソース  従来型小売チャネルはなおも活況  ↑0 ↓0
ベトナムは現代的な流通チャネルの拡大を強く志向しているものの、流通システムにおいては従来型小売チャネルがなおも重要な役割を果たしている。 ベトナムでは特に大都市において、ショッピングセンターがどんどん建設され、一部のアナリストはこうした現代的な小売業(コンビニエンスストア、スーパーマーケットやショッピングモール)が伝統的な市場を「駆逐するだろう」とコメントした。 しかし市場調査会社のNielsen Vietnamによる最新の市場レポートによると、従来型取引チャネルは、現代的なチャネルよりも5.4%も高い成長率を示したことが明らかになった。 ホーチミン市Phu Nhuan区の主婦であるMy Haさんは、日常生活に必要な品を買うために毎週末スーパーマーケットに行くが、子供のための粉ミルクやおむつはそこでは買わず、食料雑貨店や商店で購入するという。 「まったく同じ商品であるにもかかわらずスーパーマーケットで買うと、例えば粉ミルク缶は食料雑貨店と比べて4~5万ベトナムドンも高いのです。」と彼女は説明した。「おむつも10〜15%も高く、スーパーマーケットがセールを実施していても、そこでの価格は3~7%も高い値段が付いています。」 スーパーマーケットと食料雑貨店が提供するサービスの質の差について尋ねられた際、Haさんはちょうど電話で注文しようとしていたのだが、食料雑貨店は従業員が彼女の望む時間に家まで商品を届けてくれる、と言った。 このサービスにより彼女は、わざわざスーパーマーケットに出向き、駐車するのに時間を浪費する必要がなくなる、ということを意味する。 Phu Nhuan区にある食料雑貨店オーナーのSau Thuanさんは、近くにモダンな内装のコンビニエンスストアが出店したにもかかわらず、彼女の小さな食料雑貨店の経営は好調だと言った。 「決め手は販売価格です。」と彼女は説明した。「彼らの価格は、少なくとも10%は高いのです。」 Thuanさんは、多くの得意客を抱え、また多くのメーカーが販売代理店として商品を取り扱ってくれるよう彼女にコンタクトしてくるなど、彼女のビジネスについて満足していると述べた。 Nielsenによる報告書ではまた、従来型小売業は動きの速い消費財分野において売上の85%、100億米ドルを占めていると指摘した。 アナリストらは、伝統的な市場や食料雑貨店は、リーズナブルな価格で利便性を備えた商品を提供できるため、かつて予想されたように「駆逐される」ことはないだろう、とコメントした。 Nielsenは、従来型小売チャネルはメーカーの売上の中で最も高い割合を占めているものの、メーカーはまだそれを十分に活用しきれていない、と指摘した。 多くのメーカーでは、特に農村部において、たとえそれがコスト高であっても、流通ネットワークを再び開拓しようとしている。 My Hao CosmeticsのLuong Van Vinhディレクターは、「労働者」紙において、My Haoの収益の90%は従来型小売チャネルから得ていると述べた。 2015年に20%もの大幅な成長率に触発され、Lien Thanh社は、南部地域西部により多くの流通ネットワークを構築しようと検討している。   もっと見る
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   将来への備え 近年ベトナムの小売企業は、多くの合併・買収(M&A)が行われたのに伴い、他の小売業者の良い事例を模倣し始めた。 市場調査会社NeilsenベトナムのNguyễn Hương Quỳnh社長は、より自由化された貿易環境のもとでは、ベトナム企業はビジネスチャンスだけではなく、多くの課題にも直面していると述べた。 外国製品に打ち勝つには、国内企業は製品の品質を改善し、リーズナブルな価格を維持するだけではなく、市場における競争力を強化しなければならない、と彼女は述べた。 「最も重要なことは、外国のライバル企業との戦いに向けた準備において、ベトナム企業が主導権を取っていく必要がある、ということです。」とQuỳnh氏は続けた。 最近のタイ、日本、フランスなどの外資系小売企業の進出は、ベトナム小売部門におけるシェア争いを過酷なものにしている。 ベトナム小売部門は、9000万人の人口による強い購買力に支えられ、未開拓の大きな可能性を秘めている。 しかし地元の小売業者はまだ格下であり、いくつか企業では支援を求めている。 ホーチミン市商業組合連合は、最近内閣総理大臣に書面を送付し、外資系小売企業による国内市場支配に起因するリスクについて訴えた。 この組合ではまた、(国内企業に対して)より有利なビジネス環境をサポートするよう呼びかけている。 組合によると、近代的な小売業態での販売はベトナムにおける小売業総売上額のわずか25%しか占めていない。 さらに(ベトナム小売企業は)、32の店舗を持つBig Cや、19店舗のMetro、11店舗のLotte Mart、そして3店舗のAeonなどの外資系小売業者とのますます厳しくなる競争に直面している。 フランス第4位の小売企業であるSuper Auchanもまた、ホーチミン市にスーパーマーケットチェーンを展開しようとしている。 加えて、AeonによるFivimartとCitimartの買収、タイグループによるBig CとMetroの取得を含む一連のM&Aが起きている、と組合は指摘した。 地元小売業者は消費者の信頼を獲得し、ブランドを確立するために、生産者と協働してベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築する必要がある、と専門家らは述べた。 エコノミストのLý Trường Chiến氏は、ベトナムの小売業者はオペレーションモデルを改善し、コンビニや小規模マートの開発など、近代的な小売業運営技術やトレンドを採用するべきである、と述べた。 一方で、商工省の国内市場部門Võ Văn Quyền部長は、外資系小売業者による店舗開業は大きな問題ではない、とした。 地元の小売業者にとってそれは、自らの競争力を向上させ、競争に敗北した結果として閉鎖や倒産に追い込まれるような事態を未然に防ぐチャンスが提供されるということである、という。 消費者にとっても、外資系小売業者は高品質な商品をベトナムに持ち込み、商品棚にある商品の品質をアップグレードすることによって、メイド・イン・ベトナム商品の質の向上に貢献するのだ、とQuyền氏は述べた。 もっと見る
2016/05/24 12:08 da:19 facebook:0 twitter:0 ホーチミン フランス チェーン 競争力 消費者 ビジネス Tweet
時事ドットコム  サンヨーH、ハノイ市に駐在員事務所=東南アジア本格進出の足掛かり  ↑0 ↓0
サンヨーホームズは1日、成長市場である東南アジア市場への本格参入の足掛かりとして、ベトナムの首都ハノイ市に市場調査を目的にした駐在員事務所を開設したと発表した。(2016/04/01-18:35)
2016/04/01 19:41 da:80 facebook:0 twitter:0 足掛かり サンヨー 東南アジア 事務所 ハノイ 市場調査 Tweet
アパレル・リソース  中小企業にサポート産業参入に対するインセンティブ付与  ↑0 ↓0
商工省のNguyen Phuong Dong副局長によると、ホーチミン市は、中小企業(SME)によるサポート産業への投資に対してインセンティブを与える計画としている。 国が2020年までに先進工業国となるという国家目標に向かって邁進する中で、サポート産業が重要な役割を果たすことになるだろう、と同氏は述べた。 ベトナム製品の競争力を向上させるのに不可欠な、強固なサポート産業の確立は最優先事項と考えられる。 Dong副局長は、サポート産業は雇用を創出し、輸出を促進するだけでなく、輸入製品・サービスへの過度の依存を防ぐ効果もある、とした。 しかしベトナムにおける(サポート産業の)開発は、政府の政策が投資家にとってあまり魅力的なものでないため、まだ遅れている。 ベトナムでは、バイクや電化製品産業に対するサポート産業の開発については、既に成功を遂げている。 機械、繊維・衣料品、フットウェアなどのいくつかの主要部門においては、サポート産業の不足によってその成長が損なわれるようなことが起きている。このことにより、ベトナムの主要産業が輸入原材料や装置に過度に依存し、利益と競争力を失う原因となっている。 Dong副局長は、新たな法令の公布が当局による産業の監督・管理のための法的枠組みを形成するのに重要となる、と述べた。 この新しい法令には、IT、エレクトロニクス、自動車、繊維・衣料品、皮革履物やテクノロジーなどの主要部門に対するサポート産業を支援する役割が期待されている。 ホーチミン市においてサポート産業への投資を誘致する主な阻害要因の一つに、この分野に関する明確な方針や情報が不足していることが挙げられる。 サポート産業に携わるベトナム企業はほとんど中小規模で、多くは近代技術に投資する資金が不足しているだけでなく、人材やそれに必要な技術もない。 ベトナムには5万8000もの製造業があるのに対し、スペアパーツを生産する会社はわずか656社しかない。 商工省によると、地元のサポート産業が未発達であるということは、生産コストの増大、外国パートナー企業との大規模取引を失注するリスク、近隣ライバル国と比較してベトナム製品の競争力低下につながる。 ベトナムでは、部品やスペアパーツの調達において、主に中国からの輸入に過度に依存している。   サポート産業に関する法令 商工省は最近、サポート産業の開発に対して多くのインセンティブを与える法令のドラフトを完成させた。 商工省は、サポート産業がまだ初期的段階にとどまっているため、この分野で稼動する会社に対するインセンティブの必要性を強調している。 法令草案における主要なインセンティブとして、この分野で稼動している組織や個人に対する事業所得税の免税や、技術移転活動に対する優遇が含まれる。 行政は、サポート産業で働く技術スタッフのトレーニング費用に充てる資金の、最大50%を支援することとしており、各従業員は最大6ヶ月の期間内で、一度のみトレーニングを受けることができる。 また、マスメディアでの広告費用や、ビジネス商標登録費用の一部をサポートする予算も組んでおり、国内外での商談会への参加や市場調査費用も、部分的に補填される。 さらに、サポート産業の技術移転に携わる専門家やトレーナーの個人所得税の50%を、最大1年間免除するパイロットプログラムを、2020年まで継続する予定である。 インセンティブには他にも、サポート産業向け生産設備を構築するために輸入される物品の輸入関税免除を含む。 サポート産業プロジェクトのための貸出金利は、10年以内の満期で通常金利の最大80%を超えない優遇レートを享受することもできる。 また、ベトナム全土でサポート産業の発展のためのセンターも設立される。 商工省は、自由貿易協定が完全に発効する2018年までに、このサポート産業を支援するための政策を導入する、としている。 もっと見る
2016/02/22 08:33 da:19 facebook:0 twitter:0 サポート インセンティブ 商工省 競争力 中小企業 スペア Tweet
アパレル・リソース  女性経営者ら、ウォルマートの方針の恩恵に期待  ↑0 ↓0
