0.99896192550659

Vietnam

nna.jp  2桁成長の飼料生産、外資の投資が続々  ↑0 ↓0
ベトナム農業・地方開発省によれば、ベトナムの家畜飼料の生産量は過去20年間に430万トンから2,100万トンに増加、東南アジア最大の生産国となった。
2018/10/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 東南アジア 生産国 Tweet
minkabu.jp  〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、反落=ロブスタ種も続落(13日)  ↑0 ↓0
ディーラーらによると、相場は思惑筋による空売りとロングの手じまい売りに加え、主要生産国ベトナムの生産者筋がヘッジ売りに動いたことに圧迫された。
2018/06/14 04:52 da:- facebook:0 twitter:0 コーヒー ロブスタ ディーラー 空売り ロング 手じまい Tweet
出島  三菱自動車、新工場建設も視野に入れ6月からベトナムへの車両輸出を再開か  ↑0 ↓0
三菱自動車は、現在停止しているベトナムへの完成車輸出を、6月にも再開する見通しであることを明らかにした。 この記事の続きを読む. 2018年1月以降、ベトナムでは車両の輸入に対する規制が導入されており、生産国での品質証明が要求されるようになっている。その影響を受け、本田技研工業を除くほとんどの日系自動車 ...
2018/05/07 09:11 da:- facebook:0 twitter:0 見通し 明らか 生産国 本田技研 ほとんど 自動車 Tweet
nna.jp  自動車輸入制限、インドネシアが是正要請  ↑0 ↓0
ベトナムで1月に施行された完成車(CBU)輸入を制限する政令116号(116/2017/ND―CP)について、ベトナムへの主要な自動車輸出国であるインドネシアが是正を働きかけている。ストレーツ・タイムズが22日付で報じた。 政令116号は、車種ごとに生産国の当局が発行する車両… 関連国・地域: ベトナム/インドネシア.
2018/02/26 00:00 da:- facebook:- twitter:- 自動車 タイムズ 生産国 Tweet
日本経済新聞  ベトナム、自動車輸入規制の壁  ↑0 ↓0
2018年に新車販売が急拡大することが確実とされていたベトナム市場に思わぬ壁が立ちはだかっている。越政府が1月1日付で「政令116」を出して輸入車の品質を証明する生産国の認証を求めるなど、東南アジア諸国連合(ASEAN)の域内関税撤廃を骨抜きにしかねない「非関税障壁」を導入したためだ。 「自動車の供給 ...
2018/02/02 22:52 da:- facebook:0 twitter:0 自動車 輸入車 生産国 東南アジア ASEAN 骨抜き Tweet
nna.jp  ASEAN新車販売は332万台 17年、薄氷踏むプラス成長  ↑0 ↓0
ASEAN後発国であるベトナムでは、今年1月から域内からの乗用車の輸入関税が撤廃され、販売価格が引き下げられる予定だった。値下げを待つ買い控えのため、17年のベトナム市場はマイナスに。しかし、ベトナム政府は輸入車に非関税障壁を設けた。車種ごとに生産国の当局が発行する品質証明書の提出を義務化。
2018/01/30 14:26 da:- facebook:0 twitter:0 ASEAN プラス 乗用車 販売価格 値下げ 買い控え Tweet
minkabu.jp  〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、3日続落=ロブスタ種も反落(24日)  ↑0 ↓0
主要生産国ベトナムからの出荷が遅れるとの懸念は天候の改善によって和らいだ。あるディーラーは「このところ、ベトナムの天候が素晴らしい。11月中旬には ...
2017/10/25 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 コーヒー ロブスタ 生産国 ディーラー ところ Tweet
newsclip.be  生産国で物流加工しリードタイム短縮、佐川グローバルロジスティクス  ↑0 ↓0
【ベトナム】SGホールディングスグループの佐川グローバルロジスティクス(東京都品川区)は19日、タカキュー(東京都板橋区)がベトナムで生産するドレスシャツを ...
e-logit.com  佐川グローバルロジスティクス/生産国で物流加工を行う事で商品供給のリードタイム短縮を実現  ↑0 ↓0
SGホールディングスグループで国内ロジスティクス事業を展開する佐川グローバルロジスティクス株式会社は、8月18日(金)より、株式会社タカキューがベトナム ...
アパレル・リソース  製靴業界、韓国、ロシア、ヨーロッパに向かう  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が頓挫した背景で、ベトナム革製履物企業は新たな方向性を探っている。すなわち、 韓国、ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、さらにはヨーロッパという新市場に向かっている。 ベトナムの製靴業界は、2016年、ベトナムがTPPに参加する12カ国の一つであるという情報を前に期待に沸いていた。協定が実行された場合には、靴業界は、米国や日本など輸出市場を手に入れ、大きな利益をあげられることになる。このことから、多くの企業が、工場を拡張し、機械を輸入し、TPPの準備のための新しいパートナーを見つける計画を練っていた。 しかしながら、TPPに新たな情報がない今、製靴業界は新しい方向性を見いだした。Binh Tan消費材生産会社(Bita’s)の代表によれば、韓国、ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、さらにはEUといった国々との二国間及び多国間自由貿易協定(FTA)により、BITA’Sだけでなく、ベトナムの製靴業界の輸出製品は、TPP同様の優遇税率を享受でき、多くの市場に参入できるチャンスを手にするという。 KPMGベトナムのNguyễn Công Ái副社長によると、TPPが実行されればベトナム製靴業界は米国市場をターゲットにする。しかし、TPPが機能しなくても、日本、オランダ、ドイツ、韓国といった他の市場を開拓する道は残っているという。 Ba lô Túi Xách株式会社Võ Thị Thu Sương社長はまた、ベトナムの製靴業界はまだ新しい市場開拓の機会を持っていると述べた。「重要なのは、どの輸出市場にもデザインを持って駆けつけることができるように準備をすることです」とSuong社長は語る。 現在、ベトナム製の履物・カバン製品は、米国市場を含む40の市場に輸出されているが、最大市場の米国向けは41%を占める。ベトナム皮革製靴カバン協会のDiệp Thành Kiệt副会長、TPPなしでも、ベトナム製菓業界は、経済の安定基盤があり、良質の労働力豊富ため、競争上の優位性を失うことはないという。ベトナムは現在アジアで3番目、世界で4番目の靴生産国で、世界市場の10%を占める。 アセアン経済共同体(AEC)の形成は、地域諸国に比べて利点が大きいことから、ベトナム履物産業の発展を推進することになる。「特にAECで、ベトナムは他の国々と協力し原料調達先を見つけ出し、新しいサプライチェーンを開発するできるようになります。各企業は投資コストを削減し、原料輸入を減らし、付加価値を高め、輸出市場で競争力を維持することが可能です」とKiệt副会長は言う。 ここにおいて、ベトナムは東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉も行なっている。が、協定の内容と目的はTPPほどではないが、アジアの貿易を促進し、新しいサプライチェーンへの投資を誘致し、地域の魅力を高めるという重要な役割を果たす。 もっと見る
2017/04/26 20:52 da:- facebook:0 twitter:0 ロシア アジア カバン 副会長 サプライ チェーン Tweet
アパレル・リソース  皮革・履物製品の輸出額、2020年までに最大260億米ドル到達を目標  ↑0 ↓0
皮革・履物産業の、2035年を見据えた2025年までの発展に関する改正計画では、ベトナムの皮革・履物の輸出額が2020年までに240億米ドル〜260億米ドルに到達することを目標としている。 4月7日、商工省はホーチミン市内にてセミナーを開催し、専門家や企業から改正計画に対する意見を募った。 改正計画の全体的な目標としては、皮革・履物産業が急速に成長を遂げることで国の主要輸出産業としての現在の地位を維持し、賃金の上昇と雇用の増加を促すことを掲げている。 その他、大企業の社会的責任の実行や熟練労働者数の増加も計画の目標となっている。 また改正計画では、年間生産額が2016年〜2020年の間に11.62%、2021年〜2025年の間に8.87%、2026年〜2035年の間に6.04%増加することを見込んでいる。 加えて、輸出の年間成長率が2016年〜2020年の間に10-15%、2021年〜2025年の間に8-9%、2026年〜2035年の間に4-5%を記録し、輸出収入が2020年までに240億〜260億米ドル、2025年までに350億〜380億米ドル、2035年までに500億〜600億米ドルに到達することを目指している。 さらに、履物製品の現地調達率が2020年までに45%、2025年までに47%、2035年までに55%に達することも目標としている。 ベトナム皮革履物協会のNguyen Manh Khoi副会長は2010年に承認されたベトナム皮革・履物産業の開発基本計画を評価し、計画実行後5年間でベトナムの皮革・履物産業が力強く発展し、国の経済に貢献を果たしたと述べた。 国有企業の民間化や、あらゆる産業間での合同事業や提携による事業発展の円滑化など、基本計画で掲げられた目標の幾つかは成功を収めている。 同産業は設備のアップグレードに対する投資を行い、生産能力を上げるべくより水準の高い設備や技術を導入した大規模工場を新しく建設したと同氏は述べた。 企業の多くがISO 9000、ISO 14000、SA 8000準拠のマネジメントシステムを導入し、企業の社会的責任を実行している。 しかしながら、目標の幾つかは達成できていないという。 例えば、現地調達率は約35%-40%と低いままであり、商品のデザインや開発の自動化を導入している企業はまだ多くない。 製品構成の転換や、特に皮なめしなどの同産業の特別産業ゾーンの整備といった目標はまだ達成されていないと同氏は説明した。 また原材料に対する需要が急増する可能性があるため、同産業に対する支援体制が近いうちに整わなければ輸入に頼らざるをえなくなり、目標を達成することは難しくなるだろうとセミナーの参加者は述べた。 ベトナムの皮革・履物産業には約1700社あり、その内800社が大規模企業である。また、外国投資の企業が輸出額の80%を占めている。 皮革・履物製品はベトナムの主要輸出品目であり、昨年はベトナムの全輸出額の10%となる163億米ドルに到達、今年は178.8億米ドルを突破することを目標としている。 ベトナムは履物生産国として第3位であり、世界最大の輸出国である。 もっと見る
2017/04/11 07:56 da:15 facebook:0 twitter:0 米ドル 社会的 セミナー 大規模 デザイン なめし Tweet
アパレル・リソース  FTAにより国内履物産業の見通しは明るい  ↑0 ↓0
2018年にEU・ベトナム間自由貿易協定(EVFTA)が発効すれば、ベトナムの履物輸出には明るい展望が開けると見られている。 ベトナム皮革履物鞄協会(Lafaso)のDiep Thanh Kiet副会長は、このFTAによってヨーロッパに輸出される約50種類のベトナム製履物に対する関税が撤廃される見通しであると述べた。この新しい環境下においては、ベトナムからヨーロッパに対する2019年履物輸出売上高が大幅に増加すると予想されている。 自由貿易協定(FTA)によってコード6402に規定される本底と甲がゴム製またはプラスチック製の履物に対する輸出関税は0%に引き下げられ、コード6403の甲が革製の履物も約半分の品目が関税免除を受けられる予定となっている。また、他のタイプの履物に対する関税は、今後3〜5年かけて徐々に0%にまで引き下げられる。 さらにEUは一般特恵関税制度(GSP)に基づき、多くのベトナム原産の商品に優遇措置を与えている。「この優遇措置はFTAによって得られる関税引き下げと共に、EU市場においてベトナムの履物が中国製品よりも競争力を持つのにとても有効です。」とKiet副会長は述べた。 Coats Vietnamのマネージング・ディレクターであるBill Watson氏によると、EUは韓国や日本とも貿易協定を締結しているが、この貿易協定が締結された後に、両国からEUへの輸出は劇的に増加したという。 Watson氏は、EVFTAがベトナム履物産業にとって今後5年間の主要な成長推進力になるだろうと述べた。特にスポーツウェア分野は、免税措置により最大の成長産業になると予測されている。 実際のところ、ベトナム製ブランドはヨーロッパ顧客の信頼獲得に成功している。低コストとインフラ整備により、ベトナムは外国人投資家にとって理想的な投資先となるであろう。 Watson氏は、EVFTAによって得られるメリットを享受するために、さらに多くの外資系履物メーカーが中国からベトナムへ生産移管を行うことになるだろうとした。毎年世界では220億足以上の履物が生産されているが、ベトナムは中国に次ぐ第2位の生産国となっている。 計算上、中国からベトナムへ履物生産が1%移管されるごとに、ベトナムの履物産業は10%拡大していくことになる。 最近ではイタリアがLefasoに設備、ソフトウェアそしてノウハウを提供し、ベトナムに履物研究開発センターを設立するのを支援した。 イタリア貿易協会はイタリアの履物製造者協会と提携し、ベトナムで国際履物展示会を開催する。9月17〜20日にFiera Milanoで開催予定のMICAMは、国際履物メーカーの協力を得ることが期待されている。 LefasoのKiet副会長は、イタリアには高級ファッション業界における高い名声と、最先端の設備を備えた約5000の履物企業と600以上の有名なメーカーが存在するが、ベトナムの履物メーカーはイタリアを見習い、ヨーロッパ市場で確固たる地位を確立するよう目指すべきであるとした。 Kiet副会長氏はまた、「ベトナム製履物の平均単価は過去数年間で上昇し、中国製よりも高くなりました。2016年にベトナムはイタリア製皮革を輸入するのに約1億8000万米ドルを費やしましたが、これはベトナムの履物輸出がバリューチェーン上、より高付加価値な方向へシフトしていることを示しています。ベトナムが付加価値を重視するのであれば、こうした流れはさらに続くでしょう。」とした。 2週間前にホーチミン市で開催された履物・皮革輸出促進会議において、商工省(MoIT)軽工業部のPhan Chi Dung部長は、MoITでは2025年を見据えて、2020年までの開発基本計画を策定していることを明らかにした。この計画において、ベトナムは2025年までに2016年の生産量の2倍となる20億足の履物を生産し、輸出売上高を300億米ドルにする予定となっている。 履物産業は生革と補助材料に対する大きな需要を有しているが、もしベトナムのサポート産業が成長しなければ、皮革・履物産業は輸入材料に大きく依存することになるであろう。 「そのためベトナムでは企業に対し、皮革、資材、アクセサリーを生産する工場を建設することを奨励しています。MoITでは具体的に、ベトナム皮革・履物産業向け原材料の生産に特化した工業地帯の建設を政府に提案しようとしています。」とDung部長は述べた。 Dung部長によると、ベトナムの履物製品は、米国、EU、中国、日本などの主要市場を含む50の国と地域に輸出されている。またベトナムにおける皮革・原材料の現地生産率は、40〜50%まで達している。 2016年現在、ベトナムの履物産業には800の大企業を含む1700の企業があり、合計120万人以上を雇用している。ただし大規模輸出企業の80%は合弁か、完全な外資系企業となっている。 もっと見る
2017/04/04 06:00 da:15 facebook:0 twitter:0 イタリア メーカー 副会長 ヨーロッパ 見通し 付加価値 Tweet
アパレル・リソース  現地履物メーカーはTPP消滅にも動じず(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   基本計画 業界の開発基本計画においては、迅速かつ持続可能な開発、および輸出拡大のための自由貿易協定の積極的利用を目標にしているとDũng部長は述べた。 この計画では製品の付加価値を高めて原材料の国内調達割合を増加させ、デザインを改善するために生産を再構築し、国内および海外市場向けの中・高級製品にフォーカスすることを目標にしている。 サミットの代表団は、ベトナムの皮革・履物産業は現状の弱点を認識した上で、締結された貿易協定の規定する厳しい原産地規則を満たすために、国内調達の割合を増加させるよう努めているとした。 Dũng部長は、商工省では皮革・履物部門向けの開発基本計画において、2025年までに2016年度の2倍となる年間20億足以上の靴を生産し、300億米ドルを超える輸出を計画していると明らかにした。 「それに伴い原材料の需要も2〜3倍になることが予想されます。もしサポート産業が今後も発展しなければ、この産業は原材料調達において輸入に大きく依存しなければならず、目標を達成することが困難となるでしょう。」と彼は述べた。 彼は履物企業に対し、近代設備と技術への投資を増やし、グローバル統合によってもたらされるビジネスチャンスを活用して、グローバル・サプライチェーンに参画することによってベトナムを履物産業の世界的な生産拠点にするよう協力を求めた。 Kingmaker Footwear社のPhillip Kimmel氏は、履物メーカーは現代ファッションにおけるニーズや傾向、方向性をよりよく理解すべきだと述べた。 履物メーカーは、履物産業がファッションビジネスであり、ファッションというものは定期的に変化していくことを認識すべきであるという。 「将来的にベトナムが世界の工場となるには、生産設備を最新化する必要があります。例えばコンピュータ制御によるステッチングマシンのような設備を導入することで、工場は付加価値のある高品質の商品を一貫して生産することができるようになります。」 多くの工場において、自動化によって余分な労働者の雇用を省き、より効率的、収益性の高い稼動が可能となる、と彼は指摘した。 ベトナムの履物産業には約1700の企業があり、うち800社が大企業で、外資系企業が輸出額の80%を占めている。 皮革・履物製品はベトナムの主要輸出品目の一つであり、昨年の輸出額は162億米ドルで、輸出総額の10%を占めた。 それが今年は178億8000万米ドルにも達すると予想されている。 ベトナムは世界で第三の履物生産国であり、世界第二位の輸出国である。 もっと見る
sankeibiz.jp  東南ア、勝者と敗者に二分 米で保護主義台頭 輸出打撃は強弱  ↑0 ↓0
ベトナムも、アジアで数少ない勝ち組になりそうだ。英調査会社オックスフォード・エコノミクスによると、低コスト生産国として知られるベトナムでは、中国やその他 ...
2017/01/04 05:06 da:74 facebook:0 twitter:0 生産国 その他 コスト オックスフォード アジア 東南ア Tweet
アパレル・リソース  EUとの自由貿易協定で課せられるハードル(前)  ↑0 ↓0
専門家によると、2018年に発効予定のEUとの自由貿易協定は、ベトナムで生産されるアパレル製品、履物、繊維製品の、EU加盟28か国における小売売上高を大幅に引き上げる見込みであるという。 ハノイで開かれたフランス商工会議所によるフォーラムにおいて、フランス・ベトナム両国から出席した専門家やビジネスリーダーは、協定の速やかな批准と発行を促した。 商工会議所のGuillame Crouzet氏はフォーラムにて、フランスの小売部門はベトナムに大きな関心を持っていると述べた。 フランスの小売業がベトナムに関心を寄せている理由としては、ベトナムが小売店の成長市場であること、衣料・履物・繊維製品の生産国トップ3の一つであること、さらにはベトナムを売れ筋の日用消費製品の良い供給源としてみていることが挙げられた。 自由貿易協定による関税の撤廃により中国製品に対するベトナムの競争力が上がり、EUの日用消費製品の小売輸入が急増する可能性は高い。 ベトナム繊維協会のNguyen Thi Tuyet Mai部長はこれに対し、関税の引き下げは中国だけではなく、カンボジアやミャンマーなどの近隣諸国に対する競争力の強化にもつながると述べた。 中国やカンボジア、ミャンマーからの日用消費製品の輸入が無関税であるのに対し、ベトナムの日用消費製品には現在平均12%の関税が掛けられている。そのため、全てが平等になれば貿易にも有益となるはずだとMai氏は述べた。 しかしながら、関税の撤廃は7年以上かけて段階的に行われる。 また、衣料品などの製品は厳格な原産地規則が設けられており、EUの他の自由貿易提携国である韓国原産の布地を除き、ベトナムで生産された布地を使用しなければならないという規則がある。 ベトナム企業が原材料や中間財の多くを中国から調達していることを考慮すると、運用方法を変えて原材料や中間財の調達先を韓国やその他の提携国に変更しない限りは、関税引き下げの恩恵は受けられないということになる。 その他考慮に入れるべき点としては、多くのベトナム生産者がそもそもとして関税を支払っていないため、免税の恩恵は受けないということが挙げられる。多くの小規模繊維企業はベトナム国内における代金引換払いで商品を販売しているのである。(積出地荷渡しと称される) そのためこういった企業は関税を支払っておらず、いかなる恩恵も受けないということがMai氏によって指摘された。EUのバイヤーもまた、生産者ではないため免税の特典を受けるということはなく、関税の引き下げから恩恵を受けるということはないのである。 もしベトナムの生産者がEUへの製品輸送に売り方を変え、バイヤーに仕向地で商品の権利を受けるようにすれば(仕向地渡しと称される)、両方の当事者が関税の引き下げから恩恵を受けることになる。 この場合、ベトナムの生産者はメーカーであるEUへの輸入者であるため関税を支払うことはなく、EU内で利権が通過するためバイヤーに税金が課せられることもない。 郵送費、輸送中の損失や損害に対する保険、商品受領時の点検、支払い方法などが全て複雑になるため、これは想像するよりも難しく、多くの場合は実践的ではないとMai氏は強調した。 しかしながら、この方法の実行自体は可能で、中規模・大規模の国内メーカーにとっては多くの場合好都合であることは明白であり、また、業界全体で見直しを実行すれば、全てのビジネスに現実的になる可能性もあるという。 その他の代替案としては、EUのバイヤーに対し、ベトナムの生産者が契約メーカーから外部委託の請負人に契約のステータスを変更するということが挙げられる。   (後編へつづく) もっと見る
2016/12/26 09:58 da:20 facebook:0 twitter:0 生産者 フランス バイヤー 引き下げ メーカー その他 Tweet
アパレル・リソース  FTAでヨーロッパ小売市場の拡大へ  ↑0 ↓0
EUの通商代表や専門家や財界人らによると、EUがベトナムと結ぶ自由貿易協定は、ヨーロッパにおける小売業の成長と雇用拡大、そしてベトナムの発展を促すと言う。9月14日、ブリュッセルでのイベントでベトナム大使館がEUやBusinessEuropeに向けた演説をし、協定の速やかな批准と協定の発効への働きかけをする両者の交渉担当主任と代表者にEU貿易連合代表が参加した。 「ベトナムが中国に次ぐ日用消費材の生産国である事と、ベトナム国内における小売業への投資に対する関心の高まりから、EUの小売業界はベトナムに二重の関心を抱いています。」外国貿易協会貿易政策主任Pierre Gröning氏は述べた。 この領域の潜在的な利益規模は莫大である。「小売業にとってベトナムとのFTAは、(アメリカとの)TTIP、(カナダとの)CETA、そして日本との協定を合わせたものより重要です。」Gröning氏は述べた。 EUの小売業は、現在日用消費材の8%をベトナムから輸入している。それは中国の50%からは程遠いものの、急速に成長しており、またEUへの輸入コストを引き下げるFTPの関税廃止により急成長が見込まれている。 主要輸出品目の中でも、繊維・織物は1550万米ドルと取引高が増加し、2016年の8か月間で対前年4.2%増、また履物は860万米ドル、8.1%増であった。FTAがなくとも、EUのベトナムからの輸入は2015年に3.2%増加している。センシティブな分野であることから、関税の完全撤廃は7年間で段階的に行われる。衣類の原産地規則により、EUの他のFTA締結国である韓国産の布を除き、ベトナムで生産された生地の使用が求められる。 ベトナム市場もまた、欧州生産者や小売業者にとって魅力がますます増している。FTAにより、2020年までに中流階級が3000万人に達すると予想される9000万人の消費者市場に、自動車やバイク、医薬品、アルコール飲料といったヨーロッパ製品が関税なしで輸入可能となる。ベトナムで生産された製品は、世界最大の自由貿易地域である環太平洋戦略的経済協定(TPP)と共に、6億3000万人以上の力強いアセアン経済共同体に関税なしで輸出できる。 「ベトナムは大変魅力的な投資先です。」商工省のTran Quoc Khanh副大臣は述べる。「ベトナムで生産されたものは、世界のほぼ全てに無関税で輸出できるのです。」 協定はまた、一人当たりの国民所得が1986年の100米ドルから2015年の2100米ドルと、並外れた成功例とすでにみなされているベトナムの発展をさらに高めると見込まれている。「発展は経済成長によって促され、経済成長は輸出によって促されました。我々(EU)は、開発援助から交易へと前進し、ベトナムがそれに答えたのです。」 EUが開発途上国と締結する初の包括的貿易協定であるFTAには、持続可能性に関するしっかりとした章が含まれている。   もっと見る
2016/09/21 06:03 da:23 facebook:0 twitter:0 米ドル ヨーロッパ 自動車 バイク 消費者 生産者 Tweet
アパレル・リソース  TPPがインドとの貿易に拍車をかける  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の恩恵を受けるため、近い将来多くのインド資本がベトナムに投下されることが期待されている。 7月中旬インド革輸出協議会(CLE)に属する41の企業が、市場調査及びパートナー企業開拓のためにホーチミン市を訪れた。 Smita Pantインド総領事によると、昨年は20ものインドの代表団がエネルギー、農業、サポート産業、履物、衣料品といった幅広い分野で投資機会を探るため、ベトナムを訪問した。 「今年の始めに署名され、2018年にも発効することが期待されているTPPによって、ますます多くのインド企業がベトナムを魅力的な投資先として捉えています。」とPant総領事は述べた。 CLEのM. Rafeeque Ahmed会長は、インドは年間22億足以上を生産する世界第2位の履物生産国であるが、ベトナムも世界第4位であると指摘した。 「そのためベトナムとインドの企業は、国際市場において、高級品や請負作業よりも高い付加価値を得ることのできる自社ブランドによる競争力を高めるため、互いに協力し合うべきです。」 彼はまた、今年は65億米ドル、2020年までに120億米ドル規模にも達すると予想されるインドの巨大市場に対応するため、インド国内の製造設備に投資するようベトナムの履物企業に呼びかけた。 インドの投資家がベトナムに殺到しているため、インド銀行は1500万米ドルの資本を投じ、ベトナムで初の支店を開設した。この動きにより、両国間の貿易活動の増加や投資家のベトナム市場への参入促進が期待されている。 この銀行は2003年にホーチミン市に駐在員事務所を開設したが、ベトナムで営業活動を開始する初のインドの銀行として、2015年に外国銀行のライセンスを取得した。 「このホーチミン支店の開設により、ベトナムとインドの輸出入業者のニーズに応えることができます。また両国指導者によって設定された、2020年までに両国間貿易を150億米ドルまで増加させるという目標を達成する上でも、極めて重要な役割を果たすことになります。」とインド銀行のShri Melwyn Rego頭取は述べた。 インド銀行のホーチミン支店は当面、ベトナムに投資するインド企業をサポートする。例えばインドのTata Power社が、メコンデルタのソクチャン省に2つの石炭火力発電所を建設するプロジェクトを加速させる予定としている。 「もしこの21億米ドル規模のプロジェクトが実現すれば、インドはベトナムにとって最大の投資国の一つとなるでしょう。」とPant総領事は述べた。 インドはベトナムにとって10大貿易相手国の中の一つであり、一方でベトナムはインドの貿易相手国として24番目にランクされている。この二国間貿易は、過去数年間順調に成長を遂げてきた。インド政府のデータによると、両国間の貿易額は2014年から2015年の会計年度で90億米ドルを超え、2015年に70億米ドルという目標を前倒しで達成した。インド企業はベトナムに対し、100以上のプロジェクトで11億米ドル以上を投資している。 もっと見る
2016/08/13 06:03 da:22 facebook:0 twitter:0 インド 米ドル ホーチミン プロジェクト 総領事 両国間 Tweet
アパレル・リソース  インドの皮革産業が巨大な市場に注目  ↑0 ↓0
インドの皮革・履物産業は最近、ベトナム市場が巨大であり、ベトナム企業は膨大な量の革製品を輸入しているものの、インドからはごくわずかであることに気がついた。 昨年ベトナムは50億米ドル相当もの革製品とアクセサリーを輸入したが、皮革、履物で世界第2位の生産国であるインドからはその内わずか5%であった。 ベトナムは毎年シューズ8億5000万足を輸出しているが、原材料、特に加工済皮革の深刻な不足に直面している。 ベトナム皮革履物鞄協会のDiệp Thành Kiệt副会長は、41社のインド企業が参加したホーチミン市の2016レザーフェアに併設された木曜日のミーティングにおいて、インドの企業担当者に対して次のように尋ねた。「インドの革製品は価格と品質において素晴らしいものがあるにもかかわらず、なぜ我々はインドから仕入れることはできないのでしょうか?」 「毎年我々は何十億米ドル相当もの革製品を、インドではなく他国から輸入しています。」 しかし近年この状況は変化しつつあり、インドのベトナムに対する皮革・履物の輸出量は着実に増加している。 インドからの輸出量は2009~2010年に4066万米ドルであったのが、2014~2015年には1億1707万米ドルに増加した。最新のレポートによると、昨年4〜12月には輸出は8億4500万米ドルまで増加したことが示されている。 一方でインド革製品輸出委員会のRafeeque Ahmed会長は、ベトナムの製靴企業に対し、巨大なマーケットと供給能力を持つインドとの取引においてビジネスチャンスを掴むよう促した。 インドの履物市場は現在、65億米ドル相当の規模であると推定されるが、2020年までに120億米ドルにまで上昇すると予想されている。 インドは良い品質の生皮で知られているが、それだけでなく多くの若い労働人口も擁しており、すなわち安価な賃金で熟練労働者を活用できることを意味している、とAhmed会長は述べた。 皮革・履物産業は推定60億米ドルを稼ぎ出し、インドにおいてトップ10に入る外貨獲得産業の一つとなっている。 展示会に参加するために初めてベトナムを訪れたKbro Leathertex社のKhan氏は、当初ベトナムは小さなマーケットだと考えていたが、今ではそれは巨大なものであることを認識し、来年オフィスを開設することにしたと述べた。 「ベトナムは世界の主要なマーケットといくつかの自由貿易協定を結んでおり、TPPの加盟国でもあることは、投資家にとっても大きなメリットとなるでしょう。」 「私は、いくつもの皮革・履物工場が他国からベトナムに移転されてくると予想しています。」 インドのParvathaneni Harishベトナム大使は、2015年には70億米ドルであった二国間の貿易は、2020年までに150億米ドルにまで上昇するであろうとし、皮革・履物部門はその目標達成に大いに貢献するだろう、と述べた。 「インド企業はベトナム市場での絶好のビジネスチャンスを見据えています」 もっと見る
2016/07/20 11:46 da:22 facebook:0 twitter:0 インド 米ドル 革製品 マーケット チャンス ビジネス Tweet
sankeibiz.jp  【データで読む】ベトナムで進むエネルギー関連プロジェクト  ↑0 ↓0
ベトナムでは、1986年の共産党大会においてドイモイ政策が採択された。この政策は計画経済から市場経済への転換を図るものであり、90年代半ば以降は、外国からの直接投資の増加などもあって高い経済成長率を達成した。 これに伴い、ベトナムにおける一次エネルギー(化石燃料など自然界に存在するエネルギー源で、電力・都市ガスなどに加工する前のもの)の消費は大きく増加している。ベトナム政府によれば、2025年には14年の約2倍に拡大する見込みである。 一方、ベトナムはエネルギー生産国でもあり、ドイモイ政策の効果もあり、10年頃にかけて石炭や石油を中心に生産が増加した。ただし、近年は採掘可能量の減少などにより、伸び悩んでいる。 ベトナム政府は、エネルギー需給の逼迫(ひっぱく)を受け、エネルギー資源の輸入拡大や製油所建設、原子力・再生可能エネルギーの拡大などに取り組んでいる。さまざまなプロジェクトのうち、特に有名なのは製油所建設である。ベトナムには、09年まで製油所がなく、原油を輸出し、石油製品を輸入する状況が続いた。現在は国内2カ所で製油所建設が進み、ある程度の国内需要に対応できる設備が整いつつあるが、 もっと見る
アパレル・リソース  TPPのヤーン・フォーワード規則が繊維産業に間接的利益をもたらす  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)はアメリカ議会で行き詰まりを迎えていることで懸念はあるものの、ベトナムの繊維産業に関連する数多くの企業がTPPは決定事項であるかのように投資を開始している。 「こうした動きはビジネス界が予測するベトナムのアパレル産業がTPPにより受ける恩恵の大きさを反映するものです」と国家経済大学のTran Thi Minh Huong博士は話す。 TPPのあまり理解されていない条項である「ヤーン・フォーワード規則」により、衣類を他のTPP加盟国に輸出する国は、国内生産またはTPP加盟国生産による繊維を使用しなければならない。ベトナムは世界でも有数のアパレル生産国であるものの、繊維の多く、およそ88%を中国及び韓国からの輸出に頼ってきた。 「生地を輸入したのち、ベトナムの工場で裁断・縫製を行い完成品とし、製品を米国、カナダ、メキシコ等の海外市場に輸出しているのです」とHuong博士は話す。 TPPへの批准でもたらされる特恵関税条約の恩恵を受けるためには、アパレル製品輸出業者は現実的に中国から原材料を輸入することができなくなる。 ヤーン・フォーワードの条件は米国の糸、繊維業者を保護することを大きな目的として設定された。これら業界が米国政府に広範囲に及ぶロビー活動を行い、厳密な原産地規則を導入することを訴えてきた。 それに反して、米国の小売業者らはアパレル製品・繊維(靴類も含む)は他の多くの商品同様、大規模な世界的供給網を構築しており、こうした条項で阻害されるべきではないと訴えてきた。 ベトナムのアパレル産業は、繊維産業の生産設備に巨額の先行投資を行う投資企業がなければ、TPPの原産地規則に従うことは困難であろうとすでに予測していた。 「ベトナム側の交渉者は『裁断・縫製』原産地規則を主張していました」とHuong博士は説明する。これは文字通り、TPP加盟国内で裁断と縫製が行われればよいとする規則である。 しかし現在、国内企業、外資系企業ともにベトナム国内で川上工程の生産を行うための製造工場と機材への投資を行っている。これはTPPが発効した場合にベトナムの縫製業者が享受できる特恵制度を活用するために他ならない。 Huong博士によると、TPPが最終的に批准された場合、縫製産業が米国市場への特恵的なアクセスが得られるというだけでなく、サプライチェーンで得られる付加価値が向上することも意味する。 TPPが発効した場合、米国等の他加盟国への縫製製品輸出にかかる関税は現在の約17%からほとんどゼロにまで下がると業界関係者は予測しているという。 ベトナム国内最大の繊維企業であるベトナム繊維公団(Vinatex)は昨年、日本の商社伊藤忠とベトナムの複数の繊維製造工場への投資の合意書を締結した。 繊維公団ではTPPの条項に沿うべく、織り、染色を含むサプライチェーン拡大、刷新のために7億1400万米ドル以上を投資する計画を発表している。 繊維公団は2015年の4月には日本のToms Limitedと1200万ドルの契約を締結し、ベトナム中部に数百万ドル規模の繊維・染色・縫製工場を建設することになった。 その後も海外投資家の参入が続いている。韓国のDong-IL Corpは昨年、ベトナム南部で5200億米ドル規模の製糸工場の建設を開始した。台湾のForever Gloriousは5000万米ドル規模の織り・染色・縫製工場の建設計画を発表した。 一方で、Esqual GroupやJiangsu Yulun Textile Groupなど複数の中国の繊維企業もベトナムで大規模な繊維工場を建設中か、操業を開始したところである。 TPPの発効は言うまでもなく、TPPへの批准とそれまでの交渉の終わりがまだ見えない中、 ヤーン・フォーワードの問題がどのような結論をみるか今のところはっきりしない。 昨年の収益が数百億米ドル、国内の約6000工場で250万人を雇用するベトナムの繊維産業にとって、交渉の最終結果は非常に重要なものとなる。 世界銀行による研究などでは、ベトナムはTPPにより最大の利益を受けることとなる国のひとつであると予測されていたが、労働力に関する推計の不正確さから、現在ではその信頼性は大きく損なわれている。 しかし、国内外の企業によるベトナム繊維産業への投資や規模拡大への動きはTPPのヤーン・フォーワード規則がベトナムの繊維産業に限定的、間接的ではあるものの利益をもたらしている証拠であるとHuong博士は言う。   もっと見る
