0.85915303230286

Vietnam

nna.jp  サムスンがコンサル実施、下請の生産性改善  ↑0 ↓0
韓国サムスン電子のベトナム法人(SEV)が、現地の協力会社を対象としたコンサルティングが効果を挙げている。5日付聯合ニュースが伝えた。 SEVは2015年 ...
nna.jp  セメント生産、効率向上と輸出抑制を指示  ↑0 ↓0
ベトナムのチン・ディン・ズン副首相はこのほど、建設省と財務省に対し、セメント生産時の原料使用効率やエネルギー効率、労働生産性の向上策、セメントの輸出 ...
2018/06/05 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 セメント 副首相 このほど 建設省 財務省 エネルギー Tweet
nna.jp  労働生産性、域内で最低水準 伸び率が最賃の上昇ペース下回る  ↑0 ↓0
ベトナム経済政策研究所(VEPR)は8日に年次報告書を発表し、ベトナムの労働生産性はアジアで最低水準であり、伸び率は最低賃金の上昇率を下回っている ...
2018/05/10 00:00 da:- facebook:- twitter:- 生産性 伸び率 ペース 報告書 アジア Tweet
nna.jp  緑の幼稚園、福利厚生に活用 ベトナムから考える働き方(下)  ↑0 ↓0
ベトナムではオフィス環境を重視する企業が、ITや広告などクリエーティブな職種を中心に増えている。生産性の向上や離職防止などに作用すると考えられているからだ。製造業の現場でも工夫する企業はあり、台湾の製靴大手の宝成工業が、子育て世代の従業員向けに緑を使った幼稚園… 関連国・地域: 台湾/ベトナム.
2018/03/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- 幼稚園 オフィス クリエーティブ 生産性 製造業 子育て Tweet
日本経済新聞  鈴与グループ ベトナムで在庫管理業 顧客に代わって調達・配送  ↑0 ↓0
鈴与と鈴与商事は、ベトナムに進出する製造業の在庫管理を支援する物流サービスを始めた。顧客企業に代わって、現地の工場で使用する潤滑油や化成品などを調達し、鈴与グループの倉庫で保管することで、顧客の在庫や倉庫内作業を減らして生産性向上につなげる。既に自動車関連企業の1社が導入し、今春以降に数社 ...
2018/03/01 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 グループ 製造業 サービス 潤滑油 化成品 生産性 Tweet
nna.jp  越のロボット市場が有力、地場企業も導入で  ↑0 ↓0
ベトナム企業が生産性の向上を図るために製造ラインの自動化や産業用ロボットの使用を始めている。ロボットの製造メーカーは、ベトナム市場を有力視しているという。ベトナムネットが2月27日伝えた。 乳業最大手ビナミルクはこれまでに、生産自動化プログラムとして2兆4,000億ド… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 製造 ...
2018/03/01 00:07 da:- facebook:0 twitter:0 ロボット 自動化 生産性 ライン メーカー ネット Tweet
nna.jp  韓国進出企業6千社、「越+1」必要との声  ↑0 ↓0
ベトナムに進出している韓国企業の間で、「ベトナムプラスワン」が必要との声が上がっている。 韓国日報によると、ベトナムに進出している韓国企業は約6,300社。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)による企業家を対象とした調べでは、労働生産性、費用、政治・社会的安定性など、… 関連国・地域: 韓国/ベトナム. 関連業種: ...
2018/01/24 00:10 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 社会的 安定性 Tweet
nna.jp  成長維持に生産性向上を、エコノミストら  ↑0 ↓0
ハノイ国家大学のベトナム経済・政策研究センター(VEPR)は16日、2018年の経済見通しに関する報告セミナーを行った。グエン・ドゥク・タイン所長は、今年の成長率は国家目標の6.5~6.7%に収まる6.65%と予測を示したが、生産性の低さや外資依存などのリスクも指摘した。ベト… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 経済 ...
2018/01/19 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 エコノミスト ハノイ センター セミナー グエン Tweet
nna.jp  ドイツBASF、南部に農業研究施設を開設  ↑0 ↓0
ドイツの化学大手BASFは12日、ベトナム南部ティエンザン省に農業研究施設「アグソリューション・ファーム」を開設した。農業技術の支援と研修施設の機能を持ち、農家の生産性の向上と食品安全、環境保全を促す。 同施設は、最新の農業技術や世界中のベストプラクティス(最良… 関連国・地域: ベトナム/欧州. 関連業種: ...
2018/01/17 00:03 da:- facebook:0 twitter:0 ドイツ ファーム 生産性 世界中 ベスト プラクティス Tweet
nna.jp  労働生産性6%上昇、なお周辺国と開き  ↑0 ↓0
ベトナム統計総局(GSO)によれば、2017年の経済成長率が6.81%を達成する一方で、労働生産性の向上に遅れが見られるという。12月27日付トイバオキンテー電子版が報じた。 同局によれば、17年の労働者1人当たりの生産性は9,320万ドン(4,100米ドル、約46万5,000円)で、前年に… 関連国・地域: ベトナム.
2018/01/04 00:04 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 経済成長率 労働者 米ドル Tweet
sankeibiz.jp  越、産業振興目指し「コーヒーの日」制定  ↑0 ↓0
ベトナムは、12月9日を「ベトナムコーヒーの日」に制定し、生産性改善や付加価値向上など、産業振興を図る。第1回の今年は、主要産地の中部高原地方ラムドン省ダラトで式典が行われ、政府高官や業界関係者などが出席した。国営ベトナム・ニューズが報じた。 式典に出席した農業・地方開発省の幹部は、コーヒー産業の ...
2017/12/26 05:48 da:- facebook:0 twitter:0 コーヒー 目指し 生産性 付加価値 ラムドン ダラト Tweet
nna.jp  地場の履き物メーカー、外資との差に危機感  ↑0 ↓0
ベトナム国内の履き物メーカーが、生産性の低さに危機感を募らせている。外資系企業との差を詰めるため、各社は労働者の管理や新技術の導入を進めている。25日付ベトナム・ニュース(VNS)が伝えた。 ベトナム製靴協会(LEFASO)によると、皮革や履き物産業はベトナムの… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: ...
2017/12/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 履き物 メーカー 危機感 生産性 労働者 ニュース Tweet
nna.jp  ビナコミン再編計画、首相が承認  ↑0 ↓0
ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、国営ベトナム石炭鉱産グループ(ビナコミン)の2017~20年期の再編計画を承認した。組織の構造を改革し、生産性を高める。サイゴンザイフォン電子版が14日に伝えた。 組織の改編でビナコミンの経済力を強化するとともに、国の模範となる… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 天然 ...
2017/12/18 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 グエン フック グループ 生産性 Tweet
nna.jp  最賃上昇で生産性低下=VEPR調査  ↑0 ↓0
ベトナムで労働生産性の改善を大幅に超える最低賃金の上昇が続き、国の競争力や成長に悪影響が出ると懸念の声が上がっている。ベトナム経済政策研究 ...
2017/09/13 00:11 da:- facebook:- twitter:- 生産性 競争力 Tweet
businessinsider.jp  「ベトナム頭脳集団+AI」で日本人の生産性を格段に進化させる。シナモンCEO平野未来  ↑0 ↓0
Business Insider Japanでは、ミレニアル世代のスタートアップ経営者を追うシリーズを始めます。1回目はベトナムを拠点にAIビジネスを加速させる ...
2017/07/14 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 アップ シリーズ ビジネス スタート Business 日本人 Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、乳製品の生産性向上へ投資加速 容器など関連産業も期待  ↑0 ↓0
ベトナムは、牛乳をはじめ乳製品の需要増に伴い乳業の売上高が拡大している。同国乳業協会によると、2016年の売上高は95兆ドン(約4655億円)に達し、10 ...
2017/06/20 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 売上高 乳製品 生産性 Tweet
nna.jp  給与上昇率、労働生産性の伸び上回る  ↑0 ↓0
ベトナムの2010~16年における公務員の給与の平均上昇率は12.59%で、同期間の国内総生産(GDP)成長率や労働生産性の伸びを上回った。5月30日付 ...
2017/06/02 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 GDP 公務員 Tweet
アパレル・リソース  第4次産業革命が労働問題を誘発(前)  ↑0 ↓0
第4次産業革命(4IR)は経済効率性、労働生産性の向上、製品の改良、競争力の強化をもたらした一方で、ベトナムを含む多くの国で何百万人もの労働者に影響を及ぼす大きな労働問題を引き起こした。 この問題について、5月11日にハノイで開催されたデジタル時代の人材育成をテーマとした2017 年APECハイレベル政策対話の場で詳しく議論された。   女性と非熟練労働者に最も大きな影響 4IRはAPEC加盟国において例外なく、労働市場に深刻な影響を与えていると国際労働機関(ILO)の労働問題専門家であるPhu Huynh氏は述べた。ロボットオートメーション、人工知能、インターネット、3Dプリンティング技術などの技術は徐々に生産プロセスに浸透し、労働市場の構造の変化をもたらしている。 事実、インターネットを利用している人口の割合は過去15年間で急速に増加している。 ILOのデータによると、2000年にインターネットにアクセスするベトナム人の割合はわずかであったが、2015年には55%以上にまで急増した。 日本、韓国、カナダなど先進国における利用率は95%にも達している。さらに、生産プロセスにおける自動化の流れが急速に高まっている。 ベトナムは中国に次いで自動化による影響を強く受ける国の一つであり、それは雇用の約70%にも及ぶだろうとILOは指摘した。 ベトナムの繊維・アパレル・履物産業に従事する労働者の86%、エレクトロニクス産業に従事する労働者の75%が自動化の脅威に直面することが推定される、とILOが最近発表した報告書で述べている。こうした産業は、今日のベトナムにおける最も労働集約的な部門となっている。 他の近隣諸国と同様、ベトナムではまだその職場において技術革新の影響をそれほど受けていない。これは価格競争力のある廉価な労働コストのおかげで、技術革新に対する投資コストの方が比較的高くなるためである。 しかしロボットによる自動化などの技術革新は、繊維・アパレル、履物、電気・電子製品など、さまざまな産業に浸透しつつある。 女性と非熟練労働者がその脅威に最も晒されることになるだろう、とPhu Huynh氏は述べた。   (後編へつづく)   もっと見る
アパレル・リソース  第10縫製、設備増強及び買換えのため1200万ドル以上投資を計画  ↑0 ↓0
ハノイ市の第10縫製株式総会社は2017年度中に生産設備機械の増強及び買い換えに2810億ベトナム・ドン(1230万米ドル)の支出を決定した。   第10縫製の経営陣によると、2017年同社は投資案件の実施のため2811億4300万ベトナム・ドンを費やすことを計画している。労働生産性と製品品質を向上させるためには最新の設備と高度な技術を必要とするため、これらの資金を投資する。 効率的な投資を促進するため、同社では資金調達のポートフォリオを再構築し、重点案件に投資を集中する。 2016年の事業活動結果はすこぶる好調であった。総売上は、計画比3.29%増の、2兆9438億8000万ベトナム・ドンに達した。利益は計画比2.58%増の615億5000万ベトナム・ドン。この結果で、総会社は、国家予算、顧客、株主、従業員の利益の義務履行を確保した。 2017年の方向性は、第10縫製株式総会社をベトナム繊維業界で一番の総会社に発展させることである。そのうち、ファッションアパレルの生産と販売は、コア事業である。 同社では本社の改造計画を立てており、それによれば、現在の本社工場は、最新技術の生産工場、ファッションセンター、商業・サービスおよびトレーニングのセンターへと変身する。 最低賃金が2016年比、7.3%増加し、原材料・燃料コストも引き続き上昇している背景で、同社では今年の売上目標を、3兆ベトナム・ドン(約1億3000万米ドル)、予想利益625億ベトナム・ドン、予想配当率15%としている。 もっと見る
news.nifty.com  第11回エコプロダクツ国際展、ホーチミン市で開催  ↑0 ↓0
2017年5月11~13日、アジア生産性機構(APO)とベトナム生産性本部(VNPI)は、ベトナム環境庁(VEA)とベトナム商工会議所(VCCI)との共催で、アジア最大の ...
グローバルニュースアジア  第11回エコプロダクツ国際展、ホーチミン市で開催  ↑0 ↓0
2017年5月11〜13日、アジア生産性機構(APO)とベトナム生産性本部(VNPI)は、ベトナム環境庁(VEA)とベトナム商工会議所(VCCI)との共催で、アジア最大の ...
アパレル・リソース  繊維・縫製品輸出は10%増の見込  ↑0 ↓0
ベトナム繊維公団(Vinatex)によると、世界市場で不利な変動がなければ、ベトナム繊維・縫製品の今年の輸出は10%増となる可能性があるという。 VinatexのPham Minh Huong常務によると、繊維・縫製産業の昨年の輸出高は285億米ドルで、前年比5.2%増であったという。 ベトナムは中流顧客層向けの商品生産に強みを持つ。世界市場で近年長らく続いている財政難から、中間層の注文も落ち込み、輸入業者は安価な商品の輸入へとシフトした。 これが、昨年産業の伸び率が落ち込んだ理由であるとHuong氏は述べた。 「しかしながら、今年1月にはオーダー数が大幅に増加しており、業界にとって良い兆候だと言えます。」 幅広い商品、高めの品質、そして似た発展レベルの国々よりもスキルの高い労働力など、ベトナムの繊維・縫製産業は幾つかの強みを持っている。 加えて、安定した生産力、確実な品質、輸送時間、サービス、安定した政治状況などから、ベトナムは繊維・輸出製品の主要仕向地と見なされているとHuong氏は述べた。 ホーチミン市織物・刺繍・繊維協会(AGTEK)のPham Xuan Hong会長がViet Nam News紙に語ったところによると、第二四半期までは多くの企業から注文があったという。 企業は大型注文を履行するための横のつながりを持っている、とサイゴン3縫製株式会社の社長でもあるHong氏は述べた。 日本を最大の輸出先国として持つサイゴン3縫製は、今年10%の伸び率となる見込みであるという。 Hong、Huong両氏は、設計能力が低く輸入原料に頼る、外国バイヤー向けの下請け業を企業が主に行う為、今までは産業の付加価値が低かったと考えている。 生地の国内供給は多くなく、国内需要に見合う為に国内外の企業が生地生産にさらなる投資を行ったとHuong氏は述べた。 最近開かれた繊維・アパレル会議では、製品に付加価値をつけるべく、企業が生産方法をFOBやODM(相手先ブランド名製造)にスイッチするようにと、多くの参加者が主張した。 「商品の付加価値を高めるため、より高い生産方法に移行するのは避けることのできないトレンドです。」とベトナム繊維協会副会長Nguyen Dinh Truong氏は述べた。 企業は、原料の市場調査や提携企業からのオンデマンド生産などにフォーカスし、より高い生産方法に対する徹底的な準備を行なうべきだと言う。 熾烈な競争の中、繊維・アパレル産業業界は今年の輸出額目標に到達しないのではとの恐れを抱いていると何人かのセミナー出席者は語った。 加えて、労働コストの増加がビジネスの競争力に影響を与えているとGarmex Saigon株式会社会長 Le Quang Hung氏は言う。 Huong氏によると、企業は競争力を保つために、自動化機能で生産性を高め、エネルギー消費を抑え、環境を守ることのできる、最新技術により多くの投資を行う必要があるという。 加えて、一定の商品に強みを持つ国に対し競争できる、類似商品を開発すべきだと彼女は述べた。 サプライヤー選定時、大手バイヤーは価格や品質の他にも、商品の環境要件に注意を払うという。   もっと見る
2017/04/17 10:27 da:15 facebook:0 twitter:0 付加価値 競争力 サイゴン バイヤー 伸び率 アパレル Tweet
アパレル・リソース  機械化は繊維労働者86%の失職につながるのか  ↑0 ↓0
自動化技術の発展に従い、生産ラインのスキルのない労働者達の多くがロボットに切り替えられると見込まれている。 ILOのレポートによると、東南アジアの繊維・衣料・履物産業で従事する920万人の労働者の内、3分の2以上が自動化技術の脅威に面しており、そこには86%のベトナム人労働者も含まれているという。 インドネシアのAdidasは労働者の30%を削減予定であることを発表しており、またカンボジアのHung Wahは裁断・縫製段階の全手作業労働者を削減している。 ベトナムでは自動の裁断・縫製技術が2015年以降導入されている。自動裁断機1台で労働者15名分の働きをし、投資資金は18ヶ月で回収可能である。 2016年に行われたアメリカの調査によると、3名の労働者を自動縫製機械1台に切り替えた企業は、5年間で18万米ドルの経費を削減できるという。自動技術の価格低下に伴い、自動縫製機械は2020年までに手作業労働者の4倍コストが低くなることが予想されている。 しかしながら、著名なエコノミストであるPhan Minh Ngoc博士は、繊維・衣料・履物産業の様な労働集約型産業における自動化は避けることのできない歓迎すべき傾向ではあるが、大きな脅威にはならないと見込んでいる。 2014年、ベトナムの人口は9070万人であったが、2009年~2014年の期間の平均人口増加率は1.06%と、過去35年間で最低レベルであった。 この数字は近隣諸国の年間平均人口増加率1.3%と比べても低い。 出生率の低下と平均寿命の延伸に伴い、ベトナムでは若年労働者人口の比率がまだ高いものの、65歳以上の人口比率が急速に上がりつつある高齢期に達したといえる。 人口の高齢化は労働者人口の逓減につながり、賃金に対する圧力となる。 賃金は、経済成長率や生産力よりも急速に上昇することが見込まれている。 実際、ここ数年でこの傾向はすでに表面化しており、CIEMのレポートによると、近年におけるベトナムの実質賃金は年間8%上昇しており、GDP成長率や生産性(4.2%)よりも高くなっている。 この様な状況の中、労働集約型の作業を自動化し、労働者をロボットに切り替えることは労働力不足に取り組む上で最も効果的な方法となるといえる。 原則として、自動化に伴いスキルのない労働者の多くが職を失うことになる。 しかしながらNgoc博士が考えるところによれば、技術労働者に対する需要が高まり、労働者達には新たなチャンスが生まれることになるという。 もっと見る
2017/03/15 12:03 da:15 facebook:0 twitter:0 労働者 自動化 手作業 レポート ロボット スキル Tweet
nna.jp  製造業拠点の潜在性、越が2位=C&W  ↑0 ↓0
ベトナムは安い労働コストや若年層の労働力があり、コスト面では最も有利とされた。また過去10年間で生産性が向上し、大規模な製造施設の投資も行われてき ...
2017/03/10 00:00 da:49 facebook:0 twitter:0 コスト 大規模 生産性 労働力 製造業 Tweet
アパレル・リソース  皮革・履物輸出は前年比10%の成長を期待  ↑0 ↓0
ベトナム皮革・履物・鞄協会(Lefaso)は、2017年のベトナムの皮革製品・履物の輸出額は前年比10%増の180億ドルに達するであろうとの見込みを発表した。 皮革履物協会によると、高度技術への移転を目指す中国が縫製・履物製造業への投資促進策を取りやめつつあることから履物やバッグ生産の移転が進んでおり、輸出拡大の大きなチャンスであるという。 また、ベトナム・EU間の自由貿易協定が2018年中に発効する予定であり、これもベトナムからの輸出拡大の大きなチャンスと見込まれる。 今年の輸出目標額を達成するためには、皮革・履物セクターは技術革新を促進し、新機材に投資して既存機材の更新を進め、さらには国内企業の生産量を拡大し生産性を向上させ、製品の品質向上を図る必要があると皮革履物協会は指摘している。 皮革履物協会によると2016年の輸出額は前年比8.8%増の162億米ドルであった。そのうち130億米ドルが履物、残る32億米ドルがハンドバッグと皮革製品で、ハンドバッグは前年比8.2%、皮革製品は11.1%の伸び率であった。 2016年はEUからの発注が減少し、ASEAN諸国への輸出も不安定という困難に直面した1年であったという。 2016年1月1日以降、ASEAN域内で履物と革製ハンドバッグ・皮革製品が無関税となったため、地域内での競争が激化した。 ベトナム企業はまた資本不足と原材料費の高騰にも直面し、それは履物輸出にも大きな影響を及ぼした。ベトナムの外貨収入源のうち、履物は現在第4位、スーツケース・バッグ・ブリーフケースは10位となっている。 皮革・履物セクターの2016年の製造指標は前年比わずか3.7%の上昇で、2015年の17.4%、2014年の22%を大きく下回った。 もっと見る
2017/02/16 12:00 da:19 facebook:0 twitter:0 皮革製品 米ドル ハンドバッグ セクター チャンス バッグ Tweet
アパレル・リソース  Garco 10、2016年売上目標額を上回る  ↑0 ↓0
ベトナムの繊維産業最大の企業の一つであるGarment 10 Corporation JSC(Garco 10)の2016年の総売上は2兆9000億ドン(1.3億米ドル)に達すると推計され、前年比6.42%の伸び、年間目標額を2%上回る結果となった。Garco 10は今年の売上をさらに6%伸ばすことを目標としている。 2016年、Garco 10はおよそ590億ドン(263万米ドル)を納税した。ベトナム国内の報道によると、これは前年の税額から24%増加している。 今年、同社は売上3兆1000億ドン、利益625億ドンを目標としている。この目標の達成のため、同社は厳しい手段もいとわず、製品の品質を最優先とし、労働生産性を向上させ、企業統治を強化する予定である。 9000人以上の従業員を擁するGarco 10は年間およそ2100万点を生産し、その80%以上が輸出されている。主要市場は米国、EU、日本、香港である。 もっと見る
2017/01/09 12:03 da:20 facebook:0 twitter:0 米ドル 従業員 生産性 最優先 Garment Corporation Tweet
アパレル・リソース  労働コスト上昇に伴い繊維業に生じる様々な課題  ↑0 ↓0
ベトナムにおける繊維製品は2010年〜2015年の平均年間成長率が15%と、多くの場合主要輸出品目の一つとみられている。しかしながら、繊維業は様々な課題にも直面しており、最近の課題はベトナムにおける労働力がかつてのように安価なものではなくなったことが原因となっている。 2015年、繊維業は10%強ほどしか成長しなかったが、それでも繊維品目合計の輸出額は275億米ドルに到達した。繊維業は2016年の目標成長率を10-15%に置き、輸出額は310億米ドルに到達すると見込んでいた。 しかしながら、市場の不安定性と世界的な需要の落ち込みにより、ベトナムの繊維輸出額は約15億米ドル増のみの283億米ドルとなり、対前年の成長率は2008年以来最低となる5%増であった。 それだけでなく、熾烈化する競争に伴い国内の繊維企業は市場の拡大や顧客の獲得といった面で様々な問題に直面し、競争の優位性を失いオーダーの減少のリスクにすら直面することとなった。 専門家によると、以前は安価な労働力を競争力としベトナムには絶えずアパレルの発注が流れ込んでいたが、労働コストが上昇し、すでに強みではなくなってしまっている。結果、発注先は必然的にラオスやカンボジア、ミャンマーなどのコストが低い国に移行してしまった。 ベトナムの繊維業が常に対策を模索している課題の一つとして、価格をコントロールし競争力を強化するために、輸入原材料への依存を避けつつも低い付加価値で業務を外部委託するという現在の状況をいかにして取り除くかということが挙げられる。(ベトナムは原材料の80%以上を輸入に頼っている) ベトナム国営繊維企業グループや幾つかの主要企業が紡績、製織、染織、仕上げの流れに投資は行っているものの、繊維輸出を専門としている幾千もの企業のニーズを満たすまでには至らず、その間資源のない企業は、コストが低くすぐに見返りのある外部委託の注文を受けてしまっている。 その一方で、労働スキル、最新技術・設備、多様化する製品などの競争要因により、繊維業界のレベルを高める事も難しくなっている。 資源の限界により、ほとんどの国内企業は毎年少額の投資しか行うことができない。この状況は外国直接投資(FDI)企業とは対照的で、外国直接投資(FDI)企業は7000ある繊維企業の25%以下であるにもかかわらず輸出余力合計の70%を占めるに至っている。このことは、適切な政策や開発方針がすぐに組まれない限り、外国企業の国内企業に対する圧倒的な有利は拡大するばかりであることを示している。 ベトナム繊維協会によると、2016年は2008年以来最低の成長率であり、ベトナムの繊維業界によって非常に厳しい年であったという。(2008年は世界的な経済危機によりベトナムの繊維業取引高がゼロ成長に終わった年である) ベトナムの繊維業は2018年までに多くの課題に直面することが予期されており、特に小中規模の企業は低い競争力や非常に厳しい生産条件により倒産のリスクに直面すると見られている。 また多くの顧客が、ベトナムの繊維・アパレル産業にとって最大の輸出市場であるヨーロッパ・アメリカに対する輸出品に優遇税制のあるカンボジア、ミャンマー、ラオスに注文を移行している。 従って、ベトナム企業はコストを削減し、生産性を向上し、技術に投資を行い、製品を多様化しつつ、生産方法をODM・OBMモデルに変更していく必要がある。 さらに政府と関連省庁は行政改革を行い、事業を保証するために資本、インフラ、雇用、収入、医療保険に関する政策に対する適切な支援を行うべきである。   もっと見る
2017/01/03 06:03 da:20 facebook:0 twitter:0 コスト 米ドル 競争力 アパレル ラオス 原材料 Tweet
アパレル・リソース  履物企業がFTAに向け調整  ↑0 ↓0
ベトナムの皮革・履物企業は、自由貿易協定(FTA)によって得られる、特にユーラシア大陸とのチャンスに向け、新たな生産・ビジネス戦略を導入している。 ベトナムのユーラシア経済連合(EAEU)との協定が先月発効された。 Ladoda JSC社の担当者は、インドから皮革や設備・機械を関税率ゼロで輸入しており、メキシコを含む外国提携先を探していると述べた。Ladoda社はハンドバックやバックパックをEAEU加盟国向けに輸出しており、担当者によると2017年市場に向けて既に20の新デザインを制作済みであるという。 ベトナム皮革履物鞄協会(Lefaso)会長Phan Thi Thanh Xuan氏は、履物製品の価格の内、材料費が占める割合が68%〜75%であるのに対し、皮革・履物部門の現地化率は約40%〜45%である事を説明した。 全てのFTAが施行されれば、外国投資者は製品の原産地規則に従って得られる関税利益を享受すべく、原料生産に焦点を当てることとなる。その間ベトナム企業は現地化率を引き上げ、輸入依存率を引き下げるものと予測されている。国内の皮革・履物企業は、生産性を上げ品質を向上すべく、事業を拡大しつつも生産操業を改良してきた。 同時に、中国本土、日本、台湾などの国や地域の投資者も、FTAによって得られる契機を享受すべく、ベトナムに工場を建設している。今や皮革・履物産業の輸出取引高の70%以上を占めている外国直接投資(FDI)事業は、FTAから多くの利益を得ていると言われている。 アパレル産業と同様、ベトナム履物産業はFTAが実施されれば、EUやEAEU市場で7年間の関税撤廃を享受することができる。しかしながら、一度市場が解放されれば市場の要件を満たせばどの企業も協定から利益を得ることができるとXuan氏は述べた。 見込まれる好機とは別に、協定はベトナムの皮革・ハンドバック部門に新たな課題を投げかけている。皮革製品やハンドバックの70%と言う高い賃金率は利益を引き下げ、事業を停滞気味にしてしまっている。その上、EUやEAEUによって課される技術的障害や社会的責任・環境保護・税制優遇措置享受のための手続きと言った公約が事業費を引き上げる事になる。 こうした背景に対抗すべく、LEFASOは地元企業に、国内市場でしっかりとした地盤を作り外国市場でライバル企業と競争することができる様な、品質の高い製品を大量生産するための戦略や解決策を展開するよう提案している。協会はまた、部門に更なる投資を呼び込む、税制や土地の追加優遇措置を要請している。   もっと見る
2016/11/15 09:21 da:21 facebook:0 twitter:0 ハンド バック 担当者 優遇措置 生産性 アパレル Tweet
アパレル・リソース  Texhong社、TPP先行き不透明の中で事業拡大を継続  ↑0 ↓0
Texhong Textileグループは世界最大級の糸のサプライヤーであるが、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の調印国であるベトナムでの生産能力を積極的に拡大している。Texhong Textileグループにとってベトナムへの投資は、当初自国がTTPに参加しないことの悪影響を切り抜けるための戦略であった。しかし現在米大統領の両党候補ともこの自由貿易協定について反対を表明しており、その先行きに不確実性が漂っている中でも、この中国企業は南方の隣国であるベトナムのさらなる拡大について確信している。 創業者兼会長である洪天祝氏は、ベトナムに対する投資の大きな目的の一つとしてTPPへの対応を挙げた。TPPの発効は中国の繊維・アパレル企業に試練を課すことが想定されるため、同社ではコスト優位性とTPPを考慮して、ベトナム事業を確立することを計画している。 共同経営者の朱永祥氏は、たとえTPPがなくともベトナム事業の競争力は、すべての東南アジア諸国や中国生産拠点と比較して非常に強いとした。ベトナムでの生産は、TPPを除いても少なくとも3つの利点を持っている、と朱氏は指摘した。 一つ目は中国と比較して、世界と比較的良好な貿易関係を保持していることである。TPP発効前でさえ、日本、韓国、ヨーロッパに対してベトナムから輸出された糸の関税は、中国の工場から輸出するのと比較して低い。 生産コストがもう一つの利点である。中国と比較してもベトナムでは労務費、電気代やその他の費用が低くなっている。 加えて工場がグループ全体の稼動にとって非常に良い立地にあることが挙げられる。このベトナム産業複合体はクアンニン省に位置し、中国の広西チワン族自治区に隣接している。この立地により会社が既に中国南部に確立している生産拠点に、このベトナムの工場を含めることができる。また港の近くにあるため、輸出にも非常に便利である。 糸の生産ライン新設を伴うベトナム事業拡大により、同社は2016年下半期も好調を維持することが予想されている。工場が完成すれば、同社のベトナムにおける糸の生産は中国の生産と同等になると期待される。 生産は糸だけでなく、下流工程にも展開される予定である。6000万mのキバタ、4000万mの染め上がり生地、700万着の衣料品の年間生産能力を持つ設備が11月頃までに導入され、来年初めには本格稼動を開始する。 ベトナムにおける数多くの生産ラインの生産性は中国を超えた、と朱氏は述べた。一方でその他東南アジアの調査では、ベトナムの優位性が唯一際立っている。朱共同CEOは、将来さらに生産拡大を検討する際、ベトナムが最初の選択肢になるだろうと認めた。 会社が公表した上半期の売上高は、昨年比20%増の58億2000元(8億7700万米ドル)であった。また、株主に帰属する当期純利益は56%増の4億5600万元であった。ベトナムの製糸事業セグメント売上は、内部取引を含めて現在全体の21%を占めている。資産においてもベトナム事業は40億元以上増加し、グループ全体の3分の1を占めている。   もっと見る
2016/08/22 06:02 da:22 facebook:0 twitter:0 グループ コスト 先行き ライン 東南アジア Textile Tweet
アパレル・リソース  アパレル産業の活況を維持するには政府の中小企業支援が必要(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   繊維・アパレル産業において高付加価値の別プロセスへ進出していくには、デザイン、ブランディング、マーケティング、保険やファイナンスを含む物流など、下流関連産業の開発が求められている。(逆に)こうした下流関連産業の開発は、石油化学や高額の研究開発費を必要とするその他の産業など、上流の資本集約産業に対する進出を意味する。産業の高度化には新しいビジネスモデルが必要となるが、どの分野にベトナムは着手すべきであろうか? TPPの原産国ルールでは、加盟国に対する市場優先参入権を享受するために、原糸からの全アパレル製品においてTPP加盟国内で調達することが求められている。TPPを見越し、中国、韓国、日本と台湾企業はベトナムの下流関連産業に投資を計画している。アパレル部門におけるこうした資本集約的な投資は高い固定費がかかるため、外資系多国籍企業の長期的なコミットを反映していると言える。(外資系企業による)技術波及の恩恵を受け、高い生産性を実現するために、ベトナム産業では次のような2つの一見矛盾する取り組みを実現する必要がある。 一つは政府による公共財の整備提供である。道路、港湾、電力など適切なインフラの欠如は、産業の上流から下流への投資を高額なものとし、産業の高度化の妨げとなる。もちろんこのことは繊維・アパレル部門の利益になるばかりではない。いったん異なる産業間の関係が構築されればコスト低減につながり、ベトナムの起業家らは上流から下流産業を高度化するための必要なスキル、技術や設備に投資することが可能となるであろう。 二つめは、国有企業の民営化やコーポレート・ガバナンス改革により、産業育成に必要な起業家精神を育成することである。国有企業のマネージャーらは、商業的成功に対する動機を欠いており、土地や資本を保有していることによる経済的な利益に甘んじているが、こうしたマインドは正される必要がある。政府は、効率的な事業運営を奨励するよう取り組まなければならない。 包括的かつ持続的な成長を達成するには、競争市場により民間部門にも土地や資本が配分されることが不可欠である。こうした市場原理の導入は、全企業の97%を占め、全労働人口の75%近くを雇用する中小企業(SME)の利益にもなるはずである。 政府は、中小企業ファイナンスの支援、外資系多国籍企業との合弁事業の促進や自由貿易協定を活用できるようなスキームを開発する必要がある。こうした特権は従来国有企業によって独占されてきており、民間企業にもそれらを解放するには既得権益闘争となる。しかしそうした取り組みが繊維・衣料品産業に革新的かつ包括的な効果をもたらし、将来のベトナムの成長に向けた持続可能な道筋となるであろう。   もっと見る
2016/08/05 12:01 da:22 facebook:0 twitter:0 アパレル 高度化 中小企業 加盟国 取り組み ファイナンス Tweet
アパレル・リソース  繊維企業が賃上げ凍結を提案  ↑0 ↓0
国内繊維・アパレル企業は競争力の低下と輸出受注の減少により、2016年の輸出目標が未達となるリスクがある、と先週末にハノイで開催されたベトナム繊維協会(VITAS)主催の会議において専門家が指摘した。 ベトナム通貨の対米ドル価格は安定的に推移しているが、インド、バングラデシュ、アセアン諸国や中国など繊維・アパレル製品の競合他国は、通貨の価値を切り下げることにより輸出競争力を高めようとしている、とVITASのTrương Văn Cẩm副会長は述べた。 またベトナムにおける銀行の貸出金利は8~10%の間と高い水準にあり、国内企業の資本調達コストはより高くなっているとした。 その他に競争力の低下に影響を及ぼす要因として、2008~2016年の間に国内企業で毎年平均26.4%、外資系企業で18.1%上昇してきた最低賃金が挙げられる。 VITASは、最低賃金の上昇により保険、組合会費の支払いが増加し、さらに企業に負担がかかると指摘する。 VITASは、2016年上半期ベトナムの繊維・アパレル製品輸出売上高は126億米ドル、昨年比4.72%の増加を示し、この部門の年間目標の41%に達したとレポートした。 しかしアパレル産業における輸出売上高の増加は、外国直接投資(FDI)による企業の成長に大きく起因しており、一方で国内企業は新たな輸出契約、特にシャツ、ズボンやジャケットの受注を獲得するのに苦戦している。 このレポートでは、輸出受注の不足により多くの中小企業の採算が悪化し、閉鎖しなければならない事態について警鐘を鳴らした。このためVITASは、状況が改善しない場合、アパレル業界の年間売上は当初の目標から20億米ドルも低下し、290億しか獲得できないかもしれないと予測している。 このような困難な状況を打開しコスト競争力を有利な状態にするために、VITASは政府に対し、2017年は最低賃金を据え置き、今後も2〜3年に1度のペースでしか引き上げないようにすることを提案した。 会議においてまた別の専門家は、国内の繊維・衣料品企業に対し、糸や織物生産のために現代的な技術に投資するよう促した。ハイテク機械は特に、輸出向け織物でより高品質の製品を生産することを可能とする、と国内オンライン新聞のcafef.vnが報じた。 しかし、建物や排水処理施設に多額の投資が必要であるため、糸、生地、染色などの生産に投資できた国内企業はほとんどない、とHồ Gươm 縫製会社のPhí Ngọc Trịnh副社長は述べた。   行政改革 地元の繊維・衣料品企業はまた、生産性と競争力を高めるための手段として、通関の際にアパレル原材料を検査する頻度と時間を削減することを提案した。 Cẩm副会長は最近のVITASと行政手続きを管轄する法務省との間の会議の中で、多くの地元の繊維・アパレル企業が、製品の輸出入にかかる手続きが煩雑すぎるという不満を持っていると述べた。 例えば、ジャケットの加工に必要なキツネの毛皮、羽毛、クマの毛皮を輸入する際、CITES(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の加盟国から動物検疫と原産地証明を得ているにもかかわらず、地元のアパレル企業はなおも国内の規制に従って輸入ライセンスを取得する必要がある。VITASの代表によるとこの手続きには6〜10日もかかるという。 協会では、輸入企業が動物検疫と輸出国の原産地証明書を持っている場合は、キツネの毛皮、羽毛、クマの毛皮の検疫に必要な行政手続きを省略するよう農業地方開発省に求めた、とCẩm副会長は明らかにした。 生産に必要な綿を輸入する際も、国内企業は重複する手続に煩わされている、と彼は述べた。企業はまた、アパレル生産に必要なプリンタを購入しようとする度に輸入ライセンスの取得が必要で、企業の代表者は印刷の資格を保持している必要がある。 Thắng Lợi International Investment and Development社のThanh Phong代表は、プリント工程は繊維・アパレル生産プロセスの中でごく一部であり、こういった手続きは不要だとした。 行政手続管理部門では、繊維・アパレル企業から行政手続きに関するあらゆる意見を収集し、解決策を探るために首相にそれらを提出した、とこの部門の副部長兼行政手続改革諮問委員会の副書記長であるĐỗ Thu Hà氏は述べた。   もっと見る
2016/07/27 08:44 da:22 facebook:0 twitter:0 アパレル 手続き 競争力 副会長 米ドル レポート Tweet
アパレル・リソース  繊維・アパレル関連のハイテク企業が成長を当て込む  ↑0 ↓0
繊維、アパレル製品、履物の生産に必要な技術ソリューションを提供する外資系企業は、これらの業界の成長期待に乗じて、ベトナムでの活動を加速している。 7月7日、フランス系のLectra社は、子会社Lectra Vietnam社の開業を発表した。 Lectra社は織物、皮革、工業用布や複合材料を使用する業界に特化した技術ソリューションを提供しているが、20年以上にわたりベトナムで営業を続けており、過去12年間はLy Sinh Cong貿易・サービス社(LSC)を販売代理店としていた。 新会社はLSC社の部門と資産を引き継ぐ予定としている。同社によると、この新会社の設立は、Lectra社のアジア展開計画における重要な第一歩を意味する。 「ベトナムは最も躍進が期待される東南アジア市場の一つです。製造業にとって生産コストの低減と供給ソースの多様化を求めるブランドに注力することは最優先事項です。 2016年2月に署名された環太平洋経済連携協定(TPP)はこの国の魅力をさらに高めることになりますが、Lectraはすでにこの地で大企業を含む多くの顧客と取引があります。」とLectra社のDaniel Harari CEOは述べた。 Lectra社のアセアン諸国、オーストラリア、韓国、インド統括のYves Delhaye常務は、同社ではベトナムにある企業とさらに緊密な関係を構築することを目指す、とした。 「中国や韓国にあるアパレル企業顧客の何社かは、ベトナムで自社製品の一部を生産しています。彼らは製品の品質、作業効率や工場における生産性改善のための革新的なソリューションに非常に興味を持っています。また自動車産業においても、ベトナムに投資する流れが加速しています。Lectraはそれら企業の生産計画を支援することを目指しています。」と彼は述べた。 ベトナムの成長基調にあるアパレル産業を利用しようと取り組むのはLectra社だけではない。今月初め、繊維、皮革、金属などの製造業に対し、生産を最適化するソフトウェアを提供するニュージーランド資本のShapeShifter社は、アジア市場、特に台湾(中国)やベトナムにおいて1年にも及ぶ販売活動を展開した後、ついに今年カスタマーサポート部門をベトナムに設置することを公表した。 CEOのTim White氏は、ベトナムや周辺東南アジア諸国におけるShapeshifter社製品に対する需要は、この地域が全世界的な貿易を促進するようになるにつれ、増加していくであろうという見通しを示した。 また、130社の繊維機械・設備製造業から構成されるドイツ機械工業連盟(VDMA)は、最新のドイツの技術を紹介するため、先週ハノイとホーチミン市でベトナムの繊維企業やそのサポート企業各社と会合を行った。 VDMAのThomas Waldmann常務は、ベトナムの繊維製造業に機械を提供することにVDMAが関心を向ける大きな理由としてTPPを挙げた。 「最近署名されたTPPによって、ベトナムは世界中の企業にとってますます魅力的な繊維生産拠点となっています。」と彼は述べた。 VDMAによるイベントをサポートしたベトナム繊維協会(VITAS)は、現状ベトナム繊維アパレル業界における技術は、かなりの割合で、特に輸出向け衣料品生産に必要な生地の品質を向上させるために、入れ替える必要があると述べた。 ベトナムの主要な輸出部門を占める繊維、アパレル、履物産業は、2015年270億米ドルの売上を記録したが、TPP発効後は関税削減により最も利益を得ることが期待されている。 米国や日本などのTPP加盟国は、ベトナムにとって最大のアパレル、履物の輸出相手国でもあり、これらの分野におけるベトナムの輸出に大きなビジネスチャンスをもたらすことになる。 もっと見る
2016/07/14 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 アパレル 製造業 ソリューション サポート 新会社 アジア Tweet
アパレル・リソース  繊維産業、ドイツの技術との邂逅  ↑0 ↓0
7月5日、ハノイにて、ベトナム繊維の企業代表や専門家600人以上とその関連産業が、ドイツの最新繊維及びアパレルテクノロジーへ紹介された。 ドイツ機械工業連盟繊維機械協会によって開催されたイベントはベトナム繊維協会(VITAS)によって支援され、企業同士で連絡先の交換や情報交換、また相互に有益な協力を築く機会を与えたとベトナム繊維協会(VITAS)副会長Truong Van Cam氏は述べた。 ドイツの機械は、費用は高いが高性能であるとCam氏は言った。 「しかし、ベトナムの繊維企業が近代的な技術を発展させたければ、世界的な品質や労働生産性に追いつくために高技術提供者と協力すべきである」と続けた。 副会長はまた、品質向上のためには、ベトナムのアパレル産業内の相当な割合の技術、特に輸出アパレル製造のための生地を供給する技術を入れ替える必要があることも述べた。 「最近署名した環太平洋経済連携協定(TPP)により、ベトナムはますます世界企業から大変好まれる織物業の地となってきている」とドイツ機械工業連盟繊維機械協会常務Thomas Waldmann氏は説明する。 TPPは18000項目の関税を削減する予定だ。TPP加入国の中でベトナムは、アメリカのような大消費市場へほぼ単独で繊維・アパレル製品を供給する国である。 今年、ベトナムからTPP市場への繊維・アパレル製品の輸出は10%以上の成長が予想される。 「ベトナムは、繊維分野で非常に重要な市場であり、ベトナム繊維産業は技術や機械の近代化のための投資が必要だ。ドイツ企業やドイツ機械工業連盟加入企業はこの分野をリードしており、これこそが我々がここにいる理由である」とドイツ機械工業連盟下の展示及び輸出マーケティング部長Boris Abadjieff氏は述べた。 Ho Guom Garment株式会社の副社長Phi Ngoc Trinh氏は、EU・ベトナム自由貿易協定と同様にTPPも含め、多くのアパレル貿易とともに国が世界市場へ大いに、またより深く統合されているため、ベトナム企業にとってフォーラムは良い機会であったと語った。 ドイツ機械工業連盟繊維機械協会は2015年現在、31億ユーロ(34億6000万USドル)の価値がある繊維機械や設備を製造する130の企業が集う。同様のイベントが7月7日、ホーチミン市にて開催される予定である。   もっと見る
2016/07/13 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 ドイツ アパレル 副会長 イベント ホーチミン リード Tweet
アパレル・リソース  2016年上半期、アパレル製品輸出受注が落ち込み  ↑0 ↓0
2016年上半期、ベトナムのアパレル輸出企業は受注および輸出売上の落ち込みに直面し、輸出売上高310億米ドルの目標が未達となる懸念が生じている。 Viet Tien、Nha Be、May 10といった大企業や、国営のベトナム繊維公団(Vinatex)といった企業でさえもその例外ではなく、今年度末までの稼動を保つのに四苦八苦している。 Dong Binh社のTran Van Khang社長によると、年初以来輸出受注が振るわず、国内メーカー間で顧客獲得の激しい競争が起きているという。 Khang社長の会社では今年最初の5ヶ月間で受注数が昨年比30%も下落したが、これは在庫過剰と輸入市場における需要減少によるものとした。 加えて賃金、保険や輸送コストは増加基調にある一方で、輸出価格は10~15%も急落している、と続けた。 Ho Guom Garment社のPhi Viet Trinh副社長は、海外の顧客からの受注は3月と4月に大幅に減少し、ようやく6月に回復し始めたと述べた。 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)やベトナム-EU自由貿易協定などのいくつかの貿易協定はまだ発効していないため、ベトナム製アパレル製品の顧客はこれらの貿易協定による優遇税制の恩恵を受けることができず、輸入業者も関税のメリットがより多く受けられる他の海外メーカーに頼る傾向が出ている。 ベトナムの古くからの顧客の多くは、ミャンマー、ラオス、カンボジアなど、ベトナムの2大顧客である米国やEUから低い輸入関税の恩恵を受けられる国々に注文を切り替えている、とベトナム繊維協会(Vitas)のVu Duc Giang会長は指摘した。 商工省の統計によると、ベトナムの繊維・アパレル産業は外国直接投資(FDI)による輸出の伸びにより、2016年最初の5カ月間に前年同期比6.1%増となる86億米ドルを輸出で稼ぎ出した。 しかし、繊維・アパレル部門の年間輸出売上高のうち約40億米ドルを占めるVinatexは、(2016年は)業界全体で輸出売上高目標の93.6%となる295億米ドルしか達成できないだろうと予測している。 専門家は、アパレル企業が生産性の向上と原産地規則の遵守に取り組むことによって、自由貿易協定を最大限に活用し、注文を増加させることを推奨している。 アパレル企業は互いに協力して原材料の国内開発に投資したり、外国投資を引き出したりして、輸出における中間業者を削減していくことが不可欠である。   もっと見る
2016/07/12 11:49 da:22 facebook:0 twitter:0 アパレル 米ドル 売上高 落ち込み 上半期 メーカー Tweet
アパレル・リソース  TPPに先立ち繊維・アパレル業界が直面する課題  ↑0 ↓0
ベトナムの繊維・アパレル業界は2016年に310億米ドルの輸出収入を得ることを目標に掲げている。前年と比較して10%の増加だ。 この数値は最近署名された環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)とEU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)の後押しもあり近い将来達成される予定だ。 しかしながら業界の多くの主要企業は受注の減少や輸出価格の低下に直面しており、あらかじめ予測していた目標を達成することが非常に困難になっている。 ベトナムの衣料品・繊維製品の輸出は今年5月までの間に85億米ドルにしか達さず、対前年比の増加は6.1%となっている。 多くの企業が報告しているように、輸出注文は増えていない。さらに輸出価格の下落、生産価格(労働コスト、電気・水道、保険を含む)の上昇もあり、製品の製造や流通において多くの問題が発生している。 中小企業の間では同様の状況がさらに激しく起こっており、域内の競合相手であるラオス、カンボジア、ミャンマー、バングラデッシュとの熾烈な競争にさらされている状況だ。 つまりベトナムの繊維・アパレル業界は、消費者がベトナムの繊維・アパレル製品の2大輸出市場である欧州や米国向けの輸出税の優遇措置を受けるべく、注文をカンボジア・ミャンマー・ラオスなどへ切り替えているため非常に多くの課題に直面していることが明らかだ。 一方、米国やEU諸国に対するベトナムの繊維・アパレル製品輸出の平均的な関税はそれぞれ17%と10%近くだ。 何も変わらなければ、TPPやEVFTAのもとの減税計画の実施は2018年半ばまで行われず、ベトナム企業は国際的な競争相手との競合プロセスの中で多くの損害を被ることとなる。 さらに、世界のサプライチェーンにおいてベトナムと比較して「上位」とされる中国・インド・バングラデッシュはTPPに加盟していないためにおこるマイナス面を埋め合わせるべく多くの対策を積極的に取っており、競合環境は新たな局面を迎えようとしている。 効果的な解決策が早急にとられなければ、ベトナムは世界市場における「敗者」と確実にみなされるだろう。 いくつかの自由貿易協定はすでに交渉されているが、まだ発行される日は決まっておらず、輸出活動にかなりの変動が見られることは少ないとされている。輸入業者らは税金やコストの面で優位性のある国に拠点を置く製造業者を求めている。 つまり、ベトナムの2016年の繊維・アパレル製品の輸出収入は、国の年間目標よりも低い数値である295-300億米ドルにしか達しない予定だ。 問題を乗り越えるために地元企業は立ち止まるのではなく、状況を変化させるための抜本的な対策をとるとともに、TPPが発行した際にはすぐにチャンスをとらえる準備を周到に整えるべきだ。 ベトナム企業は連鎖反応的に投機、つながりや投資に力を入れ、近代的な設備や機会を導入し、労働者の質を改善することが必要だ。新製品に対する需要に合わせ、生産性を拡大するために製品を多様化することを目指すべきなのだ。 加えて国家管理の関連機関は輸送費、非公式な税関のコスト、税金や行政手続き、その他資本、計画立案、交通インフラに係る良好な状態の観点から関連性のある、タイムリーな政策調整を行うべきで、企業が「より広い市場」に向けて成長し確固と動き出す後押しをすることを目標としている。 もっと見る
2016/06/29 14:13 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 米ドル コスト ラオス 後押し タイムリー Tweet
アパレル・リソース  近隣国との熾烈な競争により、繊維産業が試練に直面  ↑0 ↓0
ベトナムではここ数年、製靴、アパレル、家庭用繊維製品分野で優勢な地位を占めてきたものの、これらの生産者は今、景気減速の兆しを感じているようである。 最近国内で事業を行うのに必要なコスト、特に原材料コストが増加しているために、メーカーが不利な立場に追い込まれている、とMay 10縫製会社最高経営責任者(CEO)のThan Duc Viet氏は述べた。 ラオス、カンボジアやバングラデシュを拠点とした企業との競争は熾烈を極めており、以前はベトナムで行われていたアパレル製造の多くが、これらの地域にどんどん移管されている、とViet社長は指摘した。 ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長は最近の首相との会談の中で、多くの地元メーカーがカンボジア、ミャンマー、ラオスの企業に受注を奪われていると報告してきている、と述べた。 Giang会長は、前述の国々では米国、EUとの有利な貿易協定によってより低い関税率が適用されており、各国メーカーはその価格メリットを享受しているのが大きな理由である、と述べた。 年初来5ヶ月間で、カンボジアはEU市場への輸出量、金額共にベトナムを凌駕し、歴史的に見て世界最大の輸出市場の一つとなった。 Giang会長は比較のための具体例として、ベトナムの輸出業者はEUに対する委託販売において10%の関税を支払っているのに対し、カンボジアの輸出業者は免税されていることを示した。 彼は、EU・ベトナム間自由貿易協定(EVFTA)の批准は履物、衣類、家庭用繊維製品などの織物類の輸出にとって間違いなく利益をもたらすため、できるだけ早くこの条約を発効させるべきだ、と述べた。 懸案の米国主導の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は11の環太平洋諸国が参加する予定であるが、問題はより複雑でその検討は米国で行き詰っており、実現しない可能性も出てきた。 Giang会長は首相に対し、数年前は国内の賃金がはるかに低く、ベトナムはこれらの分野で明確なメリットを得ていた、と述べた。 しかし今日では、都市部の労働者は仕事場や職業に多くの選択肢を持っているため、賃金水準はうなぎのぼりであり、労働需要は増加し、彼らはさらに高い賃金を期待している状況にある。 高い賃金を労働者に支給する能力を得るために、メーカーはより高いスキルと優れた技術が要求される製品を生産する産業分野に移行することができるよう、労働生産性を高めていくことに重点を置く必要がある。 生産性向上に取り組まなければ、労働コストの上昇により、国内メーカーは熾烈な価格競争が求められるEUや米国市場からすぐに締め出される可能性が高い。 商工省(MoIT)の統計によると、2016年6月までの5ヵ月間で世界各国から米国に対する繊維・アパレル製品売上高は6.1%増の86億米ドルとなったが、この数字は当初予想よりもはるかに低いものであった。 10%の目標成長率よりも低い上昇率であったたけでなく、前年同期よりも低い成長率であったことは、産業景気減速の兆候のシグナルである、と商工省は指摘した。 もっと見る
2016/06/22 06:04 da:23 facebook:0 twitter:0 メーカー アパレル コスト これら はるか 可能性 Tweet
vietnamnewssokuhou.blog.jp  【ベトナム、GDP平均22,000USD(約237万円)の壁】  ↑0 ↓0
2035年にGDP平均22,000USD(約237万円)の目標を達成する為の重要な要素として労働生産性の向上が必要とされているが、世界銀行の専門家からするとこれがベトナム経済の一番の懸念材料でもあるという。5月17日、ホーチミン市で開催された「ベトナム経済展望 − 企業のビジネスチャンス」セミナーにて、東アジア・太平洋エリア担当の世界銀行副社長のVictoria Kwakwa氏は、ベトナムが提示した今後20年までに平均1人あたりのGDPを22,000USDにするという目標は、かなりチャレンジングな課題だとした。具体的には、ベトナムの現状の経済発展を支えているのは若い労働力と人口が多いおかげだが、実はこれでは安定した発展は難しく、今後これを変えていかないといけないのだという。現実として、ベトナムは個人の労働生産力において労働効果が低い地域と見なされており、その原因は現行の政策執行体制が未熟な状況であり、労働役割配分などが効果的にできていないからだという。その為、資本や土地などのニーズにも応えられていない状況だ。タン・ティエン(Tan Tien)グループの代表も、企業の一番の障害は、現状の もっと見る
2016/05/18 19:21 da:67 facebook:0 twitter:0 ホーチミン 専門家 世界銀行 生産性 Tweet
jica.go.jp  協力地域地図(PDF)  ↑0 ↓0
協力地域地図. ベトナム. 案件名:. 事業:. ◎. インド洋. 太平洋. ベトナム位置. Copyright © Japan International Cooperation Agency. 技術協力. 農業生産性 ...
2016/05/16 13:11 da:85 facebook:0 twitter:0 技術協力 生産性 Cooperation Copyright インド洋 太平洋 Tweet
アパレル・リソース  外国アパレル投資誘致向けに環境整備  ↑0 ↓0
ベトナム政府とアパレル産業は、環太平洋経済連携協定(TPP)へのベトナム参画の機会を活用するため、低い労働生産性や、深刻な繊維・染色材料不足の問題を克服しようと考えている。 ベトナム繊維公団(Vinatex)の推計によると、原材料調達に関してTPPが求める原産地規則に沿って、ベトナムのアパレル産業が国内からの調達を可能とするような原材料工場や染色工場を設置するのに、最大150億米ドルもの投資を必要とするという。外国人投資家はアパレル部門に資金を投入することについて意欲を示している上、専門家らは様々な取り組みが適切な方向に向かっていると考えており、ベトナムの原材料供給に関する制約は急速に解消されつつある。 「確かに原糸の調達は非常に容易になってきています。」とホーチミン市にあるThai Son SP縫製会社のChris Walkerマーケティングマネージャーは言った。 「これは国内に、より供給能力の高い工場が設置されたため、ということは皆の共通認識です。」 ベトナムの法務コンサルタントらは、当局が近隣地域の中でも最もリベラルな市場参入環境を提供することにより、重要な外資アパレル投資に対して道を開いたことは賞賛に値するとした。 「法制の面において、ベトナムは繊維・衣料品産業に対して素晴らしい環境を提供しており、例えば100%外国資本による企業や、通常のVAT(付加価値税)の経理処理と比較して管理負荷が大きく軽減されるVAT免除の輸出加工企業(EPE)の設立を認めています。」とRdl & Partner Vietnam Legal のStefan Ewersアソシエートパートナーは述べた。 「全体の投資環境を考慮すると、ベトナムはTPPに対する準備は整っています。」 さらに、Duane Morris Vietnam LLC のジェネラルディレクターであり、在ベトナム欧州商工会議所の法務委員会の委員長であるOliver Massmann氏は、ベトナムでは現在の法律に対し、特に直接アパレルビジネスに影響を与えるような、重要な法改正に取り組んでいる、とした。 「我々は、通関手続の簡素化、税の削減、外国人投資家のために健全で競争力のある投資環境の提供、多くの投資インセンティブなど、政府の懸命な取組みを見てきました。」と、Massmann氏は述べた。 投資に関する2014年法や、企業に関する新法を例にとると、両法律とも2005年の法律が改正されたものであるが、税金だけでなく、関税や行政手続きに関するガイドラインが最近公表された。だがMassmann氏は、ベトナムが完全にTPPの求める要件に適合するために、この取り組みはまだ道半ばであると強調した。 一方で外国人投資家は、ベトナムが正しい道を進んでいると見ている。ベトナムに対する最近の主要な外資系アパレル投資計画のロングリストでは、日本からは合成繊維メーカーのクラレや、商社の伊藤忠商事、繊維メーカーの東レ、紡績会社のシキボウに加え、台湾の原糸メーカーであるPolytex Far Easternと韓国コングロマリット企業のHyosungグループが名を連ねる。 ホーチミン市縫製・繊維・刺繍・編物協会(AGTEK)は、ベトナムの繊維・衣料品産業では、小規模の国内企業において、その資本上の制約から需要に十分に応えることができないため、最近M&Aの流れが起きている、と指摘した。Vinatexによると、ベトナムにおいて繊維や染色分野への新規参入するためには、縫製労働のためには3000米ドルしか要しないのに対し、そのスタッフや技術投資のために最大20万米ドルを必要とするとしている。 もっと見る
2016/04/25 06:00 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 外国人 メーカー 米ドル 投資家 原材料 Tweet
アパレル・リソース  世界を主導する繊維生産拠点への矜持  ↑0 ↓0
ベトナムで急速に成長する繊維産業は近い将来、世界を主導する立場となるであろうと業界通は話す。 ベトナム繊維公団のLe Tien Truong社長によると、ベトナムの繊維産業は生産量において中国、インド、バングラデシュといった主要国に続く第4位の地位にあるという。 その中でもベトナムは繊維産業の成長率2桁を維持し続けている唯一の国であるとTruong社長は話す。これは世界の繊維市場におけるベトナムの競争力を示すものであり、世界の中心的生産地となる可能性を証明しているという。 2015年、ベトナムの繊維産業は273億米ドル相当の縫製製品を輸出し、ベトナム国内の新規創出雇用の5分の1にあたる250万人を雇用した。 世界の中心的生産地となるためには、どのような国であれ世界の需要量の10%以上を供給することができ、20-30年にわたる安定した持続可能な成長が可能で、50-60%の原材料を国内で調達できるサプライチェーンを確立しており、比較的規模の大きい国内市場を有し、最短時間での製品輸出を可能とするための海上交通網へのアクセスがあることがまず必要であるとTruong社長は話す。 こうした要件に言及しつつ、Truong社長は、ベトナムは世界の繊維製品生産拠点となるために求められるすべての前提条件を満たしていると評価する。 こうした評価に加えて、Truong社長は、今後10-15年の間に繊維産業でさらに500万人を雇用することができるであろうとも話した。 さらに、すでに繊維産業の原材料の35%を国内のサプライチェーンが支えており、その割合を今後5年間で50%まで向上できることから、ベトナムは繊維生産で世界の主導的な地位を占めるようになるであろうと予測する。 ベトナムの潤沢で増加しつつある9000万人の人口と、世界で最も混み合った海上交通路の交差地点という地理的条件も、製品の海上輸送に好ましいとTruong社長は付け加えた。 しかし、ベトナムが実際に世界の繊維生産拠点となるためには、ベトナムは労働生産性を改善し、2020年までに国内供給率を60%まで高め、人材の質を高め、全国の縫製企業に供給するため10-15件の原材料生産・デザインセンターを設立するための投資を行うか、投資を集める必要があるという。 加えて、Truong社長は輸出入、税務、通関手続きにかかる時間を最小限にするための行政改革の緊急性についても述べた。   もっと見る
2016/04/05 12:02 da:23 facebook:0 twitter:0 原材料 生産地 チェーン 中心的 サプライ デザイン Tweet
HOTNAM!  ベトナムの2016年経済成長6.7%、ADB見通し  ↑0 ↓0
アジア開発銀行(ADB)は3月30日、ハノイ市で「アジア経済見通し2016年版」を発表し、2016年のベトナムの経済成長見通しを6.7%、2017年は6.5%に減速するとした。  ADBベトナム事務所のEric Sidgwickカントリー・ディレクターは、「ベトナムの経済見通しは依然としてポジティブだが、今後は少なくない課題がある」と述べた。  Eric氏によると、ベトナムは低生産性の解決にさらに多くの努力が求められ、国内企業がグローバルバリューチェーンに統合する能力を強化できるようサポートする必要がある。ここで重要になるのが国営企業の改革推進で、国営企業が経済および経済の競争力に引き起こしてきた歪んだ影響を排除しなければならない。特に引き続き銀行の不良債権処理対策を導入し、新たな不良債権が発生する危険性を阻止することが求められている。  またEric氏は、ADBが、アジア開発基金(ADF)からのベトナムに対する融資を2019年1月1日以降停止する計画であることを明らかにした。ただこれは計画であり、最終決定はADBの出資国に左右される。 (Tuoi Tre) ※『ベトナムニュ もっと見る
2016/04/02 16:30 da:40 facebook:0 twitter:0 アジア ハノイ Tweet
アパレル・リソース  TPPがアパレル産業の障壁に  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が2月初旬に締結され、ベトナム企業、特に繊維・アパレルや履物分野にビジネスチャンスがもたらされることになるが、同時にそこから利益を得るために、克服せねばならない障壁も発現する、と専門家らは指摘した。 KPMG監査法人のNguyen Cong Aiパートナーは、3月24日にホーチミン市で「投資」誌により開催されたセミナーにおいて、「TPPと繊維・アパレル・フットウェア部門」と題した講演を行い、ベトナムは現在原材料を過度に輸入に頼っている、と参加者に対して述べた。 「投入原材料の60〜70%が主に中国、韓国、台湾から輸入されていると推定されます。」とし、特に中国からの輸入は、アパレル産業で使用される原材料の48%も占めていると指摘した。 アパレル業界では、生産に必要な綿のわずか2%しか国内で調達することができず、その品質も安定していない。 ベトナムのアパレル業界のその他の課題として、デザイン力に弱みがあるとし、ベトナム縫製企業のほとんどが外資系企業の下請けとなっているのは、自社のブランドをデザインし、開発する能力を持っていないためである、と彼は説明した。 「ODM(オリジナルデザイン製品)は、ベトナムからの輸出品のほんの2~3%しか占めていません。」と、生産者によりデザインから完成工程まで完結される製品について例示した。 アパレル部門の生産性は低く、香港の3分の1、中国の4分の1であることがその競争力を損なっており、ベトナムのアパレル製品は世界平均よりも15~30%高い。 さらにマーケティングや物流が弱いことが問題をさらに悪化させている、と彼は指摘した。 履物産業ではベトナムでの付加価値は45%未満で、革、なめし用化学薬品、靴底やバックル、合成ゴムなどは台湾、中国、タイ、ブラジルなどから80~100%輸入しなければならない。 国内皮なめし業は需要のわずか10%しか満たすことができず、原材料の不足により、その生産能力の25%しか稼動できていない、と彼は述べた。 この業界も同様に、デザインやマーケティング、流通に関する、繊維・アパレル業界全体の弱点を共有している、とした。 彼は、繊維・衣料品、および履物に特化した一連の産業群の計画、開発を通して、企業間におけるバリューチェーンの連携が促進されるべき、と提案した。 この2つの業界では原材料、織物や染色への投資を増やす必要があり、サポート産業、その中でも特に国内企業は、信用が容易に供与されるようにすべきである、と彼は述べた。 このような企業では、自社製品に付加価値をつけるためのデザイン能力を高めるため、近代的な技術を採用なければならない、とした。 ベトナム外資系投資企業協会の会長であるNguyen Mại教授は、Aiパートナーに賛同し、ベトナム繊維協会がメンバー間の協力関係を強化し、業界専用の工業団地の設立を支援すべきと述べた。 Mai教授はまた政府に対し、工業団地設立を促進し、困難に直面した企業を支援するよう呼びかけた。 計画投資省のDang Huy Dong副相は、TPP加盟国全体で世界のGDPの40%、世界貿易の30%を占めるようになるため、新たなサプライチェーンが構築されれば、TPPにより多くのビジネスチャンスがもたらされるだろう、と述べた。 「TPPへの参加は、ベトナムにおける投資やビジネス環境をアップグレードする機会をもたらし、外国投資を惹き付けるとともに、産業の再構築プロセスをスピードアップさせ、その成長モデルを変革させることになるでしょう。」 「またベトナムは経済成長を誘発させる多くのビジネスチャンスを得て、TPPによるメリットの助けも得ながら、その国際競争力や重要性を高め、輸出を増加させることが可能となります。」 ベトナムは繊維・アパレル産業で6000の企業を擁し、250万人以上の労働者を雇用している。昨年の輸出は270億米ドルで、国の総輸出額の16.6%を占めた。 ベトナムは、中国、EU、トルコ、バングラデシュ、インドに続く、世界第6位の衣料品輸出国となった。 履物の輸出は120億米ドルにものぼり、2014年から16.3%上昇した。   もっと見る
アパレル・リソース  製織・染色産業に150億米ドルの投資が必要  ↑0 ↓0
ベトナムの繊維・衣料品業界は労働生産性の低さと深刻な繊維原料不足という大きな課題に直面している。 昨年ベトナムは繊維・衣料品を275億米ドル輸出したが、原料の輸入に140億米ドルを費やさなければならなかった。 最近ホーチミン市で開催されたベトナムの衣料品業界のセミナーにおいて、ベトナム国営繊維公団(Vinatex)会長Le Tien Truong氏は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加することでベトナムの衣料品業界が競争の優位性を確保することができると述べた。 ベトナムがまだ何も貿易協定を締結しておらず、多くの国で繊維・衣料品製品の輸出が減少した2007-2014年の間の時期が最もわかりやすい例だ。 完全なる競争に基づく結果、ベトナムのみが10%以上の成長率を保ち続けることができた。工業的な生産性の面からベトナムの衣料品業界は世界の上位三カ国に手が届いた。 「ただこの大きな恩恵を受けるためにベトナムは原料に関して数多くの課題や障壁を経験してきました。特に2015年にベトナムは275億米ドル相当の繊維衣料品を輸出しましたが、原料の輸入に140億米ドルを費やさなければなりませんでした。国内の残り135億米ドルのうち、60億米ドルが給与の支払いに費やされ、70億米ドル以上が国内の原料調達に使われました。それ故ベトナムは原料の調達に関する問題を克服しなければならないのです」とTruong氏は言う。 Vinatexの最高経営責任者であるTruong氏は、ベトナムでは衣料品労働者一人当たりに対して必要な投資金額(人と技術)は3000米ドルであるのに対し、製織や染色の労働者に対しては最高20万米ドルが必要になると言う。 つまり製織や染色業界に対して投資を行うことは中小企業にとっては大変難しい。ベトナムは業界に投資を行うにあたり最高150億米ドル必要となる。 「この数値は地元の企業にとって大きな課題です。市場が開放されれば外国からの投資家を避けることはできません。健全な競争を確保するために、国は市場を適切に管理し、技術と環境保護の両面において厳しい法制度を設けなければなりません」とTruong氏は述べた。 氏はまた地元の企業が密接に連携し全体的なバリューチェーンを築くべきだと呼び掛けた。 ベトナム経済政策調査委員会 (VEPR)理事長のNguyen Duc Thanh氏は統一のチャンスを実現するためには、企業の努力に加え国が制度を変えて企業の発展のための良い政策を策定する必要があると言う。 ベルリン経済法科大学教授Hansjörg Herr氏は、ベトナムは市場動向に左右されるべきではなく、関係当局と企業が連携できる環境を作り出し、企業がその環境に容易に順応できるようにする必要があると述べた。 加えてベトナムは国内企業を保護するための確実な防衛策を持つべきである。 もっと見る
2016/03/28 06:08 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル 衣料品 労働者 生産性 バリュー 全体的 Tweet
アパレル・リソース  IFC、繊維・アパレル産業におけるサステイナビリティを促進  ↑0 ↓0
世界銀行グループの一員であるIFC(国際金融公社)がベトナムのサプライヤーの工場の資源効率を改善しようと世界的なアパレル・靴製造業者であるVF Corporationと消費財の小売業者であるTarget Corporationと手を結ぶ予定だ。 IFCによれば、第一段階では今後12カ月にわたり約30の工場でエネルギーと水の効率性に関する審査が行われ、業務費の削減と生産性の向上を支援しながら、ベトナムの環境問題への意識向上と気候変動目標を達成するための手助けが行われる。 繊維・アパレル・製靴業界はベトナム経済に大きく貢献している。2015年には同業界の輸出は392億米ドルに達し、約300万の雇用(そのほとんどが女性)を創出した。日々大量のエネルギーや水が消費されるが、最新の技術と営業運用がうまくいけば資源の消費を20%かそれ以上削減することができる可能性がある。 「環太平洋戦略的経済連携協定とEUとの自由貿易協定を含むベトナムの貿易協定への参加の高まりを受け、地元の繊維業界はより急速な成長をとげようと準備を整えており、サステイナブルなエネルギーと水の利用に対しての要求も高まりつつあります」とIFCのベトナム・カンボジア・ラオス統括部長であるKyle Kelhofer氏は言う。「ベトナムの繊維製品企業はIFCのプログラムを利用することで世界の市場にさらに近付きながら資源の利用効率を高めることができます」 裁断と縫製(カットソー)、染色と印刷、衣料品の洗濯業務を含む繊維業界のバリューチェーンに渡るVFやTargetのサプライヤーの工場の審査を通し、エネルギーや水の利用効率を高めながらサプライヤーの生産性や競争力を高めるためのコスト効率の高い方策を確認、展開することが可能だ。さらにIFCは、バングラデッシュや中国等主要な繊維輸出国における多くの実績を引き合いに出しながら、専門的な解決策に関する助言を提供するだけでなく、ベトナムで提携する銀行を通して融資を円滑に行う支援をするという。 「ベトナムにおけるIFCとの提携は、サプライヤーの工場がさらに資源効率よく環境に優しく対応し、Targetの世界的な調達戦略と企業のサステイナビリティにおける到達目標を達成することを強力に補完するものだ」と同社のサステイナビリティに関する取り組みを行うTarget Corporationの子会社であるTarget Sourcing Servicesで責任調達担当取締役であるIvanka Mamic氏は語る。 「VFは人と環境に配慮した製造業における優れた長い実績を持っており、さらに効果を高めることができるよう、世界中のサプライヤーの基盤へこの貢献を高めることができる機会を常に求めています」とVF Corporationの子会社であるVFアジアのサプライチェーン・サステイナビリティ担当上級部長のBrad van Voorheesは語る。「IFCとTargetの協力関係は私たちの活動の延長線にあるもので、繊維業界のサプライチェーンをより環境に優しいものにしようとする知識や成功事例の共同作業を可能にするものです」 製造業におけるサステイナビリティに対する取組は、実績を改善する機会の体系的な評価、ベンチマーク調査の実施、最良の技術の共有、さらに広範囲での理解を高めるための業界の認識の向上を通して資源効率を促進する。次段階以降では繊維業界のサプライチェーン専用の電力需要を満たすためのクリーンエネルギー利用に関する評価を行う。本イニシアチブはIFCの長年にわたるベトナムの資源効率向上プログラムの一環だ。プログラムでは先進的でグローバルに展開するブランドやそのサプライチェーンとの関わりを通して影響力を拡大し、選ばれた工業地帯に介在することで同じ場所にある企業間の循環経済の概念を促進することを通し、革新的な集団的な取組を実行する。   もっと見る
アパレル・リソース  生産技術の向上が鍵に  ↑0 ↓0
ベトナムは、自国の商品やサービスの国際競争力を確たるものにするために、すべての産業における生産技術の向上に迅速に着手する必要がある、と先週金曜日ホーチミン市で開催されたセミナーで論じられた。 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)発効後のベトナムのビジネスチャンスと課題に関するセミナー講演が、国際ビジネス法務アカデミー(IBLA)の、科学技術省法務部門の元部門長であるDon Nang博士によって行われ、いくつかの調査によると、TPPは特に貿易と投資の分野において、ベトナムに巨大な経済的ビジネスチャンスをもたらすだろうことが判明した、とした。 一方でベトナムはTPP加盟国の中で最も開発が遅れているために大きな課題に直面しており、博士は「ベトナムの財・サービスの生産性、品質や競争力のいずれも、他のTPP加盟国にはるかに遅れをとっています。」と指摘した。 また、ベトナム企業の技術力や能力についても、他国のライバル企業と比較して劣っている、と付け加えた。 「科学技術省の統計によると、ベトナムにはおよそ60万社の企業がありますが、その90%以上が中小企業で、ほとんどが時代遅れの技術を採用しています。」 技術革新を促し、近代的な機械設備を構築するための研究調査は、ベトナムではほとんど行われていない、と彼は指摘した。 技術革新や近代設備の構築を目的とした製品の輸入は大幅に増加したものの、国連開発計画(UNDP)の調査によると、こうした目的のための輸入額は他国では国の総輸入額の30~40%を占めるのに対し、ベトナムでは10%未満であった。 加えて、輸入品のほとんどが中国からのもので、「中国からの機械設備はかなり古く旧式で、低い生産性や環境汚染をベトナムにもたらしています。」とした。 Nang博士は関連機関に対し、ベトナム企業が高品質の製品やサービスを産出し、グローバル・バリューチェーンに組み込まれることを可能とするため、その技術の改善を速やかに支援するよう呼びかけた。 「時代遅れの技術の輸入を止め、トレーニングと有能な人材や技術者の獲得を加速させることが不可欠です。」と彼は言った。 元貿易大臣であるTruong Dinh Tuyen氏は、TPPによってビジネスチャンスが得られるものの、そのことが即ちベトナムに利益や市場での強みをもたらすということではない、と述べた。 ベトナムがTPPによるビジネスチャンスをものにし、その課題を克服できるかどうかは、TPPを活用し、関連する諸問題に対処するのにどの程度適切な取り組みができるかに依る。 当局や企業は訴訟を避けるために、他のTPP加盟国に対する約束事やルールを徹底的に理解しておかねばならない、と彼は警告した。   繊維・衣料品部門 Gia Dinh縫製会社のLe Dong Trieu社長によると、ベトナムは2015年の繊維・衣料品輸出で、前年比9.4%増の275億米ドル稼いだとし、そのうちTPP加盟国への輸出は、147億米ドル以上あった。 一旦TPPが発効すれば輸入関税はゼロとなり、TPP加盟国に輸出するベトナム企業にとってより多くのビジネスチャンスがもたらされることになる。 しかし一方で、TPPのもとで、原産地、品質、化学物質の使用等に関連する規定への対応に課題が生じるだろう、と述べた。 TPPによるメリットを享受するために、ベトナムは繊維・アパレル製品に対するサポート産業の開発を迅速に促進し、競争力の弱い産業への投資を奨励し、繊維・衣料品産業のためのサプライチェーンを構築する必要がある。 企業がグローバル市場において確固たる地位を獲得するために、生産技術、デザインや品質を向上させるのにより多くの投資を行うべきである、と彼は述べた。   もっと見る
2016/02/26 06:01 da:19 facebook:0 twitter:0 ビジネス チャンス 加盟国 衣料品 競争力 サービス Tweet
アパレル・リソース  国内製靴業者は今後の競争激化を予想  ↑0 ↓0
ベトナム国内の靴製造業者は、技術力の不足により今後地域内での競争激化に直面することを覚悟する必要がある。 ベトナム産の靴製品は世界50カ国程度に輸出されており、米国、日本、EUが最大の市場となっている。 靴製品輸出は2013年の85億米ドルから2015年の120億7000万米ドルまで急激に増加したものの、これは必ずしも国内の靴製造企業の明るい将来を示すものではない。 Thai Binh Shoes GroupのNguyen Duc Thuan会長は、激化する競争環境を生き抜くために、国内の製靴業者には時代遅れの製造方法を見直し先進的な技術を導入するよう大きなプレッシャーがかかっていると話す。 国内の製靴産業は20年にわたって発展してきたが、生産技術の面では世界の技術革新と比較するとほんのわずかしか進化していないとThuan会長は話す。 また、激化する競争の中で、製靴業界には技術革新と新たな生産技術の採用、少なくとも次の10年にわたる長期的な戦略的ビジョンが必要であるとThuan会長は強調する。 もうひとつの問題は生産性である。ベトナム国内での生産性は地域の競合国と比較するとずっと低い。低い生産性は製靴業界の競争力に影響するだけでなく、労働者の低賃金をも招いてきた。 もし生産性が向上しないのであれば、ベトナムの製造業者は他国や自国の競合企業に受注機会を奪われることになるとThuan会長は話す。 商工省の統計によると、ベトナムは2015年におよそ11億足の靴を生産し、その72.2%が外国直接投資(FDI)企業によるものであった。 2015年の靴類の輸出額の79%も外資系企業によるものであり、輸出額で見ると外資系企業と国内企業の差はより大きくなっている。 さらに、アセアン経済共同体(AEC)が2015年に正式に発足し、域内での物品、資本、労働力の越境移動が可能となったことから、タイ、カンボジア、ミャンマー、インドネシア、フィリピン等地域内企業との競争のさらなる激化が予想される。 もっと見る
2016/02/24 12:01 da:19 facebook:0 twitter:0 生産性 競争激化 靴製造 米ドル 靴製品 労働力 Tweet
sankei.com  ベトナム沖CO2貯蔵実験断念 経産省、鉱区権者が難色  ↑0 ↓0
経済産業省が、平成24~26年度に予算を計上した海洋油ガス田での二酸化炭素(CO2)回収・貯蔵実証試験の実施を断念していたことが19日、分かった。ベトナム沖の対象海域で想定外に大量の油ガスが確認され、鉱区権者が難色を示したため。調査などで3億6400万円を使用しており、実施場所の選定に問題があったとの指摘もある。 この事業では、工場などで回収したCO2を埋蔵量が減った海洋油ガス田に閉じ込めるとともに、残留する原油や天然ガスを押し出して生産性を高める技術の確立を目指していた。24~29年度の6年間で、まずベトナムで実証試験を行った後、3カ国以上の資源国で導入を目指す予定だった。 ただ、対象海域を詳しく調べた結果、大量の油ガスが残っている可能性があることが判明。鉱区権者が商業利用を優先したいと主張し、代わりの油ガス田も見つからなかったため3年目で中止を余儀なくされた。 経産省は事業を通じてベトナム国営石油会社との協力関係が強まり、「日本が保有する油田の権益延長につながった」と効果を主張。一方、有識者は「ベトナム以外の国でも試験ができるよう準備しておくべきだった」と指摘している。 もっと見る
2016/02/20 09:00 da:71 facebook:0 twitter:0 二酸化炭素 ガス田 経済産業省 経産省 Tweet
sankeibiz.jp  経産省、CO2貯蔵試験実施を断念 想定外の油ガス確認、鉱区権者が難色  ↑0 ↓0
ベトナム沖の対象海域で想定外に大量の油ガスが確認され、鉱区権者が難色を示したため。調査などで3億6400万円を使用しており、実施場所の選定に問題があったとの指摘もある。 この事業では、工場などで回収したCO2を埋蔵量が減った海洋油ガス田に閉じ込めるとともに、残留する原油や天然ガスを押し出して生産性を高める技術の確立を目指していた。12~17年度の6年間で、まずベトナムで実証試験を行った後、3カ国以上の資源国で導入を目指す予定だった。 ただ、対象海域を詳しく調べた結果、大量の油ガスが残っている可能性があることが判明。鉱区権者が商業利用を優先したいと主張し、代替の油ガス田も見つからなかったため、3年目で中止を余儀なくされた。 経産省は事業を通じてベトナム国営石油会社との協力関係が強まり、「日本が保有する油田の権益延長につながった」と効果を主張。 一方、有識者は「ベトナム以外の国でも試験ができるよう準備しておくべきだった」と指摘している。 もっと見る
2016/02/20 07:07 da:68 facebook:1 twitter:0 経産省 Tweet
アパレル・リソース  Vinatexは2016年に悲観的な見込み  ↑0 ↓0
