0.9414370059967

Vietnam

PR TIMES  ベトナムにおける訪日プロモーションを開始します!  ↑0 ↓0
... ホーチミン両市における都市鉄道整備支援や海外鉄道コンサルティングを行う初の現地法人をハノイ市に設立するなどベトナム全体の都市交通機能の向上及び日越両国の友好関係の強化に努めており、今回のプロモーションでは観光情報の提供に加え、ベトナムへの支援活動と連携した訪日プロモーションを実施します。
nna.jp  ハノイ市、BRT2号線の運行取りやめ  ↑0 ↓0
ハノイ市運輸局都市交通運行管理センターは、予定していたバス高速輸送システム(BRT)2号線(キンマー通り―ホアラック・ハイテクパーク間)の運行を取りやめると明らかにした。5日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。 同センターのグエン・ホアン・ハイ所長は2号線の運… 関連国・地域: ベトナム. 関連業種: 運輸・倉庫.
2018/03/07 00:00 da:- facebook:- twitter:- ハノイ センター 取りやめ 都市交通 システム ハイテク Tweet
nikkan.co.jp  東京メトロ、ベトナムで鉄道運営支援  ↑0 ↓0
東京メトロは、国際協力機構(JICA)からベトナム・ホーチミン市の都市交通システム支援プロジェクトを受注した。期間は2022年11月までの5年間。東京メトロの経... (残り:185文字/本文:265文字). (2017/12/15 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ...
nna.jp  日本の大手商社、鉄道輸出強化  ↑0 ↓0
... 【共同】大手商社が鉄道関連の輸出事業を強化している。新興国では経済成長に伴って都市交通の整備などが課題となっており、インフラ投資が増加している ...
2017/08/08 23:15 da:- facebook:- twitter:- インフラ 都市交通 新興国 Tweet
アパレル・リソース  成功者のための服(下)  ↑0 ↓0
(中編より)   直面する課題 H&Mはまだ第一号店の場所を発表しないが、今後さらに多くの情報を提供していく予定としている。 「いかなるマーケットにおいても、我々は常に商店街やショッピングモールの中で最高の場所を探しています。」とBarari氏は述べた。 男性、女性、ティーンエイジャー、子供などすべて層の顧客を対象とし、数千平方メートルもの敷地の店舗に集客する国際ファッションブランドにおいては、立地が最も重要な成功要因である、と業界関係者はいう。 小売業者は店舗の場所を選別する際に、業態によりその優位性に大きな差がある。 例えばホーチミン市で最初の旗艦店をオープンさせるあるファストファッションブランド最大手は、総面積2000平方メートル以上ある一等地を探し出した。 こうしたブランドは多くの買い物客を引き寄せ、ショッピングセンター全体の売上を増加させる可能性が高いために強い交渉力を持っており、土地所有者からより有利な賃借条件や商業取引条件を獲得することができる。 また、ショッピングセンター内のファッションブランドに同等かそれ以上のブランドが入っているかどうかも重要な成功要因である。 一つのショッピングセンター内に同等レベルのブランドが複数入っていれば、顧客にとってその場所での買い物がエキサイティングで印象深いものになる。 今のところ、ハノイとホーチミン市が小売市場にとって主要な2大都市であるが、ハノイの方がVingroupによって開発されたショッピングセンターのおかげで、南にあるホーチミン市よりも商業地の供給が少し多い状況にある。 ハノイには買い物客が一日中ファッションや雑貨を買ったり、食事を楽しんだり、レジャーやスパ、その他の娯楽に興じることができる4万平方メートル以上の大規模なショッピングセンターがいくつかある。 ハノイのショッピングセンターの平均賃貸料は郊外の賃貸料の下落により、2016年には前四半期比で7.6%の低下となった。 それでも市街地における土地の供給不足により、2017年には郊外で新しいショッピングセンターを開店する動きが続いている。 2017年は、郊外での新たな開業が少なくとも述べ10万6000平方メートル相当もあり、競争は一層激しくなることが予想されている。 一方でCBREベトナムによると、2016年にはホーチミン市に17もの有名な国際ブランドが開店し、2015年と比較して3倍の増加となった。 店舗に最適な立地の供給が限られている中、多くの新規ブランドの参入は店舗賃料を急激に上昇させる要因の1つとなっている。 業界関係者らは、新規参入小売業者が製品やプロフェッショナルな国際基準のサービス提供だけでなく、新形態として実店舗とオンライン店舗両方の運営(bricks and clicks)を行っていると指摘した。 ベトナムでのオンラインショッピングは、若者や中流階級をターゲットとするZalora、Lazada、Metaなどによって人気を博しており、高いレベルのアフターセールスサービスと共に顧客に利便性を提供している。 またNgo氏によると、ベトナムは外国ブランドが独自に営業するにはまだかなりの制約があるため、多くはライセンスやフランチャイズモデルを通じて参入しているという。 「国際ブランドとそのライセンス契約企業やフランチャイズ店が直面している大きな課題として、今も高額でありながらさらに高騰し続ける賃料や、近代的なショッピングセンターの不足、バイクや自動車による交通問題、現在建設中ではあるものの電車など大規模都市交通システムの未発達、そして低価格帯で消費者を引き付ける地元ブランドとの厳しい競争などが挙げられます。」と彼は述べた。 確かに市場にはまだ困難があるものの、国際ブランドは消費者信頼感指数(CCI)を基に、長期的にはベトナムの潜在的な可能性を感じている。 Infocus Mekong Research 2017によると、全国3200人の消費者を対象に調査した結果、2017年はCCI全体に若干の落ち込みが見られたものの、調査対象者の82%が 2017年の経済は2016年と同等か、良くなるであろうと考えており、引き続き高い消費意欲に支えられて活気付く見込みであるとしている。 主要な成長分野として、教育、外食、娯楽、個人医療、食料品などが想定される。 2017年の購買は、携帯電話、ラップトップコンピュータ、モーターバイクに動かされており、消費支出がより高額な商品に向かっていることを示している。 興味深いことに、こうした支出の大半は貯蓄の取り崩しによって賄われており、調査対象者のうち53%が、貯蓄が毎年減っていると回答し、驚くべきことに購買のために銀行から融資を受けていたりする者もいる。 2016年には調査対象者の40%が銀行融資を受け、そのうち42%が個人的な商品を購入するのにローンを利用したが、こうして購入した商品には国際ファッションブランドがほぼ確実に含まれていると考えられる。 「このようにベトナム経済は上昇軌道にあり、特にベトナムの都会の女性の間では国際ファッションブランドに対する欲求と需要が確実に増加することが見込まれています。」とMatthaes氏は結論づけた。   もっと見る
ASEAN PORTAL  インドネシア・フィリピン・ベトナム等に交通渋滞対策を紹介  ↑0 ↓0
日本の国土交通省は、インドネシア・フィリピン・ベトナムなどの在京大使館に対して、日本の交通渋滞対策・都市交通を1月30日に紹介した事を発表した。
2017/02/02 17:22 da:21 facebook:0 twitter:0 都市交通 国土交通省 大使館 Tweet
sankeibiz.jp  ハノイ、成長阻害の渋滞解消へ整備加速 輸送インフラに5.7兆円  ↑0 ↓0
ハノイ、成長阻害の渋滞解消へ整備加速 輸送インフラに5.7兆円 (1/2ページ) ... ベトナムの首都ハノイは、都市交通整備を加速する。 ... 同計画によると、南部の最大都市ホーチミンなどとの間に新たに4~8車線の高速道路を整備するほか、周辺部を ...
2016/08/30 05:03 da:73 facebook:0 twitter:0 ハノイ インフラ ホーチミン 高速道路 大都市 ページ Tweet

Thailand

sankeibiz.jp  タイの鉄道インフラ、国産品利用で3410億円節約  ↑0 ↓0
現地紙バンコク・ポストが報じた。 政府が中国と共同で進める首都バンコクとラオス国境の東北部ノンカイ県を結ぶ高速鉄道(総延長873キロ)事業やバンコク市内の都市交通拡張などで、タイ企業は機械部分や部品の製造が可能との見通しを示した。 同国の鉄道インフラ事業の開発は大部分を海外からの投資や技術供与に ...
2018/04/03 05:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
top.tsite.jp  ついに開業!!バンコクの新路線「パープルライン」前編  ↑0 ↓0
8月6日、バンコクの新しい都市鉄道「パープルライン」が開業した。全長約21キロの路線が開通し、バンコクの都市交通ネットワークがさらに拡がったのである。同路線 ... 客層もタイ人が中心で、観光客の姿はあまり見ない穴場ナイトマーケットである。
2016/10/03 22:18 da:78 facebook:0 twitter:0 バンコク ライン パープル マーケット ナイト 都市交通 Tweet
news.nifty.com  【タイ】日本の車両とシステムで運行される電車「パープルライン」に試乗した  ↑0 ↓0
2016年7月29日、バンコクの下町タオプーンから隣接するノンタブリ県のクロンバーンパイ駅を16駅で結ぶ、およそ23kmの路線「パープルライン」が8月12日のグランドオープンに向けて試運転を行っている。その試運転に試乗してきた。 この路線はバンコク・メトロが運営する全線高架線で、開通すれば運賃は初乗り16バーツから駅ごとに2バーツが加算されて上限は42バーツの予定。これまでBTSスカイトレインや地下鉄などで日本は車両などの受注には至っていなかったが、パープルラインは丸紅と東芝、JR東日本の共同出資事業体が鉄道システムと10年間のメンテナンス事業を受注している。これはバンコクの都市交通で初めて日本製車両が受注したケースであり、日本の企業連合が海外で初めて鉄道メンテナンス業務に乗り出したケースでもある。 路線は全線が高架線になっており、プラットホームは両サイドとも転落防止ドアが全駅についていた。日本メーカーの車両はBTSなどで走るシーメンス社などのものよりも気持ち広い気がした。ただ、車両のモーター音なのか、BTSやMRTに比べてやや甲高い騒音が聞こえた。しかし、これは日本の電車にはよくある もっと見る
2016/07/31 11:03 da:90 facebook:0 twitter:0 ライン パープル バンコク システム Tweet

Singapore

mlit.go.jp  石井国土交通大臣がマレーシア・シンガポール・カンボジアを訪問します  ↑0 ↓0
石井国土交通大臣がマレーシア、シンガポール、カンボジアを訪問し、高速鉄道をはじめ、都市交通、港湾、道路、自動車、下水道、都市開発等のトップセールスの ...
2017/04/28 13:42 da:- facebook:0 twitter:0 国土交通大臣 セールス トップ 都市交通 自動車 下水道 Tweet
nna.jp  NTU、スマートモビリティーの大規模実験  ↑0 ↓0
シンガポールの南洋工科大学(NTU)は18日、環境に配慮しながら円滑で安全な都市交通網を整備するスマートモビリティーの技術開発に向けた大規模な実験を ...
2017/01/20 00:12 da:52 facebook:0 twitter:0 スマート 大規模 モビリティー 交通網 Tweet
財経新聞  三菱重工、シンガポール・チャンギ国際空港の新交通システム増強を受注  ↑0 ↓0
三菱重工業は3日、三菱商事と共同で、シンガポールのチャンギ国際空港で運行している新交通システムの増強工事を受注したと発表した。ゴムタイヤ式全自動無人運転車両の新車両納入を中心に設備増強を行う。工事完了は2019年の予定という。 同社によると、チャンギ空港の全自動無人運転車両(APM)システムは、3カ所ある空港ターミナル間の約6,400mを結んでいる。同社と三菱商事が2002年に受注し、2007年に完成させた。現在まで、運行・保守契約も継続して請け負っている。 今回の増強工事では、新車両の納入と、信号設備や運転制御システムの改良、増設などを行なう。三菱重工は新車両の設計、製造、納入のほか、信号・通信・駅設備といったシステム全体の改良に向けた設計、機器供給、据付工事、試運転を担当するという。 チャンギ空港は乗降客数が年々増加しており、2018年には空港ターミナルに隣接する大型商業施設の完成で、さらに乗降客数の増加が見込まれるため、APMシステムの輸送力増強が急務となっていた。 三菱重工は、米国、香港、韓国、ドバイの空港向けにもAPMの納入実績を持つ。日本国内やマカオでは、都市交通を担う自動 もっと見る
2016/03/03 17:37 da:40 facebook:0 twitter:0 システム 国際空港 チャンギ 三菱重 Tweet

Philippines

BLOGOS  ゴミ山のスラムを観光地に――フィリピンの貧困支援NGO「スモーキー・ツアーズ」 - 堤祐子 / 都市交通計画 ...  ↑0 ↓0
フィリピンの首都マニラにはそんなスラム街がそこかしこに存在している。道路脇や川岸を始めとして、ゴミ山や高級ショッピングモールの裏、はては公共墓地の中など、あらゆる土地にスラム街は形成される。その街並みは、さながら貧しい者と富める者が織りなすパイ生地の様相を呈している。 マニラ首都圏は人口1千万人を ...
2018/02/24 07:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ASEAN PORTAL  インドネシア・フィリピン・ベトナム等に交通渋滞対策を紹介  ↑0 ↓0
日本の国土交通省は、インドネシア・フィリピン・ベトナムなどの在京大使館に対して、日本の交通渋滞対策・都市交通を1月30日に紹介した事を発表した。
2017/02/02 17:22 da:21 facebook:0 twitter:0 都市交通 国土交通省 大使館 Tweet

Myanmar

mlit.go.jp  石井国土交通大臣のミャンマー・インドネシア出張の結果概要  ↑0 ↓0
石井国土交通大臣のミャンマー・インドネシア出張の結果概要. ミャンマーでは、国土交通省も見直し作業に協力したヤンゴンの都市開発・都市交通. マスター ...
sankeibiz.jp  ミャンマー議員団訪日で歓迎会開催 外相らが出席  ↑0 ↓0
日本ミャンマー友好国会議員連盟(会長・逢沢一郎衆議院議員)の招待で来日したミャンマー国会議員15人の歓迎レセプションが9日、東京都千代田区のホテルニューオータニで開かれた。一行は15日までの滞在中に各地を視察するとともに、日本経済団体連合会、日本商工会議所などとミャンマーの経済発展に向けて協議する。 レセプションでは冒頭、岸田文雄外相が「両国は長い間友好関係を保ってきた。今後も発展させていきたい」とあいさつ。ミャンマー運輸・通信・建設委員会のティン・マウン・ウィン委員長は「インフラ整備と人材育成が必要だ。日本に協力してもらいたい」と期待を込めた。一行は、最大都市ヤンゴンの交通渋滞緩和策として、東京地下鉄などの都市交通を視察するほか、自動車工場や自動車整備工場、高等専門学校などを訪れる予定だ。 もっと見る
2016/05/10 05:15 da:75 facebook:23 twitter:0 国会議員 ホテル 千代田 衆議院 議員団 レセプション Tweet

Malaysia

mlit.go.jp  石井国土交通大臣がマレーシア・シンガポール・カンボジアを訪問します  ↑0 ↓0
石井国土交通大臣がマレーシア、シンガポール、カンボジアを訪問し、高速鉄道をはじめ、都市交通、港湾、道路、自動車、下水道、都市開発等のトップセールスの ...
2017/04/28 13:42 da:- facebook:0 twitter:0 国土交通大臣 セールス トップ 都市交通 自動車 下水道 Tweet
日本経済新聞  マレーシア、初の都市交通が一部開通  ↑0 ↓0
マレーシア 同国初の都市鉄道「MRT」の一部区間が開通した。道路の渋滞緩和と総延長51キロメートルの路線の沿線開発が期待されている。5年間かけて建設 ...
2016/12/20 20:59 da:89 facebook:0 twitter:0 都市交通 Tweet
clicccar.com  NEDOが「超急速充電」できる2階建てEVバスを実証試験!  ↑0 ↓0
同機構は2015年度から現地で実施しているEVバスシステム実証事業を通して、マレーシアの都市交通スマート化と、都市交通事業の広域展開を目指しています ...
2016/06/14 07:18 da:47 facebook:7 twitter:0 都市交通 スマート システム Tweet
itmedia.co.jp  充電10分でディーゼル車並の性能、2階建てバスをEV化  ↑0 ↓0
東芝など4社はNEDOプロジェクトで電動化が難しいとされていた2階建てバスのEV化に取り組む。開発したEVバスはマレーシアの行政首都であるプトラジャヤ市で実証走行を行う計画だ。同プロジェクトをショーケース化し、日本の技術を活用した省エネな都市交通パッケージ事業の広域展開を目指す。
2016/06/07 07:18 da:87 facebook:47 twitter:0 プロジェクト ディーゼル車 Tweet
sankeibiz.jp  首都圏で都市鉄道整備加速 16年 マレーシア、景気下支えに期待  ↑0 ↓0
マレーシアは都市鉄道の整備が加速している。今年はクアラルンプール首都圏で総額370億リンギット(約9927億円)規模の都市鉄道事業が相次いで着工する予定だ。同国の経済が低迷する中、大型インフラ事業の推進が景気回復の下支えとなることに期待がかかる。現地紙スターなどが報じた。 クアラルンプール首都圏で開発が進む都市交通の一つが大量高速輸送(MRT)システムだ。建設が進む1号線に続き、セランゴール州スンガイブロと新行政都市プトラジャヤを結ぶ2号線が今年着工する。36駅が設置される予定で、総事業費は280億リンギットとなっている。 2号線については、2月に高架橋部分の建設事業で入札が開始されたのをはじめ、4月にはトンネル部分の工事でも事業者の入札が実施される見通しだ。 また、主にクアラルンプール市内を走る公共交通機関の高架鉄道(LRT)も整備が進む。クアラルンプール近郊バンダー・ウタマ-南西部クラン間のLRT3号線(総事業費90億リンギット)の着工が今年予定される。 LRTは延伸工事も相次いでおり、3月にはLRT路線のアンパン線、6月には同クラナ・ジャナ線の延伸部分がそれぞれ運転を開始する。開 もっと見る
2016/03/02 06:33 da:68 facebook:2 twitter:0 首都圏 クアラルンプール 下支え Tweet
mys-news.asia  Uberがマレーシア政府にアプローチ。都市交通の改善を目指す  ↑0 ↓0
スマートフォンアプリ等を用いた自動車配車サービス「Uber」のゼネラルマネージャーを務めるレオン・フォン氏は、15日行われたイベントの中で、協力して都市部の交通状況を改善するために、陸上公共交通委員会を含むマレーシアの政府機関と頻繁にコンタクトを取っていると発表した。同氏は「私達は都市の交通にとって望ましい解決方法にたどり着くことを願っている。」(MALAY MAIL ONLINEより引用)と述べ、詳細こそ明らかにしなかったが、政府との話し合いは今までのところ順調に進んでいるとした。一方、今の時点で具体的な成果を期待するのは時期尚早とした。同イベントはINTI国際大学で行われた「企業対卒業生:期待のミスマッチ」というパネルディスカッションで、他には企業が求めるスキルや給与が卒業生の期待とずれていることなどが取り上げられた。根強い反対運動11月18日にはUber等に反対するタクシードライバー500人以上がクアラルンプールの国会議事堂に向かってデモ行進を行うなど、Uberに対する反対運動は根強い。Uberとの競合でタクシー価格が値崩れを起こし、ドライバーの生活を圧迫していることが不満の原因 もっと見る
2015/12/18 06:00 da:14 facebook:8 twitter:0 マネージャー ゼネラル レオン フォン イベント サービス Tweet

Indonesia

ASEAN PORTAL  ジャカルタとインフラ整備・スポーツ交流を強化へ  ↑0 ↓0
表敬訪問を受けた中根副大臣は、日本インドネシア国交樹立60周年の機会をいかして両国の関係が更に深まることへの期待を述べた。また、サンディアガ副知事が実施する都市交通・下水道・廃棄物発電・防災等のインフラ視察にも触れ、ジャカルタのインフラ整備や大都市の抱える問題の解決に、日本の技術や経験を活用し ...
2018/02/20 11:03 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ASEAN PORTAL  インドネシア・フィリピン・ベトナム等に交通渋滞対策を紹介  ↑0 ↓0
日本の国土交通省は、インドネシア・フィリピン・ベトナムなどの在京大使館に対して、日本の交通渋滞対策・都市交通を1月30日に紹介した事を発表した。
2017/02/02 17:22 da:21 facebook:0 twitter:0 都市交通 国土交通省 大使館 Tweet
jakartashimbun.com  目標は29年に60% 首都圏公共交通機関の利用率 イ日都市交通セミナー  ↑0 ↓0
ジャボデタベック(首都圏)で推進する公共交通政策を日本の専門家と議論する「インドネシア・日本都市交通セミナー」が14日、中央ジャカルタのボロブドゥールホテルで開催された。インドネシア側は、2029年までに公共交通機関の利用率を現在の25%から60%まで高める目標を掲げた。
2016/07/15 02:48 da:43 facebook:0 twitter:0 首都圏 都市交通 セミナー ジャカルタ 専門家 交通機関 Tweet
外務省  (ODA)日本大使:MRT(都市交通)は日本インドネシア間の技術移転の場  ↑0 ↓0
3月17日,ジャカルタMRT104工区・スナヤン駅において,地元メディアを対象としたプレスツアーが実施され,17日付同国「リパブリカ紙」は駐インドネシア大使が参加した同プレスツアーの様子を報じました。
2016/05/06 14:10 da:95 facebook:2 twitter:0 プレス メディア 技術移転 都市交通 ジャカルタ Tweet
ind-news.asia  ジャカルタの渋滞解消へ JICA MRT2路線に円借款実施  ↑0 ↓0
国際協力機構(JICA)は12月4日、インドネシア政府との間で、ジャカルタ都市高速鉄道事業第二期借款(以下、南北線事業)、ジャカルタ都市高速鉄道東西線事業第一フェーズ(以下、東西線事業)の2件について、総額771億3700万円を限度とする円借款貸付契約に調印したと発表した。2010年の時点において、ジャカルタ都市圏全体の人口は約2800万人となっており、過去10年間で1.3倍に増加している。また、同年の時点においてジャカルタ中心部への通勤者数は約110万人、車両登録台数は約963万台となっており、渋滞の頻発と大気汚染が問題となっている。そのため、同首都圏においては大量都市交通システムの整備が不可欠とされているが、同首都圏では、インドネシア初の都市高速鉄道システム(MRT)を建設することで旅客輸送力を高め、交通渋滞の緩和を図る。現在はMRT南北線が建設されているほか、MRT東西線の建設が計画されている。渋滞緩和のほか、投資環境と気候変動の緩和も期待南北線事業には、最大752億1800万円の円借款が供与される。また、MRT南北線は、2018年11月の運用開始が予定されている。同事業は、20 もっと見る
2015/12/09 19:07 da:13 facebook:12 twitter:0 ジャカルタ 南北線 Tweet

Cambodia

日本経済新聞  「インフラ整備加速へ省庁横断機関」カンボジア上級相  ↑0 ↓0
高速道路や港湾、都市交通機関などの建設促進を目指すカンボジア政府は、外資を含む官民パートナーシップ(PPP)によるインフラ整備プロジェクトを発掘・推進するため、新たな省庁横断型の特別機関を設置した。来日したスン・チャントル上級相兼公共事業・運輸相が日本経済新聞との会見で明らかにした。
2017/12/08 06:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mlit.go.jp  石井国土交通大臣がマレーシア・シンガポール・カンボジアを訪問します  ↑0 ↓0
石井国土交通大臣がマレーシア、シンガポール、カンボジアを訪問し、高速鉄道をはじめ、都市交通、港湾、道路、自動車、下水道、都市開発等のトップセールスの ...
2017/04/28 13:42 da:- facebook:0 twitter:0 国土交通大臣 セールス トップ 都市交通 自動車 下水道 Tweet