2016/05/11 06:00 da:19 facebook:0 twitter:0 アパレル ヤーン フォーワード 加盟国 米ドル 原産地 Tweet
アパレル・リソース  繊維輸出は好調と外資系銀行が報告  ↑0 ↓0
ANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)は最近報告書Greater Mekong Outlookを発表し、メコン川流域諸国における繊維産業の重要性を分析した。 「繊維・アパレル産業は労働集約的でありながら高付加価値の部門であり、低付加価値産業と特徴付けることはできない」と同報告書は述べている。 報告書によると、すべての製品カテゴリーにおいて中国が主要生産国であることに変わりはないが、グローバリゼーションの進行とともにまだ他国にもチャンスが存在するとしている。 投資家が中国から生産拠点の移転を進めていることも、ベトナムを含む諸国に好機となっている。 2000年から2014年までの期間、ベトナムの年平均成長率(CAGR)が最も高く、18.3%であった。 ベトナムは現在世界のマーケットシェアの3.8%を占め、2000年の21位から2014年には6位に上昇している。 靴製品において、ベトナムは世界第5位の生産国で、EUへの輸出の7.8%を占めている。 EUとベトナム間の自由貿易協定の批准はベトナムのアパレル産業をさらに利することとなるが、協定に含まれる厳格な原産地規則に適合し便益を最大化するためには、ベトナムには繊維・縫製産業の縦断的な再編成が求められるだろう。 2014年の時点で、ベトナムのアパレル・靴製品輸出の20.9%がEUに輸出されている。 中国の賃金面での競争力が低下するにつれ、ベトナムがアパレル部門での中国のマーケットシェアを少しずつ奪うことができるだろう。 米国の輸入の16.6%をアセアン諸国が占めており、アパレル製品、皮革製品、靴製品のカテゴリーでベトナムが首位を占めている。 米国はベトナムのアパレル・靴製品の最大の輸出市場であり、アパレル・靴製品輸出の36%が米国向けである。 もっと見る
2016/04/07 06:02 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 靴製品 報告書 生産国 マーケット カテゴリー Tweet
tpp.asilla.jp  TPPでさらに安くなる、ベトナムコーヒー(ロブスタ)について  ↑0 ↓0
先日読んだ東洋経済のベトナムコーヒーの評価は「苦くて美味しくはないが安い」、TPPで安く入ってくると「飲んで目が覚めればなんでもいいと考える人には朗報」という割とネガティブなものでした。 毎日喜んで飲んでいる身としては「えー、ちょっと・・」と思いました。味音痴って言われてるみたいで。 というわけで、実際の世界的にどうなのか調べてみました。 さて、世界のコーヒーは「アラビカ」と「ロブスタ」という2種で流通の99%を締めていますが、以下の通りベトナムは「ロブスタ」の産地です。 世界コーヒー豆の生産地:r:ロブスタコーヒーノキm:ロブスタコーヒーノキ とアラビカコーヒーノキa:アラビカコーヒーノキ 出典:コーヒー豆 - Wikipedia このベトナムのロブスタについて、知りたいことがほとんどここに書かれていました。5年前の記事ですが。  ベトナムは世界第2位のコーヒー輸出国であることは、ほとんど知られていない。それはコーヒー豆の中でも味が劣るとされている「ロブスタ」という品種を生産しているからである。 (中略) ベトナムのロブスタは「不味いコーヒー」なのだろうか? 美味しいロブスタ(プレミアム・ロブスタ)というようなものは可能なのだろうか?最初にコーヒーの木をベトナムに持ち込んだフランス人が、自分たちで飲んでいたコーヒーは不味かったのだろうか? かつてフランス人の農園で働いていたエデ族の人たちはどんなコーヒーを飲んでいるのだろうか?調べてみると、彼らが飲んでいるコーヒー豆は実に美しい。丁寧に処理され、選別されている。 そして、「100%ピュア」なコーヒーを飲ませてくれる。コーヒーの入れ方もまるで茶道のように礼儀正しい。 彼らは「美味しいロブスタ」の飲み方を知っている。「100%ピュア」を強調するということから分かるように、普通は焙煎時にバター、砂糖、カカオなど、様々なものが混ぜられる。そこにコンデンス・ミルクをたっぷり入れると、濃厚なチョコレートのような飲み物が出来上がる。 それで、嫌な味は消されていく。生産国の飲み方はどこも似ている。 彼らは、質の良い美味しいコーヒーを輸出した後に残った質の悪いコーヒーを精一杯、美味しく飲む工夫をしてきたのである。 先進国の人たちが、生産国のコーヒーは「不味い」と言って馬鹿にする前に、このような先進国と生産国との間の経済力の差による不平等を理解しておくべきである。 出典:【報告】第4回東文研・ASNET共催セミナー「コーヒー豆の不平等-ベトナム・コーヒーの美味しい飲み方-」 | Network for Education/Studies on Asia at the University of Tokyo  分かりやすい。 彼らは、質の良い美味しいコーヒーを輸出した後に残った質の悪いコーヒーを精一杯、美味しく飲む工夫をしてきたのである。 「質の良い美味しいコーヒーを輸出」とあるとおり、ベトナム・ロブスタの主な輸出国はEU(特にドイツ、ベルギー、イタリア、スペイン)なので、上質な層はヨーロッパに流れているのかもしれませんね。これはもっと調べてみたいですね。 単純に考えても不味いものを大量に作るなんて誰もしないはずなので、そこには秘密がありそうです。いくつか継続して調べてみたいと思います。 ロブスタ農地⇒アラビカへの転換が可能か。 できるとして、なぜ価値のある豆への転換をしないのか。 ベトナム産のアラビカは美味しいか。 プレミアム・ロブスタの存在の有無。 100%ピュアなロブスタは美味しいのか。 100%ピュアなロブスタを非ベトナム式でドリップしたら美味しいのか。 ベトナムロブスタの主な輸出国はEU(特にドイツ、ベルギー、イタリア、スペイン)のようだが、どのように飲まれているのか。 サンマルクのベトナムコーヒーはロブスタか、アラビカか。 あたりを。 昨日、旧市街でベトナムのアラビカを入手したので、まずは近いうちに3番が判明することでしょう。ベトナムのドリッパーとともに、ペーパードリッパーを探して飲み比較べしたいと思います。 ベトナムアラビカがとてもおいしくて将来的に日本で需要があると仮定し、TPP発効で関税が下がれば、ベトナムの農園はアラビカの生産にシフトする動きもあるかもしれませんね。 もっと見る
2015/12/13 19:38 da:16 facebook:- twitter:- コーヒー ロブスタ コーヒー豆 ピュア 生産国 ベルギー Tweet
blog.asilla.jp  TPPでさらに安くなる、ベトナムコーヒー(ロブスタ)について  ↑0 ↓0
先日読んだ東洋経済のベトナムコーヒーの評価は「苦くて美味しくはないが安い」、TPPで安く入ってくると「飲んで目が覚めればなんでもいいと考える人には朗報」という割とネガティブなものでした。 毎日喜んで飲んでいる身としては「えー、ちょっと・・」と思いました。味音痴って言われてるみたいで。 というわけで、実際の世界的にどうなのか調べてみました。 さて、世界のコーヒーは「アラビカ」と「ロブスタ」という2種で流通の99%を締めていますが、以下の通りベトナムは「ロブスタ」の産地です。 世界コーヒー豆の生産地:r:ロブスタコーヒーノキm:ロブスタコーヒーノキ とアラビカコーヒーノキa:アラビカコーヒーノキ 出典:コーヒー豆 - Wikipedia このベトナムのロブスタについて、知りたいことがほとんどここに書かれていました。5年前の記事ですが。  ベトナムは世界第2位のコーヒー輸出国であることは、ほとんど知られていない。それはコーヒー豆の中でも味が劣るとされている「ロブスタ」という品種を生産しているからである。 (中略) ベトナムのロブスタは「不味いコーヒー」なのだろうか? 美味しいロブスタ(プレミアム・ロブスタ)というようなものは可能なのだろうか?最初にコーヒーの木をベトナムに持ち込んだフランス人が、自分たちで飲んでいたコーヒーは不味かったのだろうか? かつてフランス人の農園で働いていたエデ族の人たちはどんなコーヒーを飲んでいるのだろうか?調べてみると、彼らが飲んでいるコーヒー豆は実に美しい。丁寧に処理され、選別されている。 そして、「100%ピュア」なコーヒーを飲ませてくれる。コーヒーの入れ方もまるで茶道のように礼儀正しい。 彼らは「美味しいロブスタ」の飲み方を知っている。「100%ピュア」を強調するということから分かるように、普通は焙煎時にバター、砂糖、カカオなど、様々なものが混ぜられる。そこにコンデンス・ミルクをたっぷり入れると、濃厚なチョコレートのような飲み物が出来上がる。 それで、嫌な味は消されていく。生産国の飲み方はどこも似ている。 彼らは、質の良い美味しいコーヒーを輸出した後に残った質の悪いコーヒーを精一杯、美味しく飲む工夫をしてきたのである。 先進国の人たちが、生産国のコーヒーは「不味い」と言って馬鹿にする前に、このような先進国と生産国との間の経済力の差による不平等を理解しておくべきである。 出典:【報告】第4回東文研・ASNET共催セミナー「コーヒー豆の不平等-ベトナム・コーヒーの美味しい飲み方-」 | Network for Education/Studies on Asia at the University of Tokyo  分かりやすい。 彼らは、質の良い美味しいコーヒーを輸出した後に残った質の悪いコーヒーを精一杯、美味しく飲む工夫をしてきたのである。 「質の良い美味しいコーヒーを輸出」とあるとおり、ベトナム・ロブスタの主な輸出国はEU(特にドイツ、ベルギー、イタリア、スペイン)なので、上質な層はヨーロッパに流れているのかもしれませんね。これはもっと調べてみたいですね。 単純に考えても不味いものを大量に作るなんて誰もしないはずなので、そこには秘密がありそうです。いくつか継続して調べてみたいと思います。 ロブスタ農地⇒アラビカへの転換が可能か。 できるとして、なぜ価値のある豆への転換をしないのか。 ベトナム産のアラビカは美味しいか。 プレミアム・ロブスタの存在の有無。 100%ピュアなロブスタは美味しいのか。 100%ピュアなロブスタを非ベトナム式でドリップしたら美味しいのか。 ベトナムロブスタの主な輸出国はEU(特にドイツ、ベルギー、イタリア、スペイン)のようだが、どのように飲まれているのか。 サンマルクのベトナムコーヒーはロブスタか、アラビカか。 あたりを。 昨日、旧市街でベトナムのアラビカを入手したので、まずは近いうちに3番が判明することでしょう。ベトナムのドリッパーとともに、ペーパードリッパーを探して飲み比較べしたいと思います。 ベトナムアラビカがとてもおいしくて将来的に日本で需要があると仮定し、TPP発効で関税が下がれば、ベトナムの農園はアラビカの生産にシフトする動きもあるかもしれませんね。 もっと見る
2015/12/13 19:38 da:18 facebook:- twitter:- コーヒー ロブスタ コーヒー豆 ピュア 生産国 ベルギー Tweet