ベトナム繊維公団(Vinatex)のHoang Va Dung副社長は、ベトナム国内での原材料生産を増加させないと新たな市場を惹きつけることができないだろうと語った。ベトナムの繊維・縫製セクターへの外国直接投資は近年急激に増加している。ある報告書によると昨年の外国直接投資による登録資本額は15億米ドルに達し、これは国内投資の総額と同額である。 ベトナムの繊維・縫製企業は中国、インドやマレーシア等の企業と競合関係にあり、値下げせざるを得ない。 中国の人件費が上昇したとはいえ、中国との競合関係はベトナム企業にとって頭痛の種であり続けるだろう。中国の製造業者は原材料供給を管理できるため、ベトナム企業と比較してまだ大幅に優位にある。 繊維公団は2016年の業績予測も悲観的である。繊維公団グループでは2016年に生産性を11%向上させる予定であるが、収益目標は8%の上昇にすぎない。 繊維公団のTran Viet上級幹部は、同社は今年の生産計画を作るにあたり、為替レート変動による業績への影響の可能性を考慮し、慎重な姿勢をとったと話す。繊維公団の収入が高かった割に収益に変化がなかった理由の一つは、ドン高であった。 過去10年間にわたって米国と日本の企業に納品している縫製企業の幹部は、昨年の発注量が劇的に減ったため、苦境にあることを認めている。 需要が増加していた2014年、同社はビンズン省に新たな工場を設立することを決定したが、発注量は期待していたほど伸びなかったという。 ベトナム北部、南部、そしてホーチミン市、タイニン省の多くの小企業が業績悪化を理由に工場を売りに出すことを決定している。売値は工場の総稼働時間や規模によって6000万ベトナム・ドンから350億ベトナム・ドンである。小規模企業のみならず、大規模企業もまた業績の悪化に苦しんでいる。 一方で、綿とポリエステルのフィラメント価格は急激に下落しており、顧客による契約破棄や値下げ要求など、繊維業者に大きな影響を与えている。 もっと見る
2016/02/05 12:07 da:19 facebook:0 twitter:0 原材料 値下げ 悲観的 ホーチミン 可能性 レート Tweet
アパレル・リソース  繊維部門の苦境は2016年も続く  ↑0 ↓0
過去10年間米国と日本のパートナー向けに製品を製造してきたある縫製企業の社長は、昨年の受注数が「劇的に低かった」ため、同社が困難に直面していることを認めた。 2014年に市場の需要が増加すると見越し、同社ではビンズン省に工場を新設することを決定したものの、期待どおりに受注が伸びなかった。 ホーチミン市やタイニン省だけでなく南北部の多くの中小企業では、ますます困難になる状況下で、自社の作業場を売りに出している。 その売出価格は、稼働時間と工場の規模に応じて6000万から350億ベトナム・ドンと様々である。 中小企業だけでなく大企業もまた、大きな困難に直面している。多くの中小縫製企業が他社との合併を画策する一方で、大企業では顧客をつなぎ止めるため、販売価格の値下げを含むあらゆる手段を講じている。 例えばベトナム最大の繊維企業グループであるベトナム繊維公団(Vinatex)では、2015年売上は前年よりも11%上昇したものの、税引前利益は横ばいであった。 VinatexのHoang Ve Dung副社長は、多くのアパレル企業では中国、インド、マレーシアなどのライバル企業と競争するため、販売価格を大幅に引き下げざるを得なかったと述べた。 Vinatexでは2016年についても悲観視しており、生産性については11%の増加を見込んでいるものの、売上についての成長目標は8%にとどまる。 VinatexのTran Viet取締役は、為替レートの変動が業績に悪影響を与える恐れがあるため、今年の生産計画策定においては慎重な姿勢を取っている、と述べた。 「Vinatexが(2015年)増収であったにもかかわらず、利益が横ばいになった理由の一つに、ベトナム・ドン通貨高が挙げられます。」と彼は述べた。 「(昨年は)中国の人民元が4.8%下落し、ベトナムのライバル国であるマレーシアやインドの通貨もまた、ベトナム・ドンよりも大幅に下落しました。」と彼は解説した。 さらにそれらが繊維メーカーに影響を与えたことにより、綿とポリエステル繊維価格も急激に下落し、顧客は契約を反故にした上で値引きを求めてきた。 中国と競合することは、ベトナム企業にとって頭痛の種である。VinatexのDung副社長は、中国の人件費は確かに増加しているものの、中国企業は原材料供給をコントロールすることができるため、ベトナム企業と比較してなおも有利である、と述べた。 「原材料生産を増加させることができる場合にのみ、ベトナムが他の市場を惹き付けることができるのです。」と彼は言った。 それでも繊維部門における外国直接投資(FDI)は近年急激に増加している。ある報告書によると、昨年登録されたFDI資本は、過去20年間にわたりベトナムに投下された投資額の総合計と等しい15億米ドルに達した。   もっと見る
2016/02/03 06:04 da:19 facebook:0 twitter:0 横ばい 副社長 原材料 ライバル 販売価格 インド Tweet
アパレル・リソース  皮革・履物業界の輸出が20%増へ  ↑0 ↓0
自由貿易協定(FTA)によるビジネスチャンスにより、国内皮革・履物産業の輸出額が、今年15%~20%増加する可能性がある。 ベトナム皮革履物協会(Lefaso)によってハノイで開催された、皮革・履物の生産、輸出、輸入に関する会議において、商工省のHo Thi Kim Thoa副相が、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)やその他自由貿易協定(FTA)に関する交渉に署名することは、織物、衣料品、皮革・履物業界を含むベトナムの企業の生産やビジネスにより多く取引機会をもたらすことになる、という発言をしたとオンライン新聞のnews.vn.が報じた。 「これらの自由貿易協定による利益の一つである、米国、欧州連合(EU)やその他の市場に製品を輸出する際の特恵関税を受けるためには、国内皮革・履物産業は自国内で原材料を調達する必要があります。」とThoa副相は述べた。 LefasoのNguyen Duc Thuan会長は、地元の皮革・履物産業はTPPを含む自由貿易協定からより多くのビジネスチャンスを得られることになるが、一方で、それらの企業の輸出活動にこうした多くの課題をもたらすことになるだろう、と述べた。 しかし、経済・貿易活動の回復に支えられ、ベトナム企業は今年、収益の高成長を達成することが期待されており、それを確実なものにするために、ベトナム企業は生産改善のための技術を取り入れる必要がある、とした。 昨年、国内の皮革・履物産業は、輸出総売上高150億米ドル、内訳は履物が120億米ドル、ハンドバッグが30億米ドルと、全体で前年比約16%の伸びを達成した。 皮革・履物業界では今年、昨年から継続する開発案件と、特にアセアン経済共同体やTPPなどのFTAからの多くの輸出需要により、15〜20%の成長率の達成を見込んでいる、とThuan会長は述べた。 2015年に地元の履物製品の伝統的市場においては、2014年と比較して米国で20%、EUで10%、中国周辺地域で50%増と、高い輸出売上高を記録した。 地元の履物企業はまた、製品の生産性と品質を高めるために生産改革に着手しており、そのことが輸出市場の開拓と拡大につながる、と彼は述べた。 Phong Chau Leather and Footwear社の代表は昨年、会社の輸出先をアフリカとアセアン諸国に拡大し、そのことにより、2015年の輸出売上額が2014年と比較して5~7%増加したことを明らかにした。 今年、この会社ではこれら既存市場への輸出を促進し、さらに新しい輸出先を求めて生産スケールを拡大するための投資を増加させることを予定している。   もっと見る
2016/01/27 08:48 da:20 facebook:0 twitter:0 米ドル ビジネス そのこと これら 売上高 アセアン Tweet
msn  富士通、イオンアグリ創造とベトナムでICTを活用した農業実証事業を開始  ↑0 ↓0
T>グループのイオンアグリ創造(千葉県千葉市)とベトナムのハナム省で進めている、日本式農業の有効性を評価する実証事業に加え、19日からベトナム政府女性連合の調査員が、スマートフォンアプリを利用して報告する農作物の市場価格情報を集約する実証事業も開始すると発表した。 同社では、15年10月からICTにより、農作業履歴、生育状況、栽培環境情報を収集して活用する日本式農業の有効性を評価する実証事業を行っている。収集したデータは、富士通のデータセンターで集約・可視化して提供。イオンアグリ創造は、収集したデータを活用し、農作業を指導している。16年3月まで、これらの実証事業を通じてベトナム農業に有効な技術や手法を分析し、ベトナムにおける安全性の高い農作物の生産性向上と安定供給を実現することに貢献するとしている。 19日の終値は、前日比1.9円高の544.8円。 提供:モーニングスター社 もっと見る
2016/01/20 08:31 da:98 facebook:0 twitter:0 有効性 日本式 グループ 富士通 Tweet
アパレル・リソース  アパレル産業がグローバル・サプライチェーンに参加  ↑0 ↓0
ベトナム国内のアパレル産業は、今までさほど多くの役割を担ってこなかったが、グローバル・サプライチェーンに(より深く)食い込むために、その生産プロセスを改革し始めた、と専門家は述べた。 ベトナム繊維協会(Vitas)のVu Duc Giang会長は、国内のアパレル産業はベトナムの輸出額基準において主要産業の一つに数えられるものの、グローバル・サプライチェーンにおいては、単に裁断・縫製・仕上げのプロセスを担ってきたに過ぎなかった、と述べた。 Giang会長によるとこの業界では、生産にかかる原材料の50%を海外、特に中国からの輸入原材料に依存している。 従ってもし、ベトナムのアパレル産業に原材料を提供するこれらの市場に何か異常事態があった場合、ベトナム国内産業に悪影響がもたらされることとなる。 加えて地元の繊維・アパレル産業は、原材料供給メーカーとの間で協力して生産チェーンを構築し、長期的に成長可能な開発戦略を練るような動きをしてこなかった。 Nha Be縫製総会社(NBC)ハノイ支店のTran Thu Hien支店長は、ベトナムのアパレル会社は今まで、それぞれの強みを開発・強化することに注力してきた、と述べた。 一方で彼らは、原材料需要やその不足に注意を払うことを怠り、原材料の供給ソースを確立せずに輸入に依存してきた、と彼女は述べた。 NBCでは、生産に使用する原材料の70%を輸入しており、残り30%を地元市場から調達している。 Dong Xuanニット株式会社のTruong Thi Thanh Ha社長は、ベトナムでは毎年40万トンの綿を必要としているが、地元市場は3000トンしか供給できず、残りは他国から輸入しなければならない、と述べた。 「ベトナムのアパレル産業が使用する機械、化学薬品、繊維染料のほとんどは輸入しなければなりません。このことは、ベトナムアパレル産業がサプライチェーン上の弱点を抱えていることを意味します。」とHa社長は述べた。 商工省軽工業部のPhan Chi Dung部長は、世界のアパレル産業の開拓は、結果としてサプライチェーンや電子商取引の開発につながる、と述べた。 そのことはベトナム地元アパレル産業にとっての大きな課題であり、将来的には改革が求められるだろう、と彼は言った。しかしベトナムの中小企業(SME)は、全体の21%しかグローバル・サプライチェーンに参加しておらず、タイのSMEの30%、マレーシアの46%の参加率と比較しても低い水準となっている。 「ベトナム企業は、原材料生産やデザインなどの主要プロセスではなく、サプライチェーン上で他にも代替可能な作業や製品供給を担う、最も低いポジションにあります。」と彼は述べた。 Vitas のGiang会長は、アパレル産業の付加価値を高めるためには、企業が原材料生産を開発し、その生産方法を改革することに注力しなければならない、とした。 こうした取り組みは、輸出向け繊維・アパレルの品質を向上させ、ベトナム国内におけるサプライチェーンを構築するために、アパレル会社間で協力する動きにつながるだろう、と彼は述べた。 ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong会長は、国内の繊維・アパレル企業は生産・管理に係る戦略を変更し、これまでの単純な委託作業契約(CMT)から、会社にとって有利な契約条件である、FOBや自社オリジナルデザイン供給(ODM)へ生産をシフトさせるために、熟練労働者を育成していくべきであるとした、とVietnamplus紙は報じた。 Vinatexは、ベトナム中部ハティン省における工場一帯への投資を行い、国内および海外市場向けの優れた生産チェーンを構築することを計画している。 計画では、総額約1兆ベトナム・ドン(4514万米ドル)の資本を投じ、4つの工場、排水処理施設、水供給施設を敷地面積19ヘクタールのNam Hong 工業団地に建設する。 まず、1900億ベトナム・ドン(860万米ドル)の費用を投じて、Hong Linh 1とHong Linh 2の2つの縫製工場の建設が、それぞれ2016年2月と2017年初めに着工される予定である 次に、2017年後半に年間1500トンの生産能力を持つスカーフ織物のHong Linh工場が、3140億ベトナム・ドン(1417万米ドル)の投資を受け、建設される。 最後に、年間1400トンの生産能力を持つ、4100億ベトナム・ドン(1840万米ドル)規模の染色・編物工場が続く。 Vinatexは、ベトナムがグローバル展開を加速する際に不可欠となる、生産性を向上させるための取り組みをまさに今開始した。 もっと見る
2015/12/24 06:02 da:20 facebook:0 twitter:0 アパレル チェーン 原材料 サプライ グローバル 米ドル Tweet
アパレル・リソース  繊維部門は課題が山積み(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   取組み課題と改善ポイント ベトナムの繊維産業にとって、その生産構造を改善し、世界的に優位なポジションに留まるための改善点はサプライチェーンにあり、労働生産性、供給リードタイムの短縮、デリバリー品質の維持、そして世界需要の中心である欧州や米国におけるデリバリー基準に適合するよう、労働慣行を向上させるといった項目にポイントがある。   労働生産性 労働はコスト競争力の唯一最大の源であり、それはまた、これらの国におけるビジネス繁栄の背後にある最大の理由であるが、今後次第に失われていくことが予想される。即ち賃金が上昇することにより、次第にこのコスト競争力の弱体化が、他国からの優位性を失わせることになる。中国はかつて、労働賃金のコスト競争力の追い風により、輸出と生産が数倍に拡大した例である。現在中国の労働賃金は、月額約100〜110米ドルのベトナムに対し、月額200米ドル近くまで上昇した。インドの賃金はベトナムに近く、バングラデシュはなおも低水準のままである。景気停滞と優良な産業カテゴリの縮小により、中国産業は労働生産性の向上に焦点を移した。実際に中国の労働生産性は飛躍的に改善しており、その速度は、コスト競争力の低下と共にスローダウンしているものの、ビジネスがなおも中国に留まっている理由となっている。 研究によると、一旦TPPが発効すると、新たな貿易関係によって、ベトナムの繊維・衣料品産業に600万人の追加の雇用が創出される、としている。しかしそのことはまた、労働賃金が12~15%増加することにもつながる。結果として、ベトナムはさらなる強みを身につけるため、近代的な工場管理と生産工学の実践技術に投資する必要がある。生産工学、リーン生産方式など、特に組織設計によって、大幅に労働生産性を高めることが求められる。このような技術は、世界的にも労働生産性を20〜25%上昇させるなど大幅な改善をもたらしている。   供給リードタイム 供給リードタイムは、もう一つの大きな差別化要因である:上流工程をコントロールできる者は、ベトナムにおいてクライアントからの発注を獲得する際、最初の候補となり得る。この上流工程のコントロールを得るには、後方統合(開拓する調達拠点にどの程度近接しているかによりその難易度が上がる)か、代わりに適切な需要管理、計画、調達プロセスを導入する必要がある。コスト面での利点は受注の二次的要因であり、リードタイムや適時にデリバリーする能力が受注の決め手となることがしばしば起きている。インドや中国の大きな企業は割増価格で受注し、その余力を供給リードタイムの管理に利用しているような例もある。 ベトナムでは工場や機械設備を別にすると、重要なインフラ基盤として物流インフラが挙げられる。ベトナムの物流インフラの現状は必ずしも満足いくものではなく、受注からFOB配送ポイントまでの購買・配送に係るリードタイムに多くの時間を必要とし、しばしば80日もかかる場合がある。他国企業では、40〜50日のリードタイムで稼動している。このベトナムの状況は、地元調達オプションの開拓を通して改善でき、それによって約20日もリードタイムを短縮することが可能と考えられる。またさらに、製造リードタイムを削減することにより、受注からデリバリーまでのサイクルタイムを改善する余地もある。インドや中国の大手企業は、統合計画プロセスと生産工学の実践を通じて、30~40%もの製造リードタイムを削減することに成功した。中国の1日に対し、ベトナムでは通常5日かかる通関手続きなど、その他のプロセスについても、競争力を高めるために合理化する余地がある。   社会的責任(CSR)と労働慣行 企業の社会的責任(CSR)と公正な労働慣行に対する問題が、近年主要な関心事となっている。最近バングラデシュで発生した建物崩壊や火災による労働者の死亡事故は、世界の小売リーダー企業に産業規格を精査・強化するよう、その意識を向けさせた。 従業員の福利厚生に対する投資、適切な労働規制の策定、そしてCSRの重視は、今後ビジネスを進める上で必須となる。ベトナムの繊維産業は、今後数年間で多様な成長の可能性を秘めている。しかしこれを現実のものにするためには、長期的な製品および市場戦略を策定する必要がある。顧客に対し短納期で高品質のデリバリーを可能とするために、適切なプロセスとシステムが、必要なインフラ基盤と共に導入される必要がある。また繊維業界においては、労働力の効果的な稼動に向けて取り組み、低い人件費を売りにした工場、という世界共通の認識から脱却する必要がある。リーン生産のような近代的な工程管理手法に従い、サプライチェーンを包括的に再検討することは、組織の業績を次のレベルに引き上げ、ベトナムを世界の衣料品大国にする可能性をもたらすであろう。 *ここで著者によって表明された見解は、必ずしもKPMG社ベトナムの見解や意見を示すものではない。 もっと見る
2015/12/07 12:01 da:17 facebook:0 twitter:0 タイム リード 生産性 競争力 デリバリー コスト Tweet
HOTNAM!  【世銀見通し】ベトナムのGDP成長率2015年6.5%・16年6.6%  ↑0 ↓0
一方で環太平洋パートナーシップ(TPP)協定は、ベトナムにかなりの利益をもたらすと期待されている。シミュレーション結果によると、向こう20年でTPPは、ベトナムのGDPを8%、実質輸出額を17%増やし、生産性を12%高めることに貢献する。 (Thanh Nien) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。  詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。 もっと見る
2015/12/05 16:07 da:34 facebook:0 twitter:0 向こう シミュレーション パートナーシップ 太平洋 Tweet
tpp.asilla.jp  日越ビジネスマッチングセミナーに参加しました(12/2)  ↑0 ↓0
先週、学生時代の旧友らと飲んだ折に、新聞社に勤めている先輩が新聞の切り抜きをもってきて「ほらよ」と私にくれました。 それは「日越ビジネスマッチングセミナー」の案内で、目的はAECやTPPで盛り上がりをみせる社会主義国ベトナムのマーケットに関心を持ち、ベトナムへの進出やベトナム企業への投資や買収を検討している事業者さんや個人をターゲットにしたセミナーのようでした。ネットで探してみましたが見つからなかったので、案内はもしかして紙媒体だけ?かもしれません(そういうターゲティング戦略なのかもです)。 さて、一方弊社はIT開発(特にビッグデータ)の企業ですが、(1)ベトナム向けWebサービスを持っていること、(2)ある特定の領域においては独自のマーケティングデータを持っていること。から、前述のような皆さんとお話することによってビジネスチャンスを見出せるのではと考え、これに参加させて頂きました。 セミナーは大盛況で、在ベトナム日本国大使館の特命全権大使のスピーチからはじまり、同大使館の投資促進部長やGIBC*1のCEOなどそうそうたるメンバーが登壇され、ものすごく簡単に言うと、ベトナムへ投資(FDI)したら日本もベトナムもハッピーだという内容でした。まあ制約はあるもののおおむね賛同できる内容でした。 なかでも農業分科会でのTPPに関する話題は多岐にわたり、TPPによりもっとも利するとされるベトナムでも、開放することで危機的状況になる可能性を有する産業はあり、連日議論が繰り返されているとのこと。 例えば、先日書いた「サトウキビ」しかり。 tpp.asilla.jp また、農業、畜産の生産性は国内消費量の割に、生産性がASEANのなかでも最低レベルであり、このままだと他国で大量生産した安価な生産物にまるっと市場を持って行かれてしまうので、(1)最新技術の導入、(2)マーケット拡大、(3)ブランディングの3つを迅速に進めているところだ、と。 その他、国営企業の民営化プロセスや投資環境の最新情報、クールジャパン機構の取り組みや日本企業のM&A事情など、盛りだくさんの内容で大変参考になりました。 要点は以下の通り。 ■投資環境 ベトナムはビジネス投資環境の整備を急いで進める 整備は強制手続き、関税、税法などのソフト面を中心に急務 民間の参入が必須。イニシアティブ・フェーズ6を進めたい FTA基本合意で韓国、ロシア、中央アジアの2億マーケットにアクセスできる。 EU28ヶ国、5億マーケットにも さらにTPPで日米にアクセスできる 投資環境として申し分ない ■M&A事情 商習慣の違いディールブレイカー要注意 二重帳簿も多く、キャッシュ取引も多い、租税回避、賄賂が問題 デューディリジェンスくまなく マイナー出資でもモニタリングできる仕組みに ■クールジャパン クールジャパン企業へリスクマネー供給する機構 投資基準は収益性の確保及び趣旨との整合性 柱はメディアコンテンツ、そして実際の商品販売の2本 ■国営企業の民営化プロセス 民営化(というか株式化)をものすごい勢いで進めている*2 国営企業はマネジメントもマーケティングもイケてないし責任を取る仕組みができてない 競争力も欠如している これを変えないと他国は信頼してくれない と言ったところです。 文面通り受け取れば、国際化・開放化のプレッシャーがうまく国内の自浄作用にはたらいており、投資環境の整備が着々と進んでいると受け取ることができると思います。 以上、セミナーの内容は簡単に書くとこんな感じでした。 ちなみにITのことは、民営化の話のなかでFPTが少し出てきた程度です。 その後は交流会があり、商社やR&Dの方やJETROの方、いろんな方とお話させて頂きましたが、なかでも前職で同じグループ企業にお勤めだった方とお会いすることができ大変素敵な邂逅を賜り、実のあるセミナーとなりました。 飲み会に新聞の切り抜きを、わざわざ持ってきてくれた先輩に大感謝です。 最後に余談ですが、以下がこのセミナーで一番驚いたデータです。 今日一番衝撃だったデータは、魚と肉(豚鶏牛)を食べる量の国別の比較。1年あたり米国115kg, 中国80kg, 日本70kg。そしてなんと驚くなかれ、ベトナム急増中で85kgだそうです。by GIBC — キムラダイスケ (@kmrdai) 2015, 12月 2 *1:GIBC *2:ご参考:TPPで求められる国際的なビジネスレベルと、知財の保護(ソースコードの移転要求禁止) - TPP Note in Vietnam : http://tpp.asilla.jp/entry/2015/11/04/123143 もっと見る
blog.asilla.jp  日越ビジネスマッチングセミナーに参加しました(12/2)  ↑0 ↓0
先週、学生時代の旧友らと飲んだ折に、新聞社に勤めている先輩が新聞の切り抜きをもってきて「ほらよ」と私にくれました。 それは「日越ビジネスマッチングセミナー」の案内で、目的はAECやTPPで盛り上がりをみせる社会主義国ベトナムのマーケットに関心を持ち、ベトナムへの進出やベトナム企業への投資や買収を検討している事業者さんや個人をターゲットにしたセミナーのようでした。ネットで探してみましたが見つからなかったので、案内はもしかして紙媒体だけ?かもしれません(そういうターゲティング戦略なのかもです)。 さて、一方弊社はIT開発(特にビッグデータ)の企業ですが、(1)ベトナム向けWebサービスを持っていること、(2)ある特定の領域においては独自のマーケティングデータを持っていること。から、前述のような皆さんとお話することによってビジネスチャンスを見出せるのではと考え、これに参加させて頂きました。 セミナーは大盛況で、在ベトナム日本国大使館の特命全権大使のスピーチからはじまり、同大使館の投資促進部長やGIBC*1のCEOなどそうそうたるメンバーが登壇され、ものすごく簡単に言うと、ベトナムへ投資(FDI)したら日本もベトナムもハッピーだという内容でした。まあ制約はあるもののおおむね賛同できる内容でした。 なかでも農業分科会でのTPPに関する話題は多岐にわたり、TPPによりもっとも利するとされるベトナムでも、開放することで危機的状況になる可能性を有する産業はあり、連日議論が繰り返されているとのこと。 例えば、先日書いた「サトウキビ」しかり。 tpp.asilla.jp また、農業、畜産の生産性は国内消費量の割に、生産性がASEANのなかでも最低レベルであり、このままだと他国で大量生産した安価な生産物にまるっと市場を持って行かれてしまうので、(1)最新技術の導入、(2)マーケット拡大、(3)ブランディングの3つを迅速に進めているところだ、と。 その他、国営企業の民営化プロセスや投資環境の最新情報、クールジャパン機構の取り組みや日本企業のM&A事情など、盛りだくさんの内容で大変参考になりました。 要点は以下の通り。 ■投資環境 ベトナムはビジネス投資環境の整備を急いで進める 整備は強制手続き、関税、税法などのソフト面を中心に急務 民間の参入が必須。イニシアティブ・フェーズ6を進めたい FTA基本合意で韓国、ロシア、中央アジアの2億マーケットにアクセスできる。 EU28ヶ国、5億マーケットにも さらにTPPで日米にアクセスできる 投資環境として申し分ない ■M&A事情 商習慣の違いディールブレイカー要注意 二重帳簿も多く、キャッシュ取引も多い、租税回避、賄賂が問題 デューディリジェンスくまなく マイナー出資でもモニタリングできる仕組みに ■クールジャパン クールジャパン企業へリスクマネー供給する機構 投資基準は収益性の確保及び趣旨との整合性 柱はメディアコンテンツ、そして実際の商品販売の2本 ■国営企業の民営化プロセス 民営化(というか株式化)をものすごい勢いで進めている*2 国営企業はマネジメントもマーケティングもイケてないし責任を取る仕組みができてない 競争力も欠如している これを変えないと他国は信頼してくれない と言ったところです。 文面通り受け取れば、国際化・開放化のプレッシャーがうまく国内の自浄作用にはたらいており、投資環境の整備が着々と進んでいると受け取ることができると思います。 以上、セミナーの内容は簡単に書くとこんな感じでした。 ちなみにITのことは、民営化の話のなかでFPTが少し出てきた程度です。 その後は交流会があり、商社やR&Dの方やJETROの方、いろんな方とお話させて頂きましたが、なかでも前職で同じグループ企業にお勤めだった方とお会いすることができ大変素敵な邂逅を賜り、実のあるセミナーとなりました。 飲み会に新聞の切り抜きを、わざわざ持ってきてくれた先輩に大感謝です。 最後に余談ですが、以下がこのセミナーで一番驚いたデータです。 今日一番衝撃だったデータは、魚と肉(豚鶏牛)を食べる量の国別の比較。1年あたり米国115kg, 中国80kg, 日本70kg。そしてなんと驚くなかれ、ベトナム急増中で85kgだそうです。by GIBC — キムラダイスケ (@kmrdai) 2015, 12月 2 *1:GIBC *2:ご参考:TPPで求められる国際的なビジネスレベルと、知財の保護(ソースコードの移転要求禁止) - TPP Note in Vietnam : http://tpp.asilla.jp/entry/2015/11/04/123143 もっと見る
biz.searchina.net  [ベトナム株]16年のGDP成長率目標+6.7%、国会が採択  ↑0 ↓0
国会は10日、2016年経済社会発展計画に関する決議案を約90%の賛成多数で採択した。決議は2016年の目標として、マクロ経済の安定、前年を超える経済成長、成長モデルの刷新と経済再編、生産性向上などを掲げている。
2015/11/11 18:22 da:45 facebook:- twitter:- マクロ GDP Tweet

