0.90428280830383

Vietnam

jetro.go.jp  ベトナム最大手のディベロッパーVietnam Singapore Industrial Parkが東京に駐在員事務所を設立  ↑0 ↓0
Vietnam Singapore Industrial Park(VSIP) 外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます は、ベトナムのBecamex IDCとシンガポールのSembcorpが率いる共同 ...
2018/06/27 04:29 da:- facebook:0 twitter:0 Singapore Industrial 最大手 ディベロッパー 事務所 サイト Tweet
dc.watch.impress.co.jp  オリンパス、カメラ関連の生産をベトナムに集約  ↑0 ↓0
これまで同社デジタルカメラ事業関連製品は中国・深圳市のOlympus (Shenzhen) Industrial Ltd.(以下OSZ)とベトナム・ドンナン省のOlympus Vietnam Co., Ltd.(以下オリンパスベトナム)の2拠点で生産していたが、デジタルカメラ市場の縮小に伴うOSZの稼働率低下や、設備の老朽化に伴う競争力維持が困難になっ ...
2018/05/07 18:22 da:- facebook:0 twitter:0 カメラ オリンパス デジタル Industrial 老朽化 競争力 Tweet
出島  住友グループとベトナム・ヴィンフック省、日本企業を支援するための覚書を締結  ↑0 ↓0
ベトナム・ヴィンフック省の人民委員会と住友グループおよび同グループが過半数の株を保有しているThang Long Industrial Park Corporation(TLIP)社は3月26日、日本企業への支援を目的とした投資促進機関を設立する旨の覚書を締結した。 この記事の続きを読む. 紅河デルタ地方の要に位置する同省は、ハノイ首都圏を ...
2018/04/02 11:12 da:- facebook:0 twitter:0 グループ 過半数 Industrial Corporation デルタ ハノイ Tweet
PR TIMES  神奈川県および(公財)神奈川産業振興センターとの第2タンロン工業団地に関する協定について  ↑0 ↓0
住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村邦晴)は、事業会社であるThang Long Industrial Park II Corporationを通して、神奈川県および公益財団法人神奈川産業振興センターとの間で、ベトナム・ハノイ近郊の第2タンロン工業団地(所在地:フンイエン省、以下「TLIPⅡ」)に関する協定( ...
2017/12/27 11:03 da:- facebook:0 twitter:0 神奈川 センター 工業団地 Industrial Corporation 財団法人 Tweet
re-port.net  西鉄、ベトナムで総戸数519戸の住宅開発  ↑0 ↓0
西日本鉄道(株)は20日、ベトナム・ハイフォン市において、工業団地開発等を事業展開するVietnam Singapore Industrial Park and Township ...
2017/10/23 18:00 da:- facebook:0 twitter:0 西日本 ハイフォン 工業団地 Singapore Industrial Tweet
tetsudo-ch.com  西日本鉄道、ベトナム・ハイフォン市の住宅開発に着手  ↑0 ↓0
西日本鉄道は、ベトナム・ハイフォン市で住宅開発に着手する。Vietnam Singapore Industrial Park and Township Development JOINT STOCK COMPANY ...
2017/10/22 07:41 da:- facebook:0 twitter:0 西日本 ハイフォン Singapore Industrial Development COMPANY Tweet
アパレル・リソース  TPP頓挫にもかかわらず、アパレル工場はフル稼働中(前)  ↑0 ↓0
  ベトナムのアパレルメーカーNhaBe Garment社は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に大きな期待を寄せていた。 Calvin Klein、Michael Kors、Kenneth Coleなどのブランドに商品を供給するこの会社では、2011年から昨年までに輸出量が2倍以上となる7億2900万米ドルまで増加したが、工場数を当初の2倍となる35箇所に増やして、ベトナムも参加する予定であったこの12カ国による貿易協定による関税率の大幅な軽減を見込んでいた。 ドナルド・トランプ大統領は一筆をふるい、2030年までにベトナムの国内総生産(GDP)を8%引き上げると世界銀行により推計されていたこの野心的な貿易協定を破棄した。しかし、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で去年米国に対する輸出高がトップになる見込みのベトナムにおける多国籍企業の熱意は冷めていない。 「我々はすべての工場の期待に応えてきました。」とNhaBe社で発注、設計、製造を担当するMichael Laskau常務は述べた。「TPPの問題により、顧客企業が我々から離れていくことなど想定していません。」 トランプ大統領の中国貿易に対する扇動的な発言や、中国製品に45%の関税を課すという脅しは、企業にとって製造を中国以外の国にシフトさせる強力なインセンティブとなっており、中でもベトナムはその有力候補として名が挙げられている。 TPP交渉の終焉はベトナムにとって確かに痛手ではあるものの、この国の若くて低コストの労働力は国際的な投資家らを惹きつけている。 「ベトナムは労働集約型の外国直接投資だけでなく、急速に発展しているベトナム市場に参入したいと望んでいる企業にとって、魅力的であり続けるでしょう。」と香港にあるNatixis SA社のTrinh Nguyenシニアエコノミストは述べた。 