1.0722589492798

Vietnam

sankeibiz.jp  今年エビ輸出40億ドル突破へ ベトナム、欧州向け拡大が鍵  ↑0 ↓0
ベトナムは、2019年のエビ輸出額が40億ドル(約4394億8000万円)以上に達すると予測されている。ベトナム水産輸出業者・生産者協会(VASEP)は、欧州 ...
2019/05/10 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 生産者 Tweet
news.nicovideo.jp  農業の生産性管理システム「AGRIOS」が多言語化対応!まずはベトナム語からスタート!  ↑0 ↓0
農業の生産者が開発した生産性管理システム「AGRIOS」が多言語化対応を開始致しました。まずはベトナム語からスタート致します。それに伴い、新料金体系 ...
2019/04/10 14:15 da:- facebook:0 twitter:0 生産性 システム スタート 生産者 Tweet
nna.jp  UCC、ダラットで第5回コーヒー品評会  ↑0 ↓0
UCC上島珈琲は5日、ベトナム中部高原ラムドン省ダラット市で第5回「ベトナムアラビカコンテスト」を実施した。参加した生産者は過去最多の112と、昨年から2 ...
2019/04/08 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 UCC コーヒー 品評会 上島珈琲 ラムドン 生産者 Tweet
楽天WOMAN  神戸の無店舗型ショコラトリーが発信 日本の食材を使ったアートなショコラ  ↑0 ↓0
生産地や生産者のことをもっと知りたいと、ベトナムのカカオ農園も訪ねます。 「昨年は現地で収穫や焙煎にも携わり、カカオの魅力と可能性を実感しました。
2019/02/10 21:00 da:- facebook:0 twitter:0 カカオ アート ショコラ 生産地 生産者 可能性 Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、生鮮食品のネット通販拡大 生産者分かる安心感人気 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
ベトナムは、生鮮食品のインターネット通販市場の拡大が加速している。ハノイ産業貿易局によれば、従来の衣料品などに加えて食品のネット販売も台頭してきた。
2018/08/31 05:37 da:- facebook:0 twitter:0 生鮮食品 ネット 生産者 ページ インターネット ハノイ Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム小売り、有機食品販売強化 国際認証取得者から調達 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
ベトナムは、小売り各社が食の安全に対する消費者意識の高まりを背景に、信頼性の高い生産者の確保をはじめ、オーガニック(有機)食品への投資を拡大させて ...
2018/08/27 05:03 da:- facebook:0 twitter:0 小売り ページ 消費者 高まり 生産者 オーガニック Tweet
minkabu.jp  〔LDN・NYコーヒー〕アラビカ種、反落=ロブスタ種も続落(13日)  ↑0 ↓0
ディーラーらによると、相場は思惑筋による空売りとロングの手じまい売りに加え、主要生産国ベトナムの生産者筋がヘッジ売りに動いたことに圧迫された。
2018/06/14 04:52 da:- facebook:0 twitter:0 コーヒー ロブスタ ディーラー 空売り ロング 手じまい Tweet
nna.jp  エビ価格急落、業界団体が減産呼び掛け  ↑0 ↓0
エビの国際価格の急落を受けて、ベトナム水産輸出加工協会(VASEP)は生産者に減産を呼び掛けている。30日付ベトナム・ニュース(VNS)が報じた。 VASEP ...
2018/05/31 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 呼び掛け 生産者 ニュース Tweet
jacom.or.jp  シリーズ:JA全中動静  ↑0 ↓0
ベトナム農民連盟会長来会 金井常務ベトナム農民連盟のタオ・スアン・スン会長らが全中を訪れ、金井常務と意見交換を行い生産者団体間の連携を強化することで一致した。 Compass-JA導入県JA中央会常勤役員・参事会議 山田常務Compass-JA導入県JA中央会常勤役員・参事会議を開催し、JAグループ情報 ...
2018/05/08 12:45 da:- facebook:0 twitter:0 Compass シリーズ 意見交換 生産者 グループ Tweet
ryutsuu.biz  イオンモールベトナム共同企画/ベトナム伝統工芸の商品調達で生産者開拓を支援  ↑0 ↓0
イオンコンパスは6月12日~16日、「第1回ベトナム・ハノイ視察ツアー」を開催する。 イオンモールベトナムとの共同企画で、現地法人社長の岩村康次氏が同行し、ベトナム伝統工芸村を視察する。 ホームファッションや雑貨などの商品開発、販売に携わる人に向けた視察ツアーで、商品調達先となる生産者や生産工場を直接、 ...
2018/04/19 11:26 da:- facebook:0 twitter:0 イオン モール 生産者 コンパス 第1回 ハノイ Tweet
nna.jp  ベトナム産マンゴー、近く米国に初出荷  ↑0 ↓0
ベトナム産マンゴーが米国本土に向けて近く初出荷される見通しだ。同じく米国への初輸出が実現したベトナム産スターアップル(水晶柿)に続いて生産者の所得向上に期待が高まっている。4日付サイゴンタイムズが報じた。 同省植物保護局のレー・バン・ティエット次長によれば、「… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 農林・ ...
2018/04/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- マンゴー 見通し スター アップル 生産者 サイゴン Tweet
Reuters  20日の国内・海外経済指標と行事予定  ↑0 ↓0
... 東証2部から ○海外指標など(時間表記はGMT、日本時間はGMTプラス9時間) 19日(月) 09:00 ユーロ圏:経常収支(ECB) Dec ◇イベントユーロ圏財務相会合 ◇休場中国、香港、ベトナム(以上、旧正月)、インド(債券・為替)、米国(プレジデンツデー)、カナダ(ファミリーデー) 20日(火) 07:00 独:生産者物価指数(連邦 ...
2018/02/19 14:15 da:- facebook:0 twitter:0 ユーロ 時間表 プラス ECB イベント 財務相 Tweet
ibarakinews.jp  笠間高美術科3人制作 ベトナム農業支援ロゴ  ↑0 ↓0
笠間市とNPO国際農民参加型技術ネットワーク(つくば市)が進めるベトナム・ソンラ省の農作物ブランド化支援で、県立笠間高美術科の3年生3人が、生産者の顔と野菜の絵を組み合わせたロゴマークを完成させた。昨年12月に同省を訪れ、デザインを練った。市職員が現地に届け、3月中にも実用を開始する。 国際協力 ...
2018/02/03 12:00 da:- facebook:0 twitter:0 ネットワーク つくば 農作物 ブランド 生産者 マーク Tweet
ibarakinews.jp  ベトナム農産物、ブランド化支援 笠間高美術科生3人  ↑0 ↓0
国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業の一環。2016年にベトナムの生産者が笠間市を訪問し、水耕栽培や農産物加工場を視察した。17年6月には同校生徒が、来日したベトナムの生産者の似顔絵入りロゴを制作した。今回の派遣では、現地の事情を理解した上でロゴを完成させる。同NPOによると、ロゴ制作は安心 ...
2017/12/20 04:52 da:- facebook:0 twitter:0 生産者 ブランド 技術協力 絵入り Tweet
minyu-net.com  ハウス栽培で「所得向上」 ベトナム訪問、収量安定へ技術開発  ↑0 ↓0
ベトナムを訪れているJA福島中央会の海外農業事情視察研修団が8日、ホーチミンの農業研究拠点「農業ハイテクパーク」を視察し、効率的な栽培技術を得る試みや生産者の所得向上に向けた取り組みを学んだ。 同施設はホーチミン市が2010(平成22)年4月に開所した。中心市街地から北西44キロに位置し、88ヘクタール ...
2017/12/09 09:34 da:- facebook:0 twitter:0 ホーチミン ハウス栽培 ハイテク パーク 効率的 生産者 Tweet
minpo.jp  県産ナシ輸出継続 ベトナム商業施設と調整 ジェトロ  ↑0 ↓0
【ベトナム・ホーチミンで横山雄介本社報道部記者】日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所は、今年初めてベトナムに出荷された県産のナシについて来年以降 ... さらに現在はベトナムに輸出されていないリンゴについて大久保さんは「出荷を検討する余地がある」と述べ、県内生産者がベトナムへの輸出を考えるべきという ...
2017/12/08 11:03 da:- facebook:0 twitter:0 ジェトロ ホーチミン 事務所 リンゴ 大久保 生産者 Tweet
毎日新聞  輸出好調 昨年の20倍超 ベトナムへ100トン /茨城  ↑0 ↓0
今年から始まった下妻市産ナシのベトナムへの輸出量が100トンを超えたことが分かった。国外輸出は2013年から始まり、今年度はベトナム輸出の好調が寄与して前年度の20倍以上になる見通しだ。生産者でつくる市果樹組合連合会の粟野陽一会長(72)は「輸出を通してナシ栽培の魅力を高め、後継者を増やせれば」と ...
2017/11/17 12:11 da:- facebook:- twitter:- 今年度 前年度 見通し 生産者 後継者 Tweet
ASEAN PORTAL  茨城県下妻産の梨のベトナム輸出が100トンへ  ↑0 ↓0
ベトナムにおいては今年の1月に日本産の梨の輸入が解禁されたために、茨城県・下妻市・生産者・JA等が協力してベトナムへの梨輸出を検証し、現地の小売店 ...
2017/09/20 12:22 da:- facebook:0 twitter:0 生産者 小売店 Tweet
logi-today.com  イオン、解禁後初めてベトナムに梨出荷  ↑0 ↓0
福島県、宮城県、茨城県の梨生産者、調達・輸出を担うイオンリテール、販売を担うイオンベトナム、日本貿易振興機構(JETRO)が組み、「オールジャパン」体制で ...
2017/08/21 18:45 da:- facebook:0 twitter:0 イオン ジャパン オール 生産者 リテール Tweet
minyu-net.com  福島県産「ナシ」...ベトナム出発 JA福島さくら、生産者期待  ↑0 ↓0
いわき、郡山、田村、双葉の各地区をエリアとするJA福島さくら(本部・郡山市)は17日、いわき市でベトナムへの県産ナシ初輸出の出発式を行った。生産者らが ...
2017/08/18 09:33 da:- facebook:0 twitter:0 いわき 生産者 エリア Tweet
nna.jp  鶏卵価格も下落、1個当たり赤字500ドン  ↑0 ↓0
ベトナムで豚肉価格の下落に続き、鶏卵価格も低下しており、生産者が損失を被っていることが分かった。農業・地方開発省の発表として、6月29日付VN ...
2017/07/03 00:00 da:- facebook:- twitter:- 生産者 Tweet
アパレル・リソース  流通業者とのグローバルな結びつきを展開  ↑0 ↓0
ベトナム商工省は国外の大手流通業者と引き続き提携を結び、ベトナム製品の輸出を促進していく予定である。 同省の欧州市場部は、諸外国の消費者にベトナム企業の商品をダイレクトに届ける新しい輸出チャンネルの開発を行うべく、「ベトナム企業の外国流通システムへの直接参加を2020年までに展開」するプログラムの導入に関する会合を5月26日に開催した。 Dang Hoang Hai部長によると、同省はCasino(フランス)、Metro Cash & Carry(ドイツ)、Makro(チェコ)、Coopイタリア、Conad(イタリア)と協調し、質の高いベトナム製品を欧州のスーパーマーケットに売り込み、ベトナム企業と流通チェーンを結びつける「ベトナム製品ウィーク」を開催したと言う。 2011年以降、およそ10の「ベトナム製品ウィーク」イベントがヨーロッパやアジアで開催され、ベトナム企業の外国流通チェーンを通じた輸出をサポートし、仲介料をカットし、高い価値をもたらしていると同氏は述べた。 セントラルグループ・ベトナムのTran Thanh Hai副社長によると、スーパーマーケットチェーンのBig Cは近年、数千万米ドル(数十億円)に及ぶベトナム製品をヨーロッパ市場向に積極的に採用したと言う。 セントラルグループがBig Cを買収した後、セントラルグループ・ベトナムとBig Cは、ベトナム製品を国外市場に販促し、採用される様、様々なプログラムを実施した。 両社は省庁と協力し、手工芸品や繊維・縫製品、さらにはライチ、ドラゴンフルーツ、スウィートポテトなどの農産物と言った、より多くのベトナム製品がタイヤその他ASEANに諸国輸出される様、7月末にはタイにて第二回ベトナム製品ウィークを開催した。 イオンベトナムの西峠泰男社長は、ベトナムのサプライヤーは常に商品の品質を改善しており、同社には1675品目が納品されていると言う。 イオンは、日本を含めた1万4000店舗で積極的にベトナム製品を輸出している。 最も人気があるのはチャー(魚)、繊維・縫製製品、履物製品である。 昨年イオンはベトナムから2億米ドル規模の商品を輸出しており、そのうちチャーが占める割合は9000万ドルであった。 しかしながら、近代的流通チャンネルでの販売には安定した品質を確保する必要があるため、ベトナム企業が外国の流通システムにアクセスするにはまだ困難が続くとセミナーの代表者は述べた。 Auchanのベトナム店舗の食料品市場マネージャーであるAlbin Bertand氏によると、消費者は商品価格と品質を優先すると言う。 ベトナムの生産者は品質保証へのフォーカスに加え、潜在市場のトレンドを調査し、各市場にあった戦略を練る必要があると同氏は述べた。 ベトナム製品品質事業組合のVu Kim Hanh会長によると、ベトナム製品が近代的流通チャンネルに入り込むのに重要な点は、品質と原産地証明であると言う。 ベトナム政府は2015年、ベトナム企業の外国流通ネットワークへの直接参加を補助する計画を承認した。 この計画では、ベトナムと自由貿易協定を締結しているヨーロッパ、北米、東南アジア、北東アジアなどの国々の主要流通システムにおける、ベトナム製品の直接販売の保証を目的としている。   もっと見る
アパレル・リソース  需要に追いつけ、手工芸業界  ↑0 ↓0
4月11日、ホーチミン市で開かれたセミナーの参加者によると、ベトナムの手工芸企業は外国人バイヤーの要件を満たすために、より一層の努力をしなければならないという。 「ベトナム手工芸業界における製品輸出に向けた業界の基準・技力の改善」と題されたセミナーにてベトナム手工芸品輸出協会(Vietcraft)のLe Ba Ngoc会長は、品質や企業の社会的責任、環境基準などを達成するよう、外国輸入業者がサプライヤーに対し要求を強めていると語った。 オーストラリア政府助成の下、国際バイヤー100名に対しVietCraftが行った調査によると、75%の輸出業者がサプライヤーに対し、5年以内に基準に達成して欲しいと希望しているという。 「基準に達成することができなければ、我々の商品を輸出するのが難しくなります。」 アジア財団の国の副代表であるFilip Graovac氏は、「費用を低く保ちつつもバイヤーの新しい要件を満たす方法を考え出さなければならないため、こうした要件は手工芸生産者にとって大変なプレッシャーとなります。同時に、国際基準に達成するために生産率を上げなければならないため、生産者にとってはチャンスにもなります。」と説明した。 オーストラリア政府助成の下、アジア財団は業界の基準や技力を引き上げるプロジェクトを実施した。 このプロジェクトは、国際基準の研究、セラミック、漆器、籐、竹に特に焦点を置いた国際コンプライアンス基準のマニュアル作成、デザインやマーケティングなどの改善案による手工芸企業へのサポート、輸出業者・商業組合・関連政府機関のその他手工芸製品のさらなるコンプライアンスのイニシアチブに対する政策による権利擁護など、様々な活動を通して実行された。 「一連の基準はすでに冗長で複雑なものですが、国際コンプライアンスの数は時間とともに増え続けており、中小規模の企業が自身の状況を判断し改善案をデザインするのに大変な困難をもたらしています。」とGraovac氏は述べた。 アジア財団はVietCraftをサポートし、国際コンプライアンスや業界基準をビジネスコンプライアンスソフトウェアにデジタル化した。ソフトウェアのコンテンツは、手工芸業界の実業家でもあるプロジェクトの専門家によって集められた国際コンプライアンスや業界基準の総合的なライブラリーである。 ソフトウェアはユーザーフレンドリーで、手工芸企業が自社の状況を判断するオンラインツールとして使用するだけでなく、彼らが他の専門家や実業家と相談し、技術的な補助を得る機会を作り出すこともできる。 Ngoc氏によると、協会では定期的にトレーニングコースを開催したり、企業が基準を遵守できるようアドバイスを与えたりしているという。 基準の遵守に関する難しさに関しては、70%近くの企業が専門スタッフが十分にいないことを理由として訴えている。「そのため、彼らが一番にしなければならないことは人材の養成なのです。」とNgoc氏は述べた。 「コンプライアンスを実行する資金が足りないことも問題となっています。」 手工芸企業Ngoc Dong Ha Nam Co LtdのNguyen Huy Thong副社長は、火災防止や労働者の健康診断、ゴミ処理などに資金を当てなければならず、コンプライアンスには沢山の費用がかかると述べた。 セミナーの参加者は、ビジネスコンプライアンスの新ソフトウェアを利用して現在のコンプライアンスのレベルを測る方法を学んだ。 本講習会は、VietCraftが能力を強化し業界の基準や技力を上げるプロジェクトとして行われた最後の活動である。 ベトナムは今年最初の三ヶ月間、手工芸品の輸出で6億5000万米ドル以上の収入を得ている。 年間の数字は21億米ドルを超えると見込まれている。 もっと見る
アパレル・リソース  コンビニエンスストアの景気が良好  ↑0 ↓0
ベトナムではコンビニエンスストアやミニマートの人気が高まっており、専門家の推定によると、3分の1以上の家庭がコンビニエンスストアやミニマートで日常的に買い物を行っているという。 もしより大幅な値引きを行えば、コンビニやミニマートが成長する可能性はさらに高まるだろうと専門家は予測している。 またベトナム商工省国内市場局のLe Viet Nga副局長によると、コンビニ等に対する市場の反応はよく、2桁台の成長を見せる最も急速に成長する小売分野となっているという。 「生産地のはっきりした商品を売り、優れた管理を行う現代的な取引チャンネルです。コンビニエンスストアは中小規模の企業や農家が自らの製品を市場に持ち込むことのできる機会を提供しています。」同省によると、スーパーマーケットやハイパーマーケットと比較して投資対効果が高く、投資額も低いことから、投資家たちもコンビニエンスストアを好んでいるという。 その上、500平方メートル以下の小売店舗の開設は経済的ニーズ考査(ENT)の対象ではないため、コンビニエンスストアやミニマートのライセンス取得はスーパーマーケットより容易である。 従来の小売チャンネルは現在も市場の72%を占めているが、2020年までに60%まで減少すると専門家は予測している。 中国では2万1000人毎、韓国では1800人毎に一つのコンビニエンスストアがあるが、ベトナムには現在6万9000人に一つの割合であり、今後成長していく可能性は多大にある。 所得の安定した成長と消費者行動の変化はもう一つの大きな要因であると専門家は加えた。   激しい競争 コンビニエンスストアの店舗数は2012年から2014年の間に倍の348となった。また、ミニマートの店舗数は863から1453に増加している。 活発な経済が消費力を増加させる中消費者が利便性に注目し、Saigon Co.op、Satra, Vingroup、B’s mart、Shop&Go、Circle Kと言った国内外の有力企業が存在感を増していき、コンビニエンスストアは2015年と2016年にも優れた業績を収めている。 例えば、Co.opmart、Co.opXtra、Co.op Foodを所有するSaigon Co.opは昨年新しい小売モデルであるCo.op Smileを開始した。 昨年の店舗数は20のみであるが、Saigon Co.opのNguyen Thanh NhanはCo.op Smileの店舗数を今年末までに200-300にまで拡大する計画を実行中であると述べた。 ベトナムでハイネケンとジョイントベンチャーを持つSatraもまた、食肉生産のVissanなどの子会社やベトナムの生産者一般の流通チャンネルを構築するために、自社のコンビニエンスストアチェーンであるSatrafoodsの展開に焦点を当て、小売システムを拡大する計画を持っている。 メコンデルタの都市カントーの10店舗を含む55のSatrafoods店舗を今年開店予定で、合計店舗数は172になる見込みである。 商工省によると、外国企業がコンビニエンスストア市場に占める割合は70%であり、モールやスーパーマーケットは17%、ミニマートは15%、オンラインのショッピングチャンネルは50%である。 関係者によれば、コンビニエンスストアやミニマートの最大の欠点はスーパーマーケットや従来の市場、食料店と比較して値段が高いことにあるという。 競争力を高めるためには価格を下げ、品質の高い地元製品を販売する必要がある。 ハノイ・スーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国内の生産者や流通業者が関係性を強化し、仲介コストを削減すべきであると述べた。 経営コンサルティングのA.T.カーニー社のグローバル小売成長指数(GRDI)によると、ベトナムは魅力の高い小売市場として2008年以降上位30か国に入っている。 もっと見る
business-partners.asia  ベトナム間 コメ・乾燥タバコ輸出に業者は消極的[経済]  ↑0 ↓0
十分な数の乾燥タバコとコメの生産者がベトナムへ輸出許可を申請しなかったため、商業省はベトナム政府に申し込み期限の延期を求めた。クメールタイムズ紙 ...
2017/02/05 03:10 da:19 facebook:0 twitter:0 タバコ タイムズ クメール 消極的 生産者 Tweet
アパレル・リソース  EUとの自由貿易協定で課せられるハードル(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   その他の代替案としては、EUのバイヤーに対し、ベトナムの生産者が契約メーカーから外部委託の請負人に契約のステータスを変更するということが挙げられる。 このビジネスモデルは台湾などの国で一般に普及している。ODM(original design manufacturer)生産やOEM(original equipment manufacturing)という専門用語が使われているが、実質的にこれらは外部委託の契約である。 台湾メーカーはコンピューター部品やパーツの95%ををこの契約形態で生産しているとみられており、多くの場合、この契約形態により関税の引き下げや貿易協定のその他の特典を受けることができる。 一言で言えば、ODM契約者は他社の持つブランド製品を生産する自社ブランド契約者である。ベトナムブランドはなくなり、Made-in-Vietnamのラベルもなくなる。 またODM生産者は、自社の仕様ではなく、他社の仕様に合わせた商品のデザインや設計を行う必要がある。 一方OEMとは、自社の仕様に合わせて商品のデザインや設計を行い、販促を行うEUのべつ企業に商品を販売することになる。 ODMと同様ベトナムブランドや Made-in-Vietnamのラベルはなくなり、商品はバイヤーのブランド名で流通することになる。OEMとODMはともにごく複雑であり、地元企業は時間をかけて慎重にそのコンセプトを理解する必要がるとMai氏は述べた。 しかしながらMai氏が強調したい点は、衣料品、履物、繊維部門は、ベトナム・EU貿易協定では自動的に利益を受けることはないということである。何のアクションも取らなければ、メリットを享受することもない。 そのため、協定のメリットをフルに享受できるよう国内企業が先導して構造改革を行い、業界のハイエンド分野における国際的な競争力を上げていく必要があるのである。 ベトナム・EU自由貿易協定は2015年12月2日に交渉が終了し、2017年初めに署名が完了し2018年に発行される予定である。協定により、10年以上の期間をかけて99.8%の関税が撤廃される。 2015年のベトナム・EU間の商取引は合計470億米ドルとなっており、2016年にはさらに増加する見込みである。 地元企業は、高級品を生産するために複雑な仕事こなすことができる、高度なスキルを持った労働者の養成に焦点を当てていく必要があるとMai氏は注意を促した。     もっと見る
2016/12/26 11:58 da:20 facebook:0 twitter:0 ブランド ラベル デザイン メリット original メーカー Tweet
アパレル・リソース  EUとの自由貿易協定で課せられるハードル(前)  ↑0 ↓0
専門家によると、2018年に発効予定のEUとの自由貿易協定は、ベトナムで生産されるアパレル製品、履物、繊維製品の、EU加盟28か国における小売売上高を大幅に引き上げる見込みであるという。 ハノイで開かれたフランス商工会議所によるフォーラムにおいて、フランス・ベトナム両国から出席した専門家やビジネスリーダーは、協定の速やかな批准と発行を促した。 商工会議所のGuillame Crouzet氏はフォーラムにて、フランスの小売部門はベトナムに大きな関心を持っていると述べた。 フランスの小売業がベトナムに関心を寄せている理由としては、ベトナムが小売店の成長市場であること、衣料・履物・繊維製品の生産国トップ3の一つであること、さらにはベトナムを売れ筋の日用消費製品の良い供給源としてみていることが挙げられた。 自由貿易協定による関税の撤廃により中国製品に対するベトナムの競争力が上がり、EUの日用消費製品の小売輸入が急増する可能性は高い。 ベトナム繊維協会のNguyen Thi Tuyet Mai部長はこれに対し、関税の引き下げは中国だけではなく、カンボジアやミャンマーなどの近隣諸国に対する競争力の強化にもつながると述べた。 中国やカンボジア、ミャンマーからの日用消費製品の輸入が無関税であるのに対し、ベトナムの日用消費製品には現在平均12%の関税が掛けられている。そのため、全てが平等になれば貿易にも有益となるはずだとMai氏は述べた。 しかしながら、関税の撤廃は7年以上かけて段階的に行われる。 また、衣料品などの製品は厳格な原産地規則が設けられており、EUの他の自由貿易提携国である韓国原産の布地を除き、ベトナムで生産された布地を使用しなければならないという規則がある。 ベトナム企業が原材料や中間財の多くを中国から調達していることを考慮すると、運用方法を変えて原材料や中間財の調達先を韓国やその他の提携国に変更しない限りは、関税引き下げの恩恵は受けられないということになる。 その他考慮に入れるべき点としては、多くのベトナム生産者がそもそもとして関税を支払っていないため、免税の恩恵は受けないということが挙げられる。多くの小規模繊維企業はベトナム国内における代金引換払いで商品を販売しているのである。(積出地荷渡しと称される) そのためこういった企業は関税を支払っておらず、いかなる恩恵も受けないということがMai氏によって指摘された。EUのバイヤーもまた、生産者ではないため免税の特典を受けるということはなく、関税の引き下げから恩恵を受けるということはないのである。 もしベトナムの生産者がEUへの製品輸送に売り方を変え、バイヤーに仕向地で商品の権利を受けるようにすれば(仕向地渡しと称される)、両方の当事者が関税の引き下げから恩恵を受けることになる。 この場合、ベトナムの生産者はメーカーであるEUへの輸入者であるため関税を支払うことはなく、EU内で利権が通過するためバイヤーに税金が課せられることもない。 郵送費、輸送中の損失や損害に対する保険、商品受領時の点検、支払い方法などが全て複雑になるため、これは想像するよりも難しく、多くの場合は実践的ではないとMai氏は強調した。 しかしながら、この方法の実行自体は可能で、中規模・大規模の国内メーカーにとっては多くの場合好都合であることは明白であり、また、業界全体で見直しを実行すれば、全てのビジネスに現実的になる可能性もあるという。 その他の代替案としては、EUのバイヤーに対し、ベトナムの生産者が契約メーカーから外部委託の請負人に契約のステータスを変更するということが挙げられる。   (後編へつづく) もっと見る
2016/12/26 09:58 da:20 facebook:0 twitter:0 生産者 フランス バイヤー 引き下げ メーカー その他 Tweet
アパレル・リソース  繊維輸出額は285億米ドルに到達  ↑0 ↓0
ベトナム繊維協会(VITAS)の発表により、今年のベトナムにおける繊維・縫製輸出額は、 市場の低迷から当初の計画のおよそ92%となる、285億米ドルに到達する見通しであることが明らかになった。 協会によると、繊維・縫製業界最大の輸入市場は2016年も中国であり、輸入額の半数以上を占めているという。 アメリカ向け輸出額は、対前4%増となる114億米ドルとなる見込みである。 EU、日本、インド、ブラジル、ロシア、カナダも2016年のベトナム繊維・縫製業界において主要な輸入国となっていることが報じられている。 VITASは2016年の輸出売上高低迷の原因を、世界的需要が減退する中で激化する諸外国の繊維・縫製生産者との競争と見ている。 Duc Giang縫製のHoang Ve Dung会長によると、品質の厳格化と納期の短縮により、注文の獲得がより難しくなっているという。 Hung Yen縫製株式会社のNguyen Xuan Duong会長は、輸入先に売値を18〜20%、時には30%も引き下げるよう要求されたことを明かした。それでもなお、幾つかの輸入先はさらに安価な取引先を他国で見つけたという。 生産コストの上昇や限られた注文、輸出者からの販売価格引き下げの圧力が、企業にとって負担となっているとDuong氏は語った。 世界的需要が低迷する見通しの中、中国やインド、バングラデシュ、パキスタンなどの主要輸出国との競争が激化し、繊維・縫製業界は2017年も苦戦を強いられると専門家はみている。 ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong社長によると、EU離脱やTPP貿易協定に反対するアメリカ次期大統領ドナルドトランプ氏の影響から、アメリカとEU向けの衣料品輸出にも悪影響が出る見込みであるという。 そのため、適切な政策が施行されなければ、繊維・縫製部門の翌年の輸出成長率は5-7%にとどまる見通しであるとTruong氏は述べた。 VitasのVu Duc Giang会長によると協会は、投資プロジェクトの国内外におけるマネージメント強化や最低賃金上昇・労働時間に関する法案の見直しなど、地元産業を支援する案をいくつか商工省に提案したという。 また協会は、繊維・縫製部門の開発の調整や人材訓練のサポートに関しても要請している。 加えてVitasは、繊維・縫製事業にとって障害となっている法律関連文書の調査と見直しを行うよう商工省に提案している。 もっと見る
2016/12/16 15:33 da:18 facebook:0 twitter:0 アメリカ 縫製業 米ドル 見通し 世界的 見直し Tweet
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   販売チャネルの多様化 もし国内企業が事業発展に向けた新たな方策を積極的に模索していかなければ、小売業になだれ込む巨大な投資フローに直面することにより、自国市場で打ち負かされることは確実であると言える。 実際、国内小売業者はなおも多くの面で外資系ライバルに劣っている。多少の改善は見られるものの、国内小売業者はストアチェーン管理技法から商品ディスプレイまでプロ意識を欠いており、価格競争力、商品の多様性や品質管理においても期待値を下回っている。こうした過酷な環境下で生き残るためには、国内小売業者はまず新しい方法を模索することによって市場における自社の地位を確立する必要がある。同時に彼らは電子商取引やマルチチャネル販売にもっと注力し、商品や受注管理のテクノロジーやオンライン・ソリューションを活用すべきである。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、オンラインとオフライン問わず、マルチチャネルの開発は成長に避けられないものとなるだろうと述べた。 eコマースはベトナムで目新しいものではなく、ほぼすべての販売業においてオンライン販売チャネルは長年運営されてきた。しかし状況はさほど単純ではなく、eコマースに対する消費者の信頼感は、知らぬ間に自分の銀行口座に損失を被ったなど最近何件か報告された事件によって損なわれており、決して強いものではない。 このことは、オンライン小売やeコマースがベトナムで本格的に成長するに至っていない理由の一つである。ベトナムには顧客がインターネットで製品を注文し、製品が自宅に配送された際に現金で支払う「代引き」の制度がない。もしこの状況が続けば、ベトナムにオンライン小売市場が十分に発展することはないだろう、とLoan会長は述べた。 ベトナム小売部門における競争はかつてないほど熾烈で、外資系小売業者が市場シェアを獲得するためにベトナム市場に殺到している。こうしたプレッシャーは国内小売業者に自社のビジネスモデルを再考し、外資系競合他社と差別化を図るためにその能力を強化するよう促す。 国内企業は市場調査を行い、自社の戦略を策定、生産者との連携を強化し、様々なタイプの顧客に対応するため、オンラインや実店舗など販売チャネル多様化を図っていく必要がある。 もっと見る
2016/10/20 12:07 da:22 facebook:0 twitter:0 オンライン チャネル eコマース マルチ 多様化 本格的 Tweet
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(前)  ↑0 ↓0
ベトナムの小売市場では最近M&Aブームだけでなく、日本、タイ、韓国など外国資本による市場支配が起きている。 こうした外資系企業の発展により国内小売業者が市場シェアを失い、徐々に乗っ取られたあげく、最終的には市場から一掃されてしまうのではないかという懸念が持ち上がっている。しかし別の側面から見ると、外国企業がもたらすこうしたショックは、国内の小売業者を覚醒させ、変化を促し、国際的なルールを採用、遵守させることに寄与する。   熾烈な競争 ベトナムは現在、アジアや世界で最もダイナミックで魅力的な小売市場であると見られている。ベトナムでは現在その市場を国際的なルールに基づき開放しており、国内の小売業者は増加している外資系競合他社との強い競争圧力に直面している。 ドイツ市場調査会社GfK社による最新のレポートによると、ベトナムの2015年小売売上高は1000億米ドル以上にも達しており、2016年はさらにそれを上回ることが予想されるという。専門家らはまた、9000万の人口を擁するベトナムの小売市場は国内外の小売業者にとって非常に魅力的なものであると指摘した。 そのような可能性を秘めたベトナムは、多くの外資系小売業者にとって進出を目論む本命市場となっている。Aeon(日本)、Lotte Mart(韓国)とCentral Group(タイ)といった巨大な小売業者の進出がベトナムの小売市場を席巻している。 国内小売業者は外資系競合他社に屈服するだろうと考える者がいるかもしれないが、多くの主要国内小売業者はそのまま何もせずに負けることや、外資系競合他社の後塵を拝することを潔しとせず、逆に国内企業の多くは人材や資本を集中して巨大資本を持つ外資系企業に正々堂々と戦いを挑むため、新しいゲームに備えている。 押し寄せるM&Aの波によって、もはやベトナム小売市場は国内企業による独占市場でないことは間違いなく、巨大な外資系小売企業、特に多国籍企業の目には肥沃な市場と映っている。そのことは同時に、ベトナム企業に多くの課題を突きつけ、コインの表裏のようにM&Aにはメリットとデメリットの両面をもたらす。ベトナム企業が自社のブランドを失い、外資系企業に席巻されて小売市場の収益が国外に流出するような事態となった際に、国内企業が積極的な対応をするようになればプラスの効果を得られるかもしれない。このように政府、関連団体や企業が積極的に対処を試みる場合は、M&Aは成長に必要な多くのエネルギーをもたらすこととなるが、対処を誤れば国内小売業者は商機を逃し、市場を失うことになる。 小売チェーンSaigon Co.op Martの Vo Hoang Anhチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)は、最近のM&Aはより速いスピードで進められており、国内小売業者に対して大きなプレッシャーが課されていると述べた。彼は、Saigon Co.op Mart社では既に、長年の外資系企業との競争やM&Aの大波に対する免疫はあるものの、戦略を綿密に練り直して、より積極的かつ真剣なアプローチで市場に適応していかねばならないと続けた。同社では小売店のネットワークを拡充し、顧客、生産者やサービスプロバイダとより緊密な関係を構築してきた。Anh CMOは、M&Aによりますます強大な競合相手が生み出されていくため、ベトナム企業は自社の戦略を再構築、大胆な施策を取るだけでなく、外国企業からも学んでいく必要があると強調した。   (後編へつづく) もっと見る
2016/10/20 06:06 da:22 facebook:0 twitter:0 積極的 ルール 国際的 チェーン チーフ エネルギー Tweet
アパレル・リソース  FTAでヨーロッパ小売市場の拡大へ  ↑0 ↓0
EUの通商代表や専門家や財界人らによると、EUがベトナムと結ぶ自由貿易協定は、ヨーロッパにおける小売業の成長と雇用拡大、そしてベトナムの発展を促すと言う。9月14日、ブリュッセルでのイベントでベトナム大使館がEUやBusinessEuropeに向けた演説をし、協定の速やかな批准と協定の発効への働きかけをする両者の交渉担当主任と代表者にEU貿易連合代表が参加した。 「ベトナムが中国に次ぐ日用消費材の生産国である事と、ベトナム国内における小売業への投資に対する関心の高まりから、EUの小売業界はベトナムに二重の関心を抱いています。」外国貿易協会貿易政策主任Pierre Gröning氏は述べた。 この領域の潜在的な利益規模は莫大である。「小売業にとってベトナムとのFTAは、(アメリカとの)TTIP、(カナダとの)CETA、そして日本との協定を合わせたものより重要です。」Gröning氏は述べた。 EUの小売業は、現在日用消費材の8%をベトナムから輸入している。それは中国の50%からは程遠いものの、急速に成長しており、またEUへの輸入コストを引き下げるFTPの関税廃止により急成長が見込まれている。 主要輸出品目の中でも、繊維・織物は1550万米ドルと取引高が増加し、2016年の8か月間で対前年4.2%増、また履物は860万米ドル、8.1%増であった。FTAがなくとも、EUのベトナムからの輸入は2015年に3.2%増加している。センシティブな分野であることから、関税の完全撤廃は7年間で段階的に行われる。衣類の原産地規則により、EUの他のFTA締結国である韓国産の布を除き、ベトナムで生産された生地の使用が求められる。 ベトナム市場もまた、欧州生産者や小売業者にとって魅力がますます増している。FTAにより、2020年までに中流階級が3000万人に達すると予想される9000万人の消費者市場に、自動車やバイク、医薬品、アルコール飲料といったヨーロッパ製品が関税なしで輸入可能となる。ベトナムで生産された製品は、世界最大の自由貿易地域である環太平洋戦略的経済協定(TPP)と共に、6億3000万人以上の力強いアセアン経済共同体に関税なしで輸出できる。 「ベトナムは大変魅力的な投資先です。」商工省のTran Quoc Khanh副大臣は述べる。「ベトナムで生産されたものは、世界のほぼ全てに無関税で輸出できるのです。」 協定はまた、一人当たりの国民所得が1986年の100米ドルから2015年の2100米ドルと、並外れた成功例とすでにみなされているベトナムの発展をさらに高めると見込まれている。「発展は経済成長によって促され、経済成長は輸出によって促されました。我々(EU)は、開発援助から交易へと前進し、ベトナムがそれに答えたのです。」 EUが開発途上国と締結する初の包括的貿易協定であるFTAには、持続可能性に関するしっかりとした章が含まれている。   もっと見る
2016/09/21 06:03 da:23 facebook:0 twitter:0 米ドル ヨーロッパ 自動車 バイク 消費者 生産者 Tweet
アパレル・リソース  履物業界は利益過小  ↑0 ↓0
履物業界は毎年大量に輸出しているため「外貨獲得ビジネス」とみなされており、ベトナムにおける一大産業である。 しかし、原材料不足、貧弱なデザイン、資本不足や輸出能力の限界により、ベトナム履物業界は「名ばかりですっからかん」となっている。 ベトナム皮革履物鞄協会(Lefaso)のDuong Hong Nhung書記は、7月中旬に開催された第18回国際履物展示会において、ベトナムの製靴企業は生産に必要な原材料のほとんどを輸入しなければならず、ベトナムでの生産コストが増大していると述べた。 製靴企業らはまた、リーズナブルなコストで資金を利用するのが難しいという問題も抱えている。 ハンドバック、財布やベルト等を製造するViet Khanh Phu社のLe Dinh Dangセールス&マーケティング部長は、ベトナムの生産者が生産に必要な原材料のサプライヤーをコントロールすることができず、このことが皮革履物業界にとって深刻な問題となっていることを認めた。 Dang氏は、ほとんどのベトナムの製靴企業が、主に中国、台湾、韓国、イタリアから原材料の約90%を輸入しなければならない状況にあると見ている。 ベトナム企業はまたデザイン力が弱いため、自社の製品を輸出する際の障害となっている。「外国パートナー企業は常に、デザインとスタイルの刷新を求めてきます。」と彼は述べた。 大規模な市場に参入することは難しい。Khatocoの子会社であるViet Khanh Phu社は、カナダ、日本、オーストラリア、中国に製品を輸出しており、また南アフリカにも200万米ドル相当もの製品を輸出している。 ただし同社製品では、数多くの試作と多大な努力の末にようやくこれらの市場に輸出可能となった。 「我々の試作品が受け入れられる前には、日本、カナダやオーストラリアのパートナー企業に何度も不合格とされました。」とし、すべての市場において独自の要件が設定されていることを説明した。 Vitaco社のNguyen Thi Phuong Mai副社長もまた、自社が直面する課題について尋ねられた際、原材料の不足が大きなハードルである、と述べた。 「国内の原材料供給源にはまだ十分な選択肢がありません。輸入しなければならない原材料が多いほど、負担すべき生産コストは高くなってしまいます。」と彼女は述べた。 政府レポートによると、履物は最大規模の輸出品目の一つであり、2014年には総輸出売上高の7%、103億米ドルにも達したことが示された。 2015年の年初来9ヶ月間において、輸出売上高は前年同期比で18%増となる88億米ドルに増加した。こうした成長により、履物年間輸出売上高120億米ドル到達も手の届くところにある。 ただし、この輸出から最大の利益を獲得するのはベトナム企業ではなく、台湾や韓国の企業となっている。 韓国企業のTae Kwang Vina 社は単独で2014年に9.7兆ベトナム・ドンの売上を計上し、Chang Shin 社は9.3兆ベトナム・ドン、Hwaseung Vina社は5兆ベトナム・ドンの売上を記録した。 もっと見る
2016/08/31 09:21 da:23 facebook:0 twitter:0 原材料 米ドル 売上高 デザイン コスト パートナー Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者の新たな事業戦略  ↑0 ↓0
Big CやMetroといった外資系スーパーマーケットが割引率を20-25%に引き上げたことに対応して、国内の小売業者も流通経路改善のため積極的に事業戦略を転換しつつある。 ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、Oceanmart、Vinatexmart、Maximarkの買収後、全国でVinmartミニマーケット、コンビニエンスストア網を約600店舗まで拡大しつつあるVingroupの例を挙げて説明した。 Vingroupは協力企業に直接投資しつつ、生産者や納品業者と直接契約し、VietGap基準に適合するVinEcoブランドの農産品を開発している。Vingroupでは加工食品についても主要生産企業となることを目標としている。 これはVingroupのブランドを確立し、小売市場における競争力を強化することを狙ったものであるとPhu会長は話す。 サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)はスーパーマーケットの品質を向上し、異なるマーケットシェアを狙った新たな事業戦略の立案を計画している。 Sai Gon Co.opは大都市部で新規10店舗のCo.opmartスーパーマーケットと、その他地域で20店舗の中小規模スーパーマーケットの開店を予定している。2020年までにCo.opmartスーパーマーケットが130店舗、Co.opXtraが8-10店舗、Sense Cityが3-5店舗となる予定である。 Sai Gon Co.opのNguyen Thanh Nhan副社長は、市場でのプレッシャーはあるものの、ベトナム国内の生産者との関係を守り続けたいと話す。Sai Gon Co.opのスーパーマーケットで扱われる商品の90%近くがベトナム産の商品である。 さらに、Sai Gon Co.opはネットワーク拡大のため、コンビニエンスストアに加え、オンライン取引の研究・開発を続けていきたいとしている。これは国内の生産者支援にもなりうるとNhan副社長は話す。 Sai Gon Co.opは消費者が国内産品を購入できるよう、ベトナム産品を優先的に扱うとしている。 商工省の国内市場部のVi Van Quyen部長は、ベトナム企業が品質を確保することができれば、外資系の流通網に頼る必要はなくなるだろうと話す。特に小売業者と生産者の提携は困難を克服する上で役に立つという。しかし、国内企業は先進的な科学技術に投資し、ベトナム人の嗜好を知る優位性を活かして国内、外資系どちらの販売網でも競争力のある商品を提供できるようにするべきだとQuyen部長は話す。 ベトナム企業は新たな隙間市場を見つけるべきであるともQuyen部長は指摘する。商工省は国内企業に対しネットワーク拡大、技術革新のための支援を行なっているという。 もっと見る
ibarakinews.jp  笠間で先進農業研修 ベトナムの生産者ら6人  ↑0 ↓0
ベトナムの農業振興に役立てるため、同国ソンラ省から生産者ら6人が笠間市に研修に訪れ、視察を通して先進的な農業を学んでいる。同市が国際協力 ...
2016/08/20 08:48 da:56 facebook:0 twitter:0 生産者 Tweet
アパレル・リソース  アパレル産業の活況を維持するには政府の中小企業支援が必要(前)  ↑0 ↓0
ベトナムは、わずか25年で世界の最貧国から中所得経済の一つへと変貌を遂げた。1986年以降、ベトナムは国有企業(SOE)改革、民間産業開発、金融改革、公共支出政策や貿易自由化を含む様々な分野において重要な構造改革に着手してきた。 世界銀行は、ベトナム政府がさらに多くの構造改革や制度改革に取り組んだ場合、2035年までに今日のマレーシアと同等の所得水準になり得ると予測している。 この構造改革の恩恵を受ける産業の一つとして、繊維・アパレル産業が挙げられる。繊維・アパレル産業は250万人以上の労働者を擁するベトナム最大の雇用創出産業で、工業部門における総労働力の約25%がこの産業に属し、ベトナムの輸出売上高(2015年は272億米ドル)の約17%を占めている。この産業はグローバル・サプライチェーンにおける最も低付加価値の領域に特化している。農村部から移住した労働者らは、繊維・アパレル輸出の78%を占める衣料品の裁断-縫製-仕上げ作業を専門にトレーニングされる。一方でマーケティングや流通などの産業は未発達であり、外国企業に大きく依存している。 現在、繊維・アパレル業界には約6000社近くあるが、そのうち2%が国有企業、15%が外資系企業、83%は民間企業となっている。数の上では少ないが、国有企業は市場を支配する生産者であり、外資系企業がベトナムの低コスト労働力を利用しようとする際に、ゲートウェイとしての役割を担っている。 1995年にはVinatexと呼ばれる国有企業コングロマリットが、技術改善、近代的経営、投資やファイナンスなど多様化された事業を推進していくために設立された。しかしながらVinatexはこの統合以降20年間、産業に何ら改革をもたらしていないばかりか、多くの国有企業では借金まみれとなっている。腐敗し、非効率な国有企業を活性化すべきとするプレッシャーの高まりに応じて、Vinatexは2014年にその株式の49%を新規株式公開(IPO)した。そして51%は政府所有としたまま、120以上の合資、合弁企業を設立した。 ベトナムは、工業化において次の次元に移行していくのか、競争力を失っていくのか岐路に立たされている。ベトナムは、繊維・アパレル産業において長く外国資本を歓迎してきた。外資系企業は輸出売上高の60%を占めているが、国内企業と外資系企業の間にはビジネスのつながりはほとんどない。 例えば日本企業は、自社の衣料品受注に対してベトナムの企業に下請けを依頼しているが、製糸や布地の生産施設に投資するなど、上流工程への産業の連鎖をもたらすことはない。ベトナムの人件費が増加してしまった場合、外国人投資家はバングラデシュ、スリランカなどさらに安い労働コストの国に移動することが予想されている。 ベトナムは、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の主要な受益国となると期待されている。世界銀行は、TPPによりベトナムのGDPは2030年までに10%も上昇するとしている。この成長の多くは米国や日本に対する繊維・アパレル産業輸出からもたらされる、と予測されている。 ベトナムは労働集約的な衣料品部門においてコスト優位性を有している上、TPPによって大規模市場への優先参入権を利用することができる。しかしベトナムは、既存産業に対するサポート産業をさらに開発していく必要がある。   (後編につづく) もっと見る
2016/08/05 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 アパレル 衣料品 コスト 世界銀行 売上高 労働力 Tweet
アパレル・リソース  TPPにより厄介な「オランダ病」はもたらされるか?(前)  ↑0 ↓0
米国の両政党の政治家は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、この12カ国からなる環太平洋貿易協定を近い将来に妥結させることについて疑問を呈し、異議を唱えている。すべての貿易協定に取って代わるものとして歓迎されたものの、TPPの結末がこれほど厳しいものになることは予想もされなかった。米国大統領選挙における民主党と共和党双方の支持者はこのTPPを有害なものと見なしており、共和党候補のドナルド・トランプ氏、民主党候補のヒラリー・クリントン氏共にそれに反対している。トランプ氏は、他の11カ国が彼の許容できる条件を再交渉により提示できない場合は、米国をTPPから完全に撤退させるとさえ述べた。TPPがオバマ大統領の「死に体」政権の下で通過する望みは、上院多数派リーダーのMitch McConnell氏がそれを阻止することにより打ち砕かれた。 米国におけるこうした猛烈な反TPP感情はいくつかのアジア諸国に波及しており、この協定が通過するかどうかについて、TPP協定の潜在的な勝者となるべき国々は不確実な状況に置かれている。ベトナムなどの国々では、TPPは大きなメリットをもたらすと予想されている。クレディ・スイスは、ベトナムでは今後10年間でGDPが10%も増加することになると予測した。Peterson Instituteは、関税の段階的撤廃によりベトナムの履物・衣料品産業の輸出は、2025年までに46%も増加するだろうと推計した。 TPPはベトナムがアジア市場の最前線に躍り出ようとしている重要な時期に発効する。ベトナムは、タイのYingluck Shinawatra元首相による米の補助金制度が見事に裏目に出た際、タイの大規模なコメ輸出市場の一部を獲得するなど、何度かビジネスチャンスをものにしてきた。ベトナムは迅速に需要に応えることで、世界の米輸出においてインドとタイに次ぐ第3位に名乗りを上げた。しかしベトナムが最も優位性を持つ産業は活況の衣料品部門であり、TPPにより多くの利益を得ることが予想されている。中国では人件費の急騰に直面している一方で、ベトナムは低コストでのアパレル主要生産者としてその中国に取って代わろうとしている。2013年にシンクタンクのStratfor社は、低価格製造業のグローバル拠点として中国に代わる16カ国のリストにベトナムを挙げた。   (後編につづく) もっと見る
2016/07/26 11:11 da:22 facebook:0 twitter:0 アジア トランプ 衣料品 共和党 太平洋 民主党 Tweet
アパレル・リソース  近隣国との熾烈な競争により、繊維産業が試練に直面  ↑0 ↓0
ベトナムではここ数年、製靴、アパレル、家庭用繊維製品分野で優勢な地位を占めてきたものの、これらの生産者は今、景気減速の兆しを感じているようである。 最近国内で事業を行うのに必要なコスト、特に原材料コストが増加しているために、メーカーが不利な立場に追い込まれている、とMay 10縫製会社最高経営責任者(CEO)のThan Duc Viet氏は述べた。 ラオス、カンボジアやバングラデシュを拠点とした企業との競争は熾烈を極めており、以前はベトナムで行われていたアパレル製造の多くが、これらの地域にどんどん移管されている、とViet社長は指摘した。 ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長は最近の首相との会談の中で、多くの地元メーカーがカンボジア、ミャンマー、ラオスの企業に受注を奪われていると報告してきている、と述べた。 Giang会長は、前述の国々では米国、EUとの有利な貿易協定によってより低い関税率が適用されており、各国メーカーはその価格メリットを享受しているのが大きな理由である、と述べた。 年初来5ヶ月間で、カンボジアはEU市場への輸出量、金額共にベトナムを凌駕し、歴史的に見て世界最大の輸出市場の一つとなった。 Giang会長は比較のための具体例として、ベトナムの輸出業者はEUに対する委託販売において10%の関税を支払っているのに対し、カンボジアの輸出業者は免税されていることを示した。 彼は、EU・ベトナム間自由貿易協定(EVFTA)の批准は履物、衣類、家庭用繊維製品などの織物類の輸出にとって間違いなく利益をもたらすため、できるだけ早くこの条約を発効させるべきだ、と述べた。 懸案の米国主導の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は11の環太平洋諸国が参加する予定であるが、問題はより複雑でその検討は米国で行き詰っており、実現しない可能性も出てきた。 Giang会長は首相に対し、数年前は国内の賃金がはるかに低く、ベトナムはこれらの分野で明確なメリットを得ていた、と述べた。 しかし今日では、都市部の労働者は仕事場や職業に多くの選択肢を持っているため、賃金水準はうなぎのぼりであり、労働需要は増加し、彼らはさらに高い賃金を期待している状況にある。 高い賃金を労働者に支給する能力を得るために、メーカーはより高いスキルと優れた技術が要求される製品を生産する産業分野に移行することができるよう、労働生産性を高めていくことに重点を置く必要がある。 生産性向上に取り組まなければ、労働コストの上昇により、国内メーカーは熾烈な価格競争が求められるEUや米国市場からすぐに締め出される可能性が高い。 商工省(MoIT)の統計によると、2016年6月までの5ヵ月間で世界各国から米国に対する繊維・アパレル製品売上高は6.1%増の86億米ドルとなったが、この数字は当初予想よりもはるかに低いものであった。 10%の目標成長率よりも低い上昇率であったたけでなく、前年同期よりも低い成長率であったことは、産業景気減速の兆候のシグナルである、と商工省は指摘した。 もっと見る
2016/06/22 06:04 da:23 facebook:0 twitter:0 メーカー アパレル コスト これら はるか 可能性 Tweet
アパレル・リソース  縫製企業支援の覚書が交わされる  ↑0 ↓0
ホーチミン市縫製・繊維・刺繍・編物協会(Agtex)とTUV SUD Vietnamは5月25日、ベトナム縫製輸出企業の世界市場への進出を支援するための覚書を締結した。 この覚書により、ベトナム企業は製品検査や管理システム認証の面でTUV SUDの支援を受けることができるようになる。 AgtexのPham Xuan Hong会長は、国際的に多様な製品安全基準や品質基準が存在する中、この覚書による支援は縫製企業にとって心強いものであると述べた。 TUV SUD VietnamのSathish Kumar Somuraj会長は、ベトナムは米国、EU、日本や韓国といった主要市場と数々の自由貿易協定(FTAs)を締結していると指摘した。 こうした自由貿易協定はベトナムの輸出企業にとってチャンスであるが、同時に国内生産者が製品の品質や安全基準を遵守することが条件となる。 TUV SUDは国際的な検査・認証機関で、検査、管理システム評価と認証サービスの分野で40年以上の歴史を持つ。 TUV SUDのベトナム支社は2006年に設立された。 もっと見る
2016/05/26 13:57 da:19 facebook:0 twitter:0 システム 国際的 サービス 生産者 チャンス ホーチミン Tweet
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   将来への備え 近年ベトナムの小売企業は、多くの合併・買収(M&A)が行われたのに伴い、他の小売業者の良い事例を模倣し始めた。 市場調査会社NeilsenベトナムのNguyễn Hương Quỳnh社長は、より自由化された貿易環境のもとでは、ベトナム企業はビジネスチャンスだけではなく、多くの課題にも直面していると述べた。 外国製品に打ち勝つには、国内企業は製品の品質を改善し、リーズナブルな価格を維持するだけではなく、市場における競争力を強化しなければならない、と彼女は述べた。 「最も重要なことは、外国のライバル企業との戦いに向けた準備において、ベトナム企業が主導権を取っていく必要がある、ということです。」とQuỳnh氏は続けた。 最近のタイ、日本、フランスなどの外資系小売企業の進出は、ベトナム小売部門におけるシェア争いを過酷なものにしている。 ベトナム小売部門は、9000万人の人口による強い購買力に支えられ、未開拓の大きな可能性を秘めている。 しかし地元の小売業者はまだ格下であり、いくつか企業では支援を求めている。 ホーチミン市商業組合連合は、最近内閣総理大臣に書面を送付し、外資系小売企業による国内市場支配に起因するリスクについて訴えた。 この組合ではまた、(国内企業に対して)より有利なビジネス環境をサポートするよう呼びかけている。 組合によると、近代的な小売業態での販売はベトナムにおける小売業総売上額のわずか25%しか占めていない。 さらに(ベトナム小売企業は)、32の店舗を持つBig Cや、19店舗のMetro、11店舗のLotte Mart、そして3店舗のAeonなどの外資系小売業者とのますます厳しくなる競争に直面している。 フランス第4位の小売企業であるSuper Auchanもまた、ホーチミン市にスーパーマーケットチェーンを展開しようとしている。 加えて、AeonによるFivimartとCitimartの買収、タイグループによるBig CとMetroの取得を含む一連のM&Aが起きている、と組合は指摘した。 地元小売業者は消費者の信頼を獲得し、ブランドを確立するために、生産者と協働してベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築する必要がある、と専門家らは述べた。 エコノミストのLý Trường Chiến氏は、ベトナムの小売業者はオペレーションモデルを改善し、コンビニや小規模マートの開発など、近代的な小売業運営技術やトレンドを採用するべきである、と述べた。 一方で、商工省の国内市場部門Võ Văn Quyền部長は、外資系小売業者による店舗開業は大きな問題ではない、とした。 地元の小売業者にとってそれは、自らの競争力を向上させ、競争に敗北した結果として閉鎖や倒産に追い込まれるような事態を未然に防ぐチャンスが提供されるということである、という。 消費者にとっても、外資系小売業者は高品質な商品をベトナムに持ち込み、商品棚にある商品の品質をアップグレードすることによって、メイド・イン・ベトナム商品の質の向上に貢献するのだ、とQuyền氏は述べた。 もっと見る
2016/05/24 12:08 da:19 facebook:0 twitter:0 ホーチミン フランス チェーン 競争力 消費者 ビジネス Tweet
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(前)  ↑0 ↓0
ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)は、スーパーマーケットチェーンのBig Cに対し、ベトナムの納入業者に最大15%という高い割引を要求することを撤回するよう求めた。 国内納入業者数社は、Big Cチェーンが発注時に高い割引を要求してくることについて懸念を示している。 Big Cはベトナム大手スーパーマーケットチェーンの一つであり、現在タイのセントラル・グループ傘下にあるが、ベトナム国内にあるBig C店舗の商品棚はタイ製の食品で埋め尽くされている、と専門家らは警告した。 このタイの会社はベトナムに新たなタイの帝国を築くため、ベトナム食品加工企業に対して高い割引を求めることにより、小売システムから撤退させようとしている。 ベトナムのある水産加工会社社長によると、ベトナムにあるスーパーマーケットチェーンの中でもBig Cは、17~20%と業界でも最も高い水準の割引を納入業者に求めており、昨年と比較しても5%も要求幅を上げている。 さらに、多くの製品では最大25%もの割引が求められる。 不当に高い割引率に加えベトナムの納入業者は、Big Cのプロモーション費用、商品試験、催事、Big Cの創業祭やその他のこまごました手数料など、多くの費用を負担する必要がある。 VASEPのNguyễn Hoài Nam副事務長は、水産加工業を営む企業は平均で15%の割引を受け入れているが、それと比較してもBig Cの17~20%の割引率は高すぎると述べた。 サイゴンフード株式会社Lê Thanh Tâm副社長は、納入業者が利益を確保するには、適切な値引きは約10%程度までだろう、と述べた。 Agrex Saigon Foodstuffs株式会社Phạm Hải Long社長は、割引率の増加は、セントラル・グループがベトナムの小売市場を支配するための一つの手段としている可能性がある、とした。 高い割引率を使ってベトナム企業がBig Cの納入業者となることを躊躇させ、タイの生産者に徐々に納入業者を変更していく道を開いているのかもしれない、と彼は続けた。 Long社長は、同社ではBig Cへの商品納入から撤退し、他の流通チャネルに乗り換えたと述べた。同社ではまた、日本や韓国に輸出を開始している。 納入業者からの高い割引は、Big Cが商品に低価格を付けることを可能とし、他のスーパーや小売店に対する競争優位を生み出している。 もしベトナム企業が価格競争においてタイの小売業者との戦いに敗れた場合、タイ製品が小売市場を席巻するかもしれない、と専門家らは警告している。   (後編につづく) もっと見る
アパレル・リソース  タイ企業によるBig C買収後はどうなるのか?(1)  ↑0 ↓0
タイのセントラル・グループとそのベトナム国内パートナーであるNguyễn Kim貿易会社は、最終的にフランスのカジノ・グループに9億2000万ユーロ(10億5000万米ドル)を提示し、Big C ベトナム買収のための熾烈な戦いを制した。 セントラル・グループは買収成功について発表したものの、資本関係に関する詳細を明らかにしなかった。エレクトロニクスと家電小売店を運営するNguyễn Kim社は、セントラル・グループがその株式の49%を保有している。 Big C ベトナムには20の応札者があり、ほとんどが日本のイオン、韓国のロッテ、タイのBJCやセントラル・グループ、ベトナムのSaigon Co.opやMasanのような大手企業であった。 Big Cの昨年の売上高は5億8600万ユーロで、店舗数もCo.opmartに次いで二番手であり、セントラル・グループは、Big Cベトナムの獲得で、ベトナム小売市場を開拓するのに費やしたであろう数年間を前倒しできると期待している。 タイを含めベトナムに進出している多くの外資系小売企業の存在は、消費者にとって多様で高品質な商品がお手ごろな価格で手に入ることを意味する。 対照的に、ベトナムの生産者やサプライヤーは危惧している。つい最近市場が開放されたにもかかわらず、結局のところ小売市場の50%超が既に外資系小売業者に占められた。 重要なのはそれら外資系企業の多くは、ここベトナムにおいて自国に有利な経済活動を行うという野心的な計画を立てているという点である。 セントラル・グループは、地元の製品を使用し、Big Cの顧客、従業員や地元当局との従来の強い関係性を維持し、Big C店舗向けに地元の商品を調達するという条件を示しているが、不安は払拭されていない。 タイの企業は徐々にベトナムの大手卸や小売企業の買収を進めており、まずMetro、 Nguyễn Kim、そして今回のBig Cを短期間のうちに獲得した。 統計総局によると、2015年ベトナムはタイから83億米ドル相当の製品輸入を行った。この金額は、2016年第1四半期には18億米ドルとなった。 税関総局によると、ベトナムに輸入されたタイ製品はより多様になってきており、野菜、果物や消費財から自動車などの高付加価値製品にまで至るとした。 タイから輸入される自動車の数は、加速度的に増加している。昨年ベトナムは、中国から2万6700台、韓国から2万6500台、タイから2万5000台の自動車を輸入したが、今年のタイからの輸入数は7800台と、中国の3500台や韓国の2260台を圧倒している。 ベトナムの小売市場は開かれており、数百億米ドル規模の価値があるため、外資系企業だけを締め出すようなことはできないと、アナリストらは述べた。 MetroやBig Cのように外資系小売企業は、都市や郊外の一等地を確保しているだけでなく、ベトナムの消費者に自社を売り込むノウハウを持っている。 例えばタイの企業は、次のようなトリックを用いている。 Metroではまだベトナム商品を取り扱っているものの、店舗の中で最も良い場所ではタイ商品を陳列しており、同時に4~15%の大幅な値引きを提示している。 これによりベトナム商品の供給業者は競争に打ち勝つことができず、徐々にMetroへの供給を減らさざるを得なくなっている。 ベトナム企業の課題は、彼らは長期間にわたり輸出に焦点を当てており、国内市場を軽視してきたことにある。 国内企業間での協力関係が欠如していることも、ベトナム企業の競争力を弱め、外国のライバル企業に太刀打ちできない原因の一つとなっている。 またベトナムでは、国内のサプライヤーを保護するための、外国小売業者に対する明確で透明性のあるEconomic Needs Test(ENT)を実施できていない、とアナリストらは指摘した。このことは、外資系小売業者の豊富な資金力と共に、彼らが有利な地位を獲得するのに寄与している。 現在ベトナム国内に100店舗、6600人の従業員を擁するセントラル・グループだけでなく、日本のミニストップやイオン、韓国のロッテ、フランスのAuchanのような多くの外資系小売業者もベトナム国内で存在感を増している。 外資系投資の拡大と反比例して、Hapromart、SapomartやG7 Martなど、国内の小売業者は衰退しており、Saigon Co.opやWinmartでさえ四苦八苦している。 Metroで販売されるベトナム商品は、かつて全体の10%を占めていたのが、現在1~2%にまで減少している。将来的にはBig Cにも同様の事象が起きると予想されている。   (2)へ続く もっと見る
2016/05/20 06:00 da:19 facebook:0 twitter:0 グループ セントラル 米ドル 自動車 ロッテ 従業員 Tweet
アパレル・リソース  小売店がホーチミン市のショッピングモールから続々撤退(前)  ↑0 ↓0
Binh Thanh区に最近オープンしたショッピングモールSaigon Pearlにある店舗も苦戦している。 このショッピングモールは好立地にあるにもかかわらず、3棟にわたる1階(ショッピングゾーン)にいくつもの空スペースが目立っている。 目を引くジュエリーショップや、衣料品、スポーツショップがあるものの、ウィンドウショッピングを楽しむ人々に気付かれさえしない。 Vincom A、Vincom B、Diamond Plaza、Parkson Ly Tu Trong、Parkson Truong Son、そしてCrescent Mallなどの既存のショッピングモールにある店舗はにぎわっているものの、ほとんどの顧客は映画館か食事目的である。 その賑やかな外観にもかかわらず、1区に点在する投資家Vさんのショッピングモールチェーンも、多くの空き店舗が見られる。   原因 投資家や店舗オーナーらによると、2月上旬に終了する今年のテト(旧正月)の前にわずかな改善が見られたものの、ショッピングモールのさえない売上は2015年半ばから続いている。 T化粧品チェーンの投資家は、この状況はバレンタインデーと国際女性デー(3月8日)にのみ大いに活気づいたが、テト以来週末も含めて顧客の数は減少し続けている、と続けた。 前年同期と比較して、売上高は20〜30%急落しているという。 庶民的なショッピングモールのオーナーらは、顧客からの債権を回収する目的のためだけに不採算事業を継続しているのだ、と訴えた。 Now Zoneショッピングモールにある化粧品店は、月間売上高が7000万ベトナム・ドン(3097米ドル)~1億4000万ベトナム・ドン(6193米ドル)の間に低迷し、前年比10~20%も減っている、と嘆いた。 しかし、ショッピングモールで販売される商品の品質は、必ずしも保証されたものではない。 投資家によると、よほど高潔な店舗オーナーは別として、かなりの数の店舗オーナーは粗悪品や模造品を海外ブランド品と同価格帯で不正に販売しているという。 長年ショッピングモールに対して衣料品卸を行ってきたKha Tuさんは、多くの店舗オーナーが国内や中国の生産者から有名なブランドのラベルを付ける前の粗悪品を調達している、と明らかにした。 法外な価格帯も豪華なショッピングモールから顧客離れを引き起こしてきた。 Tuoi Tre(Youth)紙が各所のショッピングモールで行った調査によると、これら豪華なモールでディスプレイされている商品は、他の場所に比べて10~20%か、さらに高くで販売されていることが明らかになった。 法外な賃貸料もまた、小売業者が豪華なショッピングモールを敬遠する原因となっている。 Tuoi Tre紙の調査によると、店舗オーナーは都心エリア内では店舗スペース1㎡あたり、付加価値税を除いて月額20~37米ドルの賃貸料を支払う必要があるが、郊外では10米ドルほどである。 TファッションブランドのセールスマネージャーであるTran Thuy Khanh氏は、家賃の急騰と販売の下落により、彼女の会社は1区にあるVincomモールの店舗の営業を続けることをついに断念した、と述べた。 「我々は80m²の広さの店舗に月々5000米ドル支払っていましたが、それでは店舗に粗利益合計の5分の1も残りませんでした。」と彼女は説明した。 「それでも我々は、最終的に断念するまで1年間も耐え忍びました。」とKhanh氏は続けた。 またK.N.家具ブランドのTuong Viオーナーは、テト以来耐えがたいほどの販売不振に襲われており、都心エリアのショッピングモールの賃料値下げをオーナーに訴えようと検討している、と述べた。 このブランドは最近国内8店舗を売却したが、ホーチミン市のVincom Bモールにある最高売上店舗においても赤字営業が続いているという。   (後編へつづく) もっと見る
2016/05/17 05:57 da:19 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング オーナー 米ドル ブランド 投資家 Tweet
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
アパレル・リソース  DenimsandJeans.comが6月にデニムショーを開催  ↑0 ↓0
バングラデシュでデニムショーを成功裏に終え、ショーを主催したDenimsandjeans.comは、6月16~17日にベトナム初のデニムショーをホーチミン市で開催する予定としている。 「このショーではデニムとスポーツウェア分野にフォーカスし、この分野で最も高い評価を持つ国内外の生産者や、同じサプライチェーン基盤にあるビジネスパートナー企業が参加する予定となっています。」とプレスリリースが明らかにした。 他の場所でのショーの流れを引き継ぎ、このイベントはDenimsandJeans.com ベトナムショーと銘打っている。 ショーは、最も美しい木造建築の一つとされるGemセンターを会場として開催され、デニムを主テーマとしている。 プレスリリースはベトナム繊維公団(Vinatex)による統計を引用し、ベトナムの2014年繊維・衣料品輸出が、前年比19%増の240億米ドルに達したことを明らかにした。 「デニムはベトナムが供給するアパレルの成長分野の一つであり、今後数年間で大幅な成長を遂げる可能性があります。」と主催者は述べた。 ベトナムは繊維・アパレル製品の輸出において世界第5位に位置し、この部門で直接・間接含め200万人以上の雇用を生み出している。 主催者によると、アジア近隣地域の多くの繊維・アパレル企業が既に、ベトナムにその生産を移し始めている。 Sara Lee、JC Penney、 Express、 Gap、 Macy's、 Nordstrom's、 Mast Industriesや American Eagleなどの米国大手小売企業もまた、その調達のかなりの部分をベトナムからの輸入に頼っている。 そのため、ベトナムには米国やその他の地域に膨大な量のデニムジーンズやアパレルを輸出するための大規模工場がある。 2015年には約20万着のデニムアパレルが、1着あたり平均8.1米ドルでベトナムから米国に輸出され、近い将来にその数は大幅に増加すると予想されている。 ベトナムはまた、米国だけに絞っているのではなく、EUを含むいくつかの国や地域と自由貿易協定(FTA)の締結交渉を進めている。 ベトナムからEUへの輸出関税は今後数年間でゼロにまで削減される可能性があり、その関税体系の詳細な内容は、EUとのFTAが締結され次第、明らかになる。 環太平洋経済連携協定(TPP)は、まもなく署名される予定の、最も待ち望まれた二国間貿易協定であるが、すでに市場に織り込まれており、専門家らは、TPPによりベトナムの米国に対する繊維・衣料品輸出が、2025年までに550億米ドルにまで増加するだろうと予測している。     もっと見る
2016/05/06 06:01 da:23 facebook:0 twitter:0 デニム ショー アパレル 米ドル 明らか プレスリリース Tweet
アパレル・リソース  ロッテマートがベトナム製品を求めてVietnam Expo 2016に参加  ↑0 ↓0
ロッテグループの小売部門ロッテマートが海外市場に売り出すベトナム製品を求め、第26回ベトナム国際トレードフェア(Vietnam Expo 2016)に参加した。 ロッテマート韓国から販売マネージャー10名、ロッテマートベトナムからも販売マネージャー7名が参加し、競争力のある商品とサプライヤーの調査を行った。製品は8月に韓国に輸出され、韓国全土117店のロッテマートで行われる「ベトナム製品展示会」と銘打ったイベントで韓国の消費者のもとに届けられるという。 「Vietnam Expo 2016はロッテマートにとってベトナムのビジネスを知るまたとない機会となりました。現地で直接調達することでベトナムの生産者も高い利益を得ることができます」とロッテマートのHong Eun Bee主任マネージャーは話す。 2015年、ロッテマートは生鮮食品、加工食品、衣料品等多様な製品をベトナムから韓国に輸入し、およそ400万米ドルの利益を上げた。今年、ロッテマートはベトナム製品による利益が500万米ドルとなることを予測している。 韓国市場への注力に加え、ロッテマートは自社の流通網を通じて中国及びインドネシアへのベトナム製品の輸出も促進している。 ロッテマートはベトナムで第1号店となるハイパーマーケットを2008年にホーチミン市の南サイゴンで開店した。現在までに、ベトナム全土で12店のロッテマートが営業している。 Vietnam Expo 2016は世界23の国・地域から500以上の業者が参加し、4月13日から16日までハノイで開催された。 今年は韓国からは71の業者が参加し、化粧品、食品・飲料、繊維製品、消費財、薬品・医療機材、電気機器、電気製品、産業用機械といった製品を展示する。 Vietnam Expoに韓国企業が参加するのは今回で18回目となる。ここ数年、特に小売部門において、ベトナムは韓国製品の潜在市場であるとみなされている。 もっと見る
アパレル・リソース  アジアシルク文化祭が開催される  ↑0 ↓0
ベトナム国内の報道によると、第1回ベトナム・アジアシルク文化祭がホイアンのシルクビレッジで開催され、アジアのシルク産業拠点にチャンスを提供した。カンボジア、中国、フランス、インド、日本、ラオス、ミャンマー、タイの工芸家、デザイナー、バイヤーや専門家、そしてベトナム国内の7つのシルク生産村がこのアジアのシルク業界最大規模のイベントに参加した。 アジアシルク同盟のDilip Barooah会長によると、ベトナム・アジアシルク文化祭はシルク生産者、デザイナー、輸出入業者、仲介業者、シルク産業振興に関係する政府機関が一同に会し、今後のシルク産業開発について経験を共有する貴重な機会となったという。 「この文化祭はまた、アジアと世界のシルク生産拠点が、生産と輸出の関係を強化する機会を提供しています」とBarooah会長は話す。ベトナム・アジアシルク文化祭の目的はカンボジア、中国、日本、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムのシルク貿易を活性化することにあるという。 京都絹協会の渡邊隆夫会長は、今後シルク貿易が速やかに成長し、500年前のような豊かな産業となることを望むと述べた。 2日間の文化祭期間中にはファッションショー、シルクの歴史と開発、収量向上、ブランディングやマーケティング、輸出開発、品質基準、認証、規制に関するディスカッションや発表などのセミナーが開催された。 文化祭ではまた、フランス人デザイナーによる作品や、独特な文様のミャンマーシルク、インドのカシミアシルク、中国の南充銀海シルク、杭州Jiaheシルク、日本の西陣織が展示された。 もっと見る
2016/04/14 12:01 da:23 facebook:0 twitter:0 シルク アジア デザイナー ラオス フランス インド Tweet
アパレル・リソース  石油大手ペトロベトナムが所有する繊維工場PVTex、倒産の危機  ↑0 ↓0
ペトロベトナムグループは倒産危機に陥っている繊維工場PVTexを支援するよう、政府と協議している。 計画以上の高コストと製品の競争力不足が、ベトナムエネルギー大手ペトロベトナム社が所有するポリエステル繊維と糸を生産する工場を倒産の瀬戸際まで追い込んでいる、と地元メディアが報じた。 北部のハイフォン市にあるDinh Vu 工場は、PVTexとしても知られているが、1年超操業した後、昨年9月から閉鎖されている。この創業費用は3億2500米ドルで、その74%はペトロベトナムが出資した。 PVTexは昨年末、1兆2500億ベトナム・ドン(5524万米ドル)の損失計上と、5040億ベトナム・ドン(2227万米ドル)の減資を行った、とウェブサイトのVnExpressがペトロベトナムの公表数値を引用して報じた。 今週初めにリリースされた財務諸表によると、ペトロベトナムの肥料・化学品を扱う子会社であるPVFCCo社は、PVTexの株式の26%を保有しているが、すでに減損処理を行ったと明らかにした。 VnExpressによると、この子会社の投資評価額は昨年始めには1980億ベトナム・ドン(875万米ドル)あったが、2014年の終わりには64.7%低下した。 ペトロベトナムは政府に書簡を送り、PVTexの製品を地元の衣料品メーカーに販売するのを支援するよう求めた、とニュースサイトのSaigon Times Onlineが3月31日に報じた。 石油大手ペトロベトナムがPVTex社のために、減税やその他のインセンティブを受けるよう多くの無駄な努力を尽くした後に、この書簡は送られることとなった、とこのサイトは明らかにした。 地元の繊維需要の40%と、糸需要の12%を満たすことを目指したものの、PVTex社はその期待に応えることができなかった。Saigon Times Onlineによると、同社の製品は他のどの生産者や輸入品よりも高く、品質のばらつきもあり、問題はさらに悪化した。 昨年の工場閉鎖に際し、計画投資省のウェブサイト「投資」が報じたレポートによると、PVTex社は9400トン以上の繊維と糸の在庫を積み上げていたという。この工場では一日500トンの生産能力の半分以下で稼動していたことを考慮すると、この在庫量は異常であった。 地元メディアは、その生産コストは非常に高かったと報じた。例えば年間電気料は、当初見積もりでは470万米ドルであったのに対し、1200万米ドルもかかっていた。従業員数は予定数の2倍以上の1000人以上にも達していた。   もっと見る
2016/04/05 06:04 da:23 facebook:0 twitter:0 米ドル ウェブサイト 子会社 メディア サイト 明らか Tweet
アパレル・リソース  TPPがアパレル産業の障壁に  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が2月初旬に締結され、ベトナム企業、特に繊維・アパレルや履物分野にビジネスチャンスがもたらされることになるが、同時にそこから利益を得るために、克服せねばならない障壁も発現する、と専門家らは指摘した。 KPMG監査法人のNguyen Cong Aiパートナーは、3月24日にホーチミン市で「投資」誌により開催されたセミナーにおいて、「TPPと繊維・アパレル・フットウェア部門」と題した講演を行い、ベトナムは現在原材料を過度に輸入に頼っている、と参加者に対して述べた。 「投入原材料の60〜70%が主に中国、韓国、台湾から輸入されていると推定されます。」とし、特に中国からの輸入は、アパレル産業で使用される原材料の48%も占めていると指摘した。 アパレル業界では、生産に必要な綿のわずか2%しか国内で調達することができず、その品質も安定していない。 ベトナムのアパレル業界のその他の課題として、デザイン力に弱みがあるとし、ベトナム縫製企業のほとんどが外資系企業の下請けとなっているのは、自社のブランドをデザインし、開発する能力を持っていないためである、と彼は説明した。 「ODM(オリジナルデザイン製品)は、ベトナムからの輸出品のほんの2~3%しか占めていません。」と、生産者によりデザインから完成工程まで完結される製品について例示した。 アパレル部門の生産性は低く、香港の3分の1、中国の4分の1であることがその競争力を損なっており、ベトナムのアパレル製品は世界平均よりも15~30%高い。 さらにマーケティングや物流が弱いことが問題をさらに悪化させている、と彼は指摘した。 履物産業ではベトナムでの付加価値は45%未満で、革、なめし用化学薬品、靴底やバックル、合成ゴムなどは台湾、中国、タイ、ブラジルなどから80~100%輸入しなければならない。 国内皮なめし業は需要のわずか10%しか満たすことができず、原材料の不足により、その生産能力の25%しか稼動できていない、と彼は述べた。 この業界も同様に、デザインやマーケティング、流通に関する、繊維・アパレル業界全体の弱点を共有している、とした。 彼は、繊維・衣料品、および履物に特化した一連の産業群の計画、開発を通して、企業間におけるバリューチェーンの連携が促進されるべき、と提案した。 この2つの業界では原材料、織物や染色への投資を増やす必要があり、サポート産業、その中でも特に国内企業は、信用が容易に供与されるようにすべきである、と彼は述べた。 このような企業では、自社製品に付加価値をつけるためのデザイン能力を高めるため、近代的な技術を採用なければならない、とした。 ベトナム外資系投資企業協会の会長であるNguyen Mại教授は、Aiパートナーに賛同し、ベトナム繊維協会がメンバー間の協力関係を強化し、業界専用の工業団地の設立を支援すべきと述べた。 Mai教授はまた政府に対し、工業団地設立を促進し、困難に直面した企業を支援するよう呼びかけた。 計画投資省のDang Huy Dong副相は、TPP加盟国全体で世界のGDPの40%、世界貿易の30%を占めるようになるため、新たなサプライチェーンが構築されれば、TPPにより多くのビジネスチャンスがもたらされるだろう、と述べた。 「TPPへの参加は、ベトナムにおける投資やビジネス環境をアップグレードする機会をもたらし、外国投資を惹き付けるとともに、産業の再構築プロセスをスピードアップさせ、その成長モデルを変革させることになるでしょう。」 「またベトナムは経済成長を誘発させる多くのビジネスチャンスを得て、TPPによるメリットの助けも得ながら、その国際競争力や重要性を高め、輸出を増加させることが可能となります。」 ベトナムは繊維・アパレル産業で6000の企業を擁し、250万人以上の労働者を雇用している。昨年の輸出は270億米ドルで、国の総輸出額の16.6%を占めた。 ベトナムは、中国、EU、トルコ、バングラデシュ、インドに続く、世界第6位の衣料品輸出国となった。 履物の輸出は120億米ドルにものぼり、2014年から16.3%上昇した。   もっと見る
アパレル・リソース  Van Phucの絹製品、成長に期待  ↑0 ↓0
古くから機織りを行う村と同じ名前を冠する著名なシルク製品のブランドVan Phuc絹製品は、国際市場に乗り出しながら文化的アイデンティティを保ち高めようと試みてきた。 Van Phuc絹織物村協会会長のPham Khac Ha氏によれば、世界的経済統合が進むにつれ、絹の生産者らは競争力を高め、地元と国際的な市場の両方の嗜好と需要に見合うより創造的な製品を提供するため、製造方法を刷新しようと最善を尽くしている。 「いかに外国市場にさらに進出を図りながら村の文化的なアイデンティティを保つことができるかということが難しいところです」とHa氏は言う。 同協会は三年連続して、ベトナム、中国、ミャンマー、ラオス、カンボジア、タイを含む大メコン圏(GMS)諸国が主催する絹織物に関するセミナーへMekong Institute of Thailandから招待され参加している。 さらにセミナーの主催者らはインド、日本、オーストラリアなどの世界の主要な絹生産者らを多数招待し、大メコン圏の手工芸品を作る村々が知識を得ることができるようにした。セミナーに参加することで協会はタイ、イタリア、ロシアの見本市にも絹製品を提供できるとHa氏は言う。 見本市で展示されたVan Phucの絹製品は品質が高くデザインも素晴らしいと評価されたとHa氏は言う。このような機会を得ることで協会は絹製品を外国の顧客にも紹介することができ、村にも観光客をより頻繁に誘致し、観光開発のチャンスを与えることもできると氏は付け加えた。 Ha氏によれば村では現在絹や絹から作られた製品を販売する店舗が150あるという。2014年の1年間で1万人以上の外国人観光客が村を訪れた。 しかしVan Phucは多様なデザインや人目を引く色を遣い、価格も安い中国から輸入された質の悪い偽物の絹製品との厳しい競争にさらされるなど未だに難題に直面しているという。 「海外からの顧客から見れば、これはVan Phucの絹製品のイメージや商標に悪影響を及ぼしています」Ha氏は言う。 問題を解決するために地元の有志らはVan Phucの本物の絹製品や絹製品からつくられた珍しい土産品を展示・販売する品質の高い絹製品の施設を開設した。ここで展示される絹製品は定期的に検査され厳しく管理されており、特に本物と偽物の区別がつかない外国から訪れた顧客は偽物や粗悪な製品を購入してしまう心配なく買い物を楽しむことができる、とHa氏は述べた。 施設内に店舗を構えるVan Xuan絹製品店社長のNgo Thi Thanh Hien氏は偽物の絹製品の価格は1メートルあたり5万-8万ベトナム・ドン(2.20-3.50米ドル)で、本物の絹製品よりもはるかに安いという。 「当店では1メートルあたり18万-50万ベトナム・ドンで販売しており、高級品は100万ベトナム・ドンもすることもあります。絹繊維や原料をラムドン省の中央高原地帯から調達しなければならないのであまりにも低い価格で販売することはできません。絹地の生産プロセスは大変な努力と緻密な作業が必要なことは言うまでもありません」Hein氏は言う。 Hein氏によれば外国からの訪問客はドレスやシャツを作るためにお気に入りの絹地を選ぶという。さらに衣類、毛布、枕、タオル、バッグや財布、ハンドバッグなどの小物も土産品として購入する。 過去に3回Van Phucを訪れ絹製品を購入したことのある日本人観光客のキクチ・ヨシヒデ氏は訪れるたびにVan Phucの絹製品が変化しさらに美しくなっているという。 「日本でも絹製品は製造していますが大変高価です。加えて絹製品は特別な機会にしか身につけない着物をあつらえるためだけに使用されています。比較してベトナムの絹製品は安価で品質もかなり良いのです」とヨシヒデ氏は語りながら、なめらかな手触りと軽いのが気に入り自分自身のための絹の半ズボンと友人や家族のためにスカーフを購入した。   観光開発 ハノイ中心地から10キロほど南西に位置するハノイのハドンのニュエ川の岸に位置するVan Phuc絹製品村は伝統的な製織技術と高品質な絹製品で名高い場所だ。 Ha氏によればグエン朝のもと、Van Phucの絹製品は王室や貴族のドレスを仕立てるための大変貴重なものだとみなされてきた。 伝統的に手織り、手染めのVan Phucの絹製品は、国内市場はもとより海外の顧客の間でも有名だ。1931年と1932年にはVan Phuc絹製品はマルセイユと続けてパリでも初めて国際的な見本市に出品された。1932年のパリの見本市ではVan Phucの絹製品はフランスの人々からインドシナで最も洗練された製品と称賛された、とHa氏は思い出しながら語った。 氏によれば1958年から1988年にかけて絹製品は主に東欧の市場へ輸出されたという。 1,200年以上の歴史を持ち、Van Phuc 絹製品はベトナムで最も古くから機織りを行う村であることに誇りを持っている。村では手工芸品の仕事の保護と観光開発を結び付けることで成功を収めており、手工芸品の村を訪ねる観光地として素晴らしい場所だとHa氏は語る。 さらに伝統的な手工芸品を行う村を復元することがハノイが今年取り組もうとしている主要な課題の一つであることから、ハドンの人民委員会がVan Phuc伝統手工芸品村の回復と開発に関するプロジェクトに着手・導入したと言う。 村では観光客が本物のVan Phucの絹製品を購入し、同時に製造施設を直接訪れることで上品な絹地の製造工程を体験できる手工芸品村のツアーを企画した。 観光客は職人と直接対話をすることで、ベトナムで最も長い歴史を持つ伝統的な手工芸品の村として認識された村の歴史を学ぶことも可能だ。   もっと見る
2016/03/02 18:45 da:19 facebook:0 twitter:0 工芸品 観光客 見本市 セミナー ハノイ 機織り Tweet
読売新聞  県産食材でベトナム料理、留学生考案 2016年02月04日  ↑0 ↓0
青森中央学院大(青森市横内)は2日、ベトナム人留学生が県産食材を使って作ったベトナム料理のコンテストを開いた。レシピは今後ホームページで公開し、ベトナム進出を考える県内企業や生産者が食品見本市や商談などを行う際に活用してもらう。料理の一部は、同大サテライトキャンパス(青森市新町)で5~7日に販売する予定だ。
2016/02/04 05:03 da:86 facebook:3 twitter:0 留学生 ホームページ レシピ 中央学院 コンテスト Tweet
アパレル・リソース  繊維部門は課題が山積み(前)  ↑0 ↓0
最近の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の決着により、ベトナムは、いくつかの貿易部門において近い将来、富と繁栄をもたらすビジネスチャンスを獲得できるかどうかの岐路に立っている。特に繊維・衣料品産業は、世界市場へのアクセスと、貿易関税の削減により、莫大な利益を得ることが期待されている。しかし、サプライチェーン問題は、ベトナムがこの潜在的なビジネスチャンスを実現するために、必ず取り組まなければならない課題である。KPMGコンサルティング社インドのAmrish Goelテクニカルディレクターと、同社ベトナムのNguyen Tuan Hong Phucコンサルティングディレクターは、この課題について(以下のように)意見交換を行った。   現在の世界経済の潮流において、製造のグローバリゼーションと貿易の流れに興味深い変化がもたらされている。2015年10月4日に米国にてTPP交渉が妥結し、ベトナムの経済に新たな転機が訪れた。過去数年間で製造業への外国直接投資(FDI)は着実に増加し、その内のいくつかはTPP交渉妥結を見越してのものであったが、今回のTPP妥結によりさらに、今後数年間でベトナム投資に対する興味関心が急増することが予想される。投資は、関税廃止による恩恵を享受しようと待ち構える衣料品・履物産業を擁する米国や日本など、TPP加盟国からのものばかりでなく、世界の最も活況な消費者市場へより容易で確実なアクセスを求めている製造業を抱えるその他の国々からも行われるであろう。 繊維・衣料品業界における明るい見通しを念頭に置きつつも、マクロ経済指標は、ベトナムなどのように、コスト安を第一の売りにすることによって、過度に輸出依存となっている経済に対して、明確な警告を発している。TPP及びその他将来の自由貿易協定(FTA)の締結は、ベトナムに生産と輸出を増加させるようなビジネスチャンスをもたらす一方で、将来の経済的繁栄を確たるものにするために取り組むべき課題を与えるであろう。我々は、現時点でのビジネスチャンスとリスクを踏まえ、過去十年間の成長の流れを継続するために進むべき方向性の選択肢を理解するのに、ベトナムを一つのサンプルとして見ていくこととする。   ベトナムの繊維産業 過去十年間において、ベトナムの国内総生産(GDP)は年平均で6%の成長を遂げ、その期間の経済環境は、ベトナムのGDPが2006年の570億米ドルから2014年に1870億米ドルまで成長することを後押しした。投資家たちは経済成長に対して強気の見通しを持ち、2001年から2015年までの期間に、年間40億米ドルもの資金をベトナム経済につぎ込んできた。製造業主体のベトナム経済において、繊維産業が第一の成長エンジンとなっており、GDP全体に対して15%、総輸出額に対して18%、そして全世界の繊維産業において4%もの貢献をしてきた。繊維産業は、ベトナム経済にとって重要な成長推進力であり、進化型の経済シナリオにおいて確実で持続可能な成長を維持するために、その戦略策定に(資源を)集中することが重要である。 ベトナム繊維産業が成長するための第一の推進力は、2005年の多国間繊維取り決め(MFA)の撤廃にあり、これにより先進国に対する輸出割当量が撤廃された。MFA撤廃後における経済成長の軌跡は、中国、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカなど、ベトナムと類似の国々との間に、さほどの違いはなかった。これらの国における成長は、(廉価な)人件費の活用による利幅取りという明白な理由による、先進国からの製造委託作業によってもたらされている。この廉価な労務費提供のメリットは、現時点においても特に既製服部門の受注獲得にとって、唯一、最大の誘因のままである。先進国からの潤沢な注文は、ベトナム全土に年間売上高が5000万米ドルから2億米ドル規模の中小の製造企業を急増させる結果をもたらした。 世界繊維貿易におけるベトナムのシェアは4%で、米国に対する最大の繊維・衣料品輸出国の一つであるため、短・中期的にはまだまだ多くの企業を受け入れ、また既存の企業の現在の取引量と売上高を著しく増加させる程の市場余地がある。2014年に98億米ドルであったベトナムの対米国輸出が、2020年には300億米ドルまで増加することが見込まれる、TPP同様、ユーラシア関税同盟、韓国と締結された各FTAも、確かにこうしたインパクトを与えるであろう。 マクロ経済的には一見して、持続的な売上高の成長を確かなものとしているものの、比較生産費の非効率性の課題は、競合国における一般物価低下により重要性を増している。統計によると、貿易量は拡大している一方で、輸出先への販売価格は実質的に減少していることが分かる。2013年における中国から米国への平均輸入価格は、2008年の同価格より低下した。バングラデシュから(輸入される)衣料品価格は、2000年代半ばに約40%下落したが、同様の価格下落は、他の国から(の輸入品)においても報告されている。世界的な低価格化の傾向は、サプライヤーに直接的な圧力をかけている。元国際繊維被服皮革労連(ITGLWF)は、約8000もの織物、衣服、履物の生産者が2008年以降閉鎖した、と報告した。このことは、世界で1100万人分のフルタイムと300万人分のパートタイムの雇用損失をもたらした。これらを踏まえてベトナムの繊維産業は、グローバル市場における競争力を維持するために、その生産モデルを注意深く観察し、あらゆるコスト上の非効率に取り組むことが絶対的に不可欠である。   (後編へつづく) もっと見る
2015/12/07 06:01 da:17 facebook:0 twitter:0 米ドル 衣料品 チャンス ビジネス 先進国 製造業 Tweet

Thailand

bangkok.keizai.biz  農水産品直売サイト「ポケットマルシェ」、バンコクでの現地販売をプロデュース  ↑0 ↓0
日本全国の生産者から直接食材を購入できるオンラインショップ「ポケットマルシェ(ポケマル)」を運営する「ポケットマルシェ」(本社=岩手県花巻市)は7月6日、 ...
2018/07/09 13:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  ポケットマルシェ、バンコクで農水産品の現地販売をプロデュース 生産者情報をディスプレイした「産地が ...  ↑0 ↓0
株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之)は、タイ王国の首都バンコクの東急百貨店内「47 Fresh From Japan」において、生産者 ...
2018/07/06 12:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ecnomikata.com  日本の農水産品を越境販売!ヤマトグループ、バンコク東急百貨店などが提携し『47 Fresh From JAPAN ...  ↑0 ↓0
タイ王国でバンコク東急百貨店パラダイスパーク店を運営するPT Retail(本社:バンコク、CEO:早野 高)と、ライヴス(本社:渋谷区広尾、代表取締役:清家 貴)、メディエーター(本社:バンコク、代表取締役:ガンタトーン ワンナワス)、ヤマトGL(本社:中央区築地、代表取締役社長:北川 太治)は、日本の生産者の新たな販路 ...
2018/01/25 12:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
logi-today.com  ヤマトなど4社、バンコク東急で日本の農水産品販売  ↑0 ↓0
パラダイスパーク店を運営するPT リテイルコーポレーション(タイ・バンコク)、ライヴス(東京都渋谷区)、メディエーター(バンコク)、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(東京都中央区)の4社が連携し、輸出入手続き、輸配送、現地販売までをトータルで提供、日本の生産者の農水産品輸出拡大をサポートする。 タイには多く ...
2018/01/24 18:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  ヤマトグループなど4社、タイで日本の農水産物販売  ↑0 ↓0
日本企業のマーケティング支援を手掛けるメディエーター(バンコク)が輸入やプロモーション、実販売などを請け負う。ヤマトグループは日本やタイでの商品の輸送を担うほか、都道府県や生産者などとのネットワークを生かしてタイで販売する商品を提案する。 今後はネット通販に対応するなど販路を広げることも検討する。
2018/01/24 17:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minpo.jp  福島の魅力発信 復興へさらなる交流誓う  ↑0 ↓0
【タイ・バンコクで後藤裕章記者】タイの首都バンコクで31日、農産物、観光のトップセールスを行った内堀雅雄知事は、福島の魅力を発信し、復興に向けたさらなる交流促進への思いを伝えた。地元関係者からは「これまでにできた絆をより強め、福島の魅力を広めたい」と支援の声が上がった。 バンコクのホテルで開かれた県産モモ輸出の拡大に向けた商談会では、内堀知事と事業者が「協力して福島のモモを世界に広めよう」と誓い合った。 タイへの輸出拡大と販売促進に向けて合意したザ・モールグループ(本社・バンコク)のチャイラット・ペクタル食品担当取締役は「以前から福島のモモを大量に仕入れ、多くの人に届けたかった」と県産農産物への思いを語った。アライドコーポレーション(本社・横浜市)の氏家勇祐社長は「輸送費用を削減すれば、福島のモモは世界に売り込める」と高く評価した。 出荷は全農県本部を通して、7月中旬から8月下旬にかけて行う。同本部園芸部は海外での評価の高まりをブランドイメージ回復につながると期待しており、「海外輸出の拡大は生産者の励みになる」と歓迎している。 もっと見る
2016/06/01 09:56 da:63 facebook:1 twitter:0 バンコク セールス トップ Tweet
news.nissyoku.co.jp  海を渡った日本食・最前線からの報告(74)みずほの村市場バンコク店  ↑0 ↓0
茨城県などの農業生産者らで作る「みずほの村市場」バンコク店の現店長、井口友見さんは和歌山県の出身。日本の大学院で日本語教育学を修めた後、2002年にタイに日本語教師として赴任。大学や日本語学校、大手企業などでタイ人らに日本語を教えた経験を持つ。暖かい気候に人懐っこい現地の人々。南国での暮らしにも慣れてきたころ、実家の両親が相次いで体調を崩したことがあった。 井口さんの実家は伝統的な梅干し農家。梅干しの生産量日本一の同県みなべ町にあり、「南高梅」で知られるブランド品を生産、市・・・
2016/02/12 00:00 da:47 facebook:1 twitter:0 日本語 バンコク みずほの みずほ 生産者 最前線 Tweet
chiba-tv.com  タイ王国のバイヤーに県産水産物PR  ↑0 ↓0
県は、県産農水産物の海外への販路を拡大しようと、昨年度からタイ王国のほかマレーシアやシンガポールからもバイヤーを招待して県内の生産者との商談を活発化させる取り組みを行っています。19日は、千葉市内でバイヤーと県内の生産者による商談会が行われます。
2016/01/18 23:32 da:56 facebook:0 twitter:0 バイヤー 水産物 生産者 昨年度 Tweet

Singapore

flyteam.jp  セントレア、日本産農産物の越境ECサイトと連携 商品受け取り可能に  ↑0 ↓0
2017年9月に開設した越境ECサイト「J's Agri」は、日本全国の生産者から新鮮な日本産農林水産物を香港や台湾、シンガポール、マレーシアの消費者向けに ...
2018/12/29 22:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ミャンマー産有機農産物、シンガで本格販売  ↑0 ↓0
ミャンマー果物・野菜生産者協会(MFVPA)はこのほど、シンガポールの大手スーパーで、ミャンマー産有機農産物の販売が始まったと明らかにした。国営紙 ...
2018/12/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  オラム、持続可能な農産品供給システム始動  ↑0 ↓0
三菱商事が17.5%出資するシンガポールの農作物商社オラム・インターナショナルは17日、環境に優しい持続可能な農産品の供給プラットフォーム「AtSouce(アットソース)」を立ち上げると発表した。 アットソースでは、農産品が生産者から加工業者、消費者の手に渡るまでの流通過程… 関連国・地域: ベトナム/ ...
2018/04/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
saga-s.co.jp  うれしの茶、海外でも手応え シンガポール 卸5社が報告 販路開拓へ意欲  ↑0 ↓0
嬉野市の茶生産者と卸業者でつくる海外ブランド推進委員会と日本貿易振興機構(ジェトロ)は本年度最後の会合を同市で開き、1月にシンガポールで実施した「うれしの茶」の市場調査の成果を報告した。現地の関心は高く、飲食業者など7社と販売契約に向けた協議が進んでいる。現地入りした卸業者は輸出に向けた取り組み ...
2018/03/10 08:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
at-s.com  特産品の販路開拓 静岡、県民有志が地域商社設立  ↑0 ↓0
企業経営者や地元シンクタンク前代表ら静岡県民有志が1日までに、地域に眠る魅力ある特産品の販路を生産者に代わって県外や海外で開拓する地域商社「ふじのくに物産」を静岡市葵区に設立した。従来より高い収益を販売先から獲得し、地元の所得や生産意欲の向上へとつなげる役割も担う考え。海外販路開拓事業の ...
2018/02/02 08:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jetro.go.jp  紅媛まどんな、甘平(シンガポール/マレーシア/香港限定)  ↑0 ↓0
今が旬の高級柑橘、紅媛まどんなと甘平になります。日本でもギフト商材で知られている価値のある商品になります。 農家様より直接お届けしたいと考えております。生産者と直接つながり、Farm to Tableを実現いたします。 (商品・部品を売りたい : 日本)
2017/12/21 00:36 da:- facebook:- twitter:- Tweet
時事ドットコム  JTBの食・農×観光ブランド事業「J's Agri」日本産農林水産物の越境ECサイトを開設、直販開始!  ↑0 ↓0
JTB西日本では、2014年より事業者向けにアジアの有望市場である香港、台湾、シンガポールなどで生産者とバイヤーをマッチングする個別商談会を開催 ...
2017/09/05 16:07 da:- facebook:- twitter:0 JTB 生産者 バイヤー マッチング アジア 事業者 Tweet
ビッグローブニュース  日本食材のグローバル・バリューチェーン構築を支援 生産者と消費者を結ぶサービスをシンガポールから開始  ↑0 ↓0
生産地と海外店舗を結ぶサービスがシンガポールで始動 当サービスの1ヶ国目はシンガポールから提供を開始し、日本からの輸出や現地での保管・配送等のロジスティクスから、食品取扱い事業者や飲食店・小売など数百店舗へのリーチや現地メディアを活用したマーケティングまで、ワンストップで顧客のグローバル・バリューチェーン構築をサポートいたします。 アグリホールディングスは2014年に設立、日本では農業(主に米の生産)、シンガポールではシンガポール初の日本米おにぎり専門店SAMURICEを運営、また、2015年には農林水産省系ファンドの出資を受け米の流通・輸出を行う六次産業化法人であるライスフロンティア株式会社を設立し、日本の農業から世界市場を獲得するグローバル・バリューチェーン構築に取り組んでおります。 生産(農業)と出口(飲食)の立場からバリューチェーンを構築してきた経験を活かし、日本の一次産業や食品生産者の海外市場開拓と早くて無駄の少ないグローバル・バリューチェーンの構築をお手伝いいたします。日本の地方・地域の重要な産業である一次産業と食を海外市場と結び、地方創生、地域活性化の一助となり、日本食・ もっと見る
2016/06/02 14:03 da:84 facebook:0 twitter:0 サービス 生産地 消費者 生産者 バリュー チェーン Tweet
日本経済新聞  中部空港で松阪牛販売 シンガポール行き個人向け、検疫なしで  ↑0 ↓0
高級ブランド「松阪牛」の海外渡航客向けの個人販売が20日、中部国際空港(愛知県常滑市)で始まる。三重県の生産者と空港が協力し、シンガポール行きの乗客に限って1人5キログラムまで、煩雑な検疫手続きなしで持ち出せる。お土産需要を掘り起こし、海外でブランドを確立する狙いがある。 19日、中部空港で記者会見した松阪市の竹上真人市長は「松阪牛は地域の宝。世界中に広がってほしい」と話した。肉製品は本来、動物…
2016/05/20 03:56 da:91 facebook:1 twitter:0 生産者 国際空港 ブランド 個人向け 海外渡航 Tweet
agrinews.co.jp  農産物輸出支援を強化 シンガポール 香港・台湾で 見本市出展など計画 農林中金  ↑0 ↓0
農林中央金庫は2016年度、生産者が取り組む農産物輸出への支援を強化する。輸出実績があり市場拡大が見込める香港、シンガポール、台湾で、食品見本市への出展や、商品に対する消費者ニーズを探るテスト販売会などを計画。販路拡大による生産者の所得向上を目指す。
2016/03/15 11:26 da:52 facebook:0 twitter:0 見本市 生産者 農林中金 農林中央金庫 Tweet
city.kobe.lg.jp  「神戸フードフェアinシンガポール」を開催します!  ↑0 ↓0
このたび、神戸市、生産者、流通事業者等とともに設立した『「食都神戸」海外展開促進協議会』により、シンガポールにおける神戸産農水産物の個別商談会「神戸フードフェア」を開催し、神戸の「食」の魅力を世界にアピールします。
2016/03/03 16:59 da:66 facebook:0 twitter:0 事業者 農水産 生産者 このたび フェア フード Tweet
asiax.biz  天然ゴム輸出主要国、価格てこ入れで輸出量を削減  ↑0 ↓0
輸出カットの情報を受け、日本、シンガポール市場では指標となるゴム先物価格が2~3%上昇した。しかし天然ゴム生産者は、削減量が少なすぎると不満を抱いて ...
2016/02/11 18:00 da:32 facebook:4 twitter:0 生産者 カット てこ入れ 主要国 Tweet

Philippines

nna.jp  バナナ輸出協会、日本の検疫強化に懸念  ↑0 ↓0
フィリピンのバナナ生産者輸出業者協会(PBGEA)は、日本がフィリピン産バナナの輸入に対する検疫を厳格化したことで、フィリピンからの出荷が滞ることに懸念 ...
2019/04/23 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  クラーク空港に第2滑走路、22年完成目標  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が3月29日に発表した2019年2月の生産者物価 ... フィリピンの財務省財務局によると、2019年2月末時点の政府債務残高は7兆4,515 ...
2019/04/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
出島  コメ大国のフィリピンでコメ輸入自由化へ 国内生産者からは不満も  ↑0 ↓0
コメ大国のフィリピンでコメ輸入自由化へ 国内生産者からは不満も ... コメ消費量は東南アジア諸国が上位を占め、その中でフィリピンは7位に入っている。
2019/02/20 11:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
b.volunteer-platform.org  【ICAN】フィリピンスタディツアー2019春 Part2  ↑0 ↓0
このツアーは、アイキャンとともに開発プロジェクトを行っているフィリピン最大のごみ処分場パヤタスやマニラの路上の子どもたち、フェアトレード生産者たちとの ...
2018/11/25 03:21 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  比とのFTA締結に期待、米豚肉団体  ↑0 ↓0
米国の全国豚肉生産者協議会(NPPC)が、米政府に対してフィリピンとの自由貿易協定(FTA)協議の早期開始を期待する声明を発表した。フィリピンは豚肉の一 ...
2018/10/30 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  7月の生産者物価、0.4%上昇  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が発表した2018年7月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は133.0(速報値)となり、前年同月から0.4%上昇した。4カ月連続のプラス ...
2018/09/03 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  韓国向けバナナ、関税で機会逸失3億ドルも  ↑0 ↓0
フィリピンのバナナ生産者輸出業者協会(PBGEA)は、韓国がフィリピン産バナナに課している30%の関税率が続けられれば、2021年以降の輸出機会の逸失額 ...
2018/07/27 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  5月生産者物価は1%上昇、6年ぶり水準  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が6月29日に発表した2018年5月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は134.0(速報値)となり、前年同月から1.0%上昇した。
2018/07/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  4月生産者物価、半年ぶりプラス成長  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が5月31日に発表した2018年4月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は133.4(速報値)となり、前年同月から0.5%上昇した。6カ月 ...
2018/06/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  3月生産者物価、5カ月連続のマイナス  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が27日に発表した2018年3月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は132.8(速報値)となり、前年同月から0.9%下落した。マイナスは5カ月連続だが、下落幅は前月の1.2%(改定値)から縮小した。 分野別にみると、全20分野のうち10分野が前年同月を… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 経済 ...
2018/04/30 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  2月の生産者物価指数、1.3%下落  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が3日発表した2018年2月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は132.5(速報値)となり、前年同月から1.3%下落した。4カ月連続のマイナスとなった。 分野別にみると、全20分野のうち10分野が前年同月を下回った。下落幅が最大だったのは皮革製… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 経済 ...
2018/04/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  1月の生産者物価指数、2.0%下落  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)がこのほど発表した2018年1月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は131.4(速報値)となり、前年同月から2.0%下落した。3カ月連続のマイナスとなった。 分野別にみると、全20分野のうち11分野が前年同月比を下回った。下落幅が最大だったのは金… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 経済 ...
2018/03/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  生産者物価指数、11月は再びマイナス成長  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が5日発表した2017年11月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は131.2(速報値)となり、前年同月から1.3%下落した。前月は3年1カ月ぶりにプラス成長に回復したが、再びマイナスに転じた。 分野別にみると、全20分野のうち15分野が前年同月を… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 経済一般・ ...
2018/01/08 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ssnp.co.jp  首都圏ミートパッカー輸出推進協議会がフィリピンで和牛の普及活動  ↑0 ↓0
日本産食肉の輸出推進と海外市場での普及・認知度向上を目的に首都圏・関東の畜産生産者と食肉流通事業者で組織する「首都圏ミートパッカー輸出推進協議会」(代表理事:阿部昌史・ミートコンパニオン代表取締役社長)は11月24~25日、フィリピンで業界関係者および一般消費者を対象にした日本産和牛の普及活動を行っ ...
2017/12/27 13:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  10月生産者物価指数、約3年ぶりプラス成長  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が5日発表した2017年10月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は132.8(速報値)となり、前年同月から0.3%上昇した。2014年9月以来、3年1カ月ぶりにプラス成長に転じた。 分野別にみると、全20分野のうち8分野が前年同月を上回った。最大の… 関連国・地域: フィリピン. 関連業種: 経済一般・ ...
2017/12/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
volunteer.yahoo.co.jp  ICANスタディツアーフィリピン2018年春ーPart2  ↑0 ↓0
このツアーは、アイキャンとともに開発プロジェクトを行っているフィリピン最大のごみ処分場パヤタスやマニラの路上の子どもたち、フェアトレード生産者たちとの ...
2017/11/05 21:39 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  7月の生産者物価指数、下落率1.0%に緩和  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が5日に発表した2017年7月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は132.3(速報値)となり、前年同月から1.0%下落した。
2017/09/06 00:10 da:- facebook:- twitter:- 生産者 物価指数 Tweet
nna.jp  6月の生産者物価指数、2.8%下落  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が4日に発表した2017年6月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は131.5(速報値)となり、前年同月から2.8%下落した。前年割れは2 ...
2017/08/07 00:11 da:- facebook:- twitter:- 生産者 物価指数 Tweet
nna.jp  5月の生産者物価指数、2.1%下落  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が5日に発表した2017年5月の生産者物価指数(PPI、00年=100)は132.4(速報値)となり、前年同月から2.1%下落した。前年割れは2 ...
2017/07/06 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 生産者 物価指数 Tweet
nna.jp  ココナツ油業界、米国のネガキャンを懸念  ↑0 ↓0
フィリピンのココナツ油の輸出業者が、米国の食用油生産者によるネガティブキャンペーンが再燃しているとの懸念を示している。米国へのココナツ油の輸出が保留 ...
2017/06/28 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 ココナツ キャンペーン ネガティブ 食用油 生産者 Tweet
nna.jp  4月の生産者物価、33カ月連続前年割れ  ↑0 ↓0
フィリピン統計庁(PSA)が6日発表した4月の生産者物価指数(PPI、2000年=100)は132.3(速報値)となり、前年同月比で2.0%下落した。改定値では2年9 ...
2017/06/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- 生産者 物価指数 Tweet
jetro.go.jp  フィリピン産の活ウナギ(日本限定)  ↑0 ↓0
フィリピン産の活ウナギを提供します。 フィリピンの生産者が韓国人であることから、日本語のできる弊社が販売を委託されました。 売買契約も弊社が締結させて ...
2017/05/03 00:50 da:- facebook:0 twitter:0 ウナギ 日本語 生産者 韓国人 Tweet
日本経済新聞  アジア株11時30分 高安まちまち、フィリピン株は大幅続伸  ↑0 ↓0
【NQN香港=桜田一美】11日のアジア各国・地域の株式相場は高安まちまち。中国・上海株は前日終値を挟んだ値動き。指数は約2カ月ぶりの安値圏にあり、大型株を中心に見直し買いが入りやすい。一方で、中国の4月の消費者物価指数(CPI)や工業生産者出荷価格(卸売物価指数、PPI)が比較的良好な結果だったのを受け、追加の金融緩和への期待が後退した。フィリピン株は大幅続伸し、3月22日以来約1カ月半ぶりの高値…
2016/05/11 12:33 da:91 facebook:- twitter:- アジア まちまち 値動き Tweet
日本経済新聞  アジア株11時30分、総じて下落 中国景気懸念根強い、フィリピン株も下落  ↑0 ↓0
【NQN香港=桶本典子】10日のアジア各国・地域の株式相場は総じて下落。日本時間11時30分時点では、シンガポール株が0.49%安、香港株が0.34%安などとなっている。前日の米国市場でダウ工業株30種平均が下落し、アジアの株式市場でも投資家心理が弱気に傾いている。 上海株は0.24%安。寄り付き直後に発表の中国の4月の物価統計では工業生産者出荷価格指数(卸売物価指数、PPI)が市場予想よりも良い…
2016/05/10 12:11 da:91 facebook:- twitter:- アジア Tweet
朝日新聞  滋賀)フェアトレードのリップクリーム、高校生が考案  ↑0 ↓0
守山市の立命館守山高校の3年生が、途上国の製品を適正な価格で購入し、生産者の暮らしの向上を目指す「フェアトレード」を通じて、フィリピンの農家を支援 ...

Myanmar

jetro.go.jp  将来的な日本の輸入解禁を見据え、品質向上図るミャンマー産マンゴー  ↑0 ↓0
マンダレーで5月11~12日、ミャンマー・マンゴー・フェスティバルが開催された。ミャンマーの生産者、卸売業者らによる品評会や商談会、セミナーが行われた。
2019/05/23 01:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国産の有機栽培緑茶、ドイツに本格輸出へ  ↑0 ↓0
ミャンマー産の有機栽培緑茶が、ドイツに本格輸出される見通しだ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が10日伝えた。 北東部シャン州ピンダヤ郡区の生産者団体 ...
2019/04/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  コーヒー豆価格下落、農家への影響は限定的  ↑0 ↓0
ミャンマー・コーヒー協会(MCA)によると、コーヒー豆の国際価格は下落しているものの、ミャンマーの生産者への影響は一部にとどまっているという。ミャンマー・ ...
2019/03/14 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ミャンマー産有機農産物、シンガで本格販売  ↑0 ↓0
ミャンマー果物・野菜生産者協会(MFVPA)はこのほど、シンガポールの大手スーパーで、ミャンマー産有機農産物の販売が始まったと明らかにした。国営紙 ...
2018/12/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  中国への合法青果輸出へ、政府間協議を要請  ↑0 ↓0
ミャンマー果物・野菜生産者協会(MFVPA)は政府に対し、中国へのミャンマー産青果の合法輸出を実現するための中国側との協議を強く求めている。国営紙 ...
2018/10/12 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国産茶葉、有機栽培移行で輸出拡大目指す  ↑0 ↓0
ミャンマーの茶葉生産者が、有機栽培や加工技術の向上などを通じて茶産業の振興に取り組んでいる。特に有機栽培を通じた品質向上に力を入れ、輸出拡大を ...
2018/07/23 00:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  高級米の価格上昇、生産者は一時的との見方  ↑0 ↓0
ミャンマーで高級米の価格が上昇している。生産者らは、精米施設での生産量低下による一時的な現象とみている。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ ...
2018/07/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  国産アボカド、中国への本格輸出を視野  ↑0 ↓0
ミャンマー果物・野菜生産者協会(MFVPA)は、次の収穫期(2018年9月~19年5月)から国産アボカドを中国に本格輸出する方針だ。現地情報サイト、 ...
2018/06/22 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  独企業、ミャンマー茶葉を50万トン購入へ  ↑0 ↓0
ミャンマー果物・野菜生産者協会(MFVPA)の茶部会は、ドイツ企業から、今後2年間でミャンマー産茶葉を20~50トン購入する申し出を受けたと明らかにした。
2018/05/18 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマーのコーヒー豆、2018年中頃からカナダへ出荷  ↑0 ↓0
ミャンマーのコーヒー豆、2018年中頃からカナダへ出荷 ... ミャンマー情報省によると、カナダのコーヒー会社4社が同国シャン州ダヌ自治区ユワーガン郡区(Ywangan Township)で生産されるユワーガン・コーヒー豆を購入するという。 カナダを含む3つの国からミャンマーを訪れた代表者は、ユワーガンのコーヒー生産者に会った。
2018/04/27 11:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  タナカの売り上げ低下、輸入化粧品が横行  ↑0 ↓0
ミャンマー・タナカ栽培・生産者協会のチョー・モー会長は「タナカ由来とされる外国製化粧品の輸入が横行しているが、協会を通じて(原材料の)タナカの木が輸出されたという記録はない」と指摘。保健省食品医薬品局(FDA)と商業省に対して、「ミャンマー産のタナカの木を購入したことを示す法的書類を提示した外国企業の製品 ...
2018/04/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  ヨマ銀行、ミャンマーのコーヒー豆農家に金融支援  ↑0 ↓0
ヨマ銀行(ミャンマー中堅銀行) 高品質のコーヒー豆生産を支援するため、農家に融資する基金を設ける。金額は8億チャット(約6400万円)。ミャンマー産コーヒー豆の評価は高まっていて、設備近代化などを後押しする。 コーヒー豆の生産者や加工業者などの出資で設立されたマンダレー・コーヒー・グループと提携。同社は米国 ...
2018/03/22 23:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  安全な飲料水にステッカー、生産者協会  ↑0 ↓0
ミャンマー精製飲料水生産者協会は、安全基準を満たした飲料水製品にステッカーを貼るキャンペーンを行う。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが2月28日伝えた。 国内には2,000~3,000の飲料水ブランドがあるとされる。ミャンマー保健省食品医薬品局(FDA)… 関連国・地域: ミャンマー. 関連業種: 食品・ ...
2018/03/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  中国、ミャンマー産青果輸入を8品目に限定  ↑0 ↓0
ミャンマー果物・野菜生産者協会(MFVPA)は、中国がミャンマー産青果の輸入を厳格化し、8品目に限定したことを明らかにした。イレブン電子版が13日伝えた。 MFVPAの幹部チョー・トゥ氏は「8品目のうち4品目は輸入経路を規制していないが、スイカ、マンゴー、キュウ… 関連国・地域: 中国/ミャンマー. 関連業種: 経済 ...
2018/01/17 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  仏マロンゴ、シャン州産のコーヒー豆購入へ  ↑0 ↓0
フランスのコーヒー豆メーカー「マロンゴ」は、ミャンマー北東部シャン州のコーヒー生産者協同組合からコーヒー豆を買い付ける。アヘンの原料であるケシの代替作物として、コーヒー栽培を支援する。電子メディアのイラワジが伝えた。 同州ホポン、ロイレム、ユワンガンの3郡区の… 関連国・地域: ミャンマー/欧州. 関連業種: ...
2017/12/11 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  ミャンマー、豆類生産者の救済計画策定 印の輸入規制で打撃  ↑0 ↓0
ミャンマーは、豆類の最大の輸出先であるインドでの新たな規制導入を受け、国内生産者の救済計画を策定した。インド政府がミャンマー産のキマメに20万トン、 ...
2017/09/29 05:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  農業局、コーヒー生産者に国際認証取得促す  ↑0 ↓0
ミャンマー農業・畜産・かんがい省の農業局は、国産コーヒーを国際市場に売り込むための試みとして今年、国際認証を国内で取得できる体制を整える方針だ。5 ...
2017/09/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- コーヒー かんがい 生産者 Tweet
nna.jp  ザガイン管区でタナカ生産者増、内外に需要  ↑0 ↓0
ミャンマー北西部ザガイン管区で、伝統化粧品タナカ(白粉)の原材料となる樹木、タナカの生産者が増えている。せっけんや化粧品などの加工品への需要が国内 ...
2017/08/16 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 タナカ 化粧品 生産者 加工品 せっけん 原材料 Tweet
nna.jp  乳製品の品質向上へ規格策定、政府と協会  ↑0 ↓0
ミャンマー政府とミャンマー乳製品生産者協会は、国内業者の成長につなげるため、乳製品の国際基準に則した生産を義務付ける新規格の策定作業に当たって ...
2017/08/14 00:06 da:- facebook:0 twitter:0 乳製品 生産者 Tweet
nna.jp  北西部チン州でリンゴ不作、多品種化実らず  ↑0 ↓0
ミャンマー北西部のチン州産リンゴが不作だ。近年、多品種の作付けを行う生産者が増える一方、栽培経験の不足で収量が上がらないのが要因とみられる。
2017/08/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- リンゴ 生産者 作付け Tweet
nna.jp  商業省、野菜果物の輸入を一部禁止  ↑0 ↓0
ミャンマー商業省は、国内の野菜、果物生産者を保護するため、一部品目を対象に収穫期以外の輸入を禁止すると明らかにした。国営紙ミャンマー・アリンの報道 ...
2017/07/21 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 明らか 生産者 Tweet
nna.jp  モン州にゴム工場新設を協議、工業省と業界  ↑0 ↓0
ミャンマー工業省と東部モン州のタトン郡区ゴム栽培・生産者協会は、郡区内に新たなゴム生産工場を建設する計画を協議した。最新技術を活用した高品質ゴム ...
2017/07/04 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 最新技術 生産者 Tweet
nna.jp  中国が輸出用マンゴー買い占め、北中部で  ↑0 ↓0
中国が今年のミャンマー産マンゴーの多くを買い占めていることが分かった。ミャンマー・タイムズ(電子版)が25日伝えた。 ミャンマー果物・生花・野菜生産者・輸出 ...
2017/05/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 マンゴー 生産者 タイムズ Tweet
nna.jp  コーヒー産業育成へ、農業省がフォーラム  ↑0 ↓0
ミャンマー農業・畜産・かんがい省は首都ネピドーで23日、コーヒー産業育成に向けた「コーヒーフォーラム」を開催し、コーヒー生産者や貿易業者、国内外の専門家 ...
2017/05/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 コーヒー フォーラム 専門家 生産者 かんがい Tweet
nna.jp  タナカの区分変更を協会が要請、輸出拡大へ  ↑0 ↓0
ミャンマー北西部ザガイン管区にある、伝統化粧品タナカ(白粉)のアヤドー・タナカ栽培・生産者協会は、林産品に区分されているタナカを、農産品に区分変更する ...
2017/02/28 16:55 da:50 facebook:- twitter:- タナカ 生産者 化粧品 Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマーの茶生産者、技術勉強のため日本へ  ↑0 ↓0
ミャンマー情報書(Ministry Of Information)によると、同国のティー・グループは高品質の茶製品を増やすプロジェクトの一環として、地元の茶生産者を世界有数の ...
2017/02/11 09:11 da:24 facebook:0 twitter:0 生産者 グループ プロジェクト Information Ministry ティー Tweet
日本経済新聞  損保ジャパン、ミャンマー農業団体と提携  ↑0 ↓0
損害保険ジャパン日本興亜 ミャンマー最大の農業団体、ミャンマー・ライス・フェデレーション(MRF)と業務提携した。今後、サイクロンや干ばつなど気象災害に伴う農家の損失を補償する保険商品を共同で開発する。 開発するのは、気象災害での減収を補償する天候デリバティブと呼ぶ金融派生商品。損保ジャパン日本興亜は今後、MRFに協力する農家へのヒアリングや、MRFの持つ農業統計を活用しながら実用的な商品の開発を目指す。 MRFは2012年、国内主要精米業者やコメ生産者団体が共同で設立した。ミャンマーは人口の6~7割が農村に住む農業国だが、異常気象による農業被害が多発している。 ミャンマーでは軍政時代、国営ミャンマー保険が保険市場を独占していた。2011年春の民政移管後、段階的に市場の開放が進み、損保ジャパン日本興亜は15年春、世界の保険会社の先陣を切ってミャンマーでの営業免許を取得した。現在はミャンマーに進出した外資企業向けを中心に火災保険などを販売している。(ヤンゴン=松井基一) もっと見る
pressrelease-zero.jp  2016 卓越のフランスワイン 造り手たちPART 5 アジア8都市に拡大  ↑0 ↓0
... にあたる5月9日から20日まで、2つのフランスのワイン生産者代表団が、シンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマー、韓国、東京(5/18)、大阪(5/19)、台湾の8 ...
2016/04/25 17:58 da:31 facebook:0 twitter:0 フランス ワイン 生産者 アジア Tweet
sankeibiz.jp  ミャンマー、食品の品質に懸念 競争激化が要因、輸出に影響も  ↑0 ↓0
ミャンマーは、国産食品の品質に対する懸念が高まっている。今年1月に中部マンダレーでミネラルウオーター製造10社が品質管理証明書やビジネスライセンスの不備を理由に業務停止命令を受けたことなどから、保健省食品医薬品局(FDA)は、地場食品生産者に品質管理とライセンス取得を徹底するよう警告を発した。現地紙ミャンマー・タイムズなどが報じた。 同国の食品の品質管理は、FDAと商業省、工業省のほか、地方自治体の当局が管轄している。政府関係者は、統一した政策や品質基準の不備、省庁ごとの手法の違いに加え、市場競争の激化などもあって国内の小規模生産者が低品質の食品を流通させているとし、消費者の健康や輸出に悪影響が出る恐れがあると指摘した。 最大都市ヤンゴンで3年間ビジネスライセンスが不備のままパンの製造販売を営んでいる男性は「金銭的に余裕がなく、ヤンゴン当局の許可しか取得していない。FDAの許可を取る気がないわけではないが、方法がわからない」とし、FDAの品質基準についても「知らない」と主張した。 FDA幹部は、中規模以上の生産者に関しては大半がFDAの品質管理証明書を取得しているとしたが、一方で地場の もっと見る
hamakei.com  新国会、来月1日招集=ミャンマー  ↑0 ↓0
大さん橋ホールで1月17日に開催される「MISOJIMATSURI」。フードブースでは、帝国ホテル・リッツカールトンで研さんを積み「バカルディ レガシー カクテルコンペティション2016」の日本トップ3となった「三十路バーテンダー」の櫻井将人さんや、石巻若手漁師チーム・フィッシャーマンジャパン代表の「三十路生産者」阿部勝太さん、ミシュラン1つ星レストラン出身の「三十路オーナーシェフ」宮本岳さんらによる限定メニューを提供する[拡大写真]
2016/01/06 18:00 da:58 facebook:- twitter:- 研さん レガシー カクテル ホテル ブース さん橋 Tweet

Malaysia

s.kabutan.jp  来週の【重要イベント】GDP、機械受注、トランプ大統領来日 (5月20日~26日)  ↑0 ↓0
カナダ、シンガポール、タイ、マレーシア市場休場. ・ドイツ4月生産者物価指数 (15:00). ・ユーロ圏3月経常収支 (17:00). ・米国4月シカゴ連銀全米活動指数 ...
2019/05/18 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  生産者物価指数、1月は3.6%下落  ↑0 ↓0
マレーシア統計局が2月28日に発表した1月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)は104.4だった。前年同月比で3.6%下落、前月比で0.6%上昇した。
2019/03/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
flyteam.jp  セントレア、日本産農産物の越境ECサイトと連携 商品受け取り可能に  ↑0 ↓0
2017年9月に開設した越境ECサイト「J's Agri」は、日本全国の生産者から新鮮な日本産農林水産物を香港や台湾、シンガポール、マレーシアの消費者向けに ...
2018/12/29 22:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
毎日新聞  農産物輸出の課題/3 生産者「輸送費高い」 収益ならず、県と温度差 /千葉  ↑0 ↓0
長南町坂本地区で収穫したばかりのレンコンを箱詰めする作業場に10月31日、マレーシアの食品輸入会社「JMGトレーディング」の桜井由紀アシスタント ...
2018/11/29 12:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【市況】 来週の【重要イベント】機械受注、ECB理事会、メジャーSQ (9月10日~14日)  ↑0 ↓0
マレーシア市場休場 ☆日ロ首脳会談 (ウラジオストク) ☆中国8月生産者物価指数 (PPI) (10:30) ☆中国8月消費者物価指数 (CPI) (10:30) ・トルコ4-6月期GDP ...
2018/09/08 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  5月の生産者物価指数、前年同月比0.4%低下  ↑0 ↓0
マレーシア統計局が6月29日に発表した5月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)は107.1と、前年同月比で0.4%低下した。前月比では0.3%上昇となった。
2018/07/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  4月の生産者物価指数、前年同月比0.8%低下  ↑0 ↓0
マレーシア統計局が5月31日に発表した4月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)は106.8と、前年同月比で0.8%低下した。前月比では0.5%上昇となった。
2018/06/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  3月の生産者物価指数、前年同月比2.2%低下  ↑0 ↓0
マレーシア統計局が4月30日に発表した3月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)は106.3と、前年同月比で2.2%低下した。前月比では0.4%低下となった。 分野別に見ると、農業・林業・水産業が前年同月比で11.0%低下したほか、製造業が2.3%低下した。上昇したのは鉱業と電気… 関連国・地域: マレーシア.
2018/05/02 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jetro.go.jp  マレーシアにおける盆栽類の輸出可能性調査(2018年3月)  ↑0 ↓0
本レポートは、日本産盆栽の新たな市場開拓に向け、マレーシア国内の盆栽市場についての情報を提供することで輸出拡大につなげることを目的として実施した。マレーシア、盆栽市場概況、取扱業者・生産者情報等を取り上げた他、マレーシアに盆栽を輸入する際の法令等を紹介するものである。 発行年月:2018年03月.
2018/04/06 18:21 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ゴム手袋業界、16%増収を予想  ↑0 ↓0
マレーシアゴム手袋生産者協会(MARGMA)は、業界による今年の売上高が前年比16%増の188億リンギ(約5,073億円)になると予想した。国営ベルナマ通信が伝えた。 MARGMAのリー・キムメオウ理事(トップグローブ社長)は「伸びは世界的な経済成長とヘルスケアへの関心… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: 製造 ...
2018/03/20 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  1月の生産者物価指数、前年同月比1.2%低下  ↑0 ↓0
マレーシア統計局が2月28日に発表した1月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)は108.3と、前年同月比で1.2%低下した。前月比では0.5%上昇した。 分野別に見ると、農業・林業・水産業が前年同月比で13.8%低下したほか、鉱業が0.7%、電気・ガスが0.4%低下した。上昇した… 関連国・地域: マレーシア. 関連業種: ...
2018/03/01 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ASEAN PORTAL  千葉県はマレーシアへのサツマイモ輸出を促進  ↑0 ↓0
千葉県では、県内の農林水産物の海外への輸出を積極的に推進しており、森田健作知事もタイやマレーシアなどのASEAN地域へ出張しトップセールスも実施している。この活動の一環として、マレーシアへのサツマイモの輸出促進として、生産者団体や県立農業大学校、ジェトロ千葉と連携した「千葉県サツマイモフェア」が開催 ...
2018/01/15 10:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
Reuters  UPDATE 1-アジア通貨動向(11日)=大半が上昇、タイバーツは3年半ぶり高値近辺  ↑0 ↓0
一方、人民元は0.1%安。前日発表された中国の12月生産者物価指数(PPI) は、1年1カ月ぶりの低い伸びとなった。 マレーシアリンギは、上げが特に目立っている。この日発表されたマレーシアの11月鉱工業生産指数が前年比5%上昇し、伸び率が予想を上回ったほか、 10月(3 .4%上昇)から加速したことが支援材料。
2018/01/11 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  11月の生産者物価指数、前年同月比4.3%上昇  ↑0 ↓0
マレーシア統計局が2017年12月29日発表した、同年11月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)は108.3と、前年同月比で4.3%上昇した。前月比では0.7%上昇した。 分野別に見ると、農業・林業・水産業が前年同月比で1.8%低下した以外はすべて上昇した。上昇率は、鉱業が30.7%で… 関連国・地域: マレーシア.
2018/01/04 00:04 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jetro.go.jp  紅媛まどんな、甘平(シンガポール/マレーシア/香港限定)  ↑0 ↓0
今が旬の高級柑橘、紅媛まどんなと甘平になります。日本でもギフト商材で知られている価値のある商品になります。 農家様より直接お届けしたいと考えております。生産者と直接つながり、Farm to Tableを実現いたします。 (商品・部品を売りたい : 日本)
2017/12/21 00:36 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  10月の生産者物価指数、前年同月比4.7%上昇  ↑0 ↓0
マレーシア統計局は11月30日、10月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)が107.5となり、前年同月比で4.7%上昇したと発表した。前月比では0.6%下落した。 分野別の前年同月比では、農業・林業・水産業が4.3%、鉱業が19.6%、製造業が3.6%、電気・ガスが0.3%それぞれ上昇し… 関連国・地域: マレーシア.
2017/12/05 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
毎日新聞  輸出好調 昨年の20倍超 ベトナムへ100トン /茨城  ↑0 ↓0
今年から始まった下妻市産ナシのベトナムへの輸出量が100トンを超えたことが分かった。国外輸出は2013年から始まり、今年度はベトナム輸出の好調が寄与して前年度の20倍以上になる見通しだ。生産者でつくる市果樹組合連合会の粟野陽一会長(72)は「輸出を通してナシ栽培の魅力を高め、後継者を増やせれば」と ...
2017/11/17 12:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  9月の生産者物価指数、前年同月比6%上昇  ↑0 ↓0
マレーシア統計局は10月31日、9月の生産者物価指数(PPI、2010年=100)が108.1となり、前年同月比で6%上昇したと発表した。前月比では1.1%上昇した。
2017/11/01 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ガーナへのパーム油輸出拡大へ、振興評議会  ↑0 ↓0
マレーシア・パーム油振興評議会(MPOC)は、国内の生産者に対し西アフリカのガーナへの輸出増加を促す意向だ。国営ベルナマ通信が23日に伝えた。
2017/10/25 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minyu-net.com  福島県産モモ輸出70トン設定 全農県本部、タイとマレーシア中心  ↑0 ↓0
輸出国は実績のあるタイとマレーシアを中心に交渉を進めている。輸出量の増加と輸送コストの低減化を図り、生産者の所得向上を目指す。 船便でモモを輸出 ...
2017/07/27 17:15 da:- facebook:0 twitter:0 生産者 コスト Tweet
nna.jp  千葉県、県立農業大学校とサツマイモフェア  ↑0 ↓0
千葉県は、今月26日~12月4日にかけて、マレーシアの高級スーパー9店舗で、生産者団体や県立農業大学校と協力し「千葉県サツマイモフェア」を実施 ...
2016/11/28 00:05 da:52 facebook:0 twitter:0 大学校 フェア サツマイモ 生産者 スーパー Tweet
ASEAN PORTAL  マレーシアで千葉県産サツマイモフェアが開催  ↑0 ↓0
千葉県は、マレーシアの高級スーパー9店において「千葉県サツマイモフェア」を生産者団体や県立農業大学校の生徒と協同したうえで、11月26日から12月4日の ...
2016/11/10 19:13 da:22 facebook:0 twitter:0 フェア サツマイモ 大学校 スーパー 生産者 Tweet
pressrelease-zero.jp  2016 卓越のフランスワイン 造り手たちPART 5 アジア8都市に拡大  ↑0 ↓0
今回はプロヴァイン・アジアとヴィネクスポ香港の間にあたる5月9日から20日まで、2つのフランスのワイン生産者代表団が、シンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマー、韓国、東京(5/18)、大阪(5/19)、台湾の8都市をめぐり、インポーター、ディストリビューター、バイヤーなど、業界関係者にフランスワインを紹介します。
2016/04/25 17:58 da:31 facebook:0 twitter:0 フランス アジア ワイン 生産者 Tweet
mys-news.asia  日本紹介番組の連動イベント、クアラルンプールにて開催  ↑0 ↓0
「Best In The World 日本編」連動イベントマレーシアで放送中の番組、「Best In The World 日本編」の連動イベントが、5日、クアラルンプールのIsetan KLCCなどにて開催された。イベントは、住友商事と日本テレビが共同で開催。日本の食材を取り扱う現地の食品スーパーも協力し、番組ホストが実際にスーパーの店頭に立ち、番組のテーマである日本の「食」として、日本産フルーツなどの宣伝を行った。シリーズ第4弾、マレーシア人気番組「Best In The World 日本編」は、マレーシアの人気グルメ番組シリーズの第4弾。今年1月28日から3月31日までの期間、毎週木曜(全10回)、マレーシア地上波放送8TVにて放送。番組は、現地番組制作会社Primeworksと日本テレビが共同制作し、日本の「食」の紹介だけでなく、日本の農水産品に親しみを持ってもらうことを目的に、生産者への取材や農業体験など交え、北海道から九州まで日本各地の自慢料理や食材などをマレーシアの視聴者にコミカルに分かりやすく伝える。住友商事は、日本の総務省が推進する平成27年度「コンソーシアムによる地域 もっと見る
2016/03/09 16:07 da:13 facebook:2 twitter:0 シリーズ グルメ イベント クアラルンプール Tweet

Indonesia

PR TIMES  ネスプレッソ 5ヵ国の大地の恵みと、熟練の職人技から生み出された新機軸のコーヒーシリーズ 「マスター ...  ↑0 ↓0
多湿な気候のインドネシア・スマトラ島北部のコーヒー生産者たちは、コーヒー豆を一晩発酵させた後に人の手で水洗いをすることで、豆の水分量を調節する「 ...
2018/08/30 10:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  パーム油の下流産業が成長、生産者連合  ↑0 ↓0
インドネシア植物油生産者連合(GIMNI)のサハット理事長は、政府の貿易外交や米中貿易摩擦の影響、ドル高などさまざまな要因が相まって、植物油・油脂 ...
2018/06/06 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖  ↑0 ↓0
インドネシア合成繊維生産者協会(Apsyfi)によると、西ジャワ州で操業する繊維上流産業2社が昨年末から今年初めにかけて工場を閉鎖した。安価な輸入製品 ...
2018/05/25 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nissyoku.co.jp  FABEX2018:対談=生産者と作り上げる インドネシア産カカオの可能性  ↑0 ↓0
Dari K(ダリケー)代表取締役の吉野慶一氏と料理ジャーナリストでオフィス・フェーブ代表取締役の並木麻輝子氏が「インドネシア産カカオの可能性-その取り組みと歩み」をテーマにした対談が13日、「第15回デザート・スイーツ&ベーカリー展」のプレゼンテーションステージで行われた。「インドネシアは世界3位のカカオ生産量を ...
2018/04/20 00:14 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankei.com  インドネシア農家も喜ばせるチョコ作り 吉野慶一「Dari K」代表  ↑0 ↓0
金融アナリストを経て7年前、学生時代を過ごした京都市内でチョコレート店を開業した吉野慶一さん(37)。コンセプトは「カカオを通して世界を変える」。インドネシアから良質のカカオ豆を輸入して、消費者においしいチョコレートを味わってもらうだけでなく、生産者も喜ぶ仕組みづくりを進める。活動への意気込みを聞いた。
2018/04/09 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  政府が農家に研修実施、カカオ生産量減少で  ↑0 ↓0
インドネシア政府は、生産量の減少が続いているカカオ豆の生産性と質の向上を目的として、国内のカカオ農家に研修制度を導入すると発表した。10日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 農業省と、カカオ豆の生産者団体である「カカオ豆持続性パートナーシップ(CSP)」、インドネシ… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 経済 ...
2018/02/13 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
shokuhin.net  「トアルコ トラジャ」40周年 価値伝達へ3本の矢 キーコーヒー  ↑0 ↓0
日本とインドネシアが国交樹立60周年の節目を迎える今年、インドネシア・スラウェシ島トラジャ地方でキーコーヒーが現地の生産者らと栽培から商品化に至るまでを手掛けているシングルオリジンコーヒー「トアルコ トラジャ」が40周年の節目を迎える。 2020年の創業100周年ビジョン「信頼度№1、最初に選ばれるコーヒー ...
2018/02/01 00:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  合繊協会、18年は繊維原料市場の成長を予測  ↑0 ↓0
インドネシア合成繊維生産者協会(Apsyfi)によると、2018年の国内繊維産業の成長率は3%と、前年から0.5ポイント上昇する見込みだ。原料市場も成長が見込めると予測している。政府による繊維製品の不正輸入に対する監視強化や、国内での繊維製品の需要増加が、繊維原料メー… 関連国・地域: インドネシア.
2017/12/29 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  零細商店救うネット卸 東南ア、農家から生鮮安く  ↑0 ↓0
インドネシアのリマキロなどネットベンチャーが担い手だ。東南アジアの複雑な流通構造に風穴を開け、農家などの生産者や零細商店の振興も後押しする。
2017/08/05 00:33 da:- facebook:- twitter:- ネット 生産者 後押し 東南アジア ベンチャー 東南ア Tweet
nna.jp  不正輸入の繊維製品、16年は31万トンが流通  ↑0 ↓0
インドネシア合成繊維生産者協会(Apsyfi)は、2016年に国内で消費された繊維製品のうち16.7%に当たる31万トンが不正に輸入された製品であるとの見方を ...
2017/02/22 17:05 da:50 facebook:0 twitter:0 生産者 合成繊維 Tweet
時事ドットコム  インドネシアのノリ生産者、PTTEP相手取り豪で集団訴訟=原油流出事故で被害  ↑0 ↓0
【シドニー時事】インドネシアのノリ生産者約1万3000人は5日までに、オーストラリアで2009年に起きた原油流出事故で被害を受けたとして、集団訴訟を豪連邦 ...
2016/08/05 12:33 da:79 facebook:0 twitter:0 生産者 オーストラリア シドニー Tweet
huffingtonpost.jp  インドネシア:たばこ農場が潤う陰で苦しむ子どもたち  ↑0 ↓0
ジャカルタ)-- インドネシアでは何千人もの子どもが、一部はわずか8歳の若さでたばこ農場の有害な環境下に置かれて働いている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書内で述べた。インドネシアおよび多国籍たばこ製造会社は、同国で収穫されたたばこを買い付けている。しかし、サプライチェーン内の農場で子どもが有害な労働に従事しないよう十分に確認している会社はない。報告書「血塗られた収穫:インドネシアのたばこ栽培における有害な児童労働」(全119ページ)は、たばこ農場で働く子どもたちがニコチンにさらされ、有毒な農薬を浴び、危険な農具を扱い、重いものを運び、酷暑の中で作業している実態を調査・検証したもの。こうした労働は今後長きにわたって、子どもの健康と成長に悪影響を及ぼす可能性がある。たばこ会社は生産者に、たばこの葉に直接触れる労働を子どもにさせることを禁止すべきだ。加えてインドネシア政府も、たばこ産業の責任を問うべく、規制に動く必要がある。ヒューマン・ライツ・ウォッチの子どもの権利局調査員で、本報告書の共著者マーガレット・ワースは、「たばこ会社はインドネシアの農場で働く子どもを搾取し、その もっと見る
2016/05/28 14:48 da:78 facebook:2601 twitter:0 子ども たばこ ウォッチ ライツ ジャカルタ ヒューマン Tweet
kyt-tv.com  インドネシアから大潟村に農業研修  ↑0 ↓0
インドネシアの農業関係者が農業の研修で大潟村を訪れています。機械化が進んだ大規模農業や生産から加工流通までを手掛ける6次産業化を学んでいます。大潟村あきたこまち生産者協会を訪れているのはインドネシアの国家機関、農業省の職員や農家など7人です。インドネシアでは人口のおよそ4割が農業で生計を立てていますが、機械の導入が進んでいないため収穫量の増加や所得の向上が課題となっています。一行はJICA国際協力機構の「途上国に技術を普及する事業」を活用して大潟村の大規模農業や六次産業化を学びました。一行は土曜日まで大潟村に滞在して水田や加工施設の見学をするほか、技術講習を受けることになっています。[ 5/17 20:09 秋田放送] もっと見る
2016/05/17 20:49 da:46 facebook:0 twitter:0 大規模 関係者 機械化 Tweet
news24.jp  インドネシアから大潟村に農業研修(秋田県)  ↑0 ↓0
インドネシアの農業関係者が農業の研修で大潟村を訪れています。機械化が進んだ大規模農業や生産から加工流通までを手掛ける6次産業化を学んでいます。大潟村あきたこまち生産者協会を訪れているのはインドネシアの国家機関、農業省の職員や農家など7人です。インドネシアでは人口のおよそ4割が農業で生計を立てていますが、機械の導入が進んでいないため収穫量の増加や所得の向上が課題となっています。一行はJICA国際協力機構の「途上国に技術を普及する事業」を活用して大潟村の大規模農業や六次産業化を学びました。一行は土曜日まで大潟村に滞在して水田や加工施設の見学をするほか、技術講習を受けることになっています。[ 5/17 20:09 秋田放送] もっと見る
2016/05/17 20:37 da:69 facebook:1 twitter:0 大規模 関係者 機械化 Tweet
sakigake.jp  インドネシアの農業発展の力に  ↑0 ↓0
インドネシアのボゴール農科大学の社会人学生9人が25日、秋田県大潟村を訪れ、農業の近代化に向けた研修を始めた。コメの加工品製造に力を入れる「大潟村あきたこまち生産者協会」(涌井徹社長)の取り組みを学び、インドネシア農業の発展の方策を考える。27日まで。
2016/04/26 09:56 da:69 facebook:3 twitter:0 加工品 社会人 Tweet
shijyukukai.jp  三井住友銀、インドネシアで農業支援  ↑0 ↓0
三井住友銀行はコメ生産や加工食品の製造・販売を手がける大潟村あきたこまち生産者協会(秋田県大潟村)やインドネシアの国立ボゴール農科大学と連携して、インドネシアで農業支援に乗り出す。今春に現地企業や農家からリーダー格の5~10人を日本に招き、大学での講義やコメ加工業体験などの研修を実施。来年以降にインドネシアで農場を何カ所か選び、コメ加工のモデル事業も展開する。コメ産業の育成に初期段階から加わって設備投資の資金需要を生み出し、融資やリースなど金融取引の拡大につなげる。
2016/02/01 05:13 da:30 facebook:- twitter:- 生産者 あきたこまち Tweet
日本経済新聞  インドネシアのサリム、リオ・ティントの鉱山取得へ  ↑0 ↓0
サリム・グループ(インドネシアの複合企業) 英豪資源大手リオ・ティントがオーストラリアのニューサウスウェールズ州で所有する石炭鉱山、マウント・プレザント鉱山を2億2400万ドル(約266億円)で取得する。 シンガポールに拠点を置くサリム傘下のドロックスフォード・インターナショナルの完全子会社、MACHエナジー・オーストラリアが、リオ・ティントが所有するマウント・プレザント鉱山を買い取ることで合意した。同鉱山には市場価値のある石炭が4億7400万トン埋蔵されている。 MACHエナジーのウェブサイトによると、同社は2017年後半に石炭の生産を開始する予定で、産出された石炭はニューカッスル経由で海外の顧客に出荷する。 アジアでは石炭の再生可能エネルギーへの置き換えを求める声が高まる一方で、インドネシアやその他の新興国にとって石炭は依然として主要なエネルギー資源だ。 中国系インドネシア人のアンソニー・サリム氏が率いるサリム・グループは商品価格の低迷が長期化し、多くの生産者が苦しむ中、鉱業部門での存在感を増している。 一方、リオ・ティントや他の採掘会社は資産を売却している。同社は27日のプレスリ もっと見る
日本経済新聞  三井住友銀、インドネシアで農業支援 秋田の企業と組み  ↑0 ↓0
三井住友銀行は秋田県のコメ生産・加工会社と組み、インドネシアで農業支援に乗り出す。日本での研修や現地でのモデル事業を通じて、コメづくりの機械化や米菓など加工業への進出を促す。コメ産業の育成に初期段階から加わって設備投資の資金需要を生み出し、融資やリースなど金融取引の拡大につなげる。 コメ生産や加工食品の製造・販売を手がける大潟村あきたこまち生産者協会(秋田県大潟村)やインドネシアの国立ボゴール農…
2016/01/25 00:45 da:88 facebook:8 twitter:0 機械化 モデル Tweet
sankeibiz.jp  カカオ豆、16年も生産減か インドネシア 天候不良など影響  ↑0 ↓0
インドネシアは、チョコレートなどの原料となるカカオ豆の生産量でコートジボワール、ガーナに次ぐ世界3位だが、今年は昨年に続いて生産が低迷しそうだ。インドネシア・カカオ協会によると、昨年の生産量(推定)は天候不良などによって前年比13.3%減の32万トンと過去最低水準に落ち込み、今年も昨年並みにとどまる恐れがある。現地紙ジャカルタ・グローブなどが報じた。 同協会によると、昨年はおよそ20年ぶりともされる強いエルニーニョ現象の影響で干魃(かんばつ)となったことがカカオ豆生産に響いた。エルニーニョ現象は、太平洋赤道域の一部海域で海水の温度が上昇し、世界各地に異常な天候をもたらすとされる。今年は、この反動で雨が多くなり、生産に悪影響が出る可能性があるという。 同協会幹部は、生産の不調について、天候の他にもカカオの木の老齢化が進んで病気に対する耐性が弱くなっていることや、生産者がより利益が見込めて人手もかからないとされるパーム油原料のアブラヤシ栽培に移行していることなどもあると指摘。業界として危機に直面しているとの認識を示した。 もっと見る
2016/01/13 05:25 da:71 facebook:1 twitter:0 カカオ ガーナ チョコレート コートジボワール Tweet
ind-news.asia  「MIDTOWN」にて国内初となる日本の食品・食材のマーケティング支援サービス  ↑0 ↓0
2015年11月26日、株式会社ジャパンコンテンツトレーディングは、インドネシアの首都ジャカルタのレストラン「MIDTOWN」にて、国内初となる日本の食品・食材のマーケティング支援サービスの提供を開始したことを明らかにした。同社は日本の文化・食材・サービス・製品の海外展開、海外進出のサポートを手がけている。今回開始したサービスは、インドネシアおよびアジア各国・地域への食品や食材の販売を考えている日本の生産者やメーカーが対象で、メニュー開発・販売、プロモーション、フィードバックデータの収集等を一括で行えるサービスだ。一時的なPRイベントでなく、狭く・深い・長いマーケティング従来のインドネシアにおける食品・食材のテストマーケティングは、現地での展示会またはショッピングモール内での一時的なイベントが中心であった。そのため現地ユーザーとのコミュニケーションは浅く短くなりがちであり、きめ細かなコミュニケーションも取りにくかった。結果として“広く・浅い・短い”マーケティングにとどまりがちであったと言えよう。同社では食品・食材のメニュー開発から行う。開発されたメニューはレストランの特別メニューとして もっと見る

Cambodia

business-partners.asia  中国産の塩 1トン当たり100ドルでカンボジア市場に供給見込み[経済]  ↑0 ↓0
カンポット・ケップ塩生産者共同体(SPCKK)は、中国産の塩はカンボジアの市場で1トン当たり100ドルで取引され、国内産の塩よりも25ドル高く売れると予想して ...
2018/12/29 03:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  供給不足のため中国から塩輸入 カンボジア[経済]  ↑0 ↓0
ケップ-カンポット塩生産者団体(KKSPC)の会長は、「カンボジアは、11月末までに中国との間で3万トンの塩を輸入することに合意した」と語った。プノンペンポスト ...
2018/10/19 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  原産地証明書の申請書類をオンラインで入手が可能に カンボジア[経済]  ↑0 ↓0
ラタナキリ州とトボンクムン州の生産者や輸出業者は、それぞれの地方当局のウェブサイトから、原産地証明書の申請に必要な書類をオンラインで入手することが ...
2018/06/28 09:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  塩の収穫量の大幅な低下に伴い、輸入準備求める声 カンボジア[経済]  ↑0 ↓0
カンボジアでは、異常気象による塩不足に直面した生産者の需要に応えるために、3万トンの塩を今年輸入する可能性がある。プノンペンポスト紙が報じた。
2018/05/25 11:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  カンポットペッパーの市場開拓を目指すカンボジア政府 スイスチーズとコラボを提案[経済]  ↑0 ↓0
カンポットペッパーの市場開拓を目指すカンボジア政府 スイスチーズとコラボを提案[経済] ... カンボジア産製品の今後について議論の中で、チーズに胡椒を加えるアイデアを、同省のパン・ソラサック大臣から提案されたスイスのチーズ生産者は、検討するため、カンポットの胡椒農園を訪問すると約束した。 カンポット・ペッパー ...
2018/03/15 09:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  ブロックチェーン技術で農家と小売業者を結ぶ試験が始動 カンボジア[経済]  ↑0 ↓0
国際NGOオックスファムカンボジアとアムルライスは今年4月、ブロックチェーンとスマートコントラクトに基づく地元農家向けのプログラムを開始すると発表した。クメールタイムズ紙が報じた ... オックスファムカンボジアの責任者は、「生産者、輸出業者、小売業者により、契約・交渉の促進や検証、実施を行う。これにより、サプライ ...
2018/03/14 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  レンガ価格が高騰、シアヌークビル開発で  ↑0 ↓0
カンボジアのレンガ価格が上昇を続けている。南部シアヌークビル州の開発に伴う需要の急増が背景にある。プノンペン・ポスト(電子版)が6日に伝えた。 南部カンダル州の工場100カ所以上が加盟するレンガ生産者協会によると、レンガの販売価格は2017年初めの1万個当たり180米ド… 関連国・地域: カンボジア. 関連業種: ...
2018/03/06 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  貿易振興へネット地図活用、持続可能に焦点  ↑0 ↓0
持続可能な世界貿易の振興を目的に、企業と生産者を結ぶオンライン上の地図「サステナビリティー(持続可能)マップ」のカンボジア版が、2カ月間のパイロット事業を終了した。自然食品などを手掛ける地場企業コンフィレルが試験運用し、同サービスの利便性を強調した。クメール・… 関連国・地域: カンボジア. 関連業種: 経済 ...
2018/01/26 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  豚の輸入割当量の引き下げや輸入の禁止は行わず カンボジア農水省[経済]  ↑0 ↓0
豚の輸入割当量の引き下げや輸入の禁止は行わず カンボジア農水省[経済] ... 先週、カンボジア家畜飼育者協会(Cambodia Rivestock Raisers Association=CRRA)は、国内の食肉企業に対する減税や輸入禁止といった要求を同省に対して行った。 これに対し同省高官は、「精肉生産者や家畜業者は政府の介入に頼ら ...
2017/12/13 03:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  欧州委、輸出米の殺虫剤規制厳格化を延期  ↑0 ↓0
欧州委員会は、カンボジアのコメ生産者に対して欧州連合(EU)域内向け輸出米の殺菌剤トリシクラゾールの含有許容量を低減させる措置の適用時期を延期した ...
2017/06/01 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 許容量 殺菌剤 生産者 殺虫剤 Tweet
business-partners.asia  貿易救済措置法案が採択 カンボジア商業省[法律]  ↑0 ↓0
閣僚会議は、カンボジアで活動する地元の生産者や企業を、原価を下回る価格で販売されている輸入製品から保護するため、貿易救済に関する法案を採択した。
2017/03/28 03:00 da:17 facebook:0 twitter:0 生産者 Tweet
business-partners.asia  カンボジアのマンゴー生産者、韓国の基準に苦戦[経済]  ↑0 ↓0
韓国政府との間に、輸出用のカンボジア産マンゴーの取り扱いに関する覚書を締結して約1年が経過したが、カンボジアの生産者は、「何の動きもない」と話して ...
2016/11/21 03:12 da:24 facebook:0 twitter:0 生産者 マンゴー 取り扱い Tweet
business-partners.asia  カンボジア運輸省、コッコンの沿岸地域とパイリン州を結ぶ新道路建設の計画[経済]  ↑0 ↓0
スン・チャントーレ運輸大臣は、「カンボジア北部の生産者はタイのレムチャバン港の使用を望んでいるが、タイ国境の物資輸送に係る手順が複雑なため、農産物の輸出について他国との競争力低下を引き起こす可能性がある」と話す。
2016/07/15 03:00 da:23 facebook:9 twitter:0 生産者 運輸省 新道路 Tweet