7.4771609306335

Vietnam

sanyonews.jp  躍進のベトナム OIBA経済視察(中)新市場 購買力高まり内需商機  ↑0 ↓0
衣料や雑貨を扱う店が軒を連ねるベトナム中部・ダナン市の商業地区。女性向けブランド「NEM(ネム)」... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、 ...
2019/03/10 16:18 da:- facebook:0 twitter:0 新市場 購買力 ダナン ブランド Tweet
nikkan.co.jp  コイズミ照明、ベトナムで照明販売 TPP加盟で購買力拡大にらむ  ↑0 ↓0
コイズミ照明(大阪市中央区、梅田照幸社長、06・6266・8141)は、ベトナムの照明事業に参入する。月内にホーチミン市に販売会社を設立する。ベトナム経済は ...
2019/01/11 05:01 da:- facebook:0 twitter:0 購買力 ホーチミン Tweet
sankei.com  【千葉知事会見抄録】「カジノ」今回は視察しない  ↑0 ↓0
森田健作知事「今年度の海外トップセールスで11月15~21日、シンガポールとベトナムを訪問する。シンガポールは購買力のある富裕層が多く、食品の輸入規制 ...
2018/06/25 07:07 da:- facebook:0 twitter:0 カジノ 森田健作 今年度 トップ セールス 購買力 Tweet
biz.searchina.net  [ベトナム株]テト期の購買力、前年比+10%増  ↑0 ↓0
財務省はこのほど、2018年テト(旧正月)物価状況報告書を政府に提出した。それによると、テト期間中の消費者購買力は普段に比べて+12~15%、前年のテト期に比べて+10%増加した。購買力の高かった製品は酒類やビール、ソフトドリンク、生鮮食品など。 購買力上昇の要因として、2017年の経済の好調な成長や ...
2018/02/26 19:52 da:- facebook:0 twitter:0 購買力 財務省 このほど 旧正月 報告書 期間中 Tweet
nna.jp  テト期の購買力、前年比10%増=財務省  ↑0 ↓0
ベトナム財務省がこのほど政府に提出したテト(旧正月)期の物価および物価安定策に関する報告によれば、期間中の購買力は普段に比べて12~15%、前年のテト期に比べて10%上昇した。21日付トイバオキンテー電子版が報じた。 財務省は、購買力上昇の主な原因として、2017年の工業… 関連国・地域: ベトナム.
2018/02/23 00:10 da:- facebook:- twitter:- 購買力 財務省 このほど 旧正月 期間中 Tweet
nna.jp  韓国化粧品メーカーの進出相次ぐ、注意点も  ↑0 ↓0
韓国の化粧品メーカーによる、ベトナム進出が相次いでいる。韓流が人気を集め、消費者の購買力が増しているベトナムは、化粧品メーカーには魅力的な市場だ。
2017/08/16 00:05 da:- facebook:0 twitter:0 メーカー 化粧品 購買力 消費者 Tweet
nna.jp  【製造業の未来】シーメンス、新興国で実績 東南ア5カ国巡回で商機探る  ↑0 ↓0
【シーメンス(上)/ベトナム】数十億人の消費者が購買力を高めつつあるアジア。刻々と変化しながら多様化する人々の好みに対応するため、製造業者は「多品種 ...
2017/06/26 00:00 da:- facebook:0 twitter:0 製造業 シーメンス アジア 多様化 購買力 新興国 Tweet
アパレル・リソース  国内企業は地方小売市場に注目  ↑0 ↓0
外資系ライバル企業との競争が熾烈化する中、国内企業は、地方小売市場を発展させる道を模索している。 外資系企業は小売市場のうち、トレードセンターやスーパーマーケットで17%、コンビニエンスストアで70%のシェアを占めていることが商工省の統計により明らかになった。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長が「商工」紙に語ったところによると、自由貿易協定に署名し、顧客にとって魅力的な政策を実施したことにより、ベトナムでは小売市場がより魅力的になったという。 外資企業の中には、小売市場を制するためにベトナムでの店舗数を増やしているところもある。 例えば、日本の小売大手イオンはベトナムに4つの商業施設を開設しており、2020年までに20に増やす計画を立てている。 日本のコンビニチェーン・セブンイレブンもまた、ホーチミン市に店舗を開設する計画を昨年2月に発表している。 韓国のロッテやタイのセントラル・グループなど、その他の国際グループもベトナムにおける市場シェアを拡大し、数年以内に店舗数を2倍〜3倍に増やす計画を立てている。 そのため、地方における商品流通の拡大が国内企業の競争力を高める方法であると考えられている。 実務研修・支援センターのVu Kim Hanh会長は、地方には高い可能性があると語った。 もし国内企業がこのセグメントを制圧するチャンスを逃してしまえば、外国企業が入り込んでしまうだろうと彼女は述べた。 商工省国内市場部のVo Van Quyen部長によると、黄金の人口構成や増えつつある地方収入が、地方市場の魅力となっているという。 地方の平均購買力は近年15%増加しており、ベトナム小売業者は商品を正当な価格で販売すれば地方市場を守ることができるだろうと彼は述べた。 この市場を制するべく、Vingroupは地方にスーパーマーケット70-80店舗と商店1500店舗を追加で設置する計画を立てている。 一方、サイゴン商業共同組合連合(Sai Gon Co.op)は、生活必需品をスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売することにより地方市場に介入する戦略を立てている。   もっと見る
sankeibiz.jp  ベトナム、都市部女性8割が化粧品購入 社会進出進み購買力向上  ↑0 ↓0
ベトナムは、主要都市に在住する女性の8割が昨年1年間に化粧品を少なくとも1つ以上購入した-。こんな調査結果を米市場調査会社カンター・ワールドパネルの ...
2017/02/23 05:07 da:71 facebook:0 twitter:0 化粧品 ワールド パネル 市場調査 購買力 カンター Tweet
newsalt.jp  2050年のGDP予想 インドやベトナムが急成長 日本は8位に  ↑2 ↓2
最も順位を上げると予想した国はベトナムで、現在の32位から20位に上がるとした。 同リポートでは、GDPを購買力平価(PPP)に基づいて計算している。2016年 ...
2017/02/15 09:31 da:26 facebook:0 twitter:0 購買力 リポート インド Tweet
アパレル・リソース  上半期のアパレル輸出、126億米ドル  ↑0 ↓0
7月21日にハノイ市で開かれたベトナム繊維協会(Vitas)の記者会見で今年上半期の繊維産業の実績を振り返る中でこの数字が発表された。 同協会によれば、今年上半期の繊維産業の成長はほとんどが海外直接投資企業(FDI)によるものだったという。さらには、今後8月以降、事態はさらに悪化し、海外市場の消費冷え込みのために、中小企業は閉鎖しなければならないところも出てくるかもしれないとした。 同協会はさらには、状況に変化が見られないならば、今年の繊維産業全体の輸出総額は目標を20億米ドル下回る290億米ドルになる可能性があることを明らかにした。 同協会Truong Van Cam副会長は、海外市場の購買力の低下に加え、少ない注文の奪い合いのためにベトナムの繊維企業は厳しい局面を迎えていると述べた。 各企業が苦境に立っている理由の一つには米ドルに対するベトナム・ドンの安定政策があり、ベトナム製品の競争力がインド、バングラ、アセアン各国、中国などに比べて低下していることを彼は認めた。 もっと見る
2016/07/25 11:01 da:22 facebook:0 twitter:0 米ドル 上半期 購買力 副会長 奪い合い 競争力 Tweet
アパレル・リソース  英国のEU離脱に伴う地元アパレル産業への影響を専門家が指摘  ↑0 ↓0
専門家によると、英国のEU離脱が今年第4四半期にもベトナムの繊維・アパレル産業に直接影響を及ぼす可能性があるという。 2015年、ベトナムの繊維・アパレル輸出売上においてEUは約19~20%を占めたが、そのうちイギリスは約4%の寄与割合であった。 ベトナム繊維協会(Vitas)といくつかの地元アパレル企業の代表は、この問題についてベトナムニュース機関の記者に対し、次のように語った。   Vitas会長Vũ Đức Giang氏 英国のEU離脱はポンドとユーロの切り下げによって価格に影響が及び、間違いなく繊維・アパレル輸出業者にインパクトを与えることになるだろう。 今後の政治的な変化もEUと英国の顧客の購買力に影響を与えることになる。 これらの問題は、ベトナムの繊維・アパレル企業に直接的なインパクトをもたらす。例えば為替レートの変動を理由として材料価格の見直しが求められ、2016年第4四半期以降の原材料価格にも直接的な影響が出る。こうした状況は、2017年以降の企業の長期的な輸出受注にも悪影響を及ぼすであろう。 英国のEU離脱は、EU輸出市場と、EU及び英国に対する輸出製品の構造の変化にもつながる。英国のEU離脱が決議される前は、ベトナムのアパレル輸出はイギリスを含むEUに出荷していたが、今後英国はEUを離脱するために、ベトナム・EU間自由貿易協定に見直しが入る可能性が高く、ベトナムにおける英国のEU離脱の影響はまだまだ不透明である。 英国のEU離脱は短期的にはアパレル部門の生産やビジネスだけでなく、ベトナム人労働者の雇用にも影響を与え、最終的にはEUに対する今年の輸出成長率に波及することが予想される。 英国のEU離脱の影響を限定的なものにするには、イギリスやEU市場に輸出している企業は、米国、韓国、日本などの従来の市場だけでなく、新製品を投入してロシアや東欧などの新市場でのシェアを拡大することに集中する必要がある。 企業ではまた、自由貿易協定の効果を最大限に活用するためサプライチェーンを構築し、新旧市場に多様な製品を投入する必要がある。 また、英国のEU離脱のインパクトを最小限に抑えるため、英国以外のEU加盟国からの輸入業者との交渉に慎重になる必要がある。 一方政府は、その他のEU加盟国との貿易協定締結プロセスを加速させる必要があり、またベトナム・英国間自由貿易協定とベトナム・EU 間自由貿易協定の相違点について明確にするため英国と会談を持ち、速やかにその結果を企業に通達しなければならない。   Agriculture Garment株式会社社長Phan Thế Vịnh氏 どんな変化であれ正と負の影響があるため、英国のEU離脱はベトナムを含めて、英国に製品を輸出している国々に何らかの影響を及ぼすであろう。Agriculture Garment株式会社は、主にドイツ、イタリア、ポーランドに製品を輸出しているが、英国には何も出荷していない。 しかし英国のEU離脱は英国をニッチ市場として検討するAgriculture Garment株式会社を含む中小企業にビジネスチャンスを提供するだろう。 ベトナムの輸出業社は、繊維・アパレルを含む製品を英国へ輸出することを推し進めるための良いチャンスとしてこの変化を見ていく必要がある。   Trí Đức有限会社社長Đỗ Huy Trung氏 ベトナムの繊維・アパレル企業は、主にドイツ、ポーランド、スペインに対して製品を輸出しており、英国にはほとんど出していないため、EUを離脱するという英国の決定は当初、ベトナムのアパレル輸出にほとんど影響を与えないだろうとされていた。 今のところ英国のEU離脱に関連した顧客からのフィードバックは何もない。 Trí Đức有限会社ではこれまで、英国から受注を受けたことがないものの、英国のEU離脱は、対米ドルでのポンドの切り下げのインパクトにより、国内のアパレル企業を含め、輸出業者に影響を与える可能性がある。 また、英国がEUを離脱する際、ベトナムと英国は金融や銀行業務サービスの規定を再交渉する必要があるだろう。   もっと見る
2016/07/05 06:01 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル インパクト イギリス 可能性 Garment 見直し Tweet
アパレル・リソース  縫製産業が英国のEU離脱の影響に備えた動き  ↑0 ↓0
英国のEU離脱の決定を受け、ベトナムの繊維産業はすでにその影響を考慮し、負のインパクトにも耐えられるような対策を講じようとしている。 ベトナムのEUへの縫製製品輸出は総出荷額のおよそ20%に上り、英国向けが4%を占める。 ベトナム繊維協会(Vitas)のVu Duc Giang会長は、英国のEU離脱は英ポンド、ユーロ安で価格の変動が見込まれることから、繊維輸出に確実にインパクトを与えることになるだろうと話した。 英国、ヨーロッパの消費者の購買力も変化するだろうとGiang会長は話す。原材料価格も為替レートの変動により再交渉が必要となり、そのため、今年第4四半期以降には企業に影響が出始め、2017年には受注の中断にもつながりかねないという。 さらには、ベトナム・EU自由貿易協定の見直しもありうるという。英国のEU離脱がベトナムにどの程度の影響を与えうるかは不透明だとGiang会長は言う。 短期的には、英国の離脱で縫製分野の生産と売り上げ、そしてベトナム人労働者の雇用に直接的な影響が出、最終的には今年のEUへの輸出成長率に影響することが見込まれる。 こうした負のインパクトを最小限に抑えるため、英国及びEU市場に輸出している企業は米国、韓国、日本といった従来からの市場により注力する必要がある。また、ロシア、東欧といった新市場でのシェアを新たな製品で拡大していくことも必要となる。 企業はまた、旧来からの市場においても、新市場においても、現在締結されている自由貿易協定を最大限に活用できるようサプライチェーンを構築していく必要がある。 加えて、英国のEU離脱の影響を最小限とするために、EUの他加盟国の業者との交渉においては注意深いアプローチを取るべきであろう。 政府は、残るEU加盟国との貿易協定の調印プロセスを加速させる必要がある。また、政府はベトナム・英国自由貿易協定とベトナム・EU自由貿易協定の違いについて英国政府と協議を行い、ベトナム企業にその内容を知らせる必要があるだろう。 Agriculture Sowing株式会社Phan The Vinh社長は、英国がニッチマーケットとなりうることから、英国のEU離脱は中小企業にとってはチャンスであると話す。 Tri Duc社のDo Huy Trung社長は、英国のEU離脱は企業に多かれ少なかれ影響を与えるだろうと語りつつも、正式な英国離脱の交渉はまだ始まっていないとしてそれ以上のコメントはしなかった。   もっと見る
2016/07/01 13:05 da:23 facebook:0 twitter:0 インパクト 新市場 加盟国 最小限 ポンド アプローチ Tweet
アパレル・リソース  Parksonがライバルであるショッピングモールの後塵を拝する  ↑0 ↓0
マレーシアの小売グループParksonはベトナム消費者の買い物習慣を満足させられなかったため、そのショッピングモールは最終的に閉鎖に追い込まれる前にはゴーストタウンのようになっていた一方で、Aeon、LotteやSaigon Co.opは消費者に好意的に受け入れられ、開発のペースを速めるよう求められている。 ホーチミン市の富裕層エリアで5年間稼働した後、Parkson Paragonは先週ついにそのシャッターを下ろした。Parksonはこの閉鎖に対して理由を示さなかったものの、業界内部関係者やライバル企業らは、このショッピングモールでは集客が振るわなかったことを考えると、今回の閉鎖に驚きはなかったと述べた。昨年は特にParksonにとって試練の年で、ハノイのKeangnamランドマークタワー内のショッピングモールも閉鎖された。 ベトナム小売業協会(VSA)のDinh My Loan会長は、近年ベトナムのショッピングモールは、その規模の面でも数の面でも盛況となっているが、購買力が、例えばTrang Tien Plaza、Grand PlazaやHang Da Galleriaなどのモールにある商品の価格に見合っていないため、多くが生き残るのに苦戦している、と述べた。 Cushman & Wakefield Vietnamリテール・ビジネス開発部門のMai Voマネージャーは、顧客の最近の購買トレンドによると、1つの場所で様々なカテゴリの商品を提供するようなショッピングモールに人気がある、と述べた。 「Parksonはベトナムに早いタイミング(2007~2010年)で進出した際、当時の小売市場がまだまだ空白地帯であったため、大きな市場シェアと利益を獲得することができました。しかし彼らの紋切り型のやり方では、買い物からエンターテイメント、食べ物や飲み物まで1ヵ所でお客様がすべてのニーズを満たすことができるような現代のショッピングモールには太刀打ちすることができませんでした。」とVoマネージャーは述べた。 Voマネージャーはまた、顧客のニーズに応えるようなワンストップショッピング環境は、新型ショッピングモールでしか提供できなかった、とした。最近オープンしたショッピングモールでは、多くの中間所得層の顧客を惹きつけるため、より多くのアトラクションを取り入れ、売り場構成をうまく配置している。これは、高級ブランドや、顧客の日々の買い物ニーズに合わない商品のみをただ提供する旧型ショッピングモールとは全く対照的である。 このような小売トレンドについてAeon Vietnamの小西幸夫代表は、「これらの事例においてなぜそれが起こったのかを理解するのは容易で、その投資家らはプロではないためです。ショッピングセンター業は複雑であるため、この部門は臆病では務まりません。」と述べた。 特にAeonでは、2020年までにベトナムで20のショッピングモールを展開する計画を立てている。Aeonの戦略においては、Aeonグループのビジネスモデルを展開することを支援できるような地元のパートナー企業を探すこととしている。独自の路線を打ち出し、現地スタッフをトレーニングすることもまた、グローバル市場で日本の小売業者が成功するための重要なポイントである。 CBRE AsiaのLeanne Mitchell資産管理ディレクターによると、ショッピングセンターを管理することは一種の芸術であるとした。それを成功させるためには、オーナーは市場に対して鋭い視野を持っている必要がある。 「オーナーらは、対象とする顧客を理解し、彼らの消費トレンドに適応し、顧客のライフスタイルや収入に関する知識を習得した上で、ターゲットとすべき市場セグメントを決定しなければなりません。」とMitchell氏は述べた。 Lotte Vietnam ShoppingのHong Won Sik最高経営責任者(CEO)は報道機関に対し、2020年までにベトナムで60のショッピングモールを運営するというLotteの野心的な計画に対して、同社の最新のショッピングモールは大きな一歩となった、述べた。 「目標を達成するために、Lotte Martでは毎年4~5ヵ所の新しいショッピングモールをオープンしていきます。我々はまた、(目標達成までの)時間を短縮するために、合併・買収(M&A)を積極的に推進したいと考えています。」とSik CEOは続けた。 Saigon Co.op Investment Development JSC社とSingapore’s Mapletree Investments Pte Ltd 社との合弁会社であるSC VIVO のPhan Thanh Duyセンター長はVIR(ベトナム投資評論誌)に対し、「ホーチミン市7区でのショッピングモール落成に続き、来年はバンメトートとホーチミン市にさらに複数のモールをオープンする計画としています。この旗艦店は1億米ドルもの費用が投じられました。」と述べた。 Mapletree社によると、SC VivoCityは4月の開業以来、1ヶ月あたり平均で70万人の買い物客を集めることに成功している。また今日までに、44万1000平方メートル超の賃貸エリアの90%が成約している。 もっと見る
2016/06/02 06:03 da:22 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング 買い物 ニーズ トレンド オープン Tweet
アパレル・リソース  納入業者らがBig Cの過剰要求に抗議(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   将来への備え 近年ベトナムの小売企業は、多くの合併・買収(M&A)が行われたのに伴い、他の小売業者の良い事例を模倣し始めた。 市場調査会社NeilsenベトナムのNguyễn Hương Quỳnh社長は、より自由化された貿易環境のもとでは、ベトナム企業はビジネスチャンスだけではなく、多くの課題にも直面していると述べた。 外国製品に打ち勝つには、国内企業は製品の品質を改善し、リーズナブルな価格を維持するだけではなく、市場における競争力を強化しなければならない、と彼女は述べた。 「最も重要なことは、外国のライバル企業との戦いに向けた準備において、ベトナム企業が主導権を取っていく必要がある、ということです。」とQuỳnh氏は続けた。 最近のタイ、日本、フランスなどの外資系小売企業の進出は、ベトナム小売部門におけるシェア争いを過酷なものにしている。 ベトナム小売部門は、9000万人の人口による強い購買力に支えられ、未開拓の大きな可能性を秘めている。 しかし地元の小売業者はまだ格下であり、いくつか企業では支援を求めている。 ホーチミン市商業組合連合は、最近内閣総理大臣に書面を送付し、外資系小売企業による国内市場支配に起因するリスクについて訴えた。 この組合ではまた、(国内企業に対して)より有利なビジネス環境をサポートするよう呼びかけている。 組合によると、近代的な小売業態での販売はベトナムにおける小売業総売上額のわずか25%しか占めていない。 さらに(ベトナム小売企業は)、32の店舗を持つBig Cや、19店舗のMetro、11店舗のLotte Mart、そして3店舗のAeonなどの外資系小売業者とのますます厳しくなる競争に直面している。 フランス第4位の小売企業であるSuper Auchanもまた、ホーチミン市にスーパーマーケットチェーンを展開しようとしている。 加えて、AeonによるFivimartとCitimartの買収、タイグループによるBig CとMetroの取得を含む一連のM&Aが起きている、と組合は指摘した。 地元小売業者は消費者の信頼を獲得し、ブランドを確立するために、生産者と協働してベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築する必要がある、と専門家らは述べた。 エコノミストのLý Trường Chiến氏は、ベトナムの小売業者はオペレーションモデルを改善し、コンビニや小規模マートの開発など、近代的な小売業運営技術やトレンドを採用するべきである、と述べた。 一方で、商工省の国内市場部門Võ Văn Quyền部長は、外資系小売業者による店舗開業は大きな問題ではない、とした。 地元の小売業者にとってそれは、自らの競争力を向上させ、競争に敗北した結果として閉鎖や倒産に追い込まれるような事態を未然に防ぐチャンスが提供されるということである、という。 消費者にとっても、外資系小売業者は高品質な商品をベトナムに持ち込み、商品棚にある商品の品質をアップグレードすることによって、メイド・イン・ベトナム商品の質の向上に貢献するのだ、とQuyền氏は述べた。 もっと見る
2016/05/24 12:08 da:19 facebook:0 twitter:0 ホーチミン フランス チェーン 競争力 消費者 ビジネス Tweet
アパレル・リソース  小売店がホーチミン市のショッピングモールから続々撤退(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   長期投資? Viet Fashion Corp.のNguyen Huu Phung社長は、多額の損失や高額の賃料にもかかわらず地元の小売業者は商圏を拡大し、自社ブランドの販売を促進するため、ショッピングモールで店舗運営を維持するよう最大の努力を払っている、と述べた。 「一方で良い立地に店舗を構えるために必要な、豊富な資本を有する外国人投資家にとっては、ベトナム経済に春がもどってくるのを待つのはそう難しいことではありません。」と彼は述べた。 ホーチミン市不動産協会(HoREA)のLe Hoang Chau会長は、人口1000万を超える大都市は、ショッピングモールにとって安息の地であると主張した。 しかし、住民が低所得であることによりその購買力は閉塞しており、モールでの買い物から足を遠ざけさせている。 こうした大きなハードルがあるにもかかわらず、多くの企業が長期的な成長のためにモールでのショップ運営を継続している。 「多くの国内外の小売業者は、最高の小売スペースを獲得するために競ってきました。そしていくつかのブランドが、それはほとんどが外国ブランドなのですが、小売市場を支配するようになってきました。」とChau会長は強調した。 ショッピングモール併設のアパートは、併設なしの建物より高い価格で販売されている。 最近では多くの商業施設が今日の消費者購買のトレンドに合わせるため、リニューアルを行っており、その中でも幅広いアイテムや娯楽サービスを提供する大規模なショッピングモールが優勢となっている。 新しい商業プロジェクトでは顧客をひきつける主要な分野として、レストラン、カフェ、ゲームエリア、および電機ショールームを拡充してきた。 2区に位置するVincomメガモールでは、ホーチミン市初のアイススケートリンクを運営している。 また、Tan Phu地区にあるイオンモールCeladonは、ハイテクゲームで若い顧客をひきつけている。   2015年第4四半期にホーチミン市のリテール市場は、Pearl Plaza、Coop Mart Van Thanh、Coop Mart Nguyen Binh、Vincom Mega Mall Thao DienとEmartという5つの新規参入者を受け入れた。 ホーチミン市の総小売面積は、2015年末には約100万平方メートルとなり、都心エリアの供給は2015年第3四半期と比較して18%も増加したものの、ダウンタウンエリアでは同期比12%の減少となった。 もっと見る
2016/05/17 12:01 da:19 facebook:0 twitter:0 モール ショッピング ホーチミン エリア ブランド 四半期 Tweet
アパレル・リソース  小売企業は成長の時を迎えている  ↑0 ↓0
専門家らはベトナムの小売企業は「成長」し、より現代的な商習慣を採用すべきであると話す。 彼らの提言のひとつは、ベトナムの小売業者は流通を通じて国内生産を促進し、現在の合併・買収(M&A)ブームの中、海外のライバルと競合していくべきというものである。 ベトナムが複数の新たな自由貿易協定を締結することで現在進んでいるタイ、日本、フランスといった海外の小売業者の参入は、ベトナムの小売部門でのシェア獲得競争を激化させた。ベトナム小売市場は9000万人の購買力の高い人口を擁する可能性の高い市場であると認識されている。 しかし、国内の小売業者はそのレースに敗北しつつあり、瀕死の状況下の企業もある。 ホーチミン市のビジネス協会は最近、海外小売業者による国内市場の占有によるリスクについての文書を首相に送付し、よりよいビジネス環境への支援を求めた。 同協会によると、ベトナムでは32店舗を擁するBig C、19店舗を有するMetro、11店舗のLotte Mart、3店舗のイオン等の外資系小売業者との熾烈な競争に直面しつつも、現代的な小売業による売上は全体の25%を占めるにすぎず、その割合は下がりつつあるという。加えて、フランスで第4位の小売業者Super Auchanがホーチミン市でスーパーマーケットチェーンの展開を計画中である。 さらには、イオンによるFivimartとCitimartの株式買収やタイの企業グループによるBig C、Metroの買収など、数々の合併・買収が進みつつあり国内小売業者にはより困難な状況となるとビジネス協会は予測している。 外資系小売業者による市場の占有は、品質と価格の面で優位性のあるタイ製品や日本製品といった海外製品の流入を招き、国内生産に悪影響を及ぼすとしている。政府の「ベトナムはベトナム製品優先」プログラムも期待されたほどの効果を上げていない。 ビジネス協会のPham Ngoc Hung副会長によると、多くの国内小売業者は外資系小売業者のスーパーマーケットで製品を扱ってもらうことは困難であると証言しているという。 国際的な統合が進み、2015年1月1日のベトナム小売市場の外資系企業への完全自由化以降、国内小売業者を保護するための政策が不足しているとビジネス協会は主張する。 ビジネス協会では、新規外資系小売店舗の際限のない開店を防止するための規制の導入や、外資系店舗の既存の流通、競争に関する規制の遵守状況を監視することを提案している。 また、ベトナム競争委員会は最近、ベトナムの競争法に基づき、タイ企業TCC Holding CompanyによるMetroの買収についての詳細を求めた。   成長の時 一方、商工省国内市場部のVo Van Quyen部長は「先鋒」紙に外資系小売業の開店は警戒すべきことではないと話したと報じられている。 国内の小売業者にとって、外資系業者の進出は競争力を強化し、競争に敗北することによる閉店や破産を防ぐ結果となる。消費者にとっては、外資系小売業者は高品質の外国製品をベトナム市場に導入し、それがベトナム産製品の品質を向上させることにもつながるとQuyen部長は述べている。 加えて、ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、ベトナムの小売業者は事業モデルを現代化し、相互に協力しコンビニエンスストアやミニマートの展開など、現代的な小売技術を活用するようにすべきであると述べている。 Loan会長はまた、政府は支援を提供できるが小売業者の業務を行うことはできないと指摘した。小売企業は困難な時期にあっても機能し続けるべく、自助努力を続け「成長」しなければならないと付け加えた。 国内小売業者が生産者と協力し、消費者の信頼を得るとともにブランドの確立のため、ベトナムの高品質製品のサプライチェーンを構築することも大切であるとLoan会長は話す。ハノイスーパーマーケット協会のVu Vinh Phu会長は、国兄の小売業者は相互に協力し、品質の向上、価格とカスタマーケアサービスの面で競い合うべきであると話す。 もっと見る
アパレル・リソース  韓国および中国向けのTシャツの輸出、急増  ↑0 ↓0
統計データによれば、2015年のベトナムのTシャツの輸出は数量11億100万点、金額45億4900万米ドルに達し、対2014年同期比で数量が7.2%増、金額が8.0増となった。 2015年、Tシャツはベトナムからの主要輸出アイテムの一つで、アメリカ、EU、日本市場への輸出は対前年同期比で増加した。具体的には次の通りである。 アメリカ市場へのTシャツの輸出は同製品の総輸出額の63%を占め、数量は7億3410万点、金額は28億6300万米ドルに達し、数量で6.6%増、金額で5.9%増と増加した。2015年12月単月では、同製品の総輸出の数量は63.7%、金額は55.4%を占め、対前月比で数量13.3%、金額10.2%増加し、数量7640万点、2億8430万米ドルに達した。 2016年のアメリカの経済は成長が見込まれ、国内総生産(GDP)は2008年のリーマン・ショック以前の3%にはわずかに届かないものの2.5%と予測され、世界経済の成長を牽引していくだろう。労働市場は改善され、この国内需要は家庭消費によって拡大しているが、この背景にあるのが、購買力、個人収入、投資の増大である。こうした積極的な状況から2016年のこの市場向けのアパレル製品の輸出はさらに伸びると予測されている。 日本市場へのTシャツの輸出は、対前年比で数量が4.3%、金額が11.9%増となり、1億1860万点、5億4650万米ドルだった。日本の経済はいまだ多くの問題はあるものの回復基調にあり、3年間のアベノミクス政策によってデフレを脱却した。政府は、給与収入及び雇用状況が改善され、消費支出が安定していることを受け、2016年の会計年度期に実質GDPの1.7%成長、名目GDPの3.1%成長を期待している。2017年4月の消費税の10%への引上げ(現行8%)を前に消費者が消費を拡大してくれることを期待している。2016年の日本経済の成長の展望は楽観的であることから、2016年の日本へのアパレル製品輸出は引き続き伸びると予測される。 EU市場へのTシャツの輸出は、対前年比で数量が5.0%増、金額が5.6%増となり、8340万点、3億8410万米ドルに達した。このうち、いくつかの国への輸出が対前年比で増加し、イギリス22.8%増、ドイツ10.1%増、イタリア83.1%増、フランス139.2増、スウェーデン9.9増、ギリシャ12.3%増、アイルランド42.6%増、等であった。ユーロ圏の経済成長は長らく低迷しており、2015年は1.5%増とみられる。最新の予測では、2016年には1.8%増、2017年には、1.9%増と見込まれている。通貨ユーロは脆弱で、2003年以降米ドルに対して最低の水準で、輸出を振興している。欧州中央銀行(ECB)は金利を引き下げるとともに長期にわたって緩和政策を続けており、投資を促し、欧州経済を回復させようと努力している。原油価格の暴落も家庭支出の改善に一役買っている。短期的には、難民問題の動向も欧州内部での消費には積極的な要素と見られている。(2016年の欧州経済の成長の0.2%を占めるとされている)こうした新しい経済情勢から、今後のアパレル製品輸出は伸びると見られる。 注目すべきは韓国市場へのTシャツの輸出であり、対前年比で数量が18.5%増、金額が15%増とかなり増加し、4010万点、2億1060万米ドルに達した。2015年の韓国経済の成長はわずか2.6%で、韓国では2012年以降で最低の経済成長率だった。アジアでは第4番目の経済規模を誇る韓国での、2015年第4四半期の成長率は対前期比わずか0.6%で、第3四半期は1.3%だった。2015年第4四半期の消費支出は引き続き急速に増加し、輸出も堅調である。消費指標は対前期比で1.5%伸びた。2016年の展望は、韓国経済は約3%の成長が見込まれる。2016年の韓国向け繊維製品の輸出は安定すると思われる。 各企業はその他の市場へのTシャツの輸出も推し進めており、対前年同期比でオーストラリア12.2%増、アラブ首長国連邦13.9%増、パナマ11.9%増、コロンビア19.1%増、ナイジェリア641%増、サウジアラビア16.3%増、アルゼンチン28.3%増、ペルー18.1%増、トルコ41.3%増、等となった。   2015年のTシャツの輸出価格は、対前年比で0.8%とわずかに上昇し、FOB単価は4.10米ドルだった。 2015年のアメリカ市場へのTシャツの輸出は、対前年同期比で0.6%とわずかに下降し、FOB価格は3.90米ドルだった。2015年12月の同市場への輸出価格は、対前月比で5.0%下降したが、対前年同期比では2.8%下降し、FOB単価は3.72米ドルだった。 逆に、2015年の日本のTシャツの輸出価格は、対前年同期比で7.3%上昇し、FOB単価は4.60米ドルだった。2015年12月の同市場への輸出価格は対前月比で1.3%上昇したが、対前年同期比では7.9%上昇し、FOB単価4.79米ドルだった。 2015年のEU市場へのTシャツの輸出価格は、対前年同期比で0.6%とわずかに上昇し、FOB単価は4.60米ドルだった。そのうち、いくつかの国への輸出価格が対前年同期比で上昇しており、イギリス3.0%、ドイツ2.9%、イタリア1.0%、ポーランド27.1%などである。     もっと見る
2016/03/10 19:34 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル Tシャツ 対前年比 アメリカ アパレル 四半期 Tweet
sankeibiz.jp  【データで読む】ASEAN主要国の15年新車販売「まだら模様」  ↑0 ↓0
フィリピンやベトナムが好景気を背景に大幅増加を続けたのに対し、マレーシアは横ばい圏内にあり、ASEANの2大大国であるインドネシアとタイは大幅減少が続いた。 フィリピンやベトナムは、経済発展に伴い購買力のある中間所得層が形成されてきており、景気の腰折れがない限り、新車販売は今後しばらく拡大すると見る向きが多い。 一方、インドネシアは、金利引き下げや公共投資予算の執行進展など上向き材料も見られるが、1次産品の価格低迷などに伴う景気回復遅れで消費者心理が冷え込んでいることに加え、通貨ルピア安に伴う完成車値上げの影響などもあって新車販売に回復の兆しはまだ見られず、当面減少は続く見込みだ。 見方が難しいのはタイである。15年11月に新車販売台数が2年7カ月ぶりに増加に転じ、政情混乱や新車購入補助金制度終了に端を発した13年後半以降の新車販売の反動減が収束したようにも見える。反転材料としては、日系メーカーを中心としたスポーツ用多目的車(SUV)の新モデル投入が相次いだこと、15年9月の農家・中小企業支援などが盛り込まれた緊急経済対策の効果発現などが挙げられる。 ただ、今回の増加は16年1月の税制 もっと見る
2016/02/29 05:03 da:68 facebook:1 twitter:0 ASEAN 横ばい 好景気 主要国 まだら データ Tweet
アパレル・リソース  国内市場は縫製産業成長の鍵となりうる  ↑0 ↓0
人口9000万人を擁するベトナム国内市場は繊維分野の収益を向上させる鍵となりうる。 ベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長によると、アパレル製品への年間消費額は30億米ドル程度であるという。 しかし、地元紙の報道によると、国内企業のうち国内市場に興味を示しているのは20%に過ぎず、そうした企業も大都市のみを対象としており、地方では中国製品が主流となっている。 ベトナム繊維公団(Vinatex)のHoang Ve Dung副社長は「ベトナム経済時報」誌に対し、縫製産業は国内市場開発の努力をしていないと語った。 多くの企業が品質の向上や自社製品のブランドネームの構築に注力していないという。 Dung副社長は、縫製産業は購買力向上促進活動を行い、また、企業は都市部、農村部ともにスーパーマーケットや小売店での販売網を拡大し、国内市場での足場を築くべきであると話す。 ベトナム繊維協会によると、ベトナム国内の繊維・アパレル製品の消費額は年率10-15%の割合で上昇している。縫製分野の2015年の国内市場での売り上げは35億米ドルに上る。 もっと見る
アパレル・リソース  アメリカへのシャツの輸出、17.1%増加  ↑0 ↓0
統計データによれば、2015年のベトナムのシャツの輸出は1億8920万点、12億7900万米ドルに達し、対2014年比で数量が10.4%増、金額が9.2%増となった。 2015年11か月間には、アメリカ、日本、韓国市場へのシャツの輸出が対前年同期比で7.2-32.6%増加した一方、EUへの輸出は減少した。具体的には次の通りである。 アメリカ市場へのシャツの輸出は、2015年11ヶ月間における輸出総額の46%を占めて最大で、対前年同期比で数量19.9%増、金額17.1%増のそれぞれ8550万点、5億2130万米ドルに達した。 2015年11月単月ではこの市場への輸出は、対前月比で数量7.8%増、金額5.9%増、対昨年同月比で数量27.1%増、金額25.1%増で、数量736万点、金額4680万米ドルとなっている。 2016年の世界経済と米国経済の成長は、中国のような新興国経済の減速によって、2015年10月時の予測発表を下回ると見られる。2016年の世界の国内総生産は3.4%と、以前の予測を0.2%下回っている。2015年の世界の経済成長率は3.1%だった。一方で、米国経済の成長率は0.2%減少し、2016年及び2017年は2.6%とみられる。2016年の米国向けのアパレル製品輸出は安定的に成長すると予測される。 日本市場へのシャツの輸出は、対2014年11か月比で数量が14.5%増、金額が7.2%増となり、2270万点、1億7930万米ドルに達した。 韓国市場へのシャツの輸出は、対2014年11か月比で数量が14.5%増、金額が7.2%増で、863万点、5300万米ドルに達した。 一方、EU市場へのシャツの輸出は、対2014年11カ月比で数量14.8%減、金額7.8%減となり、3290万点、2億5340万米ドルだった。このうち、いくつかの国への輸出が対前年同期比で大きく減少し、ドイツ17.4%減、スペイン16.5%減、イギリス4.2%増、フランス3.6%減、スウェーデン23.3%増、イタリア45.2%減、ポーランド29.8%減、等であった。 2015年の欧州経済の成長率は1.5%だったと見られる。EUの2016年の経済成長率は1.8%、2017年は1.9%と見られている。ユーロが弱く、米ドルに対して2003年以降最安値となっているため、輸出志向になっている。欧州中央銀行(ECB)は定量的な緩和プログラムを継続するとともに利下げを決定し、投資優遇政策を採りつつ、欧州経済の回復に努めている。さらには、原油価格の下落で個人の購買力の改善が見られている。2016年の欧州向けアパレル製品輸出は回復するとみられる。 その他の市場へのシャツの輸出は、対前年同期比で急激に増加したが、その金額は低かった。具体的には、パナマ93.4%増、ブラジル108.7%増、アルゼンチン205.5%増、サウジアラビア1177.7%増、モザンビーク2831.5%増、ナイジェリア673.2%増、アンゴラ264.4%増、等となった。   2015年のシャツの輸出価格は、対前年同期比で1.1%とわずかに下降し、FOB単価は6.76米ドルだった。 2015年11か月のアメリカ市場へのシャツの輸出は、対前年同期比で2.3%下降し、FOB価格は6.10米ドルだった。2015年11月の同市場への輸出価格は、対前月比で1.8%下降、対前年同期比では1.6%下降し、FOB単価は6.36米ドルだった。 2015年11か月のドイツへのシャツの輸出価格は、対前年同期比で2.7%と下降し、FOB単価は9.48米ドルだった。2015年11月の同市場への輸出価格は対前月比で10.4%上昇、対前年同期比では4.2%下降し、FOB単価は9.77米ドルだった。 2015年11か月の日本市場へのシャツの輸出価格は、対前年同期比で6.4%下降し、FOB単価は7.89米ドルだった。2015年11月の同市場への輸出価格は、対前月比で0.3%とわずかに上昇、対前年同期比では3.9%下降し、FOB単価は7.91米ドルだった。   もっと見る
2016/02/09 12:52 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル シャツ アメリカ アパレル 経済成長率 ドイツ Tweet

Thailand

nna.jp  タイビバ、10~12月は蒸留酒好調で増収増益  ↑0 ↓0
タイ国内の購買力が改善し蒸留酒が好調だったことや… ... タイのバンコク中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド」で13日、大型バイクの展示・販売会「 ...
2019/02/18 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  外食関連の見本市開幕、日系企業も多数参加  ↑0 ↓0
同社の担当者はNNAに対し、「タイ人の購買力には勢いがあり、昨年からタイで ... FHTは今月8日まで、東部バンナーの展示場「バンコク・インターナショナル・ ...
2018/09/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja.sekaiproperty.com  タイ・バンコク不動産AP社、ハイエンド向けコンドミニアム開発に注力  ↑0 ↓0
タイ大手デベロッパーAP Public Company Limited社(以下AP社)は、未だ購買力の強い、ミドル~アッパー層向けの新築コンドミニアム開発に注力していく計画だ。 コンドミニアム部門の最高責任者Vittakarn Chandavimol氏は、ここ数年、大手デベロッパー各社が、低価格層よりも購買力の強いミドル~アッパー層向けの ...
2018/03/13 04:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ビッグローブニュース  タイLCC来夏にも函館線就航 市や経済界の誘致実る 観光客の購買力に期待  ↑0 ↓0
タイの格安航空会社(LCC)「タイ・エアアジアX」が23日、首都バンコクで行われた函館市の工藤寿樹市長らとの会談で、来年夏にも函館—バンコク線を新規就航させる方針を明らかにしたことを受け、誘致を続けて... 記事全文<のサイトに移動します> · 北海道新聞. この記事が気に入ったらいいね!しよう ...
2017/11/25 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
hokkaido-np.co.jp  タイLCC来夏にも函館線就航 市や経済界の誘致実る 観光客の購買力に期待  ↑0 ↓0
タイの格安航空会社(LCC)「タイ・エアアジアX」が23日、首都バンコクで行われた函館市の工藤寿樹市長らとの会談で、来年夏にも函館―バンコク線を新規就航させる方針を明らか ... 函館空港では国際定期便が相次いで運休し、台湾・台北線だけが残る中、同路線の就航で購買力が高いタイ人観光客の増加が期待される。
2017/11/25 09:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
chosunonline.com  ロッテとホテル新羅、タイで免税店対決  ↑0 ↓0
ロッテ免税店は6月にバンコク市内、新羅免税店は南部のリゾート地、プーケットに年内に免税店を開設する。両社は13日、それぞれ発表した。 バンコクのロッテ免税店は「韓流ショッピングモール」となる「SHOW DCショッピングモール」の2-3階(総面積約7000平方メートル)に入居する。ホテル新羅は「プーケットには購買力が高い荒神観光客が多い。プーケットの市街地に免税店を開設するための許認可手続きを進めている」と説明した。 タイの免税店市場はこれまで現地企業が独占してきたが、タイ政府の観光活性化政策や韓流ブームを受け、外資で初めてロッテ・新羅が現地市場進出に成功した。 業界によると、タイの免税店市場は2012年から昨年まで年平均30%台の成長を示している。 ロッテと新羅は、昨年2月の仁川空港第3期免税店入札競争を皮切りに、済州島の都市型免税店、ソウル市内の新規免税店、既存免税店の再承認審査など4回対決してきた好敵手だ。両社は国内市場の成長が政府の各種規制で低迷すると、4-5年前から海外市場の開拓に乗り出した。 ロッテは2012年1月にインドネシア・ジャカルタのスカルノハッタ空港店、新羅は12年 もっと見る
2016/03/14 08:48 da:50 facebook:0 twitter:0 ロッテ バンコク モール ショッピング リゾート ホテル Tweet

Singapore

sankei.com  「カジノ」今回は視察しない  ↑0 ↓0
森田健作知事「今年度の海外トップセールスで11月15~21日、シンガポールとベトナムを訪問する。シンガポールは購買力のある富裕層が多く、食品の輸入規制 ...
2018/06/25 07:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
makernews.biz  グリコ/シンガポールにASEAN地域統括会社を設立  ↑0 ↓0
グリコは5月17日、シンガポールにASEAN地域統括会社を設立する、と発表した。 ASEAN市場は、毎年、経済成長に伴い市場が拡大し、購買力が高まっており、 ...
2017/05/17 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 グリコ 購買力 Tweet
出島  シンガポール、国内外消費者の購買力が低下  ↑0 ↓0
過去5年間で小売産業への投資に100億シンガポールがつぎ込まれたシンガポールであるが、国内景気の減速と外国人観光客の購買力低下により、かつての買い物天国の名声は薄れつつある。
2016/06/06 23:48 da:21 facebook:0 twitter:0 購買力 観光客 外国人 消費者 Tweet

Philippines

business-partners.asia  フィリピン製品 カンボジアへ流入増加か[経済]  ↑0 ↓0
フィリピン外務省の発表によると、フィリピン製の消費財が、カンボジアの購買力の向上の結果、ますますカンボジアに流入することが予想されているという。
2018/12/08 17:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  財閥SM、小売店を5年で4割増の3千店に  ↑0 ↓0
フィリピンの財閥SMグループ傘下の小売り大手SMリテールは、専門店を中心に店舗網を拡大している。経済成長を背景に消費者の購買力が高まっているためだ ...
2018/08/23 13:36 da:- facebook:- twitter:- Tweet
manila-shimbun.com  とまらぬ拡大。若者の購買力向上や中国系オンラインカジノ増加が背景に  ↑0 ↓0
年率6%を超える高成長が続く中、フィリピンの若い世代の間でも不動産市場に関心を持つ者が増えている。比最大規模の不動産情報サイトを展開する「ドット ...
2018/08/14 03:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankeibiz.jp  労組、マニラ首都圏の最低賃金引き上げ要求 ビジネス団体は難色  ↑0 ↓0
フィリピンは、労組団体で最大級のフィリピン労働組合会議(TUCP)がマニラ首都圏の最低賃金引き上げを要求し、賃金をめぐる議論が活発化している。TUCPは同国の最低賃金の上昇ペースが生活コスト増大に追いついていないと主張。これに対し、ビジネス団体は競争力低下を理由に難色を示している。現地経済紙ビジネス・ワールドなどが報じた。 同国の最低賃金は地域ごとに決定し、賃上げには1年以上の期間を空けるよう法律で定められている。マニラ首都圏は直近で昨年4月に賃上げが行われ、一部を除く非農業分野で1日当たり481ペソ(約1087円)、農業分野や小規模製造業などで同444ペソなどとなった。昨年の賃上げ幅は、TUCPが136ペソの引き上げを求めたにもかかわらず、結果的にわずか15ペソにとどまった。 TUCPは、物価上昇を考慮し実質的な購買力を算出した実質最低賃金が名目を24%下回る1日当たり364ペソにすぎないと強調。労働者と家族が最低限の生活を送るには少なくとも名目最低賃金に154ペソを上乗せする必要があるとした。 同国の民間研究機関「アイボン(IBON)・ファウンデーション」も今年1月、2010年~1 もっと見る
2016/05/03 05:15 da:76 facebook:3 twitter:0 マニラ 引き上げ 首都圏 労働組合 ビジネス Tweet

Myanmar

日本経済新聞  ミャンマー、カード化の波 JCBや銀聯が参入  ↑0 ↓0
ミャンマーで本格的なカード時代の幕が開く。JCBは16日、クレジットカードの発行を開始した。消費者の購買力向上やインフラの整備などが追い風だ。同国には ...
2016/08/17 00:33 da:90 facebook:24 twitter:0 JCB カード インフラ 追い風 購買力 クレジットカード Tweet

Malaysia

nna.jp  【アジアの果物流通最前線】高級ブドウ、市場定着目指す 「甘さ」「歯応え」「手軽」で訴求  ↑0 ↓0
国民1人当たりの国内総生産(GDP)が1万米ドル(約110万円)を超え、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中では高い購買力を誇るマレーシア。「貿易立国」を ...
2018/08/14 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  不振の小売業、中国人観光客の購買力に期待  ↑0 ↓0
市場調査会社リテール・グループ・マレーシア(RGM)によれば、2017年の小売業の売上高は前年比2%増の998億リンギ(約2兆6,846億円)で、実質国内総生産(GDP)の伸び率5.9%と比較すると振るわなかった。中でもスーパーマーケットとハイパーマーケットの売上高は、17年10~12月に前年同期比で2.7%減少している ...
2018/03/28 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
マレーシアナビ  小売市場、競争激化で厳しい状況続く=MIDF  ↑0 ↓0
【ペタリンジャヤ】 MIDFリサーチはマレーシアの小売市場の先行きについて、消費者の購買力が低下を続ける一方で小売業者間の競争は激化を続けるとし、厳しい ...
2017/09/26 17:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
xinhuaxia.jp  マレーシア 3~12月に中国人観光客のビザを免除-新華社  ↑0 ↓0
マレーシアのザヒド副首相によると、マレーシアは今後5年で800万人の中国人観光客を誘致し、221億マレーシアリンギット(約346億元)の購買力をもたらすよう ...
2016/01/30 05:48 da:33 facebook:0 twitter:0 観光客 中国人 購買力 リンギット 新華社 副首相 Tweet
kahoku.co.jp  若手漁師ら海外で販路開拓 現地法人も計画  ↑0 ↓0
宮城県内の若手漁師らでつくる一般社団法人「フィッシャーマン・ジャパン」(石巻市)が、経済成長著しいマレーシアで販路を開拓している。昨年、首都クアラルンプールで農林水産物などの県産食品のフェアを実施。1次産業の振興に加え、将来的には県産品を国内外に売り込む「地域商社」を目指すという。 昨年11月から1カ月間、クアラルンプールの商業施設で実施したフェアでは、一般向けの物販や試食のほか、現地バイヤーとの商談も行い、卸業者と高級スーパーの計3社との取引を決めた。 フェアは県からの委託で、水産関連会社をはじめ、農協や菓子メーカーなど37社の約100商品を扱った。当初は石巻地方特産のギンザケをアピールする予定だったが、現地のバイヤーは少量多品目を望んだ。フィッシャーマンの津田祐樹さん(34)は「海外では多くの商品をそろえることが必須と痛感した」と言う。フェアでは水産物を中心にしながらも幅広い物産を持ち込んだ。結果的に成約した商品は、ギンザケやウニといった海産物に加え、イチゴも含まれた。 マレーシアは1人当たりの国内総生産(GDP)が1万ドルを超え、購買力が高い。イスラム教が国教のため、消費が活発化 もっと見る
2016/01/12 11:48 da:73 facebook:3 twitter:0 ジャパン フィッシャーマン 社団法人 Tweet

Indonesia

bp-affairs.com  日本の物流プラットフォーム、インドネシアでその有用性を実証  ↑0 ↓0
インドネシアのインターネット利用はまだ大きく伸び代がある。最低賃金も継続的に上昇し、実質的な生活水準もあがってきている。人口増、若年層の厚み、購買力 ...
2019/05/21 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ehime-np.co.jp  進出 インドネシア注目 ジェトロ主任調査研究員・濱田美紀氏に聞く  ↑0 ↓0
【購買力ある中間層増大 国内消費ターゲット】 東南アジア諸国連合(ASEAN)で最多、世界4…… 連載一覧に戻る. この記事は【E4(いーよん)】を購入すると、続き ...
2018/12/20 09:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アルコール飲料販売、1~3月は2割減  ↑0 ↓0
インドネシア・モルト飲料製造者協会(GIMMI)によると、今年第1四半期(1~3月)のアルコール飲料の販売量は、前年同期比で2割落ち込んだ。消費者の購買力が依然として低迷しているのに加え、雨期が長引いたことが需要の減退に拍車をかけた。26日付ビスニス・インドネシ… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: 食品・ ...
2018/04/27 00:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  政府、燃料価格値上げに事前承認義務付け  ↑0 ↓0
インドネシア政府は、補助金なしの燃料価格を値上げするには、エネルギー・鉱物資源省の承認を義務付ける新しい省令を近く公布する。国民の購買力を維持し、インフレを抑制するためには不可欠な措置だと説明している。20日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 エネ鉱省石油・ガス総局… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/04/23 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  需要減で無機工業薬品工場の稼働率停滞か  ↑0 ↓0
インドネシア無機化学協会によると、硫酸や塩酸、炭酸ナトリウムなどといった産業の基礎原料となる、無機工業薬品産業の工場の稼働率は、今年は停滞する見通しだ。消費者の購買力がなかなか回復しないことが影響し、下流産業への原料供給が落ち込んでいるためだ。16日付インベスト… 関連国・地域: インドネシア.
2018/04/17 00:09 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  アルファマート、今年の出店は800店に縮小  ↑0 ↓0
インドネシアでミニマーケット「アルファマート」を運営する小売り大手スンブル・アルファリア・トリジャヤは今年、新たに800店舗を出店する。主要客層である低所得者層の購買力低下や競争激化を背景に、昨年の目標出店数1,111店舗から縮小。今年は経営効率の改善に注力する。 3… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/04/04 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  百貨店最大手マタハリ、昨年は8年ぶり減益  ↑0 ↓0
インドネシア百貨店最大手のマタハリ・デパートメント・ストアの2017年12月期決算は、純利益が前年比6%減の1兆9,100億ルピア(約143億円)だった。購買力の低迷を背景に、09年以降で初の減益となった。 売上高は1%増の10兆200億ルピアだった。売上原価が2%増の3兆7,60… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/03/01 00:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  日本通運 インドネシア「ゴーベル工業団地に新倉庫を建設」  ↑0 ↓0
近年、インドネシアでは経済発展に伴い、購買力のある中間層による耐久消費財の活発な国内消費が期待されており、ジャカルタ都市部における販売網の強化が求められている。販路もジャワ島都市部に加え、島嶼部への強化が本格化。また、製造業は、海外向け半製品・完成品生産へのシフトがさらに進むと見込まれる。
2018/02/19 18:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nifty.com  日本通運 インドネシア「ゴーベル工業団地に新倉庫を建設」  ↑0 ↓0
2018年2月19日、日本通運の現地法人、NEXロジスティクスインドネシア株式会社(社長:米内山徹治氏)は、先月、西ジャワ州ブカシ県にあるゴーベル工業団地 ... 近年、インドネシアでは経済発展に伴い、購買力のある中間層による耐久消費財の活発な国内消費が期待されており、ジャカルタ都市部における販売網の強化が ...
2018/02/19 18:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  1月新車販売台数は9万台に 前年比11%増、購買力が回復か  ↑0 ↓0
インドネシアの1月の新車販売台数(ディーラーへの出荷ベース、確定値)は、前年同月比11%増の9万5,892台だったことが、インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)の統計で明らかになった。年初1カ月だけではあるものの、上位メーカーの間で販売台数が変動し、市場シェアに… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/02/19 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  ASEAN新車販売は332万台 17年、薄氷踏むプラス成長  ↑0 ↓0
NNAがまとめた東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の2017年通年の新車販売台数は、前年比5.3%増の332万33台だった。2年連続のプラス成長となったが、過去最高を記録した13年(353万864台)の頃のような勢いは感じられない。最大市場国のインドネシアは微増で、購買力が伸び悩んでいる。6年連続成長で17 ...
2018/01/30 14:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  17年のクレカ発行枚数、前年から微減  ↑0 ↓0
インドネシアの中央銀行によると、2017年12月末時点のクレジットカード発行枚数は前年比約1%減の約1,724万枚だった。枚数では約16万枚減少した。クレジットカード業界の関係者は、消費者の購買力の低下が要因ではないと説明した。 インドネシア・クレジットカード協会(AKKI… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2018/01/29 00:02 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  【17年の10大ニュース】成長は今一つ、火山噴火も  ↑0 ↓0
2017年のインドネシアは、経済面は輸出の回復などに支えられて国内総生産(GDP)の実質成長率が5%を若干上回る水準で推移した。ゆっくりとした回復軌道にはあるものの、物足りなさを指摘する声が少なくないのが実情。個人消費の伸び悩みの原因を消費者の購買力低下と分析する向きもあった。一方で有力国際格付け ...
2017/12/29 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
internetcom.jp  Togetter、1週間もの「凍結」原因は姉妹版Chirpstory  ↑0 ↓0
日本ではあまり知られていないが、Twitterには古くから海外向けに最適化した姉妹版としてChirpstoryがあり、主にインドネシア語圏で人気だ。 インドネシアは有望な市場。人口約2億6,000万と日本のほぼ2倍で、東南アジア諸国連合(ASEAN)最大の経済規模があり、2030年には日本に次ぎ購買力平価(PPP)で世界5位 ...
2017/12/21 20:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  二輪協会、来年の販売予想は3%増610万台  ↑0 ↓0
インドネシア二輪車製造業者協会(AISI)は、来年の二輪車販売台数を前年比3.3%増の610万台以上と前向きな予想を発表した。石炭やパーム原油などのコモディティー価格が改善傾向にあることから、購買力が回復すると見込んでいる。6日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 AIS… 関連国・地域: インドネシア. 関連業種: ...
2017/12/08 00:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  消費財キノ、購買力減で1~9月は61%減益  ↑0 ↓0
インドネシアの消費財メーカー、キノ・インドネシアの1~9月期連結決算は、売上高が前年同期比13%減の2兆3,451億ルピア(約197億円)、純利益が61%減 ...
2017/11/17 00:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  自動車・二輪車金融、来年は成長加速か  ↑0 ↓0
インドネシアの金融各社は、来年の自動車・二輪車金融事業の見通しについて、購買力の改善や新型車の発売などを背景に、成長が加速するとみている。2日付 ...
2017/11/03 00:16 da:- facebook:- twitter:- Tweet
日本経済新聞  住友林業 アジアで事業拡大  ↑0 ↓0
住友林業はインドネシアで戸建て分譲住宅を発売する。経済成長に伴い購買力のある消費者が増加しており、中高級価格帯の戸建て住宅の需要があると判断 ...
2017/11/01 23:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kagakukogyonippo.com  インドネシア カセイソーダ需要急増  ↑0 ↓0
【ジャカルタ=中村幸岳】インドネシアでカセイソーダ需要が急増している。購買力が向上し服飾やトイレタリー製品、インフラ用金属の需要が拡大。これに伴い ...
2017/10/27 08:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nna.jp  消費財企業の増収率が鈍化、購買力低下で  ↑0 ↓0
インドネシアの日用消費財(FMCG)メーカー4社の2017年1~6月期決算は、消費者の購買力低下で、売上高成長率が大幅に鈍化した。1日付ジャカルタ・ポスト ...
2017/08/03 00:00 da:- facebook:- twitter:- 消費財 購買力 ジャカルタ ポスト 高成長 メーカー Tweet
nna.jp  家電製品販売額、1~3月期は前年比10%減  ↑0 ↓0
インドネシアの電器製品業者連合(Gabel)は、今年1~3月の家電販売が前年同期比で10%落ち込んだと明らかにした。消費者の購買力がまだ完全に回復し ...
2017/06/05 00:00 da:- facebook:- twitter:- 購買力 消費者 明らか Tweet
nna.jp  1~3月の靴販売、購買力低下で1割減  ↑0 ↓0
インドネシア製靴業者協会(アプリシンド)は、今年第1四半期(1~3月)の靴の国内販売が、前年同期に比べて1割以上減少したとの見方を示している。消費者の ...
2017/05/04 00:08 da:- facebook:0 twitter:0 消費者 四半期 購買力 Tweet
nna.jp  ノンバンク、1~3月は二輪車ローン停滞  ↑0 ↓0
インドネシアのノンバンク各社の今年第1四半期(1~3月)決算によると、二輪車ローンの貸付額が停滞した。二輪車を多く利用する下位中間層の購買力が ...
2017/05/03 18:11 da:- facebook:0 twitter:0 二輪車 ノンバンク ローン 購買力 中間層 四半期 Tweet
makernews.biz  日清オイリオ/インドネシアに地元企業とチョコレート製造合弁会社を設立  ↑0 ↓0
インドネシアをはじめとする東南アジア各国では中間所得層の拡大と購買力の高まりにより、チョコレート市場の裾野が確実に広がってきている。大東カカオは、 ...
2017/02/08 11:08 da:38 facebook:0 twitter:0 チョコレート 高まり カカオ 東南アジア 合弁会社 購買力 Tweet
sankeibiz.jp  インドネシア、16年小売業売り上げ10%増 消費者の購買力向上  ↑0 ↓0
インドネシアは、小売業が着実に成長しているもようだ。インドネシア小売業協会は、2016年の小売業の売り上げ(加工食品・飲料を除く)が、前年比10%増 ...
2017/01/18 05:06 da:74 facebook:0 twitter:0 売り上げ もよう 消費者 購買力 Tweet
nna.jp  《インドネシア最新事情(上)》魅力増す消費市場  ↑0 ↓0
インドネシアは、消費市場としての魅力が高まっている。数年前の好景気に伴う賃金の大幅な増加で国民の購買力が上がり、世界4位の人口を抱える経済国の ...
2016/12/22 00:10 da:52 facebook:0 twitter:0 購買力 数年前 好景気 Tweet
sankeibiz.jp  ASEANに統一最低賃金 インドネシアが策定提唱  ↑0 ↓0
インドネシアは、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の統一最低賃金制度の策定を提唱した。同国のカラ副大統領が今月、域内各国の競争について、最低賃金で競い合うのではなく、「より健全な競争」を目指すべきだとの見解を表明した。国営アンタラ通信などが報じた。 カラ副大統領は、ASEAN各国の政府はそれぞれの国の労働者に低賃金労働を強いるのではなく、協調して生産性の向上を図り、労働者の購買力を高めて地域全体の経済の底上げを図るべきだと主張。縫製業や製靴業を引き合いに出し、「(発注側の)企業は15ドル(約1600円)でつくった製品を国外で100ドルの値をつけて売っている」と述べ、世界的な大企業が最低賃金を比較している現状を好ましくないとの認識を示した。 また、同副大統領は、ベトナムやカンボジアとASEANの労働者を搾取から守る方向性では一致したとし、今後はマレーシアやシンガポールなどにも意見を求め、ASEANの枠組みで労働関係の閣僚会議を開く方向で努力していきたいとした。 もっと見る
2016/06/20 05:03 da:74 facebook:3 twitter:0 ASEAN 大統領 東南アジア Tweet
sankeibiz.jp  二輪車販売、今年回復予想 15年インドネシア 前年比17.6%減  ↑0 ↓1
インドネシアは、二輪車販売の不振が続いている。インドネシア二輪車製造業者協会(AISI)によると、今年1月の販売台数は41万6263台で前年同月比17.2%減、2月も52万4864台で同5.6%減だった。AISIは、今年後半にかけて販売が回復基調に入るとしている。現地紙ジャカルタ・グローブなどが報じた。 2015年は経済成長の鈍化による消費者の購買力低下が二輪車市場にも影響し、年間販売台数は前年比17.6%減の648万台と急減した。1、2月の減少は今年も販売不振の流れが続いていることを示すが、AISIは年後半の盛り返しに期待を寄せている。 AISIのグナディ会長は、今年の国内総生産(GDP)の成長率が5%を超えると予想されるなど、経済に持ち直しの兆しがみられると指摘。今年の通年販売台数を650万台と予想したうえで「予想は控えめな数字。大きく上回ることを期待している」と述べた。 ただし、同会長は二輪販売が本格的に持ち直すのは7月以降ともみている。また、昨年は前年比で4倍増の23万台と躍進した二輪完成車の輸出について、独、英など先進国で買い物などに手軽に利用できる小型二輪の需要が伸びている もっと見る
2016/03/23 05:03 da:66 facebook:1 twitter:0 二輪車 Tweet
sankeibiz.jp  【データで読む】ASEAN主要国の15年新車販売「まだら模様」  ↑0 ↓0
2015年の東南アジア諸国連合(ASEAN)主要国(インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム)の新車販売台数の伸びは、好不調が分かれる「まだら模様」となった。フィリピンやベトナムが好景気を背景に大幅増加を続けたのに対し、マレーシアは横ばい圏内にあり、ASEANの2大大国であるインドネシアとタイは大幅減少が続いた。 フィリピンやベトナムは、経済発展に伴い購買力のある中間所得層が形成されてきており、景気の腰折れがない限り、新車販売は今後しばらく拡大すると見る向きが多い。 一方、インドネシアは、金利引き下げや公共投資予算の執行進展など上向き材料も見られるが、1次産品の価格低迷などに伴う景気回復遅れで消費者心理が冷え込んでいることに加え、通貨ルピア安に伴う完成車値上げの影響などもあって新車販売に回復の兆しはまだ見られず、当面減少は続く見込みだ。 見方が難しいのはタイである。15年11月に新車販売台数が2年7カ月ぶりに増加に転じ、政情混乱や新車購入補助金制度終了に端を発した13年後半以降の新車販売の反動減が収束したようにも見える。反転材料としては、日系メーカーを中心としたスポーツ用多 もっと見る
2016/02/29 05:03 da:68 facebook:1 twitter:0 まだら 主要国 ASEAN 東南アジア データ Tweet
rim-intelligence.co.jp  インドネシア=15年の自動車販売前年比減も、16年は増加見通し  ↑0 ↓0
インドネシアの自動車販売が低迷している。同国自動車工業会(ガイキンド)の統計によると、インドネシアの2015年自動車販売台数は101万3,291台となり、前年から16.1%減少した。3年連続の減少となる。また、2016年1月の販売台数は8万4,885台と、前年同月比9.9%減少した。 インドネシアで自動車販売の不振が続いているのは、同国の経済成長鈍化や高いインフレーションなどにより消費者の購買力が落ちていることが背景だ。
2016/02/26 12:00 da:23 facebook:1 twitter:0 自動車 Tweet
sankeibiz.jp  外国人旅行者数、目標届かず インドネシア15年 3.1%増973万人  ↑0 ↓0
インドネシアは、2015年の外国人旅行者数が増加を維持したものの、政府目標の1000万人には届かなかった。同国の中央統計庁によると、15年の外国人旅行者数は前年比3.1%増の973万人で3年ぶりの低い伸びにとどまった。世界経済の低迷のほか、山火事などが響いたもようだ。国営アンタラ通信などが報じた。 同国政府は観光振興に注力しており、15年は45カ国にビザ(査証)なし入国を認めたほか、国外での宣伝キャンペーンを強化するなどした。こうした措置が一定の効果をもたらし、外国人旅行者は増加を維持した。 しかし、世界経済の減速による外国人の購買力低下で旅行意欲が減速したことに加え、9月から11月にかけてインドネシア国内の山火事が深刻化するなどして伸び悩んだ。また、昨年前半に6カ国の外国人7人の死刑を執行したことも伸び悩みの要因の一つとした専門家もいる。 ジョコ大統領は、インドネシアの観光市場の成長率が7.2%で世界平均の4.4%、東南アジア地域平均の6.0%を上回ったと指摘。同国の観光市場は堅調としたうえで、一層の成長加速を図る姿勢を示した。政府は今年の外国人旅行者数の目標を1200万人に設定して もっと見る
2016/02/19 05:03 da:68 facebook:0 twitter:0 外国人 旅行者 Tweet
sankeibiz.jp  インドネシア、11月は地方部の購買力低下 収入、物価上昇に追いつかず  ↑0 ↓0
インドネシアは、地方部の農業従事者の購買力が低下している。同国中央統計局(BPS)によると、11月の1日当たりの収入は4万6881ルピア(約413円)で、前月に比べて0.17%増加した。しかし、物価変動を加味した実質収入では3万7822ルピアとなり、前月比0.25%の減少となっている。インフレが加速したことなどが要因だ。現地紙ジャカルタ・ポストなどが報じた。 BPS幹部は、同月の前月比インフレ率が都市部では0.21%だったのに対し、地方部が0.43%だったと指摘。地方の農業従事者の収入は上昇したものの物価上昇ペースには追いつかず、実際の購買力は低下したとの認識を示した。 同幹部によると、地方部のインフレが加速しているのは、アクセスの悪さなど全国にモノが行き渡っていないのが要因。一部の商品では収入の少ない地方部が価格で都市部を上回っているケースもあるという。 同幹部は、地方部でこれ以上の購買力低下を食い止めるために、政府が物資の流通と供給の地方格差を改善する努力をする必要があるとの見解を示した。 もっと見る
2015/12/28 05:46 da:71 facebook:0 twitter:0 購買力 Tweet

Cambodia

business-partners.asia  フィリピン製品 カンボジアへ流入増加か[経済]  ↑0 ↓0
フィリピン外務省の発表によると、フィリピン製の消費財が、カンボジアの購買力の向上の結果、ますますカンボジアに流入することが予想されているという。
2018/12/08 17:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  建築・内装  ↑0 ↓0
カンボジアは高い経済発展を背景に、強い購買力を持ち始めた人々がまず最初に求めるものは良い家だ。プノンペン都郊外では、ボレイ(戸建住宅街)の開発が ...
2017/01/05 00:36 da:22 facebook:0 twitter:0 プノンペン 購買力 Tweet
business-partners.asia  支払い条件が最適化を確認すること  ↑0 ↓0
キエウ・サシリップ(以下、キエウ) カンボジアは、過去20年間で非常に強力に経済発展をしてきました。強い購買力と共に豊かになった人々は、まず最初に良い家 ...
2016/06/17 06:00 da:23 facebook:0 twitter:0 購買力 リップ 支払い Tweet
business-partners.asia  カンボジアニュース  ↑0 ↓0
タイでの報道によると、同国でステーキレストランチェーンを展開するウェーブ・エンターテイメント(Wave Entertainment)が、来年、カンボジアへ進出する模様だ。同社の運営するジェファーステーキレストラン(Jeffer Steak Restaurant)の責任者は、アセアン市場での拡大、中でもカンボジアとミャンマーの高い購買力を見越していると伝えている。
財経新聞  Jトラストがタイ大手企業の社債株式転換など好感し反発  ↑0 ↓0
GL社は主にオートバイの販売金融事業をタイ、カンボジアにて展開し、近年は、活況を呈するCLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、及びベトナム)などタイの近隣諸国のみならず、カンボジアをはるかに超える2億5千万人もの人口を有し、高い購買力を持つ新たな消費者層が台頭するインドネシアへの事業拡大を目指している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) 【関連記事・情報】
2015/12/28 09:56 da:48 facebook:0 twitter:0 ラオス トラスト オートバイ Tweet