ベトナムは今後も改革プロセスを継続し、貿易協定のコミットメントを満たしていく予定である、と外務省のLe Hai Binh報道官は明らかにした。 ベトナムでは、米、コーヒーなどの農産物輸出国から東南アジアの製造拠点に変貌を遂げ、海外投資家主導による経済発展を長年にわたって享受してきた。 ベトナムで4500人を雇用し、台湾に本社を置くTainan Spinning社は電子メールによる声明で、TPP交渉の終了による自社計画の変更はないとし、「Tainan Spinning社では、その強みとコミットメントに鑑み、今年下半期にベトナム事業のさらなる拡大を検討している。」と述べた。 中国バッシング 近隣諸国の約3分の1の低賃金だけでなく、港湾への良好なアクセスにより、中国はベトナムにほとんど太刀打ちできない、と香港HSBCホールディングス社のアジア・エコノミストであるJoseph Incalcaterra氏は述べた。「ベトナムは依然としてかなり有利な状況にあります。」 Bloombergのインテリジェンス・アナリストであるCatherine Lim氏によると、中国に代わる投資先を探している企業には、AdidasやNikeといったブランドにシューズを供給する大手メーカーである Yue Yuen Industrial Holdings社も含まれている。Yue Yuen社やアパレルメーカーのShenzhou International Group社は、「中国からの輸入品に対する米国のペナルティ方針を受け、顧客への影響を最低限にするために、その生産をベトナムやインドネシアなどの工場にシフトする可能性がある。」との見方を12月14日付けの報告書で明らかにした。 広報担当者によるとYue Yuen社では、低賃金、地方自治体の支援、熟練労働力を理由に、ベトナムにその生産の40%以上を依存している。「我々はベトナムでの生産について、TPPによる重要な影響はないと考えています。」とこの広報担当者は述べた。 TPPが発効していればベトナムに大きな利益をもたらしていたことは疑いようもない。ベトナム税関によると、ベトナムの対米輸出は昨年、15%増の385億米ドルにものぼった。またベトナム輸出の約19%は繊維・衣料品となっている。 TPPはベトナムの米国に対する衣料品輸出において17%もの関税削減効果が見込まれていた、とCIMB証券ベトナムのアナリストであるNguyen Xuan Huy氏は月曜日公表の報告書に記した。TPPにより、ベトナムに拠点を置くアパレルメーカーは、「米国に製品を輸出する際に大きなメリットを得られたであろう。」と彼は述べた。そして貿易協定解消により、「そのメリットは霧消した。」とした。 またNatixis社のNguyen氏は、「ベトナムは依然として、非常に重要な貿易相手国であり、世界最大の経済国である米国との自由貿易協定を締結していない。」ことを指摘した。TPPはベトナムの主要産業である履物・アパレル産業に対する関税を引き下げるはずであった。 ベトナムにある米国企業は、このトランプ大統領による政策決定に失望の意を示した。ハノイにあるアメリカ商工会議所のAdam Sitkoffエグゼクティブ・ディレクターは、「TPPから撤退するというトランプ大統領の決定は、アメリカとベトナムの企業、投資家、労働者、農家、消費者にとって悪いニュースである。」とEメールで述べた。 (後編につづく)   もっと見る
2017/02/01 11:58 da:19 facebook:0 twitter:0 アパレル トランプ メーカー 投資家 アメリカ メリット Tweet
アパレル・リソース  TPPの影響で靴メーカーが存在感を増す  ↑0 ↓0
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)による関税削減への期待や、中国での生産コスト上昇により、ベトナムは外資系靴メーカーの投資先として熱い視線が注がれている。 米国国際貿易委員会(USITC)が公表した「TPP協定:米国経済および特定の産業部門における想定インパクト」と題した報告書では、TPPによってベトナムが履物産業の外資系投資家を惹きつけ、世界最大の履物マーケットの一つである米国に対する輸出が増加することになるだろう、と記されている。 USITCのMeredith M. Broadbent会長は、「いくつかの米国の大手履物企業は既に、製品仕入の大きな部分をベトナムから調達し始めています。」と述べた。 「人件費や原材料費の上昇、労働力不足、従業員の高離職率や工場閉鎖など、中国の製靴工場では近年多くの課題に直面していることを踏まえて、米国の履物企業はサプライチェーンを分散させており、ベトナムを中国の代わりとなる魅力的な履物供給源と見ています。」とBroadbent会長は述べた。 過去数年間、中国での生産コストは平均して15~20%も増加している。 2015年Nikeは、Nikeブランドの履物総生産高の43%をベトナムの工場で生産するよう契約しており、対して中国は32%、インドネシアは20%であった。 TPP締結前であるにもかかわらず、同様にいくつかの大手履物企業はベトナムでの生産を増加させた。 米国のワークブーツ専業のWolverine社は、TPPにより期待される利益を考慮し、中国からベトナムへ、同社の調達先の多くをシフトしようとしていることを示唆した。 また別の事例では、韓国のTae Kwang Industrial Co. Ltdが3月下旬に、南部カントー市で靴を生産するために、1億7140万米ドル規模のプロジェクトを開始すると発表した。 またホーチミン市では、台湾のPou Yuen Vietnam社が労働者の採用を拡大している。 この会社は2014年には23兆ベトナム・ドン(10億5000万米ドル)の売上を上げ、現在ベトナムで9万2000人以上の労働者を雇用しており、Nike、Adidas、Mizuno、Timberland、Lacoste、Columbia、ConverseやNew Balanceなど、60以上の有名ブランドと取引がある。 Pou Yuen社は、世界最大の製靴企業の一つである台湾のPou Chenグループの傘下にある。 Pou Chenグループは PouYuen社だけでなく、Pou Hung、Pou SungやPou Chen Vietnamなどの多くの企業を所有しており、ベトナムで15億米ドル以上の売上があり、ベトナムの履物総輸出額の15%を占めている。 USITCの見積りでは、TPP加盟によって全TPP加盟国からの米国履物総輸入額は、2032年のTPPを加味しない予測基準値より16億米ドル(23.4%)押し上げられる、としている。 「米国がTPP加盟国から輸入する履物の大半は、ベトナムが占めることになることが予想される。TPPによる米国の関税免除に伴うコスト削減により、ベトナムからの輸入の伸びが期待される。」とUSITCレポートは記した。 ベトナムからの履物輸入にかかる米国の平均関税率は現在12.5%で、TPP加盟国からの履物輸入額の99.5%を占めるが、TPP発効後12年以内に免除されることとなる。 米国履物卸売・小売協会は、2019年までに米国の全履物輸入の22%をベトナムが供給することになるだろう、と推計している。 現在、TPP加盟の12カ国(オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム、米国)のうち、ベトナムが米国市場に対する最大の履物供給国であり、2015年のTPP加盟国からの米国履物輸入額のうち88%を占めている。 USITCによるとベトナムから米国への履物輸入は、2013年に29億米ドルであったのが、2014年に35億5000万米ドル、昨年は43億3000万米ドルと上昇を続けてきた。興味深いことに、米国からベトナムへの履物輸出もまた、2013年の6010万米ドルから、2014年の8640万米ドル、昨年の1億370万米ドルと増加している。 もっと見る
2016/06/06 06:01 da:22 facebook:0 twitter:0 米ドル 加盟国 コスト ブランド グループ 労働者 Tweet
アパレル・リソース  大規模製靴工場の投資計画が認可される  ↑0 ↓0
地元メディアの報道によると、ナムディン省計画投資部は最近、香港資本のBunda Footwear Company LimitedのNam Truc県での4750万米ドル規模の製靴工場建設計画に対し投資許可を発行した。 30ha規模の工場建設は9月に着工を予定しており、2018年の8月から9月には試験操業を開始、10月に完全操業開始となる見込みである。 完全操業開始後には、同工場の生産能力は年間150万足、1万から1万2000人の雇用を創出することが見込まれている。 Nam Truc県人民委員会のTrieu Duc Hanh書記長は、この計画は県の社会経済発展に重要な役割を果たすことが期待されており、土地整備や建設段階で発生する問題への対処等において投資家を支援することが行政側の責務であると述べた。Nam Truc県では6月30日までに整地を完了させ、投資家側に引き渡すことを予定している。 Bunda社の工場建設計画に加え、ベトナムでは今年年初から5月までに他にも大規模製靴工場への投資計画が認可されている。 カントー市輸出加工工業地帯管理委員会は3月7日、韓国のTaekwang Industrialに対し、カントー市カイラン区の2B Hung Phu工業団地に1億7100万ドル規模の製靴工場を建設することを認可した。 同工場は62haの敷地のうち、52haが生産区域、残る10haがサービス・商業区域、賃貸倉庫に振り分けられている。 工場の建設は3期に分けて行われる予定である。建設第1期は2016年に起工し、2019年に竣工予定、その後第2期は2022年、第3期は2025年に竣工予定となっている。第1期建設分の工場は2017年の第1四半期に操業開始予定、第2期工場は2020年、第3期工場は2023年に操業開始を予定している。 全工場が操業を開始すると、総計で年間1億足の生産能力となり、3万人の雇用を創出することが見込まれている。   もっと見る
2016/06/02 12:03 da:22 facebook:0 twitter:0 投資家 大規模 Industrial 工業団地 四半期 サービス Tweet
アパレル・リソース  マレーシアのProlexus、アパレル生産工場の建設で借地予定  ↑0 ↓0
衣料品製造業者であるProlexus Bhdが間接的に全額出資するTrans Pacific Textile (VN) Company Ltdは、ベトナムで衣料品を製造する工場を建設するため総額279万米ドル(1088マレーシア・リンギット)の工業用地を二区画借用する予定だ。 Prolexusはマレーシア証券取引所への届出の中で、同社の間接部門が4月29日、Long Jiang Industrial Park Development Coと2057年11月26日まで土地を借用する合意書に署名したことを明らかにした。 ベトナムのティンザン省の工業地帯に位置する6万1950平方メートルに及ぶ土地は全借用期間にわたり平方メートル当たり45米ドルで貸し出される。 Prolexusはベトナムにおける製造工場の建設は、同社が衣料品商品に対応する同グループの拡張計画や顧客からの需要の高まりに沿う形で行われるものだと述べた。 「ベトナムに新しい工場を建設するにあたり、同グループではベトナムで手に入れることができるビジネス・投資の様々なインセンティブ、製造において概して安い労働力、労働人口が比較的多いことを考慮しました」と同社は言う。 「さらにグループでは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)のもと、特に関税の撤廃や繊維関連の製品に対する税金等繊維産業において期待されている重要な特徴の面からから恩恵を受けることが期待されています」と付け加える。 Trans Pacific VNの持ち株会社であるTrans Pacific Textile (HK) LtdはProlexusの完全子会社だ。 Trans Pacific VNはベトナムで2016年4月13日に法人化され、主に衣料品の製造に関わると予定だと届出に記載されている。 Prolexusは賃貸は土地の今後の可能性や市場価値を検討に入れたうえで開始される予定だという。 ベトナムハノイ市の独立した登録価格査定を行うIndochina Valuation Service Joint Stock Companyにより297万米ドルと査定された。 Prolexusは内部資金を通して賃貸借に対して資金の提供を行う予定だ。支払いは3回にわけて行われる。 予期せぬ事態が発生しなかった場合、取引は今年の第3四半期までに完了すると見込まれているとことが届出文書に述べられている。 この取引により2016年7月31日(2016年度第3四半期)の会計年度における一株当たりの利益、純資産、自己資本と他人資本の比率へ影響が及ぶとは考えられていない。 Prolexusの株式の終値は変わりなく1.87マレーシア・リンギット、時価総額は2億1158万マレーシア・リンギットであった。   もっと見る
2016/05/04 14:14 da:23 facebook:0 twitter:0 衣料品 Pacific 米ドル リンギット グループ 四半期 Tweet
アパレル・リソース  韓国系縫製工場の突然の閉鎖に対し労働者が抗議活動  ↑0 ↓0
韓国人の工場経営者が4月10日に給与未払いのまま工場を閉鎖したことを受け、プノンペン市Por Senchey地区のDae Kwang Garment Factoryに勤務する400人以上の労働者が工場前で抗議活動を行った。 労働者のための平和組合のChum David会長は、工場の閉鎖を受け、その財政状態について心配していると話した。 「Dae Kwang Garment Factoryの経営者は破産していると考えています。3月の給与も支払われませんでしたし、4月の数日分もそうです」と彼は言う。 David氏は労働大臣に介入を要請し、工場の備品を売却することでその利益を未払いとなっている給与に充当するよう、労働者の側に立った解決法を探っていると話した。 「Canadia Industrial Parkの所有者とも会い、会社が建物の賃料として前払いしている金額を給与支払いに充てられないか協議する予定です」 「労働者は建物所有者より困窮しています。労働者は仕事と給与を失ったわけですが、工業団地の所有者は建物をまた誰かに貸せばよいのですから」 David氏によると、3月の給与全額と4月初め分の給与が未払いとなっており、労働者らには長期の交渉を待つ余裕は無く、できる限り早い解決が必要だという。 「経営者がカンボジアにいるのか、外国にいるのかも知りません」と彼は言う。政府は外国人投資家に対し、給与未払いで出国してしまう事態に備え、カンボジアの銀行に収益を預金させるべきであると付け加えた。 Dae Kwang Garment FactoryのSoun Bopharath総務担当者は17日取材に対し、経営者の居場所も、なぜ工場が閉鎖されたのかも知らないと語った。 「私自身、労働者同様、給与を払わないまま工場を閉鎖した経営者の被害者の一人です。私たちは労働法をよく知らないので、組合に支援を要請しました。組合にこの問題を解決する権利を与える予定です」と彼女は話す。 17日中に労働省の担当者からコメントを得ることはできなかった。   もっと見る
2016/04/21 12:02 da:23 facebook:0 twitter:0 労働者 未払い Garment Factory 担当者 コメント Tweet
アパレル・リソース  韓国企業がカントー市に1億7100万ドル規模の製靴工場設立  ↑0 ↓0
カントー輸出加工区管理委員会は3月7日、韓国のTaekwang Industrialに1億7100万米ドルの製靴工場をメコンデルタ地帯のカントー市カイラン区2B Hung Phu工業団地に設立することを許可した。 予定される工場は62ha規模で、そのうち52haは製造区域、残る10haはサービス・商業区画、賃貸倉庫として利用される予定である。 Taekwang Industrialは事業開始に必要な手続きを終え、今後3ヶ月かけて整地を行う予定である。 工場の建設は3期に分割して行われる。建設第1期は2016年に着工し2019年に終了予定、第2 期は2022年、第3期は2025年に完工予定である。第1期建設分の工場は2017年第1四半期に操業開始予定、第2期分は2020年、第3期分は2023年にそれぞれ操業開始となる。 工場操業開始後の生産能力は年間1億製品、3万人の雇用を創出すると予測されている。 「Taekwaing Industrialの製靴工場はカントー市で2008年以来最大の外国投資事業となります。カントー市の雇用状況に重要な役割を果たすことが期待されます」とカントー市計画投資局のLe Manh Tung副局長は話す。 「市は現在数件の外国企業への投資許可発行を検討中ですが、そのうちの1件が韓国のKS Mtron Companyの2000万米ドル規模の農業機械生産施設です。加えて、シンガポールの国際ペガサス大学からの申請も検討中であり、投資額は約1500万米ドル、さらにシンガポールの職業訓練校の申請もあります」とTung副局長は述べた。 さらに、ホテル・リゾート施設、エネルギー、化粧品生産、縫製繊維、廃棄物処理、ホスピタリティ産業等での投資機会を求め、複数の外国企業が投資環境調査を行っているという。 カントー市計画投資局の統計によると、2016年2月20日時点で市内に68の外国投資事業があり、登録資本は7億5660万米ドルに上る。2015年、カントー市は7事業に投資許可を発行し、これら7事業の総投資額は1910万米ドルであった。 もっと見る
2016/03/17 11:54 da:19 facebook:0 twitter:0 米ドル Industrial そのうち ホスピタリティ これら リゾート Tweet
アパレル・リソース  手当の付与で工業団地の労働者らの休暇後の早期職場復帰を実現  ↑0 ↓0
休暇期間の前後に受け取った手当てにより85-95%の労働者がテト(旧正月)の後にホーチミン市や南部各省の工業団地の職場に戻った。 過去には旧正月の後に故郷に残ることが多かった労働者は、今年は無料のバス乗車券、お土産、それに妥当な賞与を受け取った。旧正月に故郷に戻らなかった労働者には休暇中に特別なもてなしが提供された。 ホーチミン市工業団地及び輸出加工区管理局(HEPZA)管理室長のTran Cong Khanh氏によれば、今年300以上の企業が労働者らに対して提供した特別手当は500億ベトナム・ドンに上った。 Khanh氏によれば労働者らは職場に戻った日にお年玉袋を受け取り、特別給付が「労働者に対して強い愛着」が生まれたと述べた。 「労働」紙によれば、故郷がホーチミン市から離れているFREETREND Industrial Viet Nam株式会社の労働者らは政府が国民の休日と定めた9日間の他、追加で2日間の休暇を与えられた。 労働者らにはさらに満額の給与が与えられたと同社の労働組合長Lieu Quang Vinh氏は言う。Freetrendは トゥードック郡Linh Trung工業団地No.1にある運動靴の製造業者だ。 氏によれば労働者の長期休暇が製造に影響を与えることは無かったという。 ビンチャン郡Vinh Loc工業団地にあるSaiGon Food Joint-Stock Companyの70%以上の労働者は北部タインホア省の出身だ。 同社では旧正月を祝うために故郷へ戻る労働者に対し12台の往復の長距離バスを手配した。 同社で働くタインホア省Nong Cong郡出身のNguyen Thi Thao氏は、旧正月に故郷に戻るための往復バス券を購入する心配はもうしなくてもよいのだと語った。 同社の労働組合会長のHuynh Minh Hoa氏は無償のバスは製造が予定通りに動くことを保証するものだと語った。 第12区のVinh Hung Garment Joint-Venture Companyもまた地方出身の労働者らのために40台のバスを手配した。 ハノイではタンロン工業団地の多くの企業が自社の労働者のためにバスを手配した。 ドンナイ省労働傷病兵社会省によれば、ドンナイ省内の企業で働く85%以上の労働者が旧正月休暇の翌日に職場に戻ったという。 Pousung Viet Nam Footwear Companyでは全2万4300人の労働者の95%が仕事を再開したと公表した。まだ復帰していない残りの人は年次休暇もしくは出産休暇中だという。   もっと見る
2016/02/18 07:42 da:19 facebook:0 twitter:0 労働者 旧正月 工業団地 Company ホーチミン ドンナイ Tweet
アパレル・リソース  求められる原材料の国内サプライヤー  ↑0 ↓0
ベトナムのアパレル・繊維企業は国内生産された原材料に対する投資を増やすことで、ベトナムが加盟している自由貿易協定の厳しい要件を満たそうとしている。 「繊維業界は長きにわたり原材料を輸入に依存してきました。国がすでに協定を結んだ、もしくはこれから結ぶ自由貿易協定のもとでは輸入にこれ以上頼ることはできません」Dong Nai Garment Corporation会長のBui The Kich氏は語る。 氏によれば、繊維業界は平均約7割の原材料を輸入に頼っている。 同社の国内調達率は不織布材料の生産への投資のおかげもあり、45%に増加したと氏は言う。 昨年同社はドンナイ省にHung Long Industrial Complexを建設するために3000億ベトナム・ドン(1339万米ドル)を投じ、ここを衣料品・繊維製品製造の拠点とすることを目標としているという。 ベトナム繊維協会(Vitas)とGarment 10 Joint Stock Companyの会長であるVu Duc Giang氏は、国内の衣料品会社は製糸・製織・染色の分野に投資するよう後押しされてきたが、最も安全で適切な方法は原料の供給減を確保するために国内外の企業に対する資本の拠出か株の購入であると語った。 今年の投資計画の中で同社は製糸分野でパートナー企業と提携する予定で、輸出入双方に対する原材料の調達を確保するという。 Viet Nam Cotton and Spinning Association事務局長のNguyen Hong Giang氏は昨年の輸出収入が280億米ドルに達するなど輸出分野で大きな成長を遂げたものの、原材料や付属品の国内調達はあまり変化がみられなかった。 例えばベトナムは年間85億メートルの生地を必要としているが、国内の生産は30億メートルにとどまる。 国内の生地生産は需要に追いついておらず、その上環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)のyarn forward原則、ベトナム-EU自由貿易協定ともに国内での調達要件が非常に厳しいと氏は言う。 それ故、ベトナムが自由貿易協定の恩恵を受けるには生地生産における処理能力を急速に高めることが求められている。 ベトナム繊維協会(Vitas)総書記Dang Phuong Dung氏は政府の支援以外で自由貿易協定の恩恵を最大限に受けるためには、国内企業は世界市場における確かな地盤を築くために生産技術、デザインや品質を高めるべくさらに投資を行うべきだと語った。 氏は国内の衣料品製造業者、原材料や付属品の製造業者の間のより密な連携を呼びかけた。 商工省によれば、ベトナムのアパレル商品は米国やEUに輸出を行う際、平均12-30%の関税を課せられている。 例えば100億米ドル相当の輸出には17億米ドルの関税が発生する。 TPPが実行されれば関税は無くなり、ベトナムのアパレル商品の競争力が増すと同省は語った。 ベトナム繊維協会(Vitas)によればyarn forwardの原糸原則を含むFTAの原産地規制はビジネス面において大きな課題となるが、長期的には投資戦略を改善しようと企業を刺激し、市場の供給に見合う生産量を調整できるようになる。 各企業が自社の製品により付加価値を与え、競争に打ち勝つ能力を備えるべく自社で、もしくは他社と提携を結びサプライチェーンを確立しなければならない、とVitasは言う。 Vitasによれば自由貿易協定のもとでは関税面において優位となることから、繊維製品業界は今年輸出において20%以上の成長が期待されている。   もっと見る
2016/01/21 05:48 da:20 facebook:0 twitter:0 原材料 米ドル アパレル 衣料品 forward Garment Tweet
bunkyo.ac.jp  情報学研究科の修士1、2年生 第16回APIEMSで研究成果を発表しました  ↑0 ↓0
情報学研究科の修士1、2年生が、12月8日~11日にベトナム・ホーチミン市で開催された「The 16th Asia Pacific Industrial Engineering and Management ...