ウォルマートは世界中の女性経営者の企業から240億米ドル相当の商品を調達する計画だ。 ウォルマートはまだベトナムに小売りチェーンを展開していないが、ベトナムで卸売業者を探すため事務所を開設した。 Tran Thi Van Loan氏が所有するナマズの輸出企業であるCuu Long An Giangは2004年に従来の信頼していた市場が縮小した際に大きな問題に直面した。 「救済策はもう何も無いと感じました。しかしそのままただ待つことはせず、アフリカ、南米、アジア含む馴染みの無い市場にも注文を取りに行きました」と彼女は語った。 And Cuu Long An Giang社は最終的にようやくメキシコから注文を取り付け、これが同社に国内にウォルマートチェーンを浸透させるきっかけを与えた。 Loan氏はそれから生産規模を改善するための多額の投資を行い、米国を拠点とする小売店であるウォルマートはベトナムから直接商品を調達していなかったため、以降メキシコのウォルマートにナマズ製品を調達し続けた。 Cuu Long An Giangは研修会、財政状態、サプライチェーンの保障、社会的責任に関する試験を経て2014年にはじめて米国に直接製品を販売できるようになった。 8年前にウォルマートの卸売りとなる前、Thuan Phuong Garment and Embroidery Companyは主に韓国向けの外注を請け負っていた。しかしThuan Phuongの経営者らは外注を中止し、自社ブランドの製品の輸出を行うことを決めた。 2008年にThuan Phuongの代表が中国のウォルマート事務所を訪れ交渉を行い、後にウォルマートチェーンに参加した。 Thuan Phuongは初年に20万点の商品の注文を満たしたが注文は年々増加している。今や年間300万-500万点の商品を提供しているが、増えつつある需要にこたえるためにロンアン省にさらに2か所の工場建設を計画している。 Thuan Phuongの副本部長Nguyen Hoai Anh氏はウォルマートと提携することはたやすいことではないと語る。市場調査を徹底的に行い、巨大な小売業者の要件を満たすための生産規模の設計や仕上げが十分に大きい閉ざされた生産チェーンを作る必要があった。 ウォルマートのグローバルソーシング担当のJocelyn Tran氏は女性が経営する企業、もしくは女性労働者が多数を占める企業から商品を調達することを優先すると述べた。 これを受け、ウォルマートのKara Valikai氏はウォルマートの購買客の多くは女性だと語った。 またおよそ2000社のベトナム企業がウォルマートに製品を納入することができるだろうと述べた。ウォルマートでは現在衣料品、靴製品、海産物、美術品、子供の玩具のサプライヤーを求めている。その一方で企業のほとんどが女性経営者だ。 もっと見る
2016/02/20 06:36 da:19 facebook:0 twitter:0 ウォルマート チェーン ナマズ メキシコ 事務所 仕上げ Tweet
sankeibiz.jp  日本製紙、ベトナムに拠点 大手の東南アジア進出加速  ↑0 ↓0
製紙大手が東南アジアへの進出を加速している。日本製紙は2日、ベトナムに駐在員事務所を開設したことを明らかにした。ベトナムでは、王子ホールディングス(HD)の段ボール工場も1月に稼働した。国内の紙需要が減少する中、新興国の成長の取り込みを急ぐ。内需主導の代表的産業とされる製紙でも海外進出が喫緊の課題となっている。 日本製紙はホーチミン市に駐在員事務所を開いた。当初は数人で業務を行い、現地の情報収集や市場調査にあたる。 同社は、現地企業のサイアムグループと合弁事業を展開するタイに事務所があるほか、昨年8月に東南アジアの販売統括会社をシンガポールに設立。自社拠点を構えることで、現地ニーズをより細かく吸い上げる。 昨年4月にスタートした3カ年の中期経営計画では、最終年度となる2017年度の海外売上高比率を14年度末の13%から20%に高める方針。子会社のオーストラリアンペーパーがある豪州を含め、“地の利”がある環太平洋地域に狙いを絞って事業拡大を目指していく。 もっと見る
2016/02/03 05:03 da:68 facebook:8 twitter:0 東南アジア 明らか 事務所 Tweet
blog.asilla.jp  【謹賀新年】明けましておめでとうございます。株式会社アジラの2016年の抱負(KPI)をば。  ↑0 ↓0
本年度、ついに東宝が12年ぶりのゴジラを製作します。エヴァンゲリオンシリーズでおなじみの庵野秀明監督が全長118.5メートルの最強にして最大のゴジラをどう魅せるか今から楽しみです。 弊社の名前「アジラ」はゴジラから頂戴しています。先日、飲食業界のお客様に「ピザーラと同じですね!」と言われギクッっとなりましたが、図星です。そのゴジラのなかでも最強・最大のゴジラが今年公開されるとなると弊社も黙っちゃいられません。 庵野監督のシン・ゴジラにも、ピザーラにも負けないようにズンズン前進していきたいと考えております。 前進させる事業は具体的に以下の三事業です。 分析サービス 昨年暮れに完成し、現在3サイトに導入して頂いている分析サービスです。ターゲットはベトナム国内のECや情報サイト向けですが、特にECは2014年22億USD→2015年38億USDと飛躍的に売上高が伸長している分野ですので、当該分野に一刻も早く食い込んでいきたいと思います。いまのところ競合と呼べるのはホーチミンにある一社のみで、まだ認知度も低いので今のうちにハノイを制覇したいと考えています。 ★KPI:導入100社を目標とする。 メディア・EC事業 古いものは2013年から、ほとんどは2015年中盤からですが、コスメのメディア、ECサイト、スポーツメディア、人材系のソーシャルツールなどを運営しています。すべてベトナム国内向けですが、一部、日本向けのソーシャルマーケティング、インバウンド向けの施策もあります。こちらの主な目的は市場調査(マーケティングテスト含む)とSEOやソーシャルマーケティングの国内状況を把握するためのもので、トライ&エラーを繰り返すことのできる土壌を作っています。こちらは風呂敷を広げたのでそろそろ絞りにかかりたいと考えています。 ★KPI:どれか1つか2つに絞る(集中と選択)。 IT開発 現在のところ、これが弊社の財務的な基盤事業です。他の開発企業と異なる点は、クライアントの依頼から始まるのではなく、弊社側からのIT提案から始まるという点です。おかげさまでメンバーのユーザー視点の提案力はハノイ屈指のレベルに上がっています。また、クライアントはアーリーステージの方が多く、ビジネスとは何ぞやを日々是勉強させて頂いております、当然その分シビアですが。 こちらは現状の規模を維持できれば御の字です。 ★KPI:キープさせること 以上の3つのKPIを2016年に達成したいと考えています。 投資家のみなさま、ぜひ話をさせてください。元旦に書いたおめでたい提案書を持ってお伺い致します。 さて、最後に弊社を支えてくださるクライアントの皆様、金融機関の皆さん、投資家の皆さん、町田市関係の皆さん、創業センターの皆さん、友達や家族やみなさまにお礼を述べて新年の挨拶とさせて頂きたいと思います。 いつもご指導、ご鞭撻ありがとうございます。おかげさまで弊社は小さいながらも無事に新年を迎えることができました。 今年も全力で挑戦していく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします!! 2016年1月2日 アジラ代表 木村大介 もっと見る
2016/01/02 20:54 da:18 facebook:- twitter:- ゴジラ 皆さん メディア ソーシャル クライアント サイト Tweet
アパレル・リソース  成長するアジア小売市場  ↑0 ↓0
ベトナムはアジアで最も発達した小売市場のひとつになりつつある、とハノイにおけるセミナーにて論じられた。 ベトナム小売業協会(VRA)は、「ベトナムにおけるショッピングセンターとその開発計画」をテーマとしたベトナム小売業フォーラム2015を開催した。このイベントには、政府当局、小売業の専門家、そして国内外の小売企業が参加した。 商工省(MOIT)国内市場部のDuong Duy Hung次長によると、最終消費支出はベトナムの国内総生産(GDP)の70%を占めており、またそのうちの90%が民間最終消費支出である。 そして現在の小売市場は、ベトナムの小売業部門の成長エンジンとしての役割が増加しつつある、と続けた。 ベトナムが世界貿易機関(WTO)に加盟する際には、多国籍小売企業の参入を促進するような開放政策のために、(ベトナム自国の)伝統的な、または現代的な小売店が駆逐されるのではないかと懸念された。だがベトナムの小売企業は、生き残りのために競争力を高めることによって、だんだんと(この過酷な環境に)適応してきている、とHung次長は述べた。 しかし、国内の小売業者は再び困難に直面している。外資系の巨大小売企業は、トレードセンターやスーパーマーケットに巨額の資金を投入しており、このことが国内の小売業者を悩ませている、とHung次長は述べた。 VRAのDinh Thi My Loan会長は、ベトナムのスーパーマーケットや小売チェーンはこれまで懸命に進化してきたものの、まだ価格競争力、取扱商品の種類、そして品質管理の面などにおいて、プロフェッショナルとしての要素に劣っている部分がある、と述べた。 Nielsen市場調査会社によると、月額収入が1500万ベトナムドン(714米ドル)以上あるベトナムの中流・富裕層(MAC)の規模は、現時点から2020年までの間に3倍となり、小売業者にとっての主要な顧客グループとなることが見込まれている。 不動産サービス業を営むCB Richard Ellis社 (CBRE)のレポートによると、Saigon Co.op社傘下のスーパーマーケットチェーンCo.op-martは、2015年アジア太平洋地域における小売業トップ200のうちの一つに選ばれた。 一方で、ベトナムの小売業トップ10のリストにおいては、そのトップは、Saigon Jewellery SJC社、そしてインターネットストアチェーンのNguyen Kim社、国営の携帯電話小売大手Gioi Di Dong(Mobile World)社が続いている。 また、このレポートによると、ハノイ市の小売店用地の空き地率が過去5年で最も高い水準にあり、20%にも上ったのに対し、ホーチミン市における空き地率は比較的低率に収まっており、ここのところ10%を下回ってきた。このことは、両都市における平均賃料に直接的に影響を与えている。 結果として、ハノイ市の平均賃料は低下している一方で、ホーチミン市の金額は上昇している。ハノイ市とホーチミン市の中心エリアにおける賃料は非常に高く、CBREのレポートによると、2015年第3四半期において月額1㎡当たり120米ドル以上にも上り、市内その他の地域の約3倍となっている。 このレポートではまた、ベトナム人の22%は、大きなショッピングモールよりもむしろ、コンビニエンスストアへ買い物に行くことを好む、と指摘している。 もっと見る
出島  「ベトナムは経済発展と人口増加で有望」、日本の食品・飲料メーカー  ↑0 ↓0
市場調査とマーケティングを手掛ける株式会社矢野経済研究所(東京都中野区)は、日本国内の食品・飲料メーカーを対象に実施した、2015年におけるASEAN8か国(インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジア)での事業展開に関するアンケート調査結果を発表した。
2015/12/14 04:41 da:10 facebook:0 twitter:0 Tweet
日本経済新聞  ホクレン、ベトナムに牛肉輸出 フィリピン・台湾でも市場調査  ↑0 ↓0
ホクレン農業協同組合連合会はベトナムへ牛肉を輸出する。現地の飲食店向けに、ホルスタイン種の牛肉を出荷する。来春までにフィリピンや台湾でも市場調査を始める。環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すると、関税が大きく引き下げられる牛肉は国内での価格下落が懸念されている。市場拡大が見込まれるアジアで道産牛肉の新規需要開拓を本格化する。 ベトナムへはマーケティング会社のクール北海道(札幌市)の商流を使って…
2015/12/09 11:37 da:87 facebook:1 twitter:0 ホクレン 市場調査 ホルスタイン 協同組合 飲食店 Tweet
iwate-np.co.jp  盛岡のラーメン柳家、ベトナムへ 来春にも出店  ↑0 ↓0
フォーなどに代表される麺文化やベトナム人の勤勉さなどに着目し、ホーチミンやハノイで市場調査を行って進出先を決めた。 現地法人は柳家の槻舘晋太取締役 ...
