1.0840590000153

Vietnam

出島  ベトナム・ハノイでEコマース環境を整備 国内企業も導入進む  ↑0 ↓0
ベトナム・ハノイでEコマース環境を整備 国内企業も導入進む. ハノイは、オンラインで取引される商品の品質に問題はあるものの、最近急速に成長したEコマース ...
2018/10/26 13:41 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース ハノイ オンライン Tweet
出島  Amazonがベトナムに進出 成長するEコマース市場をさらに拡大させるか  ↑0 ↓0
ホーチミン市で9月27日に開催されたイベントの参加者によると、米国に拠点を置く多国籍eコマースプラットフォームを運営するAmazonがベトナムでショッピング ...
出島  ベトナムのEコマース市場 第4次産業革命において急成長  ↑0 ↓0
ベトナムの貿易担当当局幹部は、ベトナムのeコマース部門は年35%の割合で成長しており、その規模が2020年には100億米ドルに達するだろうという見方を示し ...
2018/09/20 11:48 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 産業革命 eコマース 米ドル Tweet
出島  ベトナムで激化するEコマース企業の競争 消費者には思わぬ恩恵  ↑0 ↓0
ベトナムで激化するEコマース企業の競争 消費者には思わぬ恩恵. ベトナムで激化するEコマース企業の競争 消費者には思わぬ恩恵 ...
2018/09/13 13:41 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 消費者 Tweet
出島  ベトナムのEコマース市場 際立つ中国企業の投資  ↑0 ↓0
中国プラスワン時代に必須! 東南アジア地域アパレル生産情報の決定版. http://apparelresource.asia/ · メルマガ会員. 日本企業の進出情報.
2018/08/30 12:45 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース プラス 東南アジア アパレル 決定版 メルマガ Tweet
thebridge.jp  ベトナムのC2C向けeコマースポータル「Sendo」、シリーズBでソフトバンク、SBI、BEENOS、BEENEXTら ...  ↑0 ↓0
Softbank や SBI グループなどの大手企業が、急成長を見せるベトナムの e コマース市場に出資し、大きな賭けに出た。 ホーチミン市に拠点を置く Sendo は、 ...
出島  ベトナムで法令違反のEコマースサイトを取締り 違反リストも公表へ  ↑0 ↓0
商工省(MoIT)は、オンライン取引の法令に違反しているeコマースウェブサイトとモバイルアプリケーションのリストを公表する計画を発表した。 この記事の続きを ...
出島  「ベトナムEコマースの先駆者」Lazada(ラザダ)が自動仕分けセンターを開設  ↑0 ↓0
6月12日、Lazadaグループの物流、eコマース配達企業であるLEL Expressが2施設目となる自動商品仕分けセンターを、今回はハノイに公式開設した。 この記事 ...
2018/06/20 12:23 da:- facebook:0 twitter:0 仕分け センター Eコマース グループ eコマース Express Tweet
出島  ベトナムのEコマース市場 中国や日本などの外資参入で競争激化  ↑0 ↓0
ベトナムのEコマース市場 中国や日本などの外資参入で競争激化. ベトナムのEコマース市場 中国や日本などの外資参入で競争激化 ...
2018/06/14 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 競争激化 Tweet
出島  EC大手「Lazada E-logistics」がベトナム・ハノイに自動仕分けセンターを開設  ↑0 ↓0
Lazada E-logistics Vietnamは6月12日、ハノイに自動仕分けセンターを公式に開設する。これは、持続的発展と急成長するeコマースへの参入を図るための施策 ...
2018/06/08 11:26 da:- facebook:0 twitter:0 ハノイ 仕分け センター 持続的 eコマース Tweet
PR TIMES  インタースペース、マックアンドサンクと事業提携日系Eコマース事業者のベトナム進出の包括的支援 ...  ↑0 ↓0
ベトナムEコマース市場について現在、ベトナムのEコマース市場規模は40億USDと日本の約30分の1程度ですが、2022年までには100億USDまでの到達が ...
2018/06/07 12:34 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース インター スペース マック アンド サンク Tweet
出島  加速するベトナムのeコーマス市場 従来の小売店が続々参入  ↑0 ↓0
Lazada、Tiki、Shopee、Sendo、Adayroiなどのeコマースサイトの出現によって、近年ベトナムの消費者の中でオンラインショッピングが人気となり、 ...
出島  ベトナムEC市場 ファッションがオンラインショッピングを牽引  ↑0 ↓0
Eコマースがベトナムで急成長し、ショッピング好きの人たちは、自らの足でいくつもの店を歩き回ることから、コンピュータやスマートフォンを使用し、家でゆったり ...
出島  伸びしろしかない(?)ベトナムEコマース市場 従来型企業も続々参入  ↑0 ↓0
ベトナムではEコマース市場が急成長を遂げており、数年以内には全盛期に差し掛かることが見込まれている。オンライン小売業者にとっては新たなチャンスである。 この記事の続きを読む. 2007年に設立された非営利団体、ベトナム電子商取引協会(VECOM)が発表したeビジネスインデックスレポートによると、2017年、 ...
2018/04/16 15:33 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 全盛期 オンライン チャンス 商取引 ビジネス Tweet
出島  ベトナムのEC需要に物流がキャパオーバー 効率化と人材育成で解決?  ↑0 ↓0
近年、ベトナムにおけるEコマースは成長が著しいが、配送や支払い方法の統一不足によって多くの企業がチャンスを逃す可能性がある。 この記事の続きを読む. 商工省主催の物流・Eコマースに関するセミナーが4月10日、ハノイにて開催された。 ベトナム・イーコマース協会(VECOM)によると、Eコマースセクターの昨年の成長 ...
2018/04/13 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 効率化 支払い チャンス 可能性 商工省 Tweet
forbesjapan.com  人口9千万人、爆発間近のベトナム「Eコマース」の可能性  ↑0 ↓0
ベトナムを含むAPAC全域では、携帯電話の普及がECの成長を加速させている。これらの国々では人口の大半が銀行口座を持っておらず、モバイルウォレットが重要な役割を果たしている。2014年にはベトナム人の31%しか銀行口座を持っておらず、このことは人々が物販やサービスを利用する上で障害になりかねない。
2018/03/29 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 可能性 これら モバイル ウォレット サービス Tweet
出島  外資系企業 ベトナムEC市場で存在感 国内企業も対抗策  ↑0 ↓0
外資系eコマース業者が広告キャンペーンや配送サービス、支払いサービスなどを通じてベトナム市場を席巻しようとしている。 ... 通常の5倍の売り上げを目標に、Lazada Vietnamは15万点の製品を11月9日から11日にかけてセール価格で販売した。1ヶ月後、Lazadaはさらに「オンラインショッピングの革命」と銘打った 、大幅 ...
出島  ベトナムのEC市場 中国企業の参入が続く 競争は激化へ  ↑0 ↓0
中国の提携企業Shopee flying upによるTikiへの出資、AlibabaのLazadaに対する追加投資、Cho Totの新たな試みの発表など、ベトナムのEコマース市場には今年、予想だにされていなかった様々な要素が含まれている。 この記事の続きを読む. 競争市場長期に及ぶ交渉の末、中国の大手小売り企業JD.comがTiki.vnに ...
2018/02/07 15:33 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 小売り Tweet
afpbb.com  京東、東南アジア市場拡大へ ベトナムEコマース「ティキ」に投資  ↑0 ↓0
【1月18日 東方新報】中国ネット通販大手の京東集団(JD.com)はインドネシア、タイに続き、ベトナムに戦略的投資を行う。京東とテンセント(騰訊、Tencent)の子会社「VNG」は共に、ベトナムのEコマース・プラットフォームの「ティキ(Tiki)」に10億元(約172億円)を超える資金を調達した。今回の増資を通して、京東はTikiの大 ...
2018/01/18 15:56 da:- facebook:0 twitter:0 Eコマース 東南アジア ネット 東集団 セント 子会社 Tweet
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業をクライアントとするアフィリエイト広告事業を、シンガポールでは東南アジア各国の企業を顧客対象とするスマートフォン向けアドネットワークサービス事業をそれぞれ展開し ...
news.nicovideo.jp  Apple、インドネシアとベトナムでも販売展開へ  ↑0 ↓0
Lazada(ラザダ)は、2012年にRocket Internetにより設立された東南アジア最大級のEコマースプラットフォームです。2016年にAlibabaに買収され、1,000億円を超える投資を受けたLazadaは、現在インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナムの東南アジア6カ国で電化製品や日用品、衣服など多彩な ...
2017/12/09 23:48 da:- facebook:0 twitter:0 東南アジア Internet Eコマース プラットフォーム 日用品 Tweet
thebridge.jp  中国Eコマース大手JD(京東)、ベトナムTiki.vnに4400万米ドルを出資——東南アジアで事業拡大する ...  ↑0 ↓0
ベトナムの e コマースサイト Tiki.vn が、中国のインターネット業界大手 JD.com(京東)から4,400万米ドルの資金を調達した。これは、ベトナムのテックエコ ...
mag2.com  Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社 (出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業を ...
アパレル・リソース  アパレル製品のEU進出にアマゾンの活用を  ↑0 ↓0
5月10日にハノイで開催されたセミナーで、世界最大規模のオンラインショッピングサイトであるアマゾンはベトナムの繊維・縫製業にとってEU市場参入へのまたとないチャンスであると外国人専門家は語った。 ベトナム繊維協会が主催したこのイベントでは、ドイツのVorwarts GmbHの専門家がベトナム企業に対してアマゾンを活用したEコマースについてのアドバイスを行った。 Vorwarts GmbHのAndré M. Aslund CEOは、76%の消費者が携帯電話でオンラインショッピングし、そして携帯電話所有者の50%がアマゾンで買い物をしているといった統計を用いて説明した。 Aslund CEOは、ベトナム縫製製品の品質はEUの消費者にとって完全に満足できるものだと述べた。ベトナムやアジア諸国の多くの企業が中間業者や小売業者を経由してEUで製品を販売しているが、アマゾンで販売すれば中間費用を節減でき、結果としてコスト削減でベトナム製アパレル製品のEU市場での競争力はますます強化されると述べた。 消費者の行動は大きく変化しており、製品への信頼はブランド力ばかりでなく製品レビューや説明、他の消費者の口コミなど様々なツールで醸成されると述べた。 そのため、企業も評価を高めるためには製品の品質向上と情報提供に努める必要がある、こうした評価はEU の消費者がベトナム製品を購入するきっかけとなるとAslundは述べた。 Aslundはアマゾンを通じて販売を行う際に企業が直面する問題点についても述べた。企業はEU市場の規制を遵守し、消費者の嗜好に合わせ製品デザインを改善する必要がある。 購入者を満足させることができれば、彼らがその商品を回りの人にも紹介し、ベトナム製品の知名度も向上していくことになるとAslundは述べた。   もっと見る
アパレル・リソース  eコマースの競争が過熱、配送時間の競争へ  ↑0 ↓0
オンラインストア間の競争の焦点は現在、価格から配送時間に移行している。 業界アナリストによると、5割引にもなる価格競争は過去のもので、良いサービスを求める顧客側の意識が高まるにつれ、配送時間が鍵となりつつあるという。 ベトナム最大のオンラインショッピングプラットフォームLazadaのAlexandre Dardy 社長は、業者数と製品数の増加に加えて配送時間の短縮が実現するだろうと述べた。 当然、都市部では地方部よりも早い配送が可能であるものの、現在、Lazadaの平均配送時間は2日以上となっている。 2016年末、Lazadaはバイク便配送業者AhaMoveと提携し、時には1時間以内の配送を可能とする新たな配送サービスを開始した。 別のオンラインショッピングサイトtiki.vnでも配送時間の短縮に取り組んでいる。現在の平均配送時間は2-3日となっている。 tiki.vnのTran Ngoc Thai Son社長は、消費者にとって最も重要なのは製品の品質と配送時間だと話す。 tiki.vnでは24時間以内の配送サービスを開始している。 時間内に配送されなかった場合、顧客は次回以降のショッピングに使える3万ベトナム・ドン(1.3米ドル)相当のtikiコインを受け取ることができるという。 しかし、配送時間の短縮にはコストもかかると同社は説明する。 速配サービスには通常配送の2-3倍のコストがかかるという。 例えば、3キロ以下の荷物の通常配送は1.5万ベトナム・ドンで済むが、速配サービスでは3万ドルかかる。 しかし、配送費用の50-75%はオンラインストア側の負担となっている。 Dardy社長は、AhaMoveは速配で3万ドンを得るが、Lazadaがそのうち2万ドンを負担するため、顧客の負担は1万ドンのみと説明している。 高い費用負担にもかかわらず、企業側は速配サービスが顧客の定着につながるとし、速配サービスの提供に意欲を見せている。 もっと見る
2017/03/23 06:08 da:15 facebook:0 twitter:0 サービス オンライン ショッピング コスト ストア コイン Tweet
アパレル・リソース  政府はeコマース拡大に期待  ↑0 ↓0
ホーチミン市で3月3日に開催されたベトナムオンラインビジネスフォーラム(VOBF)2017で、ある専門家はオンラインビジネス開発の最も大きな課題のひとつは消費者の信頼を得、企業の評判を確立することであると述べた。 電子商取引・情報通信技術庁のNguyen Huu Tuan氏は、ベトナムではeコマースの環境整備のための法的枠組みが整備されたところであると述べた。 しかし、消費者はまだオンライン購入でのリスクを懸念しており、同庁では管理能力の強化と企業、消費者それぞれの権利を守るための両者のつながりの強化に取り組んでいるとTuan氏は説明した。 ベトナム電子商取引協会のNguyen Thanh Hung会長は、年間25-30%の成長が見込まれるベトナムのeコマース市場の可能性を紹介し、しかし同時に、成功のためには各企業が独自の成長戦略を立てる必要があると強調した。 Hung会長は、多くの企業が長期的な目標を持ってオンライン事業に参入したものの、多くがプロモーションに注力するのみで、消費者とのつながりの構築、サプライチェーン開発、情報通信インフラへの投資ができていないと指摘した。 Nielsen Viet NamのNguyen Huong Quynh社長は、オンライン環境、都市化、消費者、オンライン支払い、新たなビジネスモデルを軸にオンラインビジネスの開発傾向を解説した。 eコマース企業はプロモーションや値引きを行うばかりでなく、消費者の基本的な要求に注意を払うべきであるとQuynh社長は述べた。 競争力向上のためには企業はブランドネームを構築し、同時に事業パートナーとの支援体制を整えていくべきだとQuynh社長は助言している。 もっと見る
アパレル・リソース  eコマース市場で新規参入企業が増加  ↑0 ↓0
Lotte、Alibaba、VNG、Vingroup、Aeon、Gioi Di Dongなど、ベトナムのeコマース市場には有力企業が溢れかえっている。 資金を使い果たし、eコマース市場を離脱した企業が多くいるにもかかわらず、最近になって市場に参入する新規企業は増え続けている。 1月13日、Gioi Di DongがVuivui.comでeコマース市場に正式に参入した。消費者の心を掴むべく、Vuivui.comでは純正品のみを販売し、模倣品が万が一発見された場合は補償を行うことを約束している。 Vuivui.comプロジェクトのPham Van Trong代表はVuivuiの展望に自信を持っており、将来的にはThe Gioi Di Dongの総売り上げの少なくとも10%を占めると見込んでいる。 The Gioi Di Dongの取締役が明かしたところによると、Vuivuiは2017年の第一四半期までに50億ベトナム・ドンを売り上げ、今年末までに200億ベトナム・ドンを売り上げることを目標としているという。 ロッテもまた昨年10月にlotte.vn を立ち上げ、ショッピングウェブサイトでベトナム最大手の座を狙っている。ロッテでは「先駆者」の様に手を広げすぎず、消費者にとって必須とされるファッション、ヘルスケア、美容、電化製品の販売のみに焦点を当てている。 ここで言う「先駆者」には、中国の億万長者Jack Ma氏のAlibabaから多額の投資を受けたLazadaや、タイの億万長者が所有するZalora Vietnam(タイ・セントラルグループがNguyen Kimを通じてZalora Vietnamを買収)、VingroupのAdayroiやVNGのTikiなどベトナム系のグループが含まれている。 アナリストによると、こうした投資家たちはベトナム市場に対する楽観的な見通しから、eコマース市場に未だに資金をつぎ込んでいるという。 「証券投資」紙が報じたところによると、Tikiの損失は急速に膨らんでおり、VNGから投資資本を受け取ってから11か月間で2500億ベトナム・ドンの損失が発生しているという。 同じ様な商品を販売し、同じ配送サービスを使い、同じ支払い方法を採用し、お互いに価格面で競争しなければならないが、価格面だけで勝者になることはできない。eコマース企業は行き詰まりの打開策をいまだに見つけられていないとアナリストはコメントしている。 ベトナムの消費者行動や習慣は急速に変化し、インターネットユーザーがオンラインショッピングでより多額の金を使用する傾向は強まった。 2030年までにベトナム人口の30%がオンラインでショッピングをするようになり、一人当たりの消費レベルが350米ドル、年間の見込み収益が100億米ドルになると商工省は推定している。 もっと見る
2017/02/25 06:03 da:19 facebook:0 twitter:0 eコマース ショッピング 消費者 億万長者 グループ ロッテ Tweet
出島  ベトナム、小売業のeコマース部門が急成長中  ↑0 ↓0
ベトナム小売業におけるeコマースの売上は、2020年までに、国の小売業全体の半分を占める100億米ドルに到達する可能性があるという。ベトナム小売 ...
2016/12/12 12:58 da:21 facebook:0 twitter:0 eコマース 可能性 米ドル Tweet
アパレル・リソース  小売業のeコマース部門は2020年までに100億米ドルに到達する見込み  ↑0 ↓0
ベトナム小売業におけるeコマースの売上は、2020年までに、国の小売業全体の半分を占める100億米ドルに到達する可能性があるという。 ベトナム小売協会(AVR)のデータによると、小売業における2015年のeコマースは成長率20%となり、40.1億米ドルを突破している。 商工省のHo Thi Kim Thoa副大臣は、12月8日ハノイで開催されたeコマースと携帯電話のテクノロジーに関するフォーラムにて、eコマースが小売業において極めて重要な発展要素であることを語った。 Thoa氏によると、小売業の昨年の成長率は9.5%であったという。小売業の伝統的な形式が80%を占める一方、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、eコマースなどの新しい形態は20%のみとなっている。「とりわけ、新しい販売経路においてもeコマースの占める割合は低く、約2.8%となっています」とThoa氏は加えた。 ベトナムには217のeコマースプラットフォームがあり、2014年の合計売上高は2013年の倍となる1兆6600億ベトナム・ドンであった。 「ベトナムにおけるeコマース事業は、大企業によって成長してきました。ベトナム全体の企業数60万社のうち97%が中小規模企業(SMEs)に占められていますが、eコマースに取り組んでいるSMEsはまだ多くありません。」と彼女は述べた。 副大臣は、首相が2012-20年にかけたeコマースの基本計画を公表したことに言及し、また先日12月2日に開催されたオンラインフライデーをeコマース発展の好事例として挙げた。オンラインフライデーに参加した企業は昨年を上まわる3000社であった。 Thoa氏はビジネスに対し、eコマースのトレンドをキャッチし、eコマースの発展を促すプランを持つよう力説している。 AVRのDinh Thi My Loan会長は、携帯端末の人気など、様々な要素がeコマースの発展を促進していると語った。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長も携帯電話やアプリの発展が購買活動を促進していることに同意している。 Hung氏によると、ベトナムのeコマース事業は年間30%の伸び率で成長を続けているという。「ビジネスは小売をオフラインからオンラインに素早く乗り換えています。一部の企業ではビジネスを完全にオンライン化しているところすらあります」と彼は述べた。 しかしながら、NielsenのPham Thanh Cong氏は、小売業全体の売り上げの85%を占めるのは伝統的な形式を持つ130万の店舗であることに触れ、小売業は地方地域の需要を満たす解決策を持たなければならないと語った。   もっと見る
出島  ベトナム、eコマース市場の見通しは依然として厳しいまま  ↑0 ↓0
オンラインショッピングがベトナムにおいて牽引力を増している一方、オンライン上の決済でクレジットカードを使用することをためらう層の存在により、オンライン ...
アパレル・リソース  eコマース市場の見通しは依然として厳しいまま  ↑0 ↓0
オンラインショッピングがベトナムにおいて牽引力を増している一方、オンライン上の決済でクレジットカードを使用することをためらう層の存在により、オンラインショッピングの販売チャンネルとしての存続の可能性に対し疑問視を持つ小売業者や卸売業者が増えてきている。 商工省の公式統計によると、2015年のオンラインショッピングの合計は、インターネットアクセスの拡大とスマートフォン利用の増加に伴い、1年間で22.5%増となる49億米ドルであった。 この増加のほとんどは、Vathia、Sendo、Tiki、Hotelなどのベトナムのオンラインウェブサイトや、国際的なe-マーケットプレイスであるLazadaやZaloraによるものである。 ベトナム電子取引IT庁の他のレポートにおいても、オンラインショッピングの利用者数と売上高は2020年までに大幅に増加するとの明るい見通しである。 しかしながらこの展望とは裏腹に、多くの販売店やメーカーではeコマースに対する適性や物流、競合性において大きな課題に直面している。 とりわけ、オンライン購入時にクレジットカードを利用することへの恐怖心から、ベトナムにおけるeコマース取引の90%以上が代金引換払いを選択しており、それが販売店にとって大きな悩みの種となっている。 また消費者知識とコンシューマーインサイトのグローバルリーダーであるKantar Worldpanelによると、世界的には売れ行きの3.9%を占める、本来であれば売れ筋であるはずの日用品(FMCG)部門が、ベトナムにおいては0.2%しかないという事実も見過ごされているという。 簡単に言えば、ベトナムの消費者は日用品をオンラインでは買わず、実店舗や地元の市場で現金購入する傾向にあるのである。 さらに、Vinmart+やサークルK、ファミリーマートなど、日用品の主要事業者が全国に実店舗を拡大しているこの状況下では、日用品部門においてeコマースが伸びる余地が残されていないと多くの専門家は考えている。 ベトナム電子取引庁の予測する展望においてはまた、世界中の発展国の主要市場では依然として実店舗が小売の基礎となっているという事実を無視している。 アメリカの市場調査会社であるeMarketerによると、インターネット時代と呼ばれる今日においても、世界中の小売販売の90%が依然として実店舗で執り行われるという。経営コンサルタントA.T.Karneyはさらに、この数字が95%近くであるとみている。 ベトナム電子取引IT庁の事務所庁Nguyen Thi Hanh氏は最近、ベトナムにおけるビジネスの42%がウェブサイトすら持っていないという調査結果を発表している。 ベトナムのビジネスの19%がウェブサイトを通じて商品やサービスを売り込んでいる一方。70%のウェブサイトはスマートフォン利用者が満足にコンテンツも見られないほどお粗末なデザインのままなのである。 もっと見る
出島  ベトナム、オンラインショッピングの台頭でEカードの利用増加  ↑0 ↓0
オンラインショッピングの普及により、ベトナムにおけるクレジットカードの人気が高まっている。商工省の報告によると、ベトナムにおける2015年のeコマース収益 ...
アパレル・リソース  オンラインショッピングの台頭によりEカードの利用が増加  ↑0 ↓0
オンラインショッピングの普及により、ベトナムにおけるクレジットカードの人気が高まっている。 商工省の報告によると、ベトナムにおける2015年のeコマース収益は、2014年から37%増となる40億米ドルであった。消費者は一回のオンラインショッピングで平均106米ドル使っていたという。 オンラインショッピングの人気の高まりから、この数字は次数年間でますます高まるものと予想されている。ホーチミン市の33歳会社員Tuyet Thanhさんは、eコマースの利用により買い物の利便性が増したという。 「外が雨だろうと晴れだろうと、家にいようと職場にいようと、いつでもインターネットサーフィンをして、商品、航空券、ホテル予約と、必要なものは何でも買うことができます。「いつでも」「どこでも」という言葉はまさにこのことです。」とThanhさんは述べた。. また消費者は、国際的なブランド製品をブラウズし、いつでも購入することができる。 しかしながら、オンラインショッピングを安全に行うためにはクレジットカードのセキュリティに注意しなければならないのも事実である。オンライン詐欺が横行しつつあるベトナムでは、金融の安全保障が需要な課題であることは消費者も留意している。 「オンラインショッピングで利用するクレジットカード選びには注意していて、確かな小売店と提携を結ぶ信頼性の高い銀行から発行されたカードを選ぶようにしています。」28歳のメディア専門家Thanh Huongさんは述べた。 消費者を誘導するために銀行は、ターゲット層に魅力のあるキャンペーンを行い、高水準の製品やサービスを提供するブランドと提携すべきである、と彼女は加えた。 Visa提携のShinhan銀行のEカードは、ベトナムの中でも人気が高い。Shinhan銀行によると、同行発行のEカード利用者は、週末のオンラインショッピングでのカード利用で、月間最大30万ベトナムドン、年間最大300万ベトナムドンのキャッシュバックを受け取ることができる。 またShinhan銀行のEカードは1000ベトナムドンの利用につき、平日のオンライン購入利用で2ポイント、オンライン以外の購入利用で1ポイントのShinhanポイントを付与している。このポイントは3年間有効で、現金に変換することができる。 「一番の魅力は、Tiki、Zalora、Lazada、Uber、Grab、Ciao Floraといったショッピングサイトやアプリなど、Shinhanの提携200企業で特典を受けれることです。また、CGV シネマ、Lotteシネマ、Hollys Coffee、Vpresso Coffeeでは一つ購入で一つ無料の特典もあります。」Shinhanの代表は説明した。 ShinhanのEカード利用者はまた、Tiki、Lazada、Yes24、Vivavivu、Nguyen Kim、Piaggio、SAPA、Xuan Cau、など多くの人気店で金利0%の分割払いオプションを利用することができる。2016年12月31日までの新規Eカード顧客先着888名は、Lotte.vnでの30万ベトナムドンのプロモーションコードを受け取ることもできる。 Eカードに平行しShinhan銀行は、オンラインの請求書払い、オンラインの貯蓄サービスといった、インターネット銀行サービスの提供も開始した。 同行はベトナム全土でのネットワークも急速に拡大している。2016年だけでも、ハノイ、ヴィンフック、ホーチミンに4支店を開設し、現在では国内で18の支店・処理センターとなっている。 もっと見る
出島  ベトナム、国内小売業者はEコマースに希望を託す  ↑0 ↓0
ベトナムでは最低限の費用で事業を拡大しようと、小売業者が次々に大手Eコマース企業と手を結んでいる。業界専門家はベトナムでEコマースが急速に発展し、 ...
2016/11/02 10:18 da:19 facebook:0 twitter:0 Eコマース 専門家 最低限 Tweet
アパレル・リソース  国内小売業者はEコマースに希望を託す  ↑0 ↓0
ベトナムでは最低限の費用で事業を拡大しようと、小売業者が次々に大手Eコマース企業と手を結んでいる。 業界専門家はベトナムでEコマースが急速に発展し、ウェブサイト、モバイルアプリやソーシャルネットワークが立ち上がりつつある中、こうした動きは不可避のトレンドだと話す。 電子商取引・情報技術部の報告書によると、2016年には34%の企業が製品をソーシャルネットワークで販売している。スマートフォン用アプリケーションを開発した企業や小売店も多い。 2014年には、スマホ用アプリを持つウェブサイトの割合は15%に過ぎなかった。2015年にはそれが21%まで伸びている。 しかし、すべての小売業者がこうした投資を行えるわけではない。小規模企業には特に困難である。 ウェブサイトやモバイルアプリの開発に多額の資金を注ぎ込む代わりに、大手Eコマース企業と提携し、そうした企業のプラットホームと売り場を利用して製品の管理や販売を行う企業も多い。 最低限の投資で販路を拡大できるこうした提携は賢い選択だと言える。 現在、最大のオンラインショッピング企業Lazadaはウェブサイトで商品を販売する契約を40社と交わしている。この提携は消費者、Lazada、小売業社のすべてを利するものだとLazadaは述べる。 Lazada VietnamのAlexandre Dardy CEOは、Lazadaとの提携により、その強力なネットワークを利用して小売業者は遠隔地を含むベトナム全土へと販路を拡大することができる、小売業者にとってはLazadaの4700万人の消費者に出会うチャンスとなると話す。 モバイルショッピングアプリShopeeも公式に事業を開始し、多くの小売店を集めている。 昨年、Eコマース企業SendoはBizwebと共に小売店主らに売り場を提供するアプリを開発した。 Zaloも消費者が自らの商品を販売できるサービスを立ち上げた。 Kid Plazaの代表者は、こうした提携の効果について、同社は全国で55店舗のスーパーマーケットを展開しているが、現在はEコマースに注力していると述べる。 Lazada.vnとの提携開始後3か月で、同社は月間200%の売上向上を記録するに至った。 Shopeeと提携するアマチュアの店舗オーナーNguyen Hong Phongは、事前に何の知識もないままEコマースに参入したと話す。 「Shopeeの支援、特に商店主が特に重要なスキルを学べる教育プログラムであるShopee Universityのおかげで事業は成功し、現在では1日に100以上の受注があります」とPhongは話す。 もっと見る
アパレル・リソース  国内企業におけるeコマース利用の促進  ↑0 ↓0
ホーチミン市内で10月20日に開かれたセミナーにおいて、輸出の拡大や世界各地の潜在的な提携企業に対する自社製品アピールのために、とりわけ中小規模のベトナム企業はeコマースを利用すべきであると説明された。 ベトナム電子商取引 IT庁(Vecita)ホーチミン市の所長Nguyen Thi Hanh氏によると、ベトナムは人口の半数以上にあたる約5000万人のインターネット利用者を抱える、インターネット普及率の高い国の一つである。 アメリカ、日本、韓国、EUなど、主要な輸出先国におけるインターネット利用率は高く、インターネットを用いて相手国にアプローチする方法をベトナム企業が習得していれば、大変効果的であると彼女は述べた。 「しかしながらベトナム輸出企業におけるeコマースの利用率は低いままです。」アリババ社、OSB Investment and Technology、JSC、VPBank、PTI 郵便保険株式総公社(PTI)など、世界の主要eコマース企業を前にHanh氏は説明した。 800以上の輸出企業を対象にしたVeicaによる調査によると、ウェブサイトを公開しているのは42%のみであったと彼女は言う。 多くの企業が直接の面談(59%)や見本市・貿易促進プログラム(19%)を通じてビジネスパートナーとのコンタクトを取っており、ウェブサイトやeコマースプラットフォーム、e-mailを通じて潜在的なバイヤーにアプローチしているのは19%のみであると彼女は述べた。 調査では、59%以上の企業が、eコマースは輸出に「効果的」と回答し、14%が「効果的ではない」と回答したと彼女は言う。 また中央経済管理研究所の元所長であるLe Dang Doanhによると、現行、そして今後の自由貿易協定はベトナム企業に輸出を拡大する機会を与えるかもしれないが、競争は激しくなる見通しである。 ベトナムの輸出企業は、世界経済の伸び悩みや英ポンドの下落など、急速に変わる世界経済における課題に直面しており、輸出の拡大には効果的な施策を取らなくてはならないと彼は述べた。 アリババ社ベトナムのTran Xuan Thuyエリア統括長によると、国境を超えた取引は、業務を効率化するために伝統的環境からオンライン環境に移行しつつあるという。 低コスト、利便性、地理的制限の不在などの利点から、eコマースは小規模企業に対し、市場での競争、探索、拡大の機会を与えると彼は述べた。 輸出向けのポップアップカードを制作するPaper Colour社のLe Thi Thien Ngan社長は自社製品販促のためにeコマースを利用した経験を述べ、2014年以降オンラインを通じて輸出しており、大成功を収めていることを説明した。 以前は月間1000点だった製造量が、現在では2万2000-2万4000点まで拡大しているという。 アリババ社、OSB、 VPBank、PTIはグローバル市場へのアクセスを実現するサービスを輸出企業向けに提供する契約書を調印した。 Hanh氏によると、ベトナムの最近のeコマース市場は年間25-30%のペースで成長を遂げており、以降5年間はこの流れが続く見込みであるという。 もっと見る
アパレル・リソース  外資系企業の小売市場進出に伴い競争が激化(後)  ↑0 ↓0
(前編より)   販売チャネルの多様化 もし国内企業が事業発展に向けた新たな方策を積極的に模索していかなければ、小売業になだれ込む巨大な投資フローに直面することにより、自国市場で打ち負かされることは確実であると言える。 実際、国内小売業者はなおも多くの面で外資系ライバルに劣っている。多少の改善は見られるものの、国内小売業者はストアチェーン管理技法から商品ディスプレイまでプロ意識を欠いており、価格競争力、商品の多様性や品質管理においても期待値を下回っている。こうした過酷な環境下で生き残るためには、国内小売業者はまず新しい方法を模索することによって市場における自社の地位を確立する必要がある。同時に彼らは電子商取引やマルチチャネル販売にもっと注力し、商品や受注管理のテクノロジーやオンライン・ソリューションを活用すべきである。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長は、オンラインとオフライン問わず、マルチチャネルの開発は成長に避けられないものとなるだろうと述べた。 eコマースはベトナムで目新しいものではなく、ほぼすべての販売業においてオンライン販売チャネルは長年運営されてきた。しかし状況はさほど単純ではなく、eコマースに対する消費者の信頼感は、知らぬ間に自分の銀行口座に損失を被ったなど最近何件か報告された事件によって損なわれており、決して強いものではない。 このことは、オンライン小売やeコマースがベトナムで本格的に成長するに至っていない理由の一つである。ベトナムには顧客がインターネットで製品を注文し、製品が自宅に配送された際に現金で支払う「代引き」の制度がない。もしこの状況が続けば、ベトナムにオンライン小売市場が十分に発展することはないだろう、とLoan会長は述べた。 ベトナム小売部門における競争はかつてないほど熾烈で、外資系小売業者が市場シェアを獲得するためにベトナム市場に殺到している。こうしたプレッシャーは国内小売業者に自社のビジネスモデルを再考し、外資系競合他社と差別化を図るためにその能力を強化するよう促す。 国内企業は市場調査を行い、自社の戦略を策定、生産者との連携を強化し、様々なタイプの顧客に対応するため、オンラインや実店舗など販売チャネル多様化を図っていく必要がある。 もっと見る
2016/10/20 12:07 da:22 facebook:0 twitter:0 オンライン チャネル eコマース マルチ 多様化 本格的 Tweet
アパレル・リソース  シティバンクとLazadaが地域連携を発表  ↑0 ↓0
世界規模の大手銀行であるCitiと東南アジアでオンライン取引プラットフォームを展開するLazada Groupが東南アジア市場に注目した新たな連携を発表した。Citiのカード保持者に対し、東南アジア地域全域でのプロモーションを展開する。 CitiとLazadaのこの連携で、Citiのカード保持者は特定の日にeコマースサイトでの買い物で15パーセントまでの割引を受けることができる。加えて、新たにCitiクレジットカードに加入するとLazadaでさらなる割引を受けることができる。 この割引はLazadaのオンラインレボリューションキャンペーンに先駆けて10月にインドネシア、マレーシア、フィリピン及びタイで実施される。オンラインレボリューションキャンペーンは11月に開催される東南アジア地域最大のオンラインショッピングイベントである。 シンガポールとベトナムでもCitiとLazadaは提携している。ベトナムでは2016年11月22日までに新たにCitiのクレジットカードを申し込むと200万ドン(91ドル)までのLazadaの割引券を受け取ることができる。Citiカード保有者はLazadaで買い物をするとポイント10倍、5%キャッシュバック、プレミアマイル3倍、Citi PayLiteプログラムで年末まで利子・手数料無しなど、様々な特典がある。 Citiはアジア地区のクレジットカード発行で主導的な地位にあり、アジア地区で1600万枚以上を発行しているほか、Lazadaが事業を展開する6か国で個人向け銀行サービスも行っている。今回の提携でアジア地区のCitiのカード事業にさらなる成長をもたらし、顧客がデジタル面でより活発化する中、Citiが目指すデジタル領域でのプレゼンス向上が期待されている。 「主要デジタル領域での顧客サービスの提供を含め、デジタルバンキングの領域で世界でも主導的な地位を得ることを個人向け銀行サービスの戦略としています。モバイルやその他デジタル手段の急速な浸透により、銀行の利用方法は大きく変化してきています。そのため、新規顧客の獲得や顧客の忠誠度向上によりカード事業に成長をもたらすLazadaとの提携を喜んでいます」とCitiアジア太平洋個人向け銀行業務のAnand Selva部長は話す。   もっと見る
2016/10/19 12:05 da:22 facebook:0 twitter:0 カード デジタル オンライン アジア 東南アジア サービス Tweet
アパレル・リソース  小売企業における戦略再検討の必要性  ↑0 ↓0
企業合併(M&A)により外国小売企業がベトナムに浸透するにつれ、ベトナム小売企業は開発戦略や競争力の向上により真剣に取り組まざるをえなくなっている。 数億ドル規模の案件が過去2年間でいくつも決定している。 日本のイオン、韓国のロッテ、タイのTCCホールディングやセントラルグループといった外国企業の参入が消費者に利益をもたらし、小売業界の現代化を促している事は否定できない。しかしながら問題は、こうした外国企業との競争やベトナム製品の開発・促進にあり、地元の小売業者はこれを真剣に検討しなければならないと専門家は言う。 「ビジネスフォーラム」誌によって9月29日に開催されたオンラインフォーラムでは、外国小売企業のベトナム小売市場への浸透に効果的なM&Aは避けられない流れであり、この流れは次の2-3年間は続くであろうと専門家が予想している。 ベトナム小売業協会のDinh Thi My Loan会長によると、世界貿易機関の参加前に国が小売業界を促進する国家プランを持ち合わせていなかったことは不運な事であったという。 「今、地元の小売企業が成長を遂げ、急速に統一化する世界の厳しい競争に立ち向かうことが重要となっています。」とLoan会長は述べた。 ベトナム全土に80以上のスーパーマーケットと、300近くの小売店を展開するCo.op社のVo Hoang Anhマーケティング部長によると、外国企業との競争が地元企業に対し開発戦略調整に向けたプレッシャーを生み出しており、また学習する機会も与えているという。   小売のマルチ・チャンネル化 専門家によると、地元企業が製品の購入方法に対する選択肢を消費者に与える事で、マルチ・チャンネル化を図らなければならないという。 Hoang Anh氏によると、eコマースと従来の流通方法を合わせたマルチ・チャンネルの小売法がベトナムには適している。Co.op Martの親会社であるSaigon Co.opは、2017年にeコマース窓口を開発する予定である。 ベトナムでは買い物のトレンドとしてeコマースが台頭してきており、強い成長が期待されているが、支払い方法や消費者の信頼といった側面がかけており、ブームには至っていない。 マルチ・チャンネルの小売方法は地元小売業者にとって避けられない流れであるとLoan氏も同意した。 またHarp社のNguyen Thi Hai Thanh副社長によると、 大きな可能性がある地方市場にも小売業社はフォーカスを当てているという。 消費者動向に関するグローバル・エキスパートであるKantar Worldpanel氏による2015年の調査によると、都心部では従来の小売方法が未だに82%を占めており、地方市場では98%を占めているという。小売市場では家族経営の小売店が60%を占めており、従来市場の10%を占めている。 さらに専門家は、ベトナム製品の流通のために、企業とサプライヤーの相互協力を促している。 2008年以降、9300万の人口を抱えるベトナムは、国際小売開発指数による新興小売市場への参入魅力度ランキングで常に上位30に入っている。 ベトナムにおける小売市場の収入は年間総額1100億米ドルに達しているが、およそ4分の1は最新の小売チャンネルから来ている。分析によると、2020年には小売収入は1790億米ドルにまで達する見込みである もっと見る
2016/10/11 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 チャンネル マルチ 消費者 専門家 eコマース 小売店 Tweet
アパレル・リソース  サイト閉鎖もEC市場は盛況  ↑0 ↓0
ベトナム商工省と電子商取引 IT庁の説明によると、eコマースサイトの失敗はeコマース市場の実態を反映するものではないという。 ベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)によって発表された2015年電子取引報告書によると、2015年のeコマースの売上額は前年比37%増の40億7000万米ドルとなった。今後5年間で100億米ドルに達すると見込まれており、まだ歴史は浅いものの、eコマースはベトナムで最も高成長率が見込まれている部門である。 しかしながら、一連のeコマースサイトは大幅な損失から閉鎖を余儀なくされており、Beyu、Deca、Lingoなどのオンライン小売は長期間に渡り苦戦を強いられた後に市場から撤退している。 ベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Thanh Hung会長によると、eコマース市場で見込まれる高い成長率とeコマースサイトの閉鎖には何ら矛盾を感じないものであると言う。 eコマースというビジネスモデルが形成された初期段階である1997年〜2010年、第二段階である「過渡期」の2010年〜2015年、そして高度発展期となる2016年以降と、eコマース市場が拡大していく中、ベトナム商工省はある程度の発展段階を予測していた。 インターネットユーザー数が急速に増え、スマートフォンからインターネットにアクセスする人々が急増し、市場がますます拡大するなど、eコマースが高度発展期に入る兆候は2015年から予見されていた。 その間、企業対消費者(B2C)、企業対企業(B2B)、政府対企業(G2B)の取引も急速に発展を遂げている。5年前はベトナム企業の30%のみがウェブサイトや携帯アプリを持っているに留まったが、2015年には50万社中45%がウェブサイトを構えている。また、50万社ある企業の多くがそれぞれ数十から数百のドメイン名を獲得するなど、ベトナムのドメイン名は2014年には27万であったが、2015年10月までにその数は34万まで増えており、2016年には40万台を突破すると見込まれている。 さらに、2015年から2016年にかけたeチケット販売額の急速な伸びやホテルやゲストハウスのオンライン予約システムの導入など、eコマース市場の急速な成長は航空や旅行業界のオンライン広告の伸びからも説明することができる。 「年々2桁台の成長率を見せており、eコマース市場は過去数年で大幅な成長を続けているが、eコマース市場には特にB2BやG2Cモデルを中心に、ますます多くのビジネスが参入しつつある。オンライン小売はeコマースのごく一部であり、電子取引市場全体の状況を反映するものではない。」とNguyen氏は説明した。 もっと見る
2016/09/06 05:55 da:23 facebook:0 twitter:0 eコマース サイト オンライン 商取引 モデル 商工省 Tweet
HOTNAM!  Eコマースの購買動向、競争のポイントは「送料」  ↑0 ↓0
ベトナムオンライン小売市場は2020年に100億ドル規模に達すると予想されている。電子商取引の発展に伴い配送サービスも急成長し、配送時間の短縮、配送網 ...
2016/08/17 15:45 da:39 facebook:0 twitter:0 商取引 サービス オンライン ポイント Eコマース Tweet
アパレル・リソース  EC(電子商取引)産業が再編途上  ↑0 ↓0
ベトナムにおいてまた発生したEC(電子商取引)サイトの閉鎖は、この業界が再編の途上にあることを示している。 オンライン小売業者のLingo.vnは先週営業を停止したが、このニュースが出た際、会社が資金を使い果たした時に投資家が資金の再投入を拒絶したとの噂が巻き起こった。Lingo.vnはデジタルコンテンツ制作のVMG Media JSCの子会社として、2014年に設立された。この親会社の財務諸表によると、Lingo.vnは2016年6月期に1500億ベトナム・ドン(670万米ドル)の赤字を計上した。 2015年以来ベトナムの電子商取引は選別が進み、多くの企業がサイトを閉鎖し、次々と市場から撤退した。その中にはオンライン小売のDeca.vnや、IDGベンチャーズがバックアップしたProject Lanaの運営する3つの電子商取引サイトで、ファッション用品や化粧品、ベビーグッズ、下着を販売していたLamdieu、Beyeu、Forevaも含まれる。 また一方で、ベトナムRocket Internet社のすべてのeコマース事業において、その資本関係が変更となった。食品注文サービスのFoodpandaは地元新興企業のVietnammmに、衣料品やアクセサリーのオンライン小売業者ZaloraはタイのCentral Groupに、そしてLazadaはAlibabaによって買収された。 こうした市場の動向に反し、最近多くの新規企業が電子商取引に参入している。例えば、5月にVNGが170億米ドルを投じて株式の38%を取得したtiki.vnに対する出資や、昨年8月の不動産大手Vingroupによる電子商取引サイトadayroi.comの立ち上げなどが挙げられる。 年初来、投資家から資金調達して立ち上げを行ったベトナム企業のうち、電子商取引産業から出資は1社のみである。(短時間限定でセールスを行う形態である)フラッシュ・セールス・プラットフォームのTopmot.vnは先週、個人投資家連合から100万米ドルの出資を受けることに合意したと発表した。この投資家メンバーには米国のフラッシュ・セールスサイトGilt Groupeの共同創立者も含まれる。 6月に開業したTopmotは、現時点でベトナムにおける唯一のフラッシュ・セールスサイトで、現在1週間に40ものキャンペーンを実施しており、各セールは毎日午前10時からスタートして最長5日間続く。 オンラインサイトsendo.vnのNguyen Dac Viet Dung会長によると、ベトナムの電子商取引市場では再編が進んでいる。 「Lazada、SendoやTikiなど大企業では大きな出資を受けている一方で、中小企業はサイトを閉鎖したり、ニッチ市場に特化したりしている状況です。こうした動きは通常のものであり、他の市場でも起こっていることです。」と彼は説明した。 同様の発言は、Topmotの創始者であり、Zalora Vietnamの元CEOでもあるErik Jonssonによっても繰り返された。「ベトナムにおけるeコマース運営は容易ではありません。」とJonsson氏は、ニュースサイトdealstreetasia.comによる最近のインタビューの席で述べた。「市場は成長するにつれ、より多くの参入者が現れて競争が激化しているため、他社の類似モデルでは通用しなくなっています。企業は課題に対する独自の解決法を見出すか、顧客に特別な価値を提供しない限り、より巨額の資金を有する競合他社と対峙し、長期的な成長や繁栄を遂げることは難しいでしょう。」 ベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)のデータによると、2015年ベトナムにおけるB2C電子商取引の総売上高は37%増の40億7000万米ドルで、財・サービス小売業全体の2.8%を占めた。 もっと見る
2016/08/17 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 商取引 サイト セールス 投資家 オンライン 米ドル Tweet
出島  ベトナム・モバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき理由  ↑0 ↓0
ベトナム・モバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき理由 ... ベトナムにおいてモバイルeコマース(mコマース)は今後数年間でブーム到来が予想 ... 準備する必要がある。6月23日にハノイで開催されたベトナムモバイルデー 2016という ... ハノイとホーチミン市の2拠点で開催されたイベントにはモバイルテクノロジー分野で ...
アパレル・リソース  企業はモバイルショッピングの成長トレンドを活用すべき  ↑0 ↓0
ベトナムにおいてモバイルeコマース(mコマース)は今後数年間でブーム到来が予想されており、企業はこの販売チャネルの人気の高まりに乗じて収益を獲得できるよう準備する必要がある。 6月23日にハノイで開催されたベトナムモバイルデー 2016というイベントにおいて発表されたデータによると、mコマースはベトナムで着実な増加傾向にあることが示された。 Googleの統計によると、情報を検索するためにスマートフォンを使用しているベトナム人の割合は、ノートパソコンを使って検索する人の割合を超えている。2016年にモバイル端末を使用したファッション、アクセサリー、書籍、家電製品の検索についても、ノートパソコンでの検索を上回っている。 また市場調査会社Nielsenのデータによると、スマートフォンユーザーはベトナムの都市人口の70%、農村人口の40%を占めており、買い物に携帯電話を利用する割合は2015年に20%を超えた。 商工省(MoIT)傘下のベトナムベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)のデータによると、MoITが主催する毎年恒例のオンラインショッピングイベントである“オンラインフライデー”の期間中、注文の約40%が携帯電話から行われた。 VECITAは、今後もモバイルショッピングの割合は増え続け、端末の価格が低下し、3Gおよび4G通信がより広く利用可能となり、支払いから物流などmコマースに必要な技術が発展するにつれ、ベトナムのeコマースの中でmコマースが大きな割合を占めるようになると予想している。 このイベントにおいて専門家は、携帯電話でアクセス可能なウェブサイトを構築したり、ユーザーが簡単に支払い可能なオプションを用意したり、モバイルマーケティングを活用するなど、この販売チャネルによってもたらされるビジネスチャンスを逃さないようにと企業にアドバイスした。 「企業は販売チャネルとして、モバイルeコマースを無視することはできません。」とNielsen社コンシューマー・インサイト部のDang Thuy Ha部長は述べた。「会社は広告に掲載している商品を正確に販売することによって顧客の信頼を獲得するだけでなく、顧客とその習性を理解する必要があります。彼らはどのような商品を求めているのか?そしてどんな媒体を通じて彼らはあなたの会社にアプローチするのか?というようなことです。」 「Nielsenのデータによると、顧客は商品の種類で検索するのではなく、ブランド名で検索する傾向にあることが分かります。食品などの一部の商品では、PCよりもモバイル端末で購入される可能性が高いようです。また顧客が本当に気にかけている2つのポイントは、割引やクーポンなどのスペシャル・オファーと、今最も売れているアイテムが何かということです。この傾向に従って企業は自社ブランドを宣伝すべきであり、自社サイトにおいて優先付けすべき情報は何かを分かっておく必要があります。」と彼女は言った。 VECITAのeコマース管理部のNguyen Huu Tuan部長は、この分野における規制を遵守することにより、各企業は顧客に対してより多くの信頼を獲得できることにつながるだろうと述べた。 「モバイル端末を使用したeコマースに関する通達Circular 59/2015/TT-BCTでは、現状企業が自社の商品やサービスを登録することを求めています。企業が製品やサービスを登録する際に、もし企業が顧客との間に揉め事を抱えている場合、我々が顧客の権利を守るための基準となります。」と彼は述べた。 彼はmコマースの発展を支援するため、VECITAでは2016~2020年のeコマース成長計画を策定したと続けた。この計画に基づき、各地域で企業の具体的な支援プログラムを準備することとしている。「eコマースに関するトレーニングや情報提供セッションの実施や、企業が自社ウェブサイトを構築するためのサポートが予定されています。」と彼は述べた。 ベトナムモバイルデー 2016は、毎年開催されるモバイル技術に関する国内最大のイベントで、今年6回目の開催であったが、多くのモバイルテクノロジー企業のCEOや創業者によるプレゼンテーションが開催され、彼らの経験や投資、自社製品やサービスの開発に関するテーマだけでなく、マーケティングについても論じられた。さらに、モバイルテクノロジーに関する政府規制当局によるセミナーも実施され、今年はmコマースに焦点が当てられた。 ハノイとホーチミン市の2拠点で開催されたイベントにはモバイルテクノロジー分野で働く約5000人や、学生、投資家が参加した。第3会期は7月2日にダナンで開催される予定となっている。 もっと見る
アパレル・リソース  eコマース普及には消費者の信頼獲得が必要  ↑0 ↓0
ベトナムにおいてeコマースがブームを巻き起こすには、電子決済システムの開発だけでなく、消費者の信頼性の改善が不可欠である、と専門家らは5月11日の会議で述べた。 ベトナム貿易研究所とVietinbankが共同で開催した会議において、商工省のĐỗ Thắng Hải副相は、現在のベトナムの電子決済サービスの発達段階は、eコマースが急速に普及していくためには未成熟である、と述べた。 商工省の統計によると、昨年のB2Cビジネスの売上は40億7000万米ドルにも達し、前年比37%増と、途方もない上昇を記録したことが明らかになった。 9000万人の人口のうち約45%がインターネットにアクセスすることによって増加するインターネットやテクノロジー機器に対するニーズは、法的枠組みの改善とも結びつき、2020年までにeコマースで数十億米ドルもの収益を生み出すことを可能にする、と専門家らは予想している。 しかし政府は、2012年にキャッシュレス決済に関する法令を発令したにもかかわらず、eコマースや経済社会の発展を後押しするのに失敗しており、電子決済サービスの開発はまだまだ遅れている、とHải副相は述べた。 eコマース・IT部門のLê Thị Hà 氏によると、eコマースサイトにおいては、いまだ現金決済が最も主要な決済方法となっている。 彼女は統計を引用し、調査対象のeコマースサイト利用者のうち、直接支払いを87%、商品代引払いを64%、銀行振込払いを77%が支持したものの、電子決済はわずか25%にしか受け入れられなかったとした。 ベトナム競争庁のPhan Thế Thắng氏は、現金使用に関する古くからの慣習や、商品を見てから支払いたいという一般的な考え方が、eコマースにおける消費者の信頼の欠如や電子決済システムの未発達の原因に、現金志向として現れている、と述べた。   信頼性の向上 「消費者と企業の信頼を改善するために、eコマースに不可欠な電子決済システムの開発を促進することが重要です。」とベトナム貿易研究所のNguyễn Thị Nhiễu氏は述べた。 Nhiễu氏は、中国のeコマースブームにおいては、電子決済システムへのユーザーの信頼性向上がブームを炊きつけたことがわかったと述べた。 ベトナムeコマースレポート2015によると、現状ベトナムの電子決済インフラには、eウォレット、カード・スイッチングシステム、ペイメントカード、インターネットバンキング、モバイルバンキングとクレジットカードがある。 「セキュリティを強化することも、電子決済の発展に非常に重要です。」とNhiếu氏は述べた。 Nhiễu氏は、政府はeコマース開発だけでなく、電子決済システムの開発を促進する政策をとるべきであり、そのためにeコマース向けの技術インフラ投資について民間部門の参入を奨励すべきだとした。 またThắng氏は、今後は消費者保護などの問題にも今まで以上に注力していかなければならないとし、「商品の品質が、eコマースの長期的な発展の可否を決めることになります。」とした。 しかしeコマースレポートによると、eコマース商品の品質が悪いことが購買意思決定に最大の障壁となっており、価格と配送サービスへの不満がそれに続いている。 専門家らは、eコマースにおいて消費者保護機能を強化するために、政府の監督機関によってeコマース企業と消費者の間を調停していくことが求められている、と述べた。 また、eコマース業界における人材開発も促進する必要がある、と専門家らは会議で述べた。 B2Cビジネスの売上高は年間20%も増加しており、2020年までには100億米ドルにも達し、ベトナムの小売業総売上高の5%を占めるようになる、と予想されている。   もっと見る
2016/05/19 06:02 da:19 facebook:0 twitter:0 eコマース 消費者 システム 専門家 米ドル インターネット Tweet
朝日新聞出版  ベトナムの電子取引市場ChoDienTu.vnがアリババ所有の地域大企業Lazadaに挑戦  ↑0 ↓0
【ハノイ2016年5月6日PR Newswire=共同通信JBN】ChoDienTu.vnは、独自の戦略と国内事情を深く理解している企業が、はるかに小さな資金でも外国のeコマース大企業と対抗、挑戦することができることを実証した。Vietnam e-Commerce and Information Technology Agency(ベトナム電子取引・IT庁)(www.vecita.gov.vn )がこのほど発表した2015年eコマース・リポートによると、ベトナム初の電子商取引市場であるChoDienTu.vnは、eコマース初の市場参入企業より50倍も少額の総資金支出でも売り上げ収益で2位にランクされた。このことは、独自の戦略を持つ国内eコマース企業であり、国内事情を深く理解していれば、比較的少ない資金でもなお資金力のある外国の大企業と対抗できることの証しである。ChoDienTu.vnを保有するPeacesoft Groupのグエン・ホア・ビン会長は、この成果を記念するスピーチの中で、「この数年のeコマース・フィーバーに直面して、資金力のある多くのプレーヤーが成長を買い取るために大きな もっと見る
2016/05/06 12:33 da:90 facebook:- twitter:- はるか ハノイ アリババ Tweet
出島  ベトナム、AlibabaによるLazada買収で電子商取引企業に商機  ↑0 ↓0
ベトナムの電子商取引業界は、AlibabaがLazadaを買収したというニュースに懸念を示すどころか、むしろ沸き立っている。Bibomart 社eコマース部門のLe Thiet Bao部長は、ベトナム市場におけるこの巨大企業の出現を心配する必要はなく、今国内企業がすべきなのは自分の仕事を全うすることである、とコメントした。
2016/04/27 11:15 da:20 facebook:0 twitter:0 商取引 eコマース ニュース Tweet
アパレル・リソース  AlibabaによるLazada買収で電子商取引企業に商機  ↑0 ↓0
ベトナムの電子商取引業界は、AlibabaがLazadaを買収したというニュースに懸念を示すどころか、むしろ沸き立っている。 Bibomart 社eコマース部門のLe Thiet Bao部長は、ベトナム市場におけるこの巨大企業の出現を心配する必要はなく、今国内企業がすべきなのは自分の仕事を全うすることである、とコメントした。 Bao氏は、Alibabaの事業戦略やeコマースチェーン運営に関するノウハウをもってすれば、Lazadaはもはや多額の損失を出すことはないだろう、と考えている。 Lazadaは子会社や巨額のマーケティング予算を持つ必要がなくなり、ただ事業コストの最適化さえ考えれば良い。このことは、まだ初期段階にあるベトナムの電子商取引市場にとっても良いことであり、今後ビジネスを拡大しようとしているhotdeal、tiki、cungmuaやnhommmuaといった新規参入企業にビジネスチャンスをもたらす。 「そのため私は、この買収が市場にとって弊害よりもメリットをもたらすものとして歓迎しています。」とBao氏は言った。 今でも中国製品が溢れかえっているベトナム市場に対し、Alibabaがさらに多くを持ち込むではないかという懸念について、Bao氏は、Alibabaがなくとも中国製品は長期間ベトナム市場の一角を占めてきた、とした。 「ベトナムの電子商取引は市場全体のわずか1%未満しか占めておらず、Lazadaはそれらの電子商取引企業のうちの1社に過ぎないのです。そのため、今回の買収が市場に大きな影響を与えることはないでしょう。」とBao氏は述べた。 ビジネスライバルとしてのAlibabaについてコメントを求められた際、ウェブサイトのchodientu.vnを運営するPeacesoft社のNguyen Hoa Binh CEOは、もしアリババがJack Ma氏の言うように「揚子江のワニ」であるならば、Peacesoft社はベトナム市場で対等に競い合うために手ぐすねを引いて待っているピラニアである、と述べた。 今まさに市場に参入しようとしている40tencuop.com というeコマースサイトでは、「Alibabaとの宣戦布告」を行った。 Bao氏はこの「宣戦布告」についてコメントを求められた際、「水位が上がればボートは水に浮かぶことができる」と例え、市場が改善すればすべての市場参加者に利益がもたらされるため、何もAlibabaに対峙する必要はないとした。 同様にThanh Nien紙も、Alibabaの参入によりベトナムに利益がもたらされるだろう、としたアナリストの言葉を引用した。 専門家らは皆、ベトナムでの電子商取引は多くの資金を必要とすると指摘している。そしてもしAlibabaがLazadaのために「山のような資金」を投じることにした場合、それは良いニュースとなるであろう、とした。 またAlibabaは、ベトナムで未だ「未解決」の課題となっている豊富な商品の供給をベトナムにもたらすことになる。ベトナムの電子商取引企業は、その商品の調達において依然として輸入に大きく依存している。 つまり、今回の買収により、ベトナムの電子商取引に必要とされる二大要素である資金と商品が、Alibabaによってもたらされるということを意味する。 電子商取引に対する監視機関であるVecitaは4月14日に、ベトナムの電子商取引に関するレポートを発表した。 Lazada.vnは、10の電子商取引ウェブサイトの中で最高位の売上を誇っている。 もっと見る
アパレル・リソース  Lazada社、電子商取引の収益構造を構築(前)  ↑0 ↓0
東南アジアナンバーワンのオンラインショッピングサイトを運営するLazadaグループ傘下のLazada ベトナム社は、最近4周年を迎えた。「投資」紙のBich Ngoc氏はLazadaベトナムのAlexandre Dardy CEOと、同社の業績、及びベトナム市場の大きな潜在需要に対する今後の開発計画について(次のように)語り合った。   投資:ベトナムで4年間事業を推進してきた結果として、Lazadaベトナム社の最も大きな功績は何だとお考えですか? Lazada:過去4年間における我々の最大の功績は、同業他社やお客様に広く認知されたということです。2012年の創業以来Lazadaベトナムは、マーケティング、業務オペレーションや、これまでに13カテゴリで50万点もの製品を取り扱う3000店舗を擁する取引サイトの3つの要素において強固で連携の取れた収益構造を構築してきました。Lazadaベトナムは、2014年のベストオンラインショッピングサイト賞や、2015年のSmarties グローバルアワード、同じく2015年にeコマース企業のトップ10に入るなど、多くの賞を受賞してきました。また、2014年にベトナムにおける信頼ブランド賞を獲得し、2014年と2015年の2年連続で職場環境の良いベトナム企業トップ100に名前が挙げられました。これらのランキングや賞は、ベトナムのお客様にサービスを提供し、電子商取引における収益構造を開発、そしてオンラインショッピングサイトの拡大をお約束してきた我々の成果を表しています。 投資:今後のベトナムにおけるLazada社の展望をどのように描いていますか? Lazada:2020年までの長期ビジョンにおいて、Lazada社は(これからお話する)4つの大方針に沿ってオンラインサイトを成長させようとしています。まず品揃えですが、我々は多くの優れた大手小売チェーンや地元小売業者と協力していくと同時に、グローバル活動も推進していきます。ブランドの取り扱いについては、トップブランドがNo.1オンラインチャネルの地位を確立できるよう、戦略的パートナーシップを締結する一方、市場に新規参入しようとしている新しいブランドをサポートすることを計画しています。物流においては、IT投資を推進し、製品をお客様に引き渡すまでの創造的な手段を追求して参ります。そして最後は、顧客の信頼の獲得です。私たちは引き続き返金・返品プロセスを改善すると同時に、顧客サービスの質を向上していきます。 投資:最近Lazadaベトナム社の業績が思わしくないため、Alibabaなどの会社に買収されるのではないか、という噂があります。この点についてコメントを頂けますか? Lazada:あなたがおっしゃるように、それは噂にすぎません。 Lazadaはこういった噂に関して逐一コメントはしません。我々はベトナムのお客様にサービスを提供し続け、電子商取引におけるエコシステムを開発し、ベトナムにおける当社のオンラインショッピングサイトをさらに拡大させ続けることをお約束したいと思います。今後ベトナムのお客様に電子商取引が急速に広まっていくことが予想されており、我々はこの見通しに大いに期待しています。我々はすべてのお客様のために、次世代のオンラインショッピング体験をご提供し、地元のeコマース産業を最大限に活性化していくように考えています。   (後編へつづく)   もっと見る
2016/03/29 05:52 da:19 facebook:0 twitter:0 オンライン サイト お客様 ショッピング 商取引 ブランド Tweet
interspace.ne.jp  インタースペースベトナム、ベトナム国内広告会社として初めて 現地EC機関VECOMの正式メンバーに加入  ↑0 ↓0
(本社:ベトナム ハノイ、CEO:Nguyen Dinh Anh、以下:インタースペースベトナム)は、ベトナムのオンラインマーケティングの企業として初めてVietnam E-commerce Association(ベトナムEコマース協会、以下:VECOM)の正式メンバーとして選ばれたことを本日お知らせいたします。
blog.asilla.jp  【ベトナムEC市場】2020年までに100億USD(1兆1400億円)予測。さらに伸長する可能性もあるとみた。  ↑0 ↓0
ベトナムのEC市場のことは以前書きました、2015年実績が推定40億USDと。 blog.asilla.jp その市場があと4年以内に100億USD規模(2.5倍)になるという予想がこちら。  ベトナムeコマース(電子商取引)協会(VECOM)、ホーチミン市商工局、eコマース企業はいずれも、国内のeコマース市場が2016年から急速に発展し、2020年までにeコマース市場の規模は小売市場の約5%に相当する100億USD(約1兆1400億円)に成長すると楽観的な見方を示している。  電子商取引サイト「Bizweb.vn」を運営するDKT技術社(DKT Technology)のチャン・チョン・トゥエン最高経営責任者(CEO)は、ベトナムの人口9000万人のうち4000万人がインターネットを利用しているとし、「eコマース市場は発展する余地が非常に大きい」と指摘する。 出典:eコマース市場、2020年には100億USD規模に成長見込み - 経済 - VIETJO 日刊ベトナムニュース 既に40億ドルのボリュームがあるところが、4、5年で2倍以上になるマーケットがこの世界のどこにあるというのでしょう・・・、信じられませんね。 ところがどっこい、2013年が22億だったのでこのままの伸び率を維持するとたしかにそのくらいの規模になります。 さらに、いつも書いてある通り、いま各ECが抱えている大きな2つの課題はロジスティックスとペイメントなわけですが、この2つは他の国では解決できている課題であり、ベトナムが解決するのも時間の問題だと考えています(いつできるかはわかりませんが)。 そして、もしその2つの課題が、例えば(あくまでも例えば)、クロネコヤマトのベトナム法人とJCBの大活躍によって解決が早まれば、この成長の直線は一気に上方修正されますので、さらに規模が大きくなるハズです。 そんなクレイジーな市場に自社サービス(サイト分析型レコメンドエンジンASP)を投下できている現状を幸せに思いつつ、今日のところはこのへんで。 (この記事は、市場が成長しているところから撤退してどうすんだ日の丸ECよ、という切ない気持ちを込めて20分で書かれた。) ベトナムECツイート 11/12号#6/SG佐川ベトナムが国内向けECサイトで配送サービス/鴻池運輸が「岡山早島配送センター」を2日から稼働/ゆうパック4・4%増、上期累計7・7%増=9月の郵便・荷物/SBSロジコムが高級ワインの輸入から配送まで一括受託 — カーゴニュース編集部 (@Cargo_NEWS) 2016, 1月 28 もちろん佐川さんも忘れちゃいけない。 佐川ベトナムさん、アジラは応援してますよ。 資生堂のコラーゲンをベトナムと日本のECサイト上の値段を価格比較してみたところ、値段がほぼ変わらないという驚愕の結果が出ました。よく外国人の集団万引きが新聞沙汰になってますが、彼らの運んだ品がこの結果を生んでる気が。 https://t.co/3wiB9SN0w7 — いのっち (@inotanita) 2016, 1月 8   【最新ECニュース】 ハノイ:市内初の安全農産物市場オープン、ECサイトも - 日刊ベトナムニュース: 日刊ベトナムニュース… https://t.co/QN8FoKtGWD #EC #Eコマース pic.twitter.com/NVrQ2LQKIo — huddle (@huddleinfo) 2015, 12月 29 割と気軽にECサイトがオープンするくらい、国民とインターネットとの親和性が高いんですね。理由は若さ(平均年齢29歳くらい)だと思います。 越境ECのRazadaはじめベトナムのEC事業は利益が出ていないのが実態。【Foodpandaに続き、Zaloraも売却予定?】 : ベトナムニュース速報 : https://t.co/apvMlK6xBq — 木村大介@東京出張中 (@kmrdai) 2015, 12月 15 もっと見る
2016/02/22 20:25 da:18 facebook:0 twitter:0 eコマース サイト ニュース ところ インターネット 商取引 Tweet
財経新聞  キャリアリンクベトナム、2015年のベトナムEコマーストップ10企業に  ↑0 ↓0
2016年1月15日、ベトナム商工省よりキャリアリンクベトナムが2015年のベトナムEコマーストップ10企業として表彰されました。キャリアリンクベトナムは、2006年 ...
2016/01/19 09:45 da:48 facebook:0 twitter:0 リンク キャリア トップ Eコマース 商工省 Tweet
PR TIMES  キャリアリンクベトナム、2015年のベトナムEコマーストップ10企業に  ↑0 ↓0
2016年1月15日、ベトナム商工省よりキャリアリンクベトナムが2015年のベトナムE ... キャリアリンクベトナムは、2006年よりベトナムにおいて人材紹介サービスと ...
2016/01/19 08:03 da:71 facebook:- twitter:- キャリア リンク サービス 商工省 Eコマース トップ Tweet
アパレル・リソース  ネット通販が活況前夜  ↑0 ↓0
2004年以降ベトナムでは、オンラインユーザーの数が増加するにつれ、ネット通販や電子商取引が人気となっている。最近多くの外資系大企業がベトナム市場に参入しており、地元企業にとって、より専門的なサービスを提供しなければ市場から退出を強いられるような熾烈な競争が生まれている。次の5~7年のうちに、この領域は本格的な活況期に入ると言われている。 商工省傘下のベトナム電子商取引 IT庁(VECITA)によると、調査した約220のeコマースサイトでは、昨年総額1.6兆ベトナム・ドンの売上があり、その前年比で50%の上昇となった。ただしこの数字の75%は、トップ10のウェブサイトで占められている。 一般消費者向けeコマースビジネスの売上は29億7000万米ドルに達し、ベトナムの小売総売上高の2.12%を占める。 VECITAのTran Huu Linh長官は、ベトナムにおける4000万人のインターネットユーザーのうち58%が、オンラインショッピングを利用したことがある、と述べた。 eコマースの売上高は、今年40億米ドルに達すると予測されており、このことはベトナムのeコマースビジネスにとって良い兆候である。 ベトナムにおける2004年のサービス開始以降、eコマース業界ではLazadaやZaloraなど多くの外資系大企業の直接投資による進出が相次いでいる。またその多くは、ベトナムのオンライン小売業者にも投資を行っている。 外資系オンラインショッピングサイトの数は少ないものの、2014年には前年比15%増となる市場総売上高の59%を占めた。 ドイツのRocket Internet社傘下のLazada社は、過去2年間で最も話題となった会社である。ベトナム初進出から3年でLazada社は、ベトナムの216のeコマースサイトを追い抜いて収益がトップとなり、昨年の市場シェアは36%であった。 これに市場シェア14.4%のSendo 社、7.2%のZalora社、5.4%のTiki社が続いた。 外資系投資家の進出は過酷な競争を招き、資本力で巨大外資系企業に太刀打ちできない、多くのeコマースサイトを閉鎖に追い込んだ。 11月初めには、ウェブサイトのbeyeu.comが公式に閉鎖された。eコマースビジネス運営は多額の資金を必要とするため、多くの企業においてこれ以上無駄に投資しないという意思決定がなされた、と言われている。 Rocket Internet社のFood panda(食品デリバリーサービスのサイト)はVietnammn.comに売却された。 この過酷な競争により、いくつかのベトナムの企業は外国資本と手を組むことを選択した。 Taembe社は最近、スイスのFounders Fundから総額22万8000米ドルの投資を受けることとした。またその前には、Sendoと123Muaの二つのeコマースサイトを運営する、FPTグループ傘下のSen Do社が、日本を代表するインターネット・サービス・プロバイダーであるSBIホールディングス、Econtext Asia、Beenosの3社と提携することとした。 Tiki.vnも、日本のパートナーとの提携を急いだ。 一方でVingroup社は、昨年1兆ベトナム・ドンもの資本金を投じてVinEcomを設立し、eコマース市場への参入を開始した。 VinEcomは8月に、自動車、オートバイや生鮮食品など特殊な商品を取り扱うAdayroi取引サイトを開始した。このグループは、Lazadaなど外資系メジャーサイトの良き競合相手となることが期待されている。   消費者からの低い信頼性 ベトナムのeコマースビジネスの発展において最も難しい課題は、消費者がオンラインショッピングの習慣をまだ持っていないということである。多くの消費者は、購入するかどうかを決定する前に、直接製品に触ってみたいと考えている、とホーチミン市にあるベトナム電子商取引協会(Vecom)のNguyen Ngoc Dung会長は述べた。 多くのベトナム人はオンラインショッピングを信頼していない。 VECITA のレポートによると、インターネットユーザーの44%に当たる1400万人が、オンライン取引を行ったことがないとしている。 Neilsen社の調査によると、消費者のうち22%がインターネットの情報を信じておらず、15%が流通コストについて心配をしており、11%がウェブサイト上での分かりにくい情報と検索の難しさに不満を抱いている、としている。 オンライン販売業者は、本物のような価格で偽造品を販売したり、割引適用前の価格を不当に高く表示したり、広告とは異なる品質の品物を提供したり、消費者に継続的に大量のジャンクメールを送りつけたりして、消費者を悩ませている。 VECITA南部事務所のNguyen Thi Hanh所長は、政府は電子商取引業者に対し、政令52号、77号により、電子メールを送りつける前に消費者の許可を得ることを命じた、と述べた。しかしこの政令はまともに遵守されていない。 VECITAでは次に、モバイル端末での電子商取引の管理に関する法令案を起草しており、現在、政府承認を求める前に、企業からの意見を募っているところとしている。 もっと見る
2015/12/23 06:02 da:20 facebook:0 twitter:0 eコマース 消費者 オンライン サイト 商取引 ビジネス Tweet
出島  ベトナムeコマースは中小企業発展の有力手段、研究チームが報告  ↑0 ↓0
中央経済管理研究所(CIEM)やベトナムeコマース協会(VECOM)などの研究チームが10月29日に発表した報告書「ベトナムにおけるeコマースと中小企業活動」によると、eコマースの利用によって2009年以降に発売された200を超える製品の売上高が数十倍に増加している。
2015/11/04 09:33 da:10 facebook:- twitter:- eコマース チーム 中小企業 報告書 Tweet

Thailand

japanese.cri.cn  中国eコマース企業、タイ経済4.0時代へ助力  ↑0 ↓0
このほど、タイの首都バンコクでアンケートが行われました。 ... グループはタイ東部の経済回廊にスマート・デジタル・センター設立、タイ国内企業のデジタル経済の ...
2018/06/14 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Singapore

japan.cnet.com  Singapore Post eCommerce部門が2018年eコマース賞で表彰される  ↑0 ↓0
初開催のAsia eCommerce Awards 2018でグローバルeコマースソリューションの大手プロバイダーであるSingapore Post(SP)eCommerceとアイコニックな ...
2018/12/18 10:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
出島  シンガポールでASEAN会議が開幕 成長するEコマース市場で域内協力を  ↑0 ↓0
シンガポールでASEAN会議が開幕 成長するEコマース市場で域内協力を ... 一連の東南アジア諸国連合(ASEAN)会議が11月12日、シンガポールで開幕した。
2018/11/14 10:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
aviationwire.jp  シンガポール航空、九州地区支配人にリュウ氏  ↑0 ↓0
リュウ支配人はシンガポール出身。2012年7月からEコマース担当エグゼクティブ、2015年5月からコーポレートセールスマネージャーを歴任。2017年2月からは、 ...
2018/09/11 06:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
forbesjapan.com  2017年注目IPOリストで見えた、中国と東南アジア企業の隆盛ぶり  ↑0 ↓0
ソフトバンクはまた、シンガポール本拠の配車サービス「Grab」も支援している。 ... また、シンガポールでゲーム及びEコマース事業を行う「Sea」の名もあげられた。 ... インドからは「Flipkart」や「Ola」、シンガポールからは「Grab」、インドネシアからはバイクタクシー配車アプリの「Go-Jek」とマーケットプレイスの「Tokopedia」が ...
2018/04/21 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
グループ連結子会社は6社で、国内3社((株)電脳広告社、Ciagram(株)、(株)インタースペース・グローバル)、海外3社(インドネシア、タイ、シンガポール)となっている。その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業を ...
2017/12/28 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
e-logit.com  グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/社名変更『日本GLP株式会社』に日本事業の全権限を掌握  ↑0 ↓0
このたび、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド (所在地:シンガポール、以下「GLPグループ」)は、シンガポール証券取引所において非上場化を選択することを決定しました。これは、技術革新やEコマースの伸展により多様化、高度化する物流業界において、お客さまのニーズにいち早く応えるために、意思決定 ...
2017/12/25 21:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
japan.cnet.com  アリババ、「EC特化カリッジ」を世界各国で開講へ--その狙いは  ↑0 ↓0
Eコマース中国最大手のアリババがこのほど、Eコマースに特化した講座「アリババ・ビジネス・カレッジ」をシンガポールで開講すると発表した。アリババが提供する講座の内容、またその狙いに迫る。 「アリババ・ビジネス・カレッジ」とは. Eコマース中国最大手のアリババは、中国国内だけでなく海外、特に東南アジアで攻勢を強め ...
2017/12/15 09:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
iphone-mania.jp  Apple、インドネシアなど東南アジアの国々でも販売展開へ  ↑0 ↓0
Lazada(ラザダ)は、2012年にRocket Internetにより設立された東南アジア最大級のEコマースプラットフォームです。2016年にAlibabaに買収され、1,000億円を超える投資を受けたLazadaは、現在インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナムの東南アジア6カ国で電化製品や日用品、衣服など多彩な ...
2017/12/09 23:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  東南アジアのeコマースイネイブラーaCommerce、シリーズBラウンドで6500万米ドルを資金調達  ↑0 ↓0
現在 aCommerce はバンコクを拠点にタイ、シンガポール、インドネシア、フィリピンで事業を展開している。また、Samsung、Unilever、Nestlé、L'Oreal、Philips、Mars などグローバル企業をクライアントに持ち、各地域におけるオンライン販売を支えている。 共同設立者でグループ CEO の Paul Srivorakul 氏は声明で次のよう ...
2017/11/29 07:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
tsuhan-ec.jp  Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」QRコード決済提供開始  ↑0 ↓0
最近ではシンガポール金融管理庁でもシンガポール国内の電子決済促進を図る決済委員会が、国内共通QRコードの開発に向けた作業部会「SGQR」の設立を ...
2017/09/04 12:33 da:- facebook:- twitter:0 コード プラットフォーム Eコマース Tweet
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業をクライアントとするアフィリエイト広告事業を、シンガポールでは東南アジア各国の企業を顧客対象と ...
thebridge.jp  シンガポールのeコマーススタートアップY Ventures Groupがシンガポール証券取引所の新興企業向け ...  ↑0 ↓0
シンガポールの Y Ventures Group は本日(7月11日)、シンガポール証券取引所(SGX)の新興企業向け市場であるカタリストで取引を開始し、新規株式公開 ...
2017/07/20 07:30 da:- facebook:0 twitter:0 取引所 アップ スタート eコマース Tweet
thebridge.jp  シンガポールのeコマースイネイブラーShopmatic、410万米ドルを調達してインドネシア・フィリピン・中東へ ...  ↑0 ↓0
シンガポールを拠点とする e コマースイネイブラーの Shopmatic は、ACP と SPRING SEEDS Capital がリードしたシリーズ AA ラウンドで570万シンガポール ...
2017/06/26 06:56 da:- facebook:0 twitter:0 リード シリーズ ラウンド Capital eコマース 米ドル Tweet
asiax.biz  eコマースでイニシアチブ、来年のASEAN議長国方針  ↑0 ↓0
リム・フンキャン通産相(貿易担当)は5月4日、シンガポール事業連盟(SBF)などの主催で開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議で、来年議長国に ...
2017/05/08 11:37 da:- facebook:0 twitter:0 東南アジア 通産相 イニシアチブ eコマース Tweet
asiax.biz  DHLeコマース、マレーシアで宅配サービスを開始  ↑0 ↓0
DHLグループ傘下のDHLeコマースは4月27日付けでマレーシア国内での配送サービスを開始した。DHLeコマースは国際宅配便の他、Eーフルフィルメント( ...
2017/05/02 18:22 da:- facebook:0 twitter:0 eコマース サービス 宅配便 グループ Tweet
thebridge.jp  シンガポールのファッションeコマースグループiFashion、買収を進め年内のIPOで1000万米ドルの調達を ...  ↑0 ↓0
Dealstreet Asia の記事によると、シンガポールのファッション e コマース企業 iFashion は上場して1,000万米ドルの調達を目指しているという。 iFashion は IPO ...
2017/04/29 07:18 da:- facebook:0 twitter:0 ファッション 米ドル コマース eコマース グループ Tweet
出島  ファストファッションの古着に着目! シンガポールの新ビジネスとは?  ↑0 ↓0
eコマースビジネスが拡大するなか、オンライン大手のAlibabaやAmazonと一線を画す新しいスタイルのビジネスモデルが注目を集めている。 この記事の続きを ...
2017/01/13 12:28 da:22 facebook:0 twitter:0 ビジネス スタイル モデル オンライン eコマース ファスト Tweet
web.fisco.jp  Iスペース Research Memo(5):16/9期は増収、各利益も増益の見通し  ↑0 ↓0
また、下期のコスト増要因としてはシンガポール子会社の稼働開始に伴う費用増と、「X-lift」など新規事業の拡販に向けた費用増などが見込まれている。ただ、シンガポール子会社に関しては月額で1百万円程度の費用となり、新規事業に関しては拡販が順調に進めばプラス要因となる可能性もある。事業セグメント別の見通しは以下のとおり。○インターネット広告事業インターネット広告事業の売上高は前期比9%増の21,200百万円を計画している。このうちアフィリエイト広告はeコマースや金融、サービスカテゴリーの広告需要が伸び、前期比7%増の15,700百万円となる。ただ、上期で8,123百万円と計画を上回って推移し、足元も好調な販売が続いていることから、下期も上期並みの売上高は維持できるものと弊社では見ている。一方、SFAの売上高に関しては、前期並みの3,600百万円程度を計画している。2016年度における大手通信キャリアの携帯電話販売台数は1ケタ台のマイナスを見込んでいることもあり、下期は上期比で減少することが想定される。ただ、上期の売上高が計画を上回ったこともあり、今後の状況次第では通期でも計画を上回る可能性 もっと見る
2016/06/28 16:52 da:43 facebook:0 twitter:0 子会社 コスト 見通し Research スペース Tweet
prw.kyodonews.jp  GreyOrangeがナリン・アドバニ氏をアジア太平洋・日本CEOに採用  ↑0 ↓0
アドバニ氏は最近では世界的なディスプレーメーカーであるバルコ(Barco NV)のアジア太平洋部門副社長としてシンガポールに駐在した。在任中は日本、韓国、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、インドの各オフィスとチームを通じて、アジア太平洋のビジネスに采配を振るい、売上高と利益率、市場シェアを過去最高に引き上げた。GreyOrangeの創業者でCEOのサメイ・コーリ氏は「これはわが社として戦略的な人材採用だ。アジア太平洋はわが社にとって高成長地域で、われわれは事業を次の段階に押し上げる人物を求めていた。アドバニ氏は信頼性、経験、才能で大きく貢献し、わが社が世界の有力企業になることを助けてくれる。彼を経営チームに迎えたことは、この上ない喜びである」と語った。アドバニ氏は入社に当たって「ロボットの技術革新に賭けるGreyOrangeに最初から魅力を感じた。リアルなスループットでしのぎを削る市場で強力な技術を持つわれわれは、今後数年間で目標とする産業分野でリードできる。飛躍的なペースで成長するアジアのEコマースでGreyOrangeは地殻変動を引き起こし、顧客に効率性とスケーラビリティー もっと見る
2016/02/17 15:56 da:66 facebook:0 twitter:0 アジア 太平洋 副社長 メーカー 世界的 ナリン Tweet

Philippines

flyteam.jp  セブパシフィック、ATR-72-500旅客機2機を貨物専用機に改修  ↑0 ↓0
とくに、フィリピン国内で成長するeコマースの需要に対応し、その輸送ニーズに対応する方針です。 IPRコンバージョンズはATRの旅客から貨物機への改修で実績 ...
2018/07/03 21:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
時事ドットコム  株式会社ビーボがフィリピン支社開設開発にとどまらず新規事業も展開予定  ↑0 ↓0
現在、フィリピン支社ではビーボ本社のシステム開発や受託開発を中心に行っております。さらに新事業として動き出しているテクノロジーを使った新サービスの開発もしております。フィリピン支社においても弊社が掲げる“なりたいに本気”という姿勢は変わらず、より多くの人々の“なりたい”を叶えるべく、今後はEコマース等、開発 ...
2018/02/21 10:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  株式会社ビーボがフィリピン支社開設開発にとどまらず新規事業も展開予定  ↑0 ↓0
現在、フィリピン支社ではビーボ本社のシステム開発や受託開発を中心に行っております。さらに新事業として動き出しているテクノロジーを使った新サービスの開発もしております。フィリピン支社においても弊社が掲げる〝なりたいに本気〟という姿勢は変わらず、より多くの人々の〝なりたい〟を叶えるべく、今後はEコマース ...
2018/02/21 10:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  Apple、インドネシアとベトナムでも販売展開へ  ↑0 ↓0
Lazada(ラザダ)は、2012年にRocket Internetにより設立された東南アジア最大級のEコマースプラットフォームです。2016年にAlibabaに買収され、1,000億円を超える投資を受けたLazadaは、現在インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナムの東南アジア6カ国で電化製品や日用品、衣服など多彩な ...
2017/12/09 23:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet

Myanmar

wwdjapan.com  オンワードがルビーに特化したジュエリーブランド始動 スプツニ子!がコンセプトを担当  ↑0 ↓0
オンワード樫山は今夏、新ジュエリーブランド「エヌ・イー(N.E)」をスタートする。ミャンマー産の高品質なルビーを使用したリングやネックレス、ピアス、ブレスレットなどを提案。ルビーが誕生石である7月に百貨店を中心に期間限定店をオープンする他、今秋には常設店を構える。また、体験型のオーダーイベントやSNSと連動したeコマースなども計画。2018年度までに10億円を目指す。  ブランドのディレクターに、ジュエリーブランドの「シェルビー(SHELBY)」を手掛ける廣瀬紋を起用。デビューコレクションでは、アーティストのスプツニ子!(Sputniko!)がコンセプトをディレクションし、コラボレーションアイテムなどを企画する。  加熱ルビーを用いた"デザインライン"とダイアモンドと加熱ルビーを合わせた"ダイヤモンドライン"、天然非加熱ルビーを使った"プレシャスライン"の3つのラインを展開。ルビーを産出するミャンマーのモゴック鉱山の所有権と採堀権を持つ現地法人と提携し安定的にルビーを調達。商品の売上の一部を自然環境保護の機関に寄付する。なお、ブランド名はミャンマー語の"太陽"に由来する。  価格 もっと見る

Malaysia

news.nissyoku.co.jp  MIHAS開催 世界のハラール最新動向、マレーシアで一堂に  ↑0 ↓0
【クアラルンプール発】マレーシア貿易開発公社(MATRADE)が主催する第15回国際ハラール見本市(MIHAS)が4~7日、マレーシア・クアラルンプールで開催された。世界最大規模の43ヵ国から800社以上が参加し、食品・飲料をはじめ、医薬品、化粧品、観光、金融、物流、Eコマースの七つのカテゴリーにおける商品・ ...
2018/04/09 00:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nissyoku.co.jp  国際ハラール見本市開幕 世界のハラール最新動向、マレーシアで一堂に  ↑0 ↓0
【クアラルンプール発】マレーシア貿易開発公社(MATRADE)が主催する第15回国際ハラール見本市(MIHAS)が4日、マレーシア・クアラルンプールで開幕した。世界最大規模の43ヵ国から800社以上が参加し、食品・飲料をはじめ、医薬品、化粧品、観光、金融、物流、Eコマースの七つのカテゴリーにおける商品・サービスが ...
2018/04/05 09:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nissyoku.co.jp  世界最大のハラール見本市、4日開幕 クアラルンプールで  ↑0 ↓0
【クアラルンプール発】世界最大規模のハラール商品・サービスなどの国際見本市「第15回マレーシア国際ハラール見本市(MIHAS)」が4日、マレーシア・クアラルンプールで開幕する。期間は7日までの4日間。食品・飲料をはじめ、医薬品、化粧品、観光、金融、物流、Eコマースなど、ハラールに関連するさまざまな産業が出展。
2018/04/03 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jetro.go.jp  真贋判定セミナーをマレーシアで開催  ↑0 ↓0
首都クアラルンプール郊外のプトラジャヤで12月5日、「真贋(しんがん)判定セミナー」が開催された。日系企業は自社商品について、真正品と模倣品の見分け方を、マレーシア政府や税関などの知的財産関係者に説明した。近年、急速に利用が進む電子商取引(eコマース)サイトなどで模倣品が販売されており、その対策の ...
2017/12/28 12:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  Apple、インドネシアとベトナムでも販売展開へ  ↑0 ↓0
Lazada(ラザダ)は、2012年にRocket Internetにより設立された東南アジア最大級のEコマースプラットフォームです。2016年にAlibabaに買収され、1,000億円を超える投資を受けたLazadaは、現在インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナムの東南アジア6カ国で電化製品や日用品、衣服など多彩な ...
2017/12/09 23:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  Gobi Partners、マレーシアのEコマーススタートアップHermoの持分株式をアイスタイルに売却  ↑0 ↓0
ベンチャーキャピタル企業の Gobi Partners は、マレーシアの e コマーススタートアップ Hermo の持分を日本のアイスタイルに売却したと声明で発表した。
2017/06/06 07:41 da:- facebook:0 twitter:0 アイス タイル Partner アップ スタート コマース Tweet
thebridge.jp  Alibaba(阿里巴巴)、中国とマレーシアの越境Eコマースを推進  ↑0 ↓0
中国の巨大テック企業 Alibabaグループ(阿里巴巴集団)は本日(記事執筆日:5月12日)、マレーシア政府および杭州市との間で、デジタルハブとなるこの2地域 ...
2017/05/19 07:18 da:- facebook:0 twitter:0 デジタル 杭州市 テック Eコマース グループ Tweet
asiax.biz  eコマースでイニシアチブ、来年のASEAN議長国方針  ↑0 ↓0
リム・フンキャン通産相(貿易担当)は5月4日、シンガポール事業連盟(SBF)などの主催で開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議で、来年議長国に ...
2017/05/08 11:37 da:- facebook:0 twitter:0 東南アジア 通産相 イニシアチブ eコマース Tweet
asiax.biz  DHLeコマース、マレーシアで宅配サービスを開始  ↑0 ↓0
DHLグループ傘下のDHLeコマースは4月27日付けでマレーシア国内での配送サービスを開始した。DHLeコマースは国際宅配便の他、Eーフルフィルメント( ...
2017/05/02 18:22 da:- facebook:0 twitter:0 eコマース サービス 宅配便 グループ Tweet
マレーシアナビ  DHLeコマース、マレーシアで宅配サービスを開始  ↑0 ↓0
【クアラルンプール】 DHLグループ傘下のDHLeコマースは4月27日付けでマレーシア国内での配送サービスを開始した。DHLeコマースは国際宅配便の他、Eー ...
2017/05/02 16:30 da:- facebook:0 twitter:0 eコマース サービス 宅配便 クアラルンプール グループ Tweet
strike.co.jp  アイスタイル<3660>、マレーシアの美容・化粧品Eコマース事業会社を子会社化  ↑0 ↓0
Hermoは、マレーシアにおいて圧倒的アクセスを誇る美容・化粧品のEコマースサイトを運営しており、取り扱いブランドは300を超え、15万人の登録会員を保有し ...
2017/03/29 20:48 da:38 facebook:0 twitter:0 化粧品 Eコマース 取り扱い ブランド サイト アクセス Tweet
nihon-ma.co.jp  (3660)、マレーシアの美容・化粧品Eコマースサイト運営会社・Hermo社を子会社化|日本M&Aセンター  ↑0 ↓0
取得価額は約14億7千万円。議決権所有割合は60.0%となる。 Hermo社は、マレーシアにおいて美容・化粧品のEコマースサイトの運営事業を展開している。
2017/03/29 19:18 da:45 facebook:0 twitter:0 サイト Eコマース 化粧品 センター 子会社 Tweet
ma-times.jp  アイスタイル、マレーシアの美容EC「Hermo Creative」買収 海外売上高比率上昇へ  ↑0 ↓0
20〜30代女性向け美容関連情報サイト「アットコスメ」を運営するアイスタイル【3660】は、マレーシアの美容・化粧品のEコマースサイト運営のHermo ...
2017/03/29 17:03 da:28 facebook:0 twitter:0 サイト アイス タイル Eコマース 化粧品 Creative Tweet
財経新聞  電通、マレーシアのネット広告会社コンシダー・デジタルを買収  ↑0 ↓0
電通は6日、海外本社の電通イージス・ネットワークが、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「コンシダー・デジタル(Consider Digital)の株式51%と、完全子会社化するオプションを取得することで合意したと発表した。マレーシアのグループ各社と連携を図り、同国での成長戦略を加速させていくという。 同社によると、今回買収するコンシダー・デジタル社は設立が2013年で、SEM、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、データ分析、Eコマースなど、デジタル広告マーケティング領域全般を扱っている。創業者で最高経営責任者(CEO)のKasper Wandi氏は米グーグル出身。 マレーシア内外の有力企業からの受注で急成長を遂げており、従業員者数も50名規模に拡大しているという。2015年12月期の売上高は510万マレーシアリンギット(約1億4,000万円)。 株式取得後はコンシダー・デジタル社を電通グループのグローバルネットワーク・ブランドの1つでデジタル・パフォーマンス領域に強みを持つアイプロスペクト(iProspect)の現地法人「アイプロスペクト・マレーシア」と合併させ、社名をコ もっと見る
dentsu.co.jp  電通、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「コンシダー・デジタル社」  ↑0 ↓0
株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「Consider Digital Sdn Bhd」(本社:クアラルンプール市、以下「コンシダー・デジタル社」)の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。 2013年に設立されたコンシダー・デジタル社は、SEM、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、データ分析からEコマースまで、デジタル広告マーケティング領域全般を扱っています。設立3年でマレーシア内外の有力企業からの受注によって急成長を遂げており、従業員者数も50名規模へと拡大しています。 また同社は、マレーシアのマルチメディア開発公社が優れたICT(Information and Communication Technology)技術を持つ企業に与えるMSC-status認証を授与されています。 株式取得後、当社はコンシダー・デジタル社を当社グループの9つのグロ もっと見る
prw.kyodonews.jp  電通、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「コンシダー・デジタル社」の株式51%取得で合意  ↑0 ↓0
株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、マレーシアの総合デジタルエージェンシー「Consider Digital Sdn Bhd」(本社:クアラルンプール市、以下「コンシダー・デジタル社」)の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。2013年に設立されたコンシダー・デジタル社は、SEM、ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、データ分析からEコマースまで、デジタル広告マーケティング領域全般を扱っています。設立3年でマレーシア内外の有力企業からの受注によって急成長を遂げており、従業員者数も50名規模へと拡大しています。また同社は、マレーシアのマルチメディア開発公社が優れたICT(Information and Communication Technology)技術を持つ企業に与えるMSC-status認証を授与されています。株式取得後、当社はコンシダー・デジタル社を当社グループの9つのグローバル もっと見る
mys-news.asia  楽天がマレーシアのマーケットプレイスを3月で閉鎖  ↑0 ↓0
Eコマース大手の楽天はマレーシアのマーケットプレイスを3月末で閉鎖すると発表した。閉鎖の理由については明らかにされていないが、日本や台湾など好調な市場に集中するためと考えられている。シンガポール、インドネシアのマーケットプレイスも同時期に閉鎖され、3ヶ所の閉鎖に伴い約150人の従業員が解雇される見込み。同社は解雇対象者への退職金の支払いや、就職支援を現地法に則って行う。同社は東南アジアから完全に撤退する訳ではなく、本部は引き続きシンガポールに置き、楽天トラベル、Viber、Kobo、楽天ベンチャーズなどの事業は引き続き行う。今後はC2C分野に注力既存のマーケットプレイスはB2B(企業間取引)とB2C(企業対消費者取引)を組み合わせたビジネスモデルだった。今後、同社はC2Cと呼ばれる一般消費者同士の取引分野に力を入れる予定で、RakumaというC2Cモバイルアプリをリリースすることを計画している。但し、東南アジアにはCarousellとShopeeという大手C2Cサービスが既に存在しており、今からの参入は遅すぎると見る向きもある。さらに楽天ベンチャーズはCarousellの出資者でもある もっと見る
2016/02/15 06:00 da:13 facebook:7 twitter:0 プレイス マーケット 明らか Eコマース Tweet

Indonesia

glotechtrends.com  インドネシアのジャカルタに中国「京東」がレジ無し無人スーパー「JD.ID X-Mart」を開業!  ↑0 ↓0
無人店舗に対する取り組みが東南アジアでも加速している。8/3ジャカルタでインドネシア初となる無人スーパー「JD.ID X-Mart」が中国第2位のEコマース企業「 ...
2018/08/07 14:39 da:- facebook:- twitter:- Tweet
logi-today.com  日本ユニ、インドネシアの流通効率化へプラットフォーム事業  ↑0 ↓0
日本ユニ、インドネシアの流通効率化へプラットフォーム事業 ... グローブ(東京都江東区)が、 インドネシアのIndivara(インディバラ)グループの展開するeコマース ...
2018/06/07 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
e-logit.com  物流ニュース  ↑0 ↓0
日本ユニシスグループのキャナルグローブは、 Indivara(インディバラ)グループの展開するeコマース事業と連携し、インドネシアにおいて流通小売ビジネス ...
2018/06/07 11:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  東南アジアのeコマースグループiPrice、LINEのVC部門から資金を調達  ↑0 ↓0
同社の声明によると、e コマース市場の断片化、オンラインに精通するインドネシアの買い物客の増加に伴い、同サイトのビジターが今年中に1億5,000万人を ...
2018/05/16 07:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  インドネシアEコマース大手Blibliと自動車大手Astra International、配車アプリ  ↑0 ↓0
目標調達額が15億米ドル(約20兆インドネシアルピア)といわれる Go-Jek の投資ラウンドに参加するのは、Google や複数の中国人投資家だけで... The post インドネシアEコマース大手Blibliと自動車大手Astra International、配車アプリ「Go-Jek」の約1600億円の直近調達ラウンドに参加か【報道】 appeared first on THE ...
2018/02/13 07:44 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  インドネシアEコマース大手Blibliと自動車大手Astra International、配車アプリ「Go-Jek」の約1600億円の ...  ↑0 ↓0
目標調達額が15億米ドル(約20兆インドネシアルピア)といわれる Go-Jek の投資ラウンドに参加するのは、Google や複数の中国人投資家だけではないようだ。報道によると、インドネシアの e コマース企業 Blibli と自動車メーカー大手 PT Astra International も、同ラウンドに参加する意思を示し、合計3~3.5兆ルピア(約2 ...
2018/02/13 06:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
lnews.jp  伊藤忠ロジ/インドネシア現法が第二物流センター開設  ↑0 ↓0
隣接する第一物流センター、他の物流拠点と併せてインドネシア国内物流拠点は、3万7000m2を超える規模となり、今後、重点分野である「食品・食材」「自動車」「医薬品」「生活消費財」を中心に顧客との取り組みを拡大していく。 重点施策である「コールドチェーン」、「Eコマース」についても成長を続けるインドネシア市場の動向 ...
2018/02/02 19:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
afpbb.com  京東、東南アジア市場拡大へ ベトナムEコマース「ティキ」に投資  ↑0 ↓0
【1月18日 東方新報】中国ネット通販大手の京東集団(JD.com)はインドネシア、タイに続き、ベトナムに戦略的投資を行う。京東とテンセント(騰訊、Tencent)の子会社「VNG」は共に、ベトナムのEコマース・プラットフォームの「ティキ(Tiki)」に10億元(約172億円)を超える資金を調達した。今回の増資を通して、京東はTikiの大 ...
2018/01/18 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
afpbb.com  京東、東南アジア市場拡大へ ベトナムEコマース「ティキ」に投資  ↑0 ↓0
京東は既にインドネシア市場へ進出しているほか、タイのセントラル・グループ(Central Group)とも合資会社を設立するなど、東南アジア市場に向けたEコマースサイトを構築している。今回のベトナム市場への展開は、東南アジア市場全体でより強固な戦略的構造を構築し、今後の国際的な戦略を支えるための布石としている。
2018/01/18 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
グループ連結子会社は6社で、国内3社((株)電脳広告社、Ciagram(株)、(株)インタースペース・グローバル)、海外3社(インドネシア、タイ、シンガポール)となっている。その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業を ...
2017/12/28 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ASEAN PORTAL  東京センチュリーがインドネシアの電子マネー・ポイント事業に参入  ↑0 ↓0
両社は協定に基づいて協力を進めており、東京センチュリーはリッポーのeコマース事業会社に出資を行っていた。東京センチュリーでは、更なる協力を進めてインドネシアの電子マネー・ポイントサービスの事業にも参入するために、「OVO」のブランド名で電子マネー・ポイントサービスを運営している事業会社の持株会社「PT.
2017/12/26 12:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
iphone-mania.jp  Apple、インドネシアなど東南アジアの国々でも販売展開へ  ↑0 ↓0
Lazada(ラザダ)は、2012年にRocket Internetにより設立された東南アジア最大級のEコマースプラットフォームです。2016年にAlibabaに買収され、1,000億円を超える投資を受けたLazadaは、現在インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナムの東南アジア6カ国で電化製品や日用品、衣服など多彩な ...
2017/12/09 23:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
newspicks.com  インドネシアのEコマース企業が初のIPO、露店でECサイトにアクセス  ↑0 ↓0
インドネシア初のEコマース関連スタートアップによる株式上場は、この東南アジア最大の市場におけるテック企業への投資意欲を問うものになるだろう。キオソン・ ...
2017/10/06 06:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
sankei.com  インタースペース、「LINE ポイント」広告掲載を海外子会社のインドネシア、タイにて開始  ↑0 ↓0
今回、タイ・インドネシアの「LINE ポイント」へのアフィリエイト広告掲載は、現地日系企業としては初の取扱いであり、東南アジア地域における大手Eコマース ...
2017/09/20 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
thebridge.jp  インドネシアのO2O eコマーススタートアップKioson、IPOを発表予定  ↑0 ↓0
インドネシアの O2O e コマーススタートアップ Kioson が木曜(9月7日)、インドネシア証券取引所(IDX)での IPO を予定しているという情報を e27がつかんだ。
2017/09/14 07:30 da:- facebook:0 twitter:0 アップ スタート 取引所 コマース eコマース Tweet
afpbb.com  アリババ、インドネシア最大の通販サイトに投資  ↑0 ↓0
【8月23日 CNS】アリババ(Alibaba)は17日、インドネシアのeコマース最大手「トコペディア(Tokopedia)」に11億ドル(約1200億円)出資すると発表した。
2017/08/23 10:41 da:- facebook:0 twitter:0 アリババ 最大手 サイト eコマース Tweet
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業をクライアントとするアフィリエイト広告事業を、シンガポールでは東南アジア各国の企業を顧客対象と ...
thebridge.jp  インドネシアのeコマースサイトBlibli、オンライン旅行代理店のTiket.comを買収  ↑0 ↓0
インドネシアの e コマースサイト Blibli は、2017年6月12日にオンライン旅行代理店 Tiket.com の全株式を取得したことを本日(6月15日)発表した(買収金額は非 ...
2017/06/24 09:00 da:- facebook:0 twitter:0 代理店 オンライン サイト コマース eコマース Tweet
newspicks.com  Alibaba(阿里巴巴)、インドネシアのeコマース大手「Bukalapak」  ↑0 ↓0
Dealstreet Asia の報道によると、中国のインターネット大手 Alibaba(阿里巴巴)が、インドネシアのメディア・テクノロジー企業である... The post Alibaba(阿里 ...
2017/04/03 11:26 da:55 facebook:0 twitter:0 テクノロジー メディア インターネット eコマース Tweet
thebridge.jp  Alibaba(阿里巴巴)、インドネシアのeコマース大手「Bukalapak」への出資に向け親会社のEmtek Group ...  ↑0 ↓0
Dealstreet Asia の報道によると、中国のインターネット大手 Alibaba(阿里巴巴)が、インドネシアのメディア・テクノロジー企業である Emtek Group とジョイント ...
thebridge.jp  東南アジアの配車アプリ「Grab」、インドネシアのO2OスタートアップKudoを買収か【Straits Times報道】  ↑0 ↓0
東南アジアで配車アプリを展開する Grab が、インドネシアの〝お助け〟Eコマーススタートアップ Kudo を買収することになったと Straits Times が伝えている。
2017/02/14 14:05 da:55 facebook:0 twitter:0 アップ スタート 東南アジア アプリ Eコマース Tweet
ind-news.asia  インフルエンサーを活用したPRプロモーションサービス「in.a.tag(インアタグ)」の提供開始 インドネシア  ↑0 ↓0
インドネシア向けeコマースサービスなどを行う890 Pte. Ltd.と、グループ会社PT. Mutiara Ekanatha Asiaは、SNSで活躍するインフルエンサーを活用した ...
2016/12/11 12:02 da:17 facebook:0 twitter:0 サービス グループ eコマース プロモーション Tweet
investasian.jp  インドネシアEコマース 4つのポイント:アセアンでベスト?  ↑0 ↓0
インドネシアはその巨大な規模と成長率のポテンシャルだという点だけもアジアで注目の国であり、Eコマースにとって魅力的な国となっています。インドネシアで ...
2016/10/15 00:45 da:22 facebook:0 twitter:0 Eコマース ポテンシャル アジア アセアン ポイント ベスト Tweet
ビッグローブニュース  【フロスト&サリバン】東南アジアのEC市場が2020年に向けて成長拡大の見通し−ベトナム、インドネシア ...  ↑0 ↓0
フロスト&サリバンは東南アジアのEコマース(EC)市場についての見通しを新たにまとめ、同地域はEC市場において2020年までに最も速いペースでの成長が ...
2016/09/05 12:20 da:83 facebook:0 twitter:0 フロスト 東南アジア 見通し サリバン ペース Eコマース Tweet
lnews.jp  伊藤忠ロジ/インドネシアの国内運送企業に出資、一貫物流目指す  ↑0 ↓0
インドネシア国内消費市場は「生活消費財」「医薬品」「食品・食材」分野を中心としたコールドチェーンを含む国内デリバリー拡充の必要性、外資規制開放・緩和によるEコマース事業の急成長が期待されている。
kabutan.jp  MRO Research Memo(5):インドネシア市場への進出  ↑0 ↓0
MonotaRO<3064>はインドネシア市場への進出計画を発表した。具体的には、住友商事が2012年にジャカルタに設立したeコマース事業会社(PT Sumisho E-Commerce Indonesia)に300万USドルを出資し、51%の株式を取得する。現地会社の持つ販売ライセンス、物流・システムインフラを活用し、同社が培ってきた販売ノウハウを導入することで、事業者向け間接資材のeコマース事業を拡大する計画である。韓国の子会社を軌道に乗せた実績を持つ同社だけに、大きなポテンシャルを持つ新興国市場でのチャレンジに期待したい。
2016/05/24 16:30 da:42 facebook:0 twitter:0 eコマース ジャカルタ 具体的 Research Tweet
出島  インドネシアが農業、漁業のEコマース化で革命を起こすか  ↑0 ↓0
インドネシアのJoko Widodo大統領が、農業、漁業分野のIT化とE-コマース化を推進する「デジタル・E-コマース構想」を発表した。 この記事の続きを読む.
2016/05/09 10:00 da:20 facebook:3 twitter:0 コマース デジタル Eコマース Tweet
forbesjapan.com  アジアの「eコマースを変える」30名 日本からBASE鶴岡裕太が選出  ↑0 ↓0
今回のメンバー中、最年少なのはインドネシアのファンションブランドMen’s Republicを創業した20歳、ヤサ・パラミータ・シンギー(Yasa Paramita Singgih)。同じくインドネシアのファッション業界からは28歳のカーリーン・ダージャント(Carline Darjanto)も選出された。彼が運営するCottonInkはインドネシアで最もクールなブランドとして知られる。日本からはECサイト開設プラットフォーム、BASE 創業者の鶴岡裕太(26)が選出された。下記に全30名のリストを国別に掲載する(年齢は今年2月時点)フォーブス「30アンダー30」アジア、「小売・Eコマース」部門インドメイホル・アグラーワル/Mehul Agrawal(29)自動車販売サイトCars24、オンライン家具販売FabFurnish 創業者ギータンシュ・バマニア/Geetansh Bamania(28)家庭用品レンタルサービス、RentoMojo創業者スミット・チャッツェ/Sumit Chhaze(26)ニキール・ジェイン/Nikhil Jain(27)ニッティン・ミッタル/Nit もっと見る
2016/04/30 08:03 da:58 facebook:92 twitter:0 Republic 最年少 メンバー eコマース アジア Tweet
ind-news.asia  SGHDグローバル、インドネシア大手RPX社と業務提携  ↑0 ↓0
SGホールディングスグループ(SGHD)は21日、シンガポールに拠点を置きSGHDの海外事業を統括するSGHDグローバルが、インドネシア物流大手のPT. Repex Wahana(RPX)と配達物流事業領域において業務提携する契約を結んだことを発表した。RPXは、1985年に創業、ジャカルタに本社を置き、同国内11箇所に倉庫を保有し、同国を網羅する強固な物流網を持つ大手物流会社だ。同国の首都・ジャカルタが位置し、同国人口の約7割が居住するジャワ島において、RPXは強固な物流プラットフォームを保有しているのが強みである。国際物流と国内物流を一体化、顧客サービス向上を目指す今回の業務提携契約により、RPXが行っている国内の配達および物流事業と、SGHDが事業展開する「佐川急便インドネシア」が行うフレイトフォーワーディング事業とを一貫管理することで、国際物流と国内物流を一体化し、顧客サービス向上に注力していく。また、インドネシア国内における規制緩和により、eコマース関連事業が大きく成長することが見込まれているため、同国内の配送に対する需要に対応する狙いもあるとの見解も、SGHDは示している。 もっと見る
2016/04/27 15:00 da:19 facebook:1 twitter:0 グローバル ホールディングス グループ Tweet
eczine.jp  SGホールディングス、インドネシア物流大手RPX社と業務提携、eコマース物流のノウハウを提供  ↑0 ↓0
RPX社は、インドネシア全域にネットワークを持つ現地の大手物流企業で、特に人口の70%を占め、最重要市場であるジャワ島に強いネットワーク基盤を持っている。インドネシアでは外資規制緩和によりeコマースの成長が今後も大きく見込めることから、その消費市場としての特徴と相俟って国内デリバリーに対するニーズが増加傾向にある。
2016/04/22 15:11 da:50 facebook:1 twitter:0 ネットワーク ジャワ島 ノウハウ eコマース Tweet
ind-news.asia  都内、インドネシア・フィンテック関連セミナー開催  ↑0 ↓0
2016年5月24日、日本カードビジネス協会主催で、「インドネシア、ミャンマーの金融・決済の状況とアジアから学ぶ金融サービス」をテーマとしたフィンテック関連セミナーが開催される。東南アジア地域は、近年急激な経済成長を遂げているが、それに伴い金融決済の動向も変化してきている。インドネシアも例外ではなく、今後東南アジア地域における金融決済市場の中核となりうるとの呼び声も高い。そこで、ビジネスターゲットとなるインドネシアをセミナーの題材として取り上げ、金融決済の状況に関して、現地の銀行について、電子マネー決済の浸透状況についてなどを講演する予定である。セミナー詳細等は日本カードビジネスHPに掲載同セミナーの対象は、金融関連企業、Eコマース経営、システム開発、マーケティング関係者等となっている。講師は、富士通金融システム事業本部シニアコンサルタントマネージャーの安留義孝氏。会場は、都内千代田区麹町会館3階。セミナー詳細と申し込み方法は日本カードビジネスホームページに掲載されている。(画像は日本カードビジネス協会ウェブサイトより)外部リンク日本カードビジネス協会http://www.ncbi.j もっと見る
2016/03/29 18:56 da:16 facebook:2 twitter:0 テック フィン サービス テーマ アジア カード Tweet

Cambodia

business-partners.asia  カンボジア貨物運送業者 電子取引の受け入れを計画[経済]  ↑0 ↓0
貨物運送業界関係者らによると、航空貨物部門はペーパーレスプロセスを採用し、eコマースを利用して、カンボジアにおける航空貨物サービスの需要増に対応 ...
2018/08/21 03:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
business-partners.asia  後発開発途上国のコーディネーターに選出 Eコマースを率先して行う[経済]  ↑0 ↓0
パン・ソラサック商業大臣は1月上旬、「WTO(世界貿易機関)からの強い推薦により、カンボジアは、後発開発途上国のコーディネーターとして、「電子商取引」を ...
2017/01/10 03:05 da:22 facebook:- twitter:- 途上国 コーディネーター 商取引 Eコマース Tweet
business-partners.asia  Eコマースのための郵便サービス 3月からスタート カンボジア郵政公社[経済]  ↑0 ↓0
カンボジアポストのオーク・ボラ事務局長は1月4日、「カンボジアのインターネットユーザー数は700万人おり、オンラインショッピングが人気を集めている。我々は、 ...
business-partners.asia  現金大国カンボジア 電子決済化の道に立ちはだかる壁[経済]  ↑0 ↓0
カンボジアのEコマースが遅々として進まない中、国民の大半を占める現金払いで物を買い、銀行に預金をしていない人々に対して、ハイテク企業が電子決済 ...
2016/12/28 03:06 da:22 facebook:0 twitter:0 ハイテク Eコマース Tweet
business-partners.asia  フェイスブックを使ったEコマース カンボジア若手起業家に人気[経済]  ↑0 ↓0
規制がないカンボジアではフェイスブックを使った起業が可能になっているが、多くの起業家は海外から非公式に輸入された商品の広告にページを使っている ...
2016/12/27 12:11 da:22 facebook:0 twitter:0 フェイスブック ページ 非公式 Eコマース Tweet