Thailand

e-logit.com  UDトラックス/南アフリカ ロスリン工場よりクローナー第一号車を出荷  ↑0 ↓0
クローナーは2017年3月にタイ・バンコクで発表され、6月に南アフリカ地域での発売が開始されました。当地域向けには13の基本車種に加え、お客様の生産性と ...
2017/07/31 11:15 da:- facebook:0 twitter:0 アフリカ 生産性 バンコク お客様 Tweet
日本経済新聞  日本能率協会、タイで生産効率化例発表  ↑0 ↓0
ダイキン工業など6社のタイ人担当者が現地ならではの「カイゼン」事例を説明した。タイのものづくりの底上げを後押しする狙い。 同協会がこうした発表会を海外で開くのは初めて。日本能率協会が昨年バンコクに設置した現地進出日系企業の代表者で構成する「タイ(バンコク)評議会」がダイキン工業、マツダ、トヨタ紡織、三菱電機、コマツ、日産自動車の6社の現地法人の現場改善事例を選定した。 三菱電機のエアコン圧縮機製造の合弁会社サイアム・コンプレッサー・インダストリーが最優秀賞を受賞した。同社は2011年から16年までに生産性を3割引き上げる目標に向けた取り組みの成果などを紹介した。 日本能率協会の山口範雄会長は「先端技術の導入を目指すタイにとり、現場の技術力対応は不可欠」と指摘し、「タイの製造現場力向上に寄与したい」と発表会開催の意義を強調した。 日本能率協会は来年も同様の発表会を開催予定で、将来的にはタイの現地企業の現場カイゼン事例も対象に含める計画だ。(バンコク=京塚環) もっと見る
2016/06/10 21:00 da:90 facebook:5 twitter:0 バンコク 担当者 ダイキン 効率化 Tweet