Thailand

news.kakaku.com  相変わらずのピックアップ大国、日本未発売の右ハンドル車も…バンコクモーターショー2018  ↑0 ↓0
トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、そしてスズキと日本の自動車メーカーが生産拠点を構えるタイは「東南アジアのデトロイト」を自称し、東南アジアを代表する自動車生産国である。 そんなタイの首都バンコクで開催される「バンコクモーターショー2018」が26日のVIPデーで幕開けした。世界中で開催されているモーターショーは ...
2018/03/27 10:27 da:- facebook:- twitter:- Tweet
response.jp  【バンコクモーターショー16】開幕直前のVIPデー、気になるベールの中身は明日明らかに  ↑0 ↓0
東南アジア最大の自動車生産国で「アジアのデトロイト」を自称するタイの首都バンコクで、同国最大規模となる「バンコクモーターショー」が3月21日にスタートした。1979年に第1回目が開催されたバンコクモーターショーは毎年恒例で、今年は37回目となる。前回(2015年)の会期は11日間で来場者数は173万人。2015年の東京モーターショーの来場者が81万2500人なので、その倍以上の人が押し寄せる注目度の高いイベントなのだ。洪水などの自然災害や政治的混乱があったりと不安定な状態が続くタイだが、市民の間でのクルマに対する憧れは相変わらず大きく、モーターショーにも多くの人が訪れる。また優良顧客を対象としたVIPデーは、正式発表前でベールのかかった状態の車両も置かれる。会場はバンコク郊外にあるコンベンション施設IMPACT(インパクト)。トヨタ、日産、ホンダなど四輪車メーカー30社以上、二輪車メーカーは10社が出展する。21日のVIPデーに続き22日に正式開幕しプレスデーとなり、23日から4月3日までは一般公開。一般公開日の入場料は100バーツ(約320円)だ。 もっと見る

Singapore

日本経済新聞  シンガポールの農産物商社オラム、米ピーナツ加工会社を買収  ↑0 ↓0
オラム・インターナショナル(シンガポールの大手農産物商社) 米国のピーナツ加工会社ブルックス・ピーナツ・カンパニーの全株式を8500万ドル(約90億円)で取得した。ブルックスはピーナツ殻取り事業では米国で6位。 オラムは、米国やインド、アルゼンチンなど主要なピーナツ生産国で買い付けや殻取り事業を展開している。同社はここ数年、米国で生産されるピーナツの価格競争力に着目し、2014年には米ピーナツ加工大手のマククレスキー・ミルズを1億7600万ドルで買収するなど、米国でのピーナツ事業を拡大している。 ピーナツは植物性たんぱくを多く含みしかも安価に手に入るため、新興国市場で需要が高まっている。中国やインド、インドネシア、ベトナムなどがピーナツの多消費国の中に含まれる。(シンガポール=菊池友美) もっと見る
2016/06/10 21:11 da:90 facebook:0 twitter:0 ピーナツ カンパニー インターナショナル ブルックス Tweet

Philippines

日本経済新聞  フィリピン新大統領、ニッケル相場揺らす  ↑0 ↓0
6月末、フィリピンにロドリゴ・ドゥテルテ大統領が誕生した。フィリピンはステンレス鋼の原料となるニッケル鉱石の世界最大の産地だ。環境問題を重視する新大統領の一挙手一投足が、ニッケル相場を大きく揺らす一因としてクローズアップされている。画像の拡大 国際指標となるロンドン金属取引所(LME)のニッケル3カ月先物価格は7月中旬時点で1トン1万300ドル前後。年初より16%高く、9カ月ぶりの高値圏にある。特に6月28日以降に大きく相場が上昇した。27日に8980ドルだった相場は、7月4日に節目の1万ドルを超え、1週間で13%上昇した。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けたドル安も材料視されたが、フィリピンの新大統領就任が何より注目を集め、投機資金が多く流入した。 世界生産量の3割を占めていたインドネシアが2014年にニッケル鉱石の輸出を禁止する政策に転換したことで、現在はフィリピンがニッケル鉱石の世界最大の生産国となっている。16年のニッケル鉱石の世界生産量は209万トンと見込まれているが、このうちフィリピンが43万トンを産出、2位のカナダ(23万トン)を大きく引き離す見通しだ。ここ数年、フィリ もっと見る
2016/07/19 05:30 da:91 facebook:1 twitter:0 ニッケル ステンレス 大統領 Tweet
日本経済新聞  バナナ卸値が急騰 フィリピン産、前年比1割高  ↑0 ↓0
バナナの国内卸価格が急騰している。主要生産国のフィリピンで発生した干ばつや病害で供給が減り、国内で品薄感が強まった。現在の卸価格は前年同期に比べ1割高い。輸入商社は代替産地からの調達を急ぐが、新興国との買い付け競争は激しく、卸価格の上昇が店頭にも及びそうだ。 東京・大田市場の卸値は現在1カートン(13キロ)2850円。貿易統計によると4月のフィリピン産輸入量は6万9725トン。平均単価は1キロ1…
2016/06/01 23:26 da:90 facebook:0 twitter:0 バナナ 干ばつ 生産国 Tweet
gomutimes.co.jp  丸五ゴム タイとフィリピンで自動車用ゴム部品生産を強化  ↑0 ↓0
丸五ゴム工業は4月18日、アセアン域内で供給体制を強化するため、タイに自動車用ゴム部品を主に生産する拠点を新設するとともに、フィリピンの会社と技術支援契約を締結したと発表した。 タイについては、すでに100%出資の子会社の販売拠点があるが、社名を一新して生産機能も持たせることにより、アセアン域内最大の自動車生産国であるタイに進出している自動車メーカーをはじめとする各取引先へ、さらなる部品供給体制の充実を図る。 また、同社グループの連携を強め、今後多様化する要望に応えていく狙いもある。 タイの現地法人はチョンブリ県アマタナコン工業団地内にあり、社名は6月から「マルゴ・ラバー・タイランド(MRT)」となる。工場は12月に完成し、来年9月に生産を開始する予定。 建屋面積は約5700㎡、敷地面積は約2万㎡。資本金は約4億3000万円になる予定で、自動車用防振ゴム・エアホースの製造・販売を行う。 これにより、同社の海外生産拠点は米国・中国・インドネシア・インドにタイを加え、5拠点体制となる。 一方、フィリピンでも今後、日系自動車メーカー様の増産が予想されることから、現地部品メーカー「タイタン・ラ もっと見る
2016/04/22 18:00 da:33 facebook:0 twitter:0 自動車 アセアン Tweet
jp.wsj.com  ココナツオイル価格が急上昇 機能性食品として需要拡大  ↑0 ↓0
世界最大のココナツオイル生産国であるフィリピンの農家は、熟す前のココナツを収穫することをますます求められている。中間業者が完熟したココナツより高く ...
2016/04/11 13:30 da:98 facebook:8 twitter:0 ココナツ オイル 生産国 Tweet

Myanmar

日本経済新聞  輸入車への対抗力課題  ↑0 ↓0
東南アジア諸国連合(ASEAN)では17年末、車にかかる域内関税が撤廃された。ミャンマーは隣に域内最大の生産国タイを抱える。ミャンマー政府の優遇策は ...
2018/10/16 09:02 da:- facebook:- twitter:- Tweet
myanmarjapon.com  ミャンマー、ガソリン生産国からの直接輸入を検討  ↑0 ↓0
ミャンマー国内のガソリン小売価格を下げるため、ガソリン生産国からの直接輸入を検討していることがわかった。ミャンマー石油製品輸入・販売業協会のウイン・ ...
2016/11/18 17:09 da:30 facebook:0 twitter:0 ガソリン 生産国 Tweet
msn  スズ価格はさらに上昇する可能性-ミャンマーの生産減少で  ↑0 ↓0
... ているスズの価格がさらに上昇するとの見通しを、国際スズ研究所が示した。世界3位のスズ生産国であるミャンマーの生産が来年減少するためと説明している。
2016/08/17 12:53 da:97 facebook:0 twitter:0 生産国 見通し 可能性 Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマー警察がマンダレーで3000万ドル相当の違法薬物を押収  ↑0 ↓0
ミャンマー警察の幹部は3月6日、同国第2の都市マンダレーで3,000万米ドル(360億ミャンマー・チャット)相当の違法薬物を押収したと複数の通信社に述べた。報道によると、押収された違法薬物は、メタンフェタミン82kg、ヘロインの24kg、覚醒剤680万錠、アヘン15kgなどとなっており、2016年に押収された違法薬物としては最大量となっている。押収されたのはマンダレーの工業地帯。違法薬物を積んだコンテナ車両3台が発見された。また、ミャンマー系中国人の男3人も拘束されている。警察はヤンゴンで逮捕した男から「マンダレーで違法薬物を買った」との情報を得ており、家宅捜索に踏み切ったとみられる。違法薬物を排除できない現状ミャンマーはアフガニスタンに次ぐアヘン生産国として知られ、タイ・ラオスと接するゴールデン・トライアングルは違法薬物の取り引きでも有名だ。2015年7月にはヤンゴン北部でコンテナ車両に積まれた1億米ドル相当の違法薬物が押収されている。ミャンマーでは薬物撲滅に向けた計画も実施されているが、長期にわたる内戦の資金調達に有利な薬物は、なかなか排除できないのが現状のようだ。(画像はTHE もっと見る
2016/03/08 18:00 da:23 facebook:12 twitter:0 マンダレー 通信社 米ドル チャット Tweet

