1.0569658279419

Vietnam

47news.jp  【ベトナム】住友商事、ハノイにスーパー1号店開店[商業]  ↑0 ↓0
住友商事は23日、スーパーマーケット「フジマート」の1号店をハノイにオープンした。同社が東南アジアでスーパーを展開するのは初めて。生鮮食品の鮮度管理や ...
nna.jp  生鮮食品と日用消費財、世帯支出の3割近く  ↑0 ↓0
ベトナムの世帯の支出全体に占める生鮮食品と日用消費財(FMCG)への支出は3割近くに上る――。市場調査会社カンター・ワールドパネル・ベトナムの代表者 ...
2018/12/24 00:02 da:- facebook:- twitter:- 生鮮食品 消費財 市場調査 カンター ワールド パネル Tweet
sankeibiz.jp  ベトナム、生鮮食品のネット通販拡大 生産者分かる安心感人気 (1/2ページ)  ↑0 ↓0
ベトナムは、生鮮食品のインターネット通販市場の拡大が加速している。ハノイ産業貿易局によれば、従来の衣料品などに加えて食品のネット販売も台頭してきた。
2018/08/31 05:37 da:- facebook:0 twitter:0 生鮮食品 ネット 生産者 ページ インターネット ハノイ Tweet
nna.jp  生鮮食品のオンライン購入、安全性に疑問も  ↑0 ↓0
ベトナムのハノイ市商工局によると、生鮮食品のオンライン購入者が増加傾向にある。一部のオンラインストアが有機食品の販売などで伝統的な市場に対抗して ...
2018/06/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- オンライン 生鮮食品 安全性 ハノイ ストア Tweet
jinjibu.jp  技能実習生の受入れ数拡大 サミット  ↑0 ↓0
東京都を中心にスーパーマーケットチェーンを展開しているサミット(株)(東京都杉並区、竹野浩樹代表取締役社長)は今年度、技能実習制度の活用をさらに広げる。すでにベトナム人55人を、鮮魚・惣菜・ベーカリー部門のバックヤードで雇用しているが、今年度新たに81人を採用する予定。生鮮食品の加工センターにおいて精肉 ...
rodo.co.jp  技能実習生の受入れ数拡大 サミット  ↑0 ↓0
東京都を中心にスーパーマーケットチェーンを展開しているサミット㈱(東京都杉並区、竹野浩樹代表取締役社長)は今年度、技能実習制度の活用をさらに広げる。すでにベトナム人55人を、鮮魚・惣菜・ベーカリー部門のバックヤードで雇用しているが、今年度新たに81人を採用する予定。生鮮食品の加工センターにおいて精肉 ...
biz.searchina.net  [ベトナム株]テト期の購買力、前年比+10%増  ↑0 ↓0
財務省はこのほど、2018年テト(旧正月)物価状況報告書を政府に提出した。それによると、テト期間中の消費者購買力は普段に比べて+12~15%、前年のテト期に比べて+10%増加した。購買力の高かった製品は酒類やビール、ソフトドリンク、生鮮食品など。 購買力上昇の要因として、2017年の経済の好調な成長や ...
2018/02/26 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 購買力 財務省 このほど 旧正月 報告書 期間中 Tweet
アパレル・リソース  8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国入り  ↑0 ↓0
米国のAT Kearney Companyが発表した世界小売開発インデックスのランキングでベトナムが8年連続で世界の魅力的な新興小売市場上位30か国のひとつとして挙げられた。さらに、世界的な情報計量企業Nielsenの最新の調査によると、ベトナム人消費者の34%がハイパーマーケット(大型スーパーマーケット)で、29%がスーパーマーケットで、22%がコンビニエンスストアやミニマートで定期的に買い物をしているという。 この調査では、大規模小売業者と人口の60%が35歳以下という若い人口により、現代的な小売モデルは高い年間成長率を記録し続けるだろうと結論づけている。 Saigon Coopが売上高と店舗数で引き続き首位に立っている。ACB Securities Company(ACBS)によると、Co.op Xtra、Co-op Mart、Supermarket Food Co-op Miniの3つのチェーンを持つSaigon Co-opは178店舗を擁し、2015年の売上高は25兆ベトナム・ドン(1010万米ドル以上)に達した。 Nielsenの調査はまた、コンビニエンスストアやミニマートの業態は今後も成長を続けると予測している。コンビニエンスストアやミニマートの部門は現在小売業界で急速に拡大している。VingroupチェーンのVinmart+は2016年6月末時点で825店舗を擁し、競合相手であるShop & Goも210店舗、Circle Kは178店舗、B’s Mart(旧Family Mart)は146店舗、Satrafoodsは80店舗、Ministopは58店舗を展開している。 商工省は2020年までにベトナム国内のハイパーマーケット・スーパーマーケットは1200から1300か所、ショッピングセンターは337か所となると予測している。商工省によると、低い都市化率と一人当たり国内総生産にもかかわらず、国内総生産の伸びは市場の昔ながらの生鮮食品小売業も勢い付け、72%の成長率を示した。しかし、成長率は2020年までに60%へと低下する可能性があると分析している。 もっと見る
アパレル・リソース  ロッテマートがベトナム製品を求めてVietnam Expo 2016に参加  ↑0 ↓0
ロッテグループの小売部門ロッテマートが海外市場に売り出すベトナム製品を求め、第26回ベトナム国際トレードフェア(Vietnam Expo 2016)に参加した。 ロッテマート韓国から販売マネージャー10名、ロッテマートベトナムからも販売マネージャー7名が参加し、競争力のある商品とサプライヤーの調査を行った。製品は8月に韓国に輸出され、韓国全土117店のロッテマートで行われる「ベトナム製品展示会」と銘打ったイベントで韓国の消費者のもとに届けられるという。 「Vietnam Expo 2016はロッテマートにとってベトナムのビジネスを知るまたとない機会となりました。現地で直接調達することでベトナムの生産者も高い利益を得ることができます」とロッテマートのHong Eun Bee主任マネージャーは話す。 2015年、ロッテマートは生鮮食品、加工食品、衣料品等多様な製品をベトナムから韓国に輸入し、およそ400万米ドルの利益を上げた。今年、ロッテマートはベトナム製品による利益が500万米ドルとなることを予測している。 韓国市場への注力に加え、ロッテマートは自社の流通網を通じて中国及びインドネシアへのベトナム製品の輸出も促進している。 ロッテマートはベトナムで第1号店となるハイパーマーケットを2008年にホーチミン市の南サイゴンで開店した。現在までに、ベトナム全土で12店のロッテマートが営業している。 Vietnam Expo 2016は世界23の国・地域から500以上の業者が参加し、4月13日から16日までハノイで開催された。 今年は韓国からは71の業者が参加し、化粧品、食品・飲料、繊維製品、消費財、薬品・医療機材、電気機器、電気製品、産業用機械といった製品を展示する。 Vietnam Expoに韓国企業が参加するのは今回で18回目となる。ここ数年、特に小売部門において、ベトナムは韓国製品の潜在市場であるとみなされている。 もっと見る
アパレル・リソース  ネット通販が活況前夜  ↑0 ↓0
2004年以降ベトナムでは、オンラインユーザーの数が増加するにつれ、ネット通販や電子商取引が人気となっている。最近多くの外資系大企業がベトナム市場に参入しており、地元企業にとって、より専門的なサービスを提供しなければ市場から退出を強いられるような熾烈な競争が生まれている。次の5~7年のうちに、この領域は本格的な活況期に入ると言われている。 商工省傘下のベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)によると、調査した約220のeコマースサイトでは、昨年総額1.6兆ベトナム・ドンの売上があり、その前年比で50%の上昇となった。ただしこの数字の75%は、トップ10のウェブサイトで占められている。 一般消費者向けeコマースビジネスの売上は29億7000万米ドルに達し、ベトナムの小売総売上高の2.12%を占める。 VECITAのTran Huu Linh長官は、ベトナムにおける4000万人のインターネットユーザーのうち58%が、オンラインショッピングを利用したことがある、と述べた。 eコマースの売上高は、今年40億米ドルに達すると予測されており、このことはベトナムのeコマースビジネスにとって良い兆候である。 ベトナムにおける2004年のサービス開始以降、eコマース業界ではLazadaやZaloraなど多くの外資系大企業の直接投資による進出が相次いでいる。またその多くは、ベトナムのオンライン小売業者にも投資を行っている。 外資系オンラインショッピングサイトの数は少ないものの、2014年には前年比15%増となる市場総売上高の59%を占めた。 ドイツのRocket Internet社傘下のLazada社は、過去2年間で最も話題となった会社である。ベトナム初進出から3年でLazada社は、ベトナムの216のeコマースサイトを追い抜いて収益がトップとなり、昨年の市場シェアは36%であった。 これに市場シェア14.4%のSendo 社、7.2%のZalora社、5.4%のTiki社が続いた。 外資系投資家の進出は過酷な競争を招き、資本力で巨大外資系企業に太刀打ちできない、多くのeコマースサイトを閉鎖に追い込んだ。 11月初めには、ウェブサイトのbeyeu.comが公式に閉鎖された。eコマースビジネス運営は多額の資金を必要とするため、多くの企業においてこれ以上無駄に投資しないという意思決定がなされた、と言われている。 Rocket Internet社のFood panda(食品デリバリーサービスのサイト)はVietnammn.comに売却された。 この過酷な競争により、いくつかのベトナムの企業は外国資本と手を組むことを選択した。 Taembe社は最近、スイスのFounders Fundから総額22万8000米ドルの投資を受けることとした。またその前には、Sendoと123Muaの二つのeコマースサイトを運営する、FPTグループ傘下のSen Do社が、日本を代表するインターネット・サービス・プロバイダーであるSBIホールディングス、Econtext Asia、Beenosの3社と提携することとした。 Tiki.vnも、日本のパートナーとの提携を急いだ。 一方でVingroup社は、昨年1兆ベトナム・ドンもの資本金を投じてVinEcomを設立し、eコマース市場への参入を開始した。 VinEcomは8月に、自動車、オートバイや生鮮食品など特殊な商品を取り扱うAdayroi取引サイトを開始した。このグループは、Lazadaなど外資系メジャーサイトの良き競合相手となることが期待されている。   消費者からの低い信頼性 ベトナムのeコマースビジネスの発展において最も難しい課題は、消費者がオンラインショッピングの習慣をまだ持っていないということである。多くの消費者は、購入するかどうかを決定する前に、直接製品に触ってみたいと考えている、とホーチミン市にあるベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Ngoc Dung会長は述べた。 多くのベトナム人はオンラインショッピングを信頼していない。 VECITA のレポートによると、インターネットユーザーの44%に当たる1400万人が、オンライン取引を行ったことがないとしている。 Neilsen社の調査によると、消費者のうち22%がインターネットの情報を信じておらず、15%が流通コストについて心配をしており、11%がウェブサイト上での分かりにくい情報と検索の難しさに不満を抱いている、としている。 オンライン販売業者は、本物のような価格で偽造品を販売したり、割引適用前の価格を不当に高く表示したり、広告とは異なる品質の品物を提供したり、消費者に継続的に大量のジャンクメールを送りつけたりして、消費者を悩ませている。 VECITA南部事務所のNguyen Thi Hanh所長は、政府は電子商取引業者に対し、政令52号、77号により、電子メールを送りつける前に消費者の許可を得ることを命じた、と述べた。しかしこの政令はまともに遵守されていない。 VECITAでは次に、モバイル端末での電子商取引の管理に関する法令案を起草しており、現在、政府承認を求める前に、企業からの意見を募っているところとしている。 もっと見る
2015/12/23 06:02 da:20 facebook:0 twitter:0 eコマース 消費者 オンライン サイト 商取引 ビジネス Tweet

Thailand

bangkok.keizai.biz  バンコクで日本の生鮮食品・加工品テスト販売サービス  ↑0 ↓0
日本の鮮魚などの海外販路拡大サポート業務を手掛けるepoc(東京都港区)は9月4日、バンコク市内2カ所で日本から輸入した生鮮食品・加工品などのテスト ...
2018/09/11 17:42 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  “食の海外進出プラットフォーム”を展開するepoc(エポック)、タイ「バンコク」で生鮮食品・加工品の“テスト ...  ↑0 ↓0
epocは「食で世界をつなぐ」を使命と考え、食分野の海外進出プラットフォームの世界展開を目指しています。特に日本とタイにおいて、日本食材の調達から輸出 ...
2018/09/04 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Singapore

asiax.biz  昔ながらの生鮮食品ホーカー、後継者難で減少傾向に  ↑0 ↓0
シンガポール環境庁(NEA)から免許を受け営業している、野菜、食肉などを売る生鮮食品ホーカーは2006年の6,264店に対し16年は12%減の5,485店。
2017/11/07 11:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ca-girlstalk.jp  最短1時間以内に生鮮食品から日用品までお届け! 買い物代行サービス「オネストビー」が日本上陸!  ↑0 ↓0
そんなとき「代わりに買い物してくれる人がいたらなぁ」そう思う人もいるのでは? そんな中、シンガポール発の買い物を代行サービス「オネストビー」が日本に ...
2017/07/24 11:03 da:- facebook:0 twitter:0 買い物 サービス オネスト 生鮮食品 お届け 日用品 Tweet
毎日新聞  特殊コンテナ実証実験 町産イチゴと水菜をシンガポールへ輸出 /福岡  ↑0 ↓0
大刀洗町は9日、総合商社「日通商事」が開発中の特殊なコンテナを使った生鮮食品輸出の実証実験に参加し、町産のイチゴと水菜をシンガポールに向けて発送 ...
2017/02/10 15:33 da:83 facebook:0 twitter:0 コンテナ イチゴ 生鮮食品 大刀洗 Tweet
ASEAN PORTAL  イオン北海道がシンガポール等に向けて海外おみやげ宅配便を開始  ↑0 ↓0
イオン北海道株式会社は、北海道内の9店舗において北海道の冬の味覚を海外へ届ける事を目的として、外国人観光客に向けて生鮮食品の「海外おみやげ宅配 ...
2016/11/29 18:55 da:23 facebook:0 twitter:0 北海道 イオン おみやげ 生鮮食品 観光客 外国人 Tweet
compathy.net  シンガポール人の台所、ウェットマーケットに行ってみよう!  ↑0 ↓0
シンガポールの「ウェットマーケット」とは、魚や肉、野菜、果物など生鮮食品を取り扱う市場のことです。ウェットマーケットはシンガポール国民の台所。市場なので ...
2016/11/19 08:00 da:43 facebook:0 twitter:0 マーケット ウェット 生鮮食品 Tweet
nagoyatv.com  中部国際空港でシンガポール渡航者向けに松阪肉を販売  ↑0 ↓0
中部国際空港で20日から、シンガポールへの渡航者限定で松阪肉が販売されることになりました。松阪肉が販売されるのは、中部国際空港の国際線出発エリアの生鮮食品販売コーナーで、各国のサミット関係者へ三重県をPRするのも狙いの一つです。松阪肉は600グラムで1万8000円。日本を訪れる渡航者の中で給料水準が高いシンガポールへの直行便利用者限定で、毎日午前7時から10時まで販売され、購入者の検疫手続きは必要ないということです。中部国際空港は今後、農産物や水産物の取り扱いも始めたいとしています。
2016/05/20 08:26 da:66 facebook:- twitter:0 国際空港 エリア 国際線 Tweet
singapore.keizai.biz  伊勢丹シンガポール・産地直送サービス開始 日本の生鮮食品を翌々日に現地へ配達  ↑0 ↓0
シンガポール伊勢丹が1月9日、ヤマト運輸、ANAカーゴと連携して産地直送のお取り寄せサービスを始めた。伊勢丹のECサイト「I ONLINE」上に越境ECサイト「ISETAN JAPAN DIRECT」を新設し、日本の旬の食品を保冷の状態で出荷の翌々日にシンガポールに届く「お取り寄せ」モデルをスタートした。
2016/01/11 10:30 da:68 facebook:3 twitter:0 伊勢丹 サービス 取り寄せ サイト カーゴ 翌々日 Tweet

Philippines

nna.jp  テイクオフ:週末になると、マニラ首…  ↑0 ↓0
週末になると、マニラ首都圏パサイ市のカルティマール市場に自転車で通っている。お目当ては、生鮮食品や日本食材ではなく、植物や園芸用品。ペットコーナー ...
2018/11/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  地場EC、年内に利用者530万人へ  ↑0 ↓0
フィリピンで電子商取引(EC)サイトを運営するアドボモールは、2018年末までに利用者を530万人に拡大したい意向を示した。生鮮食品の提供などサービス拡大 ...
2018/05/11 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
at-s.com  低温物流サービス参入 鈴与のフィリピン現地法人  ↑0 ↓0
鈴与のフィリピン現地法人は17日までに、首都マニラに隣接するマカティ市に冷温設備の倉庫を配置し、生鮮食品などを温度管理して輸送する低温物流サービス ...
2017/04/18 08:37 da:- facebook:0 twitter:0 サービス 生鮮食品 マニラ Tweet

Myanmar

日本経済新聞  ミャンマーに生鮮供給網 地元財閥ダゴンや双日  ↑0 ↓0
東南アジアの後発国ミャンマーで生鮮食品を都市に届ける供給網作りが始まった。地元財閥ダゴン・インターナショナルは近代的な青果卸売市場を設け、食品加工 ...
2018/06/26 19:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  双日、ミャンマーで食品輸送拡大 トラック台数2倍  ↑0 ↓0
双日はミャンマーで食品輸送事業を拡大する。保有するトラックを5年後をめどに約2倍に増やす方針。従来は加工食品のみだったが、生鮮食品の取り扱いも始め ...
2017/03/12 23:37 da:87 facebook:0 twitter:0 トラック 取り扱い 生鮮食品 Tweet

Malaysia

newsclip.be  大和ハウス、クアラルンプール郊外にマルチテナント型物流施設  ↑0 ↓0
近年マレーシアで需要が高まっているコールドチェーン(生鮮食品や冷凍食品などを産地から消費地まで所定の温度を保ったまま流通させる仕組み)に対応した ...
2018/11/29 00:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  イオンが東マレーシア初出店、20日開業  ↑0 ↓0
イオンマレーシアは20日、サラワク州クチンに「イオン・クチン・セントラル」を開業する。同社が東マレーシアに進出するのは今回が初めて。生鮮食品や衣類、家具、家電など幅広い商品を取り揃えるほか、調理済み食品の販売やイートインコーナーの運営にも注力する。ボルネオ・ポスト(電子版)が伝えた。 テナントスペース130 ...
2018/04/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  ヤマト、マレーシア向けに国際クール便  ↑0 ↓0
ヤマト運輸はマレーシア向けに「国際クール宅急便」のサービスを28日から始めると23日発表した。日本から発送した生鮮食品を翌々日の午前中から宅配する。ヤマトの国際保冷サービスは香港と台湾、シンガポールに続き4カ所目で、日本食の人気で日本の農水産物の需要が高まっていることに対応する。 マレーシアの首都クアラルンプール周辺と近郊のプトラジャヤ、リゾート地のペナン島周辺の3地域限定でサービスを始める。荷物の縦・横・高さの合計が1メートル以内で、重さが10キログラムまでの場合、料金は1万8450円となる。
2016/03/23 19:07 da:87 facebook:13 twitter:0 クール 翌々日 午前中 生鮮食品 宅急便 ヤマト運輸 Tweet
時事ドットコム  ヤマト運輸、マレーシア向け「国際クール宅急便」を28日開始=4カ国・地域目  ↑0 ↓0
ヤマト運輸は23日、日本から生鮮食品などを保冷輸送で海外に届ける「国際クール宅急便」について、マレーシア向けの取り扱いを28日に始めると発表した。個人同士の荷物だけでなく、日本食の人気が高まるマレーシアで外食産業を営む事業者に食材を届ける需要が今後さらに旺盛になると見込む。(2016/03/23-17:05)2016/03/23-17:05
2016/03/23 18:11 da:74 facebook:- twitter:- 宅急便 ヤマト運輸 クール 取り扱い 生鮮食品 Tweet

Indonesia

ind-news.asia  インドネシア 2月のインフレ率 前年比4.42%に  ↑0 ↓0
インドネシア中央統計庁(BPS)は3月1日、同国の先月のインフレ率について、前年比4.42%、前月比マイナス0.09%と発表した。なお、昨年末から2月末にかけてのインフレ率は0.42%で、若干のインフレとなっている。ロイター通信社は、先月の同国のインフレ率を前年比4.35%と予測していたが、実際には同社予測の数値を上回った。また、先月のインフレ率は、1月の年間インフレ率4.14%を上回る形となった。また、2月は、生鮮食品とエネルギー価格の変動を除いた「コアインフレ率」が前年比で3.59%、前月比で0.31%となり、コアインフレ率は、前年比のみならず、前月比も上昇した。先月のデフレは、食品と電気料金の値下がりが要因かなお、2月のインフレ率が前年比でマイナスとなった要因としては、食品と電気料金の値下がりによるものと見られている。2月は、前月比でデフレとなったものの、前年比ではインフレ率が上昇した形となっている。その要因としては、昨年の1月から2月にかけては、燃料価格が急激に下落したため、その反動によるものと見られている。外部リンクINDONESIA INVESTMENTShttp://ww もっと見る
2016/03/03 01:41 da:16 facebook:4 twitter:0 インフレ マイナス Tweet

Cambodia

nna.jp  食品卸フンタイ、生鮮小売り店を来月開業  ↑0 ↓0
カンボジアの食品卸売り大手フン・タイは来月、首都プノンペンに自社運営の生鮮食品の卸売り店舗「フレッシュマート」を開業する。事業拡大の布石にしたい考え。
2017/06/27 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 卸売り フレッシュ マート 生鮮食品 プノンペン 小売り Tweet