Singapore

日本経済新聞  大学間競争 日本は苦戦 論文の生産性、100位内に4校  ↑0 ↓0
強みのある戦略分野を明確にして競争主義を徹底する中国やシンガポールの大学の背中が遠く ... 生産性でトップだったのは、シンガポールの南洋理工大学だ。
2018/06/04 01:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japanese.joins.com  韓経:シンガポール賃金25ドルvs韓国65ドル…船舶受注決める造船業の生産性  ↑0 ↓0
昨年12月、現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋の韓国造船大手3社の見積もりチームは緊張に包まれた。シンガポールの海洋プラントメーカーである ...
2018/05/17 10:20 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  シンガポール、リム・チュー・カンの養殖場入札、革新的技術で落札  ↑0 ↓0
農食品・獣医庁(AVA)は4月18日、北西部リム・チュー・カンの養殖場3カ所の入札結果を発表した。落札したのはアポロ・アクエリアムとブルー・アクア・インターナショナルで、生産性の高い、革新的養殖システムを提示したことが評価された。 リム・チュー・カンの既存農地のうち、2021年末にリース契約が切れる62区画は国軍が ...
2018/04/19 21:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  シングテルとVMウエア、クラウド事業で提携  ↑0 ↓0
両社は、法人顧客がクラウド上で「概念実証(POC)」を簡単に行える仮想サンドボックス「デジタル変革ファウンドリー」をシンガポールで立ち上げる。サンドボックスは、規制の適用を除外して革新的な技術やビジネスモデルの実用化を促す仕組み。顧客がクラウドを活用して生産性向上や事業効率化を図れるよう支援するのが ...
2018/04/11 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  行政2機関を統合したエンタープライズ・シンガポールが発足  ↑0 ↓0
企業の海外展開を支援する国際企業庁(IE)と、中小企業を支援する機関の規格・生産性・革新庁(SPRING)を統合したエンタープライズ・シンガポールが4月1日、発足した。式典でイスワラン通産相は「新機関は零細企業、新興企業から、中堅、大手企業まで、成長の意欲のあるすべての企業に奉仕する」と挨拶した。
2018/04/03 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  新政府機関エンタープライズ、正式に発足  ↑0 ↓0
シンガポールの国際企業庁(IEシンガポール)と規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)を統合した新機関「エンタープライズ・シンガポール(シンガポール企業庁)」が2日、正式に発足した。 新機関は、新興企業から大企業まで規模にかかわらず地場企業の事業成長や海外… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: 経済 ...
2018/04/03 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
value-press.com  王者には賞金 100 万円!10月決戦に向け9ヶ月トーナメント戦真っ最中! 元アスリートの第二の人生 ...  ↑0 ↓0
... ストレッチワールドグランプリ」を開催致します。王者には賞金 100 万円が贈られるというメインイベントになります。出場国は日本・上海・シンガポール・台湾と 4 ヶ国から世界のトレーナーがエントリーし、10 月最終決戦に向けて予選がスタートしました。9 ヶ月に及ぶ長い予選期間では①生産性や指名率②筆記試験、接客審査 ...
2018/04/02 17:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国内共通の電子インボイスシステム構築へ  ↑0 ↓0
シンガポール政府は、国内共通の電子インボイス(適格請求書)システムを構築する方針だ。企業の生産性を高める狙い。ヤーコブ・イブラヒム情報通信相が6日、国会での予算審議で明らかにした。 電子インボイスは企業間取引(BtoB)に際して、請求書の作成や請求手続きなどを… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: ...
2018/03/08 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  シンガポール、電子送り状を国レベルで導入へ、標準化目指し研究を開始  ↑0 ↓0
ヤーコブ・イブラヒム通信・情報相は3月6日の予算審議で、デジタル送り状を国レベルで導入する方針を明らかにした。事業者の生産性改善につながるという。 送り状は、発送貨物の品名、数量、価格を記載して買主に送付する書類で、買主から支払いを受けるために欠かせないものだが、面倒な手作業を伴い、間違いも多い。
2018/03/07 20:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  通産省、企業の生産性向上に1.1億Sドル拠出  ↑0 ↓0
シンガポールの通産省は2日、生産性向上に取り組む企業を助成する「生産性ソリューションズ・グラント(PSG)」制度に、向こう3年で1億1,000万Sドル(約87億9,300万円)を拠出すると発表した。 PSGは、政府が2018年度(18年4月~19年3月)予算案と併せて発表した経済… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: 経済 ...
2018/03/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
出島  シンガポールの生産性 2010年以来の高水準 ドイツやイギリスを上回る 内需産業にも生産性向上の余波か  ↑0 ↓0
通産省は2月14日、昨年の生産性(労働時間当たり付加価値)は4.5%向上したと発表した。米国発の金融危機の反動で生産性が顕著に改善した2010年以来の高水準だ。 この記事の続きを読む. 外需の拡大を受け、製造、卸売り、金融・保険など外需指向部門で生産性が上がった。労働時間も生産性の高い部門の割合が ...
2018/02/16 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
asiax.biz  シンガポール、昨年の生産性は4.5%向上、7年ぶりの高水準  ↑0 ↓0
通産省は2月14日、昨年の生産性(労働時間当たり付加価値)は4.5%向上したと発表した。米国発の金融危機の反動で生産性が顕著に改善した2010年以来の高水準だ。 外需の拡大を受け、製造、卸売り、金融・保険など外需指向部門で生産性が上がった。労働時間も生産性の高い部門の割合が拡大し、建設など生産性の ...
2018/02/15 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  労働力減で生産性向上が重要に、金融庁長官  ↑0 ↓0
シンガポール金融管理庁(MAS)のラビ・メノン長官は22日、「外国人労働者を増やすだけでは、労働力人口の伸び鈍化を食い止めることはできない」と述べ、生産性向上の重要性をあらためて指摘した。 同長官は、中心部で開かれたシンガポール国立大学(NUS)公共政策学部政策… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: ...
2018/01/23 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  AIで生産性向上、Asia300サミット  ↑0 ↓0
【シンガポール=中野貴司】アジアの経営者らが地域経済などについて話し合う「日経Asia300サミット」(主催=日本経済新聞社)が18日、シンガポールで開かれた。経営者からは人工知能(AI)などの先端技術に積極的に投資し、生産性の向上をめざすとの発言が相次いだ。 ゴム手袋世界最大手、マレーシアのトップ・グローブ ...
2018/01/18 23:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  59件で組立容易設計の入札も、生産性向上で  ↑0 ↓0
シンガポールのデスモンド・リー社会・家族開発相兼第2国家開発相は11日、建設業界の生産性向上に向けて政府が提唱する「製造・組み立て容易設計(DfMA)」で、今年59件の入札が行われる可能性があると話した。 シンガポール建築・建設業管理局(BCA)は、工場で仕上げた… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: ...
2018/01/15 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  【年始特集】最先端分野で日系との連携期待 国際庁、組織再編で支援体制強化  ↑0 ↓0
シンガポール企業の海外進出を支援するシンガポール国際企業庁(IEシンガポール)は、モノのインターネット(IoT)といった最先端分野で日本企業との提携強化を期待している。今年は規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)との統合も控えており、地場企業を海外進出、… 関連国・地域: シンガポール/日本. 関連業種: ...
2018/01/08 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  規格生産性革新庁、SGビークルズを提訴  ↑0 ↓0
シンガポール規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)は18日、不当な商行為を行っているとして、並行輸入車の販売を手掛けるSGビークルズへの業務停止命令などを求める訴訟を19日付で高等裁判所に起こすと発表した。同庁が消費者保護・公正取引法(CPFTA)違反で法的… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: ...
2017/12/21 00:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  シンガポールの労働市場、30年までに生産性損失2759億円 高齢化影響 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
シンガポールは、高齢化社会の進行が労働生産性にも影響を及ぼしそうだ。米人事コンサル大手マーサーの報告書によると、シンガポールの労働市場では労働者の病気による休暇や欠勤が増加し、2030年までに生産性の損失が33億シンガポール(S)ドル(約2759億円)に達する可能性がある。現地紙ストレーツ・タイムズ ...
2017/12/05 05:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  シンガポールの労働市場、30年までに生産性損失2759億円 高齢化影響 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
シンガポールは、高齢化社会の進行が労働生産性にも影響を及ぼしそうだ。米人事コンサル大手マーサーの報告書によると、シンガポールの労働市場では労働者 ...
2017/12/05 05:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  UOB、ロボット行員導入で生産性向上  ↑0 ↓0
シンガポールの金融大手UOB銀行が2人の「ロボット行員」を導入した。法人向け金融とリテール(小口金融)業務にそれぞれ配属され、生産性の向上に大きく貢献している。 UOBによると、2人の名は「エイミー」… 関連国・地域: シンガポール. 関連業種: IT・通信/金融・保険. この記事は該当の有料サービスにご契約の方が ...
2017/11/27 00:01 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kagakukogyonippo.com  シェル シンガポールで潤滑油5割増 生産性6倍に  ↑0 ↓0
【シンガポール支局】シェルは1日、シンガポールのテュアス地区で潤滑油とグリースの工場を増設し、商業運転を始めたと発表した。同工場の生産能力を5割増の ...
2017/11/06 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  消費者保護規定を改正へ、家電の安全認証  ↑0 ↓0
シンガポール規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)は14日、消費者保護法(通称レモン法)に付随する消費者保護(安全要件)規定の改正案について、意見 ...
2017/08/15 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 消費者 レモン 生産性 SPRING Tweet
nna.jp  ジュロンウエストに新屋台街、10月開業  ↑0 ↓0
シンガポールの国家環境庁(NEA)は24日、西部ジュロン・ウエスト地区に新設するホーカーセンター(屋台街)が10月に開業すると発表した。労働生産性の向上を ...
2017/07/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ジュロン ウエスト 生産性 センター 環境庁 Tweet
nna.jp  規格庁と南豪州、革新的な食品技術開発で提携  ↑0 ↓0
シンガポール規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)は24日、オーストラリアの南オーストラリア州第一次産業・資源省(PIRSA)と食品技術開発分野で協力 ...
nna.jp  食品自販機、衛生管理でガイドライン  ↑0 ↓0
シンガポール製造業者連盟(SMF)標準開発機関(SMF―SDO)とシンガポール規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)が作成した食品の自動販売機 ...
2017/07/24 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 自動販売機 SPRING 生産性 自販機 ガイドライン Tweet
nna.jp  先端技術の新興企業育成、規格生産性革新庁  ↑0 ↓0
シンガポール規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)の投資機関SPRINGシーズ・キャピタルが、先端技術の開発を手掛ける新興企業の育成プログラムを ...
2017/07/18 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 SPRING プログラム シーズ キャピタル Tweet
asiax.biz  労働生産性成長率、昨年は目標下回る3.5%  ↑0 ↓0
マレーシア生産性公社(MPC)は5月31日、2016―2017年度版の「生産性リポート」を発表。2016年のマレーシアの労働生産性は一人当たり7万8,218リンギ( ...
2017/06/02 17:37 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 一人当たり リポート Tweet
asiax.biz  新たな農地の入札を8月から開始、審査では革新的技術を重視  ↑0 ↓0
シンガポールの国土面積は狭いため政府は産業界に生産性改善を求めており、農業もこの対象とする。葉物野菜、養殖魚、もやし、ウズラの卵のための農地入札 ...
2017/05/12 18:13 da:- facebook:0 twitter:0 もやし 生産性 産業界 革新的 Tweet
decn.co.jp  石井啓一国交相/シンガポールにi-Con提案/大型連休にトップセールス集中展開 [2017年5月9日2面]  ↑0 ↓0
石井国交相は訪問先のシンガポールで、日本と同様にインフラ整備の担い手不足を補完する建設現場の生産性向上策i-Constructionの普及などを両国共通の ...
asiax.biz  生産性改善が経済成長の鍵、メーデー大会でリー首相  ↑0 ↓0
失業率が2.3%に上昇したのもこのためだが、先進国の失業率は5~10%とシンガポールより高いという。リー首相は、事業体や投資の誘致、既存業務の拡大 ...
2017/05/03 10:18 da:- facebook:0 twitter:0 先進国 メーデー 生産性 Tweet
asiax.biz  生産性改善への意欲は不十分、オリバー・ワイマンが分析  ↑0 ↓0
米系経営コンサタントのオリバー・ワイマンは、シンガポール企業は生産性改善のための取り組みが不十分との研究結果を報告書にまとめ発表した。業績拡大の ...
2017/04/27 09:56 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 オリバー 不十分 報告書 まとめ 取り組み Tweet
asiax.biz  空運業界の構造転換を推進、生産性と雇用創出が柱  ↑0 ↓0
シンガポールは土地と労働力に制約があるため生産性を重視し、2025年までに生産性を40%向上させるのも目標。容易に達成できる目標ではないものの、他に ...
2017/04/21 18:21 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 労働力 Tweet
sankei.com  シンガポールの経済視察団が高崎市訪問 大臣「大変勉強になった」  ↑0 ↓0
労働力不足や人件費の高騰などが深刻化、企業の生産性向上が急務となっているシンガポールの経済視察団が18日、高崎市を訪問した。省力化・自動化に ...
2017/04/19 07:07 da:- facebook:0 twitter:0 省力化 自動化 生産性 深刻化 労働力 人件費 Tweet
ASEAN PORTAL  日本とシンガポールは建設分野の連携を強化  ↑0 ↓0
日本の国土交通省は、シンガポール建築建設庁との共催により「生産性向上に向けた日・シンガポール共同セミナー」をシンガポールのBCAアカデミーで15日に ...
2017/03/28 20:15 da:19 facebook:- twitter:- アカデミー セミナー 生産性 国土交通省 Tweet
robotstart.info  レンタルオフィスのCROSSCOOP SINGAPORE、 受付業務省力化に向けてNaoを使った実験開始  ↑0 ↓0
現在シンガポールが抱える大きな社会問題は日本同様に少子高齢化であり、労働力減少をいかに生産性の向上で補っていくのかが大きな課題となっているという ...
2017/03/27 13:30 da:32 facebook:0 twitter:0 社会問題 労働力 生産性 省力化 オフィス SINGAPORE Tweet
business.nifty.com  シンガポールの少子高齢化問題に対する生産性向上の取り組みとして人型ロボット  ↑0 ↓0
シンガポールで日系最大のレンタルオフィスを運営するCROSSCOOP SINGAPORE PTE LTD(80 Robinson Road, Singapore、Managing Director:庄子 ...
2017/03/27 11:31 da:86 facebook:0 twitter:0 SINGAPORE Singapore Director オフィス レンタル 生産性 Tweet
ビッグローブニュース  CROSSCOOP SINGAPORE、シンガポールの少子高齢化問題に対する生産性向上の取り組みとして人型 ...  ↑0 ↓0
シンガポールで日系最大のレンタルオフィスを運営するCROSSCOOP SINGAPORE PTE LTD(80 Robinson Road, Singapore、Managing Director:庄子 ...
2017/03/27 10:52 da:77 facebook:0 twitter:0 SINGAPORE Singapore Director オフィス 取り組み 生産性 Tweet
asiax.biz  リコー、製品・サービスの展示会を開催  ↑0 ↓0
期間中は製品の展示に加え、オートメーション機器の購入やリースの補助など、企業の生産性向上に向けたシンガポール政府による優遇税制「PIC (Productivity ...
2017/03/16 19:07 da:40 facebook:0 twitter:0 リース 生産性 オートメーション 期間中 サービス 展示会 Tweet
nna.jp  生産性向上で日本の取組紹介 国土交通省と建築局がセミナー  ↑0 ↓0
日本の国土交通省とシンガポールの建築・建設業管理局(BCA)は15日、シンガポールで「生産性向上に向けた日・シンガポール共同セミナー」を共催した。日本の ...
2017/03/16 00:00 da:49 facebook:- twitter:- 生産性 セミナー 国土交通省 管理局 Tweet
ASEAN PORTAL  日本はシンガポールと建設分野の生産性向上を図るセミナーを開催  ↑0 ↓0
日本の国土交通省は、シンガポール建築建設庁と協力の元で、日本とシンガポールの企業の連携を図る事などを目的として「生産性向上に向けた日・シンガポール ...
2017/03/13 19:44 da:19 facebook:0 twitter:0 生産性 国土交通省 セミナー Tweet
mlit.go.jp  「生産性向上に向けた日・シンガポール共同セミナー」を開催します  ↑0 ↓0
国土交通省は、シンガポール建築建設庁との共催で3月15日にシンガポールにおいて、我が国建設企業の生産性向上に関する技術・取組を紹介し、両国企業の ...
2017/03/13 15:09 da:90 facebook:0 twitter:0 生産性 我が国 セミナー 国土交通省 Tweet
nna.jp  規格生産性革新庁、16年は1.7万事業を助成  ↑0 ↓0
シンガポール通産省傘下の規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)は25日、2016年に約1万6,300社の計1万6,700事業に助成を行ったと発表した。
2017/01/26 00:03 da:52 facebook:0 twitter:0 生産性 SPRING 通産省 Tweet
出島  シンガポール、国民の生活改善、一方で生産性低迷=財務省報告  ↑0 ↓0
国民の所得は増加し、経済不振にもかかわらず失業率は低率を維持しているが、生産性改善率は低い――財務省は経済、住宅、保健医療など重要分野での国 ...
2016/12/13 14:32 da:21 facebook:0 twitter:0 財務省 生産性 Tweet
roboteer-tokyo.com  政府も積極活用…ドローン先進国シンガポールの関連法  ↑0 ↓0
アジアの国のなかで、ドローンを活用して生産性や効率改善を促そうと注力する国がある。シンガポールだ。シンガポールでは、ドローン製品だけでなく、撮影した ...
2016/10/18 12:11 da:19 facebook:0 twitter:0 ドローン 生産性 アジア 先進国 Tweet
hanjohanjo.jp  「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?  ↑0 ↓0
シンガポール企業における生産性向上の取り組みを支援しているシンガポール生産性本部では、2組の視察団を日本に派遣、小売業や飲食業におけるベストプラクティスを学ぶツアーを行った。HANJO HANJOでは、日本生産性本部の協力のもと行われた今回のツアーを同行取材、様々な角度で日本の飲食業界・小売業界の現在を伝えていく。 特集第2回は、シンガポール視察団が訪れた「ペッパーフードサービス」に注目。同社の事業拡大についての取り組みから、企業が参考とすべき人材教育と来店動機を多角化することの重要性について考える。■急激な店舗拡大がもたらしたサービス低下 同社のステーキレストラン「いきなり!ステーキ」では、13年12月の1号店オープン後、翌年には30店舗までの事業拡大を目指した。他の既存店舗の売り上げは順調に伸びており、拡大は決して無謀な試みではないと、社員全体が夢を膨らませていたという。しかし、売り上げが9月に突然伸び悩む。その原因とは一体何なのか? 視察団からの質問に対して、ペッパーフードサービス海外事業本部副本部長の猪熊宙氏は「サービスの低下が原因でした」と答えている。「厚切りステーキを焼くと もっと見る
2016/07/25 08:15 da:34 facebook:1 twitter:0 生産性 ベスト 取り組み ステーキ Tweet
hanjohanjo.jp  シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?  ↑0 ↓0
シンガポール企業における生産性向上の取り組みを支援しているシンガポール生産性本部では、6月6日から10日にかけて2組の視察団を日本に派遣、小売業や飲食業におけるベストプラクティスを学ぶツアーを行った。HANJO HANJOでは、日本生産性本部の協力のもと行われた今回のツアーを同行取材、視察団の声だけでなく、受け入れ先の会社やお店とのQ&A、識者による業界の最先端マネージメントまで、様々な角度で日本の飲食業界・小売業界の現在を伝えていく。海外の目を通すことで、私たち日本のビジネスパーソンが気付いていなかった、世界市場における新たなビジネスチャンスや新しいヴィジョンが、浮かんできた。 特集第1回は、2組の視察団の代表者による視察内容への感想から、中小企業が注目すべき日本企業の優れた生産性向上の取り組みについて考察する。■「ペッパーフードサービス」のコンセプトに共鳴 両生産性本部の支援によって訪日した視察団のうちのひとつは、「シンガポールレストラン協会」の会員25人を中心に構成されたグループ。「和民」ほかの飲食店を回り、最終日には「FOOMA JAPAN 2016国際食品工業展」を見学した。 もっと見る
2016/07/22 07:52 da:34 facebook:8 twitter:0 生産性 取り組み ベスト Tweet
kadeninochi.com  インフォマートがシンガポールにて「BtoBプラットフォーム」の英語版を提供開始  ↑0 ↓0
株式会社インフォマートは、「BtoBプラットフォーム 受発注」の英語版をリリースし、2016年7月1日(金)にシンガポールに進出した日本の外食15店舗へ提供を開始した。なお、「BtoBプラットフォーム」とは、インフォマートが管理しているシステムで、見積・販売・購買・請求・支払・入金などといった企業間の商行為を主に電子化することで格段に効率化し、生産性向上・時短とコスト削減・ペーパーレスによってエコ化を推進するもののことを指す。英語版リリースの背景近年日本の飲食店が積極的に海外へ進出している。その中でインフォマートは海外店舗での受発注業務全般のIT化を支援する目的で、13年にわたって国内にて順調に利用拡大してきた「BtoBプラットフォーム 受発注」の海外版の開発および提供を進めていたのだ。まず2009年に中国向けとして「中国後(簡体字版)」、さらに2014年に台湾向け「中国語(繁体字版)」の提供を開始していた。そして今回、世界の英語圏市場に向けた「英語版」のリリースに至ったのである。この「BtoBプラットフォーム 受発注 -英語版」は第一弾としてシンガポール伊勢丹オーチャード店内に201 もっと見る
2016/07/11 21:22 da:24 facebook:0 twitter:0 インフォマート プラットフォーム リリース 受発注 Tweet
asiax.biz  シンガポールの生産性向上率は英米以上、会計士協会調査  ↑0 ↓0
2000年から2015年にかけてのシンガポールの生産性向上率は年1.5%で、同様の高所得国である米国を0.3ポイント、英国を0.9ポイント上回った。オックスフォード・エコノミクスは、イングランド・ウェールズ勅許会計士協会(ICAEW)の委託で調査を行った。
2016/06/10 07:52 da:45 facebook:- twitter:0 生産性 会計士 Tweet
朝日新聞出版  ボーダフォン調査:世界企業の75%が「フレキシブル・ワーキング」政策を推進  ↑0 ↓0
シンガポール企業の53%がフレキシブル・ワーキング導入後に増益ボーダフォン(Vodafone)は1日、同社が実施した「フレキシブル:敵か味方か?」(Flexible Working)調査の結果を公表した。それによると、世界の企業の75%が、従業員が働く時間帯を変更したり、最新のテクノロジーを利用したりして職場と離れた場所で働くことを可能とするフレキシブル・ワーキング政策を導入していることが明らかになった。調査は3大陸の8000のビジネス・プロフェッショナルを対象に実施、調査の結果シンガポールにあるフレキシブル・ワーキングを採用した企業の53%が、その導入後に利益が増大していることが分かった。「フレキシブル:敵か味方か」調査は、全10カ国の中小企業、公的機関、多国籍企業(MNCs)から回答を得た。回答企業のうち驚くほど多くが、フレキシブル・ワーキングの結果、業績が強化されたと思うと答えた。*全世界の回答者全体の61%が利益が拡大したと回答*83%が生産性が向上したと報告*58%がフレキシブル・ワーキング・ポリシーは企業の評判にポジティブな影響を与えたと判断している高速モバイルデータ・サー もっと見る
PR TIMES  ワークスアプリケーションズ、シンガポールにてHUE(AI WORKS)をローンチ 革新的な新機能公開  ↑0 ↓0
近頃のシンガポール政府の発表を踏まえ、シンガポール企業は生産性を向上させようとオペレーションの自動化に投資しています。HUE(AI WORKS)の導入により時間と資源が大幅に節約でき、シンガポール経済を躍進させられると私たちは確信しています。」
sankei.com  ワークスアプリケーションズ、シンガポールにてHUE(AI WORKS)をローンチ 革新的な新機能公開  ↑0 ↓0
株式会社ワークスアプリケーションズ 日本を代表するエンタープライズソフトウェアベンダー、株式会社ワークスアプリケーションズ(本社 : 東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、本日HUE(海外名称:AI WORKS)をシンガポールにてローンチしましたので、こちらにてお知らせします。HUE(AI WORKS)は、人材管理や採用、財務といった重要なビジネスプロセスに人工知能を取り入れることで、基幹業務ソフトウェア(ERP)に革命をもたらしたソリューションです。 ワークスの牧野正幸CEOは以下のようにコメントしています。「HUE(AI WORKS)はその機能の中でEメールやスプレッドシート、カレンダー、その他の企業ツールの情報をクラウド経由で統合します。これによりユーザーはドキュメントを共同編集することができ、従業員がデータ入力に費やす時間は半分に短縮されます。近頃のシンガポール政府の発表を踏まえ、シンガポール企業は生産性を向上させようとオペレーションの自動化に投資しています。HUE(AI WORKS)の導入により時間と資源が大幅に節約でき、シンガポール経済を躍進さ もっと見る
asiax.biz  限られた労働力の最大活用を、政府と経営者連盟がメッセージ  ↑0 ↓0
メーデーを控え人材開発省とシンガポール全国経営者連盟(SNEF)は4月27日、それぞれ国民向けメッセージを発表。ともに、限られた労働力の最大活用、生産性改善の必要性を訴えた。生産性改善は鈍く、10年から15年の改善率は平均で年0.4%。
2016/04/29 11:37 da:38 facebook:4 twitter:0 労働力 メッセージ 生産性 メーデー Tweet
asiax.biz  日本のロボット技術、シンガポールへの移転を希望  ↑0 ↓0
日本を訪問したビビアン・バラクリシュナン外相は日程最終日の4月27日、同行記者団と会見し、日本はロボット技術で進んでおり、シンガポールは日本から学び、生産性改善、高齢者介護、エネルギー効率向上に役立てることができると語った。
2016/04/28 13:12 da:38 facebook:7 twitter:0 ロボット ビビアン Tweet
sankeibiz.jp  シンガポール、ロボットで中小企業活性化 補助金やリースで支援  ↑0 ↓0
シンガポールは、ロボットの導入で中小企業のビジネス活性化を目指す。同国のイスワラン通産相が、経済課題として取り組んでいる労働生産性の向上に自動化が重要な役割を果たすとの見解を示した。政府は今後、導入や開発などに向けた支援を積極的に行う方針だ。現地紙ストレーツ・タイムズが報じた。 同相は、多様な産業でロボット技術を応用できるとし、労働生産性の向上とともに新たなビジネスチャンスをつかむきっかけにもなると指摘。現在は、既存の産業にどう当てはめていくことができるかを見極め、かつ開発を加速する段階であるとの認識を示した。 政府は今後、中小企業を中心にロボット導入への補助金支給や、低コストでロボットを導入したい中小企業のためのリース態勢の整備などを行っていく方針で、2016年の予算案ではロボット技術など自動化推進のための予算が増額された。 同案では、15年に開始した「国家ロボット工学プログラム」に対して向こう3年で4億5000万シンガポール(S)ドル(約360億円)を投じ、ヘルスケア、建設、製造、物流の各分野でのロボット技術開発を推進するほか、中小企業によるロボット導入または拡充に対し、上限を10 もっと見る
2016/04/18 05:03 da:76 facebook:4 twitter:0 中小企業 活性化 ロボット 生産性 自動化 通産相 Tweet
asiax.biz  リー首相が春節初日に空港訪問、長期的視野を呼び掛け  ↑0 ↓0
リー氏は、経済が減速するなか、シンガポールは長期的視野をとる必要性があると指摘。生産性、訓練のレベルアップが必要だと構造改革の重要性を改めて強調 ...
2016/02/10 13:41 da:32 facebook:- twitter:- レベルアップ 重要性 生産性 必要性 呼び掛け Tweet
sasaki-harness.co.jp  シンガポールから製造業CEOの方々がご来社されました!  ↑0 ↓0
公益財団法人 日本生産性本部(http://www.jpc-net.jp/) が主催する研修プログラムの一環として、シンガポールで製造業のCEOを務める方々がご来社されました ...
2016/01/27 17:44 da:17 facebook:- twitter:0 製造業 プログラム 財団法人 生産性 Tweet