2015/11/28 11:37 da:61 facebook:- twitter:- 市場調査 ハノイ フォー ラーメン ホーチミン Tweet
tpp.asilla.jp  2015年ベトナムEC市場、40億USD(約4,800億円)超の見込み  ↑0 ↓0
アジア諸国のEC利用率は全体的に高め。 日本のEC市場規模は12.8兆円*1と言われており、それと比べると4%ほどの小さな市場ですが、人口9000万人の所得が毎年増加して富裕層・中間層が拡大していること、インターネット利用率・EC利用率が高いこと、そして社会主義国なので共働きが多く、平日は買い物に行けない点などから、将来性は十分だと考えられます。 今回の報告では、ベトナムにおけるEC分野は成長過程にあるという。2013年の総売上は、22億USD(約2,640億円)で、2015年の予想では、40億USD(約4,800億円)を超えると見込まれている。 また、この報告では、インターネットとIT技術は中小企業の成長にとって非常に重要な要因だとしている。実際に、インターネットによって多くの中小企業のコストを削減することができ、更に彼らに公平な競争市場を生み出しているのだ。 【ベトナムのEC市場、2015年に40億USD(約4,800億円)に達する見込み】 : ベトナムニュース速報 参入障壁 ただし、参入障壁は高いらしく、2013年にこちらにフューチャーされていた2つの女性向けECサイトは現在はどちらも存在しませんでした。なにが失敗の要因だったのか、詳しく検討してみる必要がありそうです。みたかったのに、このサイト・・。 The top two blooming eCommerce websites are foreva.vn and noyyo.com. They are both leaders in selling women’s lingerie online and receive many positive feedback about the quality of goods with fast delivery. Source:Women and eCommerce moving forward in Vietnamese market | Open Source solutions experts また実際に利用した方のレビューがこちらに紹介されています。利用する側も、運営する側も一筋縄ではいかないようです。 【ブログ】ベトナムのECサイト事情 | AGS もうひとつの大きな可能性「越境EC」 最近日本でよく聞くキーワードです。 越境EC(えっきょうイーシー)とは、国際的な電子商取引のことである。 ECとは"electronic commerce"(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。クロスボーダーECとも呼ばれることがある。 越境ECはECサイトと同様、インターネットを使った通信販売を指すが、 自国内向け(母国語)のサイトではなく、外国語のサイトを設け、積極的に海外の消費者に販売する形態を越境ECと呼ぶ。そのためECサイトを運営する企業側は、海外に直接出店するリスクやコストの軽減につながり、且つ商圏は広くなるため、初期投資額を抑えながら海外進出を狙える。 出典:越境EC - Wikipedia 日本のものをベトナムで売る、ベトナムのものを日本で売るクロスボーダーの取引に、ECはもはや欠かせないものになってきています。我々は、TPPでこの”越境EC”が加速するアジアの未来を想定して、いまから種をまいておくべきでしょう。 参考:越境EC市場規模は1.7兆円から4.1兆円へ。越境EC利用率が高いのは中国-経産省調査 | Future EC Lab. *1:こちらから:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC 市場規模は12.8 兆円に成長~(METI/経済産業省) : http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150529001/20150529001.html もっと見る
2015/11/03 15:35 da:16 facebook:- twitter:- サイト インターネット こちら 商取引 アジア 見込み Tweet

Thailand

gomuhouchi.com  早川ゴム、タイでインフラ事業展開  ↑0 ↓0
早川ゴムはタイでのインフラ支援をきっかけに、HERを通じてタイ国内の止水事業や建築防水事業の市場調査を行い事業展開を進め、同社100周年 ... また5月1日から6日までバンコクで開催される「ARCHITECT EXPO2018」に出展する。金属折半 ...
2018/05/09 06:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  AI市場調査サービス「MiLAI総研」が第一弾レポート[HR×AI]を販売開始  ↑0 ↓0
調査背景日本政府観光局の発表によると2017年日本を訪れたタイ人は98万人を越え(国・地域別訪日者数6位)、2011年から6年で6.9倍に順調に増加。これに伴い訪日タイ人を知り、正しく対応することがますます重要になってきています。タイ人がどこに行き何をしたいのか?タイ人の気持ちはどうすれば掴めるのか?
2018/02/01 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.livedoor.com  タイで「ジャパン・エキスポ」53万人来場  ↑0 ↓0
タイのバンコクで、日本のさまざまな文化を紹介するアジア最大級のイベント「ジャパン・エキスポ」が開かれた。 タイで開かれた「ジャパン・エキスポ」は、 ... タイ人の来場者「日本のアニメが大好きです。かわいくて、いろいろなキャラクターがいる ... 販売の)市場調査を目的に来ました。タイ人に合わせたかたちでつくっていければ」.
2018/01/29 02:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
HOTNAM!  HCM市は世界で最も外国人が訪れる都市36位  ↑0 ↓0
市場調査会社Euromonitor Internationalが発表した『世界で最も外国人観光客が訪れる都市ランキングTOP100』で、ホーチミン市が36位にランクインした。
2017/11/10 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.e-expo.net  タイ・バンコク市内に駐在員事務所を開設/焼津水産化学工業  ↑0 ↓0
... 海外展開についてASEANを重点地域として取り組んでおりますが、同地域の市場調査・情報収集活動を更に加速させるべく、タイ・バンコク市内に駐在員事務所 ...
2017/11/06 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thai.news-agency.jp  焼津水産化学工業、バンコクに駐在員事務所開設  ↑0 ↓0
現在同社は、ASEAN地区を重点地域として海外展開を推進しており、同地域の市場調査・情報収集を加速するため、バンコクに駐在員事務所を開設する。
2017/11/04 00:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  タイ人はSNS情報を信頼、カンター調査  ↑0 ↓0
英国の市場調査会社カンターTNSが実施した調査で、会員制交流サイト(SNS)を信頼しているタイ人が多いことが分かった。同社はタイ人がSNS上の情報を信じ ...
2017/10/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  日本製品の市場調査施設がチェンマイに開業  ↑0 ↓0
タイ北部チェンマイで11月26日、日本企業の製品を実践販売し、現地の反応を探る総合テストマーケティングモール「ジャパンビレッジ」がオープンする。運営会社 ...
inbound-business.jp  訪日外国人は東京スカイツリーより東京タワーを好む  ↑0 ↓0
株式会社マクロミルが運営する市場調査レポートまとめサイト「HoNote(ホノテ)」は5日、中国人・タイ人・アメリカ人を対象とした訪日旅行の調査結果を発表した。調査によると、訪日旅行で使ったお金の平均額は、中国人が395,195円、タイ人が176,041円、アメリカ人が459,935円だった。最高消費額は、20代の中国人男性の795万円であった。定番は富士山、東京スカイツリーより東京タワーが好み続いて、訪日旅行で訪れた都市・観光地上位10位を見てみよう。1位は「富士山」(42.1%)。国別でも中国人42.8%、タイ人47.5%、アメリカ人36.0%と高い人気を誇る。日本の象徴たる霊峰は、外国人をも惹きつけてやまないのだ。2位は「東京タワー」(38.5%)。8位の「東京スカイツリー」(22.5%)に大きく差をつけた。電波塔としての役割は譲っても、未だ観光名所としての存在感は健在である。日本食を食べたい訪日旅行で体験した内容について、1位は「日本食を食べる」(57.2%)、2位は「自然・景勝地観光」(51.4%)、3位は「温泉・銭湯入浴」(34.5%)となった。日本の文化・風習・自然に関する もっと見る
2016/07/08 03:00 da:16 facebook:4 twitter:0 まとめ サイト 中国人 アメリカ レポート 市場調査 Tweet

Singapore

日本経済新聞  ベトナムに駐在所開設 三浦工業、市場調査を推進  ↑0 ↓0
シンガポールのグループ会社からの駐在3人と、現地スタッフ2人の合計5人体制で運用する。三浦工業は「人口9000万人を超える大きな消費市場と国内総 ...
2018/10/17 19:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jbpress.ismedia.jp  Apple Watch、4~6月は30%増の350万台  ↑0 ↓0
シンガポールに本部を置く市場調査会社カナリスによると、米アップルのスマートウオッチ「Apple Watch」は、今年(2018年)4~6月期の出荷台数が350万台 ...
2018/07/31 06:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ユーロモニター、「コト」関連データ需要増へ  ↑0 ↓0
英市場調査会社ユーロモニターは、アジア地域でシンガポールのような経済発展を遂げた国・地域では、従来のような「モノ(製品)」だけでなくスポーツや ...
2018/07/17 00:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  市場調査カンター、アジア初のR&D拠点  ↑0 ↓0
英系市場調査会社カンターは19日、シンガポールにアジアで初となる研究開発(R&D)拠点「カンター・ブランド・グロース・ラボ」を開所した。開設に当たっては、 ...
2018/06/22 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  三浦工業、バングラに事務所 ボイラー販売へ市場調査  ↑0 ↓0
事務所はシンガポールの現地法人を通じて6月10日付で開設した。同現地法人からの駐在1人と、現地スタッフ5人の合計6人体制で運用する予定だ。三浦工業 ...
2018/06/18 20:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  プラップジャパン 「海外事業本部」を新設  ↑0 ↓0
また、2017年7月には、中国子会社に続く新たな海外市場への進出に向け、シンガポールおよびASEAN地域の市場調査・情報収集および協業企業の開拓等を目的としたシンガポール駐在員事務所を開設しています。 今回設立する「海外事業本部」には、すでに多くの海外プロジェクトを遂行している「中国・アジアパシフィック ...
2018/04/24 14:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
chunichi.co.jp  「グルテンフリー」製品好評 羽二重豆腐 海外展開強化  ↑0 ↓0
二〇一四年にシンガポールで市場調査を始め、一六年から日本貿易振興機構(ジェトロ)の支援を受けながら米国やシンガポールの展示会への出展を始めた。現地の和食高級レストランを中心に、昨年は米国の飲食店約百カ所に二トン、シンガポールでは三十カ所に四百キロを納めた。輸出にあたり、動物性原材料である卵白 ...
2018/04/20 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  オンライン旅行などの市場調査、競争当局  ↑0 ↓0
シンガポール競争消費者委員会(CCCS、旧シンガポール競争委員会=CCS)は9日、オンライン旅行などに関する2つの市場調査を実施すると発表した。 オンライン旅行事業については、航空会社やホテル運営会社などのサービス事業者とオンライン旅行予約プラットフォームの間… 関連国・地域: シンガポール/日本/欧州.
2018/04/11 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  日本ハウズイング、駐在員事務所を開設  ↑0 ↓0
マンションやオフィスビルの総合管理を手掛ける日本ハウズイング(東京都新宿区)は3月28日、シンガポール駐在員事務所を設立すると発表した。 同事務所は、5月に西部ブキバトックに設立する予定。建物管理事業の市場調査や情報収集を行う。 日本ハウズイングは2017年2月、シ… 関連国・地域: ベトナム/ ...
2018/04/02 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
forbesjapan.com  「世界一」のチャンギ国際空港、新施設の開業でさらに魅力向上へ  ↑0 ↓0
航空業界が専門の市場調査会社、英スカイトラックスが先ごろ発表した「ワールド・エアポート・アワード」で、シンガポールのチャンギ国際空港が6年連続の「世界一」に輝いた。この前例のない快挙は、シンガポールがアジア地域の各地への玄関口となるために費やしてきた時間と資金、労力を反映するものだ。 チャンギ国際空港 ...
2018/03/26 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  チャンギ空港、6年連続で世界ランク1位  ↑0 ↓0
航空分野の市場調査を手掛ける英スカイトラックスが21日発表した2018年の世界空港ランキングで、シンガポールのチャンギ空港がトップを維持した。首位の座に立つのは6年連続となる。 チャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)のリー・セオヒアン最高経営責任者(CEO)は、「6年連続で世界トップとなっ ...
2018/03/23 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
saga-s.co.jp  うれしの茶、海外でも手応え シンガポール 卸5社が報告 販路開拓へ意欲  ↑0 ↓0
嬉野市の茶生産者と卸業者でつくる海外ブランド推進委員会と日本貿易振興機構(ジェトロ)は本年度最後の会合を同市で開き、1月にシンガポールで実施した「うれしの茶」の市場調査の成果を報告した。現地の関心は高く、飲食業者など7社と販売契約に向けた協議が進んでいる。現地入りした卸業者は輸出に向けた取り組み ...
2018/03/10 08:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  シンガポール発の市場調査効率化アプリ「Happi」、11ヶ国語対応のバージョン2.0を公開——日本を含む ...  ↑0 ↓0
シンガポールを拠点とするマイクロサーベイ・スタートアップ Happi は、アジア太平洋地域向けに ... 回答者の多くは、シンガポールとマニラの大学生からだ。
2017/09/04 07:07 da:- facebook:0 twitter:0 アップ アジア 太平洋 大学生 マニラ スタート Tweet
topics.smt.docomo.ne.jp  虚偽報道、国民6割「心配」 シンガポール民間調査 政府「真剣に考慮」  ↑0 ↓0
シンガポールは、フェイクニュース(虚偽報道)への懸念が高まっている。同国の市場調査会社ブラックボックス・リサーチが今年4月中旬に行った調査によると、 ...