Malaysia

nna.jp  テイクオフ:ダイズアメブラチュウア…  ↑0 ↓0
マレーシアのパーム油価格が下落基調をたどり、背景要因として指摘されている米産大豆の在庫過多で突然思い出した。世界最大の生産国と目星が付いた ...
2018/12/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  〔マレーシア・パーム油〕大幅続伸=買い戻し(22日)  ↑0 ↓0
パーム油が固まる冬季は、主要な買い手の需要が減少するため、主要生産国のインドネシアとマレーシアではこの先2カ月で在庫増が見込まれている。
2018/11/23 08:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japan.cnet.com  ヤシ油産業の強制労働問題対応で協力拡大求める  ↑0 ↓0
マレーシアとインドネシアは合わせてヤシ油の世界生産の86%を占める大生産国で、ヤシ油産業は周辺のより貧しい地域や国からの移民を中心に350万人近くを ...
2018/11/07 16:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  〔マレーシア・パーム油〕3日続落=植物油相場安に追随(19日)  ↑0 ↓0
〔マレーシア・パーム油〕3日続落=植物油相場安に追随(19日). 時事通信社. 2018/09/20 07:12. 3営業日続落。他の植物油相場の下落につれたほか、生産国 ...
2018/09/20 07:17 da:- facebook:- twitter:- Tweet
gomuhouchi.com  天然ゴムの動向、生産国は輸出規制で合意  ↑0 ↓0
タイ、インドネシア、マレーシアの三か国は、現在のゴム相場についてファンダメンタルズを反映していないとして、輸出規制を行うことで需給を引き締め、ゴム相場の安値是正を促す方針を公表した。 まだ具体的な数量や期間などの詳細は決まっていないが、12月13日に新たな生産国会合が予定されており、その場で輸出規制 ...
2017/12/11 07:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
e-logit.com  小糸製作所/マレーシアに自動車用照明機器製造・販売の子会社設立  ↑0 ↓0
マレーシアは、日系自動車メーカーの進出や生産能力増強などにより、タイ・インドネシアに次ぐアセアン地域第3位の自動車生産国となっています。当社は、新 ...
2017/09/28 18:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  〔マレーシア・パーム油〕5日ぶり反落=インド輸入税引き上げが響く(14日)  ↑0 ↓0
〔マレーシア・パーム油〕5日ぶり反落=インド輸入税引き上げが響く(14日) ... 国内の油糧種子栽培農家を、有力生産国マレーシアやインドネシアからのより安価な ...
2017/08/15 07:18 da:- facebook:0 twitter:0 引き上げ 輸入税 インド パーム 生産国 Tweet
excite.co.jp  ゴム価格下落、ゴム農家が政府に善処求める  ↑0 ↓0
また、関係当局に対し、タイ同様主要なゴム生産国であるマレーシアとインドネシアと生ゴム価格をキロ当たり70バーツに引き上げるための交渉を行うよう求めた。
2017/07/14 13:41 da:- facebook:0 twitter:0 生ゴム 生産国 Tweet
mys-news.asia  ナジブ首相、インドネシアを訪問  ↑0 ↓0
このほか、マレーシア中央銀行とインドネシア金融サービス庁による、「アセアンにおける金融統合の枠組み」に関する合意と、インドネシア政府とパーム油生産国 ...
2016/08/02 17:37 da:22 facebook:4 twitter:0 パーム 生産国 枠組み サービス このほか アセアン Tweet
minkabu.jp  〔マレーシア・パーム油〕3日ぶり反発=米大豆油相場高で(26日)  ↑0 ↓0
26日のマレーシア市場のパーム油先物相場は3営業日ぶりに反発、取引終盤にマイナス圏から脱した。米大豆油相場高につれたほか、バイオ燃料のパーム油由来成分の最低混合割合を引き上げるマレーシア政府の方針も相場の追い風となった。 10月きりは1.7%高の1トン=2309リンギで終了。1日の上げ幅としては20日以来の大きさとなる。 出来高は4万8297枚と、2015年の1日平均の4万4600枚を上回った。 あるクアラルンプールの先物トレーダーは、米大豆油相場の上昇が相場を押し上げた可能性が高いと話す。別のトレーダーは、マレーシアのバイオ燃料の方針も支援材料かもしれないと述べた。 インドネシアに次いで世界2位のパーム油生産国であるマレーシアの政府は26日、輸送用バイオ燃料のパーム油由来成分の最低混合割合を今年10%に引き上げる方針に変わりはないものの、実施時期は当初予想された7月よりも後になると表明した。 同トレーダーは「バイオ燃料『B10』が今年導入されることに変わりはなく、また市場は売られ過ぎの状況の反動が来ている」と説明した。 パーム油は月間ベースで2カ月連続の下落となる見通し。植物油相場安 もっと見る
2016/07/27 07:28 da:52 facebook:0 twitter:0 パーム 大豆油 バイオ マイナス Tweet
日本経済新聞  マレーシアのパーム油総在庫、7カ月ぶり増加  ↑0 ↓0
マレーシアパーム油委員会 マレーシアの6月のパーム油の総在庫量が7カ月ぶりに増加したと発表した。インド向けバイオディーゼル燃料の輸出が前月比46%減少。安価な他の食用油との競合が激しくなったことも響いた。 6月の総在庫量は前月比7.66%増の178万トン。バイオディーゼル燃料の輸出は5月に比べ53%超減って9730トンとなった。 CIMBリサーチのリポートによると、エルニーニョ現象による乾燥気候の影響で減っていたパーム油の収穫量が回復しつつあることも在庫増の一因。1月の生産量が乾燥した天候とヘイズ(煙害)により20%減少したこともあり、パーム油の在庫は5月まで6カ月連続で減少していた。 マレーシアは、インドネシアに次いで世界2位のパーム油生産国。(クアラルンプール=朱静儀) もっと見る
2016/07/19 21:00 da:90 facebook:2 twitter:0 パーム ディーゼル インド バイオ Tweet
swanna.waw.pl  ラルフローレン 長袖 リサイズ シャツワンピース L レディースM マレーシア製 Ralph Lauren ラルフローレン ...  ↑0 ↓0
ラルフローレン 長袖 リサイズ シャツワンピース L レディースM マレーシア製 ... 刺繍生産国マレーシア製年代-カテゴリシャツワンピース商品番号wej0306取扱店 ...
2016/06/20 23:54 da:31 facebook:0 twitter:0 ラルフ ワンピース シャツ ローレン レディース 取扱店 Tweet
mys-news.asia  連邦政府「バイオマス産業開発計画」を開始  ↑0 ↓0
この計画により、バイオマス資源主要生産国として、東南アジアで初の地位を築き上げるとしている。サバ州とサラワク州、それぞれに特別機関を設置この計画により、マレーシア全土のバイオマス資源生産量の半分以上が、このサバ州とサラワク州の2州で生産されると見積もられている。この計画の開始に伴い両州には、特別機関が設けられ、バイオマス産業に関する開発もそれぞれの州で進められる。また、両州には、この動きを全国に広めるための重要な役割も担わなければならないとの期待も寄せられる。ナジブ首相は、「バイオマス産業の発展は、化石燃料への依存度の軽減を可能にし、世界経済が不安定な時にあっても、「2020年までに先進国入りを果たす」という政府目標達成の可能性にも大きく貢献する。」としている。この「バイオマス産業開発計画」により、サバ州では、32億リンギットの国民総所得の増加、135億リンギットの新規投資機会、2万5000以上の雇用の創出が見込まれ、サラワク州では、48億リンギットの国民総所得の増加、180億リンギットの新規投資機会、30000の雇用の創出が見込まれる。(画像はマレーシア政府HPより)外部リンクBER もっと見る
2016/02/28 11:03 da:13 facebook:2 twitter:0 バイオマス サラワク 半分以上 Tweet
sankeibiz.jp  マレーシア、パーム油の生産・在庫大幅減 エルニーニョで深刻干魃  ↑0 ↓0
パーム油生産世界2位のマレーシアで、パーム油在庫が過去半年間の最低水準に落ち込んでいる。エルニーニョ現象の発生で、同国のパーム油生産が大きな打撃を受けたためだ。 エルニーニョ現象の影響で、昨年にはパーム油の世界最大の産地である東南アジアが深刻な干魃(かんばつ)に見舞われ、パーム油の2大生産国であるマレーシアとインドネシアの複数の地域で大幅な減産となった。 マレーシア・パーム油委員会(MPOB)が発表したデータによれば、1月の在庫は231万トンと前年同期比12%下落した。ブルームバーグがまとめた予想中央値(233万トン)を下回った。 パーム原油の生産量は113万トンと前年同期比で19%減少した。これは1月としては、2011年以降で最低水準。 もっと見る
2016/02/20 12:00 da:68 facebook:2 twitter:0 パーム エルニーニョ 半年間 Tweet

Indonesia

japan.cnet.com  ヤシ油産業の強制労働問題対応で協力拡大求める  ↑0 ↓0
マレーシアとインドネシアは合わせてヤシ油の世界生産の86%を占める大生産国で、ヤシ油産業は周辺のより貧しい地域や国からの移民を中心に350万人近くを ...
2018/11/07 16:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  世界5位のコーヒー販売市場 英調査、出店数・小売商品も伸長  ↑0 ↓0
インドネシアが世界で5番目のコーヒー販売市場であることが、英市場調査会社ミンテルの調査で明らかになった。世界有数のコーヒー生産国として知られている ...
2018/06/07 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  【フィリピン】インドネシアに続き新型MPV投入、三菱自[車両]  ↑0 ↓0
【フィリピン】インドネシアに続き新型MPV投入、三菱自[車両] 三菱自動車はこのほど、東南アジア市場向けに開発した小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」(排気量1500cc)を、フィリピンでお披露目した。フィリピンでの発売は、生産国のインドネシアに続き、世界2カ...
2018/03/06 03:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  1月のゴム価格5%上昇、輸出規制が奏功  ↑0 ↓0
インドネシアの1月の天然ゴム価格は、前月比で5%上昇した。主要生産国であるマレーシア、タイ、インドネシアで構成される国際ゴム評議会(ITRC)による輸出規制が奏功した。 貿易省によると、1月31日時点の国内天然ゴム価格(14日間の平均値)は、1キログラム当たり1.54… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 経済 ...
2018/02/12 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  タイ自動車生産2%増、昨年、4年連続200万台届かず  ↑0 ↓0
... 【バンコク=岸本まりみ】東南アジア最大の自動車生産国タイの2017年の生産台数は3年連続で増えた。タイ工業連盟(FTI)の24日の発表によると前の年比2%増の198万8823台となった。国内販売が好調で輸出向けの不振を補ったが、14年以来4年連続で200万台の大台には届かなかった。 17年の国内市場向け生産 ...
2018/01/24 18:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
patapon.thebase.in  インドネシア バリ神山ハニー  ↑0 ↓0
夏に当店でもダッチコーヒーで即完売してしまったバリ神山ハニー冬のホットにもオススメ!!クリーンなカップの中にスパイシーな風味と丸い甘みを感じますが強調しすぎずとても飲みやすいコーヒー生産国 インドネシア地域 バリ島規格 無しスクリーン 規格無し標高 1150m~1650m欠点 ほぼ無し精選方法 パルプドナチュラル ...
2017/12/16 10:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
gomuhouchi.com  天然ゴムの動向、生産国は輸出規制で合意  ↑0 ↓0
タイ、インドネシア、マレーシアの三か国は、現在のゴム相場についてファンダメンタルズを反映していないとして、輸出規制を行うことで需給を引き締め、ゴム相場の安値是正を促す方針を公表した。 まだ具体的な数量や期間などの詳細は決まっていないが、12月13日に新たな生産国会合が予定されており、その場で輸出規制 ...
2017/12/11 07:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
e-logit.com  三菱ふそうトラック・バス/ノックダウン出荷台数が累計200万台を達成  ↑0 ↓0
また、式典に参加したKD生産国代表の中からインドネシアでトラックとバス用シャシーを生産するP.T. Krama Yudha Ratu Motors(以下:KRM社)のLambertus Hutauruk社長が「累計200万台達成はお客様の要望を満たす優れた商品力だけではなく、三菱ふそうのサポートと全てのKD国に対する信頼によるものです」と述べ ...
2017/11/20 21:02 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  生産国連合、EU決議に遺憾 パーム油輸出規制の衝撃(1)  ↑0 ↓0
マレーシア・インドネシアの輸出を支える主要産品であるパーム油への風当たりが強まっている。欧州連合(EU)では、パーム農園開発が森林破壊など環境に ...
2017/10/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
j.sankeibiz.jp  「ハラール」チョコの需要拡大 狙いは甘党イスラム教徒 マレーシア、製造加工アジア2位に  ↑0 ↓0
アフリカを除けば最大のカカオ生産国である隣国インドネシアからカカオ豆を輸入し加工することで、マレーシアはカカオ製造加工大国となった。(ブルームバーグ ...
asiax.biz  EUのパーム油「排除」、世界貿易機関への提訴も視野  ↑0 ↓0
マレーシアとインドネシアは貿易相会議を持ち、パーム油に関する欧州の方針に一致して当たることで合意 ... マレーシアとインドネシアはパーム油の主要生産国。
2017/07/17 17:48 da:- facebook:0 twitter:0 パーム 生産国 貿易相 Tweet
bangkokshuho.com  ゴム価格下落、ゴム農家が政府に善処求める  ↑0 ↓0
また、関係当局に対し、タイ同様主要なゴム生産国であるマレーシアとインドネシアと生ゴム価格をキロ当たり70バーツに引き上げるための交渉を行うよう求めた。
2017/07/14 13:41 da:- facebook:0 twitter:0 生ゴム 生産国 Tweet
gomuhouchi.com  天然ゴムの動向、生産国主導の底入れは失敗  ↑0 ↓0
6月17-18日に、タイ、インドネシア、マレーシアの3カ国は協議を行った。そこでの協議内容については公表が行われていないが、インドネシアゴム協会の会長は ...
2017/06/30 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 底入れ 生産国 Tweet
atpress.ne.jp  甲南女子大学×ウエシマコーヒーフーズ オリジナルコーヒーを1...|  ↑0 ↓0
インドネシアとの交流についてブレンドに配合されている、マンデリンG1の生産国であるインドネシアは甲南女子大学との交換留学生などの交流も深く、販売金額 ...
2016/10/21 18:00 da:66 facebook:0 twitter:0 コーヒー 甲南女子大学 留学生 生産国 オリジナル フーズ Tweet
sankeibiz.jp  【京都発 輝く】DariK インドネシア産カカオに着目、チョコ製造  ↑0 ↓0
インドネシアでカカオが採れるのか。ガーナと同じぐらいの生産国なのに、なぜ日本に出回っていない?」。この疑問が、翌11年3月にインドネシア産カカオ豆を ...
2016/09/29 05:03 da:76 facebook:0 twitter:0 カカオ 生産国 チョコ ガーナ Tweet
manila-shimbun.com  まにら新聞ウェブ  ↑0 ↓0
世界でも有数のカカオ豆生産国であるインドネシアの今年の生産が大雨の影響で大幅に落ち込む恐れが出てきた。 全国カカオ豆協会がこのほど明らかにした ...
2016/09/03 01:57 da:45 facebook:0 twitter:0 カカオ 明らか このほど 生産国 ウェブ Tweet
top.tsite.jp  日本車が圧倒的!インドネシア自動車市場のリアル  ↑0 ↓0
インドネシアのGDPは、国民一人あたりに換算すると日本の約10分の1程度。にもかかわらず、この国はモーター所持率が高い。原付バイクならば誰しもが持っているし、中間層以下の市民もわざわざローンを組んで自動車を購入する。これは、「車は資産である」という概念が日本人以上に強いためだ。いざとなったら売ることができ、しかも物価推移によっては新車購入時よりも高い売値をつけることができる。買って損はしないようになっているのだ。その上、インドネシアの自動車市場の9割以上は、日本メーカーの製品が占めている。まさにここは「日本車大国」だ。■強すぎる日本メーカータイとインドネシアは、ASEANの自動車生産国である。だから、両国で開催されるカーイベントには世界中からの注目が集まる。インドネシアの場合、去年はまったく同時期に2つのカーイベントイベントが催された。名称も似ていたため、「こっちのイベントはどこでやるのか?」という混乱も起きたという。だがいずれにせよ、インドネシアでは日本車が強い。あまりに強すぎる。特にミニバンとなると、日本以外の国の資本をほとんど寄せ付けない。日本メーカーの足元に韓国メーカーがどうに もっと見る
2016/03/20 06:11 da:73 facebook:1 twitter:0 誰しも バイク リアル 自動車 モーター Tweet
ind-news.asia  国連開発計画 インドネシアのパーム油生産の現状を紹介  ↑0 ↓0
国連開発計画(UNDP)は2月26日、同組織のホームページにおいて、グリーン・コモディティ・プログラムのアジアマネジャー、宇野智之氏の寄稿文、「インドネシアにおけるパーム油生産の現状と小規模農家向け金融支援」を掲載した。インドネシアは世界最大のパーム油生産国であり、同国ではパーム油生産の関連事業に多くの人々が従事している。現在、同国のパーム油生産量は約3300万トンであるが、同国政府は2020年をめどに生産量4000万トンを目標としている。しかしながら、パーム油生産量を増やすことは、森林破壊や土地紛争につながるとされている。その対策としては、現時点では生産性の低い小規模農家の生産性を向上させることだ。生産性向上、持続可能なパーム油生産を目指すパーム油の小規模農家は、同国内に約200万人いると推定されるほか、同国内のパーム油耕作地の40%を耕作しているとされる。しかしながら、小規模農家の多くは組織化されていないことから、銀行の融資や公共サービスを受けられず、生産技術や知識、資金が乏しいままだ。その対策として、2010年、インドネシア農業省とUNDPインドネシア事務所は「持続可能なパーム油 もっと見る
ind-news.asia  JFEスチール現地法人がインドネシア初の車用CGL稼働  ↑0 ↓0
PT.JFE STEEL GALVANIZING INDONESIA(以下、JSGI社)が、インドネシア西ジャワ州ブカシ県にて、自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備(Continuous Galvanizing Line=CGL)を稼働させたことを、同社に100%出資するJFEスチール株式会社がWEBサイト上にて1月12日に発表した。JSGI社は、2013年5月に設立された自動車用薄板鋼板事業会社だ。当設備について当初は2016年3月に稼働する計画であったが、このたび、2か月前倒しの稼働が実現された。中国・タイに続きアジアでは3拠点目の稼働自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備が建設されるのはインドネシアでは初の試みだ。なお、JFEスチールは同様の設備を既に中国やタイでも稼働させており、アジア地域ではインドネシアが3拠点目となる。今後、試験生産や顧客の承認を経て、本格的に営業生産を開始する予定だという。インドネシアは東南アジア第2位の自動車生産国インドネシアでは、各自動車メーカーが同国を輸出ハブとすべく、こぞって生産増強を進めてきた。2014年の国内生産台数が約130万台と、東南アジアではタイに続いて第 もっと見る
2016/01/14 02:15 da:14 facebook:0 twitter:0 Continuous 自動車 INDONESIA スチール 西ジャワ Tweet
response.jp  JFEスチール、インドネシアの自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備の稼動を開始  ↑0 ↓0
JFEスチールは1月12日、インドネシア子会社の自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備を稼動開始したと発表した、JFEスチールは、インドネシア子会社を通じ、同国初の自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備の建設工事を首都ジャカルタから南東約30kmの西ジャワ州ブカシ県MM2100工業団地内で進めてきたが、今回、当初計画を2か月前倒して、同設備を稼動させた。年間生産能力は40万トン。今後は試験生産、顧客の承認を経て、本格的に営業生産を開始する予定だ。インドネシアは、多くの自動車会社が生産・輸出拠点を構える東南アジア第2位の自動車生産国であることに加えて、今後さらなるマーケットの成長が期待されることから、自動車用高級薄板鋼板の需要拡大が見込まれている。同社は同設備の稼働開始により、既に稼動中の中国、タイに続きアジア地域の3拠点で自動車用溶融亜鉛鍍金製造設備を展開することになる。またインドでは、提携先のJSWスチールが建設した溶融亜鉛鍍金鋼板製造設備への製造技術の供与を推進。これらを通じ、各国で拡大する自動車会社の現地調達需要および高度化する製品ニーズに対応していく。 もっと見る
2016/01/13 10:07 da:58 facebook:2 twitter:0 スチール 自動車 西ジャワ 子会社 ジャカルタ Tweet

Cambodia

business-partners.asia  好天候によりカンボジアの天然ゴムは生産増の見通し カンボジア[経済]  ↑0 ↓0
カンボジアのゴム生産量は、好天候により今年は生産増が見込まれている。クメールタイムズ紙が報じた。 天然ゴム生産国連合(ANRPC)は最新の報告書で、「 ...
2018/08/29 03:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.fashionnetwork.com  カンボジアで偽化粧品68トンを押収 日本製を騙った製品も多数  ↑0 ↓0
カンボジア当局は、68トン相当の偽化粧品を押収した。日本産や韓国産など生産国表記を偽った商品で、同国における偽化粧品としては最大の押収量だという。
2017/05/09 22:30 da:- facebook:0 twitter:0 化粧品 生産国 Tweet
時事ドットコム  セシールが、生産国支援と環境保護のための寄付付きのカンボジア製メンズパンツ・全8アイテムを発売  ↑0 ↓0
セシールのメンズファッション分野では、はき心地やデザイン、素材にこだわったパンツが常に人気アイテムであり、これらの生産国の一つがカンボジアです。
2016/07/01 10:41 da:78 facebook:0 twitter:0 セシール アイテム メンズ パンツ 生産国 これら Tweet