Philippines

nna.jp  首都圏の最賃320ペソ上げ、労組が請願  ↑0 ↓0
フィリピン労働組合会議(TUCP)はこのほど、マニラ首都圏の地域賃金生産性委員会(RTWPB)に、首都圏の日額最低賃金を320ペソ(約664円)引き上げるよう ...
2018/06/18 14:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ビサヤ諸島の新最賃が決定 2桁上昇も、他地域では検討中  ↑0 ↓0
フィリピンのビサヤ諸島3地域(西・中・東ビサヤ各地域)それぞれの地域賃金生産性委員会(RTWPB)が、最低賃金の引き上げを決定した。西ビサヤでは2桁 ...
2018/06/14 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  人手不足が企業3割影響、生産性向上課題と白書  ↑0 ↓0
【共同】政府は29日、2017年度版の「ものづくり白書」を閣議決定した。人手不足によって3割の企業で事業に影響が出ているとの調査結果を報告し、経営陣が主導 ...
2018/05/30 00:08 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ASEAN PORTAL  三菱UFJ銀がフィリピンにグローバルオペレーションセンター設立  ↑0 ↓0
株式会社三菱UFJ銀行は、フィリピンに「グローバルオペレーションセンター(Global Services Operations Center:GSOC)」を2018年5月3日付で設立した事を発表した。 三菱UFJ銀行では、海外拠点事務の更なる生産性向上など行う事を目的として、2015年からアジア域内における事務集中化構想の予備検討を開始してい ...
2018/05/07 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  イロコス地方の最賃、日額13~30ペソ上げ  ↑0 ↓0
フィリピン北部イロコス地方の最低賃金が25日から引き上げられた。上げ幅は日額13~30ペソ(約28~64円)。 地域賃金生産性委員会(RTWPB)の賃金命令(WO)によると、漁業を含む非農業分野は、資産規模が1億ペソ超の大企業が30ペソ上昇の310ペソ、1,500万1~1億ペソの… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: ...
2018/01/26 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jacom.or.jp  稲作の拠点をフィリピンに新設 BASF  ↑0 ↓0
BASF(ドイツ)は、フィリピンのラグナ州ベイにあるBASFの農業研究所にライスナレッジセンターを開設した。 この新施設は、BASFの稲作における世界的な専門知識を一元化し、より持続可能な形で生産性を高めたいと考える稲作農家に、高度な農学的、技術的サポートを提供し支援することを目的に設置された。
2017/12/08 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  比、マニラの最低賃金50円引き上げ 労働者の生活苦解決には足りず (1/2ページ)  ↑0 ↓0
フィリピンは、マニラ首都圏の最低賃金が引き上げられた。マニラ首都圏・地域賃金生産性委員会(RTWPB-NCR)が、今月から1日当たり21ペソ(約50円)の ...
2017/10/06 05:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  労組連合、首都圏で184ペソの賃上げ要求  ↑0 ↓0
フィリピンの労働組合連合―フィリピン労働組合会議(ALU―TUCP)は24日、マニラ首都圏の最低賃金の引き上げを求め、地域賃金生産性委員会(RTWPB)に ...
2017/05/26 00:10 da:- facebook:0 twitter:0 首都圏 労働組合 生産性 引き上げ マニラ 賃上げ Tweet
Reuters  フィリピン、政府機関でのポケモンGO使用を禁止  ↑0 ↓0
マニラ 24日 ロイター] - フィリピンは、今月同国で配信が始まったスマートフォン(スマホ)向け人気ゲーム「ポケモンGO」の使用は生産性に影響するとして、政府 ...
2016/08/25 17:36 da:96 facebook:0 twitter:0 ポケモン ゲーム 生産性 スマホ ロイター マニラ Tweet

Myanmar

日本経済新聞  社会的投資のアルンシード、印スタートアップを支援  ↑0 ↓0
ほかにもミャンマーでIT(情報技術)を活用した農業の生産性向上を図るグリーノベーターや拡張現実(AR)を活用した障害児教育を手掛けるパキスタンのワンダー ...
2018/06/05 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コメ連と中国中信、農業サービス拠点を設立  ↑0 ↓0
ミャンマー・コメ連盟(MRF)、ミャンマー農業ビジネス公社(MAPCO)、中国国営の複合企業、中国中信集団(CITIC)は共同で、ミャンマーに農業サービスセンターを設立する。13日付ミャンマー・タイムズが伝えた。 農業サービスセンターは、コメの品質改善、生産性の… 関連国・地域: 中国/ミャンマー. 関連業種: 農林・水産.
2018/03/14 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  縫製業の生産性向上には福利拡充=英系調査  ↑0 ↓0
発展途上国の民間事業開発を支援する英政府系ビジネス・イノベーション・ファシリティ(BIF)は、ミャンマーの縫製労働者の福利厚生を拡充すれば生産性が向上するとの暫定調査結果を明らかにした。ミャンマー・タイムズ(電子版)が11日伝えた。 BIFは2015~17年、複数の縫… 関連国・地域: ミャンマー/欧州. 関連業種: ...
2017/12/13 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  農業省がGAP認証指針策定、IFC支援で  ↑0 ↓0
ミャンマー農業・畜産・かんがい省傘下の農業局はこのほど、食品安全の国際基準である適正農業規範(GAP)認証取得に関する手順と指針を策定した。持続可能な農業を通じて農業部門の生産性と収益性を高める狙い。策定を支援した世界銀行グループの国際金融公社(IFC)が発表… 関連国・地域: ミャンマー. 関連業種: ...
2017/12/04 00:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国際金融公社、農業の生産性向上を支援  ↑0 ↓0
世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は25日、ミャンマー農業・畜産・かんがい省と、同国農業分野の生産性と品質の向上に向けた取り組みに関する契約を ...
2017/08/29 00:00 da:- facebook:- twitter:- 生産性 取り組み かんがい グループ 世界銀行 Tweet
pr.fujitsu.com  ミャンマーの農作物の生産性向上に向け、灌漑用水の水位把握の実証を実施  ↑0 ↓0
当社は、ミャンマーのタウングー地方において、灌漑用水と河川の水位情報を簡易に管理できる2種類の実証実験を2016年下旬から2017年1月31日にかけて ...
2017/02/17 11:42 da:90 facebook:0 twitter:0 灌漑用水 タウン 生産性 農作物 Tweet
出島  カンボジア・フン・セン首相、縫製労働者に生産性向上を訴える  ↑0 ↓0
フン・セン首相は11月7日、縫製労働者に対し、最低賃金がより低いラオス、バングラデシュ、ミャンマー等近隣諸国への工場移転を防ぐため生産性を上げるよう ...
2016/11/14 10:33 da:19 facebook:- twitter:- 労働者 生産性 フン・セン バングラデシュ ラオス Tweet
日本経済新聞  ミャンマー、コメ輸出大国復権へ布石  ↑0 ↓0
ミャンマーがコメ輸出大国の復権に向け布石を打つ。けん引するのが農産物商社のミャンマー農業ビジネス公社(MAPCO)。精米プラントを相次ぎ建設して白米の品質向上に注力。稲作農家に農機を貸し出して生産性の底上げも狙う。かつて世界一のコメ輸出国だったミャンマー。世界有数の稲作地帯で取れるコメが再び世界市場で日の目を見るか。 ミャンマー最大の穀倉地帯である南部エーヤワディー管区チャイラッ。ここで日量45…
2016/07/06 00:33 da:91 facebook:14 twitter:0 プラント けん引 ビジネス Tweet
mf-p.jp  鴻池運輸、国交省のミャンマー物流近代化実証実験を受託  ↑0 ↓0
鴻池運輸(株)は6月24日、国土交通省物流審議官部門が進めている「平成28年度 物流パイロット事業」の一環で受託した「ミャンマーにおける農産品に係る物流近代化に関する実証事業による調査」の内容を発表した。今年6月23日~7月13日までの日程で、マンゴーをはじめとする農産品の選定から集荷、配送、輸出のプロセスにおける課題に、同社の提案する品質・鮮度保持技術がどの程度効果的か実証する。高い経済成長を期待されているミャンマーは、農産品輸出国としても高いポテンシャルを有しており、その輸出額は2013年度の輸出総額(11,204百万ドル)のうち、約2割を占めており、ここ数年で5倍以上に増加した。就労人口は全体の6割を超え、GDPも約3割を占めている一方、生産性が低く、インフラ整備、生産技術の向上、流通の整備が課題となっている。特に農産品の出荷品質向上・安定化技術や選別技術の遅れに加え、道路事情の悪さ(未舗装比率約8割)や物流技術の低さによる輸送時の品質劣化が大きく、輸出基準を満たさない作物が未だ多いという問題がある。日本の物流企業の進出に際しても、ティラワ特別経済区の開発などASEAN諸国の新た もっと見る
2016/06/24 11:15 da:37 facebook:0 twitter:0 パイロット 国土交通省 国交省 Tweet
ミャンマーニュース  ヤンゴンでインド・ミャンマービジネス会議が開催  ↑0 ↓0
インドからは商業大臣のNirmala Sitharaman氏をはじめ、商工業ビジネスに関わる25名が参加した。ミャンマー新政権発足以来、インドの商業大臣がミャンマーを訪問するのは初めてのことである。一行はミャンマーの商業大臣Than Myint氏、工業大臣U Khin Maung Cho氏等と会談を行った。会議では、今後、両国の商業的な結びつきをさらに強化していくことが明らかにされた。農業、公共医療分野の向上に協力特に、公衆衛生や公共医療、農業製品に関する問題を向上させるため、ミャンマーへのサポートを強化していく。ミャンマーは持続可能な農業とオーガニック農産物への取り組みに優れている。インドは今後、農業機材や技術を提供し、生産性の向上に協力することを表明した。また、医薬品業界のサポートを得ながら、公衆衛生の充実を図るためのサポートを行うとしている。会議ではその他に、製造業、雇用、IT、教育、人材開発、再生可能エネルギー、観光などの分野について話し合いが行われた。外部リンクThe Economic Timeshttp://economictimes.indiatimes.com/ もっと見る
2016/05/22 03:00 da:24 facebook:9 twitter:0 インド ビジネス 新政権 商工業 ヤンゴン Tweet
ミャンマーニュース  首都ネピドーで、ミャンマーへの無償資金協力に対する交換公文の署名実施  ↑0 ↓0
外務省は5月3日、4月27日に首都ネピドーにおいて、樋口建史駐ミャンマー大使と各国際機関代表者との間で、総額37億5800万円を限度とする計4件の無償資金協力に関する交換公文の署名が実施されたと発表した。1件目は、少数民族地域における緊急食料支援計画で、国連世界食糧計画(WFP)と連携する。供与額は22億5500万円。ラカイン州やチン州の避難民に食料などを提供する。これにより、栄養不足改善と生活向上が見込まれている。2件目は、少数民族地域における紛争の影響を受けたコミュニティのための農業の生計・強靱性向上計画で、国連食糧農業機関(FAO)と連携する。供与額は5億3100万円。ラカイン州とチン州において、農業の生産性を高めて生計を立てられるようにするため、災害に強い営農システムを構築するほか、小規模農業インフラ支援等を実施する。無償資金協力により、国民の生活向上が期待3件目は、少数民族地域における避難民緊急支援計画で、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と連携する。供与額は3億6500万円。ラカイン州において、避難民向けのシェルター整備や、避難民キャンプの管理・運営指導、また、無国籍者 もっと見る
2016/05/05 10:52 da:25 facebook:38 twitter:0 外務省 Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマーの子ども5人に1人が学校に行かず仕事:国勢調査報告  ↑0 ↓0
ミャンマーで2014年に行われた国勢調査の報告が3月28日に公開され、10歳から17歳の子ども5人のうち1人が学校に行く代わりに仕事へ行くことが明らかとなった。これは職業と産業に関する報告によるもので、10歳から17歳の子どもの21%あたる約170万人が将来の雇用機会を助けるであろう教育の機会を逃しているという。また、15歳から64歳の4%が失業しており、15歳から24歳の若い世代では倍にあたる9.3%の失業率。若者の雇用を促進する必要性が浮かび上がった。高齢者が生きるために肉体労働に従事報告書では、15歳から64歳の男性85%が仕事をしているか仕事を探している一方、女性はおよそ50%にとどまり、労働市場における男女格差を強調している。また、人口の半数が農業、林業、漁業の分野で働いているという。これらの所見から、経済成長あるいは農民の収益を高めるためには、農業の生産性を向上させる必要があることが分かった。また、65歳以上の高齢者5人に1人が肉体的に厳しい農業、林業、漁業の分野で働いており、生きるためには肉体労働を継続しなければならない現実があることも示唆している。これらの問題を解決する もっと見る
2016/03/30 10:07 da:23 facebook:29 twitter:0 国勢調査 子ども 明らか 代わり Tweet
ミャンマーニュース  日本生産性本部、ミャンマー産業界の生産性向上を目指す取り組みを開始  ↑0 ↓0
2月3日、公益財団法人日本生産性本部は、ミャンマーの「生産性本部」設立を支援する事業を開始すると発表した。産業界の生産性向上を推進することが目的である。この事業には、ミャンマー工業省、ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)が協力する。UMFCCIは約2万7000社の加盟企業があり、ミャンマー産業界や政府に強いネットワークを持っている。2016年内に、ミャンマー国内の生産性向上を目指し「ミャンマー生産性本部」を設立するとともに、その活動を支援する方針だ。コンサルタントの育成、生産性向上の普及啓発を目的にコンサルタント事業や、生産性向上への取り組みなどの体制を整えるため、2月より日本人専門家が現地へ派遣されている。事業の目標は、「活動指針策定」「企業で生産性向上を指導するコンサルタントの育成」「生産性向上のメリットとその手法の普及啓発」「生産性向上の概念と、5S・カイゼンなどの手法を理解した人材の育成」「モデル企業へのコンサルティング活動」「生産性指標を提供する仕組みの構築と調査」の6点となっている。この事業は、日本政府による日・ASEAN統合基金によって運営される。(画像:公益財団法 もっと見る
2016/02/05 19:07 da:21 facebook:- twitter:0 生産性 産業界 財団法人 取り組み Tweet
ASEAN PORTAL  日本生産性本部はミャンマーに生産性本部を設立  ↑0 ↓0
公益財団法人の日本生産性本部は、ミャンマーにおいて産業界の生産性向上を推進する生産性本部を設立することを発表した。 ミャンマーでは、民主化に舵を ...
2016/02/04 09:22 da:21 facebook:4 twitter:0 生産性 民主化 財団法人 産業界 Tweet
newsclip.be  日本生産性本部、ミャンマー生産性本部設立  ↑0 ↓0
【ミャンマー】公益財団法人日本生産性本部は3日、ミャンマー工業省、ミャンマー商工会議所連合会と協力し、年内に、ミャンマー国内の生産性向上に取り組む組織「ミャンマー生産性本部」を設立すると発表した。
2016/02/04 01:52 da:37 facebook:7 twitter:0 生産性 商工会議所 財団法人 Tweet
sankei.com  日本生産性本部、ミャンマーに「生産性本部」設立へ  ↑0 ↓0
日本生産性本部は3日、ミャンマーに「生産性本部」を設立すると発表した。今月にも5人の日本人専門家を派遣し、活動を開始する。政権交代により民主化が加速し、海外からの投資も進む中で、ものづくりの効率化を支援する考えだ。 ミャンマー工業省、ミャンマー商工会議所連合会と協力して、「ミャンマー生産性本部」を設立する。モデル企業を決めた上でのコンサルティング活動や、人材育成、生産性指標を提供する仕組みの構築などを、3年間かけて行う。特に、繊維やアパレルなどの分野で、業務を先行させたいとしている。 生産性本部はすでに、シンガポールなどのアジア各国やアフリカ諸国で設立支援をしている。ミャンマーは、外資の直接投資に対して、部材や材料の供給態勢が整っていないことから、生産性の向上によって対応させる考えだ。 もっと見る
2016/02/03 17:15 da:71 facebook:- twitter:- 生産性 民主化 日本人 専門家 Tweet
ミャンマーニュース  丸紅 ティラワ工業団地内に肥料工場建設 2017年春操業予定  ↑0 ↓0
ミャンマーでは人口の多くが農業に従事しており、同国の主要な産業となっている。特に米が主要な農産物であるが、同国の農業は生産性が高くないこともあり、農家の所得向上が重要な課題となっている。丸紅は、日本をはじめとして、北米や欧州などで農業関連ビジネスをグローバルに展開している。そして、米など主要作物の生産性向上に寄与してきた実績を持つ。同社は同国において先進的な技術やノウハウを提供することで、同国における収穫量の増加など、農業の発展に貢献していきたい考えだ。丸紅(プレスリリース)http://www.marubeni.co.jp/news/2016/release/00002.html
2016/01/16 16:52 da:22 facebook:0 twitter:0 生産性 工業団地 Tweet
e-logit.com  丸紅/ミャンマーにおいて肥料加工および輸入肥料の小分け販売を開始  ↑0 ↓0
また、ミャンマーにおいても、農家の所得向上が最重要政策課題とされている中、丸紅は過去からの肥料販売や実証試験などの普及活動を通じて、米・コーンなどの主要作物の生産性向上に寄与してきました。今後も、丸紅グループが培ってきた先進的な技術やノウハウを提供することにより、ミャンマーにおける農家の収穫量増加ならびに農業の発展・成長に貢献していきます。以上【設立合弁会社の概要】 ・会社名:Marubeni Myanmar Fertilizer Co., Ltd. ・所在地:ミャンマー連邦共和国 ティラワ工業団地 ・事業内容:肥料加工および販売事業 ・営業開始:2017年4月(予定)
2016/01/15 20:48 da:35 facebook:6 twitter:0 コーン 小分け Tweet

