1.5148961544037

Vietnam

minkabu.jp  プラッツ Research Memo(6):ベトナムの現法を生産委託会社に譲渡、効率アップでコストダウン目指す  ↑0 ↓0
今般同社は、ベトナムの生産体制を大きく見直して、生産性向上と業務効率アップを図り、製品コストダウンを実現する取り組みを発表した。それがベトナムの現法 ...
2019/09/25 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 アップ コストダウン Research 生産性 取り組み Tweet
s.minkabu.jp  プラッツ Research Memo(2):介護用ベッドで販売台数シェア2位に成長。医療用ベッドにも本格進出  ↑0 ↓0
実際の生産に関しては、同社は創業後早い時期からベトナムに進出し、ここしばらくは台湾資本の在ベトナム企業であるSHENGBANG METALに上工程の金属 ...
2019/09/25 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 ベッド Research シェア Tweet
news.nifty.com  中国への態度に現れる韓国とベトナムの決定的な違い 西沙諸島問題で中国に対して一歩も引かない ...  ↑0 ↓0
川島 博之:ベトナム・ビングループ、Martial Research & Management 主席経済顧問). 陸続きの隣国が大国であった場合、周辺の国々はどのような行動を取る ...
2019/08/09 06:11 da:- facebook:0 twitter:0 決定的 グループ Martial Research Management 陸続き Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]ジェネパ Research Memo(6):2019年10月期通期予想は非開示も、前期から ...  ↑0 ↓0
(2) ベトナム子会社設立及び自社工場の立ち上げ同社は、ベトナムに2019年9月1日(予定)付で子会社Genepa Vietnam Co.,Ltd.(予定)を設立し、並行して直接 ...
2019/08/05 15:37 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 トピックス Research 立ち上げ Tweet
mag2.com  安田倉庫 Research Memo(2):好立地の拠点を中心に全国ネットワークを構築  ↑0 ↓0
中国やベトナム、インドネシアなどアジアとのネットワークもあり、陸・海・空の輸送手段を一元的にコーディネートする国際複合一貫輸送サービスも手掛けている。
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]グローブライド Research Memo(1):2019年3月期は営業増益を確保、引き続き ...  ↑0 ↓0
なお、製品は一部の高級品を除いて、ほぼ中国、ベトナム、タイなど海外で生産している。主力はフィッシングで売上高の87.5%を構成、そのほか、ゴルフが5.1%、 ...
2019/07/12 15:11 da:- facebook:- twitter:- トピックス グローブ ライド Research 高級品 フィッシング Tweet
財経新聞  Iスペース Research Memo(1):大型案件受注で2019年9月期業績を上方修正も、上振れ余地を残す  ↑0 ↓0
グローバル展開の強化」ではタイ、インドネシア、ベトナムに加えて、新たにマレーシア、シンガポールでもアフィリエイトサービスを開始しており、アジアNo.1の ...
web.fisco.jp  nms Research Memo(4):2020年3月期通期予想は、下期偏重ながらも利益倍増以上を目指す  ↑0 ↓0
EMS事業は、ベトナムのプレス工場で6月から量産が開始される。北中米の事業は、ソニーの業務が継続される上、TKRが新規顧客先の開拓に当たる。PS事業 ...
2019/06/10 15:56 da:- facebook:0 twitter:0 Research プレス ソニー Tweet
minkabu.jp  エーバランス Research Memo(2):IT企業からスタートし、現在はグリーンエネルギー事業を主力事業 ...  ↑0 ↓0
直近では、2018年4月にWWBの関連会社であるFUJI SOLAR(株)(出資比率34.0%)がベトナムの太陽電池メーカーであるVSUNの持分をすべて取得している。
2019/05/20 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 バランス Research スタート グリーン エネルギー 太陽電池 Tweet
kabutan.jp  【特集】エーバランス Research Memo(6):グリーンエネルギー事業の拡大に向けた布石を国内外で打ち ...  ↑0 ↓0
2019年1月23日付で、WWBにおけるベトナムでの太陽光発電所プロジェクトが始動したことを公表している。ベトナム南部にあたるNha Trang(ニャチャン)で現地 ...
kabutan.jp  【特集】エーバランス Research Memo(7):アジア新興国の再生エネルギー市場を取り込み、高成長を ...  ↑0 ↓0
既にベトナム、カンボジア、バングラデシュに関連会社を設立しており、ベトナムでは太陽電池メーカーのVSUNがあり事業展開していくうえでの体制は構築している ...
2019/05/20 13:41 da:- facebook:0 twitter:0 バランス Research アジア 新興国 エネルギー 高成長 Tweet
PR TIMES  FWD グループ「北極マラソン」冠スポンサーに再度就任  ↑0 ↓0
日本ではNPO法人ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション(RFTC Japan)による乳がんの啓発活動を推進し、またベトナムのDisability Research and Capacity ...
minkabu.jp  トラストテック Research Memo(1):成長スピードの一段のアップにより営業利益100億円の前倒し達成を ...  ↑0 ↓0
さらに2019年に入ってはベトナムの大手人材派遣企業に出資を行い、同国での人材派遣市場への足掛かりを得た。今後の展開次第ではより踏み込んだ形で関与 ...
2019/03/28 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 トラスト テック Research スピード アップ 前倒し Tweet
minkabu.jp  ラクオリア創薬 Research Memo(6):tegoprazanが同社初のヒト領域の新薬として2019年販売開始  ↑0 ↓0
CJヘルスケア(韓国)はtegoprazanのサブライセンスにも精力的に取り組んでおり、これまでの中国に加え2018年12月にはベトナム、2019年1月にはメキシコの ...
2019/03/28 07:41 da:- facebook:0 twitter:0 Research ヘルスケア ライセンス 精力的 これまで メキシコ Tweet
minkabu.jp  アイエスビー Research Memo(6):ベトナム拠点のオフショア戦略で成果。国内のニアショア戦略も期待 ...  ↑0 ↓0
オフショア戦略とはベトナム子会社のISB Vietnam Co., Ltd(以下、「IVC」と略)の活用だ。IVCは従来、グループ外の顧客からの受注拡大による独立独歩の経営 ...
2019/03/25 15:56 da:- facebook:0 twitter:0 オフショア Research 子会社 グループ 独立独歩 Tweet
web.fisco.jp  レカム Research Memo(3):ビジネスホン、デジタル複合機などの情報通信機器の販売が主力事業  ↑0 ↓0
レカムビジネスソリューションズ(大連)、レカムビジネスソリューションズ(上海)、ベトナムレカム(ホーチミン支店、ハノイ支店)、レカムビジネスソリューションズ( ...
web.fisco.jp  nms Research Memo(3):2019年3月期第2四半期は先行投資負担により大幅減益  ↑0 ↓0
工作機械関連やマレーシアの白物家電における需要に減速感が出た上、ベトナムの生産拠点における立ち上げ期のコスト計上が減益幅を大きくした。PS事業は ...
2019/01/07 15:00 da:- facebook:- twitter:- Research 四半期 工作機械 立ち上げ コスト Tweet
web.fisco.jp  ティーライフ Research Memo(7):中国市場における事業拡大に期待  ↑0 ↓0
さらに注目されるのがベトナムとなる。経済成長が著しいベトナムは2018年1月-9月のGDP成長率が7.0%と高水準であり、高い経済成長を続けている。所得の ...
2018/12/20 15:22 da:- facebook:0 twitter:0 ティー ライフ Research Tweet
web.fisco.jp  Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
海外子会社は3社(インドネシア、タイ、シンガポール)で、その他に持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。
kabutan.jp  【特集】ベルシス24 Research Memo(3):コールセンターを中心に事業を展開  ↑0 ↓0
海外にも事業展開を始めており、同社は2016年12月にベトナムのコンタクトセンター(コールセンターと同義)大手でHoa Sao Group Joint Stock Companyへの ...
2018/11/16 15:45 da:- facebook:0 twitter:0 センター コール Research コンタクト Company Tweet
kabutan.jp  【特集】プラッツ Research Memo(2):介護用ベッドで販売台数シェア2位に成長  ↑0 ↓0
同社は創業後早い時期からベトナムに進出したが、現在は台湾資本の在ベトナム企業であるSHENGBANG METALに上工程の金属加工を委託し、同社の現 ...
2018/09/21 15:33 da:- facebook:- twitter:- Research ベッド シェア Tweet
kabutan.jp  【特集】サンコーテクノ Research Memo(2):コンクリート構造物向けのあと施工アンカーで特許を取得し成長  ↑0 ↓0
また海外進出では2011年にベトナムにタイ現地法人の子会社(同社本体の孫会社)を設立した。ベトナム国内の販売拠点であり、タイ子会社とともに東南アジア圏 ...
2018/07/12 15:33 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 サンコー テクノ Research コンクリート アンカー Tweet
kabutan.jp  【特集】レカム Research Memo(2):国内の中小企業向け情報通信事業が主力  ↑0 ↓0
また、顧客企業から受託したバックオフィス、給与計算などの業務を中国などの海外子会社で行うBPO事業を行うほか、中国・ベトナムなどでLED照明や情報 ...
2018/07/02 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 Research 中小企業 バック オフィス 子会社 Tweet
minkabu.jp  nms Research Memo(4):新中期経営計画の目標値は、売上高1000億円、EBITDA 45億円  ↑0 ↓0
同社は、中国を始め、ベトナム、カンボジア、ラオス、フィリピン、スリランカなど7ヶ国・8つの政府系送出し機関と戦略的提携でネットワークを築いている。グループ ...
2018/06/18 15:00 da:- facebook:0 twitter:0 Research 売上高 ラオス スリランカ ネットワーク グループ Tweet
minkabu.jp  システムインテ Research Memo(6):既存事業の成長により2020年2月期以降は2ケタ増収増益を目指す  ↑0 ↓0
(2) 海外拠点の確立開発力の増強のため、海外人材の活用を積極的に進めていく方針となっている。2017年からベトナムのダナン国立大学との連携により、 ...
2018/06/06 15:11 da:- facebook:0 twitter:0 Research 積極的 ダナン 国立大学 Tweet
ASEAN PORTAL  ベトナムで日本政府の国費留学生の募集開始  ↑0 ↓0
在ベトナム日本大使館は、2019年度日本国政府(文部科学省)奨学金留学生の募集を開始した事を発表した。 募集されている奨学金留学生の区分は、「研究留学生(RESEARCH STUDENTS)」「学部留学生 (UNDERGRADUATE STUDENTS)」「高等専門学校留学生(COLLEGE OF TECHNOLOGY STUDENTS)」「 ...
2018/04/24 13:18 da:- facebook:0 twitter:0 留学生 奨学金 大使館 文部科学省 RESEARCH UNDERGRADUATE Tweet
kabutan.jp  【特集】インフォクリエ Research Memo(7):2018年9月期予想は増収増益、主力のITソリューション事業 ...  ↑0 ↓0
1. 2018年9月期の業績見通しインフォメーションクリエーティブ<4769>の2018年9月期の連結業績予想は、売上高が前期比4.8%増の7,751百万円、営業利益が同31.0%増の449百万円、経常利益が同27.4%増の488百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同51.3%増の312百万円である。主力のITソリューション ...
財経新聞  レカム Research Memo(3):ビジネスホン、デジタル複合機などの情報通信機器の販売が主力事業  ↑0 ↓0
事業内容手掛ける事業は、スピード経営、事業の多角化を推進するために、事業本部制を2016年9月期から導入し、ビジネスホン、MFP(デジタル複合機)、その他のOA機器を販売する情報通信事業、グループ内外の企業からのアウトソース事業を運営するBPO事業、中国・ベトナムにおいてLED照明等のエコ商材、情報通信 ...
2018/01/18 15:11 da:- facebook:0 twitter:0 ビジネス デジタル Research スピード その他 グループ Tweet
kabutan.jp  【特集】レカム Research Memo(4):約6万社の顧客基盤と価格以上のクオリティの商品・サービスを提供 ...  ↑0 ↓0
1. 競合と強みレカム<3323>の主力事業である情報通信事業における競合企業として、ビジネスホンなどの通信機器ではエフティグループ、フォーバルなどが挙げられる。また、デジタル複合機では大塚商会<4768>、キヤノンマーケティングジャパン<8060>などと競合する。一方、BPO事業においては、オフショア拠点活用という ...
2018/01/18 15:11 da:- facebook:0 twitter:0 Research クオリティ サービス ビジネス グループ デジタル Tweet
mag2.com  Iスペース Research Memo(3):17/9期はアフィリエイトサービスの好調により、2期連続で過去最高業績更新  ↑0 ↓0
海外事業についてはインドネシア、タイの連結子会社、及びベトナムの合併会社にてアフィリエイトサービスを展開し、また、シンガポールにてアドネットワーク配信サービスを行っている。アフィリエイトサービスについては各国とも前期比で約2倍の増収率となっており、インドネシアとタイを合わせた売上高は約1億円となっている。
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業をクライアントとするアフィリエイト広告事業を、シンガポールでは東南アジア各国の企業を顧客対象とするスマートフォン向けアドネットワークサービス事業をそれぞれ展開し ...
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(1):アフィリエイトサービス好調で18/9期も売上高、営業利益は過去 ...  ↑0 ↓0
また、インドネシアやタイ、ベトナムなど東南アジアにおいてアフィリエイトサービス事業を育成しており、今後の成長が見込まれている。 ... サービスについては先行投資段階で若干の損失が続いているが、着実に売上高は積み上がってきており、直近ではタイ、ベトナム法人が単月黒字化するなど今後の収益貢献が期待される。
財経新聞  nms Research Memo(4):グループリソースを組み合わせて、ベトナムでの事業を垂直立ち上げ  ↑0 ↓0
(1) 新興市場開拓 − チャイナ・プラスワン中国は、かつて『世界の工場』であったが、カントリー・リスクや人件費の高騰もあり、企業の生産拠点戦略は『チャイナ・プラスワン』に移行しており、インドネシア、タイ、ベトナム、カンボジアなどに進出する企業が増えている。HS事業が有する人員採用及び派遣・製造請負ノウハウ、海外 ...
2017/12/13 15:45 da:- facebook:0 twitter:0 チャイナ Research グループ リソース 立ち上げ カントリー Tweet
財経新聞  ベルシス24 Research Memo(3):コールセンターを中心に事業を展開  ↑0 ↓0
海外にも事業展開を始めており、同社は2016年12月にベトナムのコンタクトセンター(コールセンターと同義)大手でHoa Sao Group Joint Stock Companyへの出資で基本合意を発表、2018年2月期上期には49%の出資を完了し、社名をBellsystem24-Hoa Sao Joint Stock Company(以下、Hoa Sao)に変更した。Hoa Sao ...
2017/12/01 13:18 da:- facebook:- twitter:- センター コール Company Research コンタクト Tweet
kabutan.jp  【特集】ベルシス24 Research Memo(3):コールセンターを中心に事業を展開  ↑0 ↓0
海外にも事業展開を始めており、同社は2016年12月にベトナムのコンタクトセンター(コールセンターと同義)大手でHoa Sao Group Joint Stock Companyへの ...
2017/11/30 10:07 da:- facebook:0 twitter:0 センター コール Research コンタクト Company Tweet
kabutan.jp  【特集】丸運 Research Memo(2):創業125年を迎える老舗物流企業  ↑0 ↓0
... と3つの拠点を有するほか、2017年8月に丸運物流ベトナムを現地法人化した。中国やベトナムでビジネスを行う日系企業をロジスティクスの面で支えている。
2017/09/28 15:22 da:- facebook:0 twitter:0 Research ビジネス Tweet
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(7):4月以降もアフィリエイトサービスの好調続く  ↑0 ↓0
海外事業の人員規模は現状、70名程度でインドネシア、タイ、ベトナムで各20名程度、本社に10名程度のスタッフ構成となっている。今後、インドネシアやベトナム ...
2017/07/21 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 スタッフ サービス Research アフィリエイト スペース Tweet
mag2.com  Iスペース Research Memo(4):エステ・人材、健康食品、金融関連を中心にアフィリエイト広告の好調が続く  ↑0 ↓0
海外事業についてはインドネシア、タイの連結子会社、及びベトナムの合弁会社にてアフィリエイトサービスを展開し、また、シンガポールにてアドネットワーク配信 ...
mag2.com  Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社 (出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業を ...
mag2.com  サンコーテクノ Research Memo(2):「オールアンカー」で特許を取得し成長  ↑0 ↓0
また海外進出では2011年にベトナムにタイ現地法人の子会社(同社本体の孫会社)を設立した。ベトナム国内の販売拠点であり、タイ子会社と共に東南アジア圏 ...
2017/07/18 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 子会社 東南アジア アンカー オール テクノ Research Tweet
kabutan.jp  【特集】パンチ Research Memo(4):2021年3月期の業績目標は売上高470億円以上、営業利益33億円 ...  ↑0 ↓0
2. 経営数値目標具体的な経営目標値として、2段階に分けて設定している。第1段階目は2019年3月期まででベトナム工場の立ち上げなど先行投資による助走 ...
2017/07/06 15:33 da:- facebook:0 twitter:0 立ち上げ 具体的 売上高 Research パンチ Tweet
mag2.com  パンチ Research Memo(4):2021年3月期の業績目標は売上高470億円以上、営業利益33億円以上  ↑0 ↓0
具体的な経営目標値として、2段階に分けて設定している。第1段階目は2019年3月期まででベトナム工場の立ち上げなど先行投資による助走期間となる。
2017/07/06 15:33 da:- facebook:0 twitter:0 立ち上げ 具体的 売上高 Research パンチ Tweet
mag2.com  パンチ Research Memo(7):ベトナム工場とリバースエンジニアリング事業は順調に立ち上がる  ↑0 ↓0
パンチ工業<6165>は2016年10月よりベトナムの新工場を稼働させた。ベトナム工場に関してはグローバル生産体制の拡充と最適化、及び将来的には同国内で ...
2017/07/04 15:45 da:- facebook:0 twitter:0 パンチ グローバル エンジニアリング リバース Research Tweet
財経新聞  アドバネクス Research Memo(7):8年間で世界の工場の生産面積を2倍に  ↑0 ↓0
ベトナムは、現工場がフル稼働中で手狭になった。新工場では、生産品目に板ばねを加える考えだ。2019年3月期までの8年間で、グローバルな生産面積は2倍と ...
2017/07/04 15:11 da:- facebook:0 twitter:0 グローバル 生産品 Research Tweet
kabutan.jp  【特集】ベルシス24 Research Memo(3):コールセンターを中心に事業を展開  ↑0 ↓0
海外にも事業展開を始めており、同社は2016年12月にベトナムのコンタクトセンター大手でHoa Sao Group Joint Stock Company(以下、Hoa Sao)への出資で ...
2017/06/28 15:11 da:- facebook:0 twitter:0 センター Company コンタクト Research コール Tweet
dreamnews.jp  ベトナムの通信インフラ市場調査レポートが発刊  ↑0 ↓0
テックサイリサーチ(TechSci Research)はベトナムの通信インフラ市場を詳細に調査・分析した英文調査レポート「ベトナムの通信インフラ市場 2012年-2022年 ...
2017/05/01 16:07 da:- facebook:0 twitter:0 インフラ レポート Research 市場調査 Tweet
msn  アイエスビー Research Memo(10):ベトナム子会社を活用したオフショア戦略を推進  ↑0 ↓0
そうしたなか、2016年12月期は、ベトナム子会社IVC(ISB Vietnam Company)の位置付けの変更があった。同社はこれまで、IVCを独立して採算が取れる企業 ...
2017/04/17 16:54 da:95 facebook:0 twitter:0 子会社 これまで 位置付け オフショア Research Company Tweet
kabutan.jp  アイエスビー Research Memo(10):ベトナム子会社を活用したオフショア戦略を推進  ↑0 ↓0
そうしたなか、2016年12月期は、ベトナム子会社IVC(ISB Vietnam Company)の位置付けの変更があった。同社はこれまで、IVCを独立して採算が取れる企業 ...
2017/04/17 16:18 da:45 facebook:0 twitter:0 子会社 これまで 位置付け オフショア Research Company Tweet
アパレル・リソース  成功者のための服(下)  ↑0 ↓0
(中編より)   直面する課題 H&Mはまだ第一号店の場所を発表しないが、今後さらに多くの情報を提供していく予定としている。 「いかなるマーケットにおいても、我々は常に商店街やショッピングモールの中で最高の場所を探しています。」とBarari氏は述べた。 男性、女性、ティーンエイジャー、子供などすべて層の顧客を対象とし、数千平方メートルもの敷地の店舗に集客する国際ファッションブランドにおいては、立地が最も重要な成功要因である、と業界関係者はいう。 小売業者は店舗の場所を選別する際に、業態によりその優位性に大きな差がある。 例えばホーチミン市で最初の旗艦店をオープンさせるあるファストファッションブランド最大手は、総面積2000平方メートル以上ある一等地を探し出した。 こうしたブランドは多くの買い物客を引き寄せ、ショッピングセンター全体の売上を増加させる可能性が高いために強い交渉力を持っており、土地所有者からより有利な賃借条件や商業取引条件を獲得することができる。 また、ショッピングセンター内のファッションブランドに同等かそれ以上のブランドが入っているかどうかも重要な成功要因である。 一つのショッピングセンター内に同等レベルのブランドが複数入っていれば、顧客にとってその場所での買い物がエキサイティングで印象深いものになる。 今のところ、ハノイとホーチミン市が小売市場にとって主要な2大都市であるが、ハノイの方がVingroupによって開発されたショッピングセンターのおかげで、南にあるホーチミン市よりも商業地の供給が少し多い状況にある。 ハノイには買い物客が一日中ファッションや雑貨を買ったり、食事を楽しんだり、レジャーやスパ、その他の娯楽に興じることができる4万平方メートル以上の大規模なショッピングセンターがいくつかある。 ハノイのショッピングセンターの平均賃貸料は郊外の賃貸料の下落により、2016年には前四半期比で7.6%の低下となった。 それでも市街地における土地の供給不足により、2017年には郊外で新しいショッピングセンターを開店する動きが続いている。 2017年は、郊外での新たな開業が少なくとも述べ10万6000平方メートル相当もあり、競争は一層激しくなることが予想されている。 一方でCBREベトナムによると、2016年にはホーチミン市に17もの有名な国際ブランドが開店し、2015年と比較して3倍の増加となった。 店舗に最適な立地の供給が限られている中、多くの新規ブランドの参入は店舗賃料を急激に上昇させる要因の1つとなっている。 業界関係者らは、新規参入小売業者が製品やプロフェッショナルな国際基準のサービス提供だけでなく、新形態として実店舗とオンライン店舗両方の運営(bricks and clicks)を行っていると指摘した。 ベトナムでのオンラインショッピングは、若者や中流階級をターゲットとするZalora、Lazada、Metaなどによって人気を博しており、高いレベルのアフターセールスサービスと共に顧客に利便性を提供している。 またNgo氏によると、ベトナムは外国ブランドが独自に営業するにはまだかなりの制約があるため、多くはライセンスやフランチャイズモデルを通じて参入しているという。 「国際ブランドとそのライセンス契約企業やフランチャイズ店が直面している大きな課題として、今も高額でありながらさらに高騰し続ける賃料や、近代的なショッピングセンターの不足、バイクや自動車による交通問題、現在建設中ではあるものの電車など大規模都市交通システムの未発達、そして低価格帯で消費者を引き付ける地元ブランドとの厳しい競争などが挙げられます。」と彼は述べた。 確かに市場にはまだ困難があるものの、国際ブランドは消費者信頼感指数(CCI)を基に、長期的にはベトナムの潜在的な可能性を感じている。 Infocus Mekong Research 2017によると、全国3200人の消費者を対象に調査した結果、2017年はCCI全体に若干の落ち込みが見られたものの、調査対象者の82%が 2017年の経済は2016年と同等か、良くなるであろうと考えており、引き続き高い消費意欲に支えられて活気付く見込みであるとしている。 主要な成長分野として、教育、外食、娯楽、個人医療、食料品などが想定される。 2017年の購買は、携帯電話、ラップトップコンピュータ、モーターバイクに動かされており、消費支出がより高額な商品に向かっていることを示している。 興味深いことに、こうした支出の大半は貯蓄の取り崩しによって賄われており、調査対象者のうち53%が、貯蓄が毎年減っていると回答し、驚くべきことに購買のために銀行から融資を受けていたりする者もいる。 2016年には調査対象者の40%が銀行融資を受け、そのうち42%が個人的な商品を購入するのにローンを利用したが、こうして購入した商品には国際ファッションブランドがほぼ確実に含まれていると考えられる。 「このようにベトナム経済は上昇軌道にあり、特にベトナムの都会の女性の間では国際ファッションブランドに対する欲求と需要が確実に増加することが見込まれています。」とMatthaes氏は結論づけた。   もっと見る
アパレル・リソース  成功者のための服(上)  ↑0 ↓0
ベトナムのファッション市場で最近話題となっているのは、サステイナブル(持続可能)な業態で、安価かつ高品質な商品を提供することで知られる国際ブランドのHennes & Mauritz AB(H&M)がベトナムに1号店をオープンさせるというニュースであるが、その具体的な場所はまだ明らかにされていない。 H&Mの広報プレス担当のElnaz Barari氏はVietnam Economic Times誌に対し、「ベトナムはH&Mにとって潜在的な可能性を秘めた興味深い市場であり、当社のファッションと品質、多彩なスタイルはベトナムのお客様に受け入れて頂けると確信しています。」と述べた。 H&Mは現在、64カ国に427の実店舗を展開しているが、2017年には、ベトナムに加えてコロンビア、アイスランド、カザフスタン、ジョージアにも店舗をオープンさせる予定としている。H&M社のKarl-Johan Persson CEOは11月30日にベトナムでの開業について明らかにした際、H&M社の当年度の世界売上が7%増となる見通しを発表した。 スペインの廉価衣料品・アクセサリー小売業を営むZaraは、H&Mより先の昨年9月に、ベトナムで最初の店舗をオープンさせており、このブランド初号店の華々しい賑わいは、まだ収まるところを知らない。 ハノイから来た顧客のNgoc Linhさんは、ホーチミン市第1区のVincom Center内にあるZaraで服を買うために列に並んでいた。 「私はZaraのスタイルが好きです。ファッショナブルだし、価格もお手ごろです。」と彼女は言った。 Linhさんは現在20歳で、ベトナムの旧世代のように「ただ食べることや着ることに精一杯」ではなく、「おいしい食べ物、美しい服」が必要と感じている若者世代に属する。 Zaraの前にも、Mango、GAP、Topshopなど他の中堅・低価格ファッションブランドがベトナムに進出しており、定期的に新しい店舗をオープンさせている。 「ファッション市場はベトナムの若くて裕福な世代の増加に伴い、数十億ドル規模にまで拡大しています。」とVF Franchise Consulting社CEOであるSean T. Ngo氏は述べた。 「高品質のファッションブランドに対する需要は、個人所得が増加し、中流階級の可処分所得が上昇するにつれ高まっており、小売全体でビジネスチャンスが増加しています。」 ベトナムではトレンドファッションからカジュアルウェア、エキゾチック、ボヘミアン、アート、ビジネス、ゴシック、ロッカーまで、様々な分野におけるファッションブランドが軒を連ねる一方で、Channel、Gucci、Ferragamo、Louis VuittonやBurberryなどのオートクチュールブランドも存在する。 しかしMango、Zara、Gap、Banana Republic、Marks & Spencerなどの海外ブランドを含む大衆向けブランドが、引き続きこの市場において支配的であることは言うまでもない。 日本の有名なUniqloを始めとするその他大衆向けのグローバルブランドがベトナムに参入してくるのも時間の問題である。 「ベトナムの消費者、特に高所得層は、高級ブランドやラグジュアリーブランドを志向するようになっています。」とInfocus Mekong ResearchのマネージングディレクターであるRalf Matthaes氏は述べた。 ベトナムの消費者は一般に日用品や生活必需品などの支出を節約し、個人のステータスを高めるために節約資金を支出するが、特に海外ファッションブランドに支出が向けられる傾向にある、と彼は続けた。   (中編につづく)   もっと見る
kabutan.jp  フォーバル Research Memo(4):顧客満足度の高い「よろず経営相談」  ↑0 ↓0
レンタル工場はベトナムにあり、現在、第1~3工場は建設済み、第4工場は建設中である。第10工場まで建設予定で、第5工場以降は今後建設予定である。
2017/01/11 17:47 da:45 facebook:0 twitter:0 レンタル 満足度 Research Tweet
web.fisco.jp  プレサンス Research Memo(1):通期売上高予想1000億円超えに向け2Qも順調  ↑0 ↓0
手始めに、ベトナムの不動産デベロッパーTIEN PHATとの間で、合弁会社を設立し、ホーチミン市で進める分譲住宅開発事業に参画する。同プロジェクトは、 ...
kabutan.jp  プレサンス Research Memo(4):土地の先行取得は順調、ASEAN(ベトナム)展開を開始  ↑0 ↓0
大規模ファミリーマンションの開発が順調に進行中である。「プレサンス レジェンド 堺筋本町タワー」はプレサンスコーポレーション<3254>が初めて手掛ける超高層 ...
kabutan.jp  平山 Research Memo(9):ものづくり支援企業としての信頼をベースに2020年6月期売上高200億円を ...  ↑0 ↓0
外国人採用に関しては、製造請負現場への外国人技能者の受入拡大※2を進めるほか、技術者派遣事業におけるエンジニア不足に対応するためにベトナム、タイ ...
2016/11/04 16:16 da:46 facebook:0 twitter:0 外国人 エンジニア 技術者 Research 売上高 ベース Tweet
kabutan.jp  プラッツ Research Memo(6):高品質、高機能、低価格の3点に特に注力  ↑0 ↓0
同社はファブレス企業であり、従前からベトナムにおいて生産してきた。いくつかの変遷を経て、2012年から2016年までは同社が48%出資する合弁会社SHENG ...
2016/09/16 17:48 da:43 facebook:0 twitter:0 合弁会社 Research Tweet
web.fisco.jp  北恵 Research Memo(6):ベトナムを軸にASEAN市場への拡大を目指す  ↑0 ↓0
(1)業界の現状と今後今後の日本では人口減少が続くことから、長期的には国内の住宅市場は大きな成長は望めない。中期的には、2017年4月に予定されてい ...
2016/08/08 15:22 da:41 facebook:0 twitter:0 Research Tweet
HOTNAM!  10人に8人がチャットアプリZalo利用、ベトナムのスマホユーザー  ↑0 ↓0
DI Marketing Research社の調査では、ベトナムにおけるスマートフォンユーザーの10人に8人は「Zalo」を使っている。  Zaloは全ての年齢層で「Facebook Messenger」を上回り、3位の「Viber」とは倍の差をつけている。調査対象者の大半が、ZaloとFacebook Messengerをインストールしていた。  年齢では、ZaloとFacebook Messengerで若者の利用が多かったのに対し、ViberとYahooは、これより高い年齢層の利用が多かった。  18~25歳の78%がFacebook Messengerを利用していたのに対し、35歳以上では55%に過ぎなかった。また同アプリをニュースを読むために使っている割合は18~25歳で19%、これに対し35歳以上では27%だった。 (Thoi Bao Kinh Te Viet Nam) ※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※  ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。  当社はEメール配信による速効性( もっと見る
2016/07/14 22:41 da:39 facebook:0 twitter:0 スマートフォン ユーザー 年齢層 Research Facebook Marketing Tweet
アパレル・リソース  繊維業界、TPPの後押しを受け、今後10年間成長持続  ↑0 ↓0
アナリストらによれば、ベトナムの繊維業界は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)がきっかけとなり貿易や投資を押し上げる形で、今後10年間大きく成長すると見込まれている。 「ベトナムの繊維業界は長年にわたりベトナムの輸出志向経済の高成長を支えてきました。繊維・アパレル業界はベトナムの国内総生産(GDP)の約15%、輸出の18%を占めています」とNomadic Equityのベトナムを拠点とするアナリストであるDylan Waller氏は、投資調査・分析を行うSmartkarma向けにまとめた最近のコメントの中で述べた。 ベトナムの繊維製品の輸出は5年間でほぼ倍増し、2015年に300億米ドルに達した。Waller氏によれば業界の成長の見通しは良く、ベトナムの輸出の将来性に牽引される見込みだと言う。 業界を後押しするのは今後2年以内に批准される見通しの環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)だ。12カ国間の歴史的な協定は2015年10月にまとめられ、2016年2月に調印された。 この協定に参加するのは世界のGDPの40%近くを構成するオーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、米国とベトナムだ。 TPPが実施されるとベトナムの繊維・アパレル製品の最大の輸出先である米国に対して年2桁の成長が見込める、とWaller氏は言う。 TPPのもと、米国のベトナムからの繊維・アパレル製品の輸入税率は現在の17%から最終的にはゼロとなる見込みだ。 シンガポールを拠点とする東南アジア研究所(Yusoff Ishak Institute)によれば、今後10年間でTPPはベトナムのGDP成長率を11%、輸出を28%成長させる可能性があると言う。 「業界の最大の課題は、国内企業がTPPの将来性に備えて現地での原料調達を促進することです」とWaller氏は述べる。 氏によればベトナム国内で裁断・縫製され、最終的にアパレル製品化される繊維製品の原材料の90%は、TPP非加盟の中国から輸入されているという。 「TPPに加盟するということは、ベトナムのアパレル輸出業者らがもしTPP下の低関税の恩恵を受けたいなら、厳密にいえば原料を中国から輸入することができなくなるということです」ワシントンを拠点とする戦略国際学センター(CSIS)の研究者であるNigel Cory氏は言う。 ポリエステル短繊維(PSF)、エチレングリコール(MEG)、精製テレフタル酸(PTA)など多くの化学製品が紡績業で使用されている。 一方ベトナムは労働賃金が低いため長年にわたり国内に外国繊維企業を誘致して工場を設立しており、TPPが成立してもこの傾向は続くと見られる、とWeller氏は言う。 ベトナムは東南アジアの中で急成長を遂げている経済の上位に位置しており、2015年の成長率は6.7%と8年間で最高値を更新している。今年の成長率もこれを維持できると見込まれる、と経済学者らは言う。 エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)によれば今年の第1四半期でGDPの成長は5.5%減速した。これは悪天候が農業生産に影響を与え、工業の発展が緩やかになったためだ。 「減速にも関わらず、第2四半期のはじめの月の最新の経済指標は経済が強固な基盤にあることを示しています」と調査会社のFocus Economicsは言う。 TPPやアセアン経済共同体(AEC)がベトナムにとって変革をもたらす可能性がある一方、プラスの効果が明らかになるには時間がかかるだろうとシンガポールを拠点とするDBS Group Researchは報告書の中で述べた。 「短期的には輸出に対する需要は南に向かう可能性があります。結果的には(ベトナムの)主要なGDP成長に重くのしかかるでしょう」 もっと見る
2016/06/14 06:01 da:23 facebook:0 twitter:0 アパレル 可能性 見込み 最終的 後押し 四半期 Tweet
rim-intelligence.co.jp  ベトナム=米ハネウェルが事業支援へ、国営PVとペトロナスがPSC延長  ↑0 ↓0
特集記事のお知らせ。関連記事は、以下のアドレスから無料購読が可能です。 リム総研 ホームページ http://rim-research.jp/. 東京 : 阿部(直) 03-3552-2411
2016/06/08 08:48 da:31 facebook:0 twitter:0 ホームページ research アドレス お知らせ ハネウェル Tweet
アパレル・リソース  アパレル輸出をTPPが後押し  ↑0 ↓0
ベトナムは東南アジアからは4カ国(他3カ国はブルネイ、マレーシア、シンガポール)が参加する米国主導の環太平洋戦略的経済連携協定から最も恩恵を受ける準備が整っている国と見られている。 世界経済の約40%を占める12カ国による協定により、ベトナムの製造業者はいくつかの大きな市場へ関税無くアクセスすることが可能となる。またベトナムの共産主義政府に対して国内経済の改革を促進し、有力な国有企業を民営化するという難題を押し進めることができると見られている。 ベトナムの新しい指導部らは1月の全国党大会の後に協定に引き続き取り組むことにしている。協定には米国議会の批准という難しい課題も残されているが、今年協定を批准する予定だ。 TPPが批准されればベトナム企業は現在、自由貿易の無い米国やその他の大きな市場である日本やオーストラリアに対して関税を設ける必要が無くなる。 これによりベトナムの輸出に対する需要は増加し、自国内でも多くの新規雇用を生み出すことができる。 最も恩恵を受けると考えられているのは衣料品、靴製品、繊維製品業界で、あわせるとベトナムの輸出の26%を占める。 上記の業界は近年目覚ましい成長をすでに遂げている。 世界貿易機関(WTO)によれば、現在米国のベトナム製の靴製品に対する輸入税率は最大48%、衣料品等は20%となることもある。 環太平洋戦略的経済連携協定の導入により、製品によりこれらの関税をゼロ、もしくは近い数値に引き下げることができる。これにより2015年には23%増とすでに米国に対して確実に増加しているベトナムの靴製品や14%増の衣料品の輸出をさらに加速させることが可能だ。現在米国に対してこれらの製品をより多く輸出を行っているのは中国のみだ。 さらに関税の引き下げにより中国の製靴や衣料品製造業者は国境を越えてベトナムに拠点を移転したり、施設を拡張するという動きを駆り立てる可能性がある。過去10年間中国における人件費の上昇が低付加価値生産業者に対してメコン川流域地域へ製造拠点をうつす要因となっており、これによりベトナムが最大の恩恵を受けている。 フィナンシャルタイムズの投資調査サービスであるFT Confidential Researchによれば、中国投資の追い風と既存の成長の機運もあいまって、環太平洋戦略的経済連携協定により米国におけるベトナム製の衣料品や靴製品の輸入は2020年までにシェアを30%まで倍増する可能性がある。 さらにFT Confidential Researchによれば、環太平洋戦略的経済連携協定によりベトナムの自動車業界はタイに次ぐアセアン第2の自動車製造拠点となることで真の恩恵を受ける可能性がある。ベトナムは他の加盟国への優先的なアクセスを得ることで部品の調達や製造を行う魅力的な場所となり、貿易協定が新たな自動車製造に対する投資をもたらす可能性がある。   もっと見る
2016/03/03 12:04 da:19 facebook:0 twitter:0 衣料品 太平洋 靴製品 可能性 自動車 Confidential Tweet
朝日新聞出版  ベトナム戦争犠牲者の身元確認プロジェクトにボナパルトDNA照合ソフトを使用  ↑0 ↓0
スマートリサーチ社(SMART Research BV)はベトナム政府と、ボナパルトDNA照合ソフトウェア・システムおよび関連支援サービス提供の契約を締結しました。この調達は、ベトナム戦争の身元不明犠牲者65万人のうち、最低8万人の身元確認を目標とする10年計画の一環です。ベトナムの首相、グエン・タン・ズンが主導する「プロジェクト150」は、過去最大のDNA身元確認プロジェクトとなります。3つの研究所が、技術サプライヤーのキアゲンとエッペンドルフの法医学技術でアップグレード、同時にコンサルタント業務とトレーニングはバイオグローブとボスニアの行方不明者国際委員会(ICMP:The International Commission on Missing Persons)が提供します。契約締結により、スマートリサーチは同プロジェクトチームに加わります。ボナパルトの最新鋭間接照合アルゴリズムは、この大規模プロジェクトに必要なキンシップ・サーチおよびファミリアル・サーチの有力な可能性をベトナム政府研究所に提供します。ボナパルト方式では、任意の家系図を使って、家族のリファレンスDNAを基に未確認の もっと見る
2016/02/15 10:52 da:87 facebook:0 twitter:0 ソフトウェア システム サービス Research スマート 犠牲者 Tweet
ビッグローブニュース  株式会社インタープレジデント、CaN International Advisory Vietnam、VERACと提携し日系企業の ...  ↑0 ↓0
ベトナム・ホーチミン市、代表取締役 安藤崇)、Viet Economic Research & Advisory Corp.(ベトナム・ホーチミン市、代表 伊藤淳一。通称「VERAC」)と共同で、日系企業のベトナムでの事業展開を支援するコンソーシアムを発足いたします。当コンソーシアムにより、ベトナムでの事業展開を行う日系企業様に対して、現地における市場・業界調査、企業信用調査、ライセンシング、販路開拓支援、アライアンス先開拓支援、税務・会計監査などのプロフェッショナル・サービスをワンストップで提供することが可能になります。CaN International Advisory Vietnamは、日系企業の海外進出支援を行うCaN International Group(東京都中央区、代表取締役 大久保昭平)のベトナム拠点として、現地における税務・会計、各種ライセンスの取得などのコンサルティング・サービスを提供しております。同社代表の安藤崇氏は、NAC国際会計グループのベトナム現地法人代表などを経て、2014年、CaN Internationalのベトナム拠点である同社代表に就任しました。 もっと見る
web.fisco.jp  パンチ工業 Research Memo(6):製販一体の強みを活かして高収益企業を目指す  ↑0 ↓0
一方、東南アジアではインドネシアやベトナム、シンガポール、マレーシアなどに販売拠点を開設したほか、フィリピン、タイでは販売代理店経由での販売を行っている。また、インドに関しては今後注力する市場の1つとなる。インド政府が2014年に「Make in India」政策を発表し、インドでの製造業の発展が見込めるようになってきたためだ。インド向けの売上高はまだ小さいが、インド自動車大手や日系家電メーカーを中心に顧客数は増加傾向にあり、今後の成長が期待されよう。また、生産拠点として2015年12月に、ベトナムに生産拠点を設立予定としている。グローバル生産体制の拡充と最適化、及び今後の市場拡大が見込まれるベトナムでの需要取り込みなどを目的としたもので、2016年10月に稼働を開始し、生産規模としては数年後に10億円規模を目指している。現状、日本で生産している標準製品などはベトナムにシフトし、国内では高付加価値製品中心のモノづくり体制に転換していく方針だ。また、生産体制を整備することでグローバル企業を囲い込み、標準製品だけでなく特注品など供給製品を拡充していくことで、取引シェアの拡大を図っていく。○ もっと見る
2015/12/11 16:07 da:37 facebook:0 twitter:0 代理店 Research 東南アジア パンチ Tweet
PR TIMES  アジアインサイトレポート第15弾『ベトナム市場実態調査 ホーチミン20代未婚女性』  ↑0 ↓0
第15弾のレポートでは、『ベトナム市場実態調査 ホーチミン20代未婚女性』を発表します。今回は、ホーチミンの20代未婚女性に焦点を当て、インテージの独自調査Asia Insight Research※2で明らかになったライフスタイルや価値観を分析しました。
2015/11/27 11:15 da:69 facebook:- twitter:- ホーチミン レポート インサイト アジア Tweet

Thailand

excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]イージェイHD Research Memo(2):総合建設コンサルタント大手、事業エリア ...  ↑0 ↓0
また、海外展開としてはエイト日本技術開発が2014年11月にタイのバンコクに駐在事務所を、2018年9月にミャンマーに支店をそれぞれ開設した。
2019/08/22 15:37 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  アップル Research Memo(7):CASEがもたらすパラダイムシフトによりビジネスモデル再構築へ(2)  ↑0 ↓0
... ており、メイン会場をバンコクに2ヶ所、地方の主要国道沿いに14ヶ所を設置している。オークション事業のシステムはクラウド型としているため、用地と事務所を確保できれば、タイ国内に限らず他の東南アジアにおいても短期間にオークション事業を ...
2019/04/08 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  インテージ、「アジア女性の美容実態」調査結果をリリース  ↑0 ↓0
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)では、Asia Insight Research※1をもとに「アジアインサイトレポート」を発行しています。第19弾となる本レポートでは、「アジア女性の美容実態」をテーマに、上海(中国) バンコク(タイ) ジャカルタ(インドネシア) ホーチミン(ベトナム) デリー(インド)の5 ...
2018/03/06 11:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
inbound-business.jp  日本とタイの「食の好みに関する調査」  ↑0 ↓0
日本人は野菜や豚肉をよく食べるが、タイ人はその傾向がさらに顕著であることがわかる。またタイ人は日本人よりも魚をよく食べる(日本:17.5%、タイ:34.6%)ことが明らかになった。また「米類」(日本:55.5%、タイ:26.4%)、「パン類」(日本:26.5%、タイ:3.9%)、「麺類」(日本:19.8%、タイ:9.8%)などは日本に比べて少なかった。タイ人はさっぱりとした味付けを好む好みの味付けについて、日本のトップ3は「あっさり(薄め)」(38.8%)、「スパイシー」(36.3%)、「こってり(濃い)」(30.7%)となった。一方、タイのトップ3は「さっぱり」(49.7%)、「スパイシー」(32.6%)、「こってり(濃い)」(28.5%)という結果になった。「あっさり」を好むか、「さっぱり」を好むかに両国の違いが見られた。またタイ人は日本人よりも、「すっぱい」(日本:12.7%、タイ:27.3%)味付けを好むことが判明した。(画像はプレスリリースより)Copyright (C) 2016 GMO Research, Inc. All Rights Reserved.外部リンクGMO もっと見る
2016/06/03 06:00 da:16 facebook:7 twitter:0 日本人 Tweet
titech.ac.jp  学術国際情報センター(GSIC)、ユネスコバンコク事務所共催 地域シンポジウム開催報告  ↑0 ↓0
2月22日から2月24日の3日間にわたり、東京工業大学(以下、東工大)学術国際情報センター(以下、GSIC)と国連教育科学文化機関(ユネスコ)バンコク事務所(以下、ユネスコバンコク)の共催で、東工大において地域シンポジウムが開催されました。本シンポジウムは、アジア・太平洋地域の研究機関・研究者ネットワーク(Education Research Institute Network in Asia-Pacific)(以下、ERI-Net))の2015年度の研究成果を共有することを目的として行われました。また、マレーシア信託基金、韓国信託基金、韓国教育課程評価院(KICE)補助金、文部科学省(MEXT)補助金の支援を受けて実施されました。 もっと見る
2016/04/20 15:17 da:79 facebook:12 twitter:0 センター バンコク 事務所 ユネスコ 東工大 シンポジウム Tweet

Singapore

excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]ダイキアクシス Research Memo(1):ESG経営の推進で6つのSDGsの実現に ...  ↑0 ↓0
販売網としては、中国、インドネシア、インド、シンガポールにグループ会社を置く。また、インドで6社、ミャンマー、ベトナム、スリランカ、ケニアに各1社と計10社の ...
2019/10/01 15:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]KLab Research Memo(3):ソーシャルゲーム事業への参入が成長の引き金に  ↑0 ↓0
海外展開にも積極的に取り組み、2012年2月にシンガポール子会社、同年4月には米国子会社とフィリピン子会社、同年11月には中国子会社を相次いで設立 ...
2019/09/27 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]明光ネット Research Memo(2):明光義塾事業を主力にその他教育サービス事業 ...  ↑0 ↓0
その他、海外事業としてシンガポールで在留邦人向けの幼稚園を運営(非連結子会社COCO-RO PTE, LTD.)しているほか、韓国で個別指導学習塾を展開 ...
2019/07/30 15:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
syogyo.jp  ポーラ化成、シンガポール皮膚科学研究所と皮膚科学分野で協創  ↑0 ↓0
ポーラ化成工業のフロンティアリサーチセンター(FRC:Frontier Research Center)は、皮膚科学分野の研究をさらに加速・深耕するため、皮膚科学分野で世界 ...
2019/07/23 16:30 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kogakuin.ac.jp  シンガポール国立大学との研究シンポジウムを開催  ↑0 ↓0
シンガポール国立大学(NUS)との研究シンポジウムThe 2nd Symposium for Collaborative Research on Energy Science and Technology (SCREST-2nd) ...
2019/07/12 02:40 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  アジアにおけるエキスパート・ネットワークを活用したASIAリサーチ・展開支援を開始  ↑0 ↓0
2019年7月9日、YCP Solidance・ユーザベース(SPEEDA)・ミーミル(EXPERT RESEARCH)共催特別イベント開催inシンガポール 〜アジアのクロス ...
2019/06/24 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
時事ドットコム  アジアにおけるエキスパート・ネットワークを活用したASIAリサーチ・展開支援を開始  ↑0 ↓0
株式会社ミーミル]. 2019年7月9日、YCP Solidance・ユーザベース(SPEEDA)・ミーミル(EXPERT RESEARCH)共催特別イベント開催inシンガポール ~アジア ...
2019/06/24 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  シンバイオ製薬 Research Memo(2):「がん、血液、希少疾病」領域をターゲットとするバイオベンチャー  ↑0 ↓0
なお、この間にライセンス活動も進めており、2007年に独占的開発及び販売権の対象エリアを中国、韓国、台湾、シンガポールに広げる契約を行ったほか、2008 ...
2019/03/19 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]シンバイオ製薬 Research Memo(2):「がん、血液、希少疾病」領域をターゲットと ...  ↑0 ↓0
また、アジアでは2010年にシンガポール、2011年に韓国、2012年に台湾でそれぞれ販売が開始されている。台湾については2008年にイノファーマックス(台湾)と ...
2019/03/19 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】GMOリサーチ Research Memo(2):日本、アジア市場でインターネットリサーチ事業を展開  ↑0 ↓0
この動きと並行して、アジア地域及び中国国内の需要増加に対応するために中国(2013年6月)、シンガポール(2012年12月)に子会社を設立し、営業及びパネル ...
2019/03/18 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  ベネ・ワン Research Memo(5):通期業績予想は当初計画を据え置き  ↑0 ↓0
海外事業は、下期より海外マネジメント体制を見直し、管掌役員をシンガポール駐在とした。シンガポールをハブ拠点とし、各国の情報連携やベストプラクティスの ...
2018/12/21 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
海外子会社は3社(インドネシア、タイ、シンガポール)で、その他に持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。
2018/12/20 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ja-jp.facebook.com  NUS BIGHEART - 大学  ↑0 ↓0
NUS BIGHEART、シンガポール - 「いいね!」90件 · 3人が話題にしています - Biomedical Institute for Global Health Research & Technology A ...
2018/11/24 13:40 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ecnomikata.com  マレーシアのEC利用率は日本以上?同国のショッピング事情を探る調査が実施される【アジアリサーチ ...  ↑0 ↓0
アジアでマーケティングリサーチ・分析を行う、シンガポールの Asia Research Laboratory - アジアリサーチ総研は、18歳以上のマレーシア在住者103名を対象 ...
2018/11/20 12:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  「ICMG Corporate Innovation Summit」2018 開催レポート  ↑0 ↓0
本サミットは、シンガポール首相直轄組織 National Research Foundation(以下、NRF)が主導するSWITCH(Singapore Week of Innovation & Technology) ...
2018/09/21 12:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
lnews.jp  富士通など/シンガポールでAI用いた市民宅配の実証実験  ↑0 ↓0
富士通、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)の組織Institute for Infocomm Research(I2R)、SMU社、Keppel Logisticsの子会社UrbanFoxの4者は9月13 ...
2018/09/18 18:14 da:- facebook:- twitter:- Tweet
dcross.impress.co.jp  シンガポール海事港湾庁、港での船舶の交通マネジメントに向けた実証実験を富士通らと開始  ↑0 ↓0
シンガポール海事港湾庁(MPA:Maritime and Port Authority of Singapore)が、シンガポール港における船舶の交通マネジメントに向けた実証実験を開始した。富士通と、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR:Agency for Science, Technology and Research)が持つInstitute of High Performance Computing(IHPC) ...
2018/04/18 14:05 da:- facebook:- twitter:- Tweet
財経新聞  富士通・SMU・A*STAR、シンガポール海事港湾庁と海上交通マネジメント技術を活用した実証実験を開始  ↑0 ↓0
TOKYO, Apr 16, 2018 - ( JCN Newswire ) - 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下 富士通)、シンガポール科学技術研究庁(Agency for Science, Technology and Research、所在地:シンガポール、長官:リム・チャン・ポウ、以下 A*STAR)の組織であるInstitute of High Performance ...
2018/04/16 18:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【材料】オウケイウェイヴ---シンガポールの医療情報ベンチャーと再生医療分野で戦略的提携に合意  ↑0 ↓0
オウケイウェイヴ<3808>は27日、業務提携しているアイロムグループ(本社:千代田区)と共に、シンガポールの医療ベンチャー企業LIFEX RESEARCH PTE. LTD.(本社:シンガポール)との戦略的提携に基本合意したことを発表した。 このたびの戦略的提携により、再生医療分野で世界特許を持つアイロムグループと、AI分野 ...
2018/03/29 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  オウケイウェイヴ—シンガポールの医療情報ベンチャーと再生医療分野で戦略的提携に合意  ↑0 ↓0
オウケイウェイヴ—シンガポールの医療情報ベンチャーと再生医療分野で戦略的提携に合意 ... オウケイウェイヴ<3808>は27日、業務提携しているアイロムグループ(本社:千代田区)と共に、シンガポールの医療ベンチャー企業LIFEX RESEARCH PTE. ... 本社:シンガポール)との戦略的提携に基本合意したことを発表した。
2018/03/29 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  オウケイウェイブと当社によるシンガポールの医療ベンチャーLIFEX RESEARCHとの戦略的提携合意 ...  ↑0 ↓0
オウケイウェイブと当社によるシンガポールの医療ベンチャーLIFEX RESEARCHとの戦略的提携合意に関するお知らせ」適時開示はPDFで閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については ...
2018/03/27 14:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
グループ連結子会社は6社で、国内3社((株)電脳広告社、Ciagram(株)、(株)インタースペース・グローバル)、海外3社(インドネシア、タイ、シンガポール)となっている。その他、持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業を ...
2017/12/28 11:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  アップル Research Memo(5):2017年12月期通期予想は据え置く  ↑0 ↓0
2017年12月期は、タイの回復をシンガポールの不振が相殺する形となっているが、同国でも事業拡大策を講じた。2017年8月に、シンガポールにハイブリッド ...
2017/10/23 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】アップル Research Memo(1):いすゞ自動車との資本業務提携による新たな成長戦略  ↑0 ↓0
ASEAN自由貿易地域の右ハンドル国は、タイに加えてシンガポール、インドネシア、ブルネイ、マレーシアがある。マレーシアでは、現地オートオークション会場と ...
2017/10/23 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
aist.go.jp  お知らせ  ↑0 ↓0
シンガポール科学技術研究局【長官 リム・チャン・ポー】(Agency for Science, Technology and Research、以下「A*STAR」という)と国立研究開発法人 産業 ...
2017/09/15 09:56 da:- facebook:0 twitter:0 Technology Research Science チャン 科学技術 お知らせ Tweet
コミックナタリー  舞踏のレガシーを探るシンガポールのアーティスト、チョイ・カファイのトーク  ↑0 ↓0
シンガポール出身のチョイ・カファイは、「Unbearable Darkness Research」と題し、舞踏に対する日本と海外の見地を比較するダンス・ドキュメンタリー・ ...
kabutan.jp  【特集】Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
インドネシア、タイ、ベトナムでは現地の金融、eコマース企業をクライアントとするアフィリエイト広告事業を、シンガポールでは東南アジア各国の企業を顧客対象と ...
venturetimes.jp  シンガポール経済開発庁、インダストリアル IoT 活用で日本企業のシンガポール進出支援  ↑0 ↓0
シンガポール経済開発庁(EDB: Economic Development Board)は、シンガポールのリー・シェンロン首相が2016 年に着手した「Research, Innovation and ...
2017/05/04 02:37 da:- facebook:0 twitter:0 経済開発 Innovation Research Economic Development Tweet
mag2.com  デュアルタップ Research Memo(7):海外の収益不動産販売を拡大、シンガポール大手不動産と業務提携  ↑0 ↓0
同社は、2017年2月にシンガポール法人Dennis Wee Realty Pte Ltd(Dennis Wee Group、以下DWG)と業務提携契約を締結した。DWGは、シンガポールを ...
2017/03/31 16:18 da:82 facebook:0 twitter:0 不動産 Research タップ デュアル Tweet
msn  デュアルタップ Research Memo(1):XEBECシリーズに強み。  ↑0 ↓0
要約デュアルタップ<3469>は、2006年に創業者の現代表取締役社長臼井貴弘(うすいたかひろ)氏が設立した資産運用型マンションのデベロッパーである。
mag2.com  デュアルタップ Research Memo(1):XEBECシリーズに強み。シンガポール大手不動産と業務提携  ↑0 ↓0
デュアルタップ<3469>は、2006年に創業者の現代表取締役社長臼井貴弘(うすいたかひろ)氏が設立した資産運用型マンションのデベロッパーである。ブランド ...
web.fisco.jp  神戸物産 Research Memo(1):シンガポールで業務スーパーの海外1号店を出店、今後の海外展開に要 ...  ↑0 ↓0
*16:02JST 神戸物産 Research Memo(1):シンガポールで業務スーパーの海外1号店を出店、今後の海外展開に要注目神戸物産<3038>は農畜産物の生産から製造加工、小売販売に至るまで製販一体の六次産業企業として国内トップ企業である。食品スーパーである「業務スーパー」をFC展開するほか、外食事業や再生可能エネルギー事業へと展開。店舗での徹底的な「ローコストオペレーション」とオリジナル商品の開発・生産技術力、輸入商品調達力をベースに、ベストプライスで商品を提供し続けることにより顧客を獲得し、成長を続けている。2016年10月期第2四半期累計(2015年11月&minus;2016年4月)の連結業績は、売上高が前年同期比6.8%増の119,014百万円、営業利益が同61.4%増の5,030百万円と増収増益となった。主力の業務スーパー事業がけん引役で、既存店売上高が前年同期比4.8%増と堅調に推移したほか、店舗数の増加や自社商品の開発強化、円高による仕入れコスト減効果などが収益拡大要因となった。ただ、4月末の為替が円高に振れたことで為替差損やデリバティブ評価差損等 もっと見る
2016/07/25 16:07 da:42 facebook:0 twitter:0 スーパー Research Tweet
web.fisco.jp  Iスペース Research Memo(5):16/9期は増収、各利益も増益の見通し  ↑0 ↓0
また、下期のコスト増要因としてはシンガポール子会社の稼働開始に伴う費用増と、「X-lift」など新規事業の拡販に向けた費用増などが見込まれている。ただ、シンガポール子会社に関しては月額で1百万円程度の費用となり、新規事業に関しては拡販が順調に進めばプラス要因となる可能性もある。事業セグメント別の見通しは以下のとおり。○インターネット広告事業インターネット広告事業の売上高は前期比9%増の21,200百万円を計画している。このうちアフィリエイト広告はeコマースや金融、サービスカテゴリーの広告需要が伸び、前期比7%増の15,700百万円となる。ただ、上期で8,123百万円と計画を上回って推移し、足元も好調な販売が続いていることから、下期も上期並みの売上高は維持できるものと弊社では見ている。一方、SFAの売上高に関しては、前期並みの3,600百万円程度を計画している。2016年度における大手通信キャリアの携帯電話販売台数は1ケタ台のマイナスを見込んでいることもあり、下期は上期比で減少することが想定される。ただ、上期の売上高が計画を上回ったこともあり、今後の状況次第では通期でも計画を上回る可能性 もっと見る
2016/06/28 16:52 da:43 facebook:0 twitter:0 子会社 コスト 見通し Research スペース Tweet
kabutan.jp  宇徳 Research Memo(4):東証1部上場の倉庫・運輸関連企業では高めのROE  ↑0 ↓0
プラント事業は、国内の民間設備投資市場において競争が厳しく、海外でも主要拠点のシンガポールにおける設備投資が縮小傾向にあった。中型案件を中心に営業活動を行ったが、採算の悪化を避けられなかった。2014年3月期も輸出が回復に至らなかったものの、陸上輸送などの効率化に努め、新規案件獲得のための積極的な営業活動で、工事量を確保したことにより、採算性を向上した。海外においても、シンガポールの工事が後半に本格稼働となり採算が好転した。2015年3月期は、プラント・物流事業の営業収入が前期比47.3%増と大幅な伸びを記録した。京浜港の取扱貨物量が堅調に推移したうえ、保有特殊機材を使用した案件を多く受注したことが、大幅増益に結びついた。また、シンガポールでも既存工事の追加受注があり、安定した工事量を確保した。セグメント利益は、前期比4.2倍、営業収入利益率は11.4%に上昇した。2016年3月期は、タイのプロジェクトに追加工事などが発生し、採算を悪化させた。 もっと見る
2016/06/07 17:15 da:45 facebook:0 twitter:0 プラント Research Tweet
web.fisco.jp  ダイヤモンドD Research Memo(7):国内は過去最高の売上高、営業利益を更新  ↑0 ↓0
また、当期純損失に転落したのは、海外飲食事業(シンガポール)からの事業撤退に伴う減損処理等により特別損失(411百万円)を計上したことや、繰延税金資産の取崩しによる法人税等の増加(前期比408百万円増)によるものであり、一過性の特殊要因として捉えるのは妥当である。財務面では、総資産が新規出店による固定資産の増加等により15,872百万円(前期末比8.1%増)に拡大した一方、自己資本は当期純損失の計上により3,090百万円(前期末比8.0%減)に縮小したことから自己資本比率は19.5%(前期末は22.9%)に低下した。また、有利子負債も8,465百万円(前期末比7.7%増)に増加している。ただ、キャッシュフロー対有利子負債比率は6.1年※、流動比率も96.6%を確保しており返済能力に懸念はない。※キャッシュフロー対有利子負債比率は、有利子負債を営業キャッシュフローで除した数値であり、有利子負債を何年分の営業キャッシュフローで返済できるかを示している。一般的には10年を超えると返済能力に懸念があると判断される。主な事業別の業績は以下のとおりである。国内飲食事業は、売上高が20,812百万円 もっと見る
2016/05/26 16:18 da:41 facebook:0 twitter:0 売上高 Research ダイヤモンド Tweet
web.fisco.jp  ブイキューブ Research Memo(4):国内Web会議市場で3割のシェア、9年連続トップを維持  ↑0 ↓0
2015年10月に子会社化したシンガポール最大の教育プラットフォーム提供会社Wizlearn Technologies Pte. Ltd.(以下、Wizlearn 社)は、教育機関を中心に学習管理システムや教育コンテンツを提供している。世界的に先進的な教育ICTに取り組んでいるシンガポールにおいて、16年に渡りサービスを提供し、シンガポールの公立学校の5割強に導入される等、高い実績を誇っている。また、政府機関のシステムから利用が可能になる等、高い信頼も備えている他、世界的に普及しているビジネスアプリケーションとの連携による利便性も備えている。これにより、近年では学校教育のみならず企業での導入も進んでいるようだ。また、2015年12月に子会社化したアイスタディは、大手金融機関等を中心とした企業の教育・研修インフラとして、「iStudy」ブランドで学習管理システム等を提供している。主力の「iStudy Enterprise Server」は、人材育成の分野でスキル可視化から研修計画の立案、研修開催、受講管理までを総合的に支援するシステムとして、国内で利用実績を積み重ねてきている。これらによ もっと見る
2016/04/22 16:07 da:41 facebook:0 twitter:0 プラットフォーム 子会社 トップ Research シェア キューブ Tweet
財経新聞  山田コンサルティンググループ<4792>、シンガポールのSPIRE Research and Consulting Pt  ↑0 ↓0
山田コンサルティンググループ株式会社<4792>の連結子会社である山田ビジネスコンサルティング株式会社は、シンガポールのSPIRE Research and ...
strike.co.jp  山田コンサルティンググループ<4792>、シンガポールのコンサル会社を子会社化  ↑0 ↓0
経営コンサルティング、投資・ファンド事業等を行う山田コンサルティンググループ(東京都)は、シンガポール・インドネシア・マレーシア・インド・中国・ベトナム・韓国に事務所を構え、市場調査及びコンサルティングを行うSPIRE Research and Consulting Pte Ltd(シンガポール、売上高5億円、営業利益2千万円、純資産1億円、以下SPIRE)の株式80%を取得、子会社化することに関して基本合意を締結した。
kabutan.jp  ダイヤモンドダイニング Research Memo(9):不採算事業からの撤退で損益面は大幅な回復か  ↑0 ↓0
弊社では、今期(2016年2月期)が、海外飲食事業(シンガポール)における業績不振及び事業撤退の方向性の決定の影響等により、利益面では一旦後退する見通しとなったが、積極的な出店拡大が順調に進んでいることや既存店も堅調に推移していることから、同社の成長戦略はおおむね順調に進展しているものと見ている。また、来期(2017年2月期)については、今期(2016年2月期)出店分が期初から寄与することや、高収益ブランドを軸とした積極的な新規出店の継続により持続的な売上成長を実現するとともに、不採算であった海外飲食事業(シンガポール)からの事業撤退などから損益面での大幅な回復を見込んでいる。同社でも、来期(2017年2月期)は国内の既存事業に軸足を一旦戻し、しっかりと収益体質の強化を図る方針のようだ。ただ、毎期45店舗前後の新規出店を前提とした出店計画については、業界環境等を見据え、やや慎重な姿勢となる可能性も否定できず、今後の動向に注意する必要がある。また、2016年秋頃に予定している国内のウェディング事業などへの先行費用が利益を圧迫する要因となる可能性にも注意が必要となろう。 もっと見る
2016/03/09 16:18 da:32 facebook:0 twitter:0 Research ダイニング ダイヤモンド Tweet
kabutan.jp  ダイヤモンドダイニング Research Memo(7):グランサイバーカフェはインバウンド向けを中心に高水準の ...  ↑0 ↓0
ただ、利益面では、積極的な新規出店による出店費用の拡大はおおむね想定内であったものの、海外飲食事業(シンガポール)の業績不振による損失幅の拡大から期初計画を下回る営業減益となった。加えて、海外飲食事業(シンガポール)からの事業撤退に伴うのれんの減損損失を含めた特別損失(310百万円)を計上したことにより純損失に転落した。
kabutan.jp  ダイヤモンドダイニング Research Memo(1):「世界No.1のエンターテインメント企業グループ」を目指す  ↑0 ↓0
また、海外飲食事業(シンガポール)からの事業撤退の方向性を決定したことに伴い、連結海外子会社の固定資産及び同社に係るのれんを減損損失として特別損失に計上したことから純損失に陥った。
2016/03/09 16:07 da:32 facebook:0 twitter:0 子会社 固定資産 のれん グループ ダイニング Research Tweet

Philippines

excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]KLab Research Memo(3):ソーシャルゲーム事業への参入が成長の引き金に  ↑0 ↓0
国際戦略の変更に伴い、フィリピン子会社は撤退を完了(2017年4月)。また、事業方針の変更に伴い、KLab Entertainmentは事業撤退を決定(2017年3月)する ...
2019/09/27 16:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]エノモト Research Memo(1):微細加工の技術で広がる中期成長イメージ  ↑0 ↓0
また、日本、中国、フィリピンの3ヶ国で事業展開しており、どの生産拠点においてもほぼ同様の製品を同様の高い品質で一貫生産することができる。顧客は家電や ...
2019/06/26 15:15 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  エノモト Research Memo(2):微細加工に強い電子部品大手  ↑0 ↓0
同社は、日本、中国、フィリピンの3極体制で事業を展開しており、どの生産拠点においてもほぼ同様の製品を同様の高い品質で一貫生産することができる。
2019/06/26 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  EG Research Memo(6):リアルタイムAI動画監視システムを開発。フィリピン子会社を拠点に海外市場 ...  ↑0 ↓0
子会社であるEGフィリピンを拠点に脆弱性診断、デバッグ、投稿監視、カスタマーサポートなどの展開を加速する。世界のゲーム市場は日本国内の10倍程度あり ...
2019/06/05 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.investing.com  EG Research Memo(6):リアルタイムAI動画監視システムを開発。フィリピン子会社を拠点に海外市場 ...  ↑0 ↓0
子会社であるEGフィリピンを拠点に脆弱性診断、デバッグ、投稿監視、カスタマーサポートなどの展開を加速する。 世界のゲーム市場は日本国内の10倍程度あり ...
2019/06/05 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  KLab Research Memo(3):様々なIT 関連技術をサービス提供。ソーシャルゲーム事業への参入で成長  ↑0 ↓0
海外展開にも積極的に取り組み、2012年2月にシンガポール子会社、同年4月には米国子会社とフィリピン子会社、同年11月には中国子会社を相次いで設立 ...
2019/03/19 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  電算システム Research Memo(5):2021年度にオーガニックグロースで売上高475億円、営業利益24億 ...  ↑0 ↓0
同社の海外展開は、現状ではフィリピンにおける収納代行窓口サービス事業の展開がその内容となっている。フィリピンで海外展開のノウハウを蓄積し、その後他 ...
2019/03/04 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】電算システム Research Memo(5):2021年度にオーガニックグロースで売上高475億円、営業 ...  ↑0 ↓0
海外展開の進捗状況同社の海外展開は、現状ではフィリピンにおける収納代行窓口サービス事業の展開がその内容となっている。フィリピンで海外展開の ...
2019/03/04 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  EG Research Memo(4):新領域のサービスを続々と開発。フィリピンを拠点に拡大する海外市場へ注力  ↑0 ↓0
2017年11月に本格稼働した海外子会社E-Guardian Philippinesは1年目にして黒字化を達成し、ニーズの高さを証明した。フィリピンの拠点の強みは、英語に ...
2018/12/26 18:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
財経新聞  EG Research Memo(1):2018年9月期は4業務すべて好調、2ケタ増収増益。フィリピンを拠点に海外 ...  ↑0 ↓0
フィリピンを拠点に海外市場へ□要約. イー・ガーディアン<6050>は、SNSやソーシャルゲームの運営者向けに監視や顧客サポートなどのサービスを提供する総合 ...
2018/12/26 18:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  EG Research Memo(1):2018年9月期は4業務すべて好調、2ケタ増収増益。フィリピンを拠点に海外 ...  ↑0 ↓0
特にゲーム企業のグローバル展開を多言語で行うニーズは高まっており、同社のフィリピンの拠点はさらに大きな役割を果たしそうだ。2019年9月期通期の売上高 ...
2018/12/26 18:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】エノモト Research Memo(2):リードフレームなどの大手電子部品メーカー  ↑0 ↓0
同社は、日本、中国、フィリピンの3極体制で事業を展開しており、どの生産拠点でもほぼ同様の製品を同様の高品質で一貫生産することができ、こうした「最適地 ...
2018/07/18 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】萩原工業 Research Memo(7):国内外で合成樹脂加工製品事業関連の企業買収を実施する  ↑0 ↓0
日本、ベトナム、中国、タイ、フィリピン、台湾で開催された展示会に参加し、展示会では、同社の製品の展示・営業だけでなく、ライバル会社や顧客並びに生産設備 ...
2018/07/17 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  アライドアーキ Research Memo(5):今後の事業拡大に向けて先行投資を実施  ↑0 ↓0
※1 米国(オースティン)とフィリピンの2ヶ所に営業拠点を新設し、営業体制の強化を図った。大企業に対しては、大型のグローバル企業が多い米国を拠点に、対面 ...
2018/05/25 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
PR TIMES  クロス・マーケティンググループ傘下のKadence社、アジアにおける事業を拡大  ↑0 ↓0
フィリピンについてフィリピンではオフィス設立に伴い、マネージング・ディレクターに就任したIris Lorenzo氏が、国内の事業を統括することになります。Lorenzo氏は、同国ならびにグローバルにおいてリサーチ業界で豊富な実績を有しており、直近ではSIS International Researchの東南アジア本社を4年間率いていました。
2018/04/19 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
news.nicovideo.jp  クロス・マーケティンググループ傘下のKadence社、アジアにおける事業を拡大  ↑0 ↓0
株式会社クロス・マーケティンググループ(代表取締役社長 五十嵐 幹、以下「クロス・マーケティンググループ」)傘下のKadence International Business Research Inc.(以下「Kadence」)が、グローバルインサイトエージェンシーとしての地位を確立し、お客様に対してより幅広いサービスを提供するため、フィリピンにおいて進め ...
2018/04/19 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】KLab Research Memo(4):創業以来、様々なIT関連技術をサービスの形にして提供  ↑0 ↓0
KLab<3656>の発祥は、2000年1月に(株)サイバードの研究・開発部門として、ケイ・ラボラトリーを発足したところに遡る。2000年8月にはサイバードの子会社として株式会社ケイ・ラボラトリーを設立。携帯電話向けプログラムの開発等を手掛け、世界初の携帯電話上で動作するJavaアプリケーションなどを発表した実績を持つ。
2018/03/13 18:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
47news.jp  KLab Research Memo(4):創業以来、様々なIT関連技術をサービスの形にして提供  ↑0 ↓0
海外展開にも積極的に取り組み、2012年2月にシンガポール子会社、同年4月には米国子会社とフィリピン子会社、同年11月には中国子会社を相次いで設立した。2012年5月に東証1部に市場変更。 2013年11月には、創業以来のSI事業部門及びライセンス事業部門を売却。その一方で、2015年8月にはイベント事業等を行う ...
2018/03/13 18:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  電算システ Research Memo(8):フィリピンでコンビニ窓口での収納窓口サービスがいよいよスタート  ↑0 ↓0
電算システム<3630>はフィリピンにおいて、フィリピン最大の配電会社MERALCOの100%子会社CIS Bayad Center, Inc.(以下、CBCI)と提携し、日本国内の“収納窓口サービス”に相当するサービスの実現を目指してきた。今般それが完成し、2018年2月より、フィリピン国内のコンビニエンス・ストア・チェーン「MINISTOP」 ...
2018/03/12 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】EG Research Memo(6):OneStopソリューションの提供体制を整備し既存顧客を深耕  ↑0 ↓0
事業別の注目戦略としては、ソーシャルサポート分野での「LINEカスタマーコネクト公式パートナーとしてチャットサポート業務に本格展開」、ゲームサポート分野での「韓国系、中国系、台湾系などの海外ゲーム企業の日本進出支援の強化とフィリピン子会社を活用した第3国への進出支援」、アド・プロセス分野の「自社のセンター ...
2018/01/24 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】電算システム Research Memo(8):初の本格海外展開となるフィリピンの収納代行サービスは順調 ...  ↑0 ↓0
2. 成長戦略:決済ビジネス分野決済ビジネス分野の成長戦略の中核は海外展開だ。この点で電算システム<3630>は、2016年3月にフィリピン最大の配電 ...
2017/02/28 16:47 da:44 facebook:0 twitter:0 ビジネス システム Research サービス Tweet
kabutan.jp  EG Research Memo(7):フィリピン・中国の海外拠点が順調に稼働開始  ↑0 ↓0
海外展開は2016年9月期に大きく前進した。ベネッセグループのTMJとの協業によりフィリピンと中国に提携センターを設立し、稼働が開始された。事業内容は主に ...
2016/12/19 08:53 da:46 facebook:0 twitter:0 センター グループ ベネッセ Research Tweet
kabutan.jp  電算システム Research Memo(6):海外展開の推進とストック型ビジネスへの収益構造転換  ↑0 ↓0
もう1つの重要施策である海外展開について、同社はフィリピンでの収納代行サービスの事業開始を公表した。同社はかねてより海外展開について言及してきた ...
2016/09/06 17:03 da:43 facebook:0 twitter:0 サービス ビジネス ストック Research システム Tweet

Myanmar

kabutan.jp  【特集】ダイキアクシス Research Memo(8):現地代理店との協業により新しい地平を拓く  ↑0 ↓0
d) 代理店網国別の代理店数は、ミャンマーが1社、ベトナムが1社、インドが6社、スリランカが1社、ケニアが1社の合計10社となる。ASEAN各国からスポット的な ...
2019/10/01 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.investing.com  ダイキアクシス Research Memo(8):現地代理店との協業により新しい地平を拓く  ↑0 ↓0
中長期の成長戦略d) 代理店網国別の代理店数は、ミャンマーが1社、ベトナムが1社、インドが6社、スリランカが1社、ケニアが1社の合計10社となる。
2019/10/01 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  アルプス技研 Research Memo(4):新規事業は農業関連分野が先に動き出す。SDGs推進のWebページ ...  ↑0 ↓0
また、2018年に採用したベトナム、ミャンマー、中国からのアグリテック人材及び就農(アグリ)人材(数十名規模)も順調に稼働している。2019年7月には子会社の ...
2019/09/26 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  レカム Research Memo(3):ビジネスホン、デジタル複合機などの情報通信機器の販売が主力事業  ↑0 ↓0
レカムBPO(株)が日本国内で営業を行い、中国(大連、長春)やミャンマーのBPOセンターで業務を行っている。2015年より開始した海外法人事業は、LED照明や ...
2019/07/01 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
財経新聞  リネットジャパン Research Memo(7):リサイクルを通じた知的障がい者雇用創造、ASEAN諸国への展開 ...  ↑0 ↓0
インドネシア及びミャンマーへの展開(人材送出し事業) ... し事業に関する業務提携契約を締結すると、2019年5月16日にはミャンマーの日本語学校である「Taishi ...
2019/06/27 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  アルプス技研 Research Memo(5):成長性の見込める農業及び介護関連分野へ参入。2018年に創業50 ...  ↑0 ↓0
一方、介護関連事業についても、既にミャンマーで介護人材の育成を開始しており、日本の介護関係の法制整備に合わせて事業化を進めていく方針である。
2019/03/25 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  Shinwa Research Memo(2):美術品オークション業界におけるパイオニア  ↑0 ↓0
事業セグメントは、中核の「オークション関連事業」や太陽光発電施設の販売等による「エネルギー関連事業」のほか、ウェルスマネジメント、ミャンマーでのマイクロ ...
2019/03/13 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  Shinwa Research Memo(1):2019年5月期上期は増収増益で営業黒字化を実現  ↑0 ↓0
さらには、富裕層向けに資産防衛を目的とした「シンワダイヤモンド倶楽部」の発足やミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)でのマイクロファイナンス事業など、 ...
2019/03/13 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  レカム Research Memo(3):ビジネスホン、デジタル複合機などの情報通信機器の販売が主力事業  ↑0 ↓0
レカムBPO(株)が日本国内で営業を行い、中国(大連、長春)やミャンマーのBPOセンターで業務を行っている。2015年より開始した海外法人事業は、LED照明や ...
2019/01/21 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  レカム Research Memo(4):6万社の顧客基盤と価格以上のクオリティの商品・サービスを提供できること ...  ↑0 ↓0
一方、BPO事業においては、大連、長春、上海、ミャンマーの4拠点でフルラインナップの受託が可能な体制を構築しており、ユーザー先が委託業務の切り分けを ...
2019/01/21 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  アルプス技研 Research Memo(4):成長性の見込める農業及び介護関連分野へ参入  ↑0 ↓0
一方、介護関連事業についても、既にミャンマーで介護人材の育成を開始しており、日本の介護関係の法制整備に合わせて事業化を進めていく方針である。
2018/09/20 16:18 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】Shinwa Research Memo(2):業界のパイオニアとして国内の美術品オークション市場をリード(1)  ↑0 ↓0
事業セグメントは、主力の「オークション関連事業」や太陽光発電施設の販売等による「エネルギー関連事業」のほか、ウェルスマネジメント(海外不動産販売の紹介)、ミャンマー連邦共和国でのマイクロファイナンス、医療機関向け支援事業を含む「その他」の3つに区分される。事業別売上高構成比率では、「オークション関連 ...
2018/03/26 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】アルプス技研 Research Memo(4):成長性の見込める農業関連及び介護関連分野へ参入  ↑0 ↓0
アルプス技研<4641>は、中長期成長ビジョン(詳細は後述)の実現に向けて、新会社設立※により新規事業への参入を決定した(事業開始は2018年8月を予定)。高い成長性が見込まれる農業関連分野、及び人手不足が顕著となっている介護関連分野において、新たなモデルの人材派遣市場を創出するところに狙いがある。
2018/03/19 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
miyazaki-u.ac.jp  宮崎大学がミャンマーで地下水ヒ素汚染と慢性ヒ素中毒についての シンポジウムを開催|宮崎大学  ↑0 ↓0
平成30年1月8日(月)~12日(金)、ミャンマー国保健・スポーツ省が主催する第46回Myanmar Health Research Congress開催期間中に、宮崎大学と同省医学研究局と共同で『Symposium on Arsenic Contamination of Groundwater and Chronic Symptoms of Arsenicosis in Myanmar』を開催した。本学は平成27年 ...
2018/02/01 11:10 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】レカム Research Memo(4):約6万社の顧客基盤と価格以上のクオリティの商品・サービスを提供 ...  ↑0 ↓0
一方、BPO事業においては、大連、長春、上海、ミャンマーの4拠点でフルラインナップの受託が可能な体制を構築しており、ユーザー企業が委託業務の切り分けをする必要がないワンストップBPOサービス体制を構築していることは差別化要因である。さらに、中国・ベトナムにおいて、LED照明や情報通信機器の販売体制を構築 ...
2018/01/18 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  ヤンゴン証券取引所、新規株式公開企業を承認  ↑0 ↓0
ヤンゴン証券取引所 は2012年春、ミャンマー中央銀行(Central Bank of Myanmar)、大和総研(Daiwa Institute of Research)、東京証券取引所(Tokyo Stock Exchange)の合意のもと開始されたプロジェクトで、国営の経済銀行(Myanma Economic Bank)と上記の日本企業2社による資金で運営会社を設立し、2015年12 ...
2017/12/06 19:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  「Research and Markets」にミャンマーのメディアに関するレポートが追加  ↑0 ↓0
世界最大のマーケットリサーチストアである「Research and Markets」は、同社が提供するレポートに、「ミャンマーにおける消費者ビデオ消費生活レポート」を追加 ...
2017/09/19 14:26 da:- facebook:- twitter:- Tweet
ミャンマーニュース  ミャンマー企業の信用調査会社FWPリサーチ 今年より本格稼働へ  ↑0 ↓0
ヤンゴンに本社を置くミャンマー企業の信用調査会社、FWP RESEARCH Co.,Ltd.(以下、FWPリサーチ)は2月2日、同社の企業活動を本格化させていくと発表 ...
2017/02/04 10:02 da:24 facebook:0 twitter:0 リサーチ RESEARCH ヤンゴン Tweet
home.kingsoft.jp  ミャンマー企業の信用調査サービスが本格稼働 日系企業を対象にミャンマー進出支援や情報提供を行う  ↑0 ↓0
ロゴ1ロゴ2事務所外観ミャンマー初の企業信用調査を手掛けるFWP RESEARCH Co.,Ltd.(略称:FWPリサーチ、本社:ヤンゴン、日本人責任者:木下 陽康)は、 ...
2017/02/02 09:59 da:58 facebook:0 twitter:0 日本人 責任者 ヤンゴン RESEARCH サービス 事務所 Tweet
sankeibiz.jp  ミャンマー企業の信用調査サービスが本格稼働 日系企業を対象にミャンマー進出支援や情報提供を行う  ↑0 ↓0
ミャンマー初の企業信用調査を手掛けるFWP RESEARCH Co.,Ltd.(略称:FWPリサーチ、本社:ヤンゴン、日本人責任者:木下 陽康)は、アウンサンスーチー氏の ...
ミャンマーニュース  【ヤンゴン証券取引所】上場2社目はミャンマー・ティラワSEZホールディングス  ↑0 ↓0
日本が官民をあげて開発に取り組むミャンマーのティラワ経済特別区(SEZ)の開発会社であるミャンマー・ティラワSEZホールディングス(MTSH)が5月20日にヤンゴン証券取引所に上場することが分かった。同証券取引所は不動産開発を手がけるファースト・ミャンマー・インベストメント(First Myanmar Investment:FMI)を1社目として3月25日に取引を開始しており、MTSHは2社目の上場企業となる。ミャンマー証券取引所はミャンマー中央銀行(Central Bank of Myanmar)、大和総研(Daiwa Institute of Research)、東京証券取引所(Tokyo Stock Exchange)によるプロジェクトで、ミャンマー国営の経済銀行(Myanma Economic Bank)と日本企業2社による出資で運営会社が設立されている。新規公開株価は5月に正式発表ティラワSEZはミャンマー初の大型工業団地で、日本を代表する三菱商事、丸紅、住友商事の3商社と国際協力機構(JICA)、そしてミャンマー政府や地元の主要企業などが共同出資し、ミャンマー・ジャパン・テ もっと見る
2016/05/01 21:56 da:25 facebook:54 twitter:0 特別区 取引所 ヤンゴン Tweet

Malaysia

excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]アウトソシング Research Memo(3):景気変動の影響を受けにくい事業構造への ...  ↑0 ↓0
... されると、同社も2010年の中国進出を皮切りに、2011年に東南アジア・オセアニア地域5ヶ国、2013年にマレーシア、2014年にインド、2015年にはカンボジアに ...
2019/10/02 15:48 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  三栄コポ Research Memo(6):OEM事業では開発力を活かしたODM提案で国内外販路開拓  ↑0 ↓0
OEM事業においては、強みである調達力をさらに磨き上げ、価格競争力を強化する(取組1)。同社は海外19拠点(うち中国本土に9拠点、香港4拠点、マレーシア2 ...
2019/07/01 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]三栄コポ Research Memo(6):OEM事業では開発力を活かしたODM提案で国内 ...  ↑0 ↓0
同社は海外19拠点(うち中国本土に9拠点、香港4拠点、マレーシア2拠点、台湾1拠点)を持ち、特に60年以上東南アジア、東アジアで調達活動を行ってきた ...
2019/07/01 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】GセブンHD Research Memo(2):オートバックス・車関連事業と業務スーパー・こだわり食品事業 ...  ↑0 ↓0
バイクワールド」は、2019年3月末時点で国内12店舗、マレーシア2店舗、タイ1店舗の合計15店舗展開しており、また、G-7.Crown Tradingは東南アジアを中心 ...
2019/05/31 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】GMOリサーチ Research Memo(2):日本、アジア市場でインターネットリサーチ事業を展開  ↑0 ↓0
さらに、2013年10月に欧米アジアのビジネス機会の取込みを狙った24時間オペレーションセンターをインドに設立したほか、2017年7月にはマレーシアにも子会社 ...
2019/03/18 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  三栄コポ Research Memo(6):マレーシアに家具インテリアの新工場設立  ↑0 ↓0
マレーシアに家具インテリア新工場設立三栄コーポレーション<8119>は、主要事業の1つである家具事業の強化を図るべく、マレーシアに家具インテリアの製造 ...
2018/12/12 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  GセブンHD Research Memo(2):オートバックス・車関連事業と業務スーパー・こだわり食品事業が収益 ...  ↑0 ↓0
... サービスと、バイク用品の販売・メンテナンスを展開するG-7バイクワールドのほか、マレーシア、タイで展開する車関連事業、2017年5月に子会社化した G-7.
2018/12/03 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
agbrief.jp  ゲンティング、増税影響が予想を下回る  ↑0 ↓0
UOBケイヒン・リサーチ(UOB Kay Hian Research)の調査によると、ゲーミング税増税によるゲンティング・マレーシア(Genting Malaysia)への影響は今年度の ...
2018/11/25 16:50 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  AOITYOHold Research Memo(3):実行利益率の改善や出資・提携戦略の推進については一定の成果  ↑0 ↓0
また、「海外事業」は、マレーシアの大手広告制作会社を連結子会社化したことなどにより大きく伸びている。なお、売上高が計画を下回ったのは、一部案件の売上 ...
2018/10/16 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】GセブンHD Research Memo(2):オートバックス・車関連事業と業務スーパー・こだわり食品事業 ...  ↑0 ↓0
... と、バイク用品の販売・メンテナンスを展開する(株)G-7バイクワールドのほか、マレーシア、タイで展開する車関連事業、2017年5月に子会社化した (株)G-7.
2018/06/14 15:33 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  アップル Research Memo(6):国内外で、ネットを活用した事業の展開を図る(1)  ↑0 ↓0
加盟国は、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアである。右ハンドル国であるマレーシア、 ...
2018/06/13 16:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】GセブンHD Research Memo(2):オートバックス・車関連事業と業務スーパー・こだわり食品事業 ...  ↑0 ↓0
売上高の約9割はオートバックス関連で占められ、2017年9月末時点のオートバックス関連の店舗数は国内で73店舗(オートバックス62店、オートバックスエクスプレス7店、スーパーオートバックス2店、オートバックス セコハン市場2店、オートバックスカーズ1店)、マレーシアで2店舗(オートバックス2店)となっている。
2017/12/15 13:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
gmo-research.jp  マレーシア現地法人GMO RESEARCH SDN BHD.設立のお知らせ  ↑0 ↓0
GMO インターネットグループのGMO リサーチ株式会社(代表取締役社長:細川慎一 以下、GMO リサーチ)は、マレーシアにおいて予ねてより設立していたGMO RESEARCH SDN BHD. の正式な営業を開始致しました。 この度、営業を開始した GMO RESEARCH SDN BHD. は、当社の総合リサーチ・サービスの海外展開と ...
2017/12/08 13:35 da:- facebook:- twitter:- Tweet
k-zone.co.jp  デュアルタップ Research Memo(9):マレーシアで建物管理事業を強化  ↑0 ↓0
海外不動産事業の基本戦略は、東南アジア(シンガポール、マレーシア、タイなど)における投資家の開拓である。投資家が増えれば、国内の自社物件をはじめ ...
2016/09/16 17:14 da:45 facebook:0 twitter:0 投資家 タップ 東南アジア 不動産 デュアル Research Tweet
kabutan.jp  デュアルタップ Research Memo(9):マレーシアで建物管理事業を強化  ↑0 ↓0
海外不動産事業の基本戦略は、東南アジア(シンガポール、マレーシア、タイなど)における投資家の開拓である。投資家が増えれば、国内の自社物件をはじめ ...
2016/09/16 16:07 da:43 facebook:0 twitter:0 投資家 タップ 東南アジア 不動産 デュアル Research Tweet
web.fisco.jp  GセブンHD Research Memo(2):業務スーパーグループの中で最大規模の出店数  ↑0 ↓0
また、バイク用品では直営のバイクワールドを2016年3月末時点で国内に12店舗、マレーシアに2店舗、タイに1店舗の合計15店舗展開している。
2016/08/15 16:07 da:41 facebook:0 twitter:0 バイク ワールド 最大規模 グループ Research スーパー Tweet
kabutan.jp  nms Research Memo(2):上場時と比べ事業内容が大きく変貌  ↑0 ↓0
このことから、小ロット・短納期を得意とし、中国とマレーシアにおける海外生産は20年以上の実績を持つ。日本で試作を行い、海外で日本と同等品質のものを量産・供給できる体制を整えている。PBfree(鉛フリー)・RoHS(電子・電気機器における特定有害物質の使用制限)に対応するなど環境関連技術を有する。
2016/06/28 17:03 da:41 facebook:0 twitter:0 ロット Research Tweet
kabutan.jp  ダイキアクシス Research Memo(7):海外事業はASEAN経済共同体域内での飛躍を図る  ↑0 ↓0
シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ブルネイの6ヶ国では、品目ベースで98%以上の域内関税が撤廃された。2018年には、自由貿易地域がCLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)へ拡大する予定だ。2014年のAEC域内貿易額は6,083億ドルと、10年間で2.3倍に増えた。目下、鉄道や国際幹線道路などの輸送網に関するインフラ整備が進められている。今後、同社は、インドネシアに生産拠点を有する強みを発揮することになるだろう。
2016/03/18 16:07 da:32 facebook:0 twitter:0 ブルネイ ベース アクシス Research ダイキ Tweet
kabutan.jp  宇徳 Research Memo(7):16/3期は減収減益の見通し、コンテナ関連は下期も同じ基調を前提  ↑0 ↓0
は、マレーシアの国営石油会社ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)が進める世界規模の石油精製・石油化学統合開発計画「RAPID計画」(Refinery and Petrochemical Integrated Development)のエチレン製造設備関連の受注に成功した。受注に先立ち、マレーシアにUTOC PLANT CONSTRUCTION SDN. BHD.を設立していた。同子会社が担当するのは、分解炉6炉の据付工事及び配管据付・配管ラック設置工事になる。同計画は、マレーシア政府が2010年に策定した「経済変革プログラム」に基づき、ペトロナスがジョホール州南部に計画している石油ガス統合コンプレックスプロジェクトの中心となる。同社グループがこれまでシンガポールで培った多くの施工経験・知見を、マレーシアのプロジェクトに活かす。同案件は、2016年度の後半から2018年度にかけて営業収入に上がってくる予定だ。 もっと見る
kabutan.jp  宇徳 Research Memo(1):マレーシアに子会社を設立し、エチレン製造設備関連の受注に成功  ↑0 ↓0
1890年(明治23年)に神奈川県横浜に創業した宇徳<9358>は、港湾荷役、はしけ運送等の港湾運送事業を核に、重量物の輸送・据付から建設までのプラント事業、そして、通関・倉庫・陸運等の物流事業を発展・拡大させてきた。2015年には創業125周年、法人組織に改めてから創立100周年を迎えた。現在の事業は、港湾事業、プラント・物流事業より構成されている。港湾、プラント・物流の総合力により、重量貨物の搬出、陸上輸送、はしけ輸送、専門船への積込、現地での機器輸送・据付までをすべて行う、「直営一貫作業サービス」を強みとしている。
2016/01/18 15:56 da:37 facebook:- twitter:0 はしけ プラント 神奈川 エチレン 子会社 Research Tweet
mys-news.asia  マレーシアのサプリメント市場は?  ↑0 ↓0
ロンドンに本社をおく調査会社インフィニティリサーチ社(Infiniti Research)の、調査レポート出版部門テクナビオ(TechNavio)は、マレーシアにおけるサプリメント市場について、2015年から2019年の期間、年平均7パーセントの成長率が見込まれると予測した。マレーシアにおける高齢者人口の伸びが、市場拡張の主たる要因となると考えられる。消化器系統と血糖値などに関して、加齢に伴う不調を抑えてくれる製品は高齢者層の需要が高い。世界的な競争プロバイオティクス製品もまた、マレーシアにおけるサプリメント市場の成長に寄与するものと期待されている。これはマレーシアに限らず、世界的傾向であり、関連企業は開発と特許の取得に血道を上げているところだ。とはいえ、2014年には市場シェアの約半分を占めた、ビタミン及び栄養関連サプリが2019年の終わりまで市場をリードし続けるだろうと予測されている。また調査では、マレーシアにおける市場競争は今後ますます激しくなり、グローバル企業が地元企業を吸収合併するなどして、着実にシェアを伸ばしていくものと予想している。(画像はイメージです)外部リンクRepo もっと見る
mys-news.asia  落石事故から約半年、キナバル山の登山道が再開。JICAが安全性評価等支援  ↑0 ↓0
JICAは元々キナバル山のあるサバ州の「生物多様性・生態系保全のための持続可能な開発プロジェクト」の支援をしており、マレーシア政府からの依頼はプロジェクト全体を補完する支援になると判断し、依頼を引き受けた。JICAは公益社団法人日本山岳ガイド協会と連携し、9月に落石対策・登山道安全性評価調査団を現地に派遣。代替登山ルートの地質や安全性の評価の支援を行った。(画像はプレスリリースより)(写真提供:Mr. Hanry Mujih, Research Assistant, Sabah Parks)外部リンクJICAニュースリリースhttp://www.jica.go.jp/topics/2015/20151203_01.html もっと見る
2015/12/07 21:00 da:14 facebook:13 twitter:0 プロジェクト 生態系 多様性 安全性 登山道 Tweet

Indonesia

excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]不二精機 Research Memo(6):2019年12月期会社予想は1.7%増収、16.1 ...  ↑0 ↓0
用を1.6%増と見込んでいるが、昨今の中国、タイ、インドネシアの自動車生産の減速を考慮すると、上期においても前年同期比1.6%減収だったことから、自動車 ...
2019/10/15 16:07 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]シノケンG Research Memo(9):ビジネストランスフォーメーションの推進により ...  ↑0 ↓0
また、対象市場も国内の低迷時に海外で収益を獲得できる体制を構築するため、インドネシアを中心とした新興国での事業拡大を推進し、先進テクノロジーの研究 ...
2019/10/03 16:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  シノケンG Research Memo(8):2019年12月期業績は期初計画を据え置くも、上振れする可能性は高い  ↑0 ↓0
ゼネコン事業については国内で対外顧客向け受注の拡大が続くほか、海外展開についてもインドネシアにおけるアパートメント開発が進むことから、増収増益基調 ...
2019/10/03 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]サカタインクス Research Memo(7):アジアと米州の利益を大幅上方修正  ↑0 ↓0
為替換算影響、上期のインドネシアにおける需要伸び悩みの影響で、売上高は期初計画に対して下振れの形となったが、営業利益は大幅上振れとなる。
2019/10/02 15:49 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]ダイキアクシス Research Memo(1):ESG経営の推進で6つのSDGsの実現に ...  ↑0 ↓0
海外の中小型浄化槽の生産拠点の確立は、インドネシアは自社工場、中国では合弁形式、インドは生産委託方式と進出先に応じて使い分けている。販売網として ...
2019/10/01 15:06 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]すららネット Research Memo(2):学校や学習塾等に対してクラウドでの学習教材 ...  ↑0 ↓0
また、近年ではJICAからの採択を契機にスリランカ、インドネシア等の海外でも事業展開を開始している。 2. 沿革同社の起源は、2005年に(株)C&I Holdings(旧( ...
2019/09/25 12:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]C&GSYS Research Memo(4):2019年12月期第2四半期は大幅増益だがほぼ ...  ↑0 ↓0
一方で海外においては、韓国や中国等東アジアは低調であったが、販売体制の強化によりタイ、ベトナム、インドネシア等のASEANでの販売は堅調に推移し、 ...
2019/09/17 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  Jトラスト Research Memo(2):アジアの総合金融グループとして発展を目指す  ↑0 ↓0
韓国・シンガポール・インドネシア・モンゴルの4ヶ国の事業展開に加え、2019年8月には新たにカンボジアの優良銀行を傘下に収めた。また、各地域の経営体制を ...
2019/09/09 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】Jトラスト Research Memo(6):日本金融事業、韓国及びモンゴル金融事業がけん引して業績回復 ...  ↑0 ↓0
(3) 東南アジア金融事業東南アジア金融事業では、東南アジアで最大の人口を持つインドネシアで銀行業及び債権回収事業などを展開する。ライツ・オファリング ...
2019/09/09 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
mag2.com  安田倉庫 Research Memo(2):好立地の拠点を中心に全国ネットワークを構築  ↑0 ↓0
中国やベトナム、インドネシアなどアジアとのネットワークもあり、陸・海・空の輸送手段を一元的にコーディネートする国際複合一貫輸送サービスも手掛けている。
2019/08/05 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  3Dマトリック Research Memo(2):自己組織化ペプチドを用いた医療材料・機器を開発するバイオベンチャー  ↑0 ↓0
Teguhsindo Lestaritama、2015年にASEAN地域(タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア)でDaewoongとそれぞれ締結し、2017年には中国でCHINESE ...
2019/07/18 07:52 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]アドバネクス Research Memo(1):米中貿易摩擦とブレグジットの影響を最小限に ...  ↑0 ↓0
日本はもとより、生産移管の受け皿となるインドネシア、ベトナム、インド、チェコ、米国、メキシコにおいて工場を開設もしくはM&Aを行った。同社は、グローバル ...
2019/07/17 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
excite.co.jp  [注目トピックス 日本株]アドバネクス Research Memo(8):メキシコ工場は黒字化間近に  ↑0 ↓0
(3) インドネシア工場自動車向け依存度が95%のインドネシア工場は、2020年3月期後半のブレークイーブン、2021年3月期黒字化を計画している。顧客の信頼 ...
2019/07/17 15:56 da:- facebook:- twitter:- Tweet
財経新聞  品川リフラ Research Memo(4):長い伝統と技術に強み、超高温技術のリーディングカンパニー  ↑0 ↓0
大洋州はオーストラリアとニュージーランドに拠点を持ち、2014年に設立したインドネシアの子会社を支援させている。米国では、オハイオ州にモールドパウダーの ...
2019/07/12 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
jp.investing.com  品川リフラ Research Memo(4):長い伝統と技術に強み、超高温技術のリーディングカンパニー  ↑0 ↓0
大洋州はオーストラリアとニュージーランドに拠点を持ち、2014年に設立したインドネシアの子会社を支援させている。 米国では、オハイオ州にモールドパウダーの ...
2019/07/12 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  Iスペース Research Memo(1):大型案件受注で2019年9月期業績を上方修正も、上振れ余地を残す  ↑0 ↓0
グローバル展開の強化」ではタイ、インドネシア、ベトナムに加えて、新たにマレーシア、シンガポールでもアフィリエイトサービスを開始しており、アジアNo.1の ...
2019/06/28 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
財経新聞  リネットジャパン Research Memo(7):リサイクルを通じた知的障がい者雇用創造、ASEAN諸国への展開 ...  ↑0 ↓0
2019年4月2日にインドネシア有数の送出し機関である「LPK Coop Indonesia」と人材送出し事業に関する業務提携契約を締結すると、2019年5月16日には ...
2019/06/27 15:45 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】Jトラスト Research Memo(5):貸倒引当金の大幅積み増しにより、不確実性の払拭を図る(3)  ↑0 ↓0
(3) 東南アジア金融事業東南アジア金融事業では、東南アジアで最大の人口を持つインドネシアで銀行業及び債権回収事業などを展開する。ライツ・オファリング ...
2019/06/06 15:22 da:- facebook:- twitter:- Tweet
minkabu.jp  3Dマトリック Research Memo(2):自己組織化ペプチドを用いた医療材料・機器を開発するバイオベンチャー  ↑0 ↓0
Teguhsindo Lestaritama、2015年にASEAN地域(タイ、ベトナム、フィリピン、インドネシア)でDaewoongとそれぞれ締結したほか、直近では2017年4月に中国 ...
2019/04/18 07:41 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】Jトラスト Research Memo(4):金融事業がグループ全体の中核事業(2)  ↑0 ↓0
長期間にわたって預金保険機構の管理下にあったJトラスト銀行インドネシア ... すなわち、Jトラスト銀行インドネシアでは買収前からの負の遺産である不良債権を ...
2019/03/06 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
shibaura-it.ac.jp  翟貴生教授がインドネシア科学技術高等教育省よりWorld Class Professor Awardを受賞  ↑0 ↓0
【学会・大会名(正式名称)】インドネシア科学技術高等教育省 (Ministry of Research, Technology, and Higher Education of the Republic of Indonesia)
2018/12/21 13:19 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開  ↑0 ↓0
海外子会社は3社(インドネシア、タイ、シンガポール)で、その他に持分法適用関連会社としてベトナムに現地企業との合弁会社(出資比率49%)がある。
2018/12/20 15:11 da:- facebook:- twitter:- Tweet
web.fisco.jp  Jトラスト Research Memo(4):金融事業がグループ全体の中核事業(2)  ↑0 ↓0
また、Jトラスト銀行インドネシアでは2016年9月末に約1,300名いた正社員を ... 今後、同行及び同行の顧客に向けて、インドネシアの経済・投資環境、税制、法 ...
2018/12/05 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet
kabutan.jp  【特集】ダイキアクシス Research Memo(7):環境創造開発型企業としてESGに配慮した経営による発展を ...  ↑0 ↓0
(1) インドネシア同社は2015年6月にインドネシア第2の都市のスラバヤに支店を開設した。営業拠点を設ければ受注につながる状況にある。2015年8月に同社の ...
2018/09/27 15:00 da:- facebook:- twitter:- Tweet