2015/12/24 17:37 da:55 facebook:557 twitter:0 Engineering Management Industrial Pacific ホーチミン 研究成果 Tweet

Thailand

newsclip.be  【バンコクで活躍する日本人】 ROJANA INDUSTRIAL PARK PUBLIC CO., LTD. 木村 洋一 氏  ↑0 ↓0
【バンコクで活躍する日本人】 ROJANA INDUSTRIAL PARK PUBLIC CO., LTD. 木村 洋一 氏 ... バンコクは2度目の単身赴任となります。お蔭様で人間関係に ...
2017/04/23 20:16 da:- facebook:0 twitter:0 バンコク INDUSTRIAL 日本人 人間関係 単身赴任 Tweet
ryutsuu.biz  日本KFC/タイでのKFC事業に参画  ↑0 ↓0
ASEAN Industrial Growth Fund(以下:AIGF)が主体となるタイ国内におけるKFCの一部店舗を運営する事業会社の持株会社Bamboo社にFRI社を通じて出資 ...
2016/09/15 23:26 da:48 facebook:0 twitter:0 Industrial Tweet
careercross.com  【バンコク勤務】SALES EXECUTIVE – INDUSTRIAL SERVICES  ↑0 ↓0
スキル・資格. Qualifications: Japanese national (or Thai who has a JLPT N1). 28 - 35 years old. Male or Female. Bachelor's Degree. At least 5 years of ...
2016/06/01 17:13 da:47 facebook:0 twitter:0 national Bachelor Japanese スキル EXECUTIVE INDUSTRIAL Tweet
newsclip.be  〈業界事情〉 工業団地 Rojana Industrial Park Public Co., Ltd.  ↑0 ↓0
中部アユタヤ県、東部ラヨン県およびプラチンブリ県で4カ所の工業団地を運営する「ロジャナ工業団地」が現在、東部チョンブリ県2カ所で新規団地を開発中だ。タイはこの1―2年、景気の落ち込み、自動車産業の停滞、日系企業による投資の様子見などが続き、来年の見通しも決して明るくない状況だ。しかし自動車産業が今後もタイ経済けん引の一役を担っていく、という方向性は変わることがないだろう。景気が波打つのは常であり、タイ東部は今後さらに発展していくだろう。
2015/12/30 03:33 da:42 facebook:6 twitter:0 工業団地 アユタヤ Industrial Tweet

Singapore

news.mynavi.jp  リンクス、東南アジア市場への事業拡大のためリンクスシンガポールを設立  ↑0 ↓0
IIoT(Industrial IoT)分野における技術商社であるリンクスは7月5日、2017年3月に買収したシンガポールのウルトラビジョンの社名を、9月1日よりリンクス ...
2017/07/06 10:07 da:- facebook:0 twitter:0 リンクス Industrial 東南アジア Tweet
prw.kyodonews.jp  コリアーズが産業用不動産の専門家チームを採用  ↑0 ↓0
コリアーズ・シンガポール(Colliers Singapore)のマネジング・ディレクター、タン・ウェイ・レン氏は「キーン・キム氏と彼のチームは精力的な人々で、協調的で高いパフォーマンスというわが社の社風にぴったりだ。メンバーが7人になるIndustrial Services Divisionはチームの入社が追い風になる」と語った。さらに「キーン・キム氏は顧客の成功を広げるために練り上げた個別の洞察力のあるソリューションに力を入れ、シンガポールの企業向けサービスを推進する。Industrial Services Divisionはわが社の企業成長戦略にうまく連動し、アジア・オキュパイアー・サービス(Asia Occupier Services)プラットフォームをてこにして、顧客サービスを向上させる」と付け加えた。結果を重視するリム氏と彼のチームは、産業用不動産の仲介やアドバイザリーサービスの提供に手堅い実績を持つ。評価が高い取引としては、40万平方フィートの産業用物件に設計段階からかかわり、占有者サービスを続け、最終的には施設の50%を占有する単独のテナントを見つけるというアドバイザリ もっと見る
2016/02/05 15:56 da:66 facebook:- twitter:- チーム ウェイ 精力的 ディレクター 協調的 Singapore Tweet
asiax.biz  日立産機、マレーシアで営業・サービス組織を設立  ↑0 ↓0
日立産機システムは1月8日、産業機器事業の強化に向け、日立産機マレーシア(Hitachi Industrial Equipment (Malaysia) Sdn. Bhd.)に営業およびサービス組織を新設し、製造・販売・サービスの一体運営を開始したと明らかにした。
2016/01/12 09:22 da:39 facebook:2 twitter:0 サービス Malaysia Equipment システム Industrial Tweet

Philippines

ma-times.jp  ニッポン高度紙工業、フィリピンのパルプ製造会社を子会社化  ↑0 ↓0
コンデンサ用セパレータ等のニッポン高度紙工業【3891】は、2015年8月7日付「フィリピンにおけるパルプ製造会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ」にて開示していたAlbayAgro-IndustrialDevelopmentCorporation(以下「ALD社」)の株式取得について、29日付で同社の発行済株式の58.6%を追加取得し、合計で発行済株式の98.6%を取得、子会社化したと発表した。
2016/02/03 09:00 da:21 facebook:18 twitter:0 子会社 ニッポン パルプ お知らせ コンデンサ Tweet
財経新聞  大阪府と住友商事、フィリピン工業団地事業で協定  ↑0 ↓0
大阪府と住友商事は、フィリピンの工業団地 First Philippine Industrial Park(ファーストフィリピン工業団地)と、同団地へ新規入居する大阪府内中小企業に特化 ...
2016/01/06 16:18 da:48 facebook:0 twitter:0 工業団地 中小企業 ファースト Philippine Industrial Tweet

Malaysia

lnews.jp  UDトラックス/マレーシアで中型トラックの現地組立生産を開始  ↑0 ↓0
UDトラックスは6月22日、マレーシア市場の輸入・卸売り販売会社であるTan Chong Industrial Equipment Sdn Bhd (TCIE) を通じて、同国市場向けに中型 ...
2018/06/25 20:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
response.jp  UDトラックスの中型トラック クローナー、マレーシアで世界初のCKD生産開始  ↑0 ↓0
UDトラックスは、マレーシア市場の輸入・卸売り販売会社であるTan Chong Industrial Equipment(TCIE)を通じて、同国市場向けに中型トラック『クローナー』初と ...
2018/06/22 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
nissha.com  マレーシアの建築建材展示会 ARCHIDEX 2017 に出展  ↑0 ↓0
Nissha Industrial and Trading Malaysia は、2017年1月にマレーシアの建材メーカーである Scanwolf Plastic Industries Sdn. Bhd.との間で、意匠付きビニル ...
2017/07/05 19:07 da:- facebook:0 twitter:0 Plastic ビニル メーカー Malaysia 展示会 Industrial Tweet
takushoku-u.ac.jp  2017年度マレーシアMJHEP大学説明会に参加しました  ↑0 ↓0
5月21日(日)、マラ教育財団が運営するマレーシアの首都クアラルンプール郊外のMJII(MARA Japan Industrial Institute)ブラナンキャンパスにおいて、 MJHEP ...
2017/07/05 14:16 da:- facebook:0 twitter:0 Institute クアラルンプール Industrial Tweet
mys-news.asia  日本写真印刷、マレーシアに合弁会社を設立  ↑0 ↓0
日本写真印刷株式会社(日本写真印刷)は、10日、同社の連結子会社、Nissha Industrial and Trading Malaysia Sdn. Bhd.(Nissha Industrial)がマレーシアにて ...
2017/01/11 13:04 da:16 facebook:- twitter:0 Industrial Malaysia 子会社 合弁会社 Tweet
nissha.com  マレーシアにおける合弁会社設立に関する合弁投資契約書を締結  ↑0 ↓0
日本写真印刷株式会社(以下、日本写真印刷)の産業資材関連の連結子会社であるNissha Industrial and Trading Malaysia Sdn. Bhd.(マレーシア)は、2016 ...
2016/12/05 09:01 da:46 facebook:0 twitter:0 Malaysia Industrial 子会社 合弁会社 Tweet
mys-news.asia  丸紅と王子グループ、マレーシア段ボールメーカーを買収  ↑0 ↓0
丸紅株式会社(丸紅)と王子ホールディングス(王子グループ)は2月26日、マレーシアの段ボール製造販売会社、Dazun Paper Industrial Company Sdn.Bhd.(Dazun社)と株式売買に関する契約を交わしたとした。この株式売買契約は、丸紅と王子グループが出資する、現地企業GS Paper&Packaging Sdn.Bhd.を通じ行われ、王子グループの現地子会社、HPI Resources Bhd.も出資、Dazun社の株式を共同で取得する。Dazun社は、マレーシアで最も段ボール消費量が多く、競争も激しい中部地区(セランゴール州)に拠点を置く、1989年に設立した、およそ180名の従業員を有する企業。東南アジアでパッケージング事業の拡大を図る王子グループは、海外事業の拡大を成長戦略の重点的施策とし、生活産業資材の分野においては、今後も引き続き成長が見込まれる、東南アジア、インド、オセアニア地域で、積極的なパッケージング事業の展開を図り、さらなるマーケットシェアの向上を目指す。丸紅は、マレーシア、インド、ミャンマーに王子グループと共同で保有するパッケージング事 もっと見る
2016/03/02 21:00 da:13 facebook:2 twitter:0 グループ 段ボール Company メーカー Industrial Tweet
marubeni.co.jp  2016年  ↑0 ↓0
丸紅株式会社(以下、丸紅)は、マレーシアの関連会社GS Paper & Packaging Sdn Bhd(以下、GSPP社、出資比率:丸紅25%、王子ホールディングス75%)を通じ、王子ホールディングスのマレーシア子会社HPI Resources Bhd.(以下HPI社)と共同で、マレーシアの段ボール製造販売会社、Dazun Paper Industrial Company Sdn. Bhd.(以下、Dazun社)の発行済株式の100%を取得する株式売買契約書を締結しました。株式取得後の所有比率は、GSPP社が50%、HPI社が50%となります。
2016/02/26 15:25 da:52 facebook:0 twitter:- Tweet
ojiholdings.co.jp  マレーシアにおける段ボールメーカー買収に関するお知らせ  ↑0 ↓0
当社は、本日開催された取締役会において、マレーシアにある段ボール製造販売会社、Dazun Paper Industrial Company Sdn. Bhd.(以下“Dazun社”)の発行済株式の100%を、マレーシアの当社子会社であるGS Paper & Packaging Sdn Bhd(当社75%・丸紅(株) 25% 出資)ならびにHPI Resources Bhd(当社100% 出資)が共同で取得する事を決議し、本日午後GS Paper & Packaging Sdn BhdならびにHPI Resources BhdがDazun社の現オーナーと株式売買契約書を締結いたしましたので、お知らせいたします。株式取得後の所有比率は、GS Paper & Packaging Sdn Bhdが50%、HPI Resources Bhdが50%となります。 もっと見る
2016/02/26 15:16 da:40 facebook:0 twitter:- 段ボール Industrial Company お知らせ メーカー 取締役会 Tweet
ASEAN PORTAL  日立産機システムはマレーシアでの事業展開を加速  ↑0 ↓0
株式会社日立産機システムは、マレーシアにおける産業機器事業の強化に向けて、現地の製造拠点である日立産機マレーシア(Hitachi Industrial Equipment (Malaysia) Sdn. Bhd.)において、営業組織とサービス組織を新設し、製造・販売・サービスの一体運営を開始したことを発表した。
2016/01/12 09:33 da:21 facebook:3 twitter:0 システム Equipment Industrial Tweet
asiax.biz  日立産機、マレーシアで営業・サービス組織を設立  ↑0 ↓0
日立産機システムは1月8日、産業機器事業の強化に向け、日立産機マレーシア(Hitachi Industrial Equipment (Malaysia) Sdn. Bhd.)に営業およびサービス組織を新設し、製造・販売・サービスの一体運営を開始したと明らかにした。
2016/01/12 09:22 da:39 facebook:2 twitter:0 サービス Malaysia Equipment システム Industrial Tweet
朝日新聞出版  日立産機システム、マレーシアの製造拠点に営業・サービス組織を新設  ↑0 ↓0
TOKYO, Jan 8, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社日立産機システム(取締役社長:青木 優和/以下、日立産機)は、このたび、マレーシアにおける産業機器事業の強化に向けて、現地の製造拠点であるHitachi Industrial Equipment(Malaysia) Sdn. Bhd.(社長:加納 玄/以下、日立産機マレーシア)に、営業組織とサービス組織を新設し、製造・販売・サービスの一体運営を開始しました。近年、マレーシアの経済発展は著しく、社会インフラへの投資や省エネ製品の需要拡大により、産業機器市場が堅調に伸長することが見込まれます。こうした状況を踏まえ、日立産機マレーシアは2015年10月に日系企業が数多く進出しているクアラルンプール近郊のクランに移転し、新工場を設立、製造能力を倍増することで、現地主導による事業を展開してきました。今回、新たに営業組織とサービス組織を設立し、製造・販売・サービスの一体運営を行うことで、お客さまのニーズに対してよりスピーディーかつ、きめ細かい対応を行います。日立産機は、今後も日立産機マレーシアを中核拠点に、マレーシ もっと見る
2016/01/08 16:07 da:89 facebook:3 twitter:0 システム このたび サービス 取締役 Tweet

Indonesia

news2u.net  国際展示会 「第3回インドネシア国際産業用発電・再生可能エネルギー展示会」(PT. Global Expo ...  ↑0 ↓0
先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は2018年5月3-5日 インドネシア、ジャカルタにて開催されますPT. Global Expo Management主催 国際展示会 「The 3rd Indonesia International Industrial Power Generation & Renewable Energy ...
2018/02/19 10:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
gomuhouchi.com  横浜ゴム、マリンホースの国際型式認証を取得  ↑0 ↓0
横浜ゴムは、海洋商品の生産を行う横浜工業品製造インドネシア(PT Yokohama Industrial Products Manufacturing Indonesia)が、原油・石油製品の海上移送に使用する「Seaflex(シーフレックス)」ブランドのマリンホースに関し、石油会社国際海事評議会(OCIMF)が制定する「GMPHOM2009」の型式認証を全モデルで ...
2018/01/24 18:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ngu.jp  外国語学部の学生がジョグジャカルタ(インドネシア)  ↑0 ↓0
The 18th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems (APIEMS2017)が,2017年12月3日(日)から12月6日(水)にかけてハイアットリージェンシー・ジョグジャカルタ(インドネシア)で開催され,外国語学部3年の8名(伊藤巧,落合菜緒,川口栞奈,河田みなみ,竹澤結奈,津田柊花,野田広大,吉田有二 ...
2017/12/13 14:21 da:- facebook:- twitter:- Tweet
e-logit.com  伊藤忠商事/インドネシア・カラワン工業団地の拡張事業を実施  ↑0 ↓0
伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、インドネシア大手財閥であるシナルマスグループと20年超に渡り共同で開発・運営するカラワン工業団地(ジャカルタ、Karawang International Industrial City、以下「KIIC」)において、新たに追加取得した約200haの開発用地の造成工事に着手しました。
2016/02/24 11:03 da:31 facebook:- twitter:- 伊藤忠 グループ 工業団地 Tweet