2017/06/15 08:05 da:- facebook:0 twitter:0 リサーチ 市場調査 ブラックボックス Tweet
sankeibiz.jp  虚偽報道、国民6割「心配」 シンガポール民間調査 政府「真剣に考慮」  ↑0 ↓0
シンガポールは、フェイクニュース(虚偽報道)への懸念が高まっている。同国の市場調査会社ブラックボックス・リサーチが今年4月中旬に行った調査によると、 ...
2017/06/15 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 リサーチ 市場調査 ブラックボックス Tweet
出島  日本通運、シンガポールで新会社を設立  ↑0 ↓0
日本通運株式会社が、12月6日にシンガポールでグローバル・ロジスティクス・イノベーションセンター(GLIC)を新設したと発表した。ユニットの設立は、市場調査と ...
2016/12/30 07:40 da:22 facebook:0 twitter:0 日本通運 ユニット 市場調査 センター グローバル 新会社 Tweet
dd.hokkaido-np.co.jp  函館スイーツ 海外普及を 函大生 来月シンガポールへ 市場調査輸出戦略学ぶ  ↑0 ↓0
函館大の学生が来年1月、道南の菓子店でつくる団体と協力し、函館スイーツの市場調査をシンガポールで行う。函館スイーツの販路拡大が狙い。同大の別の ...
2016/12/27 16:00 da:74 facebook:0 twitter:0 スイーツ 市場調査 菓子店 Tweet
news.nifty.com  日本通運、シンガポールにグローバル・ロジスティクス・イノベーションセンターを新設  ↑0 ↓0
2016年12月6日、日本通運の現地法人南アジア・オセアニア日本通運株式会社は、シンガポール共和国に非日系グローバル企業への市場調査と営業開発に特 ...
lnews.jp  日通/シンガポールに非日系グローバル企業対応の組織設立  ↑0 ↓0
日本通運は12月6日、現地法人の南アジア・オセアニア日本通運が、シンガポールに非日系グローバル企業への市場調査と営業開発に特化する「グローバル・ ...
2016/12/06 19:08 da:48 facebook:0 twitter:0 グローバル 日本通運 市場調査 オセアニア アジア Tweet
nittsu.co.jp  日通、シンガポールに非日系グローバル企業対応の組織を設立  ↑0 ↓0
当社の現地法人南アジア・オセアニア日本通運株式会社(社長:髙橋康紀)は、シンガポール共和国に非日系グローバル企業への市場調査と営業開発に特化 ...
2016/12/06 15:10 da:69 facebook:0 twitter:0 グローバル 市場調査 日本通運 アジア オセアニア Tweet
asiax.biz  リンギはさらに下落、フォーレックスタイム見通し  ↑0 ↓0
オンライン外為業者フォーレックスタイムの市場調査責任者、ジャミル・アハマド氏は、リンギ安はトランプ氏が米大統領に就任する来年1月まで続くとの見通しを ...
2016/11/30 20:59 da:42 facebook:- twitter:- 米大統領 見通し トランプ アハマド 市場調査 責任者 Tweet
asiax.biz  自動車初期品質、日本車がトップ独占=JDパワー  ↑0 ↓0
市場調査の米JDパワー・アジア・パシフィックがマレーシアの新車オーナーを対象に行った最新の自動車初期品質調査(IQS)で、4セグメント中3セグメントで日本 ...
2016/11/14 14:37 da:43 facebook:0 twitter:0 自動車 パワー セグメント オーナー アジア トップ Tweet
asiax.biz  顧客セールス満足度、三菱がトップに浮上=JDパワー  ↑0 ↓0
米市場調査大手JDパワーは、「2016年度マレーシア自動車セールス満足度(SSI)調査」の結果を発表した。2015年度調査で2位だった三菱が1位となった。
2016/10/11 18:22 da:45 facebook:0 twitter:0 パワー セールス 満足度 トップ 市場調査 Tweet
朝日新聞出版  Q'ulle 韓国/台湾/シンガポール/上海……紆余曲折の海外公演で大成長遂げる  ↑0 ↓0
現地での市場調査の結果、最も苦戦が予想されていたシンガポール公演。本ツアー唯一のフェス形式でのライブ、「もしファンが一人もいなかったら……」そして ...
2016/08/22 16:07 da:90 facebook:0 twitter:0 ファン ライブ 市場調査 紆余曲折 フェス Tweet
dd.hokkaido-np.co.jp  「売れる魚」市場調査 道漁連など来月から試験輸出  ↑0 ↓0
道漁連などは9月から、近年道内で水揚げが増えているイワシやブリ、サバを、シンガポールやタイなど東南アジアに輸出する試験に乗り出す。魚介類の輸出品目 ...
2016/08/20 06:56 da:74 facebook:0 twitter:0 魚介類 輸出品 東南アジア 水揚げ イワシ 市場調査 Tweet
chunichi.co.jp  県内伝統工芸品 東南アジア狙え  ↑0 ↓0
九谷焼や輪島塗、山中漆器といった石川が誇る伝統工芸品の販路開拓を目指し、県は来年一月にシンガポールで所得の高い富裕層をターゲットにした市場調査 ...
2016/08/17 05:03 da:79 facebook:0 twitter:0 工芸品 市場調査 ターゲット 九谷焼 東南アジア Tweet
thebridge.jp  報道機関向けニュース素材収集のSpectee、監視カメラシステム大手のCBCと手を組み、台湾 ...  ↑0 ↓0
具体的には、年内に台湾とシンガポールに法人を設立し、CBC の現地拠点を使って営業を開始。アメリカには市場調査を主な目的として今秋に法人を設立し、 ...
2016/08/15 07:30 da:60 facebook:69 twitter:0 アメリカ 市場調査 具体的 システム ニュース カメラ Tweet
asiax.biz  自動車サービス満足度、トヨタが1位に=JDパワー  ↑0 ↓0
米市場調査大手JDパワーが、マレーシアで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2016年マレーシア自動車サービス満足度(CSI) ...
2016/08/04 08:26 da:43 facebook:1 twitter:0 満足度 パワー サービス 自動車 販売店 トヨタ Tweet
asiax.biz  「トランプ大統領」誕生、マレーシアの輸出に悪影響  ↑0 ↓0
野村証券グローバル市場調査部門は、米経済の保護を最優先すると公言している米共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏が次期米大統領になれば、マレーシア経済に悪影響が出るとの分析を示した。
2016/07/28 16:30 da:43 facebook:5 twitter:0 トランプ ドナルド 大統領 共和党 市場調査 グローバル Tweet
nnn.co.jp  「お嬢サバ」海を渡る シンガポールで市場調査  ↑0 ↓0
鳥取県栽培漁業センター(湯梨浜町石脇)で陸上養殖されたマサバ「鳥取生まれの箱入り娘・お嬢サバ」の市場調査が8月、シンガポールで行われる。大阪、東京など一大消費地での調査やPRイベントで知名度を上げる中、海外の販路開拓の可能性も探る。
2016/07/16 11:03 da:67 facebook:0 twitter:0 市場調査 箱入り娘 センター 湯梨浜 Tweet
minpo.jp  県産米シンガポール輸出拡大へ 7月にも市場調査 喜多方市振興協  ↑0 ↓0
喜多方市やJA会津よつば、農家らでつくる市農業振興協議会は喜多方産の県オリジナル米「天のつぶ」のシンガポールへの輸出拡大に向け、7月にも市職員らを現地派遣し市場を調査する。市によると、県内の市町村で独自に調査するのは初めて。  協議会は県の輸出回復緊急対策事業を活用し、量販店での試食販売や日本食フェアへの出展などを計画している。市内で輸出用「天のつぶ」を約12トン栽培しており、将来的には10倍の約120トンの生産を目指す。  市によると、シンガポールは富裕層の間で高品質米への人気が高いという。
2016/05/31 09:56 da:63 facebook:0 twitter:0 喜多方 オリジナル よつば 市場調査 Tweet
pref.tochigi.lg.jp  シンガポールアンテナショップ「極品=IPPIN」出品者募集  ↑0 ↓0
県では、富裕層が多く周辺国へのショーケースの役割を担うシンガポールにおいて、(株)キュアテックスが運営するアンテナショップ「極品=IPPIN」に県産品を展示・販売するとともに、バイヤーへの継続した売り込みや市場調査を実施します。シンガポールでの販路開拓・拡大を狙う企業の皆様は、ぜひこの機会にご参加ください。
2016/05/24 15:42 da:76 facebook:0 twitter:0 アンテナショップ ショーケース Tweet
mf-p.jp  CREがシンガポールに現地法人設立。アジア展開を加速  ↑0 ↓0
(株)シーアールイー(CRE)は4月19日、シンガポールに現地法人を5月に設立すると発表した。同社では昨年7月、物流企業や荷主企業からのアジア圏における物流施設需要の高まりを受け、駐在員事務所を開設。アジア圏での事業展開を目的に、市場調査などのリサーチ活動を行ってた。今回、駐在員事務所を閉鎖して現地法人を設立し、アジア圏での事業展開をさらに加速させる。●シンガポール現地法人の概要
2016/04/21 12:45 da:36 facebook:0 twitter:0 アジア Tweet
kabutan.jp  シーアールイーがシンガポールに現地法人を設立  ↑0 ↓0
シーアールイー<3458>はこの日の取引終了後、シンガポールに現地法人を設立することを発表した。同社では、物流企業や荷主企業からのアジア圏における物流施設需要の高まりを受けて、15年7月にシンガポール共和国に駐在員事務所を開設し、市場調査などのリサーチ活動を行ってきた。今回、駐在員事務所を閉鎖し、新たに現地法人を設立することでアジア圏での事業展開をさらに加速させていく。
2016/04/19 16:07 da:42 facebook:0 twitter:0 アジア この日 Tweet
ma-times.jp  山田コンサルティンググループ、シンガポールの市場調査会社を買収  ↑0 ↓0
SPIREは2000年にシンガポールで創業し、現在はシンガポール・インドネシア・マレーシア・インド・中国・ベトナム・韓国に事務所を構えており、主に日本・アメリカ・欧州・アジアの多国籍企業を顧客とし、約80名のコンサルタントが全世界に点在する約500名の外部調査員を活用しながら、顧客の新興国地域への事業展開のための市場調査を主なサービスとしている。
strike.co.jp  山田コンサルティンググループ<4792>、シンガポールのコンサル会社を子会社化  ↑0 ↓0
経営コンサルティング、投資・ファンド事業等を行う山田コンサルティンググループ(東京都)は、シンガポール・インドネシア・マレーシア・インド・中国・ベトナム・韓国に事務所を構え、市場調査及びコンサルティングを行うSPIRE Research and Consulting Pte Ltd(シンガポール、売上高5億円、営業利益2千万円、純資産1億円、以下SPIRE)の株式80%を取得、子会社化することに関して基本合意を締結した。
news-kushiro.jp  販路拡大目指しあす海外視察/釧路水産協会  ↑0 ↓0
水産関連団体でつくる釧路水産協会は22日から4日間、シンガポールと香港、マカオの市場調査を実施する。シンガポールを訪問するのは2回目で、道産品のアンテナショップや百貨店などの担当者と意見交換し、販路拡大の道を探る。水産物の国内消費が停滞する中、同協会は海外への販路拡大を目指し、4年前から現地の市場調査を実施。これまでシンガポールを皮切りに、ベトナム、タイ、マレーシア、台湾を訪問している。今回は22〜25日の日程で、地元関係団体の代表合わせて9人が参加する。
2016/02/21 10:18 da:39 facebook:1 twitter:0 市場調査 マカオ Tweet
時事ドットコム  日本の学生が海外研修=シンガポールなど5都市で-ユニクロ  ↑0 ↓0
【シンガポール時事】カジュアル衣料品店ユニクロを展開するファーストリテイリングが、シンガポールなど世界5都市で日本の学生を対象としたインターンシップを始めた。海外出店を加速している同社は「世界的な視野を持った人材確保が急務」と、学生の活躍に期待している。 参加するのは73人。シンガポール、上海、台北、ロンドン、メルボルンの5都市に約15人ずつ派遣。およそ1週間、市場調査などの実地研修を経験してもらう。(2016/02/19-20:02)2016/02/19-20:02
sankeibiz.jp  ユニクロ展開のファストリ、海外でインターン開始 大手で初の試み (1/2ページ)  ↑0 ↓0
【シンガポール=吉村英輝】ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは18日、日本の学生73人を対象にしたインターンシップを、事業を展開する海外5カ所で開始した。多くの企業は、採用強化や社会貢献につなげようと、学生を対象にした就業体験を展開しているが、海外にまで研修場所を広げた活動は大手では初の試みという。 実施したのは、シンガポール、上海、台北、メルボルン、ロンドン、シンガポールの5都市。昨年12月の最終応募者総数約2400人から選抜された学生が、店舗研修や市場調査を23日まで行う。 シンガポールの同社オフィスでは18日、学生15人が、10年後のユニクロに向けたプレゼンテーションを実施。あるグループが「出稼ぎ労働者問題なども解決する事業モデルを」と提案すると、企業幹部は「良い切り口。他にやるべき社会貢献があるか研修で視野を広げてほしい」とアドバイスしていた。 もっと見る
sankei.com  ユニクロ展開のファストリ ロンドンなど海外でインターン開始  ↑0 ↓0
実施したのは、シンガポール、上海、台北、メルボルン、ロンドン、シンガポールの5都市。昨年12月の最終応募者総数約2400人から選抜された学生が、店舗研修や市場調査を23日まで行う。 シンガポールの同社オフィスでは18日、学生15人が、10年後のユニクロに向けたプレゼンテーションを実施。あるグループが「出稼ぎ労働者問題なども解決する事業モデルを」と提案すると、企業幹部は「良い切り口。他にやるべき社会貢献があるか研修で視野を広げてほしい」とアドバイスしていた。 同社は2008年から学生へのインターンシップを実施し、12年からは1週間程度のプログラムを組んで制度化してきた。一方、ユニクロの店舗数は昨年11月、国内(844)を海外(864)が初めて上回るなど、海外で伸びている。 研修に応募した学生は、語学力も高く海外志向があるという。旅費などをすべて負担しての海外での実施の狙いについて、同社広報担当者は「優秀なグローバル人材の育成につなげる」と話している。 もっと見る
2016/02/18 16:52 da:71 facebook:0 twitter:0 ロンドン メルボルン インターン ユニクロ Tweet
mf-p.jp  DHL、シンガポールに物流関連機器の展示施設を開設  ↑0 ↓0
DHLは2015年12月、シンガポールにアジアパシフィック・イノベーションセンター(APIC)を開設した。ドイツ国外初のイノベーションセンターで、ロジスティクスサービスに特化した施設としても太平洋地域初。設立には数百万ドルを投資し、シンガポール経済開発庁の支援を受けた。施設には、倉庫内の組み立て業務やピッキングに使用するAR(拡張現実)スマートグラスや、医薬品をはじめ緊急性の高い製品の配送に使用されるドローンを展示。また、機械間通信(M2M)センサーの活用で、車両稼働率を30%向上できるとされるメンテナンス・オン・デマンド(MoDe)車両、輸送の高速化と効率化が図れる自動運転など、ロジスティクス業務を大きく変える未来の技術が展示されている。APICでは展示のほか、アジア太平洋地域の顧客、業界パートナー、外部の専門家との連携や協働を促進するプラットフォームの役割を持っており、市場調査や未来予測も行っていく。●アジアパシフィック・イノベーションセンターの展示 もっと見る
2016/01/06 12:00 da:29 facebook:0 twitter:0 センター イノベーション ドイツ パシフィック アジア Tweet
ミャンマーニュース  シンガポール拠点のヤマトアジア ヤンゴンに支店開設  ↑0 ↓0
ヤマトホールディングスは12月17日、シンガポールに本社を置く同社の東南アジア地域統括会社、ヤマトアジアがヤンゴン支店を開設したと発表した。業務開始は来年2月を予定している。ミャンマーは2011年の民政移管を契機として、海外からの投資が活発化しており、著しい経済成長を遂げている。また、今年9月にはヤンゴン近郊にミャンマーと日本が共同開発を進めてきた大規模工業団地、ティラワ工業団地が開業した。それにより、今後、同国へは日本をはじめとして、製造業の進出が見込まれていること、さらに、先月開催された総選挙の結果により、今後、一層の経済成長が見込まれる。そのような背景から、同国はアジアの製造拠点に成長することが期待されており、物流の活発化が見込まれることから、同社はヤンゴンへの支店開設に踏み切った。国際輸送や海外引越のサービスを展開予定同社は、今後同国において市場調査を実施し、国際輸送や海外引越など、主に日系企業や日本人駐在員を対象としたサービスを展開していく予定だ。また、物流面はもちろんのこと、生活面においてもサービスを充実させ、同国の企業や人々の信頼獲得に努めていく方針だ。ヤマトホールディン もっと見る
2015/12/20 21:00 da:22 facebook:1 twitter:0 ヤンゴン ヤマト 東南アジア アジア Tweet

Philippines

nna.jp  20年後にGDP世界18位に、英社リポート  ↑0 ↓0
英市場調査会社キャピタル・エコノミクスはこのほど、世界経済の長期見通しに関する最新のリポートを発表し、フィリピン経済は2037年に世界18位の規模に ...
2018/12/11 13:29 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コンビニ店舗2割増、小売店で最も成長  ↑0 ↓0
米市場調査会社ニールセンが4日に発表したフィリピンの消費者動向に関する調査によると、2017年のコンビニエンスストアの店舗数は前年比20%増で、16年の ...
2018/07/06 12:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  比、日用品の購入量が増大 買い物回数減少と大容量化が要因 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
フィリピンは、消費者の間で食品や化粧品など日用品の購入量が拡大している。英系市場調査会社カンター・ワールドパネル・フィリピンが発表した調査報告書で ...
2018/06/22 05:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  《日系進出》電子部品加工FCMが事務所  ↑0 ↓0
電子部品加工などを手掛けるFCM(大阪市)は20日、フィリピンに駐在員事務所を設立したと発表した。半導体など電子産業が集積する同国で、事業機会を探る。 マニラ首都圏の南にあり、工業団地が集まるラグナ州カブヤオに16日付で事務所を設立した。市場調査などを目的に、現地とのコミュニケーション強化を図る。
2018/04/24 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  消費財まとめ買いの傾向、1回の購入量増加  ↑0 ↓0
フィリピンの消費者が一度に購入する日用消費財(FMCG)の量が増えている。市場調査会社カンター・ワールドパネルが実施した調査によると、2017年は前年比6.3%拡大した。小分けで買うより得との理解が進んだことや、買い物に行く回数を減らすために、大容量の商品が好まれるよ… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: ...
2018/04/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  建設業の成長率、18年は11.8%予想  ↑0 ↓0
米格付け会社フィッチ・グループ傘下の市場調査会社BMIリサーチはこのほど、フィリピンの2018年の建設産業の成長率が11.8%になるとの予測を示した。政府が進めるインフラ政策が成長を加速させるとの見方だ。地元紙マラヤが伝えた。 政府が約8兆ペソ(約16兆円)を投じる大規… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: ...
2018/04/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  マニラ空港、「最も改善した空港」の10位に  ↑0 ↓0
航空分野の市場調査を手掛ける英スカイトラックスが発表した2018年の世界空港ランキングで、フィリピン・マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)が「最も改善された空港」部門で10位に入った。 同ランキングは世界の550空港が対象。スカイトラックスは2017年8月から1… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 経済 ...
2018/03/23 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  PAL、5つ星獲得に向けアマデウスと提携  ↑0 ↓0
フィリピン航空(PAL)はこのほど、予約・発券・搭乗などの旅客サービスシステム(PSS)の刷新で、スペインのIT企業アマデウスと提携した。アマデウスが開発するシステム「アルテア」に切り替える。サービスを向上させ、航空分野の市場調査会社、英スカイトラックスの評価で、2020年までに5つ星を獲得したい意向だ。
2018/03/21 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  17年スマホ市場は7%減、国内ブランド不調  ↑0 ↓0
米市場調査会社インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)によると、フィリピンの2017年のスマートフォン出荷台数は1,540万台となり、前年の1,660万台から7%減少した。韓国サムスン電子や中国の広東欧珀移動通信(オッポ)といった世界大手が販売を伸ばした一方、… 関連国・地域 : 中国/韓国/フィリピン.
2018/03/07 16:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  〔クラクション〕PAL、新ラウンジ開設へ  ↑0 ↓0
フィリピン航空(PAL)は、今年第2四半期(4~6月)に、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に新しい「マブハイラウンジ」を開設する。航空分野の市場調査会社、英スカイトラックスの5つ星評価を獲得するための戦略の一環となる。16日付スターなどが伝えた。… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 運輸・倉庫/ ...
2018/01/17 00:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  太陽光発電の利用、比は世界5位  ↑0 ↓0
太陽光発電に関する国際会議の開催や市場調査を手掛けるソーラープラザは、フィリピンをチリ、南アフリカ、ブラジル、タイに続き、太陽光発電の利用が進んでいる国と評価した。地元紙インクワイラーが伝えた。 同社が選出した世界の太陽光発電プロジェクトのトップ50に、7件の太… 関連国・地域: フィリピン/欧州.
2018/01/04 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国民の半数が雑貨店で買い物 強い伝統的販路、カンター調査  ↑0 ↓0
フィリピン人の半分近くが、日用消費財(FMCG)をサリサリストア(小規模雑貨店)で購入していることが分かった。大型商業施設の進出が加速する中、伝統的な販路に対する強固な支持が浮き彫りになった。14日付マラヤが伝えた。 市場調査会社カンター・ワールドパネルが実施した… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 経済 ...
2017/12/15 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ryutsuu.biz  JINS/フィリピンでポップアップストア実施、さらなる事業展開も  ↑0 ↓0
ジンズは、フィリピンにおける事業展開の可能性を検討するため、Suyen Corporation(以下:Suyen 社)との間で事業展開に向けた覚書を締結した、と発表した。 同社は、フィリピンにおける事業展開に向けた市場調査の一環として、フィリピンにおいて小売店舗を多数運営しているSuyen社との間で、フィリピンにおいて同社 ...
2017/12/05 18:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  「警戒心薄いフィリピン人」 ソーシャルメディア情報、6割が信用 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
フィリピンのインターネット利用者は、オンラインでの活動に対して警戒心が薄いようだ。英市場調査会社カンターTNSが実施したネット利用調査によると、フィリピン ...
2017/11/20 05:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  民間投資見通し、政治情勢不透明で停滞か  ↑0 ↓0
英市場調査会社キャピタル・エコノミクスは、このほどまとめたフィリピン経済に関するリポートで、同国では政治情勢が不透明となっていることで、成長維持に必要 ...
2017/11/02 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  建設産業の成長率、向こう5年間で年11%  ↑0 ↓0
フィリピン建設産業の年平均成長率は、2021年までの5年間で11.2%に達する見通しだ。米格付け会社フィッチ・グループ傘下の市場調査会社BMIリサーチが、 ...
2017/05/18 16:18 da:- facebook:0 twitter:0 グループ 市場調査 リサーチ フィッチ 格付け 年平均 Tweet
newspicks.com  【フィリピン】南シナ海めぐる比中対立、日本に好機=BMI[経済]  ↑0 ↓0
【フィリピン】南シナ海めぐる比中対立、日本に好機=BMI[経済] 米格付け会社フィッチ・グループ傘下の市場調査会社BMIリサーチは10日、南シナ海の主権を ...
2017/04/12 04:22 da:55 facebook:0 twitter:0 南シナ海 リサーチ 市場調査 フィッチ 格付け グループ Tweet
47news.jp  2017年(平成29年)4月11日 [火曜日]赤口・国際有人宇宙飛行デー  ↑0 ↓0
米格付け会社フィッチ・グループ傘下の市場調査会社BMIリサーチは10日、南シナ海の主権をめぐるフィリピンと中国の対立が激化した場合、フィリピンのインフラ ...
2017/04/12 02:48 da:74 facebook:0 twitter:0 南シナ海 インフラ リサーチ 市場調査 格付け フィッチ Tweet
crowdworks.jp  フィリピン スーパーのリストアップ  ↑0 ↓0
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」なら、フィリピン スーパーのリストアップの仕事を依頼できます。質の高い市場調査・マーケットリサーチのプロ ...
japan.cnet.com  【ネクサス・アールハウジング】海外グループ会社設立に関するお知らせ  ↑0 ↓0
フィリピン マカティにて、フィリピン各エリアに出店する日本大手企業の店舗・工場設備の輸入・販売サポート、また、それら市場調査等も手掛ける日系商社。
2016/10/14 09:11 da:96 facebook:0 twitter:0 エリア サポート それら 市場調査 お知らせ アール Tweet
日本経済新聞  プレナス「やよい軒」をフィリピンに出店  ↑0 ↓0
プレナスは12日、定食店「やよい軒」をフィリピンに出店すると発表した。現地企業とエリアフランチャイズ契約を結んだ。今後3年間で10店を出店する計画。やよい軒の海外展開は6カ国目。現地企業に任せることで素早いチェーン展開を目指す。 現地の小売企業が設立した「テイショク・ダイニング・コンセプツ」(フィリピン・マンダルヨン市)とエリアフランチャイズ契約を締結した。1号店はマニラ市のショッピングモール内に今夏に開店する。 やよい軒はタイでFC展開しており、すでに140店以上ある。自社で出店すると、現地の市場調査や店舗立地の開拓に時間がかかる。このためノウハウを持つ現地企業とFC契約を結ぶことで出店ペースを速め効率的な運営体制を築く。 同日発表した2016年2月期の連結決算は純利益が前の期比14%減の36億円だった。健康志向の商品の浸透が進まなかったことから、持ち帰り弁当の既存店が不振だったことが響いた。売上高は4%減の1458億円、営業利益は3%減の64億円だった。17年2月期の純利益は前期比18%増の43億円を見込む。 もっと見る
2016/04/12 21:45 da:91 facebook:1 twitter:0 やよい フランチャイズ エリア Tweet
pref.osaka.lg.jp  大阪企業のフィリピンへの事業展開をサポートします!  ↑0 ↓0
本府では、府内企業の海外事業展開を支援しており、この一環として、人口が増加し市場が拡大している東南アジアの注目市場・フィリピンで事業をされる企業に対し、フィリピンの政府機関・企業とも連携しながら、さまざまなサポートをご提供します。(1)フィリピン・大阪ビジネスサポートデスクを設置しました!大阪府では、フィリピンでの今後の事業展開を検討されている、または、現地企業との取引等を希望されている府内企業を支援するため、民間事業者への業務委託により、今年度、新たに「フィリピン・大阪ビジネスサポートデスク」(※)を開設しました。<サポート内容>(有料)・貿易投資相談、現地市場調査・取引先候補企業のリストアップ・アポイント調整等の現地出張支援<ご利用対象企業>・関西広域連合域内(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県)に、事業所・工場等の拠点を有する事業者の方<お申し込み・お問い合わせ>添付資料の「大阪ビジネスサポートデスク利用申込書」に必要事項をご記入の上、ファクシミリまたは電子メールにて下記の宛先に送付してください。大阪府 商工労働部 成長産業振興室 立地・成長支援課 国際経済 もっと見る
2016/04/01 14:46 da:83 facebook:2 twitter:0 東南アジア サポート Tweet
日本経済新聞  ホクレン、ベトナムに牛肉輸出 フィリピン・台湾でも市場調査  ↑0 ↓0
ホクレン農業協同組合連合会はベトナムへ牛肉を輸出する。現地の飲食店向けに、ホルスタイン種の牛肉を出荷する。来春までにフィリピンや台湾でも市場調査を始める。環太平洋経済連携協定(TPP)が発効すると、関税が大きく引き下げられる牛肉は国内での価格下落が懸念されている。市場拡大が見込まれるアジアで道産牛肉の新規需要開拓を本格化する。 ベトナムへはマーケティング会社のクール北海道(札幌市)の商流を使って…
2015/12/09 11:37 da:87 facebook:1 twitter:0 ホクレン 市場調査 ホルスタイン 協同組合 飲食店 Tweet

Myanmar

nna.jp  《日系進出》三菱UFJリース、ヤンゴンに駐在員事務所  ↑0 ↓0
三菱UFJリースは14日、ミャンマー最大都市ヤンゴンに駐在員事務所を開設したと発表した。将来のリース事業展開を視野に、情報収集や市場調査などを進める ...
2018/08/24 14:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  《日系進出》AGC旭硝子、ヤンゴンに支店開設  ↑0 ↓0
AGC旭硝子は6日、ミャンマー最大都市のヤンゴンに、東南アジア地域を統括するAGCアジアパシフィックの支店を開設したと発表した。ミャンマーでの市場調査やマーケティング活動を強化する。 ヤンゴン支店はダゴン郡区に設ける。AGC旭硝子は、2013年にシンガポールで設立したAGCアジアパシフィックが東南アジア地域 ...
2018/04/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
wantedly.com  海外経験・語学力不問!日本とミャンマーの未来を共創するマネージャー職募集!  ↑0 ↓0
中山由美. 2013年ミャンマー初訪問。何もない環境とミャンマー人の気質に触れ企業を検討。ミャンマー市場調査を知るため、現職弊社代表へ飛び込み訪問し、 ...
2017/11/27 20:40 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ネット利用者、情報流出の意識低い=英調査  ↑0 ↓0
英系市場調査会社カンターTNSが実施したインターネット利用に関する調査で、ミャンマー人の多くが国際ブランドのサイトに個人情報を提供することに抵抗を持っ ...
2017/11/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  医薬品会社の海外展開支援、日本政府が調査  ↑0 ↓0
【共同】政府は、日本の医薬品関連会社が医薬品や医療機器を東南アジアなどの途上国に販売するのを支援するため、9月にフィリピンとミャンマーで市場調査を ...
2017/08/21 00:08 da:- facebook:0 twitter:0 医薬品 市場調査 途上国 東南アジア Tweet
myanmarjapon.com  ミャンマーの携帯電話端末、中国HUAWEIがシェアトップ  ↑0 ↓0
通信関係の市場調査を行うマイレージ・コミュニケーション・ミャンマーは、国内の携帯電話端末市場について、中国の華為技術有限公司(ファーウェイ・ ...
ミャンマーニュース  新韓銀行、ヤンゴン支店をオープン  ↑0 ↓0
新韓銀行は2013年、ミャンマーに駐在事務所を設立し、市場調査などを続けてきた。今年3月、予備的なライセンスを取得し、韓国初となるミャンマー支店設立の ...
2016/09/23 21:22 da:27 facebook:0 twitter:0 ライセンス 市場調査 事務所 ヤンゴン オープン Tweet
ミャンマーニュース  JCBがヤンゴンに支店開設  ↑0 ↓0
JCBは2015年3月、ミャンマー中央銀行主導の決算機関MPU (Myanmar Payment Union)と同機関のメンバー銀行を通じてJCBカードを発行することで合意。同年12月にはメンバー銀行であるAyeyarwady Bank、Co-Operative Bankとカード発行の合意に至っている。さらに、2016年8月にはミャンマーでJCBカードの発行が開始されるという。ポテンシャルの高いミャンマーで事業拡大ミャンマーでは2011年の民政移管以降、欧米からの経済制裁が緩和され、外国からの投資が急増している。また、5000万を超える人口を有する上、ここ数年7~8%の経済成長を遂げ、決済市場の拡大も予想されている。そのため、同国では2011年にキャッシュレス社会の実現に向けたカード決済のインフラを整備するため、同国の銀行17行をメンバーとしてMPUを設立した。このような背景からJCBはミャンマーの決済市場に参画し、今後は同国での市場調査や決済市場の拡大に向けて事業を展開するため、ヤンゴンに支店を開設したとみられる。外部リンク株式会社ジェーシービーhttp://www.jcb.co.j もっと見る
2016/07/05 16:48 da:27 facebook:- twitter:- メンバー カード Payment Myanmar ヤンゴン Tweet
ビッグローブニュース  JCB、ミャンマーにヤンゴン支店を開設  ↑0 ↓0
ミャンマーは、2011年の民主化以降、国際的な経済制裁措置が緩和されたことで海外からの投資が加速しています。5千万人超の人口を有し、近年7〜8%の経済成長を続けており(※1)、ミャンマー中央銀行の指導の下カード決済のインフラ整備が進むなど、決済市場の拡大が期待される国です。JCBは2015年12月以降、MPU(※2)メンバー銀行であるAyeyarwady Bank、Co-Operative BankとJCBカードの発行について合意しており、2016年の8月以降同国にてJCBカードの発行が順次開始となる予定です。この度のヤンゴン支店開設により、同国での市場調査・情報収集や決済市場の拡大に向けた営業支援を通して、事業拡大を図ります。JCBは、「おもてなしの心」「きめ細やかな心づかい」でお客様一人ひとりのご期待に応えていきます。そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、お客様にとっての世界にひとつを目指し続けます。※1  IMF - World Economic Outlook Databases(2016年4月版)より。※2  MPU (Myanmar Payme もっと見る
2016/07/04 16:56 da:83 facebook:1 twitter:0 国際的 ヤンゴン 民主化 Tweet
ミャンマーニュース  三菱UFJフィナンシャル系列「東銀リース」がミャンマー市場に参入  ↑0 ↓0
ミャンマーで業務を開始するためにはミャンマー中央銀行からの認可の他に、同国の国家計画・経済開発省投資企業管理局にも会社設立登記の手続きをしなければならないが、東銀リースはすでにこの手続きの準備に入っているという。ミャンマーでは今年初めに金融機関法が定められ、外資ノンバンクの市場参入が可能となったため、リース業を主体とする東銀リースの参入も可能となった。一方、同社の認可取得は、外資のリース会社としては初めてとなっている。グループとしての事業拡大も視野に東銀リースによると、当面は市場調査が中心となるようだが、タイ国内にある日系メーカーなどからIT機器をはじめ自動車や建築機材などの製品を持ち込む予定だという。ミャンマーでのリース市場は今後数倍に拡大することが予想されており、東銀リースも提携先である現地大手銀行と協力しながら事業拡大を狙うとみられる。また、三菱UFJフィナンシャルグループの主要会社である三菱東京UFJ銀行も2015年4月にヤンゴン支店を開業しており、今後はグループとしてもミャンマーでの事業拡大を目指すことになるだろう。外部リンク東銀リース株式会社http://www.botle もっと見る
2016/06/10 00:22 da:27 facebook:4 twitter:0 手続き 管理局 経済開発 フィナンシャル リース Tweet
kobe-np.co.jp  シスメックス ミャンマーに支店設立、事業拡大へ  ↑0 ↓0
医療用検査機器メーカーのシスメックス(神戸市中央区)は、子会社のシスメックスアジアパシフィックがミャンマー支店を設立したと発表した。 ミャンマーでは現在、販売やアフターサービスは代理店を通じて展開している。経済成長を続ける同国での事業拡大を目指し、支店を設置した。 ヤンゴン市で5月から営業を始め、従業員は3人。血球計数検査(ヘマトロジー)や凝固、尿分野に加え、感染症検査装置などを強化。市場調査や学術支援活動にも取り組む。 シスメックスは「事業の拡大とともに同国の医療水準の向上にも協力したい」としている。(黒田耕司)
2016/05/19 09:56 da:72 facebook:5 twitter:0 子会社 メーカー Tweet
ミャンマーニュース  株式会社フォーバルが岩手銀行と業務提携  ↑0 ↓0
カンボジア、ベトナム、インドネシア、ミャンマーの4カ国に拠点を構えるフォーバルは、日系企業、特に日本経済を支えている中小企業に対し、「進出前」から「進出後」までを総合的にサポートしている。具体的には、「進出前」において、市場調査、レンタルオフィスの提供、現地視察アテンド、工業団地およびオフィスの選定、現地法人設立に係わるライセンス取得代行、現地マネージャー層の採用等、様々なアドバイスを行う。また「進出後」は、税務、労務、総務業務のサポート、ITサポート、営業サポート、現地スタッフの採用等を行い、海外進出を「ワンストップ」でサポートしていくとしている。外部リンク株式会社フォーバル プレスリリースhttp://www.forval.co.jp/news/株式会社岩手銀行 プレスリリースhttps://www.iwatebank.co.jp/announce/news/ もっと見る
2016/05/14 21:33 da:24 facebook:10 twitter:0 日本経済 中小企業 Tweet
mf-p.jp  ヤマトアジアがミャンマーにヤンゴン支店開設  ↑0 ↓0
ヤマトアジア(株)は12月17日、ミャンマーのヤンゴンに、ヤンゴン支店を開設した。同国はアジアの製造拠点として注目され、製造業をはじめ多くの日系企業の進出が予定されている。さらに、人口約5,100万人は消費地としての期待が高いという。今後、同支店ではミャンマーの市場調査を行い、とくに日系企業や日本人駐在員対象に国際フォワーディングや海外引越を含む生活支援サービスを提供していく。業務開始は2016年2月の予定。
2015/12/21 18:00 da:29 facebook:0 twitter:0 ヤンゴン 製造業 アジア Tweet
ミャンマーニュース  シンガポール拠点のヤマトアジア ヤンゴンに支店開設  ↑0 ↓0
ミャンマーは2011年の民政移管を契機として、海外からの投資が活発化しており、著しい経済成長を遂げている。また、今年9月にはヤンゴン近郊にミャンマーと日本が共同開発を進めてきた大規模工業団地、ティラワ工業団地が開業した。それにより、今後、同国へは日本をはじめとして、製造業の進出が見込まれていること、さらに、先月開催された総選挙の結果により、今後、一層の経済成長が見込まれる。そのような背景から、同国はアジアの製造拠点に成長することが期待されており、物流の活発化が見込まれることから、同社はヤンゴンへの支店開設に踏み切った。国際輸送や海外引越のサービスを展開予定同社は、今後同国において市場調査を実施し、国際輸送や海外引越など、主に日系企業や日本人駐在員を対象としたサービスを展開していく予定だ。また、物流面はもちろんのこと、生活面においてもサービスを充実させ、同国の企業や人々の信頼獲得に努めていく方針だ。ヤマトホールディングス(ニュースリリース)http://www.yamato-hd.co.jp/news/h27/h27_82_01news.html もっと見る
2015/12/20 21:00 da:22 facebook:1 twitter:0 ヤンゴン アジア ヤマト Tweet
lnews.jp  ヤマトHD/ミャンマーにヤンゴン支店開設  ↑0 ↓0
ヤンゴン支店では、今後ミャンマーの市場調査を実施し、主に日系企業や日本人駐在員に対して、 国際フォワーディングや海外引越を含む生活支援サービスなどの提供を進めていく。
2015/12/17 17:26 da:46 facebook:4 twitter:0 ヤンゴン サービス 日本人 市場調査 ヤマト Tweet

Malaysia

nna.jp  19年度予算案、複数項目で歳出1割削減も  ↑0 ↓0
マレーシア連邦政府の2019年度予算案で、複数の項目で歳出が1割近く削減されるとの見通しを、地場市場調査会社RHBリサーチが示した。政府は11月2日に ...
2018/09/21 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ジョホールバル、外資小売進出先で一番人気  ↑0 ↓0
マレーシアに進出する外資系小売り大手の間で、1号店をジョホール州ジョホールバルに開設する動きが強まっている。シンガポールに隣接するという地理的メリットのほか、人口増や不動産市場の活況が追い風になっているようだ。2日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 市場調査会… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/05/03 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  小売市場、成長は鈍化へ=調査会社  ↑0 ↓0
マレーシアの市場調査会社リテール・グループ・マレーシア(RGM)は、マレーシアの小売市場は引き続き成長するものの、成長率は鈍化すると見込んでいる。4月30日付スターが伝えた。 RGMによると、今年4~6月期の小売売上高は3.7%増となる見通し。伸び率は1~3月期の5.4%を下回る。7~9月期には5.2%まで回復 ...
2018/05/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  建設業界、今年の受注額は500億リンギの予測  ↑0 ↓0
マレーシアの市場調査会社などは、今年の建設業界の受注額が官民合わせて500億リンギ(約1兆3,850億円)に達すると見込んでいる。昨年の362億リンギから約38%増となる。7日付ビジネス・タイムズが伝えた。 現在入札が進められているMRT(大量高速交通システム)環状線(3号… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/04/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  不振の小売業、中国人観光客の購買力に期待  ↑0 ↓0
市場調査会社リテール・グループ・マレーシア(RGM)によれば、2017年の小売業の売上高は前年比2%増の998億リンギ(約2兆6,846億円)で、実質国内総生産(GDP)の伸び率5.9%と比較すると振るわなかった。中でもスーパーマーケットとハイパーマーケットの売上高は、17年10~12月に前年同期比で2.7%減少している ...
2018/03/28 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
careercarver.jp  海外経営コンサルタント募集!(マレーシアへの事業拡大のために、同国籍者を求めています)  ↑0 ↓0
仕事内容. 「マレーシア進出、事業拡大を目指し、「市場調査やパイプラインの開拓」を行っていただき、将来的にはコンサルタントとしてご活躍いただきます」 【具体的には】 ・先ずは東京オフィスにて研修を受けて頂き、研修後マレーシア現地にて市場調査、パイプライン開拓等の業務をして頂きます ・将来的には、マレーシア事業 ...
2018/03/20 14:16 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  18年の小売売上高、調査会社予想は4.7%増  ↑0 ↓0
マレーシアの市場調査会社リテール・グループ・マレーシア(RGM)はこのほど、最新の業況予測で、2018年の小売り売上高が前年比4.7%増の1,044億リンギ(約2兆8,000億円)になるとの予測を明らかにした。15日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。 四半期別の伸び率… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/03/16 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  REIT業界、今年の利益成長率は6%  ↑0 ↓0
マレーシア不動産投資信託(REIT)業界の2018年の純利益は前年度比6%増にとどまる見通しだ。17年は同9.8%増だった。シンガポール系市場調査会社UOBケイヒアン・リサーチが19日に公表した報告書で分かった。20日付スターが伝えた。 報告書によると、18年は「REIT業界… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/02/21 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  テクノロジー投資、18年は176億リンギと予測  ↑0 ↓0
米市場調査会社インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)は、マレーシアにおける2018年のテクノロジー分野への投資額が176億リンギ(約4,916億円)に上ると予測した。7日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。 投資額を部門別に見ると、全体の50%を通… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: IT・通信/ ...
2018/02/08 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  マのIT支出、18年は5.7%増=ガートナー  ↑0 ↓0
市場調査会社の米ガートナーはこのほど、マレーシアの2018年のIT(情報技術)関連支出が前年比5.7%増の652億リンギ(約1兆8,305億円)に拡大するとの見通しを示した。18日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。 世界全体のIT支出は4.5%増の3兆7,000億米ドル(約… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/01/18 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  対ドル相場、リンギ高に修正=BMI  ↑0 ↓0
米格付け会社フィッチ・グループ傘下の市場調査会社BMIリサーチは、2018年のマレーシア通貨リンギの対米ドル相場は1米ドル=3.90リンギ(約109.3円)と、当初予想の同4リンギよりもリンギ高に振れるとの見通しを示した。4日付ビジネス・タイムズが伝えた。 BMIは、マレー… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 金融・ ...
2018/01/05 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
マレーシアナビ  世界の観光都市トップ100、KLが10位にランク  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 市場調査会社のユーロモニター・インターナショナルは先ごろ2017年版の「世界の観光都市トップ100」ランキングを発表。クアラルンプール(KL)が10位にランクインした。 同調査は延べ旅行者人数を都市ごとにランクしたもので、KLは2016年実積で1,230万人、2017年見込みで1,284万 ...
2017/12/26 08:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  来年の税収6.4%増予想=BMIリサーチ  ↑0 ↓0
米格付け会社フィッチ・グループ傘下の市場調査会社BMIリサーチは、マレーシア政府の来年の税収が前年比で6.4%増加すると予想した。今年の3%増を大きく上回る数字だ。11日付ビジネス・タイムズが伝えた。 BMIは法人税、個人所得税、GST(消費税)の税収がいずれも伸び… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 経済 ...
2017/12/12 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  小売業売上高、3Qは1.1%減=RGM調べ  ↑0 ↓0
マレーシアの市場調査会社リテール・グループ・マレーシア(RGM)がこのほど発表した国内小売業の2017年の7~9月期(第3四半期)の売上高は、前年同期比1.1%減となった。 スター(電子版)が7日に伝えた。同期の国内経済は堅調だったものの、家計所得の増加には反映されて… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2017/12/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  Grabの乗車件数が記念すべき10億件を達成  ↑0 ↓0
世界的な市場調査会社TNSによると、Grabはシンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、ベトナムにおいて他の配車サービス・アプリやタクシー予約 ...
2017/11/06 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  【マレーシア】SNS信用するマレーシア人、17%にとどまる[IT]  ↑0 ↓0
【マレーシア】SNS信用するマレーシア人、17%にとどまる[IT] 米系市場調査会社カンターTNSは16日、世界56カ国で7万人を対象に行った、交流サイト(SNS) ...
2017/10/17 02:43 da:- facebook:- twitter:- Tweet
careercarver.jp  新規事業企画(同社のマレーシア進出)  ↑0 ↓0
仕事内容. マレーシア進出、事業拡大を目指し、市場調査やパイプラインの開拓を行ない、将来的にはコンサルタントとして就業することになります。 【具体的な ...
2017/10/05 17:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mid-tenshoku.com  マレーシア勤務のコンサルティング営業の転職・求人情報 6546373|エン ミドルの転職  ↑0 ↓0
先ずは東京オフィスにて研修を受けて頂き、研修後マレーシア現地にて市場調査、パイプライン開拓等の業務をして頂きます・将来的には、マレーシア事業部長を ...
2017/10/03 23:01 da:- facebook:- twitter:- Tweet
e-logit.com  マレーシアに現地法人を設立  ↑0 ↓0
鈴与は、マレーシアに現地法人「Suzuyo Malaysia Sdn.Bhd.」を設立し、9月より営業を開始しました。 当社はこれまで、同国内の物流環境や市場調査などの ...
2017/09/14 22:18 da:- facebook:0 twitter:0 市場調査 Malaysia これまで Tweet
nna.jp  RGM、小売業売上高の通年伸び率を下方修正  ↑0 ↓0
マレーシアの市場調査会社リテール・グループ・マレーシア(RGM)がこのほど発表した国内小売業の2017年4~6月期(第2四半期)の売上高は前年同期 ...
2017/09/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- 売上高 このほど 四半期 グループ 市場調査 伸び率 Tweet
nna.jp  鉄鋼業界の利益、7~9月期は記録的水準か  ↑0 ↓0
マレーシア鉄鋼業界の経営環境が急速に上向いている。鉄鋼価格が急上昇しているためで、シンガポール系市場調査会社UOBケイヒアン・リサーチは、今年7~9 ...
2017/08/24 00:03 da:- facebook:- twitter:- リサーチ 市場調査 記録的 Tweet
Reuters  東南アジア株式・大引け=大半が上伸、米朝間の緊張緩和  ↑0 ↓0
ロイターの市場調査によると、4─6月期のマレーシア経済は小幅鈍化すると見込まれているが、相場への影響はほとんどなかった。 携帯通信大手ディジ・ ...
2017/08/15 20:26 da:- facebook:0 twitter:0 市場調査 ロイター 大引け 東南アジア Tweet
nna.jp  アストロラジオ聴取人口が増加、週1560万人  ↑0 ↓0
市場調査会社のGfKグローバルによると、マレーシアでは衛星放送アストロが配信しているラジオ放送「アストロ・ラジオ」の聴取人口が増えていることが分かっ ...
2017/06/14 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ラジオ グローバル 市場調査 Tweet
jdt-news.co.jp  東南アジアで進むタイヤの価格下落  ↑0 ↓0
市場調査会社のGfKがまとめた「東南アジアの自動車タイヤ市場動向調査」によると、過去2年間で22のタイヤブランドがタイ、マレーシア、インドネシアなどに新規 ...
2016/11/27 12:07 da:20 facebook:0 twitter:0 タイヤ 東南アジア 自動車 市場調査 ブランド Tweet
asiax.biz  自動車初期品質、日本車がトップ独占=JDパワー  ↑0 ↓0
市場調査の米JDパワー・アジア・パシフィックがマレーシアの新車オーナーを対象に行った最新の自動車初期品質調査(IQS)で、4セグメント中3セグメントで日本 ...
2016/11/14 14:37 da:43 facebook:0 twitter:0 自動車 パワー セグメント オーナー アジア トップ Tweet
マレーシアナビ  自動車初期品質、日本車がトップ独占=JDパワー  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 市場調査の米JDパワー・アジア・パシフィックがマレーシアの新車オーナーを対象に行った最新の自動車初期品質 ...
2016/11/13 13:44 da:34 facebook:- twitter:- 自動車 パワー パシフィック オーナー アジア 市場調査 Tweet
asiax.biz  マレーシア人の58%、モバイル機器なしで生活できない  ↑0 ↓0
市場調査会社ニールセンが実施した最新調査で、マレーシア人の58%が ... 調査では、50%以上のマレーシア人が近くにモバイル機器がないと不安と回答した。
2016/10/21 21:56 da:43 facebook:0 twitter:0 モバイル ニールセン 市場調査 Tweet
マレーシアナビ  マレーシア人の58%、モバイル機器なしで生活できない  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 市場調査会社ニールセンが実施した最新調査で、58%のマレーシア人がモバイル機器なしでの生活は考えられないと ...
2016/10/21 17:15 da:35 facebook:0 twitter:0 モバイル ニールセン クアラルンプール 市場調査 Tweet
asiax.biz  顧客セールス満足度、三菱がトップに浮上=JDパワー  ↑0 ↓0
米市場調査大手JDパワーは、「2016年度マレーシア自動車セールス満足度(SSI)調査」の結果を発表した。2015年度調査で2位だった三菱が1位となった。
2016/10/11 18:22 da:45 facebook:0 twitter:0 パワー セールス 満足度 トップ 市場調査 Tweet
lancers.jp  【継続あり】インドネシア・タイ・マレーシアでの医薬品ネット通販の市場調査(各1名)  ↑0 ↓0
日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」なら、【継続あり】インドネシア・タイ・マレーシアでの医薬品ネット通販の市場調査(各1名)の仕事を依頼できます。
2016/08/30 15:53 da:59 facebook:0 twitter:0 市場調査 ネット 医薬品 サーズ Tweet
マレーシアナビ  自動車サービス満足度、トヨタが1位に=JDパワー  ↑0 ↓0
【シンガポール=マレーシアBIZナビ】 米市場調査大手JDパワーが、マレーシアで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2016年 ...
2016/08/04 08:26 da:37 facebook:2 twitter:0 満足度 パワー 市場調査 販売店 サービス 自動車 Tweet
asiax.biz  自動車サービス満足度、トヨタが1位に=JDパワー  ↑0 ↓0
米市場調査大手JDパワーが、マレーシアで新車を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2016年マレーシア自動車サービス満足度(CSI) ...
2016/08/04 08:26 da:42 facebook:- twitter:- 満足度 パワー サービス 自動車 販売店 トヨタ Tweet
auto-affairs.com  【マレーシア―販売】16年のマレーシア新車市場1.4%減へ、景気低迷で  ↑0 ↓0
市場調査会社のフロスト&サリバン(F&S)は15日、2016年のマレーシアの新車販売台数が前年比1.44%減の64万8000台にとどまるとの予想を明らかにした。景気低迷と、通貨リンギ安、インフレ、ローン申請の審査の厳格化などが影響する見通し。
2016/01/18 09:45 da:22 facebook:2 twitter:0 明らか サリバン フロスト 市場調査 Tweet
mys-news.asia  ハラル認証「カルピス」を展開 アサヒ飲料  ↑0 ↓0
マレーシアで初めての販売となる「カルピス」ブランドは、『カルピス』と『カルピスマンゴー』の2種類。ペルマニス社が現地消費者にむけた味の開発と市場調査を行い、日本で販売される同ブランドのコンセプトや技術をもとにアサヒ飲料とペルマニス社が共同開発した。マレーシア国内にはイスラム教徒が多いことからハラル認証も取得している。マレーシア市場における成長を加速商品の販売は12月初旬より開始されており、現地の消費者らの嗜好に合わせて開発された味は、日本の『カルピスウォーター』より酸味と甘味がやや強めで濃厚な味わいとなっている。アサヒ飲料は、2011年にマレーシア清涼飲料市場2位のペルマニス社を買収。缶コーヒーブランド『WONDA』を2013年に発売し、2014年には、食品関連大手、エチカインターナショナルホールディングス社の乳製品事業を買収。マレーシアでの飲料事業拡大を図る。ペルマニス社は、商品ポートフォリオを「カルピス」ブランドにより強化し、マレーシア市場での成長をさらに加速するとしている。(画像はアサヒグループHPより)外部リンクアサヒグループ ニュースリリースhttp://www.asahig もっと見る
2015/12/31 23:48 da:14 facebook:8 twitter:0 カルピス 消費者 市場調査 マンゴー ブランド アサヒ Tweet

Indonesia

housenews.jp  YKKAP、1日にインドネシアでR&Dセンター開設=蒸暑地域の市場調査や商品開発を深堀り  ↑0 ↓0
YKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)は1日、インドネシア・タンゲラン県にあるYKKAPインドネシア社の敷地内で「YKKAP R&Dセンター(インドネシア)」を ...
2018/08/29 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  断食月で広告と消費に変化 ネット通販が人気=ニールセン  ↑0 ↓0
市場調査会社ニールセンは6日、インドネシアのイスラム教断食月(ラマダン)におけるテレビ・ラジオの番組内容や広告、消費行動の変化に関する調査結果を発表 ...
2018/06/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  世界5位のコーヒー販売市場 英調査、出店数・小売商品も伸長  ↑0 ↓0
インドネシアが世界で5番目のコーヒー販売市場であることが、英市場調査会社ミンテルの調査で明らかになった。世界有数のコーヒー生産国として知られている ...
2018/06/07 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  化粧品選び、価格よりも品質 国産品愛用は7割、市場調査  ↑0 ↓0
市場調査会社インテージが6日に発表した、アジア女性の美容実態に関する調査結果で、インドネシア人女性は基礎化粧品の購入時に、ブランドや価格よりも品質を重視していることが分かった。国民の大半を占めるイスラム教徒が安心して使用できる、ハラル(イスラム教の戒律で許され… 関連国・地域: インドネシア.
2018/03/08 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kaden.watch.impress.co.jp  白物家電の世界市場調査、ロボット掃除機が前年比32.2%増と好調~富士経済調べ  ↑0 ↓0
中国や東南アジアでは需要が縮小したが、好景気の日本や欧州、北米での伸びと、前年比9.1%増のインドを加えて、世界市場全体では拡大した。 2022年には、2017年比で10.9%増の1億3,997万台まで伸びると予測。普及率の低いインドやインドネシアが市場拡大を牽引するとみる。なお、インドとインドネシアでは、2022年 ...
2018/03/02 13:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  17年の広告支出は8%増 テレビが全体の伸びをけん引  ↑0 ↓0
インドネシアのテレビ・出版物向けの広告支出は2017年、前年比8%増の145兆5,000億ルピア(約1兆2,000億円)に達したことが、市場調査会社ニールセンの調べで明らかになった。新聞・雑誌などの出版物は年々落ち込んでいるが、全体の約8割を占めるテレビが前年比で12%伸長。全体… 関連国・地域: インドネシア.
2018/02/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
crowdworks.jp  【継続依頼】インドネシア市場調査、インドネシア語でウェブ上の市場調査  ↑0 ↓0
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」なら、【継続依頼】インドネシア市場調査、インドネシア語でウェブ上の市場調査【在宅業務・英語】の仕事を ...
2017/03/05 12:50 da:58 facebook:0 twitter:0 市場調査 ウェブ ワークス クラウド Tweet
msn  キョーリンHD、インドネシアに駐在員事務所を開設  ↑0 ↓0
T>が22日、インドネシア・ジャカルタに駐在員事務所を開設すると発表した。 インドネシアを含めたASEAN地域における市場調査・情報収集などを実施。医療用 ...
2017/02/23 08:45 da:96 facebook:0 twitter:0 事務所 市場調査 ジャカルタ ASEAN Tweet
jftc.go.jp  (平成29年2月6日)インドネシア競争当局に対する市場調査に関する技術研修の実施について  ↑0 ↓0
公正取引委員会は,下記のとおり,独立行政法人国際協力機構(JICA)の協力の下,市場調査に関するインドネシア向けの技術研修を東京において開催すること ...
2017/02/06 15:04 da:70 facebook:0 twitter:0 市場調査 公正取引 Tweet
ind-news.asia  第23回コールトランスアジアが5月14~16日、インドネシア・バリで開催  ↑0 ↓0
市場調査の提供や、国際会議等における日本代理店を務める株式会社グローバルインフォメーションは、5月14~16日まで、インドネシア・バリにおいて開催される ...
nna.jp  テイクオフ:インドネシアの翼、国営…  ↑0 ↓0
インドネシアの翼、国営ガルーダ・インドネシア航空は近年、国際的な評価が高い。今年に限っても、航空分野の市場調査会社である英スカイトラックスから航空 ...
nna.jp  ポケモンGO、公式リリース前も人気の兆し  ↑0 ↓0
ポケットモンスター」のグッズ販売などを手がけるポケモン(東京都港区)などが手掛けるモバイル端末向けゲームアプリ「ポケモンGO」は、インドネシアでのサービス開始前にもかかわらず若者を中心に人気を集めている。同アプリは先週、米国、オーストラリアとニュージーランドのみでリリースされたが、インドネシアでも非正規ルートでダウンロードした多くの利用者がいるとみられる。13日付地元各紙が報じた。同アプリは、ポケモンが任天堂、米ナイアンティックと共に開発した。ダウンロードは無料でアプリ内課金を取り入れている。中国のインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が4月に発表した、ドイツ系市場調査会社GfKインドネシアとの共同調査によると、インドネシアでの2015年のアプリ販売額は1億1,820万米ドル(約123億円)。18年には2億米ドルまで拡大する見通しだ。アプリ種類別のダウンロード状況は、ゲームが38%、メッセージ関連が27%、ソーシャルメディアが19%だった。 もっと見る