Malaysia

asiax.biz  行政2機関を統合したエンタープライズ・シンガポールが発足  ↑0 ↓0
企業の海外展開を支援する国際企業庁(IE)と、中小企業を支援する機関の規格・生産性・革新庁(SPRING)を統合したエンタープライズ・シンガポールが4月1日、発足した。式典でイスワラン通産相は「新機関は零細企業、新興企業から、中堅、大手企業まで、成長の意欲のあるすべての企業に奉仕する」と挨拶した。
2018/04/03 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  労働生産性、17年4Qは前年同期比3.6%増  ↑0 ↓0
マレーシア統計局は22日、2017年10~12月(第4四半期)の労働者1人当たりの労働生産性が8万5,031リンギ(約233万2,629円)となり、前年同期比で3.6%上昇したと発表した。 部門別では、農業が前年同期比4.8%増の5万5,490リンギ、鉱業・掘削業が同4.7%増の124万137リンギ、製… 関連国・地域: マレーシア.
2018/02/26 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.sekaiproperty.com  マレーシアのクラウダロン社、不動産SaaSサービス「ウーバタ」ーを320万USドルで取得  ↑0 ↓0
マレーシア証券取引所上場のクラウダロン社は、デジタル経済におけるクラウドサービスを提供し、アジア太平洋および北米の顧客に対するオンラインビジネスを所有・運営する。 シンガポールとシドニーを拠点とするエイトコモン社は、世界中の企業と専門家を対象に、生産性やパフォーマンス向上のソフトウエアを提供する。
2018/02/22 23:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
マレーシアナビ  労働生産性、第4四半期は3.6%成長の8.5万リンギ  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 統計局の発表によると、マレーシアの労働生産性を示す従業員1人当たりの売り上げが2017年第4四半期には前年同期比で3.6%成長し、8万5,031リンギとなったと発表した。前期の4.1%成長は下回った。 セクター別では、農業が4.8%増の5万5,490リンギ(前期は5.2%増)、製造 ...
2018/02/22 21:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  食品マミー、日本の技術で生産性を向上  ↑0 ↓0
マレーシアの大手食品メーカー、マミー・ダブルデッカーは、来月上旬にも即席めんの生産ラインに日本のロボット技術を導入し、生産性を10%向上させる計画だと明らかにした。投資額は200万リンギ(約5,633万円)。国営ベルナマ通信が伝えた。 同社のパン・ティーナム最高執行責任… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/01/25 00:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
マレーシアナビ  労働生産性、第3四半期は4.2%成長に=ナジブ首相  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ナジブ・ラザク首相は27日、今年第3四半期にマレーシアの労働生産性を示す従業員1人当たりの売り上げが前年同期比で4.2%成長し、8万2,456リンギとなったと発表した。 国家生産性委員会の会合においてナジブ首相は、第11次マレーシア計画(11MP)で目標としている年率3.
2017/11/29 08:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  労働生産性、17年3Qは8万2456リンギ  ↑0 ↓0
マレーシア統計局は27日、2017年7~9月(第3四半期)の労働者1人当たりの労働生産性が8万2,456リンギ(約222万5,830円)となり、前期(17年第2四半期)比で4.2%上昇したと発表した。 部門別では、農業が前期… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 経済一般・統計/雇用・労務. この記事は該当の有料サービスにご ...
2017/11/29 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  従業員の体調不良で67日損失 健康増進で生産性向上を、AIA  ↑0 ↓0
マレーシア企業の従業員の多くが健康上の問題を抱えており、体調不良による損失日数が1人当たり年間67日にも上っていることが、米系保険大手AIAの調査で明らかになった。生産性向上には従業員の健康増進が不可欠… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 経済一般・統計/医療・薬品/金融・保険/雇用・労務 経済 ...
2017/11/22 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
decn.co.jp  三井住友建設/フルPCa工法を海外で初適用/マレーシアで、施工生産性を3倍に向上 [2017年9月7日 ...  ↑0 ↓0
三井住友建設は6日、プレキャストコンクリート(PCa)部材を用いて工期短縮を図るスクライム工法を海外工事で初めて適用したと発表した。マレーシアで施工中 ...
2017/09/07 06:00 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 Tweet
sankeibiz.jp  【データで読む】マレーシア、高所得国への課題は生産性向上  ↑0 ↓0
マレーシアは、原油や天然ガスなどの豊富な天然資源で収入を得るとともに、積極的な外資誘致による工業化を進め、2011年には1人当たり国内総生産(GDP) ...
2017/07/24 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 GDP 積極的 生産性 データ 天然ガス Tweet
grips.ac.jp  マレーシア政府行政官、市長、地方議員等を対象に  ↑0 ↓0
政策研究大学院大学では、マレーシア国立科学大学の行政改革・生産性センター(PIPPA)から要請を受けて、平成29年5月10~12日までの3日間、マレーシア側 ...
2017/06/06 14:00 da:- facebook:0 twitter:0 センター 生産性 大学院 行政官 Tweet
asiax.biz  労働生産性成長率、昨年は目標下回る3.5%  ↑0 ↓0
マレーシア生産性公社(MPC)は5月31日、2016―2017年度版の「生産性リポート」を発表。2016年のマレーシアの労働生産性は一人当たり7万8,218リンギ( ...
2017/06/02 17:37 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 一人当たり リポート Tweet
マレーシアナビ  労働生産性成長率、昨年は目標下回る3.5%  ↑0 ↓0
【クアラルンプール】 マレーシア生産性公社(MPC)は5月31日、2016―2017年度版の「生産性リポート」を発表。2016年のマレーシアの労働生産性は一人当たり7 ...
2017/06/01 21:22 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 一人当たり リポート クアラルンプール Tweet
nna.jp  労働生産性、16年は前年比で3.5%上昇  ↑0 ↓0
マレーシア生産性公社(MPC)は5月31日に発表した国内の労働生産性に関する最新の報告書で、2016年の労働者1人当たりの生産性が前年比3.5%増の7 ...
2017/06/01 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 労働者 報告書 Tweet
nna.jp  製造業の生産性、2.6%の向上必要=MPC  ↑0 ↓0
マレーシア生産性公社(MPC)のモハメド・ラザリ・フサイン事務局長は、製造業の生産性を2.6%高める必要性があるとの認識を示した。国営ベルナマ通信が伝え ...
2017/05/25 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 製造業 ベルナマ通信 必要性 モハメド ラザリ Tweet
nna.jp  20年まで生産性3.7%向上を最低目標=政府  ↑0 ↓0
マレーシア政府は、目標としている2020年の先進国入りを果たすため、同年までに労働生産性を年率3.7%まで増加させることを最低目標に掲げる。政府が8日に ...
2017/05/11 00:08 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 最低目標 先進国 Tweet
asiax.biz  今年最後のCOE入札、落札価格はやや上昇  ↑0 ↓0
マレーシア | 経済 · No-images. 日本からの和牛、黒豚の禁輸が解除. シンガポール | 貿易 · No-images. 断食月入り「生産性低下の口実にならず」=副首相.
2016/12/22 17:58 da:43 facebook:0 twitter:0 副首相 生産性 Tweet
asiax.biz  経済の持続的成長、労働者技能の向上が鍵  ↑0 ↓0
マレーシア経済の成長は年々鈍化しており、経済成長率は2014年の6%に対し、15年は5%で、今年は4%の予想だ。今後も経済成長を持続するためには生産性 ...
2016/11/28 18:06 da:42 facebook:0 twitter:0 生産性 経済成長率 労働者 持続的 Tweet
asiax.biz  シンガポールの輸出競争力が低下、コスト上昇が原因  ↑0 ↓0
インド、タイ、マレーシア、韓国は中間に位置しているとの評価だった。 シンガポールについて報告書は「労働生産性の向上率が低いにもかかわらず賃金は上昇を ...
2016/08/30 07:52 da:42 facebook:0 twitter:0 報告書 生産性 インド 競争力 コスト Tweet
asiax.biz  リコー、ワークスタイルの変革をテーマにイベント開催  ↑0 ↓0
IMG_0200 リコーは8月18~19日にかけ、生産性の向上などをテーマに同社の最新機種やソリューションなどを紹介する「Workstyle Innovation with Ricoh」を、 ...
2016/08/19 17:37 da:42 facebook:0 twitter:0 リコー テーマ ソリューション Innovation 新機種 イベント Tweet
mys-news.asia  中国企業と業務提携へ Hiap Teck Venture社  ↑0 ↓0
マレーシアの鋼管メーカー、Hiap Teck Venture社は、15日、中国の鞍山鋼鉄集団と業務提携に関する基本合意を締結したと発表した。この基本合意は、Hiap Teck Venture社の共同支配企業となるEastern Steel社(ESSB社)と鞍山鋼鉄集団の完全子会社、鞍鋼集団香港有限公司(Angang-HK社)との間で結ばれた、業務提携に向けた基本合意となり、今後両社は、正式な合意に向けての話し合いを進めることとなる。正式合意に向けて、基本合意期間内での交渉をHiap Teck Venture社の発表によると、今回の基本合意の枠内では、今後のESSB社の生産性回復とその生産能力、また、製造品種の拡大に向けた協業分野についての話し合いと、ESSB社におけるAngang-HK社の資本出資比率についての交渉が行われるとのこと。業務提携に向けての交渉が進められることとなったESSB社は、Hiap Teck Venture社と中国の首鋼集団によって、2012年に製鋼を目的とした、原材料の処理施設、溶鉱炉などを含む製鋼プラント建設のために設立された企業である。今回締結された基本合意の もっと見る
2016/06/17 20:03 da:21 facebook:2 twitter:0 Venture メーカー Tweet
日本経済新聞  トヨタ、マレーシア新工場を今秋着工  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=菊池友美】トヨタ自動車は25日、マレーシアで今秋をメドに乗用車生産の新工場を建設すると明らかにした。約490億円を投じ年間5万台の生産が可能な工場を建設。2019年の完成後は既存工場をピックアップトラックなど商用車に特化して、生産性を高める。 新工場は首都クアラルンプール郊外に建設し、小型車「ヴィオス」などを生産する計画だ。現在は1968年に稼働した工場で乗用…
2016/05/26 00:11 da:91 facebook:0 twitter:0 トヨタ 明らか クアラルンプール 乗用車 Tweet
response.jp  トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設  ↑0 ↓0
今回の再編は今後緩やかな拡大が見込まれるマレーシア市場を見据え、マレーシアにおける合弁事業会社UMW Toyota Motor社(UMWT)が、車両生産子会社Assembly Services社(ASSB)を通じて実施。乗用車と商用車を混流生産する既存工場での乗用車生産を2019年初に終了し、乗用車専用工場をセランゴール州クラン市に新たに建設する。新工場への投資額は約490億円。伸縮自在ラインやコンパクトな塗装ブースなど、メキシコ新工場・中国新ラインと同様の革新的生産技術を導入し、2019年初より年産5万台の生産能力で稼働を開始する。一方、1968年に『コロナ』『カローラ』のCKD(コンプリートノックダウン)生産からスタートした現工場は、商用車生産に特化させるとともに、車両構造・サイズに応じて工程や物流を最適化することで、生産性を向上させる。 もっと見る
2016/05/25 13:52 da:65 facebook:1 twitter:0 緩やか 乗用車 トヨタ Tweet
mys-news.asia  外国人労働者の雇用を4産業で再開  ↑0 ↓0
マレーシア政府は、一時停止されていた外国人労働者の新規雇用を、4つの産業に限り再開させるとしたと、12日、The Starなどのマレーシアメディアが伝えた。今年、2月に外国人労働者の新規受け入れが停止されたことにより、深刻な労働者不足に陥った、製造業、建設業、農園業、家具製造業からの訴えにより、これら4業種における外国人労働者の再雇用が認められた。その他の産業でも順次雇用を再開運輸省のリオ・ティオン・ライ大臣は、人材確保のために外国人労働者の受け入れ停止の解除をせざるを得なかったとし、この4つの産業以外に関しては、現在、雇用に関する規制の改革に取り組んでおり、受け入れ停止措置を徐々に解除していくとした。同氏は、生産性が重視されるこれら4つの産業において、労働者を雇用する際の規制が明確でなければ、マレーシア国内の経済成長に支障を来す原因にもなりうるとし、同国内で働く外国人労働者を管理するためにも適切な規制が必要であるとした。不法就労者の再雇用では、140万人が未だ職に就けずマレーシア製造業連盟の統計によると、現在マレーシアでは、84%の製造業で労働者不足に直面、そのうち半分の企業が受注し もっと見る
2016/05/18 20:37 da:16 facebook:5 twitter:0 労働者 外国人 メディア Tweet
asiax.biz  日本のロボット技術、シンガポールへの移転を希望  ↑0 ↓0
日本を訪問したビビアン・バラクリシュナン外相は日程最終日の4月27日、同行記者団と会見し、日本はロボット技術で進んでおり、シンガポールは日本から学び、生産性改善、高齢者介護、エネルギー効率向上に役立てることができると語った。
2016/04/28 13:12 da:38 facebook:7 twitter:0 ロボット ビビアン Tweet
asiax.biz  バングラデシュから労働者受け入れ、経営者連盟が懸念  ↑0 ↓0
シャムスディン氏は「最低賃金が7月から引き上げられるという時期であり、外国人労働者を増やすタイミングとして不適切だ」と指摘。さらに、ビジネスコストが上昇しており、経営者は現在雇用している従業員の最大活用を進める見通しのため、外国人労働者需要は減少すると述べた。
2016/02/12 18:11 da:32 facebook:7 twitter:0 労働者 引き上げ システム 外国人 生産性 バングラデシュ Tweet

Indonesia

nna.jp  断食大祭休暇は12連休に 6月9日から、前後3日間追加  ↑0 ↓0
18日付ニュースサイト『デティックコム』によると、インドネシア経営者協会(Apindo)のハリヤディ会長は同日、「産業界の生産性が落ちる」と今回の政策決定を強く批判した。 ハリヤディ会長は「政府機関がそろって休んでしまえば、例えば輸出手続きもできなくなり、われわれは仕事にならない」とコメント。交通混雑を解消する ...
2018/04/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アジア開銀が生産性向上で提言  ↑0 ↓0
アジア開発銀行(ADB)は、20日に発表した報告書で、インドネシアの生産性を向上させるためには、就労人口の3割を占める農業部門の効率化や都市部の居住環境の改善、職業訓練の拡充などが必要だと提言した。21日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 ADBは、農業部門の効率化と… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/02/23 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  政府が農家に研修実施、カカオ生産量減少で  ↑0 ↓0
インドネシア政府は、生産量の減少が続いているカカオ豆の生産性と質の向上を目的として、国内のカカオ農家に研修制度を導入すると発表した。10日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 農業省と、カカオ豆の生産者団体である「カカオ豆持続性パートナーシップ(CSP)」、インドネシ… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 経済 ...
2018/02/13 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  航空整備GMF、今年の設備投資に141億円  ↑0 ↓0
インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空の航空機整備子会社、ガルーダ・メンテナンス・ファシリティ(GMF)エアロ・アジアは、今年の設備投資額を1億2,700万米ドル(約141億4,300万円)に設定した。投資を生産性向上や合併・買収(M&A)を通じた事業拡張に充てる。1… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 金融・ ...
2018/01/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ASEAN PORTAL  日本はインドネシアに建設業の生産性向上政策を紹介  ↑0 ↓0
国土交通省は、インドネシアとの間における建設分野の情報共有や日本ブランド強化などを行う事を目的として、「第10回 日本・インドネシア建設会議」を ...
2017/12/01 09:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mlit.go.jp  インドネシアで建設業の生産性向上の取り組みを紹介しました!~「第10回日本・インドネシア建設会議」  ↑0 ↓0
国土交通省では、インドネシア公共事業・国民住宅省との共催により「第10回 日本・インドネシア建設会議」を11月21日に開催し、建設業の生産性向上の ...
2017/11/30 16:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jakartashimbun.com  食料持続可能性21位 英エコノミスト誌調査 水資源・生産性を評価 (2017年07月04日)  ↑0 ↓0
英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)などがこのほど発表した国別の食料持続可能性指数(FSI)で、インドネシアは113 ...
2017/07/04 01:07 da:- facebook:0 twitter:0 エコノミスト 可能性 このほど ユニット 生産性 水資源 Tweet
sankeibiz.jp  ASEANに統一最低賃金 インドネシアが策定提唱  ↑0 ↓0
インドネシアは、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の統一最低賃金制度の策定を提唱した。同国のカラ副大統領が今月、域内各国の競争について、最低賃金で競い合うのではなく、「より健全な競争」を目指すべきだとの見解を表明した。国営アンタラ通信などが報じた。 カラ副大統領は、ASEAN各国の政府はそれぞれの国の労働者に低賃金労働を強いるのではなく、協調して生産性の向上を図り、労働者の購買力を高めて地域全体の経済の底上げを図るべきだと主張。縫製業や製靴業を引き合いに出し、「(発注側の)企業は15ドル(約1600円)でつくった製品を国外で100ドルの値をつけて売っている」と述べ、世界的な大企業が最低賃金を比較している現状を好ましくないとの認識を示した。 また、同副大統領は、ベトナムやカンボジアとASEANの労働者を搾取から守る方向性では一致したとし、今後はマレーシアやシンガポールなどにも意見を求め、ASEANの枠組みで労働関係の閣僚会議を開く方向で努力していきたいとした。 もっと見る
2016/06/20 05:03 da:74 facebook:3 twitter:0 ASEAN 大統領 東南アジア Tweet
sakigake.jp  インドネシア農業関係者、稲作学ぶ 大潟村で研修スタート  ↑0 ↓0
インドネシアの政府職員や農業関係者ら7人が16日、秋田県大潟村を訪れ、自国の農業の近代化に向けた研修を始めた。20日までの5日間、村内の水田やコメの加工工場などを視察し、稲作の生産性向上と6次産業化のノウハウを学ぶ。
2016/05/17 15:45 da:59 facebook:0 twitter:0 関係者 スタート Tweet
ind-news.asia  国連開発計画 インドネシアのパーム油生産の現状を紹介  ↑0 ↓0
国連開発計画(UNDP)は2月26日、同組織のホームページにおいて、グリーン・コモディティ・プログラムのアジアマネジャー、宇野智之氏の寄稿文、「インドネシアにおけるパーム油生産の現状と小規模農家向け金融支援」を掲載した。インドネシアは世界最大のパーム油生産国であり、同国ではパーム油生産の関連事業に多くの人々が従事している。現在、同国のパーム油生産量は約3300万トンであるが、同国政府は2020年をめどに生産量4000万トンを目標としている。しかしながら、パーム油生産量を増やすことは、森林破壊や土地紛争につながるとされている。その対策としては、現時点では生産性の低い小規模農家の生産性を向上させることだ。生産性向上、持続可能なパーム油生産を目指すパーム油の小規模農家は、同国内に約200万人いると推定されるほか、同国内のパーム油耕作地の40%を耕作しているとされる。しかしながら、小規模農家の多くは組織化されていないことから、銀行の融資や公共サービスを受けられず、生産技術や知識、資金が乏しいままだ。その対策として、2010年、インドネシア農業省とUNDPインドネシア事務所は「持続可能なパーム油 もっと見る
sankeibiz.jp  インドネシア、ビジネスにスマホ効果 GDP比5.5%  ↑0 ↓0
インドネシアは経済におけるスマートフォンの貢献度が増している。インドネシア大学と非政府組織のインドネシア情報通信協会(MASTEL)によると、現在までに同国のスマホ使用に関する経済効果が国内総生産(GDP)の5.5%に達しているもようだ。MASTELは、スマホの登場がビジネスにプラス効果をもたらしていると指摘した。現地紙ジャカルタ・ポストなどが報じた。 この調査によると、現在、インドネシアのスマホ利用者1人当たりのGDPへの貢献は、年間173万ルピア(約1万5400円)となっている。今後はスマホ利用者が1%増えるごとに0.055%のGDP押し上げ効果が得られる見通しだ。MASTEL幹部は「スマホの普及がビジネス面で生産性向上や取引の増加につながっている」と述べ、通信料などにとどまらない波及効果を強調。今後の経済への貢献にも期待を示した。 国際電気通信連合(ITU)によると、インドネシアの携帯電話契約数は2014年に約3億1900万件となり、04年の約3000万件から10倍となった。近年はスマホ利用者も急増中で、14年の約3800万人から16年に7000万人を超えるとの見方もある。 もっと見る
2015/12/25 05:22 da:71 facebook:1 twitter:0 スマートフォン GDP スマホ ビジネス Tweet
ind-news.asia  JICAがインドネシアに771億円1370万円の資金を融資  ↑0 ↓0
12月4日、国際協力機構(Japan International Cooperation Agency、JICA)は、インドネシア共和国との融資契約にサインし、2つのプロジェクトのために、771億円1370万円の資金を融資することを決めた。近年のインドネシア経済は国内消費や国内投資に支えられており。輸出などは低調であるが中期的には回復することが予想されている。Joko Widodo大統領はインドネシアの生産性と国際競争力を高めるべく、不適切なインフラ状況を改善しようとしている。今回にJICAが融資する2つのプロジェクト今回にJICAが融資する2つのプロジェクトの1つは、ジャカルタに大量高速輸送網を整備する計画である。ジャカルタの人口は過去10年間に比べて1.3倍にも増えており、さらに郊外からの通勤者の人数も拡大していることが、計画の背景となっている。もう1つは、ジャカルタの東西を結ぶ大量高速輸送網についてエンジニアリングサービスを提供する計画である。その計画においては、満足度、使用環境、安全、社会への影響などの考慮要素について、最適な配分を構想することが求められる。外部リンク国際協力機 もっと見る
2015/12/13 21:00 da:13 facebook:6 twitter:0 Tweet

Cambodia

nna.jp  農業生産性が向上、政府や国連が支援  ↑0 ↓0
カンボジア政府や国連などの支援により、農業の生産性や農家の所得が着実に向上しているようだ。プノンペン・ポスト(電子版)が18日に伝えた。 農林水産省 ...
2018/06/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  労働省と経営者協会、人材不足解消へ提携  ↑0 ↓0
カンボジア労働省とカンボジア経営者・ビジネス協会連盟(CAMFEBA)は11日、人材不足の解消や生産性の向上を図る「産業別技能開発委員会(SSC)」の設立 ...
2018/06/12 15:08 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  カンボジアの農業 堅調な成長が続くが課題も多い[経済]  ↑0 ↓0
その中で農林水産省のヴェイン・サコン大臣は、「カンボジアの農業は過去数年間で目覚ましい成長を見せたが、安全衛生基準を満たしつつ輸出と国内生産を増加するためには、今以上に多くの取り組みが必要だ。市場ニーズに対応した生産性、品質、安全性を高めるにはどのように介入するかなど、議論し解決策を模索する ...
2018/05/03 03:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  賃金上昇に見合う生産性向上を、生産性委  ↑0 ↓0
カンボジア国家生産性委員会は、賃金の大幅上昇で輸出競争力の低下が懸念されると主張する専門家の調査報告を踏まえ、対策を話し合った。繊維業界のニュースサイト「亜洲紡織聯盟網」が伝えた。 調査報告は「労働者の最低賃金が上昇し、低労働コストに依存する衣料品、製靴分野が打撃を受ける」と指摘。「労働者に ...
2018/04/18 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  カンボジア農業成長 過去5年間での減速、著しい[経済]  ↑0 ↓0
同省の関係者は、「農業の課題は、生産性の低さ、商業化の限界、多様性の低さ、投資の不足だ。カンボジアの生産性は、ベトナムやタイと比較して4倍で減速しており、栽培面積は過去5年間で1.87%しか増加しなかった。農業の商業化は進んでいるが、主な農産物の輸出は原材料であり、完成品や加工品ではない」と述べる。
2018/04/02 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  タイでポイペト投資熱再び みずほ銀など、東部で初セミナー  ↑0 ↓0
カンボジア北西部のタイ国境に位置する街ポイペトが、在タイ日系企業の生産分業拠点として再注目されつつある。みずほ銀行などは26日、タイ東部では初のポイペトに特化した投資セミナーを開催。人件費の高騰などに悩む在タイ日系企業に対し、電力問題や低い生産性が過去数年間で改… 関連国・地域: タイ/カンボジア.
2018/03/27 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  食料生産支援2期、スイスが1千万ドル拠出  ↑0 ↓0
スイスの対外協力機関、スイス開発協力庁(SDC)は1日、カンボジアの農家の生産性向上や所得改善に向けた事業に1,000万米ドル(約10億9,000万円)を支援する。クメール・タイムズ(電子版)が2日伝えた。 SNVオランダ開発機構とスイスコンタクト・カンボジアが2014年から… 関連国・地域: カンボジア/欧州. 関連業種: ...
2018/02/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  カンボジア縫製業 最低賃金法案の協議終結[労働]  ↑0 ↓0
2018年1月31日、縫製業の最低賃金法案協議が終結した。クメールタイムズ紙が報じた。 これにより 2018年1月から縫製業、被服業及び製靴業に従事する労働者の月額最低賃金は170ドルとなる。 労働職業訓練省のイット・ソムヘーン大臣は、「生活基準の引き上げは雇用機会を創出し、労働者の生産性を向上させ、投資 ...
2018/02/03 11:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
data-max.co.jp  急成長も社会はまだ発展途上 カンボジアはどう発展するか(後)  ↑0 ↓0
アジア開発銀行の報告書によると、輸出の多様化、観光業と建設業における成長、そして外国からの支援に立脚した財政政策が協力に推進するかたちで、カンボジアの経済は堅調なペースで拡大を遂げるとしている。 カンボジア担当のADBカントリーダイレクターは、「農業分野におけるバリューチェーンの発展と生産性の向上、 ...
2018/02/01 06:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国際農業基金、00~16年の支援1.6億ドル  ↑0 ↓0
国連機関の国際農業開発基金(IFAD)は24日、カンボジアの貧困撲滅のため2000年から16年にかけて、1億6,600万米ドル(約181億円)を拠出したと発表した。地方で農業の生産性向上など7事業に取り組み、住民の生活水準を向上させたなどとしている。 IFADは過去20年間にわ… 関連国・地域: カンボジア. 関連業種: ...
2018/01/26 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  中国DAE、農業調査センターを建設へ  ↑0 ↓0
中国系の金融会社デジタル・アグリカルチャー・エクスチェンジ(DAE)は、カンボジアで農業調査センターを建設することで、同国農林水産省と覚書を交わした。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 野菜や果物の生産性や品質、包装技術を改善し、主に中国への輸出力を高める… 関連国・地域: 中国/カンボジア. 関連業種: ...
2018/01/22 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
globe.asahi.com  日系企業も労働者不足、期待はカンボジア人材  ↑0 ↓0
カンボジア人労働者の多くは農村出身で十分な教育を受けていないこともあるため、派遣前に1週間、基礎的な教育をする。タイ人労働者と同額の賃金を払い、働きをきちんと評価して昇給させる。労働者の定着率を上げることで、生産性を向上させるのがねらいだ。「欧米などの企業に比べ、日系の問題は評価制度があいまいで ...
2018/01/18 13:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  全業種対象の最低賃金設定、経済界は懸念  ↑0 ↓0
カンボジア雇用者連合(CFE)は、全業種を対象とした全国統一の法定最低賃金の制定が経済成長に与える影響に懸念を示した。労働者の保護に理解を示しつつ、企業の生産性向上にも配慮するよう政府に促している。プ… 関連国・地域: カンボジア. 関連業種: 雇用・労務/政治. この記事は該当の有料サービスにご契約の ...
2017/11/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  衣料大手に技術移転呼び掛け、商業省  ↑0 ↓0
カンボジア商業省は世界の衣料大手に対し、技術移転を呼び掛けている。国内縫製産業が抱える低生産性などの問題を解消したい考えだ。クメール・タイムズ( ...
2017/11/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  国家雇用機構主催の就職フェア 今年は「生産性の向上」がテーマ[労働]  ↑0 ↓0
70万人の労働者を雇用するカンボジア縫製業協会(GMAC)のカイン・モニカ副会長は、「生産性の向上は経済成長と関係する。GMACは労働者の生産性をどの ...
2017/10/20 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  政府、新たな職業訓練政策を発表  ↑0 ↓0
カンボジア政府は10日、人材育成を目的とした「国家専門職業教育訓練政策(NTVETP)2017―2025」」を発表した。生産性の向上や競争力の強化を中心とした ...
2017/10/12 00:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  縫製人材底上げへ訓練施設 カンボジア初、3年で5700人育成  ↑0 ↓0
カンボジアの主力産業である縫製業で、労働者の生産性を底上げするプログラムが本格的に動き出した。カンボジア縫製協会(GMAC)がプノンペン経済 ...
2017/10/11 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  アジア開発銀行 トンレサップ盆地で5000万ドルの追加資金調達[経済]  ↑0 ↓0
アジア開発銀行(ADB)は、自然災害の影響を受けやすいトンレサップ盆地の271地域で、農業の生産性と小規模農家の市場アクセスを向上させるため、5000万 ...
2017/10/01 03:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アジア開発銀、農業支援に5千万ドル追加  ↑0 ↓0
アジア開発銀行(ADB)は26日、カンボジアの農業の生産性向上や小規模農家の支援に5,000万米ドル(約56億3,700万円)を追加で拠出すると発表した。
2017/09/29 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet