1.1332151889801

Vietnam

PR TIMES  墨東建材工業株式会社の事業再建に向け、スポンサー契約を締結  ↑0 ↓0
1.スポンサー契約締結の理由墨東建材工業株式会社は、昭和41年に創業し、日本国内において高層ビルや大型施設向けのアルミ及びステンレス金属製品等の製造及び施工の品質について定評を受けており、東京都内を中心に関東圏において著名な大型ビルの建築金物工事の実績を多く残しております。また、ベトナムには ...
2018/02/21 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 スポンサー アルミ ステンレス 金属製品 Tweet
ASEAN PORTAL  建築用板金製造企業のベトナム進出を支援  ↑0 ↓0
JBIC(株式会社国際協力銀行)は、建築用板金製品等の建設用金属製品の製造や販売を手掛ける株式会社イチハシ金属工芸のベトナム展開を支援するために、株式会社大垣共立銀行等との協調融資を実施する事を発表した。 イチハシ金属工芸では、経済成長等が続いているベトナムと周辺国において建設用金属製品 ...
2017/12/13 09:45 da:- facebook:- twitter:- 金属製品 Tweet
newsclip.be  イチハシ金属工芸、ベトナムに新工場  ↑0 ↓0
【ベトナム】国際協力銀行(JBIC)は12日、イチハシ金属工芸(岐阜県養老郡)のベトナム子会社イチキン・サイゴン・スタジオに対し、大垣共立銀行などと総額189・1万ドルの協調融資を実施すると発表した。 ... イチキン・サイゴンは融資で調達した資金を、ベトナム南部ビンズオン省での建設用金属製品工場の建設などに充てる。
2017/12/13 00:56 da:- facebook:0 twitter:0 サイゴン 子会社 スタジオ 金属製品 Tweet

Singapore

asiax.biz  2月の輸出高、前年比6.7%増も前月比は減少  ↑0 ↓0
2月の輸出先を国・地域別で見ると、シンガポールがトップとなり、2~5位は中国、米国、日本、タイの順。日本への輸出額は56億リンギ(約1,576億円)で、前年同月比20.6%の大幅マイナスとなった。液化天然ガス(LNG)や金属製品、光学機器の輸出が減少したが、電気・電子や機械・部品などは増加した。
2016/04/07 14:03 da:38 facebook:3 twitter:0 トップ Tweet
マレーシアナビ  2月の輸出高、前年比6.7%増も前月比は減少  ↑0 ↓0
前年同期比で61.4%、前月比で36.4%のそれぞれ増加となった。2月の輸出先を国・地域別で見ると、シンガポールがトップとなり、2―5位は中国、米国、日本、タイの順。日本への輸出額は56.0億リンギで、前年同月比20.6%の大幅マイナスとなった。液化天然ガス(LNG)や金属製品、光学機器の輸出が減少したが、電気・電子や機械・部品などは増加した。トップだったシンガポール向け輸出は前年同月比で1.5%増、2位の中国は12.0%増、3位の米国は21.0%増となった。品目別では、電気・電子が200.8億リンギでトップ。これに化学製品、精油製品が続いた。2月の輸入は、国・地域別で中国、シンガポール、米国、日本、タイの順。日本は45.0億リンギとなり、前年同月比で9.4%増加した。品目別では、電気・電子が153.6億リンギでトップ。これに化学製品、機械部品、精油製品が続いた。1―2月の輸出は1,185.億リンギとなり、前年同期比1.5%増。同輸入は1,058.3億リンギで、同2.5%増となった。輸出先シンガポールがトップで、2位以下は中国、米国、日本、タイの順。輸入先は中国がトップとなり、2位以下 もっと見る
2016/04/06 18:11 da:36 facebook:0 twitter:0 トップ Tweet

Malaysia

マレーシアナビ  2月の輸出高、前年比6.7%増も前月比は減少  ↑0 ↓0
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、2016年2月の輸出高は567.2億リンギで、前年同月比6.7%増となったが、前月比では8.3%のマイナスとなった。輸入高は493.7億リンギで、前年同月比1.6%増、前月比では12.6%減となった。貿易高は1,060.9億リンギで、前年同期比4.2%増となったが、前月比では10.3%のマイナスとなった。貿易収支は73.5億リンギの黒字で、220カ月連続。前年同期比で61.4%、前月比で36.4%のそれぞれ増加となった。2月の輸出先を国・地域別で見ると、シンガポールがトップとなり、2―5位は中国、米国、日本、タイの順。日本への輸出額は56.0億リンギで、前年同月比20.6%の大幅マイナスとなった。液化天然ガス(LNG)や金属製品、光学機器の輸出が減少したが、電気・電子や機械・部品などは増加した。トップだったシンガポール向け輸出は前年同月比で1.5%増、2位の中国は12.0%増、3位の米国は21.0%増となった。品目別では、電気・電子が200.8億リンギでトップ。これに化学製 もっと見る
2016/04/06 18:11 da:36 facebook:- twitter:- クアラルンプール Tweet
mys-news.asia  マレーシアの経済成長が鈍化 2015年のGDP伸び率は5%に留まる  ↑0 ↓0
2015年第4四半期(10月から12月)のGDP伸び率は4.5%となり、同年第3四半期の4.7%を下回った。2015年通年ではGDP伸び率は5%となり、2014年の6%から下落した。鉱業部門が資源価格の下落の影響を受け、不振に陥ったのが原因とみられる。ただ、マレーシア政府は2015年のGDP伸び率を4.5%から5.5%の間と予測しており、今回の結果は予想の範囲内と言える。マレーシア中央銀行のバンク・ネガラ・マレーシアは18日、経済環境の不確実性は高いが、引き続き国内需要がGDP成長のカギを握っていると述べた。政府が固定資産への投資を抑制したことで、第4四半期の公共投資の伸びは0.4%と第3四半期の1.8%から下落している。一方、政府消費の第4四半期の伸び率は3.3%で第3四半期の3.5%とほぼ変わらない伸び率を維持している。貿易収支は大きく増加貿易収支については第4四半期の貿易黒字が304億リンギットと、第3四半期の222億リンギットから大きく増加している。第4四半期の輸出額は前年比8.1%の高い伸びを示しており、機械類や家電製品、金属製品の輸出が好調だったことが要因と考えられている。 もっと見る
2016/02/21 11:03 da:13 facebook:3 twitter:0 伸び率 四半期 Tweet

Cambodia

japanmetal.com  扇谷・タイ、国内外で集荷拡大へ カンボジア・ミャンマー視野  ↑0 ↓0
非鉄金属製品・原料流通大手の扇谷(本社=大阪市西区、扇谷廸宏社長)のタイ現地法人であるオオギタニ・タイランド(豊島一憲社長)は、同国と周辺地域の ...
2018/09/13 06:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet